ずくなしの冷や水

2020年01月06日

原油価格がどこまで上がり、持続するかそれが問題だ

Ian56@Ian56789氏の2020/1/6のツイート
Oil rallies & gold hits 7-year high as US raises tensions in the Middle East.
Does Trump really want a US recession caused by higher oil prices?
It's about the only thing that could stop him being re-elected.
His recent actions are absolutely insane.


イランが石油価格上昇策をとるように思うがどうだろう。
posted by ZUKUNASHI at 21:16| Comment(0) | 国際・政治

イラクからの米軍退去問題 決議が通ってトランプ大慌て


マルーフがこんなに目を輝かせるところは初めてです。彼自身、中東での事態の展開にエキサイトしているはずだと思います。米軍の動向を中心に国際問題について、目下最も信頼できる、傾聴すべき見解を述べています。

イラク首相  Iraqi Prime Minister Adel Abdul Mahdi  アブドゥル・マフディ

彼は、もう自分の命以外には、失うものはない。彼が国を救えるかいなかの瀬戸際です。逆境、極限状況でのこの迫力、よーく見ておいてください。

RT2020/1/5
Easier said than done: Making US troops actually leave Iraq will take more than parliament resolution
言うはやすく行うは難し。米軍を実際にイラクから退去させるには議会の決議だけでは足りない

Adoption of the resolution, urging the expulsion of the US military from Iraq, marks a very important step for the country, yet making them actually leave will likely take more than that, analysts have told RT.
米軍のイラクからの追放を促す決議案の採択は、同国にとって非常に重要な一歩であるが、実際に彼らを去らせるには、それ以上のことが必要になる可能性が高い、とアナリストらはRTに語った。

The resolution, calling for withdrawal of foreign troops from the country, was adopted by the Iraqi parliament on Sunday. The non-binding document that the government is yet to consider came in response to the assassination of Iranian Quds force commander Qassem Soleimani as well as other Iranian and Iraqi military officials, including the deputy commander of Iraq’s Popular Mobilization Force (PMF), Abu Mahdi al-Muhandis. The high-profile officials were killed in a US airstrike on the outskirts of Baghdad earlier this week.
イラクから外国部隊の撤退を求める決議は、日曜日にイラク議会で採択された。政府がまだ検討していない拘束力のない文書は、イランのクッズ軍司令官カッセム・ソレイマーニと、イラクの民衆動員部隊(PMF)の副司令官であるアブ・マフディ・アル・ムハンディスを含む他のイランおよびイラクの軍事当局者の暗殺に対する応答であった。有名な役人は、今週初めにバグダッド郊外での米国の空爆で殺された。

Washington appeared unnerved by the resolution. Secretary of State Mike Pompeo defended the American military presence in the country, insisting that the Iraqis actually enjoy it.
ワシントンは決議案に不安を感じていなかったようだ。国務長官マイク・ポンペオは、イラク人が実際にそれで受益していると主張して、この国のアメリカ軍の存在を擁護しました。

“We are confident that the Iraqi people want the United States to continue to be there to fight the counterterror campaign,” Pompeo told ‘Fox News Sunday.’ The US top diplomat, however, apparently missed the part when Washington actually attacked the Iraqi forces. The PMF militia, which has been the key force in fighting the Islamic State (IS, formerly ISIS) is a part of the country’s military, author and analyst Nicolas J.S. Davies has said.
「私たちは、イラク国民が対テロ作戦を戦うために米国が引き続き存在することを望んでいると確信しています」とポンペオは「フォックスニュース日曜日」に語った。しかし、米国のトップ外交官は、明らかに、ワシントンが実際にイラク軍を攻撃した部分に触れずじまいだった。イスラム国家(IS、以前はISIS)と戦う上で重要な役割を果たしてきたPMF民兵は、国の軍隊の一部ですと、著者でアナリストのニコラスJ.Sデイビスは言った。

“There’s now a confrontation between the Iraqi government and the US government. The US has already attacked Iraq’s armed forces, that’s how this began,” Davies told RT. “The Iraqi government has every right to ask them to leave, and if the US resists this request then we have a huge confrontation.”
「現在、イラク政府と米国政府の間には対立があります。米国はすでにイラクの軍隊を攻撃している、それがこれの発端です」とデイビスはRTに語った。 「イラク政府は彼らに去ることを求めるすべての権利を有しており、もし米国がこの要求に抵抗すれば、大きな対立になる。」

