ずくなしの冷や水

2019年11月02日

イランが、ISILや他のテロリストグループを生み出した米国の政策を非難

米軍のシリア北東部からの唐突、大慌ての撤退、米軍の石油盗掘問題の表面化、バクダーディの殺害発表でISISと米軍の密接な関係を忌憚なく述べる論者が増えています。

ISISと米軍の密接な関係、もっと踏み込んでいえば、米国がISISを育てたことは、世界中で多くの人が知っています。

それでも公然と言い立てる人が少なかった、メディアが伝えなかったのはそういう発言を米国が徹底的に抑え込んできたからです。ツルシーが民主党の大統領候補討論会で発言し、それを伝えたシリア国営メディアの記事を転載したこのブログにまでサーバー攻撃があったほどに広まっては困る常識なのです。

下にあるイラン国営メディアFARSNEWSは以前からある程度言及していましたが、今回は核心にまで踏み込みました。みゆうさんが訳してくれましたのでどうそお読みになってください。えーっと驚くか、やっぱりね、まさかぁ、と反応はいろいろでしょうが、管理人は書かれた内容は間違いではないと思います。みゆうさんありがとうございました。

FARSNEWS 2019/10/30
イランが、ISILや他のテロリストグループを生み出した米国の政策を非難

テヘラン(FTA)―水曜日、イランが米国の政策を非難した。ISILを含むテロリストグループを生み出した責任は、米国の政策にあるという内容。同時に、ISILの首謀者アブ・バクル・アル―バグダーティの殺害は、テロリズムの終焉を意味しないと警告した。

「アメリカの過去の政権によるビン・ラディンの殺害は、アルカイダの終焉を意味しただろうか? 明らかに、ダーイシズム(ISIL)は、ISILのリーダー殺害で終わるものではない。ダーイシズムは、この地域への間違った侵略的政策に基盤を持つ一連の流れであり、一方ではこの地域のある専制国家の協力、他方ではこの地域諸国の富を略奪することによって、勢力を拡大してきたものだ」。政府のスポークスマンであるアリ・ラビイーが水曜日、閣僚会議の終了後に記者に語った。

彼は、テロリズムと、無辜の人々を殺害する者に対する戦いへのイランの協力を強調し、更に言った。「しかし、この問題をより深く分析すると、我々がすべきことは、沼地(訳注=quagmire「苦境」という意味もある)をまず乾燥させることだと分かる。この沼地こそがISILを生んだのであり、その一部は米国政権の政策によって生み出されている。」

ラビイーは、シリア政府がイドリブにおいて、ISILとそのイデオロギーに対して戦い続けていることを称賛した。そして、「中東および北アフリカの不安定化の一部はイドリブに起因している。それは、ISILのリーダーの死よりもより重要なことだ。」

先週の日曜日、トランプは珍しく、ホワイトハウスから正式な声明を出した。アル―バグダーティがシリア北西部で殺害された、それはアメリカの特殊部隊、飛行機、ヘリコプター、ドローンが関与し、「大胆不敵な夜間の急襲」によるものであった、と世界に向けて報道したのだ。

ISILのリーダーは、アメリカの力に直面して、「泣き叫びながら」最期を迎えた、と彼は述べた。

その数時間後、私見として、ラビイーは以下のように述べた。ISILといまだ残るテロ活動に対する戦いは、シリアが領地を奪還してもなお続くだろう。それが終わるのは、国内に存在するアメリカ軍と、その他の「違法な」外国勢力が去ってからのことだ。

テロリズムの概念は、「米国の政策全体と、この地域のペトロダラー」の中に、いまだ隅々まで生き続けている。このイラン政府高官は語った。そして、「これが、テロを助長している、乾燥させるべき湿地(訳注=swamp「困難な状況」という意味もある)だ」と付け加えた。

ラビイーは更に述べた。アメリカ合衆国は、「侵略と過酷な制裁」を最大限、テロリズムに対する戦いに見せかけようとしていた。しかし実際には、中東と北アフリカにおけるテロリズムは、「軍部と情報機関の政策、石油の略奪、専制国家の協力」に起因している。

また先週の日曜日、ロシア防衛省は、ISILリーダーのアブ・バクル・アル―バグダーティに対して、アメリカによる急襲が成功したということを示す、信頼できるデータは存在しないと発表した。

同省は、「[米国の軍事作戦の]事実そのものについて、疑問と疑いを持つ合理的な理由がある。その成功については、なおさらだ」と主張した。

ロシア政府は、急襲作戦が行われたとされる土曜日に、シリア北西部のイドリブ地域において、米国同盟軍による空爆が行われたという記録はないと指摘した。

また、このISILリーダーに対する軍事作戦を促進するために、ロシア軍が、シリア国内で管理している空域を米軍飛行機のためにオープンにしたというトランプの主張を否定した。

