ずくなしの冷や水

2019年05月13日

ホワイトヘルメット

※ vanessa beeley @VanessaBeeley氏の4:02 - 2019年5月12日のツイート
Discovery of UK Intelligence-cultivated and financed #WhiteHelmets Centre under grain siloes in Qaalat Al Madiq (Madiq Citadel) recently liberated from NATO terrorist occupation. #Hama
#WhiteHelmets terrorist auxiliaries serving US Coalition propaganda industry.
#Idlib

Google Mapから




この町のAfamiaには、パラミヤのような古代遺跡があります。

これがホワイトヘルメットの実像です。英国が多くの資金を出しています。まぎれもない現実です。目を背けていれば済む話ではない。
https://twitter.com/aangrybirdd/status/1023275298333241344
posted by ZUKUNASHI at 23:04| Comment(0) | 国際・政治

終身雇用など風前の灯 頑張ってきたお父さんたちご苦労様でした

※ Hiromi1961 @Hiromi19611
いいから、おまえ法人税払えよ!
「終身雇用守るの難しい」トヨタ社長が“限界”発言(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース

テレ朝 news 2019/5/13(月) 18:44配信
「終身雇用守るの難しい」トヨタ社長が“限界”発言
 自動車業界トップも終身雇用の継続は難しいとの認識です。
 日本自動車工業会・豊田章男会長:「なかなか終身雇用を守っていくというのは難しい局面に入ってきたのではないかと」
 トヨタの豊田社長は業界団体のトップとして、終身雇用について「雇用を続けている企業にインセンティブがあまりない」などと述べ、今のままでは継続は難しいとの認識を示しました。一方、中途や派遣の社員が増えているとして、「やりがいのある仕事に就けるチャンスは広がっている」と述べました。終身雇用を巡っては、経団連の中西宏明会長も「終身雇用なんてもう守れないと思っている」と発言しています。
posted by ZUKUNASHI at 21:03| Comment(1) | 社会・経済

除染土を熊本に搬入? こりゃ大変だ 原子力市民委員会声明発表

※ morikoson @youkainingen氏の22:02 - 2019年5月5日 のツイート
災害があった所にフレコンあり。
この前、くま●とを通ったが
フレコンが道路に積んであった。
多分F県のフレコンだろう。

※ ともぞう @mugimama1225氏の2019/5/6のツイート
熊本城の中にも大量に積んでありました。

・・・引用終わり・・・

F県の除染廃棄物を入れたフレコンが熊本城に? ごみの混入した土を災害復旧に使う? 考え難いですが。焼却済の除染廃棄物? そうであれば、特に放射能が強くなっていますから傍で測ればわかります。

どなたか測ってもらえませんか。

・・・・・

情報が寄せられました。積まれたフレコンは減っているそうです。地上1m、0.149μSv/h、フレコン上直置き、0.287μSv/h。 オイオイオイ! もう少し高ければ警報音が鳴る水準。

これはいかん。外出時は測定器携帯。フレコンは親の仇、見つけたら即測定!

※ 原子力市民委員会 @ccnejpの2019/5/13のツイート
原子力市民委員会 「声明: 環境省は除染土の再生利用と安易な処分をやめ、国民の熟議と合意にもとづいた最終処分のあり方を提示せよ」を発表しました
ccnejapan.com/?p=9951 【本文(PDF)】 http://www.ccnejapan.com/20190513_CCNE.pdf
posted by ZUKUNASHI at 20:46| Comment(2) | 福島原発事故

ブロッコリースプラウトが統合失調症に効く?

FARSNEWS2019/5/13
Broccoli Sprout Compound for Schizophrenia
TEHRAN (FNA)- In a series of recently published studies using animals and people, researchers say they have further characterized a set of chemical imbalances in the brains of people with schizophrenia related to the chemical glutamate. And they figured out how to tweak the level using a compound derived from broccoli sprouts.

In a series of recently published studies using animals and people, Johns Hopkins Medicine researchers say they have further characterized a set of chemical imbalances in the brains of people with schizophrenia related to the chemical glutamate. And they figured out how to tweak the level using a compound derived from broccoli sprouts.

They say the results advance the hope that supplementing with broccoli sprout extract, which contains high levels of the chemical sulforaphane, may someday provide a way to lower the doses of traditional antipsychotic medicines needed to manage schizophrenia symptoms, thus reducing unwanted side effects of the medicines.

