ずくなしの冷や水

2019年06月25日

Iranian Parliament Presents Bill to Collect Toll from Vessels Passing Strait of Hormuz

Iranian Parliament Presents Bill to Collect Toll from Vessels Passing Strait of Hormuz
TEHRAN (FNA)- The Iranian parliament has devised a bill to be approved later which requires the government to collect toll from the cargo and military vessels which pass through the Strait of Hormuz, for protecting their security.

"A bill has been provided by the lawmakers which requires the government to receive expenses for providing security to vessels, either military or non-military, in the Strait of Hormuz from them," Hossein Ali Haji Deligani, a senior legislator, told FNA on Tuesday.

He added that the Iranian MPs have also devised other bills, including receiving compensation from the US for attacking an Iranian passenger plane in 1988 with 290 people on board, adopting necessary measures against the countries which host the US military men and facilities, adopting necessary measures against the companies which have accompanied the US sanctions against Iran, supporting the Iranian people and institutes which have been harmed by the US sanctions and forming a club of countries which have been sanctioned by the US.

While the Islamic Revolution Guard Corps (IRGC) has for years been the guarantor of security for the cargo ships and oil tankers in the Persian Gulf and the Strait of Hormuz, Washington claims that its naval forces have been deployed in the region to establish security.

US President Donald Trump said on Monday that other countries, including China and Japan, should protect their own oil tankers in the Middle East, suggesting that the American military may withdraw from securing the Strait of Hormuz for international commerce.

In a series of tweets, Trump questioned why the United States has provided such protection for years “for zero compensation.”

“China gets 91% of its Oil from the Straight (sic), Japan 62%, and many other countries likewise. So why are we protecting the shipping lanes for other countries (many years) for zero compensation,” Trump wrote on Twitter.

“All of these countries should be protecting their own ships on what has always been … a dangerous journey,” Trump continued. “We don’t even need to be there in that the U.S. has just become (by far) the largest producer of Energy anywhere in the world!”

Trump had earlier praised Iran for not shooting down a manned plane with 38 people on board when it decided to shoot down an unmanned American surveillance drone last Thursday.

Iran on Friday announced that its forces refrained from shooting down the manned plane that was accompanying the American spy drone which was shot down in the Persian Gulf after intruding into the Iranian airspace.


posted by ZUKUNASHI at 23:08| Comment(0) | 国際・政治

It’s in your blood: New Alzheimer’s test lets doctors detect dementia in ‘under 1 hour’

RT2019/6/24
It’s in your blood: New Alzheimer’s test lets doctors detect dementia in ‘under 1 hour’
A team of scientists claim to have developed the world’s first blood test that can detect Alzheimer’s disease. The pioneering method may prove vital in dealing with the impending dementia crisis the world could face this century.

The Amplified Plasmonic Exosome (Apex) system was developed by researchers at the National University of Singapore (NUS) and analyzes specific proteins in blood samples, catching the disease earlier than ever before.

The current preferred methods to diagnose dementia (of which Alzheimer’s makes up some 50-70 percent of cases) are a neuropsychological test, spinal fluid sampling and brain Positron Emission Tomography (PET) imaging, all of which are more expensive, invasive or time-consuming than the Apex system.

The current design of the Apex system can test 60 samples simultaneously, with results “available in less than one hour.” It is expected to come online in general medicine within the next five years and currently costs SGD$60 (USD$44) to administer.

At present there are roughly 50 million dementia patients worldwide but that is estimated to balloon up to 152 million by 2050, marking one of the most significant impending health crises humans face as a species. This new technology could drastically improve early detection and treatment which is critical to disease management and mitigation of symptoms.

It could also be “easily scaled up” for large-scale clinical tests and helping find the right treatment, according to research leader Shao Huilin of the NUS Institute for Health Innovation & Technology.
posted by ZUKUNASHI at 19:51| Comment(0) | 健康づくり

FedExはファーウエイの荷物を故意に米国へ送っていると思う

RT2019/6/24
Beijing could blacklist FedEx as ‘unreliable entity’ after another Huawei delivery screw-up
American courier FedEx has apologized for failing to deliver a package to the US which contained a Huawei smartphone. The incident, which is not the first of its kind to affect Huawei, was explained as an “operational mistake.”

The parcel belonged to PC Magazine which reportedly tried to send a Huawei P30 smartphone from Britain to the United States. Tracking services revealed the shipment was returned to London after it spent several hours in Indianapolis.

