ずくなしの冷や水

2020年01月31日

Hollywood has been more heavily censored since 2001

RT2020/1/30
Hollywood has been more heavily censored since 2001, films bashing US army & CIA can’t go public – Oliver Stone to RT
The American film industry changed beyond recognition after the milestone year of 2001, director Oliver Stone told RT, with producers using financial restraints to censor movies challenging the US military or the CIA.

“Maybe in the 1980s, when I did ‘Platoon’, ‘Born on the Fourth of July’ and ‘Heaven & Earth’, I could do that, because it was a slightly more relaxed system,” said the award-winning filmmaker, mentioning his famed movies while making his case during former Ecuadorean President Rafael Correa’s show on RT Spanish.

When the Iron Curtain fell and the Cold War ended, things didn’t change for the better, Stone believes. “My film career has suffered, because sometimes I’ve said things that American producers hate to hear,” he revealed, adding that those sponsoring film productions sometimes resort to “economic censorship.”

Hollywood has changed since 2001. It has become more censored. The military, the CIA, the depictions of these organizations has been very favorable.

“You can take the budgets down... let’s say you want to make a film criticizing the American military, taking an Iraq war story or a horror story that recently happened in Iraq... You do those kinds of stories, it’s not going to happen,” he explained.

Stone, who scored a number of Academy, BAFTA and Golden Globe awards, has been widely criticized for his anti-war dramas and, most recently, for a series of films questioning the widespread Western narrative on the Ukrainian turmoil, as well as exclusive interviews with Vladimir Putin.

“Now, censorship isn’t something that exclusively affects the American film industry,” Stone lamented, “I can read the American media but they all say the same things ... And you don’t hear from Iran and China, you don’t hear from [North] Korea, you don’t hear from Venezuela, you don’t get their point of view.”

The CIA realized – after World War II, basically – they [went into] the business, the news business, they put their people, their agents at newspapers, at magazines and television.

‘It’s all right-wings fighting with right-wings’

The famed film director sounded pessimistic when asked if there is hope for change – or, at least, if the system allows for that change. He said that both parties – be it Democrats or Republicans – act by the same playbook when dealing with issues of war and peace.

“There is no party in the United States, no democratic voice except third parties that are small, that would say ‘Why are we fighting wars?’” Stone exclaimed, adding, “it’s all right-wings fighting with right-wings.” Democrats are no better than Republicans, he says: “Hillary Clinton and her group, and Joe Biden, are just as pro-war as any Republican Dick Cheney.”

Stone thinks Donald Trump who has done “horrible things” by pulling out of the Paris climate accords and the hard-earned 2015 Iran nuclear deal. But, argued Stone, at least Trump was asking why the US needs to fight the Russians, which alarmed the mainstream so much that the media was attacking him from day one.

Stone lamented that politics is transiting from the art of the possible to the art of raising money.

“So much money is spent in politics, it’s impossible for my vote to make any difference... Candidates in America now have to raise billions of dollars to be considered serious,” Stone said.

Empires fall. Let’s pray that this empire, these evil things... because we are the evil empire. What Reagan said about Russia is true about us.
posted by ZUKUNASHI at 11:22| Comment(0) | 国際・政治

千葉市中央区など 外房の人口動態指数が悪化上位

この記事は、当初2020/1/22に「外房は2011/3/23頃の内部被ばくが多いかもしれない」と題して掲載したものです。外房地域を主とする千葉11区の指数が良くないのです。

2019/12月分市町村別人口動態が出ていますが、千葉1区は、過去1年間とその前の1年間との比較で死亡率が8%も上がっています。まあ、古い団地があるから年寄りが多くて亡くなる人が増えているということはあるかもしれませんが、出生率はそんなに下がっていないのです。私の一つの仮説としては、福島浜通りからの直行便が今なお放射性物質を運んできている可能性を想定していますが。
死亡率変化率の高さでは、1、7、9、3、11区の順になっています。流山市など7区の死亡率変化率が少し高い。

もう一つ千葉県では外房千葉11区の指数が悪いです。死亡率変化率が少し高く、出生率変化率が10%減です。若い人が流出しているように見えます。外房の電車に乗ってほとんど過疎路線並みだと感じました。そういう人口の構成の変化によるものであれば、それはそれで別途対策を講じればよいわけですが。

千葉1区(千葉市中央区・稲毛区・美浜区)、外房地域にお住いの方で空間線量率リアルタイム測定装置を設置してくださる方はおられませんか?

機材は無償で貸与します。電気代のご負担と、現にお使いのインターネット回線への接続の便宜を図っていただくだけです。設置場所、管理者についての秘密は保持します。

次のようなグラフを表示するシステムです。

技術的な面については、特別の知識は必要ありませんが、機械調整などのためにメールで不具合などの状況を知らせていただけることは必須です。必要があれば、出張して設置することも可能です。






posted by ZUKUNASHI at 02:05| Comment(0) | 福島原発事故

米軍機の墜落が続く 米国がテロリストに渡した武器が使われている可能性

アフガニスタンでCIAが使う米軍機の墜落、その直後のヘリコプターの墜落に続いて、イラクで米軍輸送機が墜落です。サウジのプレスが報道していますから間違いないでしょう。

アフガンでの墜落事故の報道で、私は、タリバンがどこから地対空ミサイルを入手していたのか、それが問題だとまず思わされました。

もしかすると、シリア、イラク、イラン、アフガニスタンの反米軍勢力が連携しているのではないかと思われました。アフガニスタンでタリバンとISISは同盟関係にはありません。アフガニスタンのISISテロリストに米軍が携帯式の地対空ミサイルを供与したという情報もありません。

米軍が携帯式の地対空ミサイルを供与したのは、イラク、シリアのテロリストです。公式な情報ではありませんでしたが、供与したとの情報は見ています。トルコも傘下のテロリストにMANPADを渡しています。
Some opposition activists have claimed that the Turkish military was heading to the Idlib Governorate with manpads, which, if true, would mean that they are preparing to down any Syrian warplane flying over their positions.

テロリストの武器横流しは、よく行われています。高く売れるからです。

高度な地対空ミサイルは目に付きます。タリバンは保有していないはずですし、他の国でも使えません。すぐに報復されます。

ですからMANPADと呼ばれる携帯式の地対空ミサイルが使われたはずです。テロリストから現地の武器商人を通じてそれが反米軍勢に渡り、それがタリバンに届いてCIAの偵察機の撃墜に使われた、イラクでも同様にして米軍機が狙われたということだと推理します。

米軍は、まさかテロリストに供与したMANPADが米軍機に向けて発射されるとは思っていなかったでしょうから、混乱しているはずです。この仕組みができてしまうと、米軍機がいつ、どこで狙われるか全く予測不能になります。

携帯式のMANPADは、高度6千メートル強しか届かないとされていますが、軍用機は低空で飛ぶこともあります。離発着の時もあります。

米軍にとっては大変な事態です。

※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/30のツイート
イラクのアンバー地方で米軍輸送機C-27が墜落か!? 
米国もイラク当局もまだ正式発表はなし。地元紙を引用してTASSが伝え、サウジのメディアも報道している。次々、墜落だか撃墜される米軍機!

※ Gregory Casey@Rasputinish氏の2020/1/30のツイート
#US Military Transport Plane Crashes over #Iraq
That's TWO @usairforce Planes brought down in 24 hours plus, possibly a Third, being a Helicopter over #Afghanistan.
Looks like Stealth Missile Technology that #US Defenses are incapable of dealing with.
https://iuvmpress.com/48788

iuvmpress 29 January 2020
US military transport plane crashes in Iraq: Report
An American military transport plane has crashed in Iraq, local media reports claim, days after another strategic aircraft of the US military crashed in Afghanistan.

The C-27J Spartan went down in Iraq’s western province of Anbar, the Alforat News website reported Wednesday.

American and Iraqi officials have yet to react to the reports about the alleged crash.

Russia’s TASS news agency, citing El Nashra news outlet, said that all four people onboard the plane were killed in the crash.

Saudi Arabia’s Al Arabiya network has also reported the crash, quoting Iraqi sources.

On Monday, a Bombardier/Northrop Grumman E-11A aircraft mysteriously crashed in a Taliban-controlled area in Afghanistan’s Ghazni province.

Intelligence sources in Iran and Russia have suggested that Mike D’Andrea, aka Ayatollah Mike, the CIA official who oversaw the assassination of IRGC Quds Commander General Qassem Soleimani was killed in the incident.

The Taliban say they downed the plane but American officials say there is no sign the plane was shot down.

iuvmpress 28 January 2020
‘Gen. Soleimani’s CIA assassin killed in Ghazni crash’
The CIA official who oversaw the assassination of IRGC Quds Commander General Qassem Soleimani has been killed in the recent US military plane crash in Afghanistan, Russian intelligence sources say.

Mike D’Andrea, aka Ayatollah Mike, was reportedly boarding the Bombardier/Northrop Grumman E-11A aircraft that mysteriously crashed in a Taliban-controlled area in Afghanistan’s Ghazni province.

While the militant group claims it has shot down the plane, American officials insist there is no sign the plane was targeted.

D’ Andrea was the head of US intelligence operations against Iraq, Iran and Afghanistan.

He has run the CIA’s false flag operations and assassinations in the Middle East since 2012. Besides Gen. Soleimani’s assassination, D’Andrea was also responsible for the killing of 300 Iraqi demonstrators as well during the recent outburst of unrest in the country.

The downed plane has been described by some as the mobile CIA command for D’ Andrea and the most advanced spy platform and mobile command center of the US intelligence.

The Taliban rushed to collect the aircraft’s remains, which was equipt with secret technologies and documents.
posted by ZUKUNASHI at 00:01| Comment(0) | 国際・政治

2020年01月30日

ロシア国防省、シリアでのロシアの「攻撃」についてのポンペオの懸念は偽善的

FARSNEWS 11:48 GMT 29.01.2020(updated 12:07 GMT 29.01.2020)
Russian Defence Ministry Says Pompeo's Concern over Russian "Attack" in Syria Hypocritical
FARSNEWS 2020年1月29日GMT(グリニッジ標準時)11:48(1月29日12:07更新)
ロシア国防省、シリアでのロシアの「攻撃」についてのポンペオの懸念は偽善的と述べる

On Tuesday, Mike Pompeo accused Russia, the Assad government, Iran and Hezbollah of violating a ceasefire in northern Syria through 'ruthless actions' and 'barbaric attacks'.
火曜日、マイク・ポンペオは、ロシア・アサド政権・イラン・ヒズボラが、「残酷な方法」「野蛮な攻撃」でシリア北部の停戦に違反しているとして非難した。

The Russian Defence Ministry has decried US Secretary of State Mike Pompeo's assessment of Russia's operation in Syria, saying that it was hypocritical of him to refer to it as a 'large-scale attack on Idlib's innocent civilians'.
ロシア国防省は、アメリカの国務長官(訳注:他国の外務大臣と同じ)マイク・ポンペオが、シリアにおけるロシアの軍事行動を「イドリブの無辜の市民に対する広汎な攻撃である」と評価したことについて、偽善的である(偽善者ぶっている)と非難した。

"As of the morning of 29 January, as a result of defensive actions and fightback, Syrian government forces near the Idlib de-escalation zone borders destroyed or captured eight "innocent" tanks, more than 15 "innocent" infantry combat vehicles, 49 "innocent" wagons with large-calibre weapons, eight "innocent" jihadi vehicles, four "innocent" UAVs and dozens of artillery-type weapons of various calibres", the official representative of the Russian defence ministry Igor Konashenkov told journalists on Wednesday.
「1月29日朝(の軍事行動で)、イドリブの緩衝地帯境界付近に展開しているシリア政府軍は、防衛作戦と反撃の結果、8つの『罪のない』戦車、15以上の『罪のない』歩兵戦闘車両、49の『罪のない』大規模武器輸送用ワゴン、8つの『罪のない』ジハード戦士の車両、4つの『罪のない』無人航空機と、数十の様々な口径の大砲型の武器を、破壊または捕獲した」。ロシア国防省の公式代表者イゴール・コナシェンコフは、水曜日に記者団にこのように述べた。

・・・・・

イゴール・イェフゲニエヴィチ・コナシェンコフ少将は、ずっとシリア問題の報道官を務めています。なにしろ実戦の現場のことです。エリートが配置されています。

現代日本語は進化が続いています。政府部内では、「募る」と「募集」は異なる意味で使われています。
『無辜の民』(むくのたみ)などと使う、「無辜の」はすでに死語。
"innocent"は「罪のない」と訳したほうがわかりやすくないでしょうか。日本の政権トップ以下日本人の95%が読めないと思います。
人を殺すための戦車が、どうして『罪のない』戦車・市民になるのか、という皮肉を込めたロシア人の表現です。

Ministry of Defense は多くの国の軍について使われますが、日本語訳では「国防省」と訳される場合が多いです。ただし、日本については防衛省。これも日本語の難しさですね。

テロリストが追い詰められると米国の政権幹部から必ずこの種の発言が出ます。テロリストが『無辜の民』を殺していることは認めようともしないのに。

イドリブへの攻勢も最終段階のようです。トルコの外務大臣はさすがに疲れています。リビアに送り込んでそこからイタリアに送り込むテロリストの処分策が手詰まりです。

ラブロフの涼しい顔との対比が気の毒。目が血走っています。無理もありません。
ラブロフは留任が決まりました。彼の貢献に期待しています。彼が世界を救う場面はすでに何度もありました。

トルコがイドリブにタンクなどの車両200台を送り込んでいます。

SPUTNIK2020/2/2
At Least 200 Turkish Military Vehicles Cross Syrian Border - Reports
The situation in the region remains tense, despite a ceasefire, negotiated by Moscow and Ankara in January, as the anti-government militants in Idlib - the last big stronghold of jihadists in Syria - continue to attack the army and civilians despite the truce.

A large number of vehicles belonging to the Turkish military entered Syria from the Kafrlosin border crossing, Al-Arabiya reported on Sunday.

The news comes after earlier this week Turkish President Recep Tayyip Erdogan accused Damascus of violating a ceasefire in the region and warned that Ankara may launch a military offensive unless the operation there is "quickly halted".

Syria launched a new military operation in the area on 19 December and managed to seize several cities in the province before striking a ceasefire that began on 12 January. The terrorists, however, continued their attacks, killing at least 40 Syrian servicemen and injuring 80 others last week, prompting Damascus to resume the offensive.

