ずくなしの冷や水

2020年01月31日

地震、事故があったらすぐ確認

この記事は先頭に置くため先日付になっています。
@ 震源と震度を知る サイトの例強震モニター震源分布図
A 福島第一原発をライブカメラで見る。フクイチライブカメラ1号機側
B 空間線量率の変化を見る 私設リアルタイム測定システムただいまの空間線量率変動状況全国の放射線量 エリア別統合グラフ空間線量グラフ原子力規制委員会 放射線モニタリング情報東京都練馬区GM-10リアルタイム測定値ガイガーカウンター リアルタイム 観測網
福島県環境放射線テレメーターシステム
小川 久之浜 下桶売 川前
C その日の気流の流れを見る 直近の風向風速スイス企業による日本の天気予報地球全域の気流そらまめ君東京アメッシュ
D 感度の高い人たちの反応を知る 桑ちゃん氏
E 高速道路の混み具合を見る サイトの例
F JRの運転状況を知る サイトの例
G 停電状況を知る 東京電力管内
H 海外の空間線量率 欧州の空間線量率 欧州の空間線量率2米国のモニタリングマップ

・・・・・・

ブログ・サイト紹介

山の我が家 内容日々充実、これだけ内容豊富のブログは少ない。
モトコのブログ モトコさん、父上のお世話がんばってください。
五線紙と周期律表 周期表・元素一覧同重体元素系列図(126-135)
mountain addiction 登山・トレイル・ウルトラマラソンその他色々
カイトのブログ「放射能から身を守ることを中心に書きます」とあります。アラフォーの男性の堅実なブログです。
浦安市の整体院 元気 腕はピカイチと聞いています。全国に名が通っているそうです。院長は年配です。
かさい駅前耳鼻咽喉科New!
サイトで見るとお若い院長です。はっきりとモノを言うと聞いています。手術を要する場合に東京臨海病院を紹介された方が複数います。
ここで紹介したことも寄与して知名度が上がったとの声をいただいています。商業的なものの掲載には、寄付・カンパを寄せてくださった方の推薦が必要です。読者層は、被曝回避、健康維持、国際問題の動向に関心のある成年男女です。

千葉県北西部 3 空間線量率リアルタイムグラフ G31
https://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/mdrr/pre_rct/alltable/pre24h00.html
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2019/03/06/1414032_09.pdf

ドライバー

測定システム運営者の皆様へ
posted by ZUKUNASHI at 22:34| Comment(42) | 原発事故健康被害

Dear readers outside Japan / Estimados lectores de este blog



The writer of this blog (myself) is a Japanese man with a varied professional experience who will turn 70 in a few years: I have worked in a large organization in Japan, have also worked abroad, have gone through redundancy, and worked in a part-time job at close to the minimum wage.

Now that I don’t work any more and that I’m in a fortunate enough situation where I don’t have to shiver from cold or starve, I thought I would use my spare time and experience for something useful for society and started a blog in 2005.

It has been a while since Japanese society stopped caring for the socially weak. The nuclear crisis at the Fukushima Daiichi Power Plant has marked the final confirmation of this. We have been deprived of our humble pleasure of eating. Staying healthy has become a struggle. In other words, our right to health or even the right to life are being threatened. Threatened by the government and by some major firms. This angers me and my days are spent trying to fight against this situation so as to help this country go in a better direction.

It would be a great pleasure if I could share my concerns with you and that in doing so I were able to help this world, even if it is only in a small way.

Thank you for reading.

N.B. The graphs and tables in this blog are based on statistics of population dynamics, measurements of radiation in soil and food, and data from monitoring posts, all of which are provided by the government and municipalities. If judged as reliable, information gathered from tweets and blogs is also used for analysis.

・・・・・

El autor de este blog (Zukunashi) es un japonés con mucha experiencia profesional, quien trabajo por más de 40 años y cumplió 70 este año: ha trabajado en una organización grande en Japón por 30 años, incluyendo el trabajo en el extranjero. Zukunashi ha pasado por la redundancia y trabajado en un empleo a tiempo parcial, casi con el salario mínimo.

Ahora, como ya no trabajo más, y que estoy en una situación muy afortunado que no tengo que temblar de frío ni sufrir de hambre, pensé que aprovecharía mi tiempo libre y mi experiencia para algo útil para la sociedad y comencé este blog en el 2005.

Ha pasado un tiempo desde que la sociedad japonesa dejó de cuidar a las personas socialmente vulnerables. La crisis nuclear en la planta de energía Fukushima Daiichi ha marcado a la comunidad japonesa. Hemos sido privados de nuestro humilde placer de comer. Mantener la salud se ha convertido a una lucha. En otras palabras, nuestro derecho de estar sano o incluso el derecho a la vida están amenazado por el gobierno y por algunas grandes empresas. Esta situación me enfada y dedico mis días tratando a la lucha contra esta circunstancia con el motivo de ayudar a este país para que se dirige a una dirección mejor.

Sería un gran placer poder compartir mis inquietudes con ustedes y que al hacerlo, ayudemos a este mundo, aunque sea un cambio pequeño.

Gracias por leer.

NOTA: Los gráficos y tablas en este blog están basadas en estadísticas de la dinámica de la población, las mediciones de radiación en el suelo y alimentos, y datos de seguimiento de mensajes, todos los cuales son proporcionados por el gobierno y los municipios. Si se juzgan como confiable, información de tweets y blogs también están utilizadas para análisis.

・・・・・

Index of articles in English

Índice de artículos en español

用中文写的文章
给在日本的中国朋友

2017年01月21日
このブログは世界の人に読んでほしいです 翻訳転載歓迎

2015年09月06日
趣旨に反しなければ記事はご自由にお使いください

2017年04月09日
地域言語を使える方は 現地の方向けに被曝防止の警告を書いてもらえませんか?
posted by ZUKUNASHI at 21:13| Comment(9) | 日記

子宮頸がんワクチン その3

※ t_kaseki@t_kaseki
タイトルからしてヤバいんですけど・・・。何考えてんだ?

HPVワクチンの積極的勧奨再開を目指す議員連盟が発足 「政治が動かさなければ子どもたちの命や子宮が守れない」 https://buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/hpvv-giren?utm_source=dynamic&utm_campaign=bfsharetwitter @nonbeepandaさんから

※ nekomama@neko08221211氏の2019/12/26のツイート
子宮頚がんワクチンの被害者の多くが、病院に時間をかけて、受診しています
国の指定病院は近くにあっても受診はできません
副反応を認めない、副反応を診療したくないとしか思えない。
医療倫理はどこに?
いや人としての身心のカケラもない
被害を受け止めないかぎり、ワクチンは推進しないで
怒り(ムカッ)

※ 桑ちゃん@namiekuwabara氏の2020/1/8のツイート
「世界中で当たり前のようにうたれながら」←初耳ですね。世界でもあちこち問題ニュースで上がっていたよね。

※ kikumaco(2/1ビッグアップル)@kikumaco氏の午前10:56 ・ 2020年1月8日のツイート
厚労省がマスメディア不信をここまであけすけに語るのは珍しいかもしれない。厚労省の弱腰は非難されてしかるべきだけど、岩永さんも問題のあったメディア報道を「名指し非難」するべきなのでは|
HPVワクチン 厚労省はいつ積極的勧奨を再開するのですか?
・・・ははは、これにも非科学のお墨付きが付いた。

2019年11月27日
子宮頸がんワクチン 接種者にむしろ発症者が多い? 孫娘には子宮頸がんワクチンは打たせない その2

2019年07月18日
孫娘には子宮頸がんワクチンは打たせない その1
posted by ZUKUNASHI at 09:28| Comment(4) | 健康づくり

2020年01月26日

ロシアが内閣改造 ラブロフ、ショイグ留任 首相はミシュスティン

プーチンは、ずいぶん余裕が感じられます。

ロシアのメドベージェフ内閣が総辞職を表明、プーチンがこれを受け入れて内閣改造が行われます。

私の最大の関心事項は、なんといっても外務大臣ラブロフの去就。代わってほしくないが、あれだけの激務は少し気の毒。今週もモスクワでリビアの和平協議に出た後夜行便でスリランカに飛び、今日はインドにいる。いくら専用機があると言ってもこれは疲れる。このあとウズベキスタンに寄ってからモスクワに帰っています。

ラブロフは、コロンボに勤めていたことがあるそうです。

現在69歳、留任ですかね。別に外務大臣を置いて、ラブロフが特命でシリアやアフガン、リビアを担当するという形はあると思います。

ロシアには外務大臣の副大臣が何人かいますが、気を付けていても次はこの人だろうと絞り切れません。
2020/1/17 Acting Russian FM Sergei Lavrov Holds Annual Press Conference


ザハロバが、スボークスウーマンから別のポストに就くか。彼女はすでに局長級だそうですからいずれ彼女が外務大臣を務めることがあるかもしれません。いろいろな会議に出ています。ラブロフの下で勉強させられているように感じています。

ショイグ、64歳。彼は留任でしょう。

憲法改正も提案されています。プーチン後を見通した権力の分散でしょう。
It is an attempt to transform a super-centralized personified system of power into a more balanced and diversified one… with a strong president but not as strong as today.

首相は、国税局長?のミハイル・ミシュスティンだそうです。内政と外交を分担するんですね。

ラブロフとショイグは留任です。ザハロバも動かなかったようです。

RT2020/1/21
President Vladimir Putin has approved the new government after the resignation of the previous cabinet calling it balanced. Although there was a significant reshuffle, defense, foreign and finance ministers kept their posts.

"The new government is a well-balanced one, although it went through a major reshuffle," Putin said during a meeting with the new cabinet.

Both Sergey Lavrov and Sergey Shoigu are political heavyweights and among the most trusted political figures in Russia, trailing only behind President Putin himself when it comes to popularity with the public. Anton Siluanov has been Russia's finance minister since 2018.

A career diplomat with decades of experience in international relations, Lavrov served as Russia’s envoy to the UN for ten years before taking the helm at the Foreign Ministry in 2004.

He led Russian diplomacy through turbulent periods on the international stage and has been instrumental in building Moscow's reputation as an influential global power in recent years.

Shoigu, meanwhile, is credited with strengthening and modernizing Russia's Armed Forces through a set of ambitious reforms to increase combat readiness and spearheading a massive rearmament program to equip forces with cutting-edge weapons.

RT2020/1/15
Russian political earthquake: Putin sets out plan for Kremlin departure & Medvedev resigns
They say life comes at you fast. A seemingly routine ‘state-of-the-nation’ address by Vladimir Putin unexpectedly turned into one of the most memorable afternoons in recent Russian political history.

On Wednesday, Russia’s government resigned. Dmitry Medvedev departed the political frontline, Vladimir Putin effectively confirmed he will leave the presidency at the end of his present term, and Mikhail Mishustin became the new Russian prime minister. As Van Morrison once crooned, there will be days like this.

And it’s only the 15th of January. A week after Russians observed Orthodox Christmas, and a fortnight since they celebrated New Year, it didn't take long for real business to resume.

In the morning, Mishustin was so unknown outside of Russia that he didn’t even have an English language Wikipedia page. And his profile inside the country was minor, beyond the world of political and administrative wonks.

But there’s no doubt he’s an effective manager. As the head of the Russian tax service he’s been a tremendous success. Revenues have risen by around 20 percent under his watch despite only a 2 percent rise in the tax burden itself. Indeed, only last year the Financial Times dubbed him the “taxman of the future” for his role in rebuilding Russia’s tariff collection system into one of the most advanced and efficient in the world.

No mean feat in a country where tax avoidance was once, pretty much, a sort of national sport.

A native Muscovite, Mishustin, like Putin himself an avid hockey player, has been described as a “little known political figure in Russia… a bureaucrat, someone to get the job done.”

But the same sort of description could have been applied to Putin himself in 1999, and here were are, 21 years later.
Long goodbye

Today, the president set out the roadmap for his exit from the Kremlin, more-or-less kicking off the build-up to the transition of power. He will step down in 2024, or perhaps even earlier, and he intends to dismantle the “hyper-Presidential” system which allowed him to wield so much control in office. This was introduced by Boris Yeltsin in 1993 with American support, after he had used tanks to fire on the Parliament.

Putin plans to give more powers to the latter body, with the prime minister, in particular, enjoying more authority. He also wants to bulk up the role of the State Council. Indeed, he will probably end up there himself after leaving office, in some sort of “elder statesman” role. The body will consist of heads of Russian regions and members of the Presidential Administration. It seems it will fulfill an advisory function.

To achieve these goals, Putin wants to reduce presidential powers and introduce a two-term limit. This would mean a maximum of 12 years in the Kremlin; he has already been there for 16. The broad vision is to have more checks and balances, with a weaker presidency and other branches of government strengthened.

Make no mistake, Putin’s goal is to preserve the system which he inherited from Yeltsin, and then tweaked. For all its faults, after a difficult birth it has given Russians the greatest freedom and prosperity they have ever known. Even if much work remains to be done on distributing economic gains more fairly.
Past precedent

Putin's place in history would then be much the same as Franklin Delano Roosevelt’s in America, a unique four-term president who repaired the country after a financial & social catastrophe (in Russia's case the Soviet collapse and the disastrous 1990s). This also fits with what insiders in Moscow frequently point out: Putin wants to be remembered well by history. A status enjoyed by relatively few Russian leaders.

One notable suggestion is that future presidents must have lived in Russia for 25 continuous years before taking office, and have never held a foreign passport or residency permit. This would bar a lot of the Western-leaning Moscow opposition from running. Not to mention a large swathe of Russian liberals, a great many of whom have lived abroad at some point. Interestingly, if this rule had existed in 2000 Vladimir Putin himself wouldn't have been able to become Russia's president. He lived in Germany from 1985-1990 (albeit on state duty).

The proposed changes will likely be made after public votes on them, to ensure broad consent. Even though they could be passed by the Duma. Rumors suggest it may be held in September.

Putin also addressed many domestic concerns in his speech today. He promised the increase of salaries for teachers and more childcare facilities, introduced free hot lunches for children in the initial four school years and extended child benefit by 48 months.

As for Medvedev, he hasn’t been cast aside. Instead, the former president has been moved to a semi-ceremonial, but still prestigious, role ending a twelve-year “tandem” where he governed Russia with Putin. It would be a mistake to write him off politically, but it would be surprising if he wields the same clout again.

As they shook hands, and Medvedev left the Kremlin for the final time as prime minister, Putin told him “not everything worked out, but it's never the case that everything works out.”

Nevertheless, Putin will hope “everything works out” for the eventual power transition in Russia. A process that has now begun.
posted by ZUKUNASHI at 01:21| Comment(5) | 国際・政治

コロナウィルス対策

Don’t Get Cold Feet: What's Best Thing You Can Do to Protect Yourself From New Coronavirusから要点を抜粋

1 基本的に風邪やインフルエンザの予防と同じ
2 足を冷やさない。
3 新しいコロナウイルスは、先行したSARSおよびMERSの致死率にまだ達していない。致死率は3%前後と推定される。SARSおよびMERSの致死率は10%と36%。
4 コロナウイルスは呼吸器ウイルスのファミリーであり、「風邪」の約10%がコロナウイルスファミリーのメンバーによって引き起こされている。
5 このウイルスは、高齢者、他の病気にかかっている人、免疫システムに障害のある人にとってより危険である可能性。
6 コロナウイルスは飛沫によって拡散すると言われている。
7 手を洗い、手で顔に触らないこと。
8 このウィルスが空気感染するとの説もあるが、まだ不明。
9 中国はよくやっており、他の国の準備に役立つウイルスに関する最初の情報を共有したため、中国や他の国の別の都市への旅行者で症例が検出された。
10 このウイルスの起源は、武漢の市場でコウモリに由来する可能性が高いが、他の動物に由来する可能性も。
11 感染の広がり具合と「どの程度簡単に感染するか」を判断する必要がある。
12 ウイルスが人と人との間で感染する可能性がある。ホリデーシーズンでリスクがある。

※ HattoriM@HattoriM氏の2020/1/25のツイート
これは物凄いスピード!中国科学院と上海科技大学らの研究チームが新型コロナウイルスMpro蛋白の結晶構造を既に決定し、構造に基づくvirtual screening及び酵素活性測定により30種の既知化合物に対し阻害活性を同定と発表。内12種はHIV治療薬。臨床試験に向けて研究継続中。https://mp.weixin.qq.com/s/SyTjhfInWpLG


新型コロナウイルス感染症に対する日本社会の反応への助言

posted by ZUKUNASHI at 01:03| Comment(0) | 国際・政治

2020年01月25日

Russia Rebukes US Threat of Assassinating Iran’s New IRGC Qods Force Commander

Russia Rebukes US Threat of Assassinating Iran’s New IRGC Qods Force Commander
TEHRAN (FNA)- Russia strongly criticized the US for threatening to assassinate the new commander of the Qods Force of the Islamic Revolution Guards Corps (IRGC), General Esmail Qa’ani, saying that such remarks are against the international laws and regulations.

Moscow’s reaction came after US Special Representative for Iran Brian Hook said on Thursday that General Esmail Qa’ani could face the fate of his predecessor, General Qassem Soleimani, who was assassinated on January 3.

“I state once again that such statements are unacceptable for us as such remarks have been made beyond rights and law, and representatives of world states are not entitled to utter them,” Russian Foreign Ministry spokeswoman Maria Zakharova said on Thursday.

She urged the US officials to be more careful while making remarks at official occasions.

Lieutenant General Soleimani was assassinated in a US drone strike on Baghdad International Airport in Iraq on January 3.

The airstrike also martyred Abu Mahdi al-Muhandis, deputy commander of Iraq's Popular Mobilization Forces (PMF), or Hashd al-Shaabi. The two were martyred in an American airstrike that targeted their vehicle on the road to the airport.

Five Iranian and five Iraqi militaries were martyred by missiles fired by the US drone at Baghdad International Airport.

In relevant remarks on Thursday, Iranian Foreign Ministry Spokesman Seyed Abbas Mousavi underlined that the new threats by the US to assassinate the new commander of the IRGC’s Qods Force displays the US’ state terrorism.

“After the Zionist regime, the US is the second regime that has officially announced it will utilize the state potential as well as the military forces to launch terrorist attacks,” Mousavi said.

“The US has resorted to the terrorist moves proving its weakness, despair, and frustration,” he added.

The Iranian foreign ministry spokesman reiterated that the remarks by Hook are an official publicizing and blatant unveiling of targeted and state terrorism by the United States.

Mousavi condemned “brazen remarks and terrorist acts” by US leaders, and called on the international community to also condemn such acts "because the continuation of this trend would sooner or later befall everyone”.

In relevant remarks on Wednesday, Mousavi announced that the country has filed a complaint with the UN against Washington for assassination of General Soleimani.

“The US terrorist assassination of Martyr Soleimani was unprecedented both in the region and the world which prompted reaction of jurists, lawyers, politicians, journalists and thinkers throughout the world,” Mousavi said.

“In our first reaction to the US assassination of Iran’s top commander Gen. Soleimani, we penned a letter to the UN and lodged a complaint against the US assassination of Lt. Gen. Soleimani as a terrorist act. Also, we filed a lawsuit against perpetrators of this terrorist act in cooperation and collaboration with the judiciary branch,” he said.

