ずくなしの冷や水

2019年10月01日

今の日本の若者は失われた世代になる恐れ

このところ、何かいろいろある。月末で人口動態の公表があったことが一つ。そしてイエメンのフーシが大きな戦果を挙げたことも整理したかった。その他の国際ニュースも注目されるものが多い。昨日は荷物を出すこともあったのだが、もう深く考えずに処理。今日もSIMが届いて設定を終えテストを開始することができた。
北海道の放射性物質汚染の疑いも深刻で気になっている。などなど。

もっとも、ブログを書くのは割り切って戦線縮小すればそれで何も問題ないのだが。

それにしても、イエメンのフーシの対サウジ戦闘で若い人の活躍が目立ってとてもうれしい。

石油精製施設に対する誘導ミサイル、ドローンよる攻撃は若い人の力がなければできないことだ。地上戦でもサウジ兵を数千人も捕虜にし、車両や兵器を奪い取った戦果は大きい。捕獲した車両に大勢が乗り込んで高速で走り去る姿に彼らの喜びが溢れている。軍事車両などろくにないのだろうと思っていたが、戸惑っている様子は見えない。

若い人は、環境と条件に恵まれると、タケノコのように伸びるところがとても面白いし、素晴らしい。残念ながら今の日本の社会・経済環境は、若い人が伸び伸びと育つ状況ではないように思える。

先日、徘徊の帰り電車が混んでいた。大きな袋を持った若い男性に何かイベントがあったのかと聞くと、ゲーム関係のイベントがあったのだと。親切に教えてくれたので、話をしてみることにした。

パソコンの話をした。
「ゲームをやる方は、高いパソコンを持っているようですね。この前息子が40万円のパソコンを買ったと言っていたけど、皆さんもそのくらいのもの持っているんですね」
「そこまでの金額のものを持っている人はそんなに・・・」
「私は40台のパソコンを管理しているんですよ。安いスペックの低いものだけだけど。メンテナンスにとても手がかかります」
・・・・・・
「ゲームでも何でも、極めるのは良いことですよね。そして次々に分野を変えていけば自分の世界がどんどん広がっていく。スキルも幅広くなる。若いうちは何でも挑戦できます。私のように歳をとると新しいことに取り組めなくなってね。とても残念です。」
と話して別れました。

現役で働いている方は、日本の若者のことを心配していますね。私は若い男性しか相手を見分けられないから、その中でまともそうな人しか話しかけません。それゆえ、あまり感じないのかもしれません。

「日本は本当に、底が抜けてしまった感じがします。危機感もなく、真面目さを馬鹿にしている風潮が蔓延。」

確かにそうですね。若い人には最悪の環境ですね。何とかしたいけど・・・、失われた、あるいはこれから失われるジェネレーションの幅は大きくなるのでしょうね。
posted by ZUKUNASHI at 22:31| Comment(0) | 国際・政治

これが戦争の現実です イエメンの勇者を称える

このサイトは、精神的に未成熟な方がご覧になることを予定していません。戦死者の遺体の画像も掲げています。

2019/9末のイエメンフーシ軍によるサウジ軍待ち伏せ攻撃は捕虜数千人、死傷者多数という歴史に残る戦いとなりました。その中にはサウジ軍の高級将校もいたとされています。

以下の画像は多くがFARSNEWS Yemeni Army Releases Footage of “Victory from Allah” Op against Saudi Forcesによる。

次は投降したサウジ軍の兵士が放棄したライフル銃です。捕虜の数がわかります。


次の画像は捕虜を写しています。


兵士がいない、一般人ではないかと感じられたかもしれません。ですが、サウジの軍隊は基本的に傭兵ですし、経済的な苦境に置かれた人々を低賃金で雇い、装備も与えていないのです。

サウジ軍の兵士が投降してくるところです。


建物に集められています。


フーシの若い兵士が捕虜に飲み物を配っています。


さっきまで殺すか殺されるかの関係だったのですが、捕虜もフーシ軍の兵士もとても落ち着いています。そして、誰かがカメラを構えたら次々に人が並びました。生きて虜囚にならずではないのです。カメラの前に立った人たちは出稼ぎ労働者です。ここでカメラに収まり、それが出身地で放映されれば、家族らに無事だったことを知らせることができます。


