ずくなしの冷や水

2019年11月13日

総理の肩書のついた異常者?

下にある木野龍逸氏のツイートを読んでうーんと唸ったきり立てませんでした。この記事「総理の肩書のついた異常者?」は、まさにその点を書きたかったのですが、うまい表現が浮かばず、持ち越していたのです。

えーっ、本当のことをこんなに忌憚なくありのままに書いていいの?! 

《自民党千葉県連としては、選挙に強く、政策に無知な森田知事は言いなりになってくれるので、使い勝手がいいと考えてきた》との関係者の見方は、本当にあるんだと思います。自分の考えはなく、エサや褒美をくれる人の言うことを何でも聞く、いくら常識に反しても、人権を侵害しても、法律に反しても何でもやれる異常者ほど使いやすいのです。

今はいろいろな請負業が発達して、殺人などを働く請負もあるようで、そういう何でも請負う業者は重宝ですよね。

でも、ろくに仕事をしない知事の下で一番楽をしたのは、県庁の幹部職員をはじめとする県職員ですよね。仕事をしないだけでなく、規律も弛緩しています。県警本部が嘘をついたのは、今の知事の下では? 中学校の女教師が男子生徒と性〇したり・・・。不祥事が連日伝えられた時期もありました。
千葉県は公務員天国なんですね。

誰か支配者がいて、それらの人に指示されて無茶苦茶やっているのはまさに今の日本の総理です。彼でなければできないことをこの際やらせようとはっぱをかけている連中がいるはずです。

それをマスコミが伝えないからと、知らんぷりをしていると、えっと思った時はもう遅いのです。

でも、ちょっと傍若無人にやりすぎましたかね。

※ 異邦人@Narodovlastiye氏の2019/11/13のツイート
招待者に「桜を見る会」の招待状が届くのは、招待者が嬉々としてネット上にあげているものを見る限り3月。しかし、新たにスクープされた安倍首相の地元有権者に送られた「桜を見る会ツアー」の案内は、何と2月。これで「各府省庁が推薦し内閣府が取り纏めるため首相の関与はない」という図式は崩壊。

※ 但馬問屋@wanpakuten氏の2019/11/13のツイート
アベ、OUT!
公職選挙法
第百九十九条の五
3 何人も後援団体の総会その他の集会又は後援団体が行なう見学、旅行その他の行事において…(中略)当該選挙区内にある者に対し、饗応接待(通常用いられる程度の食事の提供を除く。)をし、又は金銭若しくは記念品その他の物品を供与してはならない。

公職選挙法違反です。

※ 森田県知事の“なんもしない”政治スタイル。登庁して3分で帰ることも…

※ 木野龍逸 (Ryuichi KINO)@kinoryuichi氏の2019/11/12のツイート
《自民党千葉県連としては、選挙に強く、政策に無知な森田知事は言いなりになってくれるので、使い勝手がいいと考えてきた》と関係者。
政策には役立たずの知事を3回も当選させた千葉って……。
→森田県知事の“なんもしない”政治スタイル。登庁して3分で帰ることも…

※ 山羽明人@cIHtcCLzQtI7ZPX氏の2019/11/9のツイート
昨日(11/8)予算委員会で杉尾さんがあまり話題になっていないのですが重要な発言をされています。
「報道機関の現場記者やデスクキャップに総理大臣が自ら電話をしてこのニュースを流せ、この論調はおかしい、どうして報道しなかったんだ、こういう電話をしています。はっきり申し上げておきます。」

※ Eigen Kino@eigenkino氏の2019/11/9のツイート
田村智子議員が「桜を見る会」という言葉を発した時、与党議員は「またかよ」みたいな反応だった。これでもかと事実を突きつけて追及していくうちに、ヤジも飛ばせなくなっていく。予算委員会でこそ取り上げるべきとずっと思っていたが、時間をフルに使ったところがスゴイ。

※ 田村智子@tamutomojcp氏の午後7:21 ・ 2019年11月8日のツイート
#桜を見る会 C予算委員会で徹底追及。これでもかとネットにあふれる情報を突きつけた。
予算の3倍にも規模を広げ、総理の後援会のおもてなしに利用している。無料で樽酒やアルコール、オードブル、お菓子やお土産をふるまう。政治家が個人でやったら公職選挙法違反。

※ 共同通信2019/11/13 12:34 (JST)11/13 12:59 (JST)updated
中国、殺し屋が標的逃がす
5次請け、報酬「割に合わない」
 【北京共同】報酬が少なすぎて割に合わない―。中国南部で殺人の依頼が元請けの殺し屋から2次、3次へと下ろされ、5次請けの殺し屋が報酬の少なさにばかばかしくなり標的の男性に殺されたふりを提案。逃がしたところ警察に通報され、依頼人と殺し屋5人が逮捕され実刑判決を受けた。
 中国メディアによると、依頼人は自身が経営参加する企業に対し民事訴訟を起こした男性を暗殺するよう殺し屋に頼み、200万元(約3100万円)を支払った。
 元請けの殺し屋は100万元のマージンを取って別の殺し屋に殺害を依頼。2次請けも別の男に依頼を下ろし、5次請けの段階で報酬は10万元に減っていた。
posted by ZUKUNASHI at 14:54| Comment(0) | 社会・経済

マッチを使い火を燃やし続けることができますか

豪州では10か所以上で森林火災が発生しシドニーは煙っているそうです。最初の野火は、西部で起きていたのではなかったでしょうか。次の記事は、この混乱に乗じて9歳の子どもがトーチランプ、小型発炎装置で火災を起こしたと伝えています。