“The package in question was mistakenly returned to the shipper, and we apologize for this operational error,” a FedEx spokeswoman told Reuters.

The company also said it “can accept and transport all Huawei products except for any shipments to listed Huawei entities on the US Entity List.”

Following the incident, China’s technology giant Huawei tweeted it was not within FedEx’s right to prevent the delivery. It added that the courier had a “vendetta.”

China’s foreign ministry said on Monday that FedEx should offer a proper explanation.

The so-called ‘operational error’ comes less than a month after FedEx apologized for rerouting packages sent between offices of Huawei. Two packages containing “urgent documents” which were sent from Japan ended up being sent to the US. Huawei’s shipping agent blocked two more from Vietnam, which FedEx had also attempted to reroute. Huawei’s spokesman then said the incident had “undermined their confidence” in the US-based shipping company.

The latest incident has sparked renewed criticism of FedEx on Chinese social media. The topic ‘FedEx apologizes again’ was trending on China’s microblog platform Weibo.

China’s state-run newspaper the Global Times tweeted on Sunday that FedEx is likely to be added to the Chinese government’s upcoming ‘unreliable entities’ list of foreign firms, groups and individuals that harm the interests of Chinese companies.

Huawei has become an important point of conflict between the US and China as a part of the ongoing trade war. In May, the Trump administration added Huawei to the entity list effectively barring it from doing business with American companies which supply Huawei with necessary parts and technology. Google and Microsoft have suspended business with Huawei in order to conform to the US trade ban.

The US alleges that Huawei could be spying for the Chinese government, a claim which the company, along with the Chinese government, has repeatedly denied.
posted by ZUKUNASHI at 14:16| Comment(0) | 国際・政治

どこかの国が日本に自衛隊を派遣させたがっている?

日本の総理がイランに行きイラン政府トップらと会談することを米国に打診。トランプの親書を携えていくことに。(この親書は受け取りを拒否された。)

2019/6/12〜13 日本の総理がイラン訪問

2019/6/12 日本の総理がハッサン・ローハニ・イラン大統領との会談

2019/6/13 日本の総理がセイエド・アリー・ハメネイ最高指導者と会談

2019/6/13 ハメネイ最高指導者との会談1時間前にタンカー攻撃
This attack takes place at a time when the Japanese prime minister arrives in Tehran after 41 years, it’s literally an hour before his meeting with the Iranian leader Ayatollah Khamenei begins.

2019/6/13 国華産業のタンカーは日本時間の13日正午ごろと午後3時ごろの2回襲撃を受けた。火災は起こしていない。(火災を起こしたのは台湾?のタンカー「フロント・アルタイル」)イランのメディアは、攻撃ではなく技術的な問題が原因となった可能性に言及。
JNN/TBS 2019年6月15日(土)11時06分
イラン海運当局、タンカー火災は「技術的問題」
 ホルムズ海峡付近で発生したタンカー火災について、イランの海運当局が技術的な問題が原因だったとして、外部からの攻撃によるものだとするアメリカなどの見方を否定する見解を示しているとイランメディアが報じました。


米国がタンカー攻撃はイランがやったと発表。機雷または魚雷をしようとの説

イランは関与していないと強く否定。
自国沖を通航するタンカーを攻撃する動機がないとの見方が一般的。タンカー2隻の乗組員はイランが全員救助。米軍が乗組員を救助したと述べているのは証拠がない。火災を起こしたタンカーはイラン海軍の消防艇が鎮火させた。

国華産業の社長は会見で飛来物と米国の主張に反する見解。水面より上に損傷部分があり機雷または魚雷によるものではない。

時事2019年06月14日13時26分
日本に警告か=安倍首相、イラン訪問中−タンカー攻撃
 【エルサレム時事】イランとオマーンに挟まれたホルムズ海峡付近で13日に起きた日本のタンカーなど2隻に対する攻撃は、安倍晋三首相がイランを訪問し、最高指導者ハメネイ師と会談するタイミングに合わせるかのように実行された。イランとトランプ米政権の仲介を図る日本に対する何らかの警告のメッセージだった可能性もある。

※ buu @buu34氏の21:53 - 2019年6月14日 のツイート
今、BSフジで、ヒゲの佐藤が、「油が流れて(流通して)いる間は護衛艦の派遣はない」とか、アホなことを言っていた失敗