これはサウジ軍のマークではないでしょうか。


激しい戦いで負傷者が多いです。フーシは、負傷者の手当をしています。






死者が多いです。山間の道を両側から攻撃され、サウジ軍の兵士はパニックになりました。銃を手にする間もなく、逃げようとしましたが成功しなかった人たちでしょう。皆若いです。









米、英、仏、カナダの供給した武器でサウジがイエメンを攻撃し、イエメンの民間人、特に子供に多数の死者を出しています。この戦いはフーシが一矢を報いたものです。これが戦争の実態です。遠い中東の出来事ではありません。米国の言いなりの日本。必ず引っ張り出されることがあります。欠陥品の役に立たない武器を使わされて。

次の記事に出てくるタイズ市の衣料品店で働いていたZakarya al-Aswadさん36歳は、戦争勃発で仕事を失い、家族5人を引き連れて生まれ故郷に帰った後、家族の生計費を捻出するため一日当りの賃金8ドルで元大統領Abd Rabbuh Hadi側の戦線の兵士になったとされています。ところが賃金不払いで兵士を辞めたとあります。
2016年08月11日
戦争で経済が混乱すれば 日雇い戦士になるしかなくなる

攻撃を受けた車列は兵員輸送車が多かったそうです。ですから何千人もが捕虜になったのです。もともとこの局面では見切りが良くないと生きられません。サウジの兵士は、フーシが人道的な扱いをしてくれることを知っています。サウジはこれらの臨時兵士が続々と投降するのを見てそれをやめさせようと戦闘機から爆撃したとされています。

シリアのハーンシェイフーンの町で洞窟の要塞にいたテロリストは3500人に上ったとされています。イエメンで、シリアで傭兵やテロリストを雇い、車両などの装備を調達するには莫大なカネがかかります。国家の関与なくしては続きません。
posted by ZUKUNASHI at 21:17| Comment(1) | 国際・政治

これはすごいぞ 今夜はやっぱり乾杯だ イエメンの勇者たちを称えて

捕獲した人員輸送車の上で気勢を上げるフーシの兵士たち。


山の上からサウジ軍を狙撃するフーシの兵士。履いている靴は簡素なものです。サンダルで山の急斜面を登る人もいます。この方はズボンをはいています。上着は背広です。


サウジの車列はこんな谷あいを走っていきました。


場所は、ナジュラーンからわずかにイエメンに入ったところのようです。この地図の場所はナジュラーンの町そのもの。


ナジュラーンの近くからサナアに向かう道は二通りです。


捕獲した車両が曲がり切れないほどの急カーブを探すと、この路線のようです。










捕獲した車両に兵士が鈴なりに乗って車列を追います。この前をオートバイが走っていきましたからフーシ軍です。


手製の爆発物を使っています。ごく近くの山の上に隠れて車列の接近を待ちました。


後続車にも一発。


緑の円内は爆発物を投げて攻撃をした人の位置 


立ち上がって戦果を確認しています。この動画を撮影した人は道路沿いにいる兵士の援護が任務です。ついでに撮影している。


潜んでいた兵士が次々に現れます。一人では怖いですが、これだけいれば、反撃されても応戦できます。


人員輸送車がこんな状況です。飛び出さざるを得なかった。


サウジの将校は、実戦経験も知識も欠いている。そのため無謀な大量の車列異動で大きな損害を受けました。

フーシの兵士は、若いです。そして士気が高い。よくやりました。




https://twitter.com/i/status/1178297718357315586

RT2019/9/30
Saudi vehicles destroyed, Saudi-led troops & officers taken prisoner in alleged VIDEOS of Houthi’s border victory
Yemeni Houthi rebels have released footage of what they say was a victorious offensive on the border with Saudi Najran province. It shows scores of captured military troops, including what seem to be Saudi officers, and hardware.

The footage was broadcast on the Houthi-run Al Masirah TV channel on Sunday. The video features a Houthi spokesman explaining the details of the military operation, which they’d dubbed ‘Victory from God,’ as well as live action footage from the ground.

The offensive began a couple of days ago but is said to have been planned over several months. Three Saudi-led brigades were ultimately led into a major ambush, the spokesman claimed. The battle against the brigades – said to be some 7,000-strong in total – took place on Yemeni soil close to the border with the Saudi Arabian province of Najran.

The Houthi-released footage features an ambush on a large military convoy traveling on a narrow road amid mountains. The convoy consisted primarily of armored personnel carriers, which appear to be Canadian LAV-25s.

