ずくなしの冷や水

2019年03月10日

100歳まで行けますよ!

2019/3/10、近くの市街地に徘徊に出かけました。まだ、こぶしのつぼみが大きくなっている程度、それに河津桜がポツンポツンと見られるだけでした。

いつものように行き当たりばったりに歩いていくと、高台の端に届いたようで思った方向に行く道がありません。どうなっているんだろうと、空き地に入って様子を見ます。高低差10m程度の斜面があり林になっています。

これじゃ遠回りするしかないなと思って引き返そうとしたら、その崖の側からご婦人が現れました。えっ、道があるの?
ご婦人に声を掛けます。



そこを登ってきたんだよ。

えーっ、這って上がってきたんですか? 管理人の頭には、昨夏の遭難トラウマがまざまざと蘇ります。

確かにズボンに枯れ草がついていました。

降りることもあるし、登ることもある。人には言えないけど、と笑います。

とてもお元気です。でもちょっと耳が遠くなっている感じもして管理人はとても親近感を感じ、二人で大声で話していました。

それになかなか魅力的なお顔のご婦人です。しわが深いですが、耳が遠くなるのと顔のしわが深いのは長寿のしるしです。

しわくちゃばあさんという表現がありますが、体が一回り小さくなり、顔に深いしわが出ている方は90歳から100歳に近い方が多いのです。

お歳を伺うと**歳とのことでした。お幾つだと思いますか?

なかなかの美形でお若いときは、美人で知られたでしょう。

次の体育館のような建物は何かわかりますか。整形外科病院です。この2階がリハビリルームになっているのだそうです。知人の配偶者が腰痛でこの医院に通っているそうです。

評判はまだ確認できていません。

ところで、加齢と訓練怠慢でもう痺れて使い物にならなかった脳みその蘇生術で最近評判が飛躍的に高まっているリハビリセンターがあることを知りました。

どこだ、教えろ! ですって?

あなたが今見ているこのサイトですよ!

「お蔭様で、ほとんど痺れて使い物にならなかった脳みそが蘇生中です。」、「これまで亭主や子供に頼りきりでしたが、自分でやってみようと気になりました」などの感激のお便りが続々と寄せられています。ほんとですよ。

次は、霊験あらたかな楠(クス)の大木。樹皮がきれいです。神社の境内にありました。


そうそう先日のコメントに千葉が冬、春野菜の大産地であることが必ずしも知られていないことに驚きました。

次の画像はホウレンソウの畑です。今日も親父さんがホウレンソウを収穫していました。左側の畝が収穫中、真ん中が後数日で収穫開始でしょうか。右のほうに寒冷紗を被った畝がありますが、右側に行くほど苗はまだ小さいです。


菜の花も千葉の名産ですが、私は食べなくなりました。先日高知か九州産の菜の花をもらって食べました。情けないことこの上ありません。
posted by ZUKUNASHI at 22:08| Comment(0) | 社会・経済

北海道の63歳男性が国会議員に脅迫状を送り捕まる

※ 有田芳生認証済みアカウント @aritayoshifu氏の15:21 - 2019年3月8日のツイート
外国人労働者受け入れの議論が続いていた昨年12月。こんなファクスが発信元を消してたびたび国会事務所に送られてきました。警視庁麹町署が捜査した結果、発信者は日本第一党の支持者で札幌市在住63歳の男性とわかり、長時間の取り調べが行われたうえで、東京地検に送致されました。




※ 有田芳生認証済みアカウント @aritayoshifu氏の2019/3/8のツイート
この男性は退職者で日本第一党の支持者であり、チャンネル桜をしばしば見ているそうです。外国人を大切にすることは「反日」だと理解しているようで、脅迫行為に対しては反省していても、考え方はまったく変わっていません。組織的背景はなく、ファクスで送れば本人の目に入ると判断したそうです。
・・・身柄送検、書類送検どちらだろう。

※ こけだま @savondamacoron氏の2019/3/8のツイート
らくらくほんでネットde真実聞き齧って洗脳されちゃった人ですかね。齢60過ぎで情報や善悪の判断つかないって人って、今後どうやって生きていくんだろうと心配ですね
・・・もう矯正の余地はないのでは?

