ずくなしの冷や水

2019年06月20日

子作りはこれからもハイリスクであり続ける

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2019/6/20のツイート
桑ちゃんさんがふるくぅとをリツイートしました
これ誹謗中傷かな?私の知り合いの医者も「今は子作りするな!」指導してましたよ。放射線の影響事故当時のこと考えれば、まだまだ放射性物質放出していた頃。放射線は危険だから基準値や取り扱い基準があるのです。危険なものを安全とするから取扱いが雑になるし、施工不良代物平気で作り金儲けする。

・・・引用終わり・・・

私は聞いたことがありませんでしたが、「今は子作りするな!」と指導していた医師もいたんですね。

私は、「孫作らなくていいよ」と思っていましたが、息子に対しては口には出しませんでした。

東日本の出生数は、急激な減少を続けています。原因はいろいろあるでしょう。
@ 子供を作る条件が整わない人が増えている。結婚しない人も含めて。
A 意識的に子供を作らないようにする人が増えている。
B 受胎する人の数が減っている。
C 受胎しても流産などで子供の出生まで至らない例が増えている。

管理人は、現在みられる出生数の急激な減少は、主として B 受胎する人の数が減っている。ことによるものとみています。被ばくによる身体、生理のメカニズムが変調をきたし、夫婦生活に励んでも受胎できないカップルが増えているはずだと思います。

もう一つ、C 受胎しても出生まで至らない例も増えているでしょう。妊娠中に保健婦の来訪を受けて人工妊娠中絶の説得を受けるケースを含めて。

女性にとって出産は最も効果が大きいデトックスだとされています。男性がいくら頑張っても、生殖細胞を放出できる量は知れています。何が絶倫の男性でも。精子の数も激減しているはずです。

妊娠を無事に終えた方、中絶を余儀なくされた方ともに、その後体調の変化はあるものでしょうか。

チェルノブイリの被災地では、女性たちが出産したがったと伝えられています。

無事、分娩、出生までこぎつけられれば、それはそれでめでたい限りですが、被ばく環境下では新生児の先天奇形や障害も多いとされています。

女性は出産で体調は改善されたが、一方で子供の介護で負担が増えたという例も少なからずあるのではないかと管理人は見ています。

いかがでしょう。

2018年01月28日
私と知人・友人との間で増えるタブー

2017年11月16日
孫作らなくていいよと思う私はイケナイ人
posted by ZUKUNASHI at 19:25| Comment(0) | 福島原発事故

世界の動き 2019/6/20

カナダのトルドーはインチキ野郎
RT2019/6/19
‘Climate emergency’ on Monday, pipeline expansion on Tuesday: Trudeau the fraud strikes again
Justin Trudeau’s faux concern for the environment was always hypocritical and duplicitous − but there’s something especially slimy about declaring a climate emergency on Monday and approving an oil pipeline expansion on Tuesday.

Canada’s parliament voted on Monday night to declare a national climate emergency, calling climate change a “real and urgent crisis, driven by human activity.” The next day, Trudeau’s government green-lighted the environment-destroying Trans Mountain pipeline expansion (TMX), demonstrating either complete indifference to the motion put forward by his own environment minister − or a severe misunderstanding of the words “emergency” and “human activity.”

The so-called “climate emergency” motion was non-binding and meaningless, of course; politicians often expect to be patted on the back for gesture politics − as though merely acknowledging the existence of a problem while taking minimal action to affect any real change is somehow worthy of admiration.

ドル安に振れています。
SPUTNIK2019/6/20
US President Donald Trump has told confidants that he believes he has the authority to replace Jerome Powell as chairman of the Federal Reserve Board, Bloomberg reported Wednesday, citing sources familiar with the matter.

According to Bloomberg, citing sources, Trump thinks he can demote Powell to be a board governor, however, he is not planning to do it at the moment.

Trump reportedly asked earlier this year the White House officials to explore options of replacing Powell, according to Bloomberg.

The news comes on the heels of Powell's comments that he intends to serve his full four-year term despite Trump's continuing criticism of the Federal Reserve's policy.