"It's possible that future studies could show sulforaphane to be a safe supplement to give people at risk of developing schizophrenia as a way to prevent, delay or blunt the onset of symptoms," adds Akira Sawa, M.D., Ph.D., professor of psychiatry and behavioral sciences at the Johns Hopkins University School of Medicine and director of the Johns Hopkins Schizophrenia Center.

Schizophrenia is marked by hallucinations, delusions and disordered thinking, feeling, behavior, perception and speaking. Drugs used to treat schizophrenia don't work completely for everyone, and they can cause a variety of undesirable side effects, including metabolic problems increasing cardiovascular risk, involuntary movements, restlessness, stiffness and "the shakes."

In a study described in the Jan. 9 edition of the journal JAMA Psychiatry, the researchers looked for differences in brain metabolism between people with schizophrenia and healthy controls. They recruited 81 people from the Johns Hopkins Schizophrenia Center within 24 months of their first psychosis episode, which can be a characteristic symptom of schizophrenia, as well as 91 healthy controls from the community. The participants were an average of 22 years old, and 58% were men.

The researchers used a powerful magnet to measure and compare five regions in the brain between the people with and without psychosis. A computer analysis of 7-Tesla magnetic resonance spectroscopy (MRS) data identified individual chemical metabolites and their quantities.

The researchers found on average 4% significantly lower levels of the brain chemical glutamate in the anterior cingulate cortex region of the brain in people with psychosis compared to healthy people.

Glutamate is known for its role in sending messages between brain cells, and has been linked to depression and schizophrenia, so these findings added to evidence that glutamate levels have a role in schizophrenia.

Additionally, the researchers found a significant reduction of 3% of the chemical glutathione in the brain's anterior cingulate cortex and 8% in the thalamus. Glutathione is made of three smaller molecules, and one of them is glutamate.

Next, the researchers asked how glutamate might be managed in the brain and whether that management is faulty in disease. They first looked at how it's stored. Because glutamate is a building block of glutathione, the researchers wondered if the brain might use glutathione as a way to store extra glutamate. And if so, the researchers questioned if they could use known drugs to shift this balance to either release glutamate from storage when there isn't enough, or send it into storage if there is too much.

In another study, described in the Feb. 12 issue of the journal PNAS, the team used the drug L-Buthionine sulfoximine in rat brain cells to block an enzyme that turns glutamate into glutathione, allowing it to be used up. The researchers found that theses nerves were more excited and fired faster, which means they were sending more messages to other brain cells. The researchers say shifting the balance this way is akin to shifting the brain cells to a pattern similar to one found in the brains of people with schizophrenia. Next, the researchers wanted to see if they could do the opposite and shift the balance to get more glutamate stored in the form of glutathione. They used the chemical sulforaphane found in broccoli sprouts, which is known to turn on a gene that makes more of the enzyme that sticks glutamate with another molecule to make glutathione. When they treated rat brain cells with glutathione, it slowed the speed at which the nerve cells fired, meaning they were sending fewer messages. The researchers say this pushed the brain cells to behave less like the pattern found in brains with schizophrenia.

"We are thinking of glutathione as glutamate stored in a gas tank," says Thomas Sedlak, M.D., Ph.D., assistant professor of psychiatry and behavioral sciences. "If you have a bigger gas tank, you have more leeway on how far you can drive, but as soon as you take the gas out of the tank it's burned up quickly. We can think of those with schizophrenia as having a smaller gas tank."

Because sulforaphane changed the glutamate imbalance in the rat brains and affected how messages were transmitted between the rat brain cells, the researchers wanted to test whether sulforaphane could change glutathione levels in healthy people's brains and see if this could eventually be a strategy for people with mental disorders. For their study, published in April 2018 in Molecular Neuropsychiatry, the researchers recruited nine healthy volunteers (four women, five men) to take two capsules with 100 micromoles daily of sulforaphane in the form of broccoli sprout extract for seven days.

The volunteers reported that a few of them were gassy and some had stomach upset when eating the capsules on an empty stomach, but overall the sulforaphane was relatively well tolerated.

The researchers used MRS again to monitor three brain regions for glutathione levels in the healthy volunteers before and after taking sulforaphane. They found that after seven days, there was about a 30% increase in average glutathione levels in the subjects' brains. For example, in the hippocampus, glutathione levels rose an average of 0.27 millimolar from a baseline of 1.1 millimolar after seven days of taking sulforaphane.