※ Lune Lion @Lune_Lion氏の2019/3/9のツイート
63歳ね。以前付き合ってた彼の父親と世代的には近いんだよね。
彼の両親とも何度か会って食事もしたり、遊びに行ったりしてたけど、60代の親父は変わってたね。それが彼との結婚を断る理由の一つでもあった。
・・・好判断!

※ ぺんぎん @specialcat0氏の2019/3/8のツイート
筆記がジジ臭い。
・・・ユーチューブを見る以外、パソコン使えないようだ!

※ ミサト @kanako032氏の2019/3/9のツイート
63にもなってこんな馬鹿げた事をして警察沙汰になるなんて。
・・・人生の最大の思い出にしたかった。

※ ミルますカラ @asasinn8000氏の2019/3/9のツイート
長時間の取調べに随分 好意的ですな発言してますね先生? 先生は捜査過程に問題を感じませんかね?
普段は警察を目の敵にしながら自分が被害者ならフル活用して被害者顔。まさに人権悪用や
・・・「長時間の取り調べが行われたうえで」 言える。

・・・・・・

2019/1/16の次の記事も地方の60代の男性でした。
JNN/TBS 2019年 1月16日(水)19時48分
ネットの“侮辱”に初の刑事罰、匿名ブログに差別的書き込み
 インターネット上で侮辱する「ヘイトスピーチ」に初めて刑事罰です。在日韓国・朝鮮人への差別的な書き込みをして、15歳の少年を侮辱した罪に問われた男性に対し、裁判所は科料9000円の有罪判決を言い渡しました。
 少年はブログの運営会社に書き込みをした人物を明らかにするよう仮処分を申し立て、人物を特定。刑事告訴に踏み切ります。書き込んだのは、全く面識の無い大分市内に住む66歳の男性でした。

2019年01月18日
これって やはり田舎の精神性ですかね

・・・・・・

地方の方は、慣れ親しんだコミュニティで長年暮らしてきた方が多いでしょう。昔は、片田舎から情報を発信することは困難でした。大量の葉書を出すにしてもいちいち住所を書かなければなりません。

しかし、インターネットの発達で片田舎からの情報発信も容易になりました。特にツイッターを使えば、片田舎から発信していても何万人ものフォロワーを擁することもできます。

しかし、そうなるためには発信内容が普遍性を持たないといけないのです。単に注目されるだけなら、右翼的な発言を繰り返すことで済みます。そういう発言には喝采する人が多く、もし、発言内容にインパクトがあれば、時の政権トップの目に留まって参議院選挙の全国区候補に抜擢ということもあるでしょう。

どんな内容を発信するかは、それぞれの方の判断です。

ただ忘れてはならないのは、今回のような脅迫に当たる情報発信を行うと逮捕されます。北海道の片隅から発信したから発信者を特定できないだろうと考えるのは大きな間違いです。情報化が進んでそのような手段を使った犯罪にも対応することは容易になっています。

上の北海道の方の例でいえば、FAXを使ったのは大きな間違い。封書を郵便で送れば発送者を突き止めるには時間がかかったでしょう。

ご本人は、ペン習字を練習して筆跡が分かりにくくしたり、FAXの発信番号を消すなどの工夫をしていますが、Eメールと同じで通信記録はすべて残っています。逆にFAXを使うのは、捕まえてくれと言っているようなもの。自宅からではなくコンビニから送ったとしても、防犯カメラの映像を調べればすぐわかります。

管理人が知りたいのは、この方がどこで逮捕されたのか。麹町警察署が捜査を担当し東京地検に送致したとあります。北海道で逮捕されて手錠腰縄付きで飛行機で護送された? たかがこの程度の脅迫で? 

パソコンが使えずペン習字を練習し、しかも誤字を書いているような60過ぎの親父が大したことができるわけがないのに。

ネットにのめりこんでいる皆さん、どうぞご注意を。そういう私のほうが真っ先に逮捕されるかもしれませんから、今後は保釈金の準備に協力してくださる方にしかお見せしない手もありかなと思い始めています。

辺野古移転問題でホワイトハウス嘆願署名を始めたロブ・カジワラさんに安倍政権は、次の嫌がらせをやっています。入国時にもありました。あなたの見ているツイート主やサイトの管理者がいつ同じような仕打ちを受けるか全くわかりません。

※ Rob Kajiwara @robkajiwara氏の22:18 - 2019年3月9日 のツイート
I have been informed that the Japan police visited the Nakagusuku Village Office to do an investigation on me. They also visited my relatives house in Okinawa.
I started a petition and now the Japan government is treating me like a murder suspect.