A large part of the Idlib de-escalation zone, which was one of four safe zones created under an accord reached at the May 2017 Astana-format talks, is still controlled by the Hayat Tahrir al-Sham* terrorist organisation.

posted by ZUKUNASHI at 22:42| Comment(1) | 国際・政治

爆弾が破裂するとこうなります シリア北部のトルコ軍の空爆と車両爆弾


イドリブのKhan al-Sabalで車両爆弾が爆発する様子。
https://twitter.com/i/status/1222648291185385474

2020/1/26、シリア北部のトルコ国境通過点に近いアザースの町で車両爆弾の爆発がありました。場所はこんなところ。




カメラの設置地点からAleppo Gateというレストランまで83mです。爆発地点は65m先でしょうか。
動画でよーくご覧ください。少し経ってからとても嫌な音が聞こえます。
格好よく歩いていた若い男性が逃げようと慌てて段差に躓いています。立ち上がって走り出しました。オートバイが吹き飛ばされて空中高く舞い上がっています。爆弾が破裂するとこうなるのです。
日常的にこういうことが起きる暮らしの日々、想像できますか。

もう1件どうぞ。以下の記事は、当初2018-02-03 23:48:05に掲載しました。

次のラッカ解放を祝うクルドSDF女性兵士の記念撮影で掲げられている肖像は、PKKの政治指導者アブドゥラ・オカラン氏。同氏は1999年からトルコ政府により投獄されています。


2018/2、トルコ軍がシリア北部でMount Darmikの斜面にあるアブドラ・オカラン氏の巨大肖像画を爆撃しました。



ブルブルという町の近くです。








すでに刑務所に収容されている政治的人物の肖像画を爆撃しなくてもと思いますが、トルコ、エルドアンの感覚は分かりません。

ここで見ていただきたいのは、爆弾が落ちるとすぐ上の画像のように一瞬で破壊されるということです。

この肖像画の幅は額縁部分を入れないで30mです。爆弾の命中点を中心に周辺に25mは軽く超える広がりで破裂による衝撃波が飛んでいます。


日本人は、爆弾が落ちるとどうなるかという経験がありません。

唯一あるのは、福島第一原発3号機の爆発です。これはデトネイトだとされています。


爆弾やミサイルが落ちてから着替えをしたり、懐中電灯を探したり、しっかりした靴を履いたりしている暇はありません。次々に爆弾が落ちてくるのなら外に出ることもできないでしょう。とにかく弾が落ちないこと、逸れることを願うしかないのです。

上の爆撃された肖像画のその後です。


爆弾が飛んでこないようにするには、周辺の国と友好的な関係を保つことです。日本の外交は米国の言いなりですから、独自外交は無理です。

米国は、対ロシアを念頭に先制核攻撃もありうると発言している人もいます。ロシアは、先制攻撃されたら、その発射地点だけではなく、米軍の指令指揮の地点や他の攻撃拠点に向けてミサイル攻撃をすると言っています。

米国が先制攻撃した20分後、30分後に反撃のミサイル攻撃を受けることがあるのです。今の政府、その外交政策の下で私たちの命はまさにいつ何があるかわからない状況に置かれています。

元の動画が次の記事にあります。
Turkey bombs giant portrait of Kurdish leader Ocalan near Afrin (VIDEO)
posted by ZUKUNASHI at 20:44| Comment(0) | 国際・政治

ロシア、IRGCコッズ部隊の新司令官を暗殺するというアメリカの脅迫を強く非難

日本語訳はみゆうさんのご厚意によります。
FARSNEWS
Russia Rebukes US Threat of Assassinating Iran’s New IRGC Qods Force Commander
ロシア、IRGCコッズ部隊の新司令官を暗殺するというアメリカの脅迫を強く非難

TEHRAN (FNA)- Russia strongly criticized the US for threatening to assassinate the new commander of the Qods Force of the Islamic Revolution Guards Corps (IRGC), General Esmail Qa’ani, saying that such remarks are against the international laws and regulations.
テヘラン(FarsNewsAgensy)―アメリカが、イラン革命防衛隊(IRGC)のコッズ部隊の新司令官エスマイル・カアニを暗殺すると脅迫したことに対し、ロシアは、そのような発言は国際法と国際規則に違反するものだとして強く非難した。

Moscow’s reaction came after US Special Representative for Iran Brian Hook said on Thursday that General Esmail Qa’ani could face the fate of his predecessor, General Qassem Soleimani, who was assassinated on January 3.
モスクワの反応は、アメリカのイラン特別代表ブライアン・フックが木曜日に、エスマイル・カアニは、1月3日に暗殺された、彼の前任者カセム・ソレイマニ司令官と同じ運命に直面するだろうと述べたことによるもの。

“I state once again that such statements are unacceptable for us as such remarks have been made beyond rights and law, and representatives of world states are not entitled to utter them,” Russian Foreign Ministry spokeswoman Maria Zakharova said on Thursday.
「改めて申し上げるが、権利と法を越えたそのような発言がなされたことを、我々は到底受け入れることはできない。世界国家の代表は、そのような権利を付与されているわけではまったくない。」ロシア外務省のマリア・ザハロバ報道官は木曜日、このように述べた。

She urged the US officials to be more careful while making remarks at official occasions.
彼女は、アメリカ当局に対し、公式行事で発言をする際には、より慎重になることを強く求めた。

Lieutenant General Soleimani was assassinated in a US drone strike on Baghdad International Airport in Iraq on January 3.
司令官ソレイマニ少将は、1月3日、イラクのバグダッド国際空港で、アメリカのドローン攻撃で暗殺された。

The airstrike also martyred Abu Mahdi al-Muhandis, deputy commander of Iraq's Popular Mobilization Forces (PMF), or Hashd al-Shaabi. The two were martyred in an American airstrike that targeted their vehicle on the road to the airport.
同じ空爆で、イラク人民動員隊(PMF)、別名ハシド・アルシャアビの副司令官、アブ・マフディ・アルムハンディスもまた殉教させられた。二人は、空港に向かう途中の路上で、彼らの車両を標的にした空爆により殉教させられた。

Five Iranian and five Iraqi militaries were martyred by missiles fired by the US drone at Baghdad International Airport.
5人のイラン人と、5人のイラク軍人が、バグダッド国際空港において、アメリカのドローンから発せられたミサイルで、殉教させられたのである。

In relevant remarks on Thursday, Iranian Foreign Ministry Spokesman Seyed Abbas Mousavi underlined that the new threats by the US to assassinate the new commander of the IRGC’s Qods Force displays the US’ state terrorism.
これに関連した木曜日の発言で、イラン外務省報道官のセイド・アバス・モウサビは、IRGCのコッズ部隊の新司令官を暗殺するというアメリカの新しい脅迫は、アメリカの国家的テロリズムであると強調した。

“After the Zionist regime, the US is the second regime that has officially announced it will utilize the state potential as well as the military forces to launch terrorist attacks,” Mousavi said.
国力を、軍事力と同様にテロ攻撃に利用することを公式に表明したのは、シオニスト政権(訳注:イスラエルに対する軽蔑語、主にイスラエルに敵対する他のアラブ諸国が用いる)に続いて、アメリカ政権が二つめだ」とモウサビは述べた。

“The US has resorted to the terrorist moves proving its weakness, despair, and frustration,” he added.
「アメリカがテロ戦略に頼ることにしたのは、弱体化、絶望感、フラストレーションの現れだ」と、彼は付け加えた。

The Iranian foreign ministry spokesman reiterated that the remarks by Hook are an official publicizing and blatant unveiling of targeted and state terrorism by the United States.
イラン外務省報道官は、フックによる今回の発言は、標的とアメリカによる国家的テロリズムを、公式に発表しあからさまに(秘密を)公表したものであると繰り返し述べた。

Mousavi condemned “brazen remarks and terrorist acts” by US leaders, and called on the international community to also condemn such acts "because the continuation of this trend would sooner or later befall everyone”.
モウサビは、アメリカの指導者たちによる「厚かましい発言とテロ活動」を糾弾し、そのような活動を同様に糾弾するよう、国際社会に呼びかけた。「なぜなら、このような流れが続けば、遅かれ早かれすべての人が巻き込まれるからだ。」

In relevant remarks on Wednesday, Mousavi announced that the country has filed a complaint with the UN against Washington for assassination of General Soleimani.
発言に関連して水曜日に、モウサビは、(イラクは)ソレイマニ司令官を暗殺した件で、アメリカを国連に告訴したと発表した。

“The US terrorist assassination of Martyr Soleimani was unprecedented both in the region and the world which prompted reaction of jurists, lawyers, politicians, journalists and thinkers throughout the world,” Mousavi said.
「アメリカのテロリストによる殉教者ソレイマニの暗殺は、(中東)地域にとっても世界にとっても前代未聞であり、世界中の法律家、弁護士、政治家、ジャーナリスト、思想家たちの反応を引き起こした。」とモウハビは述べた。

“In our first reaction to the US assassination of Iran’s top commander Gen. Soleimani, we penned a letter to the UN and lodged a complaint against the US assassination of Lt. Gen. Soleimani as a terrorist act. Also, we filed a lawsuit against perpetrators of this terrorist act in cooperation and collaboration with the judiciary branch,” he said.
「イランの最高司令官ソレイマニのアメリカによる暗殺に対する、我々の最初の反応は、国連に手紙を書き、ソレイマニ中将暗殺はテロ活動であるとしてアメリカによる暗殺を告訴することだった。また、このテロ活動の加害者を、法的部門と協力・協働して、法廷に提訴した。

Mousavi pointed to the clear violation of Article 3314 of the UN Charter by the United States, and said, “According to the military agreement, if any military move is conducted against the provisions of the agreement in the host country, the guest country is considered as an aggressor, based on which, Iraqi government can lodge its complaint against the United States from this perspective.”
モウサビは、国連総会決議3314(訳注:UN Charter(国連憲章)ではなく、UN General Assembly Resolution(国連総会決議)3314(侵略の定義に関する決議)の間違いと思われます。参考:http://hrlibrary.umn.edu/japanese/JGAres3314.html)への、アメリカによる明白な侵害であると指摘し、このように述べた。「軍事合意に基づき、受入国との合意に反して軍事行動が行われた場合、それがいかなるものであっても、駐留国は侵略行為者とみなされる。当該決議に基づき、イラク政府は、アメリカを告訴することができると考えている。」

He termed the US assassination of Gen. Soleimani in Iraq, who played a very constructive role in the fight against terrorism, "a vicious and cowardly act", and said, “Gen. Soleimani was assassinated by the US terrorist forces in Iraq in a cowardly manner as he had been invited by the Iraqi prime minister. So, the US terrorist act in assassinating Gen. Soleimani has both international criminal and penal aspects.”
モウサビは、テロリズムとの闘いにおいて非常に建設的な役割を果たしていたソレイマニ司令官をイラクで暗殺したアメリカの行動を、「不道徳で卑怯」だと呼んだ。さらに、「ソレイマニ司令官は、イラクの首相による招待を受けていたイラクで、卑怯な方法でアメリカのテロリスト軍に暗殺された。従って、ソレイマニ司令官を暗殺したアメリカのテロリストの行動は、国際犯罪と刑事罰、両方の側面を持っている。」

On January 8, the IRGC Aerospace Force started heavy ballistic missile attacks on US Ein Al-Assad airbase in Southwestern Iraq near the border with Syria and a US operated airbase in Erbil in retaliation for the US assassination of General Soleimani.
1月8日、IRGC航空宇宙軍は、シリア国境に近いイラク南東部にあるアイン・アルアサド米軍基地と、エルビルにある米軍管理下にある航空基地に対し、大規模な弾道ミサイル攻撃を開始した。これらは、米軍によるソレイマニ司令官暗殺への報復である。

Ein Al-Assad is an airbase with a 4km runway at 188m altitude from sea levels, which is the main and the largest US airbase in Iraq. Early reports said the radar systems and missile defense shields in Ein Al-Assad failed to operate and intercept the Iranian missiles. Unofficial reports said the US army's central radar systems at Ein Al-Assad had been jammed by electronic warfare.
アイン・アルアサドは、標高188m、4qの滑走路を持つ、イラク国内の主要かつ最大の米軍の航空基地である。初期の報告によると、アイン・アルアサドを守っていたレーダーシステムとミサイル防衛シールドは作動せず、イランのミサイルを防衛することができなかった。非公式の報告では、アルアサドの米軍の中央レーダーシステムは、電子戦争(electronic warfare)による電波妨害を受けていたとされている。

The second IRGC reprisal attack targeted a US military base near Erbil airport in Iraqi Kurdistan Region in the second leg of "Martyr Soleimani" reprisal operation.
「殉教者ソレイマニ」報復の第2作戦は、イラクのクルド人地域にある、エルビル空港近郊の米軍基地を標的にした。

Iraq said the attacks had not taken any toll from its army men stationed at these two bases. The US army had blocked entrance into Ein Al-Assad to everyone, including the Iraqi army.
イラクは、これら二つの基地に駐留していた軍人に、犠牲者はまったく出ていないと述べた。米軍は、アイン・アルアサドへの入り口を、イラク軍を含む全員に対して封鎖していた。

It was the first direct attack on the US army ever since world war two.
第2次世界大戦以後、米軍が直接攻撃を受けたのは、今回が初めてである。

The IRGC officials said none of the missiles had been intercepted.
IRGCは公式に、防衛されたミサイルはまったくなかった(=すべてのミサイルが着弾した)と述べた。
posted by ZUKUNASHI at 20:11| Comment(7) | 国際・政治

ビャクシン

圓柏と書く。それほど大きくないが、樹齢130年とある。学名:Sabina chinensis 2011/12/13、蘇州市で。

これはビャクシンだと思います。針葉樹は難しいです。

posted by ZUKUNASHI at 19:55| Comment(0) | 木々と知り合う

2020年01月29日

アフガンで米軍機撃墜 生存者救援のヘリも撃墜される これはすごい

すごい続報が入っています。
http://inventsolitude.sblo.jp/article/187097055.html

※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/27のツイート
【速報】アフガン中央のガズニ地方で飛行機が墜落。損傷の激しい遺体100体ほどが発見されたとアリフ・ヌーリ県知事報道官。飛行機の瓦礫に「385」という数字が見られるが、どこの国に所属するものか不明。アフガンのアリアナ航空は自機ではないと表明。?また米軍が国籍を隠してISISを運んでいた??!
・・・385ではなく358。尾翼近くに米軍のマークが見える。

※ Kyle Glen@KyleJGlen氏の2020/1/27のツイート
US aircraft that crashed in Afghanistan appears to be a USAF E-11A. Markings on wreckage appear to match up with older imagery.

これまでに判明していること
@ 2020/1/27、アフガニスタンに配備されている米軍通信・偵察用ボンバルディア機が墜落。CIAの空飛ぶ指令機として使われていた。
A この飛行機はヘラートからカブールに向かう途中。
B 飛行機には、ハイランクのCIA職員を含め総員83名が搭乗しており、全員死亡。(83名は機体の大きさからして過大の可能性、生存者が二人いて現場から立ち去ろうとしたとの説も)
C イラン、イラク、アフガニスタンを担当するCIAのセクションチーフが搭乗しており死亡(ソレイマニの暗殺、イラクのデモ隊と警官など400名射殺の指令者)
D タリバンが関与声明、東部でヘリコプターも撃墜したとしている。搭乗者に関する情報はロシア情報機関。(米軍が救援のために派遣した大型ヘリコプターが撃墜されたとの説も)



注目点
A 米軍機であることは明らかなのに、米軍はすぐに事実を認めなかった。現地のジャーナリストの報道でしぶしぶ事実を確認したが詳しい情報は出していない。ショックの大きさを物語る。

B CIAはイランに近いヘラートで何をやっていたのか。 タリバンの発表では、「米中央情報局(CIA)所属の航空機を撃墜し、死者の中に多数の米兵のほか、CIA高官が含まれていた」としている。

C 犠牲者が80人規模に上るのであれば、近年に見ない米軍の大量の人的損害。加えて、ヘリコプターの搭乗者30人強も死亡している模様。

D タリバンの攻撃による犠牲者だとすると、トランプがタリバンとの和平交渉を取りやめたこととの関連で米政権が非難されることを恐れているか。

タリバンが関与声明を出しています。タリバンは嘘を言う必要はない。短い情報であることがむしろ信ぴょう性。
RT2020/1/27
Taliban claims they downed plane carrying high-ranking US officers in Afghanistan
Taliban militants have claimed they shot down a US military aircraft over Ghazni in central Afghanistan, killing everyone on board. US military says it’s investigating the crash, and has not yet confirmed the loss of the plane.

