ずくなしの冷や水

2019年10月18日

女性に異変? 文章が理解ができなくなる奇病多発?

ツイッターやリアルの世界の女性に異変が生じているように感じます。

東須磨小学校の激辛カレー事件の加害者のリーダー格は女性です。その方が書いた反省文? どういう目的に使うために書かれたものか知りませんが、なかなかの文章ですね。


管理人は、この事件がそんなに大騒ぎするような話だとも思っていないので記事にはしませんでしたが、この内容は興味を惹かれました。こういう反省文などは書くのが難しいですが、何がいけなかったのかピンと来ていない?

被ばく要因もあるのかもしれませんが、今の日本の社会人、みんなこんななのではないですかね。どこもかしこも。下に政治家の例を挙げましたけど。

甲状腺の異常は女性に多いとされますが、被ばくで中枢に来るのも女性が多い?

@ 街中で杖を突く人に女性が多いです。
A 「今日の放射能」に取り上げましたが、オウム真理教問題で名の売れたジャーナリスト、子宮頸がんワクチンで活躍中のジャーナリストなど、私の基準からするともうおかしいと断定せざるを得ない。

※ 有本 香 Kaori Arimoto@arimoto_kaori氏の2019/8/20のツイート
観光を「裾野の広い産業」と位置づけ、多くのより良い雇用を創出しようと目論むなら、呼ぶべきお客様はLCCに乗ってくる人たちではありません。LCCで来る人たちにはそれなりのサービスで応じるのが筋。一般の国民全般に「暖かいサービスを」「交流大事」という勇ましい押し付けはやめていただきたい。 https://twitter.com/syunsuke_takei

この方の一連のツイートもなかなかのものですよね。もともと日本の女性はこんな考えだった? 「LCCで来る人たちにはそれなりのサービスで応じるのが筋」なんですね、「下流老人にはそれなりの態度で応じるのが筋」ということになりますね。

B リアルの世界でも、この人どうしたの?という例が何例も。
C 子供が生まれない女性も急増していることは確実。

妊娠困難と中枢神経の機能失調は関係がある?

私が知っている女性の多くはこのブログの読者ですから、被ばく回避に努めています(少なくともそのはずです)。

それでも心配な面が出てきているということは、被ばく回避が行き届かなかった福島第一原発事故後間もない時期の吸気、飲食による被ばくが原因です。

対策は追加被ばくを避けること以外にあまりありませんが、汗をかくことは排出促進に効果があることは確実。

私の友人は、食い意地が張っていて変なものを食べては皮膚症状を起こしたりしていますが、まだ何かの疾患で入院したりするに至っていません。建設現場で働いています。福島第一原発事故後、初期被ばくが原因となって胸一面に赤いブツブツができています。

被ばく症状を自覚するようになったら、これまでと同じ生活は無理なのです。そのことをわかっていますか?

管理人が、この暑い中でも徘徊で日中外を3時間も歩いたりしているのは、発汗で放射性物質の排出を促進するためです。

調子の悪いときはもちろん静養も必要ですが、体調と相談しながら体を動かし、発汗を促すよう努めましょう。

別に特に温度が高いところに飛び出す必要はありません。汗がダラダラ出ればそれだけ効果があるようだと管理人は感じています。そこまでしなくても、じっくり汗をかき、肌着を替えたくなる程度の発汗でも十分です。それを繰り返す。

秋や初冬でも防寒対策をして歩けば、少し風があってもじっとりと汗ばむようにはできます。もちろんこういう時は、湿った肌着を早く替えることが必要です。さもないと風邪をひきます。

女性は、着替えが面倒なこと、用足しも不便だというハンディはあります。でも、今は頭からすっぽりかぶる不透明なポンチョのようなものを用意すれば、着替えは容易です。

できない口実を上げていませんか? 外出すると食事の用意ができない、ただでも疲れているのにウォーキングなんてと。

それに化粧なしで外に行きたくない、化粧が崩れた顔を人に見せたくない。・・・あなたは温泉に入るときもばっちり化粧しているんですか?

幼い子供がいるから? 外国では子供をバギーに乗せてジョギングする人もいてそのための車輪の大きなバギーもあります。

病気になった時でも、仕事を休まないのが自慢??

