ずくなしの冷や水

2019年09月30日

さて、次は生活費のどこを削るか

これまで、加齢に伴い外で騒ぎたいとも思わなくなったので、交際費などを削減してきました。

飲み会は、年に数えるほど。それに1回に飲む量がわずかです。イエメンの勇士を称えて飲んだ酒も結局缶ビール1本でした。情けないけど、でも激励と祝福の気持ちはこもっています。

家以外では食事をしませんが、家で食べる量も減ってきています。それでも痩せない。

生活防衛策として、最初に手を付けたのは、新聞を止めること、続いてテレビを止め、車を捨てました。

これらによる収支バランス改善効果は大きかったです。

また消費税が上がりますので、今度は何を削ろうかと考えて固定電話を廃止することにしました。スマホを緊急用の位置づけにしましたから、固定電話の役割を見直します。子供から固定電話に緊急の連絡が入ることもないでしょう。緊急の連絡が入っても離れて住んでいるのだから間に合わない。スマホの電気が切れていて連絡が遅くなっても別の連絡手段もあることだし。

東日本大震災の時には、固定電話や携帯電話つながらなかつたんですよね。メールはつながった。

そんな風に考えて固定電話を解約します。この電話番号を届けてあるところには順次変更の届けをします。

年間で2万円強の節約になるでしょうか。あと電気の契約先も変えて少しでも支出を抑制します。

私の外部との連絡手段
1 固定電話・・・音声のみ、廃止予定
2 アイフォン 音声通話、メールも受けられるようにしてあるがメールが全然来ないしプッシュ式にしてあるから、メールが来なければデータ通信もない。
3 外出用タブレット 格安SIM使用 メールを設定すればメール使用可能
4 据え置き式LTEルーター 格安SIM使用 現在自宅で試験運用。メールを設定すればメール使用可能 使っても使わなくても値段は同じだから、固定ネット回線を止めたら常時接続で運用するか。こっちはフェッチ式でもよい。

節約という面では、もう一つ、隠し玉があります。市営の老人向け浴場がありますから、できるだけそこを使えばガス・水道代が少し浮きます。

そして夜早く寝る。これは電気代節約。さらにパソコンに向かう時間を少なくする。これも電気代節約。

固定インターネット回線も止める考えです。ただ、私設空間線量率測定システムのパソコンのメンテナンスで固定回線の容量が必要ですので、近所の家に割り勘を申し出てみようかと考えています。どうせ一般の家庭はそんなに使っていないですよね。

これが実現すれば、年間2万円は節約できます。

私の場合、旅行にはいきませんが、徘徊に出るために交通費がかかるのです。多いときは月5千円を超していました。皆さん、飛行機で北海道や九州に出かけていますけど、ご苦労様です。なぜか、全然うらやましいとは思わないんですよね。

イエメンの戦争が終わって国の復興が始まったら行ってみたい国ですが、もうその機会はないでしょうね。
posted by ZUKUNASHI at 22:54| Comment(0) | 福島原発事故

Russian Diplomat: Release of Trump-Zelensky Phone Call Transcript Reveals Risks of Talks with US

FARSNEWS52019/9/30
Russian Diplomat: Release of Trump-Zelensky Phone Call Transcript Reveals Risks of Talks with US
TEHRAN (FNA)- The release of the transcript of the notorious telephone conversation between US and Ukrainian presidents, Donald Trump and Vladimir Zelensky, has demonstrated that it is dangerous to conducts talks with Washington as the very fact of such release changes the format of relations between states, Russian Foreign Ministry Spokeswoman Maria Zakharova stated on Sunday.

"I share the opinion that this fact evidently changes the picture, well, not picture, but, probably, the format of relations between states, between leaders, between politicians. Because now, three days after this scandal, everyone understands that it is dangerous to call to Washington, to hold talks and meet with it," she said in an interview with the Bolshaya Igra (Big Game) on Russia’s TV Channel One.

The Russian diplomat noted that the negative consequences of Washington’s decision to release the transcripts "are vey big".

"No doubt, it was meant to divert attention from the problems that would be of interest for the world community," she added.

She warned against drawing parallels between this step and release of deliberately hacked classified information.

"Hacking, i.e. a willful crime committed by hackers or those who use their services, is one thing - it constitutes a crime. We are speaking about a different thing. We are speaking about an intentional release or intentional disclosure of sensitive information, which can entail specific consequences, like in this case," she stressed.

The release of the transcript of the notorious telephone conversation between Trump and Zelensky may be a lesson for the latter and this way influence the situation in his country, Zakharova said, adding, "If he [Zelensky] learns this lesson, and, as a matter of fact, it is a colossal political lesson, right, and I hope very much for that, the entire situation in Ukraine may change."

According to the Russian diplomat, the Ukrainian leader should review the role of the United States in the situation in Ukraine.

"The American establishment can turn in Ukraine as a state any moment when it wants, like the democrats - because, the democrats are obviously behind that - have turned in Ukraine’s entire politics on click," she explained and recommended Zelensky rely on professionalism rather than Poroshenko-style hyping and oratory.

The White House on September 25 released a transcript of July’s telephone conversation between the two leaders.

The allegations that Trump had exerted pressure on Zelensky to persuade Kiev to indirectly help him secure re-election for a second term in 2020 triggered a row in Washington.

Trump’s opponents claimed that the US leader sought to exert pressure on Zelensky to launch an investigation of Hunter Biden, whose father, former US Vice President Josef Biden, is now Trump’s most probable rival at the upcoming presidential elections.

The Democratic Party-controlled House of Representatives on Tuesday used the suspicion to launch impeachment procedures against Trump.

Biden is currently regarded as one of Trump’s most likely rivals in the presidential election due next year.

posted by ZUKUNASHI at 20:57| Comment(0) | 国際・政治

日本と韓国の空間線量率確認はここが便利 ソウル日本大使館公式サイト

https://www.kr.emb-japan.go.jp/people/news/jisin_news_monitoring.html



RT2019/9/30
2020 Olympics Radiationgate? Tokyo posts daily updates on S. Korea & Japan radiation levels after Seoul critics’ claims

The Japanese Embassy in Seoul is now posting daily updates on radiation levels in Japan and South Korea. It comes after Korean civil groups and officials suggested Japan may be unsafe for athletes competing in the 2020 Olympics.

The updates are published on the embassy’s website and show readings in the capitals of the two nations, as well as in Fukushima city and Iwaki, the capital and a large city in the Fukushima prefecture.

Fukushima was the scene of the world’s second-worst nuclear incident in 2011 after a powerful quake and tsunami damaged a nuclear power plant, causing reactor meltdown.

“The Japanese government intends to continue providing accurate information based on scientific evidence, and to communicate carefully and transparently,” the website said. “We hope that the Korean people will better understand Japan’s radiation levels.”

The publication comes in response to a narrative in South Korea that claims Japan is unsafe due to radiation contamination, which originated from some civil groups and officials amid an escalating row between the two nations. The readings are well within the safety margin and show that Fukushima city, which is about 70km from the crippled plant, is about as dangerous as Seoul in terms of radiation.

In August, the South Korean government announced it will be doubling the checks of shipments of Japanese food for radiation levels. South Korea banned all seafood imports from eight Japanese prefectures near Fukushima in 2013 and kept taps on processed food from the country. So far, the increased scrutiny hasn’t led to increased rejection however, with four shipments totaling some five tons denied entry in 2019, roughly on par with previous years.

Lately, there were also some calls in South Korea to boycott next year’s Olympic Games hosted by Japan. Some of the arguments are that athletes may be served contaminated food, and that baseball and softball events will take place in the Fukushima city. If the Games are not boycotted, South Korea may insist on independent radiation tests at venues and separate cafeterias and food for its national team, proponents of the idea suggest.

Japan and South Korea are locked in an escalating diplomatic row that started with mutual trade restrictions and has since widened to include numerous historical grudges. Seoul, for example, asked the International Olympic Committee to ban the use of Japan’s historic ‘rising sun’ flag due to its association with crimes committed during the Japanese occupation of the Korean Peninsula.
posted by ZUKUNASHI at 19:45| Comment(0) | 福島原発事故

Saudi Crown Prince says he agrees with Pompeo that oil-plant attacks were ‘act of war’ by Iran

Saudi Crown Prince says he agrees with Pompeo that oil-plant attacks were ‘act of war’ by Iran
Heir apparent to the Saudi throne, Crown Prince Mohammed bin Salman, said that he agrees with US Secretary of State Mike Pompeo, who called recent attacks on Saudi oil facilities a state-on-state act of war by Tehran.

The US quickly sought to shift the blame for the attacks that crippled two Saudi Aramco facilities on Iran, vowing retaliation.

"This was Iran true and true, and the United States will respond in a way that reflects that act of war by this Iranian revolutionary regime," Pompeo said last Sunday, falling short of providing any details of what the US response could be.

Asked by CBS’s Norah O'Donnell if he agrees with Pompeo's assessment, the Crown Prince responded: “Of course, yes.”

The de facto Saudi Arabian ruler said that while he agrees with the US take on the September 14 drone strikes, claimed by Houthi rebels, Riyadh would not rush into a war with Iran, as it would likely trigger a global economic collapse.

“The region represents about 30 percent of global energy supplies, about 20 percent of global trade passages, about four percent of the world GDP. Imagine these all three things stop? This means a total collapse of the global economy.

"The political and peaceful solution is much better than the military one," bin Salman, commonly known as MbS, told CBS program '60 Minutes,' which aired on Sunday.

While saying that he “hopes” it would not come to a shooting war between Riyadh and Tehran, MbS called on the international community to step up its pressure on Iran, warning that otherwise “we would see further escalation that would threaten the world’s interests.”

Iran has dismissed all allegations of its involvement in the strikes, which briefly cut the Saudi oil giant’s daily output in half, sending crude prices through the roof.

Despite pointing the finger at Iran almost immediately after the attacks took place, Washington has yet to produce evidence of the Islamic Republic’s role or pinpoint the launch site of the attack. Somewhat belatedly, the US lead in the blame game was followed by its major European allies, France, Germany and the UK, saying that it was “clear” to them that Iran was responsible.
posted by ZUKUNASHI at 18:54| Comment(0) | 国際・政治

北海道は放射性物質汚染がありそうだ

北海道の放射性物質汚染状況については、サンプル数が少なく懸念しながらも確証が得られず、結論を保留し、自分でも北海道産のコメや野菜を食べてきました。

都道府県別に比較した人口動態の指数で北海道は相対的に悪くなっています。


2005年以降


福島第一原発事故以降


過去3年間の動き


地域別に分割して調べないとわかりません。手間をかけても読む人もいないので・・・。ただ、北海道産農産物にかなり深刻な懸念が生じています。

北海道の冬場の野菜。スーパーの売り場では殆どが関東産。海産物に対する警戒心はあまり無さそうでした。とのお話を伺っていますが、それだけでこの悪化が説明できるのか、疑問があります。

地域別。どこも同じように悪い。






阿修羅掲示板から
※ https://twitter.com/89Geigers/status/1158620310591008768
(HIRO) 北海道
今朝、職場の申し送りの中で
「血液内科がすごく混んでる。輸血する人が多い。
輸血しながらそのまま入院というケースとかも見かける」という話が出て、なるほどなと思った。で、あらためてスタッフに、今、頑張って踏ん張れ。
周囲のゆるゆるに流されるな、と話したばかりなんだよね。
23:06 - 2019年8月5日

※ https://twitter.com/prism31415/status/1162661895561592833
(偏光プリズム)
狙われましたね。北海道、沖縄なんかも福島東北産がドッサリとか。
札幌の大学の1クラスで白血病2人出たとかも。2年で3度骨折とは!
福岡県でも骨折増えたツイート見ました。
20代で肝がんとか普通は有り得ないですね、もうホでしょう。
神戸、大阪、愛知など友人がいて心配です。
2:46 - 2019年8月17日

北海道については汚染があるとのシミュレーション結果があります。


読者からの情報
こんな本がありました。 泊原発とがん なぜ〈泊村〉が〈がん死全道第1位〉なのか? (寿郎社ブックレット) 著者 斉藤 武一 (著) https://honto.jp/netstore/pd-book_28133551.html

F1事故でなく泊原発のダイレクトの影響?

