ずくなしの冷や水

2019年07月18日

Report: US to Send Around 500 Troops to Saudi Arabia Amid Iran Tensions

UAEは軍の一部をイエメンから引き揚げました。サウジは米軍兵士を呼び込みました。

FARSNEWS2019/7/18
Report: US to Send Around 500 Troops to Saudi Arabia Amid Iran Tensions
TEHRAN (FNA)- The administration of US President Donald Trump is reportedly preparing to send hundreds of troops to Saudi Arabia amid escalating tensions with Iran and despite growing criticisms of Washington’s military ties with Riyadh over the regime’s gloomy human rights record.

Citing two US defense officials, CNN reported on Thursday that around five-hundred forces are expected to be dispatched to the Prince Sultan Air Base, located in a desert area East of the Saudi capital of Riyadh.

They stated that a small number of troops and support personnel are already in the air base, with initial preparations being made for a US-made Patriot missile system as well as runway and airfield improvements.

The unnamed US official noted that Washington is expected to fly stealth, fifth-generation F-22 jets and other fighters from the air base.

Commercial high-resolution satellites taken in mid-June by Planet Labs and obtained by CNN, show an initial deployment of US forces and support personnel to the site, according to Jeffrey Lewis, director of the East Asia Nonproliferation Project at the Middlebury Institute of International Studies at Monterey, who has studied the new images.

“A small encampment and construction equipment appeared at the end of a runway by June 27, suggesting that improvements are already underway. The encampment to the east of the runway is typical of Air Force engineering squadrons deployed overseas,” he told CNN.

So far, neither the Pentagon nor Saudi Arabia has made any comment on the issue.

The US has been supporting a 2015-present Saudi-led war against Yemen that seeks to bring back the impoverished country’s former Riyadh-backed officials. The American patronage has featured aerial refueling, which the US only stopped earlier in the year after the Saudi-led coalition grew independent of it, as well as logistical and commando support. Tens of thousands have died since the onset of the war. According to the world body, Yemen is suffering from the most severe famine in more than 100 years. A year after the war was launched, Trump made his maiden foreign visit to Saudi Arabia, announcing more than $100 billion in arms sales to the kingdom. Lawmakers had been holding up the sales amid concerns about civilian casualties in the war and fury at Saudi Arabia over its killing of US-based journalist Jamal Khashoggi in Turkey last year.

The US decision to boost military ties with Saudi Arabia comes despite Congressional outcry over the kingdom’s human rights records. The US administration had cited “alleged threats from Iran” to justify resorting to the provision.

Tensions mounted between Tehran and Washington last May, when Trump pulled the United States out of the 2015 nuclear deal with Iran, officially known as the Joint Comprehensive Plan of Action (JCPOA), and re-imposed harsh sanctions against the Islamic Republic in defiance of global criticism.

Trump and his hawkish advisers National Security Advisor John Bolton and Secretary of State Mike Pompeo have since been stepping up pressure against Iranians.

In early April, the US administration decided to designate Iran's Islamic Revolution Guard Corps (IRGC) as a terrorist organization, while critics called it stupid and dangerous. In a tit-for-tat measure, Tehran labeled the United States Central Command (CENTCOM) in the Middle-East as a terrorist entity.

The tensions saw a sharp rise on the first anniversary of Washington’s exit from the deal as the US moved to ratchet up pressure on Iran by tightening its oil sanctions and sending military reinforcements, including an aircraft carrier strike group, a squadron of B-52 bombers, and a battery of Patriot missiles, to the Persian Gulf region.

Last month, the Pentagon announced it was sending 1,000 additional US forces and more military resources to the Middle East but did not specify which countries they were going to. The forces going to Saudi Arabia are said to be part of this deployment.

Iran has stressed that it will not be the initiator of any war, but reserves the right to self defense and will give a crushing response to any act of aggression by the United States.




posted by ZUKUNASHI at 22:28| Comment(0) | 国際・政治

すごいことになってきた ロシアが Su-35 をトルコに売ってもよいと

SPUTNIK2019/7/18  13:01 18.07.2019(updated 13:04 18.07.2019)
Russia Ready to Discuss Delivery of Su-35 Fighter Jets to Turkey - Rostec
The statement comes on the heels of Washington announcing that Turkey's decision to purchase Russian S-400 air defence systems "renders its continued involvement with the F-35 impossible".

"If our Turkish colleagues express a desire, we are ready to work out deliveries of Su-35 fighter jets", Sergei Chemezov, head of the state corporation Rostec, said on Thursday.

・・・引用終わり・・・

当然そうなるだろうと思っていましたが、トルコは米国が正式に拒否するのを待ってロシア製戦闘機に乗り換えです。すでにロシアとトルコで話はできていますね。

S-400を突破口にしてロシアが米国の武器市場を奪い始めました。

米国が「制裁」を振りかざすために、国際決済手段をドルから自国通貨や元に変えようとする動きも出ています。ドルの没落。となると価値保全は何で?

