ずくなしの冷や水

2019年04月03日

原子力規制委員会 定時降下物のモニタリング結果から

データソース:原子力規制委員会定時降下物のモニタリング
このページに掲載された「測定データを集約したCSVファイル」のデータをデータベースソフトに入れ、適宜クエリーでデータを組み換え集計し、表計算ソフトでグラフ化しています。訂正分がすべて反映されているかは不明。

47都道府県別に北海道から順に2011/3月分から2013/3月分までを並べています。ピークが各都道府県の2011/3の測定値です。山梨県、長野県、静岡県まで降下量が急増したことがわかります。


同期間の県別拡大図。千葉県。千葉市の下水を処理する南部クリーンセンターの焼却汚泥は、2012の春から放射能値が大きくリバウンドしました。降下量が増えたことが原因ですが、降下量と焼却汚泥のセシウム量とは数か月のタイムリグがあります。千葉市は鹿島灘からの風の通り道となっており、千葉市中央区などの千葉第一区の人口動態が悪いのはそれによる吸気被ばくが多かったためと考えています。


東京都。東京都は、測定の精度が他の県よりも高いとみられます。南関東で東京の数値が最も高いことが多いです。近県の測定値は過少となっている恐れが濃厚です。


神奈川県は、2011/4のヨウ素131の測定値が異常に低いなど、測定成果全般になおざりの面が見られます。水道水の測定結果も間が空いており、経時変化を把握しにくくなっています。核関連産業が立地しているため、福島第一原発事故前から行政に手心、あるいは配慮があったことを推察させます。被ばくに対する意識は、神奈川県の一般住民も含めて不足があり、そのことも神奈川県下で健康被害が大きくなったことの原因の一つと管理人は考えています。残念ながら、後世に大きな後遺症を残すでしょう。


次に最近の期間を見ます。上のCSVファイルには2018/10までしか収録されていません。その後は各月の測定値が公表されていますが、データを収集整理し終えていません。

福島県。一部の期間は2か所の測定値が載っています。2018/2には1平方メートル当たり3,000ベクレルも降下していました。


茨城県は2018/4の数値が突出しています。


栃木県は茨城県よりも水準は低いものの、やはり突出して降下量が増えることがあります。


次の埼玉県、千葉県でも2018/4の降下量が急増しており、F1で何らかの特別な事象があったことがわかります。




東京都の測定精度が高いことを理解していただけるでしょう。近県の測定数値は過少です。千葉の市原よりなぜ新宿が高くなるのか。


海沿いの茅ケ崎で測定している神奈川県の測定値は、使いにくいです。もっと内陸で測定しないと汚染実態はわかりません。


長野は2017/11に高い値が出ています。日本では、今なおどこでも放射性物質が降っています。
posted by ZUKUNASHI at 22:36| Comment(0) | 福島原発事故

エチオピア航空機事故の犠牲者がボーイングに訴訟提起

墜落したエチオピア航空のボーイング737には、国際機関の職員らが多数乗っていたのだそうです。その関係者かわかりませんが、ボーイングに対して訴訟が提起されました。



時事通信社4月3日(水)15時26分
ボーイング緊急対応機能せず=エチオピア機事故−米紙
 【ニューヨーク時事】3日付の米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは、エチオピアで起きた米ボーイング新型旅客機「737MAX」墜落事故に関し、パイロットは当初、同社が指示した緊急時の対応に従って機体の失速を自動的に防ぐ装置「MCAS」を停止させたが、機体をコントロールできず、装置を再び作動させていたと報じた。
 事故の暫定調査結果の報告を受けた人々の話によると、パイロットは機首を上昇させるためMCASを停止したが、その後、再作動させていた。再作動させた理由は不明だが、手動で機首を上昇させることができなかったためとみられる。

RT2019/3/29
Airline regulators knew about Boeing 737 MAX nosedive issue 2yrs ago
US and EU regulators had at least two years prior warning of irregularities with aircraft nose-angle control in the Boeing 737 MAX fleet, especially in the conditions which led to both recent air disasters, new documents show.

The Federal Aviation Authority (FAA) and the European Aviation and Space Agency (EASA) both certified the aircraft as “safe,” anticipating that additional procedures and training would prepare pilots for the “unusual” situations in which they would need to manually control the plane’s nose angle.

