ずくなしの冷や水

2019年04月27日

日本のお巡りさん! ブラジルでは「水と石鹸の不足」で年間1,000人がペニス切断だそうですよ

日本のお巡りさん! ブラジルでは「水と石鹸の不足」で年間1,000人がペニス切断だそうですよ。警察署には石鹸も水もないんですか?

※ 元警察官 @motokeisatu氏の11:58 - 2019年4月14日のツイート
全寮制の警察学校で知って驚いたこと
男の6割は小便後に手を洗わない
そのうちの2割は大便後も手を洗わない
私がトイレの洗面台で石けんで手を洗ってたら、個室から出てきた同期生が私の後ろを素通りしたので
「手洗うの忘れてない?」
と言ったら、
「え?いつも洗わないよ」
皆さまご周知を

日常的に様々な事故処理に当たる警察官の皆さん ご苦労様です。

トイレから出る時よりもトイレに入って用を足す前に手を洗いましょう!
入るときに洗うのは自分のため、出るときに洗うのは他人のためです。

警察官のこのような習慣が心配な方は、警察署へ行ったときは、備え付けの筆記具を使わないで済むようボールペンなどを持参しましょう。

管理人の手は、ほとんどモップの役目をしています。しばらく使わずにおいた器具を貸し出したりするとき、その点検で触りますので、もしそれに放射性物質がついていれば、管理人の手指にホコリと一緒に放射性物質が移行します。

そのため管理人は、何か器具に触ろうとする場合、触った場合、あるいは触っている最中に頻繁に手を洗います。これで危険な汚染物質は器具の表面には残らなくなります。

RT2019/4/26
1,000 penis amputations per year in Brazil shocks Bolsonaro who blames ‘lack of water and soap’
Brazilian President Jair Bolsonaro has expressed horror at the news that 1,000 penis amputations take place in the South American country each year, slamming the shocking stat as “ridiculous and sad.”

Bolsonaro told reporters in Brasilia on Thursday the amputations are carried out “due to a lack of water and soap,” and that the government has to work with men to make them know the dangers of bad hygiene practices.

“When you get to a point like that, you see that we're really at the bottom of the pit,” the 64-year-old president said, Globo reports.

“We have to find a way out of the bottom of the pit, helping these people by raising awareness, really showing what they have to do, which is good for them, is good for their future, and to avoid getting to that point that is ridiculous, sad for us, that amount of amputations that we have a year.”

A spokesperson from the Brazilian urology society told Reuters the 1,000 figure comes from official data on penis amputations, and that they are carried out to deal with untreatable infections, cancers, and HIV complications.
posted by ZUKUNASHI at 18:12| Comment(0) | 福島原発事故

家内工業 いいえ 丁寧な特製品です

昨日準備した測定システムの荷物を午前中に発送。さて、次の出荷準備。といっても稼働確認とパーツの追加だけなんですけどね。こちらは配達付きですので適当な袋に入れて運べばよい。

1 在庫棚からパソコンと測定器を取り出す。
2 電源アダプターを電源タップに差し込み、パソコンにつなぐ。
3 HDMI端子をモニターにつなぐ。
4 測定器のケーブルをパソコンにつなぐ。
5 パソコンにUSB LANケーブルアダプターを取り付けLANケーブルでスイッチングハブにつなぐ。LANケーブルは先日100円ショップで買った新品。LANケーブルアダプターは手元に確保してあった。

これで 測定器→パソコン→インターネット→サーバー とデータが流れます。今回は、手元でも画像を確認。

電源スイッチオン! 動き出しました。パソコンの画面が表示され、次いで測定器のグラフが表示されます。グラフがモニターの所定の場所に移動して、画像キャプチャー開始。サーバーの収録先にきちんと送信されています。

今回は、LANケーブル経由ですからWifiのSSIDの入力も必要ない。

これで線量率の測定水準がおかしくないか、再起動でちゃんと動くか、連続稼働で発熱したりしないかを確認します。

出荷先の管理者は、ケーブルの接続さえ間違えなければ、電源スイッチオンだけで設置完了、稼働開始なのです。まったく面倒なしでしょう?

