ずくなしの冷や水

2019年04月09日

イランと米国の関係さらに緊迫化 米国は‘Leader of world terrorism’

RT2019/4/9
Iran’s Revolutionary Guards’ top commander warns US carrier not to pass near its speed boats – media
A day after Washington added the Iranian Revolutionary Guards Corps to the terror list, an elite force’s top officer cautioned the US Navy against ordering its warships to sail close to their speed boats.

“Mr. Trump, tell your warships not to pass near the Revolutionary Guards boats,” Mohsen Rezaei, a senior officer of the Islamic Revolutionary Guard Corps (IRGC), was quoted by the semi-official news agency ISNA.
In a Monday statement, the US President designated the elite Corps as a terrorist organization. The move was to “expand the scope and scale” of pressure on Tehran. Now, the US may impose further sanctions on the IRGC, with Trump himself warning that “if you are doing business with the IRGC, you will be bankrolling terrorism.”

Tehran responded swiftly to the decision, declaring US Central Command (CENTCOM) a terrorist entity as well. On his part, Iranian President Hassan Rouhani accused the US of shielding terrorist groups, including Islamic State (IS, formerly ISIS), which members of the Guards are fighting against in the region.

The Pentagon’s command oversees the Middle East, Central Asia and Egypt in North Africa. Notably, some US military leaders, including Joint Chiefs of Staff Chairman Gen Joe Dunford, expressed concerns about troop safety in the region. They argued that the designation could spark violence against US forces across the Middle East, according to the Wall Street Journal.

RT2019/4/9
‘Major miscalculation’ in Netanyahu’s support: Where can declaring IRGC terrorists push Middle East?
Seeking to put pressure on Iran, the US might shoot itself in the foot as it sets a dangerous precedent that could imperil the lives of American soldiers in the Middle East and plunge the region into a new big war, analysts warn.

In its overzealous push to force Tehran into compliance with US demands, Washington has found itself one clue short of a potential disaster. However, it appears to disregard the fact that its reckless actions might send the Middle East spiraling out of control at any moment and could lead to disastrous consequences, that would cost the US dearly.

With its latest decision to designate Iran’s Revolutionary Guards Corps (IRGC) – an elite unit of the Iranian Armed Forces – as a terrorist organization, Washington has crossed a red line and set a “precedent that has been avoided at all costs up until now,” former Pentagon official Michael Maloof told RT.

The US decision has theoretically opened the way for any nation to formally designate other countries’ military forces as terrorists – a development that could lead to global chaos. And the US could well turn out to be the first to suffer as its own strategy backfires.


‘Shoot on sight’

Washington has decided to go after the IRGC because it feels that the corps spreads its “terrorist” influence through various groups in other countries it supports. But that is pretty-much what the US itself is doing when it sends its troops to places likes Syria or Iraq, where they lend assistance to various militant groups that could well turn out to be extremists, Maloof explains.

Now, Washington has opened up an avenue for other nations to call out American policies. "It is a slippery slope. It can backfire," he warned.

What happens if Iran or any other country declares the US troops in Syria a terrorist group? That means to shoot on sight.

A response was not long in coming. Hours after US President Donald Trump announced his decision, Iran's Supreme National Security Council designated America's Central Command (CENTCOM) as a terrorist group and called Washington a "terrorist government" in a mirror response.

Maloof warned that now Iran could also encourage its allies in the region to go after American troops.

It puts the US troops in a very precarious position. They can be subjected even to execution if they are captured and brought to trial.

Big war looming?

Trump's decision drastically lowers the threshold for military confrontation and could lead to a major conflict in the Middle East, political analyst Seyyed Mostafa Khoshcheshm believes.

"As soon as Washington's decision is communicated to the US Army, they would target the IRGC on the ground and the IRGC would definitely defend itself," he told RT. "Security consequences will be grave."

As both sides have forces in Syria and Iraq as well as in the Persian Gulf area, the situation could easily "spiral out of control as a result of the slightest mistake or misfire," the analyst warned. "This decision could be a game changer, but not in the way desired by Trump but in terms of escalating tensions between the two sides putting them on the brink of war."
Backing Netanyahu is a 'major miscalculation'

By designating the IRGC a terrorist group right ahead of the Israeli elections, Trump apparently also planned to boost support for his ally and Iran's fiercest opponent, Benjamin Netanyahu, who faces tough competition at home, the analysts believe. While Trump hopes that his adamant support for the current Israeli prime minister would help him win American Jews' votes next year, he might lose more with this bargain than he could possibly gain.

