ずくなしの冷や水

2019年08月04日

MSNBCはイラク問題について沈黙を守れとジェシー・ベンテュラに数百万ドル払った

前ミネソタ州知事のジェシー・ベンテュラ氏。ベトナム戦争の退役軍人、プロレスラー、ミネソタ州知事と多彩な経歴です。68歳。みゆうさんありがとうございます。





MSNBCは、イラク問題について「沈黙を守る」ようにと、私に数百万ドルを払った:ジェシー・ベンテュラ、RTのリー・キャンプに語る
RT 2019/8/3

前ミネソタ州知事のジェシー・ベンテュラが、RTのリー・キャンプに対し、(当時)彼が持っていた戦争反対の意見はMSNBCにはかなり不評で、ネットワークは彼に1000万ドルにも相当するような何某かを支払って、「沈黙を守らせた」と語った。

2003年、ベンテュラは会社を辞めたあと、MSNBCで、週刊のケーブルテレビショウである「ジェシー・ベンテュラのアメリカ(Jesse Ventura’s America)」を開始した。しかし同番組は、開始からわずか2〜3か月で終了。ベンテュラにしてみれば、ショウが打ち切りになった理由はたったひとつだった。

「彼らは、私がイラク侵攻に反対したために、私を排除したのです」。彼は、Redacted Tonight(訳注:RT Americaのテレビ番組名)のリー・キャンプに語った。「我々の政府は、イラク侵攻に反対する言説を、すべてのメディアに禁じていた。基本的に、触れてはならない領域と言われていました。」当時のMSNBCは、好戦的な愛国主義が幅を利かせており、同意しない者は良く思われなかった。例えば、ジョー・スカボロー(訳注:MSNBCのニュース番組ホスト、元フロリダ州選出の米下院議員)は、侵攻反対者を「反アメリカの左翼のまぬけ」、コメンテーターのマイケル・サベイジ(訳注:ラジオ番組のホスト、保守系コメンテーター)は「完全に扇動を企てている、反乱分子」だと言っていた。

ベンテュラの契約には、以下のような制約があった。他のメディア系列では働かない。ベトナムの退役軍人であり元プロレスラーでもあるという経歴に敬意を表して、100万ドルの給与小切手を「10回近く」受け取る。そして、沈黙を守る。「それで、私はメキシコに家を買いました。その家に、もう少しで『MSNBCの家』と名前を付けるところでした」と、彼はキャンプに冗談を言った。

それから10年を経過し、主流メディアは同じ道をたどろうとしている、とベンテュラは言う。メディアが、トランプ大統領のシリアへの空爆を「美しい」と評し、「アサド体制」に対する人道的な介入が大規模に必要だとして、支持を表明しているのだから。

「私は、米海軍のSEAL(訳注:テロ対策など秘密作戦を担当する特殊部隊)で6年間を過ごしました」、と、雷鳴のようにベンテュラが熱弁をふるった。「私は、ミサイルが食べ物や、薬や毛布を運んでいるのを一度として見たことはない。爆発させ、殺すものばかりなのです。」

以下の番組録画(全体)をご覧いただきたい。2年間に渡る「ロシア・ゲート」疑惑のあいだに、最終的には企業ジャーナリストが互いを信頼しあっていったこと、アメリカには安定した第三の政党が必要であることなどもまた、語られている。

RT2019/8/2
MSNBC paid me millions to ‘keep quiet’ on Iraq: Jesse Ventura to RT’s Lee Camp
Former Minnesota Governor Jesse Ventura told RT’s Lee Camp that his anti-war views were so unpopular at MSNBC, the network paid him something to the tune of ten million dollars to “keep quiet.”

After leaving office in 2003, Ventura began a weekly cable TV show, ‘Jesse Ventura’s America,’ on MSNBC. However, the show was dropped only a few months after it began. For Ventura, the show was canceled for one reason.

“They got rid of me because I opposed the invasion of Iraq,” he told Redacted Tonight’s Lee Camp. “Our government allowed no media at all to speak out against the invasion of Iraq, you were told it’s off limits basically.” While dissent may not have gone down well at MSNBC at the time, jingoism did, with host Joe Scarborough calling protesters “leftist stooges for anti-American causes,” and pundit Michael Savage suggesting they “are absolutely committing sedition, or treason.”