※ 桑ちゃん@namiekuwabara氏の2019/8/12のツイート
ロシア北部アルハンゲリスク州の軍事ミサイル実験場で2019年8月8日起きた爆発事故に伴う放射能拡散調査北海道地区のモニタリングポスト線量変動率を見てみました。
降雨状況は調べてませんが、線量変動は8月9日未明にあったようです。
岩見沢市0.036、旭川市0.033、帯広市0.028、泊村0.026の順でした。

管理人は、この上昇はアルハンゲリスクの事故によるものではなく、泊原発からの放出によるものとみています。

次は、札幌市内のホテル客室内です。次のグラフ16時過ぎにチェックインされたようです。空間線量率が上がっています。


次の二つは同じ日の夜です。これじゃ寝付かれませんよね。




その翌日。水準は変わりません。0.169μSv/h。これが通常の水準だということです。


私設リアルタイム測定システムは、ほとんどが屋内に設置ですが、0.169μSv/hなどという平均値を示しているものは一つだけです。

次は、2019/6茨城県守谷市を現地調査した際のGC10の測定値。上のグラフの測定値も同じ測定器GC10によるものです。


守谷市の地上1mにハンモックを釣って寝ていたのと同じですね。

管理人自宅の作業デスクわきの測定値。


驚きました。

次は、原子力規制庁のモニタリング記録から2013年と2018年の4月から9月にかけての線量率水準を取り出したものです。0.035μSv/hに赤いラインを入れてありますが、2013年より2019年のほうが線量率水準が高いんですよね。2013年は、0.04μSv/hに届くのは水準が大きく跳ねた時でしたが、2019年は0.04μSv/hで頭打ちということも多くなっています。


どんな原因で上がっているんでしょう。十勝の帯広ですよ。

浜岡の稼働中は市原で影響が出ていましたね。泊の影響が帯広以遠で出ても何も不思議ではない。



posted by ZUKUNASHI at 10:36| Comment(3) | 福島原発事故

2019年09月29日

イエメンは残酷な攻撃をかけてきたサウジにアッパーハンドを確保した

※ mko@trappedsoldier氏の2019/9/16のツイート
サウジはイエメン戦争に負けた。イエメンのドローンや弾道ミサイルから、ライフラインを守る術を持たない。アラムコ攻撃に先駆け、フーシー軍は事前に情報を収集し、サウジ国内にいる者の協力も得て準備した。もしさらにイエメン攻撃を続けるなら、フーシーは攻撃を拡大する!
https://moonofalabama.org/2019/09/attack
注:このリンク先はセキュリティ警告が出ます。

上のmko@trappedsoldier氏の発言は誇大ではありません。

サウジの攻撃されたとされる石油施設の衛星画像です。出所はロイター
中央下に黒い煙のようなものがありますが、これに隠れた部分には貯蔵。精製施設とみられるものはありません。


上の画像の左上にタンクが8個並んでいるところがありますが、ここは Abqiaq Plant South Gate です。この石油精製施設の全体画像。Google Earth から。


アブカイクの町の全体像


さらに範囲を広げると、首都リヤドはアブカイクよりも近いことがわかります。パトリオットによって守られているはずですが、町全体を防衛できるか極めて疑問。


イエメンは、いつでもサウジ王宮を爆撃できるのです。前回石油輸送施設がイエメンのドローンによって破壊されたとき、サウジは米兵の派遣増員を求めました。

サウジの防衛は他国頼りなのです。イエメンであれだけ残忍なジェノサイド、幼稚園バスの爆撃など蛮行を繰り返してきたMbS。今頃恐怖に震えているでしょう。カショギの亡霊が現れている?

2019年09月16日
中東の緊張激化 軍事衝突があれば100ドル突破かに引用したFARSNEWSの記事に 

The Yemeni commander then addressed Saudi officials and underlined that the Yemeni Army is capable of hitting any target in Saudi Arabia at any time it wishes.

He then warned that another attack may be soon launched on Saudi facilities, and urged foreign companies and operators working at energy, power and other facilities to immediately leave the sites to avoid being hurt in the attacks.

とあります。サウジの建設工事などは外国企業に発注か、外国人労働者によって担われています。工事受注企業の従業員は浮足立ちます。雇用者たる請負企業は従業員に犠牲者が出れば、イエメンの警告にもかかわらず避難させなかったと責任を問われることになりかねません。

世界の最貧国の一つイエメンがどうやってサウジの仕掛けた戦争に戦ってきたか、サウジが米英仏から輸入した戦闘機をはじめとする武器、これらの国が派遣した操縦要員を使い苛烈な空爆を遂行する中で、イエメンがこれに耐えてサウジに報復できたかは、注目に値します。

イエメンが戦闘機を飛ばしたという情報はありません。勇敢な戦士、ミサイル、そしてドローンが主力です。

現代の戦争ては、戦闘機の出番は少ないのです。最近ではカシミールでインド、パキスタンが戦闘機を飛ばして撃ち合いをしました。

他にはバルト海などで敵国の航空機の識別活動がしばしば伝えられます。

シリアでは、ロシア、シリアの戦闘機が爆撃を続けていますが、これは「地上軍」しかいないテロリストが相手ですから効果が上がるのです。
@ 衛星やドローンによる偵察活動、標的の確認
A 戦闘機による爆撃、ミサイル攻撃
B Aと並行した地上での迫撃砲などによる攻撃

シリア、イラクでは米国同盟の戦闘機がずさんな爆撃を繰り返して民間人に多くの犠牲者を出しています。

一方、イエメンは衛星利用の標的設定はないはずです。
@ 既知のデータを主としたインテリジェンス情報による標的設定
A ドローン、ミサイルによる攻撃
これだけです。

イランもミサイルを重点開発、戦闘機も自国産に成功しましたがかなり小型のものです。そしてイランの場合は、高度な地対空防衛システムを開発、配備しました。

イランは威力誇示の狙いもあってイラン国内からシリアのデリゾールに弾道ミサイルを発射しテロリスト拠点ビルを破壊しています。ミサイル1発だけの画像しか公表されていませんが、なかなかの精度です。航空母艦なら外すことはないでしょう。

北朝鮮がミサイル開発に取り組んできたのは防衛戦略としては当然です。大国の物量作戦に対抗するには心臓部に一発で攻撃を決めることしかないのです。イエメンも北朝鮮も同じ戦略です。

そういう力がないと米欧の侵略を受けるという過去の教訓があります。イラク、リビア。ボルトンは北朝鮮に対してリビア方式をとる、つまりキンジョンウンを捕らえて斬殺する戦略に言及し、北朝鮮の反発を買い、国際世論も驚きました。

日本のF35戦闘機の大量買い付け、これは時代錯誤もよいところ、笑っている国が多いでしょう。欠陥戦闘機ですでに自衛隊パイロットに犠牲が出ているのに。

ロシアや中国との衝突を想定して防衛体制を固めるのなら必要なのは、S400のような柔軟な対応ができる高性能な地対空防衛システムです。

ロシアは、米国が先制攻撃してきたら発射地点だけでなく関連施設を報復攻撃すると公言しています。米国がロシアを攻撃したら日本の米軍基地にミサイルが飛んでくるのです。パトリオットは性能が低く、トルコはS400を選びました。

米軍基地の周辺は、米軍が基地を守っているから安全? とんでもない、逆です。オスプレイが落ちるかもしれないということは別にしても、日本で一番危険なところは原発周辺と米軍基地の近くです。

・・・・・

ホーシスが、サウジ領の南部でサウジ軍約3500人を殺傷ないしは捕虜にしたと発表しています。高級将校も含まれていると。
RT2019/9/29
Yemen’s Houthis claim ‘senior Saudi officers’ among captured or killed in major operation near Najran
Houthis have launched a major operation against Saudi forces near the kingdom’s southern region of Najran, capturing or killing a significant number of troops, their spokesman said. Riyadh has yet to confirm or deny the claim.

In a televised address on Saturday, the group’s spokesman said they'd inflicted heavy losses on the Saudi forces, capturing several high-ranking officers and a large cache of weaponry, including armored vehicles. He also claimed several hundreds of Saudi troops, including some high-ranking officers, have been killed or taken prisoner by the Houthis.

So far, no confirmation – or denial – of the major attack has been produced by Saudi Arabia.

The alleged casualties were inflicted on the Saudis during an operation dubbed ‘Victory from Allah,’ which was launched two days ago, the Houthis claimed. They added that three “enemy military brigades had fallen” in the attack that was conducted with the support of missile, drone and anti-aircraft units belonging to the group.

Footage has surfaced showing an entire caravan of supposedly captured vehicles, with shots ringing in the air and a man constantly shouting “Allahu Akbar.”

画像は至近距離から撮られています。戦いが終わった後です。兵士が興奮しています。待ち伏せ作戦が成功です。




※ mko@trappedsoldier氏の2019/9/29のツイート
27,000人のサウジ傭兵軍、小隊全部が捕虜になり、数百人が殺害された! 数千人の捕虜どころではない? ビンサルマンはどうする? 米CENTCOMは? もっと増派してイエメン軍の餌食になる?
posted by ZUKUNASHI at 19:41| Comment(1) | 国際・政治

香港の人は植民地支配に戻りたいのかな ISISのテロリストとそっくり

アフガニスタンの人々は、米国による占領支配を終わらせるために100年でも戦い続けるというのに、香港の若者は英国による植民地支配の復活を望んでいる? 彼らはまともなのか。そういう彼らを応援する日本人。日本人は米国による占領を歓迎し満足している?

香港の暴徒を応援していた人は、事件の歴史的背景、裏に隠された動き、陰謀に思いを致さないと自らの奴隷精神を露呈してしまうことになります。リベラルのようなふりをしていても、その実はネオコンの手先、宣伝マンだったりするのです。

※ tightrope@tightrope_jpn氏の午前11:33 ・ 2019年9月16日のツイート
田中龍作はベネズエラでおかしくなって以来壊れた。
ジャーナリストとしてもうダメかも。

彼の道案内で恥ずかしい思いをさせられた人が気の毒。驚きましたが、彼のフェイク報道を全く真に受けてコメントしてこられた人がいるのです。

※ Kaiby@Kaiby2氏の2019/9/29のツイート
対話集会で政府や警察寄りの発言をした人達が特定され会社の電話番号などを公開され嫌がらせを受けているとの記事。デモ支持派って自由の為に戦っていると言いながら、他人の言論の自由は侵害し、自分達が好き勝手やる自由を求めているとしたら、それこそ独裁政治だと。。

※ mko@trappedsoldier氏の2019/9/のツイート
よく見て下さい。無抵抗の男性が暴行され、頭から血を流しています。殴っているのは黒Tシャツの暴徒ですよね。市民を血まみれにして香港独立を目指す? どんな社会にしようというのですか? 香港の「民主派」は自分たちがやっていることの責任を取るべきだと思いますよ
https://twitter.com/liamstone_19/s

※ Taka 旅人@Takachannel111氏の午後6:36 ・ 2019年9月27日のツイート
香港の教育に問題があり、今の連中は大半使い物になりませんね。大陸との差が開いていて、これから厳しくなりますね。数年前に改革しようとしたが、親たちも反対していて、改革できず、今の有様ですわ。
大体人に対しても老人に対しても尊敬という言葉が知らないみたい。
・・・なるほど、それなら彼らがどんな人たちなのかはわかる。

※ Taka 旅人@Takachannel111氏の2019/9/27のツイート
返信先: @trappedsoldierさん
それぞれ1万HKドル、5千、3千とかもらってるらしいわ。大半のアホが無給でやっている。どうも最近金がなくなったから、もらえなくなって、怒って、苹果デリーの記者をボコボコし始めた。苹果のボスの約束不履行のようだ。

※ mko@trappedsoldier氏の2019/9/26のツイート
レイザーポインターは、失明をもたらす危険がある。多くの警官が目を負傷している。―香港の医師
・・・大勢の暴徒がレイザーポインターを景観に向けているのを見た時、この人たちは陰湿だと感じました。背景にいかがわしい人たちがいるというのはその後出てきました。暴徒は若い人たち、それが同年代の若い人が失明するようなことをやる? それでこの運動の本質が現れたわけです。

RT2019/9/26
‘Emboldening radicals’: China fumes after US lawmakers approve Hong Kong ‘human rights act’
Beijing has slammed a move by US congressional panels to approve Hong Kong-related bills envisioning sanctions for human rights abuses and requiring the US president to assess annually if Hong Kong is sufficiently independent.

The legislation, known as the Hong Kong Human Rights and Democracy Act of 2019, passed through the House and the Senate Foreign Relations Committees on Wednesday, and is now slated for a floor vote in both chambers. The bills, sponsored by Republican Senator Marco Rubio (Florida) and Representative Chris Smith (New Jersey), have proved to be among the least contentious in Congress, which is largely divided along party lines.

The act has been championed by Hong Kong ‘pro-democracy’ activists themselves, who came to Washington to rally behind the legislation and testified before the Congressional-Executive Commission on China last Tuesday.

The bill would force the US president to report to Congress on Hong Kong’s autonomy every year, and to determine whether Beijing is acting to limit its independence in any way. If the White House believes the territory’s special status is not being respected, then the former British enclave would lose its trade privileges.

The legislation drew fire from China, incensed over Washington’s attempts to meddle in its internal affairs.

In a statement on Thursday, Foreign Ministry spokesman Geng Shuang lambasted the move to advance the bill, saying that US lawmakers had opted to ignore instances of violence by protesters and “openly supported the radical forces and violent elements in Hong Kong.”

Calling the move “a gross interference in China’s internal affairs,” the spokesman said that the passage of the bill has “fully exposed the sinister intentions of some people in the United States to disrupt Hong Kong and contain China's development.”

