ずくなしの冷や水

2019年07月06日

トルコ警察がカルホルニウムを押収

SPUTNIK2019/7/6
Turkish Police Find Radioactive Substance Used in Production of Nuclear Weapons in a Car - Officials

Police officers in the Turkish province of Bolu found 18 grams of californium radioactive substance used in the production of nuclear warheads in a car, according to a statement by the local administration.

Police officers stopped a car in the province of Bolu, near the Atatürk Forest Park.

"During the search, 18.1 grams of californium, which is used in nuclear warheads and nuclear power plants, were seized. This substance, valued at $72 million, requires special authorisation to import, transport and store research," the administration said in a statement.

​It is noted that five people were detained in this case and an investigation is underway.

RT2019/7/6
Nuclear weapon material worth $72mn seized in a car in Turkey
Five suspects were detained in the raid, and the mixture was taken to the Turkish Atomic Energy Agency (TAEK) for a detailed analysis.

Californium is named after the place where it was synthesized back in 1950 – a laboratory at the University of California. Apart from being used to manufacture nukes and nuclear-powered reactors, the element also has a range of rather innocuous civilian applications. It can be a part of metal detectors and used in cancer treatment as well as oil, silver and gold mining operations. Still, the substance is highly dangerous and its production, distribution and transportation is restricted. Currently, only the US and Russia synthesize the isotope.

It is not the first time the Turkish police reported about a major bust involving californium.

In a scare in March last year, police in Ankara said it had seized a whopping 1.4kg of the same substance in a car following a tip-off. That time, though, it turned out to be false alarm, as the haul was later found to have no trace of nuclear or radioactive material, and was, in fact, organic matter.

カリホルニウムは、自発核分裂し中性子を出すので核爆弾の起爆剤に使われています。原発の稼働開始時に核反応を引き起こす際にも使われるとか。数マイクログラムらしいですけど。
ラジオアイソトープとして売られているようですが。
中性子とアルファ線を出しますから、容器に入っていればGM管式ガンマ線探知機ではわからない。
でも中性子は容器を通り抜けますから大変危険。
1g21億円の時もあったとか。本物なら7200万ドル相当もあり得ることになりますが、でも本物でしょうか。

トルコは、人間の臓器も放射性物質もなんでも扱う市場がある?

ATOMICA
ラジオアイソトープ(RI)中性子源 (08-01-03-16)
posted by ZUKUNASHI at 22:41| Comment(0) | 国際・政治

日本人にもRTロシアトゥデイの評価が高まっている

※ 佐藤 翔太郎 @Mr_ShotaroSato氏の19:00 - 2019年3月30日のツイート
返信先: @trappedsoldierさん
RT AmericaはCNNやNBCをクビになった人を結構受け入れてますからね。
MSNBC("リベラル")の方がCNNよりも深刻かもしれません。
最近でもジョン・ブレナン元CIA長官をコメンテーターに起用しました。
日本ですらスパイの元締めをコメンテーターなんかにしません。ましてや"リベラル"が。

※ mko @trappedsoldier氏の2019/3/30のツイート
mkoさんがkahoriをリツイートしました
アメリカの左派メディア??? ワシントンポストやNYタイムズのこと? ネオコンのマウスピースだよ。で、あなたはロイター? どれも軍需産業ひもつきじゃん!

※ mko @trappedsoldier氏の2019/3/30のツイート
mkoさんが佐藤 翔太郎をリツイートしました
RTがなければ、どうなっていたかと恐怖します。ロシアのニュースは理屈っぽいが、なれてくるといろんな出来事がパズルのようにはまって行き、ニュースの意味が理解できてすっきりする。「プーチンがヒットラー」と百万回言われても、立証にはならない。しかしCNNを先頭にそんなメディアばかりですね

※ 佐藤 翔太郎 @Mr_ShotaroSato氏の18:49 - 2019年3月30日のツイート
返信先: @trappedsoldierさん
RT Americaが一番リベラルだと思います。ロシアの放送局ですが。

