ずくなしの冷や水

2019年03月09日

America Created Al-Qaeda and the ISIS Terror Group

globalresearch
America Created Al-Qaeda and the ISIS Terror Group
Incisive article originally published by GR in September 2014.

Much like Al Qaeda, the Islamic State (ISIS) is made-in-the-USA, an instrument of terror designed to divide and conquer the oil-rich Middle East and to counter Iran’s growing influence in the region.

The fact that the United States has a long and torrid history of backing terrorist groups will surprise only those who watch the news and ignore history.

The CIA first aligned itself with extremist Islam during the Cold War era. Back then, America saw the world in rather simple terms: on one side, the Soviet Union and Third World nationalism, which America regarded as a Soviet tool; on the other side, Western nations and militant political Islam, which America considered an ally in the struggle against the Soviet Union.

The director of the National Security Agency under Ronald Reagan, General William Odom recently remarked, “by any measure the U.S. has long used terrorism. In 1978-79 the Senate was trying to pass a law against international terrorism – in every version they produced, the lawyers said the U.S. would be in violation.”

During the 1970’s the CIA used the Muslim Brotherhood in Egypt as a barrier, both to thwart Soviet expansion and prevent the spread of Marxist ideology among the Arab masses. The United States also openly supported Sarekat Islam against Sukarno in Indonesia, and supported the Jamaat-e-Islami terror group against Zulfiqar Ali Bhutto in Pakistan. Last but certainly not least, there is Al Qaeda.

Lest we forget, the CIA gave birth to Osama Bin Laden and breastfed his organization during the 1980’s. Former British Foreign Secretary, Robin Cook, told the House of Commons that Al Qaeda was unquestionably a product of Western intelligence agencies. Mr. Cook explained that Al Qaeda, which literally means an abbreviation of “the database” in Arabic, was originally the computer database of the thousands of Islamist extremists, who were trained by the CIA and funded by the Saudis, in order to defeat the Russians in Afghanistan.

America’s relationship with Al Qaeda has always been a love-hate affair. Depending on whether a particular Al Qaeda terrorist group in a given region furthers American interests or not, the U.S. State Department either funds or aggressively targets that terrorist group. Even as American foreign policy makers claim to oppose Muslim extremism, they knowingly foment it as a weapon of foreign policy.

The Islamic State is its latest weapon that, much like Al Qaeda, is certainly backfiring. ISIS recently rose to international prominence after its thugs began beheading American journalists. Now the terrorist group controls an area the size of the United Kingdom.

In order to understand why the Islamic State has grown and flourished so quickly, one has to take a look at the organization’s American-backed roots. The 2003 American invasion and occupation of Iraq created the pre-conditions for radical Sunni groups, like ISIS, to take root. America, rather unwisely, destroyed Saddam Hussein’s secular state machinery and replaced it with a predominantly Shiite administration. The U.S. occupation caused vast unemployment in Sunni areas, by rejecting socialism and closing down factories in the naive hope that the magical hand of the free market would create jobs. Under the new U.S.-backed Shiite regime, working class Sunni’s lost hundreds of thousands of jobs. Unlike the white Afrikaners in South Africa, who were allowed to keep their wealth after regime change, upper class Sunni’s were systematically dispossessed of their assets and lost their political influence. Rather than promoting religious integration and unity, American policy in Iraq exacerbated sectarian divisions and created a fertile breading ground for Sunni discontent, from which Al Qaeda in Iraq took root.

The Islamic State of Iraq and Syria (ISIS) used to have a different name: Al Qaeda in Iraq. After 2010 the group rebranded and refocused its efforts on Syria.

There are essentially three wars being waged in Syria: one between the government and the rebels, another between Iran and Saudi Arabia, and yet another between America and Russia. It is this third, neo-Cold War battle that made U.S. foreign policy makers decide to take the risk of arming Islamist rebels in Syria, because Syrian President, Bashar al-Assad, is a key Russian ally. Rather embarrassingly, many of these Syrian rebels have now turned out to be ISIS thugs, who are openly brandishing American-made M16 Assault rifles.

America’s Middle East policy revolves around oil and Israel. The invasion of Iraq has partially satisfied Washington’s thirst for oil, but ongoing air strikes in Syria and economic sanctions on Iran have everything to do with Israel. The goal is to deprive Israel’s neighboring enemies, Lebanon’s Hezbollah and Palestine’s Hamas, of crucial Syrian and Iranian support.