The scientists say further research is needed to learn whether sulforaphane can safely reduce symptoms of psychosis or hallucinations in people with schizophrenia. They would need to determine an optimal dose and see how long people must take it to observe an effect. The researchers caution that their studies don't justify or demonstrate the value of using commercially available sulforaphane supplements to treat or prevent schizophrenia, and patients should consult their physicians before trying any kind of over-the-counter supplement. Versions of sulforaphane supplementsare sold in health food stores and at vitamin counters, and aren't regulated by the U.S. Food and Drug Administration.

"For people predisposed to heart disease, we know that changes in diet and exercise can help stave off the disease, but there isn't anything like that for severe mental disorders yet," says Sedlak. "We are hoping that we will one day make some mental illness preventable to a certain extent."

Sulforaphane is found in a variety of cruciferous vegetables, and was first identified as a "chemoprotective" substance decades ago by Paul Talalay and Jed Fahey at Johns Hopkins.

According to the World Health Organization, schizophrenia affects about 21 million people worldwide.
posted by ZUKUNASHI at 16:04| Comment(1) | 健康づくり

福島第一原発事故8年後の鼻血

※ とも @tomo_emperor氏の7:22 - 2019年5月10日 のツイート
両方の鼻から鼻血がでてそれがもう30分も止まらない
もう駄目だ

※ こぶた農園@FELT乗り。 @kobuta_nouen氏の8:13 - 2019年5月10日のツイート
連休から毎日のように息子が鼻血を出している。昨晩も出た。最初息子の慌てようはすごかった。「出血し過ぎて死ぬ?」と言うので、5tの注射器にお茶を入れ、鼻栓の形にしたティッシュにかけて見せた。溢れた。「こんなに出て無いから大丈夫」と言ったら落ち着いた。可視化、だいじ。

※ こぶた農園@FELT乗り。 @kobuta_nouen氏の2019/5/10のツイート
ついでに「女性は毎月これ以上の血を流してるんだぞ。女の子は大切に扱え。生理の時はとにかく大切に扱え。」といつものセリフも言っておいた。洗脳、だいじ。

※ すんすん@寸寸 @chocolove_mint氏の2019/5/10のツイート
ここ数日、毎日鼻血出てる•••

※ ちょびすけ @chobisuke9791氏の2019/5/10のツイート
俺も最近毎日鼻血出てる
あれめっちゃ困る

※ 絵が采花~ayaka~ @EGA_ayaka氏の2019/5/13のツイート
目が覚めたら大量の鼻血が出てきて新しい布団が汚れた困り
止まんない
でもCM見れたぞー好きな人達のコラボきらきら

※ ヒューが @hyugan19
寝てていきなり大量の鼻血出てきて焦ったわ
部屋の枕元殺害現場見たくなって階段降りる時には血痕ができたわ

かにちゃんと世界線さんが拾ってくれた 鼻血に関するツイートがずいぶん多いです。

・・・引用終わり・・・

これまでの経過や生活行動の状況がわかりませんが、深刻な状況ではないでしょうか。F1からは放射性物質が飛んでいます。しかし、頻繁な鼻出血は何らかの身体の異常が原因とみられます。

病院に行きましょう。F1事故直後の鼻血とは違います。
posted by ZUKUNASHI at 09:53| Comment(1) | 福島原発事故

咬む犬を爺さんが止められず 訪問介護スタッフは繰り返し咬まれた

※ たかのりく@星の街に里帰り @TAKANO_RIKU氏の2019/5/11のツイート
ちょっと長いけど書いちゃう。
私は先月、訪問介護の仕事を辞めたのさ。その辞めた事業所であった実話。
利用者は肝炎持ち生活保護ペット禁止の市営住宅でチワワ飼ってるじいさん。この犬がほんと躾なってなくて咬む、うちの事業所は三人咬まれた。その三人目が大事件だった。

このじいさんの困ったところはスタッフを選り好みすること。色ボケてんだか知らんが、「綺麗な女性スタッフ」でないと訪問拒否とクレームを繰返し、変更した人数多数。事業所が困っても、本社は売上しか見てないから、相手の言うこと聞いてあげての一辺倒。そういう会社。コンプライアンスは形だけ。

件の犬は、咬み癖があることから関係各所から訪問中は「絶対隔離」を厳命されてる。ところが爺、訪問に来る女性スタッフに「犬可愛い」と言わせたくて部屋から出してわざわざ見せに来る。そしてスタッフ咬まれる。これが繰り返された今回、咬む犬をじいさんが止められず、スタッフは繰り返し咬まれた。

犬飼いの人は解るのかな、犬が人咬むと保健所とかに連絡しなきゃいけないらしいね。爺これをさせまいと事務所に殴り込んで来たのさ。(まぁしたけど、連絡)それで咬まれたスタッフは一週間休業、穴埋めもしなきゃいけない、スタッフのことは心配、たまるストレスと怒り。売上下がるってんで本社は