Mousavi pointed to the clear violation of Article 3314 of the UN Charter by the United States, and said, “According to the military agreement, if any military move is conducted against the provisions of the agreement in the host country, the guest country is considered as an aggressor, based on which, Iraqi government can lodge its complaint against the United States from this perspective.”

He termed the US assassination of Gen. Soleimani in Iraq, who played a very constructive role in the fight against terrorism, "a vicious and cowardly act", and said, “Gen. Soleimani was assassinated by the US terrorist forces in Iraq in a cowardly manner as he had been invited by the Iraqi prime minister. So, the US terrorist act in assassinating Gen. Soleimani has both international criminal and penal aspects.”

On January 8, the IRGC Aerospace Force started heavy ballistic missile attacks on US Ein Al-Assad airbase in Southwestern Iraq near the border with Syria and a US operated airbase in Erbil in retaliation for the US assassination of General Soleimani.

Ein Al-Assad is an airbase with a 4km runway at 188m altitude from sea levels, which is the main and the largest US airbase in Iraq. Early reports said the radar systems and missile defense shields in Ein Al-Assad failed to operate and intercept the Iranian missiles. Unofficial reports said the US army's central radar systems at Ein Al-Assad had been jammed by electronic warfare.

The second IRGC reprisal attack targeted a US military base near Erbil airport in Iraqi Kurdistan Region in the second leg of "Martyr Soleimani" reprisal operation.

Iraq said the attacks had not taken any toll from its army men stationed at these two bases. The US army had blocked entrance into Ein Al-Assad to everyone, including the Iraqi army.

It was the first direct attack on the US army ever since world war two.

The IRGC officials said none of the missiles had been intercepted.


posted by ZUKUNASHI at 23:26| Comment(0) | 国際・政治

米国兵士はこんな人たち 自衛隊員が精神を病んでもおかしくない

デスラーさんがコメントで教えてくれたリンク先をぜひご覧ください。





※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/24のツイート
犠牲者は出血し、手術が必要となる。少年がいた。米兵は彼を父親の目の前でレイプした。イラクで起こったことは、間違っている。我々の精神を破壊し、ひどく苦しめている。今も私は、湯船につかれない。水責め拷問を思い出させるから。今も悪夢に悩まされている。まだ昨日のことのようだ」

※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/6のツイート
米兵はアフガンでスポーツとして市民を殺し、その指を集めていた
引用ツイート
Arash@Arash_Maz氏の2020/1/6のツイート
返信先: @HadiNasrallahさん, @S_Ordibeheshtさん
https://theguardian.com/world/2010/sep


※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/6のツイート
14歳の少女をレイプし家族とともに焼いた米兵は、「イラク人を人間と思わなかった」と語った。


هادي نصرالله※ @HadiNasrallah氏の2020/1/6のツイート
Remember her.
Her name is Abeer Al-Janabi. She was a 14-year-old Iraqi girl who witnessed her parents and her 6-year-old sister being murdered by US occupation forces in 2006 before she was brutally raped and her body set on fire along with the rest of her family.

こんなこともしています。


Iraqi forces carrying out tortures in Mosul mostly supervised by US – security official



海外に派遣される自衛隊員は、こんな人たちの下で下働きをさせられるのです。「日本人を人間と思わない」兵士だっていてもおかしくない。

米国社会、米国兵士は病んでいます。その下で働いていたら、自衛隊員でも病む。自殺者が続出するほどに。

2017年08月18日
CIAに拷問手法を教えた心理学者


2020/1/14に寄せられた投稿を掲載する。このような虐待の画像はいろいろ流出しているようです。私の手持ちのものは少ないです。掲載開始。

写真の女性兵士の名前を知っています。リンディ・イングランドです。リンディだけでなく、他にも女性兵士のサブリナ・ハルマンという人間も虐待で有名になりました。これはキューバのグアンタナモ基地と一緒に問題になったイラクのアブグレイブ収容所の光景ですね。アフガン・イラクで問題になった収容所です。

なぜリンディがこのような行動に移ったかは色々と分析がなされました。
海外では女性が加害者となるレイプ事件を起きるケースも多々ある
戦争は極限状態になるので古今東西、暴行/略奪/レイプが当たり前
イスラム教を貶め、敵側の信仰心と尊厳を失わせる目的
単純に敵側の士気を挫く目的

おそらく動機は上記すべてでしょう。行為が非常に生生しいので伏せますがイスラム教信者の男性はアラーの教えに反すると泣いていたようです。アブグレイブでは当然のように看守からレイプされた女性収容者もいて釈放された後自殺、家族から名誉のために殺された女性もいます。悪魔のように黒い頭巾を被せられ、魔女裁判のように磔にされ写真を撮られた人もいます。ジャンヌ・ダルクも魔女と認定させるため強姦されました。ヨーロッパ的な悪い精神がいかんなく戦争の極限状態で発揮されています。戦争はだからしてはいけないんです。

リンディ・イングランドも虐待ではなく命令と思っていた節があります。ブラッドリー・マニングのように良心に従った者もいますが軍隊内の規律を守って組織に流される方が楽でしょう。やがて進んで残虐行為をする人間が必ず戦地では出てきます。

まさか!?と思う人は調べてみたり映画の「ハンナ・アーレント」を視聴してアドルフ・アイヒマンがどいう人物だったか理解すればリンディの言っていることも理解できます。人間は命令や指示に従わざるを得ない状況では醜悪になります。

PTSDも問題です。いくら命令されても人を虐待したり殺せば心が壊れます。
例えば中東に派遣された自衛隊員が30人近く帰還後自殺したそうです。非戦闘地域の展開でこんなに自殺するんでしょうか。隊内で何かあるのか、よくわかりません。

アメリカでも戦地からの帰還兵が犯罪を犯したりするケースがあります。精神が既に壊されてるんでしょう。イラク帰還兵のクリス・カイル、湾岸戦争からの帰還兵でワシントンDC 連続無差別スナイパー事件を起こしたジョン・アレン・ムハマドなど上げればきりがありません。戦争の本当の敵は国内にいます。


posted by ZUKUNASHI at 22:18| Comment(1) | 国際・政治

一気にベッドに押し倒される・・は女の見果てぬ夢、逆は男の見果てぬ夢

ご好評、社交儀礼シリーズ。チークキスに続いて今度は日本国内版いい歳をした男女の儀礼です。

何年か前から、若い女性が、既婚でもなんでも、自分は注目され、尊重されると思っているらしいのはなぜなんだろうという疑問が湧いていました。今回思い切って、生年的に「若い」を卒業した方にお尋ねしてみました。

女性、特に若い女性は、自分の魅力なら何かの折に「一気にベッドに押し倒される」、そうなって当然なんだと思っているのではないかという疑念です。ですから、そういうことを仕掛けることのありえない爺さんなんか、もうその辺で傾いて犬にションベンをかけられている電柱と同じで目に入らない。そんなひがみ心もありましてね。

要するに、"me too"は、恐れる反面、期待する面もある。でも、手順を省略してそれに進まれて夢中になられては困るし、警察が間違うと逮捕されることもあるわけで、男と女双方に正常な自制心があれば、あくまでも「そんな事態は夢の中」ですよね、そう思ってお尋ねしたのです。

ところが、お尋ねした方の返事を拝見して愕然。私は全く世間を知らないで人生の終末期を迎えたことを思い知らされました。

「えーと、夢で終わらせない実行力のある方が結構多いです。
未遂ながら当社データでは知り合いが100パーセントでございます。
すべて友達の彼か夫でございます。」

えっ、えっ!!

「信じている妻(友達)を悲しませたくないので、私の口からは一切、話をしてません。」

はーん、そんなに美男美女で行動力にあふれたカップルのお知り合いが多いんですか?

「友達は皆、自分の夫はモテないから浮気はしない(できない)と言い、それを信じていますので、なお言えないです」

「女房妬くほど亭主もてもせず」と昔から言いますけど、そういうもてない男のほうが危険なんですね。もてない亭主があるとき敢然と行動に出るんですかぁ。

やっぱり、相手が敢然と行動に出たら、仕掛けられたほうは、瞬時に拒否するか、受け入れるか決めなければならないので難しいですね。

「私の抵抗にビビって未遂で終わるならするなよって。
手順も踏まず、口説きもせずにいきなり押し倒すって、驚くじゃない。」

はあー、でもそれは今の日本では一種の社交儀礼なんですかね。妻の友達に好意を持っていることを態度で示すには、「一気にベッドに押し倒す」のが今の日本の大人どおしでの最上級好意表現法?

そして拒否されたらおとなしく引き下がる。あとで顔を合わせても何もなかったかのようフツーに振る舞う。皆さん、大人なんですね。

そういえば、最近強姦が別の言葉に変わったし、警察が告訴を受け付けてくれない例も増えていますね。そうなんですか、世の中の慣習の変化を反映したのなのですね、あれは。

私、亭主が単身赴任中のご夫人によくその家で昼飯や夕食をごちそうになっていたんですよ。隣の部屋で休むと言っていました。ベッドはなかったけど畳んだ布団が見えていました。

あの時、私のとるべき行動は、ご夫人を畳んだ布団に押し倒すことだったんですかぁ! その後、亭主が単身赴任から帰ってきてから、夜散歩に誘われて、ハグしたり、手をつないで歩いたりしましたけど。

この程度では、好意や感謝の気持ちの表し方を知らない、社交儀礼を心得ていない田舎者ということになるんですかね。

でも、ややこしいことになって、団地の中でその亭主に睨みつけられるのも嫌だったんですよ。とても優秀な人ですし、時に変わった行動もとるように聞いていましたのでね。

私の社交儀礼は、ハグとチークキスどまりですね。それ以上は肉体的にももう無理。心筋梗塞起こしてぱったり逝ってしまう。
posted by ZUKUNASHI at 21:51| Comment(1) | 社会・経済

F1地下7,000mまで放射能汚染

※ あかいひぐま@akahiguma氏の2020/1/25のツイート
米=mってことか・・・
地下7000米まで放射能汚染 http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-9679.html
中国の軍事評論家で元海軍少将の張召忠がテレビで語ったところによると、福島の放射能汚染は地下7000米まで及んでいる。

7000mはこの程度の距離です。


文殊菩薩
地下7000米まで放射能汚染
中国の軍事評論家で元海軍少将の張召忠がテレビで語ったところによると、福島の放射能汚染は地下7000米まで及んでいる。
米国の研究者が福島原発付近でボーリング調査を行ったところ、地下7000米の土壌サンプルから放射能が検出されたという。
米国は東北関東12県の農産物を50年は輸入しない、100年は放射能が地表から消えることはないという結論に達したらしい。
驚いたことに、米国は調査結果を日本人には知らせていないが、中国などの諸外国とは情報を共有しているようなのだ。
もちろん、日本政府は米国の調査結果を知っているだろうが、「食べて応援」と自国民を人体実験サンプルに供している始末だ。
野崎晃市(45)
posted by ZUKUNASHI at 21:26| Comment(1) | 福島原発事故

FARSNEWSのサイトがつながらなくなった 米国の妨害で

※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/25のツイート
怒! Farsニュースを米政府が凍結した!
トランプがソレイマニを暗殺し、イラン特使ブライアンフックが後継のカッヅ司令官イスマイル・ガニも「同じ運命だ」と暗殺をほのめかし、イランとロシアの外務省が厳しく批判していた。で、追い詰められ、FARSを凍結?
引用ツイート
Soureh@3sdiestanding氏の2020/1/25のツイート
Domain blocked by the order of US government
#sanctions
#FreedomOfspeech #US #Iran
#Farsnews

※ Fars News Agency@EnglishFarsの2020/1/25のツイート
FarsNews.Com Domain Blocked Under US Sanctions
http://fna.ir/devm6p
TEHRAN(FNA) - The US Treasury has cut off access of Iran’s Fars News Agency to its .com domain in a flagrant violation of the freedom of expression after enlisting it as a sanctioned entity on Friday.

In an e-mail to Fars News Agency, the international service provider has plainly explained that “the US Treasury Department’s Office of Foreign Assets Control (OFAC) has included the news agency in its SDN list and ordered it to stop domain services to Fars News Agency” in an illegal move.

Fars News Agency is still up and available on its .ir domain. The FNA’s IT section is working on removing current problems on this domain as a huge number of readers have shifted from the .com – that was usually more referred to – to the .ir domain.

FNA extends its apology to our dear readers for inconvenience and the problems resulting from this uncivilized move by the US administration.

Fars, a leading news agency in Iran, started work as the first non-state news agency in 2003 and under the registry name of Fars Press and Culture Institute.



都合の悪いサイトは手当たり次第に妨害です。DNSserverへの登録を消せばつながらなくなります。
          

ツイッターは削除されていない。
Fars News Agency@EnglishFars・49分(18:59時点)
You Can Follow Official English Website of Fars News Agency (FNA) at http://en.farsnews.ir

何がそんなに気に障ったのでしょう。次の記事かな。

FARANEWS2020/1/25
Pentagon Admits 34 US Troops Suffered Brain Injury in Iran’s Missile Strikes
TEHRAN (FNA)- Some 34 American forces were diagnosed with traumatic brain injury following Iran's attacks on two US bases in Iraq, the Pentagon announced, despite the US administration’s initial claims of no injury.
traumatic brain injury:外傷性脳損傷

Eight US soldiers previously airlifted to Germany have been removed to the US for further treatment, the Pentagon acknowledged in a press conference on Friday, after President Donald Trump and US defense officials initially claimed no one was hurt.

Nine more remain in Germany, where they are being evaluated and treated. Another is back in Iraq after being sent to Kuwait for evaluation, and sixteen are back on duty in Iraq following their diagnosis.

Last Thursday, US Central Command had revealed that 11 personnel stationed at the Iraqi airbase had to be sent out of the country after displaying concussion symptoms. On Tuesday, the center reported that apart from the 11 previously announced injured, additional troops were being treated.
concussion symptoms:脳震盪の症状

The US president and the Pentagone initially claimed no service members were killed or wounded, and they signaled that Washington was not looking for additional armed conflict with Tehran. President Donald Trump stated soon after the missile attack that “no Americans were harmed", and the United States suffered "no casualties", noting that "all of our soldiers are safe, and only minimal damage was sustained at our military bases".

Later, it emerged that “several” were being treated for concussion symptoms. Trump has consistently tried to minimize the injuries, stating earlier this week that he had “heard [the injured soldiers] had headaches” but insisting “it is not very serious…relative to other injuries I have seen”.

On Sunday, a leading Kuwaiti newspaper disclosed that sixteen US military men with fatal injuries sustained during Iran's retaliatory operation have been taken to a hospital in camp Arifjan in Ahmed al-Jaber airbase in Kuwait.

The Arabic-language Al-Qabas paper quoted informed sources as saying that the 16 US militaries, included some whose bodies had been severely burnt and some others who had sustained shrapnel wounds, have been transferred to a US military hospital in Kuwait under strict security measures.

It added that the wounded military men have gone under surgical operations and are still kept at the ICU section of the hospital.

According to the paper, several other US forces who had sustained mild injuries in Iran's missile strike are being treated in Iraq.

Ein Al-Assad, which houses US troops, is one of the largest and oldest military bases and located in Al-Anbar province in Western Iraq. It found itself under fire from volleys of ballistic missiles launched from Iran days after a US drone strike near Baghdad assassinated Islamic Revolution Guards Corps (IRGC) Qods Force Commander Lieutenant General Qassem Soleimani who played a major role in beating the Islamic State of Iraq and the Levant (ISIL, ISIS or Daesh) terror group in both Syria and Iraq.

His assassination has inflamed tensions between Washington and Tehran, and drew a harsh rebuke from Baghdad, prompting the Iraqi Parliament to pass a resolution ordering American forces to leave the country.

Briefing media on operational objective of missile attacks on US bases, IRGC Aerospace Commander Brigadier General Ali Hajizadeh stated that Iran was not after killing anyone although "tens of US troops have likely been killed and wounded and were transfered to Israel and Jordan on 9 sorties of C-130 flights".

He noted that had Iran intended to kill the American forces, it could have planned high casualty operations to kill 500 US military men in the first step and 4,000 to 5,000 others in the second and third phases within 48 hours.

Supreme Leader of the Islamic Revolution Ayatollah Seyed Ali Khamenei has called the military operation "only a slap across the face" of the United States, stating that "military moves like this are not enought. The Americans' corruption-stirring presence should come to an end".

Tehran reiterates that its strategic objective is expelling the US troops from the region, naming it the true vengeance for the terror attack on its most popular commander.

さんざん市民を殺しておいて、いざ自分の陣地にミサイルが落ちたら、脳震盪? traumatic brain injury:外傷性脳損傷? 拷問したイスラム教徒の外傷性脳損傷は、どうなんだ! イランのミサイルには特殊な脳震盪を引き起こす効果がある?

このブログが突然消えたら、これを運営している爺があっち側に行ったか、官憲に逮捕されて拘留されているか、某国機関の妨害でブログが消されたかのいずれかです。長らくお世話になりました。サヨウナラ! 早めにご挨拶しておきます。

2020年01月22日 ハッキング攻撃と戦う

2020年01月21日 日頃からIPアドレスを把握しておいたほうが良い

2020年01月11日 サーバーに障害発生かと思ったらIPアドレスが変わっていた

2019年11月02日 米国の当局はこのブログの何が嫌いなのか

2019年10月19日
このブログが炎上? それともハッキング攻撃中? 本日のアクセス15万PVになる?
posted by ZUKUNASHI at 18:46| Comment(0) | デジタル・インターネット

新型コロナウイルス感染拡大 死者41名 感染者1287人

感染力が強いようです。中国から来日した旅行者が発症しています。

共同2020/1/25 10:43 (JST)1/25 13:45 (JST)updated
新型肺炎で無症状感染者も、中国
7人一家のうち6人が武漢旅行
 【ワシントン共同】新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、発症した家族からとみられる無症状感染者が見つかったと中国のチームが英医学誌ランセットに24日発表した。自覚のないまま多くの人に接触し、感染を広げる恐れがある。チームは「患者を早期に発見、隔離することが重要だ」としている。
 見つかったのは中国・深セン市。7人一家のうち6人が昨年末に武漢市へ旅行し、2人は肺炎で入院中の親戚を見舞った。帰宅後、武漢に行かなかった1人を含む5人が相次いで肺炎を発症した。
 無症状だった残る2人のうち1人は、検査で肺の異常が見つかり、ウイルス感染も確認された。

※ RT@RT_comの2020/1/25のツイート
Bat soup is a popular dish in #Wuhan, #China, a location of the recent #coronavirus outbreak. Scientists link the deadly coronavirus to the flying mammals.
科学者から蝙蝠のスープとコロナウィルスを結び付ける意見も。

中国が全力を挙げて1000のベッドを持つモバイルホスピタルを建設しています。10日で作ると。

毎日新聞ニュース
@mainichijpnews
武漢からの40代男性旅行者、国内2例目の新型肺炎 中国で発熱、来日後も症状続く

空港で感染が疑われた人が移動式の箱に隔離されて運ばれます。これは現実的。




中国の患者830人に。死者25名。
SPUTNIK2020/1/24
Total Number of Coronavirus Cases in China Rises to 830, 25 Deaths - Report

河北省で死者。
シンガポールで患者確認、政府が新年の行事を取り止め。
かなり深刻な印象です。私は中国の知り合いに日本への一時避難をオファーすることにしました。

新型コロナウイルスによる肺炎が人から人に伝染していることが確認されました。

朝日新聞名古屋編集局@asahi_nagoyaの2020/1/23のツイート
武漢市、鉄道や空港を一時閉鎖 事実上の移動制限
http://asahi.com/articles/ASN1R2FJYN1RUHBI01N.html
中国の湖北省武漢市を中心に新型コロナウイルスによる肺炎が集団発生している問題で、武漢市は23日未明、公共交通の遮断に乗り出し、市外に向かうための鉄道駅や空港を一時閉鎖すると発表した。

RT2020/1/22
China confirms 9 deaths & 440 cases in coronavirus outbreak, vows close cooperation with WHO, neighbors
A pneumonia-like virus sweeping China has claimed its ninth victim and spread to a total of 440 confirmed patients, according to Chinese health officials, who said they would boost international cooperation to contain the illness.

