ずくなしの冷や水

2019年04月30日

下流老人はすぐ逮捕されるけど 上流老人は逮捕されないんですね

下流老人はすぐ逮捕されるけど 上流老人は逮捕されないんですね。上流市民はレイプしても逮捕されないし。以下はいずれも千葉県警

最新事件・事故ファイル(2018年12月30日)
・交通死亡事故で男を逮捕(茂原警察署)
 12月29日午後10時36分頃、茂原市早野の道路で、普通乗用車が歩行中の女性と衝突し、同人が搬送先の病院で死亡。普通乗用車を運転していた自称フリーターの男(47)を逮捕

最新事件・事故ファイル(2019年3月19日)
・器物損壊事件で男を逮捕(船橋東警察署)
 3月18日午後3時11分頃、船橋市習志野の店舗駐車場に設置されたのぼり旗2本を損壊した韓国籍で自称無職の男(67)を逮捕

最新事件・事故ファイル(2019年3月20日)
・横領事件で男を逮捕(船橋東警察署)
3月10日午後4時頃、船橋市前原西所在のレンタカー店において、店長管理の普通乗用車1台を翌11日午後4時までに返還する契約を締結した上、同車を借り受け保管中、同契約期限が到来した後も返還することなく、同車を横領した自称アルバイトの男(52)を3月19日逮捕

3/10の16時に乗用車借り受け
3/11の16時返還期限
3/19 逮捕
この1週間、店と借り受け人との間で折衝があったが、借り受け人が返還を拒否した? それなら延長のカネを払え! 今はカネはない。
という経過でしょうか。

最新事件・事故ファイル(2019年3月26日)
・器物損壊事件で男を逮捕(船橋東警察署)
 平成30年11月17日午前9時30分頃から同月24日午前9時30分頃までの間、船橋市内の図書館から借りた本のページ2枚を切り取り損壊した自称アルバイトの男(21)を3月26日逮捕

・暴力行為等処罰に関する法律違反事件で男を逮捕(柏警察署)
 2月25日午後8時10分頃、柏市旭町の道路で、交通上のトラブルから被害者の男性に対して、暴力団組織名を告げて、その威力を示し脅迫した指定暴力団組員で自称無職の男(41)を3月26日逮捕

最新事件・事故ファイル(2019年3月28日)
・公務執行妨害事件で男を逮捕(松戸警察署)
3月28日午後3時29分頃、松戸市役所で、生活保護に関する相談で対応した職員に対し、ビニール傘を両手に持って突き刺す姿勢をみせるなどの暴行を加え、職務を妨害した自称無職の男(70)を逮捕

・共同2019/4/3 12:46
鹿児島県警は3日、外国産のごまを混ぜながら「鹿児島県産」と偽って表示してごま加工品を販売したとして、不正競争防止法違反の疑いで鹿北製油(同県湧水町)の社長、和田久輝容疑者(57)=同県霧島市=を逮捕した。
 逮捕容疑は、不正な利益を得る目的で、国産ごまに外国産ごまを混ぜて製造したごま加工品の原料原産地を「鹿児島県産」と表示し、複数の取引先に販売した疑い。
 県警によると、偽装したのはすりごま約450袋(計約10万円相当)。昨年の数カ月間にわたって東京や大阪府、鹿児島県などの計6社に販売した。
 和田容疑者は容疑を認めている。
・・・たった10万円ですよ!

最新事件・事故ファイル(2019年4月3日)
・器物損壊事件で男を逮捕(印西警察署)
1月29日午前8時3分頃、印西市内の病院内に設置された案内板をつえのようなものでたたき割り損壊させた無職の男(68)を4月3日逮捕

・脅迫事件で男を逮捕(我孫子警察署)
 平成30年4月29日午後5時32分頃から同日午後5時34分頃までの間、2回にわたり、携帯電話機を使用し、我孫子市内に所在する飲食店に電話をかけて、同店のアルバイト従業員に対し、「何だ、あの態度は」、「包丁持って殺しに行くからな」などと脅迫した無職の男(63)を4月8日逮捕
・・・1年前の脅迫事件ですね。