ISIS is not merely an instrument of terror used by America to topple the Syrian government; it is also used to put pressure on Iran.

The last time Iran invaded another nation was in 1738. Since independence in 1776, the U.S. has been engaged in over 53 military invasions and expeditions. Despite what the Western media’s war cries would have you believe, Iran is clearly not the threat to regional security, Washington is. An Intelligence Report published in 2012, endorsed by all sixteen U.S. intelligence agencies, confirms that Iran ended its nuclear weapons program in 2003. Truth is, any Iranian nuclear ambition, real or imagined, is as a result of American hostility towards Iran, and not the other way around.

America is using ISIS in three ways: to attack its enemies in the Middle East, to serve as a pretext for U.S. military intervention abroad, and at home to foment a manufactured domestic threat, used to justify the unprecedented expansion of invasive domestic surveillance.

By rapidly increasing both government secrecy and surveillance, Mr. Obama’s government is increasing its power to watch its citizens, while diminishing its citizens’ power to watch their government. Terrorism is an excuse to justify mass surveillance, in preparation for mass revolt.

The so-called “War on Terror” should be seen for what it really is: a pretext for maintaining a dangerously oversized U.S. military. The two most powerful groups in the U.S. foreign policy establishment are the Israel lobby, which directs U.S. Middle East policy, and the Military-Industrial-Complex, which profits from the former group’s actions. Since George W. Bush declared the “War on Terror” in October 2001, it has cost the American taxpayer approximately 6.6 trillion dollars and thousands of fallen sons and daughters; but, the wars have also raked in billions of dollars for Washington’s military elite.

In fact, more than seventy American companies and individuals have won up to $27 billion in contracts for work in postwar Iraq and Afghanistan over the last three years, according to a recent study by the Center for Public Integrity. According to the study, nearly 75 per cent of these private companies had employees or board members, who either served in, or had close ties to, the executive branch of the Republican and Democratic administrations, members of Congress, or the highest levels of the military.

In 1997, a U.S. Department of Defense report stated, “the data show a strong correlation between U.S. involvement abroad and an increase in terrorist attacks against the U.S.” Truth is, the only way America can win the “War On Terror” is if it stops giving terrorists the motivation and the resources to attack America. Terrorism is the symptom; American imperialism in the Middle East is the cancer. Put simply, the War on Terror is terrorism; only, it is conducted on a much larger scale by people with jets and missiles.

Garikai Chengu is a research scholar at Harvard University. Contact him on garikai.chengu@gmail.com



posted by ZUKUNASHI at 22:27| Comment(0) | 国際・政治

ここまでプライドを捨てると案外楽に生きられる

管理人は、細野豪志氏は政治家としては全く評価していません。ですが、表舞台から消えたなと思っていたらこのような形で再登場。こういうのを「ヘンシーン!」と言うのですよね。

誰も相手にしなくなったら、まったく別のところに行くというのは生き延びるための基本的な技術です。細野氏は、議員バッジを捨てられなかった。相当悩んだと思います。その結果として自民党入りを実現するためのワンステップとして二階派に入った。すごい決断だと思います。

盛田隆二氏が言うように「ここまでプライドを捨て」たのか、それとも最初からプライドはなかったのか。

管理人は、民主党議員は、とにかくバッジがつけられればどの党でもOKの人たちだと見ていましたから、あまり驚きはないという感想もあります。

※ 盛田隆二 @product1954氏の2019/3/9のツイート
細野氏「二階先生の手足となって働きたい」
人間ってここまでプライドを捨てると案外楽に生きられるのかも。
志位さんは「国民の手足となって働く」と言ってたけど。

朝日2019年3月9日15時43分
細野氏「二階先生の手足となって働きたい」
 自民党の二階俊博幹事長が9日、静岡県入りした。自らが秘書を務めていた故・遠藤三郎衆院議員の関係者らとの会合に出席。1月末に二階派に入った無所属の細野豪志衆院議員=衆院静岡5区=も同席した。
 細野氏は会合で二階派入りしたことに触れ「長く非自民にいたので、批判があることは当然。それを乗り越えても貢献をしたい。二階先生にご指導いただいて、手足となって地元のために働きたい」とあいさつした。
 細野氏は会合後、記者団から選挙区の変更について問われたが、「ここ以外でやるという話になれば政治家をやめる」と改めて否定した。
posted by ZUKUNASHI at 21:38| Comment(0) | 社会・経済