Starting in the city of Wuhan, the novel coronavirus has now spread across 13 Chinese provinces, said Li Bin, the vice minister of China’s National Health Commission, on Tuesday. She said health officials are now taking “initiative” to better equip China’s own healthcare workers, and to cooperate with the World Health Organization and neighboring countries to study the pathogen and contain its spread.

There may now be up to 2,197 cases of “close contact” with confirmed carriers, however another Health Commission official said he has yet to see evidence for “super spreaders” of the illness, or highly contagious patients, adding that “relevant measures” were being taken in the event such patients arise.
super spreaderとは、多くの人への感染拡大の感染源となった患者のこと、1/21現在でそういう人は見つかっていない。



※ The Spectator Index@spectatorindex氏の2020/1/16のツイート
BREAKING: Japan reports first case of infection with new form of coronavirus

共同2020/1/16 11:29 (JST)1/16 11:34 (JST)updated
「感染拡大の可能性低い」と厚労省
 厚生労働省は、新型のウイルス性肺炎の感染が確認された中国人男性と神奈川県内で同居する家族や医療関係者に症状が出ていないとして「感染拡大の可能性は低い」とした。

・・・そう言われても、最近の日本の役所信用できないんだよね。

RT2020/1/19
New deadly virus spreads fear across China as 17 more people fall victim to mysterious illness
In the Chinese city of Wuhan, the epicenter of a viral outbreak, 17 more cases of the new coronavirus have been reported by authorities – three of which have been described as “severe.”

The virus has infected a total of 62 people in Wuhan, eight of whom are in a severe condition, while 19 have been cured and discharged from hospital. The rest are still receiving treatment and are being kept in isolation.

Two people have died so far from the new form of coronavirus. A 69-year-old man died on Wednesday after the infection caused pulmonary tuberculosis and damaged multiple organs.
Also on rt.com India issues travel advisory out of ‘abundant caution’ as new coronavirus takes hold in China

Scientists with the MRC Center for Global Infectious Disease Analysis at Imperial College London warned that the number of cases in the city was approaching 1,700 – much higher than official estimates.

Three cases have been reported overseas – two in Thailand and one in Japan. India has issued a travel warning in light of the dangerous new virus on the move in the country, with officials boosting security and health screenings at Indian airports.

The advisory follows a similar warning from US health officials, who began screening for the bug at three major airports on Friday afternoon after the virus claimed its second victim in Wuhan.

共同通信社2020/1/20 19:34 (JST)
北京大教授、人から人の可能性大
新型肺炎、爆発的に広がる恐れ
 【北京共同】中国で感染が拡大している新型コロナウイルスによる肺炎について、北京大医学部の王月丹教授(免疫学)は、発症者が大幅に増えたことを受け「人から人に感染している可能性が非常に大きい」と指摘した。中国紙、新京報(電子版)が20日伝えた。
 肺炎が発生した湖北省武漢市当局はこれまで「限定的に人から人に感染する可能性は排除できない」としていたが、王氏は「136人の発症者が新たに確認された以上、限定的な感染では説明が難しい」と強調した。

 王氏は、感染が爆発的に広がる恐れがあると分析。感染の範囲やウイルスを運んでいる動物などを特定することが急務だと訴えた。

posted by ZUKUNASHI at 18:22| Comment(2) | 社会・経済

木木と知り合う ロウバイ



ロウバイは、蝋梅とか唐梅と書くので梅の一種かと思うが、クスノキの系列に属するらしい。



正月の前後に花をつけて良い香りがする。2009年の冬は、葉を残したまま花を咲かせているものが多かった。2009/12/23撮影。



次は、2011/1/2、民家の庭先で撮影。



次は、2011/1/15、葛西臨海公園で撮影。



葉は、えらくザラザラしてムクノキと同じ感じだ。6月下旬には実をつけている。



ロウバイは、種を播いて育てることが容易らしいが、種などにはアルカロイドであるカリカンチンを含み有毒だというので注意が必要だ

2013/2/3、葛西臨海公園で。薄い黄色がロウバイ、濃い黄色がマルバマンサク。


2013/2/16、川越市内で撮影。





Chimonanthus はクスノキ目、ロウバイはクスノキの仲間だそうです。次の画像はその感じがします。


posted by ZUKUNASHI at 17:20| Comment(4) | 木々と知り合う

この事件 とっても面白いが 深刻な影響も

香港の暴動は、多くの人にとってその展開が予想を超えるものとなっでしょう。国内の問題もそうですが、特に海外の事件、問題については、正確な情報が得られがたく、適切な判断ができないことが多いのです。この事件を今後の教訓とされたら良いと思います。

※ shamo1937@shakushain_氏の2020/1/25のツイート
「香港での抗議はこれまでのところ“最も成功した反乱”であり、他の場所での社会運動の教訓を提供する」
収奪屋の祭典(なのでグレタが演説できた)ダボス会議でジョージ・ソロスがこうのたまっていることの意味を少しは考えたらどうか。
中国の正月を迎えて落ち着いてきた?

※ Taro@taro_taylor氏の2020/1/21のツイート
Birthday dinner! Seems #hongkong is back to normal.

共同通信社 2020/1/17 11:01 (JST)
香港デモ率いた周庭さん研究員に
北大公共政策大学院で
 香港の大規模民主化デモ「雨傘運動」を率いた周庭さん(23)が北大公共政策大学院のフェロー(研究員)に就任していたことが17日、分かった。周さんが16日、ツイッターで明らかにした。
 同大学院によると、本年度より教育活動に携わる無給のフェロー制度を導入しており、周さんは昨年10月1日に大学院の要請を受けグローカルフェローに就任。大学院の研究・教育事業に協力する。任期は今年3月末まで。
・・・北大は相当圧力がかかっているようだ、スパイの疑いに続いて暴徒を研究員に。あれだけ嘘をつきまくっていたのに。

※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/13のツイート
香港移民局が空港で、ヒューマンライツウォッチのトップ、ケネス・ロスの入国を拒否! 当然だ!

※ チベット歴史研究会@TibetUygurClub氏の2020/1/5のツイート
対中国だけではない嫌韓なども含めて偏ったニュースで感情を煽っておいて、最後は書籍ビジネスへ
右翼的な嫌韓嫌中書籍が氾濫する状況と香港の反中煽りは同根です
アメリカの関与を指摘しない言論人はすべてまがいもの

※ 周庭 Agnes Chow Ting@chowtingagnes氏の午後3:10 ・ 2020年1月4日のツイート
香港研究をしている倉田徹先生と倉田明子先生が、香港情勢に関する本を出しました。これから1月13日に出版記念シンポジウムを開催します。私もネット中継で参加します!興味を持っている方はぜひ登録してください!にこにこ

※ 川流桃桜@AgainstEmpire@kawamomotwitt氏の2019/12/24のツイート
植民地支配は民主主義とは無縁。中高生程度の世界史の知識が有れば、香港の暴徒達が自国から政治的権利を剥奪していた旧宗主国の旗を振っているのを見た時点で何かおかしいと気付かなければおかしい。



※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/20のツイート
暴動を支援する資金のマネーロンダリングで、尻に火がついている暴徒とCIA。Quartzはまだ香港にいるのか?
Mysterious Bags of Cash Trigger Major Hong Kong Protest Arrests

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/20のツイート
香港警察は7千万香港ドルの銀行口座を凍結! さらに逮捕された暴徒を支援するシンジケートから、17万香港ドルの現金と16万香港ドルに相当する3,300の食料品店の金券を押収した!

※ shamo1937@shakushain_氏の2019/12/12のツイート
米国のべの字も出さず、バックに戦争屋がいなければあり得ない武装をした学生たちが薬物塗れであったことにも触れず、警察側は一人の命も奪っていないのに対し暴徒らは一般市民をリンチし殺害し燃やしていることにも一切触れない。これを記事として出すニッポンの「左派」、ほんとうにすごい。

※ 人民新聞(権力を撃つジャーナリズム)@jimminshimbunの午後6:04 ・ 2019年12月11日のツイート
新しい記事「【香港】「暴徒はいない 暴政あるのみ」香港中文大学非常勤教師 小出 雅生さんインタビュー」を公開しました。
http://jimmin.com/2019/12/10/%e3

読者に教えてもらいましたが、各税関の摘発事件発表(平成31年・令和元年)というサイトに、本件密輸事件の薬物名が載っています。関係部分を転載します。

【大阪税関】アメリカ合衆国来航空貨物を利用した大量覚醒剤密輸入事犯を摘発!!(令和元年11月25日発表)
 大阪税関関西空港税関支署は、令和元年10月20日、アメリカ合衆国から国際宅配貨物を利用し、大量の覚醒剤を密輸入しようとした事犯について、関税法違反犯則事件として摘発した。 この件については、大阪府警察本部刑事部薬物対策課及び大阪府関西空港警察署と共同調査の上、同年11月20日、関税法違反容疑にて大阪地方検察庁に告発した 。
【犯則物件】
  ・覚醒剤であるフェニルメチルアミノプロパン塩酸塩 合計2,584.0グラム

・・・引用終わり・・・

メタンフェタミン、アンフェタミン とくれば世界が知っている覚せい剤です。(福島県庁のサイトから)


このブログのこれまでの記事でこれらの名前が何度も出ています。

2019年08月12日
ヒロポンはメタンフェタミン シリアでもイラクでも使われた

2016年08月22日
戦場のむごさを見る  子ども・青年に自爆テロ強要は東西を問わない

2015年12月19日
薬物に警戒を 世界的に薬物の使用、流通が問題になってきている

2015年11月23日
シリア情勢 28 ISIS特需で潤う国
sputniknews2015/11/21
シリアで作られた、アンフェタミンを主成分とする合成麻薬カプタゴン1.8トン超が、トルコ南部のハタイ州で、警察および麻薬捜査官によって押収された。アナドル通信が伝えた。
シリアの武装組織支配地域では、紛争開始以来、西側で禁止されているカプタゴンの製造が始まった。危険な状況でも恐怖を感じなくなる薬とあって、様々なテロ組織の戦闘員らが愛用する薬物である。
トルコ軍は警察犬を伴う大規模捜査を行い、戦闘員の家やトラックのオイルフィルターに隠された錠剤1100万錠という記録的な分量を押収した。このフィルターは、海を越えてペルシャ湾岸諸国のいずれかに送るために、戦闘員らがこしらえたものである。
トルコ人2名とシリア人1名が逮捕された。


香港の暴徒は、覚せい剤を使っていると指摘されてきました。これらの覚せい剤は、兵士、戦闘員を奮い立たせるのによく使われるのです。いわば戦争や人殺しに必須のブツなのです。

あなたがもし「香港加油」と声援を送っていたとすれば、その時香港の暴徒はすでに覚せい剤を使用しており、あなたの声援に応えるためにさらに一服覚せい剤を使ったかもしれません。そして市民にガソリンをかけ、火をつけたのかもしれないのです。

責任を感じませんか。

もし、覚せい剤の密輸が成功していれば、それを売り捌いた反社会的勢力は利益を上げ、それを購入した愚か者は健康を害する、あるいは暴力行為を引き起こしたかもしれません。

このブログでは香港の暴動について、当初から冷静に眺めていました。それをある読者は冷笑的だと噛み付いてきたのです。いずれこのように発展すると見えていましたから、その方のコメントは消しています。

でもね、何か一言あってもいいと思うんですよ、その方が今も自分の言説を正しいと思っていようといまいと、それにこだわらず。

「香港加油」とSNSで発信していた人には、個別に助言したことも複数あります。そんなツイッターのアカウントは閉鎖して出直したほうがよいかもしれませんね。市民の首を切るISISのテロリストを頑張れ、頑張れと応援したのと変わらないのです。それだけ大きな汚点になってしまいました。

そういう暴力を支援する軽率な行いは、戦争に道を開くことになるのだと思います。

・・・当初記事・・・

2019/11/19、関西空港の税関が、国際宅配貨物のボードゲームの底に隠された覚せい剤約2.6kg、末端価格にして1億5500万円分を摘発しました。民泊施設でこれを受け取った中国籍の程冠熹が逮捕され、収容され、起訴もされているようです。事件としては極めて単純です。

この件は、税関が公表し日本のマスコミ各社が報じています。

MIHARU@miharuya氏がニュースの検索結果をキャプチャーしてくれています。
※ MIHARU@miharuya氏の午後10:25 ・ 2019年12月9日のツイート
顺手搜了一下其他网站的,google显示出曾经是有过一堆新闻页面,但点进去全是404,所以现在这是哪一出嘛,港版王立强?


このニュースは当初そんなに注目されなかったようですが、犯人の程冠熹が香港暴徒の一員と判明し、がぜん注目を浴びるところとなりました。

ところが注目を集めるタイミングと前後して日本のマスコミに掲載された本件のニュースが次々と消えていったのです。

※ My View My Point@myviewmypoint氏の2019/12/9のツイート
Replying to @trappedsoldier
“自由”の世界の恐ろしさ。関連記事が一斉に消された。見えざる黒い手によって。

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/9のツイート
404! 驚! 記事が削除されている! ますます怪しい!
【民泊宛てに送った「ボードゲーム」の箱に覚醒剤。中国籍の無職・程冠熹被告(22)は、先月19日、覚醒剤約2.6キロ、末端価格にして1億5500万円分を国際宅配貨物としてアメリカから関西空港に密輸しようとした…】

※ 熊猫さん@xiongmao53氏の2019/12/9のツイート
Replying to @trappedsoldier
《程冠熹》でググると、日本語の記事のリンクが出てきたが、削除された模様(呆)。

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/9のツイート
香港暴徒の程冠熹被告(22)が覚せい剤を、アメリカから日本に密輸しようとし逮捕起訴された件を、なぜ日本のメディアは必死で削除している?

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/9のツイート
ね、おかしいでしょう。最初はなぜニュースにならないんだろうとちょっと疑問に。でも、どのメディアもことごとく削除していて驚いた。香港暴徒が日本で覚せい剤を密輸! 芸能人より衝撃的ニュース。ここまでするのは裏がありますね。覚せい剤ニュースを抹殺する日本メディア。これ自体が大ニュース!

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/9のツイート
程冠熹はCIAの指示で、覚せい剤を密輸しようとした? これ、まともに捜査したらCIAの犯罪に行き着く? だから、メディアが米CIAの指示で一斉に削除? 覚せい剤密輸で起訴しながら、無罪放免にでもする気? 覚せい剤関連のニュースを、全面的に削除するなんて異様だ!

・・・引用終わり・・・

mko@trappedsoldier氏の最後のツイートがこの件の本質をついているように管理人も感じます。

程冠熹が覚せい剤の密輸にかかわったのは、香港の暴徒の資金確保のためでしょう。

覚せい剤が何か書いてありませんが、おそらくは暴徒が使用していたものと同様なものでしょう。

そして、米国から発送していますから、本人か誰かが米国で入手した。そう簡単に入手できるものなのか。マフィアなどのルートでしか手に入らないものであれば、その筋とつながる誰かが関与しています。

それに日本で覚せい剤を入手した後、どうやって売り捌くつもりだったのか。ここでも、反社会的勢力との結びつきがないと売り捌きは難しいでしょう。日本で誰が仲介する?

まあ、送金はいろいろ方法があります。

この件で、日本メディアから一斉に記事が消えたということは、メディアに影響力のある日本の機関が関与しています。CIAなどと直接結びつきのある報道機関もありましょうが。

でもそういう対応は、この件の背後にいる者が大きな力を持っている機関だということを示してしまいます。

この有力な海外の機関は、日本の税関の力を見くびっていた。そして程冠熹が起訴されたことで慌てました。

程冠熹が拘束されたのは、2019/11/20。この日から程冠熹は外部と連絡が取れなくなりました。税関の公表は11/25、ただ容疑者の名前などは出ていませんから、程冠熹が拘束されていることは、海外の背後にいる機関は把握していなかった。

2019/11/25の日本の大手メディアの報道には、程冠熹の名前が出ています。ですが、香港の暴徒であることに気づく人はいなかった?