金価格が上がっています。2011年がこれまでのピークでまだそのピークには至っていません。



RT2019/7/19
US discontent over Turkey’s purchase of Russian S-400s is ‘sign of true competition’
The US has punished Turkey for buying Russian air defense systems by cutting it from the F-35 program. The rationale behind the move is speculative, and Ankara’s example may prompt other US allies to buy Russian, experts told RT.

Turkey received its first deliveries of the S-400 long-range air defense system last week, which it purchased in 2017. The US, which has been promising to retaliate by denying Turkey access to its F-35 fighter jets, delivered on the threat. Washington claims doing otherwise would have exposed the advanced aircraft to surveillance by the Russian system and compromised its stealth capabilities.

The US-advocated link between the two systems is “imaginary” and arbitrary, according to RT’s defense expert Mikhail Khodarenok. The reality is that Turkey, a NATO ally, is boosting its defense capabilities with the purchase and, by extension, makes the entire alliance stronger.

“Everything said by the US officials about the delivery to Turkey of the advanced air defense system should be viewed as a sign of competition between two leading producers of modern weapons – Russia and the US,” he said. “The S-400 Triumf is better than its American counterpart, the PAC-3 Patriot, in almost every regard. Ankara’s preference is not surprising.”

Turkey’s decision to stick to the deal despite extraordinary pressure from Washington shows how badly it needed this type of military hardware, Vladimir Batyuk, a senior fellow with the Moscow-based Institute of the USA and Canada, told RT.

“Denmark or the Netherlands have no reasons to fear for their military security. The ruling elites there may go hysterical from time to time, crying: ‘The Russian bear is about to eat us!’ But everybody knows that’s just politics,” he said. “Turkey has real threats to address.”

The S-400 in particular boosts Turkey’s stance against fellow NATO member Greece. The two nations may share a defense alliance, but have longstanding differences over Cyprus.

For non-NATO nations Turkey’s willingness to go against the US to purchase this Russian system serves as good advertising.

Countries like Saudi Arabia may follow the example of China, India and Turkey and buy S-400 SAMs, Batyuk suggested.

Khodorenok said that, by accusing Russia of using its exported weapons for espionage, the US is engaging in projection.

“The US hardware supplied to foreign nations is full of software backdoors, which allow the US to tune down its specifications or render it completely useless in battle if such need arises,” he said. “Russia is much more honest in that regard… All the buyers, including potential ones, know this.”

Washington’s decision to ban deliveries of F-35s to Turkey and replace parts for the jet produced in Turkey was taken as an invitation to pitch more sales in Russia. Ankara could be interested in Sukhoi Su-35s instead, suggested Sergey Chemezov, the head of the state-owned defense giant Rostech. Turkish officials indicated there may be room for talks in this regard.
posted by ZUKUNASHI at 19:14| Comment(1) | 国際・政治

エボラウイルスなど 日本が保管先の武蔵村山市から「一定の理解」

FARSNEWS2019/7/18
WHO Declares Ebola Outbreak in Congo Global Health Emergency
TEHRAN (FNA)- The World Health Organization announced on Wednesday the deadly Ebola outbreak in the Democratic Republic of Congo is now an international health emergency after the virus spread this week to a city of 2 million people.

The WHO declared the outbreak a "public health emergency of international concern", a rare designation only used for the gravest epidemics, World News reported.

"It is time for the world to take notice," WHO chief Tedros Adhanom Ghebreyesus said in a statement, as he accepted the advice of his advisory board to invoke emergency provisions only used by the UN health agency four times previously.

A WHO expert committee declined on three previous occasions to advise the United Nations health agency to make the declaration, but other experts say the outbreak has long met the conditions.

More than 1,600 people have died since August in the second deadliest Ebola outbreak in history, which is unfolding in a region described as a war zone.

This week the first Ebola case was confirmed in Goma, a major regional crossroads on the Rwandan border with an international airport. Experts have feared this for months.

A declaration of a global health emergency often brings greater international attention and aid.



スプートニク2019/7/2
エボラウイルスなど 日本が保管先の武蔵村山市から「一定の理解」
日本の厚生労働省が研究を目的に輸入を計画するエボラ出血熱など致死率の高い病原体の保管先が、東京都武蔵村山市国立感染症研究所村山庁舎に指定されている件について、根本厚生労働相は同市を訪れ、藤野市長との会談で輸入方針について一定の理解を得たことを明らかにした。この会談結果をもって厚生労働省はウイルスの輸入手続きを開始する。

今回の輸入の目的は来夏の東京五輪、パラリンピックでこうした危険な感染症が持ち込まれた場合に備えた体制作り。輸入対象となっているのはエボラ出血熱、南米出血、ラッサ熱、クリミア・コンゴ出血熱、マールブルグ病−の5種類。

病原体の保管先となる武蔵村山市では住民から不安の声があげられていることから、会談では国の取り組み姿勢が説明され、これに対して市は要望書を渡したうえで、理解を示した。

エボラ出血熱とはどんな病気で、どこから発症?

