ずくなしの冷や水

2019年07月03日

杖を突く人がさらに増加 杖を突かなければいけない方は次のステージにいつ進むか時間の問題でしょう

2019/7、杖を突く人がさらに増えていますね。先日友人が東京の下町にある病院へ行ったら、予約の患者であふれかえっていたと言っています。足の悪い女性が多かったと。医療関係者は黙しているけれども異変は明らかです。下肢の支障と新生児の減少は関連している。足が悪ければ妊娠なんかできませんね。

杖を突いている人は、足に何か傷を受けたのかもしれません。でも包帯やギプスはしておられないのですよね。足が弱いとかそういうことも考えにくい立派な体格の中年男性にも杖を突いている人を見かけるようになっています。

身体の動きをつかさどる何かのシステムに不調が出ていると考えざるを得ません。そしてそれが内部被ばくに起因するものであれば、それだけにとどまる保証はありません。

2019/6/4、外出するたびに杖を突いた若い方を見かけます。今日は午前中はバス停で。松葉杖の代用に近い杖を突いておられました。午後は医院に行く道すがら若い女性に。先日夜は塾の帰りの中学生(?)が車椅子を使っていました。

これは大変な事態になっています。放射性物質による汚染は消えていません。放射性物質の追加的な降下もあります。原発を再稼働させようとする勢力が活動を強めています。杖を突く人は、車で移動するのでなければ目につきます。車で移動する人も足が悪い人は事故を起こしています。足が利かなければとっさにブレーキに足を移して全力で踏むことはできません。

2019/5/12、外出して杖を突いている人を多数見かけました。以前より歩行の不自由さの度合いが高い方がおられたように感じました。ほかの疾患、身体障碍も同じように程度が進んでいるとみられます。大変深刻な状況です。

2019/4/13、4/14、土日に連続して外出しました。徘徊もしましたが、杖を突いている人が多いのにびっくり。4/19も。

中年以上の女性に多く、もちろん男性も。若い方もお見受けしました。

異変、異常は間違いありません。
陽気がよくなり外出する人が増えたのだと思います。

2019年04月20日
ストロークは女性にも多い 様変わりする街中の光景

管理人も激しいめまいを起こして杖を突いたことがあります。杖を突いても怖かったです。杖は体重を支えるものではありません。バランスをとるきっかけのようなもの。

足元が危うい人は、杖よりもカートを押したほうが良いです。よほど安定します。これだとある程度体を支えられる。
よく年寄りが腰かけられるようなカートを押しています。外見は気にしないこと。特に年寄りは、倒れてけがをしたら、次は寝たきりですよ。

2019/4/21、徘徊で行きつけのホームセンターの近くに行ったので100円ショップでいくつか購入。少し無駄使いに近いものも買って、レジに並んでいたら前の人が杖だけ一本持っていました。

その人が払った代金は、150円程度でした。安いんですね。

すぐにそれを使って歩き出しました。車の運転はできる? 若い男性でした。偶然ですが、それだけにびっくり。

車椅子に乗った人を見かけることも多くなっています。どんな社会になって行くんでしょうね。

2019/4/25、別のホームセンターに行ったら杖の売り場ができていました。3千円、4千円こりゃ高い。管理人は、地面に接する点が4点の杖と、伸縮式の杖を持っています。接地点が4点の杖は、放射能の連続歩行測定のために買い、これを使って江戸川の高線量率を知りました。

帰り道、団地の人がやはり杖。人の顔はほとんど知らないので、杖を突いている人は、すべてカウントしなおすことになるのですが、それにしても多い。

2019/5/14に寄せられた投稿を掲載する。

先日、横浜駅近くでスリムジーンズを着た学生位の女性(20代と思う)が 杖をついていました。 明らかに右足がマヒしているような歩き方でした。 なぜそうなったか、何か思うところがあるのでしょうか?

それとも食生活はそのままなのでしょうか? 病気になると「食生活が偏っているから」と言って頑張ってお魚中心にしようとしたり、 骨が変形すると、カルシウム不足だから・・といって乳製品を意識して摂るんじゃないかと思うと 暗澹とした気持ちになります。

買い物中に手が動きにくいのをずっと気にして手のひらを閉じたり開いたりしていた若い女性も 見かけたことがあります。

年寄りだからと、もう食事もあまり気にしないと言っていた知人でも 血圧が高くなったり、目が見えにくくなったりすると慌てて病院に行くのがよくわかりません。 どうなってもいいと考えているんなら、症状が出ても慌てずに受け入れるのかと思うと そうでもなく、病院に「何とかしてくれ」と駆け込む。

原因がわかっている人でも、気をつけないし、わかっていない人ならなおさら・・・ でも症状はドンドン出てくるから、それからは逃げられない・・ 周囲の人たちの思考や行動がますます理解できなくなります。 「なんでだろう?」と思いながら、体が利かなくなり死んでいくことを受け入れるんでしょうね。