9歳というと、小学校の3年生? よくトーチランプが使えましたね。

私の子供が小学生のころ、転居する際に紙くずを持ち出して大きな川の延焼するもののない河原でそれを燃やさせたことがあります。

マッチを渡したと記憶します。うまく着火させ紙を燃やすことができたのは一人だけでした。

今、都市部に住んでいれば何かを燃やす経験などできません。風呂の釜で火を燃やすこともないし、落ち葉焚きもできない。しかし、火の怖さは実際に火を使わなければ感得できません。マッチを擦るのも初めてだとうまく行かない。

しかし火を使うことはサバイバル術の基本中の基本。

都市部では火を使える場所がありませんが、デイキャンプの施設では火が使えるでしょう。

バーベキューを目的とせずに子供に火の扱いを教える。機会を見てやってみたらよいと思います。大人でもマッチで火をつけたことのない人も増えているはずですね。

RT2019/11/12
9yo child admits to arson as dozens of WILDFIRES ravage southeast Australia
As southeastern Australian is ravaged by dozens of wildfires, a nine-year-old boy has admitted to using a blowtorch to start another blaze in the state of New South Wales.
At least three people have died and more than 170 homes have been destroyed by over 70 infernos that are raging in the state. The army is expected to be deployed in one of Australia’s largest ever peacetime military mobilizations in an effort to tackle the crisis.
posted by ZUKUNASHI at 11:21| Comment(1) | 国際・政治

米国はシリア東部に違法な疑似国家を作りたがっている

シリアでは、新憲法起草の準備として関係者の調整が始まっていますが、クルドが揺れ動いています。

2019年10月31日
シリア北部トルコ国境はこのまま落ち着くのかに書きましたが、SDFの指揮者 Mazloum Kobani は、どうも信用できない印象です。

ラブロフは、called on Kurdish representatives to be consistent in their position.と述べ、クルドの代表者が一貫した立場をとるように要求しています。米国とロシアの双方に二股をかけ、その時の局面に応じて彼らに都合の良いところだけをつまみ食いしているのです。

FARSNEWS2019/11/12
Lavrov: US Wants to Create Illegal Quasi-State in Eastern Syria
TEHRAN (FNA)- The United States is looking to illegally separate territories on the Eastern bank of the Euphrates and create a separate, illegal, quasi-state there, Russian Foreign Minister Sergei Lavrov said, speaking at the Paris Peace Forum on Tuesday.

"On the Eastern bank of the Euphrates River, they are doing everything possible to create the structure for a quasi-state, and are asking the Gulf States for major investments in order to create a local administration on the basis of the Syrian Democratic Forces, the Kurds - the YPG People's Protection Units and others, with the clear intention of breaking this piece of territory off from Syria, and controlling the oil fields located there," Lavrov stated, according to Sputnik.

At the same time, Lavrov accused the US of prohibiting its allies from investing in Syria's reconstruction.

"When it comes to Syria's reconstruction, we, together with the Syrian government, support inviting everyone [to participate], in creating conditions for the modernisation of infrastructure and the return of refugees, so that the country can return to a normal life. The United States categorically denies the need for this, and prohibit its allies - NATO, the European Union, countries of the region, from investing in any projects in the territories controlled by the Syrian government," the foreign minister added.

Last Year, Syrian authorities estimated that between $200 and $400 billion in investment, and up to a decade would be needed to rebuild Syria following the conflict. The US and its European allies have refused to commit to funding reconstruction efforts, although many European countries are facing major social tensions, due to the influx of Syrian refugees into Europe.

In his remarks on Tuesday, Lavrov urged Syria's Kurds to take part in the political dialogue on the situation in the country but called on Kurdish representatives to be consistent in their position.

"If from the start of the conflict, they decided that they can act with US support, when they announced the creation of the Rojava Federation, and that the US would provide them with support in a movement toward separatism, this was their decision," the diplomat said.

"We attempted to explain to them, and the Syrian government, that it is important to begin a dialogue between Damascus and the Kurds. The Kurds did not show interest in this. They were convinced that the United States would always support them," he added.

Lavrov lamented that although Kurdish authorities did ask Moscow for assistance in starting a dialogue with the Syrian government, as the US announced its partial withdrawal from Eastern Syria in October, they appeared to lose interest in such dialogue once the US said that they would return to the war-torn country to control its oil fields.

"I have no doubt in my mind, that a solution to the Syrian process can be achieved, only if the interests of the Kurds, and all of Syria's ethnic groups, are taken into account," stressed Lavrov.

With regards to Syria's Kurds, the Damascus government has repeatedly spoken out against the creation of any special autonomy for the country's Kurds, citing Syria's multi-ethnic and multi-confessional nature.

Over the past several weeks, US President Donald Trump has repeatedly said that the US would be "keeping" Syria's oil, with the Pentagon clarifying that the mission of the US military in Syria will now include preventing the country's oil stocks from falling into the hands of either terrorists or the Bashar al-Assad government.

Trump's comments brought him widespread condemnation, including among his opponents at home, who warned that taking another state's natural resources, violates international laws against pillaging.

Commenting on President Trump's comments regarding Syria's oil, President al-Assad stated that the US president's policy was nothing new, with the US government, the CIA and others involved in the smuggling and looting of Syrian oil going back to at least 2014, in his estimation. Trump, Assad added, "just announce[d] the truth" about US policy.



posted by ZUKUNASHI at 00:06| Comment(0) | 国際・政治