エボラ出血熱は2018年7月末から8月初めにかけてコンゴ民主共和国で発生した。病気のウイルスは野生動物から人間に伝播する。感染すると高熱、筋肉の痛み、頭痛、喉の痛みなどの症状が現れ、続いて嘔吐、下痢、発疹、腎臓及び肝臓の機能低下が始まり、出血や内出血に至るケースもある。

コンゴででのエボラ出血熱の流行はすでに10回目を数える。 またエボラ出血熱は2015年には西アフリカで流行し、主にギニア、シエラレオネ、リベリアの3カ国に拡大した。

・・・引用終わり・・・

この件については、読者から次のような注意喚起が届いています。

ちょっと前の話ですが、横田基地そばにある国立感染症分館にエボラ出血熱ウイルスが米国から持ち込まれたという情報がありました。
以前、西アフリカのリベリアで大流行したものと同じで、私は米国の仕業と考えています。
もしかしたら、オリンピック以降に実用される可能性も無きしにもあらずと思われるので、私的には要注意と思っています。
posted by ZUKUNASHI at 17:34| Comment(0) | 健康づくり

優しい国、治安はしっかりする、平和を愛する国という印象を残していく『道義国家』

3年前の記事です。仮に3年前であっても情勢認識は基本的に間違えていると思います。目指すところも意図的にポイントを外しています。

The Huffington Post 2016年07月13日 20時12分 JST | 更新 2016年07月16日 17時23分 JST
「改憲は絶好のチャンス。我々は軍隊をつくる」日本会議の会長が、参院選後に狙うこと
「日本会議としては、これからいろいろな運動を検討して乗り出していくんだと思います」と、改憲運動を加速させたいとの希望を述べた。

7月10日投開票の参院選の結果、戦後初めて、改憲勢力が衆参両院で3分の2以上を占めた。

保守系団体「日本会議」は、全国の地方議会に憲法改正決議案の議決を求めるなど、改憲運動を繰り広げてきた。この団体を支援する議員連盟「日本会議国会議員懇談会」には、現職国会議員の4割が参加していると言われる。その動員力の高さや正確さという「魅力こそが、政治家たちを『改憲』に向かわせる原動力」と、菅野完氏は『日本会議の研究』(扶桑社新書)の中で分析している。

日本会議会長の田久保忠衛・杏林大名誉教授は7月13日、日本外国特派員協会で記者会見し、改憲について「絶好のチャンスを迎えた。私が安倍(晋三首相)さんなら、任期内に全力を挙げて実現したい」「日本会議としては、これからいろいろな運動を検討して乗り出していくんだと思います」と、改憲運動を加速させたいとの希望を述べた。

一方で「同じ自民党の中でも憲法改正に慎重な人も、積極的な人もいる。自民党の中でも一本にまとめるのは相当難しい。まして野党を見ていると、憲法9条(改正)に反対と明確に申す人もいるので、日本全体がどう動いていくのか。国際情勢も大きな要因になる」と、実現は容易でないとの見方も示した。

日本会議は憲法9条を改正して自衛隊を国軍とすること、「家族の保護」規定を設けること、緊急時に憲法を停止する「緊急事態条項」を盛り込むことを求めている。田久保氏は、国際情勢の変化を理由に、改憲で日本の軍事的な存在感を国際的に高めたいとの狙いを明言した。

「おそらく10年後には憲法は改正される。北東アジアの一角に普通の国が出現する。我々は軍隊をつくるけども、シビリアンコントロールを定めて関係国に心配を起こさせない。優しい国、治安はしっかりする、平和を愛する国という印象を残していく『道義国家』が目的だ」

「中国の膨張主義とアメリカの内向きの間に立って、日本はどうしなければいけないか。戦前の軍隊を復活するなんて、おどろおどろしいことを言わないで欲しい。自衛隊のシステムを普通の国のような軍隊にして憲法に盛り込む。護憲派の言い分は中国の言っていることと極めて似ている」

日本の皇室の歴史を語り始めると、身ぶりを交えながら逐次通訳が止めるのも聞かずに語り続ける田久保氏だったが、日本会議の個別の運動方針を尋ねられると「日本会議の具体的にどういう施策をしているか、お恥ずかしながら掌握していない。子供の体罰…どうしろと言ってるんでしょうか」と、質問した記者に聞き返す場面も見られた。

