ずくなしの冷や水

2019年08月01日

パソコンから画像をどこかに送るマルウェアがあるらしい

以前、集団ストーカーの被害にあっているとツイッターで被害の報告をしておられる方が、ある日パソコンの中のあるフォルダーの画像が全部別のおかしなものに変わり、それがまた元に戻ったと書いておられることがあった。

スマホのバックドアのことを調べていて気が付いたのだが、このようなオペレーションはマルウェアやスパイウェアでやれるのではなかろうか。

ある人の持つパソコンの中に保管されている画像を全部吸い上げて違法なものがないか、機密に属するものがないか調べたいとき、パソコンの中に画像を探して読み取り、定められたところに送る役目を果たすソフトを送り込めばいいわけだ。

上の例で画像が全部入れ替わってしまったということだが、これは理由がある。アプロードだけを続けているとイーサーネットの動きがおかしくなり、異常を検知されてしまう恐れがある。それを防ぐには画像を1枚吸い上げると同時にダミーの画像を1枚送り込めばよい。そうすれば、上りの信号も下りの信号も多くなって画像を抜かれていることには気づきにくい。

そして順次画像を吸い上げていって自分のほうから送り込んだ画像が帰ってきたら、そのフォルダーの画像はすべて吸い上げることができたとわかる。

なぜそんなことをするか? パソコンの所有者が人に見せたくないとパソコンの奥にしまっていた秘密の画像を覗いてみたいという動機もあるだろう。

犯罪捜査が目的のこともあるかも知れない。脅迫という狙いを持つこともあるかもしれない。

ある日、こんなメールが送られてくる。

拝啓  ずくなしの冷や水様
いつもブログの更新、暑い中ご苦労様です。
さて、貴殿は、男女のいかがわしい写真や小児性愛の疑いがある幼女の画像を収集しておられると情報を得ました。

こんな写真や


こんな写真に見覚えがおありでしょう。


孫娘だとの触れ込みでカムフラージュしておられますが、幼女のかわいい写真も溢れるほどお持ちですね。

これらの画像は、どんな目的で収集しておられるのでしょう。まさか、個人的ないびつな欲望のためではないと信じていますが、これらの画像が貴殿のセルフィー画像などと一緒に流出した場合、無用な誤解を受けることもあるかもしれません。

下流老人だからもうどうなってもいいとよく書いておられますが、世の中ではそういう老人が晩節を汚したといって蔑みの的になることはよくご存じでしょう。


私どもは、そういう困難な局面に遭遇された善良な市民の方の力になりたいと考えております。

ビットコイン〇〇枚で問題解決のお力になりたいと念じております。1日以内にビットコインでの支払先をお知らせしますので、ご検討ください。


念のため申し上げておきますが、小児性愛の画像は、パソコンなどに記録、保有しているだけで犯罪となり、刑法犯となりますので、どうぞ慎重に対処されることをお勧めします。

アンドロイド携帯とGmailで個人情報を徹底的に抜かれ、そして家で使うパソコンのIPアドレスを把握されたら、ありえないことどころではなく、簡単にやられてしまうことだと思うがどうだろう。

誰かが提示したリンク先をクリックするだけでマルウェアは忍び込んでくるのだから。
posted by ZUKUNASHI at 20:57| Comment(1) | デジタル・インターネット

FedExはファーウエイの荷物を故意に米国へ送っていると思う

※ Bill Rollinson@Rollo54氏の2019/7/31のツイート
返信先: @bbw1984 さん、 @Ian56789さん
A backdoor will allow hackers of all persuasion, not just Government. This is why US are angry with Huawei, they spent a fortune with Sony, Apple and Samsung getting backdoor encryption, Huawei wont allow it.

politicshome 2019/7/31
Priti Patel slams Facebook as she says spooks should see encrypted conversations

Priti Patel has accused Facebook of making it harder for the police to investigate child abuse and terrorism cases as she called for spooks to be handed access to encrypted conversations.

The new Home Secretary hit out at the use of end-to-end encryption to protect the privacy of Facebook and WhatsApp users as she said social media giants must not "empower criminals" with their products.

The comments came after a two-day behind-closed-doors meeting of ministers and officials from the 'Five Eyes' intelligence partnership, made up of the UK, US, Australia, Canada and New Zealand.

