ずくなしの冷や水

2019年10月05日

Lebanese Paper Reveals US Plots for Hot Summer in Iraq, Baghdad's Measures to Counter

FARSNEWS2019/10/5
Lebanese Paper Reveals US Plots for Hot Summer in Iraq, Baghdad's Measures to Counter
TEHRAN (FNA)- The American officials had claimed that a hot summer is waiting for Iraq and the recent unrests in the country can be seen to be in line with the same schemes, a Lebanese newspaper wrote, adding that the Iraqi government had prepared special plans to counter them.

Security sources told the Arabic-language al-Akhbar newspaper that most people in the recent unrests in Iraq were peacefully shouting their demands while a number of others were after sabotage acts and suspicious plans to turn the scene into violence and chaos.

They added that the US plot to foment chaos in Iraq was disclosed to the intelligence bodies since three months ago, noting that Washington and its allies were due to organize protest rallies under the cover of popular demands and lead it towards unrests and then introduce a popular military commander to lead the so-called salvation government so that the US can strengthen its hegemony over Iraq.

An Iraqi security source told al-Akhbar that the Americans had in mid summer 2019 warned of a hot summer to change everything in Iraq to, in fact, damage Iran's reputation in the Arab nation, adding that they spent the summer for preparations and implemented their plots in a "hot fall".

He added that Iraqi Prime Minister Adil Abdul-Mahdi implemented a counterplan to foil the Americans' plots which includes controlling the security and military bodies, controlling the field situation in 18 Iraqi provinces, state plans and initiatives which can calm people and meet their demands and encourage support for peaceful protests within the framework of law.

The security source said that at present the situation in many Southern Iraqi cities is under control and some sporadic moves are seen in Baghdad and Dhi Qar provinces.

Qais Khazali, the Leader of Asa'ib Ahl al-Haq Resistance Movement, revealed, in a press conference more than a month ago on August 26, that some political fractions in Iraq in a joint endeavor with some foreign powers are getting prepared for igniting demonstrations, because they are unhappy with Iraq’s current foreign policy.

“The problem is the ‘Deal of the Century’. They are after making the current administration abide by their demands…. Accordingly, we will witness new demonstrations in Iraq. The demonstrations are scheduled to begin in the tenth month (October). If you liked, record these words of mine. This is not my analysis; it is the information and intelligence I have. They also start with social media to pretend it is public opinion, but in reality they are being led by foreigners,” he said.

Also on Wednesday, Lebanon’s al-Akhbar newspaper disclosed that Saudi Arabia had handed a plot to the administration of US President Donald Trump to stir unrest in Tehran, Baghdad and Beirut. It shows that the three countries of Iran, Iraq and Lebanon are the main targets of the project which is aimed at stimulating the public opinion through the media in order to instigate street protests which would finally weaken the central government. The Arabic-language al-Akhbar newspaper went on adding that After Saudi Crown Prince Mohammad bin Salman managed to coerce Head of MBC's television network Walid Ibrahim to give in part of the shares of the MBC, through putting him behind the jail, bin Salman gained control over the MBC’s board of directors, injected $100 million into the network to spend it against target audience in Lebanon, Iraq and Iran. Many may have not noticed that there were several rallies in Lebanon concurrent with protests in Iraq, but they failed to attract attention similar to what demonstrations in Iraq did. This remarkable synchronization will be noted by shrewd analysts.

Now, the Saudi plot is being materialized in Iraq, and that is why there is no internal political leadership heading it which makes it seem as if the protests were popular and spontaneous while the plot is riding a wave of economic discontent. The current situation in Iraq is very similar to what was supposed to become nationwide in Iran in late 2017 and early 2018. Both of these cases of protests claimed popularity and independence from any political leadership, and at the same time were heavily dependent on arrangements made and announced on social media.

Both senior Iraqi cleric Seyed Muqtada al-Sadr and Ammar al-Hakim (the former Leader of the Islamic Supreme Council of Iraq) have sought to take the lead, but were pushed back by demonstrators.

The US, Saudi, Israeli embassies and governments have thrown their weight behind the protests, raising suspicions of their involvement to yet another level.

New analyses reveal that 79% of hashtags about protests in Iraq on Twitter originate from Saudi Arabia and only 6% are from Iraq, in a stark contrast with claims that the recent days’ demonstrations are popular and spontaneous.

Iraq has been rocked by a new wave of protests over economic hardships and joblessness since October 01.

However, the timing of the start of the protests with the great march of Arbaeen arouse suspicions, as new findings show that Riyadh is resorting to the cyber space where it is stimulating the public on social media platforms.

A new analysis, released on Thursday, shows that, despite all the claims which try to frame the recent unrest in Iraq as a popular movement with no political intention or affiliation, only 6% of the calls for street demonstrations originated from Iraq and the dominant majority belonged to Saudi Arabia where almost 80% of the social media content is devised and posted.

It is not a new revelation that Saudi Arabia uses dozens of Twitter bots whose job in massive scale is to call protesters to join violent street rallies.

Even the volume of hashtags sent from Kuwait is bigger than Iraq, and 7% of pro-protests tweets are from the tiny Arab country in the South of Iraq.