"It is a gift to help Netanyahu in his elections," said Foad Izadi, a political communications professor at the University of Tehran. "The timing has a lot to do with the Israeli elections, in which the US is actually interfering."

However, by cozying up to Tel Aviv, Washington alienates other players in the region and weakens its position globally, Seyed Mohammad Marandi, political analyst and professor at the University of Tehran, believes.

It is a major miscalculation.

A string of openly provocative actions that clearly favor Israel has pushed people in the Middle East away from the US and closer to Iran, at the same time uniting Iranians in their pushback against the US, Marandi explained. Trump's other blunders, like his continued row with Turkey, are also likely to make Ankara friendlier towards Tehran, the analyst believes.

"Designating IRGC as terrorists might make Trump think that he is able to attack Iran without any excuse needed. But he is the only one who thinks so," Izadi noted, adding that even Trump's closest allies might not be as supportive as he'd like. And independent nations like Russia and China are bound to see the US as an increasing threat.

Ultimately, Trump's policies would lead only to greater isolation of Washington as "his behavior both in the US and across the globe is recognized by most people as erratic and unreasonable," Marandi said.

"Trump is eventually hurting the US more than anything else."

RT2019/4/9
‘Leader of world terrorism’: Iran president fires back at US after IRGC placed on terror list
The US leads the world in supporting terrorism, including “hiding heads of ISIS,” Iranian president said in a tit-for-tat response to Trump’s decision to designate the Revolutionary Guards as a terrorist group.

“You want to use terrorist groups as tools against the nations of the region… you are the leader of world terrorism,” Hassan Rouhani proclaimed on Tuesday in a televised address to the nation. Continuing, the Iranian president accused the US of shielding jihadists in the Middle East.

Who is propagating and encouraging terrorism in today’s world? Who wanted to use [Islamic State] as a tool?

“Even now America is hiding the heads of ISIS, even now they are not prepared to tell the regional governments where the heads of ISIS are hiding,” he was quoted as saying by various news agencies.

US President Donald Trump designated Iran’s elite Revolutionary Guard Corps (IRGC) as a foreign terrorist organization on Monday. His decision marks, by Washington’s own admission, the first time the US has added another nation’s military force to a terror list.

Who are you to label revolutionary institutions as terrorists?” Rouhani asked in the Tuesday broadcast. He said Trump’s move was a “mistake” that will unite the nation and make the Revolutionary Guards more popular among Iranians.

Public condemnation aside, the Iranian government had earlier declared the US a “terrorist government” while calling the US Central Command a terrorist group as well. CENTCOM, which covers the Middle East, including Egypt, and Central Asia, undermines Iran’s national security and pursues “aggressive policies” in Western Asia, it alleged.

The US and its allies “have always been advocates of extremist groups and terrorists in the Western Asian region,” the government said, adding that Washington has to take responsibility for “the dangerous consequences of its adventures.”

A host of IRGC-affiliated entities were already targeted by US sanctions for alleged support for terrorism and human rights abuses. Those restrictions came as tensions between Washington and Tehran mounted after Trump withdrew from the landmark 2015 Iran nuclear accord.


SPUTNIK2019/4/8
Iran Designates US Military a Terrorist Organisation - Reports
Middle East
18:59 08.04.2019(updated 19:08 08.04.2019) Get short URL
0 51

Previously, Iran warned that if US President Donald Trump lists Iran's Islamic Revolutionary Guards Corps as a terrorist organisation, Tehran would respond with a similar measure towards the US CENTCOM. The corresponding bill has already been prepared.

Iran's Supreme Security Council has designated the US CENTCOM and related forces as a terrorist organisation, Press TV reported. In addition, the media outlet noted, the council accused Washington of supporting terrorism.

The move was announced shortly after US President Donald Trump announced a similar decision toward Iran's Islamic Revolutionary Guards Corps, warning about "the risks of conducting business" with the elite forces.

posted by ZUKUNASHI at 22:56| Comment(0) | 国際・政治

US will ‘put tariffs on $11 billion of EU products’ – Trump

RT2019/4/9
US will ‘put tariffs on $11 billion of EU products’ – Trump
US President Donald Trump has vowed to impose import tariffs on $11 billion worth of goods from the European Union after the World Trade Organization (WTO) ruled EU subsidies to Airbus caused “adverse effects” to the US.