2011年夏、福島市の運動場土手は毎時30μSv以上の放射線量

※ 宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011氏の2019/3/9のツイート
今日、北海道のテレビ局で「物置のピアノ」という映画を放送していた。
311後の、福島県伊達郡桑折町を舞台にした映画だった。桑折町は私が生まれ育った梁川町の隣。皇室献上のモモを作る名産地だ。
桃畑と言えば、春の花盛りの美しさと、消毒用のスピードスプレイヤーが私の記憶に残っている。
映画の中で、主要登場人物が、特に気にもせず、土手のクローバーの上に座った。
2011年夏、私が計測した福島市の運動場の土手は、毎時30μSv以上の放射線量を示していた。周囲の人たちは警告もされないので、気にせずに土手に座っていた。
保原町の運動公園の芝生も、毎時20μSv以上の放射線量を示した。
映画の中のシーンと、私が自身で計測した放射線量の数値と、その周囲にいた浜通りから避難してきた人たちと、映画の別シーンに出てきた「ふるさと」の歌に涙する人たちと。
私の脳内でそれらが交差して、思考が固まってしまった。
私は、あそこから逃げ出したのだ。私たち、一部の人だけが。

・・・引用終わり・・・

2011/3/21夜の船橋市内は車でどこに行っても0.3μSv/h超を知らせる個人用測定器の警報が鳴ったそうです。

2018/12/16、北総線沿い現地調査 MAZURの直置き測定による今回の最大値0.45μSv/h。他の場所でも何度か0.3μSv/h超の警報音が鳴りました。


時間経過が8年、福島市内と2桁違います。

福島第一区の人口動態の悪化、無理からぬことかもしれません。
posted by ZUKUNASHI at 21:18| Comment(0) | 福島原発事故

木々と知り合う ビレイア

ビレイアは、ツツジ科の常緑低木。熱帯高地に分布。

posted by ZUKUNASHI at 13:32| Comment(0) | 木々と知り合う

線量率でBG差引0.02μSv/hでも相当な汚染

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2019/3/9のツイート
昨日浪江町、朝田材木店の社長テレビに出ていたようですが、材木が売れないと言っていた。汚染はないと言っていたようですが、線量率測定で分かるような汚染なら汚染密度は相当なもの。GM管で100cpmBGより高めで7〜8千Bq/kg変わったものがある。線量率でBG差引0.02μSv/hでも相当な汚染。

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2019/3/9のツイート
福島で材木店製材する場合、木の皮は別室で拡散させないようにして剥ぎ取り処理し、材木を一拭きしてから加工にかけることが望ましい。製材した材木の表面に放射性物質の粉末を付着させないことですね。また、製材したとき出た切り粉は分析するとよいでしょう。それで大体の汚染はわかる。

・・・引用終わり・・・

管理人もいろいろなものを測定していますが、「線量率でBG差引0.02μSv/hでも相当な汚染」という桑原氏の指摘はよくわかります。

2番目のツイートも実務で実行可能な注意事項で的確だと思います。
posted by ZUKUNASHI at 13:01| Comment(0) | 福島原発事故

今日はニュースが多い

2019/3/8はニュースが多いです。記録するのと内容の検討で時間を取られました。海外ニュースが一服なのでなんとかいつものカバレッジを維持できた。

やらなければならないことがあって、ブログから手を抜きたいですが、8年経過でいろいろなものが噴出してきています。

2018/4の#福島復興不倫、2018/12から2019/1の早野論文偽造疑惑が節目になっています。

でも福島第一原発事故問題を論ずる上での基本となる事象は、福島の人たちが病気になっている、死んでいる、現地を去っている、戻らないということだと思います。これは人口統計が裏付けています。

管理人が算出している人口動態指数(総合)では、福島第一区が悪いほうから数えて3番目に上がってきました。今が第二コーナーか、向こう正面に入ったところなのかわかりませんが、ゴールまでには20年、30年とかかることは確実です。

福島第一原発の収束作業、廃炉作業は8年かかっても進捗がありません。

放射能安全安心を吹聴してきた人々は、個別の人の被ばくと健康障害の因果関係は立証できないとタカをくくっていますが、倫理的な責任は逃れられません。かなり危機感を持っているはずの人も出ています。

テレビやその他のメディアにものを書き原稿料や出演料で生計を立てていた人は、反原発ではメシが食えないとみて一斉に放射能安全安心派にすり寄りました。犯罪集団の論評で名を売った人まで。

