ずくなしの冷や水

2019年09月11日

カショギ殺人事件の音声文字起こし

この記事は、精神的に余裕があるときにお読みください。

FARSNEWS2019/9/10
Audio Transcripts of Khashoggi's Murder Revealed
TEHRAN (FNA)- A Turkish paper released transcripts of audio recordings of journalist Jamal Khashoggi and the Saudi hit squad that killed him inside the Saudi consulate in Istanbul last year.

The recordings, obtained by Turkey's national intelligence and made public by Daily Sabah newspaper on Monday, detailed the conversations between the Saudi writer and members of the 15-man hit squad moments before his assassination in October 2018.

Khashoggi, a Washington Post contributor who was living in the United States, had gone to his country's consulate to collect documents for his planned wedding before he was killed and his body dismembered.

When he entered the consulate, Khashoggi was greeted by a familiar face before being pulled by into a room, according to the daily.

"Please sit. We have to take you back [to Riyadh]," Maher Abdulaziz Mutreb, a senior Saudi intelligence officer and the bodyguard of Saudi Crown Prince Mohammad bin Salman, said.

"There is an order from Interpol. Interpol demanded you be returned. We are here to take you," Mutreb is quoted as saying.

Khashoggi responded, "There are no lawsuits against me. My fiancee is waiting outside for me."

In the last 10 minutes before he was killed, Mutreb asked Khashoggi to "leave a message for your son", saying not to worry if he could not reach the journalist.

When Khashoggi refused, Mutreb stated that "write it, Mister Jamal. Hurry up. Help us so we can help you, because in the end we will take you back to Saudi Arabia and if you don't help us you know what will happen eventually".

The operatives then drugged the Saudi journalist. His last words before losing consciousness were, "I have asthma. Do not do it, you will suffocate me."

Sound of an autopsy saw dismembering the 59-year-old's body can be heard at 1:39 pm local time. The procedure lasted 30 minutes.

His body is yet to be recovered.

Turkey has called Khashoggi's killing "premeditated murder" orchestrated by the Saudi government.

Saudi officials have countered that claim, insisting Khashoggi was killed in a "rogue operation", after initially claiming he had left the building before vanishing.

Saudi authorities have charged 11 unnamed suspects over Khashoggi's murder, including five who could face the death penalty on charges of "ordering and committing the crime".

The CIA has reportedly concluded that MbS ordered the killing, which officials in Riyadh deny.

During trials in Riyadh on Sunday, Daily Sabah revealed some of the statements of the hitmen who killed Khashoggi.

In the audio recorded minutes before Khashoggi entered the consulate building, Mutreb asked whether it will "be possible to put the trunk in a bag".

In response, Salah Mohammed Abdah Tubaigy, a well-known Saudi forensics doctor, replied, "No. Too heavy, very tall, too."

He added, "Actually, I've always worked on cadavers. I know how to cut very well. I have never worked on a warm body though, but I'll also manage that easily."

"I normally put on my earphones and listen to music when I cut cadavers. In the meantime, I sip on my coffee and smoke. After I dismember it, you will wrap the parts into plastic bags, put them in suitcases and take them out [of the building]," he noted.

Khashoggi's killing provoked widespread revulsion and marred the image of the crown prince.

A report in the Washington Post in April announced that Saudi Arabia gave Khashoggi's four children "million-dollar houses" and "monthly five-figure payments" as compensation for the killing of their father.

posted by ZUKUNASHI at 22:37| Comment(0) | 国際・政治

10,000+ cases under review in Denmark after phone data glitch used to convict the innocent

RT2019/9/11
10,000+ cases under review in Denmark after phone data glitch used to convict the innocent
Dozens of prisoners have been released and over 10,700 criminal cases are under review after Danish police realized the software they use to pinpoint the location of cellphone users is riddled with inaccuracies.

Some 32 prisoners – some of whom had already been convicted and sentenced – were released after an external audit launched late last month revealed gaping flaws in the geolocation system used as evidence in their cases. Danish courts have declared a two-month moratorium on the use of cellphone data as evidence following the discovery that it is not nearly as reliable as previously thought, and over 10,700 cases since 2012 are being reviewed.

“We simply can’t live with the idea that information that isn’t accurate can send people to jail,” chief public prosecutor Jan Reckendorff told public broadcaster DR. While admitting that exiling phone evidence from the justice system, even temporarily, was a “drastic decision,” Reckendorff said it was “necessary in a state of law.”

Danish police discovered earlier this year that the software used to convert data from mobile towers into information usable by police would drop calls and omit other data, leaving holes in the record it created of a cellphone’s location. While that problem was fixed by March, it led them to question the infallibility of cellphone data as criminal evidence, and more problems were discovered.