Last week, Trump said that the Federal Reserve maintains high-interest rates that put the dollar at a disadvantage against the euro and other global currencies.

On 4 June, Powell said that US central bank is monitoring the impact of global trade developments and is ready to take steps to alleviate any harm that ongoing tariff disputes might cause to the economy.

インドで熱波、摂氏50度。92人が死亡。
RT2019/6/19
Indian heatwave kills 92 as temperatures soar to 50C

At least 92 people have died in India’s Bihar as the state remains in the midst of a punishing heatwave that’s affecting much of the country, bringing with it droughts and hundreds of cases of heatstroke.

The country is experiencing its lowest rainfall before monsoon season in over six decades and is in its third week of a heatwave, set to become one of the longest on record.

The majority of the recorded deaths in Bihar since June 15 have occurred in Aurangabad, Gaya, and Nawada, where temperatures have been around 45 degrees Celsius. At least 562 patients have been admitted to government hospitals with heatstroke, and officials fear the death toll will continue to rise.

米国は核戦争を勝ち抜けると思っている?
RT2019/6/19
A winnable nuclear war? New Pentagon document shows US military thinks so

The Pentagon document laying out the US doctrine of nuclear operations was publicly available for about a week, then made ‘official use only.’ What’s inside is a chilling reminder that Washington sees nuclear war as winnable.

“Nuclear Operations,” or Joint Publication 3-72, was dated on June 11 and made private since, but not before it was downloaded by Steven Aftergood, an activist at the Federation of American Scientists (FAS). It is currently available on the FAS website as a PDF.

The publication “provides fundamental principles and guidance to plan, execute, and assess nuclear operations.” The rest of it is in the same matter-of-fact tone, even when discussing practical consideration of potentially world-ending weapons.

“That kind of thinking itself can be hazardous. It can make that sort of eventuality more likely instead of deterring it,” Aftergood told the Guardian on Wednesday.

Arguably, the US military’s job is to consider all possibilities, and the decision whether to use nuclear weapons is ultimately in civilian hands – in this case, those of President Donald Trump.

The Trump administration has paid a lot of attention to nuclear matters, updating the US Nuclear Posture Review last year and earmarking funds for modernizing the US “nuclear triad”: bombers, land-based missiles and submarines. However, Trump has also announced the US would leave the 1987 Intermediate-range Nuclear Forces (INF) treaty with Russia by next month. The fate of the New START arms control treaty with Russia, set to expire in February 2021, is very much up in the air.

In such circumstances, the Joint Chiefs doctrine stating that “Using nuclear weapons could create conditions for decisive results and the restoration of strategic stability,” might be taken as a cause for alarm, and with good reason.

The document also describes nuclear bombers as offering “the greatest degree of flexibility in the triad because they can be a highly visible sign of resolve and, once ordered to conduct a nuclear strike, are recallable.” It’s a dry, factual statement, but when coupled with the presence of B-52 strategic bombers on Russian borders earlier this week, it begins to sound like a threat.

Asked about the document, the Joint Chiefs of Staff said it was removed from public access “because it was determined that this publication, as is with other joint staff publications, should be for official use only.” There was no explanation as to how or why it was published in the first place, whether it was a mistake or a deliberate message to other governments.

Back in April, Trump made comments about “getting rid” of nuclear weapons altogether, and speculated about a major arms control treaty with Russia and China. Given his current trade war with Beijing and the continued hostility towards Russia driven at least in part by ‘Russiagate’ conspiracy theories at home, it is unclear whether such a treaty will ever go beyond hopes and dreams.

The US is the only country ever to use nuclear weapons in battle, against the Japanese cities of Hiroshima and Nagasaki in August 1945. Neither was a primarily military target.

FARSNEWS2019/6/19
Syrian UN Envoy: Information on Government Forces’ Operations in Idlib False, Based on Lies
TEHRAN (FNA)- The Syrian ambassador to the United Nations said the Western information on the Syrian army’s operations in Idlib province is based on lies.

