ずくなしの冷や水

2019年10月19日

このブログが炎上? それともハッキング攻撃中? 本日のアクセス15万PVになる?

この記事は当初、「サイトなどをこじ開けて悪用しようとする動きはさらに強まっているらしい」との見出しで2019-09-11に掲載しました。

2019/10/19、アクセスが急増。午前8時現在で56,000PVになっています。

限られた特定の者がアクセスしています。管理者のログインページに?

どなた様かにそんなにご迷惑なことを書きましたかね。
可能性のあるのは

(以下の部分は当初模索しながら書いたので的を得ない記述があり、その部分は削除して、2019年10月20日 米国の当局はこのブログの何が嫌いなのかに整理しました)

今日の朝早い時間から始まっています。ハッカーは早起き? それとも海外から? 米国西海岸ですと昼過ぎです。米国からならツルシ・ガッバードの記事ですね。この記事、昨日までほとんどアクセスがなかったのに。このブログを見ている日本人は一番価値のある記事を読んでいないのです。

アクセスが減ってきたので、もうプログを閉じても「社会的責任論」を問われることもないだろうと思っていたのですが。こういうアクセスも累積アクセス数にカウントできる? これも実力のうち?

ハッキング(サーバー妨害?)に64個のIPアドレスを使っています。1日で28万PVを超しました。

他にツルシ・ガッバードとヒラリーとの対立の記事も書きましたから、最初はその記事に関連して民主党陣営がハッキングを仕掛けてきたのではないのかと思いました。ヒラリー陣営は何でもやりますから。でも時間的な経過を追うとやっているのはヒラリー陣営ではないようです。

1時間当たり14,000PVではパスワードは破れないと思います。それにアクセスが難しくなることも起きていません。世界中のネットがこの問題でにぎやかなのですからこのブログの記事を見られないようにしても仕方がないのに。

どうもこのブログの検索窓に何か適当な単語を打ち込んで全文検索をかけているようです。その検索のためにサーバーに負荷がかかります。それによってこのブログが呼び出せない、読みにくくなるようにしている。そんなところですね。残念ながらアクセスしにくいという現象は起きていない。

なんでこのブログが狙われた? まあ、私以外には、日本人でヒラリーの腐敗や戦争犯罪を糾弾する記事を書く人はほとんどいないでしょう。ヒラリーを持ち上げる提灯記事を取り上げる人はいても。(皆さん、どこからカネもらっているんでしょうね。私には全然オファーがないんですよ。米国CIAと親密そうなフリージャーナリストに聞いてみようかな)

ヒラリー陣営がやっているのだとしたら、サーバー攻撃の後に続くのは、殺し屋を差し向けてくる? ひゃー、怖いよ〜! ヒラリーの周辺では多くの人が不審死しています。アサンジがエクアドル大使館にかくまわれていた時、ヒラリーはCIAにドローンで攻撃して殺せないかと言ったと伝えられています。

米国は他の国がハッキング攻撃しているとかよく名指しで非難していますが、実際にそういう行為を最も多くやっているのは米国自身です。CIAが開発したそれ専門のソフトもあります。端末機器メーカーには、バックドアーを作らせている。ファーウエイが米国政府から商売を妨害されていますが、それはファーウエイが米国のバックドアーを作れとの要求に応じなかったからだとの説があります。それが正しいのだろうと思います。5Gで米国企業が技術的にかなわないからという面もありましょうが、それがメインではない。

パソコン、スマホに対するハッキング攻撃とその防衛策については何度も書いてきましたが、いまだにピンとこない人が多いようです。高学歴の人でも、なんでわからないんだろうと不思議に思います。今回は今日はそのすさまじさを知ってもらえる良いチャンスです。

もしハッキングが成功すれば、ワンクリックでブログは削除できます。そしたらまた一から趣向を変えて再開しますが。^^
記事が1万4千もあってブログサーバーの反応が遅くなっているのです。

でもね、私の使っているブログサーバーは開発途上国のプロバイダーやレンタルサーバー業者が運営しているものじゃありません。1日25万とか30万のアクセスでレスポンスが遅くなるようならそんなものはビジネスには使えません。米国はそういう途上国のサーバーなどに妨害を仕掛けて成功してきたのでしょうね。最近では、中東のある国がFARSNEWSのサーバーに仕掛けたと見られるサーバー攻撃で半日以上アクセスできないことがありましたが。

読者の中にはブログやサイトを運営しておられる方は少ないようですが、ツイッターをお使いの方は多いでしょう。ツイートに対して攻撃が強まり、アカウント凍結や削除の措置を受けそうになったら、とりあえず過去のツイートを保存します。効率的な方法があるのかもしれませんが、最も簡便な方法。

自分のツイートを表示させます。その画面の空白部分で右クリック。表示されるメニューから「ページのソースを表示」をクリック。


次のようなソースが表示されますからブラウザの編集の項目から「すべて選択」、「コピー」を選びメモ帳などに貼り付けます。


その後整形して必要な部分だけを残します。
(こういうことを書いても読む人はいないんでしょうね。若い人はとっくに知っているし、おばさんはやる気なしだし・・・すみません、ついつい愚痴が)

個人サイトを開設している人と話したら、サイトに対する攻撃が年々強まっているのだそうです。それは、別にCIAに狙われているということではなく、悪さをしようとする人が、その出撃基地として個人のサイトをハッキングしようとするのだそうです。

