ずくなしの冷や水

2019年01月08日

Commander: Iraqi Popular Forces Ready to Give Crushing Response to US Attacks

FARSNEWS2019/1/8
Commander: Iraqi Popular Forces Ready to Give Crushing Response to US Attacks
TEHRAN (FNA)- Secretary-general of Iraq's al-Nujaba popular movement underlined preparedness to give a strong response to any possible US attack on Iraqi forces.

"If the US targets the Iraqi forces, we will give them a crushing response. Our response will not merely be confined to missile attacks as they think but we will approach them so closely and will give them a surprising and proper response and God will help us," al-Ka'abi said in an interview with the Persian-language Ettela'at newspaper on Tuesday.

He also reminded of the Iraqi popular forces' assistance to the Syrian army in the fight against the terrorist groups, and said, "We have also declared to our brothers in Ansarullah (in Yemen) that we are ready to stand beside them on all humanitarian, military and other scenes."

Al-Ka'abi, meantime, expressed confidence that Ansarullah forces are themselves capable of defeating al-Saud, the US and the Zionists.

His remarks came after US President Donald Trump announced late last month of his decision to withdraw forces from Syria immediately.

But, later other US officials modified the position by saying that the pullout would be done under specific conditions. Also media reports said that the US is reinvigorating its bases in Western Iraq.

An informed source said on Saturday that a large number of state-of-the-art US-made weapons had been dispatched to Ein al-Assad airbase in al-Anbar province.

"A number of US military planes, carrying weapons and military equipment, arrived at Ein al-Assad airbase in al-Baghdadi region in the town of Hit in Western al-Ramadi. No reason has yet been cited for these flights to the airbase and the details about the weapons which are said to be advanced," the source was quoted as saying by Iraq's al-Wa'e news agency.

He added that a few days ago, a large number of US military vehicles had also arrived at Ein al-Assad, noting that the American forces take assistance from the security companies for transferring military equipment to their positions in Iraq and the military men are sent to different places on planes.

Iraq's Ein al-Assad airbase hosted US President Donald Trump on December 26 before the New Year. Trump underlined in his remarks that he did not intend to withdraw forces from Iraq at all.


posted by ZUKUNASHI at 23:11| Comment(0) | 国際・政治

Taliban Call off Peace Talks with US Officials

FARSNEWS2019/1/8
Taliban Call off Peace Talks with US Officials
TEHRAN (FNA)- The Taliban said on Tuesday they had canceled planned peace talks with US officials in Qatar this week over an agenda disagreement.

“Both sides have agreed to not meet in Qatar,” senior Taliban members based in Afghanistan told Reuters.

Talks had been planned for two days starting Wednesday in Qatar, senior Taliban members earlier told Reuters.

The Taliban had rejected requests from regional powers to allow Afghan officials to take part in the discussion.


posted by ZUKUNASHI at 23:04| Comment(0) | 国際・政治

下流老人の僻み 1

カネがなくて貧乏生活。ひがみも出てくるが、そこはご容赦を。これは思いついたときに追記していく。

・ボジョレヌボー 全然おいしいとは思わない。
ワインが好きなら、チリ産ワインが安くてうまい。今は、たまに料理に使うだけ。カルフォルニア産は汚染が心配。
山梨県のサドヤのワインをもらったことがあるが、これはおいしかった。高いものも安いものもあるようだ。
テキーラのDonJulio、これはうまい。7千円ほどする。もらったら大事にして水割りで呑むが、なくなったらブラックニッカ。落差が大きすぎ。
ペルーのブドウ果汁を原料とした蒸留酒ピスコも飲んだことがある。これもうまかった。度数が高い。自分では買わなかった。