そして、12/9の前日か数日前に新聞記事が消され始めた。密輸の背後にいる機関か当事者グループの誰かが気づいた。

「Cheng Guanxiは10月24日以降whatsappでオンラインになっておらず」とありますから、Cheng Guanxiは米国に渡っていた可能性があります。そして、米国から日本に来て荷物を待っていたようですが、逮捕されてしまった。

外交ルートなどで起訴するなとの働きかけもした、あるいはするつもりかもしれませんが、間に合わなかった。逮捕されたことを新聞で知ることになった。報道が先行してしまったのです。

ならば、まず報道を消せ!となります。

そのうえで、日本政府に圧力をかける段取りなのでしょう。

mko@trappedsoldier氏の推測どおりにCIAが背後にいる可能性は高いです。ですが、程冠熹がCIAの采配でやったと自供してもCIAを立件することなど日本政府ができるわけがないですから、程冠熹が投獄されるでしょう。まあ、なんだかんだと理屈をつけて執行猶予にする? 短期間の刑期にする。

その辺が落ちでしょう。

でも、仮にCIAが背後にいたとしても、米軍機で日本に運ぶようなことはしなかったんですね。外交ルートによる特別扱いもしなかった。CIAの職員は、自ら危ないことはしない。今は、内部告発がありますから。

一応、覚せい剤の入手の道筋をつけてやったかもしれません。彼らはその手のものを扱いなれています。

でも、日本での売り捌きも道筋をつけてやったんですかね。関西空港ですから関西の反社会的勢力を売却先と予定した? 22歳の中国人がそんなルートを使えますかね。

最初は暴徒にキャッシュをばらまいても、いずれカネがなくなれば、だれか、あるいはどこかの国に拠出させる、さもなければ石油や資源を盗掘して資金に充てさせる。シリアでそれをやっています。カラー革命皆同じです。

程冠熹の名前が新聞に載ることはもうないでしょうね。

・・・・・・

海外の事件、出来事を的確に把握することは難しいです。ロシアはフェイクニュースで中傷されることが多いため、積極的に情報公開の方針ですが、中国はそうではない。他の多くの国は、多かれ少なかれ情報操作があります。米国は積極的にフェイクニュースを流して国際世論を誘導しようとしています。

日本のマスコミは、おそらく広告取扱業者の言いなりでしょう。ロイターは、世論誘導に必要と見た海外ニュースは、長文でも日本語に訳して流します。日本の通信社の海外支局が流すニュースは、噴飯物もあり、微妙に視点をずらしているものなど様々です。

記者やデスクが、自発的にそんな記事を流していることはない。事実を事実として書くのが一番容易ですし、ジャーナリストとしての誇りが残っていればなおそうです。

どうも記事自体が広告出稿の扱いではないかと見られる面があります。広告費という形でなくても、他の便宜と引き換えになっている。

海外の出来事の真相は難しいです。シリア戦争でも、アサド政権が密告制度を使ったとか、樽爆弾を落として市民を殺傷したなどとの宣伝にコロッと騙されてISISの暴力が正義であるかのように誤解したSNSの大物も少なくなかったのです。

少なくとも海外情勢を判断するには、日本のメディアの情報は害にこそなれ真実に到達するには無益です。海外の情報に当たることが不可欠。

先日、ツイッターのビッグネームを騙って香港問題に関するコメントを投稿してきた人がいました。ツイッターを見ると、暴徒を支持する立場での日本語の投稿が続いています。

暴徒のサイドは、かなり広い地盤を持っている。外国政府が関与した暴動などは、もう無理と見えてもなかなか収まらないのです。それは、その国のその種の機関の中に、担当者がいて飯を食べているからです。

どうぞ国際問題に関する発言は慎重に。ムードに乗って発言していると、こういう覚せい剤密輸事件まで擁護する羽目になります。

・・・・・・

この事件が中国でも報じられています。さあ、日本の当局は窮地に追い込まれました。世界が注目しています。中国は麻薬の密輸に関しては外国人にも厳罰を科しています。

香港暴徒造谣同伙被送内地,系走私毒品在日本被捕

<中日機械翻訳>
香港の凶悪犯が噂の仲間を本土に送り、日本で麻薬の密輸で逮捕
オブザーバーネットワーク 12-09 10:03
[テキスト/オブザーバーネットワーク郭光豪]

香港の暴徒は最近、Cheng Guanzhangという名前の「手と足」が連絡を失い、警察によって本土に送られたと疑っていたと投稿した。 驚いたことに、近隣の日本の警察は、中国人男性が逮捕され、2.6キログラムの麻薬の密輸で起訴されたことを明らかにしました。
人の検索ステッカー(ソーシャルメディアマップ)

11月の終わりに、誰かが香港の扇動フォーラム「リアン・デン」とさまざまなソーシャルメディアに投稿し、10月24日以降、ティン・シュイ・ワイに住んでいるチン・クーン・ヘイという名前の「兄と足」が連絡を失ったと述べた。

投稿によると、Cheng Guanxiは10月24日以降whatsappでオンラインになっておらず、電話番号はwhatsappとwhatsapp callでしか連絡できません。 11月下旬現在、この数はwhatsappでオンラインに戻りましたが、別のユーザーになっています。 相手は、多くの人が彼に電話したと主張したが、その番号は元の番号であると常に強調した。

Dagong.comによると、一部の人々は、彼が警察によって本土に戻されたとさえ疑っています。

<中英機械翻訳>
Hong Kong thugs rumored associates were sent to the Mainland, arrested for smuggling drugs in Japan
Observer Network 12-09 10:03
[Text / observer network Guo Guanghao]

A Hong Kong mob recently posted that a "hand and foot" named Cheng Guanzhang had lost contact and even suspected that he was sent to the mainland by police. Surprisingly, the police from neighboring Japan revealed that a Chinese man had been arrested and charged with smuggling 2.6 kilograms of drugs. The man was called Cheng Guanzhang.

People search stickers (social media map)

At the end of November, someone posted on Hong Kong's Incitement Forum "Lian Deng" and various social media, saying that a "brother and foot" named Ching Kwun Hei, who lives in Tin Shui Wai, Yuen Long, had lost contact since October 24.

According to the post, Cheng Guanxi has not been online on whatsapp since October 24, and the number can only be contacted by whatsapp and whatsapp call. As of late November, the number was back online on whatsapp, but it has become another user. The other party claimed that many people called him, but always stressed that the number was the original number.

According to Dagong.com, some people even suspect that he was returned to the mainland by police.
posted by ZUKUNASHI at 17:10| Comment(6) | 国際・政治

ブリに「唇しびれる」宮城・名取市が回収


NEWS
2020年01月23日 11時02分 JST
ふるさと納税のブリに「唇しびれる」宮城・名取市が回収
市は自主回収を発表、対象の品は約1000件に上り、受け取った人に文書で通知する。
ふるさと納税のブリに「唇しびれる」宮城・名取市が回収

 宮城県名取市は22日、市のふるさと納税の返礼品に鮮度の悪いブリが入っていた可能性があるとして、自主回収すると発表した。対象の品は約1千件に上り、受け取った人に文書で通知する。

 市によると、今月上〜中旬、「返礼品のブリを食べたら、唇がしびれる」と3人から連絡があった。賞味期限は切れていなかった。昨年11月27〜28日に出荷しており、この間に出荷したブリの包み焼きや西京漬けを含む返礼品を自主回収する。原因はわかっておらず、検査機関が調べているという。

NHK2020年01月23日 09時50分
名取市ふるさと納税返礼品を回収
宮城県名取市のふるさと納税の返礼品として発送された水産加工品を食べた人が下痢などの症状を訴え、製造会社は鮮度不良の可能性があるとして、1000個余りを自主回収すると発表しました。
自主回収するのは、名取市の水産加工会社、丸七佐藤水産が製造し、
中略
名取市によりますと、商品を受け取って食べた人から「下痢をした」とか「口がピリピリする」といった連絡があわせて3件寄せられ、製造した会社は、ぶりの鮮度不良の可能性があるとしています。

読売新聞オンライン
宮城県名取市は22日、ふるさと納税の返礼品として発送した水産加工品セット「レンジで簡単!」シリーズの一部商品について、使用したブリの鮮度不良で頭痛や嘔吐を引き起こす恐れがあるとして約1000個を業者が回収すると発表した。

・・・・

※ 桑ちゃん@namiekuwabara氏の2020/1/24のツイート
何処で水揚げされた物かな?台風19号で阿武隈流域氾濫、色々な放射性物質と化学物質も多量に流れているからね。
大物になると毒をもつ魚もいるのは確かだが、そればかりではなそうですね・・・。震災後太平洋沿岸のブリは食べないので分かりませんが・・・

唇しびれて食べずに捨ててよかったね。「受け取った人に文書で通知する」そうだけど、文書が着く前に食べて体調異常を起こした人は怒りますよね。即座に緊急対応しないこの辺が地方の精神性かな。市役所の対応を見ると、原因はわかっている? 放射性物質が原因ならすぐに死ぬことはない。
名取市には漁港があります。

サンケイ2020.1.24 19:53政治政策
五輪選手村に被災3県食材 首相「風評被害払拭へ」
 安倍晋三首相は24日の参院本会議で、東京五輪・パラリンピックの選手村で全大会期間を通じて、東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島3県の食材をメニューに取り入れると明らかにした。
 産地表示もするとし「風評被害払拭に向けた大きなメッセージになるとともに、日本の豊かな食の発信にもつながる」と強調した。

posted by ZUKUNASHI at 13:39| Comment(1) | 福島原発事故

岩手県で何が起きている?

岩手県は、県独自の人口動態統計が不備で、他県と同様な分析ができません。
全国人口動態統計2019/11月分まで使った都道府県別の比較で岩手の悪化が大きくなりました。福島県よりも悪い。

2019/11の死亡数が急増しています。2019/1に迫る水準です。


12か月移動平均による出生死亡比率は、0.337と1月の0.328と同等水準です。


死亡数の増だけでなく出生数も減り方が大きくなっています。


岩手連からの情報発信は少なく、原因がわかりませんが、とにかく何かが起きています。

千葉県も悪いんですよね。神奈川を追い抜きそうな勢い。土壌汚染が強いところでじわじわと影響が強まっている? より長期には汚染地の食べ物を食べているところで影響が強くなり、住民激減の可能性。





posted by ZUKUNASHI at 13:23| Comment(0) | 国際・政治

今日の放射能 健康被害が広がっている!

このブログには快いことは書いてありません。黒字は引用転載部分、青字は管理人のコメントなど
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 
※ 
※ 
※ 桑ちゃん@namiekuwabara氏の2020/1/24のツイート
桑ちゃんが言った通りの報告内容ですね。原子力報道は信号機トラブルと云っていたが、燃料体吊上げラックにぶつけている。
誤信号ではなかった!実際に燃料体をぶつけるという事象起こしていた。
桑ちゃん昭和52年当時原発で起きたトラブル報告書も作っていたので彼らの考える事が見えてくる。
引用ツイート
蓮池透@1955Toru氏の2020/1/21のツイート
制御棒誤引き抜きの原因不明。裁判所の運転差し止め決定。今度は燃料落下警報。特重施設も出来ていない。もうダメだよ、四電さん!!!
伊方原発3号機、定期検査中にまたトラブル 燃料集合体がラック枠に接触 - 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20200

※ 桑ちゃん@namiekuwabara氏の2020/1/24のツイート
長野さんという方は、原子力PAの良きパートナーですね。
「便益のある被ばく」と「迷惑で無用な被ばく」を一緒に考えている。「被ばくは加算され影響受ける事」を無視する。パイロットの放射線管理従事者対象という事も知らず。放射能拡散され被ばく無視できるクリアランスレベル年間10μSv未満も。

※ 2019/12月分の市町村別人口動態が出始めています。悪化継続です。

※ 桑ちゃん@namiekuwabara氏の2020/1/23のツイート
まさか原発推進のために作り上げられた人という事?
「可能性なきしにもあらず」という事にならないこと祈る。全然クリーンではないし、事故起こせば社会が崩壊する。

※ 瀬戸の風@lituum
グレタさん、落ち着け! 原発は始末のできない核廃棄物を出すぞ。CO2は中学、高校の化学で無害化出来る。他の方法もある。どちらが良いか考えて!
https://jiji.com/jc/article?k=2

時事2019年12月20日14時13分
脱原発、独で見直し論 気候変動問題で再評価
 【ベルリン時事】ドイツで、2022年までに原発を全廃する政策の見直し論が浮上している。環境活動家グレタ・トゥンベリさんの発言で一段と活発になった気候変動の議論で、発電時に二酸化炭素(CO2)を出さない原発が再評価されているためだ。国民的支持を集めた政策の修正は容易ではないが、今後も論争は続きそうだ。

※ 聯合ニュース2020/1/22ロシア輸入の日本車から基準値超える放射性物質 現地メディア
記事一覧 2020.01.22 12:50
【ウラジオストク聯合ニュース】ロシア極東ウラジオストクに輸出された日本製の自動車から基準値を超える放射性物質が検出されたことが、22日分かった。現地メディアが税関当局の話として報じた。
 現地メディアによると、ウラジオストク税関は21日午後に日本から到着したトヨタ自動車のプリウス1台から基準値を超える放射性物質(ベータ線)が検出されたと明らかにした。
 ロシア、ベラルーシ、カザフスタン、アルメニア、キルギスの5カ国で構成されたユーラシア経済連合(EAEU)は、放射性物質が基準値を超過した製品の輸入を禁じている。
 税関はこの自動車を日本に返送すると説明した。
 2011年3月に発生した東京電力福島第1原発事故により、ウラジオストクから輸入された日本製品から基準値を超える放射性物質が検出された事例は同年4月から17年6月までに計875件あったという。
 現地メディアは、日本製の輸入車から放射性物質が検出されたのは17年以降初めてだと伝えた。
 税関関係者は「今回の事例は福島事故の余波が完全に消えていないことを示している」と述べた。
 税関は、基準値を超える放射性物質が検出されたことをロシアの監督機関に報告した。

※ 平川典俊@soudearunara氏の2020/1/22のツイート
世界中フクイチからの放射能汚染の現実や被曝している人々のことを情報共有することはタブー中のタブー。国際団体と深くリンクしているジュネーブに住む友人が福島の被曝被災者支援についての文面を依頼したら、WHO、ユニセフそして国連も関与を断ってきた。それだけ事態は深刻だということだ。

※ 桑ちゃん@namiekuwabara氏の2020/1/22のツイート
桑ちゃんが福島に行く場合、チャコールフィルター付き全面マスク、タイベック、アノラック、ゴム手袋、綿手袋、靴下、専用長靴持ち歩いているからね。α・β専用の測定器もあるし変化あれば直ぐ防護する。γ線測定でだけで福島事故放射性物質の防護はできない。相手は人工濃縮ウランちゃんと仲間だからね

※ 桑ちゃん@namiekuwabara氏の2020/1/22のツイート
韓国の風刺画が如何に正しいか世界にPR福島県自らしてるようなものです。チェルノブイリ事故、0.3(μSv/h)以上ゲート設けて関係者以外立ち入り禁止にしたことは知っている。異常精神状態日本国を世界にPRというところですね。

※ 桑ちゃん@namiekuwabara氏の2020/1/22のツイート
それと楢葉町と云えば。mSv/h単位の破片が見つかった町。小さなものでも強力なものが存在する。ロシアンルーレットでも楽しむがよい。

※ NMF2011@NMFUKUSHIMA2011氏の2020/1/22のツイート
聖火リレー「問題なし」 福島県が放射線量を測定 | 河北新報 https://kahoku.co.jp/tohokunews/202001/20200122_61002.html >最大値はランナーが走る車道で毎時0.46マイクロシーベルト、観客が訪れる沿道やセレモニー会場で0.77マイクロシーベルトで、県は観客らの滞在時間を踏まえ「リレー開催に問題ない」と説明した。

※ ドラえもん@jaikoman氏の2020/1/20のツイート
16時3分に救急車が到着。16時20分にふたば医療センターに向けて出発。体調不良を訴え、その場に倒れ込んだ。意識はあり、会話もできる状況であった。1Fの作業経験は昨年12月からで1ヶ月ぐらい。
引用ツイート
ドラえもん@jaikoman氏の2020/1/20のツイート
体調不良者発生
本日15時10分ごろ下請け作業員が免震重要棟で体調不良を訴え、ERの医師の判断で緊急搬送。
15時52時救急車を要請、搬送先は双葉医療センター。作業終了後に免震重要棟で打ち合わせ中に体調不良を訴えたとのこと。身体汚染はなし。一次下請け 福島県出身 50代男性

※ 毎日新聞2020年1月17日 14時09分(最終更新 1月17日 14時24分)
伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し
 山口県東部の住民3人が、四国電力伊方原発3号機(出力89万キロワット、愛媛県伊方町)の運転差し止めを求めた仮処分申請の即時抗告審が17日、広島高裁であった。森一岳裁判長は申し立てを却下した2019年3月の山口地裁岩国支部の決定を取り消し、四電(高松市)に運転差し止めを命じる決定を出した。11年3月の東京電力福島第1原発事故以降、司法による運転差し止めの判断は5例目。
 伊方原発3号機は、福島第1原発事故を受けて停止したが、原子力規制委員会による新規制基準の安全審査に合格し、16年8月に再稼働した。現在は19年12月からの定期検査で停止している。仮処分はただちに効力が生じるため、四電は決定の取り消しを求める保全異議と仮処分の執行停止を高裁に申し立てる方針だが、4月27日に予定されている営業運転の再開は微妙な情勢となった。
 原告は、原子力災害対策指針などで避難計画の策定が義務付けられていない原発から30〜40キロ圏にある島しょ部の住民。岩国支部への仮処分申請で住民側は、伊方原発周辺の海底に延びる中央構造線が活断層であると主張。地震による被害や阿蘇カルデラが噴火した場合は火砕流が到達する危険性があると訴えたが、同支部は19年3月、四電の対策が過小とは言えないなどとして申請を却下した。
 即時抗告審で四電は、伊方原発周辺の中央構造線が活断層ではなく、海上音波探査によって最も近い活断層も伊方原発の沖合8キロ地点にあると確認されていると主張。住民側は原発の沖合600メートルにある中央構造線も活断層の可能性があるとし、地震が起きた場合は伊方原発に四電が想定する2〜3倍の揺れが生じるとの意見書を、高裁の求めに応じて提出していた。
 四国西端の佐田岬半島に立地する伊方原発は原子炉が3基あり、廃炉が決まった1号機と2号機は18年までに運転を終えた。3号機を巡っては周辺の山口、大分、松山、広島の各地裁や支部で仮処分申請や提訴が相次ぎ、17年12月には広島高裁が火山の噴火リスクを理由に運転差し止めの決定を出したが、四電の不服申し立てで決定が取り消された。関西電力大飯原発3、4号機の運転差し止めを命じた14年5月の福井地裁判決など、運転差し止めを認めた他の3例も上級審などで判断が覆っている。【手呂内朱梨、賀有勇】




・・・

この記事の古いコンテンツは、「今日の放射能備忘録1〜192」に保管してある。過去のコメントは別に記事を起こして採録している。

                
posted by ZUKUNASHI at 11:32| Comment(111) | 福島原発事故

米軍は中東から出ていけ 動きは続く


このマーチの画像で埋め込めないものがあります。ということは、米国にとって痛手だということですね。

※  mko@trappedsoldier氏の2020/1/24のツイート
イラク人からトランプへの警告!
「イラクからの撤退を拒否し、主権侵害を続けるなら、戦場でマフディ軍が米軍を迎え撃つ。そこに何十万の兵士が合流し、われわれの独立戦争に発展するだろう」

※ Iraqis Hold 'Million-Man March' Against US Military Presence in Baghdad



U.S. Marines with 2nd Battalion, 7th Marines, assigned to the Special Purpose Marine Air-Ground Task Force-Crisis Response-Central Command (SPMAGTF-CR-CC) 19.2, reinforce the U.S. Embassy Compound in Baghdad, Iraq, January 2, 2020. Picture taken January 2, 2020.



※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/13のツイート
ISISを復活させ、イラクを宗派ごとに分割する! これが、米軍撤退を要求したイラクに対する米国の回答。
結局、ISISを創ったのはCIAだし

※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/12のツイート
犯罪的マフィア! 米国は数千人をレイプし、200万人のイラク人を殺害し、金を盗み、博物館を盗み、さらに50万人の子どもを制裁で死なせた。そうした残虐な歴史をもつ米国の大統領トランプが、イラクの石油収入の50%を渡せと要求している!

※ Syrian Girl@Partisangirl氏の2020/1/12のツイート
There's a reason the US didn't retaliate against #iran, and that was the risk of world war.

