ずくなしの冷や水

2019年03月03日

Lavrov to Pompeo: We can talk Venezuela, but US must stop threatening its legitimate govt

RT2019/3/3
Lavrov to Pompeo: We can talk Venezuela, but US must stop threatening its legitimate govt
The US attempts to threaten Venezuela and meddle in the country’s affairs under the guise of supplying humanitarian aid have nothing to do with democracy, Russian FM Sergey Lavrov told his American counterpart, Mike Pompeo.

The top diplomats talked on the phone on Saturday on the initiative of Washington, the Russia Foreign Ministry said.

During the conversation, Lavrov blasted the American threats against the government of Nicolas Maduro, calling them “blatant interference in the internal affairs of a sovereign state and a flagrant violation of international law.”

He also grilled the US Secretary of State over Washington’s attempts to influence the situation in Venezuela under the “hypocritical guise” of providing humanitarian aid to the crisis-hit country. Such actions “have nothing to do with democratic process,” Lavrov said.

Earlier this week, Venezuelan Foreign Minister, Jorge Arreaza, has labeled the US aid to the country “a Trojan horse.” He said that nails and barbed wire to build barricades were seized from the supply trucks on the border with Colombia and provided photos to back his words.

As for Washington’s proposal to hold consultations on Venezuela, Lavrov said that Moscow was ready for such talks. However, he reminded Pompeo that “the principles of the UN Charter must be followed strictly as only the people of Venezuela have the right to decide the future of their country.”

The situation in Venezuela escalated after opposition leader, Juan Guaido, declared himself interim president of the country in late January. He was swiftly backed by the US, which never made a secret out of its desire to see socialist president Maduro removed from power.

However, all the American backing and increased sanction pressure on Caracas have so been insufficient to cement Guaido’s claim to power as the man fled to neighboring Colombia to lead the coup from there, while promising to return.

FARSNEWS2019/3/3
Russia Seeks to Prevent Military Intervention in Venezuela
TEHRAN (FNA)- Russia will make every effort to prevent military intervention in Venezuela, Russia’s Federation Council (upper house) Speaker Valentina Matviyenko told a meeting with Venezuela’s Executive Vice-President Delcy Rodriguez, who is paying a working visit to Moscow.

"We are very afraid that the United States may stage any provocations to provoke bloodshed and find a reason and pretext for intervention in Venezuela. But we will do our utmost to prevent this," Matviyenko said, TASS reported.

Russia is absolutely against any external meddling the affairs of sovereign independent states, she stressed.

"I’m sure that you were able to see that Russia feels sympathy with what is happening in Venezuela and solidarity with the people of Venezuela and supports the legitimate government in its fight for sovereignty and the country’s independence," Matviyenko told Rodriguez.

Russia believes that the crisis in Venezuela was artificially created by the United States’ authorities and it can be solved only through dialogue involving all the country’s political forces, Matviyenko added.

"We are absolutely sure that the crisis, which was artificially created by the US in Venezuela, can be solved only by peaceful means and only in the framework of the inclusive dialogue of all political forces and the Venezuela people have the right to decide on its present and its future," she stated.

On January 23, Juan Guaido, Venezuelan opposition leader and parliament speaker, whose appointment to that position had been cancelled by the country’s Supreme Court, declared himself interim president at a rally in the country’s capital of Caracas.

Several countries, including the United States, Lima Group members (excluding Mexico), Australia, Albania, Georgia and Israel, as well as the Organization of American States, recognized him. President Nicolas Maduro, in turn, blasted the move as a coup staged by Washington and said he was severing diplomatic ties with the US. In early February, most of the European Union member states recognized Guaido as Venezuela’s interim president.

In contrast, Russia, Belarus, Bolivia, Iran, Cuba, Nicaragua, El Salvador, Syria and Turkey voiced support for Maduro, while China called for resolving all differences peacefully and warned against foreign interference. The United Nations secretary general, in turn, called for dialogue to resolve the crisis.
posted by ZUKUNASHI at 23:56| Comment(0) | 国際・政治

US wants ‘broad’ regime-change coalition on Venezuela – Bolton

RT2019/3/3
US wants ‘broad’ regime-change coalition on Venezuela – Bolton
National Security Adviser John Bolton said that the United States will form “as broad a coalition” as possible to oust Venezuelan President Nicolas Maduro. Bolton went on to call for a “completely democratic hemisphere.”


posted by ZUKUNASHI at 23:43| Comment(0) | 国際・政治

US denies Russia-protected buses access to Syria's Rukban camp to evacuate refugees – Russian MoD

RT2019/3/3
US denies Russia-protected buses access to Syria's Rukban camp to evacuate refugees – Russian MoD
The US has rejected a joint request by Moscow and Damascus to let them evacuate refugees stranded in the Rukban camp within the US-controlled zone in Syria to areas under Damascus' control, the Russian military said.

The first column of buses accompanied by Russian military police set off for the camp on Friday. They were supposed to enter through one of the two mobile checkpoints opened by the Russian and Syrian forces last month and ferry the refugees to other parts of Syria for permanent resettlement.

However, the planned operation was apparently aborted after the US military, which controls the 55km area around the US military base at Al-Tanf – including the Rukban camp – refused to grant permission for the buses to proceed, Sergey Solomatin, head of the Russian Center for Reconciliation of the Warring Parties in Syria, said on Saturday.

"Despite the successful completion of all preparatory work by the Syrian government to bring the refugees out of the Rukban camp and to the places of permanent resettlement, the US side has rejected the joint call [by Russia and Syria] asking them to let the transport columns into the Al-Tanf zone," Solomatin said.

