ずくなしの冷や水

2019年06月08日

立命館大元准教授のモハマド・サイフラ・オザキ イラクで投降拘束

時事通信2019年5月21日(火)19時43分
邦人死亡テロ、中心人物拘束=立命館大元准教授の男−バングラ
 【ニューデリー時事】バングラデシュのメディアは20日、首都ダッカで日本人7人を含む人質20人が殺害された2016年のテロの中心人物とされる日本国籍の立命館大元准教授、モハマド・サイフラ・オザキ容疑者が、イラクで拘束されていると報じた。ダッカでのテロには、過激派組織「イスラム国」(IS)の関与が疑われている。
 オザキ容疑者は今年3月にシリア東部でクルド人部隊に投降し、イラク北部スレイマニヤに身柄を移された。また、一緒に行動していた日本人の妻と子供2人は空爆で死亡したという。
 同容疑者は16年のテロの際、バングラデシュ国内の過激派とISとの連絡役を務めたほか、資金調達や、バングラデシュの若者をISに送り込む際の勧誘役も担った疑いがある。警察が指名手配し、行方を追っていた。
 バングラデシュ出身のオザキ容疑者は02年に日本に留学。立命館大で経営学を教えていた16年1月に無断欠勤が発覚し、解雇された。この前後にシリアに渡航したとみられている。

スプートニク日本2019/6/7
テロ事件関与疑いのある日本人がイラクで拘束される
2016年7月にバングラデシュ首都ダッカで日本人7人を含む20人が殺害されたテロ事件に関与したとみられる立命館大学の元准教授のモハマド・サイフラ・オザキ容疑者が、イラク北部で米軍に拘束された。産経新聞が情報筋からの情報をもとに伝えた。
報道によると、日本とバングラの二重国籍を持つオザキ容疑者はイラク北部スレイマニヤにある米軍の収容施設で拘束されている。
同容疑者は2016年初め、日本人の妻や子供3人とともに当時に国際テロ組織「ダーイシュ(イスラム国、IS)」の拠点だったシリア北部に渡ったとみられる。今年3月にシリアで拘束され、イラクに移送されていたという。
米軍は、オザキ容疑者をIS戦闘員の中で組織中枢に近い「重要かつ危険な人物」の一人としてみている。
2016年7月1日夜、ダッカの大使館が並ぶ地域にあるレストランを武装集団が襲撃した。2日午前、警察が突入し、武装集団のメンバー6人を殺害した。

2016年10月01日
バングラテロ資金、UAEから送金
この記事にある元立命館大准教授、サジト・チャンドラ・デブナット容疑者とモハマド・サイフラ・オザキ元准教授は同一人物でしょうか。

立命館大学は、貝沼某とかこのモハマド・サイフラ・オザキ元准教授とか、多彩な教員がいるんですね。もう一人元同志社大学神学部教授の中田考氏も。ISISのシンパとみられる人が複数いたんですね。この大学に通わせると、福島やバングラディシュ、シリアでの活動にリクルートされてしまう?
posted by ZUKUNASHI at 13:10| Comment(0) | 国際・政治

能登半島に観光? とんでもないこと 2019/6/7からの空間線量率

次のグラフで能登半島の志賀原発から放出された放射性物質が新潟県や山形県に流れていることがわかります。






能登半島は志賀原発から出た放射性物質が滞留し、ここからさらに遠隔地に飛ぶ汚染源となっているところです。その飛散した放射性物質が富山、新潟、山形の線量率を上げています。富山、新潟、山形の住民は、その放射性物質を吸入させられています。

石川県知事は、北朝鮮の国民を餓死させるなどという妄言を吐いているのではなく、原子炉のふたを開けたまま臨界させるという大事故のあった志賀原発を一日も早く廃炉にすべきです。管理人は、この地域で作られた1個500円の干し柿を持ってきた知人に即座にいらないと断りました。

2019/6/7からこの地域に旅行していた人は、体調変化を起こす人も多かったでしょう。中能登町、輪島空港では、0.042μSv/hも空間線量率が上がりました。これだけの上昇を引き起こす放射性物質がモニタリングポストの近くに流れてきていたことになります。





















2019/6/8、午前10時50分現在 舞鶴市塩汲 +0.031μSv/h まだ上がっています。

・・・・・・

読者に教えてもらいました。イトトンボの羽化が記録されています。今はこういう映像も見せてもらえるんですよね。私の子供のころはなかなか見れなかったが。
北野進の活動日記
posted by ZUKUNASHI at 11:27| Comment(2) | 福島原発事故

横浜の保育園児に白血病 他の幼稚園の園児、小学生にも白血病が出ているはず

※ 双子のパパ @rankuulove
今日神奈川新聞社から電話取材来て、もう記事になってる!
少しでも多くの人に知ってもらい、今残ってる子供たちが安心して生活出来る場を作ってもらいたい。
安全なものならなぜ手間暇かけて埋めたんでしょうね。

