ずくなしの冷や水

2019年06月17日

米国、イスラエル、サウジの役者が揃う 共犯者が名乗り出ているようなもの

もはや、世界は米国の思う通りは動いていません。

FARSNEWS2019/6/17
Egyptian Paper: Mossad Main Suspect behind Attacks on Oil Tankers in Sea of Oman
TEHRAN (FNA)- A leading Egyptian newspaper dismissed the possibility that Iran carried out the recent attacks against two oil tankers in the Sea of Oman, describing Israel as the only side and culprit to benefit from the sabotage act.

"No one should believe and pay attention to the US allegations against Iran for the recent attacks because Trump is beating the drums of war and Israel is happy with it and the result will be a highly risky to the oil region and damage for Iran and other Persian Gulf littoral states," the Arabic-language Mesriyoun newspaper wrote on Monday.

"Israel is the number one and only side which benefits from igniting the fire of war in the region," it added.

The paper underlined Israel's displeasure with any progress in Iran, and added, "Therefore, all suspicions should focuse on Israel and Mossad's possible role given the fact that Mossad played an important role in the incidents during the Arab-Israeli wars in the past and after that."

In relevant remarks on Saturday, senior Arab diplomats also pointed their fingers at Israel as the culprit behind the recent attacks on two oil tankers in the Sea of Oman, reminding that Tel Aviv has the possibilities and incentives to do the sabotage operations to lay more pressure on Iran.

"There is yet no strong evidence to show who has targeted the two oil tankers, and hence, the door is still open to make political allegations to pressure the opposite party," Arab diplomats told the Lebanese Arabic-language al-Jomhouriyeh newspaper.

Al-Jomhouriyeh did not name the diplomats, but also quoted them as adding, "As the US accuses Iran for the incident, Israel can also be a suspect as it has the possibilities and capabilities to do so."

The Arab diplomats underlined that Israel was the first regime which benefited from any war between the US and Iran.

Iran has strongly denied any involvement in the attacks.

Meantime, a prominent Russian expert also said that the US has launched the Thursday attacks on two oil tankers in the Sea of Oman to spread Iranophobia, satisfy Israel and find a pretext for prolonged presence in the region.

"Allegations that Iran is behind the two oil tankers incident in the Sea of Oman are not believable," Head of the Russian Center for Iran Studies and senior analyst on regional issues Rajab Safarov said in an interview with Russia 24 news channel on Friday.

He described the US as the culprit behind the incident, and said in conditions that Iran along with two world powers, Russia and China, are after keeping the nuclear deal, Tehran will not resort to provocative acts against its interests.

Safarov added that the most important reason to blame the US for the incident is its interest in prolonged deployment in the Persian Gulf under the pretext of defending the Persian Gulf Arab states against what it calls as Iran's threat.

"There is also another important scenario. The US is now producing 12mln barrels of oil on a daily basis and it has not only become self-sufficient but also has turned into one of the most important exporters of oil and therefore, it wants to cripple oil transfer in the Persian Gulf and annihilate the European states and China's economy," he said.

"The US introduces itself as the savior of the world and the biggest guarantor of peace and security and Iran as the biggest enemy of peace and the world's economic lifeline by claiming to be rescuing Europe and the Arab and Asian states from an economic, political and geopolitical catastrophe and it will force them to bow to Washington and cut ties with Iran. Therefore, what you see is a scenario which fully benefits Trump and his supporters to force the world to bow to him," Safarov warned.

Asked about the possibility for military conflict between Iran and the US, he said that Washington does not enjoy the capability and power to attack Iran and they fear any military confrontation, adding that tens of ways are before Tehran to close the Strait of Hormuz but the Iranians do not want to adopt provocative measures.

Safarov said that by launching attacks against the oil tankers in the Sea of Oman, Washington pursues Iranophobia in the world to meet its economic interests, satisfy the Israeli lobby, pressure the Persian Gulf Arab states to plunder their petrodollars and hit a blow to Europe and China's economy.

The Japanese company that owns the ‘Kokuka Courageous’ tanker has said its crew spotted “flying objects” before the attack in the Gulf of Oman, contradicting US claims that the vessel was damaged by a naval mine.

Yutaka Katada, president of Kokuka Sangyo, told reporters on Friday that sailors on board the ill-fated oil tanker observed “flying objects” just before the incident in which the ship caught fire and was badly damaged. The giant vessel was hit twice, first near the engine room and then on its starboard side.

He suggested that those flying objects could have been bullets, and called reports of striking a mine “false.” Both points at which the ship was damaged were above her waterline, which couldn’t be so if it had struck an underwater mine.

The tanker was carrying petroleum products to Singapore and Thailand when it was attacked while sailing through the Gulf of Oman on Thursday. All 21 crew members abandoned the ship and were reportedly rescued by an Iranian vessel. While many details of the incident are still shrouded in mystery, the US was quick to blame Iran.

Later that day, the US military released a blurry video showing what they claimed were Iranian sailors removing an “unexploded limpet mine” from the ‘Kokuka Courageous.’ The poor quality of the video made it especially challenging to independently verify the claims.

Katada’s account partly contradicted American allegations of a mine attack, but did mention that the crew had spotted an Iranian Navy ship nearby. However, the president failed to specify whether it was there before or after the attack.

Another tanker, the Norwegian-owned ‘Front Altair,’ also suffered some damage while passing through the Gulf of Oman at around the same time. There have been reports of a torpedo attack on the vessel, but it is not yet clear from the firm’s statement whether it was attacked.

