ずくなしの冷や水

2019年05月08日

ほらね、外国人選手何人が体調壊すだろうか

※ so sora @sosorasora3氏の2019/5/8のツイート
so soraさんが原田裕史をリツイートしました
今日の国会、農水委員会で、五輪・パラリンピックには、選手村等での被災地産食材の積極的活用、風評被害払拭を、農水省はすすめるべき、という意見が出てた。

※ so sora @sosorasora3氏の15:24 - 2019年5月8日 のツイート
金子委員:復興五輪での、被災地産の農産品の活用はどうなってるか?
農水大臣:被災地産品を使ったメニュー提供など、できるだけ進めたい。
そのための国際認証GAPも、被災地で取得が進むよう支援する。
金子:復興五輪なのだから、被災地食品活用、食材提供、風評被害撤廃をすべき。

※ so sora @sosorasora3氏の2019/5/8のツイート
金子:五輪、オリパラでも、ビクトリーブーケなどで、被災地の花卉を活用されるようすすめてほしい。
農水大臣:五輪組織委員会などに働きかけしている。

2019年05月08日
海外にお住まいの方は日本の放射能汚染に気を付けてほしい
posted by ZUKUNASHI at 23:32| Comment(0) | 福島原発事故

大津で幼児のグループに車が突っ込む 15人が病院収容 4人意識不明

時事通信社2019年5月8日(水)13時11分
園児の列に車突っ込む=4人重体、2人死亡か−運転の女ら逮捕・大津
園児の列に突っ込んだ軽乗用車を調べる警察官ら=8日午後、大津市
 8日午前10時15分ごろ、大津市大萱の県道の歩道で、保育園児ら16人が歩いている列に軽乗用車が突っ込んだ。滋賀県警によると、園児13人全員と保育士2人が救急搬送され、うち男女の園児4人が意識不明の重体。同市や消防は2人が死亡したとしている。
 県警大津署によると、軽乗用車はこの直前に普通乗用車と衝突しており、この弾みで歩道に突っ込んだ。同署は、軽乗用車を運転していた女(62)と普通乗用車の女(52)をいずれも過失運転致傷容疑で現行犯逮捕した。
 園児は近くの保育園「レイモンド淡海」に通う2〜3歳の男女13人で、保育士3人に引率されて散歩していた。
 現場は同市東部の琵琶湖沿いの丁字路で、南進していた軽乗用車と北進中の普通乗用車が衝突。目撃した男性が「歩道上の子どもを巻き込んだ」と110番した。車には2台とも同乗者はおらず、運転していた女2人にけがはなかった。

SPUTNIK2019/5/8
Car Rams Into Group of Preschool Children in Japan, 15 People in Hospital
TOKYO (Sputnik) - Fifteen people were hospitalized as a car plowed into a group of preschool pupils, all of them aged between 2 and 3 years, in the Japanese city of Otsu, the capital of the western Shiga Prefecture, on Wednesday morning, local media reported.

Four children are unconscious, and their condition is assessed as grave, the Kyodo news agency specified. There are thirteen children and two tutors among those hospitalized.

The accident occurred in Otsu's Ogaya neighborhood, at an intersection, soon after 10 a.m. local time (01:00 GMT), when the children were having a walk.

Four children were in critical condition and that others were hospitalised after the accident, AFP reported citing Public broadcaster NHK.

The children and their teachers were on the pavement near a crossing when the small vehicle crashed into them.

Footage on local media in the aftermath of the accident showed the car had veered up off the road and onto the pavement. A second car that appeared to have been damaged in a crash could be seen still on the road, according to AFP report.

Investigation into the reasons of the accident is underway.

posted by ZUKUNASHI at 14:22| Comment(0) | 社会・経済

電磁波測定例

電磁波関係の記事は、別に集約しています。
posted by ZUKUNASHI at 14:18| Comment(1) | 福島原発事故

核利用推進派はF1のような重大な事故が起きるとは予想していなかった?