However, the published flight manual did not reference these “unusual” situations, according to a copy from American Airlines seen by Reuters, with tragic consequences and an overall death toll of 346 lives.

When the Boeing 737 MAX achieves speeds greater than 230 knots (265mph or 425kph), with its flaps retracted, pilots would potentially have to intervene using a wheel on the center console as opposed to an electric thumb switch to which they might be accustomed. The perceived rarity of such occurrences ultimately led to a lapse in safety protocols and training.

According to preliminary findings by Indonesian investigators, in the Lion Air disaster in October, pilots encountered almost the exact set of “unusual” circumstances described in the EASA document.

After faulty readings from specific sensors regarding the plane’s pitch, the pilots were forced to counter the aircraft’s automated anti-stall system (MCAS), which essentially forces the plane into a nosedive to keep the engines running, but they received a warning too late to save the lives of everyone on board.

Meanwhile, officials investigating the Ethiopian Airlines Boeing 737 MAX crash have reportedly reached the same conclusion in their preliminary findings based on data retrieved from the plane’s black box recorder.

Boeing’s bestselling craft has been grounded globally amid ongoing investigations and lawsuits.


FARSNEWS2019/3/29
Lawsuit Against Boeing Filed in US Federal Court over Deadly Crash
TEHRAN (FNA)- A lawsuit has been filed against plane-maker Boeing in the United States over the recent crash of the company’s 737 Max airplane operated by Ethiopian Airlines.

The lawsuit, filed on Thursday in Chicago federal court, was the first legal action against Boeing by one of the families of the victims of the disaster that killed 157 people weeks ago, World News reported.

The suit alleged that Boeing failed to warn the public, airlines and pilots about the airplane’s erroneous sensors.

In the wake of the crash, the 737 MAX planes were grounded worldwide following the fatal crash, which came five months after a Lion Air crash in Indonesia that killed 189 people.

Last week, the US Federal Aviation Administration (FAA) grounded all Boeing 737 Max airplanes in the United States following the crashes in Ethiopia and Indonesia that killed a total of 346 people.

Evidence shows that the Ethiopian Airlines incident was similar in nature to that of the Indonesia one. Both crashes occurred within minutes of takeoff and data recovered by investigators indicates that pilots wrestled with a computerized maneuver characteristics augmentation system (MCAS) in failed attempts to regain control of the aircraft. MCAS pitches the nose of the plane down if a sensor detects a too high angle of attack that might lead to a stall.

According to US media reports, the FBI has joined the criminal investigation into the certification of the Boeing company’s 737 MAX as new details emerge from two deadly crashes in five months.

Boeing has halted deliveries of its best-selling model, one intended to be the industry standard but now under a shadow. There were more than 300 MAX airplanes in operation worldwide at the time of the Ethiopian crash, and nearly 5,000 more on order.

RT2019/3/27
FAA says it has NOT approved 737 MAX 8 software patch as Boeing teases the update
A spokesman for the Federal Aviation Administration has said that the regulatory agency has not approved a software update for Boeing’s troubled 737 MAX 8 jetliner, previewed by Boeing on Wednesday.

Boeing’s 737 MAX 8 aircraft has been grounded worldwide after two fatal crashes: Ethiopian Airlines Flight 302 earlier this month and Indonesian Lion Air Flight 610 last October. Both planes nosedived shortly after takeoff, killing all on board. Investigators believe the 737 MAX 8’s MCAS leveling system - which adjusts the tail to keep the plane’s nose level in flight - may be to blame for the tragedies.

Boeing has been developing a software update to fix the plane’s faulty MCAS system since the most recent crash, and on Wednesday briefed pilots on the new updates. The Wall Street Journal reported on Sunday that the FAA has “tentatively” approved the software update.

But the agency now says it hasn’t, with an FAA spokesperson saying “we have not received the completed software enhancement for review and certification."

In the wake of both accidents, which a team of French investigators say showed “clear similarities” to each other, both Boeing and the FAA have come under intense scrutiny. A group of engineers with Boeing and the FAA claimed that Boeing downplayed safety concerns around the MCAS system in an effort to bring the plane to market faster. Pilots were not trained in how to operate the system, and a warning light that could notify pilots of errors with it was shipped to airlines as an optional extra.