目に見えるものはスティックパソコン、測定器GC10(このシステムでは特に小さなケースを使用)、電源アダプター、LANケーブルアダプターの4つ。ケーブルが4本です。

30分経過。平均が0.115μSv/h。私のデスクわきで稼働中のものは0.096μSv/hですからこちらが3cpm高い。測定時間が短いこと、本日は降雨で少し線量率が高いこともありましょう。古い機械よりも高いことは好ましいことなのです。測定器は性能低下が大きいので。結局0.103μSv/hでした。

管理人が開発したシステムは、バリエーションがあります。いずれも管理人が管理するサーバーにグラフをアプロードします。それによって近傍測定ポイントの線量率変化と比較できますし、外出先から監視することもできます。

1 スティックパソコン、測定器GC10、LANケーブルアダプター(推奨システム)
2 スティックパソコン、測定器GC10、Wifi接続

3 スティックパソコン、測定器GC10、Wifi・モバイルルーター接続

4 スティックパソコン、測定器GC10、USBまたはLANケーブル経由モバイルルーター接続(これは電磁波曝露が大きい3の短所を補うためモバイルルーターを居住空間から極力遠くに離そうとするものです)

2はモニターが必要、3、4はあらかじめ全部の機器を設定してあれば電源オンで動きますが、時に調整が必要なことがあります。

3、4については、おそらくは設置場所の電磁波環境で使えないことがあります。パソコンに直接つないだモニターでグラフを見ることができても、モバイルルーターの送受信が不安定でサーバーに送ることができない例を確認しています。

スティックパソコンは、24時間連続稼働に向いています。能力は低いのですが、このシステムでは十分働きます。これに着目して開発を進めてきたことが成功の要因です。

管理人は各設置ポイントで作成されたグラフデータを集めるサーバーを管理しているほか、グラフの記録を残しています。サーバーに集められたグラフデータをいくつかの画面に表示させてその画面をキャプチャーして記録しています。

当初これが安定せずに苦労しましたが、ようやく安定的に記録できるようになりました。

モバイルルーターを組み込んだシステム開発の過程で、電磁波問題の深刻さを知ることになりました。

「スマホデビュー」などという言葉はだれが使い始めたのでしょう。パソコンに慣れた人は、スマホなどは携帯電話とパソコンの中間で中途半端な使いにくいものなのです。

特に中年女性がスマホを使い始めてITの最先端に躍り出たような気でいるのは滑稽です。目は悪くなるは、電磁波は浴びるはで、老化が進みます。スマホを誇らしげに取り出している人は、内面も外面も劣化が進んでいる最中だということを自ら宣言しています。

・・・・・

一晩動かして安定稼働を確認。24時間に足りませんでしたが、この間にWindows10のソフトの更新を2回、記憶装置ディスクのクリーンアップを一回やっています。

あとはお渡しするだけです。
posted by ZUKUNASHI at 11:04| Comment(0) | 福島原発事故

主婦の電磁波曝露の害 確認される方も出ています

特に中年以上の主婦にスマホや家庭内のWifiなどを無警戒に使っている人が多いことが判明したので、できるだけ嫌味をたっぷり盛り込んで警告記事を書いてきました。

ご理解いただいて対策を講じ、効果があった方もおられるようです。

2019年04月27日
新手のおばさん撃退法?

2019年04月24日
IT機器による電磁波被害の犠牲になるのは女性が先のはず

2019年04月11日
スマホは使えるか

2019年04月10日
スマホは中途半端で使えない

2019年03月20日
日常的な電磁波被ばくと健康障害の関係でも閾値はないらしい

2019年03月19日
スマホなどの発する電磁波を減らすのは容易 Wifiは使用抑制

この連休中に試してみませんか。電磁波過敏になってしまうと、5Gが始まったとき、大変つらい思いをしますよ、きっと。
posted by ZUKUNASHI at 10:57| Comment(0) | 福島原発事故

新手のおばさん撃退法?

※ みすまる @InX2Lr8zllXMDSi氏の23:14 - 2019年4月23日のツイート
私の友人に化学物質過敏症であり、重度の電磁波過敏症の方がいます。
この方は電磁波過敏症の私でさえも信じられないようなものに身体が反応します。各家庭にあるフェンスの形状によっては苦しくなるといいます。カーテンレールのネジが苦しいといいます。ほんの数年前まで普通に生活していた方です

※ みすまる @InX2Lr8zllXMDSi氏の2019/4/23のツイート
みなさんに理解してもらえるのかわかりませんが聞いてください。
重度の電磁波過敏症の友人はオリンピックやワールドカップ、各スポーツの世界選手権などで各家庭がテレビを同じ時間に一斉に見るような条件が重なると、そのテレビ放送の通信電磁波で苦しくて仕方がないと訴えます。

・・・引用終わり・・・

「各家庭がテレビを同じ時間に一斉に見るような条件」
NHKの集金員が手にしている機械は、NHKの電波の周波数に特化した電磁波測定器のはずです。テレビをつけていて、特にNHKを見ていればそのテレビの周辺で電磁波が強くなるから探知できる。

ですから「そのテレビ放送の通信電磁波で苦しく」ということはあり得ます。

2019年04月24日
IT機器による電磁波被害の犠牲になるのは女性が先のはず に書きましたが、IT機器を不用意に使っている家庭の主婦などに電磁波に過敏な人がどんどん増えるでしょう。

