ずくなしの冷や水

2020年01月25日

米国兵士はこんな人たち 自衛隊員が精神を病んでもおかしくない

デスラーさんがコメントで教えてくれたリンク先をぜひご覧ください。





※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/24のツイート
犠牲者は出血し、手術が必要となる。少年がいた。米兵は彼を父親の目の前でレイプした。イラクで起こったことは、間違っている。我々の精神を破壊し、ひどく苦しめている。今も私は、湯船につかれない。水責め拷問を思い出させるから。今も悪夢に悩まされている。まだ昨日のことのようだ」

※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/6のツイート
米兵はアフガンでスポーツとして市民を殺し、その指を集めていた
引用ツイート
Arash@Arash_Maz氏の2020/1/6のツイート
返信先: @HadiNasrallahさん, @S_Ordibeheshtさん
https://theguardian.com/world/2010/sep


※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/6のツイート
14歳の少女をレイプし家族とともに焼いた米兵は、「イラク人を人間と思わなかった」と語った。


هادي نصرالله※ @HadiNasrallah氏の2020/1/6のツイート
Remember her.
Her name is Abeer Al-Janabi. She was a 14-year-old Iraqi girl who witnessed her parents and her 6-year-old sister being murdered by US occupation forces in 2006 before she was brutally raped and her body set on fire along with the rest of her family.

こんなこともしています。


Iraqi forces carrying out tortures in Mosul mostly supervised by US – security official



海外に派遣される自衛隊員は、こんな人たちの下で下働きをさせられるのです。「日本人を人間と思わない」兵士だっていてもおかしくない。

米国社会、米国兵士は病んでいます。その下で働いていたら、自衛隊員でも病む。自殺者が続出するほどに。

2017年08月18日
CIAに拷問手法を教えた心理学者


2020/1/14に寄せられた投稿を掲載する。このような虐待の画像はいろいろ流出しているようです。私の手持ちのものは少ないです。掲載開始。

写真の女性兵士の名前を知っています。リンディ・イングランドです。リンディだけでなく、他にも女性兵士のサブリナ・ハルマンという人間も虐待で有名になりました。これはキューバのグアンタナモ基地と一緒に問題になったイラクのアブグレイブ収容所の光景ですね。アフガン・イラクで問題になった収容所です。

なぜリンディがこのような行動に移ったかは色々と分析がなされました。
海外では女性が加害者となるレイプ事件を起きるケースも多々ある
戦争は極限状態になるので古今東西、暴行/略奪/レイプが当たり前
イスラム教を貶め、敵側の信仰心と尊厳を失わせる目的
単純に敵側の士気を挫く目的

おそらく動機は上記すべてでしょう。行為が非常に生生しいので伏せますがイスラム教信者の男性はアラーの教えに反すると泣いていたようです。アブグレイブでは当然のように看守からレイプされた女性収容者もいて釈放された後自殺、家族から名誉のために殺された女性もいます。悪魔のように黒い頭巾を被せられ、魔女裁判のように磔にされ写真を撮られた人もいます。ジャンヌ・ダルクも魔女と認定させるため強姦されました。ヨーロッパ的な悪い精神がいかんなく戦争の極限状態で発揮されています。戦争はだからしてはいけないんです。

リンディ・イングランドも虐待ではなく命令と思っていた節があります。ブラッドリー・マニングのように良心に従った者もいますが軍隊内の規律を守って組織に流される方が楽でしょう。やがて進んで残虐行為をする人間が必ず戦地では出てきます。

まさか!?と思う人は調べてみたり映画の「ハンナ・アーレント」を視聴してアドルフ・アイヒマンがどいう人物だったか理解すればリンディの言っていることも理解できます。人間は命令や指示に従わざるを得ない状況では醜悪になります。

PTSDも問題です。いくら命令されても人を虐待したり殺せば心が壊れます。
例えば中東に派遣された自衛隊員が30人近く帰還後自殺したそうです。非戦闘地域の展開でこんなに自殺するんでしょうか。隊内で何かあるのか、よくわかりません。