Killing of Soleimani and his associates came not only in a blatant disregard of international norms, but breached the deal between Baghdad and Washington, Davies explained, thus the latest move by the country’s parliament is not very surprising.
ソレイマニと彼の仲間の殺害は、国際的な規範を露骨に無視しただけでなく、バ​​グダッドとワシントンの間の取り決めに違反した、とデイビスは説明した。したがって、国会による最新の動きはさほど驚くことではない。

“The US is really just behaving like a rogue state at this point. All of it is just a flagrant violation of international law in so many ways,” he said, mentioning that the US troops are in the country at the invitation of Iraqi government.
「この時点で、米国は本当にならず者国家のように振る舞っている。それらはすべて、非常に多くの点で国際法の重大な違反です」と彼は言い、米軍はイラク政府の招待でこの国にいると述べた。

The parliament’s decision is an “enormous development” for the country that moved a step closer to ending the enduring occupation by the US forces, as well as for the whole region, political analyst and journalist Andre Vltchek believes.
議会の決定は、米軍による永続的な占領を終わらせることに一歩近づいたこの国にとって、また地域全体にとって「巨大な展開」だと政治アナリストでありジャーナリストのアンドレ・ブルチェクは信じている。

“We never saw the US army to depart just because the parliament of the occupied country would vote that it should. So, this is not going to be easy for Iraq to get rid of the US and NATO military,” Vltchek told RT.
「被占領国の議会がそうすべきだと投票するからといって、米軍が去るのを見たことはありません。だから、これはイラクが米国とNATOの軍隊を取り除くのは容易ではないだろう」とブルチェクはRTに語った。

Washington is likely to recourse to “all sorts of tricks” to try and stay in the country, Vltchek warned. Transferring the forces into the autonomous Iraqi Kurdistan region – “as they did in the past” – is one of them. Still, the situation in the region has changed since the times of the 2003 invasion and the local powers and groups appear to show significantly more unity, and the death of Soleimani might potentially become a further unifying moment for it.
ワシントンは、「あらゆる種類のトリック」に頼って国に滞在しようとする可能性が高い、とブルチェクは警告した。 イラク・クルディスタン自治地域に部隊を移すことも「過去にそうであったように」その一つです。それでも、2003年の侵略の時代とこの地域の状況は変化しており、地域の権力とグループが著しく団結を強めているように見え、ソレイマニの死は潜在的にそれをさらに統合する機会になる可能性があります。

The whole endeavor to try and expel US troops from Iraq might still flop, former Pentagon official Michael Maloof has warned, since the country’s politicians – including the caretaker PM, who spearheaded it now – have been very reluctant to actually do so before the US attack.
イラクから米軍を追放しようとする全努力はまだ失敗するかもしれない、元国防総省のマイケル・マルーフ氏は、今、その先頭に立つ辞任表明した首相を含むこの国の政治家は、米国の攻撃の前に実際にそうすることを非常に嫌っていたのだからと警告した。

“Prior to the assassination of the General Soleimani, there was dissent within these Shia ranks, and that’s why you had no decision, because for months, there has been discussion of doing just this – possibly removing foreign troops, namely the US in particular to avoid the very problem we’re having now,” he said.
「ソレイマニ将軍の暗殺の前に、これらのシーア派内で異議があり、それが何の決定もしなかった理由です。何ヶ月もの間、まさにこれ−私たちが今抱えている問題を回避するためにできれば外国軍隊を退去させる、つまりとりわけ米軍を排斥すること、の議論がありました。」と彼は言いました。

The local forces have already been deemed capable of tackling the existing terrorist threat on their own – and now the US troops are “basically booted out” instead of departing after an accomplished mission. Still, there’s no certainty that they will actually depart – which will turn them once again into de-jure occupiers of the country, Maloof said.
イラク軍はすでに既存のテロリストの脅威に自力で取り組むことができるとみなされており、今や米軍は任務完了後に出発するのではなく「基本的に追い出しうる」。それでも、彼らが実際に去るという確実性はありません。それは彼らを再び国の不法占拠者に変えるでしょう、とマルーフは言いました。

“Now the question is – if ordered out, will the US forces leave? … If they do not, then they’ll become an occupying force once again.”
「今、問題は、もし出るように命じられたら、米軍は去るのか? …そうでない場合、彼らは再び占領軍になります。」

Iraq Limits International Coalition's Ground, Air Movements After Soleimani Killing - Reports



RT2020/1/6
Trump threatens Iraq with ‘very big sanctions’ unless it pays BILLIONS back for an air base if US troops forced to withdraw
Iraq should brace itself for sanctions that'll make the ones placed on Iran look pale in comparison if it kicks out the US troops without first covering the costs the US spent on its airbase there, US President Donald Trump said.