Over 40,000 refugees, mainly women and children, are estimated to be living in the camp after being displaced by years of conflict. They are said to be suffering from a shortage of adequate medical assistance and basic supplies.

It is not clear why the US military blocked access for the Russia-backed mission. Washington has repeatedly called on Moscow to facilitate the delivery of UN humanitarian aid to the Rukban camp, calling for Damascus to provide "rapid, safe and unhindered" access to the refugees.

"We urge that access for humanitarian assistance must continue to Rukban and to all areas in Syria where people are in need," the US State Department said in February.

posted by ZUKUNASHI at 21:47| Comment(0) | 国際・政治

ベネズエラ副大統領がモスクワ訪問


年齢49歳、ロンドン、パリに留学しています。53歳の兄ジョージロドリゲスは副大統領を経験した政治家。

RT2019/3/3
Venezuelan VP tells RT how Caracas fights sanctions & what awaits Guaido once he's back
Caracas will use all legal means available to protect its assets in Europe and the US from illegal seizure, Venezuela's Vice President Delcy Rodriguez told RT. She also spoke about the self-proclaimed 'president' Juan Guaido.

In an exclusive interview with RT, Rodriguez said the Venezuelan government has already taken "concrete legal steps" to claim back the assets of which it was "robbed" by the US and which have been frozen by European banks.

It was reported earlier that the Bank of England had blocked Venezuela's attempts to retrieve $1.2 billion worth of gold in the nation's foreign reserves. Venezuela's self-proclaimed and US-backed 'interim president' Juan Guaido hailed the move as the "protection" of the country's assets.

"We have hired lawyers to protect our interests, first and foremost, it concerns gold which has been unlawfully retained by the Bank of England," Rodriguez said.

The Venezuelan VP also said that Caracas would mount a legal defense against the US move to freeze $7 billion of assets belonging to the state-owned PDVSA oil and natural gas giant and its US subsidiary Citgo.

We have also taken steps for the legal protection of Venezuela. I'm talking about the theft of Venezuela's assets committed by the US. Venezuela has the right to protect its legal interests.

Washington plans to hand over the frozen assets to Guaido, who in turn vowed to appoint an alternative board of directors for the companies.

Speaking of the recently announced decision to move PDVSA's European headquarters from Lisbon to Moscow, Rodriguez called the transfer "rather timely" and in line with Venezuela's expanded cooperation with Russian oil and gas industry. Rodriguez said that in addition to the European HQ, other PDVSA affiliates would relocate to Russia as well.
Guaido's actions are a 'circus at the international level'

The VP has also shared her views on Guaido, denouncing his actions as detrimental to Venezuela's future.

"This person is not only making a joke of himself inside the country, but is now making a circus show at the international level," Rodriguez said, blaming the US-backed opposition lawmaker of colluding with the Trump administration to overthrow Venezuelan President Nicolas Maduro.

Asked what Guaido, who is now in Colombia, can expect when and if he returns to his home country, Rodriguez said that his actions, such as plotting to topple the government, would warrant a criminal prosecution.

"Such actions are prosecuted by criminal law. Also, there is a regulatory framework that our authorities are guided by. And they are already taking the necessary measures and will continue to protect our state of law and order," she said, without elaborating further.

Washington has warned Caracas of "serious consequences" if it harms Guaido, who could face up to 30 years in prison, according to a judge of the country's Supreme Tribunal for Justice. Deputy judge Juan Carlos Valdez said that Guaido, who violated a travel ban on February 22 when he crossed into Colombia, was "hiding from justice" and would be "caught and sent to prison" when he comes back.

Rodriguez warned the opposition against calling for military intervention, noting that such calls would backfire since no one is immune to bombings.

"Therefore there is a necessity to sit down for talks and tackle the domestic problems of Venezuela."
posted by ZUKUNASHI at 21:14| Comment(0) | 国際・政治

Trudeau refuses to resign after claims he tried to meddle in multi-million-dollar bribery probe

Trudeau refuses to resign after claims he tried to meddle in multi-million-dollar bribery probe
Justin Trudeau has dismissed calls to resign amid explosive allegations from Canada’s ex-attorney general, who testified that the prime minister tried to pressure her to drop a bribery probe into a Quebec-based firm.

Former minister of justice and attorney general Jody Wilson-Raybould told parliament’s justice committee on Wednesday that senior officials “barraged” her with requests to drop criminal charges against SNC Lavalin, a Canadian engineering company accused of using bribes to secure government contracts in Libya. Wilson-Raybould testified that the intense political pressure included “veiled threats” and even attempts by Trudeau to persuade her to shut down the proceedings in favor of a wrist-slap fine.

“I experienced a consistent and sustained effort by many people within the government to seek to politically interfere in the exercise of prosecutorial discretion in my role as the attorney general of Canada in an inappropriate effort,” she said in her opening statement.

The prime minister, Wilson-Raybould claimed, had expressed concern that the probe could endanger jobs in Quebec and asked her to “help out” with the case. In total, the former attorney general recounted 10 meetings and 10 phone calls she had with Trudeau and top government officials urging leniency for the firm.

Wilson-Raybould told the committee that she believed her refusal to abandon the prosecution was the reason she was abruptly demoted to the position of veteran affairs minister.

Her testimony has led to calls from Canada’s conservative opposition for Trudeau to step down.

