ずくなしの冷や水

2019年01月27日

米国のベネズエラ介入に仏、独、西がそろって追随

RT2019/1/26
France, Germany & Spain issue ‘identical’ threats to recognize Venezuela’s self-appointed president
Warnings from Germany, France and Spain to recognize the self-proclaimed president of Venezuela unless new elections are held came at the same time and were even similarly worded, Russia’s FM spokesperson noted.

“The statements are not simply identical but they are even made simultaneously,” Foreign Ministry spokeswoman, Maria Zakharova, wrote on Facebook.

Earlier on Saturday, Paris, Berlin and Madrid announced their readiness to recognize the self-proclaimed “interim president” of Venezuela, Juan Guaido, unless the country holds snap presidential elections within eight days.

The messages appeared to be well-coordinated indeed.

“The government of Spain gives Nicolas Maduro eight days to call free, transparent and democratic elections,” Spain's Prime Minister Pedro Sanchez said in statement. “If that doesn't happen, Spain will recognize Juan Guaido as interim president in charge of calling these elections.”

The ultimatum was almost instantly echoed by French President Emmanuel Macron, who took to Twitter issuing a similar threat in French and Spanish – to get the message through, apparently.

“The Venezuelan people must be able to freely decide their future. Without elections announced in 8 days, we could recognize [Guaido] as ‘interim president’ of Venezuela to launch this political process,” Macron said, adding that he was working with “European partners.” Exactly the same message was posted on Twitter by the deputy spokeswoman of the German government.

Guaido proclaimed himself “interim president” of Venezuela on Wednesday, swiftly receiving strong support from abroad. The US was the first to recognize the unelected “president,” and over a dozen countries – including almost all the South American states – have followed suit.

Russia, China, Turkey, Cuba and other states, however, vowed support to the elected president of Venezuela, Nicolas Maduro, condemning the externally-fueled coup attempt. Maduro, on his part, did not take Washington's actions lightly, and severed diplomatic ties with the US.

Over the past few days, the country has seen massive anti-government protests, as well as counter-protests staged by supporters of the legitimate authorities.

Venezuelan military and state officials have also vowed their support to the president. On Friday, Maduro announced massive military drills to be held in early February, which are supposed to warn any potential adversaries from staging open aggression against the country.

On Saturday, Russia, China, South Africa, and Equatorial Guinea blocked the US push for a UN Security Council statement expressing support for the Guaido-led National Assembly as the “only democratically-elected institution,” of Venezuela. The move came ahead of the UNSC meeting, requested by the US, in which the Venezuelan crisis is set be discussed.

RT2019/1/26
Bank of England refused to return $1.2bn in gold to Venezuela – reports

Britain rejected Venezuela’s request to withdraw $1.2bn in gold stored in the UK, according to reports. It was enough for the self-declared and US-backed ‘president’, Juan Guaido, to support the alleged move.

The Bank of England blocked Venezuela’s attempts to retrieve $1.2 billion worth of gold stored as the nation’s foreign reserves in Britain, sources told Bloomberg on Friday.

According to the media outlet, officials in Caracas have for weeks been trying to withdraw the gold, with Calixto Ortega, the head of Venezuela’s central bank, traveling to London in mid-December to seek access to the nation’s assets.

The talks were “unsuccessful,” as US Secretary of State Mike Pompeo and the national security advisor to President Donald Trump, John Bolton, pressured their British counterparts to freeze the Venezuelan assets, Bloomberg reported, citing people familiar with the matter.

By some estimates, Venezuela holds more than $8 billion in foreign reserves. According to earlier reports, the amount of Venezuelan gold kept in the Bank of England doubled in recent months, growing from 14 to 31 tons.

The South American nation has reportedly experienced problems in extracting its own gold from the Bank of England in the past. Bankers in Britain were allegedly concerned that Venezuelan officials would sell the state-owned gold “for personal gain.”

The Bank of England, along with press officials for Pompeo and Venezuelan leader Nicolas Maduro, declined to comment.