・・・引用終わり・・・

「いろんな出来事がパズルのようにはまって行き、ニュースの意味が理解できてすっきりする。」
とてもうまい表現

RTは各種言語版があります。日本語版はありません。管理人が見ているのは、RT.com  世界のニュースが流れます。

初出 2019-03-31 12:34:01 以下の追記は2019/7/6

ウェブトラフィックランキング


ユーチューブ閲覧ランキング


設立時期
posted by ZUKUNASHI at 21:27| Comment(0) | 国際・政治

South Koreans urge boycott of Japanese goods in row over WWII forced labor

RT2019/7/6
South Koreans urge boycott of Japanese goods in row over WWII forced labor
Demands in South Korea for a boycott of Japanese goods are picking up steam after Tokyo imposed new trade restrictions on high-tech exports, rekindling a dispute over compensation for victims of historical war crimes.

By Friday, over 28,000 South Koreans had signed a petition on a government website calling for a boycott of Japanese products and tourism, and asking the government to “respond with force” to Tokyo’s new trade restrictions on exports of materials used to make smartphones and other electronics.

Relations between the two countries have long been marred by memories of Imperial Japan’s decades-long occupation of the Korean peninsula that ended in 1945 – in particular the use of forced labor and “comfort women” for military brothels.

Last year, a South Korean court ordered two Japanese firms to pay hundreds of thousands of dollars in compensation to victims of forced labor, a move stridently opposed by Tokyo, which maintains that the labor dispute was settled when the two countries revived diplomatic ties in 1965. The contested court ruling ultimately prompted the new Japanese trade limits, imposed on Thursday.

In addition to the ramped up pressure for boycotts, on Friday Seoul responded to the trade cuts by dissolving a fund established in 2015 to compensate South Korean women forced to work in Japanese military brothels before and during World War II, prompting harsh words from Tokyo. It is unclear what will happen to the remaining money in the fund.

The standoff between the two US allies risks escalating into a trade war that could severely disrupt global electronics supplies. South Korea imported some $54 billion in Japanese goods last year, according to central bank data.
posted by ZUKUNASHI at 21:07| Comment(0) | 国際・政治

Anything to cut costs? Boeing accused of outsourcing 737 MAX software at $9 an hour

※ Business Insider認証済みアカウント @businessinsiderの2019/7/6のツイート
What's next for Boeing?
https://twitter.com/i/status/1147430987996860416

ボーイングの製造過程の問題は、ボーイング787から始まっていたようです。
Boeing 787 Dreamliner caught in deepening probe into 737 MAX disaster
というニュースもあります。ボーイングに乗るのは少し怖い。

RT2019/6/30
Anything to cut costs? Boeing accused of outsourcing 737 MAX software at $9 an hour
Boeing has been partially outsourcing software development to low-paid subcontractors to save costs, Bloomberg has learned, suggesting that inadequate quality control practices may have contributed to fatal 737 MAX crashes.

Newly graduated programmers employed by third-party software developers – including Indian HCL Technologies Ltd and Cyient Ltd – were making as little as $9 an hour, roughly four times less than their own experienced engineers who Boeing was actively laying off. The company reportedly outsourced flight-display software and programs for flight-test equipment. While the final code allegedly complied with their strict specifications, the efficiency of such work was below expectations, as subcontractors were pressured to avoid any major changes that could cause delay.

“It was controversial because it was far less efficient than Boeing engineers just writing the code,” Mark Rabin, a former Boeing software engineer who worked in a flight-test group that supported the MAX, told Bloomberg.

It took many rounds going back and forth because the code was not done correctly.

The American aerospace giant is in hot water following two fatal 737 MAX crashes which claimed a total of 346 lives. Both the Lion Air crash in Indonesia and the Ethiopian Airlines disasters were linked to the improper work of the Maneuvering Characteristics Augmentation System (MCAS), which was designed to prevent the plane from stalling, but instead sent the aircraft into nosedives.

While both Boeing and HTC stressed that subcontractors were not involved in developing either the notorious MCAS nor the critical cockpit warning system, Bloomberg claims that third-party engineers did participate in some of the 737 MAX's software development. At least one HTC employer apparently claimed in their resume that they had come up with a “quick workaround” that helped “resolve [a] production issue” that could have caused delays and cost Boeing a lot of money.

“Boeing was doing all kinds of things, everything you can imagine, to reduce cost, including moving work from Puget Sound [outside of Seattle, Washington] because we’d become very expensive here,” a former Boeing flight controls engineer, Rick Ludtke, told the publication.