会場には『日本会議とは何か』の著者、菅野完氏も姿を見せた。

田久保さんがお飾りでしかないことがよくわかった記者会見でした。
最後に、田久保さん、「私は、日本会議のこれまでの主張をつまびらかに知らないが」って言っちゃったもんw
椛島有三出てこいよ。
− 菅野完 (@noiehoie) 2016年7月13日
posted by ZUKUNASHI at 12:55| Comment(0) | 社会・経済

孫娘には子宮頸がんワクチンは打たせない その1

孫娘が子宮頸がんワクチン接種適齢になるまではまだ長い年数がありますが、義理の娘、孫娘の母親には、機会があるごとに子宮頸がんワクチンの問題点を伝えるとともに、本人には子宮頸がん検診を受けるよう勧めることにしました。

管理人には、読者に一定の方向性を勧める専門知識はありませんが、これまで記事を書いてきて推進派の立場にある人たちの見識、人間性に疑問を感じます。

次の記事はご参考になると思います。
田中康夫
ささやかだけど、 たしかなこと。

子宮頸がんのワクチン投与に毎年1,000億円近い公費が投じられているのだそうです。推進の立場にある人たちの関心の大きな部分がこの公費なのだとみています。

※ 松藤美香 @mikarin_tokyo氏の12:09 - 2018年2月22日のツイート
松藤美香さんがAdagioをリツイートしました
衝撃的ですね。
2006年当時のオーストラリア首相が「娘のために子宮頸がんワクチン HPVワクチンを拒否」
娘のために接種させなかった。
って、どんな情報を持っていらしたのでしょうね?
製薬会社の社員も接種しない理由が隠れていそう。
オバマ前大統領のお嬢さんが接種しなかったのも同じ理由かな?

※ Adagio @Murayoko1192Mew氏の7:04 - 2018年2月22日のツイート
AdagioさんがBecky Hastingsをリツイートしました
2006: トニー・アボット首相は娘のために HPVワクチンを拒否した。
今、彼はオーストラリアから離れて選択を取った#Mybodymychoice 訳Microsoft 子宮頸がんワクチン

※ Becky Hastings @BeckyCT氏の9:41 - 2015年4月27日のツイート
In 2006: Prime Minister Tony Abbott refused HPV vaccines 4 his daughters.
Now he's taken CHOICE away from Australians
#Mybodymychoice

※ 池田としえ(利恵) @toshi2133氏の2019/5/15のツイート
池田としえ(利恵)さんがこりこをリツイートしました
当時、子宮頚がん予防ワクチンと言ってた頃、推進派の皆さんは漏れ無くその様に伝えていた様な気がします。『ワクチン接種したら癌が防げる。癌を防ぐ唯一のワクチンなんです』と。これは言い過ぎです。HPVの幾つかの型を予防する、それが事実です。癌を完全に予防する事は未だ証明もされていません。

※ こりこ @korimaru0206氏の13:16 - 2019年5月15日のツイート
HPVワクチン。
みんなもっと怒ってもいいはず。最初は"子宮頚がん予防ワクチン"と名前を付けて、これを6カ月以内に3回きっちり打ったら必ず子宮頚がんを防げると言われて接種したのだから。

※ Stri9s2wice(肉球新党党員) @midorinotom337氏の2019/5/15のツイート
返信先: @korimaru0206さん、@maisonmiyukiさん
たとえ子宮頸がんを予防できたとしてもその副作用で生活動作すらおぼつかなくなっている被害者をみるといたたまれません。本末転倒じゃないか。

※ nekomama @neko08221211氏の2019/5/15のツイート
nekomamaさんがMamiko_Yamadaをリツイートしました
多くの被害者が接種後の副反応で多数の病院を巡り治療病院を探しました
被害者連絡会に辿りつき、副反応を診て頂けると医師に会えました
厚労省治療拠点病院では、ワクチン被害に反発的で冷たい対応を受けた
誰もが対応について話すことは同じ
治療して頂ける病院も被害者でパンパン、長時間労働、感謝

新日本婦人の会は以前子宮頸がん予防ワクチンの推進に力を入れていた時期があったのだそうです。
2010年5月29日(土)「しんぶん赤旗」
子宮頸がん予防のワクチン助成ぜひ
新婦人が署名提出
 新日本婦人の会(新婦人)は26日、神奈川、埼玉、千葉、東京、熊本から会員が参加して「子宮頸(けい)がん予防ワクチン接種に公費助成を求める署名」2万人分を国会に提出しました。日本共産党の高橋ちづ子、笠井亮両衆院議員と山下芳生参院議員が署名を受け取り、激励しました。
・・・引用終わり・・・
この記事は新聞赤旗のものですので残っていますが、新日本婦人の会のサイトからはそれに関連した情報はすべて消えたそうです。

