ずくなしの冷や水

2019年05月16日

被曝症状最前線 こんな症状が出たら被曝が原因ではないかと疑うのが今の日本の常識です

被曝症状と見られる体調悪化などが様々な形で出ています。若い方の死亡者数の増加としては、まだ統計上はっきりとは出ていませんが、体調悪化者は究極の健康被害「死」への最短距離にいます。「BBCがなんと言おうと 福島の災害は人々を殺しつつある クリスバスビー」 本当です。すでに年寄りからバンバン死んでいます。絶対数だけではありません。1万人当り死亡率が上がっています。

被曝症状最前線 記事リスト
0 心筋梗塞、突然死・・・最も早く健康被害事例として認識されました。福島第一原発事故から5年経過、土壌汚染が相対的に低い、福島から遠くはなれた地域でも、心電図検査で異常が見られる人が大きく増えている例があります。突然死の事例は継続中です。
1 だるい 眠い・・・疲れやすい、疲れが取れない、だるい、眠い、ぶらぶら病、慢性疲労症候群
 関連 日本の医学水準はカザフより低い 眠くて仕方がない人は放置すると廃人になる恐れ 眠り病、あるいは嗜眠性向の原因にウランとその子孫核種がかかわっていることははっきりしています。
2 白血病・・・歯茎からの出血が止まらない、足に点状出血、あざ。半端ない疲労感と熱。風邪のような微熱が1週間とか続く、血液像に異常が出る
3 がん・・・多発癌、多臓器不全
4 息切れ 手指の感覚の違和感・・・息切れ、声がれ、長引く空咳、頭痛、手のしびれ・違和感、肩こり(特に左肩)、温度感覚の喪失、指先で物がつかめない、こむら返り、心臓の痛み
5 骨折・・・手足が軽くものにぶつかっただけで骨折
 事例子供3兄妹が全員骨折 藤沢市
6 視力低下 一時的失明・・・子供の視力低下、老眼の進行、白内障、失明、視野にモザイクがかかる
7 高熱 微熱・・・屋外でのクラブ活動、運動の後に発熱、何日も引かない微熱
8 皮膚症状 湿疹、あざ、手足の甲から血が滲み出る、ハゲ・・・湿疹、あざ、手足の甲から血が滲み出る、ハゲ、ジンマシン、発赤、肌の老化
9 新生児の奇形・・・汚染地域で多発の情報
10 寿司、ラーメンで胃腸炎 汚染食材を食べ続け大腸に穴・・・腹痛、下痢、眠気
11 被曝の次世代以降への影響・・・遺伝子の損傷
12 甲状腺異常・がん・・・結節、のう胞、甲状腺がん、橋本病、バセドウ病
13 脳梗塞・・・手足の痙攣、震え、言語のもつれ、吐き気を伴う頭痛
14 熱中症・・・2016年は早いスタート
15 嗜眠、過眠、傾眠、意識途絶・・・転倒を伴うことも、失神、卒倒
16 訪日外国人にも被曝症状・・・初期吸気被曝がなくても被曝症状が出ている。飲食物由来の放射性物質による内部被曝が続いていることを示す。
17 めまい・・・1ヶ月もめまいが続き外出できない例も
18 階段から転落・・・めまい、意識途絶、バランス感覚の喪失
19 腸の不調でトイレから出られない・・・胃腸炎、消化器系の異常、下血もある。その後外出先での不随時の脱糞、失禁へ発展
20 インフルエンザ類似症状・・・白血病の前兆の場合がある。
21 口の中にできる血豆・・・せんべいや揚げ物を食べて血豆の例、粘膜の反応が強まっている可能性
22 自動車運転事故・・・意識喪失、居眠り、横転事故
23 卒倒 白目 痙攣・・・中枢神経障害も
24 安楽死・・・被曝症状で深刻な疾病を発症しつつあるのに対策を怠り、国民が死んでいくのを放置する。ときにはその手助けも。
25 出血 流血・・・転倒、転落に伴うもののほか、吐血、下血もあると見られる。脳内出血により耳や目から出血の事例も
26 体の痛みで命を断つ人も出ています・・・血管炎、関節炎
27 血管炎で体のあちこちが痛くなる・・・関節の痛みに発展する例も
28 家の前で倒れていた人が死んでいた・・・死亡していた場合、警察から事情聴取を受けます。倒れている人がいたらすぐ救護を
29 過敏症発症例が増えている・・・金属アレルギー、重金属過敏症、化学物質過敏症
30 くも膜下出血・・・働き盛りの人、若い人にも。頭痛などの前兆が多い疾病。
31 心筋梗塞や動脈かい離、脳梗塞で倒れる方に前兆が出ています
32 横断歩道で車にひかれる、ひかれそうになる事例多発・・・ドライバーの注意力低下
33 人食いバクテリアに感染例急増 免疫低下によるもの
34 性感染症が増加傾向・・・素行不良のほか、免疫低下によるものも。チェルノブイリエイズの例がある。
35 役所の事務ミスが多発 役所だけに限られない。
36 自転車で転ぶ
37 同じ血筋、一族で同じような被曝症状が出やすいことはあるようだ・・・体質、食生活、生活環境の共通性によるものです。家族に原因不明の体調不良、疾病発症があったら他の家族員にも生ずる可能性が大きいです。
 これはその後はっきりしてきました。事例 体質や食習慣の特性が一族での被曝症状の出方に影響している
38 駅で電車で訳もなく突然蹴られる殴られる・・・ホームから人を突き落とした女が逮捕されています。
39 胃腸炎 目下の最大の体調悪化原因 胃の痛みが継続するという人も出ています。
2016/1/18の注目ツイートから 体調悪化者・急病人の多くが胃腸炎の疑い
原因不明の腹痛 気味悪くありませんか?
40 F1も東京人も不随意排出・・・電車内で尿を漏らす人が増え、便が床や通りに落ちています。
 事例 そこのお嬢さん! 被曝回避しないと駅頭でトイレ我慢できなくなりますよ! 失禁、便の随時排出は男女共通です。
41 身体が臭い