防衛省は、アルカイダの分派であるアルヌスラ戦線が影響力を持つイドリブに、アル―バグダーティがいたという可能性そのものに疑問を呈した。(アルヌスラ戦線は、)ISILと常に敵対してきた宿敵だからだ。

ロシア政府は、シリアのISILは2018年の早い段階で、シリア政府とロシア軍の共同作戦によって壊滅させられたと述べた。これは、アル―バグダーティの死が、「シリアでの軍事上の状況、あるいはイドリブに残っているテロリストの行動に対して、何の影響もない」という見方を示していると言えよう。

FARSNEWS2019/10/30
Iran Blames US Policies for Creation of ISIL, Other Terrorist Groups
TEHRAN (FNA)- Iran on Wednesday took the US policies responsible for the creation of terrorist groups, including the ISIL, warning that killing of ISIL ringleader Abu Bakr al-Baghdadi is not the end of terrorism.

"Did al-Qaeda end with the death of bin Laden in the former US administration? Certainly, the Daeshism (ISIL) will not end by killing the ISIL leader. Daeshism is a stream created based on the wrong policy of intervention in the region and it has grown with the support of certain tyrannical regimes in the region on one hand, and the plundering of regional states' wealth, on the other hand," Government Spokesman Ali Rabiyee told reporters after a cabinet meeting in Tehran on Wednesday.

He underlined Iran's support for the fight against terrorism and murderers of innocent people, and said, "But if we take a deep look at the issue, we should dry the quagmire that has given birth to the ISIL, and part of this quagmire has been created by the US administration's policies."

Rabiyee expressed pleasure in the Syrian government's continued fight against the ISIL and its ideology in Idlib, and said, "Part of the unrests in the Middle-East and North Africa is in Idlib which is more important than the death of the ISIL leader."

Last Sunday, Trump made a rare address from the White House informing the world that al-Baghdadi was eliminated in Northwest Syria in a “daring nighttime raid” with the involvement of US special forces, planes, helicopters and drones.

The ISIL leader met his end “crying and screaming” in the face of the Americans’ might, he stated.

Hours later, in an opinion piece, Rabiyee said the fight against the ISIL and its brand of terror will go on even after Syria retakes its territories from the outfit and will only end when American troops and all other foreign forces "illegally" present in the country leave.

The concept of terrorism is still thriving "through American policies and regional petrodollars," the Iranian official said, adding that it is the "terror-nurturing swamps that need to be drained."

Rabiyee added that the United States was doing its utmost to depict "invasion and cruel sanctions" as part of its struggle against terrorism, while in fact terrorism in the Middle East and Northern Africa is caused by "military-intelligence policies, plundering oil and supporting tyranny."

Also last Sunday, Russia’s Defense Ministry announced there’s no credible data to prove a successful American raid took place against the ISIL leader Abu Bakr al-Baghdadi.

The Russian entity insisted that “there were legitimate questions and doubts about the very fact [of the US operation] and, especially, its success”.

Moscow pointed out that it recorded no US coalition airstrikes in the Idlib area in Northwest Syria on Saturday when the raid was held.

It also rejected Trump’s claims that Russian forces opened up the airspace under its control in Syria to American planes to facilitate the operation against the ISIL leader.

The defense ministry questioned the very possibility of al-Baghdadi’s presence in Idlib as the area is held by Al-Qaeda offshoot, al-Nusra Front, who have always been mortal enemies of the ISIL.

Moscow noted that the ISIL was crushed in Syria in early 2018 in a joint effort by the government in Damascus and the Russian forces, meaning that yet another report of al-Baghdadi’s demise “bears no effect on the operational situation in Syria or on the actions of the remaining terrorists in Idlib”.

RT2019/11/1
Al-Baghdadi was US ‘spawn’, his death is still an open question – Lavrov
Russia still cannot verify Washington’s claims about the elimination of the Islamic State leader, Russian Foreign Minister Sergey Lavrov said, adding that the US facilitated the rise of the group in the first place.

Abu Bakr al-Baghdadi, the (now former) leader of the notorious terrorist group Islamic State (IS, formerly ISIS) “is or was if he is really dead a spawn of the United States,” the minister told the Russian Rossiya 24 broadcaster.

“ISIS as such came into existence in the wake of the US illegal invasion of Iraq, the collapse of the Iraqi state and the release of extremists that Americans previously kept in prisons there…”

So, to a certain degree, the Americans have now eliminated their own spawn, if it did happen.