In addition to saving costs and production time, the involvement of Indian companies in particular “appeared to pay other dividends” for the American corporation, which was able to secure multi-billion-dollar contracts with the Indian military and commercial airlines, according to the report.


posted by ZUKUNASHI at 18:27| Comment(0) | 国際・政治

学者が何と言おうと何をしていようと被ばく症状は進んでいます

医師の間での甲状腺異常をめぐる論議、論文が優先? ふざけるな。

現在、次のような事象を経験されていませんか? 被ばく症状の可能性が大です。

1 夜足がつる。
2 皮膚症状があり、なかなか治らない。これは種類が多いです。
3 外見が急速に老化した。
4 同居の親族が急死、または循環器系の病気で入院、加療中。(同じものを食していれば、同居の家族もいずれ類似のことが起きます)
5 激やせ
6 激太り(激太りとまでは言えなくても、壮年男性に太った人が増えています。激やせは甲状腺異常と関連がありそうですが、肥満進行が甲状腺異常と関連があるのかはよくわかりません)
7 交通事故を起こした。(内部被ばくの進行に伴って身体機能の低下、認識能力の低下がみられるようです。)
8 子供に発達障害など何らかの障害が出ている。(被ばく以外の要因も大きいです)
9 子供を作りたいのにできない。(これから増えます。無理に作らないほうが・・・という意見もあるでしょう)
10 下肢が思い通りに動かず、杖などを使っている。(転ぶと寝たきりになることも。ヘルメットをかぶることも考慮)

・・・・・

2019/7/6、次の情報が寄せられています。引用開始。

先日、東京の地下鉄で、ポータブルの透析機を引いている中学1年生くらいの女の子を見かけました。
体にパイプを通しており、顔色が悪いので間違いないと思います。
このような機械を引く人は、透析の専門医院でしか見たことがありませんでした(しかもふつうはご老人)。
あまりのことに、とても悲しく、胸が苦しくなりました。
もちろん遺伝などの特殊な病気の可能性もありますが、小学校の時期にずっと汚染食材を食べていれば、腎臓の機能が損なわれても不思議はないのかもしれません。

日本は地獄になりつつありますね。
食材の放射能汚染を気にしない人は、時期の差はあっても早晩病院に行くか、この世を去ることになるのでしょう。

・・・引用終わり・・・

極端な話とご覧になりますか? 

違いますよ。静岡市の安倍川の冷やしキュウリ食中毒での重症患者(女の子)はすぐに人工透析が必要となりました。私の知っているブロガーも透析を要することになりました。

強い内部被ばくを受けると腎臓の機能が損なわれ人工透析が必要になることがあります。上の投稿の例は、私はやはりと受け止めました。
posted by ZUKUNASHI at 12:19| Comment(2) | 福島原発事故

ファーウェイの据え置き型無線ルーターの使い道

アイフォンのSIMを格安SIMに変更してもうすぐ1か月になります。当初予定通り、電話と非常時の地図やタクシー会社検索の機能に特化しました。メールアドレスは一つ入れていますが、ほとんど使っていない緊急用。

Wifiは止めています。

電池の持ちが格段に改善しました。一時は1日しか持たなかったのに。設定によって全然変わるんですね。ともに電話はめったにかかってこない、かけない使い方。

アイフォンの電池が持つようになったのは、携帯回線の音声を除き、携帯回線のデータとWifiの電波を受信・発信しなくなったためですから手を伸ばせば届くところに置いてありますが、ずいぶん電波が減ったことになります。

家庭内の電磁波抑制策としてファーウェイの据え置き型無線ルーターを使ってみました。この機械は3年ほど前に24,000円程度で売り出されたのですが、ほとんど売れなくて1年ほど前には4,000円前後で見切り処分されたようです。現在、高いもので7500円、安いもので4000円程度で売られています。新品と称しているものも開封品で明らかに使った跡があります。ただ、ファーウェイのスマホの技術の転用ですから次々と故障して使えないものが出ているということではないようです。中古品の流通があります。