被曝による体調悪化、疾病はなぜ治らないのか。
42 汚染食材を排除しなければ 治療しても斃れるまでなんども発症する・・・食材の汚染は続いています。2016年春の山菜やタケノコも汚染検出例が続いています。
被曝症状は器質的変化を伴い 回復が困難な場合が多い いろいろな被曝症状は次々と深刻化の方向に変化することはあっても快癒したという事例がほとんど見られません。
死に急ぐ人もいます。
日本人 激しい運動は死を招く危険 高速サイクリング、マラソン、水泳はリスクが高いです。死に急ぐならトライアスロンです。
トライアスロン連合が死亡事故多発で緊急要請

43 10代から20代の熱発 嘔吐・下痢なし・・・2016年の春に情報が増えました。
44 中年以上の女性の歩行障害・・・読者の情報と管理人の徘徊時の観察で確認しています。
多くの人で平衡感覚や運動機能に障害が出ている
被曝で体調不良の娘や息子を放っておくと地獄の老後が来るだろう  参考データ・・・被曝症状は様々で症状が出てもすぐには死にません。次第に通常の生活を営めなくなる、働けなくなるという経過を辿り、そのうち致死性の疾病で亡くなるという経路が一般的になりそうです。
漫画家の訃報続く
医師と教師の動静で地域の健康被害の動向が分かる・・・医師や学校教師の訃報が流れています。

上の経過から今後は がん、中枢神経系異常が増えると予想されます。免疫の低下、循環器系、遺伝子異常も高水準を維持する見込み。消化器系の症状を繰り返している人は、秒読みで他の疾病へ移行し病室に消えていく。

45 目の不調・・・白内障など
46 帯状疱疹
47 止まらない咳 肋骨疲労骨折
48 40度近い高熱が続く
49 乳がんが増えている 短期間で亡くなる人も
50 飲酒で意識を失う
51 記憶が抜け落ちる
52 体の変形
53 酷暑による熱中症発症者の急増
子供:次々と子供が倒れている 豊田市で熱中症の疑いで小1男児が死亡
大人:朝から救急車の音が聞こえる 非常事態のようだ
54 被ばく症状最前線 打ち身の覚えのない青あざ
55 被ばく症状最前線 ホクロの増加、大型化
56 過呼吸(過呼吸を起こす子供は熱中症の症状を呈しやすい)
57 全身のアトピーみたいな症状・顔などに現れる広範囲のあざ
ジベル薔薇色粃糠疹
58 骨髄異形成症候群
59 子供の発達障害
60 激やせ
61 原因不明の死亡(急死)
62 しゃっくりが止まらない