“I was sickened and appalled by [Wilson-Raybould's] story of inappropriate and, frankly, borderline illegal pressure brought to bear on her by the highest levels of Justin Trudeau's government,” Conservative Leader Andrew Scheer said.

Trudeau has dismissed demands for his resignation, insisting that he has “always acted appropriately and professionally.”

The alleged attempt to pressure Wilson-Raybould to drop the case against SNC Lavalin was first reported by the Globe and Mail in early February, creating a major headache for Trudeau’s Liberal Party ahead of federal elections in October.

SNC-Lavalin was accused of issuing $48 million in bribes to Libyan officials in the decade leading up to the NATO-led overthrow of Muammar Gaddafi's government in 2011. The company was also charged with defrauding Libyan companies of about $130 million.

The scandal has shaken Trudeau’s image as a poster boy for progressive government. His support for a controversial pipeline in British Columbia has also left some Canadians questioning Trudeau’s ‘eco-friendly’ credentials.
posted by ZUKUNASHI at 19:10| Comment(0) | 国際・政治

2019/2/15から3/3 放射性物質飛来の動き

2019/2/15夜、九州と四国の南、紀伊半島で降雨です。


降雨域は、日本の南海上を東に流れると予想されています。1/31ほどには、関東の空間線量率は上がらないでしょう。

2019/2/16、志賀原発から放出?


2/16午後5時半現在、山陰と北陸、関東内陸で雨です。


私設リアルタイム測定装置を集合住宅のベランダ空中に置いた場合と屋内ガラス窓際に置いた場合とで2cpmの差(22→20)の例があります。屋外は屋内よりも1割高い。

これはベランダの外側と内側との差ですが、一般に屋外測定の場合、地表が近くなりますので、もっと差は大きくなるでしょう。

2019/2/19、西から雨です。伊方がまた放出。今日は関東に影響があるかもしれません。


2019/2/19正午現在で静岡の空間線量率が上がってきました。

2019/2/19午前10時ころ八代市で鋭いスパイクが立っています。



夜になって山梨県北杜市で線量率上昇。







志賀原発?


柏崎刈羽?


沖縄県で空間線量率上昇、台湾起源とみられます。




岐阜県でゆるやかな上昇。中京地域の読者から2019/2/25未明の体感として
「もの凄い鼻や舌のジリジリだけでなく唇のジリジリまでプラスされてそれらが強くなっています」との報告がありました。

どこかからふわーと飛んできています。ガンマ線源は少ないようです。

名古屋市の測定ポイントで測定器の移設が行われ線量率水準が変わりました。


2019/2/28、東京は雨でした。


会津地方が全体的に高いのは融雪のためとみられます。群馬理山間部も同じでしょう。

2019/3/2の深夜になって九州と四国西部で雨です。伊方、川内、玄海の周辺で空間線量率が上がっています。気流は複雑になっています。地上と上空で流れがまったく違います。

23時前、管理人が調整のため机のわきで動かしていた線量率測定器が0.2から0.25μSv/hをしばらく示しました。パソコンをつないで測定を始めています。

今九州にある雨雲が明日午後にかけてそのまま東に流れてくるということではなさそうです。

千葉県北西部で0.2μSv/h近いスパイクが出ています。風は鹿島灘から。F1か東海村か。




2019/3/3朝、各地でスパイクが立っています。



東京周辺のセシウムが上がっています。高度の高い上空の気流の流れが影響しているのでしょうか。


館山と他のポイントとの上昇開始時期が異なっています。西から流れてきたものと北から流れてきたものの時差です。神奈川も西から流れてきたもので線量率が上がりました。ピークを越えています。


千葉県で香取市が高く、市原市も上がっています。市原市が独自の動きを見せているのは少し高いところを流れる気流が北から来ているせいでしょうか。
posted by ZUKUNASHI at 18:41| Comment(0) | 福島原発事故

私がもし10歳の日本人なら、ただちに日本を去るだろう

ダイヤモンド・オンライン最終更新:2/21(木) 11:35
「2050年の日本は犯罪大国になる」とジム・ロジャーズが予測する理由
 「私がもし10歳の日本人なら、ただちに日本を去るだろう」
 日本は、私が世界で一番好きな国の1つである。これまで私は世界一周旅行を2回敢行し、数えきれないほどの都市を訪れたが、その中でも東京──あれほど豊かな食文化が発達している都市を私は知らない。銀座に世界最高のステーキハウスがあるのをいまでも覚えている。
 最高のイタリアンレストランは、イタリアではなく日本にあるのだ。もちろん食べ物だけでなく、日本はすべてがすばらしい。京都など、歴史をよく保存している都市も多い。個人的に本当に好きで評価している国だが、その日本が50年後か100年後には消えてしまうのは心から残念でならない。
 なぜ消えると断言できるのか?当然だ。これだけ借金があり、しかも子どもを作らないのだから。私はこれだけ日本を愛しているが、日本に住もうとは思わない。借金と少子化、この二つがシンプルな理由だ。
 2017年11月のことになるが、アメリカの投資情報ラジオ番組「スタンスベリー・インベスター・アワー」の中で、私はこう発言した。「もし私がいま10歳の日本人ならば、自分自身にAK‐47(自動小銃)を購入するか、もしくは、この国を去ることを選ぶだろう。なぜなら、いま10歳の日本人である彼、彼女たちは、これからの人生で大惨事に見舞われるだろうからだ」と。