It is unknown who would benefit from targeting the ships, but the timing of the incidents is especially sensitive. The attack on the tankers that were carrying “Japan-related” cargo notably came during a rare visit to Tehran by Japanese Prime Minister Abe Shinzo.

Suspicious doesn’t begin to describe what likely transpired this morning,” said Iranian Foreign Minister Mohammad Javad Zarif. As the day progressed, he hit back at the US accusations, saying Washington is trying to set up a false-flag attack in order to “sabotage diplomacy” and cover up their own “economic terrorism” against Tehran.

次の記事は、サウジのMBSがイランの責任をとがめたと伝えています。

これで米国、イスラエル、サウジの共犯者と疑われる役者が揃いました。ね、予想通りでしょう。面白いでしょう? 私のこの記事だけで、そういう世界国家の役回りがわかるんです。

RT2019/6/16
Saudi Arabia blames Iran for oil tanker attacks, but doesn’t want ‘regional war’
Saudi Crown Prince Mohammed bin Salman has accused Iran of masterminding the attacks on two oil tankers in the Gulf of Oman this week. One of the explosions rocked a Japanese-owned ship just as PM Abe held talks in Tehran.

The Iranian government “did not respect the presence of the Japanese Prime Minister as a guest, as Tehran instead attacked the two tankers, one of which was heading for Japan,” bin Salman told Saudi-owned paper Ashraq Al-Awsat on Sunday.

The Crown Prince further accused Tehran of “targeting the security and stability of the region,” but stressed that Riyadh does not want the current tensions to spiral into “a regional war.”

Two oil tankers, the Norwegian-owned ‘Front Altair’ and the Japanese-owned ‘Kokuka Courageous,’ suffered attacks in the Gulf of Oman on Thursday. US President Donald Trump and Secretary of State Mike Pompeo quickly pinned the incidents on Tehran, citing intelligence reports. “It’s probably got essentially Iran written all over it,” Trump said on Friday.

Washington later released a blurry video allegedly showing the crew of an Iranian patrol boat removing a limpet mine from one of the ship’s hulls. The US did not provide any additional proof of Iran’s alleged culpability in the attacks. The head of the Japanese shipping company that owned the vessel, meanwhile, told reporters that the crew saw “a flying object” hitting the ship.

Iran has denied all accusations. Foreign Minister Mohammad Javad Zarif said that the US “immediately jumped” to blame his nation “without a shred of factual or circumstantial evidence,” with the goal of sabotaging Iran’s relations with Japan.

The ships were targeted just as Prime Minister Shinzo Abe came to Tehran, marking the first time that a Japanese leader has visited the nation since the Islamic Revolution of 1979.

Experts interviewed by RT raised serious doubts as to whether Iran would carry out such a brazen attack on foreign ships at a time of increasing tensions in the region. “Why would Iran do it? They have no reason to go to war and they have no reason to escalate the situation,” defense analyst and retired lieutenant general, Amjad Shoaib, noted.

Some US allies in Europe were also reluctant to follow Washington’s line of reasoning against Iran. German Foreign Minister Heiko Maas said that the video, which was shared by the US Navy, was “not enough” to “make a final assessment” of the incident.
次の記事は、どこかの国が書かせていることがバレバレです。むしろ威嚇が効いていないのでわざと書かせた? なんでエルサレム発?

時事2019年06月14日13時26分
日本に警告か=安倍首相、イラン訪問中−タンカー攻撃
 【エルサレム時事】イランとオマーンに挟まれたホルムズ海峡付近で13日に起きた日本のタンカーなど2隻に対する攻撃は、安倍晋三首相がイランを訪問し、最高指導者ハメネイ師と会談するタイミングに合わせるかのように実行された。イランとトランプ米政権の仲介を図る日本に対する何らかの警告のメッセージだった可能性もある。
 12日付のイラン保守強硬派寄りの地元紙は「ミスター安倍、あなたは戦争犯罪者(米国)をどうして信用できるのか」という英語とペルシャ語の見出しを、原爆のキノコ雲の写真と共に大きく掲載。反米感情が強いイランの保守強硬派の間で、米国だけでなく安倍首相への不信感も存在することを示した。
 イスラエルのイラン専門家メイル・ジャベダンファル氏(イラン出身)は電話取材に対し、攻撃はイランによるものだと主張した。日本関連の船舶であることを知っていて実行したとすれば「イランの体制が安倍氏を『トランプ大統領の代理人』と見なし、信頼していないことを示唆する狙いがあった」と分析する。
 一方、イランのザリフ外相はツイッターで、攻撃について「ハメネイ師と安倍首相が友好的な会談を行っているさなかに起きた」と強調した。ハメネイ師は保守強硬派が敬愛する存在だ。ハメネイ師の顔に泥を塗りかねない今回の攻撃は、保守強硬派の行為としては不自然な面がある。
 イランでなければ、日本との関係を引き裂こうとする第三国・勢力の関与が疑われる。この場合も、イランと距離を置くよう促す日本への警告だったと考えられる。
 いずれにせよ、ハメネイ師は安倍首相との会談には応じたが「トランプを意見交換に値する人物とは考えない」と表明し、米国との対話を拒否する姿勢を鮮明にした。米国の対イラン制裁が緩和される見通しはなく、ホルムズ海峡やオマーン湾の緊張は今後も続きそうだ。

13日、オマーン湾で、攻撃を受け火災を起こしたタンカー「フロント・アルタイル」と、消火活動を行うイラン海軍艦艇(EPA時事)