Despite the fact that the story was not confirmed, the alleged move of the British bank was swiftly praised by the self-proclaimed ‘interim president’ of Venezuela. “The process of protecting the assets of Venezuela has begun,” Juan Guaido tweeted.

“We will not allow more abuse and theft of money intended for food, medicine and the future of our children.”

Guaido, the speaker of the national parliament, declared himself ‘interim president’ of the state earlier with week in opposition to Maduro. He was subsequently recognized as the “legitimate” leader of Venezuela by the US, Canada, and the majority of South American nations.

Maduro was backed by states like Mexico, Russia, China, and Turkey. He slammed the US for endorsing Guaido, ordering its diplomats to leave the county.

Moscow said it will continue to recognize Maduro as the sole democratically-elected leader of the country and called on others to not allow “destructive foreign interference” in Venezuelan affairs.

Venezuela has seen a series of large-scale anti-government protests in recent years. Some of them spiraled into riots and clashes with police. Nicolas Maduro blasted “foreign interference” as a source behind the unrest, while in particular accusing US officials of endorsing the rallies and Washington of planning to overthrow him. The anti-government protests were met with counter-demonstrations by Maduro supporters.
posted by ZUKUNASHI at 00:35| Comment(0) | 国際・政治

2019年01月26日

我々全員が「弱者」であり、「弱者」を生かすのがホモ・サピエンスの生存戦略だということです

buzzmag.jp2019/01/21
※ 村上賢司 @murakenkawaguti氏の0:14 - 2016年7月29日のツイート
これのベストアンサーはまさに知性であり、今この質問者と同じ思いの人たちに届いたら、絶対に理解できるはずの名文だと思う。これ、誰なんだろう?http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q1463546664
Yahoo知恵袋の問い
自然界は弱肉強食なのに、人が弱者を税金で生かしているのはどうしてなのか。
今の人間社会は理にかなっていないのではないか。

ベストアンサーとされた答え
え〜っと、、、よくある勘違いなんですが、自然界は「弱肉強食」ではありません
弱いからといって喰われるとは限らないし、強いからといって食えるとも限りません
虎は兎より掛け値なしに強いですが、兎は世界中で繁栄し、虎は絶滅の危機に瀕しています
自然界の掟は、個体レベルでは「全肉全食」で、種レベルでは「適者生存」です
個体レベルでは、最終的に全ての個体が「喰われ」ます
全ての個体は、多少の寿命の差こそあれ、必ず死にます
個体間の寿命の違いは、自然界全体で観れば意味はありません
ある犬が2年生き、別の犬が10年生きたとしても、それはほとんど大した違いは無く、どっちでもいいことです

