ずくなしの冷や水

2019年01月16日

海外ニュースいくつか

FARSNEWS2019/1/16
Report: Sharp Differences Arising Between US-Backed Militants, Civilians in Eastern Syria
TEHRAN (FNA)- Differences intensified between the militant groups backed by the US and civilians in Eastern Syria as massive military operations by Turkish Army are imminent.

The Syrian media activists reported that the Syrian Democratic Forces (SDF) have arrested a large number of people in areas under their control in Hasaka, Raqqa and Deir Ezzur provinces with the aim of forced recruiting of conscripts.

The activists said the SDF move has angered the local population, intensifying unrests in the region. "In one of such cases, civilians torched an SDF military base in the town of al-Qahtanieh in Northeastern Hasaka," they said.

Meantime, battlefield sources said a fresh Turkish military convoy comprising weapons and military hardware has been dispatched to Kilis region behind Turkey's borders with Syria.

The Turkish-language Yeni Shafaq newspaper, meantime, pointed to the Turkish Army's full preparedness to launch military operations in Eastern Euphrates, and said, "A total number of 80,000 Turkish Army soldiers are ready to take part in the upcoming assault on the Kurdish forces."

Yeni Shafaq said that the Eastern Euphrates military operations are to be commanded from the two border regions of Shaneli Urqeh and Kilis, adding that the Turkish Army's military operations will simultaneously kick off from 10 military points.

In a relevant development on Tuesday, media reports said that the Turkish Army and Tahrir al-Sham al-Hay'at (the Levant Liberation Board or the Al-Nusra Front) in close cooperation dispatched over 10,000 terrorists to Northern Aleppo from Idlib and its surrounding areas to prepare for an upcoming battle with the Kurdish fighters in Eastern Syria.

The Arabic-language al-Watan newspaper quoted sources close to the Ankara-backed National Liberation Front (NFL) as saying that Hayat al-Tahrir al-Sham and Ankara are running close security cooperation.

The sources also reiterated that the recent attack by Tahrir al-Sham at NFL militants in Idlib and its surrounding areas have taken place in coordination with Turkey and with the aim to push them towards Afrin region in Northwestern Aleppo and other areas under the control of the Euphrates Shield militants in a bid to engage in a battle against the Syrian Democratic Forces fighters in Eastern Euphrates.

The NFL sources pointed to the forced exit of over 2,000 terrorists from Idlib towards regions dubbed 'Euphrates Shied' and 'Olive Branch', and said that about 500 Jeish al-Ahrar terrorists are slated to leave their positions in Northern Idlib and Lattakia for Northern and Northeastern Aleppo.

The sources reiterated that the number of militants stationed in Idlib, Hama suburbs, Lattakia and Aleppo who are due to join the Syrian National Army affiliated to the Turkish Army in the upcoming battle against the Kurdish forces in Eastern Euphrates has exceeded 10,000 militants.

FARSNEWS2019/1/16
Taliban Threatens to Pull Out of Peace Talks with US
TEHRAN (FNA)- The Taliban threatened to stall peace talks with the United States if Washinton deflects from the issue of foreign force withdrawal from Afghanistan, a key demand of the hardline militants to end the 17-year war.

The Taliban said in a statement that America must pursue the peace talks with “sincere intentions” or it “will be forced to stall all talks and negotiations until America ends her unlawful pressures and maneuvering and steps forward toward true peace”, according to Asia News.

Last week senior leaders of the Taliban canceled the fourth round of peace talks with Zalmay Khalilzad, the US special envoy for peace in Afghanistan, over an “agenda disagreement”.

Khalilzad arrived in Kabul on Tuesday after meeting officials in India, the United Arab Emirates and China, according to the US Embassy in Kabul. The Afghan-born former US ambassador to Kabul was named to oversee Washington’s peace efforts last year. He has met with the Taliban leaders at least three times to discuss foreign troop withdrawal and a timeline for a ceasefire.

The United States has also insisted that any final settlement must be led by Afghans themselves.

“The US goal is to promote dialogue among Afghans about how to end the conflict, and to encourage the parties to come together at the negotiating table to reach a political settlement in which every Afghan citizen enjoys equal rights and responsibilities under the rule of law,” the embassy said in a statement.

But the leaders of the insurgent group have rejected requests from the United States and regional powers to deal directly with the government in Kabul, which it considers an illegitimate foreign-imposed regime.

“The United States agreed during the Doha meeting in the month of November 2018 about discussing the withdrawal of foreign forces from Afghanistan and preventing Afghanistan from being used against other countries in the upcoming meeting,” the Taliban stated, adding that the United States “is now backing away from that agenda and is unilaterally adding new subjects”.

Direct talks between the US and the Afghan Taliban recommenced in July last year, with senior US State Department official Alice Wells meetings with representatives of the armed group in Qatari capital.

A second meeting, this time with Khalilzad, was held in October, also in Doha. This was followed by a third two-day meeting last month in the United Arab Emirates (UAE), which also included representatives from Saudi Arabia, Pakistan and the UAE.

Also, Khalilzad is due to arrive in the Pakistani capital Islamabad for talks with the country's civilian and military leadership. He is expected to land in Islamabad on Thursday, although the envoy's schedule has been fluid in recent days after his visits to New Delhi, Beijing and Kabul, with brief stops in Dubai, since embarking on his regional tour earlier this month.

In December, US President Donald Trump told Pakistani Prime Minister Imran Khan that he considered Pakistan to "[have] the ability to deny the Taliban sanctuary on its territory", in a letter requesting Afghanistan's Eastern neighbour for its "support and facilitation" for the Afghan peace process. Islamabad denies that it holds direct influence over the Afghan Taliban.

Pakistan has long advocated for a negotiated settlement to the conflict in Afghanistan, the US's longest-ever war - reaching more than 17 years of fighting.

"Pakistan's long-standing position to give peace and reconciliation a real chance in Afghanistan has become the basis of an international consensus," Pakistani Foreign Office Spokesperson Muhammad Faisal stated at a recent press briefing.

The Pakistani Foreign Office has acknowledged the country's role as a "facilitator" in the Afghan peace process in several statements, but denies having direct control or influence over the Afghan Taliban.

Following the last round of talks, Khan said his country would do "everything within its power to further the peace process".

"Pakistan has helped in the dialogue between Taliban and the US in Abu Dhabi. Let us pray that this leads to peace and ends almost three decades of suffering of the brave Afghan people," he added.

FARSNEWS2019/1/16
Report: Thousands of Iraqi Troops Preparing for Joint Anti-ISIL Military Operations with Syrian Army
TEHRAN (FNA)- Over 30,000 Iraqi Army troops backed by the Russian Air Force have lined up for launching joint military operations with the Syrian Army against the remnants of the ISIL terrorist group in Eastern Syria, an Arab media report said.

The Iraqi Army troops are standing orders to join the Syrian Army for an imminent battle against the ISIL along Iraq-Syria borders, Al-Etejah Press quoted an Iraqi military source as saying on Wednesday.

The source said over 30,000 Iraqi soldiers are now behind the borderline in order to enter Syria's Eastern deserts (Badiyeh) and engage in battle with remaining ISIL terrorists along the border.

The source noted that Iraq's Hashd al-Sha'abi (Iraqi popular forces) plan to actively take part in the anti-ISIL operations.