“We have a very extraordinarily expensive air base that’s there. It cost billions of dollars to build, long before my time. We’re not leaving unless they pay us back for it," Trump told reporters on board of the Air Force One on Sunday.

The punitive measures that the US is ready to slap on its supposed ally in the fight against the Islamic State (IS, formerly ISIS) will be even harsher than the crippling sanctions already in effect against Tehran, the US leader said.

"If they do ask us to leave, if we don’t do it in a very friendly basis, we will charge them sanctions like they’ve never seen before ever. It’ll make Iranian sanctions look somewhat tame.”

Trump’s dire warning to Iraq comes after Iraqi MPs passed a non-binding resolution, championed by the country’s caretaker prime minister, and asking the Iraqi government to expel foreign troops by cancelling a request for military assistance from the US-led coalition.

The resolution, adopted earlier on Sunday, envisions that some of the foreign troops might still stay in Iraq for training purposes, but the number of foreign instructors deemed necessary should be reported back by the Iraqi authorities.

‘We are not allowed to touch Iran’s cultural sites? Does not work that way’

As he was unleashing his fiery tirade, Trump doubled down on his threat to wipe out Iranian cultural sites in a retaliation for potential future attacks from Tehran, which vowed to avenge the assassination of its top general, Qassem Soleimani, by the US.

Accusing Iran of “torturing” and “maiming” American soldiers in suicide attacks and by planting roadside bombs, Trump suggested the attacks on the US troops justify a potential war crime – the destruction of a nation’s cultural heritage.

“They’re allowed to kill our people. They’re allowed to torture and maim our people. They’re allowed to use roadside bombs and blow up our people. And we’re not allowed to touch their cultural site? It doesn’t work that way.”

Trump’s statement on Saturday that the US might fire upon 52 Iranian sites, important to the Islamic Republic’s people and its culture, has courted controversy in the US with many of the Trump administration’s critics noting that Washington would mimic the methods of its declared adversary – Islamic State terrorists – notorious for damaging and destroying globally-significant cultural sites in Syria and Iraq.

Tensions between the US and Iran have been mounting ever since a series of US airstrikes against Shia Kataib Hezbollah militia in Syria and Iraq on December 29 killed at least 25 fighters, triggering a siege of the US Embassy in Baghdad that saw demonstrators chanting “Death to America” and setting checkpoints on fire. The US pinned the blame on the showdown at its diplomatic compound on Tehran and its “proxies.” On Thursday, the US launched a drone strike at a convoy travelling near Baghdad Airport, killing Iran’s elite Islamic Revolutionary Guard Corps (IRGC) commander – Qassem Soleimani – along with a dozen other senior Iraqi militia leaders.

The murder of Soleimani, who played a key role in the fight against IS in Syria and Iraq, has drawn outrage across Iran and Iraq, with Tehran vowing to avenge the assassination, calling it “an act of international terrorism.” Washington, meanwhile, insists that Soleimani was the mastermind behind a spate of attacks on American personal, including at the US Embassy, and says he was plotting new assaults.
posted by ZUKUNASHI at 17:21| Comment(0) | 国際・政治

若いことは素晴らしいこと

以前、シリア政府軍側の若者が迫撃砲を打っている動画がありました。砲弾を詰めては発射し、また装填する身のこなしの素早さ、若いことは素晴らしいこと、それを無駄にしてはいけないと、つくづく思いました。また紹介したいと思っていましたが、見当たらず、ソレイマニの記事を書いていてたまたま見つけました。

画像クリックでfarsnewsの動画に飛びます。
17秒ころからご覧ください。


これは、ユーフラテス川沿いのイラクに近い町、Albu Kamalです。Albu Kamal は Al-Bukamal とも表示されます。ソレイマニは、ここでISIS掃討の作戦指導に当たり、空き家に寝泊まりした際に、その家主に宛てて手紙を書いたそうです。無断使用を詫び、彼の滞在中に家屋の破壊などがあれば弁償すると書かれていたとあります。ポンペオからの手紙を受け取らなかったのもこの作戦中ですね。