彼らはもともと世の中の動きを見る上で敏感です。困っている人もいるでしょう。早く逃げればよいのに、悪あがきでますます人々の記憶に刻まれ、デジタル媒体に記録されている人もいます。

研究業績も何もない開沼博が訴えられた件がこんなに大きく取り上げられています。准教授の肩書を与えた立命館大学の責任も問われます。

上念 司とか、菊池 誠とか、いろいろな人のびっくりする、呆れかえるような発言はさらに続くでしょう。

日本社会の亀裂は深まっていくと思います。そんな気構えでいないと気持ちが乱れることが多くなるでしょう。
posted by ZUKUNASHI at 12:05| Comment(0) | 福島原発事故

開沼博が訴えられる

※ 鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人) @s_hiroki24氏の12:48 - 2019年3月8日 のツイート
開沼センセイが訴えられた案件は一般紙はガン無視?

どんな案件か調べました。

慶応大生が開沼博氏を提訴〜名誉毀損で
投稿者: ourplanet 投稿日時: 木, 03/07/2019 - 17:30
(抄)
慶應大学の大学生が7日、 社会学者の開沼博立命館大学准教授から、事実に基づかない理由で恫喝され精神的被害を受けたとして、165万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。
 
訴状によると、原告は昨年10月8日、福島県広野町にあるNPO法人ハッピーロードネット主催の「日本・ベラルーシ友好訪問団2018報告会」に友人5人とともに参加。報告会の様子を写真や動画で撮影したところ、翌日以降、開沼氏から頻繁に連絡があり、原告の行為は「盗撮である」とした上で、謝罪や写真データの消去を求められた。

さらに開沼氏は、原告の友人らにも、電話やインターネット通じて繰り返す連絡。報告会への参加や撮影は「住居侵入」や「盗撮」にあたり、刑事罰に問われる可能性があるなどと攻撃。不法侵入で起訴や送検された事例を紹介し、「前科・前歴が付く」「目的の是非は不問で犯罪は成立する」「被害届が出れば、前科・前歴が付くところまで行く」などと記載したメッセージを送信し、謝罪やデータ削除を求めた。

原告から謝罪を得られなかった開沼氏は3日後、原告の出身高校にも電話。原告が問題を起こしたので対応してほしいと教頭に要求した。また翌12日には、慶應義塾大学にも電話し、大学から指導してほしいなどと要求したという。原告は事実に基づかない恫喝を繰り返し受けたことにより、夜も眠ることができなくなり、深刻な精神的苦痛を被ったと主張している。
 
原告「言論弾圧と感じた」
原告の代理人・福田健治弁護士は記者会見で、「不法侵入」をしたとされる報告会に原告を誘ったのは開沼氏自身であると事実関係を説明。また「盗撮」に関しても、ほかに写真も撮っていた人は多数いたとして、すべてが事実に反する言いがかりで、「非常に悪質な事案」と指摘した。さらに「こうした人物が公職を務め、教員をしていることに重大な疑念を抱かざるを得ない」と批判した。また原告は、友だちとの関係に楔を打たれたのが一番辛かった。今、思い出しても辛いと口を震わせた。
 
 日本・ベラルーシ友好訪問団 2018 報告会. 事業報告
https://bit.ly/2TlXjxe

・・・引用終わり・・・

なぜ削除を求めたんだろう。広まると都合の悪いことがあった?

※ nagaya @nagaya2013氏の2019/3/7のツイート
開沼博が大学生に提訴されましたね。これ、動画の弁護士の解説がおおむね事実だとするとひどい案件です。大学の准教授がですよ、大学生相手に親切ごかしの恫喝?でその行動を制限しようとした。提訴した大学生えらいです。6号線清掃のハッピーロードネットがらみだということも誘導性を感じさせます。

※ yuri @syoyuri氏の2018年4月8日のツイート
東電元副社長が懺悔告白「被災地運動家と関係を持った」 #週刊文春 http://bunshun.jp/articles/-/6885
Fact Check福島が「すべての子どもたちが福島に生まれたことを誇りに思えるように」記事を削除したのは、文春に書かれた内容を受け、番場さち子氏の話を掲載するのは問題だと判断されたからでしょうか。

※ yuri @syoyuri氏の12:00 - 2018年4月8日のツイート
では、番場さち子氏の様々な活動に深く関わってきたFact Check 福島の開沼博氏には「電力業界や原発を推進する政府・行政から金銭的、人員的な支援」は全くなかったのでしょうか?文春記事に掲載された石崎氏が「電気新聞」に頼み実現したという「100万円座談」のコーディネーターは開沼博氏ですよね。