The UAE, Egypt, the US and Yemen are the other countries which originated the tweets promoting anti-government protests in Iraq.
posted by ZUKUNASHI at 19:56| Comment(0) | 国際・政治

リアルタイム空間線量率測定送信システムの開発はここで打ち止め

リアルタイム空間線量率測定送信システムの開発を始めてからもうすぐ2年になります。1号機の出荷が2018年の1月でした。接続用ケーブルを間違えて入れ、設置していただく方にご迷惑をかけたことを思い出します。

最初は自分でもケーブルの区別さえつかなかったのです。その後、読者のご協力を得て設置個所を増やすことができましたし、システムも「家電並み、電源オンですぐ作動」と一応うたえるまで改善しました。一方で、Wifi利用から極力有線LAN使用に切り替えて設置者に電磁波被ばく面で悪影響がないように配慮しました。

安定的な稼働、設置者の手を極力煩わせないシステム改善を図ってきましたが、安い機器を組み合わせたシステムとしては、ほぼ限界に来たと考えています。

昨日、据え置き型LTEルーターと格安SIMを利用したシステムを出荷して目下稼働状況を見守っているところです。これが安定的に稼働すれば、開発作業は終わりにしようと考えています。

これまで延べ23か所に設置運営していただきましたが、ネット環境の問題などからか安定稼働が確保できなかったり、不具合への対応が困難なケースもあり、撤退したところもあります。

少し気になっているのは、ガンマ線の空間線量率の高いところでシステムが誤動作を起こしたり、故障するケースがあります。電磁波環境が厳しいとみられるところでも同じです。

そのようなケースでは、設置者の協力が得られる場合は、いろいろ改善措置を施して安定稼働が確保できるように努めてきました。その過程で、パソコンに詳しくないと言いつつも、少し助言するだけで処理してくれる方と、まったくパソコンの設置、操作を勉強しようという気のない方とに分かれました。

そしてパソコンを仕事で使っている現役の技術者は、まったくお世話なし。照会の一つもありませんでした。1回機械を交換したでしょうか。

もともとWindowsのパソコンですし、使い慣れている人は私よりもよく知っています。コアのソフトが何かを知ればそれを安定的に動かすにはどうしたらよいかは簡単にわかるのです。

これまでにパソコンに触ったことがないという若い方は、すぐに知識を習得して今ではWindowsのアブデートまで自分でしています。「あーっ その機種は1903は入らないはずです。おかしくなりかけなら初期化で元に戻しましょう」とこちらが慌てるまでに。

安いパソコンですから、何でも試せるのです。私が若い方に小遣いをやっていろいろ機械を使わせてほしいと繰り返し書いているのは、機械は触らなければ理解できない、扱い方に習熟しないからです。

カツカツの収入では、若い人がいろいろスキルを伸ばすことはできないでしょう。年配者は海外旅行に出かける余裕があれば、それを若い人に回してほしいと切に感じます。

電磁波問題を提起しましたが、こちらはむしろ少し年配の方のほうが理解が早かったように思います。若い人はスマホを使ってコミュニティを維持したり、仕事を効率的にやることに関心が向いています。

Windows7の機械をWindows10に自力でアブグレードして我ながら驚いたという年配のご婦人も。前からWin7の機械の調子が悪くしばしばBIOS画面が出るからF*のキーをポンポン叩いていると聞いてパソコンのキーはピアノやエレクトーンのキーとは違いますよとご注意したところでした。

パソコン関係は、少し専門用語を理解すれば何も難しくありません。私がマニュアルを書くときに悩むのは、専門用語では通じないで挫折する、あるいは読んでくれないかもしれないということなのです。私の予想通りマニュアルを読まない方が圧倒的です。

このリアルタイム空間線量率測定送信システムの設置維持に要する費用については、寄付金から支出しています。これまでの領収書や発送伝票を整理していて、こんなに荷物をやり取りしていたのかと驚きました。宅配便のお兄さんが何か商売をしているのかと聞くのも無理はありません。

一時は玄関を開けるとダンボールの山でした。

いろいろ試行錯誤してきましたが、今は帰宅した機械はすべてクリーンインストール。一からソフトを入れなければならないので、そちらは少し手間ですが、このようにした機械を配置することで、安定稼働に向けたヒントが得られるのではないかと考えています。

来春は、福島第一原発事故から丸9年、どなたも人生の節目が来ます。何か所か設置場所も変わるでしょう。

高学歴の世帯主の家庭で移住の動きが出ているそうです。

私は、このシステムの設置運営などを通じて、年配の女性が自分の考えを持っていること、そして生き方などで大きな決断をしつつある人が少なくないと感じています。静かに、そしてゆっくりでも日本の社会は変わっていくでしょう。
posted by ZUKUNASHI at 18:19| Comment(0) | 福島原発事故

千葉では まだ固定電話、固定ネット回線がつながらない

毎日新聞2019年10月5日 09時48分(最終更新 10月5日 11時01分)台風15号被害の千葉、通信設備の復旧進まず 1万回線超不通
 9月の台風15号の影響で故障した固定電話やファクス、インターネットの光回線といった通信設備の復旧が進んでいない。NTT東日本によると、今月2日時点で千葉県内の42市町の計1万423回線が不通となっている。4日には今月中旬に復旧すると発表した。被災地の商店主は「客からの注文を受けられない」と訴えている。【加藤昌平、秋丸生帆】

・・・引用終わり・・・

携帯電話はつながるようです。こういう場合に備えて、固定電話の電話機に似たボタンも受話器も大きいLTE回線利用の電話機は一定の需要があるかもしれません。手先が不自由な年寄りはありがたいはず。

次はかずさ4号公園の近くで倒壊した送電塔。電線が上から下まで張られています。これなら風への抵抗が大きくなって倒れますね。次の写真は上の毎日新聞の記事から。


次はGoogle Mapのストリートビューから。
posted by ZUKUNASHI at 11:31| Comment(0) | 福島原発事故