それなら仕方がありませんね。おかしくなっている人はそういう人たちなんですね。

なお、出産は最大のデトックスと言われますが、日本の女性は妊娠しなくなっています。それに被ばく影響が中枢神経にまで及んだ場合、出産によるデトックス効果は中枢神経障害には及ばないようだと管理人は考えています。

自分は大丈夫だろうと高をくくっている人のために書いておきます。

2011/3/15(火、好天)早朝東京都・神奈川県中央部、ほぼ終日関東一円
2011/3/16(水、好天)未明から早朝神奈川県ほぼ全域、千葉県千葉市など
2011/3/20(日、好天)昼前から深夜まで関東一円、特に内陸部
2011/3/21(月、祝日、雨天)鹿島灘から東葛、東京東部。

上の期日に上に書いた地域にいて特に屋外にいた方は相対的に強い吸気被ばくがあります。神奈川県にお住いの方について管理人はこの半年ほどとても怖い思いをしました。

JNN/TBS 2019年8月29日(木)12時39分
坂口杏里容疑者 「面倒みろ、介抱しろ」と繰り返し連絡
元タレントの坂口杏里容疑者が元交際相手の男性のマンションに侵入したとして逮捕された事件で、坂口容疑者は男性とのトラブルで手にけがをしたとして、「面倒をみろ、介抱しろ」などと繰り返し連絡していたことが新たにわかりました。
 元タレントの坂口杏里、本名・野沢瑞恵容疑者(28)は、東京・中野区にある元交際相手の男性(30代)の自宅マンション内に侵入したとして、28日に逮捕されました。その後の捜査関係者への取材で、坂口容疑者は今年2月に男性とのトラブルがきっかけで手にけがをしたとして、その後、「面倒をみろ。介抱しろ」などと男性に繰り返し連絡していたことが新たにわかりました。
 5月には男性の相談を受けた警視庁から電話で複数回、注意を受け、「もう連絡しない」と話していたということで、警視庁は詳しい経緯を調べています。(29日11:16) JNN/TBS

※ 内海 聡@touyoui氏の2019/8/17のツイート
ホルモン性疾患の対応
 子宮内膜症や月経困難、副腎疲労や橋本病、甲状腺機能亢進症や甲状腺癌など、ホルモンにまつわる病気は数多くあります。
その多くでホルモン剤が使われたりしていますが、このホルモン剤は決して使ってはいけないクスリの代表格です。... https://facebook.com/satoru.utsumi/

大事なことを書くのを忘れていました。中枢神経の障害を引き起こす主因は、管理人はウランとその子孫核種だろうと考えています。ウランの半減期はとてつもなく長いのです。ですから農産物の中の放射性セシウムが減っても、これらは同じようには減りません。

今でも日々食する農産物などの中に入っているのです。それを食べ続けているわけですから、すでに症状の出ている人が何も対策を講じなければ、症状はさらに悪化するでしょう。

食料品の南半球産のもののウエイトを高めるべき、ということは前から書いてきました。

・・・・・・

阿修羅掲示板にビックリ情報がありました。
千葉・松戸周辺で文章が理解ができなくなる奇病多発? チェルノブイリでも同様の被害が報告されている 
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2019 年 8 月 30 日 02:20:17:

https://twitter.com/jumpilikeyou/status/1166669784626262017
(JUMPILIKEYOU)
松戸周辺で、主に女性が罹患する奇病が見つかり、ひらがなを見ても文字化けして見え文章の理解ができなくなるなどの症状があり、その患者たちは前頭葉の血管に萎縮が見られるという共通項がある。
発見した女医さんを密着する番組が27日放送。
#プロフェッショナル仕事の流儀
https://latennokaze.com/archives/2203
4:12 - 2019年8月28日

やっぱり異常は起きているんですね。上の阿修羅の記事のコメントが参考になります。

管理人は、このところ年配女性の乗る自転車が他の自転車と接触する事故を目撃しています。めったに外に出ないのに、何度も見かけるということは、それだけ多いということです。

それから、キリスト教関係の訪問が多くなっています。宅配の荷物かなとドアを開けると立っているのはおばさん。最初は「信心が薄くてね、ごめんね」とか言っていましたが、頻繁に来るので最近は、@中年のおばさんが1人か二人が玄関前に立っていて、A 〇〇と申します。と言われただけでバタンとドアを閉めます。こっちは忙しいのに。

