ずくなしの冷や水

2019年09月13日

シリアの戦争は終わったとラブロフ

PRESSTV2019/9/12
War in Syria has come to end, long-lasting settlement of crisis needed: Russian FM
Russian Foreign Minister Sergei Lavrov says he believes the foreign-sponsored terrorism in Syria has come to an end, and that the need to promote the long-lasting settlement of crisis both in the war-ravaged Arab country and the entire Middle East region is highly required.

“The war in Syria has really come to an end. The country is gradually returning to a normal, peaceful life. Some hotspots of tensions remain in the territories that are not controlled by the Syrian government, such as Idlib and the eastern bank of the Euphrates,” Russia’s Sputnik news agency cited Lavrov as saying in an exclusive interview with Russian newspaper the Trud on Thursday.

The top Russian then pointed to the provision of humanitarian aid for affected civilians and “promotion of political process on settling the crisis to achieve stable and long-lasting stabilization of the situation in the country and the whole Middle East region” as the most important issues regarding Syria.

Lavrov added, “We believe the formation and launch of a committee designed to develop the constitutional reform will be an important step in advancing the political process led and carried out by Syrians themselves with the UN assistance.”

“In fact, its convention will enable the Syrian sides – the government and the foreign-sponsored armed opposition – to begin for the first time a direct dialogue on their country's future,” he commented.

Lavrov went on to say that Russia has taken some steps to “support the efforts of the Syrian government in its fight against terrorists, who still remain in the Idlib zone, and promote issues concerning humanitarian assistance and facilitation of the political process in the context of formation of the constitutional committee.”

The Russian foreign minister later criticized sanctions that the United States and European countries have slapped on the Syrian government, describing the measures as fully counterproductive.

Russia has been helping Syrian forces in ongoing battles across the conflict-plagued Arab country. Syrians continue to recapture key areas from Daesh and other foreign-backed terrorist groups across the country.

Syria has been gripped by foreign-backed militancy since March 2011. The Syrian government says the Israeli regime and its Western and regional allies are aiding Takfiri terrorist groups that had been wreaking havoc in the country.

Militants open fire on civilians at Rukban camp

Separately, US-sponsored militants have opened fire at displaced Syrians stranded in a camp near the Jordanian border after the latter demanded that delivered humanitarian food be distributed among them.

Head of the Russian Center for the Reconciliation of Opposing Sides in the Syrian Arab Republic, Major General Alexey Bakin, said members of the so-called Forces of Martyr Ahmad al-Abdo militant group have seized a significant amount of cargo delivered by the United Nations and the Syrian Arab Red Crescent to the Rukban camp, and moved the consignment to their base north of the camp.

“On September 11, militants opened fire with small arms at a market in Rukban to disperse civilians demanding food,” Bakin said.

The United Nations says about 45,000 people, mostly women and children, are trapped inside Rukban, where conditions are desperate. This is while Geneva-based international aid agency Doctors Without Borders has put the number at some 60,000.

On March 6, Lavrov said the United States needed the Rukban refugee camp in order to justify its illegitimate military presence in Syria.

"The fact that people are not allowed to leave [the camp] and are held hostage makes one suggest that the US needs this camp to continue justifying its illegitimate presence there,” Lavrov said.

“This is in line with the US policy aimed at creating something like a quasi-state on the eastern bank of the Euphrates River. It does not want these territories to get back under the control of Syria’s legitimate authorities.”
posted by ZUKUNASHI at 21:51| Comment(0) | 国際・政治

人口動態速報 2019/1から2019/8 茨城県が大変なことになっている

人口動態速報 2019/8 
日立市 出生死亡比率前年同月比大幅悪化
郡山市 大幅悪化
筑西市 大幅悪化
仙台市 大幅悪化

守谷市 大幅悪化
柏市 変わらず
常陸太田市 大幅悪化
いわき市 大幅悪化
高萩市 大幅悪化
流山市 大幅悪化
市川市 大幅悪化
横浜市 大幅悪化 前年8月の0.93が0.82に低下

横浜の人たち、全然動じないんですね。人口が激減していくんです。子供がいない街はカジノや風俗でやっていくしかないんです。横浜市はよくわかっています。
常総市 改善
松戸市 大幅改善
神栖市 大幅悪化 死亡者急増
川崎市 わずかに改善
横須賀市 小幅悪化
船橋市 大幅悪化
厚木市 大幅悪化