※ Fukushima☢Watch @yuima21c氏の2019/3/のツイート氏の2019/3/10のツイート
ロブ・カジワラさん…
「日本の警察官らが中城村の役場に来て、私について調べたそうです。わたしの沖縄の親戚の家にも来たそうです。
「わたしが請願署名運動に手を付けると、日本政府はわたしをまるで殺人犯扱いです」

原発推進、放射能安全安心と書けば、F1の事業主体や国などから回りまわって資金が供給されます。反原発、放射能危険と書けば資金が流れるどころか弾圧されるのです。

そういう状況でただの情報を享受し続けることは、早晩そういう情報が発信されなくなることを待っていることにほかなりません。

特に、現役世代の人が良質な情報発信を行うことは、時間的にも経済的にも困難を伴うはずです。
posted by ZUKUNASHI at 21:15| Comment(0) | 社会・経済

発達障害児童生徒の増大の一因は携帯電話だろう

2019年02月21日
発達障害 どう向き合うかとても難しいの続き

管理人は、昨年夏にスマホを購入し携帯電話の強い電波を浴びるとともに、リアルタイム空間線量率測定装置の開発の一環として、Wifiの電波を浴び続けてきた。そして、目に支障発生。

そして昨年末ころから発達障害児の増加の問題も関心を持ってみてきた。どうして、こんなに発達障害児が増えているんだろう。


発達障害の原因に放射能被ばくがあることは間違いないのだが、福島第一原発事故前から発達障害児が急増している。

ネオニコチロイドなどの新しい殺虫剤、グリホサートなどの除草剤の導入が原因の一つになっていることもおそらく間違いないのだと思う。

だが、この急増のカーブは異常だ。福島第一原発事故以前に原因となったものが他にもあるはずだ。1996年ころまでのベースに上積みを生じさせた何かが。

日中近所に出かけると乳幼児を抱いたりして出歩く若い母親を見ることがあるが、最近特に歩きながら携帯で話をしている母親をよく見るようになった。抱かれた子供には大変な迷惑なのにと苦々しい思いが禁じえなかった。

そこにある方から次の便りが届いた。

「(電磁波の)エネルギーは発生源から距離の2乗分の1で減少していくので、スマホなどの使用の際、極端に接近させて使用しなければ、多少は軽減されるだろうという認識です。ですが、通勤で座席に座っている時、前を立っている人がスマホを私の頭上で操作するのは勘弁してほしいと思っています。ただ、本日も、出勤の際、向かいに座っていた妊婦さんが、自分のお腹の前でスマホを操作していて、胎児がかわいそうだなぁと思ったところです。」