In spite of all the neocon false bravado, they had their chance for war & backed down. What they really want is to continue to kill & steal while minimising risk to themselves #AinAlAssad

※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/12のツイート
今、中東で問題になっているのは、この米軍を地域全体から叩き出すこと、この1点です。米軍がいる限り、戦争は続くし、市民が殺されるし、テロリストはいなくならない。中東のど真ん中のイラクは、イラン・イラク戦争から湾岸戦争、イラク戦争、ISIS戦争とずっと戦争状態。米軍がいるから。

RT2020/1/10
US won’t heed Iraq’s call for troop withdrawal, calls military presence there ‘appropriate’
アメリカは、軍の撤退を求めるイラクの要求に応じず、同国への「適切な」軍備配置を行う

The US is willing to discuss “recommitting to strategic partnership” with Iraq but not a troop withdrawal, the US State Department said, after the country’s prime minister told Washington to “prepare a mechanism” for pull back.
アメリカは、イラクからの軍の撤退ではなく、イラクとの「戦略的パートナーシップの再付託」についてイラクと協議したいと考えている。イラク首相がワシントンに対し、軍を撤退させるための「適切な措置」を講じるよう求めたことを受け、米国務省はこのように述べた。

In a statement on Friday, department spokeswoman Morgan Ortagus said that the US military presence in Iraq was ‘appropriate’ and that any delegation the US might send to Iraq to discuss arrangements between the two countries would not discuss the removal of troops.
金曜日の声明の中で、同省報道官モルガン・オルタガスは、イラクにおけるアメリカ軍の駐留は「適切」であり、アメリカがイラクとの2国間合意のために同国に派遣するいかなる代表団も、軍の撤退について協議することはないと述べた。

Ortagus acknowledged that there does “need to be a conversation” between US and Iraqi officials, “not just regarding security, but about our financial, economic, and diplomatic partnership.”
オルガタスは、アメリカとイラクの間には公式に「対話する必要がある」、それは「安全保障についてのみならず、金融・経済・外交分野でのパートナーシップについても」という認識を示した。

Earlier Friday, Iraqi Prime Minister Adil Abdul-Mahdi had asked US Secretary of State Mike Pompeo to send a delegation to begin preparations for a troop pullout.
先立って、イラク首相アディル・アブドゥルマフディは、アメリカ国務省のマイク・ポンペオに対し、軍の撤退を開始する準備を始めるための代表団の派遣を求めた。

The Iraqi parliament last week passed a non-binding resolution asking the government to expel foreign troops and to cancel the ongoing request for military assistance from the US-led coalition.
イラク議会は先週、(イラク)政府に対して、外国の軍隊を追放し、アメリカ主導連合に同国に駐留するよう求めている現行の要請を取り消すよう求める、拘束力のない決議を通過させた。

There are currently 5,200 US troops stationed at bases across Iraq, who were invited by the Iraqi government in 2014 to help combat ISIS militants in the region. The relationship between Washington and Baghdad has soured in recent months, however, as tensions in the region flared. The mood got even more tense after a US drone strike in Baghdad killed a commander of Iran’s elite Quds Force.
現在、5,200のアメリカ軍がイラク全域の基地に配備されているが、これは2014年、同地域のISIS武力勢力との戦いへの助力のために、イラク政府が要請したものである。しかしながら、この地域での緊張が高まるにつれ、ワシントン(アメリカ)とバグダッド(イラク)の関係は悪化。アメリカのドローン攻撃により、バグダッドでイランの精鋭コッズ部隊の司令官が殺害されたことにより、関係はさらに悪化した。

Iraq’s parliamentary resolution was dismissed by US President Donald Trump, who threatened the country with "very big sanctions" and said the US would not leave until Iraq paid Washington back for an expensive air base it had built there. Pompeo has also disregarded the will of the Iraqi parliament, saying he was "confident" that the Iraqi people want US troops to remain.
イラクの議会決議を、アメリカ大統領ドナルド・トランプは拒絶。(トランプは)「かなり大規模な制裁措置」で(イラクを)脅し、アメリカが同国に基地を建設するために費やした高額な費用への見返りを、イラクがアメリカに支払うまでは撤退しないと述べた。ポンペオはまた、イラク議会の意思を無視し、イラク国民はアメリカ軍の駐留を望んでいると「確信している」と述べた。

Saad Al-Muttalibi, a member of the Baghdad Security Committee, told RT last week that it was "very important" for the US to withdraw its troops from Iraq because Iraqis “don't want to be drawn into a war between Iran and America on Iraqi soil.”
イラク安全保障委員会メンバーのサアド・アルムタリビは、先週RTに対し、イラクにとってアメリカ軍の撤退は「非常に重要である」と述べた。なぜならイラクは、「イラクの地で起こるイランとアメリカの間の戦争に巻き込まれたくない」からである、と。

RT2020/1/9
Several rockets hit ‘100 meters away’ from US embassy, cause fire in Baghdad’s Green zone
Two blasts have reportedly been heard in Baghdad, followed by the sirens of emergency services. The apparent explosions come hours after US President Donald Trump walked back from military action against Iran.

Air raid sirens can be heard in video footage presumably captured in the Iraqi capital on Wednesday night. Multiple journalists in the city reported that two explosions rang out, apparently coming from the direction of the heavily-fortified ‘Green Zone,’ home to the US embassy.

Iraq’s military said that “two Katyusha rockets fell inside the Green Zone without causing casualties.” Police sources told Reuters that the rockets came within 100 meters of the US embassy, and caused a fire.

SPUTNIK2020/1/9
Missile Strike ‘Reminded’ Trump of Iran’s Power, But US Not Likely to Leave Iraq Soon - Experts

As US President Donald Trump declared “all is well” and turned his attention to the US economy and sanctions on Iran following that country’s ballistic missile strike on US forces in Iraq, a bevy of experts weighed in Wednesday on Radio Sputnik’s Loud and Clear about what could lie ahead in the tense conflict between Washington and Tehran.

Journalist Rania Khalek argued to hosts Brian Becker and John Kiriakou that “Iran really showed its strength” in the region through the Islamic Revolutionary Guard Corps’ missile launches and has triggered a major “setback” for the US within the region as a result.

“There’s so much anger at the US that I think you’re going to see a lot more US retreat,” she said, “which is essentially what Iran and [Quds Force commander General] Qasem Soleimani always wanted. So it’s kind of like, in death he’s accomplishing what he tried to do in life.”

Mike Prysner, the producer of “The Empire Files” and a co-host of the Eyes Left podcast, highlighted the irony in US Secretary of Defense Mark Esper, the ex-vice president of government relations at Raytheon, previously boasting that the US is "not looking to start a war with Iran,” but is “prepared to finish one.”

“Well I haven’t seen the US finish a war in the last 20 years,” he said, noting that “as long as there are US troops [and associates] on the ground, it’s not an end to the Iraq war - it’s just postponing it for some period of time,” and there will continue to be room for situations, such as the recent killing of a US defense contractor, to put the US on the brink of a major war again.

Mazda Majidi, an author, journalist and anti-war activist, detailed that Iranians were “listening with a great deal of worry” regarding possible escalation by the US following the strikes in Iraq and explained that many whom he spoke with after Trump’s speech Wednesday morning were “relieved that there would not be a wide-scale bombing of Iran.”

Speaking of Trump’s address to the US public, former UK Ambassador to Syria Peter Ford told Sputnik that the main takeaway from the US president’s speech is what was not uttered.

“He didn’t announce any retaliation, and he filled the void [with] a lot of blather and his usual boasting,” he said. “And as always, he dragged in his obsession with besting the first black American president,” Barack Obama.

“It seemed like some people had gotten to him and said, ‘You know, this might be bad if Iran cuts off all of the oil and … prices shoot sky high,’” said “Redacted Tonight” host Lee Camp. “Iran has a lot of power, and I think some people might have reminded him of that.”

Likewise, Anya Parampil, a journalist for The Grayzone who hosts the news show “Red Lines,” said that while Trump “tried to use forceful language and appeared to be in control of the situation,” he actually “looked to be a bit rattled” and “slurred his speech at certain points.”

Ben Norton, a journalist with The Grayzone and co-host of the Moderate Rebels podcast, pointed out that while the US claims that no US troops were harmed in the Wednesday morning incident in Iraq, “Iran claims they killed 80 US soldiers, so we don’t know exactly whether or not what the US said is true.”




posted by ZUKUNASHI at 01:51| Comment(1) | 国際・政治

英語に挑戦 2

モトコのブログ2020/1/14 から
父、二時間で自分の住んでいた場所が分からなくなるのかと
ちょっとショック。
内科は予約で父の認知症にも対応してくれ、
1時間ほどで済むせいか、
戻った時にパニックになることはなかったのだけど、
今後は分からないなぁと思いつつあります。
このところ、どうも話の辻褄が合わないことが多いので
認知症もゆっくりながら進んでいるのだろうなぁと…。

・・・・・

2020/1/19、お便りから

家族の意思疎通のために英語のブラッシュアップ開始、流石です!私はgoogle翻訳のお世話になってかろうじて情勢をおぼろにみる現状。情報の洪水の中良いものを選んで掲載していただいて有難うございます。その時間と労力、本当に貴重なことです。 ご宣託通りのただならぬ一年の幕開けで、自分は浮上が難しい感じです。 THE NEWS PAPERの講演に行ってきました。かぶりつきの座席で遅まきながら初笑い?を期待したものの…心の中で 「それは違うよね〜」と思うことが多々ありまして。会場で一人自分だけが拍手したのが トランプ氏が「世界はアメリカが操っている」…「だがそのアメリカを操っているのは英国だ」といった時です。わかってんじゃん! 断捨離頑張らなくては。

このブログ読んでいるとさらに世の中から浮き上がりますのでご注意を!

次の記事、一度読んだだけでは全然意味が取れませんでした。私の認知症もゆっくり進んでいる? しっかりものの娘もいないし、自分がしっかりしなくては! なんですよ。

seductionは人を魅惑するもの、egg-facedは、He has egg on his face.という慣用句から来ているようです。面目丸つぶれです。sobrietyは、酒に強くしらふでいること、酒に溺れないことです。
RT2020/1/17
‘Being funny not our strong suit’: SEDUCTION visa joke by German Foreign Office causes Twitter backlash & apology
Germany’s Foreign Office was left egg-faced after cracking a joke about visa approval. Office staff issued a hasty apology to the foreigners they’d offended and acknowledged that they probably don’t have a future in comedy.

Germany’s reputation for comedy is as well-known as Ireland’s reputation for sobriety. Still, the country’s Foreign Office tried its hand at humor on Thursday, contributing to the trending hashtag ‘#SeduceSomeoneInFourWords.’

“Your visa got approved” was the FO’s contribution, but commenters on Twitter were unimpressed.

“This is not funny!” one man tweeted. “There are thousands of people who’re waiting for their visas to get approved in order to come and get treatment, study etc. that’s simply the real face of you guys!”

わかりました? 別の記事も見てみます。clunkyは不器用な。fadは一時的な熱中、ブーム。
telegraph.2020/1/17
German foreign office apologises over visa seduction joke on Twitter
Germany’s foreign office has apologised after an ill-judged joke on its Twitter account linking visas to seduction.

“Your visa got approved #SeduceSomeoneinFourWords,” the diplomatic service tweeted in a move that seemed to confirm long-standing stereotypes about the clunky German sense of humour.

The social media account, which is in English, was attempting to ride the wave of a Twitter trend which emerged on Thursday and spread around the world.

With the hashtag #SeduceSomeoneinFourWords, Twitter users were suggesting four-word sentences that would spark romance. The fad attracted a mix of genuine and humorous responses.

After six hours and 20 minutes and numerous complaints, the foreign office deleted the offending tweet and apologised.

“Being funny is apparently not always our strong suit,” it said on Twitter.

いかがでしょう。

ごく最近、ツイッターで#SeduceSomeoneinFourWords 4語で誰かを誘惑する という言葉の遊びが流行ったらしいのです。

それを見たドイツ外務省の誰かが、“Your visa got approved”「あなたのビザが承認された」はどう? と書き込んだ。そしたら、全然歓迎されずに、批判され、ドイツ外務省の面目丸つぶれだったというたわいもない話です。

確かにドイツ人はユーモアのセンスがないらしい。日本人もそうですよね。

Fast forward to 2020, and the conflict has reached its boiling point.
時は進んで2020年になると、その間を飛ばして2020年になると という意味で使えるでしょうか。

World leaders can’t seem to find #Putin during Berlin conference photo-op
世界のリーダーは、ベルリン会議の写真撮影中に#Putinを見つけることができないようです。
It seems world leaders can’t find #Putin during Berlin conference photo-op
World leaders seem not to be able to find #Putin during Berlin conference photo-op
でも日本語への機械翻訳では同じになりますけど、can’t seem to find が英語としてはこなれた表現?

※ 手(チョキ)手(チョキ)️Mohammed pal @hamada_najar
A hat of an honor guard occurred during the reception ceremony for the Russian President in Bethlehem, #Palestine, in the presence of Palestinian President Mahmoud Abbas.
Russian President Putin lifted it from the ground and placed it on the soldier's head.にこにこにこにこ
ここでのポイントは、"occurred"です。生ずる、起きるしか知らなかったので意味がとれませんでした。
このツイートには動画がついています。
https://twitter.com/hamada_najar/status/1220682697548451846?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1220682697548451846&ref_url=https%3A%2F%2Fwww.rt.com%2Fnews%2F479112-putin-palestine-honor-guard%2F
RTの記事では、やさしい英語が使われています。
The Russian president made a small but noticeable contribution to keeping the Palestinian Authority in order when he put a fallen peaked cap back where it belonged – on the head of a member of an honor guard.
peaked capは、てっぺんが平らな円形でひさしのついた帽子(a cap with a flat circular top and a visor) だそうです。お巡りさんの被っている帽子。honor guardは儀仗兵。私のドゴール帽はこれに当たるはず。
The amusing interlude happened on Friday as Vladimir Putin was visiting the Palestinian city of Bethlehem to meet PA chief Mahmoud Abbas.
interludeは幕間
Whether it was professional attention to detail or an eye for things out of place, the Russian president spotted a guard missing his hat and took a few seconds to fix things – before giving the soldier a thumbs up.
その兵士に親指を立て・・・一般的に欧州、ロシアではグッドの意味ですが、ところ変わるとこれも違うようで難しいです。
Putin's visit to Palestine follows his attendance at a major holocaust event in neighboring Israel.



左手の手の甲を相手に見せて中指を立てています。右手には靴を持っています。

イスラム世界はホコリまみれの風土のところが多いのですが、清潔さは宗教的戒律の一つ。靴を投げつけるのは最大の侮辱です。

ブッシュがイラクを訪れて会見した際に地元記者が靴を投げつけました。その後、この場面を模した靴投げゲームが流行ったほどです。
posted by ZUKUNASHI at 01:14| Comment(2) | 国際・政治

えっ テロリスト・ロンダリングじゃないですか

すごいニュースが入ってきました。トルコがリビアに派兵すると発表した時は、これはトルコ傘下のテロリストの行き場を探しているのだとは思いましたが、リビア経由でイタリアに向かわせるという悪知恵だとは想像できませんでした。トルコから直接隣国に送り込もうとしても隣国から拒否されます。

それで裏口から送り込むことにした。ですが、テロリストの中にはアフリカ出身者がいても欧州あるいは中央アジア出身の者もいます。どうやってアフリカ出身の難民だと理屈をつけるのでしょう。

イタリアは、難民受け入れに消極的、否定的です。これまでもNGOが救助した難民の上陸を拒否しています。

それにしてもトルコは悪知恵の働く人がいる。

リビアから難民を乗せたボートや船は、シシリア島を目指します。シシリア等の海岸線はこんな感じです。これは北部のチェファルーという町です。



イタリアの国境警備隊が取り締まらなければ、いくらでも上陸できるでしょう。

さて、イタリア、欧州諸国はどう対処する。
Merkel and Erdogan’s smiles hide tough times ahead: What can we expect from EU-Turkey talks?
Damian Wilson is a UK journalist, ex-Fleet Street editor, financial industry consultant and political communications special advisor in the UK and EU.
They may be all smiles for the cameras, but the issues Angela Merkel and Recep Tayyip Erdogan are set to discuss – from Syrian refugees to Turkey’s attempts to join the EU – may stall talks and deteriorate relations even further.

And both sides have more to play for this time round than political point-scoring.

The festering wound of Syria continues to provide pain for Turkey, which already hosts 3.7 million Syrian refugees. Now the prospect of further trouble around the city of Idlib means more migrants could be heading Turkey’s way in the not too distant future as they flee the mayhem.

And while Turkey came to the rescue of a panicked EU during the last major migrant push from the war-torn hellhole that is Syria, the promises made at the time by EU leaders in order for President Erdogan to play ball have simply not been fulfilled.

So the German chancellor finds herself on the way to Ankara for talks with the Turkish hardman, a gambit the EU hopes will be more conciliatory than sending, say, Emmanuel Macron.

Because high on the list will be four questions, in no particular order: first, where is the rest of the six billion euros you promised us last time to help deal with this influx of migrants; second, what happened to the visa-free travel deal you mentioned for Turks wanting to travel to the EU; third, where are we with Turkish accession to the EU; and finally, what’s happening with the weapons exports ban?

The first issue is easy enough. Merkel just needs to make the outstanding payment guarantees that Turkey is seeking and it’s ‘job done’. After all, why let 3.7 billion euros come between friends?

As for the second matter – visa-free travel – well, that’s a tricky one. The way the EU would look at it is this: Turkey is a nation of 80 million people. What if they were all granted visa-free travel throughout Europe? We need some more time on this one.

Because that could lead to issue number three: accession to the EU. You’d think the Turks would have given up, remembering they first made their application to become an EU member back in 1987. But no, they persist.

Accession would not only bring with it trade and free movement of people, it would also see Europe’s borders moved right up to Iran, Iraq and Syria. Boris Johnson used the idea of Turkey’s EU accession as a scare tactic during the Brexit referendum. While he had to ride out the race storm that followed, there is no doubt that it was a very effective threat.

Now that London’s views don’t carry the same weight in Brussels as they once might have, don’t think there is a softening on Turkey’s accession. The idea sends a chill wind through the grey corridors of the European headquarters.

Not that anyone needs to tell Angela Merkel much about the resistance to immigration from the East. After 14 years as the first female chancellor, and with an amazing story for a modest scientist born in East Germany, it is most likely she will be remembered for opening the immigration floodgates to her country in 2015, which saw one million refugees arrive – mostly Syrian – in the largest immigration influx since WWII.

She needs to ensure the cooperation of the Turkish president to make sure that does not happen again, because that would guarantee her time in office was remembered not for her achievements, but for a catastrophic misreading of her nation’s mood.

So the final issue, of weapons exports, might be the card to play. Germany imposed the partial ban in October (despite selling it as something a bit harsher), but as arms sales to Turkey topped 250 million euros in the first half of this year and the reason for it – that the Turks would use the weapons against Kurdish fighters – is no longer an issue, perhaps lifting restrictions would provide a bit of leverage.

Erdogan knows the strength of the cards he holds. He’s already suggested in the past that he might simply unleash migrants into the EU unless their deal was honored.

Meanwhile, feelings still run high over the abrupt cancellation of political rallies organized in Germany by Turkish ministers aimed at addressing their huge immigrant communities ahead of a referendum in Turkey. That spat saw Erdogan accuse German authorities of "Nazi" tactics – not an accusation ever received lightly in Berlin.

Will these harsh words be forgotten? Most likely. Both sides have far too much at stake now to let a bit of name-calling get in the way. And while the more recent issue of Turkey’s dispatch of the Kurds in Syria is still a bone of contention, it is that issue of Syria that will actually bring the two leaders together.

As these two leaders meet, what can we realistically expect? Some conciliation over the cash payments to Turkey from the EU, most likely in a further installment of the six billion Euros. While on the money front, perhaps an easing of arms exports restrictions from Germany and maybe other EU nations.

Expect promises of further investigation into visa-free EU travel but nothing concrete for now. As for the accession to the European Union, with tiny Albania and Macedonia being knocked back on their bids to join this club and a genuine resistance to expansion evident in powerful quarters, what hope does a nation of 80 million people directly bordering some of the world’s most troubled regions realistically have of being given a dream ticket?

President Erdogan doesn’t even need to ask to know the answer there.

トルコがまた言うことを変えています。

RT 24 Jan, 2020 14:23 / Updated 17 minutes ago
Turkey sending military to train UN-backed govt’s forces in Libya – Erdogan
Turkish President Recep Tayyip Erdogan has said that he is sending military personnel to Libya to train the forces loyal to the UN-backed Government of National Accord.