A Taliban spokesman has affirmed the group’s responsibility for the crash, saying that the aircraft’s crew and everyone on board, including what he claimed were high-ranking officers, were killed on the spot.

The so-far unverified claim includes a suggestion that the officers belonged to the US Central Intelligence Agency (CIA).

Earlier in the day, footage of charred remains of a crashed aircraft emerged online. It appears to be the Bombardier/Northrop Grumman E-11A − a surveillance and communications plane, employed by the US Air Force. The wreckage features distinctive markings used by the US military.

RT2020/1/27
USAF says ‘it appears we lost a plane’ as Afghani journos uncover DOCUMENTS from crash site
Journalists have made it to the scene of a plane crash in Afghanistan, snapping pictures of the wreckage and even some documents. It comes as the US Air Force's chief of staff all but confirmed the loss of the military plane.

"It appears we have lost an aircraft. We don't know the status of the crew," Gen. David Goldfein, the Air Force's chief of staff, told reporters at a Monday meeting in Washington. This is the closest to a confirmation from the US military so far, and the Pentagon earlier declined to comment.

The aircraft, believed to be a USAF Bombardier/Northrop Grumman E-11A, a surveillance and communications plane, went down in central Afghanistan on Monday. There has been some confusion as to whether Taliban militants have claimed responsibility for the crash, however, their initial statement in Pushtu only stated that the plane had gone down.

Footage from the scene shows that the aircraft burned upon the impact, with only its tail section remaining largely intact.

Some documents, however, managed to survive the blaze and were pictured by local media lying scattered at the crash site.

Other graphic pictures from the scene show at least one badly charred corpse, which was recovered from the wreckage.

The destroyed aircraft bears markings matching those of a US military plane, utilized by the US Air Force’s 430th Expeditionary Electronic Combat Squadron, which is stationed at Kandahar airbase. The E-11As are used as communication planes that provide reliable comms coverage for troops below – which is an especially tricky job in mountainous terrain.

RT2020/1/27
‘No indication of enemy fire’: US forces in Afghanistan confirm loss of recon plane
The US military has acknowledged the loss of a Bombardier/Northrop Grumman E-11A plane in central Afghanistan. They added that they have not found any “indication” that the aircraft was downed.

The aircraft crashed in Ghazni city area on Monday. An investigation into the incident is underway and the military will provide further information when its available, a spokesman for the US force in Afghanistan, Col. Sonny Leggett has tweeted.

The official also dismissed Taliban claims that another aircraft had crashed in the country, describing them as “false.” Earlier in the day, the Taliban said that a military helicopter went down in the east of the country shortly after the plane crash. The militant group did not provide any details of the alleged incident, nor did they specify to whom the helicopter belonged.

There has been some confusion as to whether Taliban militants have claimed responsibility for the plane crash. Their initial statement in Pushtu only stated that the plane had gone down.

The Bombardier/Northrop Grumman E-11A is a surveillance and communications plane. Footage from the scene showing the wreckage has been circulating on social media, and photos that appear to show a plane with the same serial number have been unearthed.

Videos showed the shell of the plane ablaze on the ground. It was largely destroyed in the fire with only its tail section surviving the crash

Local journalists have apparently made it to the scene faster than the US military.

Pajhwok news agency has published photos of the wreckage. They have also snapped some documents that survived the crash of the aircraft, which the Taliban has claimed was carrying CIA officers.

※ Pajhwok Afghan News@pajhwokの2020/1/28のツイート
Bombs rained down on Afghanistan at record level: By Pajhwok on 28 January 2020 KABUL (Pajhwok): American aircraft dropped 7,423 munitions on targets in different parts of... read more http://dlvr.it/RNtFFY

※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/28のツイート
こういう情報がある。米空軍偵察機がタリバンに撃墜され墜落。2人の生存者がタリバン支配地域から、歩いて逃げ出した。救出に向かったヘリも撃墜され、搭乗員34人死亡。攻撃されることを想定していないCENTCOMが、判断不能状態!

※ Simon Gunson@SimonGunson 午後5:20 ・ 2020年1月28日
430TH Expeditionary wing BOMBARDIER JET DOWNED BY AAA fired at it, two survivours fled TALEBAN ON FOOT. helicopter sent to recover original pair also shot down with loss of 34 troops #AfghanistanPlaneCrash #USNews
・・・墜落現場から二人が立ち去ったとの情報があった。タリバンはヘリコプターも撃墜したと言っている。@SimonGunsonの説は整合する。確からしい。CENTCOMが錯乱状態になるのはあうりうる。アフガン政府軍を盾代わりに使ってきた。自分たちは死なないと思っていた。

次のニユースは、米軍のアフガニスタンにおける2019年の爆弾投下数が10年来の最高になったことを伝えている。
FARSNEWS1020/1/28
US Bombings in Afghanistan Surge to 10-Year High
TEHRAN (FNA)- American warplanes dropped more bombs on Afghanistan in 2019 than at any other time in at least a decade, according to the US Air Force, as Washington intensified attacks in the country amid withdrawal talks with the Taliban.

In 2019 alone, the US dropped 7,423 separate munitions on targets in Afghanistan, where the US has been enmeshed in fighting several militant groups since it invaded the country following the September 11, 2001 attacks, AFP reported.

The figure – published online by US Air Forces Central Command – represents a dramatic surge in bombings in Afghanistan compared to the peak of President Barack Obama's "surge" in 2009, when 4,147 bombs were dropped.

Since US President Donald Trump was elected in 2016, the US has ramped up bombing runs over Afghanistan as the White House removed earlier restrictions that provided greater oversight over air raids aimed at preventing civilian casualties.

The UN and rights groups have repeatedly voiced concerns that the increase in airstrikes across the country by US and Afghan forces has resulted in a major upswing in civilian casualties.

During the first half of 2019, pro-government forces, including the US, killed 717 civilians, an increase of 31% from a year earlier, the UN reported last year.

Most of the deaths came from US and Afghan airstrikes, often in support of national forces on the ground, the report said.

The increase in bombings comes as Washington and the Taliban continue to wrangle over a possible agreement that would see US troops begin to leave Afghanistan in return for security guarantees.

The Taliban has been pushing to reach a withdrawal agreement with Washington by the end of January and is prepared to "scale down" military operations ahead of signing a deal, the group's chief spokesman said earlier this month.

The two sides had been negotiating an agreement for a year and were close to an announcement in September 2019 until Trump abruptly declared the process "dead", citing Taliban violence.

Taliban sources told AFP earlier this month they had offered to initiate a brief cease-fire of seven to 10 days in order to formally restart talks, but there has since been no announcement on the proposal by either party.

新華社も伝えた。
2020/1/28 17:10 (JST)1/28 17:16 (JST)updated
米航空機、アフガンで墜落 タリバンが撃墜主張
【新華社ガズニ1月28日】アフガニスタンの反政府武装勢力タリバンの報道官は27日、タリバンが同日、米中央情報局(CIA)所属の航空機を撃墜し、死者の中に多数の米兵のほか、CIA高官が含まれていたと発表した。


次は、モスクワに出てきたタリバンの代表団。タリバンの写真に出てくる若い人は、みなひたむきな顔つきをしています。次の左前列を歩く人たちは、警護の役割でしょう。左端の若い人は、ひときわ体格が良いです。


米国は、人的被害の大きさを隠し通そうとするものと見られます。
posted by ZUKUNASHI at 18:53| Comment(0) | 国際・政治

US At Risk of Ecological Disaster Due to Improperly Stored Nuclear Waste, New Study Finds

SPUTNIK2020/1/29
US At Risk of Ecological Disaster Due to Improperly Stored Nuclear Waste, New Study Finds
The United States does not currently have a landfill for nuclear waste from the defence industry, which is normally stored inside metal canisters buried underground near the nuclear plants where it was produced.

The United States could face the risk of nuclear contamination due to inadequate nuclear waste storage methods, a new publication in the journal Nature Materials revealed.

According to the lead scientist behind the research, Xiaolei Guo, the existing techniques are insufficient to keep waste stored safely, as the material used in the current storage methods quickly becomes corroded, raising the risk of nuclear waste leaking into the soil, water and air.

The research team carried out an experiment in simulated conditions under Yucca Mountain where the US waste repository is expected to be built. They found that the corrosion level of stainless steel, used in storage canisters, was 'severe' due to chemical reactions being accelerated by nuclear waste.

"In the real-life scenario, the glass or ceramic waste forms would be in close contact with stainless steel canisters. It creates a super-aggressive environment that can corrode surrounding materials", Guo said.

According to the scientist, if the casing of the containers gets damaged, the high-level radioactive material could cause ecological devastation.

posted by ZUKUNASHI at 15:18| Comment(0) | 福島原発事故

某国情報機関からハッキング攻撃を受けているのは私だけ? そんなことはないはず

このブログ管理人は、ハッキング攻撃と戦っています。

なんで情報機関だとわかる? 向こうが探りの手を入れてきたりするタイミングが、米国の日中、執務時間だけなんです。こちらの時間でいえば夜遅くから翌早朝です。個人ハッカーなら執務時間通りに仕事をしたりしませんよね。

つらつら考えると、このブログは米国の不当な所業をあちこちのサイトから拾って転載していますが、全部公開情報、半ば周知の事実なんですよ。それでもとても不快に感じるらしい。私のこのブログのほかにそういうことをやっているサイトは、世界中探せばいろいろあるはずですけどね。

私の転載元ツイート主の特に海外在住の方は、もっと格段に厳しい攻撃にあっているでしょう。そんなことを考えると、大変親近感が、連帯感が強まるんです。

そして次なる疑問。日本でこういう攻撃や嫌がらせを受けている人はいないのでしょうか。

あまり聞きませんけど、集団ストーカー行為の被害を受けている人は、こういう海外の情報機関による仕掛けで体調を悪化させたりする例があるのではないかと考えるようになりました。

そういう被害者は、まずパソコンにいたずらをされます。パソコンの中に記録していた画像が全部変わってしまうような例があります。単なるハッカーがそんなことをしてどんな意味がある?

その方がサイトを運営していたり、ツイッターを使って発信したりしていれば、本人を特定することは簡単です。ジャーナリストとして本を書いたりしている人は、個人情報を前面に出して仕事をしています。

以前、集団ストーカー被害に遭っているという方のツイートでリンクされていたサイトを開こうとしたら、カスペルスキーが警告を発したことがありました。その方にツイートで報告しましたが、やり方がまずくて届かなかったのか、何もリアクションはありませんでした。

また、F1のライブカメラ上部に映る灯りを航空機のものと認識しておられたので、これは漁船の灯火だとお知らせしました。こちらは届いたようです。私もアマアマですが、かなり甘いところかおありのようにお見受けしました。
 
日常的に追跡行為、ストーカーの被害に遭っている人もいます。これは、情報機関からどこかの団体に発注すれば簡単です。どうも宗教団体の一部がそんな仕事を受けているのではないでしょうか。こちらは人員動員力です。若い女性から中年男性までいろいろな年齢層、性別の人を動員しており、宗教勧誘に従事している人たちと同じ構成です。

さらにガンマ線やX線を浴びせられたという訴えもあります。これになると特殊な機器の調達が必要になりますが、情報機関なら手配できます。

海外の情報機関は、香港の暴徒には、覚せい剤の調達まで手伝っています。

なんでもできますね。

ただ店舗で購入した商品に毒が入っていたという訴えが本当であれば、これはドローンによる暗殺に近い窮迫な危険になっています。

集団ストーカー行為の被害例をネットで見ると、まさに付きまといや音波、電磁波でターゲットに精神的ダメージを与えることを目的としていて、海外の情報機関がこんな迂遠な措置を取るとは思えない。

脅してもダメなら、サイトの運営ができないようにするという目的に向かってもっと脅威を高めていくのだろうと思います。

起きて机に向かえないような身体状況に追い込むのは、こういうネット発信や書籍執筆を阻む目的ですから、おそらく情報機関が仕掛けている可能性はあります。

このような状況に追い込まれたら、推定される原因を除くようにすることです。例えば、ある組織の糾弾を止めたとしても、何も人格を疑われるようなことはありません。逆に取り込まれて礼賛を始めたりすれば、軽蔑されることはあっても、生き延びるためには仕方がないこと。

そこは開き直るべきです。
posted by ZUKUNASHI at 15:00| Comment(0) | 国際・政治

ハッキング攻撃と戦う このブログが「殉教」する日はいつ?