Ventura’s contract stipulated that he not work for any other media outlet, and the Vietnam veteran and former pro wrestler honored it, taking “close to ten times” that of a million-dollar paycheck and keeping quiet. “I then bought my home in Mexico and I almost named it ‘Casa MSNBC,’” he joked to Camp.

Over a decade later, the mainstream media is still pushing the same line, Ventura says, recalling how the network endorsed President Donald Trump’s airstrikes on Syria as “beautiful,” and a much-needed humanitarian intervention against “the Assad regime.”

“I spent six years in the Navy SEALs,” Ventura thundered. “I’ve never seen a missile deliver food, medicine and blankets. They blow up and kill things.”

Watch the full video below, also featuring corporate journalists finally turning on each other for two years of ‘Russiagate’ conspiracies and America’s need for a viable third party.
posted by ZUKUNASHI at 20:55| Comment(2) | 国際・政治

2019/8/4 地震

2019/8/4 地震
2019年8月4日 19時23分ごろ
震源地 福島県沖
最大震度 5弱
マグニチュード 6.2
深さ 50km

sputnik2019/8/4
6.2-Magnitude Earthquake Strikes Off Japan's Fukushima Prefecture - National Meteorological Service
posted by ZUKUNASHI at 19:37| Comment(0) | 福島原発事故

パソコンが使えれば遠くまで孫に会いに行く必要はない

2019年08月04日
年配者の海外旅行 どうぞ慎重に
に引用したコンゴ帰りのご婦人は、実在しないのではないかと、ふと思いました。

それに「孫の顔を見に行く? そんな迷惑なことよくやりますね。」と書きましたから、相変わらず嫌なことを書く爺さんだと思われたでしょう。海外旅行に行く数少ない口実なのに。

ええ、この記事を読んで、そうか、外国に住んでいる人は知人や親族が訪ねてきたらいろいろ大変なんだとわかってくれる人はごく少ないでしょうし、ましてや自重する人などまずいないということはわかっているんです。

自分たちが先方の家に行くカネがあったら、それを先方に渡して、帰国時に使っても、どこかに旅行に行くのに使ってもらってもいいと言ってやったらどんなに喜ばれるかわからないのにと思うんです。

先方の家族にカネがあれば、親戚の若い人に海外旅行費用を援助してやるのもいいと思います。

さて、「孫の顔を見に行かずに」、家にいながら「孫の顔を見る」のは実は簡単なんです。

必要なのは、@ネット回線(できれば容量の大きな固定ネット回線)、A動画の再生できるパソコン、B電子メールアドレス
だけです。

ツイッターをご覧の方は、ツイートにはめ込まれた動画が見ることもあるでしょう。スマホで動画を撮って、そのファイルを取り出してツイートに添付しているだけです。

娘や息子が孫を写した動画を送ってもらえばいいのです。何度も繰り返してみることができます。

それだけなんですよ。

こっちから動画を送るのが難しい? そんなのは必要ありません。ジジババがよろよろ動く動画なんか送り付けられたら、楽しいどころか心配が増えるだけです。たくさん写真を撮ってその中からできるだけ元気そうに見えるものを送ります。

スカイプというテレビ電話のようなことができるソフトもありますが、これは各地に散らばるイベントの関係者が打ち合わせをしたりするときに使います。

今は、特に大学生を対象とするイベントなどは、何百名もがあちこちから参集するものであっても、印刷物は一枚も作られないことが多いのです。パンフレットもなしです。

皆、タブレットやラップトップパソコンにダウンロードして参照しています。黒板などももうないんですよ。会場ではオーバーヘッドプロジェクター。会場のパソコンに記録メディアを差し込んで使います。パソコンを持ち込んでつなぐ場合もありますが。

パソコンなど難しくないと繰り返して書いてきました。マナウスさえ使えれば、ほとんどのことはできます。文字入力だってオンスクリーンキーボードを使えばマウスの操作だけで足ります。

居ながらにして孫の顔を見るためには、メールと画像・動画ファイルの扱い方に慣れることが必要です。

メールは、アドレスの入力と本文の入力。ここまでは容易です。
添付ファイルと言われる本文と一緒に送信する画像ファイルなどの添付の方法もそんなに難しくない。メールに添付された画像ファイルの取り出し方も名前を付けてデスクトップに保存すればよいから難しくないです。