Writing in The Telegraph, Ms Patel warned: "Where systems are deliberately designed using end-to-end encryption, which prevents any form of access to content, no matter what crimes that may enable, we must act."

She added: "The use of end-to-end encryption in this way has the potential to have serious consequences for the vital work which companies already undertake to identify and remove child abuse and terrorist content...

"It will also hamper our own law enforcement agencies, and those of our allies, in their ability to identify and stop criminals abusing children, trafficking drugs, weapons and people, or terrorists plotting attacks."

End-to-end encryption means that messages can only be decoded by the sender and the recipient, and tech companies have argued that any move to weaken such tools would empower hackers and make sensitive information more vulnerable.

But, in a joint statement, the Five Eyes nations said: "Tech companies should include mechanisms in the design of their encrypted products and services whereby governments, acting with appropriate legal authority, can obtain access to data in a readable and usable format."

US Attorney General William Barr added: "Encryption presents a unique challenge. We must ensure that we do not stand by as advances in technology create spaces where criminal activity of the most heinous kind can go undetected and unpunished.

"Indeed, making our virtual world more secure should not come at the expense of making us more vulnerable in the real world. We are grateful for the leadership of Home Secretary Patel in facilitating these critical discussions and shared commitment to safety for all."

RT2019/6/24
Beijing could blacklist FedEx as ‘unreliable entity’ after another Huawei delivery screw-up
American courier FedEx has apologized for failing to deliver a package to the US which contained a Huawei smartphone. The incident, which is not the first of its kind to affect Huawei, was explained as an “operational mistake.”

The parcel belonged to PC Magazine which reportedly tried to send a Huawei P30 smartphone from Britain to the United States. Tracking services revealed the shipment was returned to London after it spent several hours in Indianapolis.

“The package in question was mistakenly returned to the shipper, and we apologize for this operational error,” a FedEx spokeswoman told Reuters.

The company also said it “can accept and transport all Huawei products except for any shipments to listed Huawei entities on the US Entity List.”

Following the incident, China’s technology giant Huawei tweeted it was not within FedEx’s right to prevent the delivery. It added that the courier had a “vendetta.”

China’s foreign ministry said on Monday that FedEx should offer a proper explanation.

The so-called ‘operational error’ comes less than a month after FedEx apologized for rerouting packages sent between offices of Huawei. Two packages containing “urgent documents” which were sent from Japan ended up being sent to the US. Huawei’s shipping agent blocked two more from Vietnam, which FedEx had also attempted to reroute. Huawei’s spokesman then said the incident had “undermined their confidence” in the US-based shipping company.

The latest incident has sparked renewed criticism of FedEx on Chinese social media. The topic ‘FedEx apologizes again’ was trending on China’s microblog platform Weibo.

China’s state-run newspaper the Global Times tweeted on Sunday that FedEx is likely to be added to the Chinese government’s upcoming ‘unreliable entities’ list of foreign firms, groups and individuals that harm the interests of Chinese companies.

Huawei has become an important point of conflict between the US and China as a part of the ongoing trade war. In May, the Trump administration added Huawei to the entity list effectively barring it from doing business with American companies which supply Huawei with necessary parts and technology. Google and Microsoft have suspended business with Huawei in order to conform to the US trade ban.

The US alleges that Huawei could be spying for the Chinese government, a claim which the company, along with the Chinese government, has repeatedly denied.
posted by ZUKUNASHI at 18:18| Comment(0) | 国際・政治

China irrigates largest land mass in the world, an area larger than France

RT2019/7/31
China irrigates largest land mass in the world, an area larger than France
The Ministry of Water Resources in China announced that the country has irrigated an area of 74 million hectares, covering half of the nation’s farmlands.

According to ministry official Ni Wenjin, China has the largest expanse of irrigated lands in the world, which helps ensure domestic food security.

“The development of irrigation and drainage is one of the priorities of the ongoing rural vitalization and agricultural modernization drive in China,” said Ni at a Belt and Road forum on irrigation and drainage, as cited by Xinhua News.

Pointer-type spray irrigation equipments irrigating farmlands in the Saibei Management District of Zhangjiakou City, north China's Hebei Province コピーライトマーク Global Look Press

He said the country has seen 20 million more hectares of lands irrigated with agricultural water consumption basically unchanged for three decades. That was possible due to the use of water-saving irrigation technology in 46.3 percent of irrigated lands nationwide.