パソコン攻撃をかわすため、夜は固定ネット回線モデムの電源を落として外部からアクセスできないようにすることにしましたが、1/18の就寝時にこの措置を忘れたら、1/19のネット接続時にまたIPアドレスが変わっていました。


今日は、契約するプロバイダーに電話して、IPアドレスの再取得方法を聞きました。すべてのケーブルを抜いて2分ほど待ってから再度つなぐとIPアドレスが変わるとの説明でした。

やりましたが変わりません。日中外出しましたのでその間何時間かモデムにつながるケーブルを全部抜きました。帰宅後につなぐとやはり変わっていません。国内のIPアドレスを国内の別のIPアドレスに変えたいのです。現在私の使っているIPアドレスが何者かに把握されていますので、別のIPアドレスに変えれば、悪さを仕掛けられなくなります。

もう一度電話。窓口の若い人は意味が分からないようです。確実にIPアドレスを変えるにはいったん解約して、再度契約すればよいと言いますから、再契約時の初期費用はかかるの? と聞くと、契約料に工事費がかかるとの返事でした。

そんなんなら解約するよ、と答えます。こちらの事情を全然分かっていません。改めて、次のように説明しました。

これまで長らくあるIPアドレを使ってきたが、最近になってそれが米国内に割り当てられているIPアドレスに変わる現象が起きている。このIPアドレスは、国外(外国)のIPアドレスだから接続先によっては接続できないことがある。(これはメールの発信元IPアドレスによるブロックを念頭に置いています。)

いつの間にかIPアドレスが変わるのは、プロバイダーが私に貸与しているモデムかプロバイダーが管理するサーバーに脆弱性があることによるとみられる。現に、米国内のIPアドレスに変わった後、モデムの電源を切ってリセットするとIPアドレスが元の国内のIPアドレスに戻る。

私のプロバイダーは、サーバーなどの管理はやっておらず他社が管理しているそうで、調べてみるが1週間かかると。

窓口が技術的なことに詳しくないのは仕方がありませんが、事の重大性をわかってもらうために、「プロバイダーが割り当てるIPアドレスが、勝手に米国のIPアドレスに変えられてしまう。その原因はプロバイダーのソフトまたはハードの脆弱性にあるとの評価が広まったら、お客が逃げて会社潰れますよ」と伝えました。

とりあえず、就寝時のモデムの電源切断を励行することにしました。

偽のIPアドレスを使ってネットに接続していますと、外部のサイトにつなぐ場合に入力するパスワードなどが読み取られ、例えば、レンタルサーバーやブログのサーバーに入り込んで中をめちゃくちゃにされることが容易に推定できます。ネットバンキングはほとんど使っていませんが、これも同じ危険があります。

45.92.32.*というIPアドレスは、よく知られているもののようです。このIPアドレスを検索すると、日本の良くわからない会社の名前が出てくることもあります。

45.92.32.2で検索した際に次のような情報も表示されました。45から始まるものは米国に割り当てられています。
https://www.proxydocker.com/ja/iplookup/45.92.32.2から転載

この範囲でIpを悪用する (20/5915)
IP カテゴリー 最後の検出
United States country logo 45.140.207.54 Web App Attack 12 hours ago
United States country logo 45.136.108.87 Port Scan 12 hours ago
United States country logo 45.12.220.164 Web App Attack 12 hours ago
United States country logo 45.140.207.232 Blog Spam 12 hours ago
United States country logo 45.132.110.136 Port Scan 12 hours ago
United States country logo 45.141.68.28 Brute-Force 12 hours ago
United States country logo 45.143.222.24 Port Scan 12 hours ago
United States country logo 45.88.5.11 Hacking 12 hours ago
United States country logo 45.143.220.164 Port Scan 12 hours ago
United States country logo 45.9.10.59 Web App Attack 12 hours ago
United States country logo 45.80.184.228 Port Scan 12 hours ago
United States country logo 45.143.220.163 Port Scan 12 hours ago
United States country logo 45.143.221.35 Port Scan 12 hours ago
United States country logo 45.14.150.130 Hacking 12 hours ago
United States country logo 45.143.220.166 Fraud VoIP 12 hours ago
United States country logo 45.143.220.158 Fraud VoIP 12 hours ago
United States country logo 45.10.88.55 Port Scan 12 hours ago
United States country logo 45.141.87.22 Brute-Force 12 hours ago
United States country logo 45.10.175.13 Hacking 12 hours ago
United States country logo 45.149.41.162 Hacking 12 hours ago

サイトを運営している息子が、セキュリティの対策を強化しないといけなくなって・・・と話していました。レンタルサーバー会社を変えたのではないかと思います。

プロバイダーもいろいろありますが、技術的にはピンからキリまででしょう。そう考えて、もう固定ネット回線を止めてみることにしました。前にも記事を書きましたが、据え置き型LTEルーターにしました。

すでに、据え置き型LTEルーター1台にスイッチングハブ経由で3台のパソコンをつないで、1日のデータ量が200MBほどになっています。大きなグラフの送信に時間がかかったり、円滑でないところがあります。

もう1台の在庫を自分用におろしました。スマホに使っていたSIMを入れて、常用パソコンとつないでいます。この記事からは携帯向け電波経由で送信しています。

IPアドレスは、ネット上の住所、地番です。それがこんなに簡単に変えられてしまうなら、ほかにもIPアドレスを変えられたまま気づかないでパソコンを使い、すべての情報が洩れている人もいるはずです。

前に集団によるハラスメントを受けているという方が、パソコンの中の画像ファイルをいじられてへんちくりんの画像だらけになっているキャプチャー画面をアップしていたことがありますが、ありうることなのです。

でも、それは本人の防護が不足していたということです。プロバイダーのセキュリティが弱かったということもありましょうが。

私のパソコンの中身が抜かれていれば、私とメールのやり取りをした方に、「ずくなしと付き合わないほうが身のためだ」というメールが届くかもしれません。

今回の、IPアドレス乗っ取りでは、45で始まるIPアドレスが使われた点にメッセージが込められています。何で米国に割り振られたIPアドレス? 米国の誰か、あるいは機関がやったんだぞということを知らせています。

1回目は、サーバー攻撃、そしてIPアドレスの乗っ取りと進みました。IPアドレスの乗っ取りが3回発生し、プロバイダーがセキュリティ確保の技術面で大きく遅れをとっていることが判明したのでネット接続の方法を変えました。しばらくは、おかしな現象を免れるとは思いますが、いかんせんネット接続のスピードが遅い。仕方がありません。ボチボチやっていくことにします。

お便りから

しかし、世界最大のテロ組織、米国情報機関から工作をされるとは、ずくなし様のブログも出世したものですなww

ははは、光栄に存じますと言うべきでしょうかね。でも、これが続くとドローンを使った暗殺になるんですよ。ソレイマニやアサンジのように。ヒラリーはCIAにアサンジをドローンで殺せないかと言ったそうです。

2020/1/20、プロバイダーから連絡があり、いろいろ説明して、結局モデムを交換することとなった。そして、モデム交換の後に、パソコン、スイッチングハブ、ルーターをそれぞれ一定の期間電源停止し、他のケーブルも抜いて以前の情報が残らないようにしてからケーブルをつなぎ、電源をオンにしてほしいと言われた。

日中、外出時にパソコンの電源を落とすことはある。モデム、ルーター、スイッチングハブは、電源を入れたままだ。帰宅後、パソコンの電源を入れても、45.・・・のIPアドレスになったことはまだない。1/19も朝、起床後にパソコンの電源を入れて45.・・・のIPアドレスになっていることに気づいた。

日本時間の深夜から朝までが敵さんの執務時間だ。手元のパソコンやルーターに何か仕込まれているとすれば、パソコン再起動で45.・・・のIPアドレスになるだろうと思うのだが、まあ、モデムが来てからだ。

もう夜間、モデムを電源入れっぱなしにはしないつもりだが。

2020/1/21に日付が変わって間もなく、寝る前にIPアドレスを確認したら、国内割り振りの番号のまま少し変わっていた。パソコンは再起動していない。モデムも再起動していない。ルーターは使っていない。プロバイダーのほうの操作でIPアドレスは変えられるらしい。瞬時に。夜遅い時間で、ネットを使わない作業もしていた。

パソコンを再起動。IPアドレスは変わらない。就寝前にモデムの電源を落とした。
1/21、起床後にモデムに電源を入れ、パソコンをつけてIPアドレスを確認。就寝前と変わっていない。プロバイダーは、私の使用するパソコンやルーターに原因があるかもしれないようなことを言っていたが・・・、まあ、モデムが届いたら言われたとおりにやってみよう。

1/21、また電話をもらいました。担当は女性。技術担当に言われたことを私に尋ねている様子。今度は使用機器のMACアドレスを教えろと。向こうでもパソコンのMACアドレスを把握していた。

でも今はIPアドレス乗っ取り時に使っていたルーターは使っていない。乗っ取り時の機器構成を調べてそれぞれのMACアドレスを調べなければならないんじゃないだろうか。

接客窓口だからと言ってもよく理解できていないことを聞くのも難しいですよね。担当の技術者はパニクっているらしい。直接私と話せば話が早いのに。

IPアドレスが変わったからもういいよと答えたが。担当の技術者は怖くて夜も眠れないはずだ。どこそこのプロバイダーは、IP乗っ取りがやりやすいなどとの風説が流布したら大変なことだ。

プロバイダーの推定がつかないように記事を点検しなければ。

1/22、昼前に新しいモデムが届いた。これまでのものは韓国製だったが、今度は日本メーカー。ケーブルをつないで電源を入れてすぐ動いた。IPアドレスは変わらず。これでずっと使い続けた。

暗くなってから、2回インターネットが止まった。団地のどこかに光回線から電話線に信号を変換して送る設備があるはず。そこの私の家につながる部分をリセットすると言っていた。1回目の停止の後、プロバイダーから電話があった。あくまでもIPアドレスは自動設定で向こうでは操作できないという。何しないうちに変わったのだけど、今のIPアドレスなら敵は知らないからこのままでよいと答えた。

一言、おせっかいに付言した。私は前におかしくなった古いIPアドレスでなくなったからいいけど、おかしくなったIPアドレスが他の人に使われていれば、その人が今度は攻撃対象になる恐れがあること、それに技術担当の人には、今回のような事象を起こしているのは近くの国のハッカーではなくてどこかの国の情報機関のはずだから、最新の技術を使っているとみられる、と伝えてくれと話した。

ただ敵さんは、3回もIPアドレスを変えて目的は達成したはずだ。威嚇が目的だから、それで私の様子を、反応を見ていると思う。ビビッて敵に不快なことを書かなければ攻撃は止まるだろう。だが、私はあくまでもファイテイングポーズは崩さない。

回線の複数化を一部開始したが、200kbs回線ではいかんせん遅い。もう少し速い格安SIMの導入を検討中だが、固定と両方使うのは経済的な負担が大きい。

あとバックアップの励行。あーあ、どんどん仕事が増えていく。

・・・・

久しぶりに外付けハードディスクをつないだので常用パソコンのドキュメントのディレクトリのバックアップを取った。これでとりあえず、ハッキングされてこれまでの蓄積ファイルが消えてがっくり来ることはない。

1/28、ブログのリンク元を見たら、また探りが入っている。手法はこれまでと変わっていない。私の使っているIPアドレスがわかればハッキング可能と敵は考えている。

アフガンの米軍機撃墜もFARSNEWSのサイトへの接続妨害も書いた。ソフトバンクとCIAの関連も書いた。日本の企業からCIAにあのブログを妨害しろとの依頼が入ってもおかしくないと思う。ソフトバンクの回線はとても怖い。絶対に使わない。使えない。

だが、このまま私の研究が進むと敵との対決が強まる。IPアドレスを把握できなければ、ブログが閲覧できないようにするだろう。前回あったサーバー攻撃は、さくらインターネットのブログサーバーに対して行ったのだが、ほとんど効果がなかった。

FARSNEWSサイトの接続切断は、http://en.farsnews.comに対して行われている。http://en.farsnews.irはつながる。後者のDNSサーバーはイランが管理しているため?

月2000円で少しスピードの速いデータ専用SIMが使えるらしい。戦うためには、カネがかかるのも仕方がないか。家の中で据え置き型LTEルーターを置いても電波影響がない場所を探してみよう。




※ ロイター2020年1月20日 / 09:50 / 13時間前更新
三菱電機、サイバー攻撃で情報流出の可能性を確認
[東京 20日 ロイター] - 三菱電機(6503.T)は20日、同社のネットワークが第三者による不正アクセスを受け、個人情報と企業機密が外部に流出した可能性があることを確認した。
広報担当者によると、同社が端末の不審な挙動を認識したのは2019年6月28日。その後、速やかに外部からのアクセスを制限するなどの対策を講じた。防衛・電力・鉄道などの社会インフラに関する機微な情報、機密性の高い技術情報や取引先に関わる重要な情報は流出していないことを確認済みという。現在までのところ、被害や影響は確認されていない。
20日付朝日新聞朝刊は、同社が大規模なサイバー攻撃を受け、機密性の高い情報が広く流出した恐れがあると報じた。
報道によると、本社など少なくとも国内外の120台超のパソコンや40台超のサーバーに不正に侵入された形跡が見つかった。不正アクセスの手口などから、防衛関連の機密情報を主に狙う中国系のサイバー攻撃集団「Tick(ティック)」が関与した可能性があるとみているという。
posted by ZUKUNASHI at 12:40| Comment(4) | 国際・政治

ソ連製の原子力利用衛星が地上に落ちてくる?

SPUTNIK07:13 GMT 28.01.2020
Russia Considers Assessing Risk of Soviet-Made Nuclear-Powered Satellites Falling to Earth
by Oleg Burunov
The Soviet Union launched a total of 33 satellites equipped with on-board nuclear power units between 1965 and 1988, in a bid to monitor NATO ships.

The Russian Academy of Sciences (RAS)’s Council for Space Exploration plans to recommend that the country’s relevant ministries and departments keep a more watchful eye on nuclear-powered objects in outer space, so as to predict possible risks of their falling on Earth, according to a Council statement signed by RAS head Alexander Sergeyev.

In a statement which Sputnik obtained a copy of, the Council specifically singled out the Russian Ministries of Defence, Communications, and Emergencies as well as the State Space Corporation Roscosmos, the State Atomiс Energy Corporation ROSATOM and the Federal Service for Hydrometeorology and Environmental Monitoring.

They are tasked with “monitoring space objects with nuclear energy sources and their parts in the context of the analysis of man-made pollution of near-Earth outer space and forecasting the possible risks of an uncontrolled return of such objects to the atmosphere”.

The statement comes after Sergey Meshcheryakov from Roscosmos’ main research institute claimed last year that old Soviet nuclear-powered satellites pose a threat to other space objects.

He asserted that a cloud of potassium-sodium droplets ejected from nuclear reactors may endanger spacecraft operating at an altitude of about 1,000 kilometres. The sodium-potassium alloy was used as a coolant in the Buk nuclear power units installed on the Soviet satellites.

In July 2019, it was reported that Meshcheryakov has been detained on high treason charges.
Soviet Nuclear-Powered Satellites in Outer Space

Between 1965 to 1988, the Soviet Union launched a total of 33 nuclear-powered Controlled Active Satellites into near-Earth orbit, tasked with monitoring NATO and merchant vessels with the help of a radar.

The inclusion of a nuclear power unit was necessary due to the lack of energy from solar batteries used by the satellites' radars. For safety purposes, the satellites were taken out to high Earth orbit after the end of their service life.

On 24 January, 1978, however, one of these satellites scattered radioactive debris over northern Canada after it crashed due to a malfunction.

posted by ZUKUNASHI at 11:37| Comment(0) | 福島原発事故

古い人工衛星2個が今週米国上空で衝突の恐れが高まる

使用停止となった人工衛星2個が2020/1/29、米国上空で衝突する恐れ。破片が宇宙空間にとどまり、他の衛星などに影響を与える可能性が懸念されています。地上に落ちるものももちろんあるのでしょう。
RT2020/1/28
Fears mount that two old satellites will SMASH into each other above US this week
Space debris tracking service LeoLabs has sounded the alarm after discovering that two defunct and decommissioned satellites are hurtling towards each other and may collide over the continental US this week.

The pair of satellites are expected to cross paths on January 29 at 23:39:35 UTC, at an altitude of around 560 miles (901 kilometers) above Pittsburgh, PA. At a relative velocity of 9.1 miles per second (14.7 kilometers per second), the machines are expected to come within 50 to 100 feet (15 to 30 meters) of each other. However, there is a one in a hundred chance they'll hit each other and create a huge debris field in orbit.

The bigger of the two is the decommissioned IRAS space telescope which was sent up in 1983, measuring 11.8 by 10.6 by 6.7 feet (3.6 by 3.24 by 2.05 meters) and having a launch mass of 2,388 pounds (1,083 kg).

Its potential doomsday date is the GGSE-4, a defunct science payload from 1967, which weighs just 10 pounds (4.5 kg) but is attached to the 187-pound (85 kg) recently declassified military satellite Poppy 5.