ただし、メールソフトにoutlookを使っていると、他のメールソフトを使っている人は添付ファイルを開けられないことがあります。

あと、メールから取り出したファイルを観るのはクリックだけで済みます。何も難しいことはありません。

命の危険を冒して地球の反対側まで行く? やめたほうがいいです。年寄りは。
posted by ZUKUNASHI at 17:24| Comment(0) | デジタル・インターネット

Pentagon Confirms Training Maghawir al-Thawra Militants Near Syria's Al-Tanf

Interview on Last American Vagabond: Rukban Camp (Syria) & Gaza
https://www.youtube.com/watch?v=Gmgsw86nBmU&feature=youtu.be
Eva K Bartlett
2019/07/25 に公開
Ryan Cristian of The Last American Vagabond had me on his show to discuss Syria & Palestine.

"In this interview we go over the US-run al-Rukban internment camp in Syria and what these people have been forced to endure even as the MSM ignores their plight, as well as some of what Eva saw while living in Palestine, the parallels between the two atrocities, and the governmental ties that bind them."

*Originally uploaded on The Last American Vagabond: https://www.youtube.com/watch?v=4XwIt...

*Note: As I update (July 25), Ryan informed me that Youtube has demonitized this particular upload on his channel.Consider supporting Ryan on his Patreon account.
Links Related to Things Discussed:・・・・・


FARSNEWS2019/8/2
Terrorist Groups Opposing Damascus’ Conditional Ceasefire to Retreat from Demilitarized Zone
TEHRAN (FNA)- The terrorist groups once again opposed any ceasefire in Northern Syria despite the Syrian Army’s agreement with the militants’ withdrawal from the demilitarized zone and implementation of the Sochi Agreement.

The Syrian Army has agreed to bringing into effect the ceasefire in Idlib province as of Friday night, SANA news agency quoted a Syrian Army’s military source as saying on Thursday.

The source noted that ceasefire in Idlib is conditioned on the implementation of the Sochi agreement on the demilitarized zone that requires the terrorist groups to retreat about 20 kilometers from the demilitarized zone in the province.

Meantime, the Step News website quoted other military sources as saying that the terrorists in Northern Syria have refused any type of ceasefire with the Syrian Army or any agreement to implement the Sochi Agreement.

The news website reiterated that the terrorist groups of the so-called al-Fath al-Mobin operation room had informed Ankara that they would not withdraw from any international highway in the demilitarized zone.

The Arabic-language al-Arabi al-Jadid news website also said that Jeish al-Izzeh commander in Northern Hama Same al-Saleh has refused any ceasefire in Northern Syria.

In a relevant development on Thursday, the Syrian army rapidly advanced in a major offensive in Northern Hama, breaking the terrorists' defense lines in the region.

The Syrian army forces, supported by the artillery and missile units, continued clashes with Tahrir al-Sham al-Hay'at (the Levant Liberation Board or the Al-Nusra Front) terrorists, regaining control of the two towns of Abu Raiedeh and West Abu Raiedeh as well as al-Arawi, al-Aziziyeh and al-Ray farms.

The government troops could also free the towns of Moshirfeh, Hasraya Tal Syriatel and Harat al-Khalifat in Northeastern parts of the town of al-Jabin.

Meantime, a field source said that the town of al-Arabaeen has collapsed in military terms in the Syrian army's recent advance, adding that the terrorists' defense lines have been fully shattered and their supply routes were cut off in the Syrian army's artillery and missile attacks in Northern Hama.

He added that tens of terrorists were also killed in the operations.

In a relevant development earlier on Thursday, the Syrian army hit a heavy blow at Tahrir al-Sham terrorist group's defense lines in the town of al-Latamineh in Northern Hama, forcing the militants to flee their most important headquarters in the region.

The Syrian army forces continued clashes with Tahrir al-Sham terrorists in the Eastern parts of the town of Tal Malah in Northern Hama on Thursday, retaking control of Wadi Hasmin region and the farms near the town of al-Zakah.

Meantime, a military source said that the Syrian army troops have regained control of Wadi Hasmin region, broken the first defense line of Tahrir al-Sham from al-Zakah and opened a new front towards the town of al-Latamineh as the militants' key base in Northern Hama.

He added that a large number of terrorists were forced to flee al-Latamineh as the army is advancing in the region.

The source also said that a group of 17 militants were killed in clashes in al-Zakah, adding that the army forces targeted the terrorists' supply lines in Hasraya and al-Arbaeen with artillery fire.

