ずくなしの冷や水

2019年06月05日

健康障害の見積もりは難しい

福島第一原発事故による健康被害の規模を推測し、被爆回避に努めてもらいたいとの気持ちから、何度か健康障害の見積もりをやりましたが、とても難しいです。

福島第一原発事故による健康障害自体がありとあらゆる疾病疾患にわたっていますし、その疾病、疾患、障害が福島第一原発事故による被ばくが原因と仕分けすることが困難だからです。

2012年11月20日
福島第一原発事故による日本の成人の健康障害は1500万人に達する可能性

2012年11月21日
福島第一原発事故による日本の成人の健康障害は1500万人に達する可能性 続き

2013年12月11日
すでに東日本の3千万人になんらかの健康被害が生じているだろう

早い時期の推計しか行いませんでした。そしてそれも、最初に死亡数の急増により、続いて出生数の急減により、「健康障害のある者」ではほとんど意味がないと悟りました。健康障害の多くがいずれ深刻化、重篤化していくことが明らかになったからです。

被ばくによる健康被害、健康障害は、「直線閾値なしモデル仮説」に従うと考えれば、現在の日本のような放射性物質汚染地域に多くの人が住み、放射性物質の降下が止まらず、汚染食品が大量に出回っている条件下では、累積被ばく量が増え続けており、その増加に応じて「直線的に」健康被害が増えていくことになるからです。


2015年04月30日
原発事故というのはこういうものなんだ 分かってきたこと


健康障害の統計はありません。医療機関にかかった人の疾病疾患の統計はあるようですが、統計の信頼性に大きな疑問があります。それで、死亡数でとらえるしかないと考えるに至りましたが、日本の場合はそれでは片手落ちなのです。出生数の減がすさまじいからです。出生数の減は、いわば将来に生ずるべき健康被害を先取りしたものと言えます。

管理人は、現在の時点では、被ばくによる健康被害の度合いを測定する最も単純な指標は都道府県別の出生死亡比率の低下度合いの測定だと考えています。これが一番単純です。そしてというか、それでもというべきか、他の健康被害情報との整合性が高いのです。



岩手県以南、長野県、山梨県、静岡県までの人口が約6千万人。

以前に次のような試算をしたことがあります。
仮に「神経質なくらい」にまで気を使っている人が全体の2.28%いるとして人数は137万人。これでは少なすぎる感もあるからもうワンシグマ加えると15.87%、952万人が「それなりに」気を使っているとします。


残りの人5千万人のうち少し気を付けている人は、2050万人。この人たちにも健康被害が生じている可能性が大きいです(本人がそれと認識しているかいなかは別として)。さらに気を付けていない人は残りの3000万人。

もし、「それなりに」気を付けている人の中で健康被害が生じているならば、中央より左寄りに分布する人たちの健康被害はより激しく深刻なものになるでしょう。今出ていなくても、いずれ出るとみなければなりません。

「それなりに」気を付けているといっても、それは福島第一原発事故後人ごとに異なる年数を経てからの主に飲食物に関する汚染物回避です。

今最も人口動態の悪い神奈川県は、2011/3/15、3/16のプルームによる吸気被ばくが健康被害の主要要因とみられますから、福島第一原発事故直後の吸気被ばくを回避できた人は、せいぜい全体の2.28%、人数にして137万人程度でしょう。残り5千万人は、初期吸気被ばくの度合いによりその後「それなりに」気を付けていても健康被害が出る可能性はあります。

そのように考えれば、3千万人は固いラインではないかと思います。この数字は大きく取れば、4千万人程度に達するとみてよいでしょう。

セシウムの吸気被ばくで早々に身罷った方もおられます。甲状腺異常が生じたが手術で改善した方もおられるでしょう。

ですが、被爆による究極の病はがんであり、がんの一種である白血病です。これは時間の経過とともに発現します。

これまでに軽微な被ばく症状が出た方は、それで終わりではありません。被ばくの累積は継続しています。

決して警戒を、防御を緩めることなどできない状況だと管理人は考えています。

中京地域や関西地域は、上の6千万人の母数には含まれていませんが、これらの地域でも健康被害が多発していることはすでにご承知でしょう。
posted by ZUKUNASHI at 18:14| Comment(0) | 福島原発事故

参照記事リンク

この記事は見直してアプデートする予定です。

ブログ内参照記事リンク


F1事故関連外部リンク



初出 2017-10-30 00:35:06 
posted by ZUKUNASHI at 16:15| Comment(0) | 福島原発事故

1円玉を落とすな! 落とすなら私が後ろから来ることを確かめて100万円の束を!

交番の前に立ったのは、午後4時半を過ぎていたと思います。中には女の子二人と入り口に近いところに中年男性がいます。男性は落し物が届けられていないか尋ねていました。

男性はすぐ帰りました。私は交番の中に入ります。カウンターの上に1円玉。

当番らしい女性の警官は、女の子二人を相手に地図を広げて場所を探しています。

この道をまっすぐ行ってコンビニがある手前の公園? 違うの? じゃこっちの公園かな? 警官はあちこちの公園の名を言いましたが、それではわからない。結局女の子たちは、最初の公園のことを言っているようでした。

この公園だね? と警官が念押しにかかると、女の子がそこから少し離れていて・・・、と。結局場所は特定できませんでした。

パトロールにも出なければならない感じの婦人警官が届け出の紙に記入を始めようとしますが、女の子が自分の名前の漢字が書けない?