種レベルでは「適者生存」です
この言葉は誤解されて広まってますが、決して「弱肉強食」の意味ではありません
「強い者」が残るのではなく、「適した者」が残るんです
(「残る」という意味が、「個体が生き延びる」という意味で無く「遺伝子が次世代に受け継がれる」の意味であることに注意)
そして自然というものの特徴は、「無限と言っていいほどの環境適応のやり方がある」ということです
必ずしも活発なものが残るとは限らず、ナマケモノや深海生物のように極端に代謝を落とした生存戦略もあります
多産なもの少産なもの、速いもの遅いもの、強いもの弱いもの、大きいもの小さいもの、、、、
あらゆる形態の生物が存在することは御存じの通り
「適応」してさえいれば、強かろうが弱かろうが関係無いんです
そして「適者生存」の意味が、「個体が生き延びる」という意味で無く「遺伝子が次世代に受け継がれる」の意味である以上、ある特定の個体が外敵に喰われようがどうしようが関係ないんです
10年生き延びて子を1匹しか生まなかった個体と、1年しか生きられなかったが子を10匹生んだ個体とでは、後者の方がより「適者」として「生存」したことになります
「生存」が「子孫を残すこと」であり、「適応」の仕方が無数に可能性のあるものである以上、どのように「適応」するかはその生物の生存戦略次第ということになります
人間の生存戦略は、、、、「社会性」
高度に機能的な社会を作り、その互助作用でもって個体を保護する
個別的には長期の生存が不可能な個体(=つまり、質問主さんがおっしゃる”弱者”です)も生き延びさせることで、子孫の繁栄の可能性を最大化する、、、、という戦略です
どれだけの個体が生き延びられるか、どの程度の”弱者”を生かすことが出来るかは、その社会の持つ力に比例します
人類は文明を発展させることで、前時代では生かすことが出来なかった個体も生かすことができるようになりました
生物の生存戦略としては大成功でしょう
(生物が子孫を増やすのは本源的なものであり、そのこと自体の価値を問うてもそれは無意味です。「こんなに数を増やす必要があるのか?」という疑問は、自然界に立脚して論ずる限り意味を成しません)
「優秀な遺伝子」ってものは無いんですよ
あるのは「ある特定の環境において、有効であるかもしれない遺伝子」です
遺伝子によって発現されるどういう”形質”が、どういう環境で生存に有利に働くかは計算不可能です
例えば、現代社会の人類にとって「障害」としかみなされない形質も、将来は「有効な形質」になってるかもしれません
だから、可能であるならばできる限り多くのパターンの「障害(=つまるところ形質的イレギュラーですが)」を抱えておく方が、生存戦略上の「保険」となるんです
(「生まれつき目が見えないことが、どういう状況で有利になるのか?」という質問をしないでくださいね。それこそ誰にも読めないことなんです。自然とは、無数の可能性の塊であって、全てを計算しきるのは神ならぬ人間には不可能ですから)
アマゾンのジャングルに一人で放置されて生き延びられる現代人はいませんね
ということは、「社会」というものが無い生の自然状態に置かれるなら、人間は全員「弱者」だということです
その「弱者」たちが集まって、出来るだけ多くの「弱者」を生かすようにしたのが人間の生存戦略なんです
だから社会科学では、「闘争」も「協働」も人間社会の構成要素だが、どちらがより「人間社会」の本質かといえば「協働」である、と答えるんです
「闘争」がどれほど活発化しようが、最後は「協働」しないと人間は生き延びられないからです
我々全員が「弱者」であり、「弱者」を生かすのがホモ・サピエンスの生存戦略だということです
posted by ZUKUNASHI at 22:51| Comment(0) | 社会・経済

太平洋上空を飛ぶ乗務員が死ぬらしい

※ Flightradar24認証済みアカウント @flightradar24の2019/1/26のツイート
Flightradar24さんがHawaiian Airlinesをリツイートしました
Sadly, Emile Griffith, a Hawaiian Airlines flight attendant passed away while working a flight from Honolulu to New York yesterday. This was #HA50 (https://www.flightradar24.com/data/flights/ha50#1f4962e6 …), which diverted to San Francisco to seek medical attention for Griffith. He was with Hawaiian for 31 years.

Hawaiian Airlines
‏認証済みアカウント @HawaiianAir

Our hearts go out to Emile’s family and friends today.
7:45 - 2019年1月26日

※ 産経 2019.1.10 16:11
CA体調悪化で緊急宣言、着陸後に死亡 全日空
 10日午前2時20分ごろ、米ロサンゼルス発羽田行き全日空105便ボーイング777が新千歳空港の東南東約980キロを飛行中、50代の女性客室乗務員(CA)が、頭痛による体調不良を訴えた。
 乗務員は機内で休んだが容体が悪化。同機は他の航空機より優先して着陸しようと、緊急事態を宣言し、午前4時40分ごろ、羽田空港に着陸した。全日空によると、乗務員は意識がない状態になっており、病院に救急搬送されたが、死亡が確認された。
 全日空は死因などを明らかにしていない。乗務前の健康チェックで問題はなかったという。

ハワイアン航空のフライトはホノルル発ワシントンニューヨーク行き、全日空のフライトはロスアンゼルス発羽田行きです。

お二人も続くとその原因はほぼ推定通りで外れないと思います。現在もあそこから放射性物質が放出され続けており、偏西風で太平洋上を東に流れていますね。

日本発ワシントン行きの飛行機の中にはハンフォードの真上を飛ぶものもあります。ハンフォードは強烈なゲップで知られています。

2019/1/26の成田発ダラス行きのJAL12便、ワシントンに向かう時よりも南を飛んでいます。


亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
posted by ZUKUNASHI at 20:00| Comment(0) | 福島原発事故

