ずくなしの冷や水

2019年01月29日

東京都内の地域別人口動態指標の悪化どこまで続く

人口動態の悪化度
小選挙区 主要都市 出生率変化率 死亡率変化率 短期指数 長期指数 総合指数
東京23 町田市 0.94 1.04 -0.10 -0.29 -0.38
東京25 青梅市 0.93 1.02 -0.09 -0.22 -0.30
東京24 八王子市 0.98 1.03 -0.06 -0.22 -0.27
東京20 東村山市 0.97 1.03 -0.06 -0.21 -0.27
東京21 日野市 1.01 1.04 -0.03 -0.16 -0.19
東京22 調布市 0.95 1.05 -0.09 -0.08 -0.17
東京16 江戸川区 0.98 1.05 -0.06 -0.11 -0.17
東京13 足立区 0.98 1.02 -0.04 -0.10 -0.14
東京18 府中市 0.97 1.01 -0.04 -0.10 -0.14
東京9 練馬区 0.96 1.00 -0.03 -0.10 -0.13
東京19 西東京市 1.04 1.00 0.04 -0.13 -0.09
東京17 葛飾区 0.98 0.99 -0.01 -0.07 -0.08
東京11 板橋区 0.98 1.01 -0.03 -0.03 -0.06
東京6 世田谷区 0.98 1.01 -0.03 -0.02 -0.05
東京4 大田区 1.01 1.01 0.00 -0.02 -0.02
東京15 江東区 0.96 0.98 -0.02 0.01 -0.01

東京12 北区 0.97 1.09 -0.12 0.12 0.00
東京5 目黒区 0.96 1.03 -0.07 0.08 0.01
東京10 豊島区 0.95 1.00 -0.05 0.07 0.02
東京14 墨田区 0.93 0.98 -0.05 0.09 0.04
東京8 杉並区 1.02 1.02 -0.00 0.06 0.05
東京3 品川区 0.99 1.04 -0.05 0.12 0.07
東京1 新宿区 0.94 1.00 -0.05 0.15 0.09
東京7 中野区 0.96 0.95 0.00 0.16 0.17
東京2 文京区 0.99 1.03 -0.04 0.23 0.19

東京都内では、西部の悪化が顕著になりつつあります。東京都の西部では、東京第23区を別格とすれば汚染度合いと人口動態の悪化度合いが見合っていると言えます。

東京都東部では、足立、葛飾、江戸川が悪い。
23区内は人口の移動が多いので都市的地域ほど指数にノイズが入ります。

測ってガイガーのサイトに掲載されたデータを集計して得られた市区町村別の空間線量率平均値。こちらは市区町村単位。




何年も前の汚染度合いですが、汚染は長い年月にわたって残存し、影響します。でも時間が経過しても傾向が変わらないのは再浮遊が原因でしょうか。外部被ばくでこんなに差が出るとは考えにくいです。

東京の汚染度合いに関する人々の認識は様々です。昨年末管理人は多摩センターで現地調査を行いました。けっこう強い汚染が検出されています。

*** @***氏の2019/1/29のツイート
そんな中、1人のママが「夫が東京を行き来しているのだけど、体調を崩すことが多くなった。江戸川に部屋を借りてるのが悪いのかな?」と。そうね…とちょっと色々お話。東京で起業されるのだけど、ホを考えて多摩を候補地にして、神奈川に住むというのが計画らしい。

私が移住者って知らない人々(皆転勤と思っている。ただアレを気にしていることは薄々理解)だけど、さらっとそういう話が出るのが8年目。
首都圏勤務圏内で色々気になるなら、静岡の三島に引っ越したママは多いですよとも伝えておいた。多摩そのものに住んでもいいんじゃない?とも。参考になれば。。
posted by ZUKUNASHI at 21:27| Comment(0) | 福島原発事故

古いモニターがあればデスクトップの画面を簡単に二つにできる

1年数か月前に購入したLenovoの安物デスクトップの起動時になかなか画面が表示されないトラブルが発生しました。

ビデオカードの不調のようです。でも今はメインのCPUにグラフィックカードの機能は含まれているはず。CPUに障害? これは厄介だと思っていました。

高速起動も止めましたが直りません。セルフパワーのUSBに一杯周辺機器をつけていますのでそのせいか? 外しましたが改善しません。

管理するスティックパソコンの一つにHDMI接続で画面が表示されない障害が発生し、USB接続で画面を表示できないかと探したら次の機器が見つかり購入してありました。1500円でした。