He noted that the military operations will soon start, and said the Syrian and Iraqi governments have done the needed coordination to launch the joint assault on ISIL in cooperation with the Russian Air Fore.

In relevant remarks on Tuesday, a senior commander of Iraq's Hashd Al-Sha'abi (Iraqi popular forces) in Al-Anbar Province underlined that his forces have prevented the US Army's spying on security units along borders with Syria.

"The US troops are trying to obtain precise and sensitive intelligence from Iraq's security forces along borders with Syria," the Arabic-language Al-Maloumeh news website quoted Qassim Muslih, the commander of Hashd al-Shaabi forces in al-Anbar province, as saying.

He reiterated that Hashd al-Sha'abi operations command has stopped US spying operations by preventing the US troops from getting close to Hashd al-Sha'abi units and forcing them to return to Ba'er al-Morasemeh base.

Muslih pointed to the US forces' reconnaissance operations along Iraq-Syria borders and questions from border police and Iraqi army about the battle zones off the border regions, the amount of ammunition, type of weapons and the number of troops of each region, and explained that secret intelligence related to the forces stationed along the border regions helps them to easily target any region.

He pointed to the provocative measures by the US troops to obtain secret information from border security guards, and warned that the move is a blatant violation of Iraq's national sovereignty.

FARSNEWS2019/1/15
Rights Group: Dissident Saudi Professor Brain-Dead After Toxic Injection
TEHRAN (FNA)- A renowned Muslim preacher and a university lecturer has been declared brain-dead after Saudi officials injected poisonous substance into his body during brutal torture in prison as a crackdown led by Crown Prince Mohammad bin Salman (MbS) against Muslim preachers and intellectuals widens in the conservative oil-rich kingdom.

The rights group Prisoners of Conscience, which is an independent non-governmental organization seeking to promote human rights in Saudi Arabia, announced in a post on its official Twitter page that Dr. Ahmed al-Amari, who was a professor at Faculty of the Holy Qur'an in the Islamic University of Madinah, suffered severe brain hemorrhage after the injection, presstv reported.

He was then taken to King Abdullah Medical Complex in the Red Sea port city of Jeddah, where all doctors confirmed that he is brain-dead shortly afterwards.

Also on Monday, Prisoners of Conscience announced that activist Yaser al-Ayyaf is suffering from severe burns and bruises all over his body as a result of savage torture he endured during his detention in solitary confinement.

Saudi Arabia has lately stepped up politically-motivated arrests, prosecution and conviction of peaceful dissident writers and human rights campaigners.

Saudi officials have also intensified security measures in the Shia-populated and oil-rich Eastern Province.

Eastern Province has been the scene of peaceful demonstrations since February 2011. Protesters have been demanding reforms, freedom of expression, the release of political prisoners, and an end to economic and religious discrimination against the oil-rich region.

The demonstrations have been met with a heavy-handed crackdown by the regime with security forces increasing security measures across the province.

Over the past years, Riyadh has also redefined its anti-terrorism laws to target activism.

In January 2016, Saudi authorities executed Shia cleric, Sheikh Nimr Baqir al-Nimr, who was an outspoken critic of the policies of the Riyadh regime. Nimr had been arrested in Qatif in 2012.

FARSNEWS2019/1/15
IDF Chief Admits Israel Supplied Syrian Rebels with Weapons
TEHRAN (FNA)- The outgoing IDF chief of staff spilled the beans on a poorly guarded secret of the Israeli military, that it has supplied Syrian rebels fighting President Bashar Assad’s government with weapons “for self-defense”.




The general, who is retiring from military service, said that Israel supplied rebels at the border with light weapons for the purposes of “self-defense”.

While the direct links between Syrian rebels and Israeli commanders have been officially revealed for the first time, rumors of close military ties between the armed militants and the Israeli government have been circulating for years.

Foreign Policy magazine reported in September that Israel supplied weapons and gave money to at least 12 rebel groups holed up in Southern Syria. The arrangement reportedly included Israeli officials also giving $75-per-person monthly allowances to rebel fighters, in addition to the funds their leaders received to procure weapons on the black market

In return, rebels were expected to deter Hezbollah and Iran proxies from the Israeli-occupied part of the Golan Heights.

The scheme was reportedly in effect throughout Operation Good Neighbor, which officially kicked off in June 2016 and was wrapped up only last November. Within this undertaking, Israel was openly assisting the rebels but claimed that assistance was strictly humanitarian. Israel treated wounded Syrian rebels and their families in its hospitals, provided some 1,524 tons of food, 250 tons of clothes, 947,520 liters of fuel, as well as a huge amount of medical supplies.

However, until recently Israel kept vigorously denying any involvement beyond that. The Jerusalem Post's report in September on the IDF confirming that it had provided light weapons to Syrian rebels was promptly pulled from its website. The newspaper told RT at the time that it was forced to remove the article by the army's censor, apparently, “for security reasons”.

In November, Maj. Gen. Gershon Hacohen, a former senior commander with the IDF, revealed that former Defense Minister Moshe Ya'alon had personally met with a group of Syrian rebels, without specifying the time period. Ya'alon was Israel's chief of defense from 2013 to May 2016.

The Israeli military seems to have finally begun to reveal the scope of its involvement in the Syrian conflict, previously shrouded in secrecy.

In an interview with the New York Times, Eisenkot acknowledged that Israel has been waging a large-scale bombing campaign aimed at degrading Iran's military influence in the region.

In 2018 alone, the IDF dropped 2,000 bombs on alleged Iran-linked targets in Syria. Sorties into the neighboring country's territory became “near-daily events” after PM Benjamin Netanyahu’s government greenlighted the expansion of the operation in January 2017, according to the retiring general.
posted by ZUKUNASHI at 23:58| Comment(0) | 国際・政治

今日の放射能備忘録 182

※ 産経 2019.1.10 16:11
CA体調悪化で緊急宣言、着陸後に死亡 全日空
 10日午前2時20分ごろ、米ロサンゼルス発羽田行き全日空105便ボーイング777が新千歳空港の東南東約980キロを飛行中、50代の女性客室乗務員(CA)が、頭痛による体調不良を訴えた
 乗務員は機内で休んだが容体が悪化。同機は他の航空機より優先して着陸しようと、緊急事態を宣言し、午前4時40分ごろ、羽田空港に着陸した。全日空によると、乗務員は意識がない状態になっており、病院に救急搬送されたが、死亡が確認された。
 全日空は死因などを明らかにしていない。乗務前の健康チェックで問題はなかったという。

※ 朝日 2019年1月10日11時50分
闘う町長、記者に遺言 原発事故「死者いない」は間違い
有料会員限定記事
三浦英之

※ sivad @sivad氏の2019/1/11のツイート
sivadさんがryokoをリツイートしました
こちらも自称医師も陰謀論のようですね〜

※ ryoko @Ryoko_is氏の20:53 - 2019年1月11日 のツイート
早野を潰せば「福島に(あるいは関東に)住み続けても安全だ」派(想田さんが「放射能安全派」と言ってるのは実質そういうことなりな)を潰せる、と考えてる人がいるんだろうなあでも実際は早野宮崎論文だけに依拠してる人、とか早野さんだけを参照してる人、というのはまあ居ないので
・・・この方のプロフィル
小児科医/江戸川区/江戸川子どもおんぶず 好きなもの:お酒・食べ物・温泉・読書・Mac
東京都
ishibashiclinic.com
2009年11月に登録
上のサイトは、石橋こどもクリニック とある。

