ずくなしの冷や水

2020年02月12日

米軍は中東から出ていけ 動きは続く

mko@trappedsoldier氏の2020/2/13のツイート
シリアのカミシリで14歳の少年を殺害しておいて、「青年男性」「自衛のためだった」と言い張る米軍報道官!

投石する子どもを射殺! イスラエル兵と同じだ。
引用ツイート
OIR Spokesman Col. Myles B. Caggins III@OIRSpox
・ 1時間
UPDATE (Feb. 12/Qamishli): Despite US troops de-escalation efforts, local militia members attacked US troops w/ small arms weapons; @CJTFOIR have the right to self-defense and fired back at armed aggressors killing an adult male combatant (20+ y/o). VIDEO: @JamesAALongman https://twitter.com/abcworldnews/s

シリア北東部のカミシュリで住民が米軍車両に投石。米軍兵士が発砲して一人が死にました。住民が武器を持ち出して米軍に発砲したとの情報もあります。


RT2020/2/12
WATCH: US military convoy met with HAIL OF BULLETS in north Syria… and Russian convoy intervenes to break up the fight
Footage has emerged of US troops getting involved in a heated exchange and a shootout with angry locals in northern Syria, which reportedly saw one man killed. A Russian military convoy then moved to de-escalate the situation.

Reports say the US armored convoy was stopped at a Syrian Army checkpoint in a village near the town of Qamishli on Wednesday. The altercation attracted a large group of civilians, who tried to block the convoy from advancing any further.
Video footage, allegedly recorded in Khirbet Ammu, show people in civilian clothing – as well as in military uniforms – fire their Kalashnikovs in the direction of the US armored vehicles. It remains unclear who opened fire first, as each side blamed the other for the shooting.

Notably, a Russian Military Police vehicle could be seen in the short video and in some photos apparently taken shortly afterwards. Reports said they arrived at the scene to quell the hostilities.

Syrian state media has reported that at least one civilian was killed during the confrontation, while another one was injured. Reports, though conflicting, suggest the deceased was a Syrian serviceman, or a member of a pro-government militia.

Syrian civilian ‘killed’ by US troops after armored convoy blocked by protesters − state media

※ Rob Lee@RALee85氏の2020/2/12のツイート
Major General Yuri Borenkov said, "Only thanks to efforts of the Russian soldiers who had arrived at the scene was it possible to avoid any further escalation of the conflict with local residents," 199/
https://tass.com/world/1119533

RT2020/1/28
US stops all weapon deliveries to Iraq, citing security concerns – Air Force spokesman
All US deliveries of weapons and ammunition to Iraqi security forces have been suspended, amid rising tensions over US presence in Iraq that followed the drone assassination of Iranian General Qasem Soleimani in Baghdad.

The halt includes the US Air Force’s program of supplying parts and missiles to Iraq’s fleet of F-16 fighter-bombers, the news portal Inside Defense reported on Monday. Deliveries will begin again “when the environment in Iraq is safe enough to resume,” USAF spokesman Brian Brackens told Inside Defense in an email.

Brackens is the spokesman for USAF’s Life Cycle Management Center, a procurement and logistics organization based at the Wright-Patterson AFB near Dayton, Ohio.

A contract to supply Iraq with $1.8 billion worth of weapons, including the air-to-air Sidewinder and ground-attack Maverick missiles, was signed in May 2016. The last delivery before the halt was made on November 14, according to the subscription-only portal, which says it specializes in news about Pentagon programs, procurement and policy-making.

Iraqi armed forces were rebuilt around US weapons and doctrines after the 2003 invasion and occupation by the US-led coalition. They proved woefully inadequate when facing Islamic State (IS, formerly ISIS) terrorists in 2014, but have since managed to liberate most of Iraq from the group’s control, though with thousands of US troops in “advise and assist” capacity.

Just last week, the Iraqi defense ministry posted a video of an air strike by its F-16s against IS targets in the Hamrin Mountains.

Continued US presence in Iraq has come into question over the past month, however, following the January 3 drone strike outside the Baghdad international airport that killed General Qassem Soleimani, head of the Quds Force of Iran’s Islamic Revolutionary Guard Corps. While the US considers the IRGC a terrorist organization, Soleimani was a key figure in the program that supported Shia militias in Iraq and Syria against IS.

After Soleimani’s killing, the Iraqi parliament adopted a resolution demanding that US troops leave the country. Washington has flat-out refused.

“There are no plans by the US military to withdraw from Iraq," Assistant to the Secretary of Defense Jonathan Rath Hoffman told reporters at a press briefing earlier this month, adding that “the consensus in Iraq seems to be that the United States forces there are a force for good,” even though the parliament’s resolution suggests the exact opposite.

In the meantime, Iran launched ballistic missiles at two US bases in Iraq in retaliation for Soleimani’s killing. Officially, no US or Iraqi troops died in the January 8 strikes. While initial reports denied any injuries either, some three dozen US troops have since been referred to hospitals for concussions and other traumatic brain injuries.


このマーチの画像で埋め込めないものがあります。ということは、米国にとって痛手だということですね。

※  mko@trappedsoldier氏の2020/1/24のツイート
イラク人からトランプへの警告!
「イラクからの撤退を拒否し、主権侵害を続けるなら、戦場でマフディ軍が米軍を迎え撃つ。そこに何十万の兵士が合流し、われわれの独立戦争に発展するだろう」

※ Iraqis Hold 'Million-Man March' Against US Military Presence in Baghdad



U.S. Marines with 2nd Battalion, 7th Marines, assigned to the Special Purpose Marine Air-Ground Task Force-Crisis Response-Central Command (SPMAGTF-CR-CC) 19.2, reinforce the U.S. Embassy Compound in Baghdad, Iraq, January 2, 2020. Picture taken January 2, 2020.