※ yuri @syoyuri氏の2018年4月8日のツイート
他にも開沼博氏は番場氏、石崎氏と共に活動していますよね。
http://www.sankei.com/smp/region/news/160802/rgn1608020069-s1.html
また、開沼氏と番場氏は「子ども福島学」という活動を続けています。そのFBページは消されましたが、番場氏のFBから活動内容はうかがい知れます。先月にはこの夏の活動の打ち合わせを両者はしていた様子でした。

産経ニュース2016.8.2 07:02
原発事故、東電「覚悟して責任果たす」 福岡で市民有志セミナー
 東京電力福島第1原発事故について考える「はじめての福島学in福岡」が7月27日、福岡市中央区のアクロス福岡で開かれた。参加者から「福島に関わり続ける気持ちを捨ててはいけない」という声が上がった。
 市民有志でつくる実行委員会が主催し、約50人が参加した。立命館大准教授の開沼博氏、東電福島復興本社の石崎芳行代表、福島県南相馬市の市民団体「ベテランママの会」代表、番場さち子氏が福島の現状を報告した。
 開沼氏は「福島に関わろうとするだけで、原発推進か反対かなど、政治的な立場を問われることもある。実情が伝わらない中で、差別的な印象とともに福島が語られている」と指摘した。
 石崎氏は、廃炉作業の状況などを説明し、「将来を悲観して辞めた社員や、東電社員ということで、子供がいじめられるケースもあった。しかし、覚悟して残った社員と、しっかり責任を果たしていく。作業員を応援していただければ幸いです」と理解を求めた。

※ yuri @syoyuri氏の2018年4月8日のツイート
#週刊文春 記事の番場さち子氏の話は色々と辻褄が合わないものでした。石崎氏への脅迫まがいのメールに「文春に待ったかけられます」とウソの内容を書いていることを文春が指摘しています。彼女はこれまで何度もマスコミで「被災者」として語られてきましたがその話にウソはなかったのでしょうか?

※ yuri @syoyuri氏の2018年4月8日のツイート
例えばFact Check福島が削除した番場さち子氏インタビュー記事には「塾に設置していたパソコンのリース会社」の話が出てきます。この話が本当ならば弁護士に相談して解決すべき話。当時、被災者の方々のためにたくさんの弁護士相談会が開催されていたはずなのに、彼女はなぜ利用しなかったのでしょう。

※ yuri @syoyuri氏の2018年4月8日のツイート
Fact Check福島が削除した記事の他にも出てくる話ですが。”東京で3年半近く、30か所以上の不動産物件を見て回ったが契約を断られ続けた。業者を通じて大家に聞くと「福島の人が借りると価値が落ちる」と言われたこともあったという”番場さち子氏の話は事実なのでしょうか?

※ yuri @syoyuri氏の2018年4月8日のツイート
当時「震災関連悪質商法110番」として消費生活センターではご相談をお受けしていました。http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20110721_5.html
番場さち子氏の話とおり福島の方だという理由で不動産契約を断られ続けるような差別的な扱いを受けているなら直ちに不動産業界は改善すべきですが、そのような事例はきいたことがなく。

※ yuri @syoyuri氏の2018年4月8日のツイート
番場さち子氏にインタビューされた方々はただ聞いた話を報じるのではなく、番場氏が断られ続けたという東京の不動産業界にも意見を求めるべきではないでしょうか。Fact Check福島は記事を削除しただけで終わりにすべきではないと思います。

※ yuri @syoyuri氏の2018年4月8日のツイート
誤った知識からの差別が全くないとは思いません。「放射能」問題を理解する教育は私も大切だと思います。でも、その教育のための活動をしている人たちの言葉にウソや大げさがあるべきではないと思いますし、ましてウソ大げさがあるならそこに、公的なお金が使われるのは非常に問題ですよね。

※ yuri @syoyuri氏の2018年4月8日のツイート
文春記事では東電元副社長石崎氏の行為は特別背任罪に抵触する場合もあると指摘がありました。週刊文春に報じられた内容を「不倫問題」で終わらせず、「復興のため」として各地で語られてきた話にウソ大げさはなかったか、お金の動きに問題はなかったか、しっかりと検証されるべき話のよう思います。


posted by ZUKUNASHI at 00:49| Comment(0) | 福島原発事故