ずくなしの冷や水

2019年03月31日

F1 2号機から放射性物質放出続く 警戒を強めよう

F1 2号機は圧力抑制室で爆発がありましたが、建屋は大きく損傷しないで済みました。2号機の原子炉建屋は、3号機の爆発時に衝撃でブローアウトパネルが吹き飛んでいます。

当初F1の事業主体は、ラッキーだったと受け止めていたようですが、その後この部分を塞いでしまいました。建屋内に充満する放射性物質の量を減らす上ではブローアウトパネルの部分が開放されていれば、放射性物質が外に出ていく、その分内部の濃度が低くなって作業がやりやすいとの期待があったのでしょう。

ですが、収束作業のめどが立たないほどに内部の汚染は強く、ブローアウトパネルの開口部から放出される放射性物質の量が膨大であるために事業主体はこれを塞いだものとみられます。

2号機のブローアウトパネルの部分に送風管のようなものが見られる。


事業主体はF1からの放射性物質の放出量は2号機が最も多いと述べていたことがありました。

凍土壁が作られていますが、今の寒い時期は壁が凍結して遮水効果が出ているはずとの見方があります。仮にそうであれば、凍土壁の内部は水分が減り、温度の上昇がありうることになります。

2号機の周りで見られる異変は、そのような土中環境の変化を示すものかもしれません。

事故から8年経過しても依然として大量の放射性物質を放出し続けている、ということですからこれはこの先さらに何年も同じような状況が続きうるとみなければならないでしょう。

2019/3/28にみられたようにプルームが再び関東を襲うことがありうるわけですし、降下物も多い状況が続きます。

2019/3/28の関東での一部地域の空間線量率の上昇は、2号機由来の放射性物質であるとは確定できません。しかし、曲りなりにカバーのある3号機、4号機とは異なるはずです。カバーを取り外した1号機由来ということもあり得ましょうが、カバーを外したことは放射性物質の放出が少なくなっているとの判断があったものとみられます。

2号機からの放射性物質の放出量の変動を把握推定する手段はありません。私たちにとっては、何号機起源であっても自分の町に飛んでくることは御免です。F1からは、これから何年も放射性物質が飛んできて吸気被ばくを引き起こし、降下沈着して放射性物質を積もらせることになると警戒を強めることにしました。

2019年03月30日
F1 2号機から放射性物質大量放出続く

2019年03月30日
F1から放射性物質の放出が続いています マスク必須

posted by ZUKUNASHI at 23:19| Comment(0) | 内部被曝防止

東海第二の再稼働は難しいだろう

東海第二の再稼働準備を進めるなら2011/3/11〜13のデータ開示を!

※ 春橋哲史(福島第一原発事故は継続中) @haruhasiSF氏の2019/3/31のツイート
春橋哲史(福島第一原発事故は継続中)さんがNMF2011をリツイートしました
免許が取得できても、車両を整備する資金が無いのに等しい。よしんば、資金を確保できたとしても、計画通りに工事が完了するのか、使用前検査に合格するのか、不明。だから、東二の再稼働は、限りなく不可能だってば。時間とお金の無駄。原子力複合体は、これからもオウンゴールを重ねるだろう。

※ NMF2011 @NMFUKUSHIMA2011
東京新聞:東海第二事故対策工事 資金調達決まらず 原電が会見:茨城(TOKYO Web)

東京新聞2019年3月30日
東海第二事故対策工事 資金調達決まらず 原電が会見
東海村の日本原子力発電(原電)東海第二原発を巡り、再稼働に向けて必要となる事故対策工事費千七百四十億円について、原電の村松衛社長は二十九日の会見で、東京電力と東北電力から資金支援の最終的な約束を取り付けられていないことを明らかにした。
 二社との協議が長引いていることが理由という。原子力規制委員会は二社からの資金支援が期待できるとして審査を通したが、村松社長は二〇二一年三月の工期を念頭に「(支援確定の時期は)なるべく早くとしか言いようがない」と語るだけだった。
 事故対策工事と別に、テロ対策で設置が義務付けられている「特定重大事故等対処施設(特重)」の整備費についても「先行他社の事例を精査している。見積もりを示せる段階にない」と述べるにとどめた。
 九州電力は、川内原発一、二号機(鹿児島県)の特重整備費を二千二百億円と公表している。東海第二でも一千億円規模の整備費が見込まれることから、事故対策工事費と合わせ投資は三千億円前後まで膨らむとみられる。
 村松社長は、何年運転すれば投資を回収できるのかの問いに対しても「答えは控える」とする一方、「経済的な合理性はある」と従来の認識を重ねて示した。 (越田普之)

※ Fukushima☢Watch @yuima21c氏の2019/3/30のツイート
#フクシマ を見るまでもなく、原発事業者に誠意を求めるのは、木に魚を求めるごとし…青ざめ
#原発マフィア は、反社会的な勢力!
原電「事前了解」明言避ける 東海第二原発の再稼働

・・・引用終わり・・・

「#原発マフィア は、反社会的な勢力」との指摘はその通りだと思います。彼らは生産的な活動はやっていない。社会の負担を増やしているだけ。彼らが絶滅してくれたら社会に大きなプラス。

福島県下で若い方の疾病発症が深刻なものになっているようです。ブラブラ病やがん発症。

東海第二原発が再稼働したら被ばくによる健康悪化のデータ収集先としては、福島に次ぐ世界に有数なモデル地域となるでしょう。ただ、日本にはバンダジェフスキーのような医学者はいませんから、そのデータは活用されませんが。

原発の作業にも従事したことのあるらしい中高年の方から東海第二原発のある地域では、堕胎、中絶が大変多いのだと聞きました。

最近のデータでは出生数は傾向として低下しています。稼働停止、廃炉作業待ちとなれば、稼働中よりも原発が放出する放射性物質は格段に少なくなるでしょうが、影響は残るでしょうね。
posted by ZUKUNASHI at 11:16| Comment(0) | 福島原発事故

中国版SWIFT

RT2019/3/31
Russian banks join Chinese alternative to SWIFT payment system
Several Russian banks have joined the China International Payments System (CIPS), to ease operations between the two countries, according to a senior official at the Central Bank of Russia (CBR).

“As for the cooperation on payment systems, a range of banks are already connected to CIPS, allowing to facilitate payments routing procedure,” Vladimir Shapovalov, who heads a division dealing with foreign regulators at the CBR’s international cooperation department, said earlier this week during the international Russian-Chinese forum.

Meanwhile, the regulator hopes that Chinese counterparts pay more attention to Russia’s own SWIFT (Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication) alternative, SPFS (System for Transfer of Financial Messages), as it can further boost bilateral trade, the official added.

Russia is actively demonstrating the SPFS network, which was created in 2014 in response US threats of disconnecting Russia from SWIFT, to foreign partners, including China after its export version was finished late last year. The first system transaction involving a non-bank enterprise, was made by Russian oil major Rosneft in December 2017. Some 500 participants, with major Russian financial institutions and companies, have already joined.
posted by ZUKUNASHI at 10:53| Comment(0) | 国際・政治