JXCOO USB3.0 to VGA変換アダプター ビデオグラフィックカード1080Pサーポート Windows 10/8.1/8/7/XP対応 (不要CDなドライバ)

これをUSB3.0につなぐとしっかり画面が表示されます。なーんだ子供が買ってくれたLGのモニターの不調か。

LG大型画面が動くまで古いモニターで作業をすることにし、LGが動いたら古いモニターにメーラーの画面を表示しています。このところ部品調達、中古品は動作確認、そして設定調整、発送、クレーム処理の現業部門が忙しく、メールのやり取りが多いのです。

投稿も増えていて、投稿者にメールすることも増えています。

上の機器は、値下がりして通販では1350円で買えるようです。ただ、ドライバーをWindowsの中からインストールしなければなりません。このため、画面が表示されなくなったスティックパソコンにインストールができず、本来の目的には合わなかったのですが、しっかり別の目的で使います。

スティックパソコンには、正常なうちにこの機器のドライバーをインストールすることにしました。

スティックパソコンの例からすると、デスクトップの画像出力関係でのトラブルに備えてこの機器のドライバーをあらかじめ組み込んでおくことは意味があるかもしれません。

10年、15年前は、デュアルモニターのためにはその機能を持ったビデオカードを調達し、パソコンのビデオカードスロットに挿さなければならず、これがまた難しかったので、まさに隔世の感があります。
posted by ZUKUNASHI at 12:10| Comment(0) | デジタル・インターネット

やはり 日本の生物相は変わっている

管理人は徘徊時にどこが具体的に変わったとは言えないものの木々の活力が、林の生気が失われていると感じています。林の枯死などはまだ見ていません。木々の顕著な変化を見つけて管理者に聞いた例では、根を切った、敢えて枯らしたことが判明しています。

畑に育つ花卉類も以前のような美しさがありません。私が次々に美しいものを探して歩くために見慣れてしまったのかもしれませんが。

日本の生物相は確実に貧しくなっている。と感じています。2019/1/29に寄せられた次の投稿に、そうなんだと思わず膝を打ちました。引用開始。

私の実家は東京の西部、京王線沿線にありまして、今も武蔵野の面影を残す雑木林が家の周りには、あちらこちらに残っています。 樹齢数十年のクヌギ・コナラがたくさん生い茂る林で、小学生のころは夏休みになると毎日、ここに数時間いりびたり、カナブンやクワガタを採っていました。 樹の一部には緑色の苔が綺麗にかぶさっていました。樹木の下にはびっしりと笹が生い茂り、その下には乾いた落ち葉や枯れ枝がフカフカと重なっていました。カナブンを探し、補虫網を構えながら林の中を歩いていると、樹木の割れ目から漂う樹液の匂いと、土から漂ってくる乾いた気持ちのいい匂いが混ざりっていました。あの空気、今も鮮明に思い出します。

昨年の夏、8月の上旬のことです。東南アジアの勤務地から実家に帰省する際、息子が「日本でクワガタを採りたい!」というので、ならば久しぶりに、と40年ぶりに息子を連れて、かつて毎日かけずりまわった林の中に分け入ってみました。

唖然としました。雑木林の様子がぜんぜん違うのです。 遠くから見る限り40年前と全く変わらないのですが、藪の中に分け入ってみると、それぞれの樹の根元にびっしりと、みたことのないキノコ類、カビ類が生えていたのです。以前は樹の上に見られた、緑色の綺麗な苔はほとんど消えていました。ジメジメとしていて、藪の中の空気が全く変わっていました。

当然、クワガタもカナブンも居ません。息子も私もたいへん失望し、がっかりして帰宅しました。 以前びっしりと生えていた笹は、公園の管理事務所によって綺麗に刈り取られていました。ですので、以前よりも樹の根元の風通しはよくなり、土は乾燥しやすいはずなのです。しかし実際は上に述べた通り、それぞれの樹のまわりは汚くカビで薄汚れ、キノコだらけでした。