※ 伊藤 剛 @GoITO氏の10:10 - 2019年1月11日のツイート
文脈から言って「原発事故由来の」が省略されていると読むべきと思いますが、福島第一原発事故では、事故で環境に出た物質の「放射能」よりも、想田監督らの言説による「不安能」の被害がはるかに大きいので、想田氏には、自分から出たすべての言葉を残らず回収しろっつーのと言ってよいでしょう。


※ ポスドク問題とアカデミアを考える会 @UNIONTELLINGの18:17 - 2019年1月10日のツイート
研究者を目指す諸君,もはやこういう時代なんだぞ。
「東京大学特任研究員 時給1700円(週30時間)」
52週をフルに働いて,東大のポスドクが年収265万円。

※ Fumihiko Fujiki @UFOprofessor氏の2019/1/11のツイート
東大じゃ無いけど、年季の入った教員やっててもそんなもんですから、研究教育界全体がおかしいです。なお、そこからさらに、税金だの年金だの引いて、半額くらいになります。

※ さかもと@発達障害学習支援相談室 @kokorohealth氏の2019/1/11のツイート
しかも専門職の場合、生活費に加えて学会の年会費や学会参加費、書籍代等の自己研鑚費用がかかります

※ 河原 淳 @DHzNxunAT1P8ETT氏の2019/1/10のツイート
お二人とも笑ってる場合じゃありませんぜ!「楽観的見通しを無責任に発信し、間違いが明らかになるといつの間にか修正する」。過去のツイートも大量に削除していた。
どこかの作家さんみたい。

※ 宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011氏の2019/1/10のツイート
早野氏の論文が問題視されるようになって、
ようやく多くの人が「そもそも……」と原発事故発生直後の事を書けるようになってきた。
更にほんの少し前の時間の事を書くと、原発事故発生の原因は、津浪ではなく地震。判明しているだけでも、外部電源喪失の直接理由は地震による送電鉄塔倒壊だった。
・・・変電所の施設が壊れて送電できなかったこともある。

※ yamagori @yamagori6
返信先: @x__okさん、@MakiYoshiharaさん
今現在、キッコーマンのお醤油は、
国内での遺伝子組み換え率5%未満ですが、EUで販売されているものは0.9%未満です。なので、表示が消えるのは、国内向けの商品だけだと思っています。(右下のNON GMO)

※ エリック ・C @x__ok氏の2019/1/11のツイート
日本の場合、混入率5%以内なら「遺伝子組み換えでない」と表示します。EUでは混入が許容されるのは0.9%未満です。このまま嘘を書き続ければ日本の食品が輸出できなくなるので日本もルール変更を検討中らしいです。今後、全く書かなくする(嘘はなくす)という話もあります。

※ 宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011氏の2019/1/11のツイート
私はただただ、悲しいのです。
早野氏は完全に、故意に人々を騙していました。
それに騙されている人々が、今さらどうしようもなくなっていることが。

※ sivad @sivad氏の2019/1/11のツイート
まさに、問題点を指摘するレター論文にまともに回答していないのが早野さんの問題なんですよねえ。
https://hbol.jp/183049/3

※ 浅学俊郎 @sengakut氏の20:56 - 2019年1月10日のツイート
強烈な指摘の数々。トンデモ論文だな
.@uchida_kawasaki さんの「【KEK 名誉教授 黒川眞一さんによる宮崎真・早野龍五論文に対するコメント(間違いの指摘)】関連ツイートまとめ(20..」https://togetter.com/li/1304129 をお気に入りにしました。

※ 畑 理枝 @rie_hata氏の22:26 - 2019年1月10日のツイート
「被測定者の大部分をND以下の領域に置き、切り捨てる操作は、このプロジェクトが「切り捨て」を目的としていると懸念される第二の事由である。」大規模に進められるWBCによる内部被曝調査について 矢ヶ崎克馬

※ toss ★緊急事態条項はトロイの木馬、憲法停止ウイルス! @tossactの17:19 - 2019年1月10日のツイート
IWJ(東電 https://twitcasting.tv/iwj_ch2 #iwakamiyasumi2 / 福島第⼀原⼦⼒発電所 3/4号機排気筒点検⽤の⾜場(鉄板)の落下について(PDF) http://www.tepco.co.jp/decommission/information/newsrelease/reference/pdf/2019/1h/rf_20190110_3.pdf … (約25cm×約180cm,厚さ約6mm,重量約22kgの鉄板、76m上から落ちてきた。排気筒周り半径33mの範囲立ち入り規制。原因調査中。

※ ハッピー @Happy11311氏の20:43 - 2019年1月10日のツイート
3号と4号が爆発した時のどちらかの破片が凄い勢いで当たった影響かなぁ…。きっと同じような物は他にもあるだろうし、7年以上放置だから劣化も激しいし、いつ落下してきても不思議じゃないと思う。もし落下物が作業者に当たってたらと思うと…。考えただけでゾッとする。

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2019/1/10のツイート
その内昨日ビルの解体工事で床抜けて重機1階まで落下。そんなことも起こるかもよ。いくら厚みがあっても梁が劣化すれば強度も低下し重さに耐えきれなくなる。

※ アマヤ @yosinagakoyuri氏の2019/1/10のツイート
原発事故はきっかけに過ぎず、やはりアベ政権が落ちぶれ国家への決定打となりました。
まぁ 原発事故以前から かなりおかしかったのです。事故で取り繕う余裕もなくなったのでしょう。

※ エリック ・C @x__ok氏の19:14 - 2019年1月10日のツイート
ちょっと昔まで貧しい国はインチキが蔓延っているというのがあった。国名を見て、あの国では仕方がないという様なことが普通にあった。
今の日本はその一員となっている。政府が次々とインチキなことをしているからだ。どこから加速したかと考えると、やはり原発事故からだろう。

※ データ不正提供疑惑・計算ミス発覚の個人被曝線量論文。早野教授は研究者として真摯な対応を
2019.01.10牧野淳一郎

※ 蓮池透‏ @1955Toru氏の19:47 - 2019年1月10日 のツイート
柏崎刈羽原発、稼働していないのに6399人が働いているそうです。何をしていらっしゃるんでしょうか?