The convoy is targeted with Improvised Explosive Devices (IEDs), artillery and small arms fire, with the opposing forces seen panicking and trying to flee, while several vehicles are hit and some even crashed into a ravine. The full footage shows some corpses, while scores of captured fighters are being led away.

Many military vehicles – ranging from US-made Oshkosh mine-resistant vehicles to assorted Toyota-based gun trucks – are seen abandoned in the footage. Some of the machines are burnt-out by the Houthi fighters on the spot, while others – including APCs with six-barrel rotary cannon – are driven away.

Apart from dozens of armored and soft vehicles, the Houthis have apparently captured lavish munition caches, having raided the base camps of the brigades. The group has shown off scores of small arms, ammo crates, rocket launchers and other equipment seized from their adversaries.

Also recorded was a large number of fighters surrendering to the Houthis, as well as scores of combatants who’d been killed. The majority of them – including child soldiers – are said to have been recruited from the local population. The surrendering and fleeing forces were allegedly targeted by Saudi aircraft, with the Houthis saying the bombing runs inflicted heavy casualties on them.

Houthis claim that some 2,000 people have been captured in total.

Apart from locals, foreign nationals, including “senior” Saudi officers, are shown among the prisoners. A number of people in military uniforms with Saudi insignias appear in the video. Armored vehicles with Saudi markings can be seen among the trophies as well.

So far, Saudi Arabia has not produced any statement regarding the Houthi claims and the alleged casualties its military and affiliated units have sustained.

The offensive appears to be the second major blow delivered to Riyadh by the Yemeni rebels in just a month. Earlier in September, a major Saudi oil refinery came under drone and missile attacks claimed by the Houthis. Saudi Arabia, as well as the US and its allies, however, shifted the blame for the attacks on Iran, while admitting they did not know the actual launch site. Tehran has strongly denied its involvement.

The war in Yemen has been raging since 2015, after the Houthis rebellion ousted US- and Saudi-backed President Abdraduh Mansur Hadi and captured the nation’s capital, Sanaa. In response, Saudi Arabia, the UAE and their allies launched an invasion of Yemen, trying to reinstall Hadi. The land operations, as well as an indiscriminate aerial bombing campaign has taken a heavy toll on Yemeni civilians, while a sea and air blockade has led to large-scale cholera epidemic and has put millions on the brink of famine.
posted by ZUKUNASHI at 17:00| Comment(0) | 国際・政治

Trump tweets quote warning that impeachment will cause ‘Civil War-like fracture’ in US

Trump tweets quote warning that impeachment will cause ‘Civil War-like fracture’ in US
With impeachment the talk of the town in Washington, President Donald Trump’s most fierce critics and defenders are squaring off, reacting to a Democratic initiative to remove him from office over an alleged abuse of power.

On Tuesday, Speaker Nancy Pelosi (D-California) said the House was “moving forward with an official impeachment inquiry,” unifying ongoing investigations in six congressional committees under the umbrella of an impeachment probe. Citing a July phone call between President Trump and his Ukrainian counterpart, Volodymyr Zelensky, Pelosi argued that the president abused his authority and broke the law by directing Zelensky to reopen an investigation into the overseas business dealings of former vice president Joe Biden’s son, Hunter. The transcript of the call, however, failed to show any nefarious quid-pro-quo as alleged by Trump's opponents.

While there is dispute over whether Congress still needs to institute a full vote in order to direct the House Judiciary Committee to launch a formal probe – as occurred during the Nixon and Clinton impeachment sagas – some Democrats argue no such vote is necessary.

Legal technicalities aside, the announcement of the inquiry itself has sent both the president’s backers and enemies into political overdrive, with both camps urging their rank-and-file to prepare for combat.

“War; this is war against truths,” conservative actor John Voight said in a video message posted on Twitter on Wednesday night, adding: “This is a war against the highest noble man who has defended our country.”

In a “time of evil words... let us all stand with our President Trump,” Voight said, slamming Democrats for their impeachment drive, which he deemed a “crime.”

Former New York City mayor Rudy Giuliani, who now serves as Trump’s legal counsel, also ridiculed House Democrats for their efforts, calling them a “sad joke” and insisting he would not comply with any House subpoenas, at least not without the president’s sign-off.

“They have no legitimacy,” he said. “I would think of challenging their subpoena on the grounds that they're not a legitimate committee.”

Presidential adviser Kellyanne Conway also pulled no punches, accusing Pelosi of dining on an “equivocation sandwich” for lunch, and stating that she had allowed “the men around her” form her opinions.