この悪化を解くカギは、次のデータかもしれない。
2013年12月20日
2011/3、神奈川県の広い地域でベータ線込みの線量率ピークが5μSv/hに達していた

米国の測定データから北緯35.45、東経139.45の地点の測定データをグラフに落すと次のようになる。おおむね0.2マイクロシーベルトを上回って推移しているように見える。期間は、2011/3/22の8時8分から3/30の7時まで。日時は連続していない。


線量率が最も高かったであろう2011/3/15、3/21のデータが見当たらず、残念な思いがしていたし、このグラフの数値の水準が茅ヶ崎市や他のMPの測定ポイントに比べて高いことを不思議に思っていた。

ネットで流れた2011/3/15厚木で観測された線量率は、0.5ミリレムとか0.05ミリレムとか錯綜している。元は星条旗新聞のようで捜したら0.5ミリレムとある。0.005ミリシーベルト、5μSv/hになる。

U.S. Navy: Low-level radiation detected at some Tokyo-area bases
A level of 0.5 millirems of radiation was detected at Atsugi with similar levels at Yokosuka, said Atsugi public affairs officer Tim McGough. The radiation was detected coming from winds blowing from the northeast, he said.

空間線量率5μSv/hは、他のMPの3/15のピークに比べて格段に高いから、これはベータ線も含んだ線量率だろう。沖縄県で個人がベータ線込みで測定した結果でも1μSv/h以上出ており、ガンマ線だけの場合に比して格段の差が付くことはある。
さらにアルファ線による部分を加えれば被ばく量はもっと上がる。

我孫子市 変わらず
福島市 大幅悪化


大和市 改善
神奈川県6都市計 悪化
水戸市 大幅悪化




人口動態速報 2019/7 
日立市 出生死亡比率前年同月比大幅悪化
郡山市 大幅悪化
筑西市 大幅悪化
守谷市 改善
柏市 大幅悪化
常陸太田市 改善
大和市 大幅悪化 出生数がこれまでの最高水準まで上がりましたが死亡数が厳冬期並みになっています。
流山市 大幅悪化 死亡数が増加
市川市 悪化
仙台市 大幅悪化
いわき市 悪化
横浜市 小幅改善
厚木市 大幅悪化
7月は各地で亡くなる方が高水準です。
横須賀市 出生数増で大幅改善
船橋市 大幅悪化
松戸市 大幅悪化
常総市 大幅悪化 前年出生数48人が20人に。
川崎市 わずかに改善
鎌倉市の公表が神奈川県の公表と同時かそれよりも遅くなっています。ほんの数年間でここまで落ちぶれるんですね。集計除外としました。
高萩市 大幅悪化
水戸市 大幅悪化
出生数が212人から178人に、死亡数が202人から256人に。出生死亡比率は前年同月の1.05から0.7へ低下。出生数死亡数の12か月移動平均。

4年経過でトレンドがブレ始め、5年経過で死亡数が増え始め、6年経過で出生数が減り始めるという経過になっています。夏になっても死亡数は高水準。これは他の地域でも見られます。
ひたちなか市 大幅悪化

日本の核利用開発の頭脳が集まっています。
千葉市 変わらず
市原市 変わらず
鎌ヶ谷市 死亡数減で大幅改善
我孫子市 大幅悪化
千葉県主要都市計 大幅悪化
福島市 変わらず
福島県主要3市計 大幅悪化
小田原市 わずかに改善
神奈川県主要都市計 わずかに改善
神栖市 大幅悪化
茨城県主要8市計 大幅悪化 特に出生数の減が大きい

2019/8/22に茨城県全市町村の数値公表か。
浦安市大幅悪化
千葉県主要10都市計 大幅悪化

人口動態速報 2019/6 
日立市 出生死亡比率前年同月比変わらず
郡山市 大幅悪化 出生死亡比率0.84が0.61に低下。出生数2010/1以降で最低を記録。