※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/13のツイート
ISISを復活させ、イラクを宗派ごとに分割する! これが、米軍撤退を要求したイラクに対する米国の回答。
結局、ISISを創ったのはCIAだし

※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/12のツイート
犯罪的マフィア! 米国は数千人をレイプし、200万人のイラク人を殺害し、金を盗み、博物館を盗み、さらに50万人の子どもを制裁で死なせた。そうした残虐な歴史をもつ米国の大統領トランプが、イラクの石油収入の50%を渡せと要求している!

※ Syrian Girl@Partisangirl氏の2020/1/12のツイート
There's a reason the US didn't retaliate against #iran, and that was the risk of world war.

In spite of all the neocon false bravado, they had their chance for war & backed down. What they really want is to continue to kill & steal while minimising risk to themselves #AinAlAssad

※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/12のツイート
今、中東で問題になっているのは、この米軍を地域全体から叩き出すこと、この1点です。米軍がいる限り、戦争は続くし、市民が殺されるし、テロリストはいなくならない。中東のど真ん中のイラクは、イラン・イラク戦争から湾岸戦争、イラク戦争、ISIS戦争とずっと戦争状態。米軍がいるから。

RT2020/1/10
US won’t heed Iraq’s call for troop withdrawal, calls military presence there ‘appropriate’
アメリカは、軍の撤退を求めるイラクの要求に応じず、同国への「適切な」軍備配置を行う

The US is willing to discuss “recommitting to strategic partnership” with Iraq but not a troop withdrawal, the US State Department said, after the country’s prime minister told Washington to “prepare a mechanism” for pull back.
アメリカは、イラクからの軍の撤退ではなく、イラクとの「戦略的パートナーシップの再付託」についてイラクと協議したいと考えている。イラク首相がワシントンに対し、軍を撤退させるための「適切な措置」を講じるよう求めたことを受け、米国務省はこのように述べた。

In a statement on Friday, department spokeswoman Morgan Ortagus said that the US military presence in Iraq was ‘appropriate’ and that any delegation the US might send to Iraq to discuss arrangements between the two countries would not discuss the removal of troops.
金曜日の声明の中で、同省報道官モルガン・オルタガスは、イラクにおけるアメリカ軍の駐留は「適切」であり、アメリカがイラクとの2国間合意のために同国に派遣するいかなる代表団も、軍の撤退について協議することはないと述べた。

Ortagus acknowledged that there does “need to be a conversation” between US and Iraqi officials, “not just regarding security, but about our financial, economic, and diplomatic partnership.”
オルガタスは、アメリカとイラクの間には公式に「対話する必要がある」、それは「安全保障についてのみならず、金融・経済・外交分野でのパートナーシップについても」という認識を示した。

Earlier Friday, Iraqi Prime Minister Adil Abdul-Mahdi had asked US Secretary of State Mike Pompeo to send a delegation to begin preparations for a troop pullout.
先立って、イラク首相アディル・アブドゥルマフディは、アメリカ国務省のマイク・ポンペオに対し、軍の撤退を開始する準備を始めるための代表団の派遣を求めた。

The Iraqi parliament last week passed a non-binding resolution asking the government to expel foreign troops and to cancel the ongoing request for military assistance from the US-led coalition.
イラク議会は先週、(イラク)政府に対して、外国の軍隊を追放し、アメリカ主導連合に同国に駐留するよう求めている現行の要請を取り消すよう求める、拘束力のない決議を通過させた。

There are currently 5,200 US troops stationed at bases across Iraq, who were invited by the Iraqi government in 2014 to help combat ISIS militants in the region. The relationship between Washington and Baghdad has soured in recent months, however, as tensions in the region flared. The mood got even more tense after a US drone strike in Baghdad killed a commander of Iran’s elite Quds Force.
現在、5,200のアメリカ軍がイラク全域の基地に配備されているが、これは2014年、同地域のISIS武力勢力との戦いへの助力のために、イラク政府が要請したものである。しかしながら、この地域での緊張が高まるにつれ、ワシントン(アメリカ)とバグダッド(イラク)の関係は悪化。アメリカのドローン攻撃により、バグダッドでイランの精鋭コッズ部隊の司令官が殺害されたことにより、関係はさらに悪化した。

Iraq’s parliamentary resolution was dismissed by US President Donald Trump, who threatened the country with "very big sanctions" and said the US would not leave until Iraq paid Washington back for an expensive air base it had built there. Pompeo has also disregarded the will of the Iraqi parliament, saying he was "confident" that the Iraqi people want US troops to remain.
イラクの議会決議を、アメリカ大統領ドナルド・トランプは拒絶。(トランプは)「かなり大規模な制裁措置」で(イラクを)脅し、アメリカが同国に基地を建設するために費やした高額な費用への見返りを、イラクがアメリカに支払うまでは撤退しないと述べた。ポンペオはまた、イラク議会の意思を無視し、イラク国民はアメリカ軍の駐留を望んでいると「確信している」と述べた。

Saad Al-Muttalibi, a member of the Baghdad Security Committee, told RT last week that it was "very important" for the US to withdraw its troops from Iraq because Iraqis “don't want to be drawn into a war between Iran and America on Iraqi soil.”
イラク安全保障委員会メンバーのサアド・アルムタリビは、先週RTに対し、イラクにとってアメリカ軍の撤退は「非常に重要である」と述べた。なぜならイラクは、「イラクの地で起こるイランとアメリカの間の戦争に巻き込まれたくない」からである、と。

RT2020/1/9
Several rockets hit ‘100 meters away’ from US embassy, cause fire in Baghdad’s Green zone
Two blasts have reportedly been heard in Baghdad, followed by the sirens of emergency services. The apparent explosions come hours after US President Donald Trump walked back from military action against Iran.