タイガーフォースの隊長Suheil al-Hassanの近影がありました。ずいぶん腹が出ています。一時はガリガリでした。作戦に余裕が出てきているんですね。戦闘の最中であれば、食事の用意ができないことも、食事が届けられないこともしばしばあるはずです。ガリガリになることもある。


右側はゲラシモフ


 

・・・・・

2020/1/6に寄せられた投稿を掲載する。お若い方でしょう。とてもうれしいお便りです。引用開始。

こんにちは。失礼します。仕事が始まりましたが会社の人間に中東の話を聞いてみたところ反応が「ガソリンが高くなって困るねぇ」くらいでした。そんな程度の問題でもない…同じ星の中で日本と仮にも同盟国がこんな非道なことをしていて日本も集団的自衛権の名目で戦争に加担させられるかもしれなくて、破壊と殺戮に手をまた貸してしまうかもしれないのにこの暢気な反応…いや、家計に響くのはわかりますが、、これでした… 新年早々がっかりしました。

やはり「ISISはスンニ派でシーア派のイランと対立してる」という認識の人間が多く、これもがっかりです。まともな同僚の一人はこちらのブログの管理人様と読者様と同じ反応をしていました。

farsnewsの動画を見ると悲しいです。戦争さえなければこの若者たちは兵器なんて触らず違った道を歩んでいたのでしょう。戦争ってやはりミヒャエルエンデのモモに出てくる灰色の時間泥棒の男たちが起こすんだなと思いました。米軍は世界中の国から基地を引っ込めて欲しい、本当にそう感じました。

Youtubeでもシリア政府軍側に関しての批判動画が多いです。反政府サイド寄りの投稿が多いです。こちらのブログでは非常に優れた見識のある方々が記事やコメントを書いてくださるので勉強になります。ありがとうございます。

新年早々ですが私はお金と戦争の世の中に本当にうんざりしました。話が少しずれますが「ザ・森男 - 木の上の生活」という動画がYoutubeにありまhttps://www.youtube.com/watchv=Rd_8tDJiK9s ここに出てくるおじさんと若者はアメリカ社会が嫌になったんでしょう。固定資産税だけを払い狩りをしながら自給自足で暮らしています。おじさんも若者も仲間同士助け合いながら木の上に自分で家を造りのびのびしていて、それでいながら目が死んでない。日本人も畑を持って山や森でみんな自由に暮らせたらいいのにと思います。動画に出てくるアメリカ人はこの記事の写真の人物と同じくきりっとしたいい表情をしてるんです。サイード・ハサン・ナスララ事務局長やラバンチ国連大使もきりっとしています。だらっとした生気のない安倍自民党政府の人間の表情や攻撃性と強欲さを隠せないトランプとは全く違います。年を取ると生き方が顔に出るんですね。

私も今の海外ニュースは間違っている可能性が高いから注意しよう、英語ができる人には英語でニュースをあたろうと言っていきます。この雰囲気では日本人は中東に誤解や偏見を持って判断を誤ると思いますから。私は自分でも気を付けないといけないとも感じます。長々失礼しました。
posted by ZUKUNASHI at 14:00| Comment(1) | 社会・経済

ソレイマニ暗殺は一石二鳥を狙ったものだが

ソレイマニがISIS掃討に果たした大きな役割は、シリア問題を追ってきた者には、疑いの余地のない明快な事柄です。

このブログでも何度も取り上げました。
IRGCはイランの精鋭エリート部隊であり、戦術家とされるソレイマニがいます。ソレイマニは、アレッポの攻略などシリア、イラクでの重要な作戦に際して現地で助言しており、シリアでの対ISIS掃討作戦で大きな功績があったとシリアから感謝されています。

IRGCはイランのスパイ組織を持つ正規軍でテロリストと戦っています。ソレイマニは、アレッポやキルクークの戦いでシリア軍やイラク軍を指導しており、特にイラク政府関係者はソレイマニの功績を称えました。
ソレイマニがデリゾールの戦線にいたとき、CIA長官の手紙を仲介者が届けたそうですが、ソレイマニは受け取らなかったと伝えられています。