被曝症状最前線 脳梗塞と心筋梗塞を同時または前後して発症
医師や教師まで次々に死んでいるのにフツーの「死んでも良い人」が残るはずがありませんよね
被曝症状最前線 熱射病で死亡
緊急警告 乳がん激増!
被曝症状最前線 また突然死が増えている感があります
被曝症状最前線 くも膜下出血
被曝症状最前線 こんな症状が出たら被曝が原因ではないかと疑う人もいます
被曝症状最前線 突然死の前に認知障害が出る人もいる
被曝症状最前線 熱中症の陰に脳梗塞あり
被曝症状最前線 喘息
被曝症状最前線 腰痛
被曝症状最前線 年齢層を問わず脳梗塞が多発
被爆症状最前線 心臓マッサージの救命事例増加
被爆症状最前線 物忘れ
超高級和牛で麻痺

クリス・バズビーに倣って言えば、「政府や工作員マガイの学者がなんと言おうと 福島の災害は人々を殺しつつある。」

中ほどにある「上の経過から今後は がん、中枢神経系異常が増えると予想される」との予想どおりの展開になっています。
posted by ZUKUNASHI at 13:23| Comment(6) | 福島原発事故

China’s nuclear option of dumping US bonds would cause absolute chaos in global markets – expert

RT2019/5/15
China’s nuclear option of dumping US bonds would cause absolute chaos in global markets – expert
The ongoing tit-for-tat tariff exchange between China and the US could push Beijing to strike back with the so-called ‘nuclear option’ – dumping its vast holdings of US Treasury bonds.

While the move would be partly self-defeating for China, it would also have devastating consequences for global financial markets, Sourabh Gupta, a senior fellow at the Institute for China-America Studies in Washington told RT.

“In that case, there would be absolute chaos in global currency markets, and thereafter in global equity markets,” he said, adding that with regards to interest rates “after significant initial volatility, the effects would be somewhat muted.” The concern though is with financial market sentiment, not specifically interest rates, Gupta said.

China currently owns $1.13 trillion in US Treasuries. That’s a fraction of the total $22 trillion in US debt outstanding but 17.7 percent of the various securities held by foreign governments, according to data from the Treasury and the Securities Industry and Financial Markets Association. Beijing has been pulling back from its role in the US bond market, having cut holdings nearly four percent over the past 12 months, but it still takes the top spot among America’s foreign creditors.

Gupta said that even if the trade conflict worsens abysmally, he doesn’t think Beijing will completely stop buying US debt. “There are better avenues for retaliation, such as government-juiced consumer boycotts of US goods. Until China fully internationalizes and hardens its currency, it simply cannot walk away from US debt markets… and doing so would be self-damaging,” he said.

Meanwhile, William L. Anderson, a professor from the College of Business at Frostburg State University believes that “if the anti-Chinese rhetoric from the White House continues, then the Chinese would purchase less US debt, at least in the short run.”

He told RT that American consumers would certainly feel the pinch, noting: “We also have seen a serious crash in the US stock market in large part because of this unnecessary and destructive trade war that has its roots in the Donald Trump administration.”

According to Gupta, foreign purchasers of US debt, including China notably, are important players in the market at a time when “US debt as a percentage of GDP is gradually creeping towards triple digits.”

If China partially exits the US bond market, Washington will have to find new buyers for its debt. That will require higher interest rates, which in turn will have negative implications for the US economy, said Gupta, adding however that “one must also maintain perspective.”

He explained that US Treasury markets are deep and liquid, and China’s exit, at a time when interest rates are already near decades-long lows, will only cause a modest spike in rates. “As the primary reserve currency issuer in the international monetary system, the US government will be able to finance its medium-term borrowing needs without significantly hurting the domestic economy. But it would certainly not be painless.”
posted by ZUKUNASHI at 01:18| Comment(0) | 国際・政治