・マロングラッセ 要するに栗の甘露煮、甘栗で十分うまい。

・フォアグラ コレステロールの塊。焼き鳥屋で食べる鶏のレバーと変わらない。 

・キャビア おいしいものだとは思わない。少し生臭さがあるので、秋田の「とんぶり」に塩を効かせて生臭さを加えれば同じ。

・トリュフ(セイヨウショウロ) 自分は食べたことはないと思う。キノコで変わった香りだそうだ。白トリュフの香りはガソリンや漏れたガスのにおいとも。マツタケやシメジのほうがよほど上。キノコはもう食べないが。

・各種チーズ いろいろな種類があってうまいとは思うが、料理用にNZ産クリームチーズを買うだけになった。乳製品は原則食べない。

・高級チョコレート いろいろ乳製品や添加物などが入っている。昔は外国土産の定番だったが、今はもらっても食べない。脂肪分が高すぎる。

・バレンタインデー ばかげた風習

・パリのオムレツ 一人分が多かった。健康に悪そう。

・ロンドンの朝食に出るビーンズ 今なら楽しめるかも。あそこはおいしいものはない。

・ロシアの黒パン これはうまいと思う。ロシア人は、この匂いをかぎながらウォッカを飲んだと言う。放射能が少し高いと聞いた。

・洋ナシ 外国にいたときよく食べた。アイスクリームなどよりよほどうまいと好物だったが、福島第一原発事故後、山形産、新潟産どちらも食べていない。

・果物の王様ドリアン そんなにおいしいだろうか。子供のころドリアンというアイスキャンデーがあった。あれが懐かしい。
こちらはドリアンの野生種のようです。


・果物の女王マンゴスチン これは文句なしにおいしい。

・ライチー うーん、難しい。

・加工用バナナ 南米で食べた。少し甘いイモ。いけると思った。日本で売っていたので買ってみたが、全然別物だった。

・マンジョカ・キャッサバ タピオカ澱粉を作るイモ 茹でたものを食べてみたかったが機会がなかった。

・ビンロウ ご存じない方がほとんどだろう。台湾に出張した知人に買ってきてもらった。ヤシ科の植物の種で噛みタバコに似た使われ方をすると聞いて試したが・・・。台湾ガムとも呼ばれるが、発がん性ありとされている。

・霜降りの高級牛肉 ホテルオークラのレストランで霜降りの分厚いステーキをご馳走になったことがある。その晩、胃がもたれて困った。20年位前だったろうか。それ以来、和牛は敬遠。福島第一原発事故前から和牛を食べていないのは、そのせいだ。怪我の功名?

・あわび アワビの刺身に付いていたワタで中毒したことがある。顔の筋肉が麻痺した。牡蠣はその後も少しは食べていたが、今は貝類は食べない。

・イセエビ・ロブスター 結婚式の料理の定番だが、身が少ないし味がいいとも思わない。あれは飾り物だ。

・老舗の高級羊羹 一口一回食べてみれば十分。現金が箱に入っていれば何度もらってもありがたいが。 

・恵方巻き 商業主義による迷信の最たるもの。事故があるそうだ。

・しゃぶしゃぶ 湯でこぼしという面では意味があるかもしれないが、わざわざサシの入った高い肉の脂を落として食べる意味が分からない。

・油こってりのラーメン 昔ラーメン店を自営していた人から聞いたが、ラーメンの汁の油は酸化しやすく常温で一晩置くと腹を壊すと。酸化防止には、熱いうちに冷凍庫に入れて急速に冷やし、翌朝まで低い温度で冷やしておかなければならないのだと。考えたら、家系ラーメンは食べたことがない。

・アボガド これはよく食べている。ただ食べごろをとらえるのが少し面倒。(whiteさんはワサビ醤油ですか、管理人は最近キムチと一緒に食べたり、いろいろです)

・ハネジューメロン これも野菜代わりに。めちゃ甘いものもあるが、スーパーに並ぶ安物はあまり甘くないので。漬物にも出来ると思う。(そうだ! 甘くなければキムチに加工してみよう。カリフォルニア産は避ける)