Speaking during a UN Security Council session late on Tuesday, Bashar Jaafari stated that the Syrian army never targets schools and hospitals, emphasizing that terrorists from the Jabhat Fateh al-Sham Takfiri terrorist group, formerly known as al-Nusra Front, continue to take hundreds of thousands of civilians as human shields in Idlib, commit the most heinous crimes against them and continue their attacks on neighboring towns and citizens, presstv reported.

Jaafari further noted that all members of the Security Council are aware of the fact that there is a problem in Idlib which needs to be dealt with, but ignore its root cause.

“The Turkish regime and its partners continue to provide various forms of support to terrorist groups and evade their obligations under the Astana peace process and Sochi initiative. This has helped thousands of foreign terrorists control Idlib and some neighboring areas, create a focal point for terrorism, take hundreds of thousands of civilians as human shields, commit the most heinous crimes against them, spread death, destroy civilian facilities like hospitals and schools, and turn them into centers for the detention, torture and massacre of those who reject extremist Takfiri ideology,” the top Syrian diplomat pointed out.

Jaafari underlined that the Damascus government will not allow the lives of its citizens to be endangered, will continue to exercise its sovereign and constitutional rights under the provisions of the UN Charter and the principles of international law, combat terrorism and end the illegal presence of foreign forces on its territory.

He insisted that Western governments are not in a position to condemn Damascus for human rights violations.

Jaafari noted that the same countries that accuse the Syrian government of rights violations have banned the sale of medical equipment to Syria.

Meanwhile, Russian Ambassador to the UN, Vassily Nebenzia, said the Astana talks format is the only way to stabilize the situation in Syria.

Nebenzia stressed that Idlib should return control to the Syrian government’s control and that remaining terrorists should be eliminated to prevent them from spreading to other regions.

He went on to say that Moscow rejects all accusations of indiscriminate attacks in Syria.

“We decisively reject any accusation of indiscriminate strikes, we are not carrying out attacks on civilians,” Nebenzia added.

Syria has been gripped by foreign-backed militancy since March 2011. The Syrian government says the Israeli regime and its Western and regional allies are aiding Takfiri terrorist groups that are wreaking havoc on the country.



posted by ZUKUNASHI at 16:11| Comment(0) | 国際・政治

イエメンが巡航ミサイルでサウジの発電所を攻撃

PRESSTV2019/6/20
Yemeni forces strike Saudi power plant with cruise missile
Yemeni forces have targeted a power plant in Jizan province southwest of Saudi Arabia using a cruise missile in retaliation for the Riyadh regime's deadly war on their country.

The missile hit the power plant in al-Shuqaiq area on Wednesday night, al-Masirah TV quoted spokesman for Yemeni Armed Forces Brigadier General Yahya Saree as saying.

He also said the attack "came in response to the continuing crimes and blockade of the Saudi-led coalition," and vowed more attacks against "vital facilities in Saudi Arabia."

“There are still major surprises coming, God willing, through which we target more sensitive positions of the Saudi regime if it continues to escalate the aggression,” the spokesman of the armed forces said.

The Yemenis' attacks against major Saudi facilities and infrastructure have intensified in recent weeks.

In another development on Wednesday, the Yemeni forces managed to intercept and shoot down a Saudi spy drone in Najran region.

Earlier this month, another Saudi drone had been shot down over Yemen. The drone was a US-made MQ-9 Reaper.

The Saudi air force launched a series of airstrikes on the wreckage of the drone to destroy it before it fell to the hands of the Yemeni fighters.

Yemeni forces seem to have developed a sophisticated air defense network to fight off Riyadh's drone raids.

They downed an MQ-1 Predator last month, another US-made drone, using a surface-to-air missile.

PRESSTV2019/6/6
Yemeni air defenses down yet another US-made Saudi attack drone
Yemen has successfully targeted an attack drone belonging to Saudi Arabia, as the country continues to develop a deterrence against Riyadh's continued drone raids and surveillance flights over cities and civilian targets.