△△の証人とかいう宗教団体の施設は、いつも小型車や軽自動車がいっぱい止まっています。運転者はおばさん。××学会の施設は都市部の便が良いところにあるので最近の動向はわかりません。

ネットで見る限り、宗教団体の活動は活発なようです。道路や駅前に立っている人もいます。儲かるのなら私もやろうかな。

ある方は、「『自分にも信じるものがあります。お疲れ様です。』 冒頭、でサヨナラしてます。彼らは言葉以上に納得するみたい。」

キリッ と宗教戦争布告ですね。それは相手もビビりますよね。

私も作戦を変えて
「ちょうどよかった。私も宗教の勧誘やっているんですよ。改宗一人いくらの歩合なんですが、お宅はいくら出ます? せっかくのご縁なんで入っていただけませんか? お返しに私がそちらに入りますから。別にキリスト教と〇〇学会と▽▽の光に同時に入っていてもおかしくありませんよね。どうせ教義なんか誰も信じていないんだから・・・。組織内の立身出世と暇つぶしが目的でしょう? やることないだろうし」
「そう、実はそうなのよ」などと始まって長くなっても困るなぁ。

2019年09月28日
日本人は若い女に騙されやすい

2019年09月08日
頭おかしくなっているのは女性だけではないはず どのくらいおかしくなったら余命何年とわかるんだろうか

2019年09月07日
女性に異変? 文章が理解ができなくなる奇病多発?

2019年09月07日
これってなんだろう???

2018年08月07日
はぁー 「まともな男性」!

初出 2019/9/7 追記 2019/9/29
posted by ZUKUNASHI at 23:29| Comment(2) | 福島原発事故

簡単に繰り返しツイートをキャプチャーする

ツイッターを見ていると社会的な立場のある人がこんな恥ずかしいことを公言できるものだと驚くことが多いです。

例えば、こんなツイート。ご本人はほとぼりが冷めれば世間は忘れてしまうと考えているのかもしれませんが、どっこい、そうはならないのです。ツイートを記録するのは簡単です。


すでにたくさんのツイートのキャプチャー画像を保管している方もおられるでしょうが、キャプチャーをより簡単にするための方法を以下に書きますからご活用を。

なお、ツイッターのルールによれば、ツイート全体を転載する分には著作権の問題は生じないと聞いています。まず、当面自分だけの用に供するものとしておいて、時期が来てそのツイートをさらすことが公益にかなうと判断されれば、一定の論説をつけて公開すればよいわけです。

二つのフリーソフトを使います。
一つは画像処理ソフト
Windowsに入っているPaintも使えると思いますが、私のお勧めはJtrimです。軽くて操作しやすくてかつ高機能です。次が作者のサイトです。ページ中ほどに
DOWNLOAD
JTrim Version 1.53c (1214KB)

とありますのでそこをクリックしてダウンロードし、インストールしてください。
http://www.woodybells.com/jtrim.html

もう一つは 画面キャプチャーソフトのShareXです。
ShareX - Screen capture, file sharing and productivity tool
ここをクリックしてダウンロード、インストールしてください。

Windows10でしたら最新版が動きます。なお、お使いのWindowsのバージョンが古い場合には、最新版ではない少し古いバージョンのほうがよい場合もあります。

なお、ShareXは、標準のインストール方法ですと、パソコンのスタートアップに書き込まれパソコンの起動時に自動的に立ち上がります。ソフトの画面が表示された場合は、右上の「−」をクリックしてタスクバーに隠してください。

これで準備ができました。次のような画面を見ていてツイートの部分をキャプチャーしたいと思います。



次のmko氏のツイートの部分です。


このような画面の一部だけをキャプチャーしたい場合は、コントロールキーとprintscreenのキーを同時に押します。そうするとキャプチャー部分選択画面になりますので必要な部分を選択します。少し慣れが必要かもしれません。マウスを左クリックしたまま部分を選択してマウスの左クリックをやめると同時に画像がキャプチャーされます。

キャプチャーされた画像は、ドキュメントの中のShareXという名のフォルダー、そこのscreenshot、今なら2019-10というファルダーに保存されます。この時の画像は、サイズが大きくファイル名もランダムな文字列になっていますので、Jtrimで開いて横幅を400Pixcelとか500Pixcelなどに縮小し、ファイル名を例えば20191018 mko-hormzu.pngなどとします。そして所定の場所に保存します。