・マトン 食べ方を教わりやってみたが、イマイチ、また食べたいという気が起きない。中東で肉と言えばこれだから調理法もいろいろあるはずだが。(オセアニアにお住まいの方が、「そのままでもおいしいじゃないですか!」と言っていましたが、プレーンで常食できるようならそれはそれで立派です。)

クスクスはマトンのはずだが、臭みは感じなかった。なぜだろう。クスクスは粗挽きの硬質小麦を蒸してマトンの煮汁をかけて食べる。

・・・・・

Sさんから寄せられた「下流中年の僻み」

海外には後にも先にも新婚旅行のサイパン(二泊三日)以来行った事なし。国内旅行も素泊まりのみ(ロードサイド型ホテル)一泊ウン万円の温泉旅館など夢のまた夢。
車は全てポンコツ中古車、新車など買えない(買った後に調べたら茨城の中古車だったので売却予定、どうせ値がつかない)。
酒もタバコも○も、もちろんギャンブルもやる金は無し。
服はユニクロ、サイズの合わなくなったズボンを無理やりはいてベルトで固定 。
家は賃貸アパート、狭い家でひしめき合って生きている、一番大変なのは折り畳み簡易ベットの上げ下げ、指を何度挟んだか(今後も家を買う予定は無し、出来るなら自分達も早く移住したい)。
床屋はいつも1000円カット(髭を剃ると肌荒れするから別に良し)。
外食は殆ど出来ない。家族で行くと一食に数千円も勿体無くて払えない。腕時計はAmazonでタイムセールで1000円のCASIOのもの、靴下は流行りの指穴開きモデル

「下流中年の自慢」
線量計は二台所有。食品は外国産を中心に(行った気分で)。お金が無いのを知ってる友人達が知恵を授けてくれる。そして中古品を色々もらえる。
前の住人が光ケーブルを引いてくれていたのでネット料金が安く済む。子供達が一応遊んでくれる。人間ドックはお金がなくて10年受けてないから被曝もしてない。
両親と両祖母が健在(99歳と93歳)、ちょっとやそっとでは壊れない、頑丈に産んでもらった。
そして最後にずくなしさんのサイトに出会う事が出来、被曝回避の知識を得る事が出来た事 真偽はご想像にお任せします。

壱番屋創業者 宗次徳二氏を連想しました。
外食できない→結果として被曝回避徹底
食品は外国産を中心→同じ効果
酒もタバコも○も、もちろんギャンブルもやる金は無し→ギャンブルやるカネはなくても移住のためのカネはあるでしょう。今が使い時です。そのうち、代わりに使ってあげるという人が押し寄せます。
サイズの合わなくなったズボンを無理やりはかずに痩せましょう。管理人は3kg痩せただけでズボンがだいぶ楽になりました。
サイズが合わずに無理やり穿いてベルトで止める?! えっ、もしかして痩せたんですか、ほっそりと格好良く。
散髪は、電動バリカンがお勧め。管理人は髭剃りの際にはまずバリカンで無精ひげを短くします。10年近く使ったバリカンを更新しました。7千円弱。管理人と違って髪の量が多いから無理? そんなことありませんよ。管理人だって10年前から今のように髪の毛まばらだったわけではありません!
posted by ZUKUNASHI at 22:17| Comment(7) | 日記

これも実話です 3

読者の兄弟は、経営者仲間でホルモンを食べに行った時に意識を消失して倒れたのだそうです。

私の友人と酒の付き合いのあった弁護士は、もつ煮が好きだったようですが、がんを発症して亡くなりました。

社会的地位の高い方は、リスクもとるんですね。
posted by ZUKUNASHI at 21:35| Comment(0) | 福島原発事故

汚染食材給食から逃げるための移住

2019/1/7に寄せられた投稿から
「単純に給食(幼稚園含む)の影響だけを考えますと、今後、現中2〜小5までの学年をピークに、健康発達に問題がある児童数は減少していくと私自身は想定をしていますが、現在のふくいち及び世間の状況を鑑みると、予断を許さない状況であることは間違いありません。
 給食(食べ物)の影響はみなさんが考えている以上に大きいです。こちらは放射性物質の降下が比較的少なかった地域(場所によっては0ベクレル)なのに、この惨状。関東東北の現状を思うと、気持ちが暗くなります。今からでも遅くはありませんので、食べ物にはくれぐれも気をつけてください。」