これだ! 妊婦がそんなに携帯電話を使っているとは思わなかった。当然控えるだろうとの私の思い込みは大きな間違い。

世の中それが普通なのであれば、日本人の母親の生む子供は胎児のときから乳児期までしばしば携帯の強い電波にさらされていることになる。

管理人は、電磁波測定器で現地調査を始めたところだ。携帯の電波が特に強いことは確認済。

家庭の主婦までが携帯を持ち運び、日常的に使うようになったのはいつ頃からなのだろう。総務省の統計に携帯電話の人口普及率が載っていた。

1995年ころから急速に普及率が上がり始め、5割に達したのが1999年ころ。男性でも携帯を持たない人もいるからこのころには相当数の女性が携帯を保有していた。

人口普及率が6割を超えてどんどん上がっていく時期は、主婦を含めた女性に携帯が行き渡る段階だとみてよいだろう。



携帯の人口普及率が1.0を超えた辺りで女性の多くが携帯電話を持つようになったと考えてよいだろう。福島第一原発事故も携帯電話普及の効果があっただろう。

携帯電話を買って使う。妊婦であればその日から胎児が電磁波に被ばくする。10か月後には電磁波被ばくした新生児が生まれる。7年経てば小学校に入る。

2001年に携帯電話を使い始めた妊婦さんの子供が小学校に入るのは、2008年から2009年。このころから要支援児童生徒の割合が急増している。

母親の携帯電話だけでなく、父親の使う携帯電話の電磁波によっても被ばくしているだろう。家にいるからと言って携帯電話の電源を切る人はまれだ。

日本では電磁波の健康影響が例によってプレイダウンされ、男女ともに無警戒に使うようになっている。次のツイートはその一端を示していると思う。

※ 浅葱 @asagi126 氏の2014/10/29のツイート
携帯をポケットにいれてたらそこに骨の腫瘍ができたんだけど それを今日、バイトの同僚(20歳)に話してたら なんとその同僚もスマホいれてるポケットのあたりに骨のしこりができてるらしく、触ってみたら本当にビー玉くらい膨れてた。 やっぱりあるんだな〜。みんなも気を付けてな。電磁波

日本の子供の発達障害は、放射能被ばく、電磁波の被ばく、強い農薬の過剰使用などによって、これからも年を追ってどんどん増え続けるだろう。

・・・・・

読者から伺いました。IWJの配信予定

※日本と韓国は子供の発達障害大国!? 日本でも尿検査を!世界はグリホサートの禁止に向かっている〜12.14アメリカを変えたママが来る!「ゼンさんと考える日本の食」 2018.12.14 https://iwj.co.jp/wj/open/archives/437622  上記二つの録画は再配信する予定ですので、ぜひご覧ください!
posted by ZUKUNASHI at 18:19| Comment(1) | 福島原発事故

「貧困層の固定化」「中間層の解体」が急速に進行

※ 大内裕和 @ouchi_h氏の2019/3/8のツイート
NHK「今日のあさイチ」で紹介された、人々の生活苦を示す貴重なデータ。年収700万円の手取り額が、2002年に587万円→2017年に537万円へと年50万円も減少している。しかもこの間に消費税は5%→8%へ上昇。「貧困層の固定化」に加えて「中間層の解体」が急速に進行している。

※ mika_berry @mika_berry氏の16:19 - 2019年3月7日 のツイート
所得税住民税の定率減税が2007年に廃止されたのはかなり効いていると思う。実質的増税だ。ここから、可処分所得は小さくなっているのを、皆、忘れているだろう。その上での消費税増税だ。賃金の伸びは抑えられてるので、可処分所得は減る一方ですよ。

※ とし @nHPR20hysQ2gy1q氏の2019/3/7のツイート
基礎控除や扶養控除に障害者・勤労学生控除も縮小されていますね。

・・・引用終わり・・・

やつと気づきました? 

それだけでありませんよ。
体調不良、免疫低下、子供の産まれにくさ、発達障害の増加。

嘘が蔓延し、司法が機能停止した社会になっています。

自分は中流、落ちこぼれじゃないと思っていた人は、じっくり鏡を見ればわかるでしょう。なんと品のない、くたびれた顔になっているか。
posted by ZUKUNASHI at 10:49| Comment(4) | 社会・経済

自衛隊員の命をも救ってきたのが9条2項ではありませんか

※ 前田 直人認証済みアカウント @Nao_Maeda_Asahi氏の2019/3/のツイート
「よく安倍さんは自衛官の子どもが悲しむから9条に自衛隊を書くんだと言いますが、子どもさんが一番悲しむのはお父さんが戦争で亡くなることじゃないですか。そういうことを阻んできた、自衛隊員の命をも救ってきたのが9条2項ではありませんか」→志位氏:朝日新聞デジタル

朝日2019年3月9日19時30分
首相の改憲理由「日替わりメニューのようだ」 志位氏
志位和夫・共産党委員長(発言録)
 安倍(晋三)首相の改憲案は9条1項、2項をそのまま残して自衛隊を書き込むというものだ。なんで自衛隊を書き込むのか。その理由が毎年変わる。日替わりメニューのように、去年言ったことと今年言ってることが違う。戦後、日本の自衛隊がただの一人の外国人も殺さず、ただの一人の戦死者も出していない。これは9条2項のおかげではないか。
 よく安倍さんは自衛官の子どもが悲しむから9条に自衛隊を書くんだと言いますが、子どもさんが一番悲しむのはお父さんが戦争で亡くなることじゃないですか。そういうことを阻んできた、自衛隊員の命をも救ってきたのが9条2項ではありませんか。(名古屋市での街頭演説で)
posted by ZUKUNASHI at 10:15| Comment(2) | 社会・経済