Earlier this week, the US Trade Representative (USTR) said Washington was mulling tariffs on a wide range of European exports to the US, including large commercial aircraft and parts, as well as wine, cheese, and dairy products.

The US threat has been sharply criticized by EU officials, who said the figure of $11 billion was “greatly exaggerated.” The bloc is reportedly weighing retaliatory measures against the US over Boeing subsidies. Airbus said it saw no legal basis for Washington’s move and warned of deepening transatlantic trade tensions.

The US filed its first WTO complaint against illegal subsidies provided by the EU to Airbus 15 years ago. Washington accused the European aircraft manufacturer of benefitting from the state aid. For more than a decade the sides have been involved in litigation over the issue, with Brussels making identical accusations against US subsidies for Boeing.

This is the latest chapter in the escalating trade tensions between Washington and Brussels which started shortly after Donald Trump took office in early 2017.

After ending negotiations on the Transatlantic and Investment Partnership (TTIP), the proposed trade agreement between the US and EU, Trump imposed steel and aluminum tariffs on the EU and a number of other countries. The EU placed retaliatory levies on €2.8 billion worth of US goods, including bourbon whiskey, motorcycles, jeans and orange juice.
posted by ZUKUNASHI at 22:19| Comment(0) | 国際・政治

若狭湾東部から放出された放射性物質はどこへ飛ぶか

2019年04月09日
もんじゅは日ごろ何を出している?の関連

黄色い線は、これまでに管理人が観察したことのある気流の流れです。北に流れることが多いのですが、南東に流れることもあります。愛知、名古屋方面です。


例えばこんな例です。


原子炉が過熱すると原子炉内の燃料棒とそれに含まれる放射性物質が溶融し、やがて沸点に達して気化し始めます。縦軸は摂氏度。

希ガスは常温で気体です。燃料棒にピンホール一つあっても外に出てきます。キセノンが希ガスです。

そして温度が上がるとまずヨウ素が気化して隙間を通って外に出てきます。ヨウ素の沸点184.3度、セシウム 641度(668.4度とも)、テルル129m988度。

2011/3/15に真っ先に飛んできたのは放射性ヨウ素です。この日、神奈川県ではセシウムの沈着量は少なかったのです。翌日以降セシウムの飛来が増え、2011/3/21の時点ではセシウムの累計沈着量がヨウ素のそれを上回りました。

F1から260kmほども離れた神奈川県の先例から見ると、若狭湾で事故があれば、直線距離で100kmしかない名古屋の中心部など、完全な射程圏に入ります。仙台中心部がF1から直線距離約94kmです。

風次第で何度も含まれる放射性物質の異なるプルームに襲われるでしょう。
そうなったとき、愛知も宮城と同じで測定を最大限さぼるのでしょうか

とても意外なのですが、岐阜や愛知は私設の線量率モニタリングポストが少ないのです。北陸もそうです。新潟も同じです。100万円のバードウォッチング用望遠カメラより、10万円のラジコンカーやスマホよりも生き延びるうえではずっと価値があるんですが。

愛知県が線量率の測定結果を公表しなくなるほどの深刻な事態になったらどうするか。事故の後は繰り返し放射性物質が放出されます。いずれ関東にも流れてきます。まずは屋内退避で様子を見ましょう。

そして機会が得られれば、最速の新幹線で西に逃げることです。毒マスクを着用して。

自家用車での避難は不適。飛行機は上空の放射性物質を吸い込む危険があります。毒マスクを着用できれば良いですが。

2019年04月09日
2011/3/15〜16 神奈川を襲ったプルーム
posted by ZUKUNASHI at 19:22| Comment(1) | 福島原発事故

2011/3/15〜16 神奈川を襲ったプルーム

東京都の測定値

千葉市にある日本分析センターの測定値。3/15の16:00、3/16の9:00、3/21の8:00にピークがある。

川崎市と横須賀市の空間線量率。青が川崎市

横浜市環境科学研究所の3/15から3/24までの1時間ごとの空間線量率(移転前)。単位ナノグレイ/h。




藤沢市の値は2011/3/15前後の空間線量率を測定していた方のブログによる。その方のブログから拾い出した日時別の空間線量率。2011/3/15は降雨ありの天気予報だったとのコメントが付いている。3/15は東京でもにわか雨にあたったとの情報があるが、気象庁のデータでは確認できない。


2011/3/15早朝

2011/3/15日中

2011/3/15夕刻

2011/3/16未明から早朝
posted by ZUKUNASHI at 17:22| Comment(0) | 福島原発事故

こういう不幸がどんどん続くでしょう 静かに待ちますか?

