ずくなしの冷や水

2019年07月31日

すけろっこ?

note
ポルトガル移住の炎上について、私が思うこと
merino 2019/07/31 05:02

私もやられたことあるんだ、沖縄のOKレストランを集めたGoogleマップ作ったとき。
(思えば、彼女は私に
「沖縄に住んでいた頃、外食マップよく使わせてもらってました。助かりました」とリプくれたうちの一人でした)
もともと自分の外食のために作ったものだったけど、せっかくだからみんなに使ってもらおうと思って、当時産地問い合わせ情報をたくさん更新してたすけろっこちゃんに、
「こういうマップ作ったのでよかったらみんなに知らせてください」って話しかけたの。
そしたら私に妙な引用リプが飛んでくるようになって、それで知ったんだけど、「すけろく」のハッシュタグで盛り上がってる人間の成れの果てみたいな奴らが毎日すけろくちゃんのツイートや写真を嘲笑ってて、そこに私という「今日の燃料」が登場したっていう。
私のプロフや直近のツイートをスクショ取られて晒されて、挙句の果てにプロフを勝手にミスリードして
「NZ移住したいけど、移住先の沖縄で男に股開いてデキ婚したから子供の世話で沖縄出れないバカ女」ということにされてたよ。
毎日必死こいて液晶の文字ばっかり追ってるくせに読解力が致命的になくてびっくりしたわ。
posted by ZUKUNASHI at 22:46| Comment(1) | 福島原発事故

ドバイ首長国のエミールの妻が40億円持って英国に逃げる

続報が出ましたが、込み入っていてよくわかりません。

RT2019/7/31
Fleeing for her life? Wife of billionaire Dubai ruler files for custody of kids in UK mystery case
The estranged wife of Dubai’s billionaire ruler has filed for custody of their children after fleeing to the UK seeking protection − and by all accounts, the circumstances which led her there are steeped in mystery and intrigue.

Princess Haya Bint al-Hussein (45), is one of Sheikh bin Rashid al-Maktoum’s (70) six wives and mother to two of his children. She was seen Tuesday morning arriving at London’s High Court, where she also applied for a ‘forced marriage protection order’ relating to one of her two children, reports said.

The Sheikh, who is also vice president and prime minister of the United Arab Emirates (UAE), is believed to have a fortune of around £4.5 billion and the legal battles set to ensue could potentially become one of the most high-value divorces cases ever witnessed in Britain.

However, the couple previously said the current legal proceeding only concerned with the "welfare of the two children" and not divorce or money. The Sheikh is also believed to have applied for the return of the children, seven-year-old son Zayad and 11-year-old daughter al-Jalila, to Dubai.
Wealth and privilege

Haya, daughter of former King Hussein of Jordan, spent the "formative years" of her life in Ireland, where she trained with a top show-jumper, before becoming an Olympic equestrian in 2000 and serving on the International Olympic Committee.

With her royal connections, Oxford education and high profile, Princess Haya put a more progressive face on the UAE − but it seems even with all her wealth and privilege, she was no exception to antiquated traditions which would keep her hostage had she not managed to escape.

The princess with friends in high places fled Dubai earlier this year, first heading to Germany, fearing that she might not be protected by UK authorities. She later arrived in Britain, however, and is believed to be living in an £85 million mansion near Kensington Palace.

Missing daughters?

It is believed that Princess Haya fled having discovered that her husband had mistreated one of his other daughters, the 33-year-old Princess Latifa, who tried but failed to extricate herself from her father’s grip last year in a daring sea-escape off the coast of Goa, India. In a video posted before her attempted escape, Latifa claimed she had been abused and imprisoned by her family.

Latifa's family have insisted she is "safe" and claimed she had been the victim of an extortion plot. They released a video of her with former Irish President and UN High Commissioner for Human Rights Mary Robinson last year. Robinson said she was a “troubled young woman” who was in “the loving care of her family.”

Yet, campaigners say the meeting with Robinson was “staged” with Haya’s support to counteract negative publicity and that Latifa is being held against her will. They are now pleading with Haya to use her “newfound freedom” and “global power and influence” to help free her. Indeed, Princess Haya’s recent desertion to Britain appears to indicate that she too now believes that Latifa was abused and has acted to protect her own children.

Princess Haya “began asking questions about Latifa; eventually learning enough to conclude that the young woman had indeed been tortured since childhood, imprisoned, and drugged by her father,”the Detained in Dubai group said in a statement.

Latifa’s case echoes that of another of the Sheikh’s daughters, Princess Shamsa al-Maktoum, who has not been seen since she attempted to escape from their Surrey home in 2000, aged 19. Le Monde reported the teen had been “caught up on a Cambridge street by her father's employees” and was “forcibly taken back to Dubai, where she has been leading a life of near-seclusion.”
Infidelity?

Other theories about Haya's decision have been floated in British media − in particular a claim that the Emirati princess actually fled after her husband grew worried about her relationship with her British bodyguard, not over concern for Latifa.

Speculation mounted that Haya may be in danger and had left after an official Emirati Instagram account claiming to be the Sheikh (and followed by one of his sons) posted a poem about betrayal in June.

“You betrayed the most precious trust, and your game has been revealed,” it read. “Your time of lying is over and it doesn’t matter what we were nor what you are.”

The poem instructs Haya to "go back" to the person who has kept her “occupied” and ominously ends with the line: "I do not care whether you live or die.”

Legal proceedings

Princess Haya is being represented by divorce lawyer Fiona Shackleton, who is known for having negotiated Prince Charles' split with the late Princess Diana. Sheikh Mohammed will be represented by Helen Ward of the Stewarts law firm, who represented Guy Ritchie when he divorced from Madonna.

It is likely that to make her own case, Haya will testify to "all she knows" regarding her husband's treatment of Latifa, Radha Stirling, CEO of Detained in Dubai told Euronews.

The pair are being allowed to have their case heard in the UK despite not having citizenship, because they are not criminal proceedings. Their extensive British connections and the Sheikh’s impressive property portfolio have enabled them to take their case to London’s High Court, reports said.


FARSNEWS
Report: Dubai Ruler’s Wife Flees Country with £31 Million
TEHRAN (FNA)- The wife of the ruler of Dubai, Sheikh Mohammad bin Rashid Al Maktoum, has reportedly fled the Persian Gulf kingdom to London with £31 million (over $39 million) following the break-up of their marriage.

Princess Haya Al Hussein, who is the half-sister of Jordan’s King Abdullah II, is said to be seeking a divorce after initially fleeing to Germany, where she sought political asylum, the Daily Mail reported.

A German diplomat apparently helped the princess, 45, escape from Dubai. There are reports that she has also taken her son Zayed, 7, and daughter Al Jalila, 11, with her.

It is claimed that German authorities have refused a request from the wealthy ruler of Dubai, who is also the vice president and prime minister of the United Arab Emirates, to return his wife, sparking a diplomatic crisis between Germany and the UAE.

Sheikh Mohammad has voiced his fury in an Instagram post, denouncing his wife’s “treachery and betrayal.” He wrote, “Go to whom you get busy with!!!!!?”

Princess Haya married Sheikh Mohammad in 2004. The end of his marriage is a fresh blow to the Dubai ruler, whose daughter Princess Latifa bint Mohammad Maktoum, 33, sought to escape last year before being captured on a boat off the Indian coast.

Human rights groups claim she is being held in captivity in Dubai.

“Whenever someone applies for political asylum, obviously, it is because their lives are in danger, and because they have suffered severe abuses and violations of their human rights,” Radha Stirling, chief executive of watchdog Detained in Dubai, said.

She added, “We already know that Princess Latifa, Sheikh Mohammad’s daughter, fled the UAE seeking asylum and alleging unspeakable abuse at the hands of her father. Now, it seems, Princess Haya, Sheikh Mohammad’s wife, has also fled the country and sought refuge in Germany.”

Stirling noted that there are now "serious questions" about what prompted Princess Haya to flee.
posted by ZUKUNASHI at 13:37| Comment(0) | 国際・政治

中国共産党中央対外連絡部部長とは外務大臣と同格? それ以上?

FARSNEWS2019/7/31
Iran, China Discuss Joint Strategy to Confront US Hegemony
TEHRAN (FNA)- Iranian Foreign Minister Mohammad Javad Zarif and Head of the International Liaison Department of the Communist Party of China Song Tao in a meeting in Tehran conferred on the two countries' bilateral ties and ways to confront the US hegemony.

During the meeting in Tehran on Tuesday, Zarif and Song underlined friendly relations between Iran and China in all fields, specially meetings between the two countries' presidents in recent years.

They also discussed the two countries' common strategy on international developments, including the US unilateral policies in violation of the international rules and the country's attempts to impose its hegemony on the world.

The two high-ranking officials also exchanged views on the most important issues in bilateral relations and the latest developments in the region and the world.

Song had also on Monday met Iranian First Vice-President Eshaq Jahangiri.

During the meeting, Jahangiri underlined that his country's economy had remained stable one year after the US imposed the toughest embargos against Tehran.

"The US imagines that it can zero down our oil sales by exerting pressure on the countries which purchase Iran's oil to lead Iran's economy towards a collapse, but fortunately, the situation of Iran's economy enjoys an acceptable stability one year after the US oil sanctions," Jahangiri said.

He described China as the main economic partner of Iran and oil customer, and said, "All high-ranking Iranian officials have put the strategy to develop ties with China on their agenda as a serious mechanism."

Elsewhere, Jahangiri warned that the US is after endangering the Middle-East and Persian Gulf security, and said, "The Islamic Republic of Iran's policy is based on supporting multilateralism and confronting the US hegemony and we are ready to cooperate with China in regional and international dimensions in this regard."

He also warned of the US "dangerous" attempts to transfer the ISIL terrorists from Syria to Afghanistan, stressing the need for standing against Washington's plots.

Jahangiri also referred to Iran's modification of its nuclear deal undertakings as a move to safeguard the agreement, saying that Iran will resume its halted undertakings once the other parties to the deal come to comply with their undertakings.

Song, for his part, blasted the US unilateralism and bullying, and said, "China is determined to develop relations with the Islamic Republic of Iran, and there will be no change to the agreements between the two countries, while the two states can also share their experiences to confront the US pressures."

宋 濤は、中華人民共和国の外交官。中国共産党中央対外連絡部部長。 ウィキペディア
生年月日: 1955年4月 (年齢 64歳)




"there will be no change to the agreements between the two countries" とは何を指しているんでしょう。石油の買い付けが含まれてはいるんでしょうが、他には?
posted by ZUKUNASHI at 13:11| Comment(0) | 国際・政治

民放の福島第一原発ライブカメラの画面上方は海面が映っています







最近、深夜にこの海面に漁船の灯火が見られるようになっています。操業する漁船が増えています。この海域産の魚類が出回りが多くなっているはずですから留意しましょう。
posted by ZUKUNASHI at 12:00| Comment(0) | 福島原発事故

‘They Don’t Matter’: US Judges Yemeni Lives as Cheap, Saudi Arms Deals as Valuable

SPUTNIK2019/7/31
‘They Don’t Matter’: US Judges Yemeni Lives as Cheap, Saudi Arms Deals as Valuable

After the US Congress tried to ban weapons sales to Saudi Arabia, US President Donald Trump vetoed the measure. However, the Senate couldn’t muster the votes to override it because those sales are essential to the US economy and foreign policy, a Middle East expert told Sputnik.

Last month, Congress passed several resolutions attempting to block US weapons sales to Saudi Arabia and its partners in its war on Yemen, which has been raging since March 2015. However, Trump shot down the attempt, saying that it would be “undermining bilateral relationships of the United States and impeding our ability to support key partners at a critical time.” He further argued that selling the Saudi-led coalition precision-guided munitions would make civilians less likely to be killed.

