ずくなしの冷や水

2019年06月22日

Trump 'Agonised' Over Plans of US Attack on Iran, Senator Reveals

トランプが人命尊重主義者? 信じられない。それならなぜ米軍がシリアで多くの市民を空爆で殺害している? イスラエル、サウジの殺人を許容して武器を売りつけている?
世界各地の貧しい若者を集めてテロリストに仕立て、シリアで政府軍と戦わせている? 
最初から選挙目当てのアピール材料にする仕掛けがあったとは思わないが、イランで150人死んだ後にどうなるか、米軍兵士にどれだけの死者が出るかは、将校は当然トランプに告げただろう。
そこまで明かさないとcommander-in-chief's hesitationsは理解されないだろう。

SPUTNIK2019/6/22
Trump 'Agonised' Over Plans of US Attack on Iran, Senator Reveals
President Donald Trump earlier revealed that the US was "cocked & loaded" to strike Iran in retaliation for the downing of an American drone, but he called off the attack upon learning that roughly 150 Iranians would die as a result of the op - something which he deemed disproportionate to the loss of an unmanned aerial vehicle.

In an interview with CNN's The Situation Room, Senate Foreign Relations Chairman James Risch has disclosed that Donald Trump is a president who "doesn't want to go to war" and revealed the commander-in-chief's hesitations on strikes against Iran.

"I really watched him agonise over this. It comes down to one man", Risch told reporters.

Risch was not the only person to have observed how hard it was for Trump to make a decision; House Armed Services Chairman Adam Smith also said that the president was "really wrestling with it".

While the head of state struggled with his own dilemma, this uncertainty was fuelled by his own national security team, who unannamiously believed that Washington should retaliate for the downed US drone by hitting Iranian targets, CNN reported.

"There was complete unanimity amongst the President's advisers and DOD leadership on an appropriate response to Iran's activities. The President made the final decision", an unnamed senior administration official was quoted as saying.

Even though Trump initially warned that Iran had made a "very big mistake" by bringing down an American drone, which the Iranian side claimed had violated its airspace, he revealed the last-minute change of heart by halting the scheduled strikes on Tehran minutes before they were set to be carried out.

In a Friday interview with NBC, the US president reiterated what he had already said in a series of tweets: he aborted the mission after a general told him that approximately 150 Iranians would die in the strikes. According to Trump, the loss of life was not proportionate to the downing of a single unmanned drone.

The US nearly resorted to a direct confrontation with Iran following an announcement by the Islamic Revolutionary Guard Corps (IRGC) that it had downed a US drone over the waters of Hormozgan Province. The Iranian elite unit claimed that the UAV had violated Iranian airspace - an allegation Washington has strongly denied, saying that its drone was operating over international waters in the Strait of Hormuz.

The IRGC commander-in-chief warned that the downing was a "clear message" to the US that Tehran would "react strongly" to any aggression.

Meanwhile, IRGC Aerospace Force commander Brig. Gen. Amir Ali Hajizadeh revealed that Iran had warned the US military twice before bringing down the drone, but since it failed to reply, and the UAV made no change to its trajectory, they shot it down.

The military official further claimed that Iran's air defence troops stopped short of hitting a US reconnaissance plane which was flying not far from the downed drone, and added that the plane was identified as a Boeing P-9 Poseidon with 35 airmen on board.

The Pentagon has not commented on the claims yet.

The drone incident is just the latest spike in US-Iran tensions, with Washington deploying an aircaft carrier strike group and a bomber task force, as well as additional 1,000 troops to the Middle East in what National Security Adviser John Bolton described as a "clear and unmistakable message" to the Islamic Republic that any attack on American interests or those of its allies would be met with "unrelenting force".

US authorities have as well accused Tehran of orchestrating sabotage attacks on oil tankers off the UAE coast in mid-May and in the Gulf of Oman in early June, while Iran hit back by saying that the claims were made "without a shred of factual or circumstantial evidence".
posted by ZUKUNASHI at 22:36| Comment(0) | 国際・政治

Not you too! US warns India against Russian S-400 ahead of Pompeo’s visit

RT2019/6/22
Not you too! US warns India against Russian S-400 ahead of Pompeo’s visit
Although Washington already has its plate full trying to dissuade Turkey from buying S-400 air defenses, it is also “urging” India against buying the Russian missile system just ahead of Secretary of State Mike Pompeo’s visit.

