ずくなしの冷や水

2019年01月12日

CIA長官がガンタナモでブラックサイトを運用していた

FARSNEWS2019/1/12
Court Docs Reveal CIA Director Gina Haspel May Have Run ‘Black Site’ at Guantanamo Bay
TEHRAN (FNA)- CIA Director Gina Haspel, confirmed by the Senate last year amid accusations of involvement in torture, may have run a so-called ‘black site’ at Guantánamo Bay, Cuba, as she did not mention this role in her confirmation hearing.

Haspel’s apparent involvement in the site was revealed in the partially redacted transcript of a secret hearing held at Guantánamo last November. Haspel’s name was mentioned in court by a terror suspect’s defense lawyer, who argued that the CIA Director must testify before the court on classification guidelines for reports from the apparent black site, RT reported.

Torture allegedly took place at the site, and the defense lawyer noted that the prosecution was “not trying to cover up the torture… But the one thing that they're not willing to talk about is the names of the people involved in the torture”, thanks to Haspel’s classification guidelines.

Haspel’s guidelines, the lawyer continued, “make it impossible for people at Guantánamo, who may have seen her when she was here as chief of base, to identify her and talk about it”.

‘Chief of base’ is CIA-speak for the officer in charge of one of the agency’s secret foreign outposts, including the clandestine prisons known as ‘black sites’. The site in question here could refer to one of two such prisons at Guantánamo, code named ‘Maroon’ and ‘Indigo’. The existence of these sites - separate from the main ‘Camp Delta’ naval base and prison - was revealed by the 2014 Senate torture report.

Both sites were operated by the CIA between September 2003 and April 2004, and captives there were ‘interrogated’ before being passed into US military custody at the main prison. While the names of the officers in charge of the main prison are public, the names of the CIA spooks running the ‘Maroon’ and ‘Delta’ sites are not.

If Haspel was indeed in charge of one of these sites, the position would fill one of the many blank spots in her 30 year career at the CIA. She was reticent to talk about these blank spots during her confirmation process last year, and her official CIA resumé notes that these assignments were short-term, covert assignments that remain classified.

Her time at the helm in Guantánamo would have most likely been short, former CIA counterterrorism officer-turned-whistleblower John Kiriakou told McClatchy.

“Nobody wanted the job,” he said, adding, “So they resorted to sending people on temporary duty assignments ranging from six weeks to nine months.”

The revelation could leave another black mark on Haspel’s career with the agency. Her confirmation last summer was met with intense opposition from former military and intelligence personnel, who accused her of being “intimately involved in torture”; and from some Democratic lawmakers, who pressed her on whether or not she would continue the CIA’s post-9/11 shady practices of torture and detention.

California Senator Dianne Feinstein (D) asked the CIA to declassify documents relating to Haspel’s involvement in the agency’s torture program, which was described by Kiriakou as “the greatest recruiting mechanism for our enemies”. The CIA agreed to declassify some of Haspel’s history, but kept the bulk of her covert assignments under wraps to protect its agents.

Haspel had managed a secret prison in Thailand, codenamed ‘Cat’s Eye’, one year before the court documents put her in Guantánamo. Months before Haspel took over the reins in Thailand, a suspect was tortured almost to death at the facility. Abu Zubadayah, incorrectly believed to have been an Al-Qaeda operative, was waterboarded to unconsciousness, physically assaulted by CIA officers, and forced to spend over 11 days in a coffin-sized “confinement box”.

Other detainees at the facility were subjected to similar treatment, in a facility that one officer likened to “a dungeon”.

After finishing her stint in Thailand, Haspel returned to the US, where she drafted an order authorizing the destruction of 92 videotapes of interrogations that took place at the site, including those of Abu Zubadayah. A subsequent CIA review found that Haspel acted appropriately when she ordered the tapes shredded, with the agency’s Deputy Director Michael Morell calling Haspel a “good soldier” for doing so.

Some former agents have cast doubt on whether Haspel actually ran either of the sites at Guantánamo. Ali Soufan, a former FBI agent who also conducted interrogations at Guantánamo told McClatchy that the chief of base at that time was a man, but that Haspel may have visited briefly, while managing another black site.

Meanwhile, in the court case outlined in the transcript, the suspect, Khalid Sheik Mohammed, is facing the death penalty for allegedly plotting the 9/11 attacks. Mohammed has been in detention since he was captured in Pakistan in 2003, and after three years in CIA detention and over 180 rounds of waterboarding, confessed to being “responsible for the 9/11 operation --- from A to Z”. Four other men have been charged in the same case.
posted by ZUKUNASHI at 22:48| Comment(0) | 国際・政治

シリア反体制派が湾岸アラブ諸国の裏切りを非難

こうやって一つずつ、黒が灰色にそして白へと変わってゆき、気づけば一面の白い世界。もうこのプロセスは止まりません。

FRARSNEWS2019/1/12
Syrian Dissident Blasts Persian Gulf Arab States for Betrayal
TEHRAN (FNA)- A prominent Syrian dissident figure lashed out at the Persian Gulf Arab countries for betraying the opposition front after the Syrian army's great victories.

"As many people foresaw, the [Persian] Gulf Arab states threw us out like a piece of dirty tissue paper," he was quoted by the Arabic-language al-Akhbar newspaper as saying on Saturday.

According to the Lebanese paper, the dissident figure said that the Persian Gulf Arab countries have emphasized that they no more need the opposition after their failure to overthrow the government of President Bashar al-Assad in the war.