JNN/TBS 2019年6月15日(土)15時45分
米国防長官代行、対イランで連携強化したい考え示す
 アメリカのシャナハン国防長官代行は14日、ホルムズ海峡付近で起きたタンカーへの攻撃について、関連する機密情報を積極的に公開し、イランに対する国際社会の連携を強化していきたいという考えを示しました。

RT2019/6/16
Saudi Arabia blames Iran for oil tanker attacks, but doesn’t want ‘regional war’
Saudi Crown Prince Mohammed bin Salman has accused Iran of masterminding the attacks on two oil tankers in the Gulf of Oman this week. One of the explosions rocked a Japanese-owned ship just as PM Abe held talks in Tehran.

※ 宋 文洲認証済みアカウント @sohbunshu氏の2019/6/17のツイート
「日本タンカーを攻撃したのは米国無人機」とロシア
・・・ロシアのソース確認中だが、ロシアがこの空域を監視していたことはありそうだ。MQ-9 リーパーが事件発生地点の上空を飛んでいてイランから攻撃を受けたと米軍が発表。

FARSNEWS2019/6/18
Top Diplomat: Russia Has No Intelligence Data on Incident in Gulf of Oman
TEHRAN (FNA)- Moscow does not have any intelligence data concerning the tanker incident in the Gulf of Oman, which took place on Thursday, Russian Foreign Minister Sergey Lavrov said.
"We do not have such intelligence data," the foreign inister said in an interview with TASS on Tuesday, answering the corresponding question.
"We see the very vague alleged evidence provided by the United States, some video footage, some pictures, which raise serious questions even among its closest allies," Lavrov stated.

FARSNEWS2019/6/17
Egyptian Paper: Mossad Main Suspect behind Attacks on Oil Tankers in Sea of Oman

2019/6/18 日本の防衛大臣がホルムズ海峡に自衛隊を派遣する予定はないと述べる。(FARSNEWS 6/18)

2019/6/18 米国海軍が国華産業のタンカー(?)からリンペット機雷の破片と磁石を見つけたと発表。イランの機雷と酷似しているとも。
The United States Navy has shown limpet mine shards as well as a magnet extracted from one of the oil tankers allegedly attacked last week, claiming that they bore striking resemblance to Iranian mines.

以上の経過からすれば、ホルムズ海峡でイランと米国との間で戦闘があれば、日本の自衛隊が出動する可能性は極めて大。

お前の国のタンカーがやられて仕返しに行くんだからお前の軍隊も出せ! というわけだ。

RT2019/6/20
India deploys warships to Persian Gulf amid rising tensions between US and Iran
The Indian Navy is deploying multiple vessels to the Persian Gulf and the Gulf of Oman, to provide “security” for Indian-flagged ships traversing the area. The decision follows multiple attacks on merchant ships there.

Designating the move “Operation Sankalp” (resolution), an Indian Navy spokesperson announced on Thursday that two warships would be deployed for “maritime security” in the troubled waters between Iran, Oman and Saudi Arabia. The vessels will be backed up by air cover and surveillance assets.

FARSNEWS2019/6/18
Japan Expresses Concern over US Sending Additional 1,000 Troops to Middle East
TEHRAN (FNA)- The Japanese government expressed concern on Tuesday over the United States’ plans to deploy additional 1,000 troops to the Middle East following the recent attacks on oil tankers in the Gulf of Oman.

"It is a matter of deep concern that tensions will escalate in the region of the Middle East", Japan's Deputy Chief Cabinet Secretary Yasutoshi Nishimura told a briefing, as cited by Kyodo news agency.

On Monday, acting US Secretary of Defense Patrick Shanahan announced sending of more US soldiers to the Middle East. Shanahan added that the United States was not seeking a conflict with Iran and the additional forces were being sent to protect US interests and personnel in the region.

On Thursday, two oil tankers, Kokuka Courageous and Front Altair, suffered explosions and fires in the Gulf of Oman near the Strait of Hormuz.

While the causes of the incident remain unknown, the United States claimed that Iran had attacked the vessels. However, Washington had not provided any evidence to support its claims. Iran has denied all the allegations of having a role in the incident.

Russian Deputy Foreign Minister Sergey Ryabkov warned against attempts to lay the blame on Iran before any thorough investigation into the incident.