Congress tried to override Trump’s veto, a motion that requires a two-thirds majority of lawmakers. However, the attempt failed in the Senate when only 45 of the required 67 senators voted for an override on Monday.

Ali al-Ahmed, director of the Institute for Gulf Affairs, told Radio Sputnik’s Loud and Clear Tuesday that the Western mainstream media is indifferent to their governments’ support for the Saudi-led war in Yemen because the victims are not judged to be very valuable, whereas the weapons sales to Riyadh and Abu Dhabi are.

“The American regime or system does not want this war to end, and it’s very clear even with the respectable efforts by some in the House and the Senate, the majority of the system still viewed this as an American interest, to continue this war, because at the end of the day, as many American politicians and British politicians, they all talk about jobs. And even media would say this is about jobs, because the more we sell weapons, the more we keep American or British jobs.”

“This current arrangement was engineered by [US President Barack] Obama. People think, ‘Oh, Obama did nothing about the war in Yemen.’ This is hogwash. They knew before it started, just like the invasion of Bahrain. So this was designed and set so America will take less criticism, because it’s not directly involved, it’s only covertly involved. But the United States and the UK, these two countries were involved before the war was launched. They provided data, and they continue to do so.”

“When it comes to the Other, the Arab, the brown, the Muslim, it does not lead the news in this country,” he said, explaining why a story about an airstrike on a northern Yemeni market that killed 14 people on Monday didn’t garner headlines in the US. “If this was in another country, maybe it would have mattered. But, it’s the cultural perception of those people that kind of makes the news here. Does it makes the news? Does it make the cut? It depends on how we feel toward these people. Are they important to us? Do they matter, these children? No, they don’t, because they are not American. They are not the same religion, the same language, the same race, so they don’t matter.”

“Yemen is where the largest number of children have been killed by the Saudis and the Emiratis,” Ahmed told hosts Brian Becker and John Kiriakou. “That has not been discussed, this specific issue. This is the largest killer of children in the world today, in modern history, and there is not a single story about that issue in mainstream media. And that tells you - this really reflects how you feel. Imagine if this was in Russia or in Poland or in Israel, for example: you would not stop hearing about it every day.”

“The United States has never really stood up for human rights, and if they did, they will do it to gain advantage politically or economically. But on matters of principle and morality, they have not. But, they are very good at pretending to be, and a lot of people believe them. In fact … the issue of human rights has been used to commit further human rights violations around the world, because the people who carry the banner, they get to hide under it and commit atrocities while screaming ‘human rights today, human rights every day,” he said.
posted by ZUKUNASHI at 09:56| Comment(0) | 国際・政治

8年間でたった5千万ページビュー のろい歩みだったが それが私の最善

福島第一原発事故のあった2011/3以降のこのブログの累計ページビュー(一般にアクセス数と呼ばれます)が5千万に達しました。8年と4カ月です。この記事は8年間の歩みを振り返るものです。

このブログの管理人は、2012/3に肉体労働のパートを辞めてから毎日をこのブログ更新に充ててきました。記事を書かなかった日、更新しなかった日はありません。

月ごとのページビューの推移。アクセスの実数を開示するのは初めてです。ええ、こんなに少なかったのです。それゆえ影響も限られていたということになります。



節目となる記事がいくつかあります。
@ 2012年01月10日
内外の科学者の福島第一原発事故による健康被害に関する見解

2011/3/12、1号機の大爆発時にテレビで「専門家」が「爆破弁」が作動したと解説していたのを見ました。爆発に驚きましたが、それ以上に驚いたのがこの「爆破弁作動説」でした。これで日本の「原子力の専門家」がまともでないことを一瞬で理解しました。

1年目は情報の収集に励みました。私は海外から帰って原発事故のことを忘れていました。学者のいろいろな論文や資料が出ていることを知りましたが、どの学者が信頼できるのか、そしてそれらの資料に基づいてどのように被ばく回避策を講じたらよいのかがわかりませんでした。

ただ、とにかく内部被ばく回避が最優先ということはわかりました。福島のものや関東の汚染地帯のものは食べない。これは早々に決めていました。

A 2012年1月から2016年08月
おやじが次々死んでいく怖すぎる現実

福島第一原発事故後間もないころから福島県下で急死事例が伝えられ始めました。特に除染事業、福島第一原発構内の作業に従事していた人が、作業従事数日で突然死の事例も数例あり、吸気被ばくの怖さを知りました。書き留めておいた事例をまとめて順次追加することにしたのが年明けの1月でした。

B 2012年09月25日
常総生協の土壌調査はすごい 常総生協の土壌調査

常総生協の動きは早かったです。この調査結果で放射性物質の降下はまだら状でばらつきが大きいことを知りました。常総生協は、これらの土壌サンプルをどのように処分したのでしょう。ベータ線やアルファ線の追加測定をしてほしいところですが、難しいでしょうね。

C 2013年04月29日
米国による土壌調査結果から

管理人が、米国エネルギー省/国防総省による土壌調査結果の存在を知ったのは、公表からだいぶ時日が経過してからでした。ですが難解で折に触れて思い出しては分析することの繰り返しでした。詳しい専門的なデータなのですが、個人のサイトでその存在に言及していた例はありましたが、これを分析してその意味、意義を解き明かした例には結局接しませんでした。
この調査結果を使ってたくさん記事を書きましたが、専門的な知識をお持ちとみられる方からのコメントはありませんでした。批判もなければ助言もないというとても不思議な状況でした。その分自己流で解釈できましたが。

D 2013年10月26日
空間線量率が0.07μSv/hもあればきのこからセシウムが検出されるだろう

民間による土壌調査も始まりましたが、とにかくデータが不足でした。市町村の空間線量率測定データがネットにアップされ始めましたが、測定例が少なく全体状況をつかむに至りませんでした。それで管理人はキノコの測定データを集めて地図に落とし、全体状況をつかみました。これは成功したと思います。その後の汚染マップとも整合しています。

E 2014年03月29日
ブログ閉鎖の危機を乗り越える

チェルノブイリの経験から原発事故があれば、人が死に生まれる子供が少なくなることは明らかでしたので、人口動態統計の蓄積を開始しました。管理人はデータベースソフトを持ち、それを使う知識もありました。これは大きな武器となりました。
過去にさかのぼって人口動態統計を入力し、データを蓄積していきました。最初のまとまった分析は2011/3に茨城県などで死亡数が急増していることを示すものでした。その記事自体はそんなに注目されなかったのですが、友人から厳しい批評が寄せられ、月単位でなく日単位で再計算を行いましたが、結果的には間違っていませんでした。
この経験から、私が自分が正しいと思うことをやり続けるのなら、それまでの友人関係を全面的に見直すことを余儀なくされるのだと覚悟しました。それまでも希薄な友人関係しか残っていなかったのですが、その後は整理を進めました。酒もやめたし、旅行も行かないし、健康のための徘徊も目的もなく歩き続けるだけですので、友人がいなくても特に寂しいこともありません。
現役の方は、情報入手のためなどに友人関係は欠かせないでしょうけど、下流老人になればそんな必要もないのです。

F 2014年07月01日
「最近死んでる 放射能のせい?」「被ばくと突然死は関係あるの?」「今年は人がたくさん死ぬの?」

何年か前まで、さくらのブログではアクセス記録に検索ワードが載っていました。この記事の見出しは検索ワードをそのままとったものです。まだお若い女性でしょう。こんな検索ワードでこのブログがヒットするようになっていたのです。
管理人は、どこかにこのブログへのリンクを依頼したことはありません。どなたか著名な方がこのブログを紹介してくれたということも知りません。
このころからアクセスが増えていますが、増加のほとんどが口コミと検索エンジンによるものです。
検索キーワードに、ずくなしの冷や水と並んで「くずなしの冷や水」や「ぐずなしの冷や水」がよく出て来ました。
検索エンジンは、あるキーワードについて多数のサイトを表示しますが、その中でとどまる人が多いサイトを次第に上位に表示します。サイトの中のページ数やその中でのリンクの多さも上位に表示される要因です。

若いお姉さんでも福島第一原発事故から3年ほど経過して何かおかしいと感じ検索エンジン経由でこのブログを訪問しています。何か疑問を感じてネットを検索すればすぐにこのサイトや被ばくへの警戒を呼び掛ける他のサイトを見つけることができたのです。このブログに書かれた内容を信ずるかどうかはまた別の問題ですが、少なくとも「福島第一原発事故による被ばく問題」をめぐっていろいろな意見、論議があることは知ることができたのです。ネットを使えないのであれば別ですが、ネットを使いながらそういう努力をしなかったのは身を守る上で手抜かりがあったと見なければならないだろうと管理人は考えています。

G 2014年07月25日
「お前放射能がみえるんか」 2011/3/15昼 東京都心はスモッグがかかっているように見えた

東京駅八重洲側で2011/3/15昼のプルームに遭遇した壮年男性から寄せられた体験記です。壮年以上の男性の体験記は、詳しく、その時の状況把握もしっかりしており、貴重な資料です。被ばく症状も詳しく教えてもらいました。他の方の被爆体験の深刻度の評価をする際の物差しとして使わせてもらうことができました。
千葉県の北西部に住む管理人は、この時間帯にパートの所用で外出しましたが、東京方面は地表に近いところは黒くなっていました。管理人の住む地域は、早朝にプルームが襲来しましたが、東風で西、東京都へ流されていたのです。天気は良く何か空気が違うと感じましたが、放射性ヨウ素やセシウムが大気中に残っていたのです。

H 2014年09月07日
大気汚染測定用ろ紙の放射性物質濃度から 1 千葉県北西部は3/21の濃度が突出して高い

このデータは管理人にとっては最も貴重なものの一つでした。2011/3/15,16、20、21、22の5日間の時間ごとのセシウム濃度が測定されています。原子力規制委員会が大学に依頼して測定した結果ですが、どうしてこんなデータが出てきたのか、意図を疑ったほどです。PDFファイルのデータをEXCELに転記し、分析すると今までわからなかったことが次々に判明しました。気象研究所のシミュレーションがおおむね妥当性を持つことも確認できました。

管理人にとっての一番の収穫は、2011/3/20のプルームの流れが把握できたことです。このプルームは、3号機が最も不安定になった時期にそこから放出された放射性物質で構成され、MOX燃料であるためか、それとも原子炉の過熱状態によるものかわかりませんが、ヨウ素やセシウム以外の放射性物質を大量に含んでいました。

この拡散状況は、米国エネルギー省/国防総省による土壌調査結果とも整合します。米国エネルギー省/国防総省による土壌調査サンプルの採取地点の選定に関して抱いていた疑問が解消しました。米軍が日本の当局からかなり詳しい情報を得ていたこと、そのため2011/3/20にプルームが通過した地域でサンプルを採取したことがうかがえました。プルームの拡散、あるいはプルームの含む放射性物質の特異性に関する情報は不足があったらしく、山形県の北部日本海側でサンプルの採取は終わり、岩手県南部のサンプルは採取されていません。

ですが、このプルームの挙動が把握できたことにより、東日本を襲った主なプルームは、おおむね把握することができました。

なお、大気汚染測定用ろ紙の放射性物質濃度のデータはその後改定されていますが、管理人は当初公表のデータを使っています。PDFからの転記が厄介なのと原子力関係のデータは後日改定があると改ざんされている場合がほとんどだからです。

I 2014年10月05日
2014/10/4に寄せられたコメントを紹介する 西日本の食材調達と店舗選択

飲食物経由の内部被ばくを回避するためには、特に農産物の選択が重要な課題となりました。管理人は「一に産地、二に品目」とスローガンを定め、関東で西日本の食材を扱っている店舗の情報を収集して掲載したりしました。西日本のものを通信販売で購入する人も少なくなかったのですが、それよりも店舗での取り扱いを増やす方向にもっていくほうが、被ばく回避面での効果は大きいです。買う人が多くなれば店舗は仕入れを増やし、産地も増産します。
ですが、店舗情報の提供を呼びかけたら、西日本の食材は入手困難なので教えられないとコメントしてきた公務員らしき女性がいました。そういう情報の拡散はやめろというかのような内容でした。
これには驚き、あきれて怒り返しましたが、その後この女性からの嫌がらせが続きました。それで嫌気がさし、菜っ葉大根情報の取り扱いを止め、相対的に若い女性が関心を示さないような記事内容にするよう心掛けました。

