ずくなしの冷や水

2019年09月09日

政府機能が失われ国民の保護がなくなりつつある日本 個人の精神的、生活上の負担がますます増える

管理人は、このブログで個人が自らの命と生活を守るうえで知っておいたほうが良いことを取り上げて書いています。2011年以降は、被ばく回避が最優先課題でした。それに4年半専念しました。

そして2015/9からシリア問題も追い始めました。米国やその同盟国の侵略政策がとん挫して国際秩序が変わるだろうと予想したからです。これは、シリアではISISの一掃が近づいていますが、米国がテロリストの温存・再興を狙っており、イラクではこの企てをどう食い止めるかなお困難な課題となっています。

そして最近では、香港問題。こちらはあまり時間をかけていませんが、構造はウクライナやシリアと基本的に同じ。シリア問題や国際的な米国の横暴・暴力的な介入政策の実態を4年も書いてきたのにまるで分っていない読者も多いです。

分かっていないというより、もうそこまで理解しようとする気がない、余裕がないといったほうが良いのかもしれません。電磁波問題でそれを感じました。さらには、農薬問題、遺伝子組み換え、ワクチン問題。

最低限の安全性さえも日本では公的規制によって確保されない。危険を感じる人は自分で目安を調べ、取捨選択のシステム、防御システムを作らなければならない。政府は何のためにある? つくづく不思議に思います。横浜市のような行政主体はないほうがましとの声も。

なんでもかんでも個人に押し付けられても個人がすべてを適切に処理できるはずがありません。日本人は、自民党・公明党の政府をよくもまあ温存しているものだと、毎日が「新鮮な」驚きです。

警察機能ですら、警察が堂々と国民威圧の脱法行為をやる国にまで成り下がりました。レイプが事実上刑法犯罪に当たらなくなっているような状況も。

警察官に聞いたら、最近は迷子を保護してくれる人も少なくなっているのだそうです。落とし物も出てこないと・・・。周りは偏屈なウヨばっかり。

残念ながら、管理人は日本社会がもっともっと悪くなっていくのは必至と考えています。改善する要因が見当たらない。国民にそんな意欲が窺えないのです。

数は少ないながらも、私と同じように感じている読者もおられます。そしてそういう方は、百年河清を待つわけにはいきませんから日本を出ていくのです。次は、読者からの投稿。

断末魔の叫びで、最後の輝きを見せる、というのは現実の日本の姿なのかもしれませんね。皆、周囲の人が健康を壊したり、癌などで命を失っても、原因追及を一切しない風潮がありますよね。現実を知るのが怖いのかなと思います。

でも、それでは悲劇から逃げることはできない。

何かをやめることで新しい可能性の波が人生に変化を起こす。
とても素晴らしいことを教えて頂きました。
私も、日本での生活をようやく終える決心がつきました。
家族も、移住には賛成してくれています。

日本で積み上げたものはたくさんありますし、これまで人生が比較的
(平凡でも)安定していたのも事実です。
すべて捨てることで私と家族の人生に新しい可能性を見出したいです。
なかなか勇気がなく、いままで実行できずにいましたが、一度離れたら振り返ることはないと思います。ありがとうございます。

・・・引用終わり・・・

門出を祝福します。すべてを捨てるのではありません。モノやしがらみは捨てていっても自分と家族は、その生身のまま新しい世界に移るのです。そして新しい波動に乗るのです。

観察眼のある人なら、移住先のその風土や文化に尽きない興味を感じられるでしょう。

そして、私が特に強調したいのは、ヒトの知性や感性、道徳観などはどこでも大きなばらつきがありますが、その中で共感しうる人は必ずいます。

私が記事の中で人の顔写真を掲載することがありますが、それは、ここにはこんな顔つき・風貌の人がいる、そしてこんなことを考えて、こんなことをやっていると知ってもらうためです。

人が住んでいるところには日本人も住めるのです。世界にはスイカを主食にする民族もあるとか。カネか家族の安全、安心か。

日本では、放射性物質のホコリが飛んできて道もおちおち歩けないと感じたら、移住の検討を始めましょう。
posted by ZUKUNASHI at 15:48| Comment(0) | 福島原発事故

イラン企業が汚水処理に使えるデカンター型遠心分離機を開発

FARSNEWS2019/9/8
Iranian Company Makes Decanter Centrifuge for Water Treatment
TEHRAN (FNA)- An Iranian knowledge-based company said it has managed to manufacture a 100% homegrown decanter centrifuge for water and wastewater treatment.