Air raid sirens can be heard in video footage presumably captured in the Iraqi capital on Wednesday night. Multiple journalists in the city reported that two explosions rang out, apparently coming from the direction of the heavily-fortified ‘Green Zone,’ home to the US embassy.

Iraq’s military said that “two Katyusha rockets fell inside the Green Zone without causing casualties.” Police sources told Reuters that the rockets came within 100 meters of the US embassy, and caused a fire.

SPUTNIK2020/1/9
Missile Strike ‘Reminded’ Trump of Iran’s Power, But US Not Likely to Leave Iraq Soon - Experts

As US President Donald Trump declared “all is well” and turned his attention to the US economy and sanctions on Iran following that country’s ballistic missile strike on US forces in Iraq, a bevy of experts weighed in Wednesday on Radio Sputnik’s Loud and Clear about what could lie ahead in the tense conflict between Washington and Tehran.

Journalist Rania Khalek argued to hosts Brian Becker and John Kiriakou that “Iran really showed its strength” in the region through the Islamic Revolutionary Guard Corps’ missile launches and has triggered a major “setback” for the US within the region as a result.

“There’s so much anger at the US that I think you’re going to see a lot more US retreat,” she said, “which is essentially what Iran and [Quds Force commander General] Qasem Soleimani always wanted. So it’s kind of like, in death he’s accomplishing what he tried to do in life.”

Mike Prysner, the producer of “The Empire Files” and a co-host of the Eyes Left podcast, highlighted the irony in US Secretary of Defense Mark Esper, the ex-vice president of government relations at Raytheon, previously boasting that the US is "not looking to start a war with Iran,” but is “prepared to finish one.”

“Well I haven’t seen the US finish a war in the last 20 years,” he said, noting that “as long as there are US troops [and associates] on the ground, it’s not an end to the Iraq war - it’s just postponing it for some period of time,” and there will continue to be room for situations, such as the recent killing of a US defense contractor, to put the US on the brink of a major war again.

Mazda Majidi, an author, journalist and anti-war activist, detailed that Iranians were “listening with a great deal of worry” regarding possible escalation by the US following the strikes in Iraq and explained that many whom he spoke with after Trump’s speech Wednesday morning were “relieved that there would not be a wide-scale bombing of Iran.”

Speaking of Trump’s address to the US public, former UK Ambassador to Syria Peter Ford told Sputnik that the main takeaway from the US president’s speech is what was not uttered.

“He didn’t announce any retaliation, and he filled the void [with] a lot of blather and his usual boasting,” he said. “And as always, he dragged in his obsession with besting the first black American president,” Barack Obama.

“It seemed like some people had gotten to him and said, ‘You know, this might be bad if Iran cuts off all of the oil and … prices shoot sky high,’” said “Redacted Tonight” host Lee Camp. “Iran has a lot of power, and I think some people might have reminded him of that.”

Likewise, Anya Parampil, a journalist for The Grayzone who hosts the news show “Red Lines,” said that while Trump “tried to use forceful language and appeared to be in control of the situation,” he actually “looked to be a bit rattled” and “slurred his speech at certain points.”

Ben Norton, a journalist with The Grayzone and co-host of the Moderate Rebels podcast, pointed out that while the US claims that no US troops were harmed in the Wednesday morning incident in Iraq, “Iran claims they killed 80 US soldiers, so we don’t know exactly whether or not what the US said is true.”




posted by ZUKUNASHI at 23:16| Comment(1) | 国際・政治

新コロナウィルス関連情報 3

厚生労働省のサイト

※ 孫向文 新刊「中国人の僕は日本のアニメに救われた!」
@sonkoubun氏の2020/2/12のツイート
今は中国でコロナウイルス肺炎が治ったら、すぐに再発するケースが多くて、治った後から追加14日間の隔離観察期間を設けてます

※ MFA Russia@mfa_russiaの2020/2/12のツイート
#Zakharova: #Russia, in close cooperation with its Chinese partners, is currently taking the necessary measures to prevent the spread of the coronavirus in Russia. Telephone hotlines operate at diplomatic missions.
・・・the necessary measuresが何を指すのか不明です。
#Coronavirus #China

※ tink@kctinkerbell氏の午後10:10 ・ 2020年2月12日のツイート
記事を読むと乗員の検査の言及はありますが、乗客全員を検査したとは書かれていません。当初3人感染、30人発熱ないしは症状を訴えていました

※ tink@kctinkerbell氏の午後9:40 ・ 2020年2月12日のツイート
返信先: @pat052さん, @koichi_kawakamiさん, @trappedsoldierさん
いやいやいや、香港のワールドドリーム号の検査はかなりザルですよ。武漢からの中国人客28人いて、発熱者、症状ありの乗員30名以上いたのに、感染なしで押し切ったんですもん