Erdogan announced the move on Friday, days after he apparently backed off on an earlier promise to deploy ground troops to the war-torn African country. The Turkish leader told journalists on Monday that a group of military “advisers” had been sent to Libya in the troops’ stead.

The Turkish personnel will train the forces of Fayez al-Sarraj, who heads the Tripoli-based and UN-backed Government of National Accord. The GNA has been engaged in a prolonged conflict with the Tobruk-based Libyan National Army, led by General Khalifa Haftar.

Haftar’s forces are in control of most of Libya, and at one point last year threatened to overrun Tripoli. After peace talks in Berlin last weekend, a fragile ceasefire between Haftar and al-Sarraj remains in place, but no lasting agreement has yet been reached.

Though Erdogan has played a central role in peace talks alongside Russia, both in Berlin and earlier in Moscow, he has openly backed al-Sarraj, and vowed earlier this month to teach the “putschist” Haftar “a lesson,” should the LNA’s offensive on Tripoli continue.

Turkey’s intervention in the Libyan conflict drew condemnation from the EU, and from the foreign ministers of Britain, France, Germany, and Italy. In a joint statement earlier this month, the ministers said that Ankara’s “interference” was “fuelling the crisis.”

Turkey’s neighbor and regional rival Greece responded to Erdogan’s propping up of the GNA by offering to deploy forces on Haftar’s side, supposedly to monitor the implementation of the ceasefire. For its part, Athens bitterly opposes a maritime borders agreement between Turkey and the GNA, which would allow oil and gas exploration in a region of the Mediterranean it claims as its own.




※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/23のツイート
エルドアンに言われ、シリアからリビアに入ったテロリストが、そのままイタリアに向かっている! EUが「穏健反対派」と応援してきたアルカイダ。また難民として歓迎する?
Al-Masdar News@TheArabSource
Syrian fighters abandon Libyan War, flee towards Italy: report https://is.gd/kh7ejv #Libya #Syria

AMN2020-01-21
Syrian fighters abandon Libyan War, flee towards Italy: report
BEIRUT, LEBANON (5:45 P.M.) – Some Syrian fighters that went to fight in Libya have since abandoned the war and fled to Italy, opposition media sites claimed, as cited by Al-Watan.

According to the reports, at least 17 of the Syrian fighters have already arrived in Italy after spending a short period of time inside Libya.
シリアの戦闘員17人がすでにイタリアに到着

The reports said that the Syrian fighters intentionally accepted the deployment to Libya in order to later escape into Italy.
シリアの戦闘員は、後日イタリアに逃げることを承知のうえでリビア配備を受け入れた。

According to the Syrian Observatory for Human Rights (SOHR), some 2,400 Syrian fighters have already traveled to Libya thus far.
これまで約2400人の戦闘員がリビアに到着。

Another 1,200 fighters from a number of factions in the Free Syrian Army (FSA) are expected to make their way to Libya in the coming weeks.
さらにFSAの戦闘員1200人が今後数週間以内にリビアに来る。

Last month, Bloomberg News released a story about Turkey offering contracts to Syrian fighters in order to help the Libyan Government of National Accord (GNA).

Since then, several fighters have been seen inside of Libya, most notably near the capital city of Tripoli

MH85@Michael_H85氏の2020/1/22のツイート
返信先:@TheArabSourceさん,@Souria4Syriansさん
Lmaooo might explain why most of them in the video of terrorists on the plane heading to Libya didn't want to show their faces. They knew they'd be abandoning ship as soon as they landed.
飛行機の中でビデオが撮影された際に彼らは顔を隠していたそうです。

Grattan Healy@Grattan_H氏の2020/1/22のツイート
返信先: @TheArabSourceさん,@ma000111さん
Finally copping on that they're just cannon fodder in someone's money-making game

※ Dennys Kassavetis@DeKassas氏の2020/1/22のツイート
返信先: @TheArabSourceさん
Oh a new ''refugee wave'' haahaha

MiddleEastResearchNews@research_east氏の2020/1/22のツイート
返信先: @TheArabSourceさん
You cant make this stuff up. Thats too hilarious!!!

トルコの説明がくるくる変わります。以下の記事では、advisor or troops or mercenaries 傭兵とはっきり述べています。

SPUTNIK2020/1/23
DAVOS, (Sputnik), Anastasia Levchenko - Turkish Foreign Minister Mevlut Cavusoglu has said that Ankara will no longer send military advisers to Libya and will instead commit to international efforts to reconcile the parties to the conflict.

"No. We all agreed that as long as truce, ceasefire is respected, nobody will send an additional advisor or troops or mercenaries from any neighboring countries … everybody committed to that," Cavusoglu said, when asked whether Turkey would send any more advisers to the conflict-torn country.

Turkish President Recep Tayyip Erdogan said in early January that Turkish troops were already on their way to Libya to support the internationally recognised Government of National Accord at its request. He, however, clarified on Monday that there were only military advisers on the ground.
posted by ZUKUNASHI at 00:42| Comment(0) | 国際・政治

2020年01月24日

今日の学習成果 世の中は変化している

このブログには「楽しいこと、幸せなこと、ほっこりすること」などの快いことは書いてありません。戦争やテロの生々しい残酷な画像も掲げます。そのような画像が苦手な方は他の有益なサイトへどうぞ。
黒字は引用転載部分、青字は管理人のコメントなど
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 
※ 
※ 
※ shamo1937
@shakushain_

1時間
「日本では、西洋がこうした『カラー革命』と香港での最近の出来事の背後にあることを人々は理解しない。ここでは、香港は自由と民主主義の運動であるという完全なコンセンサスがある。これは、利用可能な代替情報源がほとんどないため」

いや、信じたいことしか信じない利己的「左翼」に事実は無力。
※ mko
@trappedsoldier

51分
「彼女をクビにしろ! 明日にはクビだ。構わない。彼女を叩き出せ。分かったか? やれ!」―トランプが2018年4月のディナー中に、ウクライナ駐米大使について語る音声が明らかに。ジョー・バイデンと一緒! 米大統領は何でもできる! 石油泥棒も暗殺も他国の大使の解雇も!
※ 
※ 
※ NadieHarbieh@HarbiehNadie氏の2020/1/23のツイート
#US Coalition forces don't allow #Russian forces to enter #Derik
report made by @akramsalih7 for @K24English

Rojava Network@RojavaNetworkの2020/1/22のツイート
#Dêrik: US armored vehicles waiting for the Russian patrols at the entrance to the town of Çil Axa, Girkê Legê countryside.


※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/23のツイート
【警告】米国では、昨年10月1日から1月4日までの3カ月で、インフルエンザで6,600人が死亡。罹患者は1,300万人。アメリカ疾病予防管理センターCDCが公表。中国の肺炎に夢中の日本のメディアは、もっと危険な情報をスルーしている。

※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/23のツイート
米国の医療崩壊と貧困層切り捨ての結果。貧しいと、病院にも行けない。CDCは中国の肺炎を語る前に、自国のインフルエンザ患者のために仕事をすべきだと思います。メディアも!

※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/23のツイート
1月24日の米軍駐留に反対するデモは歴史的なものとなるとハシド軍リーダー、カイス・カザリ。「暗殺で米軍の正体が明らかとなった。イラク政府が撤退を要求しているのに米国は拒否した。わが国は占領状態だ。ISISを使いイラクの石油を盗む米国の計画を、我々は潰した」

※ 大洞俊之@solea01氏の2020/1/23のツイート
なくした小銃探して残業175時間 自衛隊員が自殺、「過労でうつ」と両親提訴 | 京都新聞

京都新聞2020年1月21日 18:34
なくした小銃探して残業175時間 自衛隊員が自殺、「過労でうつ」と両親提訴
 陸上自衛隊での長時間勤務によりうつ病を発症し過労自殺したとして、京都府内などに住む元隊員の両親が21日までに、国に慰謝料など計8千万円の損害賠償を求め、京都地裁に提訴した。
 訴状によると、陸上自衛隊第35普通科連隊(名古屋市)に所属していた男性=当時(42)=は、2013年10月、静岡県の東富士演習場で発生した自動小銃の紛失事件で、ほかの隊員らと捜索業務に加わった。男性は、隊員の食事作りなどを担当し、午前3時から業務に従事。最大連続2週間、計56日間、演習場で勤務した。通常業務に復帰後の14年2月、愛知県内のアパートで自殺した。
 13年9月から自殺する直前の1カ月間の時間外労働は100時間を超え、小銃の捜索業務に当たった時の時間外労働は月最大175時間に達したという。男性は長時間、過重労働によりうつ病を発症したとして、国は自殺について公務災害と認定した。両親側は「業務内容や勤務時間は心身の健康を損ねる恐れのある過重なもので、国には安全配慮義務がある」と訴えている。
 陸上自衛隊中部方面総監部は「係争中のためコメントは差し控える」としている。
 自動小銃紛失事件では、別の2等陸曹が訓練中に89式小銃1丁を紛失。陸自は隊員延べ約8万人、金属探知機延べ約4千台を投入し、約1カ月半にわたり演習場内を捜索した。

※ モトコのブログ父のお賽銭January 22, 2020NEW !
「父が付きまとって迷惑していないか、ずっと気になっていた。
同じように認知機能が怪しい方ならまだしも
しっかりした方だったら、相手するのは疲れるだろうし…。
「いつもありがとうございます」と頭を下げたら、
「今日は一緒に屋上へ行ってきました。
いつもあなたをお待ちかねですよ」とにこやかに対応してくださって
とりあえずホッとしました。
父は「それじゃぁ」ととっとと私たちを従えて
自分の部屋に行っちゃうし、
何度も男性に頭を下げてお礼を言いながら退場しました。
部屋に入って「今の方は何という名前の方?」と聞いたら
「え?今誰かといた?」と言う父。
ドアを開けて「誰だろう?」と不審そう。
内心、うわぁ、やっちまった!と思った。
「いや、いいよいいよ」と
ポケットから温めてきた大判焼きと
自動販売機の缶コーヒーと
アラレの小袋を手渡した。
これでもちろん、気分一新、何もかもを忘れた。」
いつもモトコさんの父上に対する対応に感心する。これだけうまくこなせてもやはり父上を見舞うのは、モトコさんでも負担らしい。ほとんどの人が親を介護施設に預けたっきり様子を見にもいかないのは当然なんですよね。私は、こんなかわいい爺さんになれるだろうか。無理だと思う。モトコさん、父上にハグを!

※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/22のツイート
「シリアに軍を残した。石油を取っている」と語ったトランプ。1月3日にソレイマニを暗殺し、5日にはイラク議会が米軍撤退を決議。8日にイランが米軍基地ミサイル攻撃。「死傷者はゼロ」と報告したが、徐々に負傷者をイラクから移送し、そこで死亡している事実が判明。海兵隊は酒に逃げず、米国へ帰れ!

※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/22のツイート
「中国に接近するのは許さない」とスリランカ大統領へのトランプの脅しの書簡を届ける、米国務次官補。忙しいこった! 世界中で脅迫と制裁と軍事圧力。

※ 

※ Ayman Al-Das@AymanDas1氏の2020/1/22のツイート
#Syrian_regime cancelled a global tender to buy 200,000 mt of Russian origin milling wheat. Maybe the cancellation due to the the #currency_crisis.

※ 自然哲学者 自然大好き、脱原発に∞票@NoriakiNamba氏の2020/1/21のツイート
それらに加えて・・肉が好きな方には厳しいかもしれませんが、肉食を減らすことですね。
調べれば解かりますが、食肉産業によるCO2排出は飛行機・自動車・電車を含む輸送部門全体を超えるという報告がありますので・・。
これは多くの研究者達が訴えています。 https://twitter.com/namiekuwabara/

※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/21のツイート
ソレイマニとムハンディスを米国が暗殺した結果。
@イラク議会が米軍追放決議
Aイランのミサイル攻撃で、米軍の無敗神話崩壊
B分断政策の陰謀に打ち勝ち、イラク人が団結
Cイラク・中国の協定を固持
Dロシアから対空防衛システムS-400購入へ

※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/20のツイート
フリー・シリア・アーミーFSAの司令官アフマド・チェハビがトルコのTVで、リビアに戦闘員を送ることについて語った。「ジハードがあるならどこへでも行く。我々と子どもの命を、オスマン帝国のために犠牲にする!」。ずっと欧米が「シリアの穏健反体制派」と美化してきたFSAの正体!

※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/20のツイート
赤ん坊をあやしているソレイマニの動画に対して、ヒットラーの写真を送りつけるアムネスティインターナショナル。暗殺とテロを愛するアムネスティ? パーレビを担いでイランの体制変革を夢見る「人権活動家」!

※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/20のツイート
1月18日、香港警察が、3億5千万円相当の33.7sのヘロインを押収し、2人の男性を逮捕した。

※ Hiroshi Makita Ph.D.@BB45_Colorado氏の2020/1/18のツイート
そもそも航空特攻だけで4000人殺して遅滞効果せいぜい一ヶ月、航空継戦能力喪失がKamikazeの結果なんだから、当初から指摘されたとおり、全く無意味に終わったし、その非人間性から前線兵士の士気を完全に打ち砕いたじゃん。
非人間的作戦なんてやれば軍そのものが自壊する。



※ 

※ shamo1937@shakushain_氏の2020/1/18のツイート
「福祉重視の国民弾圧政権」…。嘘を吐き続け驚愕的概念の発明に至った黒井。
引用ツイート
黒井文太郎@BUNKUROI氏の2020/1/18のツイート
「教育や医療、福祉などは低額で受けられるよう配慮され、年金制度も一定程度、整備されています」
シリアのアサド政権もそうですが、福祉重視は国民弾圧政権のパターンなんですよね。
中南米の左翼政権も同じ。
福祉あってもマイナスはるかに大きいので国外に逃げる人多い https://mainichi.jp/articles/20200

※ RT2020/1/18
‘Humanity is alive’: Villagers in northern India brave snowy slopes to help carry injured policeman 7 kilometers to safety
Over a dozen villagers in India’s mountainous northern region came together to help transport a police officer suffering a medical emergency, traversing seven kilometers of snow-covered inclines with the man on a stretcher.

Situated high up in the Himalayas, a group of villagers from Himachal Pradesh’s Lahaul-Spiti district assembled on Friday to come to the officer’s aid, making a long-distance hike to bring him to safety.


※ Ali@allushiii氏の2020/1/17のツイート
Back when the US Army was spreading democracy in Iraq
https://twitter.com/i/status/1218089951977508864

※ shamo1937@shakushain_氏の2020/1/17のツイート
ユーゴスラビアに劣化ウランを投下し、50万人のイラクの子どもたちを飢え死にさせ、リビアを爆撃で「石器時代」に戻し、世俗的福祉国家シリアを破壊し、ウクライナで市民をネオナチに虐殺させ、数十億ドルの地震援助金をハイチの人々から盗んだ戦争犯罪集団の走狗を応援するニッポンの「左翼」。

※ shamo1937@shakushain_氏の2020/1/17のツイート
世界の極右と歩調を合わせ、右から「左」まで挙国一致で中国を誹謗中傷。CIAにとってニッポン人ほどの「優等生」はない。ISISに劣らぬ残忍さを持ち人数が膨大。


※ 管理人もHRWは怪しげな団体だと見ています。大きな国際的なNGOは専従者も多く、一般の寄付だけではやっていけない。必ずどこかから資金が出ています。









※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/17のツイート
スクショしてくれていた方がいる。ケン・ロスは、「米国が80人のシリア兵を殺したのは、アサドへのメッセージだ」と書いている! あなたの組織HRWは、なぜシリア軍兵士殺害を肯定するのか? 聞きたいことがいっぱいある! デマではないぞ。
https://twitter.com/ShoebridgeC/status/777575133141688320 https://twitter.com/TeppeiKasai/st

※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/17のツイート
HRWはシリアの「体制変革」クーデターのための道具だとばっかり思っていた。間違っている?
https://twitter.com/walid970721/status/1065569607480762368 https://twitter.com/TeppeiKasai/st

※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/17のツイート
では、HRW代表のケネス・ロスが、自分の家族と国民をアルカイダやISISから守るために戦っているシリア軍兵士について、口汚くののしるのは何故ですか? 大勢の市民が犠牲になっていた2012年の当初から今の今までずっと。これは本人が書き続けているので、デマではありませんね。絶対に答えて下さい! https://twitter.com/TeppeiKasai/st

※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/17のツイート
米政府は、国務省・ペンタゴン・FBIがイラン情勢について報告する筈だったが突然すべてキャンセルした。ソレイマニ暗殺の根拠の説明が大混乱しているため。トランプ「4つの米大使館に対する急迫の攻撃を阻止するため」。エスパー「急迫の攻撃はない」。ポンペオ「抑止力だ」

※ 日本発進@2016nipponsaise氏の2019年12月14日のツイート
懲戒請求者の一人の私も
国会中継を見てればわかる大手マスコミが敢えて報道しない事実を、情報源を摘示して正確に紹介、日本の主権、安全保障、その他の重大な国家的政治問題について情報を紹介したり論評を行う「余命三年時事日記」ブログ愛読
広告無し運営、利益や圧力に屈さず信頼性が高いと判断
・・・「余命三年時事日記」の内容を知らないでこのツイートを読めば、立派な日本語だし、全く違和感ないですよね。ですが、よく読むと、「国会中継を見てればわかる大手マスコミが敢えて報道しない事実」って何でしょう。国会中継はしなくなっているし、「屈さず」は、「屈せず」が通常? ご自分の言論から確実なリターンというか手ごたえのあるところが信頼、愛読の源泉のように見られます。

※ 篠原修司@福岡@digimaga氏の2019年11月28日のツイート
たぶん保守速報とか余命三年とかあのあたりを意識してのツイートなんでしょうけど、あれは過激なことを言ってファンがついてるから局所的に儲かってるだけで、ボクのように事実が大半だとアクセス伸びない。よって儲からない。
炎上ウォッチは半分趣味みたいなもんですよ

※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/16のツイート
やっと認めった。英国政府は、1960年代、1970年代に、MI6が関与する反ソ連プロパガンダ組織の指示で、ロイターに資金を出していた。1月13日に、文書が公開された。
しかし、たぶん、今も続いている…

引用ツイート
※ Mats☮Nilsson@mazzenilsson氏の2020/1/16のツイート
Finally acknowledged!
The British government secretly funded @Reuters in the 1960s and 1970s at the direction of an anti-Soviet propaganda organization with links to MI-6, according to unclassified documents unveiled Monday.
Probably still do.
https://thehill.com/homenews/media

※ Ian56@Ian56789氏の2020/1/13のツイート
Shock!
CONFIRMED: Israel Prodded The US Into The Reckless Terrorist Drone Strike That Murdered #Soleimani.
Netanyahu is desperate to stay out of jail on corruption charges & figures a full blown War with Iran is his stay out of jail card
https://21stcenturywire.com/2020/01/12/confirmed-israeli-supplied-the-key-intelligence-for-us-assassination-of-irans-soleimani/

※ Eva Bartlett@EvaKBartlett氏の2020/1/13のツイート
and the amazing journalists at @annanews_info have risked their lives untold numbers of times to bring us frontline war reporting. They've also done excellent journalism around the White Helmets.

※ Eva Bartlett@EvaKBartlett氏の2020/1/13のツイート
It's Russian media & representatives who've told the truth about Syria all along. Western media has the worst track record for its war propaganda on Syria. Those whose auto-response upon seeing an RT or Sputnik article is to bleat about "Kremlin propaganda" are truly infantile.