瞬間的に、“まるで、『風の谷のナウシカ』の〈腐海〉のミニチュア版みたいだ”と思いました。 原因はなんなのでしょう。あるいは、この7年間余、セシウムなどの重金属が南関東一帯に大量に継続してばらまかれ続け、それらを摂取して栄養にできる菌類が大繁殖しているのでしょうか。 植物や菌類の専門家の方々のご意見を伺いたいものです。

posted by ZUKUNASHI at 11:07| Comment(0) | 福島原発事故

福島県に関する情報に注意! 正視できない状況になっていくと思います

福島県下で健康被害が深刻化しています。ますます正確な情報が出なくなり、ミスリードを狙った情報が増えるでしょう。大変な実態になっていると推定しています。

2018/12小選挙区別人口動態 福島第1区神奈川、東京発表前でワーストワンに
小選挙区 主要都市 出生率変化率 死亡率変化率 短期指数 長期指数 総合指数
福島1 福島市 0.94 1.03 -0.09 -0.22 -0.32
秋田2 大館市 0.92 1.02 -0.10 -0.21 -0.31
茨城3 取手市 0.96 1.01 -0.05 -0.26 -0.31
茨城1 水戸市 0.92 1.05 -0.13 -0.16 -0.29
静岡1 葵区 0.95 1.03 -0.08 -0.20 -0.29
静岡8 中区 0.96 1.08 -0.13 -0.15 -0.28
秋田3 横手市 0.94 1.04 -0.11 -0.16 -0.27
茨城7 古河市 0.91 1.02 -0.11 -0.14 -0.25
静岡5 富士市 0.95 1.02 -0.07 -0.18 -0.25
福島2 郡山市 0.98 1.01 -0.02 -0.23 -0.25

※ Lumière はな。 @kusukusu0525氏の2019/1/24のツイート
余りにも亡くなる人が多すぎて
今回の帰省で初めて親類が私の避難生活を認めた。
認めざるを得ない事態が起きているんだなと思った。
それでも大丈夫、過去と変わらず日本は安全だと言う人は、別に言えばいいけど。
その方達は現実を直視出来ないのか、してないのか、受け容れるのが怖いのか何なのか

※ 東京新聞2019年1月28日 朝刊
震災後「放射線ニコニコしている人に影響ない」 山下・長崎大教授「深刻な可能性」見解記録
 東京電力福島第一原発事故の直後、福島県放射線健康リスク管理アドバイザーの山下俊一・長崎大教授が子どもの甲状腺被ばくについて「深刻な可能性がある」との見解を示したと、国の研究機関「放射線医学総合研究所」(放医研、千葉市)の文書に記されていたことが分かった。国の現地派遣要員らが集う「オフサイトセンター(OFC)」にいた放医研職員の保田浩志氏が書き残していた。 (榊原崇仁)
 山下氏は二〇一一年三月二十一日の午後二時から、福島市内であった講演で「心配いらないと断定する」「放射線の影響はニコニコ笑っている人には来ません」と発言していたことが知られている。保田氏によると、この日の昼、県庁内のOFCで山下氏と面会。その結果は放医研内部の連絡のため、同日夜に記録していた。これらに従えば、「深刻」発言は「ニコニコ」の講演と同じ日にあったことになる。
 本紙は保田氏の記録の写しを情報開示請求で入手した。それによると「長崎大の山下俊一教授がOFCに来られ、総括班長(経産省)&立崎班長とともに話をうかがいました。山下先生も小児の甲状腺被ばくは深刻なレベルに達する可能性があるとの見解です」と記されていた。立崎班長はOFCの医療班長だった放医研職員の立崎英夫氏。OFCは事故直後の同月十五日に福島県大熊町から県庁へ移転。山下氏の講演会場から徒歩五分の距離だった。
 山下氏は取材に書面で回答。保田氏との面会を認めたうえで「原発事故直後の避難指示区域内の被ばく、特に、放射性ヨウ素の子どもへの影響は最も考慮しなくてはならないとの見解を示したのみ」とした。

※ やいちゃん @picoyai氏の2019/1/28のツイート
あたしたち福島県民は、完全に馬鹿だと思われていたんですね。「ニコニコしていろ」と。絶対に許しません。
・・・そういうことなんですよ。怒るの遅すぎませんか。