FARSNEWS2019/6/18
Japan's DM: Tokyo Will Not Send Military to Gulf of Oman After Attack on Tankers
TEHRAN (FNA)- Tokyo will not send military forces to the Gulf of Oman after last week's attack on the two tankers there, Japanese Defense Minister Takeshi Iwaya said on Tuesday.

"It is not clear who is behind the attack, and there were no Japanese citizens onboard [the tankers]. Attacks did not continue, and there is no need to send Japan's Defense Forces there," Iwaya stated, according to Asia News.

He added that Tokyo closely follows the developments in the region after an escalation in the relations between the United States and Iran.

Two tankers caught fire in the Gulf of Oman after an attack on Thursday. The crews were evacuated by the Iranian rescue services and taken to the port of Jask.

The Unitedd States has announced that Iran is responsible for the attacks. Tehran has denied any involvement in the incident.

The Kokuka Courageous tanker, registered in Panama and owned by a Japanese transport company, was carrying methanol from Saudi Arabia to Singapore. The Marshall Islands-flagged Front Altair vessel, owned by Norway's Frontline, was sailing from the United Arab Emirates to Taiwan with petrochemical feedstock.

RT2019/6/18
‘One hour before key Iran-Japan talks’: Professor debunks claims of Tehran role in tanker attacks
As US leaders once again blame Tehran for an attack on a pair of tankers, Iranian Professor Seyed Mohammad Marandi joins RT to debunk their arguments and challenge the Western narrative on the Islamic Republic.

The timing of the attacks on two tankers in the Gulf of Oman, Professor Marandi notes, was undoubtedly rather odd:

This attack takes place at a time when the Japanese prime minister arrives in Tehran after 41 years, it’s literally an hour before his meeting with the Iranian leader Ayatollah Khamenei begins.

Considering that one of the tankers hit belonged to the Japanese shipping company, Kokuka Sangyo, the timing makes it “obvious that the Iranians wouldn’t be involved in any such thing,” Marandi argued.

However, with the mainstream Western media eager to portray Iran in the worst light, perhaps it should come as no surprise that so many countries are willing to believe such far-fetched claims.

Watch Marandi’s full interview challenging these perceptions on RT:

時事通信社2019年6月25日(火)11時50分
ホルムズに自衛隊派遣せず=情勢緊迫なら検討も−岩屋防衛相
 岩屋毅防衛相は25日午前の閣議後の記者会見で、トランプ米大統領が日本などに中東ホルムズ海峡を通過する自国の石油タンカーは自国で守るべきだと主張したことに関し、「現時点でホルムズ海峡付近に部隊を派遣することは考えていない」と述べた。情勢が緊迫した場合については「また何か考える必要が出てくるだろう」と語り、派遣検討に含みを残した。
 岩屋氏はソマリア沖アデン湾での海上自衛隊護衛艦などによる海賊対策活動が継続していることを説明し、「もし海賊がホルムズ海峡付近に頻発するということであれば、活動内容を考え直すことはあり得る」とも語った。
 これに関し、菅義偉官房長官は会見で「米国をはじめ関係国と連携しつつ、緊張緩和と情勢の安定化に向けて外交努力を継続していきたい」と語り、米イラン間の対立が激化しないよう努める方針を強調した。
posted by ZUKUNASHI at 13:41| Comment(1) | 国際・政治