常陸太田市 大幅悪化
守谷市 大幅悪化
柏市 大幅悪化
常総市 大幅悪化
大和市 大幅悪化
市川市 変わらず
筑西市 わずかに改善
流山市 大幅悪化
仙台市 悪化
いわき市 小幅悪化
高萩市 小幅改善
横浜市 大幅悪化

月当りの出生数は福島第一原発事故直前に比して500人減っています。

浦安市 大幅改善
ひたちなか市 大幅改善
水戸市 改善
厚木市 悪化
船橋市 大幅悪化
横須賀市 大幅悪化
松戸市 悪化
川崎市 大幅悪化
我孫子市 小幅改善
神奈川県主要都市計 大幅悪化見込み
鎌ヶ谷市 大幅悪化
市原市 大幅悪化
千葉市 小幅悪化
千葉県主要都市計 大幅悪化
神栖市 大幅悪化
茨城県8都市計 ほぼ変わらず
2019/7/12現在未公表福島市、小田原市


人口動態速報 2019/5 死亡数急増はなぜ?
大和市 出生死亡比率前年同月比 悪化
日立市 悪化、死亡数2019/1に次ぐ高水準
郡山市 大幅悪化
守谷市 大幅悪化
常陸太田市 変わらず
筑西市 大幅悪化
高萩市 大幅悪化 死亡数2019/1を上回る
仙台市 大幅悪化、死亡数2019/1に次ぐ高水準
いわき市 大幅改善 死亡数減
柏市 大幅悪化
市川市 大幅悪化
水戸市 大幅悪化
神栖市 大幅改善

横須賀市 わずかに改善
川崎市 わずかに改善
厚木市 大幅悪化

常総市 改善
茨城主要都市計 大幅悪化
福島市 大幅悪化
福島県主要都市計 悪化
市原市 大幅悪化
ひたちなか市 大幅改善
船橋市 大幅悪化
千葉市 大幅悪化 死亡数前年の747人が843人に増加

鎌ヶ谷市 悪化
千葉県主要都市計大幅悪化確実
横浜市 大幅悪化 前年の0.91から0.79へ大幅低下 出生数大幅減
松戸市 大幅悪化
浦安市 大幅悪化 死亡数2010/1以降で最高を記録

流山市 大幅改善 死亡数減
小田原市 変わらず(出生数増、死亡数増)
神奈川県主要都市計 大幅悪化 0.92から0.84へ低下

日本の年齢別人口構成から出生数が減り、死亡数が増えることは避けがたいことだったのだが、出生数がここまで急激に下がると原因について触れるか否かは別として、自治体は中期計画を見直さなければならなくなる。

自治体の予算支出削減の方向で望ましいという面はあってもそのあとに続くのは、歳入の大幅減少、壊滅的な減少だ。

・・・・・

郡山、仙台、柏、市川、福島、船橋、千葉大幅悪化です。死亡数が例年ピークをつける1月並みあるいはそれを上回るところもあります。これは異常、異例です。

被ばく症状と疑われる症状の出た方は、この先、がんと中枢神経障害にご注意ください。
2019年05月30日
米国は放射性物質を撒き散らしている 劣化ウラン弾 **注目記事**の記事をお読みください。

英語で読むのはどうもという方は機械翻訳をお使いください。Chromeならクリック一つで翻訳できます。
Google翻訳も使えます。
https://translate.google.co.jp/?hl=ja&tab=TT
ただ、字数の制限がありますので適宜分割して翻訳してください。

中枢神経障害が生ずると一時的な意識途絶が生じます。運転中だと事故につながります。足の動きが不自由になった場合も車の運転に支障が出ます。チェルノブイリ事故当時は、被災地は今のような車社会ではありませんでした。

強い放射性物質汚染が車社会で起きた場合にどんな危険な事態になるか、日本が初めてのケースになります。


人口動態速報 2019/4 横浜市・千葉市死亡数急増 これはひどい
常陸太田市 出生死亡比率前年同月比大幅悪化
守谷市 大幅悪化
大和市 変わらず
日立市 大幅悪化
仙台市 悪化
いわき市 大幅悪化