※ 子宮頸がん予防ワクチン撲滅委員会 @no_hpvv氏の2019/1/9のツイート
虹子宮頸がん予防ワクチン撲滅委員会さんがseki_yoをリツイートしました
渡航禁止になるという意味がわからない。HPVはインフルエンザとは違う。主な感染経路はセックスだ。もし感染しても、ガンになる確率は極めて低いと言える。医師でジャーナリストが、こんなデマを平気で言うとは恐れ入ったよ。

※ seki_yo @seki_yo氏の17:03 - 2019年1月7日のツイート
村中璃子氏、そのような 事態は 起きないでしょう →「次の五輪の時は無策のHPV関連がんの流行地ってことで渡航禁止になるかもね」
https://www.asahi.com/articles/ASLDN549TLDNUBQU00V.html


※ 土井妙子‏ @6c6xTwmT4pVbuMD氏の2019/1/8のツイート
東大批判をしたいわけではなく、「東大教授」、「東大名誉教授」という肩書をつかって伊達市民を道具に被ばく限度量引き上げ用のデタラメ論文を書いたということに怒っています。東大不信=研究者不信です。他の組織の研究者にも迷惑なのですよ。
・・・とっくの昔に大学教員不信ですよ。なにを今さら。

※ 共同2019/1/8 21:26
JR東船橋駅でオーバーラン
運転士、無呼吸症と診断
 8日午前9時45分ごろ、千葉県船橋市のJR東船橋駅で、中央・総武線三鷹発千葉行き普通電車が停車位置を約30メートル通り過ぎて停車した。50代の男性運転士は睡眠時無呼吸症候群(SAS)の簡易検査で「要経過観察」と診断されており、内部調査に「一時的に睡魔に襲われた」と説明。乗客を含め約270人にけがはなかった。
 JR東日本千葉支社によると、車掌が気付いて非常ブレーキを操作。運転士も同じタイミングでブレーキをかけた。
 運転士は昨年10月に要経過観察と診断されたが、担当医師は乗務に問題ないと判断していたという。乗務前の点呼では異常はなかった。

※ 太田たこす @takosu28氏の22:21 - 2019年1月7日のツイート
黒碧天、逝去のお知らせ
http://blog.livedoor.jp/kurohekiten/archives/54702707.html
冬コミで心臓マッサージが…の話の当事者の方、誠に残念ながらお亡くなりに。
慎んで哀悼の意を表します。
44才で心筋梗塞かあ……私より若いじゃないか……

※ NMF2011 @NMFUKUSHIMA2011氏の2019/1/8のツイート
「魚食」普及へ条例制定検討 いわき市議会、常磐もの消費拡大へ:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet http://www.minyu-net.com/news/news/FM20190108-340167.php … 学校給食への導入には反対だぞ!。

※ knamekata @knamekata氏の10:54 - 2019年1月5日のツイート
年金積立金が、18年10月〜12月の株式運用で過去最悪の14兆円の損出をだした。安倍政権が年金の管理運用にあたるGPIFによる株の資産運用を2倍に引き上げたことが大きい。
国民が営々と積み立てきた年金を、株高を演出する安倍成長戦略のために使うのは危険だし、禁じ手だということを改めて示す。
赤旗

※ まんざい風味 @tRQMeXF8SaIjQjT氏の2019/1/6のツイート
「辺野古へ土砂が投入されている映像が流れてますが、サンゴや希少生物は他の海に移してる(ところです)」というようなことを語尾を曖昧に安倍が言った。もし移していたら、大ニュースになってますよね。大嘘つきとはわかっているが、よくこんなことを平然と言えるな。#日曜討論 #安倍政権を倒そう

※ 今シリア問題について最も注目される女性独立ジャーナリスト



※ はるみ @harumi19762015氏の2019/1/4のツイート
姥捨て山と士農工商の復活願望がある人間が論客としてのさばるとか世も末。タブー言ったもん勝ちみたいになってて末恐ろしい。

※ Minami** @hachico_12516氏の2019/1/3のツイート
先日、このホテルを利用しましたが、鍵をかけていたにも関わらず、外から鍵を開けられてドアを開けられました。女性だったのでそのまま出ていかれましたが、男性だったら、それが夜中寝ている時だったら、と思うとぞっとします。
今後、サイトで見かけても宿泊はオススメしません。
https://pbs.twimg.com/media/Dv-f7YBVYAAXDNv.jpg

※ キューバの米国大使館、音響攻撃とされた鋭い音の源はコオロギ
https://www.rt.com/usa/448151-cuba-embassy-sonic-attacks-crickets/

※ https://twitter.com/i/status/1081325200648613888


※ F Hiroyuki @fjhiro3氏の2019/1/3のツイート
問題なのは、「教師は自分で考えてはいけない。文科省や教育委員会や管理職の決めた通りのことしかやってはいけない」という現在の現場です。例えば小学校ではすべての教員が同じ単元では全く同じ板書をしなければならなくなっている。個性的な教員が来るとストレスで耐えられなくなる。

※ これはすごいね。フォロワー40人程度のアカウントが湧いて出てきている。組織的なものだ。
https://twitter.com/arimoto_kaori/status/1080707538763431938

※ Bokuhadokoniiru @bokuhadokoniiru氏の2019/1/4のツイート
凶悪犯罪が減ってるように見えるのは警察が無能なだけ。行方不明者数は増加傾向。要は警察が行方不明に対して殆ど動かないから殺人事件が減ってるように見えているだけ。私の親族が行方不明になったが警察は何もしてくれない。事件性がないというがおそらく殺されたのだろう。日本の治安は悪いよ!

※ sivad @sivad氏の2019/1/4のツイート
甲状腺専門医は例外なく、福島の小児甲状腺がん症例は手術が必要な状態だと認めています。検査をやめたり縮小するということは、そういう状態の子どもから治療の機会を奪い、がんを進行させるということです。

※ つとむんりー @btb_2106氏の2018年12月29日のツイート
年の暮れに
後輩が亡くなった
涙流しながら
仕事してる
おい!27歳で死ぬなんて
どうなってんだよ!

※ cmk2wl @cmk2wl氏の2019/1/2のツイート
トリチウムの暴露によって人は酵素、ホルモン、タンパク質に起因する慢性疾患に苦しむだろうと仮定することができます。トリチウムはヘリウムに崩壊し化学結合を破壊します。これらの混乱はアレルギーやホルモン機能障害などの慢性疾患を引き起こします。ロザリー・バーテル博士

※ じこぼう @kinkuma0327氏の2018年12月30日のツイート
落合氏の、「終末期医療の延命治療を保険適用外にすることを、“強い”現政権に期待する」という感覚が恐ろしい。問題を極端に単純化した上で、面倒な議論を飛び越え突破してくれる強い権力の存在を、自らは当事者意識を持つことなく、「なんとなく」期待しているという感覚。

※ 毎日新聞2019年1月3日 08時23分(最終更新 1月3日 08時29分)
米アップルは2日、2018年10〜12月期の業績予想を下方修正し、売上高が前年同期比5%減の約840億ドル(約9兆1500億円)にとどまると発表した。中国など新興国の景気減速が要因で、主力製品のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の販売が振るわなかった。

※ 昼寝猫 @tcv2catnap氏の2019/1/2のツイート
 まだモラルがここまで崩壊する前、森永ヒ素ミルク事件の大御用学者西沢義人は逃げ切った上に阪大名誉教授に叙勲だよ。森永から研究助成され、五人委員会で後遺症否定、そして森永顧問。社会的制裁すらない。

※ エリック ・C @x__ok氏の2018/12/31のツイート
最近、ふと気がつくと、twitter で安倍晋三の批判をしているツイートがやたらと増えている。いままでそういう事を書いて来なかった人も、物凄くたくさん批判ツイートしているのを見る。何かが変わった気がする。

※ 


※ しんちゃん @shinchann2008氏の1:00 - 2018年12月30日のツイート
「福島の放射能は安全と言い続けてきた早野龍五、個人被曝線量のデータを1/3に改ざんしていた」18年12月29日 https://buzzap.jp/news/20181229-hayano-ryugo-lie/ … 福島CRMS市民放射能測定所のホールボディーカウンターの「校正」したのも早野。「校正」後、内部被ばく10、20あったのが数ベクレルになってたけどあれって…