An Iranian knowledge-based firm has succeeded in producing a "Decanter Centrifuge" to enter the global competition arena as its CEO Azim Azimi Nejadan says it will soon sign a contract with Sweden to export its products.

Decanter centrifuges are used in a variety of industries, including brewing and liquid oil production. This type of centrifuge separates solids from the liquid and is therefore widely used in water and wastewater treatment.

Azimi Nejadan noted that the company is active in the production of decanter centrifuges, complete production lines for sugar beet and sugar cane, water and wastewater recycling, stating that the company's products are up to 40% cheaper than similar products of European countries.

That's why this centrifuge can easily find its customers. At the same time, our company's products are competing with the European market and the world leading firms in the production of these products.

Managing director of the company also stated that the company has been able to indigenize many products manufactured by European and Chinese countries by relying on Iranian expert force and using native knowledge.

There is no competitor for these products in the Middle East and the competition is only global.

He added that the company imports only 20% of special materials for its products from abroad and supplies 80% of its materials from domestic products.

In June, Iranian Vice-President for Science and Technology Sorena Sattari underlined that the US sanctions against Iran have started an opportunity for the Iranian knowledge-based companies to make further progress.

"Sanctions imposed by the US government against Iran have created a good opportunity for the knowledge-based companies to expand the scope of their activities," Sattari said on June 22.

Knowledge-based economy is one of the main pillars that has been taken into consideration by the government, he said, adding, “The government should throw its weight behind knowledge-based firms while the country is under sanctions, so as to facilitate the export of these companies to other countries in the world.”

Given the current economic situation of the country and the sanctions, exporting products of knowledge-based companies can be a suitable solution for the evermore development and growth of economy in the country, Sattari added.
posted by ZUKUNASHI at 12:53| Comment(0) | 福島原発事故

マイクロソフトがファーウエイのOS開発に強い警戒を示す

ファーウエイは、スマホのほかにWindows搭載のラップトップも販売しています。これらにWindowsを搭載できなければ、ファーウエイは当然別の代替OSを探します。スマホのOSはLINUXベース。ロシアは、LINUXベースのOSを政府機関などで使っています。
応用ソフトウェアがどれだけ整っているかは不明ですが。
ファーウエイは、ラップトップ、デスクトップ向けもすでに完成させているはず。
ファーウエイが独自OSを搭載したラップトップなどを一般の市場に投入したら、マイクロソフトは大打撃です。今WindowsOSを単独で買うと1万数千円。
BIOSの多くも米国製品。となるとBIOSから自社製ということになり、全く別のOSのシステムが登場。
オープンソースにされたら開発途上国は大喜びで導入するでしょう。
この先どう展開するか。

RT2019/9/8
Trump’s crackdown on Huawei puts US companies' survival at risk, Microsoft warns
posted by ZUKUNASHI at 10:02| Comment(2) | デジタル・インターネット

日本の大学は壊滅状態

この記事のアクセスが相対的に多いんですが、大学の関係者が読んでおられる? 読者にそんなに大学の関係者が多いとは思えない。現役の大学生? それともこれから子供を大学に通わせようとする親御さん? それにしてはコメントがありませんね。なお、管理人はどこの大学とも一切の関係はありません。

日本の大学の国際的なランキングは大きく落ちているようです。どんな物差しで測るかにもよるのでしょうが、おそらく物差しを替えてもランキングは上がらないのでしょう。

理科系の学問分野では、早野論文の間違いが話題になりましたが、あれは一応査読済の論文ですよね。どこの誰が査読したのか明らかにはされないのでしょうか。






理科系では、このほか放射能は安全安心と旗を振る人も多くて、とてもまともな研究者とは思えない人が圧倒的な多数です。

ここで卑劣とされている人 完全におかしいですよね 社会常識からして

いろんな形で日本の学問、研究者のレベル低下が疑いのないところになっていますが、特に大学の文科系の研究者、教員の数が減らされてまともな教育ができるのか、おぼつかなくなっていると聞きます。