今は保育園から給食があるようです。
保育園3年間、小学校6年間、中学校3年間 合計12年間汚染食材を食わせられ続けたらそれは影響出ますね。

12年間給食を拒否して弁当を持たせられるか。

それができるのは限られた親御さんになるでしょう。

しかし、現に大きな影響が出ています。どう被ばく回避するか。親としては大変つらい立場に立たされました。

2019年01月08日 これも実話です
2019年01月08日 これは実話です
2019年01月07日 中部地域では福島第一原発事故後早くから発達障害が出ていた
posted by ZUKUNASHI at 14:49| Comment(0) | 福島原発事故

千葉の観光地には何か不思議なことがある

※ ****** @ ******氏の2018/10/17のツイート
事故後、
何度か行ったけれど
行く度に具合悪くなる長女。
蕁麻疹が出て
身体中が痒くなったり
息苦しくなって急いで帰宅し
救急外来に
飛び込んだこともあった。

事故前には
そんなこと…なかったよなぁ。
楽しい場所だったのになぁ…
TDL。

・・・引用終わり・・・

上に引用したような印象をお持ちの方が増えているのではないでしょうか。もう1件注目されるツイート。

※ 原発はいますぐ廃止せよ @kokikokiya氏の16:15 - 2018年10月17日 のツイート
「東京ディズニーランドの入り口付近が、
約0.22〜0.24マイクロシーベルト。
チェルノブイリ事故から7年後の立ち入り禁止区域(30kmゾーン)が、
0.232マイクロシーベルト。
つまり、東京ディズニーランドツアーに行くのは、
チェルノブイリツアーに行くということです。」

管理人が聞いた話では、ディズニーランドなどをしばしば利用する家族のお子さんの中には、帰宅後入院したりする子、原因不明の腎臓の腫れを起こした子などもいたとの情報があります。

・・・引用終わり・・・

原発はいますぐ廃止せよ @kokikokiya氏の引用したデータがいつ、どのようにして測定されたのかはわかりません。

次第に関連情報が出てきましたね。半年を要しました。半年前にためらいつつもかなり強い警告を書きましたが、このブログの読者の中にもその後千葉の観光地に行かれた方も少なくないようです。もう警告を載せても意味ないでしょうか。そうかもしれませんね。

2018年04月26日
先の土日に千葉県の一部で濃度の高い放射性物質の降下があったと見られます

2018年04月27日
信じがたい すさまじい汚染

2018年04月26日
ためらいがありますが、警告を掲載します 衣類の放射性物質汚染

2018年06月29日
何を食べたんだろう。それともこっちだろうか
posted by ZUKUNASHI at 14:05| Comment(0) | 福島原発事故

これも実話です 2

2019/1/8に寄せられた投稿を掲載する。

昨年末、私が在住する東南アジア●●国の▲▲市にて、息子が通う日本人学校で聞いた実話。

息子のクラスメートは20名未満。半数がここ2年以内に日本から転入してきた児童。残りは、●●国に3年以上在住している長期滞在者(現地資本の会社で働く日本人、現地●●人と結婚した日本人の家庭の子供を含む。) 昨年4月に●●国にやって来たクラスメートのA君(小学1年生)、生まれも育ちも関東地方。もちろん、お母さんもお父さんも、放射能なんて気にしたことがなく、たまたまお父さんの仕事の関係で●●に移住しただけ。数年以内に日本にもどる予定。