※ しんちゃん @shinchann2008氏の2018/12/31のツイート
2011年10月福島CRMSを訪ね、ホールボディーカウンターの説明を受けました。「このデータは校正受ける前なので公開しないで下さい」と。福島市民、軒並み、体重当り10〜 20ベクレル/kgの放射線セシウムがありました。しばらくして、福島CRMSのホームページ見たら、数ベクレル/kgに。校正は早野龍五氏

※ suhama 脱原発 脱格差社会 @suhamayuki氏の2019/1/1のツイート
ホールボディカウンターは、「放射能で被曝しない」のお墨付きに利用されたとしか思えません。当初から疑問視されていたにもかかわらず、藁にもすがりたい県民を騙し続けた医師や研究者・政府と堀内県政は、今後多発する被曝患者など関係ないと放置するつもりのようです。

※ Masaki Oshikawa @MasakiOshikawa氏の2018/12/29のツイート
↓僕が住民でも、もし計測に参加した場合もデータの提供には同意しなかった可能性が高い気がします。理由は、先に書いたとおり、自分が生活に気をつけて被曝量を低減した成果が、「ほら実際の被曝量はこんなに少ない!」と汚染被害の矮小化に使われる可能性が容易に想像できるためです。

※ 共同2018/12/31 15:45
米大統領、シリア早期撤収見直し
共和党の有力議員と会談
 【ワシントン共同】トランプ米大統領は30日、ホワイトハウスで共和党有力者のグラム上院議員と会談し、シリアから米軍を完全撤収する決定を撤回しないとしながら、早期の撤収計画は見直す考えを伝えた。グラム氏が会談後、CNNテレビなどに明らかにした。
 トランプ氏はシリアで過激派組織「イスラム国」(IS)を打倒すると確約したという。グラム氏は撤収計画が「賢明な形で速度を落としている」と記者団に述べた。
 グラム氏は親トランプ派だが、IS掃討が完全ではないとして撤収に反対してきた。
・・・この辺はキツネとタヌキの化かしあいだ。

※ 2018/12/27、南北朝鮮のレール接続


※ Lady Baba (鍵なし) @BabaJaga33_2氏の2018/12/31のツイート
2011年3月12日の早野さんのツイートですが全部削除されていますね。削除はもちろん自由ですが、いろいろと考えさせられます...


※ 疋田香澄(Hikita Kasumi) @ikasumi0氏の23:57 - 2018年12月29日のツイート
本にも書いたのだけど、2012年福島の健康相談会で、物理学者の方達が「被曝の感受性に個体差があるわけないでしょう」と廊下で手を叩いて笑っていたことがあった。医師が「被曝の感受性には個体差があるのでできる範囲で気をつけることが大切」と講演したあとのことだった。

※ 疋田香澄(Hikita Kasumi) @ikasumi0氏の23:57 - 2018年12月29日のツイート
それを聞いて、私の隣にいた福島市のお母さんは、押し黙り涙を浮かべて持っていた紙(ホールボディの結果)をぎゅっと握りしめた。その後の講演で、物理学者の方は「安全だ」というのを繰り返していた。物理学者の方達は、「科学的知見からすると心配すること自体が愚か」だと思っていたのかもしれない

※ Koichi Kawakami @koichi_kawakami氏の2018/12/29のツイート
まさかとは思っていましたが。物理学者の方たち、無知なんですね。被曝の感受性、癌になりやすさ(なりにくさ)に個人差が無いわけがないじゃないですか。

※ こんなげっ歯類のハム @RatHamHam氏の2018/12/31のツイート
FF外から失礼します。私は生物学者で、個体差、バラツキの多いデータを扱います。ある物理学者の人と話したとき、データがばらつくわけないと馬鹿にされました。確かに、物理のデータは個体差、誤差が小さいですが、物理学者の中には、他の自然科学のデータの個体差を知らない人もいるのだと驚きました

※ はっぴーmomiji @momiji_hukuhuku氏の22:26 - 2018年12月26日のツイート
知ってる人間が九二泡吹いて痙攣して倒れて心肺停止したらしいので結構心中穏やかでない。意識戻って今は大丈夫らしいけど・・・。基本救急車に乗ったらもうダメだと思ってる勢なので・・・。

※ sivad @sivad氏の2018/12/30のツイート
越智小枝氏のトンデモ記事における疫学的な誤りや科学的問題点について、疫学専門家の津田教授がこちらで丁寧に解説して下さっています。勉強になりますね。
https://www.iwanami.co.jp/kagaku/Tsuda20170609.pdf

※ やまもとReduce exposure! @Yamamoto0509氏の2018/12/28のツイート
梅毒の大流行が止まらない。
2011年から増加の一途をたどる梅毒患者は、2018年12月23日までに6782人となり、昨年実績を1000人余りも上回った。
7000人規模に迫るのは1970年以来で、実に48年ぶりの異常事態。

※ ガイチ @gaitifuji氏の2018/12/30のツイート
“実は後で分かったことですが、11日の夜9時すぎには東電の社員も家族もだれ一人双葉町に残っていなかった。いち早く社宅を出て、役場にいた社員も黙って消え去りました。そういう会社ですよ、東電は。現在どこかで何食わぬ顔をして生きているんでしょうけど、ひどい話です(井戸川克隆前双葉町長)”

※ sarah @lovelovesarah氏の2018/12/30のツイート
どこへ向かったか。福島県と栃木県の県境のあたりにある「国立那須甲子青少年自然の家」です。3月11日の夕方、近くの公民館で布団などを整備していた知り合いの町会議員(当時)が、何度も道を訊かれたと言っています。町民は非難訓練もしていなかったのに東電社員家族たちは避難先を指定されいた。

※ いちは @BookloverMD氏の2018/12/30のツイート
睡眠は、精神疾患の発症に対する防波堤。
だから、睡眠を削るのは良くない。
思春期や青年期に眠くて仕方ない時期がある。これは、この歳ごろに発症しやすい精神疾患を、寝まくることで防波堤を高め防いでいるからだ。
という説が好き。

※ 明石順平 @junpeiakashi氏の2018/12/30のツイート
財政について悲観的なことを述べると「不安をあおるな」と言ってくる輩がいる。
そういう精神性だから日本は失敗し続ける。とにかく不都合な事実から目を背け,逃げる。そして楽観論を信じる。
逃げて逃げて逃げて逃げまくって辿り着いた究極の現実逃避政策がアベノミクス。

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/12/30のツイート
昨日、息子の同級生なくなった。車の中でなくなっているのを発見したとのこと。仕事帰りとみる福島、チェーンメールで回ってきた。詳しい死因を聞いてくるよう言っておいた。

※ 放射能汚染から子どもを守る @savethechild311氏の4:36 - 2018年12月30日のツイート
母親が内部被ばくすれば、体内の放射能が母乳に混ざって出てきます。
東京の母親の母乳からもセシウムが検出されましたが、これは東京に住む人でさえ内部被ばくしているということです。
汚染された食品が日本中に流通している状態では、全国どこの母親も内部被ばくの危機にさらされているのです。