Furthermore, the engineers claimed that the FAA delegated crucial safety analysis tasks to Boeing itself, trusting the airline’s own conclusions. Once the FAA had signed off on the jet, other regulatory agencies around the world followed the American regulator’s lead.

At a Senate hearing on Wednesday, FAA chief Daniel Elwell will tell lawmakers that his administration had a version of Boeing’s proposed software update seven weeks before the Ethiopian Airlines crash, according to his prepared remarks.

Federal prosecutors are currently looking into the FAA’s certification of the 737 MAX 8, and the Transportation Department’s inspector general is holding an audit into the certification process.
posted by ZUKUNASHI at 16:53| Comment(0) | 国際・政治

酒気帯び運転車両に注意!

千葉県警の事件ファイルを見ていると、酒器帯び運転で逮捕される例が続いています。

千葉県内の都市中心部以外は、つまり田舎はどんどんバス路線が廃止されています。管理人が本格的に徘徊を始めてもう5年以上になりますが、バス路線の廃止で郊外にはますます行きにくくなっています。

買い物も何でも車がなければ生活していけない状況は強まっています。
酒気帯び運転は増えます。間違いなく。

仕事上がりにちょっと一杯などというのは、送迎車両のある人ででもなければ難しくなっていますね。サラリーマンは酒気帯び自転車運転でも摘発されます。人身事故なら逮捕でしょう。

posted by ZUKUNASHI at 15:10| Comment(0) | 福島原発事故

日本原電は第二の東電になる 廃炉費用は誰が持つ?

※ 春橋哲史(福島第一原発事故は継続中) @haruhasiSF氏の2019/4/3のツイート
東海第二を不合格にすると、日本原電には稼働させる原発が無くなり、倒産に追い込まれる。そうすると、原電が持っている原発の管理をどうするのかという問題が浮上する。誰も、お荷物だけを引き受ける役はやりたくないだろう。私は、東海第二の「合格」は、内向きの理由だけで出てきたものと見ている。

※ エナガの会 @enaga_kashiwa氏の2019/4/2のツイート
東海第2原発もさることながら、昨年夏の時点で規制庁は原電自体の事業者能力に見切りをつけるべきだった。実際、当時規制委員会は何度も審査書準備に対する原電の対応を非難していた。(だったら、不合格にすれば良かっただけなのに)

※ parismocomama @parismama1251氏の2019/4/1のツイート
東京新聞:東海第二事故対策工事 資金調達決まらず 原電が会見:茨城(TOKYO Web) https://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201903/CK2019033002000156.html …当たり前!東電、北電からの資金調達など許されない!東電を潰さない為に莫大な税金を注ぎ込んでいるのに!福島の避難者への援助も切って、そんな事はあり得ない!東海第二原発ひ速やかに廃炉に

日本原子力発電株式会社のサイトから転載
会社名 日本原子力発電株式会社
英訳名 The Japan Atomic Power Company
設立年月日 1957年11月1日
資本金 授権資本金:1,200億円
払込資本金:1,200億円
発電設備 2基 226万キロワット
売上高(電気事業営業収益) 1,135億15百万円(2017年度)
総資産 6,577億75百万円
従業員数 1,169人

事業の経過及びその成果 2017年度事業報告(抜粋)の抄
当社におきましては、昨年度に引き続き当年度も既設発電所が年度を通して全て停止しておりました。
東海第二発電所及び敦賀発電所2号機につきましては、新規制基準に対する適合性の審査への対応を行っております。
敦賀発電所3,4号機の増設計画につきましては、国の長期エネルギー需給見通しにおける「原子力発電比率20〜22%」を2030年度以降も維持するには新増設、リプレースが必要であり、引き続き国のエネルギー政策や安全規制の動向を注視しながら、より一層安全性の高いプラントの実現を目指し、検討を進めております。
東海発電所の廃止措置につきましては、昨年6月までに4基のうち2基の熱交換器本体の撤去工事を完了いたしました。また、東海発電所から発生する低レベル放射性廃棄物のうち放射能レベルが極めて低いもの(L3)の埋設施設の設置に係る第二種廃棄物埋設事業許可を得るため、審査に的確に対応しております。
本年3月に廃止措置計画が認可された高速増殖原型炉「もんじゅ」についての今後の対応の検討を電力各社と共に実施しております。

posted by ZUKUNASHI at 08:15| Comment(0) | 福島原発事故