Having already told India not to go through with the S-400 deal last week, a State Department official issued a reminder to US “allies and partners” on Friday, backing up the “suggestion” with a veiled threat.

"With respect to the S-400, we're urging all of our allies and partners, India included, to forgo transactions with Russia that risk triggering the CAATSA sanctions,” the unnamed official said during a background briefing, referring to the 2017 law that threatens to sanction other countries for buying Russian weapons. “This is a time we will be encouraging India to look at alternatives.”

The warning comes after New Delhi made clear it had no plans to scrap the multi-billion dollar deal it signed with Moscow last October. While the US remains one of India’s top weapons suppliers, Friday’s message was yet another indication the expected waiver for the S-400s may not be forthcoming.

The Russian missiles will likely be one of the issues brought up when the top US diplomat arrives in New Delhi next week. Pompeo’s visit will primarily focus on improving diplomatic ties and cooperation between the US and the populous South Asian nation.

India may have “Strategic Trade Authorization Tier-1 status” in Washington, but Turkey is a full-fledged NATO member yet Washington has had little luck talking Ankara into giving up on the S-400. Turkey has repeatedly snubbed threats of sanctions and even warnings that it would be kicked out of the F-35 program if the deal with Moscow goes through.

Last September, the US used the CAATSA legislation as a justification to sanction China's defense ministry over their S-400 purchase. However, it has yet to sanction an existing – or prospective – ally, such as India.

While Washington has desperately tried to entice countries to purchase the MIM-104 Patriot system instead, it appears that for many countries the market has already spoken.
posted by ZUKUNASHI at 21:22| Comment(0) | 国際・政治

イランに一発でも弾を打てば米国と同盟国に火を放つ とイランの将軍が警告

RT2019/6/22
Firing even one bullet at Iran will ‘set fire’ to US & allies, Iranian general warns

Washington and its allies will pay dearly for any act of aggression against Tehran, an Iranian general has said, vowing to retaliate with overwhelming force if the US dares to fire even “one bullet” at the Islamic Republic.

“Firing one bullet towards Iran will set fire to the interests of America and its allies” in the Middle East, armed forces general staff spokesman Brigadier General Abolfazl Shekarchi told Tasnim News Agency on Saturday.

“The Islamic Republic has never and will never start any wars,” Shekarchi added, stressing that “if the enemy commits the smallest of mistakes, it will face the biggest revolutionary reaction from Iran in Central and West Asia, and it will certainly not survive the battle.”

If the enemy fires one shot in our direction, we will fire ten back

The general’s warning comes days after Iran shot down a US military drone which, Tehran claims, had been flying in its airspace. US President Donald Trump wrote in a tweet on Friday that, with just minutes before execution, he aborted an airstrike against three sites in Iran, after learning that an estimated 150 Iranians would die as a result of the attacks.

US President Donald Trump has struggled to garner support for his administration’s hardline policy towards Iran, after unilaterally withdrawing from the 2015 international nuclear accord and reimposing sanctions on Iran. Amid increasing hostility between Washington and Tehran, Britain’s minister of state for the Middle East, Andrew Murrison, is set to visit the Islamic Republic on Sunday for talks.

“At this time of increased regional tensions and at a crucial period for the future of the nuclear deal, this visit is an opportunity for further open, frank and constructive engagement with the government of Iran,” the UK Foreign Office said in a statement.

RT2019/6/22
‘If Trump doesn’t want war, he has to ease sanctions’ – Iranian presidential adviser
While the US is usually the one issuing ultimatums, an adviser to Iranian President Hassan Rouhani issued one of his own, telling President Donald Trump he should reconsider sanctions if he wants to avoid a war.

Hesameddin Ashena tweeted that war and boycotts are two sides of the same coin, and that the US should think twice about sanctions if it doesn’t want a war.

War and boycott are two on one coin and along with the continuation of sanctions that are demanding or unintentionally moving towards the war. So if you don’t want a war, you should be thinking about sanctions.