これでも訪問の強制終了には踏み切らなかった。そして最悪なのが、スタッフが治療に使われた抗生物質に激しくアレルギー発症、今後一生その薬は使えないことになった。当然休み延びる。仕方ない。だが腹は立つ。私は動物は好きだけど、躾されてない動物は嫌いだ。躾しない人もよろしくない。飼うな頼む

これが先月の話なのに、件の犬の狂犬病の有無が役所から確認されたのは昨日だよ。これも理解出来ないし、狂犬病でなくてもスタッフは今後半年毎に肝炎の予防接種も受けなきゃいけない。(肝炎の人が飼ってる咬み癖のある犬→保菌の可能性ありな訳だ!)今回のことで体調崩して、スタッフは肺炎も罹患。

長々と何が言いたかったかと言うとね、犬は躾してくれ、躾出来ないなら飼わないか人前に一生出さない。ペット禁止の市営住宅で起きた生保案件なんだから役所は真面目に罰則含め何とかしてくれ。訪問介護なんてリスクの高い仕事、もっと給料と安全面確保してくれ。日本企業はスタッフを人間扱いしろ!

本筋から離れちゃって申し訳ないけど、動物って自分とは違う種族なんだから共同生活していく上で、何かあって当たり前なんよ。危険が常にあることを前提で生き物と付き合って欲しい、このニュースの被害者は不運だったけど、明日は我が身子供の身って思ったら意識出来るでしょ?

仕事のことは非常に私情なので読み飛ばしてもらって問題ないです。(会社は問題だけど)
全国の動物飼いの皆様、動物愛誤の皆様、ほんとに管理だけは徹底を。お子さんいるお宅は迂闊に動物に手を出させないで、やられてからじゃ遅い。まさかその治療にアレルギー起こす、なんてことまで誰も考えない。

出来ればこういうトンデモ老人もなんとか国で管理して貰いたいもんだけど、と思いつつ終わります。最後まで見てくれた方はお疲れ様でした、ありがとうございます貴方に幸あれ元気あれ。
posted by ZUKUNASHI at 09:38| Comment(0) | 社会・経済

髭の宮川剛氏 教授内定取り消し 子宮頸がんワクチン問題で一躍時の人に

日本人で立派な髭をつけておられる方は少ないです。ツイッターの画像の中から選抜すれば宮川 剛氏(藤田医科大学総合医科学研究所 システム医科学教授)の髭が立派で印象的です。ツイッターでご活躍中のところが私の目に留まりました。

宮川 剛氏は、東大から内定取り消しを受けた体験を#現代ビジネスに書き、多くの研究者、大学教員員から共感の声が寄せられました。

※ Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa 氏の10:22 - 2019年3月1日のツイート
東大から「内定取り消し」を受けた大学教授がどうしても伝えたいこと https://gendai.ismedia.jp/articles/-/59985 … #現代ビジネス
自分のことを書きました。多くの大学では内定通知書を出さず着任日の発令をもって正式契約。それまではいつでも内定取り消しができる仕組みはどうしても改善される必要があると考えます。

ところがまた一方で子宮頸がんワクチン研究をめぐる問題でも重要な役割を果たしていたことがわかりました。

日経 2016/11/16 0:25
信州大「不正認められず」 子宮頸がんワクチン研究
信州大の池田修一教授が厚生労働省研究班の代表として実施した子宮頸(けい)がんワクチンの副作用に関する研究で不正が指摘されていた問題で、外部有識者による信州大の調査委員会は15日、「不正行為は認められない」との結論を公表した。
池田教授は3月、厚労省の会合で、免疫の異常を起こしやすくしたマウスに子宮頸がんワクチンを接種すると、神経細胞を攻撃する抗体が作られたと発表。雑誌で「都合の良いデータを選んでいる」と指摘された。
調査対象は池田教授と研究者2人。実験ノートを調べるなどした結果、データの捏造(ねつぞう)や改ざんはなかった。ただ、データは予備段階の実験で得たものだったのに発表の際、断定的な表現を使ったためワクチンが原因で異常が起きたことが科学的に解明されたかのような印象を与えたとし、発表内容の修正と再実験を求めた。
委員長の前田雅英・日本大大学院教授は記者会見で「社会的な影響が大きいため、公表には細心の注意を払うべきだった」と述べた。
池田教授は「研究に捏造も不正もなかったことが実証され安堵した」とのコメントを発表した。
信州大は6月、学内の規定に基づき予備調査を開始。9月には外部有識者5人による調査委を設置した。
雑誌で不正の疑いを指摘した医師でジャーナリストの村中璃子氏は「調査委が適切で十分な調査を行ったのか疑問がある」としている。