Earth specialists have no way of communicating with either satellite to alter their respective courses and prevent a possible collision.

“There's potentially a large amount of debris that will be created,” space archaeologist Alice Gorman of Australia’s Flinders University said.

“I would say this is one of one of the most dangerous possible collisions that we've seen for some time.”

While any potential collision poses no direct threat to people on Earth, it does increase the risk of the debris field striking a functioning satellite, in an increasingly congested low-Earth orbit.
posted by ZUKUNASHI at 11:31| Comment(0) | 国際・政治

福島県内には立ち入らない

※ 大島堅一@kenichioshima氏の2020/1/28のツイート
除染土(除去土壌)の話。環境省の除去土壌再利用は本気ですよ。除去土壌を処理すると「再生資材」に名前がかわり、再利用という名の福島県内での(?)埋設(=事実上の最終処分)となります。で、再生資材の量が増えればふえるほど、当然ながら、最終処分施設での処分量が減ります。

・・・・・

オリンピックまで6か月、それまでに黒いフレコンの山を目立たなくするためには、現地での埋設しか方法がありません。「再生資材」を使ったところに警告の看板が立つわけではないでしょう。造成地や公共施設の敷地内にこの「再生資材」が使われるわけで、最近工事が行われたところほど汚染土壌が使われている可能性が高くなる。

地表面ではそれほど高い空間線量率を示すことのないように被覆措置などをするでしょうが、いつ内部の汚染土壌が露出、流出するかはわからない。福島県内は、汚染土壌の「地雷」が埋まっている状況だと言えます。

そのほかにも、フレコンを川に落として水で洗ったり、汚染水を海に流したり、手法は様々です。とてもおちおち歩けるような状況ではない。

福島県内に足を踏み入れたのは、子供のころに会津若松。大人になってからは、福島市に葬式で、ほかに人に会いに行ったことも。この時は浜通りの特急で帰ってきた。

もう行くことはない。行く人がいればやめろと言い続ける。

バスビーでも同じだろう。
posted by ZUKUNASHI at 11:26| Comment(0) | 福島原発事故

2020年01月27日

電磁波が原因となり体調異変を感じる人が増えている印象

やはり電磁波が原因となって体調に異変を感じる人が増えています。

管理人が、読者からうかがうところからの状況判断です。

とても難しいのは、原因となるものが個人の使用するスマホなどである場合が多いこと。

しかも、それが自家の家族の使うものでない場合が少なくないことです。

管理人はWifi電波の異常に気付いて、電波の軽減を近所の家に依頼して協力を得ました。ですが、スマホの利用を減らしてくれとは言いにくいです。

そのため、自分の家のほうで電磁波防護シートを貼ったりしなければならないことになります。ですが、その効果は限定的です。

まず、体調不良を引き起こす原因となっている機器の特定から、調査は専門の機器を使い、時間をかけて行う必要があります。

管理人も、無警戒に電波機器を使ってきましたので、昔の状態を再現して計器で測定すると、大変な電磁波被ばくになっていました。

これまでの経験では、携帯向けの電波が多いところでは、リアルタイム空間線量率測定装置が異常を起こし停止する例が多いです。地方に設置された装置では数が少ないのに都市部に設置されたものに発生が多いことから明らかです。

ただ、これが携帯向け電波の基地局から発せられた電波によるものか、それと交信する携帯機器の発する電波によるものかは確認できていませんが、両方が原因となっているように感じています。

いったん電磁波過敏症の症状が現れると、今の日本の都市的地域に住むのは難しくなるでしょう。

大変厄介な問題です。

電磁波問題は、各人の対処能力によって予防するしかありません。無線機器の利用を控える、電波が飛ばないような機器に変更する、家の中の電磁波の低い場所での生活時間を長くする。必要で効果があるものなら適宜電磁波防御機材を使う。

男性より女性に感受性の高い方がおられるようです。

特に困るのは、幼いうちに過敏症の症状が出た場合です。学校に行けなくなる恐れがあります。社会生活に支障が出たら行動が大きく制約されます。

ある芸能人のお宅で電化製品が次々に壊れるという現象がありました。電化製品が壊れるような環境でヒトが影響を受けないなどということはあり得ません。その芸能人はがんを発症されていたと記憶します。

電磁波対策で研究を始めてから知りましたが、以前から家の中の電化製品にことごとくアースを付ける、Wifiを有線に切り替えるなどの対策を徹底して講じてきた方もおられるんですね。

各人の問題対処力が違うことを再認識させられました。これはF1事故後の被ばく回避対策でも同じです。

問題対処能力のない人の遺伝子は次々に絶えていくと思います。今は、日本の政府は、飲食物の安全や環境の不健康要因の抑制策をおろそかにしています。超リベラルなのですよ。すべて自分で対処するしかない。

福島の避難者に対する強制帰還措置を見ていればわかるでしょう?

自然界の掟は、個体レベルでは「いずれすべて消える」で、種レベルでは「適した者(遺伝子)が生存」する、なのだそうです。放射能被ばくでは、放射能に耐性を持つ人はいませんから、放射能被ばくを回避できた人、そういう「適した者」(の遺伝子)が残るんですね。
電磁波被ばくでも同じ。防御措置を講じなかった人の子孫は障害を持って生まれたりします。がんになって若くして亡くなる人もいます。
2019年01月26日
我々全員が「弱者」であり、「弱者」を生かすのがホモ・サピエンスの生存戦略だということです

今、私たちは、「出来るだけ多くの「弱者」を生かすようにした人間の生存戦略」の実行に疑問を抱かなければならない状況に置かれています。私は、福島第一原発事故後のいろいろな働きかけを見て、日本人の少なからざる部分の悪意に驚き、他方で救いようのない情報弱者の存在に強い焦燥感を感じて日々を過ごしてきました。

これは、日本社会の基本的な潮流になっていると思います。ヘイト運動がその典型です。

電磁波問題も同じです。これは、一般論の通じる余地は少なく、個別に個人の置かれた環境・状況に即して対策を考えなければならないという点で、放射能被ばく問題よりもさらに難しさがあります。

あの家途絶えてしまったよ、という例が多くなると思います。もう、「家」などにとらわれることはないと思いますが、イスタブリッシュメントに近い人ほど、お金持ちほど、「家」にこだわる発言が出ることが多いです。

福島第一原発事故による被ばく影響は、この先も続きます。さらに他の問題もいろいろ出るでしょう。日々がサバイバル戦争なのです。
posted by ZUKUNASHI at 21:23| Comment(0) | 電磁波問題

ソフトバンクがやっていることを知れば サーバーも覗きたくなる この秘密 知っていました?

朝日2020年1月25日 21時26分
ロシアによるスパイ活動か SB営業秘密を不正入手疑い
 ソフトバンク(東京都港区)の営業秘密の情報を不正に入手したとして、警視庁は25日、元社員の荒木豊容疑者(48)=千葉県浦安市=を不正競争防止法違反の疑いで逮捕し、発表した。荒木容疑者は調べに対し、情報は在日ロシア通商代表部の外交官に渡したとし、「小遣い稼ぎだった」と供述。ほかにも複数回同様の行為をし、現金を受け取ったこともあると説明しているという。
 通商代表部は貿易関連業務を担うロシア大使館の組織。警視庁は同日、この外交官と、同部に所属していた別の職員1人の出頭を警察庁などを通じて要請しており、2人が情報機関員で、ロシアによるスパイ活動とみて解明を進める。
 公安部によると、逮捕容疑は昨年2月18日、当時勤めていたソフトバンクのサーバーにアクセスし、営業秘密にあたる通信関連の情報を記録媒体2点に記録し、不正に入手したというもの。記録媒体を受け取ったとされる外交官が飲食接待を繰り返し、荒木容疑者に持ち出しをそそのかしていた疑いがあるといい、3年前に帰国した別の職員も関与していたと同庁はみている。昨年12月に同社などに家宅捜索が入り、荒木容疑者は懲戒解雇された。
 逮捕を受け、ソフトバンクもホームページで公表。荒木容疑者が持ち出したとされる情報は作業文書など機密性が低く、機密性の高い情報にアクセスする権限もなかったとしている。

・・・上の記事の内容は理解が困難ですが、下の記事によるとソフトバンクのファンドは極めて政治的な色彩が強いものですから、それらに関連して誰と連絡を取っていたかは、重要な情報です。イスラエルの情報組織もサウジもMbSもUAEも、クシュナーも、クシュナーの友人もトランプも。皆通信先だったはず。米、イスラエル、サウジ、UAE
の要人が企んでいることがわかる。ロシアの情報機関がやっても何も不思議でないし、ソフトバンクに目を付けたのはすごい。

何でサウジのカネでファンドと疑問に思っていましたが、簡単に言えばイスラエルに対する迂回資金投入なんですね。米国への投資は次世代の兵器開発企業などだと。ソフトバンクは次世代武器製造企業の大株主? ロシアにとってはソフトバンクがどの武器開発企業に投資するか極めて重要な情報、そりゃスパイもしますよね。

次の記事は、チリ在住の女性ジャーナリスト Whitney Webb によるものです。マテ茶を呑んでいますね。


おいおい、海外での女性ジャーナリストの活躍はすごいぞ。日本はどうした。
次の記事は長文で難解な面がありますが、ソフトバンクの業務に関心を持つ人はぜひ読まれたらいいです。米国によるファーウェイ叩きで、ソフトバンクが即ファーウエイの5G技術は使わないと表明したこと、なんでサウジの巨額ファンドを設定? トランプに約束した投資は次世代武器の開発企業に投じられる。そういうことかとわかることも多い。^^ ソフトバンクにとっては、地球の反対側から来たニュースで肝心の商売の肝を暴露されてしまいました。

MintPress News
How an Israeli Spy-Linked Tech Firm Gained Access to the US Gov’t’s Most Classified Networks
Through its main investors, SoftBank and Lockheed Martin, Cybereason not only has ties to the Trump administration but has its software running on some of the U.S. government’s most classified and secretive networks.
by Whitney Webb
January 14th, 2020
By Whitney Webb Whitney Webb

管理人注
Cyber​​eason:イスラエルの軍事情報部8200の元メンバーが率いる会社

If the networks of the U.S. military, the U.S. intelligence community and a slew of other U.S. federal agencies were running the software of a company with deep ties, not only to foreign companies with a history of espionage against the U.S. but also foreign military intelligence, it would − at the very least − garner substantial media attention. Yet, no media reports to date have noted that such a scenario exists on a massive scale and that the company making such software recently simulated the cancellation of the 2020 election and the declaration of martial law in the United States.

Earlier this month, MintPress News reported on the simulations for the U.S. 2020 election organized by the company Cybereason, a firm led by former members of Israel’s military intelligence Unit 8200 and advised by former top and current officials in both Israeli military intelligence and the CIA. Those simulations, attended by federal officials from the FBI, DHS and the U.S. Secret Service, ended in disaster, with the elections ultimately canceled and martial law declared due to the chaos created by a group of hackers led by Cybereason employees.

The first installment of this three part series delved deeply into Cybereason’s ties to the intelligence community of Israel and also other agencies, including the CIA, as well as the fact that Cybereason stood to gain little financially from the simulations given that their software could not have prevented the attacks waged against the U.S.’ electoral infrastructure in the exercise.

Also noted was the fact that Cybereason software could be potentially used as a backdoor by unauthorized actors, a possibility strengthened by the fact that the company’s co-founders all previously worked for firms that have a history of placing backdoors into U.S. telecommunications and electronic infrastructure as well as aggressive espionage targeting U.S. federal agencies.

The latter issue is crucial in the context of this installment of this exclusive MintPress series, as Cybereason’s main investors turned partners have integrated Cybereason’s software into their product offerings. This means that the clients of these Cybereason partner companies, the U.S. intelligence community and military among them, are now part of Cybereason’s network of more than 6 million endpoints that this private company constantly monitors using a combination of staff comprised largely of former intelligence operatives and an AI algorithm first developed by Israeli military intelligence.

Cybereason, thus far, has disclosed the following groups as lead investors in the company: Charles River Ventures (CRV), Spark Capital, Lockheed Martin and SoftBank. Charles River Ventures (CRV) was among the first to invest in Cybereason and has been frequently investing in other Israeli tech start-ups that were founded by former members of the elite Israeli military intelligence Unit 8200 over the last few years. Spark Capital, based in California, appears to have followed CRV’s interest in Cybereason since the venture capitalist who co-founded Spark and led its investment in Cybereason is a former CRV partner who still has close ties to the firm.

While CRV and Spark Capital seem like just the type of investors a company like Cybereason would attract given their clear interest in similar tech start-ups coming out of Israel’s cyber sector, Cybereason’s other lead investors − Lockheed Martin and SoftBank − deserve much more attention and scrutiny.

Cybereason widely used by US Government, thanks to Lockheed

“A match made in heaven,” trumpeted Forbes at the news of the Lockheed Martin-Cybereason partnership, first forged in 2015. The partnership involved not only Lockheed Martin becoming a major investor in the cybersecurity company but also in Lockheed Martin becoming the largest conduit providing Cybereason’s software to U.S. federal and military agencies.

Indeed, as Forbes noted at the time, not only did Lockheed invest in the company, it decided to integrate Cybereason’s software completely into its product portfolio, resulting in a “model of both using Cybereason internally, and selling it to both public and private customers.”

Cybereason CEO and former offensive hacker for Israeli military intelligence − Lior Div − said the following of the partnership:

Lockheed Martin invested in Cybereason’s protection system after they compared our solution against a dozen others from the top industry players. The US firm was so impressed with the results they got from Cybereason that they began offering it to their own customers – among them most of the top Fortune 100 companies, and the US federal government. Cybereason is now the security system recommended by LM to its customers for protection from a wide (sic) malware and hack attacks.”

Rich Mahler, then-director of Commercial Cyber Services at Lockheed Martin, told Defense Daily that the company’s decision to invest in Cybereason, internally use its software, and include the technology as part of Lockheed Martin’s cyber solutions portfolio were all “independent business decisions but were all coordinated and timed with the transaction.”

How independent each of those decisions actually was is unclear, especially given the timing of Lockheed Martin’s investment in Cybereason, whose close and troubling ties to Israeli intelligence as well as the CIA were noted in the previous installment of this investigative series. Indeed, about a year prior to their investment in the Israeli military intelligence-linked Cybereason, Lockheed Martin opened an office in Beersheba, Israel, where the IDF has its “cyberhub”. The office is focused not on the sales of armaments, but instead on technology.

Marilyn Hewson, Lockheed Martin’s CEO, said the following during her speech that inaugurated the company’s Beersheba office:

The consolidation of IDF Technical Units to new bases in the Negev Desert region is an important transformation of Israel’s information technology capability…We understand the challenges of this move. Which is why we are investing in the facilities and people that will ensure we are prepared to support for these critical projects. By locating our new office in the capital of the Negev we are well positioned to work closely with our Israeli partners and stand ready to: accelerate project execution, reduce program risk and share our technical expertise by training and developing in-country talent.”