すげーな 8年経ってもF1のこのモクモク


1、2号機の排気塔の先からではなく、根元から白いものが立ち上っているように見える。






廃棄物処理棟の煙突からは煙が出ているようだが、1、2号機の排気塔からは煙は出ていないのではないか。根元から立ち上っているように見える。

この画像はF1の南西方向から撮影している。1、2号機の排気塔の左側に見えるのは1号機の北側だ。

2015/11/3の画像


2015/8/2の福島第一原発3号機燃料取扱機の引き揚げ時に共同通信が空中から撮影した動画のキャプチャー画像

これでは、1号機の辺りからは白いものが出ていないように見える。

前にツイッターで見た画像。この図では、2号機の真上ではなく南側から柱が立っているようだ。

2018年07月24日
F1 大量の蒸気を噴き出していたのは3号機だけではないようだ

地面から噴き出しているようだ。そしてそれが次々に移動している。溶融燃料に触れた地下水、雨水が蒸気になったものだから当然放射性物質を含む。

海底から噴き出せば次のようになる。まあ、F1の現状から考えれば特に驚くほどのことではない???
2018/2/7 13時57分


この画像も 2018/2/16、午前5時36分
posted by ZUKUNASHI at 12:17| Comment(2) | 福島原発事故

ロシアが S-500 防空システムを実戦配備へ 防空範囲の狭いS-350も開発

ロシアのミサイル防空システムが世界の軍関係者から垂涎の的になっています。これまでの最新型がS-400、S-500が実戦配備間近となりました。ロシアは地球全体をカバーするシステムを開発計画の到達点に置いています。S-700。
イランはロシアからS-300システムを導入しており、米国ドローンの撃墜には、S-300に類似したシステムが使われています。
the Iran-made short-range and mid-altitude 'Third of Khordad' missile defense shield
自国での開発が難しい国は、ロシアから購入するしかありません。ですが、S-300、S-400の導入には、周辺国や米国が強く反対することもあります。それらの国の攻撃力が低下するからです。

ロシアは、イスラエルの反対でシリアへのS-300の供与を見送っていましたが、イスラエル戦闘機がシリア空爆に際してロシアの偵察機を弾除けに使い、偵察機が撃墜される事件が起きた後に、シリアにこれを供与しています。ロシアのフメイニム基地にはS-400を配備しています。

以下は、S-400配備の後、RTが流した動画のキャプチャー画像です。公開画像ですからご心配なく。
次の2枚はその下にある、ミサイルなどと一緒に配備するトラックに積まれた操作室の内部とみられます。操作員の服装が迷彩色ですし、肩からバッグをかけています。救命セット?でしょうか。帽子もかぶっていて臨戦体制です






次は、建物の中でデータ解析作業の室とみられます。



壁に掛けられた大きなディスプレーに向き合って座っています。


でも、管理人も自分でごくごく小さなシステムを作り、読者に設置運用してもらってわかりましたが、こういうシステムをマニュアルに従って運用してもらうのは大変難しいことなのです。

S-400の場合、マニュアルにはセットアップ、メンテナンス、運用について詳しく書かなければなりません。そしてマニュアルの相手国の言葉への翻訳、運用する要員にマニュアルを理解させ、実地に操作させる。レーダー画面の解釈、判断基準なども教えなければならないでしょう。

ですから、この防空システムの引き渡しに先立って精密機器の扱いを心得た要員に機械のセットアップから操作、メンテナンスまでを教え、そして実戦経験もあるべテランにレーダー画面、数値の意味、その解釈まで教え込むのに何か月もの教育期間が必要なのです。

それは戦闘機でも艦船でも、潜水艦でもなんでも同じだと思いますが、このシステムは常時従事する者の数が多いので、教育課程の手間は大変なのではないでしょうか。戦闘機、艦船、潜水艦なら古いものに携わった経験があればそれも役立ちますが、このシステムは全くの新規、新しい経験になるわけですから。

SPUTNIK2019/6/24
Russian S-500 Air Defence System Almost Ready – Deputy Air Force Commander
The Russian Armed Forces will soon begin receiving a number of the newest air defence systems, a top Aerospace Forces officer said.

Speaking to the official armed forces newspaper Krasnaya Zvezda, Aerospace Forces Deputy Commander Lieutenant General Yuri Grekhov disclosed that the development of the S-500, the successor to the S-300 and S-400 air defence systems − has reached its final stage, as has the development of a number of radar systems.

He also disclosed that the Armed Forces will soon begin receiving the S-350 systems as well. The S-350 is tasked with "defence of administrative-political centres, most important objects and regions of the country, armed forces groups, from massive air strikes, including tactical and operative-tactical ballistic missiles," Grekhov said, adding that the system has already passed the state's testing.

"Every weapon system I mentioned is unique in its own way and is designed to solve a wide spectrum of tasks to ensure reliable aerospace defence of our country," Grekhov said.

Recharging an S-400 Triumf anti-aircraft weapon system during the combat duty drills of the surface to air-misile regiment in the Moscow Region.

According to Grekhov, all the weapon systems are built from Russian-made components and feature maximum automatization of all processes in conjunction with ease of use and maintenance.

The S-500, the S-350 and the new radars feature high mobility and are able to deploy to and function in unprepared positions, he said.