Things nearly reached the breaking point this week after Iran shot down a US surveillance drone. Trump claimed on Friday that he was 10 minutes away from launching a retaliatory strike before deciding to call it off, but warning he would not hesitate to act if Iran pursues a nuclear weapon.

Ashena’s comment comes as Trump also tweeted that he had added additional “biting” sanctions against Iran on Thursday, further straining increasingly tense relations between the two nations. The US also sanctioned Iran’s largest petrochemical holding group for indirectly supporting the Islamic Revolutionary Guard Corp earlier this month.

Ashena described the sanctions as “economic terrorism,” echoing Rouhani’s Wednesday statements, and pointed to the fact that the current crisis is a result of Trump’s decision to pull out of the Iran nuclear deal last year. He added that the situation is reversible, and said Iran would be willing to meet any constructive steps in turn.

Although the sanctions don’t directly affect essential goods, restrictions on international trade and banking have made it hard for the country to attain certain vital necessities like food and medicine. While sanctions have so far proven ineffective at coercing Tehran to act in accordance with Washington’s will, they have had a negative effect on the civilian population.
posted by ZUKUNASHI at 21:16| Comment(0) | 国際・政治

NAMCHA: WFP Exploiting Suffering of Yemeni People, Spying on Them

FARSNEWS2019/6/19
NAMCHA: WFP Exploiting Suffering of Yemeni People, Spying on Them
TEHRAN (FNA)- Yemen’s National Authority for the Management and Coordination of Humanitarian Affairs and Disaster Recovery (NAMCHA) accused the World Food Programme (WFP) of corruption and exploitation of the suffering of the Yemeni people, arguing that the world body is apparently making use of a biometric system in aid distribution for intelligence purposes.

“The WFP is no longer carrying out a humanitarian operation (in Yemen), but its activities have rather become purely political. It is advancing the agendas of the United Arab Emirates, Saudi Arabia and the United States,” NAMCHA said in a statement published by al-Mayadeen television news network on Tuesday.

The statement added, “The donors and financiers of the WFP are the countries participating in the aggression on Yemen, led by America, Saudi Arabia and the UAE.”

NAMCHA then called on the United Nations, the World Food Programme and all international organizations to shoulder their responsibilities towards the sufferings of the Yemeni people and to continue to provide assistance.

United Nations food chief David Beasley warned on Monday that the humanitarian situation in Yemen is deteriorating due to a diversion of aid and clashes between Houthi Ansarullah fighters and militiamen loyal to Yemen's former president Abd Rabbuh Mansur Hadi.

Beasley stated that WFP had been unable to implement agreements with the Houthis on the registration of people in need and the rollout of a biometric system - using iris scanning, fingerprints or facial recognition - to support aid delivery.

Meanwhile, UN Emergency Relief Coordinator Mark Lowcock said food, fuel and medicine imports have declined sharply since the beginning of the Saudi war on Yemen more than four years ago.

Lowcock added that the devaluation of Yemen’s currency has affected the people’s livelihood and urged all parties to help establish peace in the conflict-ridden Arab country.

Saudi Arabia and a number of its regional allies launched a devastating campaign against Yemen in March 2015, with the goal of bringing the government of Hadi back to power and crushing the Houthi Ansarullah movement.

The US-based Armed Conflict Location and Event Data Project (ACLED), a nonprofit conflict-research organization, estimates that the Saudi-led war has claimed the lives of over 60,000 Yemenis since January 2016.

The war has also taken a heavy toll on the country’s infrastructure, destroying hospitals, schools, and factories. The UN says over 24 million Yemenis are in dire need of humanitarian aid, including 10 million suffering from extreme levels of hunger.

posted by ZUKUNASHI at 08:12| Comment(0) | 国際・政治

老人は抵抗する スマホの料金を安く 5 音声契約年間12000円節約

知人から電話番号変わりましたか? とメール。
ええ、さっき解約の手続きしましたけど、解約日は月末なんですよ。おかしいな。
さて、アイフォンはどこ? 探します。
昼間はいていたズボンのポケットに入ったまま。電池も切れていた。