He argued that the passage of the bill would not only fuel the unrest in Hong Kong, but also harm US interests there, while promising a stern response from Beijing.
"Any move by the US to harm China's interests will be strongly countered by us.”

Geng urged US officials to stop promoting the bill “[so] as not to further damage Sino-US relations.”

Previously, Beijing said that if the bill is to be passed, it would deal a serious blow to the confidence of international stakeholders in Hong Kong, including American companies.

“We don’t want to see that happen, and we urge the US to immediately stop the process, which does nobody good,” Song Ruan, deputy commissioner of China's Ministry of Foreign Affairs in Hong Kong, said on Wednesday.

The city’s protests – originally over a now-scrapped extradition bill that would have allowed the territory to hand over criminal suspects to mainland China – have gripped Hong Kong since March. While the demonstrations were largely peaceful at the onset, as tensions ramped up, they descended into violence and saw anti-Beijing protesters pelting government buildings with Molotov cocktails and throwing projectiles at officers, forcing them to resort to tear gas and water cannon to quash the unrest.



※ mko@trappedsoldier氏の2019/9/22のツイート
お年寄りに暴行する香港の暴徒。あんまりひどいので、リツイは止めようかと思ったが、メディアはこの実態を伝えず、まだ「香港の自由のために闘っている」と語る。真実を知らせるためにリツイする。

※ SaveManMedia@SaveManMedia氏の2019/9/22のツイート
Footage sent to us of a senior citizen, gruesomely beaten by a gang of #terrorists in #HongKong supporting #HKprotests and the #HKHumanRightsandDemocracyAct our #prayers go out to all the innocent victims in Hong Kong. Poor man!
https://twitter.com/i/status/1175466827151040517
・・・年寄りが出血するまでぼこぼこに叩かれています。香港の暴徒を応援していた皆さん、何か一言ありませんか?



これじゃ米軍の指示で動くISISのテロリストと同じじゃありませんか。シリアの内戦も善良な市民が反政府を単純に支持したためにテロリストがのさばって自分たちが殺される羽目になったのです。その段階になっても、欧州の善良な市民の支持を得て英国などはホワイトヘルメットのようなテロリストにカネを出し続けたのです。まだわかりませんか?

警官に暴行されたとする画像が出回っているそうですが、元画像は日本のポルノ映画だそうです。





FARSNEWS2019/9/15
Rule, Britannia! Hong Kong Protesters Sing Ex-Colonial Sovereign’s Anthem
TEHRAN (FNA)- Activists flocked to the UK Consulate in Hong Kong on Sunday, waving Union Jacks and singing ‘God Save the Queen’ in a bid to convince London to step in and protect them from Beijing like it would have in the colonial era.

The hundreds of protesters who gathered in front of the British Consulate-General claim the Chinese government is encroaching on their freedoms established under the ‘one country, two systems’ formula at the end of British colonial rule in 1984, RT reported.

Calling on the former sovereign to do something about it, they waved British flags as well as those of colonial Hong Kong, and sang patriotic British songs, including ‘God Save the Queen’ and ‘Land of Hope and Glory’.

Britain had control over Hong Kong for decades after taking it from imperial China – a result of the Opium Wars, which reduced what was an economic powerhouse to destitution.

Since it’s highly unlikely that modern Britain would launch a colonial war the way it did so often in the 19th century, the protesters have other ideas on how Her Majesty can support them. For example, granting full British citizenship to holders of the British National (Overseas) passport – a special type of document that was granted to hundreds of thousands of Hong Kong residents. It allows visa-free travel to the UK, but only for six months, and does not include work privileges.

Some protesters were eager to pledge allegiance to Britain, chanting, “We are British and we will never surrender” and “Rule, Britannia!”

It’s not the first time the Hong Kong protesters have urged a foreign power to intervene on their behalf. Demonstrators have also been seen waving American flags, singing the US national anthem, and holding up meme-like photos of a rifle-toting Donald Trump standing on top of a ‘Trump’ tank, urging him to “liberate Hong Kong”.

The protests started in March over a now-scrapped extradition bill – which activists claimed was meant to undermine the city’s judiciary and to persecute dissidents – and have continued with ever-increasing demands from the protest leaders. Some demonstrations turned violent, leading to clashes with police, but Beijing has so far been reluctant to intervene with force.

Beijing accuses the US and UK of spurring the protests, and the demonstrators’ ostentatious gestures of loyalty to those very nations – like Sunday’s anthem-singing – hardly allay those perceptions.
posted by ZUKUNASHI at 18:12| Comment(1) | 国際・政治

2019年09月28日

国内線航空機搭乗時の空間線量率

2019/9のある日、某氏が携帯型空間線量率測定機を携行して飛行機に乗り込みました。午前10時出発のようです。滑走路を離れると同時に空間線量率がぐんぐん上がります。
CPMスケール上限200、μSv/hスケール上限0.3μSv/h。


某氏は、空間線量率がぐんぐん上がり始めたのでスケールを大きくしました。
CPMスケール上限500、μSv/hスケール上限0.6μSv/h。
某氏は器用ですね、マウスを持っていなくてもスケールを簡単に変えています。警報ラインを超えていますが、この画面ではたまたま警報の表示がありません。


警報の表示が出ています。最高値はCPMで166、1.066μSv/h。μSv/hのスケールは0.6が最高ですからグラフの線が天井に張り付いています。


巡航速度での水平飛行が続いています。


下降開始とともに空間線量率が下がり始めます。


10時50分過ぎに着陸したようです。到着先空港の空間線量率は少し高い。スケールが変更されています。CPMスケール上限200、μSv/hスケール上限0.3μSv/h。ここまでの空間線量率平均0.478μSv/h、ちょうど1時間ですから某氏の場合、この1時間、地上の5倍の外部被ばくをしたことになります。


市内に向かったところで少し高い値が出ています。


宿泊施設に入ったところで再起動されています。約1時間半経過。平均値がリセットされて0.127μSv/h、わずかですが高いほうでしょうか。某氏がこの間夜遊びに出て部屋にいなかったかもしれませんが。


次は帰路です。13時40分の出発、CPMスケール上限500、μSv/hスケール上限0.6μSv/h。最高233cpmが出ています。


スケール変更、CPMスケール上限200、μSv/hスケール上限0.3μSv/h。最大値、平均値共に復路のほうが高いです。14時40分頃に無事着陸されています。ご無事で何よりでした。


※ 2017/5/13午後北海道への空路を利用した方からのホットな情報。機内で測定。こちらは2年前でF1に近いところを飛んでいます。上の測定例で233cpmは1.412μSv/h。2.22μSv/hはもちろんあり得ます゜


水平飛行に移ってからSOECKSなどで測ったものは、そのフライトでの最高値に近くなりますから上のグラフを参考にしてフライト中の外部被ばくを推定することができます。

国際路線の乗務員の被ばくは当然大きくなります。山の頂点近くの線量率が長く続きます。

上のグラフは、搭乗時の全時間にわたって空間線量率を測定記録した貴重な記録です。この携帯型空間線量率連続測定システムがあれば、どこかへ出かけた場合の外部被ばくの増加度合いを簡単に把握できます。この機器は電波は発しません。

もう1件データがありました。



スケール変更、CPM最大500、μSv/h最大0.4


最大353CPM、2.139μSv/h。上のSOECKSの測定例とほぼ同じ。


スケール変更、CPM最大200、μSv/h最大0.3




スケール変更、CPM最大500、μSv/h最大0.5






機内で5μSv/hを記録された方もおられます。
2017年02月25日
東北の空は 線量率が高い

もう一つ読者の測定例です。1時間値ですから低くなっています。
posted by ZUKUNASHI at 19:11| Comment(0) | 福島原発事故

日本人は若い女に騙されやすい

※ mko@trappedsoldier氏の2019/9/27のツイート
周庭は、「香港の暴徒は、警察の犠牲者」と、日本人を騙し支持を得るための道具です。だから彼女はいつも、暴徒が「死傷した」と嘘ばかりつぶやきます。暴徒が市民を暴行している事実は「存在しない」ことにする、怖ろしい女です。

※ masashi@bluewater23氏の午後0:08 ・ 2019年9月27日のツイート
返信先: @trappedsoldierさん
周庭もずるいわ。 暴徒の破壊行動とかは一切言及しない。。せめてSNSで破壊活動はやめるように呼びかけるべきだわ。

・・・引用終わり・・・

知人が若い女に勧誘されて仕事を頼んだら、アンプロフェッショナルな仕事で何万円もとられた。最初客としてきて、金をもらったらもう来ないのだと。それも2回もやられた。別人に。

今も同様な勧誘がやまないと。

きつく言ってやった。「あんたは、おいしい客リストに載って業界の中で流れているね。若い女を差し向けて勧誘すれば、すぐ契約すると。業界の中では有名人のはずだよ。有名になれてよかったね」

今は、若い女も食べるのに必死。純情でウソをつかない、悪いことはしないなど言うカビの生えた観念は捨てろ!

俺もブログをやって何年かしてようやく知ったが、若い女が普通の常識を持っているなど言うのは、無知もいいところだ。非常識なことを言ってくる。若い女には気をつけろ。子持ちでも同じだ。

知人は爺さんだから女に手を出していない。数万金をとられただけですんだ。手を出せば、何百万円のオーダーに跳ね上がっただろう。

若い女のやっているブログやサイトには気をつけろ。このブログの読者の中にもコロッと騙されている人がいるらしいが。

・・・・・

次の記事を常設にし、冒頭に掲げたのは、子宮頸がんワクチンに深くかかわっている相対的に若い女性とみられる人から別の子宮頸がんワクチンに関連する記事に何度もコメントがあり、その経験を経て子宮頸がんワクチンの推進側は信頼できないと考えるに至ったからです。名誉棄損の問題も継続中のようで、総合的に考えれば、子宮頸がんワクチンなどとても怖くて打たせられない。学問的にも、ワクチン推進にかかわる人たちの人間性の問題からも。
2019年09月30日
孫娘には子宮頸がんワクチンは打たせない その2 更新

管理人は、娘はいなかったし、子宮頸がんワクチンの問題を以前から調べていたわけではなかったのですが、これは広く知らせなければと思いました。

・・・・・

職場で若い女性の管理監督の立場にある人は大変だろうなと思います。パワハラ、セクハラとクレームをつける理由はいくらでもあります。普段の生活でストレスを抱える女性は増えているでしょう。派遣社員なら監督者が派遣会社に電話1本するだけで職場を失う。気の毒な面はありますね。
posted by ZUKUNASHI at 11:19| Comment(0) | 社会・経済

韓国で日本の「放射能汚染マップ」に関心が高まる

※ Cooper(手(チョキ)️'ω'手(チョキ)️)虹@gonshoken2012氏の2019/9/26のツイート
韓国の与党「共に民主党」日本経済侵略対策特別委員会が日本の「放射能汚染マップ」を本日26日国会の記者会見で発表。

민주당 '일본 방사능 오염 지도' 공개・・・도쿄올림픽 경기장 5곳 포함


円は単にF1からの距離を表すだけで、スポーツ施設のある地点の土壌汚染を数値で示しているようだ。

他の方のツイートが掲げていた図。


ここ数日、このブログの次の記事のアクセスが増えて、どうしたんだろうと思っていた。
2018年09月26日 放射能汚染地図
posted by ZUKUNASHI at 10:51| Comment(0) | 福島原発事故

西洋の支配は衰退しつつある 「私たちは自由主義者なのですべてが許される」ということはもはやない-国連総会でラヴロフ

これは歴史的演説になる。世界に平和賞というものがあれば、ラブロフこそがふさわしい。いつかこの記事についてコメントします。

RT2019/9/27
Western dominance is on the wane, ‘we’re liberals so everything’s allowed’ just isn’t working anymore – Lavrov at UNGA

The West ignores reality by trying to prevent the formation of a multi-polar world by imposing its narrow “liberal” rules on others, Russia’s Foreign Minister Sergey Lavrov has told the UN General Assembly.

Lavrov’s speech on Friday at the UN headquarters in New York focused on global challenges but, unlike some of the speakers, he didn’t mince words, proceeding into a full-on rebuke of the Western ideal of world order.

It’s hard for the West to accept that its centuries-long domination is diminishing.

New centers of economic growth and political influence are emerging internationally, he said, but the US and its allies are trying to impede the rise of the multi-polar world.

In order to achieve this, they “impose the standards of conduct based on narrow Western interpretation of liberalism on others. In short, ‘We’re liberals hence anything is permitted to us’” was how he characterized this attitude.

The West has been increasingly forgetting about international law and more often dwell on rules-based order.

As opposed to this counterproductive approach, lasting solutions to global challenges should be founded “on the basis of the UN Charter, through the balance of interests of all states,” the Russian FM recommended.

RT2019/9/24
West preaches rules, human rights & liberalism but fails to practice them – Russian FM
Western countries pride themselves on defending human rights and upholding order across the globe, yet their actions undermine trust and peace and create more chaos and suffering, Russian Foreign Minister Sergey Lavrov said.