※ sivad @sivad氏の2019/3/3のツイート
sivadさんがseki_yoをリツイートしました
宮川剛氏、あのデタラメ告発に加担していたのか。これは信用を落としますね。

※ seki_yo @seki_yo氏の20:49 - 2019年3月2日 のツイート
第1回 信州大 本調査委員会資料、26ページに 宮川剛氏が 内部監査室宛に 送付した メールの コピーが 掲載されてました。 A氏の 実名が 記載されており 引用できませんが、村中璃子氏、大江紀洋氏、宮川剛氏の 3名で 通報した 事実が 明らかにされてます。

※ seki_yo @seki_yo氏の2016/11/16のツイート
宮川剛氏、ようやく 口を 開かれたようです、エクスキューズに すぎませんが、ご自分が やったことへの ... pic.twitter.com/DbFl81M7T5



※ flurry @flurry氏の2019/3/3のツイート
返信先: @sivadさん
宮川剛氏が、彼の長年の友人であるA氏に対して、脅しめいた口調を用いて村中璃子の「インタビュー」に参加させた( https://www.mamoreruinochi.com/wordpress/wp-content/uploads/docs/publication/kou24.pdfhttps://www.mamoreruinochi.com/wordpress/wp-content/uploads/docs/publication/otu08.pdf … )というのは知っていたのですが、信州大への告発自体に名前を連ねていたのですか。

※ seki_yo @seki_yo氏の2018/8/2のツイート
毎日新聞「子宮頸がんワクチン 信州大、研究内容で調査委設置」(2016年 6月 27日)
mainichi.jp/articles/20160…
宮川剛氏の 通報から 2日後に 信州大 調査委員会が 立ち上げ。

※  Dragon @dragon4969氏の2019/3/6のツイート
池田教授の陳述書。捏造だと騒ぎ立てられた結果、不正はなかったと結論が出たにも関わらず、学内政治に巻き込まれ、退職を余儀なくされた。妻は心身の体調を崩し、医師として働く子ども達も巻き込まれた。
mamoreruinochi.com/wordpress/wp-c… pic.twitter.com/k55RS1Alj0

・・・引用終わり・・・

この子宮頸がんワクチン研究の調査結果については、いろいろな見たこともないサイトが調査結果に疑問を呈していたりします。動物愛護の団体までもが。ワクチンは大きな利権なんですね。

このブログにはワクチンや薬に関連して企業からカネが流れ込んでいることはありません。残念ながらというか、影響力のないこと丸見えなんですね。

村中璃子氏に関するこのブログの既出記事

※ 村中璃子氏のウソは「人々がワクチン接種をためらうこと」問題解消には繋がらない。
https://togetter.com/li/1312008

※ 子宮頸がん予防ワクチン撲滅委員会 @no_hpvv氏の2019/1/9のツイート
虹子宮頸がん予防ワクチン撲滅委員会さんがseki_yoをリツイートしました
渡航禁止になるという意味がわからない。HPVはインフルエンザとは違う。主な感染経路はセックスだ。もし感染しても、ガンになる確率は極めて低いと言える。医師でジャーナリストが、こんなデマを平気で言うとは恐れ入ったよ。

※ seki_yo @seki_yo氏の17:03 - 2019年1月7日のツイート
村中璃子氏、そのような 事態は 起きないでしょう →「次の五輪の時は無策のHPV関連がんの流行地ってことで渡航禁止になるかもね」
https://www.asahi.com/articles/ASLDN549TLDNUBQU00V.html

※ seki_yo @seki_yo氏の2018/11/20のツイート
1.「原告が被告らを訴えた後も、被告村中璃子による原告、さらには原告代理人に対する言論攻撃は訴訟の外で続いた。他方で、被告村中は提訴時から結審に至るまで一貫して裁判所に本名も住所も隠し続けた。自分が言ったことに対する法的責任を取るつもりはないという態度だと言われてもやむを得ない」

※  クリエネ(東京五輪招致疑惑追及しろ)‏ @morecleanenergy氏の2017/12/29のツイート
真面目な話、炎上商法を学びたい人は村中璃子氏の手法を見習うといい。
HPVワクチン問題で池田班の研究を「捏造」と非難→
名誉毀損で訴えられると「研究の評価をしただけ」と逃げる→
「科学論争を法廷に持ち込んだ」と池田を非難→
攻撃されても科学普及頑張ったという理由でマドックス賞受賞