Ni noted that pricing reforms for agricultural water are also underway to help economize water usage.

According to the official, agreements and memorandums have been inked with over 60 countries regarding irrigation-related cooperation since the Belt and Road Initiative was announced in 2013.

A nation which has to feed nearly 1.4 billion people, China has been building drought and flood resistant farmland over the last eight years. With more than 40 percent of China’s arable land suffering from degradation, the government has been creating 55 billion tons of artificial rain a year since 2013. The efforts are part of a project called Tianhe or ‘Sky River’, in which China hopes to force extra rain over 1.6 million square kilometers, an area roughly three times the size of Spain.
posted by ZUKUNASHI at 17:01| Comment(0) | 国際・政治

茨城や神奈川で何が起きている? 生まない運動でも始まった?

出生数の減少は全国的な傾向ですが、特に茨城県の減少が急です。茨城県は外国人労働者の流入で出生率の低下が緩やかになると期待されましたが、期待に反した結果となっています。

当初つくば市などのある茨城6区に注目しましたが、どの小選挙区も減少が大きくなっています。1年で5%減。4年で20%、5年で25%に届きそうな勢いです。

茨城県の出産適齢の女性たちは、何かに抗議して生まない運動でも始めたのでしょうか。




茨城6区1年前に比べて出生数9%減少
茨城6区
つくば市、土浦市、石岡市、小美玉市(旧・玉里村域)、かすみがうら市、つくばみらい市



@ 出生数の急減がこれからも続くか。続けば4年後には出生数が1年前に比べて半減。

A つくばには大学もある。この事態を地元はどう認識している?

B この小選挙区の人口はわずかながら増加傾向にある。

C 先天的な障害を持つ新生児も増えているとみられる。茨城県は審議会の委員が障害のある者の誕生抑制策について言及したこともある。

茨城7区も1年前に比べて出生率で1割低下
小選挙区 主要市 出生率変化率 死亡率変化率 短期指数
茨城1 水戸市 0.95 0.99 -0.04
茨城2 神栖市 0.96 1.03 -0.07
茨城3 取手市 0.93 1.07 -0.14
茨城4 ひたちなか市 0.94 1.02 -0.08
茨城5 日立市 0.98 1.03 -0.05
茨城6 つくば市 0.90 1.04 -0.13
茨城7 古河市 0.89 0.99 -0.11
群馬1 前橋市 0.96 1.04 -0.08
群馬2 伊勢崎市 0.97 1.04 -0.07
群馬3 太田市 0.94 1.04 -0.10
群馬4 高崎市 0.92 1.05 -0.13
群馬5 渋川市 0.96 1.05 -0.09

2019/7/25に寄せられた投稿を掲載する

 仙台市の月別出生数の変化を検証してみました。
 2018年までは緩やかに減少していましたが、2018年12月を境に前年同月比で10%程の大幅に減少するようになっています。それまでは前年同月比で多い月もありましたが、そういうこともなくなりました。このままで推移すると2018年の出生数8500に対して2019年は7500程度と、前年比–1000の大幅な減少になりそうです。このような非連続的で急激な減少となるのは、何か特別な原因が生じたと考えられます。例えば、極短期間に妊娠可能な女性が10%減少するか、一定の確率で不妊になる何かを極短期間のうちに行ったか、などです。仙台市の20−39歳の女性人口はここ2−3年でほとんど変わっておらず、出生数の減少は妊娠可能な女性の減少によるものではないと考えられます。では、何が原因なのでしょうか?
 日本の主要都市の出生数をみてみると、今年になってから軒並み10%位の減少をしめしているところが多いです。ほぼ同一時期から同程度の出生数の減少が見られるということからは、同じ原因により出生数が減少していることが伺えます。日本の将来が危惧されます。