アメリカでも戦地からの帰還兵が犯罪を犯したりするケースがあります。精神が既に壊されてるんでしょう。イラク帰還兵のクリス・カイル、湾岸戦争からの帰還兵でワシントンDC 連続無差別スナイパー事件を起こしたジョン・アレン・ムハマドなど上げればきりがありません。戦争の本当の敵は国内にいます。


posted by ZUKUNASHI at 22:18| Comment(2) | 国際・政治

F1地下7,000mまで放射能汚染

※ あかいひぐま@akahiguma氏の2020/1/25のツイート
米=mってことか・・・
地下7000米まで放射能汚染 http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-9679.html
中国の軍事評論家で元海軍少将の張召忠がテレビで語ったところによると、福島の放射能汚染は地下7000米まで及んでいる。

7000mはこの程度の距離です。


文殊菩薩
地下7000米まで放射能汚染
中国の軍事評論家で元海軍少将の張召忠がテレビで語ったところによると、福島の放射能汚染は地下7000米まで及んでいる。
米国の研究者が福島原発付近でボーリング調査を行ったところ、地下7000米の土壌サンプルから放射能が検出されたという。
米国は東北関東12県の農産物を50年は輸入しない、100年は放射能が地表から消えることはないという結論に達したらしい。
驚いたことに、米国は調査結果を日本人には知らせていないが、中国などの諸外国とは情報を共有しているようなのだ。
もちろん、日本政府は米国の調査結果を知っているだろうが、「食べて応援」と自国民を人体実験サンプルに供している始末だ。
野崎晃市(45)
posted by ZUKUNASHI at 21:26| Comment(1) | 福島原発事故

木木と知り合う ロウバイ



ロウバイは、蝋梅とか唐梅と書くので梅の一種かと思うが、クスノキの系列に属するらしい。



正月の前後に花をつけて良い香りがする。2009年の冬は、葉を残したまま花を咲かせているものが多かった。2009/12/23撮影。



次は、2011/1/2、民家の庭先で撮影。



次は、2011/1/15、葛西臨海公園で撮影。



葉は、えらくザラザラしてムクノキと同じ感じだ。6月下旬には実をつけている。



ロウバイは、種を播いて育てることが容易らしいが、種などにはアルカロイドであるカリカンチンを含み有毒だというので注意が必要だ

2013/2/3、葛西臨海公園で。薄い黄色がロウバイ、濃い黄色がマルバマンサク。


2013/2/16、川越市内で撮影。





Chimonanthus はクスノキ目、ロウバイはクスノキの仲間だそうです。次の画像はその感じがします。


posted by ZUKUNASHI at 17:20| Comment(4) | 木々と知り合う

ブリに「唇しびれる」宮城・名取市が回収


NEWS
2020年01月23日 11時02分 JST
ふるさと納税のブリに「唇しびれる」宮城・名取市が回収
市は自主回収を発表、対象の品は約1000件に上り、受け取った人に文書で通知する。
ふるさと納税のブリに「唇しびれる」宮城・名取市が回収

 宮城県名取市は22日、市のふるさと納税の返礼品に鮮度の悪いブリが入っていた可能性があるとして、自主回収すると発表した。対象の品は約1千件に上り、受け取った人に文書で通知する。

 市によると、今月上〜中旬、「返礼品のブリを食べたら、唇がしびれる」と3人から連絡があった。賞味期限は切れていなかった。昨年11月27〜28日に出荷しており、この間に出荷したブリの包み焼きや西京漬けを含む返礼品を自主回収する。原因はわかっておらず、検査機関が調べているという。

NHK2020年01月23日 09時50分
名取市ふるさと納税返礼品を回収
宮城県名取市のふるさと納税の返礼品として発送された水産加工品を食べた人が下痢などの症状を訴え、製造会社は鮮度不良の可能性があるとして、1000個余りを自主回収すると発表しました。
自主回収するのは、名取市の水産加工会社、丸七佐藤水産が製造し、
中略
名取市によりますと、商品を受け取って食べた人から「下痢をした」とか「口がピリピリする」といった連絡があわせて3件寄せられ、製造した会社は、ぶりの鮮度不良の可能性があるとしています。

読売新聞オンライン
宮城県名取市は22日、ふるさと納税の返礼品として発送した水産加工品セット「レンジで簡単!」シリーズの一部商品について、使用したブリの鮮度不良で頭痛や嘔吐を引き起こす恐れがあるとして約1000個を業者が回収すると発表した。