JNN/TBS 2019年6月15日(土)15時45分
米国防長官代行、対イランで連携強化したい考え示す
 アメリカのシャナハン国防長官代行は14日、ホルムズ海峡付近で起きたタンカーへの攻撃について、関連する機密情報を積極的に公開し、イランに対する国際社会の連携を強化していきたいという考えを示しました。
 「中東で起きていることは、アメリカの問題ではなく国際的な問題だ。私とボルトン大統領補佐官、ポンペオ国務長官の焦点はこの問題に対する国際的な合意を築くことだ」(シャナハン国防長官代行)
 シャナハン国防長官代行は14日、記者団にこのように述べた上で、「国防総省の役割の一つは外交のための条件を設定することだ」と強調しました。
 アメリカ軍は、タンカーに付着したまま不発になっていた爆発物をイラン側が回収したとする映像を公開しましたが、シャナハン氏は今後も積極的に関連する機密情報の公開を続け、イランに対する国際社会の連携を強化していきたいという考えを示しました。(15日13:54) JNN/TBS

東京新聞2019年6月15日 朝刊
海運会社「飛来物で被害」 乗組員目撃と説明 機雷攻撃を否定
 東京の海運会社「国華産業」の堅田豊社長は十四日、本社で記者会見し、イラン沖のホルムズ海峡近くで攻撃されたタンカーに関し「乗組員は飛来物でやられたと言っている」と説明した。計二回の攻撃のうち、二回目は乗組員が飛来物を目撃していたという。機雷や魚雷による攻撃を受けたとの見方を強く否定した。パナマ国旗を掲げて航行しており、日本の船を狙って攻撃が行われたとは考えにくいとも述べた。
 タンカーの状況については「状態は安定しており、沈没の可能性はない」とした。アラブ首長国連邦に向かってえい航中で、乗組員全員が戻り、予備電源が復旧したという。貨物や燃料の損失もないとしている。
 米軍は、イラン革命防衛隊の小型船が、タンカーに付着させた機雷を取り除いているとする映像を公開したが、堅田社長は「攻撃を受けた場所は水面よりだいぶ上。魚雷や機雷であれば海面より上で損害を受けることはない」と話した。
 国華産業は攻撃された具体的な場所について、十三日はタンカーの左舷としていたが、右舷と修正した。
 国華産業によると、タンカーにはフィリピン人二十一人が乗船。一人が軽いけがを負ったが、応急処置の結果、快方に向かっている。堅田社長は「航路が閉鎖されない限り、船員の同意を得て運航する」として、ペルシャ湾周辺での航行を継続する意向を示した。

画像から見ると国華産業のタンカーは左舷に被弾しているようですが、この側の画像しかなかった?


bloomberg2019年6月13日 18:56 JST
「国華産業」のケミカルタンカーが被弾、乗員に邦人含まれず−国交省
堀江政嗣
中東・ホルムズ海峡の近くで13日、タンカー2隻が被害を受けた件で、国土交通省はそのうちの一隻が国華産業(東京都千代田区)が運航するケミカルタンカーだったことを明らかにした。
  国交省の発表資料によると、被害を受けたのは「KOKUKA Courageous」(パナマ船籍)。同日午前11時45分(現地時間同6時45分)ごろ、機関室外の喫水線付近に被弾した。乗員は船舶から退避を済ませていたという。乗員に邦人はいなかったとしている。
  共同通信は13日、タンカーは日本時間の13日正午ごろと午後3時ごろの2回襲撃を受けたと国華産業を引用して報じた。
  米第5艦隊は13日、ホルムズ海峡の近くで石油タンカー2隻が被害を受けたことを明らかにした。国華のタンカーはサウジアラビアからシンガポールに向けメタノールを積載して航行中で、被害の報道を受けて原油相場は急伸した。  

JNN/TBS 2019年6月15日(土)11時06分
イラン海運当局、タンカー火災は「技術的問題」
 ホルムズ海峡付近で発生したタンカー火災について、イランの海運当局が技術的な問題が原因だったとして、外部からの攻撃によるものだとするアメリカなどの見方を否定する見解を示しているとイランメディアが報じました。
 ホルムズ海峡近くのオマーン湾では13日、タンカー2隻が攻撃を受け、被害に遭ったうち1隻は日本の国華産業が運航するタンカーでした。
 イランのタスニム通信は14日、イランの海運当局が2隻のタンカーで起きた火災について、タンカーの技術的な問題が原因だったとの見方を示していると報じました。
 この火災について、アメリカ政府はイランの攻撃によるものと断定しているほか、被害に遭った国華産業も「飛来したものによる攻撃」との見解を示していて、イラン海運当局の主張はこれら外部的な要因だとする見方を否定するものです。
 ただ、海運当局は「暫定的な分析」だとして、さらなる調査が必要だとの認識も示しているということです。(15日08:54) JNN/TBS

時事通信社2019年6月15日(土)7時39分
米無人機にミサイル発射か=イラン艦艇、タンカー攻撃前に−CNN
 【ワシントン時事】日本などのタンカー2隻がホルムズ海峡近くで攻撃された問題で、米CNNテレビ(電子版)は14日、米当局者の話として、攻撃の数時間前に、イランの艦艇がタンカー周辺を飛行していた米国の無人機MQ9に対し、地対空ミサイルを発射していたと報じた。ミサイルは命中せず海に落下したという。事実であれば、米イラン間の緊張がさらに高まるのは必至だ。
 無人機はイランの艦艇が2隻のタンカーに接近するのを監視していたという。当局者は、この艦艇が実際にタンカーを攻撃したかどうかには言及しなかった。また、数日前には紅海で、イエメンのイスラム教シーア派系武装組織フーシ派が発射したイラン製とみられるミサイルで米無人機が撃墜されたという。