・・・引用終わり・・・

お説の通りだと考えます。



ただ移動平均値では、2019/5は1年前に比べて34.8人の減ですから年間では400人強の減にとどまると見込まれます。

そうそう、忘れていましたがヒトは有性生殖ですから、生殖能力のある男が10%減っているのかもしれません。男性諸氏も注意が必要です。

・・・・・

2019/6分の人口動態が公表になりましたが、神奈川の数値が悪いです。
神奈川13区大和市などを取り上げます。

2012/6以降の人口10万人当たり出生率の12か月移動平均実数


減少傾向が強まった2014/3以降を対象に直線近似式を求めます。y=-0.0052x+288.38


これで将来推定をすると現在の62人が2025/6には50人程度に減少すると見込まれます。



2016/6からの3年間をもとに


2025/6にはやはり50人程度になると推定されます。


実際にはもう少し大きく減るでしょう。強めの推定にとどめています。福島第一原発事故直後は72人程度でした。それが7年で62人になりあと6年で50人になる。まあ、無理のない推定でしょう。

ウクライナの人口推移について、哲野イサク氏の地方見聞録に詳しい分析がある。そこに掲載されていた年次人口統計から作成。出生率は、チェルノブイリ事故の翌年から、死亡率は事故の4年後から、それぞれ低下、上昇方向に動いている。

もし日本でも同じような変化があるとすると。15年は出生率が下がり続けているから少なくともあと7年、2025年までは下がり続けることになる。

管理人は、日本では出生率の低下ないしは停滞は、さらに長引くと考えているが。
posted by ZUKUNASHI at 15:41| Comment(0) | 福島原発事故

リアルタイム測定表示システムの管理者向けマニュアル

GC10とスティツクパソコンの組み合わせの例です。



次のように配線をつなげばすぐ使えます。



ネット接続でWifi利用の場合は、SSID セキュリティコードの入力でマウスとモニターが必要になります。
モニター画面右下のインターネット接続の操作ポイントから始めて、お使いの無線LANステーションを選び、セキュリティコードを入力します。

有線LANにケーブルで接続する場合は、スティツクパソコンにGC10と有線LANアダプターをつなぎ、電源を入れます。それだけで送信が始まります。送信がなされているかは、http://gm10readings.blog.fc2.com/blog-entry-35.html のページで確認できます。原則10分ごとに画像が送信されます。

すべて接続したら、電源コード差し込み場所の脇にある楕円形のスイッチを灯りがつくまで押して電源を入れます。

WINDOWSが立ち上がり自動でサインインします。
続いて、GC10AのソフトとSHAREXが自動で立ち上がり、GC10のグラフが現れます。しばらくすると、このグラフが自動的に左上の隅に移動します。



重要: 組み込まれたソフトをいじらないでください。パソコンのハードとソフトに習熟した人でなければソフトの組み合わせを理解して操作することはできません。ある程度パソコンを知っているという程度では無理です。いじられると再調整のため返送再送付の手間がかかります。どうしてもいじらないと気が済まない方にはそのための機械を貸し出すことも致します。何度も不調になる場合は、撤収させていただきます。費用がかさみます。

画像キャプチャー、送信ソフトのSHAREXについては、設定をいじらないようにしてください。最適な状態に調整してあります。

ただ、特別な事態が発生して10分間隔の送信を5分間隔に短縮していただくような場合には、調整が必要になりますので、そのような場合のための解説です。

オートキャプチャーのスタートボタンクリックはパソコン起動とともに自動で行われます。送信間隔を変更する場合は画面下の [ヘ]マークを左クリック、続いてSHAREXのマークを右クリックしてメインの操作WINDOWを呼び出します。

SHAREXのメインの操作WINDOW左一番上の Capture をクリックすると次の噴き出しが出ます。その一番下のAutocaptureをクリックします。



Autocaptureの画面です。


上の画面ではRepeat timeが300秒になっていますが、必要な場合はこれを調整します。

そして一番下の横長ボタンがStopと表示されていれば、今秒数をカウントしているということを示します。動いています。SHAREXの画面の右上隅の_印をクリックしてこの画面を見えなくすればOKです。右上の×を押すと送信が止まります。

このシステムを自宅に設置しておけば、海外旅行中でも見慣れた自宅の線量率の動きに異状がないか確認することができるのです。

全般的にスティックパソコンが古くなってきており、内臓電池が消耗し、時刻を保持できない例が出ています。

時刻のずれの修正方法

Windows10 バージョン1809まで

日付と時刻 で
[時刻を自動的に設定する]をオフにします。
[日付と時刻を変更する]がクリックできるようになりますからこれをクリックして時刻を修正します。
終わったら[時刻を自動的に設定する]をオンにします。