Beersheba not only houses the IDF’s technology campus, but also the Israel National Cyber Directorate, which reports directly to Israel’s Prime Minister, as well as a high-tech corporate park that mostly houses tech companies with ties to Israel’s military intelligence apparatus. The area has been cited in several media reports as a visible indicator of the public-private merger between Israeli technology companies, many of them started by Unit 8200 alumni, and the Israeli government and its intelligence services. Lockheed Martin quickly became a key fixture in the Beersheba-based cyberhub.

Not long before Lockheed began exploring the possibility of opening an office in Beersheba, the company was hacked by individuals who used tokens tied to the company, RSA Security, whose founders have ties to Israel’s defense establishment and which is now owned by Dell, a company also deeply tied to the Israeli government and tech sector. The hack, perpetrated by still unknown actors, may have sparked Lockheed’s subsequent interest in Israel’s cybersecurity sector.

Soon after opening its Beersheba office, Lockheed Martin created its Israel subsidiary, Lockheed Martin Israel. Unlike many of the company’s other subsidiaries, this one is focused exclusively on “cybersecurity, enterprise information technology, data centers, mobile, analytics and cloud” as opposed to the manufacture and design of armaments.

Haden Land, then-vice president of research and technology for Lockheed Martin, told the Wall Street Journal that the creation of the subsidiary was largely aimed at securing contracts with the IDF and that the company’s Israel subsidiary would soon be seeking partnership and investments in pursuit of that end. Land oversaw the local roll-out of the company’s Israel subsidiary while concurrently meeting with Israeli government officials. According to the Journal, Land “oversees all of Lockheed Martin’s information-systems businesses, including defense and civilian commercial units” for the United States and elsewhere.

Just a few months later, Lockheed Martin partnered and invested in Cybereason, suggesting that Lockheed’s decision to do so was aimed at securing closer ties with the IDF. This further suggests that Cybereason still maintains close ties to Israeli military intelligence, a point expounded upon in great detail in the previous installment of this series.

Thus, it appears that not only does Lockheed Martin use Cybereason’s software on its own devices and on those it manages for its private and public sector clients, but it also decided to use the company’s software in this way out of a desire to more closely collaborate with the Israeli military in matters related to technology and cybersecurity.

The cozy ties between Lockheed Martin, one of the U.S. government’s largest private contractors, and the IDF set off alarm bells, then and now, for those concerned with U.S. national security. Such concern makes it important to look at the extent of Cybereason’s use by federal and military agencies in the United States through their contracting of Lockheed Martin’s Information Technology (IT) division. This is especially important considering Israeli military intelligence’s history of using espionage, blackmail and private tech companies against the U.S. government, as detailed here.

While the exact number of U.S. federal and military agencies using Cybereason’s software is unknown, it is widespread, with Lockheed Martin’s IT division as the conduit. Indeed, Lockheed Martin was the number one IT solutions provider to the U.S. federal government up until its IT division was spun off and merged with Leidos Holdings. As a consequence, Leidos is now the largest IT provider to the U.S. government and is also directly partnered with Cybereason in the same way Lockheed Martin was. Even after its IT division was spun off, Lockheed Martin continues to use Cybereason’s software in its cybersecurity work for the Pentagon and still maintains a stake in the company.

The Leidos-Lockheed Martin IT hybrid provides a litany of services to the U.S. military and U.S. intelligence. As investigative journalist Tim Shorrock noted for The Nation, the company does “everything from analyzing signals for the NSA to tracking down suspected enemy fighters for US Special Forces in the Middle East and Africa” and, following its merger with Lockheed and consequential partnership with Cybereason, became “the largest of five corporations that together employ nearly 80 percent of the private-sector employees contracted to work for US spy and surveillance agencies.” Shorrock also notes that these private-sector contractors now dominate the mammoth U.S. surveillance apparatus, many of them working for Leidos and − by extension − using Cybereason’s software.

Leidos’ exclusive use of Cybereason software for cybersecurity is also relevant for the U.S. military since Leidos runs a number of sensitive systems for the Pentagon, including its recently inked contract to manage the entire military telecommunications infrastructure for Defense Information Systems Agency (DISA). In addition to maintaining the military telecom network, Cybereason is also directly partnered with World Wide Technologies (WWT) as of this past October. WWT manages cybersecurity for the U.S. Army, maintains DISA’s firewalls and data storage as well as the U.S. Air Force’s biometric identification system. WWT also manages contracts for NASA, itself a frequent target of Israeli government espionage, and the U.S. Navy. WWT’s partnership is similar to the Lockheed/Leidos partnership in that Cybereason’s software is now completely integrated into its portfolio, giving the company full access to the devices on all of these highly classified networks.

Many of these new partnerships with Cybereason, including its partnership with WWT, followed claims made by members of Israel’s Unit 8200 in 2017 that the popular antivirus software of Kaspersky Labs contained a backdoor for Russian intelligence, thereby compromising U.S. systems. The Wall Street Journal was the first to report on the alleged backdoor but did not mention the involvement of Unit 8200 in identifying it, a fact revealed by the New York Times a week later.

Notably, none of the evidence Unit 8200 used to blame Kaspersky has been made public and Kaspersky noted that it was actually Israeli hackers that had been discovered planting backdoors into its platform prior to the accusation levied against Kaspersky by Unit 8200. As the New York Times noted:

Investigators later discovered that the Israeli hackers had implanted multiple back doors into Kaspersky’s systems, employing sophisticated tools to steal passwords, take screenshots, and vacuum up emails and documents.”

Unit 8200’s claims ultimately led the U.S. government to abandon Kaspersky’s products entirely in 2018, allowing companies like Cybereason (with its own close ties to Unit 8200) to fill the void. Indeed, the very agencies that banned Kaspersky now use cybersecurity software that employs Cybereason’s EDR system. No flags have been raised about Cybereason’s own collaboration with the very foreign intelligence service that first pointed the finger at Kaspersky and that previously sold software with backdoors to sensitive U.S. facilities.

SoftBank, Cybereason and the Vision Fund

While its entry into the U.S. market and U.S. government networks is substantial, Cybereason’s software is also run throughout the world on a massive scale through partnerships that have seen it enter into Latin American and European markets in major ways in just the last few months. It has also seen its software become prominent in Asia following a partnership with the company Trustwave. Much of this rapid expansion followed a major injection of cash courtesy of one of the company’s biggest clients and now its largest investor, Japan’s SoftBank.

SoftBank first invested in Cybereason in 2015, the same year Lockheed Martin initially invested and partnered with the firm. It was also the year that SoftBank announced its intention to invest in Israeli tech start-ups. SoftBank first injected $50 million into Cybereason, followed by an additional $100 million in 2017 and $200 million last August. SoftBank’s investments account for most of the money raised by the company since it was founded in 2012 ($350 million out of $400 million total).

Prior to investing, Softbank was a client of Cybereason, which Ken Miyauchi, president of SoftBank, noted when making the following statement after Softbank’s initial investment in Cybereason:

SoftBank works to obtain cutting edge technology and outstanding business models to lead the Information Revolution. Our deployment of the Cybereason platform internally gave us firsthand knowledge of the value it provides, and led to our decision to invest. I’m confident Cybereason and SoftBank’s new product offering will bring a new level of security to Japanese organizations.”

SoftBank − one of Japan’s largest telecommunications companies − not only began to deploy Cybereason internally but directly partnered with it after investing, much like Lockheed Martin had done around the same time. This partnership resulted in SoftBank and Cybereason creating a joint venture in Japan and Cybereason creating partnerships with other tech companies acquired by SoftBank, including the U.K.’s Arm, which specializes in making chips and management platforms for Internet of Things (IoT) devices.

SoftBank’s interest in Cybereason is significant, particularly in light of Cybereason’s interest in the 2020 U.S. election, given that SoftBank has significant ties to key allies of President Trump and even the president himself.

Indeed, SoftBank’s Masayoshi Son was among the first wave of international business leaders who sought to woo then-president-elect Trump soon after the 2016 election. Son first visited Trump Tower in December 2016 and announced, with Trump by his side in the building’s lobby, that SoftBank would invest $50 billion in the U.S. and create 50,000 jobs. Trump subsequently claimed on Twitter that Son had only decided to make this investment because Trump had won the election.

Son told reporters at the time that the investment would come from a $100 billion fund that would be created in partnership with Saudi Arabia’s sovereign wealth fund as well as other investors. “I just came to celebrate his new job. I said, ‘This is great. The US will become great again,'” Son said, according to reports.

Then, in March of 2017, Son sent top SoftBank executives to meet with senior members of Trump’s economic team and, according to the New York Times, “the SoftBank executives said that because of a lack of advanced digital investments, the competitiveness of the United States economy was at risk. And the executives made the case, quite strongly, that Mr. Son was committed to playing a major role in addressing this issue through a spate of job-creating investments.” Many of SoftBank’s investments and acquisitions in the U.S. since then have focused mainly on artificial intelligence and technology with military applications, such as “killer robot” firm Boston Dynamics, suggesting Son’s interest lies more in dominating futuristic military-industrial technologies than creating jobs for the average American.

After their initial meeting, Trump and Son met again a year later in June 2018, with Trump stating that “His [Son’s] $50 billion turned out to be $72 billion so far, he’s not finished yet.” Several media reports have claimed that Son’s moves since Trump’s election have sought to “curry favor” with the President.

Through the creation of this fund alongside the Saudis, SoftBank has since become increasingly intertwined with Saudi Crown Prince Muhammad bin Salman (MBS), a key ally of President Trump in the Middle East known for his authoritarian crackdowns on Saudi elites and dissidents alike. The ties between Saudi Arabia and SoftBank became ever tighter when MBS took the reins in the oil kingdom and after SoftBank announced the launch of the Vision Fund in 2016. SoftBank’s Vision Fund is a vehicle for investing in hi-tech companies and start-ups and its largest shareholder is the Public Investment Fund of Saudi Arabia. Notably, Son decided to launch the Vision Fund in Riyadh during President Trump’s first official visit to the Gulf Kingdom.

In addition, the Mubadala Investment Company, a government fund of the United Arab Emirates (UAE), gave $15 billion to the Vision Fund. UAE leadership also share close ties to the Trump administration and MBS in Saudi Arabia.

As a consequence, SoftBank’s Vision Fund is majority funded by two Middle Eastern authoritarian governments with close ties to the U.S. government, specifically the Trump administration. In addition, both countries have enjoyed the rapid growth and normalization of ties with the state of Israel in recent years, particularly following the rise of current Saudi Crown Prince Muhammad bin Salman and Jared Kushner’s rise to prominence in his father-in-law’s administration. Other investments in the Vision Fund have come from Apple, Qualcomm and Oracle’s Larry Ellison, all tech companies with strong ties to Israel’s government.

The Saudi and Emirati governments’ links to the Vision Fund are so obvious that even mainstream outlets like the New York Times have described them as a “front for Saudi Arabia and perhaps other countries in the Middle East.”

SoftBank also enjoys close ties to Jared Kushner, with Fortress Investment Group lending $57 million to Kushner Companies in October 2017 while it was under contract to be acquired by SoftBank. As Barron’s noted at the time:

When SoftBank Group bought Fortress Investment Group last year, the Japanese company was buying access to a corps of seasoned investors. What SoftBank also got is a financial tie to the family of President Donald Trump’s senior advisor and son-in-law, Jared Kushner.”

According to The Real Deal, Kushner Companies obtained the financing from Fortress only after its attempts to obtain funding through the EB-5 visa program for a specific real estate venture were abandoned after the U.S. Attorney and the Securities and Exchange Commission began to investigate how Kushner Companies used the EB-5 investor visa program. A key factor in the opening of that investigation was Kushner Companies’ representatives touting Jared Kushner’s position at the White House when talking to prospective investors and lenders.

SoftBank also recently came to the aid of a friend of Jared Kushner, former CEO of WeWork Adam Neumann. Neumann made shocking claims about his ties to both Kushner and Saudi Arabia’s MBS, even asserting that he had worked with both in creating Kushner’s long-awaited and controversial Middle East “peace plan” and claimed that he, Kushner and MBS would together “save the world.” Neumann previously called Kushner his “mentor.” MBS has also discussed on several occasions his close ties with Kushner and U.S. media reports have noted the frequent correspondence between the two “princelings.”

Notably, SoftBank invested in Neumann’s WeWork using money from the Saudi-dominated Vision Fund and later went on to essentially bail the company out after its IPO collapse and Neumann was pushed out. SoftBank’s founder, Masayoshi Son, had an odd yet very close relationship with Neumann, perhaps explaining why Neumann was allowed to walk with $1.7 billion after bringing WeWork to the brink of collapse. Notably, nearly half of SoftBank’s approximately $47 billion investments in the U.S. economy since Trump’s election, went to acquiring and then bailing out WeWork. It is unlikely that such a disastrous investment resulted in the level of job creation that Son had promised Trump in 2016.

Given that it is Cybereason’s top investor and shareholder by a large margin, SoftBank’s ties to the Trump administration and key allies of that administration are significant in light of Cybereason’s odd interest in 2020 U.S. election scenarios that end with the cancellation of this year’s upcoming presidential election. It goes without saying that the cancellation of the election would mean a continuation of the Trump administration until new elections would take place.

Furthermore, with Cybereason’s close and enduring ties to Israeli military intelligence now well-documented, it is worth asking if Israeli military intelligence would consider intervening in 2020 if the still-to-be-decided Democratic contender was strongly opposed to Israeli government policy, particularly Israel’s military occupation of Palestine. This is especially worth considering given revelations that sexual blackmailer and pedophile Jeffrey Epstein, who targeted prominent U.S. politicians, mostly Democrats, was in the employ of Israeli military intelligence.

Notably, Cybereason’s doomsday election scenarios involved the weaponization of deep fakes, self-driving cars and the hacking Internet of Things devices, with all of those technologies being pioneered and perfected − not by Russia, China or Iran − but by companies directly tied to Israeli intelligence, much like Cybereason itself. These companies, their technology and Cybereason’s own work creating the narrative that U.S. rival states seek to undermine the U.S. election in this way, will all be discussed in the conclusion of MintPress’ series on Cybereason and its outsized interest in the U.S. democratic process.

Feature photo | Graphic by Claudio Cabrera

Whitney Webb is a MintPress News journalist based in Chile. She has contributed to several independent media outlets including Global Research, EcoWatch, the Ron Paul Institute and 21st Century Wire, among others. She has made several radio and television appearances and is the 2019 winner of the Serena Shim Award for Uncompromised Integrity in Journalism.
Republish our stories! MintPress News is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 International License.
posted by ZUKUNASHI at 18:25| Comment(0) | 国際・政治

この事件 とっても面白いが 深刻な影響も

香港の暴動は、多くの人にとってその展開が予想を超えるものとなったでしょう。国内の問題もそうですが、特に海外の事件、問題については、正確な情報が得られがたく、適切な判断ができないことが多いのです。この事件を今後の教訓とされたら良いと思います。

RT2020/1/26
Cleansing by fire? Hong Kong protesters set QUARANTINE-slated building alight as locals reject any coronavirus patients near them

※ shamo1937@shakushain_氏の2020/1/25のツイート
「香港での抗議はこれまでのところ“最も成功した反乱”であり、他の場所での社会運動の教訓を提供する」
収奪屋の祭典(なのでグレタが演説できた)ダボス会議でジョージ・ソロスがこうのたまっていることの意味を少しは考えたらどうか。

中国の正月を迎えて落ち着いてきた?