※ buu @buu34氏の21:53 - 2019年6月14日 のツイート
今、BSフジで、ヒゲの佐藤が、「油が流れて(流通して)いる間は護衛艦の派遣はない」とか、アホなことを言っていた失敗



時事2019年06月14日16時12分
機雷攻撃を否定=「乗組員が飛来物目撃」−タンカー運航の国華産業
 中東ホルムズ海峡近くで攻撃されたタンカーを運航する海運会社「国華産業」(東京都千代田区)の堅田豊社長は14日、記者会見し、2発目の攻撃の際に乗組員が飛来物を目撃していたことを明らかにし、「間違いなく機雷や魚雷ではない」と述べた。
 また、タンカーはパナマ国旗を掲げていたことから、「日本だから攻撃したとは考えていない」との見方を示した。
 堅田社長によると、攻撃を受けた箇所は1発目は船の後部、2発目は中央部付近で、いずれも右舷側で海面より上だという。沈没の可能性はなく、米海軍の支援を受け、タグボートにえい航されてアラブ首長国連邦(UAE)に向かっている。
 乗組員1人が軽傷を負ったが、全員再び乗船して発電機などの復旧作業に当たっている。積み荷のメタノールは別の船に積み替えて輸送する方針という。
・・・1隻の積み荷はシンガポールとタイ向けだったようです。飛行機から小型ミサイルを発射?



※ mko @trappedsoldier氏の2019/6/14のツイート
mkoさんがNardeep Pujjiをリツイートしました
この映像はイラン海軍が、2隻のタンカーの乗組員全員を救出した後に撮影したもの。救難信号を受けた米海軍の艦船、レスキューボートの姿はどこにもない。



※ 岩上安身認証済みアカウント @iwakamiyasumi氏の2019/6/14のツイート
岩上安身さんがOKAMOTOをリツイートしました
ハメネイ師のツィートを読むと、トランプと話し合う気はないときっぱり米国との対話を断っていることがわかる。なのに、このように全くのデマを、平然と流す岩田明子とNHK。なぜ、こんなデマ宣伝のために国民は受信料を払わなくてはならないのだろうか。

※ OKAMOTO @corochin61氏の19:15 - 2019年6月13日のツイート
出たぞ!岩田明子のトンデモ解説「イランは、安倍総理の助言を重視してる」。
受信料で出張して、ヨイショ顔2(おこったカオ)

※ Hiromi1961 @Hiromi19611氏の19:34 - 2019年6月13日のツイート
手ぶらでは会ってくれないのか?
「総額2億7000万円余りの緊急無償資金協力を行う考えを伝えました。」
イランを訪れている安倍総理大臣はロウハニ大統領との首脳会談に臨み、アメリカとの対立で緊張が高まっていることを踏まえ軍事衝…

※ Khamenei.ir @khamenei_ir氏の18:14 - 2019年6月13日のツイート
We have no doubt in @abeshinzo’s goodwill and seriousness; but regarding what you mentioned from U.S. president, I don’t consider Trump as a person deserving to exchange messages with; I have no response for him & will not answer him.



JNN/TBS 2019年6月14日(金)12時55分
安倍首相イランから帰国、今夜にも米大統領と電話会談へ
イランを訪問していた安倍総理は14日朝、帰国しました。夜にもアメリカのトランプ大統領と電話で会談し、中東情勢について協議する予定です。
 イランの最高指導者・ハメネイ師やロウハニ大統領との会談を終えた安倍総理は14日朝、羽田空港に到着しました。
 「(ハメネイ師から)『核兵器を製造も保有も使用もしない』。こうした発言があったことは、地域の平和と安定の確保に向けて大きな前進であると評価している」(菅義偉官房長官)
 菅官房長官はこのように、安倍総理のイラン訪問の成果を強調しました。しかしホルムズ海峡で起きた日本のタンカーへの攻撃について、アメリカのポンペオ国務長官が「イランに責任がある」としていることについて問われると、情報収集中であることを理由に「予断を持って発言することは控えたい」と述べるにとどまりました。
 安倍総理は14日夜にもアメリカのトランプ大統領と電話会談を行う方向で調整していて、イランを取り巻く中東情勢について意見交換する予定です。(14日11:21) JNN/TBS

JNN/TBS 2019年6月14日(金)12時55分
「タンカー攻撃はフーシ派」
イエメンでイランの支援を受ける武装組織「フーシ派」と交戦中のサウジアラビア率いる連合軍の報道官は13日、ロイター通信の取材に対し、今回のタンカー攻撃は、「去年7月に紅海で起きた『フーシ派』によるタンカー攻撃と結びつけられる」と述べ、「フーシ派」や関係組織の犯行を示唆しました。
 ただ報道官は、去年の攻撃と今回の関連について、具体的な証拠は示していません。(14日11:18) JNN/TBS
posted by ZUKUNASHI at 21:17| Comment(0) | 国際・政治

再エネがすべて悪とも言い切れないと思うが メガソーラーの電磁波影響はありうると思う

※ 井上拓哉 @artist_Inoue氏の21:32 - 2019年6月15日のツイート
井上拓哉さんがろーるちゃんをリツイートしました
※リツイート先ショッキングな映像あり
日本では電磁波の健康被害はまだまだオカルト扱いだが、最近ではベルギーが5Gの導入を中止するなど、電磁波への警戒が強まりつつある。