※ 宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011氏の2018/12/29のツイート
C地区除染をしなかったり、除染事業を市長と昵懇の業者に発注した上に業者は除染作業をしなかったりした、その福島県伊達市役所の担当者だよ。
誰がどんなふうに彼に救われたのか、教えてほしいな。
(避難前は伊達市民だった人間として、真に知りたいと考えています)

※ ヨコク @fukushima_35氏の21:59 - 2018年12月29日のツイート
「救われた人たちは沢山いる」の根拠を聞きたいね。何度でも言うけど。沢山の伊達市民から聞いたのかよ? 俺の友人の伊達市民はマジでキレてんだけど。

※ JUN TAKAI @J_Tphoto氏の10:58 - 2018年12月29日 のツイート
僕は伊達市民ホールで写真展をさせてもらった。なのでデータを扱っていた担当者であろう方もよく知っている。行政官として不備に対する責任は取らなければならないでしょう。でも、あの時それに救われた人たちは沢山いる。市内だけでなく全体の流れの中でも。
早野先生を責めたい人は意味わからん。

※ 向川まさひで @muka_jcptakada氏の2018/12/28のツイート
向川まさひでさんがyeauchqをリツイートしました
これはよくある誤解なのですが、「終末期医療」、特に高齢者の終末期はそれほど医療費はかかっていません。医療費が特に高騰するのは、比較的若く回復の期待がある患者さんで、結果的に最後の一カ月になってしまった場合です。そこを削ることは、実際には助かる可能性のある人を見捨てることになります

※ microcarpa @microcarpa1氏の2018/12/27のツイート
静岡のディーラーの方も、エア・フィルターの放射能汚染が噂になっていると仰っていました。でも大っぴらには言えないと。
幹線道路沿いの堆積物を市民測定所で測って欲しいです。東京府中市の細く交通量の多い人見街道(清掃車が通れない)周囲50~200Bq/kg程度なのに370Bq/kgあったそうです。#脱原発

※ itou kino @ItouKino氏の13:10 - 2018年12月28日のツイート
ガンダ―セン氏が車のエア・フィルターの汚染を指摘したのは、早い時期でした
マスコミはスルーしたけど、判ってる方は多かったです
例えば、中古車屋の洗浄で出る汚泥も高かったけど、黙って捨てたようですし・・
国が嘘をつくから、皆、右へならへ!となります
私達は推計値以上に被ばくしてますね青ざめ

※ microcarpa @microcarpa1
その通りです。チェルノブイリ事故後ウクライナのキエフは夏中道路を洗浄、秋には落葉を集めて埋めました。30キロ圏は今も立入り禁止。許可を得て入る場合10キロごとの専用車両。
8千Bq/kgまで焼却・工事・園芸地使用OKで、福一から最短2.7kmの国道まで4年で開通。関東圏車両検査なし自衛をお願い!

※ itou kino @ItouKino氏の2018/12/28のツイート
ソ連の方がよほど理性的でしたね
311を調べて、日本は先進国でもなければ科学立国でもなかったと思い知らされました
国がやった事は取り返しがつきませんが、汚染の事実に気が付けば避けて暮らす事はできます
その為にこうやってツイートを繰り返す毎日です
一人でも多くの人の目に留まりますように

※ NHK2018年12月22日 16時17分
除染土 “8割が再生利用可”
県内の帰還困難区域を除く地域の除染で出た土の現在の放射性物質の濃度について、環境省は、およそ8割が国が再生利用の基準にしている1キロあたり8000ベクレル以下だとする推計結果をまとめました
環境省は、除染で出た廃棄物を保管する中間貯蔵施設を双葉町と大熊町に整備中で、帰還困難区域をのぞく地域で出たおよそ1400万立方メートルの廃棄物を搬入する計画です。
ことし10月までにおよそ155万トンが搬入されていて、環境省は、運搬の際に計測された放射線量のデータなどをもとに、全体の推計結果を公表しました。
それによりますと、1キロあたりの放射性物質の濃度は8000ベクレル以下が80.2%、8000ベクレルから1万5000ベクレルが6.4%、1万5000ベクレルから6万2000ベクレルが10%、6万2000ベクレルより高いものが0.8%などでした。
環境省は、廃棄物の最終処分の量を減らすため、1キロあたり8000ベクレル以下になったものを道路や防潮堤の盛り土などとして県の内外で再生利用する計画で、今後の濃度の低下も考慮した場合、処分量は現在のおよそ1割か、技術開発によってはそれ以下に抑えられるとしています。
一方、環境省の調査では、除染で出た土を再生利用する計画について内容を知らない人が県外では8割を超えていて、理解がどこまで得られるかが課題となっています。

※ 東京新聞 2018年12月26日 16時55分
原子力79施設廃止に1・9兆円 費用は国民負担、機構が試算
 国内最大の原子力研究機関「日本原子力研究開発機構」は26日、青森、茨城、福井、岡山4県に保有する原子力関連の79施設を廃止した場合、費用は約1兆9千億円に上るとの試算を公表した。79施設の廃止費用の全体像が明らかになるのは初めて。廃止完了には約70年かかるとした。機構は国の交付金で運営されており、巨額費用は国民負担となる。
 機構は前身組織を含め、1950年代から日本の原子力研究をリードしてきた。しかし保有施設の多くが老朽化する中、廃炉や廃棄物処理の課題は先送りされており、原子力利用の「負の側面」が浮き彫りとなった。

※ ハチャ・プリ彦 @Vladimir_vodkin氏の5:52 - 2018年12月26日 のツイート
外資系投資銀行で働いてる人に「同僚で過労死した人いますか?」って聞いたら、オフィスで人が過労死するところを見たとの答えが返ってきたことがあったプリ。パソコンに向かって作業してたら、急に動きが止まって前に倒れてそのまま死んだらしい

※ nao‏ @5ULBGessORcYJxg氏の2018/12/22のツイート
よくある会話が最後になる…
「ただいま」「おかえり〜」
「さみ〜青ざめ先にお風呂入るね」
「お風呂に入ってあったまりなぁ」
昨夜 回り回って電話がきた
友人の子供がお風呂で亡くなったと。
まだ15歳。心筋梗塞。
若いから…年だから…は関係ない
春になったら高校生だったわからん

※ ヨコク @fukushima_35氏の2018/12/24のツイート
避難者から話を聞いてみろよ。帰還困難区域スレスレの家に戻った人に話を聞けよ。浪江で農業再開してる人に話を聞けよ。帰還困難区域のゲートに立つ人に話聞けよ。避難指示解除された土地を巡回する警官に話を聞けよ。何が取材だよ、何も知らねえで1回行った程度ででけえ口叩くなよ(笑)

※ 山中龍之介@韓国系日本人福島旅行ツアー企画中! @ryuunosuke_chan氏の18:46 - 2018年12月22日のツイート
取材して分かった事は少なくとも私がお会いした福島在住の方はおしどりマコの言説に「何バカなこと言ってるんだ」と思ってるってこと。そして「福島の食は日本一安全」と自信を持っていて他県の私に勧めてくれたこと。福島の料理おいしいのでぜひ食べに行って下さい。#おしどりマコ擁立問題
・・・福島に行くと地元の方から「福島の食は日本一安全」と自信を持って勧められ食べざるを得なくなるのです。福島に行ってはいけません。この方が証言しています。