5時5分前になって一人の女の子がそわそわし始めます。5時までに家に帰らないと母親に叱られると。そして帰ってしまいました。

残された女の子に警官が聞きますが、住所も正確には言えない、自宅の電話番号も知らない。母親が家に帰っているかどうかも知らない。

警官は、交番の電話番号を紙に書いて、母親から電話してもらえるよう頼んでほしいと女の子にその紙を渡しました。

小学校の1年生? 地図は読めません。地理的な空間認識能力はありません。自分の住所も正確には言えません。名前も漢字では書けない。自宅の電話番号も暗記していない。スマホは持っていませんでした。

そんなものですよね。

彼女らは塾か何かの帰りに1円玉を拾ったのです。そして交番に届けました。
この届出に警官は20分か30分近く費やしたのです。

「明日また来てね。そしてその時の当直の警官に届けをしてね。できればお母さんと一緒のほうがいいけど。」とは言いませんでした。仕事を明日に引き延ばすのはタブーのようです。同僚の警官からクレームがつく?

私は、その光景を見ながら、1円玉をどう処理すべきか考えました。コンビニやスーパーの募金箱に入れたら? というのが私の提案になるでしょう。警察に届けるにしても、謝礼などの権利放棄すれば、届け出用紙などは書かなくてもよいのでは?

私が年の初めにバス停で確定申告用の書類のようなものを拾ったときは、近くの交番の警官に渡すだけで済みました。警官が「謝礼は」と言いかけましたが、手を振ってさっさと帰りました。税務関係書類なら、本人の連絡先が分かります。

女の子の拾った1円玉。落とした人が現れることもないでしょう。あの警官が権利放棄の選択があるのに、それを教えなかった、選択を求めなかった。未成年者だから?

子供には、道で何かを拾ったら、まず親に相談するよう話しておくのが良いかもしれません。警官も親が電話で権利放棄しますからと伝えれば、1円玉を預かり、子供の善行を褒めてやるだけで仕事は終わります。

私が歩いている道で私に拾わせてやろうと、1円玉を落としてくれても、拾うかどうかわからない。拾っても上に書いたような処理になるでしょう。

金額が大きければ、落とした人がすぐ気づいて拾った私を追っかけてきても、私は拾得物を抱えて交番まで走っていくでしょう。心臓麻痺覚悟で。そして拾いました! と警官に叫んで拾得者の権利を確保します。

カウンターの上に100万円の札束を置いて、即、心筋梗塞で救急車騒ぎということになる可能性が高いですけどね。
posted by ZUKUNASHI at 15:39| Comment(0) | 日記

もともと悪人だったのに どうして交番に届けたんだろう その2

東金の遺体遺棄事件で続報がありました。

時事通信社2019年6月4日(火)17時41分
殺人予備容疑で再逮捕=同居の男ら3人−千葉県警
 千葉県東金市の雑木林に大内軍際さん=当時(79)=の遺体が遺棄された事件で、県警は4日、殺人予備容疑で、同居人の大石徳雄(69)、松本かほる(70)両容疑者ら3人=いずれも死体遺棄罪で起訴=を再逮捕した。「面倒を見切れないと考え、捨ててしまおうと思った」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は1月21日ごろ、大内さんが死亡する恐れがあると知りながら、埼玉県秩父市の山中に放置するため車に乗せた疑い。

最新事件・事故ファイル(2019年6月4日)
・殺人予備事件で男女3人を逮捕(千葉中央警察署特別捜査班)
 自力歩行できない男性を山中に置き去りにすれば、死亡することを認識しながら、埼玉県内の山中に連れて行き、置き去りにしようと考え、共謀の上、平成31年1月21日頃、普通乗用車に同男性を乗車させた上、同車を疾走させ殺人の予備をした無職の男(69)ら3人を6月4日逮捕


・・・・・

現代老人シェアハウス・爺捨て山事件ですね。

新事実
大石徳雄容疑者と松本かほる容疑者は大内軍際さんと同居していた。(交番に自首したのは、進藤正幸容疑者)
大内軍際さんの「面倒を見切れないと考え、捨ててしまおうと思った」
自力歩行できない男性を山中に置き去りにしようと計画(1月下旬の最も寒い時期です)
車を疾走させた(死因と関係があるのか? 何時間ほど車に乗せていたのか書いてありません)

下の当初記事に書いた「その2悪人説」で当たりですね。
「3人で穴を掘ったとされています。30cmの土をかぶせるには50cm掘らなければならない。70歳の老人には楽な仕事ではないし、交代で掘ったのか、スコップを3丁用意してあったのか。
スコップも用意して被害者を県外に連れ出し、殺害しようとしていた。ところが殺害するまでもなく死んでしまった。遺体と何時間もドライブはしたくないと容疑者の一人が言い出し、遺体を遺棄する場所を探し、埋めた。(殺害の動機については情報なし)
救急車を呼ばず、病院へも連れていかなかったのは、悪意があったから。
その後数か月、何食わぬ顔で暮らしたが、被害者が夢枕に立つようになった。不眠になり、たまらず交番に届けた。」

2019年05月14日
もともと悪人だったのに どうして交番に届けたんだろう

大内軍際さんを埼玉県秩父市の山中に放置する計画だったようです。千葉市の蘇我駅近くから秩父市駅まで直線で105kmもあります。高速からもそれており、一晩中走り続けなければならなかったでしょう。東金は反対方向です。

穴を掘るスコップはあらかじめ準備していたのか。山に放置するだけならスコップはいりません。山に放置するといっても、車のまず通らない林道に入って車から降ろして自分らは帰ってくるつもりだった?

深夜真っ暗な山の中で歩けない老人を道路わきに捨ててくる! 泣こうが喚こうが、無視して。なかなかすごいと思いませんか。老人の悲鳴と絶叫が耳に残りますよね。そんなことをする人と同居していたことを死ぬ間際に後悔するんでしょうけど遅すぎます。なんか放射性物質を思わせる容疑者たち。
posted by ZUKUNASHI at 13:25| Comment(0) | 社会・経済