Lavrov also said that the Russian military still do not have enough information to confirm with confidence that the self-proclaimed ‘Caliph’ is indeed dead. “We want to get additional information,” he said.

It was all stated triumphantly and jubilantly. Yet, our military still study the issue and … cannot confirm many US statements so far.

US President Donald Trump pompously announced American special forces neutralized the terrorist leader in “a daring night-time raid” in northwest Syria, yet, his statement was met with skepticism by many. While the Pentagon released drone footage of the raid, it offered little proof regarding the terrorist leader’s demise itself. His mutilated body, found under the rubble of a collapsed tunnel, was allegedly buried at sea, but evidence for this assertion, too, essentially remains classified.

Earlier, Syrian President Bashar Assad also expressed his doubts about the fate of the notorious terrorist and said that Washington could recreate him “under a different name, as a different individual,” also suggesting the Americans could reproduce “ISIS in its entirety,” possibly “under a different name but with the same thought and the same purpose.”


RT2019/11/1
‘Americans will RESPAWN al-Baghdadi’: Assad casts doubt on ISIS leader’s death, draws parallels with Bin Laden’s killing
Take any words from US politicians with a grain of salt, Syria’s Bashar Assad has urged, as he cast doubt on the story of the Islamic State leader being killed in US a raid, and compared it to the shady killing of Osama Bin Laden.

The widely publicized US special forces raid that allegedly killed Abu Bakr al-Baghdadi, the leader of the Islamic State (IS, formerly ISIS/ISIL) terrorist group, left more questions than answers and it should not be taken at the face value, the Syrian President cautioned, during a lengthy interview with state media on Thursday.

Damascus did not participate in the raid by any means, Assad stated, adding that he'd learned about the claim only through media reports. Adding imaginary participants into the operation is likely supposed to give it credibility, he added, while countries on such a list would likely be flattered to be a “part of a ‘great’ operation.”

We do not need such credit. We are the ones fighting terrorism. We have no relations and have had no contact with any American institutions.

Washington’s loud praise of its own actions, a picture of the ‘hero dog’ that took part in the raid and footage purportedly of the aerial strikes have not convinced Assad if it “actually took place or not.” Moreover, he thought the whole affair suspiciously resembled the 2011 killing of another notorious terrorist – Al Qaeda’s head Osama Bin Laden.

“Why were the remains of Baghdadi not shown? This is the same scenario that was followed with Bin Laden. If they are going to use different pretexts in order not to show the remains, let us recall how [former Iraqi] President Saddam Hussein was captured and how the whole operation was shown from A to Z; they showed pictures and video clips after they captured him.”

The killing of Saddam’s sons was also well-documented and widely publicized, Assad went on to add, suggesting that the Americans “hide everything” about both the killing of bin Laden and that of al-Baghdadi for a reason.

This is part of the tricks played by the Americans. That is why we should not believe everything they say unless they come up with evidence. American politicians are actually guilty until proven innocent, not the other way around.

All in all, it’s unlikely that death of the IS leader – if he really was killed – and even the ultimate destruction of the terrorist group would change anything, Assad said. The root of the problem – the Wahhabi ideology that is “more than two centuries old” would not disappear at once. The radical Islamist thought and al-Baghdadi were merely US tools all along, Assad claimed, adding that those tools could easily be re-purposed elsewhere.

“I believe the whole thing regarding this operation is a trick. Baghdadi will be recreated under a different name, a different individual, or ISIS in its entirety might be reproduced as needed under a different name but with the same thought and the same purpose. The director of the whole scenario is the same, the Americans.”



RT2019/10/31
ISIS names new leader, confirming al-Baghdadi's death – reports
Islamic State (IS, formerly ISIS) has officially named a successor to its leader Al-Baghdadi, following the US raid on his hideout, thus confirming that the notorious terrorist leader was indeed killed in the operation.

A man called Abu Ibrahim al-Hashemi al-Qurashi will take on the role of the terrorist group’s new leader, the extremists announced through their affiliated Amaq new agency.

The jihadists also confirmed the death of the terrorist group’s spokesman, Abu al-Hassan al-Muhajir.

The news came after the Pentagon published drone footage of the US special forces raid, along with some other details of the mission.