The rhetoric of liberalism, democracy and human rights "goes hand in hand with the policies of inequality, injustice, selfishness and a belief in their own exceptionalism," Lavrov wrote in an essay published in the 'Russia in Global Affairs' magazine. While maintaining diplomatic decorum, the essay is a scathing condemnation of unipolar hypocrisy that the Russian FM argued represents a betrayal of principles laid down by the victorious allies at the end of World War II and the founding of the United Nations.
Faux-liberalism

Individual rights and freedoms are incompatible with sanctions, economic blockades, and "overt military threats" to states like Cuba, Venezuela, North Korea, Iran and Syria, the minister said. Bombing and regime change campaigns in places like Libya and Iraq have destroyed their statehood and killed tens of thousands.

How does the bombing of sovereign nations [and] the deliberate policy of destroying their statehood … add up to the imperative of protecting human rights?

'Rules-based order?'

Another concept the West frequently invokes is the so-called 'rules-based order.' However, the 'rules' in question are being invented by the Western politicians themselves and "selectively" applied to serve their own needs, using this trick to "usurp the decision-making process" from others, Lavrov said.

A recent example of this deceptive tactic by the West was the strong-arming of the global chemical weapons watchdog, the Organisation for the Prohibition of Chemical Weapons (OPCW). Western nations first accused Syria of chemical attacks, "without any proof." They then manipulated the OPCW procedures to grant the organization powers to name the culprits in chemical warfare, while bypassing the UN Security Council. Lavrov called this "a dangerous phenomenon of revisionism," which undermines the UN and paves the way for further confrontation.
Agreements broken

Lavrov brought up the US leaving landmark arms control treaties as another example of rogue behavior. Washington ditched the Anti-Ballistic Missile Treaty in 2002, and the Intermediate-Range Nuclear Forces Treaty this August. The same thing happened to the painstakingly-negotiated 2015 deal on the Iranian nuclear program, scrapped by the US last year. The US has even hinted at lifting the ban on deploying weapons in space.

US trade wars and sanctions boil down to Washington wanting to gain "competitive advantages by non-market methods," only adding to the growing instability and deepening international mistrust, according to Lavrov.
Polycentric world

By contrast, Russia is proposing that the world move on from the imperial mindset of the 19th and 20th centuries, when the world was dominated by a handful of powers. Today's world is polycentric, meaning all states must consider "the approaches and concerns of all those taking part in the international relations without an exception." Only this will guarantee a stable and secure future, Lavrov argued.

Most countries don't want to be held hostage to someone else's geopolitical calculations and are determined to conduct nationally oriented domestic and foreign policies.

Moscow is offering to use the G20 format to its fullest potential and reform the UN Security Council, where "the West is unfairly overrepresented." A reformed body will do a better job at respecting the interests of Asian, African and Latin American nations, as well as upholding the "broadest consensus" among the UN members.

Aiming for consensus and diplomacy instead of threats and pressure is crucial in today's politics, Lavrov noted, concluding his essay with a quote from long-term Soviet Foreign Minister Andrey Gromyko, "Better to have ten years of negotiations than one day of war."

RT2019/9/23
Sergey Lavrov: ‘World at a crossroads and a system of international relations for the future’
These days, the 74th session of the United Nations General Assembly opens up. So does a new international “political season”.

“World at a crossroads and a system of international relations for the future” has been written by Russian Foreign Minister Sergey Lavrov for “Russia in Global Affairs” magazine, September 20, 2019.

The session begins at a highly symbolic historical moment. Next year we will celebrate two great and interconnected anniversaries – the 75th Anniversary of the Victory in the Great Patriotic and Second World Wars, and the establishment of the UN.

Reflecting on the spiritual and moral significance of these landmark events, one needs to bear in mind the enormous political meaning of the Victory that ended one of the most brutal wars in the history of mankind.

The defeat of fascism in 1945 had fundamentally affected the further course of world history and created conditions for establishing a post-war world order. The UN Charter became its bearing frame and a key source of international law to this day. The UN-centric system still preserves its sustainability and has a great degree of resilience. It actually is kind of a safety net that ensures peaceful development of mankind amid largely natural divergence of interests and rivalries among leading powers. The War-time experience of ideology-free cooperation of states with different socioeconomic and political systems is still highly relevant.

It is regrettable that these obvious truths are being deliberately silenced or ignored by certain influential forces in the West. Moreover, some have intensified attempts at privatizing the Victory, expunging from memory the Soviet Union’s role in the defeat of Nazism, condemning to oblivion the Red Army’s feat of sacrifice and liberation, forgetting the many millions of Soviet citizens who perished during the War, wiping out from history the consequences of the ruinous policy of appeasement. From this perspective, it is easy to grasp the essence of the concept of expounding the equality of the totalitarian regimes. Its purpose is not just to belittle the Soviet contribution to the Victory, but also to retrospectively strip our country of its historic role as an architect and guarantor of the post-war world order, and label it a “revisionist power” that is posing a threat to the well-being of the so-called free world.

Interpreting the past in such a manner also means that some of our partners see the establishment of a transatlantic link and the permanent implanting of the US military presence in Europe as a major achievement of the post-war system of international relations. This is definitely not the scenario the Allies had in mind while creating the United Nations.

The Soviet Union disintegrated; the Berlin Wall, which had symbolically separated the two “camps,” fell; the irreconcilable ideological stand-off that defined the framework of world politics in virtually all spheres and regions became a thing of the past – yet, these tectonic shifts unfortunately failed to bring the triumph of a unifying agenda. Instead, all we could hear were triumphant pronouncements that the “end of history” had come and that from now on there would be only one global decision-making center.

It is obvious today that efforts to establish a unipolar model have failed. The transformation of the world order has become irreversible. New major players wielding a sustainable economic base seek to increase their influence on regional and global developments; they are fully entitled to claim a greater role in the decision-making process. There is a growing demand for more just and inclusive system. The overwhelming majority of members of the international community reject arrogant neocolonial policies that are employed all over again to empower certain countries to impose their will on others.

All that is greatly disturbing to those who for centuries have been accustomed to setting the patterns of global development by employing exclusive advantages. While the majority of states aspire to a more just system of international relations and genuine rather than declarative respect for the UN Charter principles, these demands come up against the policies desighned to preserve an order allowing a narrow group of countries and transnational corporations to reap from the fruits of globalization. The West’s response to the ongoing developments reveals true worldview of its proponents. Their rhetoric on liberalism, democracy and human rights goes hand in hand with the policies of inequality, injustice, selfishness and a belief in their own exceptionalism.

“Liberalism”, that the West claims to defend, focuses on individuals and their rights and freedoms. This begs the question: how does this correlate with the policy of sanctions, economic strangulation and overt military threats against a number of independent countries such as Cuba, Iran, Venezuela, North Korea or Syria? Sanctions directly strike at ordinary people and their well-being and violate their social and economic rights. How does the bombing of sovereign nations, the deliberate policy of destroying their statehood leading to the loss of hundreds of thousands of lives and condemning millions of Iraqis, Libyans, Syrians and representatives of other peoples to innumerable suffering add up to the imperative of protecting human rights? The reckless Arab Spring gamble destroyed the unique ethnic and religious mosaic in the Middle East and North Africa.

In Europe, the proponents of liberal concepts get along quite well with massive violations of the Russian-speaking population rights in a number of EU and EU-neighboring countries. Those countries violate multilateral international conventions by adopting laws that infringe language and education rights of ethnic minorities.

What is “liberal” about visa denials and other sanctions imposed by the West on residents of Russia’s Crimea? They are punished for their democratic vote in favour of reunification with their historical homeland. Does this not contradict the basic right of the people to free self-determination, let alone the right of the citizens to freedom of movement enshrined in international conventions?

Liberalism, or rather its real undistorted essence, has always been an important component of political philosophy both in Russia and worldwide. However, the multiplicity of development models does not allow us to say that the Western “basket” of liberal values has no alternative. And, of course, these values cannot be carried “on bayonets” – ignoring the history of states, their cultural and political identities. Grief and destruction caused by “liberal” aerial bombings are a clear indication of what this can lead to.

The West’s unwillingness to accept today's realities, when after centuries of economic, political and military domination it is losing the prerogative of being the only one to shape the global agenda, gave rise to the concept of a “rules-based order.” These “rules” are being invented and selectively combined depending on the fleeting needs of the people behind it, and the West persistently introduces this language into everyday usage. The concept is by no means abstract and is actively being implemented. Its purpose is to replace the universally agreed international legal instruments and mechanisms with narrow formats, where alternative, non-consensual methods for resolving various international problems are developed in circumvention of a legitimate multilateral framework. In other words, the expectation is to usurp the decision-making process on key issues.

The intentions of those who initiated this “rules-based order” concept affect the exceptional powers of the UN Security Council. A recent example: when the United States and its allies failed to convince the Security Council to approve politicized decisions that accused, without any proof, the Syrian government of using prohibited toxic substances, they started to promote the “rules” they needed through the Organization for the Prohibition of Chemical Weapons (OPCW). By manipulating the existing procedures in flagrant violation of the Chemical Weapons Convention, they managed (with the votes of a minority of the countries participating in this Convention) to license the OPCW Technical Secretariat to identify those responsible for the use of chemical weapons, which was a direct intrusion in the prerogatives of the UN Security Council. One can also observe similar attempts to “privatize” the secretariats of international organizations in order to advance interests outside of the framework of universal intergovernmental mechanisms in such areas as biological non-proliferation, peacekeeping, prevention of doping in sports and others.

The initiatives to regulate journalism seeking to suppress media freedom in an arbitrary way, the interventionist ideology of “responsibility to protect”, which justifies violent “humanitarian interventions” without UN Security Council approval under the pretext of an imminent threat to the safety of civilians are part of the same policy.

Separately, attention should be paid to the controversial concept of “countering violent extremism”, which lays the blame for the dissemination of radical ideologies and expansion of the social base of terrorism on political regimes that the West has proclaimed undemocratic, illiberal or authoritarian. This concept provides for direct outreach to civil society over the head of legitimate governments. Obviously, the true goal is to withdraw counterterrorism efforts from beneath the UN umbrella and to obtain a tool of interference in the internal affairs of states.

The introduction of such new concepts is a dangerous phenomenon of revisionism, which rejects the principles of international law embodied in the UN Charter and paves the way back to the times of confrontation and antagonism. It is for a reason that the West is openly discussing a new divide between “the rules-based liberal order” and “authoritarian powers.”

Revisionism clearly manifests itself in the area of strategic stability. The US torpedoing first the ABM Treaty and now the INF Treaty (a decision that enjoys unanimous NATO members’ support) have generated risks of dismantling the entire architecture of nuclear arms control agreements. The prospects of the Treaty on Measures for the Further Reduction and Limitation of Strategic Offensive Arms (The New START) are vague – because the US has not given a clear answer to the Russian proposal to agree to extend the New START beyond its expiry date in February 2021.

Now we are witnessing alarming signs that a media campaign in the United States is being launched to lay the groundwork for abandoning the Comprehensive Nuclear Test Ban Treaty (which has not been ratified by the United States). This calls into question the future of this treaty, which is vital for international peace and security. Washington has embarked upon the implementation of its plans to deploy weapons in outer space, rejecting proposals to agree on a universal moratorium on such activities.

There is one more example of introducing revisionist “rules”: the US withdrawal from the Joint Comprehensive Plan of Action on Iran’s nuclear program, a multilateral agreement approved by the UN Security Council that is of key importance for the nuclear non-proliferation.

Yet another example is Washington’s open refusal to implement unanimous UN Security Council resolutions on the settlement of the Israeli-Palestinian conflict.

In the economic field, the “rules” consist of protectionist barriers, sanctions, abuse of the status of the US dollar as the principle means of payment, ensuring competitive advantages by non-market methods, and extraterritorial use of US laws, even towards the United States’ closest allies.

At the same time, our American colleagues are persistently trying to mobilise all of their foreign partners to contain Russia and China. Simultaneously they do not conceal their wish to sow discord between Moscow and Beijing and undermine multilateral alliances and regional integration projects in Eurasia and Asia-Pacific that are operating outside of the US oversight. Pressure is exerted on those countries that do not play by the rules imposed on them and dare make the “wrong choice” of cooperating with US “adversaries”.

So, what do we have as a result? In politics, erosion of the international legal basis, growth of instability and unsustainability, chaotic fragmentation of the global landscape and deepening mistrust between those involved in the international life. In the area of security, blurring of the dividing line between military and non-military means of achieving foreign policy goals, militarization of international relations, increased reliance on nuclear weapons in US security doctrines, lowering the threshold for the use of such armaments, the emergence of new hotbeds of armed conflicts, the persistence of the global terrorist threat, and militarization of the cyberspace. In the world economy, increased volatility, tougher competition for markets, energy resources and their supply routes, trade wars and undermining the multilateral trade system. We can add a surge of migration and deepening of ethnic and religious strife. Do we need such a “rules-based” world order?