Meantime, the Syrian air force launched heavy attacks against the terrorists' positions in al-Latamineh, Kafr Zita, Latmin and Dawir al-Akrad in Northern Hama, destroying several of their bases and military vehicles and killing the militants inside.


RT2019/8/2
Russia Urges US, EU Countries to Withdraw Forces From Syria
MOSCOW (Sputnik) - Russia is urging the United States and European countries to withdraw forces from Syria, but can see the increase in their military presence there instead, Russian Special Presidential Envoy for Syria Alexander Lavrentyev said Friday.

"We are always calling on the United States and other − European − countries, whose troops are also illegally in Syria, to leave this sovereign state. Nevertheless, they are still justifying it by the need to fight Daesh* and other terrorist groups", Lavrentyev said at a press conference.

The Russian presidential envoy stressed that these countries were in reality pursuing their own agenda.

"So far we have not been able to convince them to withdraw forces. Despite the words of [US President Donald] Trump that US forces would be pulled out, we can see, on the contrary, the increase in these forces, partly because of the presence of private military companies", the envoy said.

The number of US troops in Syria has been declining since US President Donald Trump claimed victory over the jihadists in December, promising to withdraw at least 2,000 troops from the country in the near future.

US forces have been operating in Syria as part of an international coalition to fight the Daesh terrorist organisation for about four years without the permission of either Damascus or the UN Security Council.

SPUTNIK2019/8/1
Pentagon Confirms Training Maghawir al-Thawra Militants Near Syria's Al-Tanf
WASHINGTON (Sputnik) - The Combined Joint Task Force – Operation Inherent Resolve (CJTF-OIR) of the US-led international coalition fighting Daesh* has confirmed to Sputnik that the coalition was training the armed rebel group, Maghawir al-Thawra, near Syria's Al-Tanf, stressing that the group was efficient in countering Daesh.

"Coalition partner forces in the vicinity of Al-Tanf, Syria are the Maghawir al-Thawra. The MaT has demonstrated its effectiveness in interdicting Daesh and maintaining security within the Al-Tanf de-confliction zone. We will continue to train and advise coalition forces in the vicinity of Al-Tanf in pursuit of the enduring defeat of Daesh and to set conditions for regional stability", the CJTF-OIR said, commenting on Rudskoy's statement.

The Chief of the Main Operational Directorate of the Russian General Staff, Col. Gen. Sergey Rudskoy, said on Monday that the United States was training 2,700 militants from the Syrian opposition group in the vicinity of the 55-kilometre (34-mile) US-controlled zone around its unauthorised military base in Syria's Al-Tanf.

Rudskoy also stated that the US Air Force was sending some of the militants to the east bank of the Euphrates River upon completing the training.

According to the chief of the Main Operational Directorate of the Russian General Staff, the militants were tasked with carrying out attacks targeting government forces and also destroying oil and gas infrastructure facilities.

In December of last year, US President Donald Trump stated that he had decided to withdraw troops from Syria promising to bring about 2,000 US servicemen back home. The reason for the move, according to him, was the defeat of the Daesh terrorist group in Syria. However, no exact deadline for the return of the troops has been revealed by US officials yet.

*Daesh (ISIS/ISIL/IS/the Islamic State) is a terrorist organisation banned in Russia.


posted by ZUKUNASHI at 13:53| Comment(0) | 国際・政治

年配者の海外旅行 どうぞ慎重に

China Xinhua News@XHJapaneseの2019/7/30のツイート
中国、北京の万里の長城で50歳ほどの日本人女性が観光中に意識を失った。偶然通りかかった江蘇省の若い女性医師、ジン・ルイさんが心肺蘇生法を施した。間もなくやって来た救急車で、日本人女性は病院に搬送された。
https://twitter.com/i/status/1156401304568123393

毎日新聞2019年8月4日 10時57分(最終更新 8月4日 12時07分)
埼玉の70代女性、エボラ熱疑い アフリカ・コンゴから帰国
 厚生労働省は4日、アフリカのコンゴに滞在歴がある埼玉県の70代女性が3日に38度以上の熱を出し、エボラ出血熱感染の疑いがあるとして検査していると発表した。東京都内の医療機関に入院し、血液を国立感染症研究所村山庁舎(東京都武蔵村山市)で検査。4日午後にも結果が判明する。