※ ろーるちゃん @do_ob_xoxo氏の2018年5月28日のツイート
愛猫、ソルくん。
保護して里親さんを探す予定でしたが…
春から痙攣が止まらんようになった。
どれだけ薬を変えても、増量しても止まらなかった。
よく晴れた午前中にしか痙攣は起こらない。
メガソーラーに囲まれた自宅から避難移住した後は、一度も痙攣が起こらんの。
再エネは動物虐待だよ。

※ ろーるちゃん @do_ob_xoxo氏の2018年5月28日のツイート
メガソーラーに囲まれて生活すると、どんな被害が出るのか。
一番に健康被害が出るのは、動物と子供。
か弱きものから犠牲になる。

※ ろーるちゃん @do_ob_xoxo
電磁波被害を受けた、愛猫。
メガソーラーに囲まれると、こうなる。
避難移住した今は、あれだけ止まらなかった痙攣が止まったの。
動物愛護活動をしている人々にも、どうか知って欲しい。
再エネで犠牲になる動物達の苦しみ。
こういう事が起こっている現実を。
エコでもなんでも無いってこと。
https://twitter.com/do_ob_xoxo/status/1001061345712746497

・・・引用終わり・・・

「メガソーラーに囲まれた住宅」
再エネがすべて悪と結論付けるのは短絡的だろう。
ただ、こういうことは起こりうると思う。

昨年夏、携帯式の線量率ホットスポットファインダーの試行をやっていた時、太陽光発電装置に囲まれた場所で異常値が記録されていました。私が首からかけたGPS受信機の受信も途切れています。
場所はここです。少し盛り土してあったようで、道路からは気づきませんでした。



上のツイート主の住居がメガソーラーにどんなふうに囲まれていたのかわかりませんが、すごい電磁波が飛んでいたのですね。猫は避難したから大丈夫でも、今でもこの家に人が住んでおられるんですよね。

比較的小規模な太陽光発電パネルの近くで電磁波を測定した例です。
。高周波が1.1μW/cm2で警報が鳴っています。


電磁波は、場所、その環境によって大きく異なります。放射能汚染が場所によって違いがあっても、汚染のない場所はないのと違って、電磁波は携帯の電波を使う機器がないところでは、ほとんど検出されないところもあります。内部被ばくがなく外部被ばくだけであるという点からは、電磁波の影響は捕まえやすいとも言えますが、それを論じるには環境条件を示さないと意味がありません。

それだけ難しい面もあります。

2018年07月04日
太陽光発電装置の近くでは電磁波が強い
posted by ZUKUNASHI at 13:48| Comment(1) | 福島原発事故

私は痴ほうが進んだけど 若い公務員もおかしくなっている 絶対に言える

※ 小雪 @koyuki_noshita_氏の0:47 - 2019年4月18日 のツイート
最近電車の中で誰もそばにいないのに「触るのやめてもらえます?!犯罪して楽しいんですか?!」とか「政治がクソ、これだから犯罪は消えないんだよ!」とか叫んでる人増えた気がするんですけど、正直迷惑以外の何者でもないのにこういう人達は微妙に迷惑行為で訴えられないのほんとイライラする

・・・引用終わり・・・

私は、読者からもらうメールを読解できなくてイラつくことが増えています。これはスマホを使う人が増えているかららしい。スマホはどうしても入力を端折ってしまう。最低限の入力もスマホではやりたくない。

こんなことを言っているサイトがある・・・ほんとだろうか?
←← サイトのアドレスは? サイト見なけりゃわからない。

何月何日の何が空欄でこのとき・・・
←← なんのデータ? グラフですか?

かくしてこれが原因と推定・・・
←← よくわからない。こっちの可能性もあるのでは?

コメントを寄せてくれる人で、超能力者のサイトを引用する人も増えています。私にはそういう人のサイトの言説は理解できないのです。そのため疑問を呈して終わりです。(「今日の放射能」の冒頭にお断りを書きました。その後も放射能のある鉱物を勧める著名サイトの記事を引用して勧めてくれるコメントがあったりして閉口しています。疑問を呈して否定することも簡単ですが、商売でやっているのに営業妨害だと反発されて時間を取られることになりたくない。真偽に疑問があるびっくり情報を流しているサイト、100も書けば一つは当たりますよね。耳鳴りがしたから地震に注意などというツイートをしばしば流している人もちょっと近づきたくない。こういうサイトを読んでいると、人の知らない重要情報を知っていると自尊心は満たされるかもしれません。でも、実際にはまず役立たない、無益な情報です。好きで読むのは自由ですが、愚かさ丸出しで他の人に流したりしないほうが良いです。心ある人は、そうなの?と聞き流しながら、あなたの知性に疑問を感じていると思います。)

機械が落下して壊れてしまったとき、「重力落下の法則で・・・」と書いた人も。そりゃ地球上すべて重力は働いていますよ。お宅に重力の特異点があるなら面白いけど。

自分の既存の常識でこんなことはあり得ないなどと書いてくる人もいます。気流が新幹線よりも速く流れることはないとか、ケムトレイルは存在しないとか。根拠もなくそんなことを書かれても読む時間が惜しい。こっちはそれなりの根拠があるし公開している。工作員認定してコメントは載せませんけど、最近多いですね。

マスメディアは、公務員の小さな犯罪はよく伝えます。どうも大きく増えているんじゃないでしょうか。

ちょっと頭おかしいんじゃね? という統計はありませんから事例でおかしさの度合いを測るしかないのですが・・・。

まず、私自身。えーっ、こんなに頭働かなくなっているの! と思うことが増えています。読者が思わず身を引いてしまうようなことを言い出すのも近いと思います。

100円ショップで買ったXLボクサーブリーフの話なんか誰も聞きたくないってば!