海外の核利用諸国の放射性物質汚染の状況は機密に属しているようで知ることができませんが、いろいろ推定することはできます。

まず、F1事故による北米の汚染はかなり強いらしい。特に海洋汚染はすさまじいものがあるようです。ベーリング海の海水中のセシウム濃度がいまだに年々上昇していることには驚かされます。

米国中西部北寄りの地域で生じているゾンビディアも管理人には放射性物質汚染による中枢神経障害なのではないかと懸念されます。米国固有の汚染に加えてF1から放出された放射性物質も影響している可能性もあります。

米国に滞在する邦人の被ばく症状も激しいものがあるようです。現地の食品に潜在的に汚染があり、加えて日本食品を取り寄せて食べているということになると、被ばくの累積が進み、症状が激しくなるでしょう。

日本では、F1事故の影響は限定的との宣伝が行われていますが、米国は被害を認めることもやっていない。西海岸で海水等の放射能測定はいろいろな機関、場所で行われているようですが、その測定結果が具体的な数字で開示されません。

米国の西海岸は、太平洋からもたらされる水分で森林が茂っています。この水分に放射性物質が含まれていないとはとても考えられません。自然放射能ももちろんあるでしょうが、その「自然放射能」が大きく上がっているはずです。

F1からの汚染水の放出、漏出は続いています。それに含まれているのはヨウ素やセシウムだけではありません。半減期の長い核種もたくさん含まれています。

米国が日本政府にF1汚染水の放出を止めろと要求した気配があるようには見えません。日本に要求したとたんに自国の汚染に蓋をし続けることはできなくなる。

核利用推進派が、汚染累積を懸念する人たちの声を押さえつけているという状況なのかもしれません。核利用に反対する世論が強まり、核兵器の開発、維持で他のスーパーパワーに後れをとり、核でやられてしまったらどうするんだ!

という論理でしょうが、核戦争が起きたらF1事故のような放射性物質の大量放出があちこちで起きるわけですから、北半球の核汚染はさらに強まり、核爆発の放射熱や爆風を直接受けない人でも多くの人が死ぬでしょう。

核利用を進める国では多かれ少なかれ放射性物質による汚染が生じているはずと管理人は見ています。大気圏内核実験を行った場所のある国、そして原発や核燃料処理施設の事故のあった国でそれは激しいでしょう。米、英、露、中国、豪、アルジェリア

核保有国、核利用に積極的な国の放射性物質汚染がどの程度か情報がありませんが、韓国、北朝鮮、中国、インド、パキスタン、イラン、イスラエル、カナダなどは注目されます。スリランカのパイナップルからセシウムが検出されています。

核利用推進派は、チェルノブイリ事故については例外的な事故としてきました。ところがF1事故で西側諸国の運営する原発も同じように事故を起こし、しかも放射性物質放出量はチェルノブイリ事故によるものよりも多かった。

ドイツは、F1事故が契機となって原発の閉鎖に動き出しました。いずれフランスも続くでしょう。英国はわかりません。ドイツについては、放射性物質汚染の情報が相対的に多いです。

米国の核利用推進派も、日本の事故による被害の隠ぺいを求めましたが、でもそれは隠し通せることではない。米国ではハンフォードで日常的に放射性物質漏れが起きているようです。核事故が起きたら変わるか? おそらく変わらないと思います。これまで核利用と情報隠ぺいを推進してきた人は、自分が身罷るまでは今の方針を貫くことを強く求めるはずです。
posted by ZUKUNASHI at 12:05| Comment(0) | 福島原発事故

ワシントンはイランと戦闘を交えるつもりはない??

RT2019/5/6
Bolton’s battle cry shows US is preparing for ‘military scenario’ in Iran - top Russian MP
A top Russian MP has warned of an escalation in the US conflict with Iran after Washington announced that it is sending a carrier strike group and bomber task force to the Middle East ‘to send a clear message’ to Tehran.

“We can’t be idle, we must beat the alarm and take a stand against such behavior from Washington in all international organizations, especially in BRICS,” Leonid Slutsky said, after the deployment of the naval force was announced by US National Security Advisor John Bolton.

Though Bolton insisted that the US “is not seeking war with the Iranian regime,” he warned that the carrier group that will soon arrive in the Persian Gulf is “fully prepared to respond to any attack” by Tehran.

Slutsky, head of the State Duma Committee on International Affairs, said that Bolton had failed to provide a clear explanation for the move, despite calling Tehran a threat.