※ みかりんのささやき 〜子宮頸がんワクチン被害のブログ〜
村中璃子氏の不適切な取材の全容

NANAのブログ
〜HPVワクチンを何がなんでも推奨する村中璃子氏の本音と目的はどこにあるのか〜
村中璃子(ペンネーム)という自称、「医師・医療ジャーナリスト」が最近、ネットや様々なメディア等でHPVワクチンを強引に推奨する言説を繰り広げています。
その一方で、HPVワクチン副反応被害者と家族を誹謗し傷つけるような言動も繰り返しています。

・・・引用終わり・・・

宮川 剛氏がその仲間だったことに驚き! 宮川氏のツイートは相当数読んでいますが、さかのぼって調べたらツイートの収録はありませんでした。ツイートにピンと来るものがなかったからです。

そして上の記事を書いた2日後、とうとう出ました。次のトゥゲッター  やっぱり!
東大の内定、取り消しに理由あり 宮川剛教授、捏造不正告発を行った過去

主な経過
● 2016/3/16、池田修一・信州大学脳神経内科教授を班長とする「子宮頸がんワクチン接種後の神経障害に関する治療法の確立と情報提供についての研究」の成果発表会
● WEDGE REPORT 2016年6月17日
子宮頸がんワクチン薬害研究班に捏造行為が発覚
利用される日本の科学報道(後篇)村中璃子 (医師・ジャーナリスト)
● WEDGE REPORT 2016年6月23日
子宮頸がんワクチン研究班が捏造 厚労省、信州大は調査委設置を
利用される日本の科学報道(続篇)村中璃子 (医師・ジャーナリスト)
● 2016/6/25 宮川氏が信州大に村中璃子氏、大江紀洋氏、宮川剛氏の 3名で通報
●Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa氏の2016/6/25のツイート
今週も信州大の教授会で、この件についての厳しい議論が行われたということをお聞きしました。(遅きに失しているとは思いますが)近々ご発表は行われるはずでしょうので、それまでお待ちいただくのがよろしいのではないかと思います。 twitter.com/carolynkidman/…
● 2016/8 信州大学医学部長池田氏は村中璃子氏の作成になる記事が名誉毀損に当たるとして村中璃子氏らを相手取り、約1100万円の損害賠償や謝罪広告の掲載などを求めて提訴した。
村中璃子氏は『Wedge』誌で「子宮頸がんワクチン薬害研究班 崩れる根拠、暴かれる捏造」のタイトルで記事を掲載。

池田氏:『Wedge』の記事が出た後、教授会の一人が記事をコピーして回した。「不正、捏造する人が、医学部長を務めているのはおかしい」として教授会に動議を出されるなど、「罪人のような扱いを受けた」。その後、医学部長、副学長としての仕事が滞り、辞表を提出。研究、臨床も滞った。

● 2016/6/27 信州大が調査委員会を設置(調査委員会資料26ページに 宮川剛氏が 内部監査室宛に 送付したメールのコピーが掲載)
● 2016/11/15 信州大学が調査委員会の結論を発表
● 2017/1 宮川氏に東大から教授としての採用が決定した旨の通知
● しばらくして人事委員長から「今回の人事選考を白紙にもどす、という判断に至りました」というメール
● 2019/3/1 宮川氏の「東大から「内定取り消し」を受けた大学教授がどうしても伝えたいこと」という記事がgendaiに載る。

村中氏のサイドが作っているとみられますがこんなサイトもあるんですね。カネがかかっています。
守れる命を守る会

ヒトパピローマウイルスワクチン (HPVワクチン、HPV予防ワクチン、子宮頸がんワクチン) は、日本はサーバリクス(グラクソ・スミスクライン)、アメリカはガーダシル(米国メルク)の使用が優勢。

なんとなく感じていた嫌な感じがこんな形で結びついてしまいました。それにしても大学、それと医薬品をめぐる利権、権限争いのどろどろもすごいですね。村中璃子氏はジャーナリストではなく、ロビイストですね。

宮川剛氏は、東大教授採用取り消し問題で一石を投じましたが、自身の信用が地に落ちていたことをさらけ出す結果となってしまいました。彼はどういう動機でこんなに積極的に関与したんでしょう? 