私の音声通話のできるアイフォンの利用状況はそんなもの。ネットは見ないし、電話もかけない、かかってこない。データ通信容量は貯まる一方。

もう6か月以上使いましたから、違約金はかからないはずと解約しました。

代わりの格安SIMを探してロケットモバイルの神プラン音声通話付きにしようとしていたのですが、音声通話付きは新規契約受付停止中。MNP(電話番号移行)なら申し込み可能だそう。電話番号の確保ができない? 申し込みが増えているはずですからそうなるでしょう。

MNPで他社の電話番号を使うと手数料が約3000円かかります。そんな金は払いたくない。

探したらNUROモバイルで音声通話のついたゼロSIMがあることを知りました。月額700円+消費税。データ通信は500MBまで無料。

私はこれまでタブレットスマホにゼロSIM(データのみ)を入れて徘徊中に地図を見ていました。ときどきチェックしながら毎月500MBに収めて7か月使いました。

アイフォンは電話兼緊急救助要請用です。データ通信は、タクシー会社を調べるときだけ使います。あと、地図を見ることも少しはあるでしょう。災害が起きれば情報もとるでしょう。それだけですね。

ですからこれまでの実績からしてもデータ通信はごくわずかでよいのです。

まず、昨年夏、アイフォンを買った時のSIMの契約を解約しました。次いでゼロSIMを解約しようとしましたが、ログインできません。窓口は夜は閉まっています。

一晩待って、ゼロSIMを解約。今度はすんなりできました。続いて音声通話付きゼロSIMの申し込み。音声通話付きなので本人確認書類をネットで送信しますが、アプロードボタンを使わないでも画像がアプロードされることがわからず戸惑いました。

でも短時間で申し込み終了。今度はどんな番号が来るだろう。(後で届いた通知に記載された番号は語呂合わせができて、末尾2ケタが11という代表電話番号的なもの。これはよかった。)

これで私の持つSIMは、音声付きゼロSIMとDMMのデータのみのSIM、ロケットモバイルのデータのみのSIM神プラン、の三つになりました。

音声付きゼロSIMが(電話をかけなければ)月760円ほど、DMMのデータのみのSIMが259円(半額サービス期間中が終われば520円ほど)、ロケットモバイルのデータのみのSIM神プラン322円になります。

2019年05月26日
便利なモバイルルーター 予備回線として使えるに書きましたが、データのみのSIMのうち一つはモバイルルーターに入れておきます。一つをタブロイドスマホに入れます。高速通信ができるDMMのデータのみのSIMをモバイルルーターに残すことにしました。

ロケットモバイルのデータのみのSIMは、原発事故時の空間線量率測定システムの緊急配備用に使うことを予定して待機させてあったのですが、待機中も金がかかるので、タブロイドで使います。

これからSIMを入れ替えます。まずFREETELの裏ブタを開け、バッテリーを外し、SIMを取り出します。あちゃちゃ、アダプターを使っていたのか。SIMをはめるのにアダプターを使うとその後別の機械で使う場合にSIMと挿入個所との接触が悪くなることがあるのです。

タブロイドからSIM差し込み部分をピンで押して飛び出させます。マイクロSDカードとSIMを並べて押し込むようになっています。この枠にはめて押し込むのが厄介です。案の定、SIMを認識しません。

何度か入れ直し、結局機械を裏返し下側から枠に押し付けるように指で押さえながら入れました。

APN設定は、以前のゼロSIMのものが残っています。消し方がわからず上書きしましたが、よく見ると細かい字で削除というボタンがあります。消してあらたに設定。ロケモバのサイトを見ながらこれは簡単。つながりました。

引っ越し完了です。

これまで、音声通話のSIMに毎月最低でも1800円くらい払っていました。これが電話をかけなければ月760円ほどになります。年間12,000円の節約。今回手数料で3000円ほどかかりますが、3か月で償却できます。

下流老人の節約術、お金持ちから見ればそんなわずかなカネで面倒なことをよくやるなー、なのでしょうが、これは私のレジスタンス運動の一環なのです。

私は言いたい。大手携帯キャリヤーの言いなりに、たいして使いもしないスマホのデータ契約でよくも月1万円近くも払っていますね! 馬鹿とちゃう!