“These signals, along with Washington’s withdrawal from the nuclear deal and its declaration of the Islamic Revolutionary Guard Corps as a terrorist organization, lead to further escalation,” he said.

The MP also slammed the US for its “demolition of international law,” claiming that the US is “obviously preparing the global community for a power-projection scenario in the region.”

Washington’s latest move against Tehran comes just one day after Iranian authorities announced that they would continue to export oil and sell it on the grey market in a bid to counter US sanctions, which are aimed at reducing the country’s oil exports to zero.

“We have mobilized all of the country’s resources and are selling oil on the grey market,”said Amir Hossein Zamaninia, Iran’s deputy oil minister, as quoted by IRNA news agency.

Recently, the US also imposed sanctions against Iran’s nuclear power plant at Bushehr, as well as introducing a ban on exports of heavy water and any further uranium enrichment in order to maximize pressure on the Islamic Republic.

Sa'adollah Zareyeeというイランの上級専門家が、最近、ワシントンの上級公務員がイランの上級公務員に宛てたメッセージでワシントンは戦火を交える意図はないと伝えたと述べています。Sa'adollah Zareyeeという方は、調べてもよくわかりません。実際にそのようなメッセージの伝達があったのか、よくわかりませんが、事実だとすれば悪いことではない。イランもホルムズ海峡封鎖の話はせず、他の国の通航を確保するようなニュアンスのことを述べています。

FARSNEWS2019/5/4
Senior Expert Reveals US Message of "No Military Action" to Iran
TEHRAN (FNA)- A senior Iranian political analyst disclosed that high-ranking US administration officials have sent a message to Iran to stress their intention to remain in a no-war situation with the country.

"Recently, senior US government officials have sent an official message to the high-ranking Iranian officials stressing that they have no plan for military conflict with Iran under any circumstances," Sa'adollah Zareyee said in an interview with the Persian-language service of Tasnim news agency on Saturday.

He added that there is no sign of any US intention to launch war against Iran, saying that reasons are galore to show that Washington wants to avoid military conflict and has focused on economic, political and media warfare.

In September 2018, Supreme Leader of the Islamic Revolution Ayatollah Seyed Ali Khamenei had reiterated that the chances of a war breaking out against Iran were zero, yet he urged the country's armed forces to enhance their deterrence power.

"Political calculations show that there is no chance for a military war, yet the armed forces are needed to boost their equipment and human capabilities vigilantly and through an efficient and agile management," Ayatollah Khamenei said at a meeting with senior commanders and officials of the Air Defense Base of the Islamic Republic of Iran's army here in Tehran.

In similar comments last August, Ayatollah Khamenei dismissed speculation about war with the US, reiterating that neither Iran was willing to initiate war against Washington nor did the US enjoy the self-confidence to open fire at Tehran.

"Recently, the US officials have been talking blatantly about us. Beside sanctions, they talk about war and negotiations. They talk about a spirit of war to frighten the cowards," Ayatollah Khamenei said, addressing a large number of Iranian people from all walks of life in Tehran.

"In the matter of negotiations, they play a poor game. One of them says, negotiations with preconditions, another one says, negotiations without preconditions. Let me address the people on the matter in a few words: There will be no war, nor will we negotiate with the US. This is the gist of the word that all the Iranian people should know. The US has now suggested negotiations; this is not new. This has existed since the beginning of the revolution," he underlined.
posted by ZUKUNASHI at 10:44| Comment(0) | 国際・政治

Если вы живете за границей, пожалуйста, будьте в курсе радиоактивного загрязнения Японии

Ниже приводится краткое изложение тенденций на основе информации о случаях, полученной руководителем (писателем) в течение восьми лет после ядерной аварии на АЭС ≪Фукусима-дайити≫.

1 Были случаи, когда люди в развитых странах в Соединенных Штатах и ​​Европе посещали Японию, и их физическое состояние ухудшалось.

2 В некоторых случаях японцы, жившие за границей, возвращаются на родину, и их физическое состояние ухудшается. Есть больше примеров людей, живущих в развитых западных странах, чем в Юго-Восточной Азии, Южной Америке и Африке. От тех, кто жил в этих развивающихся странах и регионах, хранитель еще не слышал о таком опыте.