3人、子供ですね。


スプートニク
横浜港沖のクルーズ船に対する政府の対応を疑問視 「期待はずれ」=ザハロワ報道官
横浜港沖に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」号に対する日本政府の対応は「カオスで無秩序」とロシア外務省のザハロワ報道官がコメントした。
2月10日、日本の厚生労働省はクルーズ船の乗員乗客60人が新型コロナウイルスに感染していることを新たに確認した。これにより、クルーズ船内の感染者は130人を超えた。船内には24人のロシア人が乗船している。
厚生労働省は残る3600人余りの乗客と乗員について、2月5日からの14日間は客室待機を求めている。
日本政府の対応についてザハロワ報道官は「ロシア・ラジオ」の番組内でコメントした。その中でザハロワ報道官は「正直言って、日本政府は我々が期待していたイノベーションの奇跡を発揮しなかった」と所感を述べた上で、日本政府の対応は「カオスで無秩序、大いに疑問の余地がある」とした。

※ 桑ちゃん@namiekuwabara氏の2020/2/12のツイート
放射性物質安全語り、未知のウイルスにも楽観的対応でしかも、防護装備も不完全で、原発事故当時収束作業者の重装備に「風評被害になる」と楢葉町、今回も「国民や乗客に不安を与える」で簡易装備にして感染したのだろう。
放射能安全語る民族は「風評被害」で防護せず汚染と細菌相乗効果でリスク大!

※ 桑ちゃん@namiekuwabara氏の2020/2/12のツイート
新型コロナウイルス、日本の1000万大都市どのようになるか見ものですね。中国と同じ状態になるのか、改善した対策できるのか。今のところこの国に感染予防期待するのは難しい。放射性物質の防護も満足にできないのだから、感染病防止などできるはずもない。

2020/2/12成田空港到着
6:00 6:11 上海 到着済
6:15 上海 欠航
6:30 6:17 香港 到着済
7:05 6:37 香港 到着済
7:10 7:02 香港 到着済
12:00 11:50 南京 到着済
12:05 11:35 大連 到着済
12:25 12:14 瀋陽 到着済
12:25 西安 欠航
12:30 11:59 上海 到着済
12:35 12:13 上海 到着済
12:50 12:25 上海 到着済
12:55 12:38 福州 到着済
13:10 12:42 香港 到着済
13:10 12:40 大邱 到着済
13:30 シンセン 欠航
13:40 北京首都 欠航
13:50 13:09 上海 到着済
13:50 13:42 ハルビン 到着済
14:00 武漢 欠航
14:05 上海 欠航
14:10 13:42 香港 到着済
14:25 13:47 香港 到着済
14:30 13:55 香港 到着済
14:30 瀋陽 欠航
14:35 広州 欠航
15:00 北京首都 欠航
15:10 14:36 香港 到着済
15:20 15:00 香港 到着済
15:35 15:10 香港 到着済
15:55 15:35 西安 到着済
15:55 15:27 香港 到着済
16:05 15:43 上海 到着済
16:50 16:30 香港 到着済
16:55 16:20 大連 到着済
17:05 16:35 上海 時刻変更
17:20 16:40 大連 時刻変更
17:45 17:25 上海 時刻変更
17:45 17:05 青島 時刻変更
17:50 杭州 欠航
18:05 17:35 香港 時刻変更
18:15 17:45 上海 時刻変更
18:30 重慶 欠航
19:00 成都 欠航
19:00 上海 欠航
19:05 18:35 香港 時刻変更
19:25 厦門 欠航
19:30 杭州 欠航
19:40 上海
20:00 北京首都 欠航
20:50 天津
21:00 上海 欠航
21:00 成都 欠航
21:15 上海 定刻
21:50 上海 欠航
欠航が増えていますね。

孫向文 新刊「中国人の僕は日本のアニメに救われた!」@sonkoubun氏の2020/2/11のツイート
速報
天津、重慶、上海、広州、深セン、北京
封鎖決定
中国経済と政治の中枢が全面封鎖した
・・・本当か!

日経 2020/2/11 17:29 (2020/2/11 21:35更新)
新型肺炎、一般病床で入院可能に 流行備え厚労省通知
厚生労働省は11日までに、新型コロナウイルスの感染者について専用設備のある「感染症病床」以外の一般病床での入院も認めるとの通知を出した。感染症病床は全国に約1800床しかなく、国内で流行した場合、入院先が不足する事態が懸念されていた。クルーズ船の集団感染のほか、今後、国内で感染者が急増する事態に備えるため、医療提供体制を整える。
一方、同省は感染が強く疑われる場合は、国の検査基準に該当しなくても自治体の判断で柔軟にウイルス検査するよう求める通知も出した。現在は中国湖北省に滞在歴がある人や、その濃厚接触者に検査対象を限定しているが弾力的な運用を求め、検査の網を広げる。
同省担当者は「現在は国内で流行している状況にないが、先行して医療体制や検査体制を拡充する」と説明している。
全国の指定医療機関にある感染症病床は、ウイルスが室外に漏れないように気圧を下げた「陰圧室」になっている。通知では「緊急その他やむをえない場合」は、感染症病床以外や指定医療機関以外に入院させることも可能とした。
対象として、個室で患者を管理でき、マスクやゴーグルなど院内感染を防ぐ器具を確保できている施設を想定。感染者同士なら相部屋とすることもできるとしている。
国内では、感染者の確認が相次いでいる。横浜港で検疫中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」では感染者が135人となった。11日には、政府のチャーター機で帰国した邦人男性2人が陽性となったことを新たに確認したと厚労省が発表。国内の感染確認はクルーズ船を除くと28人となった。
同省によると、11日に新たに陽性が確認されたのは第1便で帰国した50代男性と第2便の40代男性。いずれも帰国直後に検査を受け、当時は陰性の判定だった。
50代男性はその後千葉県内のホテルに滞在。2月7日になって発熱やせきが出たため入院していた。40代男性は子供連れで帰国し、最初の検査後に埼玉県の自宅で待機していた。2月8日に発熱、10日に同県の医療機関を受診した。厚労省は家族らに感染の恐れがないか調査する。
チャーター機による帰国者を巡っては、厚労省は11日、第1便で帰国後に陰性が確認され、症状が出ないまま千葉県のホテルなどに滞在している197人の再検査を始めた。陰性であれば12日以降に帰宅する見通し。
検査数が急増していることを受け、厚労省は民間の病院や検査機関にもウイルス検査の協力を要請した。