・器物損壊事件で男を逮捕(船橋警察署)
 4月13日午前7時頃から同日午前7時30分頃までの間、船橋市宮本所在の京成電鉄船橋競馬場第3踏切に設置された遮断管2本をのこぎり様の物で切断した自営業の男(53)を逮捕
・・・この事件は深刻です。

・銃刀法違反(刃物携帯)事件で男を逮捕(印西警察署)
 4月28日午後10時24分頃、印西市西白井の道路で、業務その他正当な理由なくカッターナイフを携帯していた自称会社員の男(49)を逮捕

・・・・・

・バスが関係する交通人身事故の発生について(習志野警察署)
 3月19日午後4時28分頃、習志野市秋津の道路で、バスを運転していた男性(72)が急ブレーキを踏み、乗客6人が転倒などし、病院に搬送
・・・運転手72歳、路線バスですね。バスで立っている時は管理人も気を付けています。
posted by ZUKUNASHI at 22:08| Comment(6) | 社会・経済

USBメモリー、SDカードの画像復旧

アンドロイドタブレットにマイクロSDカードを入れてカメラの撮影を記録していましたが、USBケーブル接続でパソコンにコピー中に間違って全部消してしまいました。

マイクロSDカードを取り出し、Windowsマシンに差し込み、削除ファイルを回復できるソフトをいくつか試しました。

一押し! USBメモリ復旧
大変わかりやすくできています。

いくつか、復旧できないものもありましたが、これはやむを得ない。

でもほとんどが回復できました。

ご使用の際は、復旧したファイルの保存場所をメモしておいてください。デフォルトではWINDOWSの奥深いところに保存するので後で見つからなくなります。

アンドロイドもアイフォンもLINUXもフィル操作が面倒です。アンドロイド、アイフォンは、アップルやGoogleの画像保管場所にアプロードする仕組みがあって、そこを使えば画像の呼び出しが簡単なようですが、そういう場所を使うと全部覗かれてしまうんですよね。流出するかも知れないし。

よく皆さん使っていますね。見られて恥ずかしい、見せたくない画像は撮影していない? 

管理人のアンドロイドタブレットは、USBケーブルでパソコンとつなげばタブロイドの画面を2回タップするだけでパソコンからタブレットの画像を見ることができるのですが、コピーに時間がかかり、よく確認しないで元画像を消すと全部消えているということになります。

とにかくアンドロイドは、Googleがすべての情報を把握しようとしています。そういう情報収集の対象となることで、自らの社会的存在を確認している人も少なくないのかもしれません。

でも私はそういう人とは情報をやり取りしたくない。
posted by ZUKUNASHI at 20:47| Comment(0) | デジタル・インターネット

给在日本的中国朋友






这条河里的贝类,蛤蜊,牡蛎极有可能已受到污染。为了你的健康,请不要吃!!!

日本当局禁止在这条河上游捕获鳗鱼。因为受到福岛第一核电站事故的影响,这条河里的水和泥极有可能被放射性物质污染。
posted by ZUKUNASHI at 19:20| Comment(2) | 福島原発事故

食べて応援あの世行

読者から教えてもらいました。めげ猫「タマ」さんの考察。

http://mekenekotama.blog38.fc2.com/blog-entry-2873.html

福島産、食べて応援あの世行、2018年度
福島産を許容する方が約67%の福島県郡山市・三春町の葬式(死者数)は
  事故前(2009年度)3,153人
  2018年度(昨年度)3,560人
で13%増えています。このような事が偶然に起こる確率を計算したら約150万分の1でした。
一方で福島産を許容する方は約7%の福島県相馬・南相馬市の葬式(死者数)は
  事故前(2009年度)1,293人
  2018年度(昨年度)1,327人
で、少し増えていますが、統計的な差はありません。

・・・引用終わり・・・

大変ショッキングなデータです。ただ、管理人は、福島県での被ばくによる健康被害は飲食物だけによるものではないと考えています。初期の除染事業従事者に急死事例が相次いだこと、関東からのボランティアとして福島入りをした人に急死事例が少なくなかったことから、吸気被ばくによる害も極めて大きく、それが急死という形だけではなく、飲食物経由の内部被ばく継続によって時間が経過した後にありとあらゆる疾患として顕在化していると考えています。