なお、管理人は比較的早くから内部被ばくのリスクの大きい食品の一つが国産牛肉と乳製品だと見ていました。被ばく問題の研究者には常識だったのかと今思います。


発達障害児が中の上辺りの階層に相対的に多いとの観察がありますが、高級魚介類の消費階層と合わせて考えるとありうることだろうと考えています。

J 2014年11月から
幼い子どもの親達がこんなに死んでいるのに 日本のおやじ達はまだ分からないのか

福島第一原発事故後、2、3年して突然死が増えるとともに、幼い子供を残して亡くなる親が出始めました。ツイッターで流れた情報のうち、幼い子供がいるのに・・・との同情の声があるものを拾って収録しました。
シリア内戦情報を追い始めてから、シリアで若い兵士の死にじっと耐える年老いた親の姿を見る機会が増え、シリアでも日本では若い人が次々に死んでいるのに日本の年老いた父親たちは何を考えているのだろうと不思議でなりませんでした。「なぜと問うことはあっても深く追及することもない、愚かな国民」なのだと悟りました。

K 2015年05月10日
脳内出血の体験記

この投稿もGと同じく壮年男性によるものです。このころから被ばくに起因するとみられ疾患を発症する方が増えています。体調異変があってもたいしたことはないと自分に言い聞かせ、病院受診を先送りにしていた結果、体の半分の温度感覚が失われるという深刻な症状で救急車を呼んで入院する経過が綴られています。

管理人はこの投稿を読み返しては、病院受診のタイミングを逃さないようにしています。

L 2015年05月24日
おいおい! 日本では駅前歩道に若者が倒れている

このころから、街頭で、駅構内で倒れこんでいる人の姿が伝えられ始めました。通勤をしている人でも実際に目撃する例は少ないかもしれませんが、ツイッターなどで流れた人の数は大変多いです。この記事の例は、新松戸駅前で日中に若者が倒れていたものです。電車の中での急病人の発生、電車の遅延もタイミングを一にして始まったように記憶します。駅構内や電車内に糞便が落ちているなどの指摘もなされるようになりました。

M 2015年08月09日
えらい画像が出てきた F1からモクモクと

福島第一原発構内の地面から蒸気が噴出しているとの情報は、早くからありました。ですが、構内のライブカメラ映像は、合成あるいは加工されているらしく、そんな気配は感じさせなかったのです。ところがこの3号機の燃料取扱機の引き揚げ時にメディアが空中から撮影した画像には、モクモクとした煙があちこちから立ち上っていて壮観そのもの。地下で溶融燃料がぐつぐつとお湯を沸かし、それが地表から蒸気となって立ち上る「湯けむりどころ大芋沢」の姿を世界に知らしめました。これはチェルノブイリでもなかった現象です。この蒸気には当然大量の放射性物質が含まれています。

N 2015年10月04日
被曝症状最前線 13 脳梗塞 くも膜下出血 脳出血 脳腫瘍
被曝症状最前線 こんな症状が出たら被曝が原因ではないかと疑うのが今の日本の常識です
2015年ころは、さまざまな被ばく症状が出て、驚きの声、嘆きの声、怒りの声が高まりました。その時々にツイッターなどで流れる情報をとらえて「被曝症状最前線」としてまとめました。
「被曝症状最前線 1 だるい 眠い 慢性疲労症候群」から「62 しゃっくりが止まらない」までシリーズものとして書きましたから、「13」 はシリーズの初期に位置します。原発事故に伴って増加する最も典型的な疾患です。

O 2015年10月04日
ISIS戦闘員がロシアの空爆の正確さにおののく

2015/9末のシリア内戦へのロシアの参戦を知り、RT、PRESSTV、FARSNEWSなどで戦況をフォローし始めました。当初からロシアのピンポイント空爆が着実にテロリストの拠点を破壊していく様子を見て、これまでのような欧米主導の侵略が成功しないのではないかとの期待を抱かされました。

P 2016年03月20日
BBCがなんと言おうと 福島の災害は人々を殺しつつある クリスバスビー

世界の反核科学者の中で最も戦う姿勢が強いのは、英国人のクリストファー・バスビーです。現在73歳。1966年から1969年の間ロンドン大学で化学を学び、1970年以降ケント大学、サセックス大学、ウェールズ大学、リヴァプール大学、西イングランド大学などで教え、1981年にケント大学で物理化学の博士号を取得したとされています。
彼は、福島第一原発事故後に来日しましたが、関西の空港から入国し、新潟経由で会津に少しだけ足を踏み入れ、帰国時には着ていた衣類などを捨てて帰ったと聞き、そこまでしなければならないのかと驚いた記憶があります。最近、英国にある彼のラボラトリーが警察の捜査を受けたと報じられています。当局の嫌がらせのようです。彼の見解は傾聴すべきです。

Q 2016年12月13日
予備知識がないと即断即決で初期被曝を避けて避難や移住をすることは難しかった ぷうさんの投稿記事

2016年は、ぷうさんから多数の投稿が寄せられ、それを楽しみに待つ読者も多くおられた年です。管理人に欠ける若い感性と論理、かつ学問的な背景をもって展開されるエッセイに近い型にはまらない文章は新鮮でした。

R 2016年12月20日
アレッポ東部からテロリストを運ぶ車列は救急車を先頭にそろそろと行った

シリア内戦では、ロシア参戦後1年3か月でアレッポの攻防が一応決着しました。アレッポ東部からシリア政府の用意したグリーンバスで家族とともに脱出するテロリスト、それを安全に護送しようとするロシア軍。ロシアは変わったことを確認しました。大変感動的なシーンでした。

これ以降、国際情勢について管理人の関心の幅が広がり海外関連記事が増えています。

S 2017年03月16日
お気づきになりましたか 男性から投稿が増えています

壮年以上の男性は、軽々に信じ、行動することはしないという良い意味での保守性があります。福島第一原発事故から6年経過した頃、ようやくしかるべき年齢以上とみられる男性からの投稿が少しずつ増えてきました。壮年以上の男性は、地域でも職域でもいろいろな情報が入ります。例えば、市役所に勤めて住民課や国民健康保険課の管理職をやっているような場合は、被ばくによる住民の動向、例えば火葬場の繁忙ぶりを直接知り、保険金の支払い動向の変化を知る立場にあります。一方で、彼らは下手なことを言うと議員や住民から厳しく問いただされることを承知していますので、安易にそのような変化に言及することはありません。
そのような公務の特別な立場にいなくても、一般のビジネスの取引先に不幸が多くなっているとか、従業員に体調不良者が多いなどということは、知る機会が多いのです。
そういう変化を見抜き、適切な対策を立てられない管理者は無能です。
事故から6年経過し、多くの壮年以上の男性は実態の変化を認識しています。ただ、その変化に自分としてどう対応できるか、すべきかと考えた場合に簡単に結論が得られる人は少ないでしょう。上に書いたように自分の考えで進めば知人や友人とも疎遠になる可能性もあるからです。現役の方であれば、厄介な問題として頭の中から追い払うことも多いでしょう。

㉑ 2017年06月01日
原発事故直後の避難は慎重に SPM濃度の分析

2011/3/11の地震直後、東海第二原発が百数十回のベントを行い、ようやく原発停止に至りました。この過程で常陸太田市などでは異常に高い空間線量率が記録されていましたが、そのデータは消えてしまいました。そして、SPM濃度のデータなどもともに消えていました。ということは、原発が危険な状態になるとSPM濃度が上がるということです。全国のSPM濃度の推移を調べると福島第一原発事故の影響がはっきり表れていました。

他にSPM濃度の分析をやった例は知りません。何件も記事を書きましたが、がっくり来る内容との評もあり、一部だけを残しました。この分析は独自のものと自負しています。

㉒ 2017年9月 寄付を募る。簡易空間線量率測定システムの開発開始

管理人は、高度な測定器具を調達することを主たる目的として寄付を募りました。普及型の個人用測定器ではベータ線やアルファ線を検出できないからです。寄付はINSPECTORクラスの測定器の購入費を上回りましたので、個人が設置運営できるリアルタイム空間線量率測定システムの開発を始めました。このような機械としては、ブラックキャットのGM10という測定器が定番です。この機械を使った測定ポイントが現在も相当数稼働しています。GM10以外では、株式会社まえちゃんねっとが統括するガイガーカウンター リアルタイム 観測網、セーフキャストの開発設置する観測網もあります。海外のサイトに登録された測定ポイントもあります。

GM10は、ソフト込みで300ドル程度でこれを稼働させるためには、パソコンとアプロード先のサーバーが必要です。パソコンは1万円強のスティックパソコンが使えますが、これらをそろえると最低でも4万円になります。管理人は安価なシステムを探し、GC10Aとスティックパソコン、それにフリーソフトを使い約2万円のシステムを開発しました。

㉓ 2018年1月 私設空間線量率測定システムの設置開始

システム開発を終えてから設置を進めましたが、順次理解・協力を得て現在全国で15台が稼働しています。当初、半自動であったためにパソコン操作を知らない人は管理できませんでしたが、そこは改善を重ね、現在では有線でネット接続する場合は、ケーブルをつなぎ電源を入れるだけでサーバーにグラフが送信される仕組みになっています。メンテナンスなどの手間が容易でありませんが、システム開発に関しては大きな成功になったと我ながら考えています。

㉔ 2018年07月22日
明かされる福島の真実 反応 #福島安全説崩壊!

福島第一原発事故関係の情報は隠蔽づくめですが、この事件だけは当事者から詳しく情報開示がなされました。福島安全説流布の舞台裏が見えて興味深いものでした。この件で男性側が詳細がオープンにされることを受け入れたのは正しい判断です。初老の親父の裸体写真が公開されようともそれが鑑賞に値し世界で珍重されるものだとは到底思えない。メールが公開されようとも会話が暴露されようともたいした内容ではない。欧米の聖職者やエリート層の小児性愛に比べたら陳腐もよいところです。
この事件では、恐喝した側の女性が男性側よりもより多く社会的信用を失いました。女性から脅しや嫌がらせがあったら、オープンにすることです。それが事態の鎮静化の決め手です。
もちろん普段から付け込まれないようにすることが一番ですが、相手がそのような行動に出ることを常に頭において、やりとりや接触の状況をオープンにしてもよいように留意が必要です。記録も残しておきます。

㉕ 2018年8月 スマホ購入

管理人は2018/8、徘徊中に遭難しました。宅地造成で古い道が崖になっていてその崖をよじ登ったら、登れはしたものの身体に痛みを生じ、特に歩行に支障が出たのです。その地域の人に助けを求めようかと思いましたが、頼めそうな人はいません。しばらく歩いたのち、友人のスマホでタクシー会社を探し、タクシーを呼んで駅に向かいました。
体調不良で歩けなければ救急車を呼ぶか、タクシーを頼むかしかありません。バスも通っていないところがほとんどになっています。読者の助言を得て安売りのアイフォンを購入しました。使い始めましたが、いろいろな機能があっても使えるものは少ないことが判明。それに個人情報の漏洩が多いです。多くの人が命の次に大事なもののように持ち歩いているスマホとはこんなものかと驚きました。
その後知人がドコモのバラマキスマホを使わずに置いてあると聞き、2台を安く譲ってもらいました。アイフォン1台、アンドロイド2台を手元に置きいろいろ使い方を研究しました。アンドロイドは放射能測定器に転用することに成功しました。