※ 兵頭正俊 @hyodo_masatoshi氏の2019/2/21のツイート
2050年を待たずとも、すでに日本は犯罪大国になっている。政権がヤクザよりも巧妙に、率先して腐敗し、堕落し、犯罪を犯した。永田町は犯罪者のるつぼだ。こんな国に未来など在るはずがない。ロジャーズ同様、わたしも若者に国外脱出を勧めている。

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2019/2/21のツイート
桑ちゃんさんが兵頭正俊をリツイートしました
私もこの方と同じ考えに似ている。息子が国際結婚したことを喜んでいる。逃げ場所ができたからだ。もう霞が関は腐敗の温床でこの国の未来を奪う輩ばかりの集団ともいえるからだ。政府交渉にも参加したが、もはや聞く耳など持たない冷酷集団「公僕」にしす(死す)には程遠い世界である。暴力団とか(化)している。

※ divayoshiko @divayoshiko氏の2019/3/2のツイート
日本に住む母が、日本国中おかしくなってると言ってた。「すぐにキレる、他人に構わない。政治も警察も狂っていて、それに連れて人の精神までがおかしくなってる。まともな若い人は国外に逃げ出している。」
たしかに外から見ていてもそう思う。


・・・引用終わり・・・

投資家といわれる人の視野は広く、厚みがある。視点は違うが管理人も同様な見方。

要するに日本はウクライナ化しているのです。日本ではほとんど報じられていないようですが、チョコレート菓子会社を経営するポロシェンコが米国の傀儡で大統領職につき、彼のボディーガードは米国人とわかる人々です。

自国経済の行き詰まりの中、クリミヤの離脱、ドンバスの離反、ナチまがいの極右の跋扈、ウクライナ人の多くが国を離れてロシアやベラルーシなどに働きに出ています。

チェルノブイリ事故の影響もあるだろうと思います。日本は同じようになると思います。すでにウヨの露骨な差別活動などそっくりではありませんか。政権がそれを後押ししている。

桑原氏の「息子が国際結婚したことを喜んでいる。逃げ場所ができたからだ。」

これはよくわかります。私が心配しているのは、息子のことよりその配偶者と孫娘のことなのです。息子には、配偶者と子供が日本に居続けられない状況になったら、自分はどうするかにかかわらず、二人はすぐ配偶者の母国に帰らせなければならないぞ、それは覚悟しておけよ、と話しています。

2019/2/22に寄せられた投稿を掲載する。引用開始。

今まさに、子供が10歳です。
夫の反対があって長らく海外移住の機会に恵まれませんでした。私が海外移住をしたい理由はその時はただ一つ、放射能でした。その後数年たつにつれ、種子法、水道民営化など、放射能以外の懸念材料が増えてきて、この国を出ることは自分にとってますます必然になって行きました。それが今年、いよいよ移住できることになり、全く不可能だと思っていたことも覆ることがあるので、結果を決めつけて不運に飲まれてはいけないのだなと感じています。

当初、秋からの学校始まりに向けて行くつもりでした。ところが移住をサポートしてくれる友人から昨日連絡があり、向こうの学校のサマースクールを利用して英語学習をスタートさせてから入学しては?と具体的な時期を明示されたのです。それは私が子供に話していたスケジュールより3カ月も早いものでした。予定より早くなるので五年生になる前に行くことになるのだけどいい?と子供に聞きました。そうしたら涙を目にいっぱいためているのです。とても辛くなりました。移住はしないで日本にいたい?と聞くと、日本は危ないから日本を出ることは決めているの。でも最初に約束した時期まではいたい、と。子供にも気持ちの整理をつけるための時間がいるのです。

私は移住そのものを良かれと思って決めていました。仲良しのお友達と離れても大丈夫?としばしば確認もしてきました。その度に子供は自分からも積極的な意思を表してくれました。それがここに来て気持ちがつまづいたのです。私は自分のエゴで子供の人生を決めようとしているのではないかと。朝から悶々とした時間を過ごしていました。でもやはりぶれずにこの国を出て行きます。この記事と今日出会ったのは決して偶然ではないのです。この記事を起こしてくださってありがとうございます。とても励まされました。
posted by ZUKUNASHI at 16:37| Comment(6) | 社会・経済

管理人の日本女性叩きに反発した日本女性の皆さん! こんなポスター日本中に貼られても怒らないのですか?



管理人の書く記事内容が日本女性叩きだと反発してきた日本女性の皆さん! こんなポスターが日本中に貼られても怒らないのですか?

私が記事に書いていることは「批判」です。でもこれは「侮辱」じゃありませんか? 平気なんですか? なぜですか?


※ Mami Tanaka @mami_tanaka氏の13:14 - 2019年2月23日 のツイート
自衛官募集ポスターの性差別イラストは一種の踏み絵。性差別に鈍感であるなら、おそらく色々な公共的価値にも疎く現政権と親和性が高い。このイラストを受容できる者を集めれば現政権にとってコントロールしやすい集団が形成できる。そういう意味で恐ろしい踏み絵。

・・・引用終わり・・・

がっかりしただけで終わりですか?