ORICON NEWS・エンタメ総合 2019年4月8日 11時14分(最終更新 4月8日 12時16分)
ヒトリエ・wowakaさん死去 31歳 メンバー・スタッフ「現実を受け止められない」
ロックバンド・ヒトリエのボーカル&ギターで、ボカロP「現実逃避P」としても知られるwowaka(ヲワカ)さんが5日、急性心不全のため31歳で亡くなった。バンドの公式サイトで8日、伝えられた。
 サイトでは「ヒトリエのボーカル・ギターのwowakaは、4月5日に急性心不全のため、永眠致しました。享年31歳でした。謹んで皆様にお知らせ致します。これまでwowaka、ヒトリエを応援してくださった方々に深く感謝申し上げます」と訃報を伝えた。葬儀は、遺族の意向により近親者のみで執り行われた。
 また、wowakaさん死去にともない、現在発表しているヒトリエの全国ツアーは中止、イベントへの出演はキャンセルとすることも発表。「突然の悲報に接し、メンバー・スタッフ一同、現実を受け止められない状況です。バンドの今後の活動については現在未定ですが、イガラシ、シノダ、ゆーまおの各メンバーは、これからも音楽活動を続けてまいります」と伝えた。
 同バンドは6日、全国ツアー『ヒトリエ TOUR 2019 "Coyote Howling" 』の京都・磔磔公演(6日)と岡山・CRAZYMAMA 2nd Room公演(7日)を「メンバーの諸事情により」中止すると発表していた。

※ うさぎさんトレードマーク(TM) @usa_gi氏の12:54 - 2019年4月8日 場所: 福島 大熊町 のツイート
こんなところで寿司食いまくってりゃあ、当然の結末。#無知でお陀仏 #食べて応援被曝
ヒトリエの「グルメトーキョー」【 第12回】 ... 3ツアーで新潟、福島、宮城、群馬に行きますからねお願いしますよ、ホントに。

・・・引用終わり・・・

亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
でも、残されたメンバーは、「現実を受け止められない状況です」などと言っている場合ではないだろう。次はあなたかもなのに。同じところに行って同じようなものを食っている。

うさぎさんのツイートの最後の部分は何の話かと調べてみたら
ヒトリエの「グルメトーキョー」【第12回】 2016年05月号掲載
回転ずしの食べ歩きの記録が載っています。こんな企画誰が出したんでしょう。無知、無責任にもほどがある。こういうことをやっていた、やらされていたなら、当然随伴するリスクが顕在化しただけのことです。

次のコメントにあるように被ばくとの関連性を打ち消すのに躍起になっているのは、原子力村だけでなく、こういうプロデュースをする人たちの都合もあるのでしょう。

2019/4/9に寄せられたコメント

ヒトリエ放射能、で検索してみました。すると検索上位の方にmixiが出てきて、普段mixiを使わないけれど見てみました。
すると、、、放射能でヒットした意味がわかりました。放射能で死ぬこと自体が有り得ないというコメントのオンパレード。いまだにこういう事を言っている人が多いのですね。そして、放射脳!という言葉も久々に聞きました笑笑。ま、どこにでも湧く工作員かも知れませんが、変な話だけどタイムマシンに乗って別の時代をのぞいているような妙な感覚でした。もう仕方ないですね。ある意味最強!ある意味世界で一番幸せな人たちですから敵いません。でも自分と違う意見の人間を徹底的に叩いて潰すことはやめたほうがいいんじゃないかなと思います。もしかして心の奥底に不安が巣食ってるからそれを打ち消すために叩いてるの?と私はつい穿った見方をしてしまうもんですから。。。

・・・引用終わり・・・

被ばくの怖さを一番よく知っているのは、そういう書き込みをしている人たちだと思います。若い人ではないのではないでしょうか。

ツイッターに募集条件が載っていましたが、月1万5千円でした。毎日5分ほど電話で指示があるらしいです。若い人がそんなに時間のかかる月1万5千円の仕事はやっていられない。
posted by ZUKUNASHI at 14:01| Comment(1) | 福島原発事故

もんじゅは日ごろ何を出している?