宮川氏の積極関与を評価した子宮頸がんワクチン推進派が論功行賞として東大教授の椅子を用意したが、別の立場の人たちがこれをひっくり返した。宮川氏の人間性を問題にしたから内定取り消しの理由説明もできなかった、ということなんでしょうね。

宮川氏は東大教授の応募期間が経過した後に人事委員から声がかかって応募したともされています。

・・・ここからA氏の陳述書の引用に関する部分を削除・・・

WEDGE REPORT 2016年4月22日
子宮頸がんワクチンとモンスターマザー
Wedge編集部
村中璃子 (医師・ジャーナリスト)
福島の被ばくと子宮頸がんワクチン。この2つのテーマに共通して潜む「支援者」や「カルト化」という問題を、福島出身の社会学者、開沼博さんと、医師・ジャーナリストの村中璃子さんが語り尽くした対談記事はこちら(前篇、後篇)。本記事は対談の内容に関連するコラムです。

wedgeの信州大学関係の記事


イヤーすごいですね。冒頭の髭の方。放射能問題に関する立場がどうもおかしいと感じていましたけど、村中、開沼とつながっていましたね。

 

日本科学未来館
オープンラボ「精神疾患の中間表現型『非成熟脳』解明プロジェクト
日本科学未来館の「研究エリア」には、遺伝子と精神疾患の関係を研究するプロジェクトがあります。
プロジェクトの代表者である宮川剛先生のお話と、マウスを使った実験が行われている研究室の見学ツアーがセットになったイベントです。(どちらかのみの参加も可)
統合失調症やうつ病などは、ストレスなどの環境要因だけでなく、少なくとも一部は脳ではたらく遺伝子が関係していると考えられています。
宮川先生の研究室では、さまざまな種類の遺伝子改変マウスから、精神疾患の症状とよく似た行動パターンを示すマウスを探しだし、そのマウスの脳では何が起きているのかを探っています。このようにして遺伝子の作用を解明することが、疾患の予防や治療法の開発への第一歩となるのです。
トークセッションでは、「遺伝子・脳・こころ〜マウスの研究から探る」と題して、先生の最新の研究についてわかりやすくご説明いただきます。マウスの行動実験に用いられる特別な装置(八方迷路)なども見ることができます。
トークの後は研究室ツアーを行います (定員20名)。ふだんは入ることができない先端研究の現場を見るチャンスです。

※  Tsuyoshi Miyakawaさんがいいねしました
ノーワクチンバスター
‏ @H3el7D4TgcezRbT
19時間19時間前
いよいよ、動き出したようです
言い換えれば、SNSがアンチワクチンを助長しているということが、ここでやっと認識されたという事なのでしょう
今後、反ワクチン情報に関しては、SNSでデマを見かける事は減るでしょう
また、誤った情報に誘導しかねない投稿も、減って行くと思います…

・・・引用終わり・・・

宮川氏はこういう立場なんだ。

2019/5/11、次のコメントが寄せられた。引用開始。

この「さくらのブログ」のホームページの開設・責任者は、A氏本人から、SNSの平成30年3月28日付けの陳述書のこのSNSのブログへの掲載の承諾を得たのだろうか?信州大学医学部産科婦人科教室の医員がA氏本人に「A氏自身の陳述書の掲載の可否」について伺ったところ、A氏はこの陳述書の掲載に対して法的手段で訴えることを検討している。さらに、このブログの開設者は、A氏の陳述書を加工して面白がっている。A氏の関係者や弁護士らは、第三者(裁判の利害関係者以外)によるA氏の好意による陳述書へのいたずらを禁止し、このような不適切な行動に対する法的罰則を念頭に男澤聡子裁判長と書記官:東京地方裁判所第26民事法廷に口頭、面談にて報告している。また、A氏の関係者は、このような不適切な言動を東京警視庁と法務省にも書面と口頭にて報告している。今後、「さくらのブログ」の開設・責任者に対する法廷での係争の際、物的証拠としてこの「さくらのブログ」を電子ファイル可して保存していることを申し伝えておく。

・・・引用終わり・・・

この陳述書は、リンク先を見てもらえばわかるように、守れる命を守る会 Protecting The Lives We Can に掲載されていたものを転載したものです。今確認したらリンク先が外れていますが。

コメント主は、A氏またはその代理人ですか? 権利者からの転載異議申し出であれば直ちに対処し、削除します。「不正を暴くグループ」さん、権利者かどうか証明してください。