"When we received news about the UAE's willingness to reopen its embassy in Damascus, I immediately went to the mediators between us and the UAE, but they did not give me a clear response," the dissident said.

The UAE reopened its embassy in Damascus late in December after a seven-year break, making it the first Arab embassy to start working again in Syria after closing as a result of the war.

The UAE closed its embassy soon after the Syrian conflict erupted in 2011, and Abu Dhabi was long considered a sponsor of the many militant groups that poured into the Arab country from across the region and beyond to fight to bring down the government of President Assad.
posted by ZUKUNASHI at 21:25| Comment(0) | 福島原発事故

トゥルシギャバード大統領選出馬表明 米国外の反応

松戸のお兄さんがこの方に早くから注目していました。すごいですね、見込み通りとなりました。

※ Sarah Abdallah @sahouraxo氏の2019/1/12のツイート
Welcoming news! Tulsi Gabbard has been a powerful critic of US regime change wars, especially in Syria, and a consistent voice against the arming of Al-Qaeda terrorists and Saudi Arabia’s genocidal war in Yemen.
posted by ZUKUNASHI at 19:23| Comment(0) | 国際・政治

米国政界は本当にパニック トゥルシギャバード大統領選出馬表明

RT2019/1/12
‘Putin puppet’ vs ‘Assad shill’: Dems & Reps unite in panic over Gabbard challenging Trump in 2020
With Representative Tulsi Gabbard (D-Hawaii) entering the 2020 presidential fray, establishment figures on both Right and Left are scrambling to smear the anti-war congresswoman with impeccable identity-politics bona fides.

Ever since her 2017 visit to Syria, Gabbard has been condemned for daring to seek firsthand accounts rather than blindly trusting the MSM narrative, so on Friday the pundits were again off to the races, with fresh accusations of Assad-sympathizing.

“Assad apologist” seems to be the Tulsi equivalent of “Putin puppet,” judging from the early tweets, though she was accused of being one of those too.

Gabbard certainly poses a thorny problem for the neocon-neoliberal axis, as she checks all the identity politics boxes – the first Hindu member of Congress, a woman, a veteran – and she has undeniable populist appeal, given her anti-establishment record. While Gabbard is a Democrat, she was emphatically not a Clinton supporter, resigning as vice chair of the Democratic National Committee in February 2016 to endorse Bernie Sanders in the primary.

But Republicans, too, felt the need to speak up against her. “Liberals think she’s too conservative, conservatives think she’s too liberal, and just about everyone thinks her coziness with Bashar al-Assad is disturbing,” Republican National Committee spokesman Michael Ahrens said, also mentioning the congresswoman’s “lack of experience.”

The RNC released a “cheat sheet” of talking points following the news of Gabbard’s pending announcement, though some took that as a sign of weakness.

The Israel-first crew made its opinion known, though no one really asked them.

Others didn’t even bother with “issues” or “facts,” preferring guilt by association and personal insults.
posted by ZUKUNASHI at 18:52| Comment(0) | 国際・政治

西洋版 春の七草?

全部わかりますか?


答えはこちらです。
posted by ZUKUNASHI at 15:58| Comment(0) | 福島原発事故

スズキメソードに幸福の科学も? 引っ張りだこ 時代の寵児!

※ sivad @sivad氏の16:04 - 2016年4月5日のツイート
早野氏、ついに幸福の科学媒体へ… / 他3コメント http://b.hatena.ne.jp/entry/the-liberty.com/article.php?item_id=11150#tw?u=sivad … “福島の被ばくは心配したほどではなかった(1) 物理学者・早野龍五(はやのりゅうご)氏に聞く | ザ・リバティweb”





http://www.suzukimethod.or.jp/topics/topicsList/category8/92_youtube.php



posted by ZUKUNASHI at 15:33| Comment(0) | 福島原発事故

九州で線量率上昇

2019/1/9、京都、滋賀で線量率が上がっています。降雨があるようです。
未明に石川が大きく上げていました。

2019/1/12、兵庫県下で線量率が少し上がっています。九州と中国四国で上がっています。降雨があったようです。

延岡の上げが大きい。元は川内原発ですね。


福島浜通りから海上に抜けた気流が関東に上がっています。これから降雨がありそうですから関東で線量率が上がるところがあるでしょう。川内の影響は関東にはまずないでしょう。






posted by ZUKUNASHI at 15:20| Comment(0) | 福島原発事故

サウジで雨が続き花畑状態もバッタも出現

なかなかきれいな花畑ですが、無骨なお兄さんは引き立て役? ごめんね。カショギ事件の印象が強すぎて。女性は顔を隠しますのでね仕方ありませんね。



この地域は、砂漠といってもときどきこういうことがあるんだと思います。これだけの面積が1年のうちに花が咲いて種ができてまた芽が出てということではありませんよね。

それに次の画像では花見の場が作られています。酒は飲みませんから歌を歌う? 楽器のようなものがあります。花が咲いたらそこでこういう催しをする習慣があるのではないでしょうか。


豪州には、山火事があると種が発芽する木もあります。ここでは何年も前にやはり一面花が咲き、その時の種が2018年の雨を何年も待っていたんだと思います。2018年は雪も降りました。