この方法はホットキーを使ったキャプチャー方法で、キャプチャーの対象範囲に応じて使い分けます。


2019年10月18日
ツルシ・ガッバード 米政権はシリア政府と戦うためにアルカイダテロリストを使った
の末尾に書いたほど省力的ではありませんが、まあ、実用可能でしょう。

分からないところはお尋ねがあればお答えします。
posted by ZUKUNASHI at 21:22| Comment(0) | 福島原発事故

台風の被害を受けられた皆様にお見舞いを申し上げます

台風19号による浸水被害を受けられた皆様には心からお見舞いを申し上げます。一日も早い復旧を願っております。

放射性廃棄物を入れたフレキシブルコンテナが流出したりしていますし、河川の流れが速くなり、河川敷に蓄積した泥の流出とともに放射性物質の賦存(分布)状況にも変化が生じたと見られます。

特に河川の氾濫地域では、河川の水が運んできた泥が地面上に残り、乾燥と風により大気中に浮遊しますので注意が必要です。

泥の溜まったところに放射性物質が集中してホットスポットを形成するということはなかろうと思いますが、セシウムのようなガンマ線源以外にベータ線源やアルファ線源もあり、ベータ線源やアルファ線源は一般に半減期が長く、この先何十年にもわたって警戒が必要なことに注意しましょう。

適当なタイミングで氾濫地帯の放射能測定をやってみたいと考えています。

管理人は日本近海の魚介類は食べませんので、あまり気になりませんが、沿海に陸からの泥水が流れ込んでいます。当然放射性物質を含んでいます。そのため水産物は当分食べるのを控えるという方もおられるようです。
posted by ZUKUNASHI at 18:53| Comment(0) | 福島原発事故

シリア関連

RT2019/10/19
What does THAT mean? Trump says US ‘secured the oil’ in Syria, causes confusion
President Donald Trump’s claim that the US has “secured the oil” in Syria has set Twitter on fire, from speculation he will keep troops there to accusations he was only ever interested in oil rather than fighting terrorism.

Praising the ceasefire negotiated with Turkey on Thursday, Trump tweeted that everything was going well, adding that captured Islamic State (IS, formerly ISIS) terrorists were “double secured” by Turkish and Kurdish forces, but “the US has secured the oil.”

Journalists, pundits, think-tank experts and the president’s critics in general have zeroed in on that “curious element” in the thread, wondering what it might mean – or mind-reading their own conclusions into it.

Nicholas Heras of the liberal think-tank CNAS suggested this might mean the US is keeping a “residual force” in the Middle Euphrates River Valley, contrary to earlier reports that all forces would be withdrawn except for a small garrison at At-Tanf on the border with Jordan.

Washington has kept a small number of special forces operators in Syria for the past several years – against international law and stretching the US legislation authorizing military action abroad – with the purpose of leading Kurdish militias against IS.

Territories liberated by these “Syrian Democratic Forces” included much of Syria’s farmland and oil fields east of the Euphrates, which the US refused to turn back over to the government in Damascus.

As Turkey invaded northern Syria last week to go after the Kurdish militias it has declared terrorists, the Kurds reportedly struck a deal with Damascus for government forces to move back in to the border. It stood to reason that this would apply to the oilfields and the rest of the territory in the interior as well, whether now or a little bit later.

Trump’s tweet opens up the possibility that some US troops will be staying behind to prevent this from happening, although that does not fit with the general withdrawal orders confirmed by the Pentagon earlier. Far more likely is that he was referring to oilfields previously used by IS to funds its “caliphate,” that are now safely in the hands of local forces opposed to them. No one but Trump himself actually knows, however.

※ Brasco_Aad@Brasco_Aad氏の2019/10/18のツイート
-Significant-
US troops are evacuating their military base in Ash Shaddadi, Al Hasakah Governorate and are heading towards Iraq.
They were occupying the Shaddadi oil fields here.


次の方、Oleg Blokhin氏はなかなか良い顔をしていますね。
マンビジの米軍基地を取材してコバニに向かうためユーフラテス川を渡るところです。彼を写した動画は左右にパンしており、周辺の光景がわかります。彼の指示か?



