ずくなしの冷や水

2019年04月02日

シナイ半島の「多国籍軍・監視団(MFO)」に陸上自衛官2人派遣

時事通信社2019年4月2日(火)9時52分
シナイ半島派遣、19日から=初の国際連携平和安全活動
 政府は2日午前の閣議で、エジプト東部のシナイ半島で同国軍とイスラエル軍の停戦維持を監視している「多国籍軍・監視団(MFO)」に、陸上自衛隊員2人を派遣する実施計画を了承した。派遣期間は19日から11月30日まで。安全保障関連法施行で可能になった「国際連携平和安全活動」の初適用となる。
 岩屋毅防衛相は閣議後の記者会見で「中東の平和と安定にさらなる貢献を目に見える形で示すことに加え、人材育成という面でも大きな意義を有している」と強調。部隊派遣の可能性については「全く考えていない」と否定した。
 実施計画やこれまでの与党への説明によると、隊員2人をシナイ半島南部シャルムエルシェイクにあるMFO司令部に派遣。2人は連絡調整などを担当する。支援要員として在エジプト大使館にも内閣府職員を1人派遣する方向だ。

・・・引用終わり・・・

Sさんのコメント
シャルムエルシェイクは洗練されたホテルが並ぶ高級リゾート地。紅海のダイビングも楽しめます。
ルクソール事件直後に滞在した事がありますが、厳戒態勢のカイロとは別世界でした。
あそこなら、派遣を打診される自衛官の心理的抵抗は少なめだろうな、突破口にもってこいだなと感じました。
時代が違うのであくまで個人的な印象です。

注:ルクソール事件とは、1997年、エジプトの観光地ルクソール(ナイル川上流)でイスラム原理主義過激派の「イスラム集団」が外国人観光客に対し行った無差別殺傷テロ事件。

Sさんのコメントで思い出しました。シャルムエルシェイク、シナイ半島の高級リゾート地と言えば、ロシア人が団体で保養に訪れるところですね。2015/10/31、ロシア人団体客を乗せたシャルムエルシェイク発の航空機が積み込まれた爆発物が爆発して墜落、乗客が全員死亡しています。シャルムエルシェイクは、Sさんが滞在されたころよりもさらに発展しているのではないでしょうか。

2015年11月08日
シリア情勢 21 ロシアを狙ったテロが続く可能性

2015年11月08日
ロシア機墜落はテロ ロシアも再発を警戒

こんな事件もありました。
2017年11月28日
エジプトシナイ半島のモスク攻撃で305人が死亡

保養地シャルムエルシェイクから外に出なければ、身の危険は少ないかもしれませんが、何のための派遣かということになりますね。

posted by ZUKUNASHI at 19:30| Comment(0) | 国際・政治

維新も立憲も変わらないね





※ るまたん @lematin氏の2019/3/31のツイート
言っときますけど、落合洋司さんのことをこのまま放置するなら、近畿ブロックの立憲民主地方組織は全部吹っ飛びますよ。僕らは反差別、反独裁、反格差、反原発のために立憲民主党を応援しているんで、あななたちを権力の座につけるために頑張ってるんじゃない。

※ 立憲民主党認証済みアカウント @CDP2017の11:28 - 2019年4月2日 のツイート
【参院比例候補者・落合洋司氏の公認取消について】
1日、落合洋司氏から謝罪と参院選挙の出馬辞退の申し出があり、党としてはこれを受理し、本日の臨時持ち回り常任幹事会で公認取消を決定しました。落合氏のSNSでの一連の投稿はヘイトスピーチであり、党として到底容認できないことを確認しました。

※ forest vta @forestvta氏の2019/4/25のツイート
立憲民主党の方からではなかったのですね。
申し出がなかったらどうされるつもりだったのでしょう。
人権蹂躙は憲法違反で即時公認取消になると思っていました。
posted by ZUKUNASHI at 14:57| Comment(0) | 社会・経済

今年の桜はいかがですか?

管理人は、特に桜マニアではありません。最近は、ガマズミやミズキの白い花のほうが好みになっています。

桜の植栽は圧倒的に多く、この時期どこでも花を見ます。徘徊先を含めても行動半径が狭いために毎年眺める株は変わりません。そしてここ数年、ああまたこの木も一段と枝ぶりがたくましくなって花の量も増えたと感じることがなくなっています。

枯れる木が多いわけではないが、成長が止まっている感じです。花をつけない細枝も増えている、そんな印象ですが、皆さんのご覧になる桜はいかがですか?

今年の春も、桜より人間が大事。というのが管理人の心持でした。年に何回も会わないのですが、ジーチャンを覚えくれました。手をつないでくれてから半年経過で抱っこに成功。人形のプレゼントが効いたかな。


2019年04月02日
さて 木が枯れるのと 人が斃れるのとどっちが早い?
posted by ZUKUNASHI at 12:13| Comment(0) | 福島原発事故

さて 木が枯れるのと 人が斃れるのとどっちが早い?