筑西市 変わらず
柏市 大幅悪化

郡山市 大幅改善
横浜市 大幅悪化 出生数前年同月と変わらず、死亡数200人増の2,702人

厚木市 悪化
高萩市 大幅改善
横須賀市 ほぼ変わらず
我孫子市 大幅改善
市川市 大幅悪化
川崎市 大幅悪化
福島市 小幅改善
常総市 大幅悪化
流山市 改善
船橋市 大幅悪化
市原市 改善
水戸市 大幅悪化 出生数150人を割り込み2010/1以降で最低を記録
千葉市 大幅悪化 出生数が23人増、死亡数109人増
松戸市 大幅悪化 死亡数が1月から高水準で推移
神栖市 大幅悪化
茨城県8市計 大幅悪化
鎌ヶ谷市 大幅悪化 出生数5人減、死亡数32人増 0.81から0.52へ低下
小田原市 悪化
神奈川県主要都市計 悪化確定
千葉県主要都市計 大幅悪化確定

さて、どうしたらいいのか。もう、打つ手なしか。

今月は連休のせいもあり全体的に遅れています。自治体も死亡数が前年同月比100人、200人と大幅に増えたり、出生数が過去最低を示したりして当惑していることがうかがわれます。千葉市は、いつも最も遅いほうなのですが、今月は15日までに発表できませんでした。市職員の事務処理能力に不足が出てきたのか市の幹部が慌てふためいているのかは不明です。浦安市は、5/20正午現在未公表。もともと事務処理能力が低位にありますが、さらに深刻化する?
鎌ヶ谷市もいつも遅いのですが、今月の結果は悪い?(やはりそうでした)
一時はあこがれの高級住宅地で通勤客はグリーン車が普通だった鎌倉市、独自の公表を事実上止めてしまいました。住めたものじゃないとの定評が定着です。
5/20から県によるとりまとめ結果の公表が始まります。

2019/3人口動態速報 17年後東葛4市の赤ん坊は2013年の半分になる
常陸太田市 出生死亡比率前年同月比大幅改善
神奈川県大和市 大幅悪化

出生数の減よりも死亡数の増の勢いが勝ります。ここまで指標が悪化すると、何らかの体調不良を感じたらとにかく病院へ と申し上げるしかありません。近隣地域も同様な状況とみられます。

神奈川県下の病院はパンク状態が近いのではないかと思いますが、いかがですか。自覚症状も前兆もなく亡くなっていく方が多いんでしょうか。

茨城県守谷市 大幅悪化  出生数2009/11以降で最低 出生死亡比率前年1.56が本年1.13へ低下
郡山市 大幅改善
茨城県筑西市 大幅悪化
茨城県高萩市 大幅悪化
茨城県日立市 大幅悪化
柏市 大幅改善
仙台市 大幅悪化
いわき市 改善
市原市 悪化
市川市 わずかに改善

横須賀市 大幅悪化
川崎市 小幅悪化
ひたちなか市 悪化

横浜市の公表が遅れています。川崎市に先を越されました。よくない予感が。
横浜市 小幅改善

死亡数の増加が一服ですが、出生数の減少は加速しています。

松戸市 大幅悪化
福島市 小幅改善
福島3市計 改善

船橋市 悪化 出生数2011/1以降で最低を記録


浦安市 悪化
水戸市 小幅悪化
常総市 変わらず
厚木市 改善

千葉市 わずかに改善
神栖市 悪化
茨城県8市計 大幅悪化
流山市 大幅悪化
鎌ヶ谷市 大幅悪化
我孫子市 大幅悪化

千葉県10市計 前年よりわずかに悪化。千葉県下は出生数が減少ですが死亡数も低位で柏、市川、千葉が改善したために指数の大幅悪化は免れました。

小田原市 大幅改善
鎌倉市 変わらず
神奈川県主要7市計 変わらず




各地とも2015年の半ばころから出生数が目立って減っています。福島第一原発事故から4年経過です。大和市も横浜市も、東葛地域も。なんでしょうね。

被ばくに起因するものとすれば、現在子供を産んでいる人は8年程度の被ばく累積があります。これから出産適齢になる人は被ばく累積年数がさらに長くなります。2011年に生まれた人が25歳になるのはあと17年後。

柏・松戸・船橋・市川計で見るとこの4年間で月当たり1,460人から1,330人へ130人減っています。この先17年間このペースで減れば、4.25×130=552人