㉖ 2019年2月 電磁波測定器を購入

リアルタイム測定装置のメインテナンスで最も作業量の多いのは、Windowsのアプデイトです。管理人はスティックパソコンを交換しながら順次更新を進めていました。2018年の暮れ頃には右目に障害が発生。原因を認識するのに少し時間がかかりましたが、電磁波測定器も購入してWifiが原因と判断し、自宅のWifiを止めました。

このころ、携帯で骨の腫瘍ができたという情報を見ましたし、子供の発達の障害も知り、その一因は携帯電話だろうと判断するに至ったのです。

㉗ 2019年03月18日
発達障害の原因の多くは親の責任

管理人が子供の発達障害に関心を持ったのは、ごく最近で2018年の秋です。記事を書き始めたら、保育園児に気になる子、発達障害が疑われる子が多いとの情報が寄せられ、問題の深刻さを認識しました。当初、管理人は発達障害児の増加、要支援児童の増加はやはり内部被ばくによるものではないかと考えていましたが、要支援児童数の推移を調べ、福島第一原発事故前から顕著に増加していることからこれは被ばく以外にも原因があると知ることとなりました。被ばく以外の原因となりうるものとは、農薬汚染です。その他の化学物質の影響もあるかもしれません。そして要支援児童数の推移と携帯電話普及率を比較して電磁波が原因の一つになっているはずだと結論しました。
そして、電磁波の健康影響を調べると、被ばく問題とほとんど同じで安全を主張する者の根拠はWHOの見解一色。危険を指摘する声の論拠は多様でした。
電磁波からの防御は放射性物質からの防御に比べてはるかに容易です。身近な電磁波の発信源を減らす、電磁波の発信源から遠ざかることで足ります。
このことを指摘し、家庭内の最大の電磁波発信源であるWifiの使用停止策を研究し、ブログに記事を書きましたが反応は少なかったです。放射能に対する警戒心の強い人でも電磁波の害は受け入れるという例が多く驚きました。

㉘ 2019年05月15日
電化製品が次々に壊れていく件 これ怖いな

ある芸能人が家電製品が次々に壊れるという体験を書いて注目されました。管理人は、東京都特別区内の住宅や事務所や学校が混在する地域での出来事なので自宅または近隣の住宅または事務所から発せられる電磁波によるものだろうと推定しました。管理人の自宅でも小物の電気製品が故障する例が続いていたからです。

パソコンに使うモニターが起動に時間がかかりすぎるようになり数か月外して放置してから廃棄決断のための最終確認で試しに動かしてみたら、問題なく動いた経験をしました。この間の環境変化はWifiの使用を止めたことです。

Wifiの害を確認し、リアルタイム測定装置の有線LAN使用方式への移行を運営者に働きかけるとともに、格安SIMを使用した疑似有線LAN方式の開発を進め成果を見ました。管理人は、現在はスティックパソコンのOSアプデイトで大量の通信を行うため、疑似有線LAN方式に切り替えることはできませんが、その必要がなくなれば、即切り替えできます。

㉙ 2019年07月11日
F1原発事故初期避難

原発は冷却ができなくなれば、何時間かで過熱して放射性物質を環境に放出し始める。原発が冷却できなくなったかは、事業者からは速やかに住民には伝えられない。仮に伝えられたとしても、何万人、何十万人という人が短時間で避難することはできない。したがって、原発周辺に居住する人たちは原発が過酷事故を起こせば死ぬ運命にある。
というのが福島第一原発事故の教訓です。管理人はそれに気づいてからF1近傍住民の避難の記録、体験記を集めました。

日本人は、福島第一原発事故を経験しても原発の近くに住み続ける人がいるとても勇敢な民族なのだと思うようになりました。

・・・・・

ブログって何なんだろう?
結局これと同じですね。ただ、それがネット空間に置かれていて遠くからアクセスできるだけ。ですから読もうとしない、探そうとしない人にはないと同じです。


ブログを始める方は多いですが、アクセスは伸びないと思います。1日に数件のアクセスが普通なのです。わざわざ時間をかけて読もうと思うようなコンテンツを盛り込むのは難しいです。何か特別の情報を得てそれを公開して注目されることはあるでしょう。でもそれは一回きりで終わりです。

芸能人のブログはアクセスが多いです。単に何を食べたとか、何を買ったとか、どこで公演するとか、適当に画像を入れて,それだけでもやっていけますが、一般人はそれでは見てくれる人はいない。

日記代わりにブログを書くということはあると思います。遠く離れた親などに見せることもできます。そのような場合は、アクセスは期待しないことです。アクセスが増えても金になるわけではない。広告収入で稼いでいる人もいるらしいですが、浪費を勧めることにほかなりません。私の場合、仕事を探せば年間100万円くらいは得られたでしょうか。8年間の機会費用800万円です。

ブログ運営で学んだ知恵
ブログを始めると、最初に寄って来るのはコメントマニアです。これはIPアドレスで検索をかけるとあちこちの掲示板に投稿していたりします。

ツイッターで嫌がらせをやっていて名の知れた人からもコメントがあることがあります。このような方からのコメントは承認しないで黙殺します。さもないと行きがかりができて断ち切ることが難しくなります。

特に注意すべきは、相対的に若い女性からのコメントです。男性管理者が鼻の下を伸ばして対応していると、離婚問題に巻き込まれたり、愚痴のはけ口として使われたりします。彼らは、自分たちは大切にされて当然との意識があります。無下に切り捨てたりすると暴言を書き送ってきたり、しつこい嫌がらせを続けることがあります。管理人が「菜っ葉大根情報は扱わない」と書いたのはそのためです。卑近な生活直結情報を求める人たちは、視点が地面の近くにあります。

そういう人たちとは、安易にメールで連絡を取ったりしないことです。内容が公開されない場合は、驚くようなことを書いてきます。止めてもらうためには、公開を前提としてやりとりすることです。「このメールの内容は場合により公開する」とあらかじめ断っておいたほうがよいでしょう。

場合によっては、メールアドレスを廃止します。使い捨てのメールアドレスを使うか、複数のメールアドレスを相手によって使い分けます。

そして小突かれたら小突き返す、殴られたら殴り返す。礼儀知らずの人とは早く分かれることです。子宮頸がんワクチン問題に関する記事を冒頭に常設しましたが、これもその一つ。難癖付けてきたら何倍にもして返すという意思の表れです。それが本人のため。

謝辞
8年もの間ブログを書き続けることができたのは、読者の支援があったからです。特にこんな変化が観察される、こんな事例があるという情報は、信頼度が高く、常に状況の変化を把握していく大きな助けとなりました。管理人は読者に恵まれたのだと思います。

また、ツイッターや他のサイトの情報も使わせていただきました。引用転載したツイートは数えきれないほどの数になります。このブログの内容は、できるだけ公開の形で長く残したいと考えています。著作権者の立場からご異議があればお手数ですがお知らせください。直ちに対処いたします。
posted by ZUKUNASHI at 08:44| Comment(1) | 福島原発事故

Secret Russian Nuclear Accident Caused a Huge Radiation Cloud to Blanket Europe, Scientists Claim

2017年12月09日
ルテニウム106からパラジウムを作っているところがある? 現代錬金術

2017年12月09日
ルテニウム106の放出源はロシアではないようだ ロシアが放出源に関する国際委員会設置を提唱

2017年11月13日
ベータ線被曝による身体反応は思わぬほどにある


2017年11月12日
欧州のルテニウム106の放出源はロシアのウラル南部と推定された 日本にも流れてきているはず

2017年11月11日
欧州で空間線量率上昇 2017/10/5

newsweek On 7/30/19 at 8:48 AM EDT
Secret Russian Nuclear Accident Caused a Huge Radiation Cloud to Blanket Europe, Scientists Claim
By David Brennan
New research has suggested the huge radioactive cloud that blanketed parts of Europe in 2017 was produced by an accident at a nuclear facility in central Russia, despite Moscow denying responsibility at the time.

The study, published on Monday in the Proceedings of the National Academy of Sciences, said there is no doubt that the cloud of radiation came from the Mayak nuclear reprocessing plant, located in Russia's Chelyabinsk region near its border with Kazakhstan.

Austrian scientists were the first to raise the alarm on October 3, 2017, after detecting abnormally high levels of local radiation. German researchers reported similar findings at around the same time. Both nations are thousands of miles from Mayak, and investigators soon realized that a large swathe of the continent had been affected.

Later readings showed the radiation was detected across Europe and even as far as Asia, the Arabian Peninsula and the Caribbean.

The cloud−of radioactive ruthenium-106−sat above parts of Europe for weeks with levels of radiation fluctuating. It eventually cleared and radiation levels returned to normal. French and German authorities quickly determined that Russia was the most likely source. Though Russian officials acknowledged the heightened radiation, they dismissed any suggestion that the source was within the country.

State-owned Russian nuclear energy corporation Rosatom said the data collected in 2017 was "not sufficient to establish the location of the pollution source." Other Russian officials proposed alternative explanations, such as the re-entry of a burning satellite.

But the new research−conducted jointly by the Institut de Radioprotection et de Sûreté Nucléaire in France and Leibniz University Hannover in Germany−pinpointed Mayak as the source by analyzing 1,300 data points. The study reported that the leak had occurred sometime between 12 p.m. on September 26 and 12 p.m. on September 27.

The cloud was made up of ruthenium-106−a byproduct of nuclear fission with a half-life of 374 days. During spent nuclear fuel reprocessing, these isotopes are usually separated from the radioactive plutonium and uranium taken from nuclear power reactors, and kept in long-term storage with other radioactive waste byproducts, Live Science explained.

The ruthenium-106 in the cloud meant the radioactivity must be the result of a nuclear reprocessing accident. Nuclear chemist Georg Steinhauser of Leibniz University in Hanover−co-lead author of the paper alongside with IRSN's Olivier Masson−told Newsweek this suggests that the Mayak facility was the source.

"We are very certain that the source is in the Eurasian border region, and−to the best of our knowledge−there is only one facility that is capable of handling such amounts of radioactivity in this area, and this is Mayak," Steinhauser explained.

The radioactive cloud was diluted enough that it did not pose a threat to those living under it, though Steinhauser noted they were unable to fully assess the impact in close vicinity of Mayak itself. "If anybody was exposed to the cloud directly, there is a risk of harmful doses," he noted.

Masson explained that if a similar release had occurred in France "it would have led to the evacuation of workers to avoid any additional over exposure."

Regardless, the release of the cloud and the denials and silence from Russia are cause for concern. "We certainly hope that the Russian authorities will handle this incident with more transparency," Steinhauser told Newsweek.

"For the nuclear scientific community, we do not want to blame Russia for the incident, but we would like to learn our lessons from it, just like after Fukushima when safety standards were revised."

The suspected accident at Mayak registered between 30 and 100 times the level of total radiation released after the Fukushima accident in Japan in 2011, Steinhauser told Live Science.

However, he noted that the damage from this incident does not compare to Fukushima or a worse incident like Chernobyl. However, the Mayak accident is "probably the most significant release from civilian nuclear fuel reprocessing," Steinhauser added, larger than the Three Mile Island incident in the U.S. in 1979

Mayak, used for both nuclear and civilian purposes, has a history of nuclear accidents. In 1957, a storage tank at the facility exploded, contaminating tens of thousands of people, The Washington Post noted. And in 2004, it was revealed that plant officials were dumping nuclear waste into a local river.
posted by ZUKUNASHI at 06:53| Comment(0) | 福島原発事故

2019年07月30日

ブラジル産もダメか 農薬汚染

RT2019/7/30
Brazil’s toxic pesticides ‘affecting people all over the world’ through agricultural exports

Brazil’s embrace of highly toxic pesticides – the government has approved 262 so far this year and loosened regulations on what is considered “extremely toxic” – is affecting people far outside its borders, an expert tells RT.