筆者は長者原定点カメラの画像で木の状態を観察しています。

場所はこの辺りです。この画像は、2013/6時点。Google street viewからのもので、長者原定点カメラによるものとは異なります。国道6号線から見た画像で、福島第一原発につながる送電塔の上部が3つ見えています。


少し南に移動しました。少し動いただけで見え方が大きく変わります。



次が、長者原定点カメラからの画像です。このカメラからの画像は2014/9から蓄積を開始しました。今は、前年同期のものまで比較対照できます。

2014/9時点


2015/7時点。7月中旬ですから新緑はかなり出揃っています。特に目立つ変化はありません。



初めて気付きましたが、送電塔の上部が見えています。これは強力な手がかりです。一つだけしか見えませんが、まだ木に隠れているのだとしたらむしろ好都合です。これが見えてきたら・・・、そうです、お考えのとおりのことになりますね。



Google street viewからのもの。右上に定点カメラがありますからほぼ同じ角度です。送電塔の頭がよりはっきり見えます。


2015/10/18時点です。少し枯れている枝があります。


長者原定点カメラからの画像は、次の地図の左側の赤い直線2本が通る楕円を見ていることになります。



どれがどの送電塔なのか、特定が難しく突き詰めていません。


上の画像は、下の赤紫の点からの展望です。


Googleアースの空中写真が2015/6/1現在のものに更新されています。F1は敷地内の木が伐採されていろいろな大きな建物が設置されています。溶融燃料に手がつかない段階で、つまり汚染水処理だけでこれだけの設備追加、1日作業員7千人です。

原発は動かしてはなりません。

クリックで大きな画像


※ Chick インドラ天網の猫 ‏@chicksmbox 氏の2015/8/28のツイート
放射線量が特に高い地域でモミの形態変化を調査 放医研 http://www.nirs.go.jp/information/event/report/2015/0828.shtml
帰還困難区域内の放射線量が特に高い地域に自生するモミの木において、空間線量率が低い地域のものと比べ、主幹が欠損した二股様の形態変化を示す個体の頻度が増加

・・・・・

この記事を書いてからもう数年になりますが、これまでの観察結果によれば、樹木、植物は予想以上に放射性物質に強いようです。

管理人が徘徊の途中目についた不自然な樹木の枯れ方は、2件ともに人的な要因によるものでした。もし、樹木の異変に気付いたらすぐ放射能汚染が激しい? と考えず他の原因を探ってください。木に穴を開けてラウンドアップを注入するだけで大きな木も簡単に枯れます。

木の種類によるかも知れませんが、木の切り株の表面の放射能はそれほど高くありませんでした。養分が通る中心部の導管の辺りで41cpm、木質部で35cpmです。習志野市内の比較的新しい切り株。







2019/4/1


季節の違いがあり枝葉の茂り方が異なります。それでも木の上部の枝が枯れて形が変わるようなことになっていないことがわかります。

最終更新 2019/4/2
posted by ZUKUNASHI at 11:42| Comment(1) | 福島原発事故

サウジとカタール どうしたんだろう

RT2019/3/31
Saudi Arabia ‘absolutely rejects’ any steps impacting Syrian sovereignty over Golan heights
Saudi King Salman said he “absolutely rejects” any steps that would undermine Syrian sovereignty over the Israeli-controlled Golan Heights, after US President Donald Trump recognized the area as Israeli territory.

Speaking at an Arab League event in Tunisia on Sunday, Salman also reiterated his support for a ‘two-state solution’ for Israel and Palestine, with East Jerusalem as the capital of the Palestinian state.

His remarks came as a strong rebuff to US President Donald Trump, who signed a declaration last week officially recognizing the Golan Heights as part of Israel. The strategic area was captured from Syria during the Six-Day War in 1967, and has since remained under Israeli control.

In 1981, the UN Security Council unanimously voted to declare the Israeli annexation of the Golan Heights illegal and demanded that Tel Aviv “rescind” it.

Trump's move, not surprisingly, was praised by the Israeli government and drew fierce criticism from Syria, which blasted the annexation of its territory as “null and void.”

The issue also caused a rift with some of the US’ NATO allies. French leader Emmanuel Macron said that the recognition of Israeli sovereignty over the Golan Heights “violates international law and creates tension in the region.”

On Sunday, the EU’s foreign affairs chief, Federica Mogherini, stressed that ignoring the UN’s position on the Golan Heights is “not a solution.”