研究の仕事についておられる読者に言わせると、日本の大学が壊滅状態になっているというのです。引用開始。

「大学の経営上、効率が悪い」という意味の分からぬ理由でここ十年以上毎年、文系の各研究室の予算は絶え間なく削られてきたのですが、その結果、

名門国立大学の北海道大学、筑波大学などでは日本史、東洋史などの各研究室の専任教員の人数が、20年前の三分の一(!)に減らされました。文学・哲学・考古学など、みな五十歩百歩であるようです。

いま、各大学の研究室では
「国立大学で●●学を学ぼうとする学生たちを相手にどうやって僅か二名の教員で概説・原典購読・卒論ゼミを全てこなせというんだ!」
という絶望感だけが漂っています。

かたや、中国の北京大学、清華大学、復旦大学などでは、文系の学部でも各研究室に最低20名、多い部門では50名以上の専任教員を雇い、
今も増員中であるようです。

まともな高等教育を受けたかったら、一刻も早く子供を連れて日本を脱出しなくちゃいけない…
「未来に、いつかそうなる」ではなく、
「現実に、日本はそういう時代になっている。」

のだそうです。引用終わり。

国が衰退していくときは、まず学問からなのですね。

若い方は、日本の大学での高等教育だけで足りるとは思わないほうが良いと思います。

科学研究支える博士、日本だけ減る傾向とNISTEP 人材育成・確保は喫緊の重要課題

欧米では、行政や企業の専門的な分野で働く人にはドクターの肩書を持つ人がぞろぞろいます。資格が違えば給与も違います。博士課程修了者ないしは博士号取得者は使いにくいと雇用しない日本とは姿勢が違うのです。中国でも海外に留学した人の多くは博士号をとっているのではないでしょうか。

欧州ですと伝統的に実用的な学問とされる、法学・医学・神学ではDr、ドクター(神学では別の学位もあるようです)、それ以外の分野ではPh.D. ピー エッチ ディーが最高学位になっています。

そして、Ph.D.取得者などがどこにもぞろぞろいるという状況のようです。
近年、欧州の大学は外国人留学生を積極的に受け入れるようになっているようです。特に英国は、留学生受け入れが一つのビジネスになっているように感じます。留学生受け入れ実績に応じて国かEUかからカネが出るのではないでしょうか。

よくわかりませんが、どうも欧州内の大学相互間の競争が激しくなっている。それが今のところ欧州にはプラスに働いている。米国については管理人は知りません。

学問が発達していけば、先端分野が生まれてどんどん専門化していく。Aのテーマを扱っている研究者がいるのはあのU大学、Bのテーマで進んでいるのはW大学ということになるんだと思います。

もし、研究者の道を選ばずとも、そういう専門分野を学びたいということなら、世界中の大学の中から選択するということなんだと思います。

「留学」はもう現代に意味を持つ言葉ではなくなっているそんな気がします。「留学」して先進的な学問の中に身を置いて習得しても日本では使えない。そんな時代になっている?

本拠はもはや日本ではない。

まともな高等教育を受けさせたかったら、受けたかったら、一刻も早く日本を脱出しなくちゃいけない…

毎日ジャーナリズム2015年7月24日 09時51分(最終更新 7月24日 09時51分)
Listening
<論点>岐路に立つ、国立大文系
「文科省の有識者会議では「憲法よりも宅建業法を教えろ」という意見が出ている。」のだそうです。

まさにPh.D.の学位の分野が危機に瀕している。

・・・・・

筑波大学の名前が出てきたついでに書いておきましょう。

何年も前ですが、夜遅く、筑波大学の公式IPアドレスからコメントが入りました。私の記事に引用文献が記載されていないとか、査閲を受けていないと、記事の信ぴょう性をくさす内容でした。

私は別にこのブログで博士論文を書いているつもりはありません。8年間の蓄積がありますからいろいろな観点で分析すれば、博士論文の一つや二つ書ける自信はありますが。^^

