ずくなしの冷や水

2019年08月12日

Huawei to re-organize within three to five years

SPUTNIK2019/8/12
Huawei Mulls Building 'Invincible Iron Army' to Fight US Sanctions Amid Trade War – Reports
The announcement comes after Huawei was hit by a wave of US sanctions and tariffs, with Qualcomm, Intel, Broadcom and others denying access to key components for its smartphones and Matebook computers.

According to Bloomberg, citing an unconfirmed memo, Huawei founder and CEO Ren Zhengfei said that the company needs to create an "invincible iron army" capable of weathering the US trade war on China and planned to implement changes over the next three to five years.

The Chinese telecoms giant also planned to restructure its operations after the Trump administration imposed sanctions on the Chinese telecoms giant, with the company facing a “painful long march”, Bloomberg reported on Monday.

Mr Ren's 'Long March' refers to the Chinese People's Liberation Army's tactical retreat from the nationalist Guomintang, eventually leading to the latter's defeat and the rise of Mao Zedong to power.

Google also temporarily halted Android updates for Huawei phones and Microsoft pulled Huawei products from its store before reversing the decision as US companies waited for US officials to provide licences allowing transactions with Beijing.

“We have to complete an overhaul in harsh and difficult conditions, creating an invincible iron army that can help us achieve victory,” Ren Zhengfei said in the memo dated 2 August. “We absolutely have to complete this re-organization within three to five years.”

“Two bullets fired at our consumer business group unfortunately hit the oil tanks,” Mr Ren reportedly wrote.

Mr Ren later spoke about Huawei’s edge over US telecoms technologies, stating that Huawei’s meteoric rise prompted Washington to attack the company and limit emerging markets from accessing the company’s next-generation products.

“The U.S. doesn’t use the most advanced 5G technology,” Ren wrote. “That may leave it lagging behind in the artificial intelligence sector.”

The news comes as Huawei launched plans for a research and development centre in Shanghai’s Qingpu district, SCMP reported on 7 August, where the company will invest 10bn yuan (£1.2bn) and house 30,000 to 40,000 workers to help the tech multinational make its own components for its consumer products as well as IT and Internet of Things devices to reduce dependency on US tech firms.

Huawei also unveiled its Harmony operating system on Friday, an open-source OS which aims to replace Android if Google refuses to provide updates for Huawei devices. Following the announcement, US officials halted issuing licences to Huawei on Saturday, as promised by US president Donald Trump in June, after Beijing refused to buy US agricultural goods, with the former slapping 10 percent tariffs on $300bn in Chinese goods and stating it would not conduct business with the latter unless a new US-China trade deal was reached.
posted by ZUKUNASHI at 22:45| Comment(0) | デジタル・インターネット

イランのミサイルがイスラエルに落ちる日はあるか

イランは、米国主導の有志連合を米、英、イスラエルだけに封じ込めることにほぼ成功した模様です。カナダ、豪州、フランスの動きが確認できませんが、ドイツが不参加を明確に表明していますからフランスの参加は困難でしょう。

サウジの名前が出てきません。イランはサウジの軍事力は米国が握っているとみている? あるいはイスラエルの属国だと?
ここに来てイランとイスラエルの威嚇のやり取りが激化しています。

イスラエルの動き次第によっては、全面衝突の恐れがあるとの見方が有力です。イスラエルは有志連合には情報収集で参加するとしています。艦船か航空機か手段がわかりませんが、航空機を使うのはカタールか、サウジか、UAEの便宜供与が必要です。となると艦船でしょうか。

イランはイスラエルが国際法違反行為を犯さないか、鷹の目で探すこととなり、何かあれば撃墜を含む軍事的措置を発動するでしょう。そしてイスラエルがどう反応するかにその後の展開はかかってくることとなります。

イスラエルに米国や英国が付いているといっても、湾岸地域はイスラム圏。戦争が拡大したらイスラエルには四方八方から弾が、ミサイルが飛んでくることになりましょう。それを考えれば、イスラエルもイランの言う余命30分のリスクを考えなければならないでしょう。

イスラエルの行動は、ロシア機の陰に隠れてシリアを攻撃したり、汚い手を使います。イスラエルのそういう「知恵」が軍事衝突の引き金を引くことはありうるとみています。

SPUTNIK2019/8/12
'We're Here to Deter Iran, But Ready to Strike if Ordered' - US Military on Aircraft Carrier in Gulf
The United States deployed the USS Abraham Lincoln aircraft carrier strike group and a bomber task force to the Persian Gulf in May, in what National Security Adviser John Bolton described as a "clear and unmistakable" message to Iran that any attack on American interests or those of its allies would be met with "unrelenting force".

US officers on the USS Abraham Lincoln aircraft carrier, deployed at an American naval base in Bahrain along with some smaller vessels, claimed in an interview with Sky News that their mission is to deter Iran from striking US targets, but added that they were also ready to launch offensive strikes if ordered.

"A large part of deterrence is the readiness that backs that deterrence up. We are ready to defend the US and the US interests if called upon... My job is to be here, to be ready, to deter and to defend if required", Rear Admiral Michael Boyle, commander of Carrier Strike Group 12, said.

The USS Abraham Lincoln was sent to the Middle East in May due to what Washington claimed was a "number of troubling and escalatory indications and warnings" from Iran. Despite the highly publicised deployment, the aircraft carrier has not passed through the Strait of Hormuz, a strategic waterway linking Mideast crude producers to crucial world markets.

"For our mission here, which is deterrence, we are in the place we need to be. The people in the know in Iran know that we are more of a deterrent here than we are in the Arabian Gulf because from this position we can reach them and they can't reach us. In a boxer's analogy we have got overreach from the spot where we are right now", Boyle added.

According to Sky News, aircraft on the carrier were supposed to strike several Iranian targets in June when Tehran brought down a US spy drone, which it claimed had violated its airspace and ignored multiple warnings to leave the area. At the time, President Donald Trump called off the retaliatory strikes just 10 minutes before it was set to be launched, explaining that the death of an estimated 150 Iranians was disproportionate to the loss of an unmanned aerial vehicle.