FARSNEWS2017/12/24米国は、イランのスパイ組織とされるIRGCのゼネラル、ソレイマニを米国がしかける戦争を敗北に導く張本人とみて10年以上前から暗殺を狙っていたというものです。

イランのIRGCソレイマニ将軍のイラク、シリアでの作戦指揮に対する高い評価とともに、CIAの長官がデリゾールの前線にいるソレイマニに手紙を送ったが、ソレイマニは受け取らなかったとされています。手紙には、米国の利益を損なうなとの趣旨が書かれていたとも言われています。

2017年12月03日
イラク民衆軍 リーダーの暗殺を米国が画策と非難
中東でちらちらと暗殺話が伝えられています。イスラエルがヒズボラのリーダーについて触れているほか、イランIRGCのソレイマニの名前も出ています。次の記事はイラク民衆軍のリーダーを米国がテロリストと呼んだことから暗殺の意図があるとイラク民衆軍が反発しているものです。
シリア戦争の敗北で、米国、イスラエル、サウジは腹を立てているのでしょうが、それは自分らのテロリストを使って攻撃を仕掛ける作戦の失敗に他なりません。

IRGCのソレイマニがアブカマルの作戦司令部に入った訳を述べています。ソレイマニはアレッポの戦いの最終段階でアレッポに入りましたし、モースルの戦いでも助言をしたようです。
ソレイマニが現地視察に入ると兵士たちが集まってきて熱烈歓迎します。勝利に貢献したのはソレイマニの作戦と兵士たちは知っているのでしょう。中にはイランからのボランティアとしての立場でシリア軍とともに戦った兵士がいるのではないでしょうか。
アブカマルを制圧したとニセ情報を流してアブカマルをテロリストに攻撃させ、攻撃の手が緩んだ、あるいはテロリストがアブカマルに入ったところで回りから迫撃砲などで攻撃するという作戦だったように見られます。

こういう戦術、戦略を指揮していたようです。

2017年11月21日
ソレイマニがISIS支配の終了を宣言 イラク、シリア内戦を総括

2017年01月16日
イランのソレイマニがイラクのエルビル視察後ISISの攻撃を予見していた

2016年10月26日
イランのソレイマニがモースルの作戦司令室にいる

MSMは、米国発表に合わせてバイアスのかかった記事を流していますから、多くの人は実態、真実を知りません。米国がISISの生みの親であることも知らない人が多いでしょう。

・・・・・

次のツイートに記載されている情報は、正しくありません。米国は、事実と正反対のことを主張しています。
※ The Spectator Index@spectatorindex氏の2020/1/4のツイート
BREAKING: US Secretary of State says Qassem Soleimani was at the heart of developments that brought disaster to Syria and Iraq

※ The Spectator Index@spectatorindex氏の2020/1/4のツイート
BREAKING: President Trump says Qassem Soleimani killed thousands of innocent people in the Middle East
ソレイマニが中東で数千の罪のない人々を殺害したとトランプが述べた。
トランプは放言癖がありますが、ここは、"Qassem Soleimani killed "
 ではなく、"US forces killed" でなければ、虚言です。自分たちのやった罪をソレイマニに押し付けています。

※ The Spectator Index@spectatorindex氏の2020/1/4のツイート
BREAKING: President Trump says Qassem Soleimani was preparing 'imminent and sinister' attacks on US diplomats and servicemen

ソレイマニがいなければ、イラン、イラクはISISの攻撃を受けただろう、とマルーフも述べています。
RT2020/1/3
Iran, Iraq would face ISIS attacks if not for Soleimani – Fmr Pentagon official
The world is reacting to the US strike that killed Iranian general Qassem Soleimani, signaling a potential war with Iran. RT America’s Faran Fronczak sits down with former Pentagon official Michael Maloof to discuss. RT America’s Michele Greenstein gives us the latest out of Iran. The US killing of Suleimani has caused the third Iran-linked spike in oil prices in a year. RT America’s Sayeh Tavangar is keeping an eye on the oil markets. Canada’s Department of Defense is recurring “role players” to help train special forces with intelligence work. RT America’s Alex Mihailovich has the story.