事実、本当のところを知らなかったということですね。

自分を知らず、周りを知らず、社会を知らず、世界を知らずに感情的な反応だけで日々を過ごしていると、10年経っても進歩は期待できませんね。

でも肉体は必ず時間の経過を如実に反映しますから、肉体と精神のアンバランスが生じます。そういう人増えていますからその仲間に入れば、今の日本では居心地がいいかもしれませんけど。
posted by ZUKUNASHI at 16:33| Comment(5) | 社会・経済

このニュースは何を伝えたいんだろう

NHK2019年3月2日 18時23分
福島県内の「震災関連死」心臓と脳血管の疾患が肺炎と並び最多
福島県内で震災と原発事故による避難生活などで死亡する、いわゆる「震災関連死」と認定された人のうち、およそ200人は、避難に伴う転居などの回数が平均で6回以上に上り、死因は、心臓と脳血管の疾患が肺炎と並んで最も多いことがNHKが行ったアンケート調査で分かりました。専門家は将来が見通せない生活が大きなストレスとなり、健康に影響したのではないかと指摘しています。
福島県によりますと、県内で先月までに震災関連死と認定された人は2267人で、震災と原発事故から8年がたつ今も増えていて、津波などで犠牲となった1605人を大きく上回るようになっています。
NHKは原発事故で避難指示が出るなど深刻な被害を受けた双葉郡と南相馬市の9つの市町村を対象に、震災関連死と認定された人の状況についてアンケート調査を行い、195人分の回答を得ました。
それによりますと、避難所の移動や転居などの回数は「不明」などの25人を除くと、
▽1回から2回が6%にあたる10人、
▽3回から4回が22%にあたる37人、
▽5回から9回が58%にあたる99人、
▽10回以上が14%にあたる24人で、
平均すると6.7回に上り、最も多い人は31回も家族や親類の家などを転々としていました。
また、死因は
▽肺炎が54人となったほか、
▽心疾患が39人、
▽老衰が19人、
▽脳血管疾患が15人などで、心臓と脳血管の疾患を合計すると54人となり、肺炎と並んで最も多い
ことが分かりました。
一方、自殺した人は11人でした。
被災者の健康調査を続ける福島県立医科大学の前田正治主任教授は「死因では高血圧が一因となる心臓や脳血管の疾患が多いのが特徴で、将来が見通せない生活が大きなストレスとなって、高血圧などになり、健康に影響したのではないか」と指摘しています。
避難先を転々 ふるさとに帰れず死亡
震災関連死と認定された浪江町の池田幸雄さんは原発事故による避難指示が出て避難生活を強いられましたが、ふるさとに帰れないまま、2年後に72歳で死亡しました。
震災が起きるまで池田さんは軽い腰痛を抱えていましたが、持病はなく、町の職員を定年退職したあとも地域の野球クラブに入って大会にも出るなどしていました。
しかし、避難所や親戚の家など9か所を転々とし、事故の4か月後に、福島市のアパートを借りたころには、たび重なる車での移動で腰を痛めて外を出歩かなくなり、野球に誘われても行かなくなりました。
事故から1年後、足腰は一層弱り、食事もことばも少なくなって痩せ細っていったといいます。このころ、同級生が避難先で亡くなり、「おれは浪江に帰って死にたい」と話していたということです。
その後も、いつ町に戻れるのか全く見通しの立たない中、将来への不安や焦りから日に日にやつれていき、肺炎を患って入院することもありました。
晩年は家にこもりがちになり、浪江町に帰れないストレスをため込んだまま、事故から2年後の4月、心筋梗塞で亡くなりました。
妻の正子さんは「精神的に追い詰められて落ち込んでいたのを自分が支えてあげられず悔しいです。二度とこのような事故を起こしてほしくないという思いでいっぱいです」と話していました。
みずから命を絶った人も
震災関連死に認定された人の中には、みずから命を絶った人もいます。
亡くなった女性の60代の夫が匿名を条件に取材に応じてくれました。帰還困難区域に住んでいた女性は、毎日のように近所の友人たちとお茶を楽しむ社交的な性格でした。
原発事故で自宅が帰還困難区域に指定されたため、住み慣れた家を離れざるをえず、近所の人たちとも離れ離れになりました。近くの市に避難しましたが、震災から1年後、友人との会話がない孤独な生活や自宅に帰れない現実へのストレスで眠れなくなり、睡眠薬の服用を始めたといいます。
そのおよそ1年後には、睡眠薬に加えて、震災前には飲まなかった酒も大量に飲むようになり、「ふるさとに帰れないのなら生きていてもしかたがない」と言い始め、医師にうつ病だと診断されました。

その後は「帰りたい」ということばを口癖のようにつぶやき、夫が話しかけても返事をしなくなりました。
夫は妻に希望を持ってもらいたいと、ふるさとの自宅と同じ間取りの住宅を避難先に新築することを決め、結婚記念日に合わせた海外旅行も計画していました。
しかし、そのやさきに妻はみずから命を絶ちました。原発事故から4年余りのことでした。
夫は「新築工事や海外旅行では覆い隠せないほど、ふるさとに帰れないストレスがたまり、爆発してしまったのだと思う。妻のことを何も分かっていなかった。もっと親身になって考えてあげればよかったと後悔している。妻も家も土地も奪われ、原発事故への怒りは今も収まらない」と話していました。
専門家「心の復興が進んでいない人が多い」
震災と原発事故から8年がたつ今も、福島県で震災関連死が増え続けていることについて、被災者の健康調査を続ける福島県立医科大学の前田正治主任教授は「多くの被災者が長い避難生活で生きる意欲を失い、自分の体や心のケアができなくなっている深刻な状況を示している。街の復興は進んでも、心の復興が進んでいない人が多く、『自分が弱い』とか『惨めだ』などと思わずに、助けを求めてほしい」と話しています。
心身の不調は周りの人が気付いて、医療機関の受診を促すことも重要ですが、今回のアンケート調査では、転居を繰り返す中で隣人や友人はもちろん、家族すらも離れ離れになるケースも少なくなく、3世帯家族が2世帯家族になったり、家族との生活が1人暮らしになったりした人はおよそ3割に上りました。
前田主任教授は「避難指示区域などでは家族や地域での見守りが崩壊してしまっている。行政が心のケアや健康調査、それに訪問相談などをきめ細かに行って、弱くなった絆を補わなければならない」と指摘しています。