なんだろう 線量率のぶれが大きいが

2019/1/14、私設リアルタイム線量率測定システムのグラフのギザギザ、振れが大きくなっています。全国的に同じです。



のこぎり状のトンガリが大きくなっていますが、線量率水準は上がっていません。

今日は全国的に好天で風も弱かったですから、日本列島を高気圧が覆ったのでしょう。高気圧は下降気流です。空にあった汚染物質が落ちてきた? 

次のコメントが寄せられています。2019/1/14 14:20の投稿です。

東京23区内の下町のマンション6階、自宅におりますが、今、外の空気がとても変です。
ベランダに出て一瞬で「まずい」と感じました。これは金属臭とでも申しましょうか3.11以降感じた非常におかしな重ったるい空気感に類似しています。放射線量が非常に高かったあの頃の空気を久し振りに感じます。

・・・引用終わり・・・

光化学オキシダント濃度が高めのところもありました。



今日はどこでも救急車が忙しそうでした。

夜遅くになって御前崎一帯で線量率が上がりました。もう峠を打ったようですが。

2019/1/15正午、八代市で線量率が急上昇。機械の不調でしょうか。不調ではないようです。


※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2019/1/18のツイート
山背の風だろうから田畑の土ぼこり町場の方へ土ぼこり吹き飛んでいるでしょうね。熊谷市車に付けてる線量計高い値を示してる。乾燥した分上昇したのかな?
先般常時やっていたところは0.101μ位が0.16μになっている。時折0.202μまで上昇することも。

私設線量率測定システムで、2019/1/18、16時ころ千葉県北西部と東京都東部でスパイクが出ています。

2019/1/19、若狭からの風が中京地域に吹き込んでいます。1/19の未明に「口内のジリジリ感と気管支あたりの軽い鈍痛で目が覚め」たという読者からの情報が入っています。



今日は、中国地方は玄海の風下、明日は韓国の原発の風下になります。
関東地方は、今日は志賀原発の風下です。

1/19、午前11時現在で山形と新潟で小さいもののスパイクが見られます。

中京地域は明日も若狭からの風が中京地域に吹き込む状況が続きます。ご注意を。


全国的に好天です。地表では風が弱いですが、上空は強い風。好天なら下降気流です。

2019/1/19夕刻、2か所で同時的にスパイクが立っています。約10km離れています。



2019/1/20、管理人自宅で0.2μSv/hのスパイク。家の奥にあるのに珍しいです。鼻を噛んだら血が。

2019/2/22、若狭湾から東に放射性物質が流れています。下呂市、郡上市、小松市、糸魚川市などで線量率が上昇。

2019/1/26、管理人自宅北側屋内で少し線量率が上がっています。


F1近くの夫沢では、空間線量率が下がっています。積雪です。



ホワイトフードのサイトが証明書を更新したようです。ただ、Googleとの契約関係はまだ解決していないようです。かなりの金を払わないといけないのではないでしょうか。会社でも寄付を募ってやるしかないように思いますが。
https://news.whitefood.co.jp/radiationmap/
posted by ZUKUNASHI at 18:23| Comment(5) | 福島原発事故

キチガイ扱いされても子供を被ばくから守ろうとしたお母さん これがあなたへの最大の賛辞です



キチガイ扱いされても母子避難を決行し、泣きの涙の避難生活に耐えたお母さんも、お子さんを完全に被爆から守り切ることは難しいと思います。

でも、それをやらなければお子さんの被爆症状はもっと深刻なものになっていたことは間違いありません。

子育て中の母親が原子力に対して圧倒的にネガティブであることは、敵にとっても常識なのです。それが当たり前なのです。

でも、そんな命がけの戦いを何年間も戦い抜いたことは、自分の胸にしまっておきましょう。敵が常識とさえ見ることをしなかった母親もいるのです。そして今、深刻な事態に茫然自失かもしれません。