The Yemeni Army and Popular Committees downed the drone on Thursday afternoon in al-Jabaliyah in the country's west coast.

A source in the Air Defense unit told the al-Masirah news network that the drone was a US-made MQ-9 Reaper.

The Saudi air force launched a series of airstrikes on the wreckage of the drone to destroy it before it fell to the hands of the Yemeni fighters, the source added.

Yemeni forces seem to have developed a sophisticated air defense network to fight off Riyadh's drone raids.

They downed an MQ-1 Predator last month, another US-made drone, using a surface-to-air missile.

posted by ZUKUNASHI at 15:29| Comment(0) | 国際・政治

スマホ買い替えは秋まで待ってから

管理人のスマホ研究はまだ1年になりませんが、アイフォンとアンドロイド、格安SIM、の実践的研究でだいぶわかってきました。

アイフォン6SのSIMフリーは、時機を見て処分する予定です。後継にはファーウェイの新OS搭載のもの
アンドロイドタブッレットは、測定器の測定値記録器とカメラ、地図閲覧用として使い続けます。

ファーウェイの新OSは、アンドロイドのアプリは完全互換のようです。

そして個人情報の保護も改善されているようです。まずは確認してからですが、個人情報が漏れないのは何より重要。

既存のハードのまま新OSをインストールすればよい。どうもそのようですね。ハードの大きな変更があればすぐに大量には生産できないはず。

ファーウェイが新OSをライセンス供給するか、あるいはオープンソースとして開放するかが次の焦点。Oppo and Xiaomiというスマホメーカーは、この新OSを搭載した機種を試験中とされており、少なくとも中国国内のメーカーは提供される。

現行のハードに合わせてOSを作ったのであれば、当面デスクトップなどには拡大適用されることはなさそうです。

面白くなりました。

SPUTNIK2019/6/19
Huawei CEO Says Company Ready to Deal with US Without Beijing’s Help - Report
The US imposed a series of restrictions on Chinese tech giant Huawei last month, claiming among other things that the company cooperates with the Chinese government to spy on users of its devices. Huawei strictly denies all allegations.

Huawei can deal with US sanctions without assistance from the Chinese government, the company's CEO Ren Zhengfei has said in an interview with CNBC.

Mr Zhengfei's interview comes days after his company said it expected $30 billion less revenue for the year because of the US sanctions. Huawei's CEO added, however, that the company will likely cope with the consequences of the restrictions after 2020.

Mr Zhengfei also said that Huawei's position in the domestic mat remains strong. He explained that Washington's ban has affected the company's ability to ship its smartphones which have Google's Android operating system on them.

US allies, such as Australia, New Zealand and Japan, have also banned Huawei from participating in government contracts because of security concerns.

Smartphone users have been closely watching the spat between the US and the Chinese tech giant, sharing their reactions online.

※ Cobhoza Was Suspended @CobhozaR
USA has backed itself into a corner with the Huaweii ban and Google warned them. Now reports have surfaced that the operating system Huawei has been working on since 2012 was being tested by Oppo and Xiaomi and it's 60% faster than Android, Android is gonna lose all Chinese OEMs
104
22:48 - 15 июн. 2019 г.

2019年06月15日
ファーウェイが年内に独自OS搭載端末を2億25百万台出荷へ

次はこのブログの2019/5月中の訪問者別の使用OSの割合。モバイル端末使用の方の割合が月を追って増えています。アイフォン、アイパッドで35%を占め、アンドロイドが23%。

ファーウェイの新OSが上位1位、2位に殴り込みを掛けるというめったにない事例がみられることになります。Googleは取引相手を守れなかったんだから顧客を取られても仕方がない。ですが本当にダメージを受けるのはアイフォンでしょう。

この表で古いWindowsマシンをお使いの方が少なくないことがわかります。ネットを閲覧するだけなら、古いものでも十分です。管理人は、いろいろなフリーソフトを試したりしますでWindows10の最新アブデートを手間をかけてインストールしたりしていますが、そういうことがなければ、古いバージョンのほうが更新が少なくてネット回線のデータ使用量が少なくて済みます。