The drone incident was one of the many episodes contributing to the spike in US-Iran tensions: Washington has as well accused Tehran of being behind "sabotage attacks" on oil tankers off the UAE coast in mid-May and in the Gulf of Oman in early June, while Iran denied the allegations and urged the US to cease "warmongering" and "false flag" ops.

As a result, the United States has proposed to form an international maritime coaliton and invited several European countries, including Germany, France, and the UK, along with other nations, such as Japan, South Korea, and Australia, to join. While some of them have expressed unwillingness to take part in the initiative, the UK has signed up for the mission.



SPUTNIK2019/8/12
Iranian Foreign Minister: US, Allies Turning Gulf Region Into 'Matchbox Ready to Ignite'
The comments by Iranian Foreign Minister Mohammad Javad Zarif stem from a United States' plan to build an international maritime coalition to patrol the Persian Gulf against a professed threat from Tehran.

Iranian Foreign Minister Mohammad Javad Zarif has accused the United States and its allies of turning the Persian Gulf region into a "matchbox ready to ignite", according to Reuters, citing the diplomat's interview with Al Jazeera television.

The Gulf waterway "is narrow, it will become less safe as foreign (navy) vessels increase their presence in it", the Qatar-based TV channel cited him as saying.

"The region has become a matchbox ready to ignite because America and its allies are flooding it with weapons", Zarif said.

Iran's top diplomat, who has recently been sanctioned by the US, previoulsy said that Washington had failed to create an allied naval mission because "countries that are its friends are too ashamed of being in a coalition with them".

His interview follows a similar remark by Iran's Islamic Revolutionary Guard Corps (IRGC) Navy Commander Rear Admiral Alireza Tangsiri, who insisted that the security of the Persian Gulf and the Strait of Hormuz was the elite unit's responsibility, and that they did not need the presence of foreigners in the region.

Tangsiri has, likewise, addressed Israel's reported intention to join a US-proposed naval initiative in the Gulf to ensure security of navigation routes there, saying that it would result in war and confrontation in the region.

Meanwhile, IRGC Commander-in-Chief Maj. Gen. Hossein Salami has dismissed the US-led anti-Iran mission as the "coalition of demons", warning that Israel's potential involvement would jeopardise the Jewish state's very existence.

The United States has proposed to set up an international maritime coalition, dubbed Operation Sentinel, to police the Persian Gulf and nearby straits in the aftermath of several "sabotage attacks" on oil tankers there that were immediately blamed on Tehran despite its consistent denials.

Washington has already invited a number of European states, as well as Japan, Australia, and South Korea, among other nations, to join its mission, which it claims is aimed at securing navigation routes for vessels.

Already existing tensions in the Gulf were further exacerbated in May when four oil tankers − two Saudi, one Norwegian, and one Emirati − were allegedly attacked near the UAE port of Fujairah. The following month, two other vessels − Japanese and Norwegian − were targeted in a similar incident in the Gulf of Oman, near the Strait of Hormuz.

In July, the IRGC seized a UK-flagged oil tanker, Stena Impero, in the Strait of Hormuz over alleged violations of martime rules. The vessel's detention came a few weeks after Gibraltar's authorities seized an Iranian supertanker with the assistance of UK Royal Marines, accusing it of delivering oil to Syria in violation of EU sanctions. Tehran, which denied the allegations, later stressed that the Stena Impero seizure was not a retaliatory move.

RT2019/8/12
Israel may ‘spark a war’ if it joins US-led flotilla in the Persian Gulf, Iran’s navy chief warns
Tehran has advised Israel to stay clear of the Persian Gulf, where the US has been struggling to amass an anti-Iran armada, noting that every vessel illegally present in the region increases the risk of an all-out conflict.

“Any illegitimate presence by the Zionists in the waters of the Persian Gulf could spark a war,” commander of the Iranian Revolutionary Guard’s Navy, Alireza Tangsiri, warned Sunday.

Israel reportedly volunteered to provide intelligence and assistance to the US-led coalition against Iran, as the pressure in the Persian Gulf mounts, after a series of mysterious tanker attacks and reciprocal vessel seizures by Iran and the UK. Israel warned last month that it is ready to strike Iran in the case of any “mistaken calculations,” piling on the pressure after an Iran said a US attack would mean “only half an hour will remain of Israel’s lifespan.”

The Islamic Republic has vowed to protect its sovereignty in the Strait of Hormuz and beyond, accusing the US of trying to enforce its unilateral oil sanctions though military pressure after failing to do it via political extortion. Washington insists its intentions are peaceful and that it is rallying foreign warships to the region with the noble goal of protecting shipping lanes and vessels from Tehran.

So far, the US has had trouble drumming up support for its “maritime policing” initiative in, as among European countries, only the UK has been eager to send two of its vessels into the midst of the tensions.
posted by ZUKUNASHI at 20:18| Comment(0) | 国際・政治

日本の大学にも刺激に満ちた教員はいると思いますが

※ 見城 太郎−Ultraman No.6@t_ken_jo氏の午後4:15 ・ 2019年8月12日のツイート
@trappedsoldierさん
あなたのイスラム圏への意見は参考になることがあったので、今までフォローしてたのですが、あまりにも中国寄りで不平等なご意見なので外させていただきました。1940年以降の中国のチベット・ウイグル問題についてのご意見もお聞きしたいですね。

※ mko@trappedsoldier氏の午後4:19・ 2019年8月12日のツイート
基本的人権が侵害されれば抗議すると言うので、世界で最も人権が侵害されているイエメンを挙げたら、何それ? イスラム圏への意見? 米国がターゲットを指示するサウジ機は、市民が集まる市場や病院、学校、とくに子どもを狙って空爆。こんなひどい人権侵害に声を挙げない? ご都合主義の人権?