※ まさのあつこ @masanoatsuko氏の2018/12/23のツイート
私たちは、年1mSv以下という国際基準で守られてきた。
しかし、今、安倍政権は、50mSv超の帰還困難区域に「拠点」を設けて除染し、
空間線量ではなく、個人線量計で測ればうんと低いから大丈夫!️と言って、帰そうとしている。
そういう話なんです。

※ まさのあつこ @masanoatsuko氏の2018/12/23のツイート
さらに、解析そのものに誤りがあったことを、取材に対して本人が認めている。

研究申請前に解析結果を公表〜伊達市の被ばくデータ | OurPlanet-TV:特定非営利活動法人 アワープラネット・ティービー
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2337

※ まさのあつこ @masanoatsuko氏の2018/12/23のツイート
その「空間線量は、個人線量計で測ったよりも過大評価になっています」に根拠を与えた論文の一つが、
福島県立医大の宮崎真氏と東京大学名誉教授の早野龍五氏の論文。個人線量計で測れば空間線量の0.15倍だとした。
それが6月22日の放射線審議会資料p16にも挿入された。

※ まさのあつこ @masanoatsuko氏の2018/12/23のツイート
その理由と根拠は、原子力災害対策本部決定文書には、全く明確に書かれていないが、
「空間線量は、個人線量計で測ったよりも過大評価になっていますから」というのが、前段階で原子力規制委員会で話し合われた。
その「空間線量は、個人線量計で測ったよりも過大評価になっています」に

※ まさのあつこ @masanoatsuko氏の2018/12/23のツイート
12月21日の原子力災害対策本部が決めたのは、

年50mSv超の帰還困難区域に設けた「特定復興再生拠点区域」での被ばく管理は、

「空間線量ではなく、個人個人の線量計で行いますよ」ということ。

※ まさのあつこ @masanoatsuko氏の2018/12/23のツイート
これは「特定復興再生拠点区域」に限った話ではある。

しかし「特定復興再生拠点区域」とは、年50mSv超の「帰還困難区域」の中に設けられ、そこを「拠点」として帰還を促す区域である。

※ まさのあつこ @masanoatsuko氏の2018/12/23のツイート
そして本体である「原子力災害対策本部」が12月21日に、その放射線防護対策を別添として、「特定復興再生拠点区域の避難指示解除と帰還・居住に向けて」を決定。
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/genshiryoku/dai47/index.html

※ まさのあつこ @masanoatsuko氏の2018/12/23のツイート
もっと言えば、内閣府原子力被災者生活支援チームは、原子力災害対策本部にある。

その中核である原子力災害被災者生活支援チームに、国会にある内閣府の窓口から連絡しようとすると、「窓口は経産省です」と言われて気づいた。

原子力災害から国民を守る部署が原発推進官庁に依拠している。

※ Kew Madagascar @TeamKMCC氏の23:44 - 2018年12月21日のツイート
83% of the palms of #Madagascar are threatened with extinction, as published on the @IUCNRedList #StopExtinction
・・・日本はマダガスカルから多肉植物などが輸入されています。

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/12/22のツイート
お〜い環境破壊省、いつになったら除染してあげるんだ!昨年4月から言ってるんだぞ〜〜。庭先除染してやれや2018年12月22日も確認してきたけど5.05μSv/hあったぞ〜〜。昨年3月に解除勝手にして人住まわせ除染しないとはどうりゅう了見なんだ!税金泥棒!!!

※ エリック ・C @x__ok氏の2018/12/22のツイート
生活保護制度が十分に機能している国で、次の段階としてベーシックインカムを考えるのならまだしも、生活保護制度すら機能できていない事を批判さえも禄にできない国での運用は、少なくとも人間を保護すると言う面では絶対に無理です。底辺には生きれないレベルの金を配って黙らせて終わりです。

※ masa @zebra_masa氏の2018/12/22のツイート
しかし、今回のローラさんの辺野古に関する発信で彼女の仕事の心配をしてる人は笑うよなあ。だって、ローラさんが日本のテレビタレント業界を見限ったってつゆほども考えてないみたいなんだもん。俺みたいな60を超えた連中の間でさえ、テレビの地上波を見てるなんてほぼゼロだぜ(笑)。

※ sivad @sivad氏の2018/10/26のツイート
sivadさんがNHK国際部をリツイートしました
日本政府、相変わらず嘘ついてますね。ICRPの勧告では年20~100mSvとしている緊急時被ばく状況は労働や居住をしない避難中の状況です。居住する場合は現存被ばく状況で年20mSv以下のできるだけ低い値、代表値は年1mSvとされています。

※ NHK国際部認証済みアカウント @nhk_kokusaiの13:57 - 2018年10月26日のツイート
国連総会で特別報告者が福島の原発事故を受けた日本政府の避難解除の基準ではリスクがあるとして、子どもたちの帰還を見合わせるよう求めました。これに対して、日本側は、国際的な専門家団体の勧告に基づいていると反論し、日本側との立場の違いが浮き彫りになりました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181026/k10011686691000.html

※ つなぽん@lateral view @tunatuna_01氏の2018/12/19のツイート
科学者が思っているほど、人々は科学的な文章を理解してくれないってのは心に留めておいた方がいいと思う。
科学者としては、言い切る形の文章は恐ろしくって書けないけど、「今のところはこの解釈だけど将来的に変わる可能性もある」みたいな文章は、
一般人には読む価値のない文だと判断される。

※ Huruta Matsue @HurutaMatsue氏の22:18 - 2018年12月19日のツイート
9月に体調不良を訴え、すい臓癌だったとのこと。
ギタリストの鎌田ジョージさんが死去 58歳 中村あゆみがブログで報告(スポーツ報知)

※ 私が立憲民主党を代理人に選んだ理由 @touhyou5969氏の2018/12/18のツイート
もう、いい加減うんざりするので「野党がだらしない」とか返信するの止めてくれ!野党がだらしないんじゃないってば。
安倍内閣と公明自民党の愚劣さに気付かず、野党にあれっぽっちの議席しか与えなかった「国民がだらしない」の!
野党のせいにしちゃダメよ。国民主権なんだから
#国民がだらしない

※ microcarpa @microcarpa1氏の2018/12/19のツイート
Oct,2014:#Thyroid #Cancer Patient Won Against #Nuclear Plant in #SouthKorea
2014年:韓国で原発周辺住民が甲状腺がん発症、原発側に賠償命令
https://www.windfarm.co.jp/blog/blog_kaze/post-18286
#NoNukes #脱原発 #Chernobyl #Fukushima
posted by ZUKUNASHI at 14:40| Comment(0) | 福島原発事故

静岡商業高校が全校3日間の学校閉鎖

※ ないすら‏ @9slugger_P氏の12:25 - 2019年1月15日のツイート
同僚から静商がインフルで学校閉鎖してるって話を聞いたがマジだったのか
100人以上感染してるらしい…