・・・・

SIMを返却しようとしたら

「ご利用していたSIMカードは、解約後、お客さまにて返却用伝票をご用意の上、宅配便にて下記までご返却ください。
ご返却いただけなかった場合、もしくはご返却いただいたSIMカードに(割れている、カットされているなど)破損や切断などの異常が見つかった場合は、SIMカード損害金を請求させていただく場合があります。
なお、ご返却時の送料はお客さまの負担になります。」

返却用伝票の意味が分からない。特別な伝票なのか、それとも宅配便の配達伝票なのか。
「ご利用していたSIMカードは、解約後、宅配便にて下記までご返却ください。宅配便の伝票はお客様にて作成し、送料のご負担をお願いします。」
ですよね。こんな軽いもの、私はレターパックプラスを使うことにしました。360円。なくしてしまうといけないのですぐ返送します。

でもネットでの格安SIMの契約、届いたSIMのスマホなどへの入れ方、APNの設定、使用データ量の管理などは年配者には難しいでしょうね。

若い人がやはり器用ですし、知っています。若い人には常日頃小遣いを渡しておけ、いろいろ勉強するためにはカネがいると私が繰り返しているのは、こういう時に相談に乗り、代行してもらえるからです。

そういうことをやらない方は、自分で苦しんだらよい。高い金を払えば大手の携帯ショップで何でもやってもらえるでしょうけどね。

小遣いはキャッシュだけではありませんよ。心を込めた「安全な」食事を供するなどの愛情も小遣いのうちに含めてよいのだと思います。

自分で苦しもうとする方に
ネットで契約申し込みをする場合に、申し込みの画面を画像でキャプチャーして保存しておきましょう。契約が結ばれるとその内容がメールで送られてくるのが普通ですが、それが間違っていないかも確認できます。

契約内容の各項目が表示された画面で
PrtSc、Print Screen ボタンを押します。
Windowsのアクセサリーからペイントを呼び出して編集→貼り付け
そしてこれに適当な名前をつけて保存します。例えば20190606sonetなどと。普通はピクチャーのディレクトリーに保存されます。

・・・・・

より簡単な方法を教えてもらいました。

時に、Windowsの画面キャプチャーですが、ショートカットキーでスマホやタブレットのように簡単に出来ます。

Windowsキー+Print Screenキーです。
ピクチャフォルダ内にスクリーンショットが作成されます。


はあー、時代は変わっている。こちらのほうが保存の手間がないです。
ありがとうございます。
ところでスマホのスクリーンショットが面倒で困っているんです。電源ボタンと音量ボタンを同時に少し長く押すですよね。他に方法はありますか。

・・・大事なご注意!・・・

上の方法は手間がかかりませんが、画面全体がキャプチャーされて保存されます。つまり左側のお気に入り・ブックマークのほか今は隠れて見えないタブの見出しもわかります。

前にドイツのある市長が掲載したスクリーンショットにBDSMのサイトとみられるタブがあって、その市長が赤面したという例があります。

ブックマークにもあったのかもしれません。そちらはカットされていたようですが、こういう手違いがありますので、スクリーンショットを掲載するときは、「画像はコンパクトに見やすくまとめる」そのためにトリミングしたり、縮小したりするという習慣をつけておきましょう。

・・・・・

2019/6/9、SIMが届いたのでアイフォンに入れました。APNの設定は求められませんでした(というより、不精してやらなかったのです)。ここまでは決まったことをやるしかないのですが、この後、知人などに電話番号の変更を知らせなければなりません。そもそも自分の電話帳の電話番号の変更ができない。

携帯の番号変更を急いで知らせなければならないのは、義理の娘だけです。私に何かあった時じゃなくて、向こうに何かあったらいつでも駆けつけると言ってありますので。

明日はSIMを返送します。こっちは普通郵便でもよいらしい。

アイフォンの画面でドコモ回線が3Gと表示されています。値段が安くて4Gではなく3Gならなお結構。電話番号も語呂合わせで覚えやすい。うまくいった。電池の持ちが格段によくなりました。4Gから3Gになったため? まだ電話は使っていません。