※ 松藤美香 @mikarin_tokyo氏の2019/5/19のツイート
松藤美香さんがseki_yoをリツイートしました
副反応を取材?
村中氏が日本で唯一の全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会に取材を申し込んで来た事はありません。
村中璃子氏は当会員少女のラインIDを不適切に取得。親に内緒で会おうとして取材は失敗。親御さんから抗議の内容証明が送られた経緯あり。
https://hpvv-nonono.wixsite.com/mysite

※ Mamiko_Yamada @No_hpvv_kanagaw氏の2019/5/21のツイート
厚生労働省資料にも、HPVワクチン後遺症症例として掲載されている娘。ステロイドパルス、高濃度ビタミンCを含むVCGカクテル点滴、サプリメント、食餌療法で症状は改善し日常生活は送れるようになったが、激痛、脱力、痙攣や不随意運動等、いまだに残る症状が毎日のように娘に襲いかかる。

※ seki_yo @seki_yo氏の2019/5/21のツイート
講演要旨 (bokemontaro さん) 2.
「質疑応答、ワクチンの積極的勧奨が再開されなかったため、将来、子宮頸がんになった人が裁判に訴えた場合にどこが賠償するか?法律家によると、国ではなく、市町村の責任。その法律家は推進派なので、そう言って、市町村を脅していると。いやはやビックリ」

※ おとーさんだよ @JR0APB氏の2019/5/21のツイート
おとーさんだよさんが池田としえ(利恵)をリツイートしました
命がおしけりゃ医者と薬屋の言うことは言うことは話し半分に聞いといた方が良い。医者の世界じゃ薬屋の言いなりにするのが良い医者の条件だから。
おとーさんだよ @JR0APB氏のプロフィル
娘が子宮頸がんワクチンを打ってからもう5年、いまだに副作用に苦しんでいる。もっと楽しい話題でツイートしたいのに。娘との生活を6年前に戻したい.被害の可能性を事前にスクリーニングする方法はあるはずだ。もし娘が子宮頸がんで死んだらつらいけど、大事な青春を苦痛と不幸に悶え苦しみながら娘と過ごす家族も悲惨だと理解してほしい。

2019年05月13日
髭の宮川剛氏 教授内定取り消し 子宮頸がんワクチン問題で一躍時の人に

東京新聞2019年6月3日 朝刊
<税を追う>製薬マネー「営業道具」に 奨学寄付金「医師の貢献度で」
 製薬業界から大学医学部や医療系の各学会へ年間三百億円近い寄付が行われていた。特に医療界の有力者が集う大学医学部に研究費として提供する「奨学寄付金」は、使途に明確な制限がなく、教授らの間では「使い勝手が良い」と重宝がられてきた。かつて医師への過剰な接待や抱き込みが批判されてきた薬の売り込み競争。近年は業界で透明化に取り組むが、製薬マネーを営業の有力な「道具」に使う実態はまだ残っている。 (「税を追う」取材班)
 「折り入って相談があります」。中堅製薬会社の営業担当者(MR)は担当する大学病院の医師から、そんな電話を受けたことがある。奨学寄付金の無心だった。別の医師からは「寄付金を入れないと、薬を使わないぞ」と高圧的に求められたこともあった。
 「奨学寄付金を出すかどうかは本社の判断で、医師の貢献度にかかっている。やはり薬の売り上げが多い場合はランクが上がる」とこのMR。「貢献度が高ければ本社の担当者を連れて行くが、低ければ支店長が丁寧に断る」
 日本製薬工業協会(製薬協)は二〇一四年、会員企業に「奨学寄付金の提供の在り方」を通知。「社内の営業部門から独立した組織で利益相反を十分確認し(寄付を)決定する」とした。
 「利益相反」とは、医師らの研究グループが製薬企業から資金提供を受けている場合、薬の処方や臨床研究が企業の利益のために行われ、患者の利益が損なわれるのではないかと疑われる状況を指す。通知は、患者の不利益にならないよう求めた。
 製薬会社の中には、奨学寄付金を公募にし、営業部門から切り離すところが増えたが、大手メーカーの幹部は「いまだに奨学寄付金を営業部隊の交際費のように使っている会社は少なくない」と打ち明ける。
 先のMRは「製薬会社には販売に力を入れる『注力品目』があり、新薬が発売された場合など、時々で変わる。奨学寄付金は、注力品目が含まれる診療科の医師に優先的に提供されることが多い」と話す。
 大学側も奨学寄付金に頼りがちな実情がある。「大学院生が学会に出席するための旅費や参加費に充てていた」。そう話すのはある国立大の名誉教授だ。
 「何十人と抱える大学院生のために、奨学寄付金を稼ぐことが教授の仕事だと思っていた」。ただ、薬を使う見返りに寄付金を受け取る状況に、忸怩(じくじ)たる思いを抱いていたという。
 「賄賂と大して変わらなかった。利益相反の対象である製薬会社が出すお金はやはり筋違いですよ」