この製品は、とても面白いです。3年前ですから格安SIMが出始めた頃でしょうか。ファーウェイは格安SIMを使った携帯回線経由のネット接続が増えると見たのでしょう。携帯回線(データ)とつないでネットをするための機械です。Wifi経由でパソコンと接続できます。固定ネット回線につないでWifi発信機としても使えます。

特徴は、LANポートがあり、携帯回線(データ)からのデータを有線でパソコンなどにつなぐことができる点、また、逆方向で固定ネット回線とつないでWifi発信機としても使えることです。

そして、この機械はWifiを止められるようになっています。日本のメーカーが作ったモバイルルーターにもLANポートがあり、Wifiを止めることのできる機種がありますので、携帯回線(データ)からのデータをWifiを使わずに有線で取り出したいと考える向きはわずかながらいる。

auのSIMを使うスマホなどのクレードルは、4千円前後からありますが、LANポートを有しているものがあり、Wifiを止めることのできるものもあるらしいのですが、実機でのテスト結果はまだ聞いていません。

ファーウェイのこの据え置き型無線ルーターは、途上国では重宝すると思います。例えば、途上国に移り住んだ時、ネット回線を引くことが難しい場所も多いでしょう。例えば、シリアの砂漠に近いような地域でもテロリストはスマホを使っています。携帯回線は使えるのでしょう。それならそこでネットを多用するならこの機械が有用です。工事費が不要です。

私が入手したものは、日本向けの正規品と商品紹介に書かれていましたから、各国向けの製品があるのでしょう。日本では失敗したようですが、ファーウェイの商品開発はなかなか良いところに目をつけています。そして、日本では携帯回線(データ)の電波やWifiの電波を手持ちのスマホなどで受信することの危険性が啓発されていないために、売れなかったということもわかります。

日本での電磁波の害は途上国を大きく凌ぐものになるでしょう。放射線の害にも、電磁波の害にも、グリホサートの害にも目を向けない日本。没落する国は目先の便利さしか考えず、企業の利益優先。

ファーウェイのこの据え置き型無線ルーターが4千円程度で入手できるなら、リアルタイム測定装置のシステムも選択の幅が広がります。

当初、@ 測定器+スティックパソコン+Wifiで始めました(これが最安の組み合わせでした)が、その後電磁波特にWifiの害を回避するため、A 測定器+スティックパソコン+固定インターネット回線に移行を進めています。Wifi利用の場合は生活空間のWifi電波が強くならないように対策を講じたケースもあります。

固定インターネット回線がない場所、お宅でのこのシステム設置が進めづらい状況になっていますが、B 測定器+スティックパソコン+(生活空間から離れた場所に置いた)据え置き型無線ルーターからのLANケーブル接続 が選択肢として採用可能になります。

ただ、この場合、据え置き型無線ルーターに格安SIMが必要ですからその契約を誰がするか、機械にSIMを入れて設定作業をだれがするか、の問題が残ります。SIMはデータ通信量が上りだけ、かつ10分毎あるいは5分毎の30KB程度のファイル送信だけですから大した通信データ量にはなりません。ロケットモバイルの神プランで十分です。

どこか特に危ない原発が再稼働した場合に、時限的にリアルタイム測定システムを置いてもらうことで危険を感知できるようにするのであれば、Bのシステムです。それもSIMの契約は管理人が行い、すべてセット済で送るということになりましようか。測定器、スティックパソコン、据え置き型無線ルーター、格安SIM初期費用の合計で3万円強。ランニングコストは毎月の電気料と格安SIM通信料で500円ほど。

もう機械購入は止めようと思っていますが、自分の財布と相談して考えます。

さて、今日はスティックパソコンのソフト更新と作動確認の作業です。明日にも発送できれば。
posted by ZUKUNASHI at 10:11| Comment(0) | デジタル・インターネット

ジブラルタル海峡で英国がイランの大型タンカーを拿捕 イランが対抗措置で英国タンカーを拿捕も

一昨日から次のニュースが流れています。英国が米国の命を受けジブラルタル海峡で英国海兵隊とジブラルタル自治政府がイランの大型タンカーを拿捕したものです。英国首相メイは断固たる意志を示したと自画自賛。ニュースではスペインの領海だとも伝えられています。シリアに対する経済制裁、イランに対する経済制裁にかかわる問題になることは、イランは百も承知。どんな展開になるか注目されます。まずイランが英国大使を呼びつけました。IRGCがタンカーを解放しなければ英国のタンカーを拿捕することになると表明。

RT2019/7/5
Iran’s ‘duty’ to seize British tanker if UK fails to release captured ship – senior official at IRGC
Tehran should seize a British tanker if the UK does not release the oil supertanker captured by Royal Marines near Gibraltar, a senior official in Tehran has said.