Against this background, attempts by Western liberal ideologues to portray Russia as a “revisionist force” are simply absurd. We were among the first to draw attention to the transformation of the global political and economic systems that cannot remain static due to the objective march of history. It would be appropriate to mention here that the concept of multipolarity in international relations that accurately reflects emerging economic and geopolitical realities was formulated two decades ago by the outstanding Russian statesman Yevgeny Primakov. His intellectual legacy remains relevant now as we mark the 90th anniversary of his birth.

As is evident from the experience of recent years, using unilateral tools to address global problems is doomed to failure. The West-promoted “order” does not meet the needs of humankind’s harmonious development. This “order” is non-inclusive, aims to revise the key international legal mechanisms, rejects the principle of collective action in the relations between states, and by definition cannot generate solutions to global problems that would be viable and stable in the long term rather than seek a propaganda effect within an electoral cycle in this or that country.

What is being proposed by Russia? First of all, it is necessary to keep abreast of the times and recognise the obvious: the emergence of a polycentric world architecture is an irreversible process, no matter how hard anyone tries to artificially hold it back (let alone send it in reverse). Most countries don’t want to be held hostage to someone else’s geopolitical calculations and are determined to conduct nationally oriented domestic and foreign policies. It is our common interest to ensure that multipolarity is not based on a stark balance of power like it was at the earlier stages of human history (for example, in the 19th and the first half of the 20th century), but rather bears a just, democratic and unifying nature, takes into account the approaches and concerns of all those taking part in the international relations without an exception, and ensures a stable and secure future.

There are some people in the West who often speculate that polycentric world order inevitably leads to more chaos and confrontation because the “centers of power” will fail to come to terms among themselves and take responsible decisions. But, firstly, why not try? What if it works? For this, all that is necessary is to start talks on the understanding that the parties should seek a balance of interests. Attempts to invent ones’ own “rules” and impose them on all others as the absolute truth should be stopped. From now on, all parties should strictly comply with the principles enshrined in the UN Charter, starting with the respect for the sovereign equality of states regardless of their size, system of government or development model. Paradoxically, countries that portray themselves as paragons of democracy actually care about it only as they demand from other countries to “put their house in order” on a West-inspired pattern. But as soon as the need arises for democracy in intergovernmental relations, they immediately evade honest talk or attempt to interpret international legal norms at their own discretion.

No doubt, life does not stand still. While taking good care of the post-WWII system of international relations that relies on the United Nations, it is also necessary to cautiously though gradually adjust it to the realities of the current geopolitical landscape. This is completely relevant for the UN Security Council, where, judging by today’s standards, the West is unfairly overrepresented. We are confident that reforming the Security Council shall take into account interests of the Asian, the African and the Latin American nations whilst any such design must rest upon the principle of the broadest consensus among the UN member states. The same approach should apply to refining the world trade system, with special attention paid to harmonizing the integration projects in various regions.

We should use to the fullest the potential of the G20, an ambitious, all-encompassing global governance body that represents the interests of all key players and takes unanimous decisions. Other associations are playing a growing role as well, alliances projecting the spirit of a true and democratic multipolarity, based on voluntary participation, consensus, values of equality and sound pragmatism, and refraining from confrontation and bloc approaches. These include BRICS and the SCO, which our country is an active member of and which Russia will chair in 2020.

It is evident that without collective effort and without unbiased partnership under the central coordinating role of the UN it is impossible to curb confrontational tendencies, build up trust and cope with common threats and challenges. It is high time to come to terms on uniform interpretation of the principles and norms of international law rather than try to follow the old saying “might goes before right”. It is more difficult to broker deals than to put forward demands. But patiently negotiated trade-offs will be a much more reliable vehicle for predictable handling of international affairs. Such an approach is badly needed to launch substantive talks on the terms and conditions of a reliable and just system of equal and indivisible security in the Euro-Atlantic and Eurasia. This objective has been declared multiple times at the top level in the OSCE documents. It is necessary to move from words to deeds. The Commonwealth of Independent States (CIS) and the Collective Security Treaty Organisation (CSTO) have repeatedly expressed their readiness to contribute to such efforts.

It is important to increase our assistance to the peaceful resolution of numerous conflicts, be it in the Middle East, Africa, Asia, Latin America or the post-Soviet space. The main point is to live up to the earlier arrangements rather than to invent pretexts for refusing to adhere to the obligations.

As of today, it is especially relevant to counter religious and ethnic intolerance. We urge all the nations to work together to prepare for the World Conference on Interfaith and Inter-Ethnic Dialogue that will be held in Russia in May 2022 under the auspices of the Inter-Parliamentary Union and the UN. The OSCE that has formulated a principled position condemning anti-Semitism should act with equal resolve toward Christianophobia and Islamophobia.

Our unconditional priority is to continue providing assistance to the unhindered formation of the Greater Eurasian Partnership, a broad integration framework stretching from the Atlantic to the Pacific that involves the member states of the Eurasian Economic Union (EAEU), the Shanghai Cooperation Organization (SCO), the Association of Southeast Asian Nations (ASEAN) and all other countries of the Eurasian continent, including the EU countries. It would be unwise to contain the unifying processes or, worse still, to put up fences. It would be a mistake to reject the obvious strategic advantages of the common Eurasian region in an increasingly competitive world.

Consistent movement towards this constructive goal will allow us not only to keep up the dynamic development of the national economies and to remove obstacles to the movement of goods, capital, labor and services, but it will also create a solid foundation of security and stability throughout the vast region from Lisbon to Jakarta.

Will the multipolar world continue to take shape through cooperation and harmonization of interests or through confrontation and rivalry? This depends on all of us. Russia will continue to promote a positive and unifying agenda aimed at removing the old dividing lines and preventing the appearance of new ones. Russia has advanced initiatives to prevent an arms race in outer space, establish efficient mechanisms for combating terrorism, including chemical and biological terrorism, and to agree upon practical measures to prevent the use of cyberspace for undermining national security or for other criminal purposes.

Our proposals to launch a serious discussion on all aspects of strategic stability in the modern era are still on the table.

There have been ideas floated recently to modify the agenda and update the terms. The proposed subjects for discussion vary between “strategic rivalry” and “multilateral deterrence.” Terminology is negotiable, but it is not terms but the essence that really matters. It is now much more important to start a strategic dialogue on the existing threats and risks and to seek consensus on a commonly acceptable agenda. Yet another outstanding statesman from our country, Andrey Gromyko (his 110th birth anniversary we mark this year) said wisely: “Better to have ten years of negotiations than one day of war.”
posted by ZUKUNASHI at 10:12| Comment(0) | 国際・政治

2019年09月27日

台北で香港連帯のデモ? 当局も参加か? 台湾渡航注意

※ mko@trappedsoldier氏の2019/9/27のツイート
「香港に連帯し、日曜に台北で行動を起こせ」―NYのビジネス誌クォーツのイサベラ・スティーガーが煽動。彼女は、香港の暴徒に「マイダンに学べ」と煽動記事を書いたプロパガンダ。香港の暴動は、CIA、MI6そして欧米多国籍企業、ビジネス誌が先導している!

※ isabella steger@stegersaurus氏の2019/9/のツイート
a call for a protest in support of HK in Taipei on Sunday, with a list of gear to wear/bring in solidarity such as helmets and umbrellas. “hope that the day when Taiwanese have to go out with these items will never come”

※ 沃草 Watchout@watchoutTW氏の2019/9/27のツイート
香港 #反送中 已延燒一整個夏天,現在來開箱抗爭者用品吧!

穿戴:
頭盔、護目鏡、口罩、手套、雨衣、護腕、護膝

防身:
雨傘、交通號誌

防催淚彈:
防毒面具、網球拍、食鹽水、礦泉水

急救:
救護包、毛巾

還有,別忘了大旗幟和雷射筆!

(希望將來台灣人沒有需要帶著這些用品上街的一天...抖)
posted by ZUKUNASHI at 19:46| Comment(0) | 国際・政治

ロシア戦闘機はこんな爆弾を落とすのです



これがさく裂した時の威力は想像がつきますね。次はロシア・シリア軍がトルコ軍の車列を止めるために爆撃を行った様子です。上の画像にあるものと同じ爆弾が使われたのかどうかはわかりません。



爆弾が破裂すれば一瞬で人も建物も粉々になるのです。





自動車爆弾テロによる息子の死を告げられた父親。着物の裾に血痕。アフガニスタンのカブールで。


米国などによる他国に対する軍事攻撃は止めさせなければなりません。



posted by ZUKUNASHI at 12:26| Comment(0) | 国際・政治

スマホでキーボードを使って入力する

タブレットスマホの無線Wifi接続を止めてOS更新などのWifi利用がどうしても必要なときは、有線LANアダプター経由で接続することにしています。普段は電源を入れれば、格安SIM経由で携帯回線のデータ通信はできます。

前回"スマホ命"の方々が、目を凝らし、肩を凝らして文字入力に取り組んでいる姿を称賛しました(揶揄と受け取った人がおられればそれはその方の心の歪みを示しています)が、真似のできない私は、キーボードをつなげばできるはずと試みてみました。

しかし入力する場所がありません。メモとかいうアプリも一々許諾契約に同意しなければなりません。

それではと、自分のブログにコメントを投稿しました。

12345とあか、あか2です。12345は投稿に失敗したと表示されましたが送られています。あかは、有線LANアダプター経由、あか2は携帯回線のデータ通信経由です。

キーボードは標準のデスクトップに付属してくるもの(フルキーボードと言われます。テンキーもついているもの)

タブレットパソコンは、バラマキスマホとそれこそ揶揄されるdtab。アンドロイドです。これにマイクロUSB→標準USBの変換ケーブルをつなぎ、そしてキーボードないしは有線LANアダプターにつないでいます。

USBハブを介してUSB機器を何個か同時につなごうかと思いましたが、今のところ成功していません。セルフパワーのハブをつなげれば電池の減りを抑えることができるはずですが。

なお、ひらがな入力はできませんでした。ローマ字入力です。マウスはまだ使っていません。矢印キーで足ります。

私はスマホでメールは使っていませんが、メールをやっている方は便利ではないでしょうか。

ただし、メーカーが違うと、私の使っているマイクロUSB→標準USBの変換ケーブルでうまくつながらないものがあります。クロスケーブルと言われるものを介してつなげばつながるものもあろうかと思いますが。

こういう記事は、"スマホ命"の方々は生理的に受け付けないらしいので技術的な細かいことについては、これ以上は書きません。

目を近づけて必死に指を動かしている姿、あれこそが主婦の中の選ばれた"情報エリート"、"ITエリート"のステータスを示すものに他ならないのですよね。

キーボードなどを接続して入力するのはスマホ道に反する邪道だわ!

はいはい、おっしゃるとおり。そのうち老眼が進んで画面の大きな重いタブレットを持ち運ばなければならなくなりますね。健闘を祈る!!

@ ポケモンゲームをする人が集まっている屋外の場所は、携帯電波のホットスポットです。各人の持つスマホが絶え間なく携帯基地局に向けて電波を発しています。

A 家に固定回線が来ていれば、それと有線接続すれば、音声通話を除いて携帯回線のデータを伝える電波の受信はなくすことができます。

B スマホの手間のかかる文字入力は、キーボードをつなぐことで時間を短縮することができます。

C そもそも家にいるときには有線接続のパソコンを使えば、スマホを使うよりも電磁波を格段に減らすことができます。

大人はいいんです。自己責任ですからどれだけ電磁波を浴びてがんを発症しようと。でも、子供はその害を知ったうえで電磁波被ばくに同意していますかね?

今は、スマホを持っていて注目されるのは、よほどのばあさんだけです。スマホを手にして寄せられる他人の視線が羨望や尊敬のまなざしだと思うのは大間違い。

このバカが! 電磁波の害も理解できないで得意になって使っている。あらかじめ打ち合わせをしっかりやっておけば、現地で慌てることもないのに・・・と知る人は見ています。

1か月ほど前の夜のこと、ウォーキングしていたら交差点に子供から中年の人まで7、8人が集まり、その中の比較的若い女性が携帯電話で長電話していました。皆、その電話の結果を待っているようでした。

何かあったのかと聞くと、中年の女性がそばにあった表示板にある1件のレストランを指して、それを探しているとのことでした。

えーっと、この先にあったはずだけど、なくなったのかな?? 5mほどその方向に歩くと店の看板の一部が見えます。

引き返して、ほらあそこに看板の一部が見えますよね、と中年女性に教えてやりました。みなぞろぞろと歩き出して、レストランの中に入っていきました。

女性は、地図上で何か探したりするの苦手ですけど、普通は出かける前に場所を調べておくものですよね。今は、スマホで地図も見れますけどね。

アンドロイド用のUSBハブも売っていますね。1,000円以下で買えるようです。キーボードと有線LANアダプターがつなげられれば役に立つ。電気の供給もできるようになっているらしい。これがあれば、ラインなどで少し長い文章を何度もやり取りするのは楽かも。ツイッターのDMも同じ。

dtabでは、手持ちのマイクロUSB→標準USBの変換ケーブルはどれもつながった。ファーウエイの製品は同じかも。

ただし、他の製品、例えばSamsungでも同じかはわかりません。現物でテストしていない。

・・・・・

スマホ関係の記事はスマホで見ている人よりもパソコンで見ている人が圧倒的に多いんです。特にこの記事はそうです。夜遅い時間になるとスマホとパソコンとほぼ同じ割合になるのが普通なんですけどね。はーん、やっぱりスマホ利用者は私の嫌みが効いている。よーし、効果ありですね。どんどん行きますよ!