ただ、ときにはハードディスクのクリーンアップを行いましょう。ハードディスクのドライブをアクティブにしてプロパティを開けてディスククリーンアップを機械の指示通りに行えば、機械がおかしくなることはありません。処理が速くなることもあります。

モニターなどが独立している場合は、古くても新しい機械に接続するためのアダプターが出回っています。古いものも有効利用できます。
posted by ZUKUNASHI at 14:06| Comment(0) | デジタル・インターネット

明日6/21は夏至

もう夏至です。
今年は熱い夏?
インドでは熱波で多くの人が死んでいます。
日本では、5月に死亡数が増えました。
posted by ZUKUNASHI at 11:16| Comment(0) | 福島原発事故

ブルブルブル 千葉は自殺名所になっている? 成田では毎月一人遺体発見

2017/3 千葉県松戸市リンちゃん殺害事件。

2018/9〜10
産経2019.2.28 18:24社会事件・疑惑
千葉切断遺体、死因は「窒息死」 長男を殺人罪で追起訴
 千葉県の九十九里浜一帯で昨年9〜10月、同県八街(やちまた)市の山田容子さん=当時(75)=の切断された遺体が相次いで見つかった事件で、千葉地検は28日、長男の基裕(もとひろ)被告(38)=死体損壊・遺棄罪で起訴=を殺人罪で追起訴した。地検は認否を明らかにしていない。
 起訴状によると、昨年9月25〜27日、自宅で同居する山田さんの首を圧迫し、殺害したとしている。これまで山田さんの死因は不明とされていたが、捜査の結果、窒息死と判断した。

時事通信社2019年3月14日(木)21時03分
遺棄容疑で長男逮捕=資材置き場の白骨遺体−千葉県警
 千葉県白井市の資材置き場で1月、白骨化した遺体が見つかった事件で、県警捜査1課などは遺体の身元を同県柏市戸張、長谷川嘉久さん(1947年生まれ)と特定し、死体遺棄容疑で14日、長男の自営業、敬悦容疑者(47)=住所不定=を逮捕した。容疑を認めているという。
 逮捕容疑は、嘉久さんの遺体をブルーシートで包み、当時住んでいた柏市内の民家の床下に埋め、2017年ごろ立ち去り遺棄した疑い。

この報道では、遺体を柏から白井に移動させたのが誰かわからない。

2019/2/26、千葉県山武市スーパーアクション殺人事件
山武市ですが、八街市役所に近い。
この事件、ちょっと興味があります。もと製材所の工場だったところで70歳くらいの爺さんが体を縛られ、顔にガムテープを貼られて死んでいたというものです。

この件について調べた人は、SM関連ではないかと書いている人がいます。体を紐で縛られていた、畑の中で隣は事務所の人気のない犯行場所、声を出しても聞こえません。スーパーアクションという工場の名前がいかにも思わせぶりです。

でも、警察の発表や発見者の供述からすれば違いますね。
・山武市埴谷における男性殺人事件の発生及び捜査本部の設置(山武警察署捜査本部)
 男性(71)が日時場所等不明なるも、何れかの手段方法により殺害される事件が発生。同男性は、2月25日午後10時39分頃、山武市埴谷の工場内で発見。2月26日午後3時、山武警察署に捜査本部を設置
・・・殺害日時場所等不明なんだそうです。この件の続報がまだありません。

2019/3/3 3月3日午前9時44分頃、八千代市大和田新田の倉庫に放火し、同倉庫を焼損させた派遣社員の男(29)を逮捕
この火災、大きな黒い煙が上がりました。職場での恨みつらみが積み重なっていたんですね。

