ずくなしの冷や水

2019年04月08日

海外からの日本旅行は割安になっているようだ

※ エリック ・C @x__ok氏の2019/4/7のツイート
日本国内の人達だけが知らない。世界からははっきり見えている。日本人には高くても世界の普通の人達には日本国内旅行も安いものとなった。円安を誘導して円の価値を自分らで下げたからだ。ちょうど昔、途上国を旅行するのと同じようになった日本。みなさまの自民党がそうしてくれた。

・・・引用終わり・・・

春になって外国人旅行者の姿がぐ〜んと増えました。アジアの人たちの所得水準が上がり、相対的に日本旅行が安くなったんだと思います。ドル円はこの2年強ほとんど変わっていません。

逆に日本の若い人が海外旅行に出るのは経済的負担が大きくなっているといいうことですね。

7年前に中国に旅行して、全然物価が安くないと感じました。今行ったらもっとそのように感じるでしょう。

Tさんのコメント
円安誘導すればこうなることは知れていたことですね。
そして弱くなった円では、
人口増加と経済成長で需要が増している食料は以前のように安価で調達できず、
さらに一般国民の生活は苦しくなります。

成長戦略の柱が観光業?
バカらしい。
生産効率の低い、
高度な技能不要、
ただただ人手が必要な
技術の無く経済の弱い国が行う産業じゃないですか。

これでも高齢者と話すと
「安倍さんしかいない」
「世界と渡り合える政治家は他にいない」ですと。

新聞とテレビとラジオを抑えれば批判も拡散せず、
有能な雰囲気、仕事をしている雰囲気を醸せ
いつの間にやら支持率も下がらず
選挙でも与党が勝ち続けられるようになる。
悪しき前例と悪しき傾向を確立してしまいました。

いくらネットがあり情報が発信されていても、
それを集めて考えられる国民がいなければ、
民主主義なんてあっという間に瓦解するんですね。
posted by ZUKUNASHI at 22:46| Comment(0) | 社会・経済

生まれて初めて選挙に棄権

管理人は、2019/4/7の地方選挙で選挙権を持ってから初めて棄権しました。夕刻外出から帰ってきて選挙に行こうとネットで選挙公報を見たら投票したい候補者がいなかったのです。

※ 氏治じゃ @tenan_oda氏の2019/4/8のツイート
ハッキリ断言します。
そもそも勝つ気がないなら言っても仕方ないが、今の野党では100年あっても今の与党には絶対に勝てない。
選挙に勝つ方法がひとつだけある。
日本共産党と全面的に協調路線に舵を切ることと、山本太郎の掲げる政策に乗ること。
それが出来ないなら確実に惨敗する。

国政選挙なら、共産党が候補者を立てるでしょうから選挙に行くと思います。立憲民主の候補者には入れません。
posted by ZUKUNASHI at 22:08| Comment(0) | 福島原発事故

ShareXでキャプチャー画面にタスクバーを取り込ませない

とても便利なShareXだが、キャプチャー画面の下部にタスクバーが取り込まれてキャプチャーしようとする範囲の下部が隠れてしまう。

これを回避しようとShareXのForumを調べてみたが、よくわからない。

設定時にリージョナルで指定しており、タスクバーの部分を含めていない。直後はタスクバーが表示されないが、しばらくするとタスクバーが現れる。

これは、Windowsのデスクトップの設定の問題ではなかろうかと思い至り、Windowsの設定でタスクバーを自動的に隠すようにしたらタスクバーが表示されないようになった。ただ、最下部に細い線が表示されるが、それによってキャプチャーしようとする範囲の一部が隠れても支障があるわけではない。

これで問題は解決したが、これに気づくまで時間がかかった。

@ ブラウザで表示されたサイトまたは表計算ソフトのキャプチャーしたいものを画面に表示。
A 表示内容は自動的に変わるようにする。Firefoxのアドオンの中にタブローテーションと一定時間での更新ができるものがある。
B Windowの位置を固定。
C タスクバーを自動的に隠す。
D ShareXで必要な範囲を自動キャプチャー、サーバーアプロード

EXCELで他のサイトからデータを取り、加工してグラフ表示の作業は、モバイルルーターを使うとタイムオーバーが生じることがあったが、固定回線ではその現象は出なくなった。

リアルタイム測定のグラフをいくつかまとめてキャプチャーしようとすると、配置が変わって一部がキャプチャーされないことがある。自分の書いたhtmlに問題があるらしく、いろいろ手を加え、スタイルシートできっちり位置を指定したらなんとか行けそうだ。それにしてもモニターに映し出されるグラフ配置とパソコン内部でキャプチャーしてたときのグラフ配置が異なるというのはどういうことだろう。

パソコン内部でモニターに映る通りの画像を作ってそれを送り出すのではなく、モニターに送り出す信号はそのような形に整理されたものではないようだ。

残るのはこの点だけだ。これを解決すれば安定稼働になる。

リアルタイム測定ポイントのシステム稼働もずいぶん安定してきた。管理運営に当たる方のご尽力のおかげだ。これまでパソコンに触ったことがなかったという人もすぐに熟達。本人にやる気があれば、パソコンなどそんなに難しいものではない。困ったときにヘルプしてくれる人がいるときにどんどん聞くのがよい。
posted by ZUKUNASHI at 21:47| Comment(0) | デジタル・インターネット