※ FARSNEWS2020/1/12
 Iran Sets up 24/7 Hotline to Help Bereaved Families of Ukrainian Plane Victims
 TEHRAN (FNA)- Iranian Foreign Minister Mohammad Javad Zarif announced on Sunday that a round-the-clock hotline has been established by the ministry to offer service to the bereaved families of the Ukrainian passenger plane which was inadvertently downed on Wednesday.

“As part of practical measures to assist families of the victims of #PS752 tragic disaster, the Ministry of Foreign Affairs has set up a hotline. It is manned 24/7,” Zarif announced in a tweet on his official Twitter page today.

The top diplomat also added that the Iranian embassies around the world have been instructed to facilitate assistance to the families and friends of the victims.

Late on Saturday, Iranian Foreign Ministry Spokesman Seyed Abbas Mousavi said that a special workgroup will take charge of the consular affairs of those killed in the Ukrainian passenger plane incident near Tehran.

“A working group was set up in the foreign ministry's department for parliamentary affairs upon order by President Hassan Rouhani and Foreign Minister Mohammad Javad Zarif to immediately handle consular affairs of the dead people in the incident and deal with the requests of the victims' families,” Mousavi said.

The Iranian foreign ministry spokesman said that all the political and consular missions have been ordered to deal with the requests of the families of the victims of the passenger plane crash.

“The Iranian Foreign Ministry considers itself partner to the sorrows of those affected by the accident,” Mousavi noted while expressing the hope that the small services would relieve an iota of the impacts of the incident.

Earlier on Saturday, the General Staff of the Iranian Armed Forces said in a statement that Ukrainian Boeing 737 Plane has been shot down as a hostile object due to human error at a time of heightened US threats of war.

The statement said an expert investigation by the General Staff of the Iranian Armed Forces after the Ukrainian airline company's Boeing 737 incident has found that flight 752 of the Ukrainian airlines has been shot down as a hostile flying object that was approaching a sensitive IRGC center and was shot down due to human error few hours after Iran's missile attack on the US and as Iran's military was expecting attacks by the US army.

"Following threats by the criminal US president and military commanders to strike a large number of targets on the Islamic Republic of Iran's territory in case of an Iranian attack and due to the unprecedented aerial movements in the region, the Islamic Republic of Iran's Armed Forces were on highest levels of alert to respond to any possible threats," the statement said.

"In the early hours after the missile attack, military flights of the US terrorist forces increased around the country and defense units received some reports about flying objects that were moving towards the country's strategic centers as several targets appeared on radar screens which made the air defense units more sensitive," it added.

"Under such sensitive and critical circumstances, flight number 752 of the Ukrainian airline company left Imam Khomeini airport and then approached a sensitive military center after a turn, positioning itself at the altitude and form of a hostile flight and was hit because of a human error and unintentionally under such conditions, and as a result a number of our country men and women and some foreign citizens lost their lives," it added.

The statement extended the Iranian Armed Forces' apology and condolences to the families of the victims for the incident resulting from human error, and ensured prosecution of those guilty.

The Armed Forces also ensured that it will immediately start fundamental revisions and reforms in operational procedures to make such human errors impossible.

A Boeing 737 plane carrying 180 passengers and crew, mostly Iranians, crashed shortly after takeoff from Imam Khomeini Airport in Tehran early Wednesday, leaving no survivors.

※ FARSNEWS2020/1/12
Expert: US Plotting for Extensive Terrorist Attacks on Key Iraqi Cities
TEHRAN (FNA)- The US is plotting again for recruiting the ISIL terrorist group to attack Baghdad, Karbala and Najaf and set free the ISIL prisoners in Iraq, a prominent security expert said.
"Washington is pursuing different plots after failure of several of its plans in the region and its inability to prevent the approval of the plan to expel the American forces in the Iraqi parliament," Hafez al-Basharah told the Arabic-language al-Ma'aloumeh news website on Sunday.
He added that the US will in the next stages reinforce the ISIL by recruiting their remnants in Iraq and Syria, noting that it also plots to launch massive attacks against Baghdad, Karbala and Najaf and release the ISIL terrorists from Iraqi jails.
Al-Basharah said Washington seeks to find a pretext for its continued presence in Iraq.

Earlier this month, Iraq's Parliament voted to have the US troops removed from the country, heeding a call from Prime Minister Adel Abdul Mahdi to take urgent measures and end the foreign forces presence as soon as possible.
The Iraqi Parliament passed a resolution to work to end the foreign troops presence in the Arab country in the wake of a US targeted assassination of a top Iranian general and a commander of Iraqi popular forces.
The resolution, which was passed anonymously, instructed the government to cancel a request for military assistance to the US-led coalition, which was issued in response to the rise of the Islamic State of Iraq and the Levant (known as ISIL, ISIS or Daesh) terror group.
"The government commits to revoke its request for assistance from the international coalition fighting the Islamic State of Iraq and Levant due to the end of military operations in Iraq and the achievement of victory," the resolution read, adding, "The Iraqi government must work to end the presence of any foreign troops on Iraqi soil and prohibit them from using its land, airspace or water for any reason."
The resolution stated that Iraqi military leadership has to report the number of foreign instructors that are necessary for Iraqi national security.
Earlier, Abdul Mahdi had requested that parliament order the withdrawal of foreign troops from the country.

※ FARSNEWS2020/1/12
US Assassination of Gen. Soleimani Act of International Terrorism
TEHRAN (FNA)- Renowned American scholar and political activist Noam Chomsky stated that the United States’ recent assassination of Iran’s senior commander is an act of “international terrorism” if not anything “worse”.

“It is at least international terrorism, arguably worse,” Chomsky told Indian newspaper Hindustan Times.

Chomsky was responding to a question on Iranian Foreign Minister Mohammad Javad Zarif calling Islamic Revolution Guards Corps (IRGC) Qods Force Commander Lieutenant General Qassem Soleimani’s assassination by the United Stated in early January as a case of “international terrorism”.



※ FARSNEWS2020/11/2
Report: US Used Israeli Intelligence in Assassination Operation of Iranian Commander
TEHRAN (FNA)- The Tel Aviv regime has helped Washington stage an operation that led to the assassination of Islamic Revolution Guards Corps (IRGC) Qods Force Commander Lieutenant General Qassem Soleimani, US media reported quoting sources.

NBC News cited unnamed sources as saying that Israel added to the early January's military operation by providing the Americans with key intelligence details on the matter.

The details helped confirm and verify intelligence from informants at a Syrian airport that General Soleimani had been on a nighttime flight from Damascus to Baghdad, info which was used to tip off the CIA.

The New York Times, in turn, reported that Israeli Prime Minister Benjamin Netanyahu spoke to US Secretary of State Mike Pompeo ahead of Soleimani’s killing, and the Tel Aviv regime likely became Washington’s only ally which was in the know about the issue.

Unnamed US officials have also told The New York Times that the United States considered targeting General Soleimani since at least July 2018.

According to the newspaper, officials considered assassinating the senior Iranian general outside Iran, in Syria or Iraq, deeming that an attack against him in Iran itself would be too difficult to accomplish.

The US effort reportedly included cultivating agents to report on Soleimani’s movements across the region.

Former Trump National Security Advisor John Bolton reportedly formally presented the option of assassinating General Soleimani in May, after the US deployment of a carrier strike group to the Middle East.

Netanyahu has called the US assassination of the top commander a justified act of self-defense and said Trump should be credited for “acting swiftly, forcefully and decisively”. Later, Israel's Channel 13 reported that the primer warned his cabinet not to get too involved in the US assassination of General Soleimani, lest Tel Aviv gets dragged into the escalating conflict between Washington and Tehran.

Iranian officials branded the airstrike an “act of international terrorism” and promised retaliation. Tehran has time and again warned that it will not be the initiator of any war, but reserves the right to self defense and will give a crushing response to any act of aggression by the United States.

On Wednesday, Iran fired more than a dozen missiles at two American military bases in Iraq in retaliation for Washington's assassination of Tehran's elite commander, warning of further strikes against the Unted States.

※ Syrian Girl@Partisangirl氏の2020/1/11のツイート
The US controls its own Iraqi militias, such as the Peshmerga. It also controlled militias in Syria such as the PKK, and the FSA. Even while all three groups destroy christians.
But if Iran commands an Iraqi paramilitary force that helps christians, suddenly it becomes evil.

※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/10のツイート
1985年8月23日にイスラエルの刑務所に入れられたシディキ・アルムクトが釈放された! シリアのマンデラ! https://twitter.com/ShehabiFares/s

※ 

※ 予備的な試験結果によれば、中国の武漢に広がる未知の肺炎は新しいタイプのコロナウイルス
SPUTNIK 2020/1/8
Preliminary Tests Show That Unknown Pneumonia Spreading in China's Wuhan Is New Type of Coronavirus
Last week, the local health committee said in a statement that the toll of people infected with an unknown form of pneumonia in Wuhan city of the central Chinese province of Hubei had risen to 44.

Preliminary laboratory tests showed that the unknown pneumonia that is spreading in China's Wuhan is a new type of coronavirus, China's CCTV broadcaster reported.

The Wuhan authorities confirmed the outbreak on 31 December, saying that 27 people have tested positive since the beginning of that month.

The infected individuals reportedly display symptoms typical of pneumonia and other acute respiratory diseases. It prompted fears on the Internet that the nation might be experiencing a return of the deadly Severe Acute Respiratory Syndrome (SARS) coronavirus, an epidemic that had claimed more than 600 lives in China throughout 2002-2003.

※ The Spectator Index@spectatorindex氏の2020/1/4のツイート
BREAKING: New record high temperature of 48.5°C in Sydney

※ M9南海トラフ大地震@M935849546氏の2020/1/3のツイート
2003年に中国で約800人が死亡したSARSの時も、中国当局は直ぐには病名を発表しませんでした。
 今回の武漢の中心都市で発生した、SARSに似た、発熱と呼吸困難の重症患者11名を含む44人の発症も、まだ病名は発表されていません。
 香港と台湾は国境検問を強化し空港や病院は警戒態勢に入っています。

※ Bassem@BBassem7氏の2019/12/31のツイート
There is a rumor that Carlos Ghosn may consider ministerial position in Lebanon which may give him some kind of immunity in his corruption trial in Japan. We shall see.

※ The Associated Press@AP
Former Nissan Chairman Carlos Ghosn, who is awaiting trial in Japan, has flown to Beirut, local media and a close friend say. It is unclear how Ghosn, who is of Lebanese origin, was able to leave Japan, where he was out on bail.

※ 笹山登生@keyaki1117氏の2019/12/30のツイート
年末商戦も終盤
豚コレラ・ワクチン接種済の豚肉がスーパー等に出回ってます。
来春は関東の接種済豚肉も
農水省や消費者庁は安易に安全と言ってますが、子供へのアレルギー問題など深刻な面が多く
私のブログ記事
「豚コレラ(CSF)ワクチン接種済豚肉は本当に安全なのか?」
http://sasayama.or.jp/blog/?p=1059

※ 高橋将宜 Masayoshi Takahashi@M123Takahashi氏の2019/10/8のツイート
ゼミで使うために、e-Statから市区町村レベルのデータファイルを2つダウンロードしてRで結合したら、結合できない市区町村がいくつかあった。たとえば、「龍ヶ崎市」の場合、全角のケと半角のヶが混在していて、2つのファイルで別の市として認識されてしまう。こういう表記は統一しておいて欲しい。
・・・市町村名ではこのようなことは常識なんです。全角の大と半角ではなく全角の小ですね。自動的に処理する仕組みを取り入れていた方もいましたね。MANDARAを作った埼玉大学の先生はそのようにしていたと記憶。檜枝岐村と桧枝岐村とある時点で勝手に変えたりしている県もあってそういうのはむしろ困る。

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/27のツイート
自分で言っていることの意味が分かっている? またネトウヨぼけ老人か…

※ 佐藤 MC802794@tobetobetombe氏の2019/12/27のツイート
ここでプロパガンダって言葉が出てくるのがおかしいのだが、そもそも、「中共は少数民族を虐待などしていない」というプロパガンダ番組という前提を入れれば答えが出る。 https://twitter.com/trappedsoldier

※ RT@RT_comの2019/12/27のツイート
Traffic light falls inches from an old lady, but luckily, it doesn't touch her
https://twitter.com/i/status/1210389839020822528
ロシアのおばさんは動じない。

※ Mark Ames@MarkAmesExiled氏の2019/12/24のツイート
1.Western hacks recycle "Russian troll factory" story
2.West gives billions to Poroshenko to fight "Russian disinformation"
3.Poro spends money on secret disinformation campaign smearing critics as "Russian disinformation."
4.Hacks ignore it.
5.Repeat

※ Mark Ames@MarkAmesExiled氏の2019/12/24のツイート
US-backed Ukrainian president Poroshenko−who we claim led frontline fight against "Russian disinformation war"− bribed Ukrainian media to support him & covertly organized online troll armies to bully his critics.

Don't look for this story in US media.
https://kyivpost.com/ukraine-politi

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/19のツイート
米軍を追い出すために、アフガンもイラクも苦労しているのです。イラクで安全保障協定を撤回し、米軍を追い出そうと議会が動いている。だから暴動が起こされ、多くの市民が謎のガンマンに殺されている。トランプは「アフガンは100兆円相当のリチウムで、米軍駐留費を出せばいい」と語っています

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/19のツイート
「この不正で違法で憲法違反の逮捕状を、私は怖れない。1989年から2005年まですべての大統領が、誘拐や殺害を匂わし私を脅迫してきたが、その脅しに打ち勝ってきた。命がある限り、尊厳あるボリビアのために闘い続ける」―エボ・モラレス

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/19のツイート
米軍がアフガン北部にISISを運び込んでいます。このISISを使い中央アジアに侵攻しようとしている。18年間侵略・占領しながら、ISISでさらに市民を苦しめようとしている。米軍はいい加減、アフガンから出て行け、と国際世論をつくるべきです。

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/19のツイート
中央アジアは、元ソ連邦諸国の入り口。アメリカはタジキスタン・ウズベキスタン・キリギスタンなどで、ISISを使いカオスを起こし、ロシアを揺さぶろうと狙う。アメリカは、戦争とカオスを起こす疫病神ですね。

※ 女性の奇抜なファッションは自己顕示欲。洋の東西を問わない。



※ 毎日新聞2019年12月19日 10時42分(最終更新 12月19日 11時00分)
中3男子、スマホ遠隔操作で成績表を改ざん 新潟県警が書類送検
 中学校の教員用タブレット端末を自宅からスマートフォンで遠隔操作し、自身の成績を改ざんしたとして、新潟県長岡市の中学校に通う3年の男子生徒を、新潟県警が不正アクセス禁止法違反などの容疑で書類送検したことが18日、捜査関係者への取材で判明した。
・・・長岡市の教員用タブレット端末の管理のほうがおかしいのでは。中学高校は犯罪者を創り出す。できる中学生なのに。

※ 千葉県警最新事件・事故ファイル(2019年12月10日)
・海匝地域及び周辺地域における空き巣、ひったくりを主とした住居侵入、窃盗事件の捜査終結(捜査第三課)
 捜査第三課、旭警察署及び銚子警察署合同捜査班は、無職の男(42)ら2人を8月1日に住居侵入、窃盗で逮捕し、平成30年5月から令和元年7月までの間に発生した、茨城県(6件)、千葉県(56件)における住居侵入、窃盗(空き巣)等の事件62件(被害総額約421万2,000円相当)を解決
・・・8月から4か月間余罪追求したんですね。旭警察署及び銚子警察署とあるから犯行地域は千葉県北東部。重大な事件も多い地域。

※ FARSNEWS2019/12/18
Seoul, Washington Fail to Agree on Cost of US Troops
TEHRAN (FNA)- South Korea and the United States failed to agree on Seoul's contribution towards hosting some 28,500 US troops, but the US side hinted after the two days of talks ended that it will no longer stick to its $5 billion demand.

No deal by December 31, when the current agreement expires, may result in a repeat of last year when the two countries missed a year-end deadline but reached a retroactive deal in the new year. The two sides next meet in January in the United States, according to Reuters.

US President Donald Trump has accused South Korea of being a rich nation that is profiting off the US military forces, which are stationed in the country as a legacy of the 1950-1953 Korean War and continued threats from North Korea.

South Korean lawmakers have said Washington is seeking up to $5 billion a year to support the troops - more than five times the amount Seoul agreed to pay this year.

But the United States' Chief Negotiator James DeHart told reporters after Wednesday's meeting that "($5 billion) is not a number we are currently focused on in the negotiations ... when we reach an agreement, we will be in a position to explain that number and how we got there".

"We have been listening, we have been adjusting and we have been compromising, and we know that agreement ... when we reach the agreement, the figure will be different from our initial proposal and probably different from what we've heard from the Korean side so far," he added.

Some US and Korean experts say no deal could throw the future of the US presence in South Korea into doubt.

Asked whether there is a deadline for further discussions, DeHart stated that he didn't have a single date in mind but added that both sides "will be working very energetically in the New Year and January to try to get it done".

The South Korea's Foreign Ministry announced its negotiating team led by Jeong Eun-bo emphasized the need for "fair, reasonable and mutually acceptable agreements", that will strengthen the alliance.

The dispute is a rare public sign of discord in the alliance that has for 70 years formed against North Korea. The two Koreas remain technically at war, after the Korean War ended in a truce but not a peace treaty.

There have been public protests in South Korea against the US calls for more money, and a survey by the Chicago Council of Global Affairs found that only 4% of South Korean respondents said Seoul should meet Trump's demands.

If no deal is reached, the most immediate effect may be on thousands of South Korean civilians who work for the US military and could be placed on unpaid leave.

As part of his "America First" policy, Trump has demanded that many US allies, including NATO members and Japan, pay more towards defense.