悪用はお断りしますが、モバイルルーターで4Gの高速携帯データ回線を受信し、そこからWifi電波を飛ばしてタブレットで電波を受けて、Youtube の動画を連続して見る。

さらにそのタブレットからテザリングなどで別のスマホなどにWifi電波を送受信すると、そのような場では電磁波が極めて強くなるので、具合の悪くなるおばさんも出てくるでしょう。その人がスマホ愛用者ならなお効果が期待できます。本人の持つスマホが送受信する携帯回線の電波もある。

いえいえ、おばさん撃退法を書いているわけではありません。こういう機器を持った人が周りに詰めかけたら、その中心点では特に電磁波が強くなるので、他の人を引き付ける魅力あるおばさんは注意が必要と書いているだけです。

手元にモバイルルーターが2個、タブレット2個、それにアイフォンもありますのでそれを全部稼働させておばさんに近づいたら反応を示す人は出ると思います。おばさんが反応する前に自分が電磁波過敏症になって気持ち悪くなる危険もありますけどね。

棒の先にモバイルルーターやタブレットをぶら下げておばさんに近づけることもできないので、そんな実験をやる予定はありません。

2019/4/27、MEさんから寄せられた次のコメントをご覧ください。このような変化はありうる、かなりの確度である人が多いと思います。

少し前から寝るときに携帯やWifiを切るようにしたら、とてもよく眠れるようになりました。目の下にクマができません。朝起きたときの、疲れのとれ具合が違います。なので、この記事でおっしゃるように、普段は相当電磁波を浴びているということですね。

・・・引用終わり・・・

就寝中に急ぎの電話がありえますが、電話を受けても動けない。SMS、ショートメールで「レンラクコウ」と入れておけば、朝気づいてもらえるのではないでしょうか。
posted by ZUKUNASHI at 10:15| Comment(1) | 福島原発事故

このブログだから書けます 高校2年の息子は184cm

2018/4/26に寄せられた投稿を掲載する。ビッケさん、待ってました。そろそろ英語で投稿していただけるのではないかと心待ちにしていました。またよろしくお願いします。引用開始。

こんばんは。随分とご無沙汰しております。
精力的な記事のアップ、本当に頭が下がる思いです。有益な情報をいつもありがとうございます。

このブログを拝見するようになったのは311から半年たったころでしょうか、周りに居た「放射能ママ友」に刺激されて必死に被曝回避生活をおくってきました。気が付けば、ママ友たちは、移住していき、はたまた疲れ果ててもう知らんぷりの生活に戻っていました。一人、現在進行形で事故後生活をさみしく送り続けています。

効果があったのかはわかりません。家族に大きな病気はなく、92の父も未だ元気。低身長に悩む保護者が多い中、高校2年の息子は184cmと大きくなりました。(大きくなりすぎです!)5年生の息子には左耳に中等度の難聴が出ましたが、言語や知能には響いておらず、これまた大きく成長しており兄を超す日も来るのかなと見守っております。

ものすごく気を付けると経済的にも厳しかったので、途中から浄水器の水道水にしてしまったし、食材もここ最近は、長野あたりまで北上してきました。給食は相変わらず気になる食材の欠食を続けさせていて、子供は自ら危なそうな食材を避けるようになりました。

決して嫌がりません。そのことが身を守る事だと解っているんです。もちろん、付き合いもあるので、そういう時は忘れたように食べます。「放射能ママ友」が言っていた「体内被曝を5年かけてゼロにする」の考えで、5年間はすごく気を付けて、その後は事故前でも摂取したであろう値を考え抑圧しないように食べたいときは食べました。

一番効果があったのでは?と考えているのは、入浴です。我が家は毎日湯船につかります。普通の水道水ですから、被曝はあると思います。でも、循環がよくなるのと、汗をかきます。これに尽きるように思えます。184cmはバスケットを5年生からしてきました。蒸し風呂と化した体育館で熱中症になるほど練習し、実際、何度も熱中症になってきました。そう、汗かきまくったんです事故後に。あとは、乳製品、牛乳の徹底的な排除。

周りには、低身長も増えましたし、特別学級の子も増えています。事故当時、増えたなと感じていた死亡手続きは、もう驚かなくなってきました。最近増えていると感じるのは、やっぱり癌でしょうか。高額療養費の限度額認定証発行手続きと不妊の話もよく耳にします。

私は、やんわりと「気を付けるものだよ。」と話すし、「放射能ママ」とよばれても、全く平気。かえって質問される事もありますので、昔取った杵柄よろしくお答えしています。

「放射能ママ」は逃げも隠れもしないし、流されもしないんですよ。今までも、この先も。

・・・引用終わり・・・

ビッケ母さんは、一段とたくましくなりましたね。とても頼もしい、喜ばしい。
posted by ZUKUNASHI at 00:11| Comment(0) | 福島原発事故