“EU-banned pesticide[s are] being manufactured in the EU, and then coming back to citizens in the EU, in the food we eat,” environmental journalist and founding member of the Green Economic Institute think tank Oliver Tickell told RT, explaining that as one of the largest soy exporters in the world, Brazil supplies a significant quantity of the feed that cattle and other livestock worldwide consume. European consumers tucking into a juicy steak have no idea that the creature they’re eating might have been nourished on soy sprayed with highly toxic pesticides.

“This is not just a problem for Brazil and Brazilian people and people exposed in the countryside to these pesticides and consumers and farmers,” Tickell warned. “It is actually affecting people all over the world through Brazil’s agricultural exports.”

ANVISA, the Brazilian public health regulatory agency, relaxed pesticide regulations last week so that only those chemicals with lethal potential can be classified as “extremely toxic,” triggering a massive backlash from environmental groups, human rights organizations, and food safety advocates. The fervently pro-business government of President Jair Bolsonaro has already approved 262 pesticides this year, 82 of which are classed as “extremely toxic,” as he follows through on campaign promises to demolish environmental regulations and open up protected rainforest lands to mining and agriculture.

Dozens of pesticides banned or strictly regulated in the EU, including paraquat and chlorpyrifos, were already permitted for use in Brazil before Bolsonaro took power, and the country uses approximately 400,000 tons of pesticides per year, according to Human Rights Watch. While Agriculture Minister Tereza Cristina has flatly denied Brazil uses any more pesticides than any other country, attributing such allegations to “data manipulation” and accusing critics of “terrorism,” EcoWatch claims the country consumes more pesticides per capita than any other nation.
posted by ZUKUNASHI at 18:46| Comment(0) | 国際・政治

欧米はシリアの経済妨害をやめろ!

RT2019/7/29
US-trained ‘saboteurs’ sent from Al-Tanf to destabilize situation in other parts of Syria – Moscow
US-trained saboteurs are being sent from Al-Tanf to other parts of Syria to try to destabilize the situation, Col. Gen. Sergey Rudskoy, chief of the Main Operational Directorate of the Russian General Staff, said on Monday. A ‘major armed unit’ of Jaish Magawir al-Saura militants is being trained in the 55km zone surrounding the Al-Tanf base, he said.

Almost 2,700 militants are being trained in the US-controlled Al-Tanf zone for activities including the destruction of the oil and gas infrastructure and conducting terrorist attacks against Syrian government forces, RIA Novosti quoted Rudskoy as saying at the Defense Ministry.

He said that some of these militants are being transferred by
US Air Force helicopters to the trans-Euphrates region.

In November last year, spokesperson for the Russian Foreign Ministry Maria Zakharova said that Moscow has information about the US military training militants in the Al-Tanf region. The big US military base is adjacent to the borders of Syria, Iraq, and Jordan, and is close to the highway connecting Baghdad with Damascus.


FARSNEWS2019/7/26
ISIL Plotting to Paralyze Syria’s Economy in Line with US Sanctions
TEHRAN (FNA)- The ISIL terrorists have increased their attacks on Syria’s economic resources as the country is strugggling against harsh economic sanctions by the US and the West, sources said.

A Syrian Army military source said that over past two months, the ISIL terrorists have launched attacks on roads and railways in Homs province as well as an oil tanker carrying fuel for Western Syria.

He reiterated that ISIL’s moves to strike a blow at Syria’s economy comes as the Western countries and the US have imposed harshening sanctions on Damascus, including an oil embargo.

The military source also pointed to Syria’s preparedness to reopen Bu Kamal-al-Qaem strategic crossing along the border with Iraq, and said that the Syrian Army has reinforced its military positions near the international highway in central Syria in a bid to maintain security along the vital road.

In a relevant development on Wednesday, the Kurdish-language media outlets said that the ISIL terrorists are present in the areas controlled by the Turkish Army in Northern Aleppo, the Kurdish-language media outlets said.

The Kurdish-language Hawar News quoted local sources in Northern Aleppo as saying that the ISIL terrorists are stationed in Ankara-controlled regions in Northern Aleppo under names of terrorist groups backed by Turkey.

The sources released a photo of ISIL flag mounted on the vehicles of a member of Shohada al-Sharqieh which is affiliated to Turkey in the city of Jerablus is Syria, and said that the Ankara-controlled regions in Northern Aleppo have turned into safe zones for the ISIL terrorists.

In a relevant development earlier this month, tens of ISIL terrorists had been transferred from Turkey to Afrin region in Northwestern Aleppo as reports said the Turkish Army and its affiliated militants were preparing to launch a major offensive on the US-backed Kurdish fighters in Eastern Euphrates.

The Hawar News Website quoted local sources in Afrin as saying the ISIL terrorists have become active along Turkey’s borders with al-Shieh region in Afrin.

The sources said that the Turkish Army and its allied militants have sent 30 ISIL terrorists who had been trained by the Turkish Army in Hatay province of Turkey to al-Shieh region.

Hawar noted that thousands of Turkey-backed terrorists have recently been dispatched to Afrin from Idlib province.

The well-trained ISIL terrorists are being dispatched to Afrin by Ankara as the Turkish Army is preparing for dispatch massive military equipment to borders with Syria to launch a major operation against the Kurdish militias in Northeastern Syria.



posted by ZUKUNASHI at 18:35| Comment(0) | 国際・政治

日本のメディアに頼っていたら世界の動きが見えなくなる

みゆうさんが日本語に訳してくれた記事お読みになりましたか? 英文のままではほとんどアクセスがありませんでしたが、翻訳記事は多数のアクセスがあります。

日本のメディアが伝える海外ニュースは、どこかから金をもらっているに違いないと思えるほどにバイアスがかかっています。彼らはめったに取り上げないネタをときたま世論誘導のために日本語で伝えるのです。ですから前後の関係も、周辺情報もわかりません。

エプスタインの命危うし? ドイツ銀行の捜査で誰の名が上がるか

必読記事:Siriってアイホンに入っているものですよね

アイフォンやその他の音声入力機器のこわさ、わかりましたか? 放射能被ばくが進んだ人もいますので、臓器取り出し要員としては日本人はグレードが落ちますが、人身売買で慣れないハイヒールと網タイツを履かせてプリミティブな労働でこき使うのならまだまだ十分行けるでしょう。

IT機器を使うことによる個人情報の漏洩については機会があるごとに警告してきましたが、驚くほどに反応が鈍いです。

このような情報一つとっても、日本人は世界の動きから遅れている。

幸い、RTは記事がおもしろければ、友達とシェアしろとか紹介してやれと書いてありますから、翻訳して載せてもすぐにクレームがつくことはないでしょう。転載する記事の量が増えればRTと話しをつければよい。FARSNEWSもおそらく転載歓迎でしょう。

海外サイトに載ったニュースを日本語で紹介するサイトはいくつかあるようですが、絶対量が少ないです。

管理人は読者から協力が得られれば、いくらでも載せるつもりですが、タダで頼むのもね・・・。

英語の日本語訳お得意な方も多いのではありませんか? ブラッシュアップのためにも訳してみませんか?
posted by ZUKUNASHI at 17:15| Comment(0) | 国際・政治

Boeing May Halt Production of 737 Max Aircraft If Issues Not Fixed by End of Year

sputnik2019/7/30
Congressional Deregulation Has Left Air Safety Standards ‘Out of Control’ of FAA
A new report by the New York Times reveals the extent to which Boeing was allowed by the US Federal Aviation Administration (FAA) to effectively self-regulate when it came to the Maneuvering Characteristics Augmentation System (MCAS) software, the failure of which caused the crashes of two Boeing 737 Max 8 jets, killing 346 people.

Dr. Alan Diehl, an award-winning aviation psychologist and safety consultant, a major 1990s air safety whistleblower and the author of the book “Air Safety Investigators,” joined Radio Sputnik’s Loud & Clear to highlight how the FAA has been passing off approval of airplane systems to manufacturers for years.

“Full disclosure: I used to be an aircraft design engineer,” Diehl told hosts John Kiriakou and Brian Becker. “Not for Boeing, but even back 40 to 50 years ago, we had what are called designated engineering reps; these were actual company employers [delegated by the FAA] that were in charge of certifying. But this system has gone out of control now. In 2005, Congress - lobbied by the [George W. Bush] administration - basically forced the FAA to authorize this extensive delegation of inspection authority” to manufacturers, he explained.

According to a New York Times article published over the weekend, Boeing carried out its own assessment of the MCAS, which was not tested by the regulator. In addition, the agency allowed two “relatively inexperienced engineers” to “oversee Boeing’s early work on the system,” according to two people familiar with the matter who spoke to the Times.

On March 10, a Boeing 737 Max 8 plane operated by Ethiopian Airlines crashed soon after taking off from Addis Ababa, Ethiopia, killing all 157 people on board. In October 2018, a Lion Air-operated 737 Max 8 crashed into the Java Sea just minutes after taking off from the Indonesian capital of Jakarta; all 189 passengers and crew were killed.

In both crashes, the plane’s new flight control feature, the MCAS, has been implicated as a cause. Initially designed to be a safety feature, MCAS is supposed to evaluate sensor data and push the plane’s nose down to keep it from stalling in the event that the nose of the plane reaches too steep an angle of attack (AOA).

The New York Times piece also reveals that during the development phase, Boeing introduced a riskier version of the MCAS that “relied on a single sensor” that could push the plane’s nose down even further than before.

“Boeing did not submit a formal review of MCAS after the overhaul. It wasn’t required by FAA rules. An engineering test pilot at the regulator knew about the changes, according to an agency official. But his job was to evaluate the way the plane flew, not to determine the safety of the system,” the Times reported.

Following the Lion Air crash, FAA officials decided not to ground the 737 Max, instead opting to publish a notice for pilots outlining emergency procedures. According to anonymous sources who spoke to the Times, an FAA manager told agency engineers to remove the only reference to the MCAS from the notice.

“If you look at the genealogy of this huge problem that ended up killing these 346 people … I call it the three D’s. In 1957, when the FAA was formed, it was given [the responsibility to] promote as well as regulate aviation. After 1996, there was a terrible Valujet crash, and Congress said, ‘Well, don’t do the promoting anymore.’ They’ve been doing it for decades. Most of the FAA employees, it’s in their DNAs; they want to see manufacturers and these airlines succeed.”

“So, the first problem, the first D, was the dual-mandate, historically. Then we had: in 1978, Congress deregulated the airlines, which affected the manufacturers. Now, everything became bottom line. Congress didn’t give the FAA any more employees to oversee this vastly expanded industry. And then finally, in 2005, Congress mandated increased delegation [to manufacturers],” Diehl explained.

And that is exactly what the sources told the New York Times: that the FAA has been heavily relying on manufacturers’ engineers to certify aircraft.

“For decades, the FAA relied on engineers inside Boeing to help certify aircraft. But after intense lobbying to Congress by industry, the agency adopted rules in 2005 that would give manufacturers like Boeing even more control. Previously, the agency selected the company engineers to work on its behalf; under the new regulations, Boeing could choose them, though the FAA has veto power. Many of the agency’s top leaders embraced the approach. It would allow the FAA to certify planes more efficiently and stretch its limited resources. The regulator had also been finding it harder to compete for talented engineers, their government salaries unable to keep up with the going rates in the industry,” an excerpt from the Times reads.

According to Diehl, Boeing has already taken most of the necessary steps required to make the 737 Max safe again.

“Clearly this airplane should never have been certified, the way the MCAS system operated. But … I think they’ve [Boeing] done most of the things they need to do to make it safe … I’m not sure if the FAA will mandate this, but I think they need one other type of fix, and that is a so-called AOA alert, and here’s why. It’s not a complicated software patch, but the pilots need to know if the MCAS is going to start shoving their nose down. If you give them a hint that this is an MCAS problem, I think if that had been on the earlier aircraft, we wouldn't have lost those two planes and 346 people,” Diehl explained.