Windows10 バージョン1903
時刻と言語 で
[時刻を同期する]の項目の[今すぐ同期]ボタンをクリックする。

電磁波の影響を管理人も確認しましたので、Wifi使用の方には、有線ケーブルへの切り替えをお願いしています。最近のアパートは、有線によるネット接続の環境が整備されています。有線LANアダプターを使うだけで簡単に切り替えができます。それにより測定器の設置場所の制約が生じますが、概して部屋の内側に設置されているモジュラージャックに近いところに置いても空間線量率が大きく下がることはありません。ガンマ線は部屋の内部まで通っているのです。

有線LANアダプターは、高いものから安いものまでいろいろありますが、安いものの中にはWindowsマシンに対応するドライバーがないものもあります。Windowsのバージョンによって異なるようです。アンドロイド用の有線LANアダプターが比較的安価で売られていますが、これも機械によっては動いたり、動かなかったりします。
https://drive.google.com/file/d/1W45Fiy1Ei_-6TrCTec2v24fKnsZNX9RV/view?usp=sharing

ドライバーが必要なアダプターも使えるように事前にインストールするようにしています。
モバイルルーターをお使いの場合は、使用機器の状況を伺い対策を助言しています。助言を不快に思う方もおられるかと思いますが、強制ではありません。電磁波の害を許容範囲とお考えならWifiを使い続けたらよろしいです。

スティックパソコンにGC10、有線LANアダプター、マウスと三つもつなぐと電流が弱まり、GC10が稼働しないことがあります。電気の消費が大きいのはマウス、その次が有線LANアダプターになりましょうか。そもそもGC10、有線LANアダプター、マウスと三つも同時につなげませんが、GC10のケーブルを外すと再起動しないといけなくなりますのでマウスをつなぐときは有線LANアダプターのケーブルを外して操作します。マウスと有線LANアダプターは、つないだ時だけ作動し、いったん切っても復帰に問題が生ずることはありません。

三つを同時につなぐこともできますが、セルフパワーUSBハブという器具が必要です。バスパワーでも使えるものがあるか試験中です。

Windows OSについては、極力バージョン1903へのアプデートを図っています。それにより再起動が少なくなることが期待できるためです。調整のため返送されたスティックパソコンは、1903インストール準備完了の表示が出ています。1903になっていないスティックパソコンについては、手元在庫が復活したら交換させていただきます。アプデートは時間がかかりますし、ディスクのクリーンアップも必要です。

ShareXについては、最新の12.4.1へ切り替えつつあります。ShareXの画像送信先については、時に勝手に変わって所定のサーバーに送られないトラブルが発生することがありましたが、順調なものの設定ファイルを他のパソコンにも適用することにした結果、そのトラブルは減っています。ほぼ見かけません。

もし、送信しないなどのトラブルの場合は次の個所を確認してください。

画面右下のヘの字を左クリック、ShareXのマークを右クリックでトップ画面が開きます。
ShareXのトップ画面を開けて、Histryを見ます。ここに送信履歴が記録されています。
送り先がおかしくなっていないか見てください。

おかしいときは設定ファイルを入れ替えていただくことがあります。
application setting を開けて inportです。
設定ファイルはこちらから最も安定したもののコピーをお送りします。

空間線量率リアルタイム測定送信システムについては、システム開発は一区切りです。

屋外に置く前提であれば
測定器、スティックパソコン、モバイルルーターの組み合わせが使えます。(Wifi使用です)

これにソーラー電池を加えれば、家庭用電源のない場所にも設置できます。いずれも直流5Vを使用します。

屋内設置の場合は(家庭用100V電源が使えれば有線LAN方式に準ずるものとして)
測定器、スティックパソコン、据え置き型LTEルーターの組み合わせが使えます。

スティクパソコンを交換すると機械の名前が変わります。機械ごとのグラフは次のページですべて見ることができます。
空間線量率測定値
このページでは、そのスティックパソコンがどこにあろうと名前に応じた最新(最終)のグラフを表示しています。

一方、

ずくなしの冷や水 リアルタイム空間線量率のぺージは、その時点で稼働中のスティックパソコンが送り出した画像を設置場所に合わせて表示しています。こちらの更新は時に遅れることがあります。