・・・引用終わり・・・

年寄りを早く殺したかったら引っ越しを重ねればよいとよく言われるが。

老衰による死亡がなぜ災害関連死になるんだろう。

世界が様変わりしたことを受け入れ、それと向き合って生きなければらないのに、そのための支援、特に経済的なものが欠如しているのが最大の原因。カネさえあれば、遠くの街に住む家族の近くに転居することだってできる。何度も転居を繰り返す必要もない。行政がやるべことは心のケアよりも別のことだ。心のケアで安上がりに済ませようとしてもそれは無理だ。
posted by ZUKUNASHI at 15:11| Comment(0) | 福島原発事故

F1 2号機から放射性物質大量放出続く

※ いわた・きよし(岩田清) @Kiyoshi_IWATA氏の11:17 - 2019年3月3日のツイート
@BOOgandhi @namiekuwabara 福一原発2号原子炉建屋屋上への水の汲み上げは、屋上の罅割れ(活断層露頭)から原子炉熔融核燃への冷却用で、残り水は風を頼りの米国への「風船爆弾」の焼き直しかも?





※ 桑ちゃん @namiekuwabara
桑ちゃんさんがいわた・きよし(岩田清)をリツイートしました
これだ!先般映し出された映像見て、2号機建屋の屋上の白いものが気になっていた。内部温度高ければ屋外に漏れるね。ガス管理システムは格納容器内のものと考えると漏れ量多いことになり少ない量で計測していることになる。建屋壁面からなら逆に格納容器内の発生率が分からない。

Google Mapから


https://satellites.pro/Japan_map#37.421779,141.032678,19 から


福島第一原子力発電所ライブカメラ映像からは2号機の屋上は見えない。冬はもくもくと水蒸気の煙が上がっていたのでしょうね。
posted by ZUKUNASHI at 15:00| Comment(0) | 福島原発事故

スマホの研究の一環 電磁波の測定例 これが比較材料です

電磁界情報センター
高周波電磁界の強度を表す単位は、電界強度のボルト/メートル(V/m)や磁界強度のアンペア/メートル(A/m)、または電力密度のミリワット/平方センチメートル(mW/cm2)で表されます。

 なお、生体は、周波数が約100キロヘルツ(kHz)以上の非常に強い電磁界を浴びると、そのエネルギーの一部は体内に吸収されて、熱となって体温が上昇します。これを熱作用とよびます。体内の熱発生の指標として、単位質量の組織に単位時間に吸収されるエネルギー量はSAR(比吸収率:Specific Absorption Rate)で表し、ワット/キログラム(W/kg)という単位が用いられます。

磁束密度(磁場) T(テスラ)または G(ガウス)10000[G]=1[T]
磁界強度    A/m、μA/m、mA/m
電界強度    V/m、mV/m
電力密度    W/m2、mW/m2、μW/m2、μW/cm2

家の中は危険な電磁波でいっぱい! 家を建てるなら、まず電磁波対策を

・・・引用終わり・・・

激やせした知人は、スマホを枕元に置いて寝ていると聞いた。被ばくかと思ったが、電磁波?

測定例1
磁場、電界、高周波電力密度の3項目
 
こちらのお宅は、屋根にソーラーパネルが載っています。立ち上がると電界が高いです。高周波はほとんど変わらない。

 
この測定場所は、テレビの後ろにルーターがあります。高周波が高いのはルーターのせいでしょう。

測定例2
JR電車内、パンタグラフのある車両の優先席。加速中。

優先席座席上


測定例3
磁場のみ 低周波用
スマートメーター 53mG 瞬間的には90mG近い数字も出ていました。高周波かと思ったら違いますね。高周波はまだよく測っていません。


送電線の真下、別の場所で20mGまでありました。




変電所境界の壁のすぐ近くで36mGが出ました。


測定例4
高周波 電界、電力密度 街中の歩道上。








※ 大沼安史 @BOOgandhi
(電磁波被曝の脅威)米国のデボラ・デイヴィス博士が携帯電話の能(脳)や精子に対する深刻なインパクトをレクチャー警告 (ユーチューブ)https://www.youtube.com/watch?v=Pm5Oc5s4_8M&fbclid=IwAR3A0QBR7tabsOueWw0jewEn-9kdPZA4atd9woSi5QOXEQOXjuDrD4ajq9E

※ かにちゃんと世界線 @hunterkani氏の2019/2/10のツイート
#真実線
過敏症ではなく過敏状態だと強い電磁波で皮膚が爛れた
直ちに影響あった
強い眠気とかもしかしたらね

まだよく検討、検証していませんが、一般人の電磁波対策は、携帯電話、スマホ、Wifiの電波、電磁波対策に尽きるようです。

電子レンジをそう長時間つけているわけではない。IH調理器は、その場についていなくてもよいのがメリット。

特に困るのが送電線。24時間365日電磁波水準がほぼ変わりません。

posted by ZUKUNASHI at 14:37| Comment(0) | 福島原発事故

ホルミシスと唱えてみんなであの世に旅立とう!