※ 川脊㋟朗 @kawaseta氏の2019/1/28のツイート
福島市民を騙したんだな。
他人の命だからどうでもいいという考えか。

阿修羅掲示板 2019 年 1 月 26 日 06:25:36
原発事故後、子どもを連れて福島から奈良に移住したお母さん 8年後、死者続出でようやく親類から罵倒されなくなった 
posted by ZUKUNASHI at 10:38| Comment(0) | 福島原発事故

原発事故による被曝は地震国で原発立国を進めてきた日本の宿命だってよ

※ 東京新聞政治部認証済みアカウント @tokyoseijibuの11:17 - 2019年1月28日のツイート
震災後「放射線ニコニコしている人に影響ない」 山下・長崎大教授「深刻な可能性」見解記録
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201901/CK2019012802000122.html

※ まじ 結城=スト行っく & 山梨市推し @m3_prison氏の2019/1/28のツイート
長崎市出身、長崎大学医学部卒でこれ!
wikiをみると、結構、香ばしい…
震災直後の福島県立医大教職員向け講演で
・安定ヨウ素剤の服用マニュアルは数々の欠点がある。使われないことを祈ると、不要論を展開
・ぜひ逃げ出すことのないように。事故による被曝は地震国で原発立国を進めてきた日本の宿命

・・・引用終わり・・・

まあ、そう思っている人が多いようだけど、そういう人は子供に発達障害が出ても、親が子供を残して死んでも冷静に受け入れるんだろうな。
posted by ZUKUNASHI at 10:15| Comment(0) | 福島原発事故

Regime change is ‘state policy of US’

※ Going Underground on RT @Underground_RT 2:30 AM - Jan 28, 2019
‘Regime change and US dominance is a BIPARTISAN policy in the United States! The coup against Hugo Chavez took place in 2002 and the CIA was deeply involved!’ 炎@evagolinger discusses the US’ regime change operations in Venezuela
MONDAY ON RT!



RT2019/1/28
Regime change is ‘state policy of US’: Fmr Chavez adviser weighs in on Venezuela crisis (VIDEO)

Regime change is a permanent fixture of US foreign policy, but the Venezuelan army’s loyalty to President Nicolas Maduro will make his forceful removal no easy task, a former adviser to Hugo Chavez told RT’s Going Underground.

Eva Golinger, a Venezuelan-American lawyer and author who served as an adviser to former Venezuelan President Hugo Chavez, said that there was nothing surprising about Washington’s latest attempt to change the leadership in Caracas.

Citing the coup in Honduras which received backing from the Obama administration, and the failed US-backed coup in Venezuela in 2002, Golinger told host Afshin Rattansi that it was wrong to believe that the United States had lost its appetite for interfering in Central and South America.

Regime change is a “state policy of the United States” and promoting “US dominance around the world” is a position that has broad bipartisan support, Golinger said.

“They’ve been trying to get back into Venezuela for a long time… [but] the Venezuelan armed forces are prepared to defend their country. This would not be an easy in-and-out,” she noted.

Maduro, however, still faces an uphill battle, Golinger warned. In 2002, only the United States and Spain recognized the short-lived coup. In contrast, Juan Guaido’s self-declared interim presidency has been declared legitimate by a host of countries following Washington’s lead.

That aside, there is also an urgent need for internal dialogue, according to Golllinger, given existing divisions and problems within Venezuela.

“Maduro has lost a lot of support and legitimacy even among those who supported him initially,” she said. Yet, while the country needs some change, “that change doesn’t necessarily mean the right-wing opposition coming into power.”
posted by ZUKUNASHI at 02:01| Comment(0) | 国際・政治

シリアの次はイラン、そしてベネズエラ

米国の「民主化」はリビア、ウクライナを崩壊させ、シリア、イラクで国民を大量虐殺、次にイランに経済制裁、そしてベネズエラを破壊することを始めています。サウジのイエメン戦争には全面関与です。