On Thursday, British marines and Gibraltar police seized the Panama-flagged tanker off the southern coast of the Iberian Peninsula. The vessel is owned by a Singaporean company.

Gibraltar’s Chief Minister Fabian Picardo claimed that the ship was transporting crude oil to Syria “in violation” of the EU sanctions placed on Damascus. According to Madrid, which considers the waters off Gibraltar to be its own, the British captured the ship at the request of the US. Officials in Washington, meanwhile, welcomed the seizure of the vessel, saying that it was carrying Iranian oil.

Later in the day, Iran summoned the British ambassador and slammed the seizure of the vessel as “a destructive step” and “a form of piracy.” Foreign Ministry's spokesperson, Abbas Mousavi argued that the sanctions against Syria are illegal under international law and Iran does not recognize them.

On Friday, Major General Mohsen Rezaee of Iran’s Islamic Revolutionary Guard Corps, who is also the secretary of the influential Expediency Discernment Council, tweeted that Iran should be ready for counter measures.

Should Britain refuse to release the ship, it is the authorities’ “duty to seize a British oil tanker,” he argued.

The detained vessel had a 28-person crew, mostly Indians, but also some Pakistanis and Ukrainians. They are being interviewed as witnesses, not criminal suspects, Gibraltarian officials said. The authorities are currently working to establish the nature of the cargo and its destination.

Ali Rizk, a Middle East-based journalist and writer, told RT that, by seizing the tanker, Britain may have wanted to side with Washington by “playing its part in anti-Iranian policy.”



JNN/TBS 2019/7/57月5日(金)15時46分
シリア向けの原油か、イギリス海兵隊らがイランのタンカーを拿捕
 シリアに向けた原油を積んだ疑いのあるイランのタンカーをイギリス海兵隊らが拿捕しました。EU側によるイランタンカーの拿捕は初めてで、西側諸国とイランとの対立がさらに深まるおそれがあります。
 ロイター通信などによりますと、地中海と大西洋を隔てるジブラルタル海峡で4日、イギリス海兵隊とジブラルタル自治政府がイランの大型タンカーを拿捕しました。ジブラルタル自治政府によりますと、イランのタンカーはシリアの港の製油所に向かう途中だったとみられるということです。
 EUなどは、シリアで反体制派の弾圧を続けるアサド政権に対し、この港の製油所を制裁対象としています。タンカーの積荷がイラン製の原油だった場合、アメリカによるイランへの制裁に違反している可能性もあります。
 イラン外務省の報道官は、拿捕は違法としたうえで、「奇妙で破壊的な行為で、地域の緊張が増すだけだ」と非難していますが、アメリカのボルトン大統領補佐官はツイッターで「素晴らしいニュース」と述べています。
 EU側は核合意をめぐり、アメリカの圧力を強める方針と一線を画してきましたが、今回、イランのタンカーを拿捕したことで、イランと西側諸国との間でさらに対立が深まることが懸念されます。(05日12:50)

SPUTNIK2019/7/4
Spain Says Syria-Bound Tanker Was Seized Near Gibraltar on US Orders, Checks if Sovereignty Violated
Earlier, the territory's head stated that Gibraltar police and customs agencies detained a vessel suspected of transporting oil to Syria in violation of EU sanctions.

Spain's acting Foreign Minister Josep Borrell has stated that the detainment of the vessel was a US demand to the United Kingdom.

"We [Spain] were aware of this operation, patrol ships were controlling the area. We are studying the circumstances. The United States asked the United Kingdom to do this", Borrell told reporters.

Borrell added that the detainment of the vessel seems to have taken place in Spanish waters, stressing that it was necessary to investigate whether the ship's seizure affected Spanish sovereignty.