※ h■m■■k■(秘密保護中・反戦争法案) @ytkhamaoka氏の12:04 - 2019年3月2日のツイート
一般社団法人 日本ホルミシス協議会 設立記念講演会報告
http://s-radiation.info/?p=546
中村仁信 免疫系を活性化する放射線ホルミシス
放射線ホルミシスはミトコンドリアを活性化する 水上治
北海道大停電にみる原発規制停止のリスク 高田純
個物の医学から場の医学へ 帯津 良一

※ Yuri Hiranuma @YuriHiranuma氏の2019/3/3のツイート
この日本ホルミシス協議会の講演会報告が掲載されているのは、SARIの日本版である「放射線の正しい情報を普及する会(Society for Radiation Information)」のウェブサイトですね。

※ Yuri Hiranuma @YuriHiranuma氏の2019/3/3のツイート
え、ちょっと待って。
日本ホルミシス協議会、2018年11月に「設立」したっていうこと?
http://s-radiation.info/?p=546

米国EPA&NRCにじわじわと浸透しようとしているホルミシス&SARI関係者の活躍と関連あるんでしょうかね?
https://publicintegrity.org/national-security/radiation-is-good-for-you-the-heretical-view-gains-ground-under-trump/

※ Center for Public Integrity 1723 Radiation is good for you? The heretical view gains ground under Trump – Center for Public Integrity The Nuclear Regulatory Commission is actively considering claims that low-dose radiation protections should be lifted because exposures make you healthier, a potential boon to radiation-related industries.

※  Yuri Hiranuma @YuriHiranuma氏の2019/2/28のツイート
Radiation is good for you? The fringe viewpoint gains ground in the Trump administration via @Publici
トランプ政権下でSARIメンバーがEPAに関わったりと頭角をあらわしていることや、SARIメンバーらと原子力業界との密接な関わりも紹介した良記事。
publicintegrity.org/national-secur…

・・・引用終わり・・・

米国内での放射性物質が激しくなってきてデータの隠蔽ではすまなくなっているということですね。トランプ政権下のNRCも原子力推進派過半数になっているそうです。

米国産農産物は避けましょう。

・・・・・

※ 茨城交通BOT @ibako_bot氏の22:01 - 2018年9月3日のツイート
次は、我がまま館前、我がまま館前、運賃が変わります。稲恭宏東京大学医学博士による世界でただひとつのホルミシス療法の我がまま館。我がまま館へおいでの方はここでお降り下さい。

※  sivad‏ @sivad氏の2018/1/12のツイート
早野龍五さん、月100 mSv&ホルミシス効果のトンデモさん、ウェード・アリソンの本を監修するようになっちゃいましたか。バレバレですねえ。
https://togetter.com/li/1073051

※ inoue toshio 子どもを守れ! ‏@yuima21c 氏の2015/9/12のツイート
#原子力発電_原爆の子: カール・グロスマン「#NRC(原子力規制委員会)は『放射線は体によい』の類いの与太話に乗るのだろうか?」 http://besobernow-yuima.blogspot.com/2015/09/nrc.html?spref=tw
核産業ロビーが「線形閾値なし」基準を廃し、「放射線ホルミシス」理論を採用するように圧力。
posted by ZUKUNASHI at 13:39| Comment(0) | 福島原発事故

「日本には正規軍が自爆攻撃した歴史がある。どうやって洗脳したんだろう」と研究の的!

※ mko @trappedsoldier氏の2019/3/2のツイート
mkoさんがポルン@研修医、ならぬ検証医をリツイートしました
アメリカが欲しているのは弾除け地上軍。もっと言えば、中東で連中が訓練し育てているアルカイダ。米CIAや特殊部隊の命令で、自爆攻撃するような兵士。「日本には正規軍が自爆攻撃した歴史がある。どうやって洗脳したんだろう」と研究の的! 米軍から見れば、自衛隊などそんな存在。国民は知るべき

※ ごろんごろん!(核いらん) @BoulderGorogoro氏の2019/3/2のツイート
ごろんごろん!(核いらん)さんがワイド師匠をリツイートしました
「反日」という表現を好んで使うのは、大日本帝国主義の復古を狙う連中ですよね。
しかも、国粋を語るがバックには半島系闇勢力の影。
全て「真逆」でカモフラージュしている。まるで楽しんでいるかの様に。

※ ワイド師匠 @feedback515氏の7:52 - 2019年3月2日 のツイート
そうそう、右翼に限らず、日本人全般は大きな勘違いをしている。世界が危惧しているのは、「危険な日本帝国」の復活のほうだ。「日本が侵略されるー」などと愚にもつかぬ寝言を垂れ流しているのは日本人だけで、世界はそれの「逆」を心配しているのだ。

※ asuka @asuka_SGP氏の2019/3/3のツイート
アメリカと日本が考え方が子供だったと理解できたベトナムの会談。
特に日本は本物のバカだった証明された。
北朝鮮は見事に世界デビューできた。拍手

※ AFP news agency認証済みアカウント @AFP
VIDEO: North Korean leader Kim Jong Un waved to onlookers before leaving Vietnam by train from Dong Dang following his summit with US President Donald Trump in Hanoi this week
https://twitter.com/AFP/status/1101797012280954880
posted by ZUKUNASHI at 12:30| Comment(3) | 社会・経済

タブレットスマホを常時監視に使う

アンドロイド タブレットスマホを固定インターネット回線につなげることができました。

寝ている間に電源アダプターから充電すれば、起きている間のほとんどの時間タブレットでどこかのサイトが見られる?