When asked about the percentage of cutting-edge systems in the Russian military, Grekhov said he estimates it makes up about 70 percent, adding that several more Russian air defence regiments will switch to the S-400 this year. However, 90 percent of systems used by the Moscow Region and Central Economic Region air defences are modern.

While the S-500's specifications remain classified, the system is reportedly able to destroy targets up to 600 kilometres away; it is also believed to be able to track and simultaneously strike up to 10 ballistic targets moving at speeds up to 7 km/s (approximately Mach 20).

SPUTNIK2019/6/25
Polish Citizen Sentenced to 14 Years for Trying to Steal Secret Parts of Russia's S-300
A Moscow city court has conducted a closed-door trial into the case of Polish citizen Marian Radzajewski, accused of espionage, the Russian Federal Security Service stated.

The Moscow city court found Polish citizen Marian Radzajewski guilty of Article 276 of the Russian Criminal Code, espionage, the court's press service stated.

"He was sentenced to imprisonment for a term of 14 years in a strict regime colony", the press service added.

The trial was conducted in a closed session, since its materials contain information constituting state secrets.

According to the Russian Security Service (FSB), Radzajewski tried to obtain secret parts of the S-300 anti-aircraft missile system. When trying to make a deal, he was detained red-handed.

Radzajewski reportedly acted in the interests of a Polish organisation, the leading supplier for Poland's national armed forces and special services.

In March, Russian President Vladimir Putin stated Russia's special services intercepted almost 600 foreign intelligence officers and agents last year.

The S-300 is a Russian long-range surface-to-air missile system, developed to defend against aircraft and cruise missiles. The system is capable of hitting even the smallest aerial objects as well as cruise missiles. Different variations of the S-300 are possessed by nearly 14 countries, mainly in Eastern Europe, including Slovakia.
posted by ZUKUNASHI at 10:22| Comment(1) | 国際・政治

スマホ愛好者には益より害の多い人も多いはず

このブログは、スマホ愛好者にだいぶ嫌われているらしい。別に構わない。

嫌われついでに書いておこう。

スマホ活用で時代の先端を歩いていると誇りに思っている人も多いだろう。

だが、仕事で使わざるを得ない、使わないと収入がなくなるという人以外では、スマホの利用時間の長い人は益より害のほうがより多い人も少なくないと思う。

電磁波の害、目や頭の疲れ、個人情報の漏洩による害だ。

公園で子供を遊ばせながら、なぜスマホで話し続けるほどの用があるの?

根を詰めて小さな画面に文字をたくさん入力しなければならないほどの緊急な情報発信案件がそんなにあるの?

中には運転中にスマホを使う人まで。

パソコンないからスマホで代用? それならあくまでも代用の範囲で使ったほうが良いです。

電磁波の害は、必ずある。どこまで知りえるかは別として。 
posted by ZUKUNASHI at 09:05| Comment(0) | デジタル・インターネット

これはすごい 明らかに悪意の人間がパソコンをハックしている





この画像の入れ替えは、岩田清氏の作成した画像を快く思わないサイドの意向を踏まえた大沼安史氏の活動妨害・威嚇を目的としたものでメッセージ性があるとみることができる。ただし、そのような偽の、誤解を生むためのメッセージをわざと送っている可能性もある。

大沼安史氏もセキュリティ対策には意を用いられているのだと思うが、以前同氏のツイートのリンク先をクリックしたら、カスペルスキーが警告を発したことがあった。ツイートでお知らせしたがどうされただろう。

とにかくIPアドレスを知られてしまうと悪意の者からハッキングされる恐れはある。

パソコンの調整を業者に頼むとパソコンの裏口から入ってきてちょいちょいといじって直してくれると聞くが、依頼者が指定されたサイトをブラウザーで開けば、先方は依頼者のIPアドレスを把握できて、そこにアクセスしてくるわけだ。Windows10ではリモートアクセスが容易になっている。

だから一番の防御方法はIPアドレスを知られないようにすること。一つの方法は、モバイルルーターを使い、IPアドレスを頻繁に切り替えることだろう。カスペルスキーがハッキングを検出できるかは、試験もしていないのでわからない。