この戦いは、まだまだ続きます。時には力を抜いて、リフレッシュして、油断せずに頑張りましょう。

※ 宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011氏の12:32 - 2019年1月11日のツイート
私はただただ、悲しいのです。
早野氏は完全に、故意に人々を騙していました。
それに騙されている人々が、今さらどうしようもなくなっていることが。

※ itou kino @ItouKino氏の2019/1/11のツイート
私も同じことを何度も何度も、馬鹿かと言われるくらい何度も伝えた
なのに、ほとんどの人は無反応だった
「専門家」を信じ、政治家の安全宣言に乗っかっちゃったからね
食べた放射能、吸った放射能、付いた放射能の積算は誰にもわからない
寿命が来る前に、少しでも減らす努力をして
まだ遅くないから

※ Lumière はな。 @kusukusu0525氏の2019/1/24のツイート
余りにも亡くなる人が多すぎて
今回の帰省で初めて親類が私の避難生活を認めた。
認めざるを得ない事態が起きているんだなと思った。
それでも大丈夫、過去と変わらず日本は安全だと言う人は、別に言えばいいけど。
その方達は現実を直視出来ないのか、してないのか、受け容れるのが怖いのか何なのか

・・・引用終わり・・・

想田氏は早野問題の深堀で世界に核の非人間性を問う映画が作れますね。健康被害問題はsivad @sivad氏、原発の物理的側面は小出裕章氏、社会事象は木野龍逸 (Ryuichi KINO) @kinoryuichi氏の援助を得ればよい。おどりマコ氏、桑原氏も。これぞという国政政治家は思い浮かびませんが。井戸川さん、伊達市議会の高橋議長がおられますね。
posted by ZUKUNASHI at 11:55| Comment(0) | 福島原発事故

11歳少女、100ミリシーベルト被ばく 福島事故直後  反応

二本松市 男女共生センター Google Mapから


次の画像はここでの撮影のものですね。写真の方々がどの程度の被爆であったかは不明です。






※ Nemesisネメシス @zodiac0088
「100ミリシーベルトの子どもは確認していない」と発表し国はこの報告を伏せた..って鬼畜かよ怒り(ムカッ)
8年後に発覚しても対策しようがない。チェルノブイリで被曝した子どもが約8年後に甲状腺癌を発症して死亡した事例は多かった
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019012190065749.html …  #Fukushima #福島
福島事故直後 放医研で報告

※ 宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011氏の2019/1/21の一連のツイート
311直後、私はツイッターを使っていなかった。その為、これから綴る一連の話を、聞いた当時はツイートすることができなかった。間もなく、これから綴る話は「不当に不安を煽る悪意に満ちた話」として「デマ」扱いされ、綴る機会を失った。
今日の新聞記事で、ようやく書けるようになった、のだと思う

以下の話が「不当に不安を煽る」「デマ」だとされたのは、全て東電原発事故を過小評価しようとする人たちにとって都合が悪かったからだろう。そういう人たちの中には、故意に過小評価しようとした人も、事故を小さい規模だと信じたい「善意の人」もいたのだと思う。が、結果、私は沈黙を強いられた。

311直後、断片だけだが漏れ伝わってくる数字を見聞きして、チェルノブイリ原発事故の際の数字と比較できる材料(書籍)を持っていた私は、東電の原発事故が最低でもチェルノブイリ原発事故と同程度の、史上最悪クラスの原発事故だという事が理解できた。東電事故は最低でも原発3基の事故なのだ。

以前に双葉町に住んでいた経験がある私は、実際に原発が大事故を起こした時に住民全員が避難する態勢など全く準備されていない事を知っていた。事故発生後得られた乏しい情報の中、1号機爆発前には全住民の避難ができていなかったことも知った。双葉町役場の避難場所は私が住む町の隣の川俣町だった。

避難住民の被曝状況や、避難所に入る前の簡易スクリーニングの話も聞いた。汚染が深刻な人を除染する水や、着替えさせる服の準備がなかったので、スクリーニング基準を1万3千cpmから10万cpmに引き上げたことも聞いた。その場しのぎの、健康を無視した対応だった。