ロシア国防省は、ISIS打倒におけるソレイマニの役割は否定できないとの見解です。
RT2020/1/3
‘Undeniable role in defeating ISIS’: Russian MOD says Iran’s Soleimani organized anti-terrorist fight ‘long before US was there’

Iranian commander Qassem Soleimani, who was killed in a US airstrike, played a vital role in fighting terrorists in Syria and Iraq, the Russian Defense Ministry said, adding that his death would harm international security.

The ministry slammed the assassination of the Iranian general, carried out on orders from Washington, calling it a “short-sighted” move that would lead to a “rapid escalation” of tensions in the Middle East. It also described Soleimani as a talented and experienced commander, who enjoyed “well-earned authority” throughout the Middle East.

It was under Soleimani’s direct command that military resistance to the international terrorist groups Islamic State [IS, formerly ISIS] and Al-Qaeda was organized in Syria and Iraq, long before the so-called US-led ‘international coalition’ was formed.

In its statement, the ministry called the Iranian general’s achievements in fighting international terrorism “undeniable” and warned that his death would be detrimental to the whole system of global security.

Soleimani was seen as a key strategist, coordinating the efforts of the Iranian advisers assisting both Syrian and Iraqi forces in their fight against terrorists. Iranian media reported that he’d personally assisted Baghdad in several counter-terrorism operations, including the liberation of the strategic city of Tikrit from IS jihadists in 2015.

The general was killed in a US drone strike at Baghdad’s airport, along with Abud Mahdi al-Muhandis, the deputy head of the Tehran-backed Iraqi Popular Mobilization Units (PMU) militia and eight other officials. The Pentagon argued its strike was necessary to protect Americans and prevent “future Iranian attack plans.” Iran denounced it as an “act of international terrorism.”

※ Sarah Abdallah@sahouraxo氏の2020/1/3のツイート
Mike Pompeo: “I was the CIA director. We lied, we cheated, we stole. We had entire training courses.”
This is the same man salivating and clamoring for a disastrous war on #Iran today.
マイクポンペオ:「私はCIAディレクターでした。 私たちは嘘をつき、ごまかし、盗みました。 すべてのトレーニングコースがありました。」
これは、今日、#イランでの悲惨な戦争のために唾を吐き、大騒ぎしているのと同じ男です。

・・・・・

なぜ米国はここで見え見えのウソをついているのでしょう。主流商業メディアしか読まない人は、真実を知りませんから、世界のほとんどの人を騙せると思っている?

@ 客観情勢としてISISをはじめとするテロリスト集団は敗退し、残党の処置に米軍は苦労している。他の場で使うために温存する方法を模索しているようだが、アフガニスタンへ送り込む人数も増えていない模様。イラクのシリア国境付近に集結させている? トルコはイドリブのテロリストをリビアに送り込もうとしているとみられる。ハッシュドアルシャアビは、シリアからのテロリストの侵入を国境で食い止めようとし、兵員を配置しています。

A ISISが戦闘能力を失った段階で、ISIS掃討の立役者であるソレイマニ、ムハンディスを暗殺。ソレイマニ、ムハンディス憎しの感情から発しているのか、それ以外の理由、狙いがあるのか。
ソレイマニは、イラクがサウジとイランとの緊張緩和の仲介をしており、イラク首相が伝えたメッセージに対するイランの回答を伝えるためにバクダッドに来たところでした。米国はイランと対話がしたいとイラク首相に仲介を求め、イラク首相はソレイマニにその話をする予定だったともされています。

B ソレイマニを暗殺して、イラン軍の戦闘能力が落ちるか。優れた戦術家を失ったことは痛手だろうが、それでもってイラン軍の戦略が変わることはないだろう。

C ムハンディスを暗殺してイラク民衆軍が指令官の一人を失っても、それによって活動能力ががた落ちするとは考えにくい。小さな組織ではない。

D となると、ソレイマニとムハンディスの暗殺は、米軍の作戦を妨害する者には、このような国際法や二国間協定に違反することもやることで、見せしめ効果を狙ったとしか考えにくいです。それが、米軍とISISなどのテロリストとのごく近い関係を証してしまうことになっても、それはもう敗れかぶれ。

E ソレイマニのような優れた戦術家を最も怖く思っているのは、サウジ、イスラエルでしょう。全面戦争ではなくて局地的な戦闘の場面、テロリストの破壊活動の場面では戦術家の活躍の余地が大きい。米軍は、テロリストのスポンサーに勝利を与えられなかった代わりに戦術家を暗殺した。