Some data linked phones to the wrong cellphone towers, potentially placing innocent people at crime scenes, while other towers were registered in the wrong locations entirely. Another bug incorrectly pinpointed the origin of text messages.
Justice Minister Nick Haekkerup has set up a steering group to monitor the legal fallout of the reviews of the thousands of affected cases, starting with cases currently before the courts, verdicts on cases where the perpetrator is currently in prison, and cases brought forth by defense lawyers. Lawyers will receive a report on the review of their clients’ cases, which may be retried if necessary.

The revelation has upended how lawyers look at evidence once considered to be infallible. “Until now cellphone data has had a high significance and value in courtrooms, because this kind of evidence has been considered almost objective,” Karoline Normann, head of the criminal law committee of the Danish Bar and Law Society told AFP, adding that she hopes a client of hers convicted solely on cellphone location data will have his case reopened.

But cellphone location data was never meant to be used for criminal justice purposes, noted Denmark’s Telecommunications Industry Association director Jakob Willer, who pointed out that the mistakes were not in the data itself, but in its interpretation.

Denmark isn’t the only country whose citizens have been affected by the use of flawed cellphone data in policing. In 2016, two American families in Kansas and Georgia found themselves targeted repeatedly by police led astray by data glitches, while a similar fate befell a home in Pretoria, South Africa in 2013.
posted by ZUKUNASHI at 20:36| Comment(0) | 国際・政治

被ばく回避で先行移住決行した皆さん 判断の正しさを確認してください

F1からまた飛んでいます。切断作業はやっていませんから、作業がなくても飛ぶということです。困るなあ。


このグラフは、時間軸が米国東部夏時間です。米国東部標準時(夏時間)と協定世界時の時差は-4時間です。日本と協定世界時の時差は+9時間ですから時差は13時間。

2019/9/7 00:00 EDTは、日本時間で2019/9/7の13時です。


第一回の切断作業は2019/8/1に始まりましたが、難航し8/7に中断。8/21に再開、すぐ中断、8/30輪切り再開、切断が9/1に終わりました。上のグラフで8/30頃から飛散が激しくなっています。9/2からは作業をしていないのにこんなに飛んでいます。

おちおち外も歩けません。先行移住した皆さんは、正解でした。これからもそのように感じられることが多々あると思います。どうぞ新しい土地で頑張ってください。

2019年09月05日
緊急警告 蓋のない1・2号機排気塔 放射性物質が飛び続けます
posted by ZUKUNASHI at 18:40| Comment(0) | 福島原発事故

千葉大停電 関連投稿

2019/9/11の投稿。

@
駅に向かう行列写真を見てビックリしました。
どうしてこんな緊急時に会社や学校に行こうとするの?
地元に残って地元のために動けるようにした方が良いのでは?
国なんて、行政なんて全く当てになりませんよ。
最近この国では特に、全国的に災害後のケアがぞんざいになって行ってますね。
原発被災者の問題をそのままにして、オリンピック万歳!と言ってるくらいですから、もう国としては機能してない後進国、わけのわからない気合い入れてるだけのハリボテ国です。
日々の被ばくで知性も削がれ続けたら、もう終了でも仕方ありませんね。
無残な国に成り果てていますが、それとは関係なく日々の生活は続いていきます。
もっと強かな人生戦略を一人一人が立てていかなければ、共倒れです。

個人的には、こんな国のために死んでいくのは嫌だね。

ずくなし様も、ブログから時々席を外されてください。ご自分のために時間を作られてください。

・・・引用終わり・・・

おっしゃる通りです。ご心配ありがとうございます。私の家では、パソコンの前にある椅子が最も高級で座り心地が良いのです。掃除とかしなければならないんですけどね。健康のためには外を歩きたいけど、放射性物質が飛んできているし、蒸し暑いし、窓も開けずに閉じこもった夏は初めてです。夏の開放感が全くありませんでした。 

A
こんにちは。

私は千葉県松戸市に住んでいますが、今は何事もなかった様にいつもの如く過ごしております。

9月9日には、松戸でも「避難指示」が昼過ぎまで出ておりましたが、全くもって心配なく、停電もなくて、朝方には風は強かったものの、普通に世間は流れていました。。。が、しかし・・・

千葉県南部は、目を覆う様な光景になってしまっている様で・・・

以前、よく行っていた風光明媚の小湊鉄道界隈や久留里線界隈はヒドイダメージを受けているみたいですし、学生時代にバイクで散々遊びに行った館山も復旧のメドが立たないみたいだし、高校時代にサッカー部に所属していて東金地区に練習試合でボロ負けしたところの場所での大病院が苦境にたっているみたいだし、ヤンキースの「田中マー君」に似ている知り合いの子が銚子に住んでいて、鹿島工業団地への(こちらも停電)出勤も四苦八苦だそうですし。。。「我が千葉県」は、「どうなっちゃうのか」とても心配です。

しかも、台風一過で、9日・10日は滅茶苦茶暑かった!!!
クーラー無しで昼夜を過ごすのはものすご〜く苦しいと思う!!!!!!
今日も30度を越えます。

こういう時にこそ、「青春時代」森田健作知事(日本会議メンバー)の腕の見せ所です!!!