上の画像は、繰り返される大雨の中で、サウジアラビアの砂漠がまたしても花と緑に覆われるから転載

メッカをバッタ(イナゴ?)の大群が襲ったそうです。バッタの卵も何年も土中で生きる?
Massive swarm of locusts plagues Mecca

こちらは人の群れです。




posted by ZUKUNASHI at 11:57| Comment(0) | 国際・政治

不思議なんですよね これらの記事はアクセスが落ちないんです

このブログのアクセスは一時に比べて半減しています。でも、アクセス数がコンスタントに上位にある古い記事もあります。時には、その日のアクセス上位を占めることもしばしば。

読者の協力を得て英語に翻訳した記事よりもこちらのほうのアクセスが多いです。今は、ブラウザーで即時に翻訳できますから、そのためかと思います。

どこのどなたが読んでおられるんでしょうね。

2015年12月05日
東京の被曝はやはりすごい 土壌汚染と呼気の汚染

2014年01月17日
東京の汚染はやはりすごい これじゃ住めない 参考図


2016年08月01日
おやじが次々死んでいく怖すぎる現実

2018年11月08日
幼い子どもの親達がこんなに死んでいるのに 日本のおやじ達はまだ分からないのか

2013年10月17日
4歳の子供とふたりで福島中通りから新発田市に自主避難してきているお母さんの話

2013年01月16日
「人体に入った放射性セシウムの医学的生物学的影響」バンダジェフスキー博士論文の内容要約

2014年03月04日
東京からの避難を勧める声 

2014年05月22日
明日は私か 彼か それとも彼女か 50歳台、60歳台の訃報が続く

・・・・・

technologyreview 2018.12.19
加速する「原発離れ」 中国がとどめを刺す可能性 (抄)
世界が原子力利用から遠ざかろうとしている中、原子力をもっとも推進していた中国がそのコストと安全性の問題に直面している。表向きは原発推進の立場を維持しているものの、原発大手さえも再生可能エネルギーへのシフトを始めている。原子力のテクノロジーは、中国が見放すことで終焉を迎えるかもしれない。 by Peter Fairley

公式見解では、中国は現在も原子力発電は不可欠と考えている。しかし実際には、原子力発電テクノロジーは消滅寸前だ。欧米諸国は「原子力はコストが高過ぎる」「国民は原発を望まない」という問題に直面している。こうした問題に中国の原子力分野も屈するだろうというのが中国政府関係者を含む専門家の見解だ。

2011年に発生した福島第一原発の炉心溶融(メルトダウン)は、中国当局にショックを与えると同時に、多くの中国国民に強烈な印象を残した。2017年8月に中国政府が実施した調査によると、原子力発電開発を支持する国民はわずか40%だった。

国民の支持率よりもさらに大きな問題は財政面だ。福島第一原発事故のような大惨事を避けるために安全機能を追加し、堅固な冷却機能を追加装備した原子炉建設にはコストがかかる。一方、風力および太陽光発電のコストは急落の一途をたどっている。ブルームバーグ・ニューエナジー・ファイナンス(BNEF)によると、現在、風力および太陽光発電は、中国の新しい原子力発電所が供給する電力よりも20%安くなっている。さらに、その建設費用の高さからも、原子力へ投資するリスクは高い。

・・・引用終わり・・・

次第にリンクされる記事の数、分野が広がっています。リンクを張っておられる方は、このブログの記事をよく読んでおられます。ポイントとなる記事が、重要なもの、関心を呼ぶものから順に拾い上げられています。

私の福島第一原発事故関連事項についてのブログ運営の意図は、まずは国内向けでしたが、途中から外国人の方に客観的な実態を伝えることが狙いの半ばを占めるようになっています。海外からのアクセス大歓迎!

日本人の愚かな失敗を繰り返さないでください。オリンピックで日本に来ないでください。

初出 2018/12/19 追記2018/12/20、2018/12/25、2019/1/12
posted by ZUKUNASHI at 11:27| Comment(0) | 福島原発事故

日本のフェイクニュースもここまで来た

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2019/1/12のツイート
NHKニュース9「沖縄県が許可しないからサンゴの移植が進んでいない」←これ本当に言ったのなら本末転倒ですね。NHKは大東亜戦争時の国営放送になるね。世界の皆さん、日本国NHK危ないよ、気を付けなはれ!信用しないで日本ニュース聞いててくださいね国際放送。歌を聴くのは一向にかまわないが!

※ ろ @mknteaerrs氏の22:05 - 2019年1月11日のツイート
NHKニュース9「沖縄県が許可しないからサンゴの移植が進んでいない」
ですかそうですか。
正直首相がサンゴ移植してるって言った時から、サラメシ見てもまんぷく見てもチコちゃん見ても、何デマ流しといてヘラヘラしてんだよって思ってる。全部不快。

※ ろ @mknteaerrs氏の22:05 - 2019年1月11日のツイート
何がボーッと生きてんじゃねえよだよ。デマ流してんじゃねえよNHK



posted by ZUKUNASHI at 10:00| Comment(0) | 社会・経済

「常軌を逸した国」は日本のほうだ

※ 衆議院議員 長尾たかし認証済みアカウント @takashinagao氏の13:10 - 2019年1月11日 のツイート
一般論として、内戦などで危険な国へは渡航制限がなされます。
今の韓国の様に、常軌を逸した国へ渡航した場合、日本人が何をされるかわかりません。
感情だけで理が通じない。協議や法の支配、倫理、道徳も通用するとは思えない。
先ずは、日本人の韓国への渡航を控えるなど出来る事はある筈です。