※ こりこ @korimaru0206
しぇりーさんは消してしまったが、HPVワクチンgardasilの治験に使われたプラセボについて。多くの医者がプラセボは生理食塩水に決まっているだろうと言って中傷していたが、実際にはガーダシルの対照群にアジュバント、ガーダシル9の対照群にはガーダシルを使用されていた。

※ たぬきち @TOTB1984氏の2019/6/10のツイート
たぬきちさんがDr.Koba@男性ホルモンをリツイートしました
血尿で泌尿器科を受診した患者さんが、結果的に進行した子宮頸がんが膀胱の内部まで進展し、膀胱内から出血している場合もあります。
そこまで進行した方は、癌の進行度としてはStage Wです。
ワクチンは非常に重要ですが...
せめて検診さえ受けていれば、多くの方はそこまでの進行は防げます。

※ こりこ @korimaru0206氏の2019/6/19のツイート
久住医師はHPVワクチン被害者をブロックしているのに、連絡会事務局長や神奈川県支部長、kikiさんらはブロックせずに執拗に絡んでいる。よほど痛いところを突かれているんだろうね。ワクチンを勧める医者がワクチンの被害を訴える人たちを罵る姿を見たら、誰も接種したいとは思わないよね。

※ 松藤美香 @mikarin_tokyo氏の2019/6/27のツイート
松藤美香さんがkikiをリツイートしました
悪質ですね。子宮頸がんワクチンの勧奨接種再開の為、接種率の低い国のデータを故意的除外。あたかも日本だけが低接種率だと強調していた訳ですか。日本医師会シンポジウムでも除外したグラフを出していた。低接種率は日本だけの様な印象付け。それを指摘する専門家(医師)もいなかった。
#HPVワクチン

※ kiki @khaddar88氏の13:10 - 2019年6月27日のツイート
Garland論文のSupplementary Table 1のデータを改変作成。宮城悦子: 子宮頸がんとHPV 医学と薬学 76: 143-152, 2019の総説に同じ図表が引用されている。Hanleyからもらったのだろう。ルーマニア<5%, フランス17%, ギリシア5-27%, ルクセンブルク29%でした。これらを隠蔽。

※ 松藤美香 @mikarin_tokyo氏の2019/6/29のツイート
松藤美香さんがkikiをリツイートしました
子宮頸がんワクチン推進のための記事に掲載されていた、高接種率の国と低接種率の日本だけのグラフ。他の低接種率の国を省いていたと騒がれて、こっそり差し替えですか。
推進派は嘘や不正を公の記事でもするから信用されないのですよ。
#HPVワクチン #副反応 #副作用

※ kiki @khaddar88氏の2:12 - 2019年6月29日のツイート
岩永氏は札幌滞在中だったらしいけれど、 記事中のグラフが差し替えられてしまった。
素早い動きですね。
ハンリー氏からのデータがふたつあったんですか?
それが問題なんですよ。

※ sivad @sivad氏の2019/7/6のツイート
言うまでもないですが、HPVワクチン副反応被害者はワクチンを接種したから被害にあったのであって、「反ワクチン」ではありません。副反応問題で「反ワクチン」とレッテルを貼る方は、その時点で不誠実な論者とみなしてよいでしょう。

※ yamada mamiko @daizu316氏の2019/7/6のツイート
yamada mamikoさんがガテンをリツイートしました
自称副反応被害者と副反応被害者の違いは何でしょうか?救済の邪魔をしているとはどういうことなのでしょうか?具体的に言っていただきたい。

ガテン @RrK9xKwM96pOWu6氏の17:54 - 2019年7月4日 のツイート
返信先: @PWRofCommunityさん、@papa_pahooさん、他
自称副反応被害者の母が多すぎて…
本当の副反応被害者の救済の邪魔するのはやめてくれ!