The news of Baghdadi’s death, however, was previously met with skepticism by some people, who doubted the authenticity of the blurry footage provided by Pentagon and questioned whether the raid had indeed gone as planned.
posted by ZUKUNASHI at 20:41| Comment(1) | 国際・政治

F1排気塔から飛んでいます

読者から2019/9/18、朝の定時測定で瞬間的ながら極めて高い値が出たとの情報が寄せられています。日平均値0.15μSv/h、瞬間値0.44μSv/h。

瞬間値でも0.44μSv/hは高いです。私設空間線量率測定システムの測定値は1分値ですから時定数30秒で瞬間的にこのような高い値が出ても1分値になれば平均されて低くなります。 (グラフに表示されるのは1分ごとの1分値です。)

最近のスパイクの例はこちらにあります。
2019年09月18日
台風が続くのかなぁ F1 1・2号機排気塔から放射性物質放出続く



このグラフで0.44μSv/hに相当するのは、左軸の73cpmです。近くで非破壊検査が行われればこんな数値が出ますが、通常はめずらしい。

継続測定に切り替えられたほうが良いですが、電池使用ですと充電池を使ったり少し手間がかかりますね。

管理人は、新しいシステムの動作試験を兼ねて測定器をもう1台動かすことにしました。

※ 東京新聞 原発取材班@kochigen2017の2019/9/19のツイート
東京電力福島第一原発では、1、2号機排気筒の解体作業が再開されそうです。切断装置を頂部に設置しつつあります。

2019/9/20 9:00


2019/9/21、昨夜来中京近畿でスパイクが立っています。若狭が起源でしょう。もんじゅが燃料の取り出しを始めています。中京・近畿の方、全然警戒していない? 記事に書いても反応がないので最近は取り上げないようにしていますが。いえいえ、維新の大阪は滅びてよいなどとは思っておりませんよ。








沖縄は台風接近ですが、なぜこんなに上がっている?








※ 東京新聞 原発取材班@kochigen2017氏の2019/9/22のツイート
福島第一原発の排気筒解体は予想以上に苦労が続きます。2段目の解体は18〜20日の3日間に及びましたが、装置のトラブルや台風接近により、半周を切断した状態で中断中です。1分強の動画にまとめました。(山川)

3日間の動き
18日 午前10時   装置つり上げ開始
   午後     はしごなど切断
   午後3時45  筒本体切断開始
19日 午前7時すぎ 筒身25%切断
   午前8時03  装置を吊り下げ(給油と刃の交換)
19日午後1時17  装置をつり上げ
  午後3時04  電線管を切断(〜3時16)
  午後6時33  筒身切断を再開
20日午前9時15  筒身の半周まで切断
   その後   切れ目合わせの縦切断
  午後3時41  装置つり下げ開始



2019/9/24。


2019/9/24午後2時、この24時間、茨城県、千葉県北部は降雨がありません。印西市は白井市の東に隣接。


わずかながら上がっています。




鉾田市、竜ケ崎市、かすみがうら市なども早朝から小幅上昇。

管理人自宅 二つの測定器は3mほど離れた北側屋内と屋外に設置。


2019/9/25、排気塔の切断作業が続いています。東京は北寄りの風。

2019/9/26、前日から進められていた2段目の切り離しが終わる。




2019/9/30、排気塔の切断作業は行われていないが、管理人自宅でスパイク。




排気塔の切断作業で2段目切り離し完了が9/26ですからこの日からダスト増加しています。



福島県環境放射線テレメーターシステム
空気中の放射性物質濃度グラフで見る(集じん中測定)
(久之浜)

2019/09/30 11:17 現在

小川
  • 久之浜
  • 下桶売
  • 川前





    2017年は、0.085μSv/hとか0.086μSv/hは出ていません。

    http://www.city.sammu.lg.jp/soshiki/15/hujifirumu.html
    2018年01月26日
    千葉県山武市の事業場における2017年日平均空間線量率

    2019/10/5、日中、東京都東部、千葉県北西部で空間線量率のグラフの振幅が大きくなりました。高空を強い西風が流れ、低空を福島からの風が流れ、地上でそれらの影響が入交り振幅が大きくなったと見られます。原因の推定が付いたのは初めてです。




    夕刻になって振幅は小さくなり、水準は上がりました。




    気流が入り混じって線量率が変化するということは、どちらかの空気に放射性物質がより多く含まれているということですね。

    読者から「昼前に倒れるように昼寝してました」と情報が入りました。市川や香取で空間線量率が急に上がっています。今日は各地で弱い雨。天気予報が全然当たりません。



    F1は北の風、関東へは鹿島灘から風が吹いています。みんなこっちに流れてきています。大きく上がってもおかしくないです。

    線量率上昇ではと教えてくれた読者Aさんから
    「グラフ上昇と同時に眠くなって通過したら起きたのは非常にわかりやすいですね。
    ここまでわかりやすかったのは初めてです。」と伺いました。

    プルームが来るとだるく、眠くなるということはあるようです。Aさんに、眠くなったら何か通報装置を押して知らせてもらえるように考えたいと思います。眠いときに面倒なことはしていられないので大きな赤いボタンを用意してそれをポンと押してから倒れるように寝てもらえばいいんですよね。