めげ猫「タマ」さんの考察に取り上げられている地域のうち、いわき市は福島第一原発事故関連の収束事業の従事者が全国から流入しています。人口は堅調推移です。相馬市、南相馬市は、一部に避難区域もあり、人口減が顕著です。

人口減にもかかわらず死亡数が増大しているのは大変な話ですが、増大せずに横ばいでも極めて深刻なことです。

管理人も手元のデータからどんな状況なのか見てみました。ただし、使用したデータは、めげ猫「タマ」さんの考察に使われているデータとは異なります。管理人は福島県内の人口動態については、不審な点が多くかなり懐疑的なのです。そのため小地域の人口の推移などについては細かい分析を控えてきました。

以下では、福島県発表の人口動態統計から市町村別の人口と死亡数を取り出して集計しています。データが異なり、分析方法も異なりますから結論はおのずと異なります。ここでは月当たり10万人当たり死亡率を使っています。







この記事にYさんから寄せられたコメント。私の書けないことを書いていただきました。
「初期被爆や土壌汚染のレベルがあまりに酷い場合は、その土地に留まる限り、たとえ汚染食品による内部被曝を回避しようと努力しようと、長期的に見て健康維持は困難。」
posted by ZUKUNASHI at 18:16| Comment(6) | 福島原発事故

これだから徘徊老人はやめられない 若い女性から傘をもらった日


2019/4/27は、連休初日。肥満解消を目指して連続徘徊の1日目です。天気予報では雨の確率は低く、風が少し冷たいものの出かけました。昼頃の気温は15、16度でしょうか。この季節、このくらいの気温の日があると昔住んだ北の国の生活を思い出します。自分の気温体感がだんだん上がっているのに、冷たい空に触れるからなのか、それとも日照の具合と気温のミスマッチが北の国を思い出させるのかはわかりません。冷害になった年は毎日そう感じていました。

歩き出すとピンクの雪。残念、今日はまだコードピンクの格好はしていなかったんですけど、早くしろという天のお告げ? 2日ほど前、少し風が強かったですね。


シャクナゲですね。こんなに赤いものがあったかな。とても見事でした。


NHK放送大学。2015/10に政権批判を自主規制したと批判され、権威失墜です。屋上のバボラアンテナがなくなっています。今はデータ伝送はケーブルに移っているようです。


町中の民家の壁にありました。花はノウゼンカズラにそっくりですが、葉が違うし、花の季節も早すぎます。


幕張駅の近くは、中国人やインド人など外国人の営む料理店がたくさんあります。もともとこの近くに朝鮮学校があったと聞きました。そういうものを受け入れる風土があったのでしょうか。

そんなことを考えて歩いていたら、陳さんですか?という感じの親父さんがバックホーを運転して土砂をダンプカーに積み込んでいました。仕事中でなければ、話しかけるところです。


住宅街に入って民家の植木を見ながら歩きます。コデマリ、きれいです。


ところがこの頃からタブレットに雨滴が当たり始めました。空の雲は少し前から怪しかったのですが、今日は雨は降らないとの予想でしたので傘は持っていません。幕張パーキングエリアの近くでした。幕張駅が最寄ですが、雨の中歩くには距離があります。

さあ、どうすべえ。すぐ止むことを期待して雨宿りの場所を探します。京葉道路のトンネルまで急いで歩きます。あそこまで行けば、たばこも吸えるし、何時間いても迷惑だという人はいません。

トンネルについてまず一服。タブレットを出して、アメダスの画像を見ます。14時現在、全然降っていないことになっている。家にいればアメダス、雨雲レーダー、空間線量率の変化などで雨の動きを詳しく知ることができますが、タブレットではなかなか思うように操作できません。

雨は次第に強くなり、道路はすっかり濡れてしまいました。私はこのトンネルで結局35分間費やしました。暗くなるまで雨が降り続けば、アイフォンに「タクシー」と叫ぶつもりでした。その面ではアイフォンは遭難時の最後の手段としては機能するはずでした。