The Saudi king’s affirmation of East Jerusalem as Palestinian is another clear rebuke of Washington’s policy, since Trump recognized the whole of Jerusalem as the capital of Israel, and moved the US embassy there from Tel Aviv. That also did not go down well with Washington’s allies as some cautioned saying it put the whole perspective of the peace process in jeopardy.

Washington and Riyadh struck several major arms deals recently. However, their relations became strained over Saudi dissident and journalist Jamal Khashoggi who was allegedly murdered on the orders of the Saudi royal family.

President Trump condemned the murder and sanctioned several Saudi officials in connection with the case. The White House is now being pressured at home to take more action against the kingdom as Trump did not back down from the multi-billion dollar arms contracts with Riyadh.

The Golan Heights, meanwhile, remains a stage of tensions between Israel and Syria. Tel Aviv has accused ‘Iranian proxies’ operating in Syria of launching missiles over the Golans into its territory. In response, the IDF carried out cross-border raids into Syria. These incursions were condemned by Damascus as a “violation of its sovereignty.”

SPUTNIK2019/3/31
Qatari Emir Suddenly Leaves 30th Arab League Summit in Tunisia - Reports
CAIRO (Sputnik) - Qatari Emir Tamim bin Hamad Al Thani has abruptly left the opening session of the 30th Arab League summit in Tunisia without delivering his welcoming remarks, Qatar News Agency reported.

Earlier in the day, the Qatar News Agency reported that the emir was attending the opening session together with the Qatari delegation and a number of heads of international and regional organizations.

Al Thani, however, unexpectedly left the summit after the opening session and headed for the airport, the news agency reported without specifying the reasons for such a move.

The emir has also sent a message to Tunisian President Beji Caid Essebsi, thanking the leader for the country's hospitality, the news agency added.

A number of countries, including such Arab nations as Saudi Arabia and the United Arab Emirates, severed diplomatic ties with Doha in 2017, after accusing Qatar of supporting terrorism.

Qatari officials regretted the neighbours' move, insisting that their decision was based on false allegations.

FARSNEWS2019/4/1
Iran Hails Arab League's Support for Syria's Sovereignty
TEHRAN (FNA)- Iranian Foreign Ministry Spokesman Bahram Qassemi welcomed the support of the Arab League leaders summit in Tunisia for Syria's territorial integrity and sovereignty over the Israeli-occupied Golan Heights.

"Arab League’s move to support Syria’s territorial integrity on the occupied Golan Heights was a positive and promising step in the face of efforts by the United States to legitimize Israel's occupation of the area," Qassemi said in a statement.

"We believe that the Muslim world should continue to prioritize the issue of the occupation of the Arab-Muslim lands by the illegitimate Israeli regime,” the Iranian foreign ministry spokesman added.

Qassemi's remarks came amid an international uproar about US President Donald Trump’s provocative decision to recognize "Israeli sovereignty" over Syria’s Golan Heights. In 1967, Israel waged a full-scale war against Arab territories, during which it occupied some two-thirds of Syria's Golan Heights and annexed the region four years later, a move never recognized by the international community.

In 1967, Israel waged a full-scale war against Arab territories, during which it occupied some two-thirds of Syria’s Golan Heights and annexed the region four years later, a move never recognized by the international community.

FARSNEWS2019/4/1
Iran Strongly Criticizes Arab League's Statement on Trio Persian Gulf Islands
TEHRAN (FNA)- Iranian Foreign Ministry Spokesman Bahram Qassemi strongly criticized the Arab League for its recent statement on the Islamic Republic's sovereignty over the trio islands in the Persian Gulf.

"Iran has the right of sovereignty over the trio islands of Bu Musa, the Greater Tunb and the Lesser Tunb," Qassemi said.

The Iranian foreign ministry spokesman also criticized parts of the final statement of the Arab League summit which claimed Iran was interfering in the internal affairs of the Arab nations.

"We strongly reject and condemn wrong and baseless claims on our country’s interference in the internal affairs of Arab countries as well as claims on Iran’s three islands,” Qassemi said.

He reiterated that Iran's permanent policy was to refrain from meddling in the internal affairs of its neighbors.

Iran has repeatedly rejected claims by the United Arab Emirates about the three Iranian islands, saying that they are “inseparable” part of Iran.

International documents clearly show that the three islands of the Greater Tunb, the Lesser Tunb and Abu Musa which were historically owned by Iran, temporarily fell to British control in 1903. The islands were returned to Iran based on an agreement in 1971 before the UAE was born.

Iran has repeatedly declared that its ownership of the three islands is unquestionable.

Under international law, no state can defy any agreement, which came into being before its establishment.

Yet, the UAE continues to make territorial claims against the Islamic Republic despite historical evidence and international regulations.
posted by ZUKUNASHI at 00:06| Comment(0) | 国際・政治