公務員の皆さんも犯罪にまではならなくとも、どうも仕事のレベルが落ちているということはありそうです。人口統計で掲載されたファイルが開けなかったり。何余計なことをしたんだろう。

80歳過ぎた爺さんが車を運転して交通事故。免許証を出したほうも責任があるのでは。

そして、とても書きにくいのですが、特に年配の読者の記憶などの揮発性が高まっているということもありそうです。管理人が気付いたときはそれなりに遠慮なく指摘しています。「あんた、この前、こう言ったじゃないの!」 お心当たりの方は、どうぞ早めに対策を! 自戒の念を込めて書くんですけどね。

公務員の人たち、私が気付くのは主に地方公務員ですが、やはりおかしくなっている。これはどうも間違いがない。別に犯罪を犯しているということではありませんが、事務処理に締まりがなくなっている。

見かねて電話をして注意喚起することが増えています。個別には書けませんが。(おいおい、最終更新日は6/7じゃなくて6/17だろうが、今日なんだからとかいろいろと。どうでもいいことは放っておきますけど。)掲載している統計データの収集に手間がかかるようになっています。

ある役所が、消費税引き上げの不評をそらすための現金配布で市民が対象になるかを調べるチャートを作って配布したら、全然申請がなかったと。チャートは、該当者が出ないような作りになっていたとか。そんな話を聞きました。

2019年03月28日
日本と日本人 ほんとに狂ってきている

2019年03月26日
千葉市に町田市、豊島区 大阪 やはりきているようだ

初出 2019-04-20 15:48:03 6/17追記
posted by ZUKUNASHI at 12:33| Comment(0) | 社会・経済

汚染地帯のINSPECTORクラス測定器の直置きによる測定値はこの先も下がらないだろう



2回の調査の結果


MAZURで0.47μSv/h出てもSOEKSではせいぜい0.23μSv/h。アルファ線に対す感度の有無とベータ線に対する感度がMAZURは格段に優れているためです。


今は、ウランの子孫核種が自発崩壊を繰り返して次第に放射平衡に近づいていく過程だと考えられます。次の崩壊系列からもアルファ線が多くなるのは当然の推移ということになるでしょう。

ベータ線が多い(ストロンチウムやイットリウムのような強いベータ線ではなさそうなのですが)のは何が原因でしょう。

南流山もついでに測りました。上の結果と比較してみてください。南流山駅前の皆さんが通る場所のすぐ近くです。





旅費が2回で約3千円かかりました。電車賃だけですが、新線の運賃は高くてバカにできません。神奈川の西部に行くより高いかもしれません。

ウラン系列 ウラン238の崩壊系列


今、日本産の食品には、ラジウムが含まれていることが多いのだそうです。ウラン238からいくつもの崩壊過程を経てラジウム226に、そしてそれがラドンに変わった後は、短時間で鉛210まで崩壊していき、その都度放射線を出します。


ラドン222は気体ですから地表に固着しているかは不明。そのあとのポロニウム218からポロニウム214まででは崩壊に伴う放射線はアルファ線2、ベータ線2です。この間だけをとれば、放射平衡になりやすいですし、毎秒の放射線数は持続するでしょう。しかし、その前後では放射平衡は成立していないとすれば、アルファ線、ベータ線の割合は、決まりません。そして他の崩壊系列のウランもあります。ウラン系列以外の放射性物質もあります。管理人が測った結果から言えば、とにかくベータ線が多い。セシウム137がさらに減衰していくと、ガンマ線よりもベータ線が多いところも多くなるでしょう。


2017年04月19日
今 環境に多いベータ線源は何か それは健康被害をもたらさないか その1

アクチニウム系列 ウラン235の崩壊系列


トリウム系列 トリウム232の崩壊系列
posted by ZUKUNASHI at 11:06| Comment(0) | 福島原発事故

スマホは便利で楽しいが 害も少なくない

この記事は、管理人の備忘録です。読者から照会があったときに使う予定です。この記事の転載、引用ご遠慮ください。ほどなくこの記事は消します。

1 IT機器を使って一般言語情報、数値情報のやりとり、処理、蓄積を行う基本形は、デスクトップパソコンと大きなモニター、キーボード、マウス、有線接続インターネット回線です。

業務上、一日何時間もパソコンに向かって作業する場合は、まず間違いなく、デスクの上にモニター、キーボード、マウスを置いて椅子に座って行います。

2 このような形態でパソコンを使う場合とスマホ(比較的面積の大きいタブレットを含め)を使って行う場合では大きな違いがあります。

(1) 画面が小さいため、表示される文字が小さく、画面を(あるいは目を)目に(あるいは画面に)近づけて使います。
この結果、近視になりやすいし、眼精疲労が生じやすいです。
加えて、子供では「斜視」が生ずることがあるそうです。
スマホのやりすぎで子供が斜視になる

(2) 文字情報の入力にキーボードと比較して何倍もの手間がかかります。これは肩こりや疲労の原因になります。
また、メールなどでは入力文字数を減らそうとする結果、伝えようとする内容が的確に伝わらないことがあります。
若い人の間では、スマホ入力だから仕方がないという了解があるのかもしれませんが、まだ社会的な共通理解事項になっていません。

(3) スマホは、通信に基本的に携帯電話・データ回線を使います。携帯データ回線の負荷軽減のためにWifiを使います。ですからスマホに電源が入っている間、通話を行うものであれば位置確認のため携帯基地局からの信号を受けてスマホからは電波が発せられています。