2019/3/10、千葉・匝瑳市の海岸に全裸の男性遺体
山武市よりも北。
テレ朝NEWS2019/3/10
匝瑳市にある堀川浜で10日午前6時ごろ、海岸を散歩していた女性から「人が砂浜に倒れている」と119番通報がありました。駆け付けた救急隊と警察官が、衣服を何も身に着けていない状態で仰向けに倒れて死亡している男性を発見しました。警察によりますと、男性に目立った外傷はなく死後、あまり時間が経っていないとみられます。男性は、年齢は20代から30代くらいで身長約175センチ、黒髪の短髪だということです。

・・・この件は少し詳しく検討しましたが、続報がまだありません。捜査難航必至ですね。

子供の虐待死もあります。野田市。

あちこちの用水路や池などで遺体が見つかっています。3/13は野田市で道路でも遺体。

2019年3月14日10:43 JNN/TBS
13日午前7時半ごろ、千葉県野田市の交差点で信号待ちをしていた70代の男女3人が歩道に乗り上げた乗用車にはねられ死亡し、車を運転していた会社員・金子龍司容疑者(42)が過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕されました。
 その後の捜査関係者への取材で、金子容疑者は「事故を起こす直前に意識を失った」という趣旨の供述をしていることが新たに分かりました。
 警察は容疑を過失運転致死に切り替え、事故の経緯を調べています。



最近嫌な事件が目につきましたが、どうも増えている感じ? 千葉県警の事件簿ファイルで調べてみました。

河川や池や山で続々遺体発見
2018年11月11日午後7時26分頃、柏市大井の手賀沼で、浮いている年齢等不詳の女性の死体を発見
死者は、身長約150センチメートル、頭髪白髪まじり、上衣エンジ色長袖ブラウス、下衣青色長ズボン、靴下着用

2019年1月31日午後2時28分頃、流山市思井の山林内で、散歩をしていた近隣居住の男性が白骨死体を発見。死体は、上衣紺色ジャンパー様の物、白色トレーナー様の物、下衣黒色ズボン、茶色皮ベルト、黒色靴下、黒色靴着用
流山市思井は、こんなところです。


2019年2月5日午後零時10分頃、成田市小菅の山林内で、通行人の男性が白骨死体を発見。死者は、年齢性別等不明、付近に青色っぽいダウンジャケット、色不明の靴、青色っぽい手提げカバン

2019年2月5日午後2時50分頃、富津市金谷の鋸山で、登山に訪れた男性らが死体を発見。死者は、年齢性別等不明、上衣黒色長袖ジャンパー着用

2019年2月27日午後3時40分頃、匝瑳市堀川の海岸砂浜で、海岸を散策中の男性が年齢性別等不詳の白骨死体の一部(下顎骨)を発見

2019年3月5日午前10時30分頃、流山市大字桐ケ谷の用水路内で、散歩中の女性が年齢等不詳の男性の死体を発見
 死者は、上衣黒色っぽいジャンパー様の物、色不明のパーカー、下衣色不明のズボン、ベルト、靴下着用、白色っぽいスニーカー

2019年3月6日午前9時56分頃、成田市成田で、池の中に浮いている年齢性別不詳者を発見

2019年3月15日午後5時50分頃、千葉市中央区港町の河川内に、死体が浮いているのを通行人の男性が発見

身元不明死体(白骨)の発見(成田警察署)
 4月16日午前11時頃、成田市前林の雑木林内で、埋め立て造成の作業員が年齢性別等不詳の死体を発見

朝日新聞デジタル2019年5月3日 19時31分
知人男性の遺体を遺棄の疑い、男2人逮捕 千葉県警
遺体が見つかった現場の周辺。2日から警察官が捜索していた=2019年5月2日午後9時40分、千葉県東金市松之郷、武田遼撮影(画像の一部を加工しています)
 男性の遺体を捨てたとして、千葉県警は3日、千葉県内に住む60代の男2人を死体遺棄容疑で逮捕した。
 捜査関係者への取材でわかった。このうち1人が2日、千葉市内の交番を訪れ、「今年1月に知人の遺体の処理に困り、(千葉県)東金市内に埋めた」と話したという。県警が東金市内を検索し、3日、成人とみられる遺体が見つかった。県警は死因や身元を調べる。
 捜査関係者によると、遺体は東金市松之郷の雑木林内の深さ数十センチの土中に埋められ、衣服や靴を身に付けていた。逮捕された男の説明によると、埋められたのは70代後半の男性という。「車で他県に連れていこうとしたら死んでしまった」といった趣旨の説明をしているという。県警は司法解剖やDNA型鑑定をして死因や身元の特定を進める。
 遺体が見つかった現場はJR東金線東金駅から北に約2キロの県道沿い。夜間の人通りは少ないという。
2019年05月04日
悪人になり切れなければ そんなことしなければいいのに