※ はたらきあり @FxSUcvCwFO5Sce5氏の23:12 - 2019年7月7日のツイート
私達を反ワクチンと決めつけ叩きたい人はどうして見たこともない娘達の症状を解ったような口調でツイートするんだろう?自分等の知識のみでどんどん話を進めてエスカレートしていってる。ツイートだけで活動の全てがわかるとでも思っているのか?知らないことなんだから手を出すなよ。

※ 前田牧/はかた法律事務所(HPVワクチン薬害専用) @hakatalawofficeの2019/7/12のツイート
最高裁のサイトに池田元信州大教授の名誉毀損裁判の全文が掲載されています。村中氏とウェッジの全面敗訴であることがわかります。
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/662/088662_hanrei.pdf

※ 松藤美香 @mikarin_tokyo氏の2019/7/16のツイート
返信先: @usotsukibakariさん
うわーショッキング
このアカウント、全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会会員と偽ったプロフまで乗せて、情報取っていたんですね。しかも被害のツイートをリツイートまでして工作。
こんな事までして、子宮頸がんワクチンの被害者を貶めたいのか!
嘘つきすぎて吐き気がします。

※ Mr.S @MrS89715471氏の2019/7/16のツイート
返信先: @usotsukibakariさん、@atom3941さん
パパぱふぅ……
ここまでするか……
子供がいる父親なんだろ。
自分の父親がこんな卑怯者なら、自殺するわ。
サイ〇パスだから、それでも、なんとも思わないのだろうが……

※ september @september7357氏の2019/7/16のツイート
返信先: @september7357さん、@usotsukibakariさん、他
アカウントを削除したようです。
卑怯者!

※ nekomama @neko08221211氏の2019/7/17のツイート
nekomamaさんがmiyumamaをリツイートしました
子宮頸がんワクチン被害について、確かな情報を。
まだ間に合います。
どうか被害を知ってください。
ワクチン接種が正しいのか?
被害を回避してください。


・・・・・

被害者とその家族の声で始まった子宮頸がんワクチンの副作用のリスクの訴え。深刻ですし、真実です。日本では、子宮頸がんワクチンの接種を広めようとするエージェントに人格が疑われる人もいて、彼らの戦略はメタメタです。いずれ名誉棄損の裁判も二審の結果が出るでしょう。日本市民発の医療リスク情報の発信を強めていきましょう。日本人の市民レベルの国際貢献になります。

この記事を掲げて約1か月になりますが、これまで推進の立場にあるとみられるコメントは1件だけです。岡山県井原市にあるIbaraネットからの発信でした。承認したあとよく読んですぐ不承認にしましたが、地方から真っ先にコメントが入ることは珍しいです。どんな意図でコメントを入れたのか計りかねています。1件いくらでインセンチブでもあるんですかね。

孫娘には子宮頸がんワクチンは打たせない その2
posted by ZUKUNASHI at 08:17| Comment(5) | 健康づくり

Russian Scientists Find New Way to Use Silicon Nanoparticles in Fight Against Cancer

SPUTNIK2019/7/15
Russian Scientists Find New Way to Use Silicon Nanoparticles in Fight Against Cancer
The method is touted as a significant step forward toward the creation of effective non-invasive procedures in the discovery and treatment of cancer.

Russian scientists from Lebedev Physical Institute of the Russian Academy of Sciences, National Research Nuclear University MEPhI, G.G. Devyatykh Institute of Chemistry of High-Purity Substances of the Russian Academy together with their European colleagues have come up with a unique way of using silicon nanoparticles for diagnostics purposes great for oncological treatment.

When coated with a special type of polymer, such as polyethylene glycol, silicon nanoparticles can be injected into a patient. There, they freely circulate inside the bloodstream, accumulating in a potential tumour area, sometimes with the help of special subcellular organ-selective 'address molecules' which similarly accumulate around the cancerous area.

After latching on to their target, the nanoparticles can then be detected from outside the body optically, for example, by using fluorescent light. They can also be equipped to transport medicines such as radionuclides to the affected area to help eliminate the tumorous growth.

The particles are perfectly safe, thanks to their compatibility with the human immune system and ability to biodegrade inside the body once their mission is complete.

However, the existing detection methods are not perfect, with scientists unable to precisely locate them when they are lodged in tissue, for example.

But now, Dr Andrei Kabashin, scientific director of the Institute of Engineering Physics for Biomedicine at the MEPhI National Research Nuclear University, says he and his colleagues from other Russian universities, and researchers from France, Ukraine, Switzerland, and the Czech Republic, have come up with a unique solution to the imaging problem.

"Such nanoparticles can have a powerful nonlinear response under optical excitation, specifically, through the simultaneous generation of frequency doubling, as well as two-photon tumescence. The generation of signals caused by these two effects is directly proportional to the size of the silicon nanoparticles," Dr Kabashin explained.

Put another way, when acted upon using the above tools, the frequency-sensitive nanoparticles can be spotted in their hiding places within a patient's tissue, and precisely mapped in three dimensions.