最近のロシアの若い世代の顔は明るく自信に満ちたものになっています。ハビブはその典型です。


※ Syrian Girl@Partisangirl氏の2019/10/15のツイート
This creature first acted as the media arm of the FSA, then she jumped ship and became a “Rojava” pusher, backed the SDF that her FSA is now killing. They call journalists & war correspondents vultures, I’ve never seen a bigger vulture than this. She‘lol never step foot in Syria.







RT2019/10/16
Covering the tracks? US jets BOMB own base in Syria as troops retreat
A major US base in northern Syria was destroyed by an air strike after the troops pulled out, likely to prevent more embarrassing videos of the abandoned facility once it is reclaimed by Syrian government troops.

The Lafarge cement factory near Kobani was the site of a joint US-French base, which was abandoned on Wednesday as part of a general withdrawal ordered by US President Donald Trump. Local sources reported the facility at Kharab'Ashaq was bombed shortly thereafter.

US officials confirmed the strike on Wednesday evening, saying it was previously planned and intended “to prevent the coalition operation center from being utilized by outside forces.”

The strike targeted leftover ammunition and vehicles abandoned at the base, the official reportedly said, adding that no coalition troops were harmed.

US-allied Kurdish militias that have controlled the area since liberating it from Islamic State (IS, formerly ISIS) terrorists had previously refused to reintegrate into Syria, backed by Washington’s insistence on regime change in Damascus. With Turkish-backed militants invading from the north, however, they struck an agreement with the Syrian government.




RT25019/10/16
Turkish invasion creates better conditions for Islamic State terrorists as it creates chaos, Assad’s key adviser tells RT
There is a risk of an Islamic State (IS, formerly ISIS) resurgence in Syria, and it is Turkey’s invasion of the northeast that should be blamed, Bouthaina Shaaban, a political adviser to Syrian President Bashar Assad, told RT.

“Every war creates chaos and chaos is a good climate for terrorism. So this invasion creates better climate for ISIS terrorists,” she said, referring to the terrorist group by its old name. “But the major force that is fighting for Turkey now are the Jabhat al-Nusra. So the terrorists are led by Turkey now to occupy part of the Syrian land.”

And from beginning it was Turkey, who allowed terrorists from all over the world to cross the border and fight this war against the Syrian people.

“We see them as an occupying force. They did not come by an invitation from the Syrian government. They had nothing to do on our land. And the reason they were here was to protect terrorists,” Shaaban said.

A resurgence of Islamic State was named as one possible unintended consequence of Turkey’s military incursion in the border area controlled by Kurdish militias. The Kurds warned they won’t be able to continue holding jihadist fighters captured over the previous years and fight against Turkey.

※ Rudaw English@RudawEnglishの2019/10/15のツイート
#BREAKING: High-level Russian delegation arrives in #Ankara, Turkey.
posted by ZUKUNASHI at 17:03| Comment(0) | 国際・政治

ツルシ・ガッバード 米政権はシリア政府と戦うためにアルカイダテロリストを使った

※ mko@trappedsoldier氏の2019/10/16のツイート
「米国はシリア政府と戦うために、アルカイダを使った」―民主党大統領候補ツルシ・ガッバード

※ SANAEnglishOfficial@SANAEnOfficial氏の2019/10/16のツイート
Gabbard: US administration used al-Qaeda terrorists to fight Syrian Government https://sana.sy/en/?p=176012

Gabbard: US administration used al-Qaeda terrorists to fight Syrian Government
Washington, SANA-US Democratic presidential candidate Tulsi Gabbard affirmed that the US administration has used al-Qaeda terrorist organization to fight the Syrian government.



SANA 16 October، 201916 October، 2019
Gabbard: US administration used al-Qaeda terrorists to fight Syrian Government
American Fox News TV Channel quoted Gabbard as saying during a debate between the Democratic Party’s presidential candidates ” I guarantee that we will stop the support to terrorists such as al-Qaeda in Syria which is used by our government as land forces in the war for changing the government there.”

Gabbard described a report published by New York Times newspaper as “disgusting” for describing her as subordinate to Russia and a defender of the Syrian Government.

Gabbard promised to lift the sanctions which cause a huge humanitarian suffering for the Syrian people, and to put an end to the war waged by the Saudi regime on Yemen.