減少ペースは時間の経過とともに上がるでしょう。子供の数が減っている。17年後に600人減るとみれば、現在の1,330人が730人になるということです。2013年の半分の水準ですね。

単純な推計ですが、トレンドがはっきりと出ているので当たると思います。

死亡数についても見てみます。

死亡数は、2015年の早い時期から増大しています。北ウクライナについて登録患者数の割合を示すグラフがあります。次はそのデータを使いそのまま日本の福島第一原発事故後の期間にあてはめたものです。同じような傾向だとみてよいでしょうか。ただ、死亡数の伸び方は北ウクライナの患者割合の伸びよりも速いように見えます。



これは、日本では被ばく抑制策がとられなかったことと高齢人口が多いことによるものではなかろうかと考えています。これまで高齢者を中心に死亡数が増えてきましたが、新生児が生まれないということは成年層の身体のメカニズムに変調が生じているということであり、女性で妊娠しにくい現象が出ているのであれば男性にも何らかの変調が起きているはずであり、今後それが死亡増という形で顕在化してくるでしょう。

がんなどの深刻な病気のほか突然死も続くだろうと見られます。若い人にです。

※ うにやん @takecoma氏の9:41 - 2019年4月11日のツイート
前までは被曝の影響について「んなわけないでしょ」な感じだった医療関係の友人が「確かに最近急性心不全と白血病が増えている」と言っていたので「それってさあ...」という話をしたら珍しく神妙な顔つきで頷いていた。10年が節目だと考えていたけど少し早いのかも。

2017年06月01日
やはりチェルノブイリの経験どおりに事態は動いている

2019/2人口動態速報 仙台市悪化加速 厚木市悪化継続
常陸太田市 出生死亡比率前年同月比大幅悪化
日立市 大幅改善
浦安市 大幅悪化
大和市 大幅悪化
筑西市 変わらず
高萩市 大幅悪化
柏市 変わらず
いわき市 小幅改善
神栖市 大幅改善
守谷市 変わらず
仙台市 大幅悪化

汚染がないはずの仙台市、悪化が加速しています。宮城県全体でも山形県との格差がついています。女川での線量率測定結果、仙台空港にいた米軍兵士の被ばく症状から初期吸気被ばくが大きかった人も相当いた可能性があります。時間の経過とともに悪化が進む恐れ。
2019年02月19日
おやじに爺! よく見ろ! あんたの種は全滅だな
横浜市 大幅悪化


市川市 大幅悪化 単月出生死亡比率2010年以降で最低
常総市 大幅悪化
横須賀市 大幅悪化
松戸市 悪化
我孫子市 大幅悪化
郡山市 大幅悪化 単月出生死亡比率2011/1以降で最低
市原市 小幅改善
川崎市 悪化
船橋市 改善

神奈川県7都市計 前年同月比 悪化見込み

福島市 わずかに改善
福島県主要3市計 変わらず

水戸市 大幅改善
茨城県主要8市計 改善

厚木市 悪化 この10年で単月出生死亡比率が最低を記録。




ひたちなか市 出生死亡比率大幅悪化 出生数2010/1以降で最低
鎌ヶ谷市 大幅改善
千葉市 悪化
小田原市 改善
流山市 変わらず
千葉県10都市計 前年同月比 小幅悪化悪化

開示終了

2019/1人口動態速報 
1月は例年生まれる人の数が減り、亡くなる人の数が増えて出生死亡比率が下がります。この1月はインフルエンザの流行もあり、亡くなる方の数が大きく増えています。よく調べていませんが、データを転記している時に女性の死亡数が多いと感じたところもありました。

守谷市 2009/11以降で出生死亡比率最低 0.655。
柏市 2008/1以降で死亡数最大、400人突破。
大和市 死亡数2010/2以降で最大
筑西市 出生死亡比率前年同月比変わらず
常陸太田市 出生死亡比率大幅悪化
水戸市 改善
高萩市 改善
市川市 小幅悪化
郡山市 小幅悪化
いわき市 大幅悪化
神栖市 大幅悪化、死亡数2011/1以降で最多
日立市 大幅悪化
仙台市 大幅悪化
横浜市 悪化
浦安市 変わらず
鎌ヶ谷市 改善
我孫子市 大幅改善
市原市 悪化、出生死亡比率0.5を割り込む
常総市 改善、死亡数2010/1以降で最大、100人を突破。外国人の出生者数4人、死亡者数3人。
横須賀市 大幅悪化 2010/2以降で死亡数最大。550人超。
厚木市 大幅悪化 2010/2以降で死亡数最大。210人超。
川崎市 大幅悪化
神奈川県7都市計 暫定値