※ 見城 太郎−Ultraman No.6@t_ken_jo氏の午後4:26 ・ 2019年8月12日のツイート
返信先: @trappedsoldierさん
あなたの意見は一方的すぎて、米国憎しに偏りすぎている。フーシ派の問題は、私も勉強不足だから、他の方からも意見を頂こうと思っている。あなたの誰それに味方した意見だけでは、判断できませんね。
ところでどうしてチベットウイグル問題をスルーされてるんですか?

※ mko@trappedsoldier氏の午後4:30 ・ 2019年8月12日のツイート
イエメン戦争はサウジの戦争ではありません。アメリカの戦争です。オバマが「チェンジ」を掲げて大統領に就任した直後にイエメンを空爆。米国は「アルカイダ」と発表したが、実は女性や子どもを大勢積んだバン。オバマはこの大量殺戮を内密にし、真実を暴いた現地ジャーナリストを逮捕させた!

※ 見城 太郎−Ultraman No.6@t_ken_jo氏の午後4:45 ・ 2019年8月12日のツイート
米国が絶対正義などとは私も思っていないが、宗教的理解の不足から対立が起きている。米国の不足が補われる時代が来ると思っている。
しかし、唯物論国家の中国の覇権は、明らかに宗教的信条を守ろうというものとは性質が違う。
中国からなぜか米国に論点を誘導されたので、もとに議論にもどりたい。

※ mko@trappedsoldier氏の午後4:51 ・ 2019年8月12日のツイート
米国がペルシャ湾有志連合を結成しょうとしているのは宗教的理解の不足から? 本気でそう思っている? イランの石油輸出をゼロにすると、トランプもポンペオも公言しているのに? ペルシャ湾を占領し、イランを兵糧攻めにし、体制変革し、テロリストMEKの政権を実現しようとしているのに?

※ mko@trappedsoldier氏の2午後6:27 ・ 2019年8月12日のツイート
何また無知をさらして。香港を支配していた英国が1997年に、返還した先は誰? 中国に返還したんだよね。以来、中国本土も香港も同じ中国! 政府が地方に口を出すことと、米国CIAが香港に介入し若者を組織して暴動を起こしていることとは一緒に論じられない。あんまりバカなことを言うと恥かくよ

※ 見城 太郎−Ultraman No.6@t_ken_jo氏の午後6:42 ・ 2019年8月12日のツイート
この人は、中国の統治下では何をやっても中国が正しいのだというご意見のようだ。これが日本に置き換わったら、私なんか即、中国本土に強制送還されるでしょうね。
私は香港を応援します。

※ mko@trappedsoldier氏の午後6:53 ・ 2019年8月12日のツイート
主権と領土保全は尊重されなければならない。これも大事な国際法の原則。中国の国境は確定している。これを無視して介入し、暴力的に変更しようとすることは許されない。中国が主権侵害だと抗議するのは当然。米国はシリアでも領土を分割しようとしている。各国は主権尊重と領土保全を掲げ、これを批判

※ 見城 太郎−Ultraman No.6@t_ken_jo氏の午後7:02 ・ 2019年8月12日のツイート
国際法を盾にしてますけど、いつのまにか強者の強権を優先にしている。居直り強盗の理屈ですよね。

※ mko@trappedsoldier氏の2019/8/12のツイート
国際法を盾にして何が悪い? 二度と世界戦争を起こさないように国連が結成され、国連憲章もねられている。主権尊重と領土保全、内政不干渉の原則は、すべての国に適用される。強者を優先するのでなく、強者の間違いを阻んでいるのです。

・・・引用終わり・・・

mko@trappedsoldier氏は、管理人の見るところ大学の歴史学か政治学の教員レベル以上の知識、識見がありますね。こんな方がおられるのなら、その学科で学ぶのも意味ありと思います。

一般の方が相手でもポイントを的確に述べておられると思う。ここまで親切に対応するのは、容易でないはずだが。

残念ながら同氏についてはそれ以上のことは知らないので、お尋ねを受けてもお答えできませんが。海外におられて日本語で発信しておられるのならそれはそれでさらに面白い。
posted by ZUKUNASHI at 19:38| Comment(0) | 社会・経済

ヒロポンはメタンフェタミン シリアでもイラクでも使われた

シリア内戦の情報を追っている時、メタンフェタミン、アンフェタミンなどの覚せい剤の名前がよく出てきました。どこかで密造されているようでしたが、メタンフェタミンは日本で開発されたものだったんですね。

※ sivad@sivad氏の2019/8/11のツイート
返信先: @KndTsukasa さん、 @CordwainersCatさん
>日本では、神風特攻隊の隊員が自爆作戦の前にヒロポンと名付けられたメタンフェタミンを大量に与えられました。

薬物のない世界のための財団
神風特攻隊員は、自爆という特別任務を果たす前に、お茶の粉末にメタンフェタミンを混入して固めたものを与えられました。

覚せい剤は新しい薬物ではありませんが、製造技術の進歩によって、近年さらに強力になってきています。

アンフェタミンは1887年にドイツで初めて製造され、さらに強力で製造が容易なメタンフェタミンは、1919年に日本で開発されました。その結晶状の粉末は水溶性で、注射での使用に最適でした。

メタンフェタミンは、第二次世界大戦中に広範囲に用いられるようになり、連合国側、同盟国側において自軍の兵士たちを常に覚醒させておく目的で使用されました。日本では、神風特攻隊の隊員が自爆作戦の前にヒロポンと名付けられたメタンフェタミンを大量に与えられました。戦後になって軍用の供給品が一般の市民に出回り、注射によるメタンフェタミンの乱用は伝染病のような勢いで広まりました。

1950年代にはメタンフェタミンは簡単に入手できるようになったため、大学生やタクシー、トラックの運転手など、夜更かしをする人々に興奮剤として使用され、覚せい剤乱用は一気に広まりました。「注射1本、錠剤1錠」ですぐに元気になり勇気が湧くとうたわれたこの薬物は、戦後の敗戦による精神的混乱の最中にあった日本においてますます広がりを見せ、1954年のピーク時には、検挙者数は約5万6千人にも達しました。(第1次覚せい剤乱用期)