・・・引用終わり・・・

千葉県知事も千葉市長もまだ若いし、社会経験は乏しい。こういう時の災害対策では知恵は出ないでしょう。
でもそれは、千葉県民や千葉市民がそういう人を選んだからですよね。 
岡山の水害でもそうでしたが、地元の老人などはリスクを知っています。でもそういう知恵は生かされない。
首都近郊で60万戸、1戸平均2人として人口で120万人が24時間以上、100万人以上が48時間以上、停電状態に置かれるというのは、先進国ではなかなかないことだと思います。

日本では他の先進国にはない事態が、何が起こってもおかしくない。そういう劣化状態です。
posted by ZUKUNASHI at 11:18| Comment(3) | 福島原発事故

サイトなどをこじ開けて悪用しようとする動きはさらに強まっているらしい

個人サイトを開設している人と話したら、サイトに対する攻撃が年々強まているのだそうです。それは、別にCIAに狙われているということではなく、悪さをしようとする人が、その出撃基地として個人のサイトをハッキングしようとするのだそうです。

サイト、ブログを運営している方は、どこかのレンタルサーバー会社などのサービスを使っておられるでしょうから、セキュリティのしっかりした会社のサービスなら、リスクは少ないと言えそうですが、必ずしもそうではない会社も多いです。

例えばAさんがB社のサーバーを借りてサイトを運営していたとします。そしてAさんのサイトを基地として他のサイトやサーバーに攻撃を仕掛けている者Cが現れたとします。

Cの攻撃によって損害を被ったDは、CやB、Aの責任を問うでしょうが、Cは得体がつかめないわけですからB、Aの責任が問われるでしょう。そしてBが自分には手落ちはないと主張した場合、責任は一手にAさんにかかってきます。

損害を被ったDがAさんに補償を求めるようなことがあるかもしれません。

ちなみにこのブログのIPアドレスは5*.1**.1*.1** です。

画像などを置いてあるサーバーのIPアドレスは、5*.1**.1*.**1 です。

これは簡単に調べられます。例えば東電停電情報なら
teideninfo.tepco.co.jp で 2*2.**9.*.1** です。

読者が今このブログを見ておられるパソコンのIPアドレスは、次の方法で知ることができます。

※ 自分のパソコンのIPアドレスを知る方法
ブラウザーの検索窓にIPと打ち込むと、例えば次のようなサイトが検索結果として表示されます。

・アクセス情報【使用中のIPアドレス確認】
https://www.cman.jp › network › support › go_access
あなたのアクセスしているIPアドレス情報などをENVとJavaScriptで取得し表示します。あなたのIPアドレスからポート疎通・ping疎通・DNS索引・WHOIS情報も取得できます。

そのサイトを使えばIPアドレスを知ることができます。

自分で知るのは、別に何も問題ないのですが、これを悪意のある者に知られるとハッキングの攻撃を仕掛けられたりするのです。そして乗っ取られて身代金を要求されたり、悪質な社会的に有害なウィルスを植え付けられ、それをばらまく感染源になったりします。

ハッカーに狙われるのは、ある程度アクセス数のあるサイトです。訪問者がゼロでは、ウィルスを運んでもらえません。

趣味でサイトやブログを作ったが、管理を止めて長い時間が経っているようことはありませんか? そういう廃屋があるなら整理しましょう。リアルの世界でもバーチャルの世界でも廃屋は悪者が入り込んで荒らすことがあるのです。挙句の果てに火事を起こして近所を延焼させたり・・・。

基本的にIPアドレスを知られないようにすることは、リスク回避策となりえます。コメントを書き込んだりするときは、臨時のIPアドレスを使うこともよさそうだと管理人は考えています。他のサイトに書き込んだりすることはほとんどありませんが。

IT機器を使っていて怪奇現象に出会い怖がっている人もいますが、その原因の多くは安易なIT機器の使い方にあります。
posted by ZUKUNASHI at 00:47| Comment(0) | デジタル・インターネット