ずくなしの冷や水

2019年08月20日

Mercedes caught ‘spying on drivers with secret tracking devices’

格安SIMを使えば、月数百円でデータ通信ができます。GPSと携帯電波利用の発信機(簡単なスマホです)があればこんなことは簡単にできます。マグネットでその人に知られずに車に付ける人もいるらしい。警察がやれば違法捜査です。

RT2019/8/20
Mercedes caught ‘spying on drivers with secret tracking devices’
Mercedes-Benz has found itself at the center of an apparently illegal spying operation, following reports that it installed tracking devices on thousands of vehicles and shared customer location data with third parties.

According to the Sun, Mercedes-Benz fitted secret sensors to all new and used vehicles sold through its official dealers from as far back as 2018.

These sensors can pinpoint a vehicle’s location and the data is then transmitted to a central location. Both the driver and car information can then be passed to bailiffs who can then seize and repossess the vehicle from indebted drivers at will.

The company sold more than 170,000 new cars in Britain this year, roughly 80 percent of which are reportedly sold on finance plans.

The sensors are separate and operate independently from both the anti-theft tracking devices and the optional extra ‘Mercedes Me’ service.

Mercedes has yet to officially confirm how long it has been engaged in the practice, but reportedly claims the trackers are only activated in “extreme circumstances” in which drivers have defaulted on payments and failed to contact the company in a timely fashion.

Tracking a vehicle without its driver's knowledge or consent is illegal under EU data protection laws. However, many customers apparently unwittingly give their permission by not thoroughly reading the lengthy terms and conditions. Mercedes claims that the clause about “location sensors” can be found right above where a customer signs their finance contract.

Liberty (originally the National Council for Civil Liberties), an organization which fights mass surveillance and abuse of power, described the “creeping growth of surveillance in the private sector” as “particularly disturbing.”

RT has contacted Mercedes for comment.
posted by ZUKUNASHI at 23:30| Comment(0) | 国際・政治

インド・パキスタンは核兵器を隣国に打ち込む愚を分かっていないのか

カシミールをめぐるインド・パキスタンの対立が緊迫化しているようだ。

だが、相互に相手国に核爆弾を打ち込んだときの惨禍を冷静に評価してほしい。爆発地点の一次的な被害だけでなく、大気中に放出された放射性物質が相手国にも自国にも長い年月にわたって被害を与える。

チェルブイリや福島の経験に学ぶべきだ。

核が抑止力となるのは、地理的に離れた国同士でのこと。隣国に核爆弾を打ち込むのは自殺行為だ。

スリランカの紅茶やパイナップルから放射能が検出されている。インド産の農産物に汚染があることは自明。国民にすでに被ばく蓄積があるだろう。

核爆弾が使われれば、東南アジア一帯に汚染が及ぶ。福島第一原発事故ではフィリッピンに汚染が生じた。

インド・パキスタンに周辺国から自制を求める声が上がっていないのは、実際に核爆弾が使われることはないだろうとの読みなのだろうが、大きく影響を受けるであろう中国は動けないのか。
posted by ZUKUNASHI at 09:44| Comment(1) | 福島原発事故

電磁波で害虫駆除は可能か

電磁波で植物の芽が出ないとかの実験例がある。
管理人はデスクのわきに置いたWifi発信機で目が不調になった。
精密機器もおかしくなった。

ならば、害虫を追い払うのに使えないだろうか。
手元にあるのはホテル用Wifi発信機が二つ。スティックパソコンも弱いがWifi電波を出す。ファーウエイのスマホのWifi電波が強そうだ。

ホテル用Wifi発信機とスマホを組み合わせてWifi電波を濃密に飛ばしたらどうだろう。きっと効果があるはず。

だが自分が家にいるときは、やりたくない。外出時に?
近所の家に影響は? 近所の家からはWifi電波が飛んできているからお互い様。

Wifi電波発生システムを作って今度試してみよう。電磁波測定器もある。

台所などの電気製品が壊れるだろうか。ちょっと心配だが。

携帯の電波のほうが格段に強いが、こちらは通信量に制限がある。効果が出るまで順次強める作戦か。胎児に発達障害が出るくらいなら害虫にも絶対影響が出るはず。

※ エリック C@x__ok氏の2019/8/19のツイート
私の家にゴキブリなど出ないというのが、ずっと自分にとってのささやかな自慢でしたが、ここ何回この東京の家に大きいのが出没。衛生上問題がありそうだから、やっつけなければならないが何をやっても死なない。なんでマイナス何十°Cとか言うスプレーが日本で最近売られているのかわかった瞬間だった。

・・・引用終わり・・・

何年か前に隣人が替わってからゴキブリが現れるようになった。
殺虫剤は噴霧先に制約がある。液体窒素なら食器にかかっても心配ない。
posted by ZUKUNASHI at 09:28| Comment(0) | 電磁波問題