    2019/10/8、昨日から排気塔の切断作業が再開されています。今日のF1は南の風。


    2019/10/10 13時現在、排気塔の切断作業が行われていません。

    千葉北西部2でスパイク、この測定点でのこのスパイテクは珍しいです。


    2019/10/11、すっきりしたF1構内


    2019/10/16正午頃、管理人自宅で0.23μSv/h程度のスパイク。二つのグラフの測定点は5mほど離れています。スパイクの出たほうが北風が当たりやすい。F1の排気塔切断作業は今日は行われていません。今日のF1は北風です。東京中央でも正午頃に小さいスパイクが立っています。17時過ぎに管理人自宅で0.021μSv/hのスパイク。


    日光市にある規制庁のmp測定値が台風19号襲来前に比べて0.013μSv/hほど低下しています。脇を流れる大谷川が氾濫した影響でしょうか。

    NHK2019年10月21日 21時40分
    福島第一原発の排気筒解体再開
    台風の影響で中断していた福島第一原子力発電所にある排気筒の解体作業が21日再開されました。

    2019/10/22朝の時点で上から3段目が切り離されたと。

    2019/10/25、午後になって福島県浜通りで強い雨。南相馬市では軒並み0.05μSv/hほども上昇しています。雨で空にある放射性物質、自然の放射性物質が落ちてくるだけならなぜ他の地域とこんなに大きな格差がある?







    愛知県2019/10/31




  • posted by ZUKUNASHI at 15:03| Comment(0) | 福島原発事故

    寝耳に水とはこのことだ

    毎日新聞2019年11月2日 09時33分(最終更新 11月2日 11時58分)
    浸水の町、命助けた「柿の実通したビニールひも」 福島・いわき
     台風19号の大雨により近くの川で堤防が決壊し、4人が溺死するなど大きな浸水被害を受けた福島県いわき市の平下平窪(たいらしもひらくぼ)地区。一度は濁流に流されながらも、公園の木にしがみついて助かった女性(72)がいた。支えになったのは、近隣のアパートから投げ込まれ、柿の実が結び付けられたビニールひも。太さ1センチにも満たないひもが、女性の“命綱”になった。

    10月13日未明、自宅アパート1階で寝ていたタクシー運転手の高木寿秋さん(66)は、畳から染みてくる水で目が覚めた。起き上がると周りの畳が浮かんでおり、水位はあっという間に上昇した。パジャマ姿で窓から飛び出し、アパートの外階段から2階に上がるのがやっとだった。

     そんな時、「助けて。こっち来て」と女性の叫び声が聞こえた。道路を挟んで向かいにある公園で、木にしがみついている女性が助けを求めていた。女性との距離は10メートルほど。目の前の道路には、腰の高さまで濁流が勢いよく流れている。何とか助けたいと考えていると、逃げ出した自室の窓の近くにビニールひもがあることを思い出した。水につかりながら取り出し、階段脇に植えられている柿の実も手に取った。

     柿の実に穴を開け、ひもを通した。アパート2階に避難していた若い男性が投げると、柿の実は女性の手に収まった。ひもの片方を持ったのは高木さん。「大丈夫。いざとなったら飛び込んで助けに行くから」と声を掛け、明け方に水が引くまで女性を励まし続けた。

     女性は公園に近い平屋建ての自宅が浸水。100メートル以上流され、かろうじて公園のフェンスに引っかかり、近くの木に登った。泥水を何度も飲み込み、寒さと不安に震える「生き地獄」の中、高木さんの励ましとひもの存在が支えになった。「ひもは引っ張ったら切れるかもしれない。それでも心強かった。高木さんは命の恩人です」と感謝する。

    ・・・引用終わり・・・

    淡々と書かれていますが、すごい話ですよね。

    高木さんは、1階の部屋で寝ていました。「畳から染みてくる水で目が覚めた」、周りの畳が浮いていたとのこととですから畳の上10cm以上水が来ていたでしょう。耳の近くまで来ていたのです。

    女性が、「100メートル以上流され、かろうじて公園のフェンスに引っかかり、近くの木に登った」とあります。女性がしがみついたとみられる木


    100メートル以上流れたとありますから、女性は公園の西から東に流されたことになります。腰まである濁流に呑まれて。しがみついた木から夏井川の方向に約100mの地点。(地点は任意に選んだもの)


    「階段脇に植えられている柿の実」 ちょうど色づいています。


    この辺は住宅が多く平坦ですから、ほとんどの家が浸水したでしょう。下平窪第一公園の近くが現場です。公園のフェンスの内側は、運び込まれた災害ごみに埋まっています。公園全体を埋め尽くしかねないでしょう。