・・・・

※ 桑ちゃん@namiekuwabara氏の2020/1/24のツイート
何処で水揚げされた物かな?台風19号で阿武隈流域氾濫、色々な放射性物質と化学物質も多量に流れているからね。
大物になると毒をもつ魚もいるのは確かだが、そればかりではなそうですね・・・。震災後太平洋沿岸のブリは食べないので分かりませんが・・・

唇しびれて食べずに捨ててよかったね。「受け取った人に文書で通知する」そうだけど、文書が着く前に食べて体調異常を起こした人は怒りますよね。即座に緊急対応しないこの辺が地方の精神性かな。市役所の対応を見ると、原因はわかっている? 放射性物質が原因ならすぐに死ぬことはない。
名取市には漁港があります。

サンケイ2020.1.24 19:53政治政策
五輪選手村に被災3県食材 首相「風評被害払拭へ」
 安倍晋三首相は24日の参院本会議で、東京五輪・パラリンピックの選手村で全大会期間を通じて、東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島3県の食材をメニューに取り入れると明らかにした。
 産地表示もするとし「風評被害払拭に向けた大きなメッセージになるとともに、日本の豊かな食の発信にもつながる」と強調した。

posted by ZUKUNASHI at 13:39| Comment(7) | 福島原発事故

岩手県で何が起きている?

岩手県は、県独自の人口動態統計が不備で、他県と同様な分析ができません。
全国人口動態統計2019/11月分まで使った都道府県別の比較で岩手の悪化が大きくなりました。福島県よりも悪い。

2019/11の死亡数が急増しています。2019/1に迫る水準です。


12か月移動平均による出生死亡比率は、0.337と1月の0.328と同等水準です。


死亡数の増だけでなく出生数も減り方が大きくなっています。


岩手連からの情報発信は少なく、原因がわかりませんが、とにかく何かが起きています。

千葉県も悪いんですよね。神奈川を追い抜きそうな勢い。土壌汚染が強いところでじわじわと影響が強まっている? より長期には汚染地の食べ物を食べているところで影響が強くなり、住民激減の可能性。





posted by ZUKUNASHI at 13:23| Comment(0) | 国際・政治

えっ テロリスト・ロンダリングじゃないですか

すごいニュースが入ってきました。トルコがリビアに派兵すると発表した時は、これはトルコ傘下のテロリストの行き場を探しているのだとは思いましたが、リビア経由でイタリアに向かわせるという悪知恵だとは想像できませんでした。トルコから直接隣国に送り込もうとしても隣国から拒否されます。

それで裏口から送り込むことにした。ですが、テロリストの中にはアフリカ出身者がいても欧州あるいは中央アジア出身の者もいます。どうやってアフリカ出身の難民だと理屈をつけるのでしょう。

イタリアは、難民受け入れに消極的、否定的です。これまでもNGOが救助した難民の上陸を拒否しています。

それにしてもトルコは悪知恵の働く人がいる。

リビアから難民を乗せたボートや船は、シシリア島を目指します。シシリア等の海岸線はこんな感じです。これは北部のチェファルーという町です。



イタリアの国境警備隊が取り締まらなければ、いくらでも上陸できるでしょう。

さて、イタリア、欧州諸国はどう対処する。
Merkel and Erdogan’s smiles hide tough times ahead: What can we expect from EU-Turkey talks?
Damian Wilson is a UK journalist, ex-Fleet Street editor, financial industry consultant and political communications special advisor in the UK and EU.
They may be all smiles for the cameras, but the issues Angela Merkel and Recep Tayyip Erdogan are set to discuss – from Syrian refugees to Turkey’s attempts to join the EU – may stall talks and deteriorate relations even further.

And both sides have more to play for this time round than political point-scoring.

The festering wound of Syria continues to provide pain for Turkey, which already hosts 3.7 million Syrian refugees. Now the prospect of further trouble around the city of Idlib means more migrants could be heading Turkey’s way in the not too distant future as they flee the mayhem.

And while Turkey came to the rescue of a panicked EU during the last major migrant push from the war-torn hellhole that is Syria, the promises made at the time by EU leaders in order for President Erdogan to play ball have simply not been fulfilled.

So the German chancellor finds herself on the way to Ankara for talks with the Turkish hardman, a gambit the EU hopes will be more conciliatory than sending, say, Emmanuel Macron.

Because high on the list will be four questions, in no particular order: first, where is the rest of the six billion euros you promised us last time to help deal with this influx of migrants; second, what happened to the visa-free travel deal you mentioned for Turks wanting to travel to the EU; third, where are we with Turkish accession to the EU; and finally, what’s happening with the weapons exports ban?