※ 時事ドットコム2019年01月11日12時30分
大使召還、経済制裁を=自民部会、対韓国で強硬論
 自民党は11日、外交部会・外交調査会の合同会議を開き、徴用工訴訟を受けた韓国裁判所の日本企業の資産差し押さえ決定や、韓国駆逐艦による自衛隊機へのレーダー照射などで深刻化する日韓関係について議論した。出席議員からは日本政府に対し、対抗措置として、駐韓大使の召還や韓国人に対する就労ビザの制限、何らかの経済制裁などを求める強硬論が相次いだ。外務省幹部は、会議での意見を河野太郎外相に伝える考えを示した。

・・・引用終わり・・・

まるで幼い発想。「常軌を逸した国」は日本のほうだ。
posted by ZUKUNASHI at 09:53| Comment(0) | 福島原発事故

日本の悪霊たち

※ JUMPILIKEYOU @jumpilikeyou氏の2019/1/10のツイート
2011〜2019年安倍晋三に群がり官邸電通系広報予算復興予算官房機密費で食ってきた日本の悪霊たち

糸井重里
早野龍五
菊池誠
見城徹
櫻井よしこ
百田尚樹
小川榮太郎
加計孝太郎
高須克弥
池上彰
岩田明子
高橋洋一
岸博幸
八幡和郎
田崎史郎
山口敬之
八代英輝
須田慎一郎
有本香
松本人志
TOKIO

posted by ZUKUNASHI at 09:45| Comment(0) | 社会・経済

木々と知り合う ジンチョウゲ

沈丁花



ジンチョウゲですね。日本ではまだですよね。冬、林のかげの陽だまりで咲いているのは見ますが。



Birmingham Botanical Gardens UK バーミンガムの植物園の方のツイートです。

これも沈丁花ではないでしょうか。Daphne Jacqueline Postillとあります。Daphneは上と同じです。

posted by ZUKUNASHI at 01:17| Comment(2) | 木々と知り合う

2019年01月11日

若い人の急死事例が出ています

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/12/30のツイート
昨日、息子の同級生なくなった。車の中でなくなっているのを発見したとのこと。仕事帰りとみる福島、チェーンメールで回ってきた。詳しい死因を聞いてくるよう言っておいた。

※ nao‏ @5ULBGessORcYJxg氏の2018/12/22のツイート
よくある会話が最後になる…
「ただいま」「おかえり〜」
「さみ〜青ざめ先にお風呂入るね」
「お風呂に入ってあったまりなぁ」
昨夜 回り回って電話がきた
友人の子供がお風呂で亡くなったと。
まだ15歳。心筋梗塞。
若いから…年だから…は関係ない
春になったら高校生だったわからん

※ 蒼穹 @ginryuuou2氏の2:38 - 2018年11月29日 のツイート
姉のところに箱が届いた。見慣れないと思ったら子供の同級生の親からだった。若くして最近亡くなった子だ。昨日まで元気にご飯食べていたと母親は言っていたという。若い子の死は事故か自死か病?と想像したがどうも心臓のようだった。見覚えのない送り主なので運んでいた郵便局員に聞くとこれは包みからして仏用ですと言ったのでピンと来た。18で心臓だなんてそんなことあるのかというと最近多いですと答え友達二人心臓発作でしたというではないか。ものすごくショックを受けた。30代だということだがそれも若すぎる。親戚は世田谷と練馬だというが電車の遅延のことは特に言ってないとは答えた。

※ 営業Y氏(絵守) @emori_yakuza氏の2018/10/29のツイート
高校の同級生が二十歳で肺癌で亡くなったわ。
タバコも吸わないスポーツマンだったんだけどね。
かんがえさせられますよね。

※ らのん @Ranon745氏の13:07 - 2019年1月5日 のツイート
さっき5歳上の姉から電話かかってきて「同級生が脳腫瘍で亡くなったから息子の面倒見て欲しい」って頼まれたんだけど23歳の若さで病死か…

※ 2019/1/7に寄せられた投稿
昨年、私の従兄弟の子供が突然死しました。実家で突然倒れそのまま。
21歳、大学生。
今年の4月からカナダの学校に行く予定だったそうで、
特に健康に問題は無かったよう。
従兄弟は九州ですが、亡くなった子供さんがどこに住んでいたのかは不明です。
ネットには若い方の突然死が溢れていますが、身近で聞くのは初めてです。

※ ケイトラ(A.F.F.C所属) @keitora0802氏の21:15 - 2019年1月7日のツイート
今日は朝から前に一緒に仕事をした後輩が急病で亡くなったと連絡がきた…まだ33歳だったはずなのに若くして亡くなってしまった……自分も気を付けなければいけないと思った!!後輩にはお悔やみ申し上げます。

※ 骸骨 @tatataichi69氏の11:17 - 2019年1月7日のツイート
吐き出す先がないので。
横浜社会人時代の一個下の後輩が、年末に亡くなったってさ。
横浜時代、わしもやんちゃしてて、良く遊んだのにな。
寂しい事この上ない。
まだ、37歳だよ。。
ご冥福を。

※ A-ko @ackey777akiaki氏の13:20 - 2019年1月7日のツイート
次女の上司が心筋梗塞で亡くなったとLINEが入った…
同じ歳とか…
せつない…