2019年04月07日
もんじゅの近くでは空間線量率の変動が大きいの関連

もんじゅが日ごろ何を出している?

放射性ヨウ素もありうるだろうが、キセノン133だろうか。キセノンの性質についてあちこちの記述を集めると次のようになる。

1 キセノンXe-133は半減期5.243日でβ崩壊し、427keVのβ線、確率約38%で81.0keVのγ線を出して133Csに変わる。

2 キセノンは希ガスのためにほとんど化学反応をせず、単原子分子のために狭い隙間も通り抜けて大気中に容易に放出・拡散する。
(Wikipedia)

3 原子力安全・保安院の推定データを用いれば、放出した放射性物質の24質量%が133Xeである。(Wikipedia)
福島第一原子力発電所から放出された主要な放射性同位体の量
核種______×10^15Bq______g______質量%
137Cs______15______4700 ______70
133Xe______11000 ______1600______24
134Cs______18______380______5.6
131I______160______35______0.52
90Sr______0.14______28______0.42
132Te______88______7.7______0.11

4 先述の通り133Xeは原子力発電所で大量に生成されるため、この用途のために原子炉から回収されている。(Wikipedia)

ここで大胆に管理人の推定を言えば、もんじゅから出ているのは主としてキセノンですね。

・・・・

NOAAによるキセノン133の飛散シミュレーションです。

2011/3/15正午



日本時間2011/3/15の午後9時から10時、埼玉県の秩父地域、栃木県の東部に500kBq/m^3超の部分があります。


もんじゅから尾張西部稲沢市まで約90km。尾張東部までせいぜい120km。


東海道線の運転手と車掌が手のしびれを訴えた事件、尾張西部で個人がSOEKSで異常に高い線量率を検出した事例。原因施設はもんじゅの可能性が強くなりました。岐阜県にも核関連施設があってそこから放射性物質が放出されている可能性もありますが、量が多すぎるように感じていました。もんじゅならその能力ありです。

一宮市のMPでは、一時線量率がジリジリと上がる期間が見られました。

岐阜県の読者は、就寝中やいろいろな時間帯にベータ線源によるとみられる異常な体感を感じていると伝えています。

このような仮説を置いて観察していけば、それの当否もいずれわかるでしょう。

・・・・

神奈川では2011/3/16の未明から早朝にかけて、群馬、埼玉の西部山間にあったキセノンの塊が南下しました。どんどんセシウム133に変わっている最中です。気体状のキセノンが放射線を出さないセシウム133に変わっていきましたが、セシウム133になれば化学反応を起こして原子単体ではなくなり塊ができて降下するでしょう。神奈川県下は放射性のセシウムは相対的に少なくとも放射線を出さないセシウムはそれなりに地表にあるということかもしれません。

2019年01月22日 神奈川県の人口動態悪化が強いのはこれだろうか

・・・・・

少し敷衍しますと、若狭湾の原発群の中でも西と東では気流の流れ方が大きく違うように見ています。もんじゅは立石半島(敦賀半島)の先端にあり、西風が吹くと北に行くとは限らないのではないでしょうか。



敦賀市を通って琵琶湖北部へ、そして関ケ原辺りを通って岐阜に抜けるルートを通るものがかなり多いとみています。琵琶湖北部の長浜市や高島市ではよく線量率が上がります。

全国49都道府県の出生死亡比率の低下度合いを比較すると岐阜県、愛知県が相対的に悪く、核施設も岐阜県にあるものを除けば大きなものはないはずなのにとの疑問があります。
2019年04月01日 おやじに爺! よく見ろ! あんたの種は全滅だな

立石半島にある核施設から放出された放射性物質は、直ちに拡散せずにかなり細い流れのまま岐阜、愛知に流れ込んでいるとの印象を受けています。これまでの異常事象で発生範囲が狭いからです。

上のリンクに引いた桑原氏の言うサブマージョン現象かもしれません。キセノンならNOAAのシミュレーションにあるように速やかに拡散ということではなさそうです。

毛玉親爺さんから教えてもらいました。

希ガスは反応性のない気体なので、放出しても問題ないというのは、原子力村のデマです。希ガスであっても水に溶け込むので、少し調べればすぐに分かりますが、キセノンは100ccの水に10cc程度の溶解度があり、空気より重い気体なのですぐに地表付近に降りてきて、水と触れれば溶けてそこに留まります。仮に11.2ccが溶けてるとすると、0.5mmolになりますが、半減期5日であれば、1秒では2ppmが壊変するので、アボガドロ定数6×10の23乗を掛ければ1秒間の壊変量となり、100ccの水から48万ギガベクレルの放射能が出る可能性があります。