F 米軍は、イラク国内で米軍退去要求が強まる中で、その動きを抑えたい。退去要求の急先鋒であるハッシュドアルシャアビに敵意をあらわにし、打撃を与える目的もあった。ハッシュドアルシャアビを出身母体とする国会議員が二人います。


G ハッシュドアルシャアビがイラン(IRGC)から支援を受けていることは事実でしょう。それゆえIRGCの著名な将軍ソレイマニとその支援を受けているハッシュドアルシャアビのムハンディス司令官は、米国が敵対するイランの将軍とイラクのその同盟組織の代表者であり、イランへの攻撃の一端として位置づけられます。

H Fについては、暗殺事件で米軍のイラク退去を求める声が高まり、国際法違反、二国間協定違反の事実で米軍に癒着しているイラク国内のグループも米軍必要論の声を上げづらくなっています。ハッシュドアルシャアビも報復を誓っていますから、委縮させる効果は乏しかった。米軍のほかに兵士のトレーニング名目でイラク内に軍を送った欧州の国の軍隊が活動を停止しました。

I 反米感情が高まる中、2019/1/5、イラク議会が政府に米国主導軍への助力要請をキャンセルすることを求める決議を採択しました。ですが、イラク議会のクルド諸派は、この日のイラク議会に参加しませんでした。クルドは、ソレイマニの暗殺を路上で祝ったともされています。議会の定足数確保にも困難があった模様です。

J 反米感情を強く刺激することは、米国は当然読めたはずです。一方、イラク国内の動きは抑え込めると考えたのでしょう。すでに国内デモを扇動して首相を辞任表明に追い込んでいます。ですから、米国、米軍の意図は、イランを刺激することにあったと考えざるを得ません。

K ですが、反米感情の強まりは、イラク、イランを超えて中東全体に広がる勢いです。ヒズボラが米軍兵士を狙った作戦を展開するよう指示を出しました。イラクのシーア派宗教指導者サドルは、国の内外での団結と国際的な「抵抗軍団」を呼びかけました。米国の暗殺行為に対する憤激は、おそらく米軍の予想をはるかに超えているでしょう。


L イラクは米軍のイラクからの撤退を進めます。米国の議員の中にはそれに応じる必要はないとの意見を示す議員もいますが、米軍が応じなければ、個別に米兵殺害の動きが強まるでしょう。イラク国内のクルドをはじめとする親米勢力の妨害も予想されます。

M イラクから米軍が退去した場合、シリア国内のISISテロリストに指令を出す米軍がどこにとどまることとなるのか。シリア政府は、ソレイマニの暗殺後特にステートメントを出したりしていません。高官の発言も伝えられていません。動くタイミングを見ています。イラクから米軍が退去すれば、自動的にシリア国内の米軍も退去することになるか。

N 米軍基地を置く湾岸、中央アジアの国々は、イランの報復でミサイルが飛んでくることを心配しています。イランと良好な関係を持つオマーンは米国との仲介をイランに持ち掛けて断られました。カタールの外務大臣がイランに飛んでいます。経過は伝えられていません。
Liz Sly@LizSly氏の2020/1/6のツイート
Saudi Arabia is sending a delegation to Washington to urge restraint with Iran on behalf of Gulf states. The message will be: “please spare us the pain of going through another war”
(aka, be careful what you wish for) https://bloomberg.com/news/articles/

O 2020/1/6の日本株式市場は、先週末の米国市場の動きを受けて大幅下落、為替は小動き、金価格は上昇です。

P イスラエルのネタニヤフが閣議でイスラエルは核保有国だと口を滑らせたと伝えられています。

・・・・・

ソレイマニは、シリアのアル・ブクマルで作戦指導中、空き家に寝泊まりした際に、その家主に宛てて手紙を書いたそうです。無断使用を詫び、彼の滞在中に家屋の破壊などがあれば弁償すると書かれていたとあります。
※ Ali@CoolHuh_氏の2020/1/4のツイート
General Sulimani wrote a message for the owner of the abandoned house where he slept during battle for Al-Bukmal against ISIS, apologising for using the house without owner permission, and offer money for anything that got broken in house during his stay.
posted by ZUKUNASHI at 12:40| Comment(0) | 国際・政治