サイト、ブログを運営している方は、どこかのレンタルサーバー会社などのサービスを使っておられるでしょうから、セキュリティのしっかりした会社のサービスなら、リスクは少ないと言えそうですが、必ずしもそうではない会社も多いです。

例えばAさんがB社のサーバーを借りてサイトを運営していたとします。そしてAさんのサイトを基地として他のサイトやサーバーに攻撃を仕掛けている者Cが現れたとします。

Cの攻撃によって損害を被ったDは、CやB、Aの責任を問うでしょうが、Cは得体がつかめないわけですからB、Aの責任が問われるでしょう。そしてBが自分には手落ちはないと主張した場合、責任は一手にAさんにかかってきます。

損害を被ったDがAさんに補償を求めるようなことがあるかもしれません。

ちなみにこのブログのIPアドレスは5*.1**.1*.1** です。

画像などを置いてあるサーバーのIPアドレスは、5*.1**.1*.**1 です。

これは簡単に調べられます。例えば東電停電情報なら
teideninfo.tepco.co.jp で 2*2.**9.*.1** です。

読者が今このブログを見ておられるご自分のパソコンのIPアドレスは、次の方法で知ることができます。

※ 自分のパソコンのIPアドレスを知る方法
ブラウザーの検索窓にIPと打ち込むと、例えば次のようなサイトが検索結果として表示されます。

・アクセス情報【使用中のIPアドレス確認】
https://www.cman.jp › network › support › go_access
あなたのアクセスしているIPアドレス情報などをENVとJavaScriptで取得し表示します。あなたのIPアドレスからポート疎通・ping疎通・DNS索引・WHOIS情報も取得できます。

そのサイトを使えばIPアドレスを知ることができます。

自分で知るのは、別に何も問題ないのですが、これを悪意のある者に知られるとハッキングの攻撃を仕掛けられたりするのです。そして乗っ取られて身代金を要求されたり、悪質な社会的に有害なウィルスを植え付けられ、それをばらまく感染源になったりします。

ハッカーに狙われるのは、ある程度アクセス数のあるサイトです。訪問者がゼロでは、ウィルスを運んでもらえません。

趣味でサイトやブログを作ったが、管理を止めて長い時間が経っているようことはありませんか? そういう廃屋があるなら整理しましょう。リアルの世界でもバーチャルの世界でも廃屋は悪者が入り込んで荒らすことがあるのです。挙句の果てに火事を起こして近所を延焼させたり・・・。

基本的にIPアドレスを知られないようにすることは、リスク回避策となりえます。コメントを書き込んだりするときは、臨時のIPアドレスを使うこともよさそうだと管理人は考えています。他のサイトに書き込んだりすることはほとんどありませんが。

IT機器を使っていて怪奇現象に出会い怖がっている人もいますが、その原因の多くは安易なIT機器の使い方にあります。
posted by ZUKUNASHI at 20:47| Comment(0) | デジタル・インターネット

乗用車が溢れるクルドの避難先 ええーっ イランの巡礼者?

FARSNEWS2019/10/16
Displaced Kurds Fleeing Turkish Attack Arrive in Iraq
TEHRAN (FNA)- Around 200 Syrian people, who were forced to flee the violence caused by the Turkish military offensive, on Tuesday (October 15) arrived in Domiz refugee camp in Dohuk, a town in Iraq's Kurdish region. [VIDEO]

Domiz refugee camp


少し北にあるのがDohukの町。この南にモースルがあります。イラク北部のクルド人の住む地域です。


乗用車ばっかりです。トラクターや貨物自動車は見えません。もともと駐車場として整備したのですね。シリアの難民キャンプには、乗用車が大量に止まっているところはありません。


大型バスが何台も 


Dohukの市街でしょう。(調べたらDohukではありませんでした)


クルドは裕福なんですね。

ですが、米軍の手先となって1万人以上が死にました。シリアの領土分割による国家樹立はならず。テロリストと協力した面もあってシリア人のクルドを見る目は厳しいものがあるようです。

クルドの社会は、どんな社会なんでしょう。

ところが、次の記事のビデオも同じもの。おいおい!
FARSNEWS2019/10/17
Mehran Border's Parking Area Filled with Pilgrims' Cars
TEHRAN (FNA)- Authorities at Iran’s Mehran border crossing have accommodated thousands of cars owned by pilgrims who march towards Karbala for Arbaeen ritual. Courtesy of MNA. [VIDEO]

難民の車両とは違いますね。動画が同じだとツイッターを通じて知らせましたが、反応なし。10/19現在でも同じ動画が載っています。見る人もいないのかな。

ですが、この動画がイランの巡礼者の自家用車だとすると、イランには裕福な人も多いんだとの印象を受けます。FRSNEWSが伝える風光明媚な場所の季節の風景でも、自家用車で遠出をする家族の姿があります。

巡礼先のカルバラ(シーア派の聖地)とイラン人が自動車を停めておくMehran border crossingの位置関係、直線距離で200kmあります。



Mehran border crossing


こちらは国境から少し東に入ったメフラーンの町です。この町とテヘランとの間には山脈があります。国境に出れば、平坦になりますから、旅も容易でしょう。でもやはりすごい巡礼の旅です。
posted by ZUKUNASHI at 13:33| Comment(0) | 国際・政治