※ 会員限定有料記事 毎日新聞2019年9月6日 09時46分(最終更新 9月6日 09時46分)
「ネットで『大バカ』中傷」議長が町議を提訴へ 茨城
 インターネット上の掲示板に自身を中傷する書き込みをされ、名誉を傷つけられたとして、茨城県城里町議会の小圷(こあくつ)孝議長(68)が男性町議を相手取り、慰謝料を求めて水戸地裁に提訴する方針であることが、毎日新聞の取材で判明した。
 小圷氏は書き込んだ人物を特定するため、ネット接続業者に発信者情報の開示を求めて東京地裁に提訴。地裁が開示を命じたため、接続業者は今年7月、発信者として、城里町の男性町議の氏…
・・・こんなことで年寄りが時間を使うのはばかばかしいと思うが。

※ 共同2019/12/18 06:50 (JST)12/18 07:31 (JST)
元農水次官に懲役6年、相場通りでいいのか
1回の暴行で強固な殺意、長男をめった刺し

※ 朝日新聞デジタル2019/12/17(火) 12:29配信
昭恵氏の日当や交通費「お答え困難」 答弁書を閣議決定
 安倍晋三首相の妻・昭恵氏が、「安倍首相の公務の遂行を補助する一環」として出席する「行事」をめぐり、政府は17日、昭恵氏にかかる日当や実費、飲食費、交通費など公費の支出について「範囲が明らかではないため、お答えすることが困難である」との答弁書を閣議決定した。立憲民主党の有田芳生参院議員の質問主意書に答えた。
 答弁書は、「桜を見る会」以外の首相夫人が出席する「行事」を「宮中晩餐(ばんさん)会、園遊会等」とした。その上で、第2次安倍政権以降のそれら「行事」にかかった昭恵氏の日当や交通費などの公費については、「範囲が明らかではない」として答えなかった。
 また、質問主意書は昭恵氏が「行事」で利用する公用車について、「『公務の遂行』の『補助』において公用車は使われていますか」と尋ねた。しかし、政府は「(質問の)意味するところが明らかではない」として答弁しなかった。
 政府は11月29日、昭恵氏は「公人ではなく私人である」との認識を改めて示した上で、「桜を見る会」への出席を「安倍首相の公務の遂行を補助する一環として行われてきた」とする答弁書を閣議決定している。

※ 毎日新聞2019年12月15日 20時23分(最終更新 12月16日 11時59分)
板橋区議に「なめてると海に沈められるよ」 恐喝未遂容疑で32歳女を逮捕
 警視庁志村署は15日、東京都中央区、契約社員、江田美帆容疑者(32)を恐喝未遂容疑で逮捕したと発表した。逮捕容疑は今月2〜14日、交際中だった30代の板橋区議の男性に無料通信アプリ「LINE(ライン)」で「既婚か未婚か証明してください。なめてると海に沈められるよ」などとメッセージを送り、14日に面会した際、現金400万円を脅し取ろうとしたとしている。江田容疑者は「脅して金を取ろうとしたことは間違いない。既婚者であることを隠され、裏切られたショックがあった」などと容疑を認めている。【川村咲平】
・・・こんなことをまだ若い女性が書いていてもまったく驚かない。8年間の間に何度も読んだ。分限処分で職を失うかもしれない子持ちの女性、措置入院請求につながりかねない病歴を持つ主婦。子供を残して病院に入るつもりなのだろうか。被ばくのせいなのか、もともとそういう人だったのかは、上の記事では知る由もないが。

※ NHK 2019年12月18日 11時34分
ジャーナリスト 伊藤詩織さんが勝訴 元TBS記者に賠償命令
ジャーナリストの伊藤詩織さんが、元TBS記者の山口敬之氏に性的暴行を受けたと訴えた裁判で、東京地方裁判所は山口氏に330万円の賠償を命じる判決を言い渡しました。
ジャーナリストの伊藤詩織さんは4年前、元TBS記者の山口敬之氏との食事で酒に酔って意識を失い、性的暴行を受けたとして1100万円の賠償を求めました。

伊藤さんが記者会見を開いたり、著書を出したりして被害を訴えたのに対し、山口氏は、性行為は同意していて名誉やプライバシーを傷つけられたとして、逆に1億3000万円の賠償を求めました。

18日の判決で東京地方裁判所の鈴木昭洋裁判長は「伊藤さんは、友人や警察に被害を相談していて、性行為が意思に反して行われたことを裏付けるものといえる。一方、山口氏の供述は、当時送信したメールと内容が矛盾し、核心部分について不合理に変遷していて信用性には重大な疑いがある」と指摘して、合意が無かったと判断し、山口氏に慰謝料など330万円の賠償を命じました。

また、山口氏の訴えについては「伊藤さんが性犯罪の被害者をめぐる状況を改善しようと被害を公表した行為には、公共性や公益目的があり、内容は真実だと認められる」として退けました。

※ Rob Lee@RALee85氏の2019/12/15のツイート
Just days after a large fire on the Admiral Kuznetsov, the decommissioned PD-16 dry dock that was holding the decommissioned B-380 submarine sank in Sevastopol's South Bay. A source in the city’s emergency services told TASS that the submarine is afloat.

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/12のツイート
ヘッジファンド・ポールシンガーとグルになって、アルゼンチンの国庫を空にしようとしたNYの判事も! 罪もなく1年以上刑務所に入れられたイランの医学博士が、「アメリカの法の支配はハリウッドの中だけ」と語っていますね。メチャクチャ。

※ 依智子四つ葉自由貿易協定反対FAX運動最優先四つ葉@H07S4氏の午後10:15 ・ 2019年12月12日のツイート
返信先: @trappedsoldierさん
そんな事が…。
法の支配は米国にないということは、やはり本物の民主主義とは程遠く、飾りを取れば、中国や北朝鮮とさほど変わらないということですね。
日本もその気配に染まってきつつあるのを感じています…。

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/12のツイート
CIAのデマ情報戦。
アンゴラで戦うキューバ軍兵士が、女性をレイプしているというニュースに世界はショックを受けた。後に、アンゴラ駐在CIA責任者が、いかにデマ情報を作り、広めたかを白状した。

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/12のツイート
中国? 違うよ。アメリカだよ。アメリカのジャーナリズムなど、自分たちは例外主義で世界最高峰と思っているかもしれないが、低レベルのサイコパスのプロパガンダ。今話題のワシントンポストを誰が買った? 知っている? https://twitter.com/YAPONLUQ/statu

※ 川流桃桜@AgainstEmpire@kawamomotwitt氏の2019/12/12のツイート
パックス・アメリカーナと云うのは、要するにアメリカ帝国の覇権拡大にとって都合の良いことしか許されない世界のこと。アメリカ帝国は平和の使者などではなく、寧ろ他者の平和をぶち壊すことに異常なまでの執念を燃やす。>

※ MFA Russia@mfa_russiaの2019/12/12のツイート
#Zakharova: On Dec. 12-13, Nicaraguan Foreign Minister Denis Moncada Colindres will pay a working visit to Moscow. On Dec. 13, he will have talks with Sergey #Lavrov, following which a Joint Statement will be adopted. The visit marks 75 years of Russian-Nicaraguan diplomatic ties

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/12のツイート
暴動が続いたイラク。屋上のガンマンが、デモ参加者を射殺。そして「暴動危機の解決に援助して欲しければ、反イラン姿勢を取れ」とイラクに迫った米政府! やっぱり! 欧米メディアは、イラク治安部隊・ハシド軍が市民殺害と報道し、米国はハシドを制裁。しかし、本当の犯人は米国!

※ sivad@sivad氏の2019/12/11のツイート
“「セックスレスの解消」をうたう宋美玄プロデュースの補正下着「締めキュット」、クラウドワークスで口コミを量産:「想像でOK」 - remcat: 研究資料集”
・・・sivad氏が男性なら博識に脱帽。

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/11のツイート
世界ウイグル会議から派遣され「収容所の中で終始、手錠をはめられていた」とバカ話を証言した男性。これを「真実」と紹介してきたのはあなた。これを記事にして儲けたのが志葉玲や玉本英子。米軍需産のための広告代理店産業。大きな金が動いていますね。そりゃ何十・何百兆円市場だもの!

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/9のツイート
程冠熹はCIAの指示で、覚せい剤を密輸しようとした? これ、まともに捜査したらCIAの犯罪に行き着く? だから、メディアが米CIAの指示で一斉に削除? 覚せい剤密輸で起訴しながら、無罪放免にでもする気? 覚せい剤関連のニュースを、全面的に削除するなんて異様だ!

※ My View My Point@myviewmypoint氏の2019/12/9のツイート
Replying to @trappedsoldier
“自由”の世界の恐ろしさ。関連記事が一斉に消された。見えざる黒い手によって。

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/9のツイート
香港暴徒の程冠熹被告(22)が覚せい剤を、アメリカから日本に密輸しようとし逮捕起訴された件を、なぜ日本のメディアは必死で削除している?

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/9のツイート
ね、おかしいでしょう。最初はなぜニュースにならないんだろうとちょっと疑問に。でも、どのメディアもことごとく削除していて驚いた。香港暴徒が日本で覚せい剤を密輸! 芸能人より衝撃的ニュース。ここまでするのは裏がありますね。覚せい剤ニュースを抹殺する日本メディア。これ自体が大ニュース!

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/9のツイート
404! 驚! 記事が削除されている! ますます怪しい!
【民泊宛てに送った「ボードゲーム」の箱に覚醒剤。中国籍の無職・程冠熹被告(22)は、先月19日、覚醒剤約2.6キロ、末端価格にして1億5500万円分を国際宅配貨物としてアメリカから関西空港に密輸しようとした…】

※ 熊猫さん@xiongmao53氏の2019/12/9のツイート
Replying to @trappedsoldier
《程冠熹》でググると、日本語の記事のリンクが出てきたが、削除された模様(呆)。


※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/9のツイート
He was arrested on 19th Nov. in Japan and now in jail. He had attempted to smuggle drugs into Japan from US.

※ MIHARU@miharuya氏の午後2:49 ・ 2019年12月9日のツイート
ABC关西已经搜不到这条新闻了,intresting


※ MIHARU@miharuya氏の午後10:25 ・ 2019年12月9日のツイート
顺手搜了一下其他网站的,google显示出曾经是有过一堆新闻页面,但点进去全是404,所以现在这是哪一出嘛,港版王立强?


※ 2019/12/10、ラブロフがワシントンでポンペオと会談予定。

※ 最近、海外のサイトを見るとクッキーを使用することについて閲覧者の同意を求められることがあります。次のEUの規制と関連しているようです。
EU一般データ保護規則(EUいっぱんデータほごきそく、英: General Data Protection Regulation; GDPR)

※ Hiromitsu Takagi@HiromitsuTakagi氏の2019/12/7のツイート
オイオイ、なんで日本政府のサイトがGDPRなんだよ。
https://cio.go.jp/outline

※ Hiromitsu Takagi@HiromitsuTakagi氏の2019/12/7のツイート
アルエエエ? 「︎同意する」を押す前からトラッキングcookieがセットされて送信されてるじゃん騙されたわ怒り(ムカッ)
EUの偉い先生に通報して、日本国内閣官房IT総合戦略室に課徴金食らわせようずー。

※ 佐々木康介∞@redsasakou氏の午後9:06 ・ 2019年12月7日のツイート
Replying to @HiromitsuTakagi and @oyageng
GDPRは欧州から見られる可能性がわずかでもあれば対応しないとゼロリスクにならないからじゃないでしょうか。cookie取ると向こうの法律だと個人情報取るとみなされるので。
午後9:06 ・ 2019年12月7日・Twitter Web App

※ 会員限定有料記事 毎日新聞2019年12月5日 13時30分(最終更新 12月5日 13時30分)
エボラワクチン、東大医科研が臨床研究へ 国内初、人工合成で無毒化
 致死率の高いエボラ出血熱のウイルスのワクチンを人に投与して安全性を確かめる臨床研究を東京大医科学研究所(東京都港区)のチームが今月から始めると5日、発表した。国内でエボラワクチンの臨床研究が行われるのは初めて。
 人工的に合成した無毒化ウイルスを使うため、海外のワクチンに比べて副作用が起きにくいと考えられる。国際的な課題となっているアフリカ地域での流行防止に役立てることを目指している。
 臨床研究は研究所の付属病院で四柳宏教授らが実施。募集した健康な成人男性30人を対象に行う。

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/5のツイート
イエメンの対空防衛ミサイルが、サウジ南部アジールとジャイザンで、サウジのスパイドローン2機を撃墜した! 
これにより、今週、撃墜したサウジ機は4機になった。
サウジのアパッチヘリがサアダで、攻撃ドローンがハジャで撃墜されている。

※ 4nwanelson@4nwanelson氏の2019/12/5のツイート
アンスケア議長、放医研理事長を歴任のささやんがチェック。山下さんのキャスティングかしら?
放射線審議会とICRPの委員を務める甲斐さんがいうように、ほんとに原子力関連は人材がいないのだなぁ。。

会計事務処理に関する報告書について
https://fmu.ac.jp/univ/daigaku/t

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/5のツイート
「脳死状態」のNATOの年間軍事予算は、100兆円を超えている。他方、ロシアはその23分の1の5兆円。それでも、嘘の「ロシア脅威」が、さらに税金の無駄遣いを正当化するために利用されている。軍需産業にとってはいい商売。世界の平和と安定にとっては非常に危険だ―在カナダ・ロシア大使館

※ ガイチ@gaitifuji氏の2019/12/3のツイート
番組では、マグロ激減の本当の原因は、日本の報道でよく見かける中国の乱獲などではなく、いい加減な資源管理のやり方、そこに輪をかける日本の2大大手企業の横暴さ、そしてそれら全てを黙認する水産庁という構図であることを浮き彫りにする

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/3のツイート
米政府、CIA、メディア、人権NGOがなぜこれ程、中国の再教育センターを憎悪するか分かりましたか? 米国はウイグル人をワッハビで洗脳リクルートし、シリアに送り訓練。せっかく育てた再凶悪のテロリストの洗脳を解き、市民生活に戻すようなことをされれば台無し。テロリストは貴重は武器であり財産! https://twitter.com/YAPONLUQ/statu

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/3のツイート
【緊急!】ウクライナの極右が香港の暴徒に合流した! 記者証まで持っている。少なくとも2人はEUで入国拒否されている。入れ墨や様子から判断すれば、彼らはウクライナのネオナチだ。
誰が連れて来た? CIA以外にいない!

※ mko@trappedsoldier氏の2019/11/29のツイート
サウジのメディアを引用し、そのまま反イランプロパガンダを展開する安田純平。米・イスラエル・サウジが、この数十年間イラクに対して何をしてきたか! 安田の同情と共感は、米国とISISに向けられている?

※ 大袈裟太郎@oogesatarou氏の2019/11/29のツイート
絶望は漂っていないと思う。
香港市民たちが選挙や平和的なデモ、アメリカの人権法で彼らを救った。
最悪の事態は回避された。
この終幕には、むしろ希望を感じる、ひとつの成功体験だと思う。
#SOSHK #polyu #香港デモ #standwithhk
https://twitter.com/wsjjapan/status/1200159964280631296?s=21
https://twitter.com/wsjjapan/status/1200159964280631296
・・・バカジャネ

※ https://twitter.com/i/status/1200701655790084096

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/1のツイート
米軍基地の周辺で生まれた子どもに、深刻な先天性奇形症が見られる。いろんな武器弾薬・化学物質の中、特に劣化ウラン弾が原因として考えられる。米国は自分たちの戦争犯罪がなかったかのような顔で、人権・民主主義を語る

※ Alwaght@EnglishAlwaght氏の2019/12/1のツイート
Iraqi Children Born Near US Military Base Show Elevated Rates of ’Serious Congenital Deformities: Study
http://alwaght.com/en/news/167167
#IraqiChildren #USMilitary #USCrimes

※ https://twitter.com/i/status/1200970384511655936
この動画がリツイートの嵐となっています。
Yaaamane@K_yamane06氏の2019/12/2のツイート
I’ve never been jealous of a twitter couple until now, THIS IS SO CUTE
The patience to catch and Cook all this, the way he peels it for her, I want this

※ mko@trappedsoldier氏の2019/11/27のツイート
フランス人の国連職員ディディエ・ブルグェは、多くのアフリカ人少女をレイプしてきた。いったい何人レイプしたのか聞かれても「分からない」と答え、子どもとのセックスを国連の文化だとうそぶいている。しかし国連が人道組織だと、人に信じ込ませようとする

※ Cassandra Fairbanks手(チョキ)️@CassandraRules氏の2019/11/26のツイート
I’m constantly amazed that Fox News hasn’t banned Tucker Carlson from telling the truth yet. This man gets it.

※ 墨東公安委員会@bokukoui氏の2019/11/23のツイート
これは露骨に差別ではないか。教員がこのような発言を公にするということを、東大当局は見過ごしてはならない。それにしてもどういう経緯で准教授にしたんだ、こんな輩。
引用ツイート
大澤昇平 :: AI 救国論@Ohsaworks氏の2019/11/20のツイート
弊社 Daisy では中国人は採用しません

※ 毒舌れいちぇる足跡@20kg95645865氏の2019/11/21のツイート
これは多分批判される内容だと思うんだけど言う。
私はこれ以上この国で子供を産むのが怖い
でも選挙に行かない知り合いのママさんは3人目計画中だって言ってた
私は今の娘に日本以外でも暮らせるように英語の教材とかもやらせてるけどそれでも不安
この国に産んだ責任を全うしたいから政治を正したい

※「自殺」を強制されたときの逃れ方

https://twitter.com/BroGuyFawkes/status/1196948700054130688/photo/1 から

※ 飛行機から滑り台での脱出はすごい勢いがつく。私なら絶対に地面に叩きつけられると思う。
https://www.rt.com/news/474034-odessa-plane-nose-landing/

※ オッサン@bob_hoffman_jp氏の2019/11/21のツイート
何故安倍政権がこれほど続いたか。「日本国民が政治的に成熟していなさすぎるから」に尽きるだろう。これに対して問題提起すらできない日本のマスメディアが「ジャーナリスト」を気取ってみせる姿は噴飯ものだ。

※ Going Underground on RT@Underground_RT氏の2019/11/21のツイート
"Israel is our enemy...every time the Syrian Army advanced against those Al-Nusra terrorists...Israel used to bombard our troops"

-Syrian President Bashar al-Assad to @afshinrattansi
as Israeli warplanes illegally struck Damascus

Watch: https://youtube.com/watch?v=1J3b14

※ Fares Shehabi@ShehabiFares氏の2019/11/20のツイート
When Israel illegally occupied the Golan Heights in 1967, Iran was an Israeli ally..! Hence, attacking Syria on the claim of Iranian threats is a big fat lie..! Soon, Israel will loose its advantage and its demise will then be inevitable..!

※ ろす@3210ponta氏の2019/11/19のツイート
医療者関係者の人は、ニュースではなくこちらを読んで下さい。すごくすごく何が起こったのかがわかりました。

京大病院のメイロン誤投与
https://kuhp.kyoto-u.ac.jp/info/pdf/20191

・・・引用終わり・・・

医療関係者でなくても何が起きたかは理解できる。京大病院は怖いぞ

※ RT2019/11/19 
Israeli warplanes strike Damascus, air defenses destroy ‘most’ of the hostile missiles
Syrian air defenses have repelled an Israeli raid, intercepting several “hostile missiles” over southern Damascus, and destroying the majority of them before the projectiles hit the ground, state news agency SANA reported.

Citing a Syrian military source, SANA reported on Tuesday night that Syrian missile defenses came under “heavy attack” by Israeli warplanes that targeted the Damascus area from the Israeli-controlled part of the occupied Golan Heights and Lebanese airspace near the town of Marjayoun.

A video purporting to show the aftermath of the attack has emerged on social media. Footage posted by Syrian journalist Majd Fahd shows a huge ball of fire engulfing a building in southern Damascus, while explosions can be heard in the background.

※ https://news.yahoo.co.jp/byline/seodaegyo/20191118-00151417/

※ mko@trappedsoldier氏の2019/11/18のツイート
香港で暴徒の仲間になり、「宗教の自由」を語る牧師ウィリアム・デブリンは、イラクのクルディスタンでも国務省とともに「宗教の自由」を語っていた。モサドやCIAの巣、クルディスタン?

※ mko@trappedsoldier氏の2019/11/18のツイート
台湾海峡を通過する中国の空母群を、米艦船と自衛隊艦船が追尾! 憲法上大問題ではないのか?! なぜ自衛隊が、自国海域を航行する中国艦船を追尾する? 世界中で軍事緊張を煽る米軍の道具として、自衛隊が使われている。メディアは「中国が空母を自慢」とあほみたいな記事


                
posted by ZUKUNASHI at 23:48| Comment(2) | 福島原発事故