※ 足立よし子 @osaka @yizi14氏の15:17 - 2019年1月11日 のツイート
初七日後、法要相談のためお寺行ったら住職が「滋賀の田舎の葬儀で10代のコの葬儀が2件あって多発性骨髄腫やった。こんなん初めて」て、、


・・・引用終わり・・・

ぽつんぽつんと情報が流れています。共通のキーワードが「亡くなった」程度で過去記事やツイッターから拾うことが難しいです。
posted by ZUKUNASHI at 22:58| Comment(1) | 福島原発事故

スズキメソッドで学ぶとこういう人間になる

※ Shoko Egawa認証済みアカウント @amneris84氏の21:19 - 2019年1月2日 のツイート
返信先: @KazuhiroSodaさん
すみません、早野氏が「科学に政治を持ち込ん」だというのは、どの発言でしょうか?具体的にお示し下さい。早くからデータを黙々と可視化し、給食の計測をし、子供の被曝量を測り…そういう活動とともに研究もされていた同氏に「政治性」ほど似合わない言葉はないように思うものですから。



・・・この発言には管理人は腰を抜かすぜ。みんなごまかしが目的と見えていた。検出限界の操作をはじめとして。事実経過と実態を知らない者のたわごと

※ 日本国黄帝 @nihon_koutei氏の2019/1/11のツイート
早野龍五の問題。江川紹子など彼を支持していた人間が全く態度を変えないのは頑迷というよりも醜悪と言うしかないが、自分達の「エリートパニック」が、薬害や公害では定番の「被害の否定」、被害を小さく見せようという国や東電の意図に利用されている事に今も気付けない点で、あまりにも愚かだろう。

※ オゼヤン @ozeyan99氏の2019/1/10のツイート
返信先: @MasakiOshikawaさん、@amneris84さん
だって、江川さんの「福島放射能汚染で野菜等農作物が大変だー。ってのは風評被害でせう、食べて応援しませう」ってのは、早野大教授さまの説に基づいているんじゃないの?








http://www.suzukimethod.or.jp/topics/topicsList/category8/92_youtube.php



※ sivad@sivad氏の2013年9月17日のツイート
返信先: @hayanoさん
@hayano すみません、先生の論文には健康影響のデータ評価はなかったかと存じますが。

※ 小吹 伸一@kobukishinichi氏の2013年9月17日のツイート
返信先: @hayanoさん
@hayano 「根拠なく批判」とは、これですか? そのデータの取り方に大きな問題があるという指摘だと思いますが、反論はないのですか。⇒早野龍五氏らによる『福島県内における大規模な内部被ばく調査の結果』についてhttp://blog.livedoor.jp/medicalsolutions/archives/51999045.html … …

※ 小吹 伸一 @kobukishinichi氏の2013年9月18日のツイート
@hayano 私もブロックですか。結局、反論できないから逃げてるんじゃないか。これに応答できないのですか。⇒早野龍五氏らによる『福島県内における大規模な内部被ばく調査の結果』についてhttp://blog.livedoor.jp/medicalsolutions/archives/51999045.html … … …

※ 冷凍みかん(消費増税× 原発稼働×) @Unshiu3kan氏の2013年9月17日のツイート
返信先: @hayanoさん
@hayano 早野 先生への公開議論を木村 医師@kimuratomo が呼びかけておいでです。http://blog.livedoor.jp/medicalsolutions/archives/51999045.html
私も読者として被曝の過小評価という世論形成を危惧しております。どうぞよろしくお願いします。http://www.videonews.com/fukushima/0001_5/002746.php

※ take@take_w1氏の2013年9月16日のツイート
返信先: @hayanoさん
@hayano データなんか目にしたら本当のことが解ってしまうじゃないですか。天動説を否定したくないが故にガリレオの望遠鏡を覗く事を死ぬまで拒否した哲学者がいましたが、高名な学者だって大概はそんなもんでしょう。

※ 横田充洋 @wiskij氏の2013年9月17日のツイート
.@Unshiu3kan @hayano 特定の診断をしてくれない、開示してくれない、といった事情もあるようです。ひと肌ぬいで「この診断をして、結果を開示してください」と紹介状を書いてくれたらいいと思うんですけど。

※ 冷凍みかん(消費増税× 原発稼働×) @Unshiu3kan氏の2013年9月17日のツイート
@wiskij 子どもの甲状腺癌でさえ原発事故が原因とは認めないのですから、いくら被曝の症状を訴えても放射線障害の診断はしてもらえないでしょうね。ゼロでないことの証明はたった1人の例でもいいはずですが…。

※ イモータン藤井劉海 @liuhai1000氏の2013年9月16日のツイート
返信先: @hayanoさん
きむらとも氏 @kimuratomo による批判のこと?あれを RTした途端に泡沫アカウントの自分でさえブロックされていたのに、ビッグデータで俯瞰してると?検出限界値300Bqの調査手法への批判であり、『内部被曝ゼロ』と世間に報じらたことへの懸念。RT@hayano 根拠なく批判



※ flurry @flurry氏の2019/1/8のツイート
記者クラブに文章を「貼出」して、ツイートで示すのは画像のみという。完璧でござる。> https://twitter.com/hayano/status/1082488374043103232

※ flurry @flurry氏の2019/1/8のツイート
* 黒川眞一氏の指摘のLetterについて「きっかけとして誤りに気付いた」ことに感謝しているが、指摘が正しいかどうかについては書いてないのが姑息ですごい。
https://twitter.com/hayano/status/1082488374043103232