自分たちで空間線量率を測ろう会 リアルタイム空間線量率 全国は、その時点で稼働中の測定点を一覧形式にまとめています。

東北・新潟
千葉
東京・東海
中京・中国
四国・九州・沖縄
は、画像キャプチャー用のサイトです。このサイトの画像を1時間に1回を目安にキャプチャーし保存しています。


これまでスティックパソコン交換の際には機械番号をお知らせしていませんでしたが、有線接続の場合にはモニターを使わない場合もあり、起動画面で機械番号を確認できない場合もありますので、新しい機械の送付の際に機械番号をお知らせします。

このシステムでは最小限の操作で済むように極力自動化しています。
1 グラフ描画、送信、位置指定のソフトは、スタートアップに入れてあり、電源オンと同時に起動します。それぞれが立ち上がるまでに少し時間がかかります。
2 ShareXのキャプチャー画面の指定は、ShareXが記憶しています。送信間隔も同じです。
3 サーバーの送信先は、スティックパソコンごとに指定してあります。
4 有線LANアダプター使用の場合、接続して電源を入れるだけで足ります。操作は必要ありません。最初にネットワークの中で認識できるようにするかどうか聞いてきますが、はいでもいいえでも、どちらでも構いません。クリックしなければひとりでに消えます。

気温が上がってきました。スティックパソコンの温度管理については、次の点にご留意ください。

スティックパソコンは、ソフトのダウンロード、インストール時でなければCPUも稼働が少なく、熱もわずかしか発しません。そのため、平常時はそんなに熱くなりません。

もし、触って熱い!と感じるようであれば、それは何かインストールの作業をしています。毎月セキュリティ関係のソフトの追加がありますが、これは短時間で終わります。

触って熱い!と感じることが多ければ、スティックパソコンを取り替えます。新しく配布したスティックパソコンは、原則として1903をインストールしてありますので、大きな機能更新のためのソフトイン下ストールはありません。

念のため、スティックパソコンは、空中につるす形で設置してください。何も接触しているものがなければ熱を帯びても火災の心配はいりません。過熱すればパソコンが壊れて電気が止まります。管理人は、レジャー用の樹脂製の椅子の周りにスティックパソコンが垂れ下がるような形で設置しています。

グラフ描画ソフト、GC10モニターがおかしくなり再インストールをする方法

GC10のWindowを×しるしを押して消します。

EXPLORERでダウンロードのフォルダーを開き、GC10のフォルダーのジッパーのないものを削除します。

次にジッパーのあるものをクリックして、EXPLORERの画面の上にある「すべて解凍」を指定します。

解凍された新しいフォルダーにある放射能マークをクリックして動かします。このソフトは、スティックパソコンを起動するごとにスタートアップから自動的に起動します。

上の手順でやれば、スタートアップをいじらなくても自動的に起動するはずです。再起動で確かめてください。

システムの中にバッテリーを内蔵する機器が組み込まれているときは、バッテリーの残量が大きく低下しないように留意してください。電圧低下がシステム全体の機能停止につながります。

サーバーから取り出したグラフがいつまでも更新されない場合、次の原因が考えられます。
GC10の稼働が止まっている。GC10の液晶モニタを見てください。

GC10モニターソフトの動きがおかしい。スティックパソコンを再起動してください。

ShareXのHistryを確認してください。ShareXのメイン画面にHistryという項目があり、これを開けると直前までの送信状況がわかります。

送信が不成功になっていれば、アダプター以降のネット接続のどこかに問題があることになります。

2019/8/22、高度なシステムの全体点検調整を行いました。小型モニターが映らなくなったという不調です。

(1) 小型モニターにつなぐ。NO Signalの表示。ケーブルを交換してもダメ

(2) 手元のモニターにつなぐ。GC10グラフソフトは起動しており、グラフを描画しているが、モニター画面の全体的な大きさ、配置がおかしい。

(3) 画像が送信されていない。モバイルルーターのSSIDが入力されていない。モバイルルーターから見ると、接続機器ゼロ。(SSIDが入力されていなかったのはモニターが映らなかったため)

(4) 有線LANアダプターをつなぐ。画像送信。送信された画像は正常。

(5) スティックパソコン再起動、画面の変調は直る。

(6) モバイルルーターのSSID入力、双方で認識。有線LANを止める。
モバイルルーター経由アプロードOK。モバイルルーターは順調だが、電磁波測定器を近づけると高周波の警報が鳴り続ける。やはり離しておくことが必要。