As the president’s party largely coalesces behind him, one Republican congressman broke ranks with his cohorts on Friday. Nevada Rep. Mark Amodei joined 223 Democrats in backing the impeachment probe.

“I’m a big fan of oversight, so let’s let the committees get to work and see where it goes,” Amodei told the Nevada Independent newspaper, though the congressman has since clarified in a statement that he does not support impeachment itself, only the inquiry.

Democrats, of course, have been equally energetic since Pelosi’s announcement on Tuesday.

Apparently seeing a business opportunity in the dire political struggle now unfolding in the US capital, Congresswoman Rashida Tlaib (D-Michigan) rolled out new merch for the occasion, offering t-shirts which read “Impeach the MF” for $30 a pop.
“You can even wear what you feel,” Tlaib said, marketing her new swag.

Pelosi – whose newfound support for impeachment this week marked a dramatic about-face on the question – has also weighed into the fray online, tweeting a steady stream of accusations and invective the president’s way.

Lead member of the “Squad” – a formation of progressive Democratic congresswomen – Alexandria Ocasio-Cortez said the president had “already admitted” to impeachable offenses, asking mockingly on Twitter why Trump would “confess” to incriminating acts after he slammed the impeachment drive as “the greatest scam in the history of American politics.”

It’s unclear how the battle will pan out at the present stage, but as Democrats and fellow travelers rush headlong toward impeachment, and perhaps an equal number on the other side oppose their efforts tooth-and-nail, Washington DC is set to be the scene of major political skirmishes for weeks, if not months, to come.
posted by ZUKUNASHI at 14:04| Comment(0) | 国際・政治

料理名人のツイートなどに元気がない

一時、料理名人のツイートをフォローしていましたが、福島第一原発事故前と変わらぬ材料を使っていて、こんなの食っていたら被ばく症状が出るだろうと思っていました。

最近はCOOKPADの人気も落ちているとか。

「おいしさ」を追求するなら被ばく回避の観点での食材選択は後回し。
料理に使いうる、使うべき食材は、天地がひっくり返るほどの変更を余儀なくされているのです。

まだわからない人は、仕方がありませんね。好きにさせてやったらいい。

「五感で感じる季節の味わい 旬の食を愉しむ
サツマイモを食卓のメインに! ボリューム満点のオイスター炒め」

サツマイモの産地によっては被ばく食ですね。「五感で被ばくを感じる秋の味わい」となるでしょう。

限られた食材をどう工夫してそれなりに食べるか、そんな知恵を示してくれる料理名人が出てくるかと思いましたが、見当たりませんね。

彼らは、味に関しての達人ではあっても、被ばく回避に関する知識が豊富とは言えませんし、食材の放射能測定に特に関心があるとも思えない。おいしさ追求の邪魔です。

そういう食べて応援を推進してきた料理名人も罪深いとも言えますが、それで病気になる人がいても自己責任ですね。

医師も同じです。被ばくした患者を受け入れる際に放射能防護エプロンを身に付けていた医師がいたと聞きました。患者がそんなに強い放射線を発していた? レントゲン撮影機械ほどの?

基本的に、医療界は福島第一原発事故特需で書き入れ時なのです。こんな千載一遇の稼ぎ時は二度とない(?)。彼らが被ばく回避に冷淡なのは、当然なのです。病気予防ではワクチン接種には熱心ですけどね、カネにならない食事指導や生活指導には関心がない。知識もない。

そこはしっかり認識しておきましょう。日本では、医療被曝が特に大きいとされています。

前にアルツハイマーやパーキンソン病ではどんな経過で死ぬんだろうと書いたら、ある方から英語で書かれた著名サイトを教えてもらいました。

https://www.healthline.com/health/stages-progression-alzheimers#general

この中に "misplacing or losing a valuable object"とありますが、管理人はこの前やりました。ウエストポーチを置き忘れて出て来なかった。免許証、クレジットカードをなくした。

じっくり読まなければ・・ 違う? 周りの人が読むべきもので本人が読んでも足しにはならない? なんか数年で幼児に返る人もいるそうです。

被ばく症状が出て、西日本や海外に移転を試みる人が続いているようです。アルツハイマーやパーキンソン病も進行を止められるなら、私も避難しなくては。大失敗になるであろうオリンピックが始まる前が勝負ですね。
posted by ZUKUNASHI at 10:16| Comment(0) | 福島原発事故