その後覚せい剤乱用は日本で大きな社会問題となり、1954年と1955年に取り締まりの強化を目的に、覚せい剤取締法の改正が行われました。

・・・引用終わり・・・

メタンフェタミン、アンフェタミン関連記事

2017年05月18日
「フェンタニルパッチ」の鎮痛作用はモルヒネの200倍の強さ

2017年04月29日
韓国に1150万ドル相当のメタンフェタミンを密輸米軍兵士が懲役を免れる

2016年08月22日
戦場のむごさを見る  子ども・青年に自爆テロ強要は東西を問わない

2016年04月28日
マケインの資金調達担当者逮捕される

2015年12月19日
薬物に警戒を 世界的に薬物の使用、流通が問題になってきている
ISISはその戦闘員を暴力と野蛮の最高潮に到達させるためにCaptagon(アンフェタミンのブランド名)錠剤を製造しています。

2015/10/26、サウジの王子がベイルートでCaptagon2トンとコカインを自家用飛行機に積み込もうとしたところをレバノン当局に摘発されています。

2015年11月23日
シリア情勢 28 ISIS特需で潤う
posted by ZUKUNASHI at 17:43| Comment(0) | 社会・経済

ブルブルブル 千葉は自殺名所になっている? 成田では毎月一人遺体発見

2017/3 千葉県松戸市リンちゃん殺害事件。

2018/9〜10
産経2019.2.28 18:24社会事件・疑惑
千葉切断遺体、死因は「窒息死」 長男を殺人罪で追起訴
 千葉県の九十九里浜一帯で昨年9〜10月、同県八街(やちまた)市の山田容子さん=当時(75)=の切断された遺体が相次いで見つかった事件で、千葉地検は28日、長男の基裕(もとひろ)被告(38)=死体損壊・遺棄罪で起訴=を殺人罪で追起訴した。地検は認否を明らかにしていない。
 起訴状によると、昨年9月25〜27日、自宅で同居する山田さんの首を圧迫し、殺害したとしている。これまで山田さんの死因は不明とされていたが、捜査の結果、窒息死と判断した。

時事通信社2019年3月14日(木)21時03分
遺棄容疑で長男逮捕=資材置き場の白骨遺体−千葉県警
 千葉県白井市の資材置き場で1月、白骨化した遺体が見つかった事件で、県警捜査1課などは遺体の身元を同県柏市戸張、長谷川嘉久さん(1947年生まれ)と特定し、死体遺棄容疑で14日、長男の自営業、敬悦容疑者(47)=住所不定=を逮捕した。容疑を認めているという。
 逮捕容疑は、嘉久さんの遺体をブルーシートで包み、当時住んでいた柏市内の民家の床下に埋め、2017年ごろ立ち去り遺棄した疑い。

この報道では、遺体を柏から白井に移動させたのが誰かわからない。

2019/2/26、千葉県山武市スーパーアクション殺人事件
山武市ですが、八街市役所に近い。
この事件、ちょっと興味があります。もと製材所の工場だったところで70歳くらいの爺さんが体を縛られ、顔にガムテープを貼られて死んでいたというものです。

この件について調べた人は、SM関連ではないかと書いている人がいます。体を紐で縛られていた、畑の中で隣は事務所の人気のない犯行場所、声を出しても聞こえません。スーパーアクションという工場の名前がいかにも思わせぶりです。

でも、警察の発表や発見者の供述からすれば違いますね。
・山武市埴谷における男性殺人事件の発生及び捜査本部の設置(山武警察署捜査本部)
 男性(71)が日時場所等不明なるも、何れかの手段方法により殺害される事件が発生。同男性は、2月25日午後10時39分頃、山武市埴谷の工場内で発見。2月26日午後3時、山武警察署に捜査本部を設置
・・・殺害日時場所等不明なんだそうです。この件の続報がまだありません。

2019/3/3 3月3日午前9時44分頃、八千代市大和田新田の倉庫に放火し、同倉庫を焼損させた派遣社員の男(29)を逮捕
この火災、大きな黒い煙が上がりました。職場での恨みつらみが積み重なっていたんですね。

2019/3/10、千葉・匝瑳市の海岸に全裸の男性遺体
山武市よりも北。
テレ朝NEWS2019/3/10
匝瑳市にある堀川浜で10日午前6時ごろ、海岸を散歩していた女性から「人が砂浜に倒れている」と119番通報がありました。駆け付けた救急隊と警察官が、衣服を何も身に着けていない状態で仰向けに倒れて死亡している男性を発見しました。警察によりますと、男性に目立った外傷はなく死後、あまり時間が経っていないとみられます。男性は、年齢は20代から30代くらいで身長約175センチ、黒髪の短髪だということです。

・・・この件は少し詳しく検討しましたが、続報がまだありません。捜査難航必至ですね。

子供の虐待死もあります。野田市。

あちこちの用水路や池などで遺体が見つかっています。3/13は野田市で道路でも遺体。

2019年3月14日10:43 JNN/TBS
13日午前7時半ごろ、千葉県野田市の交差点で信号待ちをしていた70代の男女3人が歩道に乗り上げた乗用車にはねられ死亡し、車を運転していた会社員・金子龍司容疑者(42)が過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕されました。
 その後の捜査関係者への取材で、金子容疑者は「事故を起こす直前に意識を失った」という趣旨の供述をしていることが新たに分かりました。
 警察は容疑を過失運転致死に切り替え、事故の経緯を調べています。



最近嫌な事件が目につきましたが、どうも増えている感じ? 千葉県警の事件簿ファイルで調べてみました。

河川や池や山で続々遺体発見
2018年11月11日午後7時26分頃、柏市大井の手賀沼で、浮いている年齢等不詳の女性の死体を発見
死者は、身長約150センチメートル、頭髪白髪まじり、上衣エンジ色長袖ブラウス、下衣青色長ズボン、靴下着用