※ Taro@taro_taylor氏の2020/1/21のツイート
Birthday dinner! Seems #hongkong is back to normal.

共同通信社 2020/1/17 11:01 (JST)
香港デモ率いた周庭さん研究員に
北大公共政策大学院で
 香港の大規模民主化デモ「雨傘運動」を率いた周庭さん(23)が北大公共政策大学院のフェロー(研究員)に就任していたことが17日、分かった。周さんが16日、ツイッターで明らかにした。
 同大学院によると、本年度より教育活動に携わる無給のフェロー制度を導入しており、周さんは昨年10月1日に大学院の要請を受けグローカルフェローに就任。大学院の研究・教育事業に協力する。任期は今年3月末まで。
・・・北大は相当圧力がかかっているようだ、スパイの疑いに続いて暴徒を研究員に。あれだけ嘘をつきまくっていたのに。

※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/13のツイート
香港移民局が空港で、ヒューマンライツウォッチのトップ、ケネス・ロスの入国を拒否! 当然だ!

※ チベット歴史研究会@TibetUygurClub氏の2020/1/5のツイート
対中国だけではない嫌韓なども含めて偏ったニュースで感情を煽っておいて、最後は書籍ビジネスへ
右翼的な嫌韓嫌中書籍が氾濫する状況と香港の反中煽りは同根です
アメリカの関与を指摘しない言論人はすべてまがいもの

※ 周庭 Agnes Chow Ting@chowtingagnes氏の午後3:10 ・ 2020年1月4日のツイート
香港研究をしている倉田徹先生と倉田明子先生が、香港情勢に関する本を出しました。これから1月13日に出版記念シンポジウムを開催します。私もネット中継で参加します!興味を持っている方はぜひ登録してください!にこにこ

※ 川流桃桜@AgainstEmpire@kawamomotwitt氏の2019/12/24のツイート
植民地支配は民主主義とは無縁。中高生程度の世界史の知識が有れば、香港の暴徒達が自国から政治的権利を剥奪していた旧宗主国の旗を振っているのを見た時点で何かおかしいと気付かなければおかしい。



※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/20のツイート
暴動を支援する資金のマネーロンダリングで、尻に火がついている暴徒とCIA。Quartzはまだ香港にいるのか?
Mysterious Bags of Cash Trigger Major Hong Kong Protest Arrests

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/20のツイート
香港警察は7千万香港ドルの銀行口座を凍結! さらに逮捕された暴徒を支援するシンジケートから、17万香港ドルの現金と16万香港ドルに相当する3,300の食料品店の金券を押収した!

※ shamo1937@shakushain_氏の2019/12/12のツイート
米国のべの字も出さず、バックに戦争屋がいなければあり得ない武装をした学生たちが薬物塗れであったことにも触れず、警察側は一人の命も奪っていないのに対し暴徒らは一般市民をリンチし殺害し燃やしていることにも一切触れない。これを記事として出すニッポンの「左派」、ほんとうにすごい。

※ 人民新聞(権力を撃つジャーナリズム)@jimminshimbunの午後6:04 ・ 2019年12月11日のツイート
新しい記事「【香港】「暴徒はいない 暴政あるのみ」香港中文大学非常勤教師 小出 雅生さんインタビュー」を公開しました。
http://jimmin.com/2019/12/10/%e3

読者に教えてもらいましたが、各税関の摘発事件発表(平成31年・令和元年)というサイトに、本件密輸事件の薬物名が載っています。関係部分を転載します。

【大阪税関】アメリカ合衆国来航空貨物を利用した大量覚醒剤密輸入事犯を摘発!!(令和元年11月25日発表)
 大阪税関関西空港税関支署は、令和元年10月20日、アメリカ合衆国から国際宅配貨物を利用し、大量の覚醒剤を密輸入しようとした事犯について、関税法違反犯則事件として摘発した。 この件については、大阪府警察本部刑事部薬物対策課及び大阪府関西空港警察署と共同調査の上、同年11月20日、関税法違反容疑にて大阪地方検察庁に告発した 。
【犯則物件】
  ・覚醒剤であるフェニルメチルアミノプロパン塩酸塩 合計2,584.0グラム

・・・引用終わり・・・

メタンフェタミン、アンフェタミン とくれば世界が知っている覚せい剤です。(福島県庁のサイトから)


このブログのこれまでの記事でこれらの名前が何度も出ています。

2019年08月12日
ヒロポンはメタンフェタミン シリアでもイラクでも使われた

2016年08月22日
戦場のむごさを見る  子ども・青年に自爆テロ強要は東西を問わない

2015年12月19日
薬物に警戒を 世界的に薬物の使用、流通が問題になってきている

2015年11月23日
シリア情勢 28 ISIS特需で潤う国
sputniknews2015/11/21
シリアで作られた、アンフェタミンを主成分とする合成麻薬カプタゴン1.8トン超が、トルコ南部のハタイ州で、警察および麻薬捜査官によって押収された。アナドル通信が伝えた。
シリアの武装組織支配地域では、紛争開始以来、西側で禁止されているカプタゴンの製造が始まった。危険な状況でも恐怖を感じなくなる薬とあって、様々なテロ組織の戦闘員らが愛用する薬物である。
トルコ軍は警察犬を伴う大規模捜査を行い、戦闘員の家やトラックのオイルフィルターに隠された錠剤1100万錠という記録的な分量を押収した。このフィルターは、海を越えてペルシャ湾岸諸国のいずれかに送るために、戦闘員らがこしらえたものである。
トルコ人2名とシリア人1名が逮捕された。


香港の暴徒は、覚せい剤を使っていると指摘されてきました。これらの覚せい剤は、兵士、戦闘員を奮い立たせるのによく使われるのです。いわば戦争や人殺しに必須のブツなのです。

あなたがもし「香港加油」と声援を送っていたとすれば、その時香港の暴徒はすでに覚せい剤を使用しており、あなたの声援に応えるためにさらに一服覚せい剤を使ったかもしれません。そして市民にガソリンをかけ、火をつけたのかもしれないのです。

責任を感じませんか。

もし、覚せい剤の密輸が成功していれば、それを売り捌いた反社会的勢力は利益を上げ、それを購入した愚か者は健康を害する、あるいは暴力行為を引き起こしたかもしれません。

このブログでは香港の暴動について、当初から冷静に眺めていました。それをある読者は冷笑的だと噛み付いてきたのです。いずれこのように発展すると見えていましたから、その方のコメントは消しています。

でもね、何か一言あってもいいと思うんですよ、その方が今も自分の言説を正しいと思っていようといまいと、それにこだわらず。

「香港加油」とSNSで発信していた人には、個別に助言したことも複数あります。そんなツイッターのアカウントは閉鎖して出直したほうがよいかもしれませんね。市民の首を切るISISのテロリストを頑張れ、頑張れと応援したのと変わらないのです。それだけ大きな汚点になってしまいました。

そういう暴力を支援する軽率な行いは、戦争に道を開くことになるのだと思います。

・・・当初記事・・・

2019/11/19、関西空港の税関が、国際宅配貨物のボードゲームの底に隠された覚せい剤約2.6kg、末端価格にして1億5500万円分を摘発しました。民泊施設でこれを受け取った中国籍の程冠熹が逮捕され、収容され、起訴もされているようです。事件としては極めて単純です。

この件は、税関が公表し日本のマスコミ各社が報じています。

MIHARU@miharuya氏がニュースの検索結果をキャプチャーしてくれています。
※ MIHARU@miharuya氏の午後10:25 ・ 2019年12月9日のツイート
顺手搜了一下其他网站的,google显示出曾经是有过一堆新闻页面,但点进去全是404,所以现在这是哪一出嘛,港版王立强?


このニュースは当初そんなに注目されなかったようですが、犯人の程冠熹が香港暴徒の一員と判明し、がぜん注目を浴びるところとなりました。

ところが注目を集めるタイミングと前後して日本のマスコミに掲載された本件のニュースが次々と消えていったのです。

※ My View My Point@myviewmypoint氏の2019/12/9のツイート
Replying to @trappedsoldier
“自由”の世界の恐ろしさ。関連記事が一斉に消された。見えざる黒い手によって。

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/9のツイート
404! 驚! 記事が削除されている! ますます怪しい!
【民泊宛てに送った「ボードゲーム」の箱に覚醒剤。中国籍の無職・程冠熹被告(22)は、先月19日、覚醒剤約2.6キロ、末端価格にして1億5500万円分を国際宅配貨物としてアメリカから関西空港に密輸しようとした…】

※ 熊猫さん@xiongmao53氏の2019/12/9のツイート
Replying to @trappedsoldier
《程冠熹》でググると、日本語の記事のリンクが出てきたが、削除された模様(呆)。

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/9のツイート
香港暴徒の程冠熹被告(22)が覚せい剤を、アメリカから日本に密輸しようとし逮捕起訴された件を、なぜ日本のメディアは必死で削除している?

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/9のツイート
ね、おかしいでしょう。最初はなぜニュースにならないんだろうとちょっと疑問に。でも、どのメディアもことごとく削除していて驚いた。香港暴徒が日本で覚せい剤を密輸! 芸能人より衝撃的ニュース。ここまでするのは裏がありますね。覚せい剤ニュースを抹殺する日本メディア。これ自体が大ニュース!

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/9のツイート
程冠熹はCIAの指示で、覚せい剤を密輸しようとした? これ、まともに捜査したらCIAの犯罪に行き着く? だから、メディアが米CIAの指示で一斉に削除? 覚せい剤密輸で起訴しながら、無罪放免にでもする気? 覚せい剤関連のニュースを、全面的に削除するなんて異様だ!

・・・引用終わり・・・

mko@trappedsoldier氏の最後のツイートがこの件の本質をついているように管理人も感じます。

程冠熹が覚せい剤の密輸にかかわったのは、香港の暴徒の資金確保のためでしょう。

覚せい剤が何か書いてありませんが、おそらくは暴徒が使用していたものと同様なものでしょう。

そして、米国から発送していますから、本人か誰かが米国で入手した。そう簡単に入手できるものなのか。マフィアなどのルートでしか手に入らないものであれば、その筋とつながる誰かが関与しています。

それに日本で覚せい剤を入手した後、どうやって売り捌くつもりだったのか。ここでも、反社会的勢力との結びつきがないと売り捌きは難しいでしょう。日本で誰が仲介する?

まあ、送金はいろいろ方法があります。

この件で、日本メディアから一斉に記事が消えたということは、メディアに影響力のある日本の機関が関与しています。CIAなどと直接結びつきのある報道機関もありましょうが。

でもそういう対応は、この件の背後にいる者が大きな力を持っている機関だということを示してしまいます。

この有力な海外の機関は、日本の税関の力を見くびっていた。そして程冠熹が起訴されたことで慌てました。

程冠熹が拘束されたのは、2019/11/20。この日から程冠熹は外部と連絡が取れなくなりました。税関の公表は11/25、ただ容疑者の名前などは出ていませんから、程冠熹が拘束されていることは、海外の背後にいる機関は把握していなかった。

2019/11/25の日本の大手メディアの報道には、程冠熹の名前が出ています。ですが、香港の暴徒であることに気づく人はいなかった?

そして、12/9の前日か数日前に新聞記事が消され始めた。密輸の背後にいる機関か当事者グループの誰かが気づいた。

「Cheng Guanxiは10月24日以降whatsappでオンラインになっておらず」とありますから、Cheng Guanxiは米国に渡っていた可能性があります。そして、米国から日本に来て荷物を待っていたようですが、逮捕されてしまった。

外交ルートなどで起訴するなとの働きかけもした、あるいはするつもりかもしれませんが、間に合わなかった。逮捕されたことを新聞で知ることになった。報道が先行してしまったのです。

ならば、まず報道を消せ!となります。

そのうえで、日本政府に圧力をかける段取りなのでしょう。

mko@trappedsoldier氏の推測どおりにCIAが背後にいる可能性は高いです。ですが、程冠熹がCIAの采配でやったと自供してもCIAを立件することなど日本政府ができるわけがないですから、程冠熹が投獄されるでしょう。まあ、なんだかんだと理屈をつけて執行猶予にする? 短期間の刑期にする。

その辺が落ちでしょう。

でも、仮にCIAが背後にいたとしても、米軍機で日本に運ぶようなことはしなかったんですね。外交ルートによる特別扱いもしなかった。CIAの職員は、自ら危ないことはしない。今は、内部告発がありますから。

一応、覚せい剤の入手の道筋をつけてやったかもしれません。彼らはその手のものを扱いなれています。

でも、日本での売り捌きも道筋をつけてやったんですかね。関西空港ですから関西の反社会的勢力を売却先と予定した? 22歳の中国人がそんなルートを使えますかね。

最初は暴徒にキャッシュをばらまいても、いずれカネがなくなれば、だれか、あるいはどこかの国に拠出させる、さもなければ石油や資源を盗掘して資金に充てさせる。シリアでそれをやっています。カラー革命皆同じです。

程冠熹の名前が新聞に載ることはもうないでしょうね。

・・・・・・

海外の事件、出来事を的確に把握することは難しいです。ロシアはフェイクニュースで中傷されることが多いため、積極的に情報公開の方針ですが、中国はそうではない。他の多くの国は、多かれ少なかれ情報操作があります。米国は積極的にフェイクニュースを流して国際世論を誘導しようとしています。

日本のマスコミは、おそらく広告取扱業者の言いなりでしょう。ロイターは、世論誘導に必要と見た海外ニュースは、長文でも日本語に訳して流します。日本の通信社の海外支局が流すニュースは、噴飯物もあり、微妙に視点をずらしているものなど様々です。

記者やデスクが、自発的にそんな記事を流していることはない。事実を事実として書くのが一番容易ですし、ジャーナリストとしての誇りが残っていればなおそうです。

どうも記事自体が広告出稿の扱いではないかと見られる面があります。広告費という形でなくても、他の便宜と引き換えになっている。

海外の出来事の真相は難しいです。シリア戦争でも、アサド政権が密告制度を使ったとか、樽爆弾を落として市民を殺傷したなどとの宣伝にコロッと騙されてISISの暴力が正義であるかのように誤解したSNSの大物も少なくなかったのです。

少なくとも海外情勢を判断するには、日本のメディアの情報は害にこそなれ真実に到達するには無益です。海外の情報に当たることが不可欠。

先日、ツイッターのビッグネームを騙って香港問題に関するコメントを投稿してきた人がいました。ツイッターを見ると、暴徒を支持する立場での日本語の投稿が続いています。

暴徒のサイドは、かなり広い地盤を持っている。外国政府が関与した暴動などは、もう無理と見えてもなかなか収まらないのです。それは、その国のその種の機関の中に、担当者がいて飯を食べているからです。

どうぞ国際問題に関する発言は慎重に。ムードに乗って発言していると、こういう覚せい剤密輸事件まで擁護する羽目になります。

・・・・・・

この事件が中国でも報じられています。さあ、日本の当局は窮地に追い込まれました。世界が注目しています。中国は麻薬の密輸に関しては外国人にも厳罰を科しています。

香港暴徒造谣同伙被送内地,系走私毒品在日本被捕

<中日機械翻訳>
香港の凶悪犯が噂の仲間を本土に送り、日本で麻薬の密輸で逮捕
オブザーバーネットワーク 12-09 10:03
[テキスト/オブザーバーネットワーク郭光豪]

香港の暴徒は最近、Cheng Guanzhangという名前の「手と足」が連絡を失い、警察によって本土に送られたと疑っていたと投稿した。 驚いたことに、近隣の日本の警察は、中国人男性が逮捕され、2.6キログラムの麻薬の密輸で起訴されたことを明らかにしました。
人の検索ステッカー(ソーシャルメディアマップ)

11月の終わりに、誰かが香港の扇動フォーラム「リアン・デン」とさまざまなソーシャルメディアに投稿し、10月24日以降、ティン・シュイ・ワイに住んでいるチン・クーン・ヘイという名前の「兄と足」が連絡を失ったと述べた。

投稿によると、Cheng Guanxiは10月24日以降whatsappでオンラインになっておらず、電話番号はwhatsappとwhatsapp callでしか連絡できません。 11月下旬現在、この数はwhatsappでオンラインに戻りましたが、別のユーザーになっています。 相手は、多くの人が彼に電話したと主張したが、その番号は元の番号であると常に強調した。

Dagong.comによると、一部の人々は、彼が警察によって本土に戻されたとさえ疑っています。

<中英機械翻訳>
Hong Kong thugs rumored associates were sent to the Mainland, arrested for smuggling drugs in Japan
Observer Network 12-09 10:03
[Text / observer network Guo Guanghao]

A Hong Kong mob recently posted that a "hand and foot" named Cheng Guanzhang had lost contact and even suspected that he was sent to the mainland by police. Surprisingly, the police from neighboring Japan revealed that a Chinese man had been arrested and charged with smuggling 2.6 kilograms of drugs. The man was called Cheng Guanzhang.