キーボードが使えれば、ブログにコメントを書くだけだけでなく、記事本文も書けるということですよね。連続ツイートも可能ですね。でも屋外でそんなにツイートしたり、記事書いたすることはまずないでしょうね。
posted by ZUKUNASHI at 09:17| Comment(0) | デジタル・インターネット

米国外交は交渉でなく経済妨害一本槍 経済安保の保険を求める国が多くならないか

時事通信社 2019年9月27日(金)7時04分
米長官「シリアが化学兵器使用」=燃料輸送でロシア企業に制裁
 【ニューヨーク時事】ポンペオ米国務長官は26日、ニューヨークで記者会見し、シリアのアサド政権が5月に化学兵器である塩素ガスを使用したと非難した。一方、米財務省はアサド政権を支援するロシア軍に航空燃料を輸送したとして、ロシアの海運会社などを制裁対象に指定した。
 ポンペオ氏は「アサド政権は戦争犯罪や人道に対する犯罪など、数え切れない残虐行為を行っている」と批判。その上で、アサド政権が5月19日に北西部イドリブ県を拠点にする反体制派に対し、塩素ガスを使用したと断定した。
posted by ZUKUNASHI at 09:09| Comment(1) | 国際・政治

2019年09月25日

臨時のお知らせ 西尾正道先生が9/25テレビ出演

トリチウムの危険性の警鐘を鳴らし続けておられる西尾正道先生が2019/9/25、TV出演される、との情報が寄せられています。
明日朝、東京ではテレ朝、「 羽鳥慎一モーニングショー 」で、トリチウムの話をされるそうです。

なお、同氏の『トリチウムの健康被害について』の見解は次のサイトにあります。

市民のためのがん治療の会
http://www.com-info.org/medical.php?ima_20181211_nishio

このサイトは、がん治療に関する情報が多いです。

・・・・・

電視箱を捨てた悲しさで観られない、と諦めていましたがダメ元でネット検索したら、ありました。 羽鳥慎一モーニングショー https://www.youtube.com/watch?v=6m720-_zJxQ 23:17〜 西尾先生と玉川氏の最強コンビでトリチウム放流派のセンセイの顔色なかったです、あ〜すっきりした!!


※ 原発はいますぐ廃止せよ@kokikokiya氏の2019/9/25のツイート
テレ朝羽鳥玉川の西尾の紹介
「ノーベル賞の小柴のトリチウムの危険性指摘」
というのは、これ
https://ameblo.jp/indianlegend/entry-12353979135.html
〔小柴昌俊氏(2002年「ノーベル物理学賞」受賞)の警告〜「トリチウムの危険性」(2003年)
【トリチウムは僅か1mgで致死量(猛毒)で、約2kgで200万人の殺傷能力】
核融合実験

※ まさのあつこ@masanoatsuko氏の2018/8/31のツイート
小委員会の委員長である名古屋大名誉教授がアワアワしているうちに「後出しジャンケンはやめてよ」(基準を後から変えないでよ)と会場から批判の声が上がった。

※ まさのあつこ@masanoatsuko氏の2018/8/31のツイート
→続き
衝撃的だったのは、原子力市民委員会の細川弘明氏の指摘と質問。濃度基準の他に総量規制があり、年間22兆ベクレルが限度だから、1千兆ベクレルなら海洋放出でさえ40年以上要するが、そう議論したのか?

※ まさのあつこ@masanoatsuko氏の午後7:59 ・ 2018年8月31日のツイート
さらに続き。トリチウムは6万ベクレル/ℓ放出しても安全ですという濃度基準に対しても異論続出。
西尾正道氏はその分かりやすい論拠としてノーベル賞受賞者小柴昌俊氏がその危険性を指摘したことや世界各地で健康被害が報告され始めたと意見を述べた。
posted by ZUKUNASHI at 21:53| Comment(0) | 福島原発事故

‘Wherever America goes, terror expands

RT Edited time: 25 Sep, 2019 08:30
‘Wherever America goes, terror expands’: Rouhani says US is ‘supporter of terrorism’ over sanctions & bombing Syria
Iranian President Hassan Rouhani said the United States has fueled terrorism in the Middle East, slamming US policies for spreading chaos and radicalism across the region.

Joining Fox’s Chris Wallace for an interview that ran on Tuesday night, Rouhani rejected any notion that Iran was on a “fanatical” quest for nuclear weapons – as his American counterpart claimed in a speech earlier in the day – and countered that Washington was instead the major troublemaker in the Middle East.

“Today, America, unfortunately, is the supporter of terrorism in our region – and wherever America has gone, terrorism has expanded in the wake,” Rouhani said, pointing to US intervention in Syria as a case-in-point.

The country that is present and flying over the air space of and bombarding the soil of the country of Syria without permission of the government is the United States of America.

Rouhani added that American sanctions on Iran also qualified as a form of terrorism, pointing out their ill effects on the country’s healthcare system and medicine costs. He said sanctions relief remained a hard precondition before Tehran would even consider coming to the table for talks.

“If there is a cessation to [the sanctions], then the atmosphere will change,” the president said.

RT Edited time: 17 May, 2018 08:54
US arms ended up with Al-Nusra jihadists in Syria, says weapons dealmaker
Weapons sent by the Obama administration to so-called ‘moderate’ anti-government forces in Syria instead fell into Al-Nusra jihadists’ hands, according to a US-trained rebel and fixer in Aleppo.

Major Anas Ibrahim Obaid, better known by his nom de guerre Abu Zayd, told Fox News that he gave pickup trucks and ammunition supplied by the US to Al-Nusra, an Al-Qaeda affiliate, and sold more on the black market once his American handlers got wind of this and cut his salary.

Zayd defected from the Syrian Army in 2012 to the opposition, and made his way to Turkey for US training. After a few cursory questions about his opinion on Islamic State (IS, formerly ISIS) and some basic training, he was sent back across the Syrian border to fight in 2015.

With salaries low and morale lower, many of Zayd’s group of 72 fighters defected, and he decided to return to Aleppo to fight President Bashar Assad’s forces. Getting home involved a trek through territory held by Al-Nusra, but after giving the jihadist group five US-issued pickup trucks and a haul of ammunition, they granted him safe passage.

The trucks and ammo had been given to Zayd under a failed $500 million Pentagon program aimed at training and equipping an “ideologically moderate” force to topple the Assad government.

After the Pentagon found out about the deal, Zayd’s salary was cut and the US severed ties with him. He still hung on to his American weapons however, and according to an associate, reportedly makes a tidy profit selling them on the black market. His stash includes M-16 and M-24 rifles, rocket launchers, .50 caliber machine guns and mortars.

Another Obama administration program, codenamed Timber Sycamore, was started in 2012 with the aim of supplying weapons to anti-government rebels along the Turkish border in the north and the Jordanian border in the south of Syria.

Asem Zidan, a former media activist with the US-backed Hazem Movement, told Fox that the US supplied his side with wire-guided anti-tank TOW missiles. The US didn’t supply enough weapons though, and Zidan’s comrades were attacked by Al-Nusra and had their missiles stolen.

According to Ibrahim al-Jabawi, a former police leader in the Syrian province of Homs and spokesman from the US-backed Southern Front group of fighters, “some of the TOW rockets ended up with Al-Nusra.”

With a single TOW missile capable of obliterating a Syrian Army T-90 tank, it’s no wonder they can retail on the black market in Syria for as much as $30,000. As well as acquiring missiles from the black market or other rebel groups, Al-Nusra has reportedly received American weapons from the US, via allied states in the region.

In 2016, an Al-Nusra commander named Abu Al Ezz told the German Koelner Stadt-Anzeiger newspaper that his group, and not so-called ‘moderate rebels’, received TOW missiles directly from the US.

“The missiles were given to us directly,” he said, adding: “The Americans are on our side.” The commander went on to detail how his fighters had received training from US instructors, and financial support from Saudi Arabia and Israel for capturing specific objectives in Syria.

“We got 500 million Syrian pounds (around $2.3 million) from Saudi Arabia. To capture the Infantry School in Al Muslimiya years ago we received 1.5 million Kuwaiti dinars (around $500,000) and Saudi Arabia's $5 million,” he said.

President Trump ended the US arms supply program to Syrian rebels in 2017. The US has since stepped up its direct involvement in Syria however, despite Trump’s campaign promise to withdraw completely from the conflict. After striking government targets in response to an unproven chemical weapons attack last month, US Defense Secretary James Mattis told the Senate that the US would be deepening its involvement in Syria.

"Right now we are not withdrawing," Mattis told the Senate Armed Services Committee. "We are continuing the fight, we are going to expand it and bring in more regional support. This is the biggest shift we’re making right now."

At a White House news conference the same week, Trump said that US troops would be “coming home relatively soon,” but he also wants to leave a “strong and lasting footprint” in the region.
posted by ZUKUNASHI at 18:20| Comment(0) | 国際・政治

2019年09月24日

千葉県で1週間電気なし軒数が10万戸超

管理人は、9/9の朝、被災状況を調べました。近郊電車は止まることになっていました。電気は?

2019/9/9 午前9時現在、東京電力停電情報
「ただいまサービスを停止しております」

はあ、じゃあ大したことないんだね。

JNN/TBS9月9日(月)15時27分
東京電力の送電線鉄塔2基が倒壊
 東京電力によりますと、千葉県君津市長石の近くにある送電線の鉄塔2基が倒壊したということです。
 2基の高さは、それぞれ57メートルと45メートルで、倒壊は台風の影響とみられるということですが、東京電力が詳しい原因を調べています。午後1時半現在で千葉県では60万軒あまりが停電しています。

千葉県で60万戸停電


千葉県君津市長石


千葉県 2019/9/9 17:37
停電軒数:約609700軒

君津市にあるかずさ4号公園の近くです。送電塔から展望台(?)まで直線距離41m



※ M@sfamilyant40氏の2019/9/9のツイート
やっと成田に着いたけど
中のレストランは従業員が出勤出来ず閉店状態…で食事も出来ず
東関道は通行止め
下道は大渋滞で動かず
鹿嶋辺りは停電らしく
迎えに来てくれる人の車は
鉾田を出てから四時間たっても成田に着かず…
家の方はメロンやトマトの出荷を目前にしたハウスは潰されて全滅だそうな…





※ ちゃんなん@chan_nang氏の2019/9/9のツイート
FF外から失礼します。
それから更にタワマン側モリシアの階段降りて、すき家から駅バスターミナルまでいって、さらに折り返してまたタワマン側まで列が延びています。
距離にして1kmくらいでしょうか。

・・・これじゃ労働生産性低くなりますよね。台風の東京直撃はわかっていた。月曜の未明になることも。電車が止まることも見通せた。前夜から泊まり込むような欠かせない仕事ではない。家で仕事ができる人はこの中にはほとんどいない。これはサラリーマンのささやかな抵抗? お祭り?