2019年1月31日午後2時28分頃、流山市思井の山林内で、散歩をしていた近隣居住の男性が白骨死体を発見。死体は、上衣紺色ジャンパー様の物、白色トレーナー様の物、下衣黒色ズボン、茶色皮ベルト、黒色靴下、黒色靴着用
流山市思井は、こんなところです。


2019年2月5日午後零時10分頃、成田市小菅の山林内で、通行人の男性が白骨死体を発見。死者は、年齢性別等不明、付近に青色っぽいダウンジャケット、色不明の靴、青色っぽい手提げカバン

2019年2月5日午後2時50分頃、富津市金谷の鋸山で、登山に訪れた男性らが死体を発見。死者は、年齢性別等不明、上衣黒色長袖ジャンパー着用

2019年2月27日午後3時40分頃、匝瑳市堀川の海岸砂浜で、海岸を散策中の男性が年齢性別等不詳の白骨死体の一部(下顎骨)を発見

2019年3月5日午前10時30分頃、流山市大字桐ケ谷の用水路内で、散歩中の女性が年齢等不詳の男性の死体を発見
 死者は、上衣黒色っぽいジャンパー様の物、色不明のパーカー、下衣色不明のズボン、ベルト、靴下着用、白色っぽいスニーカー

2019年3月6日午前9時56分頃、成田市成田で、池の中に浮いている年齢性別不詳者を発見

2019年3月15日午後5時50分頃、千葉市中央区港町の河川内に、死体が浮いているのを通行人の男性が発見

身元不明死体(白骨)の発見(成田警察署)
 4月16日午前11時頃、成田市前林の雑木林内で、埋め立て造成の作業員が年齢性別等不詳の死体を発見

朝日新聞デジタル2019年5月3日 19時31分
知人男性の遺体を遺棄の疑い、男2人逮捕 千葉県警
遺体が見つかった現場の周辺。2日から警察官が捜索していた=2019年5月2日午後9時40分、千葉県東金市松之郷、武田遼撮影(画像の一部を加工しています)
 男性の遺体を捨てたとして、千葉県警は3日、千葉県内に住む60代の男2人を死体遺棄容疑で逮捕した。
 捜査関係者への取材でわかった。このうち1人が2日、千葉市内の交番を訪れ、「今年1月に知人の遺体の処理に困り、(千葉県)東金市内に埋めた」と話したという。県警が東金市内を検索し、3日、成人とみられる遺体が見つかった。県警は死因や身元を調べる。
 捜査関係者によると、遺体は東金市松之郷の雑木林内の深さ数十センチの土中に埋められ、衣服や靴を身に付けていた。逮捕された男の説明によると、埋められたのは70代後半の男性という。「車で他県に連れていこうとしたら死んでしまった」といった趣旨の説明をしているという。県警は司法解剖やDNA型鑑定をして死因や身元の特定を進める。
 遺体が見つかった現場はJR東金線東金駅から北に約2キロの県道沿い。夜間の人通りは少ないという。
2019年05月04日
悪人になり切れなければ そんなことしなければいいのに

・身元不明白骨死体の発見(館山警察署)
 5月25日午前10時22分頃、南房総市和田町白渚の海岸で、散歩中の男性が死者を発見
 ※情報をお持ちの方は、メール又は館山警察署(0470-23-0110)まで
・・・なんで散歩の人が通るような場所に白骨死体?

・身元不明白骨死体の発見(香取警察署)
 5月26日午前4時40分頃、香取市佐原の利根川河川敷で、釣りに訪れた男性が白骨死体を発見

・身元不明死体の発見(茂原警察署)
 6月7日午後3時11分頃、茂原市千町の河川内で、男性の死体を発見
 特徴は、年齢等不詳の男性、身長160センチメートルくらい、上衣紺色トレーナー、下衣ベージュ色作業ズボン、白色スニーカー

・人倒れの発見(市川警察署)
 6月19日午後3時3分頃、工事を行っていた業者が、市川警察署2階屋根上に男性(30歳代くらい)が倒れているのを発見。同男性は、搬送先の病院で死亡確認

産経2019.6.19 22:03社会事件・疑惑
警察署の屋根に男性遺体 千葉県警市川署
 19日午後3時ごろ、千葉県警市川署(同県市川市鬼高)の本庁舎の2階屋根部分に、30代くらいの男性が意識がない状態で倒れているのを、同署を工事している業者が発見した。男性は搬送先の病院で死亡が確認された。同署は男性の身元の確認を急ぐとともに、死亡した経緯について詳しく調べている。
 同署によると、男性の持ち物にあった診察券の氏名が、同日午後0時半ごろに同署プレハブ棟で対応した男性の氏名と一致しているという。来署した男性は、目的の職員が別件の対応中だったため待っていたが、約10分後に「外に行く」と別の職員に声を掛けて外へ出たという。
 同署は庁舎内の防犯カメラを確認するなど、事件と事故の両面の可能性があるとみて、捜査を続けている。

・・・・・・・

冬でも海岸で発見される遺体、海中で溺れる例が出ています。
2019年1月27日午後零時18分頃、匝瑳市吉崎の海岸で、男性(64)がサーフィン中に所在不明となり、家族らが捜索中、付近テトラポットで発見され、搬送先の病院で死亡

2019年3月10日午前5時50分頃、匝瑳市堀川の海岸砂浜上で、散策中の女性が男性の死体を発見
死者は、年齢20歳から30歳代くらい、身長175センチメートルくらい、体格中肉、頭髪黒髪 

2019年3月12日午前7時30分頃、長生郡一宮町船頭給の海上で、男性(50歳代くらい)が溺れているのを、サーフィン指導のため岸にいた男性が発見。溺れていた男性は搬送先の病院で死亡