    下平窪地区の位置。いわき駅のそう遠くない場所です。夏井川の南側も氾濫したのではないでしょうか。いわき市全体に避難命令が出ていました。


    避難命令が出されたとはいっても、避難場所の数は限られ、住民全体を収容することができないのは明らかです。川の水が堤防を溢水して、あるいは堤防が決壊して濁流が住宅地に流れ込んだときにサイレンなどで教える手立てはなかったのでしょうか。

    いわき市には、街灯の数よりも多いのではないかと思えるほどに規制庁のMPが多いのです。ですが、屋外にありますから測定値を知ろうと思えばネットで見るか外に出なければなりません。測定値が上がってきたからと言ってたびたび屋外に出て数値を確認していたら、内部被ばくしてしまいます。

    いわき市の行政は何かおかしい。福島県は、効果の疑わしい除染に巨額の金をつぎ込んでいますが、治水に回すという発想はない。

    日本は、どこでも自分の身は自分で守る心構えが必要です。

    2019年11月02日
    千葉県の水害は続くだろう

    2019年10月29日
    浸水被害を受けたら放射性物質汚染にも注意

    2019年09月24日
    千葉県で1週間電気なし軒数が10万戸超

    2019年09月11日
    千葉大停電 関連投稿

    2018年10月03日
    丸3日停電が続いたらどうします?

    2018年08月05日
    2018/7 豪雨災害 国内メディアより海外の情報が早かった

    2015年09月14日
    国も地方も住民の命を守る意思なし 常総市鬼怒川堤防越水
    posted by ZUKUNASHI at 13:49| Comment(0) | 社会・経済

    米国の当局はこのブログの何が嫌いなのか

    2019/10/19の朝から、突然、このブログのサーバーに攻撃が始まりました。午前8時現在で56,000PVになっていました。

    2019/10/19朝のこのブログのアクセス記録


    アクセス先のページを見ると、このブログの画面に置かれた検索窓に何か書き込んで全文検索、このブログ全体の中での検索を繰り返しています。1時間に14,000アクセスですから1分間に233アクセス、1秒間に3.88アクセスです。1秒間に約4回検索窓から何らかの用語で検索をかけそのたびにサーバーがこのブログの記事にそれと同じ用語があるか調べています。

    誰がなぜ? 

    これまでずっと放射能問題を書いてきて嫌がらせはありましたが、このようなサーバー攻撃は受けたことがありません。やはりよほど拡散されたくない情報をこのブログが取り上げてしまったのです。しかも相手はそういうことに手慣れています。

    どの記事でしょう。

    可能性のあるのは
    さよう 発狂としか言いようがない ホルムズ海峡周辺に自衛隊を独自派遣へ
    これがリベラルの市民活動? まだ支援します? 恥ずかしくありませんか?
    ツルシ・ガッバード 米政権はシリア政府と戦うためにアルカイダテロリストを使った
    人口動態速報 そりゃあ高学歴でなくてもこの異常さはわかりますよね
    学歴不問 誰でもわかる福島の人口動態のすごさ
    この辺でしょうか。

    アクセス急増に面食らいつつ海外情報をチェツクすると、ツルシー・ガッバードとヒラリー・クリントンの対立の情報が流れてきましたので、これも記事にしました。 

    ヒラリー・クリントンが「戦争屋の女王」であることは管理人は深く同意しますから、最初、それを明言されたヒラリー陣営が拡散されたくなくて、サーバー攻撃を仕掛けているのだろうと想定しました。

    しかし、ツルシー・ガッバードとヒラリー・クリントンの対立の件は、あっという間に世界中に広まり、私がフォローしている海外のツイッター利用者がこぞってこの問題を取り上げました。こんなに広く知られたことを扱っているからと言ってサーバー攻撃を続けるだろうかという疑問がわき、時系列で出来事の後先を調べました。

    ツルシー・ガッバードがツイートで容赦なくヒラリー・クリントンに反撃したのは、日本時間で2019年10月19日午前5:20 です。

    ※ Tulsi Gabbard@TulsiGabbard氏の午前5:20 ・ 2019年10月19日のツイート
    Great! Thank you @HillaryClinton.
    You, the queen of warmongers, embodiment of corruption, and personification of the rot that has sickened the Democratic Party for so long, have finally come out from behind the curtain. From the day I announced my candidacy, there has been a concerted campaign to destroy my reputation. We wondered who was behind it and why. Now we know − it was always you, through your proxies and powerful allies in the corporate media and war machine, afraid of the threat I pose.

    It’s now clear that this primary is between you and me. Don’t cowardly hide behind your proxies. Join the race directly.