・・・引用終わり・・・

えっ、えっ、えっ! ありがとうございます。
キセノンは空気より重く地表に降りてくる・・・2011/3/16の朝に神奈川県下を南下したキセノンが主体とみられる気流は地表を這うように流れたんですね。個人が測定した空間線量率で3/15よりも3/16の朝のほうが高くなっています。

キセノン133は6割が崩壊時にベータ線を出し、4割がガンマ線を出します。茅ヶ崎市のMPはガンマ線しか計測しませんが、それでも3/16に3/15に匹敵するような水準を示した。キセノン133についていえばガンマ線の1.5倍のベータ線が出ていたはずです。2011/3/16の線量率が高い時間は長いです。

神奈川県下は、ところにより差がありますが、2011/3/15の早朝から茅ヶ崎に関しては3/16の午前いっぱいまで大気中のベータ線源とガンマ線源が多い状態が続いたことになります。

他の地域でこれだけ吸気被ばくが長く続いたところを知りません。セシウム濃厚汚染のある千葉と神奈川の比較で神奈川の人口動態の悪化が千葉を上回ってきている原因の一つはこれでしょう。間違いないところとみられます。

でも、2011/3/16の午前中、神奈川県民の少なからざる人がキセノンを吸って身体のしびれを感じているはずですが、どなたかそんな話を聞いた方はおられませんか。

2011/3/12頃茨城県南部では東海第二のベントの影響とみられる腕のしびれや頭痛を感じた方もおられるのですが。
posted by ZUKUNASHI at 13:41| Comment(2) | 福島原発事故

F1の放射性生成物のほとんどが大薯沢に残る

※ onodekita @onodekita氏の2019/4/7のツイート
フクシマからどれだけの放射能が漏れ出たかは、評価によって全然異なってくる。が、フクシマの炉内にあった放射性廃棄物の量に着目すると、みえてくる。もはや、今までに経験したことのない廃棄物が、野ざらしにされているのである
(以下にある表2枚はこのツイートに添付されたもの)

・・・・・

原発停止時点で原子炉にとれだけの放射性物質があったかは、さまざまな推計があります。

この推計での制約は、チェルノブイリよりは少なくできないこと。1基が3基に増えたわけで少なくとも倍くらいはないとおかしい。


一方、放出量は低めに抑えることはできる。放出割合を低くすればよい。

ただし、その場合は、放出されなかったものは事故現場に残っていることとなる。かくしてそれをどうするのかという問題が深刻なものとなる。


2014年07月09日
関東にはウラン232が満遍なく降っている 米国による土壌調査ではウラン238よりウラン232が多い

2017年03月23日
F1スクラム発生時にウランとストロンチウムではこれだけの量の違い 骨折原因はウランだ

2014年08月09日
太平洋は放射能の海になった

2014年08月07日
イタリア ENEA による放射性物質放出量の推計

2013年03月14日
福島第一原発から放出された放射性物質の見積もり

2011年06月29日
大気中へ放出された放射性物質の放出量
posted by ZUKUNASHI at 10:28| Comment(0) | 福島原発事故

Abe to visit US, France before Japan hosts G20

RT2019/4/8
Abe to visit US, France before Japan hosts G20
Prime Minister Shinzo Abe announced on Monday plans to visit the United States, Canada and France this month before Japan hosts the G20 later this year. The tour from April 22 to 29 will also include stops in Italy, Belgium and Slovakia, a Foreign Ministry official said. The trip comes ahead of long-awaited trade talks between Washington and Tokyo, as US President Donald Trump looks to negotiate a bilateral deal and threatens auto tariffs, AFP said. Abe said the trip was intended to “affirm close co-operation for success in the G20 summit in Osaka,” which will be held June 28 and 29. Trump is expected to visit Japan in May to become the first foreign head of state to meet Japan’s new emperor, Naruhito, who will be enthroned on May 1.

posted by ZUKUNASHI at 02:19| Comment(0) | 国際・政治