スマホは使えるのに全然情報を見ていませんね。その程度の使い方なんでしょうね。勤め先に今駅の行列に並んでいますと報告する程度。何十年間変わらないこの光景。日本を象徴するかも。

原発事故で電車が止まっても、やはり放射性物質が降る中、こうやって屋外に並ぶんでしょうね。そして健康障害を招き寄せる。全く変わらないことになりそうです。

千葉県 2019/9/9 22:17
停電軒数:約589000軒

今晩も電気のない家が何十万戸も。

千葉県 2019/9/9 23:00
停電軒数:約588000軒

ご心配頂いてありがとうございます。お見舞いをいただいて、私のところも停電でもおかしくなかったと気づきました。

実は、私は、昨日(2019/9/8)は早くから台風警戒態勢を取ったために台風を待ちくたびれて夜中12時過ぎに寝てしまったのです。今朝7時過ぎに起きるまで、台風の気配には全く気づきませんでした。猫も騒ぎませんでした。2019/9/8は次のように記録しています。

管理人の家では、(2019/9/8)午後3時半現在、雨も降らず風もそれほど強くありません。台風接近まであと12時間ほどです。
暴風でも、例の排気塔が倒壊することはないでしょう。ただ、先端が切り取られていますので、その影響で内部のものが飛び出してこなければよいがと思っています。

管理人の自宅では、午後5時を過ぎて空に雲が広がっています。気温は少し下がっていますが、屋内窓際に置いた測定器でスパイクが立っており窓開けを見送っています。

(2019/9/9の)午前0時前に伊豆半島に上陸しそうですね。午前3時ころに横浜市、午前6時ころに守谷市、午前9時東海村、正午にはF1沖、その後は海上を進みそうですが、東京はフェーン現象が起きる? そりゃ暑くて困る。
 
こんな具合に予想を立てていたのです。見通せたのです。今回の台風被害は。

もし、私の家も停電だったら、朝洗面所に入って電気がつかないことに初めて気づき慌てたでしょう。換気扇も回りませんからタバコも一口か二口だけで終えたでしょう。

そして、コーヒーメーカーが使えないことに気づくでしょう。ガスコンロは使えるか? 電気が使えず着火できなければマッチでつければいいんですよね。(マッチはどこかにあります)

ヤカンに水を入れて火にかける。コーヒーは飲めますね。そして今日は何をやろうかと考えるでしょう。

まずは情報収集。デスクトップパソコンは使えませんから、まずはタブレットパソコンで私のブログを呼び出してリンク先を次々に調べることになりましょう。そして千葉県のほぼ全域にわたって停電のことに驚くでしょう。

これはいかん。タブレットでは間に合わない。バッテリーの付いたノートパソコンを引っ張り出して、これをモバイルルーターにつなげます。モバイルルーターの電池がなくなったらタブレットパソコン経由でのテザリングでネットに接続します。

これで3時間ほどはネットにつなげられます。タブレットパソコンは2台共にフル充電しておいておくようにしています。

そういう環境なら、もう停電被害の問題だけで今日の記事更新は終わりだったでしょう。ノートブックは画面が小さく目が疲れます。

実は、「ずくなしは生きております。残念でしたね。」と書き込むだけならアイフォンかタブレットパソコンが使えれば十分なのです。メール投稿という仕組みがあります。

そうこうしているうちに腹が減り、何か食べたくなる。そして冷蔵庫を開けて冷えていないことに気づく。

長時間の停電は困りますよね。冷蔵庫の中のもの捨てなければいけなくなってしまう。

私はケチなのでそういう場合は、生ものがあれば鍋で煮てしまいます。簡易コンロもあります。水が出れば簡単な調理は可能です。

ガス湯沸かし器はマッチでは火をつけられないからシャワーも水道水そのまま、冷房は使えないことになりますね。今晩も結構蒸し暑いです。

千葉県 2019/9/10 00:00
停電軒数:約586,700軒

この停電はちょっと容易でないですね。

千葉県 2019/9/10 9:00
停電軒数:約574,700軒


千葉県 2019/9/10 15:00
停電軒数:約551,600軒


千葉県 2019/9/10 21:40
停電軒数:約519,400軒


千葉県 2019/9/11 0:50
停電軒数:約506300軒

千葉県 2019/9/11 8:50
停電軒数:約454800軒


2019/9/11 9時現在で 2019/9/9午前6時から起算して51時間停電。
近所の商店など全部停電なんですよ。医院も。考えられますか?

大変な事態で個人の生活面への支障のほか、健康などにも影響が出ているはずですが伝えられませんね。

※ NHK2019年9月11日 8時14分
停電 東京電力「きょう中の全面復旧見通し立たず」作業に遅れ
東京電力は台風15号の影響による停電の状況について記者会見し、千葉県と神奈川県の停電がいぜん46万戸余りで続いていることから11日中の全面復旧の見通しが立っていないことを明らかにしました。

※ JNN/TBS 2019年9月11日(水)8時32分
千葉市、停電続き避難所を14か所増設
 台風15号の影響による停電が続いているため、千葉市は10日、避難所を14か所増設しました。
 これで千葉市内の避難所は合わせて39か所となりました。用意された避難所の多くは電気と水道が通常通りに使える公民館などで、10日夜、避難した住民は少なくとも300人以上に上るということです。

この記事は注目されます。電気が一帯に供給されているところに避難所は置きませんね。公民館などには、個別に電気を供給しているということでしょうか。今はブロックごとに遠隔操作で電気の入切ができるのです。計画停電の時、私の団地だけが電気供給が遅れたのです。周りの団地は電気がついているのに。

つまり、千葉県下では、電気の総供給量が足りないということです。倒壊した鉄塔の供給途絶分は、迂回ルートで確保できるとしていますが、どうもあやしい。産業優先もありそうです。

電柱が倒れたことによる停電もあるでしょうが、それによる障害戸数なんかたかが知れています。配電会社は言いませんが、かなり深刻な事態ということではないでしょうか。

千葉県 2019/9/11 12:00 (2019/9/9午前6時から54時間経過)
停電軒数:約440400軒

毎日新聞2019年9月11日 09時00分(最終更新 9月11日 12時27分)
千葉と神奈川の停電 11日中の全面復旧見通せず 市原などで断水 熱中症への警戒続く
台風15号の影響で千葉県を中心に大規模な停電が続いている問題で、東京電力パワーグリッドは11日午前、同日中に大部分は復旧するとしつつ、全面復旧は見通せていないことを明らかにした。同社によると、停電は千葉県と神奈川県で計約44万戸(いずれも正午現在)で、茨城、静岡両県内での停電は解消した。また、千葉県によると、市原市などの約2万戸で断水が続いており、自衛隊が給水車を各地に派遣するなどしている。

停電は千葉県で約44万400戸、神奈川県で約3800戸。東電は10日、11日朝には停電が約12万戸まで減るとの見通しを示していたが、11日朝に記者会見した東電パワーグリッドの金子禎則社長らによると、10日夜の雷雨で作業員が待避した時間ロス、送電線の新たな損傷箇所の発見などが当初の復旧想定より遅れている要因という。

 停電は、千葉県君津市で送電線を支える鉄塔2基が倒れたり、飛来物や倒木で配電線が損傷したりしたことが原因で、同社は他の電力会社からも応援を得て復旧作業を進めている。金子社長は「ご迷惑をかけた」と謝罪した上で「過去に例がない風速、気圧の規模の台風で、(送電設備が)進路と重なった」と指摘し、「今後どんな備えが必要か検証する」と述べた。

日本じゃ台風の進路には必ず送電設備がありますよ。千葉は台風が来ないと思っていた? なんでも想定外の条件のせいにしてしまう会社。



千葉県 2019/9/11 18:00 (2019/9/9午前6時から60時間経過)
停電軒数:約410600軒

落雷の影響でしょうか他県でも停電が増えています。
2019/9/11 18:00
全域
停電軒数:約433600軒
茨城県
停電軒数:約11000軒
栃木県
停電軒数:約1300軒
埼玉県
停電軒数:約6300軒
千葉県
停電軒数:約410600軒
東京都
停電軒数:約4300軒

房総は、雨が降れば電車が止まる、踏切事故でも電車が止まる。風が吹けば電気が止まる。工場の排煙で大気汚染、海岸には遺体。高校は停電でも構わず試験強行。

※ ゴボウの助@gobou5790氏の2019/9/10のツイート
幸い自分の家は停電を免れたのですが、クラスメイトの何人かの家が停電状態で、飲水にお風呂の水やトイレの水を確保するためにクラスメイトに呼びかけたりして何とか生活しています。
そんな中、自分の学校ではテスト期間中であるため、停電している人は電気もなくロウソクと朝日を使って勉強するのを余儀なくされている状況です。リアル蛍雪の功です。何時代でしょうか。
しかしそれどころじゃないというのに学校側はあくまでもいつも通りにテストを行っていで、電車も完全復旧していなかったため、遅れてきて追試を受ける人が多くいました。
学校側からしても予定の遅れはたまったもんじゃないことはもちろん理解していますがテストは公平な状況で行われるものじゃないのでしょうか?

千葉県 2019/9/11 23:00
停電軒数:約377800軒

千葉県 2019/9/12 9:00 (2019/9/9午前6時から75時間経過)
停電軒数:約336400軒

千葉県 2019/9/12 12:40
停電軒数:約330600軒

千葉県 2019/9/12 15:30
停電軒数:約316900軒

千葉県 2019/9/12 19:00
停電軒数:約294600軒


千葉県 2019/9/12 21:00
停電軒数:約284600軒

千葉県 2019/9/13 0:40
停電軒数:約228400軒

千葉県 2019/9/13 9:00
停電軒数:約198500軒(2019/9/9午前6時から99時間経過)
「表示されている地域以外において、一部停電している地域がございます。
停電によりご不便をおかけしていることをお詫び申し上げます。
引き続き停電解消に向け鋭意復旧に努めて参ります。」


千葉県 2019/9/13 13:30
停電軒数:約193600軒

千葉県 2019/9/13 16:00
停電軒数:約187100軒

千葉県 2019/9/13 18:20
停電軒数:約182900軒

千葉県 2019/9/13 22:00
停電軒数:約170700軒

※ 木野龍逸 (Ryuichi KINO)@kinoryuichi氏の2019/9/13のツイート
千葉県、なにがしたいんだ。必要な情報が何も出てないよ。
「生活関連情報」を見てみたら、東電PGやNHK千葉放送局のリンク、千葉テレビとベイFMのTwitterにガソリンスタンド情報だけ。役立たずとはこのこと。
県知事の責任は重大。
→千葉県防災ポータルサイト http://ow.ly/2FpP30pwB88

※ 木野龍逸 (Ryuichi KINO)@kinoryuichi氏の2019/9/13のツイート
災害救助法のこととか、申請方法とか、災対本部に入っている情報を提供するとか、やること山のようにあるのに。
ゼロなのは、驚いた。
このサイトにいくらカネかけてるんだろう。

※ Reinhard Uhrig@reinharduhrig氏の2019/9/13のツイート
TEPCO "overly optimistic outlook" failed again
Four days after Typhoon #Faxai, nearly 200,000 homes still without power in Chiba Prefecture
#TakeControlFromTEPCO #Fukushima Daiichi
http://japantimes.co.jp/news/2019/09/1

千葉県 2019/9/14 00:00
停電軒数:約164300軒
旭市
停電軒数:100軒未満
いすみ市
停電軒数:約400軒
市原市
停電軒数:約13900軒
大網白里市
停電軒数:約3100軒
大多喜町
停電軒数:約600軒
勝浦市
停電軒数:約1300軒
香取市
停電軒数:約4400軒
鴨川市
停電軒数:約11000軒
木更津市
停電軒数:約6400軒
君津市
停電軒数:約11100軒
鋸南町
停電軒数:約1000軒
九十九里町
停電軒数:約1000軒
神崎町
停電軒数:100軒未満
佐倉市
停電軒数:約4000軒
山武市
停電軒数:約8100軒
酒々井町
停電軒数:約200軒
芝山町
停電軒数:約2200軒
匝瑳市
停電軒数:約2700軒
袖ケ浦市
停電軒数:約5700軒
多古町
停電軒数:約4100軒
館山市
停電軒数:約13600軒
千葉市中央区
停電軒数:約1000軒
千葉市緑区
停電軒数:約7900軒
千葉市若葉区
停電軒数:約5900軒
長南町
停電軒数:約400軒
東金市
停電軒数:約4500軒
東庄町
停電軒数:約500軒
富里市
停電軒数:約3500軒
長柄町
停電軒数:約3600軒
成田市
停電軒数:約2500軒
富津市
停電軒数:約10000軒
南房総市
停電軒数:約17600軒
睦沢町
停電軒数:100軒未満
茂原市
停電軒数:約2900軒
八街市
停電軒数:約8100軒
横芝光町
停電軒数:約700軒



千葉県 2019/9/14 07:30
停電軒数:約150300軒

千葉県 2019/9/14 13:00
停電軒数:約147700軒

JNN/TBS 2019年9月14日(土)12時01分
台風直撃から6日目、3連休でボランティア本格化
 台風15号の直撃から6日目。14日から3連休に入り、被災地ではボランティアの活動が本格化しています。
 千葉県南房総市では、午前9時から災害ボランティアセンターが開設されました。
 「(自宅がある)千倉以外に大変な被害がたくさんあるから、がれきの撤去作業とかやりたいなと思ってます」(市内の中学1年生)
 「自分の所だけ回復したので、他に困ってるなら手伝わないといけないかなと。男なので、力仕事を積極的に受けていきたいです」(市内の高校2年生)
 南房総市では、停電だけでなく断水も続いています。ボランティアセンターでは、電話などで被災者からの要望を聞き取り、がれきの撤去やブルーシートを張るなどの作業をボランティア参加者に振り分けました。
 千葉県内では午前11時時点でおよそ15万軒が今も停電していて、東京電力は13日、「全域での復旧には2週間ほどかかる」という見通しを発表しています。
 「冠水や倒木によって交通網も遮断し、大変な不自由な状況をおかけして本当に申し訳ない思いです」(赤羽一嘉国交相)
 赤羽国交大臣は14日、千葉市長と面会し、被災状況などを確認しました。
 「一刻も早い市民生活を取り戻すために、国からの特段の支援をお願いしたいと具体的な例を含め要請した」(千葉市・熊谷俊人市長)
(14日11:38) JNN/TBS