People search stickers (social media map)

At the end of November, someone posted on Hong Kong's Incitement Forum "Lian Deng" and various social media, saying that a "brother and foot" named Ching Kwun Hei, who lives in Tin Shui Wai, Yuen Long, had lost contact since October 24.

According to the post, Cheng Guanxi has not been online on whatsapp since October 24, and the number can only be contacted by whatsapp and whatsapp call. As of late November, the number was back online on whatsapp, but it has become another user. The other party claimed that many people called him, but always stressed that the number was the original number.

According to Dagong.com, some people even suspect that he was returned to the mainland by police.
posted by ZUKUNASHI at 10:27| Comment(10) | 国際・政治

2020年01月26日

パソコン ディスクエラーで起動せず

7年前に買ったWindows7の器械はWindows10にアプグレードして特定の用途に使っていたが、先日使おうとしたらBIOS画面が出てすぐに消え、その後ディスクエラーでエラー確認中と表示されて何時間もそのままの状態が続いた。

使用中のソフトがあるが、クリーンインストールしかなかろう。だが、Windowsが起動しないので、回復ができない。

とにかく回復させるには、回復ドライブを使えばよいとネットには書いてある。現在の常用パソコンはWindows10だからこちらで回復ドライブを作る。

32GBのUSBディスクは用意してあった。コントロールパネルからシステムとセキュリティ、セキュリティとメンテナンス、回復、回復ドライブの作成、システムファイルを回復ドライブにバックアップします、しばらく準備時間があって、回復ドライブの作成、作成ボタン、回復ドライブを作成中、1時間以上かけた後、回復ドライブの準備ができました、完了ボタン。

LENOVOの電源を入れて間髪を入れずにF1キーを叩く。すんなりBIOS画面が出た。やれやれ。 Primary boot driveをUSBに指定。BIOSからsave&exitで回復ドライブから起動が始まった。

キーボードレイアウトの選択で「Microsoft IME」を選ぶ、続いてオプションの選択でドライブから回復する、このPCを回復していますが出て1時間ほど待つ。

メモリー4GBでCPUも遅いが、まあなんとか動く間は使おう。ハードディスクの調子が悪ければ前に交換用に買っておいたものを使えばよい。とにかくWindowsOSが入っているものは、部品交換してでも使い続けたほうが良い。新しく買えば、12,000円ほどもするのだから。

パソブルのサイトの記載を参考にさせてもらった。

この器械は私の操作ミスでCDドライブを壊してしまった。その後ミニパソコン用に2000円ほどでUSB接続のCDドライブを買ってある。古いCDROMから入れるソフトはこれを使ってインストールできるだろう。

こういう時のために、自分が管理するパソコンは、できるだけWindowsの最新バージョンに近づけることにしている。壊れたパソコンのバージョンがWin7のままだったらスティックパソコンのWin7を使って回復できたかどうか。

1時間ほどで修復が終わりました。キーボードの選択、オプションの選択まで来ましたのでここでUSBメモリを抜きます。オプションは続行(終了してWindows10に進む)、LENOVOのレゴが出た後、Windowsをインストールしていますの表示。30分ほどかかりそうです。

初期設定も終わった。Win10の1909になっている。

ディスクドライブを見ると、えらく使用量が少ない。ドキュメントをみるとファイルゼロ。わーっ、全部消えた。本当にきれいに消えた。自分の作ったファイルが残る方法を選択したはずなのに。やはりデータのバックアップは必要です。
まあ、なくてもいいけど。確かバックアップを取っていたはず。あとで必要になったら探してみよう。

このディスクは、信頼性に疑問。交換したほうがよさそうだ。交換用に買ったものにイメージでコピーして、そしてもう一回クリーンインストールすれは良いだろう。

USB接続で外部ドライブとしてつなぎ、イメージのコピーはWindowsOSからできるらしい。イメージをコピーしたらハードディスクを入れ替えて終わりだ。
posted by ZUKUNASHI at 21:50| Comment(0) | デジタル・インターネット

ロシアが内閣改造 ラブロフ、ショイグ留任 首相はミシュスティン

プーチンは、ずいぶん余裕が感じられます。

ロシアのメドベージェフ内閣が総辞職を表明、プーチンがこれを受け入れて内閣改造が行われます。

私の最大の関心事項は、なんといっても外務大臣ラブロフの去就。代わってほしくないが、あれだけの激務は少し気の毒。今週もモスクワでリビアの和平協議に出た後夜行便でスリランカに飛び、今日はインドにいる。いくら専用機があると言ってもこれは疲れる。このあとウズベキスタンに寄ってからモスクワに帰っています。

ラブロフは、コロンボに勤めていたことがあるそうです。

現在69歳、留任ですかね。別に外務大臣を置いて、ラブロフが特命でシリアやアフガン、リビアを担当するという形はあると思います。

ロシアには外務大臣の副大臣が何人かいますが、気を付けていても次はこの人だろうと絞り切れません。
2020/1/17 Acting Russian FM Sergei Lavrov Holds Annual Press Conference


ザハロバが、スボークスウーマンから別のポストに就くか。彼女はすでに局長級だそうですからいずれ彼女が外務大臣を務めることがあるかもしれません。いろいろな会議に出ています。ラブロフの下で勉強させられているように感じています。

ショイグ、64歳。彼は留任でしょう。

憲法改正も提案されています。プーチン後を見通した権力の分散でしょう。
It is an attempt to transform a super-centralized personified system of power into a more balanced and diversified one… with a strong president but not as strong as today.

首相は、国税局長?のミハイル・ミシュスティンだそうです。内政と外交を分担するんですね。

ラブロフとショイグは留任です。ザハロバも動かなかったようです。

RT2020/1/21
President Vladimir Putin has approved the new government after the resignation of the previous cabinet calling it balanced. Although there was a significant reshuffle, defense, foreign and finance ministers kept their posts.

"The new government is a well-balanced one, although it went through a major reshuffle," Putin said during a meeting with the new cabinet.

Both Sergey Lavrov and Sergey Shoigu are political heavyweights and among the most trusted political figures in Russia, trailing only behind President Putin himself when it comes to popularity with the public. Anton Siluanov has been Russia's finance minister since 2018.

A career diplomat with decades of experience in international relations, Lavrov served as Russia’s envoy to the UN for ten years before taking the helm at the Foreign Ministry in 2004.

He led Russian diplomacy through turbulent periods on the international stage and has been instrumental in building Moscow's reputation as an influential global power in recent years.

Shoigu, meanwhile, is credited with strengthening and modernizing Russia's Armed Forces through a set of ambitious reforms to increase combat readiness and spearheading a massive rearmament program to equip forces with cutting-edge weapons.

RT2020/1/15
Russian political earthquake: Putin sets out plan for Kremlin departure & Medvedev resigns
They say life comes at you fast. A seemingly routine ‘state-of-the-nation’ address by Vladimir Putin unexpectedly turned into one of the most memorable afternoons in recent Russian political history.

On Wednesday, Russia’s government resigned. Dmitry Medvedev departed the political frontline, Vladimir Putin effectively confirmed he will leave the presidency at the end of his present term, and Mikhail Mishustin became the new Russian prime minister. As Van Morrison once crooned, there will be days like this.

And it’s only the 15th of January. A week after Russians observed Orthodox Christmas, and a fortnight since they celebrated New Year, it didn't take long for real business to resume.

In the morning, Mishustin was so unknown outside of Russia that he didn’t even have an English language Wikipedia page. And his profile inside the country was minor, beyond the world of political and administrative wonks.

But there’s no doubt he’s an effective manager. As the head of the Russian tax service he’s been a tremendous success. Revenues have risen by around 20 percent under his watch despite only a 2 percent rise in the tax burden itself. Indeed, only last year the Financial Times dubbed him the “taxman of the future” for his role in rebuilding Russia’s tariff collection system into one of the most advanced and efficient in the world.

No mean feat in a country where tax avoidance was once, pretty much, a sort of national sport.

A native Muscovite, Mishustin, like Putin himself an avid hockey player, has been described as a “little known political figure in Russia… a bureaucrat, someone to get the job done.”

But the same sort of description could have been applied to Putin himself in 1999, and here were are, 21 years later.
Long goodbye

Today, the president set out the roadmap for his exit from the Kremlin, more-or-less kicking off the build-up to the transition of power. He will step down in 2024, or perhaps even earlier, and he intends to dismantle the “hyper-Presidential” system which allowed him to wield so much control in office. This was introduced by Boris Yeltsin in 1993 with American support, after he had used tanks to fire on the Parliament.

Putin plans to give more powers to the latter body, with the prime minister, in particular, enjoying more authority. He also wants to bulk up the role of the State Council. Indeed, he will probably end up there himself after leaving office, in some sort of “elder statesman” role. The body will consist of heads of Russian regions and members of the Presidential Administration. It seems it will fulfill an advisory function.

To achieve these goals, Putin wants to reduce presidential powers and introduce a two-term limit. This would mean a maximum of 12 years in the Kremlin; he has already been there for 16. The broad vision is to have more checks and balances, with a weaker presidency and other branches of government strengthened.

Make no mistake, Putin’s goal is to preserve the system which he inherited from Yeltsin, and then tweaked. For all its faults, after a difficult birth it has given Russians the greatest freedom and prosperity they have ever known. Even if much work remains to be done on distributing economic gains more fairly.
Past precedent

Putin's place in history would then be much the same as Franklin Delano Roosevelt’s in America, a unique four-term president who repaired the country after a financial & social catastrophe (in Russia's case the Soviet collapse and the disastrous 1990s). This also fits with what insiders in Moscow frequently point out: Putin wants to be remembered well by history. A status enjoyed by relatively few Russian leaders.

One notable suggestion is that future presidents must have lived in Russia for 25 continuous years before taking office, and have never held a foreign passport or residency permit. This would bar a lot of the Western-leaning Moscow opposition from running. Not to mention a large swathe of Russian liberals, a great many of whom have lived abroad at some point. Interestingly, if this rule had existed in 2000 Vladimir Putin himself wouldn't have been able to become Russia's president. He lived in Germany from 1985-1990 (albeit on state duty).

The proposed changes will likely be made after public votes on them, to ensure broad consent. Even though they could be passed by the Duma. Rumors suggest it may be held in September.

Putin also addressed many domestic concerns in his speech today. He promised the increase of salaries for teachers and more childcare facilities, introduced free hot lunches for children in the initial four school years and extended child benefit by 48 months.

As for Medvedev, he hasn’t been cast aside. Instead, the former president has been moved to a semi-ceremonial, but still prestigious, role ending a twelve-year “tandem” where he governed Russia with Putin. It would be a mistake to write him off politically, but it would be surprising if he wields the same clout again.

As they shook hands, and Medvedev left the Kremlin for the final time as prime minister, Putin told him “not everything worked out, but it's never the case that everything works out.”

Nevertheless, Putin will hope “everything works out” for the eventual power transition in Russia. A process that has now begun.

新内閣のメンバー
ミシューチティン
Long-time Putin aide Vladislav Surkov leaving Kremlin ‘over Ukraine course shift,’ reports claim
posted by ZUKUNASHI at 14:47| Comment(5) | 国際・政治

ジョン・マケインの妻がエプスタンについて言及し軽蔑される

シンディ・ヘンスリー・マケインは、戦争屋ジョン・マケインの妻

RT2020/1/25
Who, exactly? Cindy McCain says ‘WE’ all knew about Epstein’s sex crimes
Cindy McCain, widow of the late Arizona Senator John McCain, has raised more than a few eyebrows after remarking that Jeffrey Epstein's horrific crimes against young women were common knowledge. But common for whom, exactly?

Speaking at a conference in Florida, McCain claimed that a girl from her daughter’s high school was one of Epstein’s victims, and said that she hoped the accused sex trafficker –who allegedly killed himself while in detention at a Manhattan prison– was “in hell.”

Her uncontroversial condemnation of the shadowy multi-millionaire was followed by a rather more curious statement.

“Epstein was hiding in plain sight,” said Cindy McCain. “We all knew about him. We all knew what he was doing, but we had no one that was – no legal aspect that would go after him. They were afraid of him. For whatever reason, they were afraid of him.”

She didn’t elaborate, leaving many on social media to speculate on what she meant.

If McCain knew about Epstein she should have come forward, noted numerous Twitter users. Inaction and silence led to “trafficked, sexually assaulted kids & adults” paying the price, one unimpressed commenter argued.

McCain only spoke out against Epstein “after he [was] dead,” read a similarly scornful reply to her comments.

CT @CTomme2
Replying to @dcexaminer
Well if SHE knew, she could have said something. She did NOTHING, nobody did anything. And those poor trafficked, sexually assaulted kids & adults paid the price!! Shame on her!! #complicit
4:48 AM - Jan 25, 2020

Epstein’s purported suicide in August occurred as he awaited trial on sex-trafficking charges, more than a decade after receiving a 'sweetheart deal' from the government for soliciting prostitution from a minor.

Surveillance footage from last July showing an earlier alleged suicide attempt by Epstein was inexplicably deleted, after first being reported lost then later found.

posted by ZUKUNASHI at 14:13| Comment(0) | 国際・政治