3 Это различие, по-видимому, вызвано увеличением внутреннего радиационного облучения при проживании в развитых странах Европы и США.

4 В дни после аварии на АЭС ≪Фукусима-дайити≫ были случаи, когда люди жаловались на плохое состояние здоровья в течение нескольких дней или недели после въезда в Японию. Есть также случаи, когда иностранцы подтвердили свои физические симптомы после возвращения домой.

5 Люди с накопленным внутренним облучением могут испытывать относительно серьезные симптомы при сильном дополнительном воздействии. Те, кто живет в развитых западных странах, имеют такой опыт.

6 Японцы, которые страдают от плохого физического состояния и / или физических симптомов в начале после возвращения в Японию, будут отчаянно искать последнюю информацию о Японии, осознавать причинно-следственную связь с воздействием и стремиться избегать воздействия радиации. Поэтому есть много примеров людей, которые могут избежать плохого физического состояния и ухудшения физического состояния.

7 Пожалуйста, будьте осторожны, чтобы не получить внутреннюю экспозицию в Японии, если вы посещаете Японию. Некоторые японские продукты все еще имеют запреты на импорт из других стран.

8 Продукты питания, загрязненные радиоактивными веществами, не обязательно имеют полностью равномерное распределение радиоактивных веществ в пищевых продуктах. В некоторых случаях очень небольшое количество пищи может содержать относительно большое количество радиоактивного материала.
posted by ZUKUNASHI at 10:14| Comment(0) | 福島原発事故

Si vive en el extranjero, tenga en cuenta la contaminación radiactiva de Japón.

El siguiente es un resumen de las tendencias basadas en la información del caso obtenida por el gerente (escritor) durante los ocho años posteriores al accidente nuclear de Fukushima Daiichi.

1 Ha habido casos en que personas de países desarrollados en los Estados Unidos y Europa visitaron Japón y su condición física se deterioró.

2 Hay casos en que los japoneses que vivían en el extranjero regresan a su país de origen y su condición física empeora. Hay más ejemplos de personas que viven en países occidentales desarrollados que aquellos que viven en el sudeste asiático, Sudamérica y África. De los que vivían en estos países y regiones en desarrollo, el custodio aún no ha oído hablar de tales experiencias.

3 Esta diferencia parece deberse al aumento de la exposición a la radiación interna cuando se vive en países desarrollados en Europa y los Estados Unidos.

4 En los días posteriores al accidente de la central nuclear de Fukushima Daiichi, hubo casos de personas que se quejaban de mala salud dentro de unos días o una semana después de ingresar a Japón. También hay casos en que los extranjeros han confirmado sus síntomas físicos después de regresar a casa.

5 Las personas con exposición interna acumulada pueden experimentar síntomas relativamente graves si hay una exposición adicional fuerte. Los que viven en países occidentales avanzados tienen tal fondo.

6 Los japoneses que sufren de mala condición física y / o síntomas físicos temprano después de regresar a Japón buscarán desesperadamente la información más reciente sobre Japón, se darán cuenta de la relación causal con la exposición y se esforzarán por evitar la exposición a la radiación. Por lo tanto, hay muchos ejemplos de personas que pueden evitar la mala condición física y el deterioro de la condición física.

7 Tenga cuidado de no recibir exposición interna en Japón si está de visita en Japón. Algunos alimentos japoneses todavía tienen prohibiciones de importación de países extranjeros.

8 Los alimentos contaminados con sustancias radiactivas no tienen necesariamente una distribución completamente uniforme de sustancias radiactivas en los alimentos. En algunos casos, cantidades muy pequeñas de alimentos pueden contener cantidades relativamente grandes de material radioactivo.
posted by ZUKUNASHI at 10:06| Comment(0) | 福島原発事故

如果您居住在国外,请注意日本的放射性污染

以下是根据福岛第一核电站事故后八年内经理(作家)获得的案件信息的趋势摘要。

1 有些情况下,美国和欧洲发达国家的人们访问了日本,他们的身体状况恶化。

2 有些情况下,居住在国外的日本人返回祖国,身体状况恶化。生活在西方发达国家的人比生活在东南亚,南美洲和非洲的人更多。对于那些生活在这些发展中国家和地区的人来说,监护人还没有听说过这种经历。