特にスマホを操作しなければ、スマホがデータ通信を行うことはないはずですが、頻繁にアプリの更新などがありますし、メールを受信するように設定してあれば、一定の時間間隔で新着メールを確認しています。データ通信が行われます。

3 電磁波が生物体に害がありうることは確か
(1) 昨年秋、5Gの試験をやっていたオランダのハーグで何百羽もの鳥が空から落ちてきたそうです。
※ Bì乙エ @Just2BiZI氏の2018年11月24日のツイート
Hundreds of birds have fallen from the sky in The Hague, #Netherlands during a #5G experiment to see how large the range was and whether the new wireless technology would cause any harm in the local area.
https://www.sagaciousnewsnetwork.com/hundreds-of-birds-dead-during-5g-experiment-in-the-hague-netherlands/
https://youtu.be/ah8Bpg6ep1k



(2)この画像は何度か掲げています。
 

(3) 次に日本人の証言。
※ Kameko ‏@kameatemygarden 氏の2017/2/1のツイート
無線ルータのそばでは植物が育たないという研究結果は目にしていたが、自分の家でそれを確認してしまった。植え替えて以来1年ほど全く育たなかった羊歯が、ルーターを移動した途端に育ち始めた!ものすごいい勢いで。

上の中で、(1)、(2)は特殊な条件のもとでの現象ですが、(3)は特別な条件下の事象ではありません。因果関係は明確です。

4 スマホの最大のメリットは、電池を内蔵し、無線で通信を行えるため、携帯の電波が届くところならどこにでも持ち歩けることです。
これはデスクトップパソコンがかなわないところです。電源はなんとか持ち運べても、ネットは電波を受信しなければ通じません。

このように見てくると、スマホは携帯性、移動性というメリットがある一方で情報機器としては限界とデメリットがあることがわかります。

5 スマホの最大のデメリットは、無線を使うことです。それによって電磁波への曝露が増えるのです。

ですからスマホを使う場合は、持ち運べるというメリットと身近で電磁波を浴びるというデメリットの比較衡量になります。

管理人の場合、通話は、救難要請用ですから平常時は電源を切っておいてもよいのです。その間に通話着信があれば携帯電話会社がSMSで通知してくれるのを待って相手を見て電話をするかしないかを決めるということでもよいのです。

現にそのように利用している自己中心的な人もいます。

緊急な用事などまず入ってこない世間から見放された老人がスマホを持ち歩き、常時電源を入れておく必要など全くありません。

スマホを自宅でラジオ代わりに持ち運んでいるなどという使い方をしているのであれば、高い金を出して維持する必要などほぼないといえるでしょう。

6 携帯電話でしばしば重要な連絡が入る人は、常に電源を入れておかなければならないでしょうから、せいぜい体から離しておく、通話をするときはイヤホンを使う程度の対策しか取れません。それでも大きな効果があるはずです。

7 スマホの利用を抑制すれば、その分パソコンの利用が増えるでしょう。そしてパソコンがWifi経由でネットにつながっていれば、やはり電磁波への曝露があります。パソコンはWifiの電波を受信するとともに発信もしていることを忘れないでください。家庭内でのWifiの利用は、パソコンを使う本人だけでなく、家族全員に影響があります。隣家まで電波は飛んでいます。

8 家庭内の電磁波は無視できない。
家庭内の電磁波が生き物以外にも電気器具などにも影響を与えているらしいと管理人は考えています。もちろんWifiの電波だけでなく他の電磁波も影響しているのだろうと考えていますが、そう考えないといけない現象を経験しています。

2019年03月06日
怪奇現象を手軽に楽しむ
(この記事を書いた2か月後に芸能人の家で電化製品が次々に壊れるとの事例が流れました)

2019年05月15日
電化製品が次々に壊れていく件 これ怖いな

2019年05月20日
怪奇現象が楽しめるだけでなく財布も痛む 電磁波過多

9 対策はできるものから一歩ずつ
とにかくスマホ信仰を捨てることです。あんなものを持ち歩いていたって、金持ちにも見えないし、情報強者にも見えません。スマホを持って10か月でタブロイドスマホは測定器の記録装置に転換することにしましたし、アイフォンは普段は消しておくことにしました。ぜんぜーん電話がかかって来ないのですから。
私だけじゃないでしょう? あなたも同じでしょう? かかってきても大した用ではないはず。あらかじめの打合せ、下調べが十分なら必要のない会話のはず。

10 スマホを有線で接続するのは、容易
Wifi電磁波への暴露削減を図ろうとする読者からの問い合わせに応じ、安い有線LANアダプターを探しました。管理人はアンドロイドスマホだけではなくWindowsのスティックパソコンでも有線LANアダプターを使っていますので、購入したものがアンドロイドにつなげられなくても無駄にはならないのです。

商品名:USB to Ethernet CableCreation USB 2.0 to RJ45 高速有線LANアダプタ Chromebook対応 ブラック 0.15m
これはよく似ているが別のものが届きました。

次のものは、アンドロイドスマホ、dtabでつながりました。別のスマホを持つ読者にテストを依頼しています。
商品名:Micro USB 5 Pin 10/100 Mbps RJ45 LAN Ethernet Adapter for Tablet PC、数量:3
販売: LilyWood
¥ 262
中国から郵送されてきたため半月以上かかっています。

テストを依頼した読者からつながらなかったと報告がありました。アンドロイド端末も内部の設定は機種によりかなり違うようです。

有線LANアダプターもそうですし、USB接続で内部のファイルを取り出す方法も機種により異なる。

管理人が使っているアンドロイドスマホは、ファーウェイの製品ですが、新OSでなくてもすでにだいぶ改良されているのではないでしょうか。古い機種と新しい機種の違いもあると思いますが。