安倍晋三首相は12日の新型コロナウイルス感染症対策本部会合で、中国・湖北省に加え浙江省に滞在していた外国人も入国を拒否する措置を取ると表明した。13日午前0時から効力を発生させる。

共同2020/2/12 10:16 (JST)
厚生労働省によると、新型コロナウイルス感染が判明し重症となっている4人は、日本人が60代男性1人、70代男性2人。外国人が70代男性1人。

2020/2/12発表:新たに検査結果が判明した53名のうち、39名について陽性が確認されました。陽性が確認されたのは、延べ492名の検査中174名となりました。39人は乗員10人、乗客29人

2020/2/10発表:新たに新型コロナウイルスに関する検査結果が判明した103名のうち、65名について新型コロナウイルスの陽性が確認されました。
・・・どういう対象者について検査した結果なのかわからないので評価しようがないです。

Al Jazeera News@AJENews氏の2020/2/10のツイート
An additional 66 cases of coronavirus have been confirmed on board the Diamond Princess ship docked in Japan, bringing the total number to 136

新型コロナウイルスによる肺炎が全国的に広がっている中国で、2020年2月4日に新型肺炎と診断された浙江省の男性が、「野菜売り場で買い物をしている15秒の間に感染した」可能性を報じられ、現地メディアやSNSで大きな話題になっている。

新型肺炎の潜伏期間「最長24日」 呼吸器疾患の権威・鐘南山氏の「衝撃」論文
中国国家衛生健康委員会新型肺炎対策専門家委員会のトップを務める呼吸器疾患の専門医・鐘南山氏が、新型コロナウイルスによる肺炎感染者1099人の臨床データをまとめた研究論文が、2020年2月9日に公開された。鐘氏は2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)流行時にいち早く警鐘を鳴らした専門家として、中国国民から信頼を集め、新型肺炎対策において中国政府とのパイプ役を担う存在になっている。
論文は潜伏期間が24日にも及ぶ感染者の存在や、感染力が強く、多人数にウイルスを広げる「スーパースプレッダー」が既に発生している可能性を指摘しており、感染経路をより正確に知る上で有力なデータとして注目されている。
1:感染経路
1099人のうち483人(43.95%)が武漢市在住だった。一方、非武漢居住者のうち26%は、最近は武漢に入っておらず、武漢市民との接触も認められなかった。
野生動物と直接接触したことのある患者は1.18%にとどまった。
家族感染のような人から人への集団感染、無症状感染者からの感染も認められ、「スーパースプレッダー」と思われる患者もいた。
2:患者の年齢
平均年齢は47.0歳。女性が41.9%を占める。一方15歳以下の患者は0.9%だった。
3:症状と潜伏期
発熱(87.9%)、咳(67.7%)が最も典型的な症状。ただし病院での最初の診察時に発熱していた人は43.8%しかいなかった。下痢(3.7%)とおう吐(5.0%)は少ない。
患者の25.2%は高血圧などの基礎疾患が認められた。
潜伏期間は平均3.0日。最短は0日、最長24日だった。
4.その他
入院時に肺のCT(コンピューター断層撮影)検査を受けた840人の患者のうち、肺炎の症状があったのは76.4%だった。また、患者の82.1%はリンパ細胞の減少が、36.2%は血小板の減少が認められた。また、33.7%の患者に白血球細胞の減少が認められた。
入院時の症状として一番多かったのは肺炎(79.1%)で、急性呼吸系疾患(3.37%)、ショック(1.00%)だった。
また、中国各地の致死状況について、「広東省では患者は多く出たが、早期隔離、早期診断の予防が効果を発揮し、死者が少なく済んだ」と考察、初期対応がその後に大きな影響を与えることが示唆されている。広東省では2月10日15時現在、感染者は1151人に上っているが、死者は1人にとどまっている。一方で武漢市は、感染者1万6902人に対し死者681人だ。
鐘南山氏は2月9日までの中国メディアの取材に対し、「新型肺炎の致死率は、季節性インフルエンザよりは高いが、SARSよりはかなり低い」とも述べている。

2020/2/10 17:13
Al Jazeera English@AJEnglishの2020/2/10のツイート
World Health Organization warns cases of human-to-human #coronavirus transmission discovered outside China could be the “tip of the iceberg.”