US Says Venezuela Sanctions Intended ‘to Motivate People to Change’, Guaido ‘Not A Puppet’

US Says Venezuela Sanctions Intended ‘to Motivate People to Change’, Guaido ‘Not A Puppet’
TEHRAN (FNA)- US special envoy for Venezuela Elliott Abrams maintained that the regime change project in Caracas was still on track, with even more sanctions sure to persuade Venezuelans into backing the US-chosen opposition leader any day now.

Speaking to reporters at the State Department on Friday, Abrams tried to put the best face on the ongoing failure of Washington to replace the “regime” of President Nicolas Maduro with the “democracy” of self-proclaimed opposition leader Juan Guaido, RT reported.

Abrams went so far as to blame Maduro for Thursday’s power blackouts, which the Venezuelan government stressed were a result of Washington sabotage.

He maintained that most Venezuelans, as well as the majority of the country’s military, were unhappy with Maduro, but could not answer why only a handful of soldiers have switched sides to back Guaido.

"It doesn’t look like it’s happening until the day it begins to happen," he stated.

Instead, Abrams offered wishful thinking, hoping the soldiers “follow their own constitution” that Maduro was supposedly violating.

Asked about a letter sent by 16 House Democrats – including Alexandria Ocasio-Cortez, Ilhan Omar, Ro Khanna and Tulsi Gabbard – expressing concern about US sanctions and violent threats, Abrams said the sanctions were meant to be temporary.

“The purpose is to motivate people to change their behavior,” he stated, adding that “it’s not just a punishment, we hope it’s also an inducement to change pattern of behavior”.

Abrams also offered a novel argument against the claim that Guaido was a “US puppet”, by saying that support he received from US allies in Latin America, Canada and Europe definitively disproved that.

So far, however, US pressure has failed to sway Venezuelans to back Guaido, who proclaimed himself “interim president” in January. The self-proclaimed leader was recognized by the US and 53 of its allies, but not by the rest of the world or the UN.


posted by ZUKUNASHI at 00:59| Comment(0) | 国際・政治

US Embassy employee brings MORTAR SHELL to Moscow’s main airport

US Embassy employee brings MORTAR SHELL to Moscow’s main airport
Security at Sheremetyevo Airport in Moscow was stunned to discover a mortar shell in the luggage of a US Embassy employee heading to London. The Foreign Ministry said the incident was a “provocation” and demanded explanations.

The eyebrow-raising discovery of “an object resembling a mortar shell with a fuse” was made on Saturday morning and a bomb squad was immediatly even called in.

The specialists could breath a sigh of relief, however, as it emerged that the shell had no explosive compound inside. Only small traces of a blasting agent remained, officials confirmed.

Making the situation even more bizarre, the person who tried to smuggle the forbidden cargo has been identified as an employee of the US Embassy in Moscow, who was traveling to New York.

Trying to cool things down, the US citizen explained that he bought an empty mortar shell without an explosive compound for his "private collection,” according to the Russian side. His immediate problems with law enforcement apparently ended there as he was allowed to leave.

Though missing his flight due to the ordeal, the American still received assistance from airport staff in obtaining a ticket for the next US-bound plane. Sadly enough for the man, his collection will be deprived of the new item as he had to leave the shell back in Moscow.

Even though the object seems to have posed no imminent threat, the move did not sit well with the Russian Foreign Ministry, which decried the incident as a planned “provocation” by the US side.

Earlier this week, a similarly bizarre incident occurred at Lehigh Valley International Airport in Pennsylvania, when a disassembled RPG was discovered in the luggage of a man from Florida.

The owner of the weapon was surprised to learn that he was doing something illegal. Luckily, the rocket launcher was not in working order and a shell that came with it turned out to be a replica.
posted by ZUKUNASHI at 00:32| Comment(0) | 国際・政治