そうなると、監視用にはもってこいです。電磁波は少ない。電力消費も少ない。(スティックパソコンと小型モニターを使えば24時間連続監視できますが、電源アダプターが2個必要です)

確かどこかでは、スマホを何十台も斜めに並べて監視用に使っている光景を写真で見ました。その前に座っていたのは若い女性でしたから彼女は何十台分のWifi電波を浴び続けています。

長続きはしませんね。早晩がんで死ぬでしょう。ひどい職場です。

タブレットスマホで動画を見ているとロック画面にならずに画像を表示し続けます。電池の減りが早いようにも感じます。まあ、何か監視が必要になった時だけ使えばいい。大きなモニターでなく電力消費が少ないことは少なくともメリット。

ただ難点は画面のキャプチャーが面倒なことです。キャプチャーのためには電源スイッチと音量ボタンを同時に押す、なかなかうまくいきません。

そしてそれを取り出すにはケーブルをつなぎ替えないといけない。アイフォンで画面を撮影するしかないでしょうか。
posted by ZUKUNASHI at 11:56| Comment(0) | デジタル・インターネット

蜂がいない 日本の沈黙の春?

2019/3/2、外出して花を訪ね歩きましたが、まだ花は少ない。

写真を整理していて思い出しましたが、蜂を見かけませんでした。季節が早いから?

日本でも沈黙の春?
posted by ZUKUNASHI at 09:46| Comment(2) | 福島原発事故

De-escalation delayed: India & Pakistan exchange shelling on Kashmir border, casualties reported

RT2019/3/2
De-escalation delayed: India & Pakistan exchange shelling on Kashmir border, casualties reported

Just a day after an Indian pilot was freed from Pakistani captivity, offering hope for de-escalation, the two countries resumed shelling in Kashmir, killing a number of civilians on both sides, according to local authorities.

A 24-year-old woman and her two siblings were killed on Friday night near the Line of Control, a heavily militarized frontier that divides Pakistani and Indian parts of Kashmir. Another civilian was gravely injured in the shelling, NDTV reported, citing local police.

Meanwhile, on the Pakistani side of the line, Indian artillery fire killed a boy and wounded three people, according to a government official. He told AP that the neighbor’s forces were “indiscriminately targeting border villagers,” and added that Pakistani troops were “befittingly” responding to the Indian artillery barrage.

In total, at least five civilians and 2 soldiers were killed in the attack, Al Jazeera reported.

The deadly shelling came despite some signs of a de-escalation in the latest crisis. On Friday, Pakistan released a captured Indian pilot in what its prime minister called a “peace gesture.”

After a dogfight over Kashmir on Wednesday morning, India initially said that all of its pilots had returned safely, but Pakistan’s Information Ministry then released – and later deleted – footage showing the pilot blindfolded, with blood on his face.

India then confirmed the loss of one of its MiG-21s and the capture of its pilot, but demanded that he be immediately released. It said that it had also foiled an attack by Pakistani warplanes over Kashmir, and shot down one Pakistani plane. Islamabad denies that any of its aircraft were shot down.

Pakistan and India have fought on several occasions over Kashmir since they gained independence from the British Empire in 1947. Each country controls a section of the territory, separated by one of the most militarized borders in the world, known as the Line of Control, which has seen frequent shelling and several short-term conflicts.
posted by ZUKUNASHI at 01:20| Comment(0) | 国際・政治

US looks into claims Pakistan misused F-16 fighter, as media war over Kashmir clash heats up

RT2019/3/2
US looks into claims Pakistan misused F-16 fighter, as media war over Kashmir clash heats up
The US State Department is investigating claims Pakistan improperly used a US-supplied F-16 jet against India this week, Indian media claims. The jet has been a bone of contention between the two nuclear powers.

The Indian Air Force (IAF) claimed on Thursday to have shot down a Pakistan Air Force (PAF) F-16 one day earlier, during a PAF raid on Indian military bases. Pakistan denied using the American-supplied fighter and denied that any of its planes had been shot down. The IAF countered by showing off the twisted wreckage of an AIM-120 AMRAAM missile, claiming the projectile “conclusively proves” Pakistan deployed an F-16.

Pakistan’s alleged use of an F-16 may have been in breach of its end-user agreement with the United States. Pakistan operates 45 F-16s, and has used the jet since the 1980s. However, Islamabad’s use of the fighter is bound by agreements with Washington, including a requirement that flights outside of Pakistani airspace be cleared with the US government.

“We are aware of these reports and are seeking more information,” a State Department spokesperson told India’s PTI news agency on Saturday.

Amid rising tensions between the two countries, accusations have been kicked back and forth. Pakistan’s World News Observer reported on Friday that Lockheed Martin – the F-16’s manufacturer – was planning a lawsuit against the Indian government for falsely claiming to have shot down the Pakistani jet “for political gains.”

Lockheed Martin India said it “has made no such comments.”

India and Pakistan have been locked into a dispute over the territory of Kashmir since partition in 1947. The latest escalation started when Indian warplanes struck suspected terrorist camps on the Pakistani side on Tuesday, in retaliation for a suicide bombing in India two weeks earlier. Pakistan responded by shooting down at least one Indian bomber and capturing its pilot and dropping bombs on Indian territory.

The captured pilot, Wing Commander Abhinandan Varthaman was released by Pakistan on Friday as a “peace gesture,” but tension remains high, and both sides exchanged artillery fire along their heavily militarized border later that night.
posted by ZUKUNASHI at 01:12| Comment(0) | 国際・政治