・・・引用終わり・・・

特に海外にいる友人や親族を訪ねてアテンドしてもらうのは、いったん事故や病気にあうと相手の方に大変迷惑をかけます。ツアーで添乗員任せの場合とは違うのです。添乗員任せならあとは運を天に任せるしかない。

日本人の年配者は、潜在的な体調不良を抱えています。海外に行くのなら、現地の友人や親族に迷惑をかけないようにしましょう。

医療水準は国により格差があります。超高額な費用が掛かる国もあります。

ビザの制約がある国もあります。

最近はあまり見なくなりましたが、機内で体調不良者が出て飛行機が引き返したり、緊急の臨時着陸をする例も続きました。

国内でも、介護が必要な老人が長旅をするようなことは極力避けたらいいです。家族や周辺の負担が大変です。

現地に行かなければわからないことはもちろんあります。匂い、温度と湿度の異なる風、現地で暮らす人の顔、雰囲気

ですが、今は人と話す、顔を見るのは家に居ながらにして行うことができます。動画も簡単に撮って送れます。リアルタイムでテレビ電話もできます。費用も掛かりません。

10時間も15時間も飛行機のエコノミークラスに乗るのは私はもう御免だ。

孫の顔を見に行く? そんな迷惑なことよくやりますね。
posted by ZUKUNASHI at 13:45| Comment(0) | 福島原発事故

英国マンチェスター近くでダム決壊の恐れ

英国では強い雨が降り続き、貯水池が満水状態に。さらに降雨が見込まれる中、貯水池放水斜面の一部が崩落、英空軍が土嚢を積む作業を続けています。

UK: 6,500 Whaley Bridge Residents Evacuated as Dam Collapse Looms
TEHRAN (FNA)- Thousands of residents of the town of Whaley Bridge were evacuated on Thursday, after a wall collapsed on the nearby Toddbrook Reservoir, resulting in floods.


消防用のホースで水を堤外に流そうとしていますが、1本、2本ではとても・・・。120年前に作られたものだそうです。スクリパル事件などで騒いでいるうちにインフラの老朽化、劣化が進んできた感じです。老大国英国、いずれ日本も。









posted by ZUKUNASHI at 12:30| Comment(0) | 国際・政治

Siriってアイホンに入っているものですよね アップルがSiriを止める

音声を聞き取りそれで機械を操作する仕組みがいろいろ出回っています。
前から書いていますが、そういう音声データは、多用途に使われています。
SEXの際の喘ぎ声や睦言まで。聞き分けるためにネイティブまで雇っているとか。
読者の中で使っておられる方もおられるらしい。

音声だけでなく、カメラから画像ものぞかれているでしょう。
もちろん、メールの内容やいろいろな嗜好も把握されています。

周りの誰も注目してくれない、相手してくれないから、そんな注目されるヒトになるのがうれしい?
でもね、あなたの情報は、human-trafficking や臓器移植の提供者としての適性を審査されていることのほうが多いと思いますよ。

いつの間にか、あなたのアパートが空室になってしまう、そういうことになるのです。エプスタインのニュース読んだでしょう?

続報も出ました。
RT2019/8/4
Apple suspends Siri program that allows employees to listen in on users' private conversations
Apple has announced it is temporarily suspending its program which monitored recordings from AI assistant Siri after reports that it allowed the company’s human contractors to listen in on private conversations.

“While we conduct a thorough review, we are suspending Siri grading globally,” Apple said in a comment to Business Insider.

The decision follows a report from the Guardian, last week, which revealed that company workers around the globe who review the recordings from the voice assistant regularly listen to users’ private conversations.

According to an Apple whistleblower, a small part of Siri recordings are frequently passed to human contractors working for quality control, or grading, of Siri responses to commands. The stated aim is to “improve and develop” Siri functions, and assess, among other things, whether the voice assistant was activated accidentally or on purpose, whether Siri was helpful, and whether its response to the query was appropriate.

While Apple does not explicitly mention any human involvement in Siri’s training in the assistant’s documentation, it did acknowledge that “a small portion of Siri requests are analyzed to improve Siri and dictation [to help] understand you better and recognize what you say.”

However, given the number of ways Siri can be activated, the voice recordings sent for evaluation revealed a large number of cases when Siri was activated accidentally. The contractors were therefore left to deal with recordings of confidential medical information, drug deals, or couples having sex, as part of their job in evaluating Siri’s effectiveness.