2019年3月16日午前7時37分頃、安房郡鋸南町大帷子の海上で、男性(50歳代くらい)が水泳中に所在不明

2019年3月25日午前8時14分頃、鴨川市天津の漁港で、堤防の海面に浮いている男性(60歳代くらい)を通りかかった男性が発見。同男性は現場で死亡状態

JNN/TBS 2019年4月15日(月)22時15分
海中の軽ワゴン車から男性遺体、千葉・富津市の港
15日午後、千葉県富津市の港で、海中に軽ワゴン車が沈んでいるのが見つかりました。車内には男性の遺体があり、警察は事件と事故の両面で捜査しています。
 15日午後3時前、富津市の上総湊港で海底の砂をかき出す作業をしていた男性から「水中で車両を発見した」と110番通報がありました。警察が駆けつけ、沈んでいた軽ワゴン車を引き上げたところ、車内から年齢不明の男性の遺体が見つかったということです。
 男性は運転席でシートベルトを身に着けていて、車体の屋根は大きくへこんでいたということです。
・・・この件は、2019/4/16 11時現在事件簿ファイルに記載がありませんでしたが、その後早々と車両転落と思われる事案として発表されました。「死亡状態の男性」?
・車両転落と思われる事案の発生(富津警察署)
4月15日午後2時55分頃、富津市湊の上総湊港で、湊湾関係者が海に転落している軽貨物車を発見。同車両から死亡状態の男性を発見

・身元不明死体の発見(鴨川警察署)
7月31日午前7時35分頃、鴨川市横渚の待崎川河口で、消波ブロックの間に男性の死体を発見
※年齢30歳から50歳代くらい、身長178センチメートルくらい
  体格中肉、頭髪短髪、上衣黒色半袖Tシャツ、下衣青色ジーパン

・身元不明死体の発見(山武警察署)
8月1日午前8時4分頃、山武郡横芝光町北清水の栗山川で浮いている男性の死体を発見
※年齢70歳代くらい、身長165センチメートルくらい
上衣赤色タンクトップ、黒色ハーフパンツ

・水難事故と思われる事案の発生(勝浦警察署)
8月1日午後4時44分頃、勝浦市新官の沖合で、浮いている男性(40歳代くらい)を発見、同男性は搬送先の病院で死亡確認

・身元不明白骨死体の発見(松戸警察署)
 8月6日午後2時頃、松戸市千駄堀の雑木林で、年齢性別等不詳の白骨死体を草刈り作業中の作業員が発見
 死者は、上衣深緑色と黒色で左胸にCONVERSEと記載のジャンパー、下衣ジーパン、赤色マフラー着用、右すねに骨接合プレートあり

でも、前からこんなに遺体発見が多かったのでしょうか。
生活に困窮したりする人が増えて、金銭的なトラブルから殺人、死体遺棄、投棄が増えている。

自殺もある。これは確実にありそうです。列車の人身事故が続いています。

そして管理人が感じるのは、3月に海に入って溺れている人もいるようなので、何か精神的に異常を来して珍しい、とっぴな行動に出る人が増えている、そんな気がします。

セシウム被ばくで精神状態が不安定になり、予想外の行動に出る人が増えているような気がしますが、違うでしょうか。

管理人もそのうち徘徊中に遺体に遭遇しそうな気がします。いや、そんなのは大したことない。警察を呼ぶだけだ。

それよりも問題は自分が遺体で運ばれることがないようにするにはどうしたらよいかです。

2019年03月08日
千葉市に町田市、豊島区 大阪 やはりきているようだ

千葉県の事件事故情報は何でも入っています。埼玉県の事件情報は痴漢が多い。東京都は公然わいせつが多い。千葉県は不審者とか公然わいせつなどないのかな。でも強制性交はある。茨城県は住民からの情報収集目的に的を絞っている。

警察官は大変な職業です。早死にするのも無理はない。次はどこの県警か明らかではありません。

※ 元警察官 @motokeisatu氏の11:58 - 2019年4月14日のツイート
全寮制の警察学校で知って驚いたこと
男の6割は小便後に手を洗わない
そのうちの2割は大便後も手を洗わない
私がトイレの洗面台で石けんで手を洗ってたら、個室から出てきた同期生が私の後ろを素通りしたので
「手洗うの忘れてない?」
と言ったら、
「え?いつも洗わないよ」
皆さまご周知を

・・・警察官は、ばい菌には強い。悪人にも強い? まあ、汚いものを扱うことも多いので気にしていられないかも。

管理人は、先日交通事故を目撃しました。ドーンと大きな音で車の追突かと思ったら自転車に左折の車がぶつかっていました。運転者は比較的若い女性。自転車の男性は大したケガではなかったようですが。横断歩道ではねられる。

※ JNN/TBS2019/4/18 4月18日(木)10時12分
井の頭公園の池に女性の遺体
 18日朝、東京・三鷹市の井の頭公園の池に60歳から70歳とみられる女性が浮いているのが見つかり、その後、死亡しました。警視庁は事件と事故の両面で調べています。
 18日午前6時50分ごろ、三鷹市の井の頭公園の池で「人が浮いている」と近くの交番に通報がありました。警察や消防が駆けつけたところ、井の頭公園の池に60歳から70歳とみられる女性が浮いているのが見つかりました。女性は意識不明の状態で病院に運ばれましたが、まもなく死亡が確認されました。
 警視庁によりますと、女性の体に目立った傷は見つかっておらず、死後まもないとみられるということです。女性の服は軽装で、靴を履いていたということで、警視庁は女性の身元の確認を進めるとともに、事件と事故の両面で現場の状況を詳しく調べています。(18日09:42) JNN/TBS
・・・井の頭公園で人が浮くと動画付きで速報されますが、千葉県で人が浮いても報道されないことも。えらい違いです。目立たずに死ぬなら千葉県?
posted by ZUKUNASHI at 17:26| Comment(7) | 社会・経済