※ flurry @flurry氏の2019/1/8のツイート
* 黒川眞一氏(KEK名誉教授で、加速器分野では自分の先輩になるのでは)の名前を「編集部からこういう文面のメールがあった」という体裁で、S.Kurokawaという書き方で通しているのも姑息ですごい。
https://twitter.com/hayano/status/1082488374043103232

※ Soul Riot @JpnRiot氏の2019/1/8のツイート
早野龍五さん、プログラムミスとのことですが、間違ったプログラムと正しいプログラム、そして個人情報をマスキングしたデータを提示してレビューを受けてください。正しいレビューをする為には修正前のプログラムも必要です。レビューを受けることが説明責任です。
posted by ZUKUNASHI at 22:49| Comment(0) | 福島原発事故

あの中川恵一准教授も膀胱がんに

※ くりえいと @kurieight氏の1:44 - 2019年1月10日のツイート
ついにあの中川恵一准教授も膀胱がんに 原因は内部被ばく
食べても大丈夫、と言っていた先生ががんになったのではシャレになりません。安全だと繰り返していた長瀧重信教授も被ばくが原因と疑われる胸部動脈瘤破裂で死去。御用学者の言うことを信じるとどうなるか、自らの体で証明してくれている

・・・引用終わり・・・



メディアに出てくる大学教員だけではありません。放射能を警戒する一般人の声を鼻であしらっていた開業医の子弟の中にも発達障害児が出ているとの情報があります。

発達障害児は、経済力で見た場合の社会階層の中の中、あるいは中の上にもみられる。それが母親たちの話題のキーワードとして飛び交っている。当事者である保護者のセルフコンフィデンスが強いことの現れです。

海外駐在員として赴任するような大きな企業の勤務者の子弟に被爆症状とみられる骨折しやすさなどが出ている例もあります。

これらの階層にも飲食物経由の被爆を警戒しなかった保護者が多かったことが原因の一つとなっていると考えられます。

※ ヨコク @fukushima_35氏の13:55 - 2019年1月10日 のツイート
早野龍五を信じ「放射能は安全」と主張していた「有識者」は多い。その多くが今も避難している福島県民へのヘイトや無関心に繋がった。今更掌返しをするわけにもいかず、カルトのように陰謀論を繰り広げたりだんまりを決め込んだり、側からみれば滑稽だが、当事者は腹わたが煮えくり返っているだろう。

・・・引用終わり・・・

「腹わたが煮えくり返っている」のは有識者だけだろうか、身近な人を失ったり子供に障害が出た人は「腹わたが煮えくり返らない」だろうか。
posted by ZUKUNASHI at 19:37| Comment(0) | 福島原発事故

‘Era of American shame over’: Pompeo delivers ‘good news’ of US ‘liberators’ returning to Mideast

RT2019/1/11
‘Era of American shame over’: Pompeo delivers ‘good news’ of US ‘liberators’ returning to Mideast
In his keynote speech in Cairo, the Secretary of State continued with Trump-era policy of not just refusing to read the room, but baiting the audience with cocksure declarations of American greatness verging on the evangelical.

“It’s the truth, lower-case ‘t,’ that I’m here to talk about today. It is a truth that isn’t often spoken in this part of the world, but because I’m a military man by training, I’ll be very blunt and direct today: America is a force for good in the Middle East,” started off Pompeo, part stern homespun preacher, part P.T. Barnum getting the show back on the road.

And what’s the best way of drawing customers to your circus (or church)? It’s definitely not focusing on granular analysis of intractable centuries-old geopolitical problems, or admitting that you are just a tawdry freak show.

‘A liberating force, not an occupying power’

Instead, the wholesome and magic-filled Mike was all about “the good news,” America’s “innate good”, a “bright future”, and boasts bordering on the hard sell.

“America has always been, and always will be, a liberating force, not an occupying power. We’ve never dreamed of domination in the Middle East. Can you say the same about Iran?” asked Pompeo, almost as if expecting pantomime-style boos from his audience.

“In World War II, American GIs helped free North Africa from Nazi occupation. Fifty years later, we assembled a coalition to liberate Kuwait from Saddam Hussein. Would the Russians or Chinese come to your rescue in the same way, the way that we have?” cue more inaudible jeers.

Any problems – well that was “another American that stood before you”. The last pastor didn’t just “gravely misread” history, he perhaps collaborated with Satan himself, when he took the shape of Iran.

“He told you that the United States and the Muslim world needed, quote, ‘a new beginning,’ end of quote,” said Pompeo in reference to Barack Obama’s speech in the same city in 2009, but refusing to mention him by name, perhaps lest he be summoned.

“What did we learn from all of this? We learned that when America retreats, chaos often follows. When we neglect our friends, resentment builds. And when we partner with enemies, they advance.”

But now the flock will be arighted, continued Pompeo, a politician who has unironically spoken in public about his belief in the coming Rapture.

“The age of self-inflicted American shame is over, and so are the policies that produced so much needless suffering. Now comes the real new beginning.”
‘Robust humanitarian aid’ for Yemen & ‘peace’ for Syria

But Obama has not been president for two years – haven’t most of the problems he left behind still remained?

What about Yemen, for example, which according to the UN – and even US allies - continues to be the world’s worst ongoing humanitarian crisis, with millions starving and displaced.