(7) 液晶モニターが不調
HDMI入力不良
VGAアダプターを使ってVGA経由でも改善せず
モニターの設定をリセット、原因は、モニターの左端「PC/AVボタンの選択」が変更になっていた。ケーブルは異常なし。

(8) 再起動、GC10ソフトのWindowの大きさも回復。
画面がおかしいときは様子を見ながら何度か再起動。小型液晶モニターの画面の画素にスティックパソコンが対応していないこともあるための現象の模様。

小型モニターは、衝撃に弱いので注意。

(9) GC10Aのケーブル根元が危うくなっているので別のものと交換

管理者のノートパソコンを使ったシステム試験
スティックパソコンよりも安定している感がある。

ただ、メールなど他の用途にも使っている場合は、その間のグラフ送信を止める必要がある。さもないと書きかけのメールの内容がアプロードされる恐れ。

ShareXのオートキャプチャーを一時止めればよい。Start、Stopボタンを切り替える。GC10Aのデータ処理は継続する。デュアルディスプレイにする方法を検討予定。
posted by ZUKUNASHI at 13:05| Comment(0) | 日記

自衛隊戦闘機が三沢沖でレーダーから消える F-35飛行再開

8SPUTNIK2019/8/1
Japan Announces Plans to Renew F-35 Flights Following April Crash
Japan's Defense Ministry announced it will restart F-35 flights for the first time since one plane crashed in April, Reuters reported Wednesday.
The decision will reportedly come into effect Thursday.
The flights were suspended after a plane that was less than one year old crashed due to pilot disorientation. The plane was the first machine assembled in Japan, Reuters report says.


共同2019/4/11 20:30
航空自衛隊三沢基地(青森県)の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが青森県沖の太平洋に墜落した事故で、当該機は過去に2回、飛行中に不具合が発生し、緊急着陸していたことが11日、分かった。衆院総務委員会で防衛省が明らかにした。
 防衛省によると、不具合が発生したのは2017年6月20日と18年8月8日の計2回。このうち17年の1回目は製造した米ロッキード・マーチンによる配備前の試験飛行中で、機体の冷却系統に関する警報装置が作動した。
 いずれも飛行可能な状態だったものの、緊急着陸した。
 F35Aは、18年1月に空自三沢基地に初配備された。

※ インドア派キャンパースピーカⒻⒸⓀⓁⒹⓅ炎 @I_hate_camp氏の2019/4/11のツイート
衆院総務委。本村(共産)「墜落したF35は三菱重工による組み立て初号機だが、試験飛行中にもトラブルを起こしていた。この初号機だけが米国へ送られて長期間の品質検査を受けている」
墜落した機体だけが再検査?

※ Mie Matsu @miemaneki氏の2019/4/11のツイート
しかし、共産党の情報源は驚くほど早い!!墜落前に連絡してきたパイロットは機体の異常を具体的に伝えたはず。。また隠ぺいしているな〜、これは。

時事2019/4/11
 航空自衛隊三沢基地(青森県)の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが墜落した事故で、制服組トップの山崎幸二統合幕僚長は11日の定例記者会見で、「地元や国民に不安を与えてしまい、深くおわびする」と陳謝した。空自は同日、墜落機のパイロットの氏名を公表した。

RT2019/4/10
Japanese military confirms F-35 crash & discovery of wreckage
Japan’s military has found debris from a F-35A fighter jet that disappeared from radar with one pilot on board during a training mission over the Pacific Ocean on Tuesday evening.

A Japanese Air Self Defense Force (JASDF) spokesman has confirmed that debris from the F-35A plane, which lost radar contact with ground control at Misawa Air Base during a routine training mission off the coast of Aomori Prefecture on Tuesday, has been found.

"We recovered the wreckage and determined it was from the F-35," he told Reuters.

It is the second F-35 crash in the fighter's history, and the first one outside the US. The plane was less than a year old and was delivered to the JASDF last year. It was flying with three others of the same make about 135km off the coast when it disappeared.

Defense Minister Takeshi Iwaya grounded the Air Self-Defense Force’s entire fleet of F-35As as a precaution after the aircraft went missing at about 7:30pm local time, half an hour after taking off. At the same time the fighter disappeared from the radar screens, ground control also lost all radio contact with it.