福島市 大幅悪化、出生死亡比率0.385、死亡数400人に到達。
松戸市 小幅悪化
流山市 大幅悪化、死亡数2010/1以降で最大
小田原市 大幅悪化
船橋市 大幅悪化
千葉市 大幅悪化、2019/1死亡数999人
千葉県10都市計出生死亡比率 0.7割れ。


船橋市人口 64万人 2019/1死亡数583人
千葉市人口 99万人 999人
川崎市人口 152万人 1,259人
横浜市人口 374万人 3,590人
posted by ZUKUNASHI at 12:15| Comment(4) | 福島原発事故

若きチャンピオンの登場 





プーチンは、国民的英雄を政治利用しています。ハビブの父親は巨漢ですね。
Nurmagomedov told Putin that his father had helped him throughout the entire fight, giving him instructions on which tactics to use against Poirier.
とありますから、父親がオクタゴンサイドにいて指示を与えていたことがわかります。


Lightweight king Nurmagomedov defeated interim champ Poirier via third-round submission in the UAE on Saturday night, extending his unbeaten record to 28-0.
submissionとは、格闘技において、相手の体を自分の体で固定し続けることによって相手にダメージを与える技の総称。サブミッション・ホールド。だそうです。

試合後またオクタゴンを飛び出したハビブが、UFC boss Dana Whiteに抱きついています。このとき、ハビブは、試合を見ていた3人の叔父に抱きつこうとしたが、その前にDana Whiteがいたからだと言っています。一族でハビブを支えているんですね。

ハビブのいとこがやはり総合格闘技をやっていて、有望なのだそうです。似ていますね。3人の叔父の一人の息子ですね。
‘In Dagestan, you have to fight for respect’ – meet Nurmagomedov Jr.





ハビブの#BottleCapChallenge roundhouse punchという技だそうです。造作もなくやっていますね。






2019年ウィンブルドン女子シングルスでルーマニアのSimona Halepがセレナ・ウィリアムスを破り優勝。27歳、きれいなほっそりした女性ですが、腕や太ももの筋肉は確かなものがあります。
https://www.google.com/imgres?imgurl=https%3A%2F%2Fwww.wtatennis.com%2Fsites%2Fdefault%2Ffiles%2Fstyles%2Fhighlight_news_mobile_1_33_1_2x%2Fpublic%2Ffield%2Fimage%2Fgettyimages-1018279038.jpg&imgrefurl=https%3A%2F%2Fwww.wtatennis.com%2Fnews%2Fhalep-stops-sabalenka-return-cincinnati-final&docid=T3xqu7sdEkKNmM&tbnid=S1Y93SLHUesEpM%3A&vet=10ahUKEwjt95HSjbLjAhVDCqYKHY93AwQQMwhMKAwwDA..i&w=1536&h=1160&client=firefox-b-d&bih=832&biw=1484&q=Simona%20Halep&ved=0ahUKEwjt95HSjbLjAhVDCqYKHY93AwQQMwhMKAwwDA&iact=mrc&uact=8

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRCiQK3DCnY6RZR7VzUNt2HrnHx-4h-Hl6cnKBGR7v-_KcCJBp2JA

RT2019/7/1
A star is born! 15-year-old Cori Gauff stuns Venus Williams in Wimbledon first round
15歳のテニスプレーヤー Cori Gauff コリ・ガウフがウィンブルドンで Venus Williams ビーナス・ウィリアムズを下す。



ハビブ
posted by ZUKUNASHI at 11:46| Comment(0) | 国際・政治

タリバンは米兵の死でトランプを追い詰める作戦か

トランプがキャンプデービッドでタリバンと秘密会談の予定だったとは驚きました。

タリバンのスポークスマン:"アフガニスタンでの占領を終わらせるには2つの方法があった。一つは戦い、もう一つは交渉。アフガン問題を交渉によって解決する道がないとなればタリバンはジハードの道をとることになる。"
占領しているのはだれか。米国です。