3Gガラケーはそのまま使ったほうが良いです。

電話は通じているらしいのですが、インターネットが見られません。電話が通じればそれでよいのですが、これでは緊急時自力救援要請ができません。改めてAPNを入れたり、何度か設定を繰り返しているうちに、SIMがロックされていますとの表示とともに入力欄が現れるようになりました。失敗が続くと完全にロックされてどこかにもっていかなければ解除できないらしい。

以前のSIMのときにこんなに難しかったかな。この「SIMがロックされています」との表示に、最初、えーっ、これSIMフリーの端末じゃなかったかい?! しかも変更前変更後ともにドコモの回線を使うのに。

この「SIMがロックされている」というのは、この端末でこのSIMが使えないという意味ではなく、SIMが機能するためにはロックの解除が必要、そのためのパスコード入力が必要との意味のようです。

以前はいちいち入力しなかったような気がしますが。まあ、仕方がない。

一方、何度SAFARIでネットを見ようとしてもインターネットにつながっていないとの表示が出ます。詳しく見ていたら、モバイルデータ通信をSAFARIでは使わないという設定になっていました。いつこんな設定をした? アイフォンは設定が時に勝手に変わります。

格安SIM乗り換えに手間を取られましたが、一応所期の機能は確保できました。

でもこれだけ難しければ、携帯電話会社の窓口が混むはずですよね。

それからもう一つ意外なことを発見。アイフォンでうまくいかなかったのでdTabに音声付SIMを入れました。そして電話をかけようとしたら電話のアプリがありません。おかしいなとネットで調べたら、このスマホは音声通話の機能はないことが判明。私とあまり歳の違わない夫婦に2台もばらまいたのですよ。彼らはタブレットなぞ使わないのに。

まあ私が市価の半額で手にする機会が生じ、そして測定器の測定値を記録する専用機に1台はなりつつあります。

最初、SIMが入っていました。一つの電話番号で二つのスマホに着信できるのかしらととても不思議に思ったのですが、あのSIMはデータ通信用だったんですね。だから、私が別の端末でデータ通信だけはできるということのようです。

今度、メインのパソコンにつないで1日3GB、月間90GB使ってみようか。お金持ちだから、きっと容量無制限の契約をしているのではないかと思うのですが、違ったら何万円も取られたりして。

アイフォンは、普段はWifiをオフにしてモバイル通信のみをオンにしてあります。ブラウザは使っていません。メールもホントの非常用ですからテスト以外には入りません。

ほとんどガラケーですが、電池の持ちがよくなりました。何日も持ちます。1週間近く持つのではないでしょうか。一応、予定した使い方、料金プランに即した使い方になりつつあります。

アイフォンの電池が驚くほど長持ちするようになりました。
自宅のWifiを止め、アイフォンのWifiも止めてあります。電話とショートメールだけ。電話はかかってこない、かけていない。時に気象情報、地震情報が入ります。これで意図した使い方が実現しました。

ほとんどガラケーです。緊急時にはスマホになる。基本料金月額760円。ここまで到達するのに10か月かかりました。
posted by ZUKUNASHI at 07:51| Comment(3) | デジタル・インターネット

AppleもGoogleも必要が無くなる 中国はアメリカに勝てる

※ asuka @asuka_SGP氏の2019/6/21のツイート
AppleもGoogleも必要が無くなる。中国はアメリカに勝てると強く思います!
圧力をかけたアメリカと日本とオーストラリアはバカだよな〜
特に日本政府は何も考えないだろうな…

※ asuka @asuka_SGP
Huawei dezvăluie procesorul mid-range Kirin 810; Soluție octa-core de 7nm, rival pentru Snapdragon 730
機械翻訳
Huaweiは、ミッドレンジプロセッサKirin 810を明らかにします。7NMオクタコアソリューション、Snapdragon 730のライバル

・・・引用終わり・・・

スマホに関しては、そうなると思う。
Snapdragonは、米・クアルコムによるモバイル用CPMチップのこと。
System-on-a-chip(SOC、SoC)は集積回路の1個のチップ上に、プロセッサコアをはじめ一般的なマイクロコントローラが持つような機能や他の機能なども集積し、システムとして機能するよう設計された集積回路製品。
posted by ZUKUNASHI at 07:19| Comment(0) | デジタル・インターネット