A君、入学以来のこの8ヵ月、2回も骨にヒビが入った。原因は、教室や校庭でただ転んだだけ。日本人学校の先生たちは、「たまたまコンクリートの上でころんだからですよ。運が悪かったですね。」と説明している。はぁ、あなたたちの頭の中ではそうなんでしょう、としか言いようがない。

どうして日本から転入してきたばかりのA君だけが、毎回こんな重症なのか。うちの息子も、同じように毎日教室で、校庭で駆けずりまわり、転び、週に一度は派手な擦り傷を作って帰宅する。A君よりもやんちゃで毎日教室で先生に怒られまくっているBちゃんやCくんは、息子よりもさらに頻繁に、派手に転んでいるだろう。でも、A君以外はだれも骨は折らない。

私たち、放射能から逃げて●●国に避難中の日本人たちは、 「あーー、ストロンチウム90か何か、人工核種がカルシウムの代わりに骨組織に侵入して、骨硬度が低下したな。」 とピンとくる。情報交換をしながら顔が歪み、表情がひきつる。

そうは言っても、日本人学校の先生方、駐在員家族のみなさま、みなさん放射能問題については知識も興味もない。この7年間の経験で、アルファー・ベータ・ガンマの三種の放射線の区別も知らない人たちに、フクシマ核災害の恐怖を説明することは時間と労力の無駄だと理解できた。

なので、彼らにはすべてを黙っておく。こちらも、自分の息子を守り、一家を養う収入を確保する事だけで精いっぱいだ。いまさら膨大な時間を割いて他人の子弟を守る余裕など無い。

みなさん(特に名門企業の現地駐在員家庭の主婦たち)は、数年の勤務期間を無事に過ごし、日本にかえってゆくのが何よりも楽しみ。日本から輸入した日本製菓子を嬉々として交換し、日本産の米をデパートで購入して満足している。 したがって、彼女らの子供にどんな異常がおこっても、はもはや見放すしかない。PTAでも日本人会でも、われわれは口を閉ざし、あたり障りのない会話だけをする。

A君、この先2年間は●●国に住めるので、その間に少しは体調がよくなるかもしれない。でも2年後、遅くとも4年後には、帰国決定に喜ぶお母さんに連れられ、日本に連れ戻される。おそらく、そう長生きはできないだろう。

我が息子がこのまま、仮に●●国で20歳まで健康で過ごせたとしても、その時、いったい彼の同級生たちは何パーセントが生き残っているのか。。。

詮無きことなのでなるべく考えないようにはしていますが、子供の生命をここまで軽視するとは、日本はつくづく酷い国になったな、とため息がでます。

・・・引用終わり・・・

もう1件投稿が寄せられました。

なんとも、普段から全く同じような事を感じており、思わずコメントを失礼致します。
日頃からSNSなどで、東日本住まいの知人の、オヤ?アレ?と感じる怪我や体の不調を知った時に考えてしまう事があります。
心筋梗塞と聞くと、もしかしたらセシウムが筋肉に蓄積されて······
骨折が多いと聞けば、体がストロンチウムをカルシウムと勘違いして骨に蓄積····
皮膚疾患や体調不良が長引いて治らないと聞けば、
住居の、特に寝室の床や家財道具などに放射性物質がこびりついて、日々さらされてたり、吸気で吸い続けているのではないだろうかと想像してしまいます。
普通の掃除では取れない、何度も水ぶきしても落ちない物もあるでしょうし。

震災直後の頃は、被曝で癌や白血病のイメージが大きかったのですが、
調べていくうちに、代表的な病気だけでなくありとあらゆる病気につながる事、病気にならなくとも慢性的に体調不良が続いたり、精神疾患にもつながる事、
体が酸化して老化促進されるわけですし、もう誰に何がおきても驚かなようになっています。
(もしくは私も精神をおかされ、そうなってしまっているのでしょうか(笑))