夜遅い時間ですから、大学院生? それとも教員?
自分自身が引用文献リストを整え査読でアクセプトしてもらうのに難儀していたのだと思います。

もう一度筑波大学の公式IPアドレスから同じようなコメントが入ったら、学長あてに公開質問状を出すつもりでした。

筑波大学の公式IPアドレスからこんなコメントが入っているが、これは筑波大学の公式見解か? と

読者は筑波大学は「名門国立大学」だとしていますが、管理人は大いに疑問あり。田舎の出来の悪い大学院生あるいは教員のいる大学ですよ。

※ 若林 宣@t_wak氏の午後9:47 ・ 2019年8月21日のツイート
「馬鹿じゃないの?」という読後感しか。 〜なぜ人は共産主義に騙され続けるのか

※ シングルK.O.@TakingMountain氏の2019/8/21のツイート
返信先:@t_wakさん
共産主義への認識が小学2年生の頃から進歩していない大学の先生。
この幼稚な文章、なんか見覚えがあると思ったら、去年も話題になった人でした。
掛谷英紀・筑波大准教授が40年かけて完成させた「左翼」について図がすごい件 - NAVER まとめ

・・・・・

大学以外でも教授と呼ばれる人はいますよね。今、日本の大学崩壊で象徴的によく理解できるのは立命館大学のK准教授、少し昔ですが教授という名をつけるにはかなりお粗末な慶応大学のT売国教授、東大はその面では人材豊富、大きな間違いのある論文がどなたかの博士論文だとか。
西の大学でも負けていません。大阪大学のK教授、この方がなんといってもわかりやすいです。大阪はユニークな方がおられて面白いですけどね、この方は飛び抜けているし、害悪も大きい。
posted by ZUKUNASHI at 08:55| Comment(1) | 社会・経済

香港警察が殆ど丸腰の市民をも襲撃し、無差別に暴行というのは本当か

2019/9/9、みゆうさんから寄せられた投稿を掲載する。香港の騒動では、シリア内戦などで使われた事実を見えにくくする手法がフルに使われています。情報発信の偏り、なりすまし、クライシスアクター。
陣営に都合の良い情報を流すだけでなく、特に映像情報については、演技が使われるようになっています。シリアでのホワイトヘルメットが典型です。英国のスクリパル事件も肝心の本人たちの動静がわからないという不思議な事件。どこに真実があるか、見極めがとても難しい。カネをもらってウソ情報を流している記者やプレスを見極めて、それらの流す情報は割り引いて受け止めないと振り回されてしまいます。ロイターなどは、完全に国際的な情報操作の道具になっています。

・・・引用開始・・・

いろんな見方が入り乱れていますね。
最初は平和的だったデモの、少なくとも一部が暴徒化していること、バックに米(英も?)の煽動があることは確かなようです。
香港警察はかなり抑止的に対応していたと思いますが、暴動が長期化して、暴力的になっているのかも知れません。
…が、基本的には、香港警察が暴力を振るうと米英に内政干渉の隙を与えることになるのは彼らには判っているはずなので、暴徒が暴れまくっても忍耐する可能性の方が高いとは思います。

■警察が襲撃しているのは、「無抵抗の一般市民」ではない?
https://twitter.com/sohbunshu/status/1168457952799277057?s=19
↑お示しの動画の、冒頭に出てきている人たちと同じみたいです。

■プロテスター側のクライシスアクターが、香港警察に偽装している?
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1170583123760861185?s=09

■警察の目を欺くために、プレスの黄ベストを仲間から受け取るプロテクター?
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1170569607947509760?s=19

■記者とカメラマンもプロテスター側の偽装?
https://twitter.com/uyghur28933032/status/1168497422227501057?s=09

拡散されている映像は、誰が流しているのか、ファクトチェックも必要な段階に入っていると思います。

・・・・・・

管理人はみゆうさんの見方に近いです。問題提起として、どういうバイアスがかかっているかを強調して次の記事を書きました。

2019年08月30日
香港の暴動は米国が世界でやっている悪行を認識する良いチャンスです 何が真実かこの際、見つめて理解しましょう

削除
・・・・・・

上のコメントに対する管理人の応答

削除

コメント主から追加のコメント

削除

・・・・・

管理人の「感想」

削除

このブログを読んで血圧が上がり倒れたりする人が出たりするのは管理人の本意ではありません。

RT2019/9/7
Massive protests which gripped Hong Kong this summer have been portrayed as leaderless. Yet, there were people who held clear sway over the crowds. But who directs them?