On its website, Boeing has released a statement on the “AOA Disagree alert,” stating that it is “issuing a display system software update, to implement the AOA Disagree alert as a standard, standalone feature before the MAX returns to service.”

RT2019/7/25
Boeing May Halt Production of 737 Max Aircraft If Issues Not Fixed by End of Year
TEHRAN (FNA)- Boeing may reduce or halt the production of its 737 MAX aircraft series if the company is unable to fix a software glitch in the plane's system by the end of the year, President and Chief Executive Officer Dennis Muilenburg said during a teleconference on the second-quarter earnings.

"Should our estimate of the anticipated return to service change, we might need to consider possible further rate reductions, or other options including a temporary shutdown of the MAX production," Muilenburg stated in the teleconference on Wednesday, RIA Novosti reported.

However, Muilenburg added that they expect to maintain the current monthly production rate of 42 deliveries per month and by 2020 increase it to 57.

Global aviation authorities grounded the 737 MAX following two crashes - in Indonesia and Ethiopia - that killed a total of 346 passengers and crew because of a software glitch that prevented pilots from turning off a defective autopilot system that forced planes into the ground shortly after takeoff.

Boeing attempts to repair the defects are taking longer than expected, and the company does not expect the planes to be declared safe to fly by the US and other regulators until November at the earliest.



※ Business Insider認証済みアカウント @businessinsiderの2019/7/6のツイート
What's next for Boeing?
https://twitter.com/i/status/1147430987996860416

ボーイングの製造過程の問題は、ボーイング787から始まっていたようです。
Boeing 787 Dreamliner caught in deepening probe into 737 MAX disaster
というニュースもあります。ボーイングに乗るのは少し怖い。

RT2019/6/30
Anything to cut costs? Boeing accused of outsourcing 737 MAX software at $9 an hour
Boeing has been partially outsourcing software development to low-paid subcontractors to save costs, Bloomberg has learned, suggesting that inadequate quality control practices may have contributed to fatal 737 MAX crashes.

Newly graduated programmers employed by third-party software developers – including Indian HCL Technologies Ltd and Cyient Ltd – were making as little as $9 an hour, roughly four times less than their own experienced engineers who Boeing was actively laying off. The company reportedly outsourced flight-display software and programs for flight-test equipment. While the final code allegedly complied with their strict specifications, the efficiency of such work was below expectations, as subcontractors were pressured to avoid any major changes that could cause delay.

“It was controversial because it was far less efficient than Boeing engineers just writing the code,” Mark Rabin, a former Boeing software engineer who worked in a flight-test group that supported the MAX, told Bloomberg.

It took many rounds going back and forth because the code was not done correctly.

The American aerospace giant is in hot water following two fatal 737 MAX crashes which claimed a total of 346 lives. Both the Lion Air crash in Indonesia and the Ethiopian Airlines disasters were linked to the improper work of the Maneuvering Characteristics Augmentation System (MCAS), which was designed to prevent the plane from stalling, but instead sent the aircraft into nosedives.

While both Boeing and HTC stressed that subcontractors were not involved in developing either the notorious MCAS nor the critical cockpit warning system, Bloomberg claims that third-party engineers did participate in some of the 737 MAX's software development. At least one HTC employer apparently claimed in their resume that they had come up with a “quick workaround” that helped “resolve [a] production issue” that could have caused delays and cost Boeing a lot of money.

“Boeing was doing all kinds of things, everything you can imagine, to reduce cost, including moving work from Puget Sound [outside of Seattle, Washington] because we’d become very expensive here,” a former Boeing flight controls engineer, Rick Ludtke, told the publication.

In addition to saving costs and production time, the involvement of Indian companies in particular “appeared to pay other dividends” for the American corporation, which was able to secure multi-billion-dollar contracts with the Indian military and commercial airlines, according to the report.


posted by ZUKUNASHI at 14:31| Comment(0) | 国際・政治

不妊で茨城が先行か

古い記事を参照して新しいことに気づくことが少なくありません。
被ばくと疾患発症数の増加はこういう仕組みらしいを書いていてこれはなんだ? と目が留まりました。



町田市は、2011/3/15の早朝に放射性ヨウ素の濃度の濃いプルームが襲いました。ヨウ素が主体ですから午前中はセシウム濃度の累積値は増えず昼頃から累積値が上がっています。ここまではわかっていたのですが、よく見ると3/21の未明にセシウム累積値が一段と高く上がっています。

3/20昼頃に鉾田市、あるいは銚子近辺から上陸したプルームがMOX燃料の3号機を起源とする放射性物質を多く含み、ベータ線源やアルファ線源が多かったのではないかとの見方をせざるを得ないことは以前から書いてきました。

この特に危険なプルームは、関東から、会津、山形、岩手と回り、翌21日再度南下して東葛地域などにセシウム濃厚汚染をもたらすのですが、それよりも8時間も前にセシウムの累積値が上がっています。



これはどんなプルームかと調べると、3/20に関東に入り込んだ危険なプルームが群馬南部、埼玉西部にとどまり、これがその後時間をかけてゆっくり南下したものだとわかります。


セシウムも多いのですが、他の放射性物質も多かったでしょう。このセシウム濃度を茨城県の例えば古河市と比較すると、3/20の午後から町田市の濃度の2倍から3倍あったことがわかります。3/20は日曜で晴天でした。人々は外出したでしょう。地震の片付けもあったでしょう。


各地の2011/3/20の濃度合計を計算すると次のようになります。3/21分は入っていません。茨城、千葉北部、埼玉北部の値が高くなっています。これらの地域の人たちがこの危険なプルームの襲来を受けて吸気被ばくを余儀なくされたことがわかります。


茨城県下のろ紙濃度測定箇所が少なく全体について判断できませんが、やはり全体として濃度が高かったとみられます。関東の中で茨城県に他と異なるプルームが入りこんだのは、この3/20午後のプルームです。茨城県で不妊傾向が強まれば、その原因の一つとして3/20午後のプルームを想定せざるを得なくなります。

次のグラフを見つけました。つくば市にある気象研究所での測定結果。出所:http://www.mri-jma.go.jp/Dep/ap/ap4lab/recent/ge_report/2015Artifi_Radio_report/2015Artifi_Radio_report.pdf


2011/3/20の昼前頃からセシウム137の濃度が大きく上昇しています。そして3/21未明も高水準になっています。茨城県の広範な地域で3/20のプルームが影響を与えています。
posted by ZUKUNASHI at 13:51| Comment(0) | 福島原発事故

Alleged 9/11 Mastermind May Help Victims Sue Riyadh if US Forgoes Death Penalty

Alleged 9/11 Mastermind May Help Victims Sue Riyadh if US Forgoes Death Penalty
Khalid Sheikh Mohammed, who was named by the US as one of the main architects of the 9/11 attacks and is currently being held at the Guantanamo Bay detention camp in Cuba, recently indicated that he would consider helping 9/11 victims in their lawsuit against Saudi Arabia if the US government decides not to seek the death penalty against him.

Mohammed’s offer was filed in the US District Court in Manhattan Friday as part of a federal lawsuit against the Saudi government by victims and families of victims of the 2001 terrorist attacks, which killed over 3,000 people in New York, northern Virginia, and Pennsylvania.

Lawyers for the plaintiffs contacted three out of five Guantanamo Bay detainees accused of being involved in the terrorist attacks to obtain depositions, according to the Wall Street Journal. Mohammed’s attorney said he would not consent to a deposition under current circumstances but noted that “in the absence of a potential death sentence, much broader cooperation would be possible.”

However, Mohammed’s current position appears to be quite different from the one he took at a June 2008 Guantanamo hearing. When a military judge described the hearing as a “death-penalty case,” Mohammed referred to it as a “martyr case” instead.

“This is what I wish. I’ve been looking to be martyred for a long time,” Mohammed said at the time, according to the Wall Street Journal.

“A lot has happened in the past 10 years,” a person familiar with the proceedings recently told the Journal. “The 9/11 defendants are not as interested as they once were in martyring themselves.”

The Saudi government has long maintained it was not involved in the 9/11 attacks.

In 2014, freelance writer Brian McGlinchey launched the 28Pages project to expose links between Saudi Arabia and the 9/11 attacks. The project is focused on declassifying 28 pages of a congressional report on the US Intelligence Community’s activities before and after the terror attacks, according to the project's website.

The US government partially declassified those 28 pages in 2016, but conducted about 90 redactions "due to national security" concerns that remain in place, according to the declassification review led by the Office of the Director of National Intelligence.

The partially declassified report released by Congress in July 2016 exposed that Saudi officials had direct connections to the 9/11 hijackers and possible involvement with supporting the attacks themselves. The report also showed that the FBI inexplicably failed to communicate to the CIA information about financial ties between Saudi royals and the 9/11 hijackers before the attacks. Of the 19 hijackers, 15 were Saudi Arabian citizens.

On Monday, US President Donald Trump also authorized the extension of the 9/11 Victim Compensation Fund, which was first established to compensate victims of the attack. The extended legislation means victims’ medical claims will be funded until 2090.

posted by ZUKUNASHI at 08:59| Comment(0) | 国際・政治

被ばくと疾患発症数の増加はこういう仕組みらしい

全国人口動態統計をもとに算出した出生死亡比率の変化度合いの測定で東西の差が拡大し、かつ東日本の一部で落ち込み方が大きくなっています。福島第一原発事故から8年を経過しても事態の悪化は続いています。なぜでしょう。管理人はゴフマンの研究結果を参考にして次のように考えるようになっています。なお、外部被ばくについてはガンマ線が主体で測定も容易ですのでここでは除外して考えます。

まず、福島第一原発事故で環境に放出された人工放射性物質の種類は極めて多いのです。次は、米国エネルギー省/国防総省による土壌調査結果から分析対象の核種が多い6か所の測定結果です。


これだけ多様な人工放射性物質が何度にもわたるプルームに乗っては運ばれ、降下沈着しました。次は、大気汚染測定用ろ紙のセシウム濃度検査結果から地点ごとに濃度の累積値をグラフ化したものです。プルームが来るたびに累積値がぐーんと上がっています。

関東南部 東京都・神奈川県


関東 茨城県・埼玉県・千葉県・東京都


つまり単純化して考えると、地点ごとに多様な人工放射性物質が大気中を流れてきてその時の放射性物質ごとの大気中濃度も異なれば、それが地上に降下し沈着した量も異なります。次の表で濃度の単位と沈着量の単位は異なります。


地点Aを取り上げてそこに住む個人Aと個人Bの被ばくの異なりようを見ます。表の左側、大気の汚染度と土壌の汚染度は地点Aに関しては同一ですが、個人ごとに放射性物質への曝露、吸入、経口摂取、接触などの度合いは異なります。


ここで表の右側の個人ごとの被ばく度合いの測定単位と次の表で出てくる被ばく累積量との関係ですが、上の表の合計欄の数値が50になると、以下の表での「被ばく累積量」1単位に相当すると想定しましょう。厳密には放射性物質ごとに被ばく量を測定しなければならないはずですが。

上のように多様な形態、ルートで生じた内部被ばくにより、人々の被ばく累積、つまり放射線の種類別に人体が受けた放射線の数が増えると人体の組織が損傷を受け、その結果として様々な症状を示すようになります。

ここでは、10万人の母集団についてみた場合、各人の被ばく累積が1単位になると1人がある疾患を発症すると仮定します。いくつかの10万人の母集団があり、その構成員の被ばく累積度が異なれば、母集団ごとに疾患発症者の数は異なります。発症者の数は時間の経過に伴い被ばく累積が増えていけば増えていきます。