アイフォンは、よくOS更新がありますが、ファーウェイのスマホではまだ更新を見たことがない。半年以上眠らせておいたタブレットも使い続けてきたものと外見、機能は変わらない。

2019年06月05日
放射能と電磁波被ばく回避

対策については何度か記事を書きましたが、おそらくは理解できないスマホ信者もいたのでしょう。苦情が来たので見えないところに隠しました。個別のリクエストでお示しします。この記事もそのうち消えます。
posted by ZUKUNASHI at 09:48| Comment(0) | 電磁波問題

Beware! Two ‘black swans’ may come out of nowhere & kill stocks this summer, experts warn

RT2019/6/16
Beware! Two ‘black swans’ may come out of nowhere & kill stocks this summer, experts warn
The aftermath of the spiraling US-China trade war tariffs could be a “clear and present danger” to the markets, according to Barry Knapp, managing partner of Ironsides Macroeconomics.

He told Yahoo Finance: “If tariffs [on China] go up to 25 percent and there is an adjustment in the [Chinese yuan] and it moves much more sharply, that could be very de-stabilizing for global capital markets – that, to me, is a very real, clear and present danger.”

Knapp added “That would trigger outflow pressures from China, de-stabilize their domestic system.”

The Chinese currency has plunged in value since the escalation of trade tensions between Washington and Beijing late last year.

According to Knapp, a fresh round of US tariffs on another $300 billion in Chinese imports could further hammer the yuan and trigger massive outflows of investments in the country. That would probably cause a whole lot of selling in stocks globally, he said.

While Knapp points to the yuan’s weakness as a potential destabilizing event for world markets, veteran strategist Scott Clemons at Brown Brothers Harriman warns of a surprise uptick in inflation.

“I think one is well-advised to worry about the things no one else is worried about. Nobody is worried about inflation. I just can’t help but to think that, as wages accelerate, as the labor market continues to tighten, I wonder if at some point that turns into an acceleration in prices. That’s my black swan,” Clemons said.

So-called ‘black swans’ are events that are unpredictable or unforeseen yet would lead to extreme consequences. The term was coined by finance professor and former Wall Street trader Nassim Nicholas Taleb, after the 2008 financial crisis.

The crash of the US housing market during the 2008 crisis is one of the most recent and well-known black swan events. The dot-com bubble of 2001 and Zimbabwe’s hyperinflation are also examples of black swan events.

国際的な経済変動が起きた時、日本は、やれるのは金融引き締めだけです。インフレが昂進し、金融当局がこれを歓迎して放置する可能性も強い。

そして消費税が上がる。とんでもない状況になることも考えておいたほうが良い。

上の記事で紹介されている論者は、ドルは強い、米国経済は打撃を受けないとの前提のようですが、果たしてそうだろうか。中国が為替安政策をとる可能性は高いと思うが。
posted by ZUKUNASHI at 09:25| Comment(0) | 社会・経済

ロシア人は歴史的な前例をすぐ引用できる 歴史学の本場はロシアになるかも

RT2019/6/16
Kremlin compares US attacks on Iran to fake ‘white powder evidence’ against Iraq in 2003
The US campaign for a war against Iraq in 2003 serves as a cautionary tale against saber-rattling and finger-pointing amid current tensions in the Persian Gulf, the Kremlin’s spokesperson has said.

“We didn’t forget the vials with white powder. We remember and, therefore, have learnt to show restraint in our assessments,” Dmitry Peskov said on a TV show aired on ‘Rossiya 1’ channel on Sunday.

He was referring to a famous scene at the UN Security Council in the months leading up to the Iraq War. Attempting to justify the upcoming US invasion of the Middle Eastern country, then-secretary of state, Colin Powell, brandished a vial with white powder meant to illustrate the dangers of anthrax, which the US were accusing Saddam Hussein of stockpiling.

The allegations of Iraq possessing anthrax and other weapons of mass destruction were proven to be untrue, but only after Washington launched an invasion, toppling the government in Baghdad.

Peskov said that this story now serves as a cautionary tale against rushed finger-pointing in ongoing tensions in the Persian Gulf.

Secretary of State Mike Pompeo had earlier blamed Iran for an attack on two foreign oil tankers this week, citing intelligence. The US Navy later released a grainy video allegedly showing the crew of an Iranian patrol boat removing a limpet mine from the hull of one of the ships. Iran has denied any involvement in the incident.

The US claims were supported by some of its allies, like Saudi Arabia and the UK. “We have done our own intelligence assessment and the phrase we used is ‘almost certain’... We don’t believe anyone else could have done this,” British Foreign Minister Jeremy Hunt told BBC on Sunday.

Saudi Crown Prince Mohammed bin Salman put it more bluntly, saying that by “attacking the tankers,” Iran had targeted “security and stability in the region.”

The Kremlin’s spokesperson, on the other hand, stated that no sufficient proof has yet been presented to blame anyone. Jumping to conclusions and making hasty decisions could lead to dire consequences, he said.

Appealing to some kind of classified data in this case is absurd. Incidents like that can really shake up the foundations of the world economy, so any unfounded accusations shouldn’t be considered.

Some other nations, as well as politicians, have also expressed skepticism towards the US’ case against Iran. German Foreign Minister Heiko Maas said that the video, which was shared by Washington, was “not enough” to make a final judgement about the incident. UK Labour Party leader, Jeremy Corbyn, blasted the US for pinning the blame on Tehran “without credible evidence.”

posted by ZUKUNASHI at 00:09| Comment(0) | 国際・政治