千葉県 2019/9/14 17:00
停電軒数:約143900軒

千葉県 2019/9/14 19:17
停電軒数:約138900軒

千葉県 2019/9/14 21:00(2019/9/9午前6時から135時間経過)
停電軒数:約143800軒

千葉県 2019/9/15 09:15
停電軒数:約133800軒



千葉県 2019/9/15 19:15
停電軒数:約116500軒



関東の配電会社の言う復旧見込みには当初から信頼性に疑問を持っていました。それで随時停電戸数を記録してきましたが、9/11中とか、9/12日中に復旧見込みとかずいぶん楽観的な見通しを示してきました。こういう場合は、楽観的に過ぎる見込みに振り回される方も出てしまいますから、批判を恐れて楽観的に過ぎる見通しを出すのは避けるべきです。

まあ、あの会社にそれを望むのは無理かとも思いますが。

毎日新聞2019年9月15日 20時57分(最終更新 9月15日 23時11分)
停電復旧見込み27日ごろ」4市町が23市町に拡大 東電が3度修正
 台風15号の影響による千葉県の大規模停電で、東京電力パワーグリッドは14日深夜、新たな復旧見込みを発表した。復旧が今月27日までと最も時間を要するエリアがこれまでは県南部の4市町だったが、23市町に拡大した。多くの地域で住民生活への影響が長期化する恐れがある。台風通過から16日で1週間となるが、なお10万8700戸(15日午後10時現在)で停電が続いている。

2019/9/16に日付が変わり、千葉県で雨が降り出しました。市原市はボランティアに雨の中、屋根にブルーシートをかぶせる作業をやらせるつもりのようです。

千葉県 2019/9/16 10:30
停電軒数:約83300軒
房総半島南部は強い雨です。


千葉県 2019/9/16 20:30
停電軒数:約73300軒

千葉県 2019/9/17 9:30
停電軒数:約64400軒

千葉県 2019/9/18 10:00
停電軒数:約48900軒

千葉県 2019/9/19 13:00
停電軒数:約29900軒


千葉県 2019/9/20 20:00
停電軒数:約11500軒

日本では公益企業学説など完全に破綻しましたね。学説が前提とする企業の行動規範が全く架空のものだったのですから。

千葉県 2019/9/22 23:00
停電軒数:約3000軒


読売新聞オンライン2019年9/22(日) 20:47配信
復旧したはずなのに「隠れ停電」…千葉で相次ぐ
 台風15号の影響による千葉県の大規模停電は、23日で発生から2週間になる。停電が続いているのは約2300軒(22日午後10時現在)で、ピーク時(約64万1000軒)の1%以下になった。ただ、県内では停電が解消したとされる地区で電気がつかないケースが頻発。電柱から住宅に延びる引き込み線の損傷などが原因で、東京電力も詳細を把握しきれず対応に追われている。
 東電の発表で、19日に町全域で停電が解消したとされた多古町。町役場にはその後、「家の電気がまだつかない」とする町民からの問い合わせが20日までに43件寄せられた。
 電気は変電所や電柱に設置された変圧器で少しずつ電圧を下げながら、家庭に送られる。東電は台風の影響で損傷した高圧線の復旧を終え、通電したことを監視システムで確認すれば、その地区の停電が解消したと発表している。
 だが、低圧線や引き込み線には監視システムがないため、損傷や不具合で停電が続いていても、東電は確認することができない。「隠れ停電」とも呼ばれ、東電にも利用者からの問い合わせが相次いでいるという。
 東電は実態を把握するため、県内各自治体の災害対策本部に社員を派遣。千葉市では22日午前6時現在、98軒で停電が続いていることがわかった。一方、寄せられた情報をもとに復旧にあたっているが、「数が多く、作業が追いついていない」(東電)という。問い合わせはフリーダイヤル(0120・995・007)へ。

千葉県 2019/9/23 23:00
停電軒数:約1900軒

千葉県 2019/9/24 22:00
停電軒数:表示なし
posted by ZUKUNASHI at 22:14| Comment(13) | 福島原発事故

このグラフを描いているのはこんなシステムです


とても安定しています。
システム一式


つないで電源を入れればすぐ動きます。

携帯のデータ回線を使っていますが、Wifiは使っていません。
目下、管理人自宅でウォーミングアップ兼耐久テスト中。SIMを取り替えて出荷します。送り先は都心のWifi、LTE電波激戦区。

さて戦い続け、生き残ることができるか。ちょっと心配。経費約3万円。 ←管理人の手間をゼロと計算しています。お譲りするなら半年の保証付きで5万円が妥当でしょうか。維持費は格安SIMの料金と電気代だけ。

グラフをどうやって見るんだね?

そうそう忘れていました。サーバーにあげてネット経由で見ますから、海外出張中でも家族の被ばく回避に気を配ることもできます。

配偶者が自分で確認すればよい?

はあ、まあ、そういう場合はモニターをつなげばよいのです。ルーターはいりません。タブレットパソコン使用のシステムのほうが良いかも。



これなら電磁波影響の心配はありません。維持費は電気代だけ。このシステムなら勉強して2万円ですね。ただし、お売りするのは同報メール受信者だけです。

・・・・

2019/9/20は忙しかったです。昨晩、不調で画面が出ないとの緊急連絡、心肺停止になる前に交換のため昨日里帰りして即クリーンインストールを終えた機械を本日発送しました。

もう一台はかねて少し画面がおかしくなっている機械を交換しましたが、ちょっと不安定な面があります。付属関連機器が必要なのでそれを持参してチェックします。

今日、機械交換して持ち帰った機械は、クリーンインストールを始めましたが、途中で画面表示が消えてしまいました。下手に再起動できませんのでどうしたものか。

一番の難題は、新しいルーターに組み込むために送ってもらったSIMがどうもご臨終っぽいのです。落雷でブレーカーが落ちた時におそらく過大電流が流れた模様です。

何十台も集中管理しているゆえに次々と問題が起きます。機械でもこれですからね、人間の子供だったらとっても手に負えませんね。

クリーンインストールの機械は、途中から画面出力がなくなりましたが、5時間ほど経過して、機械本体の温度も下がってきたので作業は終わったはずと判断して強制電源オフ。クリーンインストールは終わっていました。シロウトの方は真似をしないでください。起動しなくなることがあります。

・・・・

預かったSIMの心肺停止を最終確認をするために自分のSIMも使って比較テストをしていたら、今度は自分のSIMまで心肺停止の模様。これまで使えていたモバイルルーターでも使えなくなりました。

1日置いてまたテスト。預かったものはやはりだめです。SIMを返送しました。そして、私のSIMに何とか息を吹き返してもらおうといろいろやりましたがダメ。あきらめて再発行手数料を聞くと3000円強の新規契約と同等の費用が掛かります。このSIMは高速回線も使えるのでメインの回線が止まった時のバックアップにと考えていましたが、維持費の安いSIMに替えることにしました。

これまでのロケモバのSIMをスマホから取り出して据え置き型ルーターに嵌めました。こちらはまだ生きています。これはもう固定します。

そしてもう一個格安SIMを買ってスマホに入れます。ロケットモバイルは新規契約手数料が2千円強で済むクーポンを発行しています。月末近くなったらクーポンを使って契約申し込み。

それにしてもSIMは頻繁にあちこちに差し替えたりするものではないようです。こんなに使いにくいものがよく生き残っていますね。

生き残りと言えば、相変わらず設置したシステムに不調が出ています。電磁波のノイズが多いところはまず確実に不調発生の要因になっているのですが、放射能の高いところも稼働が安定しない傾向が出てきました。

放射能測定システムが、放射能の高いところで不調になるというのはおかしいのですが、LTEルーター、スティックパソコン、有線LANアダプターも含めればいろいろ影響を受ける機器もあるのだろうと考えています。測定器を除いて残りを金属製の箱の中に入れる? 

関連機器は、できるだけ新鋭でない型式が古いものを使うことにしました。そのほうが故障が少ない感じがします。最新鋭チップ使用のものは敬遠です。

クーポンを使って申し込んだ格安SIMが到着、すぐにタブレットスマホに入れて、再起動でつながりました。前と同じ会社のものですから特にAPNの再設定は必要ありませんでした。

現在管理人の家ではパソコン、スマホが何台も稼働しています。

デスクの傍らで24時間連続稼働 4台 有線LAN接続
デスクの傍らで1日15時間稼働 1台 有線LAN接続
家の隅で24時間連続稼働 据え置き型ルーターにつないでLTE経由ネット接続 Wifiは停止している。
デスクの上にアイフォン 音声通話があるため24時間電源オン
時にタブレットスマホをデスクで稼働 有線LAN接続(外出時はLTE経由ネット接続 Wifiは停止している)

電磁波測定器で連続測定すると高周波はアイフォンの基地局との位置確認の際にピークが立つ。あと5分に一回据え置き型ルーターからグラフ送信の際に低いピークが立つ。

Wifiは使っていない。電磁波対策は、一応成功だ。
据え置き型のLTEルーターは、モバイル型よりも出力が大きいらしく安定するか。応用範囲が広い。
posted by ZUKUNASHI at 12:37| Comment(0) | 福島原発事故

JCPOAは本当に死にそうだ

イランの核合意を守るという欧州英仏独の表明は、具体的な成果を上げられずに時間だけが経過し、英仏独はイランにトランプと会談しろ、そうすれば経済制裁・妨害は解除されると詰め寄るというイランいじめに終わることとなりそうです。いじめられっ子の側に立つとしていたのに、いつの間にかいじめっ子の意向に沿って動き出すという信頼性ゼロの見世物を演じました。

こんなものと言えば、それはそうなのですが。特にひどいのは、英仏はサウジに武器を供給しており、戦争飯台の共犯だと批判する声が強いのに、イエメンが反撃に出たらイランが後ろに付いている、イランが悪いと言い出すというこの矛盾。
英国は没落の道を転がり落ちています。仏はもともと二面性の強い国。独は経済的な利益追求でロシアとも関係を保ちながら仏、米との摩擦の回避は避けるという現実主義。
筋を通しているのはロシアだけ。欧州、特に英国はそれが癪の種。
イラン問題、さらに複雑化してきました。

時事通信社2019年9月24日(火)7時39分
英仏独首脳「イランに責任」=サウジ石油施設攻撃で声明
 【ニューヨーク時事】ジョンソン英首相とマクロン仏大統領、メルケル独首相は23日、共同声明を発表し、サウジアラビアの石油関連施設への攻撃に関し「イランが責任を負うのは明白だ。他に妥当な説明はない」と主張した。また、対話に応じ、挑発行為は控えるようイランに求めた。
 声明は攻撃を「最も強い言葉」で非難し、イランに核合意を再び完全履行するよう促した。また「ミサイル計画などを含む地域の安全保障問題や核計画の長期的な枠組みに関する交渉をイランが受け入れる時が来た」と述べ、交渉に応じるよう呼び掛けた。

RT2019/9/24
Iran FM spokesman rejects UK’s blame for oil field attacks, slams British ‘war crimes’ in Yemen
The Iranian Foreign Ministry condemned British PM Boris Johnson for pinning a pair of recent attacks on Saudi oil facilities on Tehran, and slammed the UK government for its continued arms sales to the Saudi kingdom.

“Instead of making futile efforts against the Islamic Republic of Iran, the British government had better stop the sales of deadly weapons to Saudi Arabia... and clear itself of the charge of war crimes against the Yemeni people,” Foreign Ministry spokesman Abbas Mousavi said in a statement on Monday.

The missive came on the heels of a statement from PM Johnson, issued jointly with his German and French counterparts, pointing the finger at the Islamic Republic for the September 14 Saudi oil field attacks, arguing “there is no other plausible explanation.”

On Tuesday, the prime minister will have his first face-to-face meeting with Iranian President Hassan Rouhani since the attacks, a subject the two leaders are expected to discuss. UK-Iranian relations have deteriorated since July, when the British Royal Navy seized an Iranian tanker and Tehran responded in kind, prompting accusations of “piracy” on both sides.

While Yemen’s Houthi rebels took credit for the September 14 oil facility attacks – among over a dozen similar strikes inside the kingdom the group has claimed in the last year – the United States and Saudi Arabia wasted little time before declaring Iran was behind the blasts. Tehran has maintained its innocence, but the US nevertheless responded by deploying additional troops and other military assets to Saudi Arabia. US allies in Britain, France, and Germany were slower to respond, but appear to have now come around to the “blame Iran” bandwagon.

The attacks – which briefly cut Saudi oil output in half and sent the price for Brent crude soaring by nearly 20 percent – are not the first to be blamed on Iran in recent months. Over the summer, Washington also claimed the country was behind acts of “sabotage” on a number of tanker vessels operating around the Persian Gulf, and capitalized on those incidents to boost the US military presence in the region.
The Houthis have been at war with a coalition of states led by Saudi Arabia and the United Arab Emirates since March 2015, when the coalition launched a bombing campaign to reinstall Yemeni President Mansour Hadi, who was ousted from power by the rebel Houthis the year prior. The coalition – which receives support from the US and the UK – insists the rebels are backed by Iran, though have yet to offer substantial evidence to back up the allegation.
posted by ZUKUNASHI at 11:53| Comment(0) | 国際・政治