3年前に、近い身内(55才女性)が、脳梗塞で半身不随になりました。岩手県在住です。
去年、その配偶者(64才)も同じような病で、今リハビリ中です。
食べ物はおそらく気にしていないと思います。
お会いしても、私は食べ物の話などできないでおります。
言った所で、なのです。
身内ですら、説得する力はありません。

病気や体調不良の話を聞くと、悪い物を体に取り込んでしまうからと考えてしまう私の悪いクセです。
そうやって何でも放射能や化学物質につなげるねと、言われます。
生きていけないよ、と。
子供の学校のPTAなどで、転勤で九州に住んでいるお母さん達と会話しますが、やはり心からは打ち解けられませんね。それでかまわないのですが。
ママ友が増え、仲良くなればなるほど、食が絡むので厄介になってきます(笑)
おやつをあげたりもらったり、ランチやら飲み会があっては、食材に気をつけてる我が家は付き合えなくなるので。

私は九州に逃げてきましたが、福岡の学校給食も東日本の食材がポツポツあります。
こんにち、フレコンバックの汚染土をまぜた物がコンクリートに混ぜられ、日本中にばらまかれ始めたようですので、いよいよ日本を出るべきか、妥協するか本格的に考えている所です。
posted by ZUKUNASHI at 12:43| Comment(3) | 福島原発事故

これは実話です 1

ある地方都市の高級焼肉店会計カウンターで

客:ここの肉は〇〇牛だよね、やっぱり美味しいわ!

店員:うちが今使ってるのはほぼ100%福島県の肉です。

客:えっ! ホームページにはそんなこと書いてなかったじゃないか、いい加減にしろよ!

店員:今は福島県のお肉が日本で一番安全なんですよ、だってきちんと検査してますから。他の産地のお肉は検査なんてしてないですからそちらの方が危ないんです。

・・・引用終わり・・・

国産牛肉は、検査をしています。牛肉については平成24年9月30日まで経過措置で500Bq/kgまで流通が認められていました。400Bq/kgなら100gの肉片で40Bqあったことになります。
胃に入ったとたんに胃の中で毎秒40本の放射線が発射され続けます。

100Bq/kgでも100gの肉片で10Bq、毎秒10本の放射線が24時間何百日も発射され続けます。

しかも、この100Bq/kgはガンマ線のみをとらえたものですから、このほかにベータ線やアルファ線を出す放射性物質もその肉の中には入っていると考えるのが自然です。

そしてそれは、計測されていません。ベータ線、さらにアルファ線は距離は飛ばないがその分細胞に対する破壊力が強いのです。皮膚にアルファ線源が付着すると小さな穴が開いて鋭く痛むことがあります。そんなものが含まれている食い物をよく食べますね。



例えば妊婦がそんな牛肉を食べたとしたら・・・結果がどうなるか・・・、それが今表れているのです。
posted by ZUKUNASHI at 11:54| Comment(0) | 福島原発事故

餅や蒲鉾食べなくても新年は来る 松飾りも少なくなりました

JNN/TBS 2019年1月2日(水)1時34分
喉に餅詰まらせ80代男性死亡、東京で計11人搬送
 元日の1月1日、東京都内では餅をのどに詰まらせて11人が救急搬送され、このうち80代の男性1人が死亡しました。
 東京消防庁によりますと、元日の1日午後9時までに、都内では餅をのどに詰まらせて27歳から98歳までの男女11人が救急車で運ばれました。
 このうち、東京・昭島市の80代の男性が自宅でお雑煮の餅をのどに詰まらせて心肺停止の状態で病院に運ばれ、その後、死亡しました。
 東京消防庁は、餅を小さく切って、ゆっくりかんでから飲み込むよう注意を呼びかけています。(01日23:01) JNN/TBS