2019/5/12、不正を暴くグループ から次のコメントが寄せられた。引用開始。

さくらのブログの「権利者かどうか証明して下さい」とのコメントは、随分失礼でかつ傲慢である。もちろん、A氏個人からの訴えとA氏の代理人:清水勉弁護士、出口かおり弁護士からの通達
であるホームページに記載されている弁護士事務所に電話03-5363-9421して確認しろ。また、A氏らは、男澤聡子裁判長とその生野書記官にも「ブログでのA氏への誹謗・中傷」について、書面と面談にて通達している。東京地方裁判所第26民事 03-3581-5411に電話して聞け。また、このようなA氏の陳述書を加工して笑いものにするのは、言語同断、A氏らと代理人は、さくらのブログの開設・責任者の言動を東京警視庁、東京地方裁判所、法務省に再度報告する。
さくらブログの「他のホームページで掲載されていた」との言い訳は、法廷では受け入れない。さくらのブログの開設・責任者に伝える、まず、このような稚拙な行動を行う前に「侵害情報の通知書兼送信防止措置依頼書(名誉毀損・プライバシー)」を勉強しろ。さくらのブログの開設・責任者は、弁護士と契約しろ、A氏の代理人がその弁護士に連絡し法的対応を行う。今後05.12.2019以降にブログの削除をおこなっても、アカウントなどの電子記録は保存し、これらのブログ内容も電子ファイルとして保存している。A氏らは、法廷において物的証拠として提出する。裁判での準備書面、陳述書の閲覧は、東京地方裁判所第26民事にて、規定の手続きを経てのみ可能となる。係争案件の利害関係者:原告、被告、証人以外で、陳述書をSNSで公開するのは、違法である。※被告:村中璃子は、原告:池田修一の裁判の一審に対して上告している。なぜ、素人が係争中案件に首を突っ込むのか、。

2019/5/12、善悪を伝えれ会 から次のコメントが寄せられた。引用開始。

「さくらのブログ」の開設・責任者のコメントには、驚いた。

被告:村中璃子ペンネームの支援者により運営されている「守れる命を守れる会」は、係争中の裁判の準備書面、陳述書などの裁判記録書をインターネット上に掲載している。これら「守れる命を守れる会」の言動は、東京地方裁判所におて厳重注意されており、東京弁護士会においても大きな問題となっている。

「さくらのブログ」の開設・責任者は、当該の裁判の利害関係者でもない第三者の一般人であるにも関わらず、証人の陳述書を加工しインターネット上に掲載し、A氏を笑いものにしている。陳述書をインターネット上に掲載することが、社会的、法的に適切かどうか判断が出来ない人間が存在していることに驚くと同時に、日本の将来に不安を感じる。インターネット上に掲載することは、不特定多数の人間が閲覧することになる、A氏の社会的信頼性に影響する、これが「名誉棄損」となりえる可能性が生じる。

「守れる命を守れる会」は、裁判の利害関係者である。「さくらのブログ」の開設・責任者は、第三者の一般人である。「さくらのブログ」の開設・責任者は、法的にとても重大な事案を起こしていることを認識すべき。再度通告する、このような「さくらのブログ」の開設・責任者の言動は、東京地方裁判所、東京警視庁と法務省に報告されている。必要と判断された際、刑事事件として立件され、法務省・裁判所から通知書を受け取ることになる。

・・・引用終わり・・・

ご主張がよく理解できませんが、別にA氏の陳述書を削除しても記事の趣旨は変わらないので、ご助言に従って削除します。

2019/5/12、相談したらどうでしょうか から次のコメントが寄せられた。引用開始。

私達は「さくらのブログ」開設責任者に対して主張などしていない。
私達は「さくらのブログ」開設責任者に対して法的に不適切な言動の中止を通達している。
「さくらのブログ」の開設責任者は、自身の言動の社会的不適切性が理解出来ないのなら、
以下の電話が窓口になっているので、伺ってみるのが好ましい。
東京地方裁判所第26民事 電話 03-3581-5***
男澤聡子裁判長の書記官

管理人注:電話番号の一部を伏字にした。次のコメントも同じ。

2019/5/13、陳述書の管理責任者は男澤聡子裁判長である から次のコメントが寄せられた。引用開始。

東京地方裁判所の電話番号は下記の東京地方裁判所のホームページに記載されている。
http://www.courts.go.jp/tokyo/about/syozai/ にて公知されている。
03-3581-5***
「さくらのブログの開設・責任者」が、社会的正しい言動を行っているのならば、
陳述書の管理責任者である男澤聡子裁判長が、「さくらのブログの開設・責任者」に
陳述書の取り扱いついて説明してくれる。
posted by ZUKUNASHI at 08:36| Comment(5) | 福島原発事故