3 这种差异似乎是由于生活在欧洲和美国发达国家时内部辐射暴露揄チ所致。

4 在福岛第一核电站事故发生后的几天里,有些人在进入日本后的几天或一周内抱怨健康状况不佳。还有一些情况是外国人在回家后确认了他们的身体症状。

5 如果有强烈的额外接触,内部接触累积的人可能会出现相对严重的症状。那些生活在西方先进国家的人有这样的背景。

6 日本人在返回日本后早期身体状况和/或身体状况不佳,他们会拼命寻找有关日本的最新信息,实现与暴露的因果关系,并努力避免接触辐射。因此,有许多人可以避免身体状况不佳和身体状况恶化。

7 如果您访问日本,请注意不要在日本接受内部曝光。一些日本食品仍然有来自国外的进口禁令。

8 受放射性物质污染的食品不一定在食品中完全均鴛ェ布放射性物质。在某些情况下,非常少量的食物可能含有相对大量的放射性物质。
posted by ZUKUNASHI at 10:04| Comment(0) | 福島原発事故

해외에 살면 일본의 방사능 오염에 유의하십시오.

다음은 후쿠시마 다이 이치 원자력 사고 이후 8 년 동안 관리자 (작가)가 얻은 사례 정보를 기반으로 한 추세의 요약입니다.

1 미국과 유럽의 선진국 사람들이 일본을 방문하여 신체 상태가 악화 된 사례가 있습니다.

2 해외에 살고있는 일본인이 귀국하여 신체 상태가 악화되는 경우가 있습니다. 동남아시아, 남미 및 아프리카에 거주하는 사람들보다 선진국에 거주하는 사람들의 사례가 더 많습니다. 이 개발 도상국 및 지역에 살았던 사람들로부터 보호 관리자는 아직 그러한 경험을 듣지 못했습니다.

3이 차이는 유럽과 미국의 선진국에 거주 할 때 증가 된 내부 방사선 피폭에 기인 한 것으로 보인다.

후쿠시마 제 1 원자력 발전소 사고 이후 일본에 입국 한 후 며칠 또는 1 주일 이내에 불량한 건강에 대해 불평하는 사례가있었습니다. 귀국 한 후 외국인이 신체적 증상을 확인한 경우도 있습니다.

5 축적 된 내부 노출을 가진 사람들은 강한 추가 노출이있는 경우 비교적 심각한 증상을 경험할 수 있습니다. 선진 서구 국가에 사는 사람들은 그러한 배경을 가지고 있습니다.

일본에 귀국 한 후 신체 상태 나 신체적 증상이 심한 6 명의 일본인은 필사적으로 일본에 관한 최신 정보를 검색하고 노출과의 인과 관계를 깨닫고 방사선 피하기 위해 노력할 것입니다. 그러므로 열악한 신체 상태와 신체 상태의 악화를 피할 수있는 사람들의 사례가 많이 있습니다.

7 일본에 오는 경우 일본에 내부적으로 노출되지 않도록주의하십시오. 일부 일본 음식은 여전히 ​​외국으로부터의 수입 금지가 있습니다.

8 방사성 물질로 오염 된 식품은 식품에 방사성 물질이 완전히 균일하게 분배되어있는 것은 아닙니다. 경우에 따라 매우 적은 양의 음식에 비교적 많은 양의 방사성 물질이 포함될 수 있습니다.
posted by ZUKUNASHI at 10:02| Comment(0) | 福島原発事故

海外にお住まいの方は日本の放射能汚染に気を付けてほしい

以下に書くことは、管理人(筆者)が福島第一原発事故後の8年間に得た事例情報に基づいて傾向をまとめたものです。

@ 欧米先進国の住民の中には、訪日して体調が悪化する人がいます。

A 海外に住んでいた日本人が帰国して体調が悪化する例があります。東南アジア、南米、アフリカに住んでいた人よりも欧米先進国に住んでいた人により多くの例が見られます。東南アジア、南米、アフリカに住んでいた人からはまだそのような体験例を聞いていません。

B このような差は、欧米先進国に居住した場合、放射能の内部被ばくが大きくなることによって生ずるのではないかと管理人は疑っています。

C 福島第一原発事故発生後間もない時期には、日本に入国後数日または1週間で体調不良を訴える人の例が見られました。外国人では、帰国後に身体症状が確認された例もあります。