・身元不明白骨死体の発見(館山警察署)
 5月25日午前10時22分頃、南房総市和田町白渚の海岸で、散歩中の男性が死者を発見
 ※情報をお持ちの方は、メール又は館山警察署(0470-23-0110)まで
・・・なんで散歩の人が通るような場所に白骨死体?

・身元不明白骨死体の発見(香取警察署)
 5月26日午前4時40分頃、香取市佐原の利根川河川敷で、釣りに訪れた男性が白骨死体を発見

・身元不明死体の発見(茂原警察署)
 6月7日午後3時11分頃、茂原市千町の河川内で、男性の死体を発見
 特徴は、年齢等不詳の男性、身長160センチメートルくらい、上衣紺色トレーナー、下衣ベージュ色作業ズボン、白色スニーカー

・人倒れの発見(市川警察署)
 6月19日午後3時3分頃、工事を行っていた業者が、市川警察署2階屋根上に男性(30歳代くらい)が倒れているのを発見。同男性は、搬送先の病院で死亡確認

産経2019.6.19 22:03社会事件・疑惑
警察署の屋根に男性遺体 千葉県警市川署
 19日午後3時ごろ、千葉県警市川署(同県市川市鬼高)の本庁舎の2階屋根部分に、30代くらいの男性が意識がない状態で倒れているのを、同署を工事している業者が発見した。男性は搬送先の病院で死亡が確認された。同署は男性の身元の確認を急ぐとともに、死亡した経緯について詳しく調べている。
 同署によると、男性の持ち物にあった診察券の氏名が、同日午後0時半ごろに同署プレハブ棟で対応した男性の氏名と一致しているという。来署した男性は、目的の職員が別件の対応中だったため待っていたが、約10分後に「外に行く」と別の職員に声を掛けて外へ出たという。
 同署は庁舎内の防犯カメラを確認するなど、事件と事故の両面の可能性があるとみて、捜査を続けている。

・・・・・・・

冬でも海岸で発見される遺体、海中で溺れる例が出ています。
2019年1月27日午後零時18分頃、匝瑳市吉崎の海岸で、男性(64)がサーフィン中に所在不明となり、家族らが捜索中、付近テトラポットで発見され、搬送先の病院で死亡

2019年3月10日午前5時50分頃、匝瑳市堀川の海岸砂浜上で、散策中の女性が男性の死体を発見
死者は、年齢20歳から30歳代くらい、身長175センチメートルくらい、体格中肉、頭髪黒髪 

2019年3月12日午前7時30分頃、長生郡一宮町船頭給の海上で、男性(50歳代くらい)が溺れているのを、サーフィン指導のため岸にいた男性が発見。溺れていた男性は搬送先の病院で死亡