The first issue is easy enough. Merkel just needs to make the outstanding payment guarantees that Turkey is seeking and it’s ‘job done’. After all, why let 3.7 billion euros come between friends?

As for the second matter – visa-free travel – well, that’s a tricky one. The way the EU would look at it is this: Turkey is a nation of 80 million people. What if they were all granted visa-free travel throughout Europe? We need some more time on this one.

Because that could lead to issue number three: accession to the EU. You’d think the Turks would have given up, remembering they first made their application to become an EU member back in 1987. But no, they persist.

Accession would not only bring with it trade and free movement of people, it would also see Europe’s borders moved right up to Iran, Iraq and Syria. Boris Johnson used the idea of Turkey’s EU accession as a scare tactic during the Brexit referendum. While he had to ride out the race storm that followed, there is no doubt that it was a very effective threat.

Now that London’s views don’t carry the same weight in Brussels as they once might have, don’t think there is a softening on Turkey’s accession. The idea sends a chill wind through the grey corridors of the European headquarters.

Not that anyone needs to tell Angela Merkel much about the resistance to immigration from the East. After 14 years as the first female chancellor, and with an amazing story for a modest scientist born in East Germany, it is most likely she will be remembered for opening the immigration floodgates to her country in 2015, which saw one million refugees arrive – mostly Syrian – in the largest immigration influx since WWII.

She needs to ensure the cooperation of the Turkish president to make sure that does not happen again, because that would guarantee her time in office was remembered not for her achievements, but for a catastrophic misreading of her nation’s mood.

So the final issue, of weapons exports, might be the card to play. Germany imposed the partial ban in October (despite selling it as something a bit harsher), but as arms sales to Turkey topped 250 million euros in the first half of this year and the reason for it – that the Turks would use the weapons against Kurdish fighters – is no longer an issue, perhaps lifting restrictions would provide a bit of leverage.

Erdogan knows the strength of the cards he holds. He’s already suggested in the past that he might simply unleash migrants into the EU unless their deal was honored.

Meanwhile, feelings still run high over the abrupt cancellation of political rallies organized in Germany by Turkish ministers aimed at addressing their huge immigrant communities ahead of a referendum in Turkey. That spat saw Erdogan accuse German authorities of "Nazi" tactics – not an accusation ever received lightly in Berlin.

Will these harsh words be forgotten? Most likely. Both sides have far too much at stake now to let a bit of name-calling get in the way. And while the more recent issue of Turkey’s dispatch of the Kurds in Syria is still a bone of contention, it is that issue of Syria that will actually bring the two leaders together.

As these two leaders meet, what can we realistically expect? Some conciliation over the cash payments to Turkey from the EU, most likely in a further installment of the six billion Euros. While on the money front, perhaps an easing of arms exports restrictions from Germany and maybe other EU nations.

Expect promises of further investigation into visa-free EU travel but nothing concrete for now. As for the accession to the European Union, with tiny Albania and Macedonia being knocked back on their bids to join this club and a genuine resistance to expansion evident in powerful quarters, what hope does a nation of 80 million people directly bordering some of the world’s most troubled regions realistically have of being given a dream ticket?

President Erdogan doesn’t even need to ask to know the answer there.

トルコがまた言うことを変えています。

RT 24 Jan, 2020 14:23 / Updated 17 minutes ago
Turkey sending military to train UN-backed govt’s forces in Libya – Erdogan
Turkish President Recep Tayyip Erdogan has said that he is sending military personnel to Libya to train the forces loyal to the UN-backed Government of National Accord.

Erdogan announced the move on Friday, days after he apparently backed off on an earlier promise to deploy ground troops to the war-torn African country. The Turkish leader told journalists on Monday that a group of military “advisers” had been sent to Libya in the troops’ stead.

The Turkish personnel will train the forces of Fayez al-Sarraj, who heads the Tripoli-based and UN-backed Government of National Accord. The GNA has been engaged in a prolonged conflict with the Tobruk-based Libyan National Army, led by General Khalifa Haftar.

Haftar’s forces are in control of most of Libya, and at one point last year threatened to overrun Tripoli. After peace talks in Berlin last weekend, a fragile ceasefire between Haftar and al-Sarraj remains in place, but no lasting agreement has yet been reached.