“In Yemen, we’ve assisted our coalition partners as they take the lead in preventing an Iranian expansion that would be disastrous for world trade and regional security. As is always the case with America, our engagement has also been coupled with robust humanitarian aid.”

Syria and Iraq? “Life is returning to normal for millions of Iraqis and Syrians. Nations in the global coalition should all be enormously proud of this achievement. Together we have saved thousands of lives.”

Islamic State? “Life under ISIS was real hell, a living hell on Earth. Today, those areas are liberated, thanks to our coalition’s power and might and commitment.”

In fact, almost everything has been sorted - “When the mission is over, when the job is complete, America leaves,” said Pompeo, bragging about the reduced contingents in the region.
Speaking in tongues

Of course, almost any politician making a speech in the Middle East is obliged to put a glossy spin on the situation, if they don’t want to just collapse on the floor and wail in futility for forty minutes instead.

But the benefits of the new Pentecostal style of diplomacy, based on mass delusions and leaps of faith are less obvious. A penny for the thoughts of the Egyptians in the audience – some of whom no doubt came in with sympathetic trepidation to listen to the powerful foreign official, who ended his speech by blessing his audience.

Did they feel blessed? Is the US a church they believe in? Do they want to continue watching the shows from the same ringmaster?

Igor Ogorodnev, RT
posted by ZUKUNASHI at 19:09| Comment(0) | 国際・政治

ロシアが外貨準備をドルから人民元などにシフト

人民元が持ち直しています。


ファナックの3年間価格推移


村田製作所の3年間価格推移


人民元高は、ドルを捨てて人民元やユーロ、地域通貨による決済が広がっていますから当然の動きです。

上にグラフを掲げた企業は国際優良銘柄といわれるものですよね。外国人が売っている? 日銀は吸収できていませんね。

彼らは何か大きな経済変動を見込んでいる?

RT2019/1/10
Russia shifts $100bn of its reserves into yuan, yen & euro in a great dollar dump
The Central Bank of Russia has moved further away from reliance on the US dollar and has axed its share in the country’s foreign reserves to a historic low, transferring about $100 billion into euro, Japanese yen and Chinese yuan.

The share of the US currency in Russia’s international reserves portfolio has dramatically decreased in just three months between March and June 2018, from 43.7 percent to a new low of 21.9 percent, according to the Central Bank’s latest quarterly report, which is issued with a six-month lag.

The money pulled from the dollar reserves was redistributed to increase the share of the euro to 32 percent and the share of Chinese yuan to 14.7 percent. Another 14.7 percent of the portfolio was invested in other currencies, including the British pound (6.3 percent), Japanese yen (4.5 percent), as well as Canadian (2.3 percent) and Australian (1 percent) dollars.

The Central Bank's total assets in foreign currencies and gold increased by $40.4 billion from July 2017 to June 2018, reaching $458.1 billion.


posted by ZUKUNASHI at 13:26| Comment(0) | 国際・政治

読者の皆様へ このブログの記事内容の引用は慎重にお願いします

このブログ管理人は、福島第一原発事故による人や社会への影響は計り知れないものがあると想定して、データや情報を集め、分析しています。

誠に残念ながら事態は極めて深刻と言わざるを得ません。管理人が知りえたことは、基本的に正確にお伝えするよう努めていますが、最近は記事に書くことを躊躇せざるを得ない内容も出てきています。(子供に生じているとされる甲状腺がん、発達障害が典型です)

子供の甲状腺がんについては、症状が出るまで待てばいいという無責任、非常に有害なデマを流す高野徹氏などの一味がいます。マスコミもそのような説の普及に結果として加担しています。子どもの生命と人生に大きな不利益が生じつつあるのに啓発は進んでいません。

特に、これまで被ばくに警戒せずに過ごしてきた人たち、中でも若い母親たちの中に過去を振り返らざるを得ない人も多くなっているのではないかと危惧しています。

成人が急死してもそれは本人の注意が足りなかったからだと割り切ることはできましょう。

ですが、子供に発達障害が出たような場合、母親は家族の中で、親せきなどとの接触の中で辛い思いをします。(今はその原因に気づいていないだけです。気づこうとしないでしょうが。)

※ **** @*****氏の2018/9/24のツイート
いつも思うけど
なんで孫の発達障害
嫁のせいだと思う義父母多いんだろう‥なんでなんでどうして!!
息子も一応親なんだけどね
そして貴方の孫なのよ
自分には関係ない事にするんだろうね?
関係ないんだったら口出しもするな
多くの嫁の声を代弁して‥あせあせ(飛び散る汗)


今となっては取り返しのつきにくいことも多くなっています。このブログに掲げた情報は、人によっては読むことが大変辛い内容のものも多くなっています。

かつてはアクセスが集中した平日午前の時間帯のアクセスが激減しています。この時間帯にネットを見る時間的余裕のある人たちは、このブログを見なくなっています。菜っ葉大根情報に群がっていた若い母親たちは、日々の暮らしに追われ、人々の関心や注意が薄まる中で、どんな運命が待っていようがもう気にしても仕方がないと考える人が多くなっていると感じます。

深刻な状況を取り上げた記事内容については、他の方との関係で不用意に取り上げたりすることのないようにお願いします。

※ MAL@NEBUCHVDNEZZVR・氏の2018/11/22のツイート
今テレビで、自分の子供が発達障害かもしれないと悩んでる母親が4人くらい出てるけどみんな口を揃えて「もし発達障害と診断されたら受け入れられない」「なるべく普通でいて欲しい」「みんなと同じようにできて欲しい」と躊躇いもなく言っていてドン引きした