As ‘leaderless’ as the crowds of protesters clashing with police on the streets of China’s Special Administrative Region may have seemed, they still were largely influenced by a whole group of public figures, politicians, parties and organizations. And it turns out that some key figures behind the unrest had longstanding ties with the global “beacon of democracy” – Washington, DC.

One of the men at the center of the protest movement is a Hong Kong tycoon, Jimmy Lai, whose company owns one of the most-read local papers, a tabloid called the Apple Daily. Another one is politician and barrister, Martin Lee, the founding chairman of the local Democratic Party. Both men visited Washington at the height of the protests to meet with some high-ranking US officials including State Secretary Mike Pompeo.

And as a former senior adviser in the Trump and Bush administrations Christian Whiton, who met both Lai and Lee in Hong Kong this summer, put it “causing this crisis for the Chinese government ... is good in the national interests of the US.”

FARSNEWS2019/9/7
China Urges US to 'Immediately' Drop Hong Kong Bill
TEHRAN (FNA)- China urged US Senators on Friday to "immediately" stop pushing forward legislation related to Hong Kong, after the leader of the US Senate Democrats noted that this bill would be a priority for the party when Congress returns to work next week.

Speaking at a regular news briefing in Beijing on Friday in response to the comments, a Chinese foreign ministry spokesman said that any "futile plots" to undermine the prosperity and stability of Hong Kong would fail, World News reported.

Senator Democrat leader Chuck Schumer had urged the Senate majority leader to bring up a bipartisan bill that would require an annual justification of the special treatment afforded by Washington to Hong Kong, including special trade and business privileges, under the US Hong Kong Policy Act of 1992.

The mounting Senate concern contrasts with a more "hands-off" approach to Hong Kong by Republican President Donald Trump. Last month, Trump suggested China should "humanely" settle the problem in Hong Kong before a trade deal is reached with Washington. Earlier Trump called the protests "riots" that were a matter for China to deal with.

Hong Kong has for weeks been the scene of protests over an extradition bill that would have allowed suspects to be tried in mainland courts. Although the authorities have suspended the bill since, the demonstrators have made additional demands, while brandishing US and UK flags and clashing with police.

China has stressed that foreign countries, mainly the United States and Britain, have been provoking the protesters by issuing statements of support. Beijing has asked the two countries to stop meddling in Hong Kong’s affairs.

The Chinese foreign ministry warned the administration of US President Donald Trump that it should not “stick their noses in our affairs”, issuing a reminder that Hong Kong is a Chinese territory and is neither “American” nor “English”.

On Wednesday, Hong Kong’s Chief Executive Carrie Lam announced the formal withdrawal of the bill.

※ mko@trappedsoldier氏の2019/9/8のツイート
アメリカは中国に借金しているのに、「中国が米国に借金している」と横断幕を掲げる暴徒。CIAは彼らに何を教えている? 例の清朝時代の債務が生きていると言うつもり?
https://twitter.com/globaltimesnews/status/1170628586606186496

※ mko@trappedsoldier氏の2019/9/8のツイート
香港の暴徒が、セントラル駅入り口に放火。中には警官がいるというのに。

※ エリック C@x__ok氏の2019/9/9のツイート
香港アグネス・チョウさん抗議も幸福実現党は「霊言」撤回せず… https://lite-ra.com/2019/09/post-4955.html @litera_web
さんから 「自衛隊に香港を助けてほしい」などというデマが広まったら、中国の市民が香港の市民と安倍・トランプファシズムが組んでいると信じ込ませるのに利用される。全員にとってとても危険だ。
・・・エリック氏も香港の騒動ではなかなかナイーブだ。
posted by ZUKUNASHI at 08:12| Comment(4) | 国際・政治