Though Erdogan has played a central role in peace talks alongside Russia, both in Berlin and earlier in Moscow, he has openly backed al-Sarraj, and vowed earlier this month to teach the “putschist” Haftar “a lesson,” should the LNA’s offensive on Tripoli continue.

Turkey’s intervention in the Libyan conflict drew condemnation from the EU, and from the foreign ministers of Britain, France, Germany, and Italy. In a joint statement earlier this month, the ministers said that Ankara’s “interference” was “fuelling the crisis.”

Turkey’s neighbor and regional rival Greece responded to Erdogan’s propping up of the GNA by offering to deploy forces on Haftar’s side, supposedly to monitor the implementation of the ceasefire. For its part, Athens bitterly opposes a maritime borders agreement between Turkey and the GNA, which would allow oil and gas exploration in a region of the Mediterranean it claims as its own.

※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/23のツイート
エルドアンに言われ、シリアからリビアに入ったテロリストが、そのままイタリアに向かっている! EUが「穏健反対派」と応援してきたアルカイダ。また難民として歓迎する?
Al-Masdar News@TheArabSource
Syrian fighters abandon Libyan War, flee towards Italy: report https://is.gd/kh7ejv #Libya #Syria

AMN2020-01-21
Syrian fighters abandon Libyan War, flee towards Italy: report
BEIRUT, LEBANON (5:45 P.M.) – Some Syrian fighters that went to fight in Libya have since abandoned the war and fled to Italy, opposition media sites claimed, as cited by Al-Watan.

According to the reports, at least 17 of the Syrian fighters have already arrived in Italy after spending a short period of time inside Libya.
シリアの戦闘員17人がすでにイタリアに到着

The reports said that the Syrian fighters intentionally accepted the deployment to Libya in order to later escape into Italy.
シリアの戦闘員は、後日イタリアに逃げることを承知のうえでリビア配備を受け入れた。

According to the Syrian Observatory for Human Rights (SOHR), some 2,400 Syrian fighters have already traveled to Libya thus far.
これまで約2400人の戦闘員がリビアに到着。

Another 1,200 fighters from a number of factions in the Free Syrian Army (FSA) are expected to make their way to Libya in the coming weeks.
さらにFSAの戦闘員1200人が今後数週間以内にリビアに来る。

Last month, Bloomberg News released a story about Turkey offering contracts to Syrian fighters in order to help the Libyan Government of National Accord (GNA).

Since then, several fighters have been seen inside of Libya, most notably near the capital city of Tripoli

MH85@Michael_H85氏の2020/1/22のツイート
返信先:@TheArabSourceさん,@Souria4Syriansさん
Lmaooo might explain why most of them in the video of terrorists on the plane heading to Libya didn't want to show their faces. They knew they'd be abandoning ship as soon as they landed.
飛行機の中でビデオが撮影された際に彼らは顔を隠していたそうです。

Grattan Healy@Grattan_H氏の2020/1/22のツイート
返信先: @TheArabSourceさん,@ma000111さん
Finally copping on that they're just cannon fodder in someone's money-making game

※ Dennys Kassavetis@DeKassas氏の2020/1/22のツイート
返信先: @TheArabSourceさん
Oh a new ''refugee wave'' haahaha

MiddleEastResearchNews@research_east氏の2020/1/22のツイート
返信先: @TheArabSourceさん
You cant make this stuff up. Thats too hilarious!!!

トルコの説明がくるくる変わります。以下の記事では、advisor or troops or mercenaries 傭兵とはっきり述べています。

SPUTNIK2020/1/23
DAVOS, (Sputnik), Anastasia Levchenko - Turkish Foreign Minister Mevlut Cavusoglu has said that Ankara will no longer send military advisers to Libya and will instead commit to international efforts to reconcile the parties to the conflict.

"No. We all agreed that as long as truce, ceasefire is respected, nobody will send an additional advisor or troops or mercenaries from any neighboring countries … everybody committed to that," Cavusoglu said, when asked whether Turkey would send any more advisers to the conflict-torn country.

Turkish President Recep Tayyip Erdogan said in early January that Turkish troops were already on their way to Libya to support the internationally recognised Government of National Accord at its request. He, however, clarified on Monday that there were only military advisers on the ground.
posted by ZUKUNASHI at 00:42| Comment(0) | 国際・政治