D 内部被ばくの蓄積がある人は、強い追加被ばくがあると、相対的に激しい症状が出ることがあります。欧米先進国にお住いの方はそのような背景をお持ちです。

E 日本に帰国後、早い時期に体調不良や身体症状が出た方は、本人が被爆との関係に気づけば、その後被爆回避に努めるため、体調不良や身体症状が大きく悪化することは避けられる例が多いと管理人は考えています。

F 訪日する外国人の方は、日本で内部被ばくを受けないように注意してください。日本産の食品の中にはいまだに外国から輸入禁止の措置を受けているものがあります。

G 放射性物質により汚染された食品は、その食品中に放射性物質が完全に均一に分布しているわけではありません。場合によっては、ごく少量の食品に相対的に多くの放射性物質が含まれることがあります。

・・・・・・

上の文章は、日本人向けに書いた原文です。外国人にも読んでもらえるようこれを英語に機械翻訳します。

If you live abroad, please be aware of Japan's radioactive contamination
The following is a summary of trends based on case information obtained by the manager (writer) during the eight years after the Fukushima Daiichi nuclear accident.

1 Some residents of developed countries in the United States and Europe have been ill in Japan.

2 There are cases where Japanese people living abroad have returned to their physical condition. There are more examples of people living in developed Western countries than those living in Southeast Asia, South America, and Africa. People living in Southeast Asia, South America and Africa have not yet heard of such experiences.

3 This kind of difference may be caused by the increase of internal radiation exposure when living in developed countries in the West, the supervisors suspect.

4 In the days after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident, there were cases of people complaining of poor health within a few days or a week after entering Japan. There are also cases where foreigners have confirmed their physical symptoms after returning home.

5 People with accumulated internal exposure may experience relatively severe symptoms if there is a strong additional exposure. Those who live in advanced western countries have such background.

6 If you are in poor physical condition or physical symptoms early after returning to Japan, you will avoid the aggravation of poor physical condition or physical symptoms because you will try to avoid the exposure if the person notices the relationship with the A-bomb The manager thinks that there are many examples.
(7、8略)

・・・・・・

何か所か意味が通じない所があります。英語を直すよりも日本語を直すほうが簡単です。次のように直します。日本語改訂版

海外にお住まいの方は日本の放射能汚染に気を付けてほしい

以下に書くことは、管理人(筆者)が福島第一原発事故後の8年間に得た事例情報に基づいて傾向をまとめたものです。
@ 米国や欧州の先進国の住民が訪日して体調が悪化した例があります。

A 海外に住んでいた日本人が帰国して体調を悪化させる例があります。東南アジア、南米、アフリカに住んでいた人よりも欧米先進国に住んでいた人により多くの例が見られます。これらの開発途上国や地域に住んでいた人からは、管理人はまだそのような体験例を聞いていません。

B この差は、欧米先進国に居住した場合、放射能の内部被ばくが大きくなることによって生じていると管理人は疑っています。

C 福島第一原発事故発生後間もない時期には、日本に入国後数日または1週間で体調不良を訴える人の例が見られました。外国人では、帰国後に身体症状が確認された例もあります。

D 内部被ばくの蓄積がある人は、強い追加被ばくがあると、相対的に激しい症状が出ることがあります。欧米先進国にお住いの方はそのような背景をお持ちです。

E 日本に帰国後早い時期に体調不良や身体症状が出た日本人は、本人が日本の最新情報を必死で探し、被ばくとの因果関係に気付いて被爆回避に努めます。そのため、体調不良や身体症状の悪化を避けることができた人の例が多いのです。

F 訪日する外国人の方は、日本で内部被ばくを受けないように注意してください。日本産の食品の中にはいまだに外国から輸入禁止の措置を受けているものがあります。

G 放射性物質により汚染された食品は、その食品中に放射性物質が完全に均一に分布しているわけではありません。場合によっては、ごく少量の食品に相対的に多くの放射性物質が含まれることがあります。


・・・・・・

日本語の改訂版を再度機械翻訳にかけます。

If you live abroad, please be aware of Japan's radioactive contamination

The following is a summary of trends based on case information obtained by the manager (writer) during the eight years after the Fukushima Daiichi nuclear accident.