静岡商業高校のサイトから
インフルエンザに伴う学校閉鎖について
2019年1月15日
日頃から本校の教育活動に御理解と御協力をいただきありがとうございます。
さて、現在本校生徒にインフルエンザが流行しており、感染の拡大を防ぐために本日より学校閉鎖にしました。この学校閉鎖は新たな感染拡大を防止するために行うものです。下記の留意事項の遵守をお願いします。
1 学校閉鎖の期間  1月15日(火)〜17日(木)
2 現在の感染者数等  感染者もしくは発熱者138名
3 学校閉鎖中の注意
 (1)学校閉鎖中は不要・不急の外出はしないで家庭で過ごす。
 (2)学校閉鎖中は健康チェックをし、発熱・咳等の症状があれば、早めに受診する。
 (3)新たにインフルエンザを発症もしくは発熱した者は担任へ連絡する。
 (4)学校閉鎖中、体調に問題がない者については、時間割に従って学習を行う。
 (5)部活動も原則中止とする。
4 健康管理
 規則正しい生活を送り、睡眠・休養を十分に取る。うがい・手洗いを励行し、部屋の換気に努める。
5 その他
 1月18日(金)の朝、体温を測り、発熱・咳等の症状がないかどうか体調を確認のうえマスクを着用して登校する。調子が悪いときは無理をして登校しないこと。欠席する場合は学校に連絡をすること。

・・・引用終わり・・・

高校ですよ。静岡市葵区に所在。今月は、開業医に薬をもらいに行くのをやめます。後で嫌味言われても風邪ひくよりはマシ。


※ ツイ@不恥屋 @tui_sidou氏の8:27 - 2019年1月15日 のツイート
弊社、先週無理に風邪メン残業させた結果、課内インフルエンザ大流行で
5日間強制欠勤者7人の大パンデミック状態
責任者頭を抱えて僕大笑い
何でしたっけ?先週僕が「体調辛いので定時で上がらせて下さい」つったら
「みんなも辛いんだからね」でしたっけ?
ほんとにみんな辛くなりましたねぇ〜?
posted by ZUKUNASHI at 14:07| Comment(0) | 福島原発事故

仏、竹田JOC会長の捜査決定

共同通信 2019年1月11日 / 18:00 / 18分前更新
仏、竹田JOC会長の捜査決定
【ブレスト(フランス)共同】フランス紙ルモンド電子版は11日、2020年の東京五輪招致を巡る贈収賄疑惑で、フランス捜査当局が日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長を贈賄の容疑者とする捜査開始を決定したと報じた。
 ルモンドによると、フランス当局は、竹田会長が、五輪招致に向けて賄賂を支払うことを認めた疑いがあるとみている。昨年12月10日に竹田会長から事情聴取した。


起訴されたとの情報もありますね。

※ 朝日新聞(asahi shimbun)認証済みアカウント @asahi
の2019/1/11のツイート
竹田会長訴追手続き、識者「日本にいれば捜査権及ばず」

※ こたつぬこ @sangituyama氏の21:22 - 2019年1月11日のツイート
「東京五輪招致を巡る贈収賄疑惑に絡み、国際オリンピック委員会(IOC)の倫理委員会が11日に会合を開くと伝えた」
東京五輪招致疑惑、IOC倫理委が会合へ - 共同通信 | This Kiji

※ 竹田恒泰 @takenoma氏の19:59 - 2019年1月11日のツイート
カルロス・ゴーンの逮捕に対するフランスの報復のように見える。フランスの民度の低さが見える。マクロンは相当追い込まれている模様。

※ ロジ @logicalplz氏の2019/1/11のツイート
ロジさんが竹田恒泰をリツイートしました
竹田恒泰「また、父は、もし2020年に東京五輪ができないと、【夏】の五輪を二回開催するアジアで最初の国は韓国になる可能性が高いと言っていた。そうなったらアジアにおける日本の地位は揺らぐと嘆いていた姿が忘れられない」

なるほどねー。

※ こたつぬこ @sangituyama氏の2019/1/11のツイート
日本からでられないJOC会長

※ 宋 文洲認証済みアカウント @sohbunshu氏の19:03 - 2019年1月11日のツイート
竹田会長はフランスだけではなく、EUにも行けない。空港で拘束される。ゴーンさんのように

※ ロナルドgo @suncross11氏の2019/1/11のツイート
もう竹田一家もアルプスでスキー休暇できなくなるな。可哀そうに。

※ きむらとも @kimuratomo氏の2019/1/11のツイート
夢とか希望とか勇気とかスポーツマンシップとか日本の誇りとか復興とかとは、まったく無縁、まったく逆のカネに汚れた、汚ねぇ汚ねぇ東京2020オリンピック。こんなカネに汚れた東京2020オリンピックに、仕事や学校を休んでタダ働きボランティアだなんて、本当にくだらないね。

※ 高橋 浩祐認証済みアカウント @KosukeGoto2013氏の2019/1/11のツイート
中国で人体実験を行っていた731部隊の関東軍参謀は、昭和天皇の従兄弟にあたる竹田宮恒徳(偽名で宮田参謀)。戦後、戦犯に問われることなく、JOC会長になりました。今のJOC会長、竹田恒和氏の父親です。私はこのことを、半藤一利さんと佐藤優さんの著書で知りました。日本ではタブーになっています。

※ あっこのパパ @ken6375氏の2018年7月2日のツイート
JOCの竹田さんなんか、以前のJOC会長はボランティアなのに、元皇族の地位利用で年収数千万。モントリオールの馬術選考も疑問あり。

RT2019/1/11
Tit for tat? France investigates Japan’s Olympic boss as Japan charges French ex-CEO of Nissan
Tsunekazu Takeda, the president of Japan’s Olympic Committee, is under investigation on corruption charges in France. He was questioned the same day as Japan charged Nissan's ex-CEO Carlos Ghosn with financial misconduct.

Takeda is suspected of corruption in the 2013 vote that won Tokyo the right to host the 2020 Olympics. His clandestine negotiations with African members of the International Olympic Committee allegedly helped Japan secure the victory, according to the French paper Le Monde, who first reported on Takeda’s case.

While Le Monde initially reported Takeda had been indicted, Takeda himself has denied it in a statement. He said he had taken “no improper action” in connection with the 2020 bid, and promised to cooperate with the investigation. The International Olympic Committee (IOC) has opened its own ethics probe into Takeda.

Takeda, a 71-year-old former Olympic equestrian and great-grandson of Emperor Meiji, was questioned in France in December after a three-year long investigation. It is so far unclear why French prosecutors made the move at that particular time, but it came on the same day that Japan charged French business powerhouse Carlos Ghosn, the former CEO of Japanese automaker Nissan, with financial misconduct. Ghosn is being accused of under-reporting his income by 5 billion yen ($44 million).

Ghosn’s case puts to the test the French control over the carmaking alliance between Nissan and Renault. Having held executive posts in both companies and credited with saving both from near bankruptcy in the late 1990s, Ghosn has been the alliance’s de facto leader and middleman with the French government.

共同2019/1/15 23:35
竹田氏、IOC会議欠席へ
「個人的理由」と申し出
 【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)は15日、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長が、19日にスイスのローザンヌで予定されるIOCマーケティング委員会の会議を欠席すると明らかにした。竹田会長は委員長を務めており、出席予定だったが「個人的な理由による」との知らせがあったという。
 2020年東京五輪招致を巡る贈賄の容疑者として竹田会長がフランス司法当局から正式捜査を開始され、疑惑の再燃を受けた判断とみられる。
 竹田会長はIOCのスポンサー集めを担う重要ポストのマーケティング委員会トップに14年に就任した。
posted by ZUKUNASHI at 00:13| Comment(2) | 社会・経済