2019年3月16日午前7時37分頃、安房郡鋸南町大帷子の海上で、男性(50歳代くらい)が水泳中に所在不明

2019年3月25日午前8時14分頃、鴨川市天津の漁港で、堤防の海面に浮いている男性(60歳代くらい)を通りかかった男性が発見。同男性は現場で死亡状態

JNN/TBS 2019年4月15日(月)22時15分
海中の軽ワゴン車から男性遺体、千葉・富津市の港
15日午後、千葉県富津市の港で、海中に軽ワゴン車が沈んでいるのが見つかりました。車内には男性の遺体があり、警察は事件と事故の両面で捜査しています。
 15日午後3時前、富津市の上総湊港で海底の砂をかき出す作業をしていた男性から「水中で車両を発見した」と110番通報がありました。警察が駆けつけ、沈んでいた軽ワゴン車を引き上げたところ、車内から年齢不明の男性の遺体が見つかったということです。
 男性は運転席でシートベルトを身に着けていて、車体の屋根は大きくへこんでいたということです。
・・・この件は、2019/4/16 11時現在事件簿ファイルに記載がありませんでしたが、その後早々と車両転落と思われる事案として発表されました。「死亡状態の男性」?
・車両転落と思われる事案の発生(富津警察署)
4月15日午後2時55分頃、富津市湊の上総湊港で、湊湾関係者が海に転落している軽貨物車を発見。同車両から死亡状態の男性を発見

でも、前からこんなに遺体発見が多かったのでしょうか。
生活に困窮したりする人が増えて、金銭的なトラブルから殺人、死体遺棄、投棄が増えている。

自殺もある。これは確実にありそうです。列車の人身事故が続いています。

そして管理人が感じるのは、3月に海に入って溺れている人もいるようなので、何か精神的に異常を来して珍しい、とっぴな行動に出る人が増えている、そんな気がします。

セシウム被ばくで精神状態が不安定になり、予想外の行動に出る人が増えているような気がしますが、違うでしょうか。

管理人もそのうち徘徊中に遺体に遭遇しそうな気がします。いや、そんなのは大したことない。警察を呼ぶだけだ。

それよりも問題は自分が遺体で運ばれることがないようにするにはどうしたらよいかです。

2019年03月08日
千葉市に町田市、豊島区 大阪 やはりきているようだ

千葉県の事件事故情報は何でも入っています。埼玉県の事件情報は痴漢が多い。東京都は公然わいせつが多い。千葉県は不審者とか公然わいせつなどないのかな。でも強制性交はある。茨城県は住民からの情報収集目的に的を絞っている。

警察官は大変な職業です。早死にするのも無理はない。次はどこの県警か明らかではありません。

※ 元警察官 @motokeisatu氏の11:58 - 2019年4月14日のツイート
全寮制の警察学校で知って驚いたこと
男の6割は小便後に手を洗わない
そのうちの2割は大便後も手を洗わない
私がトイレの洗面台で石けんで手を洗ってたら、個室から出てきた同期生が私の後ろを素通りしたので
「手洗うの忘れてない?」
と言ったら、
「え?いつも洗わないよ」
皆さまご周知を

・・・警察官は、ばい菌には強い。悪人にも強い? まあ、汚いものを扱うことも多いので気にしていられないかも。

管理人は、先日交通事故を目撃しました。ドーンと大きな音で車の追突かと思ったら自転車に左折の車がぶつかっていました。運転者は比較的若い女性。自転車の男性は大したケガではなかったようですが。横断歩道ではねられる。

※ JNN/TBS2019/4/18 4月18日(木)10時12分
井の頭公園の池に女性の遺体
 18日朝、東京・三鷹市の井の頭公園の池に60歳から70歳とみられる女性が浮いているのが見つかり、その後、死亡しました。警視庁は事件と事故の両面で調べています。
 18日午前6時50分ごろ、三鷹市の井の頭公園の池で「人が浮いている」と近くの交番に通報がありました。警察や消防が駆けつけたところ、井の頭公園の池に60歳から70歳とみられる女性が浮いているのが見つかりました。女性は意識不明の状態で病院に運ばれましたが、まもなく死亡が確認されました。
 警視庁によりますと、女性の体に目立った傷は見つかっておらず、死後まもないとみられるということです。女性の服は軽装で、靴を履いていたということで、警視庁は女性の身元の確認を進めるとともに、事件と事故の両面で現場の状況を詳しく調べています。(18日09:42) JNN/TBS
・・・井の頭公園で人が浮くと動画付きで速報されますが、千葉県で人が浮いても報道されないことも。えらい違いです。目立たずに死ぬなら千葉県?
posted by ZUKUNASHI at 11:06| Comment(7) | 社会・経済