Earlier, UK Prime Minister Theresa May welcomed Gibraltar's move to halt a supertanker reportedly carrying crude oil to Syria, according to May's spokesperson. The official underlined that Gibraltar's actions send a clear message that violation of the sanctions will not be tolerated.

The Grace 1 vessel was detained on Thursday by Gibraltar police and customs agencies, along with the British Royal Marines.

Gibraltar's Chief Minister Fabian Picardo stated that the government had sufficient evidence that the supertanker was transporting crude oil to the Banyas Refinery in Syria.

Picardo noted that the refinery belonged to an entity subject to EU sanctions against Syria.

"We have detained the vessel and its cargo. This action arose from information giving the Gibraltar Government reasonable grounds to believe that the vessel, the Grace 1, was acting in breach of European Union sanctions against Syria. In fact, we have reason to believe that the Grace 1 was carrying its shipment of crude oil to the Banyas Refinery in Syria. That refinery is the property of an entity that is subject to European Union sanctions against Syria", Picardo said.

According to the maritime intelligence data, the Panamanian-flagged ship was carrying oil from Iran.

The European Union introduced sanctions against the Syrian government in May 2011 that affected 277 Syrian officials. The bloc also froze the assets of some 72 entities and put an embargo on Syrian oil.

Damascus has repeatedly condemned the pressure by the European Union, with President Bashar Assad stressing that it adds to the already tense situation in the country.


RT2019/7/5
Iran Summons UK Envoy Over 'Illegal Seizure' of Oil Tanker Apparently Destined for Syria - Reports
Earlier, British Royal Marines and officials from the British colony of Gibraltar detained a vessel suspected of transporting oil to Syria in violation of EU sanctions.

The Iranian Foreign Ministry has summoned UK Ambassador to Iran Nicolas Hopton over what it described as the "illegal seizure" of an oil tanker carrying Iranian oil to Syria, Iranian state television has reported, citing Foreign Ministry spokesperson Abbas Mousavi.

Earlier, Spanish officials said that the Grace 1, a Panamanian-flagged supertanker carrying Iranian crude oil to Syria and seized by British patrol ships off Gibraltar, was detained at Washington's behest.

Royal Marines boarded the ship, which has a 300,000 tonne carrying capacity, early Thursday morning.

Prime Minister Theresa May later praised the seizure, with a Number 10 spokesperson saying Gibraltar had sent a 'clear message' that the UK would not tolerate any violation of the sanctions.

Gibraltar Chief Minister Fabian Picardo said there was evidence to suggest the tanker was attempting to deliver crude oil to the Banyas Refinery in northwest Syria, in breach of EU sanctions against Syria. The EU slapped the war-torn country with hard-hitting economic and energy sanctions in 2011.

Spain said it is still assessing the tanker seizure incident, since it took place in what Madrid says were its territorial waters.

The US enacted its own tough sanctions against Iran's oil sector in 2018, and threatened to apply secondary sanctions against any country or company that continues to engage in the purchase of energy resources from the country. The UK, which remains a party to the 2015 Joint Comprehensive Plan of Action, widely known as the Iran nuclear deal, has not signed on to the US restrictions, although its companies have largely stopped trading in energy with the Islamic Republics in fear of economic repercussions.

Last week, the European Union announced that its INSTEX financial mechanism, meant to bypass US sanctions, had become operational. Iranian officials have said however that that system "isn't enough" to resolve the economic problems faced by Tehran due to crushing US sanctions.

Long-standing tensions between Iran and the US escalated sharply last month after an Iranian air defence missile shot down a $130 million US spy drone Iran said was operating in its airspace. The US maintains that the drone was flying over international waters. Following the drone's destruction, President Trump said he mulled airstrikes against multiple Iranian targets before backing down at the last minute.

The drone incident was just the latest in a series of back and forth developments which have hurt relations between the two countries. In May, the US deployed a carrier strike group to the Middle East, accusing Iran of posing an unspecified 'imminent threat' to US interests in the region. In mid-May and mid-June, a total of six tankers were attacked in the Persian Gulf and the Gulf of Oman in apparent sabotage attacks. The US accused Iran of responsibility for these incidents.