It was reportedly the first F-35A to be built at the Mitsubishi Heavy Industries facility in Nagoya. In December, Japan announced plans to place an order for 105 more F-35s from the US on top of the 42 it had already bought – a deal which would make Japan the largest international buyer of the troubled plane.

The F-35 is considered the most expensive US military program ever, and a 2018 report by the Project on Government Oversight claims that senior officials involved in developing the aircraft concealed dangerous flaws in its design instead of fixing them in order to avoid paying cost overruns on what was already an enormously expensive project. A 2018 Government Accountability Office report showed the plane had 111 Category One deficiencies that severely restricted its combat readiness, posing the risk of death, severe injury, loss or major damage.

A February report from the Pentagon further revealed that some of the F-35s' lifespan is nearly four times shorter than expected, and the firing accuracy of the fighter's guns is “unacceptable.” The number of operation-ready planes remained below 60 percent, and previously-uncovered cybersecurity “vulnerabilities” were still wide open.

RT2019/4/9
Japanese fighter jet 'disappears from radar' over Pacific
A Japanese stealth fighter jet has disappeared from radar over the Pacific Ocean during a training mission, according to local reports. Radio contact has also reportedly been lost with the plane.

The F35A stealth fighter disappeared at approximately 7.30pm local time Tuesday, reports the Asahi Shimbun. The jet took off with several other aircraft from the Misawa Air Base, roughly 135km northeast of Misawa City, for a regular night-time training exercise about half an hour before the disappearance.

The aircraft is believed to have one pilot on board. A search and rescue operation is already underway, and the Japanese Coast Guard has deployed two patrol ships to look for the aircraft and pilot.

The F35A is a conventional takeoff and landing aircraft, and is the smallest and lightest of the Lockheed Martin series of multirole fighters.

The jet has been deployed at the base since January 2018. Japan’s Ministry of Defense currently has plans to deploy a total of 42 aircraft to the base.

JNN/TBS2019年4月9日(火)23時41分
F35A青森沖で消息絶つ、残り12機の飛行見合わせ
 9日午後7時半ごろ、航空自衛隊・三沢基地所属の最新鋭ステルス戦闘機「F35A」1機が、青森県沖の太平洋上を飛行中に消息を絶ちました。
posted by ZUKUNASHI at 11:13| Comment(6) | 社会・経済

一瞬 異次元空間に紛れ込んだかと

※ ono hiroshi@hiroshimilano氏の2019/7/30のツイート
バカもここまで来ると世界にドン引きされる段階に入りそう。何が日本教育の強みだよ。先進国でダントツに低い教育費や研究費か?世界ランキングでただ下がりの大学か?未だにアナログでプリント配って宿題出す過去の遺産教育か?PC使えない人口が途上国以下のレトロ感か???

教育新聞2019年7月26日
日本の教育を世界に ユネスコ国内委が基本方針案
日本ユネスコ国内委員会は7月26日、「第139回教育小委員会」を文科省で開催し、2020、21年のユネスコ活動について基本方針案を示した。日本の教育の事例や知見を生かして他国の教育を支援し、ユネスコ加盟国に日本の存在感を示す必要性などを盛り込んだ。
2020、21年の活動について議論された日本ユネスコ国内委員会の第139回教育小委員会

方針案では国内の教育の強みを、▽新学習指導要領で「持続可能な社会の創り手」の育成を基盤の理念として位置付け、育みたい資質・能力を軸に、カリキュラム編成や授業改善など一貫した仕組みを整備している▽「知識・技能」「思考力、判断力、表現力等」「学びに向かう力、人間性」などバランスの取れた育成が国際的に評価されている――などと整理。

20、21年のユネスコ事業について、これまでの金銭面の支援から、日本の強みを生かした質的な支援にシフトするべきだとした。

具体的には▽日本の事例や知見を生かした教育コンテンツの共同研究・開発▽教育内容や指導法の工夫・改善支援▽対話・交流や人材育成を活性化するためのネットワーク形成――を挙げた。

委員からは、「多様な人材が増えているなかで、AIやICTなどのコンテンツを活用し、どんな人材を育むかといった育成的視点が、世界にアピールできる日本の強みだ」との意見があった。




posted by ZUKUNASHI at 08:53| Comment(0) | 社会・経済