・・・引用終わり・・・

いいえ、多くの人が原因は気づいている、認めたくないだけです。気づいた時にはもう遅くて打つ手はないのですから、自分の怠慢と向き合う勇気のある人は少ない。

2017年12月05日
下肢に不調 全身筋肉痛 疾患の悪化 汚染食品の排除で体調回復する例も
posted by ZUKUNASHI at 13:46| Comment(14) | 福島原発事故

商業捕鯨再開 ミンククジラの肉が出回ります

ミンククジラの肉は、7/4には市場に出回るらしいです。272頭の枠があるとなると出回り量も多くなるでしょう。クジラ肉は西日本で需要が強いのです。どうです、召し上がりますか? 居酒屋などのメニューに並ぶと思います。
クジラは、海洋の生態系の最も上位にいる生き物。ミンククジラはオキアミを食べているわけではありません。以前から水銀やPCBによる汚染が指摘されています。現在は加えて放射性物質。管理人は、安いアルゼンチン牛肉を探します。
IWC脱退、商業捕鯨再開は今の総理の時しかできないと捕鯨関係者は判断したんですね。そして実現しました。

RT2019/7/2
Japan’s first commercial whale hunt in 30 years sparks outrage from activists
The first commercial whale hunt since 1988 took place in Japan on Monday. Japan pulled out last December from the International Whaling Commission (IWC), which has imposed a ban on commercial whaling.

The country’s Fishing Agency had announced a quota of 227 whales in June, but is believed to have delayed its announcement until Monday, possibly to avoid courting controversy at the G20 summit Japan hosted over the weekend. The agency said that the hunts will take place solely within Japan’s exclusive economic zone, rather than in international waters.

After commercial whaling was banned by the IWC in 1988, Japan switched to what it called ‘research whaling.’ However, the research whaling program has lost money, including $15 million in 2018 alone, according to the Associated Press.

On the first day back on the waters, commercial whalers caught and brought back to shore two minke whales. Fishery Agency officials said that the meat from the catches will be auctioned on Thursday.

Locals and elected officials in two of Japan’s major whaling towns, Shimonoseki and Kushiro, celebrated the first commercial whaling ship of this new era leaving port. But conservationists and environmental activists have expressed outrage at the move, which many see as cynical and politically motivated.

In spite of lofty rhetoric from politicians from the ruling Liberal Democratic Party, the industry only employs a few hundred people while the business has seen declining demand for whale meat.

Though a popular source of protein in the country’s difficult economic times in the aftermath of World War II, whale was gradually eclipsed in popularity by other meats after annual consumption peaked in the 1960s. Moreover, the government plans on reducing the $46 million in annual subsidies it pays whalers.

Norway and Iceland are the only other countries that allow commercial whaling . But both have seen sharp declines in catches in recent years, following fears that the practice damages their nations’ image on the world stage. Both countries did catch whales in the 2017-2018 season, but well below their catch quotas. Conservationists have been encouraging whale watching in these countries as an alternative to hunting the animals for food.


posted by ZUKUNASHI at 09:42| Comment(0) | 国際・政治

長者原の鮮明な写真

長者原の定点カメラの画像を何年も見続けましたが、鮮明画像ではこれが一番です。





Google ストリートビューから


長者原から見るF1にごく近い木立は、あまり変化がありませんでした。放射能が強い、放射性物質による汚染が強いと木々が枯れるという説は間違いだとは思いませんが、実例を確認するに至っていません。つくば市の街路樹などの枯死は別の要因だと考えています。
posted by ZUKUNASHI at 09:36| Comment(0) | 福島原発事故

国際宇宙ステーションのカビは人間の200倍以上の放射線に耐え他の惑星を汚染する可能性

カビは、放射線に強い。日本で観察された通りです。日本では放射性物質がカビの栄養分になっていた可能性もあるんでしょう。放射能を減らすことができるというデマを信じて乳酸菌の培養液をシュッシュッと振りかけるようなことをしていたら、カビが増えるだけだと指摘してきましたが、読者からはそんなデマも信じ込んでしまうほど追い詰められている人もいるのだと理解・同情する声も寄せられていました。

RT2019/7/2
ISS mold can survive 200 times more RADIATION than humans & contaminate other planets
Mold from Earth has long found its way aboard the International Space Station (ISS) but no one knew it could survive 200 times more radiation than any human can, posing “planetary” threats to the solar system, a new study says.

At times, mold seems omnipresent, and the International Space Station is no exception. Some spores are being grown by astronauts during experiments, while others appear naturally.

The two most commonly found types of mold on board the ISS are fungi Pennicillium, which is used to make penicillin, and Aspergillus. The new research by Marta Cortesao, a microbiologist at the German Aerospace Center in Cologne, shows that both of these microorganisms can survive insane doses of radiation that can easily kill a human.

The scientist discovered this by bombarding the mold with X-rays and high-frequency ultraviolet light in a lab. The exposure to radiation is measured by gray, a unit describing how much energy something can absorb. Anything above half a gray causes radiation sickness, while five gray is lethal to humans. The mold, on the other hand, survived being blasted by X-rays up to 1,000 gray.


posted by ZUKUNASHI at 09:32| Comment(0) | 福島原発事故