共同 2020/2/10 14:24 (JST)2/10 14:55 (JST)updated
クルーズ船、新たに60人超に陽性反応
 政府関係者は10日、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」での新型コロナウイルス検査で新たに60人以上に陽性反応が出たことを明らかにした。
政府関係者によると、新たに60人以上の新型コロナウイルス感染者が見つかったことで、国内感染者数は150人を超えた。
・・・この件が厚生労働省のサイトに掲載されません。当局は、対応の見直しを迫られているはずです。ほら。

日刊ゲンダイ@nikkan_gendai氏の2020/2/10のツイート
【社会】横浜港のクルーズ船3600人全員検査を検討 加藤厚労相語る https://nikkan-gendai.com/articles/view/news/268855
#日刊ゲンダイDIGITAL

※ はなうた@hanauta461氏の2020/2/9のツイート
nCoV2019-コロナウイルスはACE2受容体を使用して宿主の肺を攻撃します。アジア人種は白人やアフリカ系アメリカ人に比べてこれらの5倍以上を持っています。このウイルスは、アジアの男性、特に高齢者にとってははるかに致命的です。

共同2020/2/9 23:12 (JST)2/10 00:05 (JST)updated
さらに数十人を追加検査
 厚生労働省は、クルーズ船で既にウイルス検査を終えた延べ336人以外に、数十人について追加検査すると明らかにした。

横浜港で検疫中のクルーズ船内で確認された新型コロナウイルス感染症について(第5報)
2月3日に横浜港に到着したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」については、海上において検疫を実施中ですが、新たに新型コロナウイルスに関する検査結果が判明した57名のうち、6名について新型コロナウイルスの陽性が確認されました。
本日、感染症病棟を有する医療機関に搬送することとしています。
陽性が確認されたのは、延べ336名の検査中70名となりました。

共同2020/2/9 18:24 (JST)2/9 18:40 (JST)updated
新たに複数人に陽性反応
 政府関係者によると9日、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船している人のうち、新たに複数人に新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたことが分かった。

※ れい@esperanzasolo氏の2020/2/9のツイート
中国国営新華社:最新の研究では、新種のコロナウイルスがエアロゾルを介して感染することも発見された。専門家は、すべての社会活動や集会をキャンセルし、定期的に窓を開けて室内空気の循環を維持し、家庭での消毒に焦点を当てることを提案している。 http://www.xinhuanet.com/english/2020-02/08/c_138766405.htm
Novel coronavirus can transmit via aerosol: expert
According to previous knowledge of the novel coronavirus, the respiratory droplets and contact transmission are the major routes of the virus infection. Latest finding reveals that it can also transmit via aerosol.

SHANGHAI, Feb. 8 (Xinhua) -- The routes of the novel coronavirus infection include transmission via aerosol according to health and epidemic prevention experts, said Zeng Qun, deputy head of Shanghai Civil Affairs Bureau at a press conference in Shanghai on Saturday.

The other major routes of virus infection are contact transmission and direct transmission including transmission via respiratory droplets according to the experts, Zeng added.

Targeting these transmission routes, Zeng called on residents to take a series of measures including canceling all social activities and gatherings, opening windows regularly to maintain the circulation of indoor air and focusing on household disinfection. ■
・・・ここでのcirculationは、循環ではなく「空気の入れ替え」という意味だと思います。それにしても、すべての社会活動や集会のキャンセルを推奨とは。もっとも、ロシアはすでに全国から人が集まる会議をことごとく延期しました。海外から多くの人が来るオリンピックとその前段階のいろいろな催しごとなどもってのほかということです。このウィルスは、物の表面に付着した状況でも9日間は生存しているとされています。手袋をしたほうが良い? でも簡単には洗えませんね。

チャーター機第1便の帰国者は勝浦のホテルに入ったんですね。第2便以降は都内の国の施設に入ったようです。
朝日2020年1月30日 13時05分
チャーター第2便到着、13人が体調不良 210人帰国
第1便と同様に、機内で検疫を行い、発症が疑われる人や症状のある人は、都内の感染症の医療機関に搬送される。症状がない人も、政府が用意したバスで国立国際医療研究センター(東京都新宿区)に移り、ウイルス検査をするよう政府は求めている。第2便の帰国者の当面の滞在先は警察大学校(府中市)や財務省の研修所(北区)など都内の施設を中心に調整中だ。帰国者が今後増えることを見越し、防衛省がチャーターしている民間貨客船「はくおう」を使う検討もしている。

※ Al Jazeera News@AJENews2020/02/9
Bangladesh unable to run second evacuation from coronavirus epicentre Wuhan as aircrew refuse to work the flight.
Keep up to date with the international response to the outbreak here: https://aje.io/yy2d5
posted by ZUKUNASHI at 23:13| Comment(10) | 武漢コロナウィルス

福島第一原発は 次なる破局的事故に備える段階

福島第一原発は 次なる破局的事故に備える段階です。老朽化が激しい。

※ 桑ちゃん@namiekuwabara氏の2020/2/5のツイート
安心はできません。排気筒の中間錆大きくなりましたね。これでも倒れれば原子炉建屋まで20mしかなく燃料プールに打撃与えます。水が無くなればジルカロイ反応で火災(化学消火通用しない)起こすこともある。プールゲート壊しても近寄れなくなるし中性子線も飛ぶ。解放状態の原発総合的危険予知必要。

※ 桑ちゃん@namiekuwabara氏の2020/2/12のツイート
福島第一3号機原子炉建屋3階監視カメラ設置しておいたほうがいいんじゃない。いつ崩れるかもわからないんだから。プール歪で割れはいって水漏れ起こすと大変でしょう。取り返し付かないよ。「オリンピックどころじゃないからね!」原子力村の悪あがきバレちゃうよ。

・・・引用終わり・・・

原発関係者はみんな逃げると思います。一般の方はどんな状況、境遇に置かれる? みんな何ごともなかったように行動して死んでいくんでしょうね。それも生き方ですね。

管理人は、「リアルタイム空間線量率 全国」と「ただいまの空間線量率 変動状況」が安定稼働を確保できましたので、これを監視しています。
posted by ZUKUNASHI at 20:21| Comment(0) | 日記

武漢コロナウィルス日本政府の方針は? クルーズ船はデータの宝庫になる

日本の政府は、武漢コロナウィルスによる感染拡大についてどう考えている?