日本の東日本の人口動態を観察するということは、人口規模も異なり、住民の平均的な被ばく累積度合いも異なる都市を合わせて考察していることになります。



上で「住民の平均的な被ばく累積度合い」と書きましたが、一つの都市内(例えば地点A)での個人ごとの「被ばく累積度合い」は大きな差があります。当然、「被ばく累積度合い」の大きい人から確率が高まり発症していきます。管理人はある一つの10万人の集団を取り上げた場合、その中に含まれる人々の「被ばく累積度合い」は様々だと思いますが、初期吸気被ばくの大きかった地域、セシウム濃厚汚染地域がある地域では、その地域的特性に起因する面についてみれば、集団ごとにベースラインが異なるだろうと考えています。以下では、平均水準で考えます。

特異な集団、例えば除染事業に従事した者や福島第一原発の構内作業に従事した者の集団については、別途の母集団だとしてとらえることが必要でしょう。これらの者の中には、作業従事2日、あるいは3日で急死した方がおられます。セシウムの吸入による心疾患によるものとみられます。


2011/3/27、大熊町地内で高濃度に汚染された遺体が発見され、体表面の放射能10万cpm超過だったとされています。測定器の感度が異なりますが、管理人は市原市の北部でポンコツのGMサーベイメーターで地表面から1万cpmを検出しています。これでもすさまじい値です。

1人の母集団の構成員が10万単位の被ばく累積になれば疾患(この場合は心疾患)で亡くなることはあり得ます。被ばく累積を生じた放射線、あるいは放射性物質が異なれば発現する疾患も異なってくるようです。放射性ヨウ素なら甲状腺障害、放射性セシウムなら心疾患という具合です。中枢神経障害は、管理人はセシウム、ヨウ素以外の放射性物質が主因となっているのではないかと考えています。



実際の被ばくに起因する疾患の増加状況を把握しても、それらの因果関係を問うことは難しいのです。
次のような状況になっているからです。その結果「原因不明」というこれまでの診断例に合わないものが増えています。



ここで、まず地域の放射性物質別の汚染状況が分かっていません。初期吸気被ばくの度合いも不明です。さらに、その後の福島第一原発発のプルームによる吸気被ばくの度合い、食品を通じた放射性物質の摂取具合・・・わからないことだらけなのです。

ですが、それらを総合した被ばくと身体症状発現との関係については、人口動態統計の分析によって一定の因果関係を推定することができます。

例えば、最近の茨城6区の出生数の急激な減少は、被ばく以外にこれだという原因が見当たらないのです。

それは茨城6区に限ったことではありません。次のグラフをどうご覧になりますか?

厚生労働省全国人口動態統計速報による出生死亡比率の変化度合いの測定
2009/1から2009/12の平均を基準として2018/6から2019/5の平均を指数化
出生死亡比率=出生数÷死亡数だから、この比率の低下が大きいほど新生児が減り死亡者が増えている度合いが強いことになる。


まぎれもなく事態は悪化中です。現在管理人は、次の点に注目しています。

A 被ばくをもたらした放射性物質の種類により発症する疾患は異なる。
当初放出されたヨウ素131は、ほぼ検出されなくなっている。セシウム134は大きく減衰。しかし、他に何百種もの放射性物質が放出されています。その中には半減期が何億年、何十億年のものもあるのです。それらの放射性物質による被ばくはこれからも続きます。

B 生物学的半減期に過大な期待はできない。
放射性物質の半減期には物理学的半減期のほかに生物学的半減期というものがあり、後者は前者に比べてかなり短いということが言われました。もし、それに間違いがなければ、すでに被ばく累積は止まっているはずですが、そうなっていません。

セシウムについては、生物学的半減期70日とか90日とか言われますから毎日同量のセシウムを体内に取り入れていれば、比較的短い期間で天井に達しその後は横ばいになるはずです。しかし、これは体内に入った放射性物質が発する放射線数です。


このフラットな状態でも身体が受ける放射線累積数はあくまでも増えていきます。ただ、セシウムは減衰していきますから、新たに体内に入るセシウムが減れば、その時点で身体が受ける放射線数は大きく低下していきます。

セシウムについての生物的半減期はそんなに短くないのかもしれませんし、セシウム以外の例えばウラン系列の子孫核種については、生物的半減期は短くなく、しかも今なお摂取量が大きいのかもしれません。

C 上に書いた管理人の考えは、海外で被ばく累積のある者が日本に来て追加被ばくをすると発症することがある、という観察された事実の理解を助けます。

D 西日本でも健康状態の悪化がみられ、時間の経過とともに進行していることから全国流通の食品が主たる原因となって、日本では今なお国民の被ばく累積(特に内部被ばく)が継続していると考えざるを得ません。

関東で杖を突く人が増えていることも考え合わせると、これまでの内部被ばくで妊娠や歩行に関連する身体機能が損傷し、被ばくが減っても、かつての被ばくによる具体的な結果として症状が表れている可能性ももちろんあります。でも、そのように考えると今から被ばく回避しても、過去の被ばくによるものの結果がこれから出てくるということになります。

少なくとも出生率の急速な低下傾向は、この先も続くと管理人は考えています。そして、次のグラフにも疑問を感じるようになっています。リスクの最大値は「個体の終末到来」なのでしょうが、放射線量が積み上がった段階でこんなにリスクの増加分は少ないのかという疑問です。


管理人は、どんなにわずかな被ばくでも疾患を引き起こすことはある、と考えます。ただ、それは同程度の被ばくを受けた者が無数にいれば、100万人に一人、あるいは1,000万人に一人の発症割合ということなのだろうと考えます。小児甲状腺がんの発生は100万人当たり1〜3人といわれています。

それが母集団構成者の被ばく累積増大に伴って発症割合が上がってくるということに他ならないのだと思います。

死亡者数の増加は高年齢層の割合が圧倒的に多く、被ばくとの因果関係を論じることは難しいです。「老衰」で片づけられます。ですが、小児甲状腺がんの増加は、そうはいかない。明らかに異常な発生をどうやって被ばくと関係ないものとするか、それに日本の医師は今必死です。

もう一つ、被ばくとの因果関係が疑えない事象が生ずるでしょう。「不妊」です。

多くの日本人が心筋梗塞や四肢の不自由化のような被ばく症状を免れたと思っていても、後日、不妊が判明するケースは極めて多いでしょう。統計的に把握できる最大の被ばく症状になるのではないかと管理人は考えています。

そして上に述べたところからすれば、今被ばく症状が出ていない方でも今後の追加的な被ばく累積により被ばく症状が出てくる恐れは高いと心得ておきましょう。生物体としての人体は、異物、毒物に対する防御機構を備えています。それゆえ、わずかな毒物の体内侵入に対しては防御反応が働いてそれを排出できるのだろうと考えられます。

ですが、身体の機能が低下したりすると、そのような防御反応が有効に働かないこともありうるでしょう。とにかく健康体を維持するように努めるしかありません。しきい値があるのではなくたまたま発症しないだけなのだと思います。
posted by ZUKUNASHI at 08:51| Comment(0) | 福島原発事故

エプスタインの命危うし? ドイツ銀行の捜査で誰の名が上がるか

・・・彼はとても巨大なモザイクの中のほんの少しの小石です・・・

RT 2019/7/25
エプスタインのカネを追う:ドイツ銀行内部への調査は、パワフル・コネクションを暴くか?

ジェフリー・エプスタインの逮捕以降、事件は、単なる一個の性犯罪から、国際金融業界における最高レベルに関わる疑惑にまで急展開した。RTのリック・サンチェス(訳注:RT Americaのニュースキャスター)は問う。「正義は、カネの力に打ち勝つことができるだろうか?」

大金融業者であり性犯罪者であるジェフリー・エプスタインは、今月はじめ、少女たちを性的に不正に売買した疑いで逮捕された。この犯罪の被害者には、14歳の少女が含まれる疑いがもたれている。この金融業者は、現在裁判を待って拘留中であるが、その間にも更なる被害者が明らかになっていると伝えられている。

10年ほど前にも、エプスタインには同じような疑惑が数々浮かび上がっていた。そのときは重大な刑期が予想されたにも関わらず(訳注:2008年、終身刑の可能性もあったが、このときは自身による1件の買春のみを認める形で他の容疑は不問とされた(2019/7/13毎日新聞))、馴れ合いの抗弁で告発者と司法取引をしてごまかし、セキュリティの甘い牢獄で13か月間服役するにとどまった。それ以来、エプスタインの名前は、長らく性犯罪と結び付け語られていた。

しかしながら今回は、エプスタインが彼のカネを、影響力を行使するために、また性的な不正売買に関わりうる事業を展開するために、実際にどのように使ったかに注目が集まっている。2013年からエプスタインと共に働いていた調査官(investigator 潜入捜査を行っていたという意味?)は、ドイツ銀行との接触を続けていた。JPモルガンチェース銀行が、明らかになった性犯罪者との関係を絶ってから、しばらくしてのことだ。そして、ドイツ銀行が、エプスタインの銀行口座を閉鎖し始めたのは、去年、彼の性犯罪の疑いに再びスポットライトが当たって以降だ。

「いいチャンスだ」とサンチェス。調査官は、ドイツ銀行の資産運用担当者に、罰則付き召喚状を出すことができるかも知れない。そうすれば、「彼らが、ジェフリー・エプスタインと何をしていたか」があきらかになる。「それが、疑惑の解明の真のスタートだ。」

「これが、ジェフリー・エプスタインの問題だと考えていては」、法律評論家のライオネルがサンチェスに言う。「彼が誰と手を組んでいたかは、誰にも分らない・・・絶対に分からない。彼は、巨大なモザイク画の、ひとつの小石に過ぎないんだ。」

「彼がこれからしなければならないだろうことは」、何人かの人物を明らかにすることだ、とライオネルが付け加える。検察は、エプスタインのコネクションについて圧力をかけるだろう。そのコネクションは、ドイツ銀行の調査によって、具体的な名前が明らかになる可能性もある。

正義が最終的にエプスタインにどのような評決を下すか、それが(この事件にまつわる)もう一つの物語だ。この大物は、水曜日遅く、ニューヨークの牢獄で「傷つき、胎児の姿勢で」発見された。彼の同房者は攻撃を否認しており、複数の報道では、エプスタインは首をつろうとして失敗した、あるいは移送されるために故意に自分を傷つけたと言っているとされている。いま公開の危機にさらされているパワフルな人々に通じる、彼のコネクションを考えれば、それらの人々は今、彼の死を願っているかも知れないという推測も成り立つ。

しかしながらサンチェスは、この同じコネクション網が、司法の力を使ってエプスタインを再び甘く扱うかも知れないと指摘する。さらにドイツ銀行は、エプスタインにとって自然な選択だったのかも知れない。この銀行は現在、マネーロンダリングの疑いにより刑事調査がなされており、元従業員であるエリック・ベン・アーッチによると、「破産した個人が不正手段に携わることを許すよう、構造的に管理されていた」。社員がエプスタインの「怪しい」商取引を隠蔽することを許すような構造がなかったかどうかも、明らかにされる必要がある。

「アメリカの司法制度は、正義ではなく、カネによって運営されている。」サンチェスは、外ならぬアーッチの言葉を引用して、言った。

RT2019/7/25
Epstein’s money trail: Will probe into Deutsche Bank reveal powerful connections?
Since his arrest, Jeffrey Epstein’s story has spiraled from one of sexual depravity to one of shady dealings at the highest levels of international finance. RT’s Rick Sanchez asks: can justice overcome the power of money?

Millionaire financier and sex offender Jeffrey Epstein was arrested earlier this month on conspiracy and sex-trafficking charges, with girls as young as 14 among his alleged victims. The financier has since sat in jail pending trial, and additional victims have reportedly come forward.