米国人は、アフガンに利権を持っています。アフガン政府は米国の傀儡です。米国の占領が続くことをタリバンは拒否しています。占領が続いた国はどうなるか、核で汚染され、経済・社会はいずれ悪化の道をたどる・・・、彼らは日本をそういう目で見ているでしょう。

米軍がISISをアフガンに避難させましたが、タリバンはISISと同調することはありませんでした。当然です。ISISは米国が産み育てた外国侵略のためのツール、タリバンは米国の占領を終わらせようとしている誇り高い人々です。下の写真を見れば、明らかでしょう。

FARSNEWS2019/9/12
Trump Says 'Intensified' US Assault on Taliban to Go on as Secret Peace Talks Cancelled
TEHRAN (FNA)- Speaking at the 9/11 commemoration event, US President Donald Trump said that over "the last four days" US forces have "hit our enemy harder than they have ever been hit before and that will continue".

In his speech, Trump referred to the Taliban movement, several days after he called off secret Camp David meetings with the group and Afghan President Ashraf Ghani, Sputnik reported.

"We had peace talks scheduled a few days ago, I called them off when I learned that they [Taliban] had killed a great American soldier from Puerto Rico and 11 other innocent people," Trump said.

"They thought they would use this attack to show strength, but actually what they showed is unrelenting weakness. The last four days we have hit our enemy harder than they have ever been hit before and that will continue,” he added.

Trump warned that any other terrorist organisation that carries out an attack on US soil will be met with power that the United States has never used before. However, Trump clarified that he was not talking about using nuclear weapons.

The day before, the Taliban vowed jihad against American soldiers in Afghanistan amid Trump's cancellation of peace talks with the group.

The move was prompted by several terrorist attacks conducted in early September and claimed by the Taliban. In early September, a huge explosion hit Kabul's PD9 district, where foreign troops and agencies are located, just hours after US Special Representative for Afghanistan Reconciliation Zalmay Khalilzad‏ shared with the nation's leadership the details of a peace deal drafted during the ninth round of talks in the Qatari capital of Doha. Three days later, three explosions rocked Kabul, killing dozens of people, including a US soldier.

SPUTNIK2019/9/11
Taliban Vows Jihad After Trump Walks Away From Talks Dubbed 'Dead' by Him - Reports
On Monday, US President Donald Trump announced that the US peace talks with the Taliban were "dead" after the group claimed responsibility for a Kabul attack that killed a US serviceman.

The Taliban vowed on Tuesday to continue fighting against American forces in Afghanistan after the US president withdrew from peace talks with the group, Taliban spokesman Zabihullah Mujahid said as quoted by AFP.

"We had two ways to end the occupation in Afghanistan, one was jihad and fighting, the other was talks and negotiations", Taliban spokesman Zabihullah Mujahid told AFP.

The spokesman added that as there's no further way of resolving the Afghan issue through negotiations, the Taliban will take the path of jihad - one the US will regret.

Trump said Monday, after calling off secret Camp David meetings with the Taliban and Afghan President Ashraf Ghani, adding that the talks with the movement were "dead".

On 2 September, a huge explosion hit Kabul's PD9 district, where foreign troops and agencies are located, just hours after US Special Representative for Afghanistan Reconciliation Zalmay Khalilzad‏ shared with the nation's leadership the details of a peace deal drafted during the ninth round of talks in the Qatari capital of Doha.

The Taliban has claimed responsibility for the attack that left 16 dead and 119 wounded.

Three days later, three explosions rocked Kabul, killing dozens of people, including a US soldier. The Taliban again claimed the responsibility for the attacks.

タリバンの戦士は、単なるテロリストの顔つきはしていないのです。ひたむきで、カメラを正視しています。






タリバンのポリティカルチーフ 政治局長ですね。


タリバンのスポークスマンの一人 Zabihullah Mujahid かと見られますが、確認できません。


若者はオートバイで出没します。畑にいる人はかれらのことを気にしていません。

posted by ZUKUNASHI at 11:13| Comment(0) | 国際・政治