米国が世界の不幸の多くを作っています。英国と仏は米国追随。独、西も従っています。不思議なことに日本がまだ米国追従の発表をしていません。

中南米になると日本語での情報発信者が見当たりません。シリア、イラクでも海外のフリージャーナリストの発信が頼りでした。

真実を知ろうという国民のニーズがないから情報発信者もいないんですよね。自国語ではデマ情報しか流れない国。

貧しい国、卑しい国、お粗末な国。

※ AFP news agency認証済みアカウント @AFP氏の23:52 - 2019年1月26日のツイート
#BREAKING: Pompeo urges all nations to 'stand with the forces of freedom' in Venezuela

※ 2019/1/28に寄せられた投稿
国際政治が新しい大きな力、軍事大国ロシアと経済超大国中国の台頭により唯一の超大国米国の思い通りに行かなくなりました。これは巨大な変化です。日本は、救世主安倍総理の対露外交とアホノミックスで世界のお笑いの対象です、まるで漫画の世界ですね。
ロシアの忍者プーチン大統領は、ベネズエラ支援のためロシア軍事民間会社の兵士を送つていると言われています。これからのベネズエラ情勢は、特に注意して見ていきましょう。

※ microcarpa @microcarpa1氏の17:16 - 2019年1月28日のツイート
「中東戦争」石油利権を巡り米投資家が暗躍。キッシンジャーはそのロビイスト
「1991年湾岸戦争」イラクが侵攻したクウェートの石油採掘権、米英資本が100%
「イラク戦争」軍需産業と復興利権ロビイストが、ブッシュ政権閣僚の大半を占めた
「#ベネズエラ」石油埋蔵量世界一青ざめ
#戦争ビジネス #辺野古

RT2019/1/28
‘US not just behind Venezuelan coup, it’s leading it’ – Foreign Minister to RT
Venezuela is well aware the US is actually leading an effort to topple President Maduro, but is ready to sit down with the Western-backed opposition and could be doing so “in half an hour,” the country’s Foreign Minister told RT.

Hitting back at the Western pressure, Venezuelan government will now focus its efforts on “the main leader of the coup, the 'director of the circus,' namely, the US government, Mr Trump and his representatives.”

Foreign Minister Jorge Arreaza gave an inteview to RT Spanish on Sunday. Without further ado, he accused Washington of spearheading what he said an effort to overthrow democratically elected President Nicolas Maduro.

The US government is not just behind the coup but is leading it. We are focused on neutralizing Washington's attacks.

Adding to a US-led pressure for President Maduro to step aside, Spain, France, Germany and the UK on Saturday issued the elected leader an ultimatum, calling on Maduro to call for new elections within eight days.

“First of all, it is interventionism to the highest degree. Secondly, it is arrogant, and, thirdly, it is artificial,” Arreaza commented. The Venezuelan government will scrutinize ties with countries who backed the opposition but will not put too much emphasis on it.

“The Bolivarian democracy only requires recognition and support from Venezuelan people,” he stated, adding, “other governments are of little interest to us.”

Nevertheless, Caracas will keep the door open to any talks with pro-Western opposition led by Juan Guaido. The opposition leader declared himself interim president last week, garnering support or recognition from the US and an array of other nations. Russia and Turkey were among those to denounce Guaidos’s move and said they would further recognize the elected leader Maduro.

“Everyone should know that we are in constant contact with the Venezuelan opposition,” said Venezuela’s top diplomat. Last December, the government was close to reaching a deal with them but they walked out of the talks after consulting with the State Department. At any rate, Caracas stays ready to engage its opponents.

If the opposition is ready to sit down with us at the negotiating table we will agree literally in half an hour.

Seizing the opportunity, the Foreign Minister urged Guaido followers “to come to the negotiations, ask permission from their superiors in the US, and look for a solution with us [to] jointly build a political road for the future.” It is impossible to push for change in Venezuela by actually attacking it or siding with its enemies, Arreaza stated.

Caracas is currently engaged with the governments of Mexico and Uruguay on “daily” basis after both states offered their mediation services. The government also remains in constant talks with the American-led domestic opposition, which continues to avoid any meaningful dialogue unless approved by the US.

“The people of Venezuela can freely decide whether they want to follow the road of the revolution, left-wing politics, progress, or whether they want to follow the path of neoliberalism and imperialism,” the Foreign Minister offered.
posted by ZUKUNASHI at 01:20| Comment(1) | 国際・政治