・・・引用終わり・・・

こういうニュースが他人事ではなくなりました。

私の場合は、餅を食べると胸やけがします。
飲酒は疲れる。

年末、年始はいつもと変わらぬペースで過ごします。高齢者の男性がいる家は、正月の準備が大変? 今週はチヨさんからの誘い、知人との新年会、孫に会いに行って新年の行事終わり。

私が新年を実感するのは、年賀状を書くとき。テレビがないので、あわただしい歳末を実感することもありません。年末ぎりぎりに調査に行ったりするのは、大掃除からの逃避であることは十分認識。

昔からの慣習を守るのは、怠惰にならないため? それもありそう。猫に正月はない。

・・・・・

1/2、1/3と外出しましたが、松飾りをつけた車をまったく見かけません。

ネットで調べたら、2015/1に松飾りをつけた車を見なくなったとの投稿があります。それから4年。

ビルなどの前に置く門松も少なくなったような気がします。都心に出ませんから私が知らないだけなのかも。

2018年の年末は消費が低調だったと聞きました。

モトコのブログ2018/12/11に次のようにあります。
今度の日曜に行われる三島市長選挙の話をしつつ女三人で歩きました。
火曜日だと言うのに、年末で稼ぎ時じゃないの?と思うのに、
ずいぶんシャッターが下りた店が増えており、気分が余計寒くなる師走のお散歩でした。

モトコのブログで、10年くらい前の漫画の再録シリーズが始まっています。私には、とっても身につまされる話・・・。若い方は、ゆっくりじっくり読めば勉強になると思います。

モトコさんも年末大掃除やった??

12/31、知り合いの夫人から正月用の花をもらって飾りました。半額だったよとくれたのです。

それだけ。

1/1に年賀状の返事を出さねばとコンビニに行ったら品切れだと。1/4、明日郵便局が開いてから出します。

1/4午後に郵便局に行ったらすごい混雑。あきらめて帰りました。4時半過ぎにまた行ったら、年賀状を手にして帰ってくる人に会います。年賀状を頼んだら、無地の手書き用しか残っていませんと。やーっ危ないところでした。

もう年賀状もらいたくない。今年は書くこともないし腹も立つので「安倍政権を許さない」とだけ書いて送ろうかと思案中。

世の中、少しずつ変わっていますね。

そうそう、チヨさんが教えてくれたところでは、彼女の亭主が放射脳の私が千葉県に住んでいるのはおかしいと言っているらしい。

はーんいいことを聞いた。

「この前、ご主人が放射脳の人が千葉県に住むのはおかしいと言っていたそうですね。あれから気になって考えているんですけど、私のような老人は外にもいかないし、食べるものも決まっているのでリスクを減らすこともできるんですよね。ご主人頭が良いのでその辺は分かった上でのお話なんですよね。私が家庭の平和を乱すことを心配されているのかもしれませんね。もう一緒に出掛けたりしないほうが良いかもしれないと思えてきました。ごめんね。」

住まいで男女関係のもつれからバットで殴られたり刃物で刺されしたくないです。大したことやっていないのに。

2019/1/4、建築現場に出勤した友人から、誰もおめでとうと言っていなかったと。所長は朝礼でおめでとうと言ったらしいが、職人らは「おはようございます」だったと。どうしたんだろうというから、これだけ死人や病人が増えていればおめでとうの気分にならない人が多いだろうと答えながら思いついた。

※ 新聞TVなんか見るな!自分の頭で考えろ! @lllpuplll
氏の2019/1/7のツイート
「昨晩のこと。タクシーの運転手さんが『東京の夜が静かなんですよ』と。人も車も少ない。私も先月からそれを感じていた。夜がひっそりしている。飲食店のお客さんも少ない。タクシーの運転手さんが言うのだから、自分の感じ方は間違ってなかったのだろう」(kei_nakazawa)