1 There have been cases where people in developed countries in the United States and Europe visited Japan and their physical condition deteriorated.

2 There are cases in which Japanese people who lived abroad return to their home country and their physical condition gets worse. There are more examples of people living in developed Western countries than those living in Southeast Asia, South America, and Africa. From those who lived in these developing countries and regions, the custodian has not yet heard of such experiences.

3 This difference seems to be caused by the increased internal radiation exposure when living in developed countries in Europe and the United States.

4 In the days after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident, there were cases of people complaining of poor health within a few days or a week after entering Japan. There are also cases where foreigners have confirmed their physical symptoms after returning home.

5 People with accumulated internal exposure may experience relatively severe symptoms if there is a strong additional exposure. Those who live in advanced western countries have such background.

6 Japanese who suffer from poor physical condition and / or physical symptoms early after returning to Japan will search for the latest information on Japan desperately, realize the causal relationship with exposure, and strive to avoid exposure to radiation. Therefore, there are many examples of people who can avoid poor physical condition and deterioration of physical condition.

7 Please be careful not to receive internal exposure in Japan if you are visiting Japan. Some Japanese foods still have import bans from foreign countries.

8 Foods contaminated with radioactive substances do not necessarily have a completely uniform distribution of radioactive substances in the food. In some cases, very small amounts of food may contain relatively large amounts of radioactive material.


大体出来上がりです。表現として生硬な面は多くても意味は伝わるでしょう。「管理人」をthe manager あるいはthe blog managerに統一するか。いくつか直したほうが良いところも残りますが。

この英文を逆に日本語に直して確認します。

・・・・・・

以下は、福島第一原発事故後8年間に管理者(執筆者)が得た症例情報に基づく動向の要約です。

1アメリカやヨーロッパの先進国の人々が日本を訪れ、体調が悪化した例があります。

2海外に住んでいた日本人が帰国して体調が悪化することがあります。東南アジア、南アメリカ、およびアフリカに住んでいる人々よりも先進西欧諸国に住んでいる人々のより多くの例があります。これらの発展途上国や地域に住んでいた人々から、カストディアンはまだそのような経験について聞いたことがありません。

3この違いは、ヨーロッパやアメリカの先進国に住んでいるときに内部被ばくが増えたことが原因と考えられます。

4福島第一原子力発電所事故の後、日本に入国してから数日または1週間以内に健康状態が悪いと訴える人々がいた。帰国後、外国人が身体的症状を確認した場合もあります。

5内部被ばくが蓄積されている人は、強い追加の被ばくがあると比較的重度の症状を経験することがあります。西欧先進諸国に住んでいる人々はそのような背景を持っています。

6帰国後すぐに体調や体調が悪くなった日本人は、必然的に最新の日本情報を探し、被ばくとの因果関係を理解し​​、放射線被ばくの回避を図ります。したがって、体調不良や体調悪化を回避できる人の例はたくさんあります。

7日本を訪れる際には、日本国内で被ばくしないように注意してください。いくつかの日本の食品はまだ外国からの輸入禁止を持っています。

放射性物質で汚染された食品は、必ずしも食品中の放射性物質の分布が完全に均一になっているとは限りません。場合によっては、ごく少量の食品に比較的大量の放射性物質が含まれることがあります。

・・・・・

もう少し手を加えたいですが、とりあえずこれで使えます。このようなデリケートなあるいは深刻な問題を扱うときに英語のネイティブは、likely とかhighly likely という文言を多用します。断定を避ける効果がありますが、私は、「自分はこう考える」という言い方にしています。

機械翻訳を使った和英翻訳のやり方、わかってもらえましたか。便利でしょう
? 基本は一義的に理解できる日本語の書き方をすることです。多義的なものも機械は翻訳できますが、それは機械の勝手な解釈ですから原文の意図と合わせるのに手間がかかります。

以下、英語訳から韓国語、中国語、スペイン語、ロシア語に機械翻訳した結果を示します。日本語からこれらの言葉に訳すより、英語からこれらの言語に訳すほうが正確のように管理人は感じています。

これらの言語を読める方、いかがでしょう。おかしいでしょうか。
posted by ZUKUNASHI at 09:55| Comment(2) | 福島原発事故

ラブロフがベネズエラ外相に続いてポンペオと会談 ポンペオはイラクへ

RT2019/5/5
The Venezuelan foreign minister is heading to Moscow for a meeting with his Russian counterpart, Sergey Lavrov. The top diplomats are set to discuss recent developments after a failed coup attempt in Caracas.