    米国東部標準時と日本時間との差は14時間です。上のアクセスの記録表で午前2時、3時も少し普段より多いですが、明らかに多くなっているのは4時台からです。マイナス14時間で東部時間の10/18午後2時台からアクセスが増えています。

    Tulsi Gabbard@TulsiGabbard氏の "Great! Thank you @HillaryClinton" で始まるツイートは、日本時間で午前5:20 ・ 2019年10月19日ですから、東部時間ですと10/18午後3時です。

    時間的には、合いません。このブログへのサーバー攻撃が始まったのは、別の記事が原因です。他には、米国にとって好ましくない情報と言えば、
    ツルシ・ガッバード 米政権はシリア政府と戦うためにアルカイダテロリストを使ったです。米政権がアルカイダテロリストを使い、ISISのテロリストを育ててイラク、シリア国内を破壊しつくしたというのは、まぎれもない事実です。

    その証拠は、このブログに山ほど書いていますが、このブログの読者もそのような記事は読もうとせず、歴史的事実を受け入れるのを頭から拒否しています。(日本人は国際情勢については、すべからく池の中の蛙同然。だから香港の暴徒を応援したりするのです。知識人に見える人も全く同じ。)

    そこに米国の現職国会議員であり民主党の大統領候補として活動を始めたツルシー・ガッバードが大統領候補の討論会の場でそれを明確に述べたとなれば、人々の受け止め方も違います。

    そこで、この記事の冒頭のセンテンスを使って検索をかけてみます。


    この記事で引用したシリア国営メディアのSANAの記事がトップでVOX.comとtime.comが来てその次がこのブログです。4番目です。これでは、このブログについても情報が流れないようにするインセンチブが働きます。

    米国政府機関の職員が出勤してきて不都合なサイトを拾い出し、そこをターゲットにしてサーバー攻撃をかけるのに半日かかっています。

    でも実際にサーバー攻撃の作業をやっているのは、CIA、国務省、ペンタゴン、どこでしょうね。

    いずれにしても、米国当局は、「米政権がアルカイダテロリストを使い、ISISのテロリストを育ててイラク、シリア国内を破壊しつくした」という事実の認識が広まるのをなんとしてでも食い止めたいのです。当然でしょう。今、世界に流布されている認識が180度向きを変えられてしまうのですから。

    米軍がシリアの承諾なしに兵士を送り、ISISテロリストを使い、国土を破壊し、市民を殺し、テロリストがロシア軍の参戦で苦戦してからはテロリストとクルドを使ってシリアの油田地帯を占拠しようとしたのが真実です。米国がテロリストを掃討するためにシリアに兵士を派遣したなどというのは真っ赤なウソだということが流布しては困るのです。

    2019/10/19は、結局一日で約29万のPV(ページビュー)になりました。


    サーバー攻撃は、2019/10/20も続いています。今日は35万PVにいきそうです。
    まさかとは思いますが、香港暴動の「これがリベラルの市民活動? まだ支援します? 恥ずかしくありませんか?」の記事が原因じゃありませんよね。どっちもCIAにとっては面白くない記事でしょうけど。

    2019/10/20は、28万PVにしかなりませんでした。午後6時台で終わっています。米国東部時間で朝の4時です。ツルシーとヒラリーの対立に注目が集まり、米政権がアルカイダのテロリストを使ったことについては、そんなに注目されないで終わったからでしょうか。



    SANAの記事の冒頭のセンテンスを使ってもう一回検索をかけてみます。


    順位が2位に上がっています。効果なしと見て止めた?

    まあ、さくらのブログにあまり迷惑をかけずに済んだでしょうか。新聞などで報じられるサーバー攻撃は現にあるのです。今回はサーバー攻撃の実態を知ってもらうためにこのブログの雀の涙ほどに少ないアクセス数を恥を忍んで公表しました。

    今回はアクセス妨害でしたが、ハッキングなら短時間に何億回という桁はずれのアクセスがあるはずです。パスワードは破られにくいものを使うようにしましょう。

    2019年10月19日
    サーバー攻撃成功せず の記事はここに統合しました。

    この事件の後、Googleでのこのブログの扱いが変わりました。過去にアップした画像を探すために、Googleで検索をかけることが良くありますが、表示される画像がごく少なくなりました。そして、訪問者数が大きく減っています。アクセスのある個別ページの種類は一日で1000以上に上っていますが、検索での訪問者は一人で1ぺージか2ページしか見ませんのでページビューと訪問者数がほぼ同じなのです。

    Googleの検索結果でこのブログの記事が表示されなくなっているということです。
    Googleなどは、米国政府と密接に連携しています。

    ツイッターが当局にとって目障りなアカウントを凍結したりすることはよく知られています。SNSはそういうものです。
    posted by ZUKUNASHI at 12:09| Comment(1) | 国際・政治