さて、ここでクイズです。私はここでどんな経験をしたでしょう。そしてその後どうしたでしょう。

選択肢を掲げましょう。私の体験は、読者には想像を超えたものが多いようなので。
@ 若い兄ちゃんが車に乗せてくれた。
A 年配の親父が車に乗せてくれた。
B 中年のおばさんが、駅まで傘に入れてくれた。
C たまたまタクシーが来たので乗った。
D 通りかかった人が傘をくれた。
E 通りかかった人が、雨宿りの場を貸してくれ、缶コーヒーを飲みながら1時間ほど話をした。

このクイズについて、ある読者から。「バカじゃね! 最初の記事題名が傘をもらった日だったからクイズにならないよ!」厳しい指摘。あはは、そうでしたね。

ネタばれで経緯を書きます。

雨宿りを始めて30分ほど経過したときです。私は、トンネルの出口で一生懸命タブレットで情報を集めていました。そしてふと顔を上げてトンネルの反対側を見ると車が出口の近くに止まりました。そして誰か車から降りて、トランクを開けたのです。

何やってんだろう。山に入るつもり? といぶかしく見ていると、その人がトランクから何か持ち出してこちらに走り出しました。

「傘使いますか?」と言ってくれていました。私はそちらに急いで向かいます。トンネルの途中でその方が、これ使ってくださいと、ビニール傘を渡してくれました。私がおカネ払いますからと言うと、使い古しだからいいですと。

ここは、ありがたく好意に甘えることにしました。若い女性でした。私がお礼を言う間もなくその方は引き返してすぐ車を発進させて消えていきました。次の画像は、発進直後の車です。残念ながら車の番号が読み取れません。



もらった傘を手にしてこんなことがあるものだろうかと、信じられない気持ちでした。

そして、私は雨の中を歩きだしました。雨に降られて沈んだ気持ちは吹き払われ、元気が満ちてきました。よーし、予定のコースを貫徹しようと決めたのです。

坂を上り高台の畑地帯に向かいます。その途中、道端にあった禾本科の何かです。曇りで草の緑色が鮮やかです。


てくてく歩いていくと、畑の中の道に水が溜まっています。転ばないように気を付けて歩きます。人参畑で若い男性が畑の周りにネットを張っていました。カラス除けだそうです。カラスは、畑の人参を掘り出して食べるのだそうです。

畑の中に直接降下するのではなく、周りに降りてからピョンピョンと人参に近づくのだそうで、人参の上よりも周りにネットを張るのが効果があると教えてくれました。就農して2年だそうです。もう父親は引退させて自分が全部やっているとのことでした。

若い人はネットで情報を集めたりして、農業のやり方も合理的になっているようです。その方は、そういう風にしているし、なっていると話していました。

福島第一原発事故がなければ、この地域は都市地域の生鮮野菜供給源として圧倒的に有利な地位にあったのです。すまないという気持ちを強くしました。

予定のコースを歩いて、キササゲの木を見ます。まだ全然花の気配はありません。


駅で盲導犬を連れたグループをお見掛けしました。盲導犬は賢そうだけど優しそうなとても良い顔をしていました。遠くからやっと1枚だけ写せました。特に犬は賢そうだとか優しそうだとかの感じがはっきりと出るものなんですね。うちの猫はそれに比べて・・・。


乗り換え駅のエスカレーターを上がっていったら、目の前に男性の生足が何本も。若い男性なのにすね毛が1本も見えません。脱毛しているんなら止めたほうが良いよ。体も大きくない。外国でそんなすべすべの足で短パンはいていたら国によっては男性に持てるかもしれないけど。


自然が一番、自然な気持ちが一番だよ!

私が雨宿りしたトンネルの近くには、いくつか介護施設があります。介護施設の職員の交代時刻は午後3時とかのところもありますね。私に傘をくれた方は、介護施設にお勤めだったのかと思っています。ありがとうございました。

初出:2019-04-27 17:29:34 追記 4/28 4/30
posted by ZUKUNASHI at 17:25| Comment(3) | 日記