The talks will also be held just one day before Lavrov meets with US Secretary of State Mike Pompeo in Finland. Moscow and Washington are at odds over Venezuela, but the Russian Foreign Ministry said the timing of two meetings does not contain any message.

RT2019/5/5
US attempt to topple Venezuelan govt by force would lead to grave consequences – Lavrov
Washington’s “irresponsible” plan to overthrow the Caracas government by force would result in a catastrophe, the Russian Foreign Minister Sergey Lavrov has warned, calling on the US to stick to the international law on Venezuela.

Lavrov denounced “an unprecedented campaign led by the US and aimed at toppling Venezuela’s legitimate government.” What Venezuela needs right now is political dialogue, not power grab attempts, the Russian minister said.

Attempts to stage a violent upheaval in Caracas have nothing to do with democratic process, and only disrupt any prospects of political settlement.

Only Venezuelans themselves can define the fate of their state, Lavrov said, as he called for “inclusive political dialogue.”

時事通信社 2019年5月8日(水)6時41分
米国務長官、イラク電撃訪問=イラン対応など協議か
 【カイロ時事】AFP通信によると、ポンペオ米国務長官が7日、イラクの首都バグダッドを予告なしに訪問した。イラク政府筋の情報として伝えた。イラクは隣国イランとの結び付きが強く、米国が圧力を強めるイランへの対応などをイラク首脳と協議するとみられる。
 欧州を歴訪していたポンペオ長官は7日にドイツを訪れる予定だったが、「緊急の用件」を理由に突然中止していた。
posted by ZUKUNASHI at 09:30| Comment(0) | 国際・政治

被ばくによる犠牲者多発でパニックになり土地が暴落、会社が倒産

※ tsuto @karrento氏の2019/5/6のツイート
ローンで買った一戸建。まさかの原発汚染。ローンはまだ半分以上。平気で暮らしているご近所。大きな声では言えないが、実は非常に不安な日々・・もし病気になったら・・5年後病人が急増してパニックになり、土地が暴落、会社が倒産したら・・私の友人は真剣に考えている。

・・・引用終わり・・・

千葉市内の姨捨団地の実態を調べました。老人が残って年金で暮らしながら家を維持している状況です。持ち家があれば、夫婦のうちどちらかが生きていて自力で暮らしていけるなら、これまでの家に住み続けるでしょう。

ですが空き家も増えています。あと5年も経つと空き家が増え、家を処分する動きも出てくるでしょう。

高度成長期の直後に民間デベロッパーによって作られた小規模団地は、鉄道からも遠く、郊外の職場が減る中で需要が出てくるとは期待しがたいです。

そのため、処分の動きが強まればそういう通勤、買い物に不便な団地の老朽住宅から値下がりが顕著になるでしょう。

すでに地方では、例えば栃木県の南部で鉄道駅が利用可能なところでも中古住宅の値下がりが顕著です。関東から離れれば、さらに中古住宅の価格低下は激しくなっています。

何か機会があれば損を出しても処分したほうが良いと考える人がどれだけ増えるかです。その機運が高まるのは、一つはオリンピックの終了時点なのかもしれません。

一つ注意しておきたいのは、関東圏でも人口減が顕著な地域もあり、企業体はそれだけ事業量のパイが減ります。経営悪化要因です。これは老人ばかりになり、あるいは空き家が増えた段階で生じます。

ある団地では、それまでのスーパーが閉店し、介護施設に変わりました。

・・・・・

筑西市PR動画「ちくダンス」
https://www.youtube.com/watch?v=abKI0S1B6Sk

Pharrell Williams- HAPPY FUKUSHIMA HAMADORI 福島県被災地域(JAPAN)#happyfukushima #happy #ハッピー福島
posted by ZUKUNASHI at 09:23| Comment(0) | 福島原発事故