Apart from suspending the AI’s grading program and its thorough review, Apple has promised users it will add an option for the user to choose whether to participate in Siri grading or not.

“We are committed to delivering a great Siri experience while protecting user privacy […] As part of a future software update, users will have the ability to choose to participate in grading,” the company stated.

みゆうさんが訳してくれた次の記事は、若い女性は絶対に知っておいたほうが良い情報ですよね。日本ではレイプしても起訴されない例が増えています。「旦那! この子とこの子は、あの時の乱れ方が激しくて、しょっちゅう別の男を引き入れています。簡単にいけますよ!」と狙いをつけられてしまうことも・・・


RT 2019/7/27
シリ(Siri)、「日常的に」性交渉を録音 「数えきれないほどの」プライベートな瞬間をAppleの請負人に送信

AIアシスタントであるAppleのシリ(Siri)は、性交渉中の音声、身体的弱点といった医療情報、麻薬取引、その他のプライベートな瞬間を、ユーザーの知らない間に、「等級」を評価する人間に送信している、と内部告発者が明らかにした。

AppleのSiriによる音声補助機能(voice assistant)で録音された音声は、世界中の(人間である)請負人(訳注:仕事としてその業務を請け負って行っている人)に送信されている。匿名の請負人がガーディアンに語ったところによれば、これらの請負人たちは、反応の質が高いかどうか、起動が適切かどうかといった点に基づいて、AIを評価している。彼らは、(AIの)故意でない起動はAppleが設定しているよりもかなり多い(特にアップル・ウォッチのユーザー)と主張し、会社に対して問題の存在を認めるよう求めている。

「医師と患者の間でかわされるプライベートな討議、商取引、犯罪のように見える取引、性交渉などの際に生じる音声が、数えきれないほど録音されている。これらの録音には、ユーザーの現在位置や、コンタクトの詳細、アプリのデータなどを伴って表示される」ことを、内部告発者は明らかにした。

(以下、リンク先のタイトルのみ)

Amazon、アレクサの録音は、ユーザーが消去した後も残る場合があると認める

「アレクサ、誰が私を盗み聞きしてるの?」 何千人もの人間が、Amazonのデバイスから「(音声の)断片」をじっと聞いている

アレクサ、私のご近所さんは何をしてるの? 「ヒューマン・エラー」によって、ユーザーが他人の生活を盗み聞きできる場合も

Amazonの、子どもにやさしいエコー・ドット(Echo Dot)は、子どものプライバシー法に「著しく違反している」ことが調査で判明

外注されたスパイ行為:Google、「多少の」録音を聞き取るための「言語のエキスパート」の存在を認める

「匿名データ」から個人を特定しなおすことは、誰にでもできる 研究員が主張、あなたも試してみて

RT2019/7/27
Siri ‘regularly’ records sex encounters, sends ‘countless’ private moments to Apple contractors
Apple’s Siri AI assistant sends audio of sexual encounters, embarrassing medical information, drug deals, and other private moments recorded without users’ knowledge to human ‘graders’ for evaluation, a whistleblower has revealed.

Recordings from Apple’s Siri voice assistant are fed to human contractors around the world, who grade the AI based on the quality of its response and whether its activation was deliberate, according to an anonymous contractor who spoke to the Guardian. They claimed accidental activations are much more frequent than Apple lets on, especially with Apple Watch users – and wants the company to own up to the problem.

“There have been countless instances of recordings featuring private discussions between doctors and patients, business deals, seemingly criminal dealings, sexual encounters and so on. These recordings are accompanied by user data showing location, contact details, and app data,” the whistleblower revealed.


Amazon admits it keeps some Alexa recordings even when users delete them

'Alexa, who's eavesdropping on me?' 1000s of humans reportedly audit 'snippets' from Amazon devices

Alexa, what’s my neighbor doing? ‘Human error’ allows user to eavesdrop on stranger’s life

Amazon’s kid-friendly Echo Dot is ‘blatant violation’ of child privacy laws, investigation finds

Outsourced spying: Google admits ‘language experts’ listen to ‘some’ assistant recordings

ANYONE can be re-identified from ‘anonymous data’, researchers claim & let you TEST it
posted by ZUKUNASHI at 11:23| Comment(2) | デジタル・インターネット