According to Dr Kabashin, the new detection method makes it possible for scientists to "reconsider the problem of bio-imaging for one of the most promising nanomaterials." Pending further study, this innovative new method could aid the existing therapeutic functionality of silicon nanoparticles in the fight against cancer.
posted by ZUKUNASHI at 00:36| Comment(0) | 健康づくり

Russia Sends Heavy Military Equipment to Syrian Army Positions in Hama

FARSNEWS2019/7/17
Hama-Idlib: 6 Tahrir Al-Sham's Command Centers, Arms Depot Destroyed in Russian, Syrian Airstrikes
TEHRAN (FNA)- A sum of 6 command centers and an arms depot as well as military equipment of Tahrir al-Sham al-Hay'at (the Levant Liberation Board or the Al-Nusra Front) were destroyed in joint airstrikes by Russian and Syrian air forces in Hama and Idlib provinces, media sources said.

The Arabic-language website of the Russian Sputnik News Agency quoted a military source as saying that the Russian and Syrian fighter jets in their continued raids pounded the terrorist groups' military positions in the towns of Khan Sheikhoun, Tarmala, Kafar Ain and the surroundings of Jisr al-Shoughour in Southern and Southwestern Idlib as well as the towns of al-Hawijeh and al-Hawash in Northwestern Hama.

The source noted that during the attacks, six command posts of Tahrir al-Sham and Turkistani Party terrorists as well as an arms depot and military base of Chechen terrorists were destroyed.

In a relevant development on Saturday, the Syrian and Russian air forces conducted several joint military operations against the terrorists’ military positions and command centers in Northern Hama and Southern Idlib, inflicting heavy losses on the militants.

The Arabic-language website of Russian Sputnik news agency quoted a military source as saying that the Russian and Syrian fighter jets attacked the military positions of Tarir al-Sham al-Hay’at (the Levant Liberation Board or the Al-Nusra Front) and Islamic Turkistani Party terrorist groups several times in Khan Sheikhoun, Ariha, Ma’aret al-Numan and Jisr al-Shoghour in Western Idlib and their centers inside the city of Idlib.

The source reiterated that several command centers of Tahrir al-Sham and Turkistani Party terrorists were destroyed during the attack and over 100 foreign terrorists were killed and tens more were wounded.

He also noted that the joint airstrikes on the military positions of Tahrir al-Sham and Jeish al-Izzaeh in Kafar Zita and al-Latamineh in Northern Hama left several command centers, operation room, gatherings and military operations destroyed.

Meantime, the Arabic-language al-Morasseloun News Website quoted battlefield sources as saying that at least 71 terrorists were killed in a recent foiled attack on al-Hamamiat town in Northern Hama and over 115 of them were also wounded.


FARSNEWS2019/7/16
Russia Sends Heavy Military Equipment to Syrian Army Positions in Hama
TEHRAN (FNA)- The Russian Army has sent heavy military equipment to the Syrian Army’s military positions in Northern Hama as Damascus government forces launched ground and air raids on the terrorists’ military positions and movements in Northern Hama and Western Aleppo, media reports said Tuesday.

The pro-militants Smart News website quoted special sources as saying that the Russian Army has sent large amount of weapons and military equipment comprising artillery units and missile launchers as well as many military tanks for the Syrian Army in contact lines with terrorists in Northern Hama.

It noted that the Russian military equipment had arrived in Syria’s Tartus port on two ships.

The Arabic-language al-Watan newspaper also reported that the Syrian Army units pounded the terrorists’ movements in Tal Sakik and Atshan regions in Northern Hama, killing and injuring a large number of terrorists.

The Syrian Air Force also pounded the terrorists’ military positons and movements in Northern and Northwestern Hama, destroying the terrorists’ military equipment and killing a number of them.

In Northern Aleppo, the Syrian Army’s artillery units destroyed several military positions of the terrorists in response to attacks by the terrorists stationed in Rashedeen region in Western Aleppo on residential areas of Aleppo City as well as civilian casualties.

In a relevant development in late May, the Syrian Army launched air and ground strikes on Ankara-backed militants across Aleppo province.

The Syria Army had engaged in fierce clashes with Faylaq al-Sales terrorists as artillery units pounded the Ankara-backed militants' military positions near the town of al-Bab in Northern Aleppo, the Arabic-language al-Watan newspaper reported.

Field sources, meantime, reported that several military vehicles of the Turkey-backed terrorists were destroyed in clashes with the Syrian army, adding that several militants were killed in exchange of fire.

The sources further said that the Syrian Army's artillery units also pounded the terrorists' military positions in the town of Khalseh in Southern Aleppo.

The Syrian Air Force carried out several airstrikes over territories South-West of Aleppo province, AMN reported.

According to a military source in Aleppo city, the Syrian Air Force specifically targeted the Regiment 46 Base that is located just North of the provincial borderline of Idlib.

The heavy bombardment by the Syrian Air Force came just days after the Syrian Army sent a large number of reinforcements to the Southern Aleppo town of Al-Hadher.
posted by ZUKUNASHI at 00:02| Comment(0) | 国際・政治