ここで卑劣とされている人 完全におかしいですよね 社会常識からして

ここで卑劣とされている人については、前々から疑問がありましたが、やはりという感じですね。天文台に勤めているんだそうですから公務員あるいはそれに相当する身分ですよね。

※ izutaro managi@IzutaroManagi氏の午後6:53 ・ 2019年7月13日のツイート
7月2日に掲載された「論座」の記事について、おしどりマコ氏の名誉を棄損するものであるとして削除するよう申し入れていたのですが、7月11日「論座」が削除したことから、7月12日に経緯を説明するための会見を行いました。
異論も批判も必要ですが、フェアでなければなりません。

※ Masato Ida & リケニャ@miakiza20100906氏の2019/7/15のツイート
なされていたのは、削除申し入れか:

※ Masato Ida & リケニャ@miakiza20100906氏の午前8:36 ・ 2019年7月15日のツイート
大石雅寿 氏 & 朝日新聞社の側がその申し入れをあっさり飲んで、あっさり記述を丸ごと削除した理由が謎だ。

※ Masato Ida & リケニャ@miakiza20100906氏の2019/8/11のツイート
なんだ、著者の大石雅寿 氏 @mo0210 も削除を了承してたんじゃないか:

(論座からの引用)「…選挙の公正さを守る見地から記事の一部を削除することを決め、著者に提案して了承を得たうえで削除しました。」
(link: https://webronza.asahi.com/national/articles/2019070100005.html) webronza.asahi.com/national/artic…

※ 春田晴郎@HarutaSeiro氏の午前10:15 ・ 2019年8月12日のツイート
大石氏は自ら削除を了承しながら、それを隠して、周囲の削除批判ツイートのRTを続けていた、って卑劣にもほどがあるんじゃない!?

※ 春田晴郎@HarutaSeiro氏の午後8:16 ・ 2019年7月15日のツイート
当事者である大石氏が経緯を全く明らかにせず、自身では抗議もしないまま、しかし周囲の吹き上がっている大量のツイートをRTしていくってのは異常だ。ともかく、当事者は自らの言葉で経緯を明らかにしてほしい。話はそれからだ。

・・・・・・

※ yuuki @yuukim氏の2019/7/15のツイート
「放射能に恐怖を抱いている人は相変わらず見苦しい。黙っていれば良いものを。」という大石氏のツイートに象徴されているが、どちらが言論弾圧なのかは、明らかである。

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2019/7/5のツイート
返信先: @mo0210さん
大石雅敏君は原発事故後生まれた放射能安全教育か!昭和の時代の教育でも子供、妊婦は放射線感受性高いと教えてるんだよ!先日の放射線測定もデタラメだったから測定してこうなんだ正式なTWしておいたよ。仕事して金もらう便益のある方々と一緒の基準にするな!それ以前の問題だね貴方の場合は!

※ 鈴木邦弘 @SZKN29氏の2019/7/5のツイート
鈴木邦弘さんが大石雅寿(個人としての発言)をリツイートしました
心配かそうでないかはそこに住む人が決める。毎時1〜3μSv/hもあるような土地で子育て出来ないと思う人はたくさんいるし、「危険だなどと言う人は、何らかの意図があってその様に言っている」これは、家族と別れて故郷に帰還した高齢者の思いを踏みにじるものだ。ふざけるな

※ 大石雅寿(個人としての発言) @mo0210氏の13:14 - 2019年7月5日 のツイート
福島県で普通に人々が暮らしている所は何らの心配もない所です。それを危険だなどと言う人は、何らかの意図があってその様に言っているとしか思えません。

2019年05月28日
大石雅寿君お前が家族全員で住め!!!ふざけたこと言ってるんじゃないぞ!
posted by ZUKUNASHI at 16:41| Comment(0) | 福島原発事故

ロシア北部アルハンゲリスク州で核動力エンジンの爆発事故

この事故で30kmほど離れた町で2μSv/hまで線量率が上がったようですし、一部でヨード剤が配布されたとの説もあるようですが、不確かです。次の桑ちゃん氏のツイートがこの事故の後に生じたとみられる線量率の上昇を調べてくれています。

※ 桑ちゃん@namiekuwabara氏の2019/8/12のツイート
ロシア北部アルハンゲリスク州の軍事ミサイル実験場で2019年8月8日起きた爆発事故に伴う放射能拡散調査北海道地区のモニタリングポスト線量変動率を見てみました。
降雨状況は調べてませんが、線量変動は8月9日未明にあったようです。
岩見沢市0.036、旭川市0.033、帯広市0.028、泊村0.026の順でした。


これがアルハンゲリスクの事故によるものであれば、大変な事故です。そこで少し調べました。

場所


事故の起きた後の2019/8/9午前0時の地球規模の気流。


8/8の夜から8/9にかけて北海道では降雨がありました。


8/9午前0時の北海道上空の気流です。泊原発から岩見沢、旭川方面に流れています。


現地で線量率が上昇したのは、8日の11時50分から12時20分にかけてとされています。日本時間では8日の午後6時ころです。それから6時間、あるいは12時間で北海道の空間線量率を大きく上げるとは考えにくいです。偏西風はもっと南を流れています。

地球規模で線量率が上がるくらいなら、フィンランドなどにも影響が出たでしょう。今のところ特に情報に接していません。

この8/9の線量率上昇をもたらした放射性物質の起源は泊原発というのが、管理人の結論です。

コメントでお尋ねがありましたので、お答えしておきます。

時事通信社 2019年8月11日(日)7時56分
エンジン爆発、深刻事故指摘も=原子力企業職員5人死亡−ロシア北部
 【モスクワ時事】ロシア北部アルハンゲリスク州で8日に起きた軍のミサイル実験に伴う爆発事故で、国営原子力企業ロスアトムの従業員5人が死亡したことが10日、明らかになった。国防省は当初「液体燃料エンジン」の実験中の爆発で2人が死亡したと発表。しかし、近隣地域での一時的な放射線量の上昇に加え、原子力企業の関わりが判明し、ロシアが開発を進める原子力推進式ミサイルの実験中に深刻な事故が起きた可能性が指摘されている。