家族や親せきの不幸などで予定外の出費があって困っている人も多いのではないかと。中京でも不景気を感じると聞いた。香典も重なると痛い。まして、遠くまで出かけなければならない場合、出費がかさむ。田舎は葬祭にカネをかけるから応分の負担も必要だ。
posted by ZUKUNASHI at 02:03| Comment(2) | 社会・経済

チェルノブイリ事故時に胎児被ばく、あるいは幼児期の内部被ばくをした方は特にご注意を

海外で暮らしていた人が放射性物質で強く汚染された場所にきて短期間で被ばく症状とみられる体調不良を示すことがあります。これは邦人を含む欧米在住者の来日時、あるいは帰国時に見られます。

東南アジアや南半球在住者にはそのような例は少なく、原因は日ごろの被ばく累積ではないかとみられます。

累積被ばくが多い人の福島第一原発事故後の日本への空間的移動でそのような現象がみられるほかに、過去、それもかなり前に生じたとみられる被ばくが時間的な移動で同様な現象を起こす例もあるようです。

その例として可能性があるのは、チェルノブイリ事故前から日本に在住しており、チェルノブイリ事故後胎内被曝した者、あるいはミルクなどで内部被ばくした者です。

次のグラフで1986/4がチェルノブイリ事故、2011/4、厳密には2011/3が福島第一原発事故です。1987年に生まれた人は胎内被曝の可能性があり、現在30歳を少し超えたところです。またチェルノブイリ事故直後に乳幼児だった人は、飲食物による内部被ばくの可能性があります。今30歳前後。



若い方の急死事例で20台の方の例が伝えられています。すでに事故から8年経過ですから、早い時期に亡くなっていれば20台です。医療関係者の中には、2012年から2013年にかけていわゆるゆとり世代の人たちの深刻な疾患、あるいは深刻な症状がみられたとの指摘もあります。

ゆとり世代とは、1987年生まれの人たちから後の世代を指すようです。

25年も影響が残るか? 放射性物質が体内に残存する? セシウム137なら半減期30年ですからまだ半分以上残っていることもあり得ます。排泄されなければということですが。

ただ、放射性物質はセシウムだけではなくウラン系列の核種もあります。これらは、半減期は気が遠くなるほどに長いのです。

管理人は、空間的移動による症状の発現は被ばく累積の積み増しによる身体の短期的な反応ととらえればよいと思いますが、時間的な移動による症状の発現は同じようにはとらえられないのではないかと考えています。

日本では原発などの核施設がチェルノブイリ事故以降も放射性物質を放出し続けましたが、それほど多くの内部被ばくの累積があったと考えるのは難しいだろうと思います。

そういう筋道ではなくて、最初の強い被ばくでDNAや何か身体の保全に関与する部分に損傷が生じていたのではないか、その影響が顕在化しないままに25年が過ぎたが、その後福島第一原発事故による追加的な被ばくでDNAや身体の再生・維持をつかさどる機能がダメージを受け、深刻な身体症状を示すことになったという見方がありうるように感じます。

とても書きにくい話ですが、上のように解した場合、福島第一原発事故で被ばくの大きかった人は、将来的に強い追加被ばくを受けると、その段階で強い被ばく症状を短期間で示すようになる恐れがあるのではないでしょうか。

日本の核利用は終わっていません。事故が起きない保証はありません。福島第一原発事故による放射性物質汚染は続いています。

30歳前後の方は、もし、被ばくによる症状とみられるものが出たら、とにかく被ばく回避に全力を挙げる。他の人と同じようにやっていては自らの命は救えないと考えたほうが良いのではないかと思えます。

次の記事にチェルノブイリ事故直後の日本の汚染状況に関する断片的な情報があります。
2018年12月14日
チェルノブイリ事故とフクシマの事故との違い

こんな見方をされている方もおられます。
Yahoo知恵袋 2016/7/23 03:01:28
ここ数年、特に20代以下の脳梗塞の発症&突然死が爆増している模様
posted by ZUKUNASHI at 00:56| Comment(0) | 福島原発事故