Tehran denied the claims and accused 'hawks' in the Trump administration and their Saudi, Emirati and Israeli allies of trying to inflame tensions to justify the US "economic war" against Iran.


posted by ZUKUNASHI at 08:49| Comment(0) | 国際・政治

集団ストーカー行為というものはあるらしい 2

※ 大沼安史 @BOOgandhi氏のツイートから



※ 大沼安史 @BOOgandhi氏の2018年11月3日のツイート
産業医「信じ難いことですが一部の教団にはそういう”業務”を請け負う部隊があり、各企業の法務部とパイプを構築しているのです『幻聴は聞こえますか』と誘導する。で私に相談してきたのは、その集団ストーカーをしたひとり。『上からの指示でこんなことをしたが、もうやりたくない、死にたい』と」

※ 大沼安史 @BOOgandhi氏の2019/7/4のツイート
昨年11月、愛知県豊橋市から石川県珠洲市山中に民家に連れて行かれ(何者かが親切心を装って誘導?彼女への迫害はその民家でも続行)、昨日、珠洲警察署の「警察官」を名乗る男たちに強引に連れ出された女性ストーカー被害者が消息不明のままです。珠洲署も不可解な対応。注目を! @okabaeri9111

※ まるる(QArmyJapan1) @marumarumamama氏の2019/7/4のツイート
まるる(QArmyJapan1)さんが世直しサラリーマンをリツイートしました
珠洲警察署に連れ去らればんのゆうこさんを山奥に置き去りにした佐藤スポーツ整体さん、他にも被害者がおられるようです。
一緒に逃げるフリして山奥にばんのゆうこさんを置き去りにし、自分だけ逃げたのは何故ですか?
#集団ストーカー #強制入院 #山奥に監禁

※ 大沼安史 @BOOgandhi氏の2019/6/28のツイート
大沼安史さんが一路+をリツイートしました
私がこの国の秘密謀略組織の拠点があり演習場にもなっているとみる山口県周南市在住の工学者、一路先生宅にまたも何者かが侵入、今後は米櫃に発癌物質を混入のようです。先生は放射線/電磁波に加え、生物兵器(大型ムカデ)有毒ガス(カテーテル)攻撃までされています。「そんなバカな」現実です

※ 一路+ @knp12eco氏の2019/6/27のツイート
癌腫瘍は通常猛烈な増殖で大きくなる。それを静止状態にし、さらに縮小に持ち込むには、レベルの高いサプリメントが量的にも必要だが、サプリメント入手を妨害されるので、静止状態で維持するしかなく、現状は静止状態にあった。それを発癌物質入りを隠したサプリで崩されたhttp://blog.goo.ne.jp/green727green/e/a50af41af8a0ea45fc644705a466888e

※ 一路+ @knp12eco
ただそのことに気付き、打てる手を打っているが、それで効果が出ずに、逆に悪化症状がぶり返す。他にも原因がと観察すると、身内の所に半日出かけた折に、自宅侵入があり、どうやら米に発癌物質を入れられたのが、状況を悪化せる二つ目の原因らしいことも、4日ほどの観察で分かってきた

※ 一路+ @knp12eco氏の2019/6/27のツイート
それと肝臓癌が増殖始めた原因に入れるべきは、中性子線の照射を受ける環境にいることもある。有毒ガスや電磁波攻撃を避けるテントを作りその中で、それらの影響を避けながら生活を始めると、それを許さないと、バリア突き抜ける中性子線の照射攻撃を受けるようになり、5年目になるか

※ 大沼安史 @BOOgandhi氏の2019/7/5のツイート
石川県珠洲市での集団ストーカー女性拉致・行方事件は、この国が無法地帯を抱えたパラレル・ワールドになっていることを示しています。野放しなのは、権力者らに容認され「傭兵」として使われているからでは。集スト組織に「仕事」を請け負わせているのは何者か? この国は狂暴な、ならず者国家です

・・・・・

ツイッターで被害者、あるいは被害者支援の立場から関係者のツイートが流れるが読んでもよくわからない。ターゲットを混乱させるのが目的なら当然そうなるだろう。科学的な攻撃手段が使われるからその面に弱い人はまったく訳が分からないだろう。電磁波問題を書いていて感じた。
posted by ZUKUNASHI at 00:43| Comment(0) | 社会・経済