 ロスアトムは「推進装置にある放射性同位元素の動力源」に関連して事故が起きたと発表。同社の報道担当者はその後タス通信などに、ミサイル実験は「海上の施設から行われた。実験完了後に燃料に引火し、爆発が起きた。何人かの従業員が海に放り出された」と明かした。アルハンゲリスク州ニョノクサには海軍実験場があり、実験は沖合の白海で行われたとみられる。

 米国の大量破壊兵器専門家ジェフリー・ルイス氏はツイッターで、今回の事故はロシアが開発中の原子力推進式巡航ミサイル「ブレベストニク」と関係しているとの見解を表明。衛星写真から現場海域に核燃料運搬船があったと指摘した。プーチン大統領は2018年3月の年次教書演説で、原子力推進式巡航ミサイルの発射に成功したと明らかにしていた。

RT2019/8/10
‘They were thrown into sea as it blew up’: Rosatom gives details of deadly nuke-powered engine blast
The explosion of a secretive isotope-powered missile engine was so powerful that it blew the device into pieces and threw workers off a sea platform, Russian nuclear agency Rosatom said. Searches for the missing went on all day.

Dramatic details of the tragedy that rocked the Arkhangelsk region this week, and that fueled western tabloids with rumors of a new Chernobyl-like disaster, were shared by the state atomic energy corporation on Saturday.

It revealed that the blast, which killed five employees and seriously injured three others, took place on a sea platform and followed a series of trials.

The test of the classified “liquid-propellant engine” went smoothly at first, but then the device caught fire and blew up, Rosatom said.

The blast threw several employees into the sea, giving some hope of finding them alive.

Water in high latitudes is ice-cold even in summertime, but search attempts lasted the whole day, until hopes faded. Only then were the five operatives declared dead.

Three more workers have been hospitalized with various traumas and burns. The agency lauded the work of the employees, who, it said, were well aware of the dangerous nature of experimental engine tests.

The five who perished had been working on an “isotope power source” for a propulsion system. An increase in background radiation was registered on the test site, but the measurements are said to have soon returned to normal.

The city of Severodvinsk, located some 30km east of the test range and hosting a key shipyard of Russia’s Northern Fleet, added fuel to rumors after authorities posted –and then deleted– news of a brief radiation spike to 0.11 microsieverts per hour, with the norm standing at 0.6. The report said that it lasted for half an hour only, and the daily average wasn’t seriously affected.

The secrecy surrounding the ill-fated test inevitably gave rise to conspiracy theories.

Pictures of hazmat teams taking measurements and specially-prepared ambulances transporting the injured were used to support some panic-inducing media headlines, while tabloids speculated over the type of weapon involved in the test.

However, rumors of a serious radioactive cover-up have not been supported on the ground, and neighboring Finland has not registered any deviations from normal levels. The Russian military has, meanwhile, refuted a report that a Rosatom vessel, capable of collecting radioactive waste, was dispatched to Severodvinsk, saying it had actually been undergoing scheduled trials.

with the norm standing at 0.6 とは 0.6μSv/hが「平常値」という意味ではないですね。高すぎます。

RT2019/8/9
Experimental ‘isotope & liquid-propellant’ engine blast kills 5 Russian nuclear experts – Rosatom
Five staff of Russia’s nuclear corporation Rosatom were killed and three suffered serious burns in the blast during a test of a liquid-propellant engine that resulted in a brief spike of radiation around the military testing site.

The Rosatom engineering and technical team was working on the ”isotope power source" for a propulsion system on Thursday, when the accident happened. The blast caused a background radiation spike, which quickly returned back to normal.

“As a result of the accident at the military firing range in Arkhangelsk region during liquid reactive propulsion system tests, five employees of the state corporation Rosatom were killed,” the company said. Three military and civilian specialists remain in serious condition, but their injuries are “not life-threatening.”

It remains unclear what type of ‘experimental’ missile or jet engine was being tested. The secrecy around the failed military test and initial tight-lipped statements by the Defense Ministry immediately triggered conspiracy theories about authorities trying to conceal nothing less than a Chernobyl-scale incident.

A video of hazmat-suited specialists taking measurements on the helicopter that airlifted the burn victims only added fuel to rumors, even though the medical personnel was clearly visible unloading the injured without any additional precautions.

Adding to the confusion, social media were flooded with chilling photos and videos of a massive blast and a mushroom-like plume of black smoke – which came from a totally different incident in Siberia. On Monday, a depot of high-caliber tank and artillery shells in Russia’s Krasnoyarsk region was devastated by powerful explosions, resulting in one death and nearly two dozen injuries.

The Arkhangelsk region site is one of the main research and development facilities for the Russian Navy, where sea-based ballistic, intercontinental, cruise and anti-aircraft missiles are being developed and tested. It is located some 30km west of the city of Severodvinsk, which is home to a major base of the Northern Fleet.

Severodvinsk authorities placed rescue services on high alert as measurements immediately after the incident showed background radiation levels three times above the safe limit of 0.6 microsieverts. In less than half an hour, however, they dropped back to normal – and the daily average remained within the norms, thus posing little risk for the population, city authorities said.

“We are monitoring [the radiation levels] around the clock. Over the last 24 hours, no change was witnessed,” Severodvinsk's city administration said Friday. Soil, air and water samples examined by a team of scientists lead by the federal Consumer Protection agency also found no abnormal radiation readings.

"measurements immediately after the incident showed background radiation levels three times above the safe limit of 0.6 microsieverts. " 安全基準値が0.6μSv/h、その3倍は1.8μSv/hということですね。

使っていたアイソトープは何なんでしょう。ミサイルは製造後、即使用ではありませんから半減期の長いものを使っているはず。

最近ロシアでの人命が失われる事故が多いです。これは何とか改善しないといけません。
posted by ZUKUNASHI at 12:25| Comment(1) | 福島原発事故