30代、1割が性交渉未経験

時事通信社2019年4月8日(月)9時04分
30代、1割が性交渉未経験=男性は低収入と関連−東大
 異性との性交渉を経験したことがない成人が増えており、2015年時点で30代男女の1割が未経験だったと、渋谷健司・東京大客員教授らのチームが8日、英医学誌に発表した。
 チームによると、男性では収入が低いほど未経験率が高かった。上田ピーター・東大客員研究員は「性交渉を求めない傾向は『草食系男子』などと言われてきたが、実際には収入や雇用形態の影響で不本意ながら経験していない面があるのでは」と分析した。
 チームは国立社会保障・人口問題研究所が成人の結婚、出産への意識や性交渉経験などについて調べている出生動向基本調査の1987〜2015年のデータなどを基に、日本全体の未経験率を推計した。
 18〜39歳の男女の未経験率は2000年前後までは低下し、その後上昇に転じていた。男性の1992年の未経験率は20%で、2015年は25.8%に増加。女性も21.7%から24.6%に増えていた。
 30代前半の男性では1987年の8.8%から2015年の12.7%に増加。女性は6.2%から11.9%に増えた。30代後半の男性では1992年の5.5%から2015年の9.5%に、女性は4.0%から8.9%に増加した。
 10年のデータを詳細に分析したところ、25〜39歳の男性では、正規雇用に比べ非正規雇用と時短勤務の人の未経験率は3.82倍、無職では7.87倍に達した。収入が低いほど未経験率は高かった。

・・・引用終わり・・・

いろいろと論議できる記事です。

※ sivad @sivad氏の2018/11/13のツイート
初期に過剰診断論を唱えた渋谷健司氏は病状が明らかになる前「リンパ節や周囲へ広がっている癌は、すぐに手術すべきである」と主張。その後福島のがんは9割以上がそういった状態だとわかり、舞台から姿を消しました。
posted by ZUKUNASHI at 11:08| Comment(0) | 社会・経済

Iran to place US Army on ‘terror list’ if Washington does the same with Revolutionary Guards

RT2019/4/7
Iran to place US Army on ‘terror list’ if Washington does the same with Revolutionary Guards
The US Army will land in the company of jihadists on Iran’s list of terrorist organizations, should Washington declare the nation’s elite Islamic Revolutionary Guard Corps (IRGC) a terrorist group, Iranian lawmakers warned.

Any US attack against the IRGC will be met with strong “reciprocal measures,” 255 of the 290 Iranian lawmakers said in a statement issued on Sunday, local media reported. The MPs warned that the response will make the “the leaders of America, who themselves are the creators and supporters of the terrorist groups in the region, regret their foolish actions.”

Reports that Washington is preparing to officially designate Iran’s elite military unit as a ‘terrorist organization’ appeared earlier this week.

Heshmatollah Falahatpisheh, who chairs the national security and foreign affairs committee in the Iranian parliament, explained that, as soon as that happens, the MPs will place the US Army on Iran’s list of terrorist organizations “along with Islamic State [IS, formerly ISIL].” A bill allowing this has already been prepared, he said.

The decades-long conflict between Tehran and Washington reignited last year when President Donald Trump unilaterally pulled the US out of the Joint Comprehensive Plan of Action (JCPOA) on the Iranian nuclear program and re-imposed sanctions on the Islamic republic. Iran blasted the move as illegal and vowed to retaliate.
posted by ZUKUNASHI at 01:01| Comment(0) | 国際・政治

Pentagon orders troops to leave Libya which it helped destabilize, laments ‘security conditions’

RT2019/4/7
Pentagon orders troops to leave Libya which it helped destabilize, laments ‘security conditions’
Washington did not play an insignificant role in turning Libya from a rather stable nation into a chaotic free-for-all battle zone. And now the Pentagon says it is too dangerous for American troops to stay on the ground.

The US Africa Command announced Sunday that it was pulling out a small contingent, which was deployed in Libya a few years ago to assist airstrikes against forces loyal to the terrorist group Islamic State (IS, formerly ISIS). The move came in response to the latest escalation of violence in the country.

“Due to increased unrest in Libya, a contingent of US forces supporting US Africa Command temporarily relocated in response to security conditions on the ground,” AFRICOM said in a statement.

“We will continue to monitor conditions on the ground and assess the feasibility for renewed US military presence, as appropriate,” said Nate Herring, an AFRICOM spokesman.

Libya remains a fractured land ever since the NATO-backed militant uprising ousted strongman Muammar Gaddafi in 2011. While British and French warplanes did most of the actual bombing, the US contribution was crucial to the war effort, with America providing things like intelligence gathering and air refueling.

At the moment there are two main competing governments in Libya, one recognized by the UN and based in the capital Tripoli and another one in the eastern city of Tobruk. Khalifa Haftar, a military commander supporting the eastern faction, ordered his troops to launch a military operation around Tripoli, citing the presence of “terrorists and extremists” as the reason for the move. They reportedly took control of some areas around the capital, like the defunct Tripoli International Airport, but so far have not moved towards central areas of the city.

The governments are just two of the many players in Libya, which are divided between various tribal militias, criminal gangs, radical Islamist groups and other forces.

The late Gaddafi was far from being an example of a benevolent selfless leader, having a record of military adventurism, alleged human rights violations and reported personal corruption. Nevertheless he ruled the country with a firm hand for decades, navigating the labyrinth of conflicting tribal loyalties and keeping radical Islamist groups in check.

His extravagant exuberant lifestyle didn’t stop him from using some of Libya’s oil riches to fund education, healthcare and other public services, which helped make Libya a country with the highest human development index in Africa.
posted by ZUKUNASHI at 00:55| Comment(0) | 国際・政治