どこかのサイトに書き込みをすると、書き込んだ人のIPアドレスがサーバーに記録され、サイトの管理人はそれを見ることができる。

メインの固定IPアドレスを知られたくないときは、モバイルルーターなどの別回線を使えばよい。スマホとモバイルルーターの研究で知った知恵だ。

今なおGメールを使っている人は、セキュリティ対策や個人情報保護に鈍感な人、あるいは積極的に向こう側の人だから心して付き合う。

2019年06月16日
管理人にGmailを送らないでください あなたがこのブログの管理人と関係を有していることが明らかになります

逆に私にGmailやLineなどで連絡をくれる人が、「危険人物」で監視対象となっている場合は、私も一緒に監視されてしまうことになる。
posted by ZUKUNASHI at 08:53| Comment(0) | 社会・経済

モニターが電磁波で完全に逝く前に救助できていた件

今年の1月末に、最新の横長のモニターが不安定になり使えなくなりました。貧乏人の性ですぐには捨てずに置いてありました。

2019年01月29日
古いモニターがあればデスクトップの画面を簡単に二つにできる

その後、芸能人の家で家電製品が次々に壊れる話がありました。管理人は電磁波の害を少し勉強しました。測定器も買い、そして家の中ではできるだけWifiを使わないことにしました。

2019年05月15日
電化製品が次々に壊れていく件 これ怖いな

2019年06月18日
管理人は自分のデスク周りの電磁波低減策を講じました

古い壊れたモニターはもう5か月も家の隅に置いてありますので整理する時期です。念のためとパソコンに接続するとすんなり動きました。半日経っても電源オンですぐ動きました。

故障の原因は電磁波だ!
まず間違いありません。1月はじめと今とで私の机の上、周りの環境変化で最も大きなものはWifi発信器を止めたことです。PC群を整理して配置しましたが、これも電磁波低減効果があります。

私がWifi発信器の至近距離でスティックパソコンの調整をしていたら、目やにが増えたことは体調変化の例として書きました。

体調変化は主観的なものです。ですが、今度は機械が不調になり、Wifiを止めたら治ったのです。

信じられませんよね。スマホ大好きな人が、Wifiを止められるはずがない。

お好きなようにしたらよいです。すぐに死ぬわけではない。

これまで管理人が管理する精密機器が故障したのは何件かある。

@ スティックパソコンと測定器をつなぐインターフェースチップ1個が故障、もう1個が不調になった。これは設置場所のWifiが強かったから。設置していてくれた方が、住まいのWifi電波が強くてスティックパソコンのWifiが通じにくいと言っていた。

A スティックパソコンの画像出力部分だけが故障。突然画面が見えなくなったとのこと。その方のお宅ではモバイルルーターの動作が極めて不安定だった。

B 管理人宅のモニター。不調になったが、外して別の場所で保管。Wifiを止めた後に使用再開で順当に稼働。
プリンターがおかしくなったのも電磁波の影響か。Wifi発信機の一番近くにあった。

芸能人のお宅ではテレビが壊れたと書いてあった。

C 設置を依頼した測定システムのスティックパソコンが早々におかしくなった。落下したらしいのだが、他にも影響があったのかも。

D 確認できていないが、小型液晶モニターが故障した模様。その設置場所ではやはりシステムが安定して稼働しなかったようだ。

精密機器が壊れる前に不調、乱調が出ることがある。この段階で電磁波の少ないところに移せば損傷をまぬかれることができる場合もある。
posted by ZUKUNASHI at 08:30| Comment(0) | デジタル・インターネット

アンドロイドスマホで測定器のデータを記録する

携帯型の空間線量率測定器が出払ってしまった。
手元にあるアンドロイドタブレットが使えないだろうか。
グラフ作成は無理でもGC10の測定値を画面表示してくれるだけでもありがたい。
TeraTermのようなソフトがあるはずと探したら
USB Serial Console
というソフトが人気があるようだ。
インストールしてGC10をUSB接続。
ソフトがすでに起動していたのか、いくつか OKをタップしたら設定なしで即数値が流れ出した。

これはありがたい。
現地ではこの画面の数値で判断して、必要なら帰宅後グラフ化すればよい。

これで携帯型は
Windowsタブレットパソコン使用 放射能測定器 グラフ表示
Windowsキーボードパソコン使用 放射能測定器 グラフ表示 2
Windowsキーボードパソコン使用 電磁波測定器 画像キャプチャー
アンドロイドタブレットスマホ 放射能測定器 数値表示記録 2
の6セットとなった。
アンドロイドタブレットスマホ 放射能測定器 数値表示記録の2台は、ベータ線量推定のためのセットとしても使える。