よくわからないんですよね。ご存じの方、教えてください。私がこれまで書いた推測はあまり間違っていない。当たってほしい気持ちとほしくない気持ちが半ばです。

@ 武漢、あるいは中国では死者が1,000人を超えるほどに多数になっているが、日本で確認された感染者には重症者は少ない。2/12現在で4人。したがって、国民がパニックを起こさないようにするのが最優先課題。情報が遅く少ないのはそのせい。

A オリンピック、外国人観光客訪日に支障にならないように配慮し、極力プレイダウンする。インフルエンザより少し強い程度の症状とみられることから、武漢コロナウィルス感染による患者は、通常のインフルエンザ患者に含めて取り扱う。

B この方針により武漢コロナウィルス感染による症状がみられても、武漢と直接間接に何らかの接点がある者でなければ、ウィルス検査をしない。

ただ、武漢コロナウィルスは感染力が強いので、感染している恐れが強い者は隔離する。チャーター便により帰国した者は、第一便の帰国者を勝浦のホテルに収容したが、第二便以降の帰国者は国の公務員研修施設などに収容。

C クルーズ船の乗客、乗員は、本来日本が責任を持つべきものではない。船籍は英国。ゆえに乗客乗員全員を陸上施設には収容しない。施設も足りない。
発症者、感染者は人道的な観点から病院に搬送。

D クルーズ船内での感染拡大は、武漢コロナウィルスの感染力、感染ルートの解明に使える貴重な資料。最終的に乗客・乗員全員が感染するのか、感染を免れる人がいるのか。人種、年齢などによってどう違うのか。医学関係者の中にはすでに強い関心を示す人も。

E 今なお中国からは観光客などを受け入れている。北海道に多いらしい。その他の地域でも、外国人観光客の多い施設に勤務する人などに感染者が生じていることは必至。中国では15秒の立ち話で感染した例がある。浙江省からの来日を制限する方針が示されているが、制限はザル同然と海外からの訪日者が発信している。
中国が北京や上海を含めた封鎖を決めたとの情報があります。

F 新型コロナウイルス感染者を「感染症病床」( 全国に約1800床)以外の一般病床で入院させる。国の検査基準に該当しなくても自治体の判断で柔軟にウイルス検査するよう求める、と方針が変わりました。感染拡大に備えた措置です。感染拡大は避けられないと見ていますね。水際防護策失敗です。

以上が私の推測ですが、違いますかね。管理人は、通常のインフルエンザも最大限避けるようにしているので、武漢コロナウィルスを強く警戒しています。だるさが出たらブログなんか書いていられない。
posted by ZUKUNASHI at 16:10| Comment(2) | 武漢コロナウィルス

このブログもアルカエダと同様な脅威リストになれればたいしたものだが

RT2020/2/11
Terrorists, Iran and…WikiLeaks? US counter-intel agency puts ‘public disclosure groups’ on same threat list as Al-Qaeda & ISIS
The US National Counterintelligence and Security Center has warned in its latest report “public disclosure organizations” and hackers are dire spy threats on the level of Islamic State terrorists, Al-Qaeda, and Iran.

“Ideologically motivated entities such as hacktivists, leaktivists, and public disclosure organizations” pose “significant threats” to the US at the same level as non-state terrorist organizations like Islamic State (IS, formerly ISIS/ISIL) and Al-Qaeda, according to the Office of the Director of National Intelligence’s biannual National Counterintelligence Strategy report, released on Monday.

The report carefully avoids mentioning WikiLeaks by name, but pointed references to the “unauthorized disclosures of US cyber tools” − i.e. the Vault 7 leaks that revealed the CIA is able to disguise its own cyber-intrusions as “foreign hacks” − suggest the platform launched by hacker-turned-publisher Julian Assange (now incarcerated in the UK) has gotten deep under the intelligence community’s skin.

The NCSC doesn’t neglect the favored bogeymen of the moment, Russia and China, declaring in the report that both countries are using “all instruments of national power to target the United States.” Cuba, Iran, and North Korea apparently spare some of those instruments in their targeting, as they are merely deemed “significant threats” on the same level as terrorists, hacktivists, and “transnational criminal organizations.” The agency also warns that “foreign nationals with no formal ties to foreign intelligence services” may “steal sensitive data and intellectual property,” though why this is a priority for a national intelligence agency and not the affected organization is not explained.

残念ながらRussian botやFARSNEWS転載サイトでは、そんなに脅威とは見られないようです。今、隙あらばと狙っているのは、この国の情報機関と子宮頸がんプロパガンダグループです。独自情報はないのに、どっちも同じですね。子宮頸がんプロパガンダグループが書き込んでくるスパムコメントは、コメント主の身元がわかれば公表することもあります。

RT2020/2/11
‘Stop your cyber intrusion & surveillance,’ China tells US after indictment of Chinese military in Equifax hack
Unlike the US itself, China does not engage in cyberattacks on foreign companies, a Chinese official has said after the US indicted four Chinese military officers over the 2017 breach of the Equifax credit reporting agency.