Epstein’s name has long been associated with sexual misdeeds, since he dodged serious prison time for a litany of similar offenses a decade ago, striking a sweetheart plea deal with prosecutors that saw him serve thirteen months in a low-security prison.

However, attention has now turned to how exactly Epstein used his wealth to buy influence, and potentially fund a sex trafficking operation. Deutsche Bank has been contacted by investigators, having worked with Epstein since 2013, long after JP Morgan Chase cut its ties with the registered sex offender. Only after media reports last year again shone the spotlight on Epstein’s alleged crimes did the bank begin to close his accounts.

“There’s a good chance,” Sanchez said, that investigators may now subpoena Deutsche Bank’s wealth managers to find out “what they had going on with Jeffrey Epstein. This thing is really starting to unravel.”

“If you think that this is just Jeffrey Epstein,” legal analyst Lionel told Sanchez, “and nobody can understand who he’s ever dealt with...absolutely not! He is just a little pebble in a mosaic that is so huge.”

“He’s going to have to” turn some people in, Lionel added, suggesting that prosecutors will press Epstein on his connections, potentially ones revealed through the investigation of Deutsche Bank.

How justice will eventually find Epstein is another story. The tycoon was found“injured and in a fetal position” in his New York jail cell late on Wednesday. His cellmate denies attacking him, and media reports have quoted sources claiming Epstein tried and failed to hang himself or deliberately injured himself to be transferred. With his alleged connections to powerful people at risk of exposure, speculation has also turned to whether these people might now want him dead.

However, Sanchez pointed out that the same web of connections might see Epstein again treated softly by the courts. Moreover, Deutsche Bank may have been a natural choice for Epstein. The bank is currently under criminal investigation for money laundering, and according to former employee Eric Ben Artzi “was structurally designed by management to allow corrupt individuals to commit fraud.” Whether that structure allowed staff to conceal Epstein’s “suspicious” transactions remains to be discovered.

“The legal system in America is driven by money, not by justice,” Sanchez said, quoting none other than Artzi himself.

RT2019/7/25
ジェフリー・エプスタイン、牢獄で「傷つけられ、意識が完全でない状態で」発見される 首に不審な痕跡

RT2019/7/25
Jeffrey Epstein found ‘injured & semiconscious’ with suspicious marks on neck in jail cell

Millionaire sex offender Jeffrey Epstein has been found “injured and in a fetal position” in his New York jail cell with marks around his neck, leading to speculation that he’d been attacked or injured himself to get transferred.

While authorities have questioned another inmate over the situation – a former cop locked up for allegedly killing four men in a drug conspiracy – multiple sources have rushed to the media claiming Epstein tried to hang himself, while another source claims he staged the injury to get transferred to another facility. He is currently on suicide watch, according to two sources.

Former Westchester police officer Nicholas Tartaglione, who was charged with killing four men over a drug deal gone bad and burying them in his backyard, claims he never touched Epstein and didn’t see what happened, according to his lawyer. "They are in the same unit and doing well," and have even found common ground in complaining about flooding, rodents, and bad food in the jail, he said.

Given the amount of blackmail information Epstein reportedly has on extremely powerful people, speculation that one of them might want to get him out of the picture has been simmering on social media since his arrest, only to erupt in the wake of this latest report. “Organized criminals have long arms,” one user tweeted. “If he dies, I'm going to have to ask, what wealthy individual(s) had him killed or did he really commit suicide?” another wondered. Others took issue with the theory, suggesting that if someone wanted Epstein dead, it would have happened already.

Following Epstein’s arrest on conspiracy and sex trafficking charges earlier this month, additional victims have reportedly come forward. The mysterious magnate all but skated on similar charges over a decade ago, pleading to a lesser charge of soliciting prostitution and serving just 13 months in a sweetheart deal that permitted him to leave prison during the day. Alexander Acosta, the prosecuting attorney on that case, resigned as Secretary of Labor two weeks ago over his handling of the deal, though he claimed in interviews with the Trump transition team he had been told to “back off” because Epstein “belonged to intelligence.”

Epstein faces 45 years in prison if convicted. He has pleaded not guilty to all charges. Epstein was denied bail last week after authorities learned he had a fake Saudi passport and wads of cash secreted in a safe inside his home. Judge Richard Berman also pointed to danger to the community and Epstein’s alleged history of intimidating witnesses in his decision to keep the financier in jail. Epstein’s lawyers have appealed, seeking to have him released on house arrest with electronic monitoring.
posted by ZUKUNASHI at 00:05| Comment(3) | 国際・政治

2019年07月29日

US-Led Coalition Admits Killing at Least 1,321 Civilians in Syria, Iraq - Casualty Report

SPUTNIK2019/7/29
US-Led Coalition Strike on Syria Kills and Injures Civilians - State Media
Earlier, Joint Task Force-Operation Inherent Resolve published its monthly report in which it stated that US-led forces have killed at least 1,302 civilians while battling the Daesh terrorist group in Syria and Iraq.

The warplanes of the US-led international coalition attacked the village of Zerif in an eastern suburb of Deir ez-Zor, leaving civilians among the dead and wounded, according to Syrian state news agency SANA, citing a local source.

The coalition reportedly conducted 34,514 strikes between August 2014 and the end of May 2019.

US President Donald Trump announced the pull-out from Syria in December 2018, promising to bring around 3,000 American soldiers home. The reason for the move, according to him, was the defeat of the Daesh* terrorist group in the Arab Republic.

The United States and its allies have been fighting the Daesh terror group in Syria and Iraq since 2014. The United States and its allies' operations against Daesh in Syria have not been authorised by the Syrian government or the UN Security Council.

SPUTNIK2019/7/27
US-Led Coalition Admits Killing at Least 1,321 Civilians in Syria, Iraq - Casualty Report
WASHINGTON (Sputnik) - US-led forces in Syria and Iraq have killed at least 1,321 civilians while battling the Daesh* terror group, the Joint Task Force-Operation Inherent Resolve (JTF-OIR) said in its monthly casualty assessment.

"Based on information available, CJTF-OIR assesses at least 1,321 civilians have been unintentionally killed by coalition actions since the beginning of Operation Inherent Resolve", the report said.

In late June, US-led forces admitted that at least 1,319 civilians had been killed in military operations against terrorists in Syria and Iraq since August 2014.

The coalition reportedly conducted 34,514 strikes between August 2014 and the end of May 2019.

According to Human Rights Watch, the US-led coalition has apparently given a total of approximately $80,000 to the victims of a January 2019 attack in Syria that killed 11 civilians. However, no compensation has been given to the families of those killed in "unlawful coalition airstrikes" in Al Hasakah governorate between 2017 and 2018, which resulted in over 60 civilian deaths and the destruction of property.

The United States and its allies' operations against Daesh in Syria have not been authorised by the Syrian government or the UN Security Council.

posted by ZUKUNASHI at 20:48| Comment(0) | 国際・政治

ロシアとイランの海軍が協力へ

FARSNEWS2019/7/28
Navy Commander: Iran, Russia Military Cooperation to Guarantee Security in Int'l Waterways
TEHRAN (FNA)- Iranian Navy Commander Rear Admiral Hossein Khanzadi underlined that establishment of security in international waterways and seas will be guaranteed through cooperation between Tehran and Moscow's naval forces.

"Military and naval cooperation between Iran and Russia guarantees security in the world's waterways more than ever and this cooperation is increasing at the strategic level," Rear Admiral Khanzadi said upon arrival in Saint Petersburg on Saturday.

"The two countries enjoy highly powerful navies at the regional and trans-regional levels and definitely, cooperation between the two forces will benefit both countries," he added.

Rear Admiral Khanzadi arrived in Saint Petersburg late on Saturday to hold talks with Russian officials on ways to develop naval cooperation.

During his three-day stay in Russia, he is also due to attend the Russian Navy Day ceremony on July 28 in which Russian President Vladimir Putin will take part.

Rear Admiral Khanzadi earlier said that his Russia visit was taking place at the invitation of his counterpart of the host country.

Naval agreement is also to be signed by the two countries, the commander noted, stressing that cooperation between the two powerful regional countries of Iran and Russia will surely bring good achievements that would help ensure naval security.
posted by ZUKUNASHI at 12:55| Comment(1) | 国際・政治

2019年07月28日

Military: New North Korean Projectiles Could Reach Japan without Being Intercepted

Military: New North Korean Projectiles Could Reach Japan without Being Intercepted
TEHRAN (FNA)- New North Korean projectiles have trajectories that are not typical for conventional ballistic missiles, making it difficult to intercept them, the Japanese Defense Ministry announced on Saturday.

The new North Korean projectiles had irregular trajectories and flew at lower altitudes than conventional ballistic missiles which makes it difficult to intercept them, the Japanese Defence Ministry said, as quoted by the boradcaster NHK.

With that, the defence officials acknowledged that these types of projectiles could reach Japan as, based on findings by the US and South Korean militaries, the ones launched on Thursday flew about 600 km (373 miles), the report added.

According to the broadcaster, Japan is determined to work out appropriate countermeasures in close collaboration with the United States.

On Thursday, North Korea fired two projectiles from an area close to its coastal city of Wonsan. South Korea's Joint Chiefs of Staff subsequently announced that the launches were of two short-range missiles that flew around 267 miles at an altitude of 31 miles before falling into the Sea of Japan.

On Friday, North Korea's state-run media reported that the launches were tests of a new tactical guided weapon and were observed by the country's chief, Kim Jong-un.

The reports come less than a month after Kim and US President Donald Trump met in the Korean Demilitarised Zone and agreed to restart denuclearisation talks.




posted by ZUKUNASHI at 00:32| Comment(0) | 国際・政治

Russia Warns of ‘Large-Scale’ Conflict as Tensions Rise in Middle East

Russia Warns of ‘Large-Scale’ Conflict as Tensions Rise in Middle East
TEHRAN (FNA)- Russia announced that tensions with Iran have made the prospect of “large-scale” conflict real, calling on the world countries to support a Russian security doctrine of zero extra-regional military presence in the Middle East to prevent such a scenario.

Speaking at a BRICS foreign ministers meeting in Rio de Janeiro on Friday, Russian Foreign Minister Sergey Lavrov opposed the United States' military escalation against Iran and promoted the Moscow-proposed doctrine of collective security in the Middle East.

“The development of the situation [involving Iran] has reached a dangerous line, which is fraught with risks of large-scale warfare. We must do our best to prevent it,” Lavrov stated.

The Russian foreign minister stressed that Iran stays committed to the Safeguards Agreement with the International Atomic Energy Agency (IAEA) and the Additional Protocol to it.

"The situation around Iran causes serious concern," he noted, adding, "The American colleagues not only have just withdrawn from the Joint Comprehensive Plan of Action (JCPOA) on the Iranian nuclear program that was endorsed by the United Nations Security Council, they forbid all the rest to implement the United Nations Security Council’s legally binding resolution under the threat of unilateral sanctions."

"We call on our Iranian colleagues to show restraint. We state that they are staying committed to the Nuclear Non-Proliferation Treaty, the Safeguards Agreement with the IAEA and the Additional Protocol to it," Lavrov stressed.

"At the same time, it is counterproductive to demand that Iran unilaterally implement its liabilities under the JCPOA while the other signatories, first of all our Western colleagues, don’t do it," he said.

Russia calls on the European signatories to the Iran nuclear deal to "realize its responsibility for keeping the nuclear deal in place, for the implementation of their own commitments concerning the development of economic ties with Iran", he pointed out.

The top diplomat recalled that when the JCPOA had been signed, the entire global community stressed its importance not only in terms of settling one particular problem around Iran’s nuclear program but also in terms of strengthening the nuclear non-proliferation regime.

"By breaking this deal the United States is now seeking to, it will deliver a serious blow on the nuclear non-proliferation regime in general," Lavrov stated.

posted by ZUKUNASHI at 00:27| Comment(0) | 国際・政治