数値表示のアンドロイドタブレットは、管理人が自分で使うしかないだろうから常に手元に置いておける。

遊んでいた1台のスマホにもインストールした。不思議なのは、GC10のデータをWindowsパソコンで取り入れるときに必要なインターフェースのドライバーが必要ないこと。パソコンにはこのドライバーを入れないといけないのだが。どうなっているんだろう。

2019/6/9、現地調査の機会に試用。データは取れましたが、スリープによるものなのか、ときどきデータの取得、記録が抜けています。スリープ解除のため電源ボタンに触るとデータが乱れます。スリープ開始までの時間は最大10分までしか伸ばせない。

ログファイルは次の場所に次のような名前で記録されている。これを取り出してEXCELで処理。SDカードは、パソコンにつないで取り出そうとすると表示されるまで少し時間がかかる。
PC\d-01J\SDカード\Android\data\jp.sugnakys.usbserialconsole\files\log
20190609_150827.txt

グラフ化したところ。計測値がゼロになっているところは、データの切れ間です。下欄は時刻、同じ時刻が続いている箇所が何か所かあります。数値はその時々のもののようです。



53CPMが出ています。手提げ袋に入れていました。下したとしてもベンチです。53CPM=0.318μSv/h相当。この図からこういう異常値を見つけ出し、場所を割り出します。今日はGPSロガーを忘れたので、要所要所で撮影した写真から場所を特定します。

どんな場所でしょうか。ちょっとドキドキ・・・。





これはホットスポット探索に使える。自宅で連続測定した。最高35cpm。0.21μSv/h。動いているのは猫だけ。環境から来る変動らしい。平均19cpm、0.114μSv/h。仕事部屋より高い。


どうしてもスリープで間が空く。スリープ止めるには"Stay Awake”というフリーソフトがあったので入れた。画面の明るさは最低限に落とす。

これで数時間は連続稼働できる。遊休機材は徹底活用だ。

GC10をつなぎ、USB Serial Consoleを起動、動き出したらStay Awakeを起動して Always Awakeをタップ。稼働を止めるときは右上の3点マークをタップ、保存タップで下欄にファイル名が表示されることを確認。終了はアプリの一覧を出して右上の×マークをタップ。続いてStay Awakeを止める。

・・・・・

アンドロイドスマホをお持ちの方は、GC10をつなげて簡易線量率記録装置を作ることができそうです。

準備事項
1 アンドロイドスマホに、"USB Serial Console"というフリーソフトをインストールする。

2 GC10の本体
GC10は、次のようなケースに入れるとコンパクトになる。

コーナン商事が販売する仕切り板付マルチセパレートケースSizeS(LFX-90-016)。店頭販売価格約300円。

3 GC10とパソコンでデータをやり取りするためのインターフェイス、ケーブルを用意する。
管理人はインターフェースに FDI CHIP製のものを使っています。これをWindowsパソコンで使う場合はドライバーが必要ですが、UBUNTSU、LINUXにはあらかじめ入っているらしい。アンドロイドも同じ?
https://www.ftdichip.com/Drivers/VCP.htm

今、販社がどんなインターフェースを標準で販売しているか確認していません。他のインターフェースでも同様に動くかは試していません。

GC10本体とインターフェイス、ケーブルで合計1万円強。ケーブルは汎用品で可です。

スマホの画面の大きさによりますが、毎秒のCPMが表示され、記録されますので変化の状況がよくわかります。データはスマホに保存し、取り出すことができます。

GC10は単独でも使えるように電池をつなげるようになっていますが、スマホにつなげればここから電気が供給され、GC10が動きます。電池とUSBによる電気供給を同時両用すると機械が壊れると書いてあります。

2019/6/11、自宅で5時間半連続測定。スリープしていない。測定値の漏れはない。実戦投入決定。

古いアンドロイドスマホの活用策になるか。

MAZUR接続の時は、consoleの設定変更が必要。

スマホの日時、MAZURの日時 CPM 1分毎。

GC10のとき
ボーレート 9600
データビツト 8
パリティチェック none
ストップビット 1
フロー制御 off

GC10ではデフォルトでいけた。



どこででも持ち運んで測定できる。これは便利。電源タップ必要なし。屋外に置いてWifiで画面を見ることはできないだろうか。
posted by ZUKUNASHI at 01:11| Comment(0) | 福島原発事故