管理人は、近年の子供の発達障害の急増について被ばくが原因の一つとなっている可能性が高いと考えています。これに関連した一連の記事を書く中で、管理人自身忘れていた記事も思い出して再掲しましたが、チェルノブイリで診察に当たった医師などの書いたものの中にははっきりと指摘されています。

※ Nemesisネメシス @zodiac0088氏の11:57 - 2018年11月25日のツイート
被曝した猿の脳が小さくなり成長が遅れるのなら、被曝した人間の子どもも発達障害になったり成長が遅れたりするかもしれない #Fukushima #福島 #被曝
http://www.radiationexposuresociety.com/archives/9492
放射能汚染で内部被ばくした日本ザルの骨髄の異形成。宮城県の日本ザルでも内部被ばく102.7ベクレル/kg(骨格筋)。


それゆえ、このブログに書かれた発達障害に関する記事は、子供の発達障害に心を痛める親にとって大きな驚き、受け入れがたい衝撃になるかもしれません。辛い話を聞く心の用意のできていない方も多いのです。対人関係の中で深刻な摩擦・軋轢(あつれき)が生じたりすることのないよう十分ご注意ください。

・・・・・

健康被害の情報が目立って増えたのは2014年ころです。それを目の当たりにしてショックを受ける人が増えるだろうと管理人は考えましたが、ショックを受けたのは管理人だけだったようです。動じない人が多かったのです。
2014年12月27日 おやじたちの精神的破綻は近い

2014年12月28日
目先の損得で動いているとどうなるか 後世の人たちに見てもらいます

健康被害がさらに深刻化した2016年には、そういう被害者とどう接するか考えました。
2016年01月13日
深刻な健康被害に見舞われた人とどう接するか

上で念頭に置いたケースと異なり、心身の障害が残った場合の家族の負担はとても大きく、しかも長い期間に及ぶのです。幼児であればその保護者の責任に思いを致す人が多いでしょう。その家族にとっては大変大きな問題だと思います。

発達障害が単に発達に時間がかかっているだけであり、時間をかけ努力を重ねれば改善に向かうと願わざるを得ませんが、そういう期待の持てるケースが多いとは管理人にはとても思えません。

次の記事はぜひお読みください。
2018年11月23日
発達障害(学習障害)と診断されても回復した人もいる

・・・・・

以下は仮定の話です。とても書きにくいですが。

子供さんの発達障害の原因に被ばくがあったとしたら、そのご家庭では、他の方にも被ばくによる健康障害が出ているか、またはこれから顕在化する怖れがあります。

居住環境、飲食物の嗜好、選好が似ている。同じものを食べている。母子の生活習慣も似ている。親にも中枢神経障害がありえます。

もう、被ばく回避のための一般的な注意事項を助言してそれが有効に、プラス方向に大きく作用する時期は終わったように思います。

今そのようなことを助言したら、本人の後悔の念を掻き立てるだけに終わるかもしれません。

福島第一原発事故による被ばく影響の危険性については、書籍も出ています。新聞等でまったく言及がなかったわけではありません。調べようと思えばいくらでもできた。それなのに「放射能は安全安心」のデマに洗脳されてしまっていた人も多いのです。

あなたの周りの人、一人にでも被ばく回避の必要性を語ったのであれば、あなたはやるべきことをやっています。その人に鼻で笑われて終わったとしても、それは相手方の問題です。

初出 2018/11/22 12:00 追記 2018/11/23、11/24、11/27、11/28、2019/1/11
posted by ZUKUNASHI at 13:14| Comment(0) | 福島原発事故

Police deny top lawmen carried casket of crime boss after viral funeral

RT2019/1/10
Police deny top lawmen carried casket of crime boss after viral funeral VIDEO
A video of a huge procession in Russia’s Far East went viral over a claim that it showed the funeral of a local crime lord, and his casket being carried by the city’s police chief and top prosecutor.

On Tuesday, there was a big funeral in Amursk, a city of some 40,000 located in Russia’s Khabarovsk region. The deceased person was said to be a career criminal in life with numerous convictions, local police confirmed without naming the man.

According to a video of the event published on the social media, the man was better known under his criminal nickname Zaruba and he was the head of organized crime in Amursk. His influence in the city was so great that the head of the city police force and the senior prosecutor were allegedly present at the funeral and carried the casket while road police stopped traffic.

The video quickly went viral and sparked understandable outrage among internet users, who were not happy to learn that modern Russia is not far removed from Al Capone’s Chicago. Except their anger may be misplaced.

Regional police launched an investigation and are now saying the claims are not true. The prosecutor was not even in the city on the day of the funeral, said the Interior Ministry’s branch in Khabarovsk, the region’s capital which oversees the police department in Amursk. The police chief was not at the funeral and the traffic police didn’t stop traffic but fined procession members who disrupted it, the statement said.

“The person, who posted the video and the comments, has been identified. He is known to the police. He was summoned for an interview and failed to explain why he did it,” a spokesperson for the police branch in Khabarovsk told RIA Novosti on Thursday.

Police demanded the original publication of the video be deleted, but given its viral fame copies are still widely available. Law enforcement is considering filing a libel lawsuit against the author, the spokesperson said.
posted by ZUKUNASHI at 02:16| Comment(0) | 国際・政治