Ruaa al-Jazaeri

・・・引用終わり・・・

早くからツルシ・ガッバードに注目し、支援していたのは松戸の歌唄いのお兄さんです。管理人は彼に教えてもらってから注目していますが、ツルシ・ガッバードが真実に言及するたびに、米国のMSMから叩かれ、嫌がらせをされます。それでも戦うツルシ・ガッバードは本物。時間がかかっても世界平和に大きく貢献します。

日本では、アルカエダやISISが米国政権のシリア侵略の手先だなどとの見解を示す自称専門家は少なかったのです。皆テロリスト寄りです。シリアで拘束された独立ジャーナリストもそうです。管理人が福島第一原発事故後にツイッターの情報を集め始めた時にも日本のツイッターの有力発信者にも、シリアは密告社会で樽爆弾を国民に投下して殺戮しているとの見解を示す人もいました。(その方の中国関係の情報源は大紀元でしたね。大紀元は米国から発信される中国人向けの新聞ですから、曝露色、誘導宣伝色が強い。今ならすぐに読む価値なしと切り捨てられますが。)

この国の大手メディアの外信報道は強いバイアスがかかっています。海外の情報と照らし合わせると、どこかからカネが出ていますね。最近ではM新聞の報道にそれが顕著に窺えます。そのような情報も、米国がどのように誘導し、誤解させようとしているかがわかって参考にはなりますが。

上のツルシ・ガッバードの発言に噛み付いたジャーナリストが逆に過去の著作などを蒸し返されてテロリストと仲が良かったことを暴露されています。

米国が、"the support to terrorists such as al-Qaeda in Syria which is used by our government as land forces in the war for changing the government there.”を行ってきたことは、客観的な議論ができる人たちの間では、今や議論の余地の少ないことになっています。

この事実をどこでどのような時に発言できるかは難しいところがありますが、世界はそのような事実に基づいて動いています。そこはしっかり認識しておきましょう。

RT2019/10/17
Journalist who wrote about Al Qaeda-linked group ‘worth befriending’ slams Gabbard for suggesting the US backed Al Qaeda
Tulsi Gabbard drew criticism this week for saying that the US backed Al Qaeda in Syria. One of those offended was journalist Clint Watts − but it turns out, Watts himself was in favor of ‘befriending’ Al Qaeda-linked groups.

Gabbard slammed US policy in Syria during Tuesday night's Democratic presidential debate in Ohio, calling it a "regime change war" in which Washington had sided with Al Qaeda and used the terror group as the "groundforce" in their efforts to oust Syrian President Bashar Assad.

The Hawaii congresswoman’s comments prompted outraged MSNBC journalist Watts to tweet that her take on Syria was "completely false." The US “did not back al Qaeda in Syria,” he wrote, asking: “Why didn’t the moderators or other candidates challenge her on these falsehoods?”

Watts likely immediately regretted jumping into the debate over Gabbard’s Syria stance, however, as he was swiftly reminded by journalist Max Blumenthal that he part-authored an article for Foreign Affairs magazine in 2014 which recommended that Washington “befriend” an Al Qaeda-linked group.

The piece focused on the Ahrar al-Sham affiliate, with the article subhead advising that it was a group "worth befriending.”

To be fair, Watts was certainly not alone in suggesting that the US become pals with Al Qaeda’s friends to fulfil wider foreign policy goals.

Former CIA director David Petraeus also suggested using “moderate” members of the organization’s Syria affiliate, the Al-Nusra Front, to help fight ISIS. Former CIA officer Evan McMullin even confirmed that his own role at the agency was to "convince" Al Qaeda operatives "to work with us."



These facts admittedly blow quite a large hole in Watts’ argument against Gabbard this week.

Gabbard was also blasted by journalists for using the "Russian talking point" that the US “armed” Al Qaeda. Blumenthal was on hand with facts again, posting a photograph of an Al Qaeda fighter firing a US-supplied TOW missile in Aleppo.



上の記事で引用されているツイートは何年も前のものがあります。Max Blumenthalなどがすごいのは、こういう各人ごとのツイートの履歴、キャプチャーを整理保管していること。かなり大量の蓄積かあるはずです。

発信者が消去しても残るようにしているはずです。なにかそのための使いやすい工夫があるのかもしれません。クリック1発でキャプチャし、発信者、テーマ、発信時刻などが記録される、そんな仕組みを考えてみようかと思います。
posted by ZUKUNASHI at 14:06| Comment(0) | 国際・政治