The US Department of Justice has formally charged four members of China’s People’s Liberation Army of stealing personal data of some 147.9 million Equifax customers after getting access through a software vulnerability which the company failed to patch.

The Chinese government denied any involvement in the Equifax hack, saying its civilian and military personnel “never engage in cyber theft of trade secrets,” according to Foreign Ministry spokesman Geng Shuang.

The official said Chinese entities often become victims of “cyber intrusion, surveillance and monitoring activities” by the US government.

“We have lodged stern representations to the US and asked it to make explanations and immediately stop such activities,” he said on Tuesday.

The US considers China a strategic rival and has been ramping up pressure against it on many fronts in the last several years. Monday’s indictments identify the alleged military hackers by name, which is a rare occurrence which observers say is a sign of an increasingly tense confrontation between Washington and Beijing.

posted by ZUKUNASHI at 15:41| Comment(0) | 国際・政治

テロリストの扱いに苦慮するトルコ

管理人は、エルドアンは、シリア戦争に際して領土的野望を持っていたことは間違いないと考えています。一方でクルドも領土支配の確立を目論んだ。しかも米軍がクルドを支持。そのためにエルドアンの戦略は、ロシア軍の参戦によりどさくさに紛れての石油密輸が封じられ、戦況も形勢逆転して以降、次第にクルド対策が前面に出ましたが、ロシア・シリアとの間でクルド軍事勢力のトルコ国境からの後退が確保されることになり、名分を失いました。

残る問題は、トルコ傘下のテロリストの処遇。まだ、万という数のテロリストがトルコの指揮の下で動いているはずですが、彼らは自分らに敵対するものに対しては、スポンサーといえども反撃します。

今、トルコ傘下のテロリストとトルコ軍の間で深刻かつ激しいやり取りが続いているはずです。このままの情勢が推移すれば、いずれテロリストは掃討される。俺たちを見捨てるのか! と詰め寄られれば、トルコも動かざるを得ません。

武器の供給にはシリア、ロシアが目を光らせており、思うようにはできません。海外に脱出させる作戦もとん挫しました。ならば、トルコ内に保護区を作るか。これはトルコ国内の反対が強い。

トルコが本当にそう考えているかはわかりませんが、イドリブのテロリストが一瞬に全員消えてくれたら一番良いのですが、トルコはテロリストの作戦管理のため多数の監視箇所を設置し、そこにトルコ兵を配置しています。



2020/2/10、シリア軍がトルコの監視ポストを攻撃してトルコ兵5人死亡。

トルコは、テロリストを見捨てたと非難されないためには、監視ポストから兵士を引き揚げるわけにはいかないでしょう。

トルコがイドリブの即時停戦を求めているのは、テロリストが圧倒的な劣勢にあるからです。そういうときでなければトルコは停戦を言いませんし、テロリストの停戦違反に関しても問題にしたことはない。

トルコの選択肢は、数少ないです。
@ シリア軍と対決の姿勢を取り続け、負け続ける。テロリストを損耗させる。
 これでは、トルコ軍の兵士に多数の犠牲者が出ます。

A 一時的な停戦を実現し、監視ポストからのトルコ軍兵士を撤退させる。この停戦と撤退の口実はいろいろお化粧が可能です。

とにかく、今トルコは、エルドアンの顔がつぶれないようにすることが至上課題。外相カブソグルが走り回っても名案はない。

昨日か今日、プーチンとエルドアンが会談するような情報が流れています。プーチンは、シリアに攻撃を止めろとは言えません。シリア軍の侵攻に勢いの付いた今、それを止めるのは軍事的に大きなロス。

それにここ数か月、シリア軍兵士に多くの死者が出ていますし、ヘリコプターも撃墜されました。シリア軍の士気は最高度に上がっているし、シリア軍の武器装備も格段に改善されていることはプーチンは百も承知。

エルドアンがプーチンに泣きついて、テロリストの恨みを買わないでテロリストを処分する方法を引き出してもらえるか? それはプーチンと言えども難しい。

自分が雇ったテロリストは自分で始末するしかない、というのが基本中の基本。

次のコメントが寄せられています。

これ以上の死者を出さない為にも、トルコ=エルドアン軍は、バックに欧米連合がついているアルカイダ・ナスラフロントに加担しないで自国に引き下がるべきだと思います。
さんざんシリア国内で「不埒な悪行三昧」してきたのだから!
Deal of the Centuryにトルコ国民は反対しているそうですが、その前に先ず、シリアへの不法行為を改めるべきでしょう!!!


正論ですが、そういう正論はなかなか通じないのが今の国際情勢です。

トルコ軍とシリア軍の戦いをやめさせる力を持つているのは、忍者プーチン大統領だけです。ロシアは、最新の戦車T-90Aもシリアへ持つて来ています。ロシアのプーチン大統領は、もつとロシア軍を増強し力でトルコ軍を抑えるかもしれません。彼の戦略と力のみせどころですね。

プーチンは、力でトルコを抑えられる。それが正しい現状認識だと思いますが、プーチンのすごいのは、そういう相手にもメンツを立てさせる配慮があること。プーチンとエルドアンの会談の行方を見ましょう。
posted by ZUKUNASHI at 13:37| Comment(0) | 国際・政治