保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会

神奈川新聞  2019年06月06日 21:13
保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会
横浜市内の保育園の少なくとも300園に放射性物質に汚染された土壌が埋設されている問題で、市は6日、このうち一園で保護者への相談会を行った。市保育・教育運営課の担当者2人が保育園に出向き、質問に応じた。
 この保育園では、園児2人が白血病に罹患(りかん)したと指摘されている。同課によると、このため保護者から問い合わせが相次ぎ、相談会の開催を決めた。同課は「市内の保育園で2人の白血病患者が出たことは確認しているが、どこの園かは明らかにできない」とし、汚染土と白血病の因果関係は「何とも言えない」としている。
 同課によると、この日は午後3時から約4時間、相談に対応した。6家庭10人の保護者が「(汚染土を)移設しないのか」などと意見を述べ、市が安全性を説明。保護者からは「不安はある」との声もあった。
 同課は、現在のところ他の保育園で相談会を実施する予定はないとした上で「不安はできるだけ払しょくしたい」としている。汚染土については「対応が不要な放射線量」とし、保管施設の北部汚泥資源化センター(同市鶴見区)に移設する予定はないという。
 同園に在園していた長男が白血病に罹患した保護者の男性(33)は「今年卒園したが、同じクラスの子も白血病になった」と明かし、「埋設した土のことは説明されなかった。情報を開示し、同じことを繰り返さないようにするのが行政の仕事。被害が出てからでは遅い」と話した。

・・・・どういう展開、結論になるか注目しています。汚染土が園庭にどんな状況で埋められているのか、それが空間線量率にどれくらい影響を及ぼしているのかなどがわかりませんが、管理人は、この時点で汚染土を動かしても横浜市内の幼児、子供の白血病発症率にはまず影響はないだろうと考えています。

ただ、この汚染土の問題が、福島からの汚染土壌の全国拡散に反対する世論を高めることになるよう期待しています。

「この保育園で、3人目のお子さんが白血病を発病した」との情報が寄せられました。そうなると、横浜市の300あるという他の幼稚園でも白血病発症の園児が出ているはずです。園庭の砂に特に放射性物質が多く、それを吸い込んだことが白血病発症の原因であるのでなければそうなります。

2019年04月23日
白血病はこんなに多い

※ mei @mei36686186氏の0:29 - 2019年6月7日 のツイート
返信先: @miyakenonさん、@katepanda2さん
えっ3人目発症!小児白血病の罹患率は10万人あたり2〜3人の罹患率だとか。1保育園で3人って。園庭に埋めた汚染土以外に要因がありえる?横浜は給食で食べて応援してたからそっちも怪しいけれど。

初期吸気被ばくあり、給食で食べて応援、家庭で汚染食品ふんだんに使い、園庭には汚染土と来れば、白血病などを発症しなければ奇跡です。
posted by ZUKUNASHI at 09:06| Comment(1) | 福島原発事故

フィリピン海で米ロ艦船が接近 米軍人はいつも事実に反する責任逃れ こんな人たちの指揮を受けていたら殺される

JNN/TBS 2019年6月8日(土)7時00分
米ロ艦船が異常接近で非難の応酬
フィリピン海で、アメリカ海軍とロシア海軍の艦船が異常接近する事態が発生し、両国が互いに非難する展開となっています。
 これはアメリカ海軍が公開した映像です。横須賀基地に拠点を置くアメリカ海軍の第7艦隊によると、フィリピン海で7日、イージス艦に対し、ロシア海軍の駆逐艦がおよそ15メートルから30メートルまで異常接近しました。異常接近に至った原因は不明ですが、アメリカ海軍は「この行為は危険で国際ルールに違反している」と非難。さらに・・・
 「異常接近のニュースにひどく失望している」(シャナハン国防長官代行)
 アメリカのシャナハン国防長官代行は、外交ルートを通じてロシア側に抗議する考えを明らかにしました。一方、ロシア側はアメリカの艦船が「突然、コースを変え、航路に侵入してきた」と反論していて、米ロが互いに非難する展開となっています。(08日03:13) JNN/TBS

https://twitter.com/i/status/1136978260770938883

この件についてRTが報じています。先にこの事件を提起、公表したのはロシアです。JNN/TBSがなぜわざわざこれを報じたのか。米軍は自らの危険な行動が非難を浴びることになると思ったから逆の主張を各国のメディアに流させたのです。いつものことです。
RT2019/6/7
WATCH Russian and US warships almost collide in East China Sea (PHOTO, VIDEO)
The US Navy has released the first video showing the contested near-collision between American and Russian warships in the East China Sea. Both sides blame each other for the aggressive pass.

Reiterating their accusation that the Russian destroyer had made an “unsafe approach,” the US Navy tweeted a video showing an up close perspective of the Friday morning encounter.

The navy claims that the USS Chancellorsville was forced “to maneuver to avoid collision” with the other ship, which is almost exactly what the Russian side has been saying of themselves.

The Russian Pacific Fleet earlier released a statement saying that the American ship had come within 50 meters of them, forcing them to implement emergency maneuvers and change course to avoid collision.

Russia slams US Navy for ‘unacceptable’ behavior after warships’ near-miss in East China Sea

An overhead photo of the incident was also released by a CNN Pentagon correspondent, giving a good view of the two ships in dangerous proximity of one another.

The Russian Pacific Fleet earlier released a statement saying that the American ship had come within 50 meters of them, forcing them to implement emergency maneuvers and change course to avoid collision.

Friday’s close call in the Pacific follows another dangerous interaction this week when a US patrol plane was intercepted by a Russian Sukhoi Su-35. While Washington called the action “irresponsible,” Moscow claimed they were responding after the American aircraft approached a Russian military facility in Syria.
posted by ZUKUNASHI at 08:34| Comment(0) | 国際・政治