    千葉県の水害は続くだろう

    千葉県は丘陵と水田が入り組み、斜面林の多い美しい場所が多いです。丘があっても緑の少ない神奈川とは異なります。埼玉は西部に行かないと起伏が少ないです。

    千葉では、近年ミニ開発が進み、斜面林の伐採が進んでいます。それに対して治水工事を行っているところはあまり見たことがありません。団地の中には一応貯留池ができてはいますが。

    大雨が降れば雨水をさばききれないのは無理からぬこと。これからも水害やがけ崩れは起きるでしょう。

    管理人の徘徊先で水害が起きています。緑の多いところに出かけていますから、今の開発先行下ではそういうところに被害が出ます。

    ※ せすゆる@3pSmh5I1g2fWaRh氏の2019/10/25のツイート
    #市原市 #千葉市 の境の
    #村田川 今までに見たことない水位
    市原市 のホームページは繋がらないし、避難所開設場所分からねー
    避難指示今年3回目なのに何してるの?怒り(ムカッ)

    ※ karisome boy@KarisomeB氏の2019/10/25のツイート 
    村田川本当にヤバい。
    先ずは避難してください。
    祖父母に電話したら「今まで溢れた事は無いから大丈夫」「なにかあったら連絡するから」
    そうやって言って皆いなくなっちゃうんです。
    行動できる人は早めに行動を。
    #村田川 #市原市 #避難
    ・・・名言

    市原市米沢 かなり内陸部です。

    普段はこう。


    佐倉市


    佐倉ふるさと広場は風車のあるチューリップの名所


    このお店は印旛沼に近いところにあり、店の前の駐車場に湛水しています。


    茂原市 大網のほうまで湛水域が延びているように見えます。




    千葉市緑区誉田町でがけ崩れが発生し3人の方が亡くなっています。管理人はこの地域によく徘徊に出かけていました。この地域は早い時期に建設された住宅が多く、出会うのはほとんどが年配の方でしたが、挨拶を交わすことがよくありました。亡くなった方のご冥福をお祈りします。

    誉田駅の南側は数十年前に団地開発が行われています。駅に近い丘陵をテラス状に開発しています。団地の中の東西に通る道路は所により急傾斜です。事故現場は左端に近いところ。


    次の画像の下の2軒が倒壊の被害を受けました。


    東側の道路で現場を遠望しています。大きな木が見える辺りが現場。この辺は右側に見える家のように崖の擁壁の上に作られています。


    ぱっかりと崖が崩れています。下の画像と比較すると、崖の上部一部だけしか映っていません。




    地形断面図。台地の上と下の道路の間で20mの高低差があります。細長い建物の奥で高低差15mはあったでしょう。


    台地の上のがけ崩れ現場の真上に伸びる道路。向こう側に傾斜になっています。側溝の水はどこへ?


    このお宅は奥行きがあって大きいです。奥の崖が崩れて家を奥から押し出したんですね。台地の上のテレビアンテナのついた長い柱がほぼ丸ごと見えています。


    家の奥の半分は形を保っていますが、前半分はどこに行ったのか消えています。


    この道を進むと次のような道を経て瀬又の交差点で村田川を渡ります。


    村田川も氾濫しています。

    千葉県では、丘や崖下の開発が活発化しています。当局が建築確認を出したから安全なはずという推測は通用しません。

    そのような環境にある住宅にお住まいの方はどうぞご注意を。今回の事故を教訓としましょう。

    今回の事故のあったお宅は、貸家だったのではないでしょうか。それゆえ犠牲者に女性が多い? 地方にお住いの親御さんは、子供が都会に出てアパート住まいをするときは、必ず下見をして危険な建物でないか確認しましょう。

    千葉県民、千葉市民は、知識経験や行政の最高責任者としての責任の自覚が不足ではないかとみられる知事や市長を選んでいます。現在の行政の弛緩状態は、そういうトップが長らく行政を担当してきたことによるものです。つけはすべて県民、市民が被ります。これからも様々な災害による不幸があちこちで生ずるでしょう。

    毎日新聞2019年11月2日 09時42分(最終更新 11月2日 09時42分)
    台風余波、最大級メガソーラー「凍結を」 調整池の能力足りず
     10月の大雨や9月の台風15号などで千葉県鴨川市内の被害が大きかったことを受け、地元の市民団体や漁協の5団体は、市内の山林約146ヘクタールを切り開いて国内最大級のメガソーラーを設置する計画の凍結と見直しを県と市に求める方針を固めた。
    posted by ZUKUNASHI at 11:16| Comment(0) | 社会・経済