幾つかの避難所で、子どもに対する甲状腺スクリーニングが実施されたことも聞いた。その中で100mSvに達する数値が出て「これ以上高い数字が出たらまずい」と、スクリーニングを1080人で止めさせた、という話も聞いた。(理由の部分は真偽不明だが)

その前後から、「今回の原発事故ではメルトダウンは起きていない」「チェルノブイリ原発事故よりも事故の深刻度はずっと低い」「避難指示地域以外は、平常の生活をするのが正しい」「避難指示地域の外で放射線を怖がるのは、周囲の人を不安にさせる悪い事だ」という話がテレビ新聞ラジオで反復された。

比較してみよう。 チェルノブイリ原発では1基の原子炉が爆発した。それだけだ。 東電原発では3基の原子炉建屋が爆発、1基が格納容器破壊、使用済み燃料プール4つが冷却不能になった。 深刻度はどちらが高いかわかるだろう。

但し、原子力関係事故の尺度では、チェルノブイリ原発事故はレベル7。東電原発事故は当初レベル4か5と判断された。5月にメルトダウンが公表され、事故レベルも7に上がった。事故レベルは、最高が7。どれだけ重大な事故でもレベル7だ。地震の震度が最高で7であるのと同じだ。

わかりやすく説明すると、地球が真っ二つに割れるほどの地震が起きたとしても、震度は7だ。それが最高レベルだから。 同じ様に、原発事故がどれほど悪い状況を引き起こしても、事故レベルは7だ。それが最高レベルだから。 従って、東電原発事故もレベル7だ。どれほど状況が悪くても、だ。

東電原発事故のレベルが7に引き上げられる頃には、事故発生直後に避難指示区域から避難した人々の、避難途中の細部にわたる情報は、すっかりメディアの報道から消えてしまっていた。 代わりに被災者が苦しい生活の中で「前を向いて」いる姿ばかりを、福島県庁の要望に応じてメディアは報じたからだ。

その中で、避難者の中の1,080人だけを甲状腺スクリーニングした結果だけが、甲状腺被曝の数値として残され、強調された。「なぜもっと多数を検査しなかったのか?」「この数値は被曝の実態を反映しているのか?」という疑問を、無理に置き去りにして、だ。

そして2013年、東京オリンピック招致の安倍首相プレゼンテーションに繋がっていく。「原発事故による健康被害は過去も現在も未来も一切起きない」と。当時既に、高線量を被曝して作業ができなくなった原発作業員が多数いる事が明らかだったのに、だ。

新聞もラジオもテレビも、組織として安倍首相のプレゼンを否定することはなかった。 その時点で、日本の組織メディア、特に全国組織を持つメディアは、報道機関ではなく安倍政権の広報機関と化していた。

しかし2019年になった現在、近未来、3年後を考えると、組織が安倍政権の広報機関のままではまずい事に気付いた人間が、組織内で発言権を得てきたのかもしれない。安倍首相は、3年以内に首相の座から去るのだ。その後もメディアは生き残らなければならない。そろそろ軌道修正を考える時期だ。

東京オリンピック前に、公式発表での原発事故避難者数はゼロにできるかもしれない。避難者の姿を報道させなければ良いのだから。その準備は進んでいる。 しかし2020年を過ぎても、原発事故は収束できない。それは既に隠せない事が明らかだ。

※ 宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011氏の2019/1/26のツイート
原発事故発生直後の私は「素人の私が気づく程だから専門家も政府もメルトダウンに気付き、住民を被曝から守り、広域に避難するよう言ってくれるだろう」と考えていた。が、現実には「専門家」はメルトダウンを全力で否定。福島県庁とメディアは安全宣伝を繰り返し、21日の山下俊一氏の講演会に至る。

私は3月16日の福島県立高校合格発表で、受験生や高校生が高汚染の雨や雪で被曝することを防げなかった。 その後、担当する部活動の生徒が屋外活動で被曝することも防げなかった。4月に新学期が始まり、高校生が登下校で被曝することも防げなかった。 何もできなかったのです。

2011年4月に、福島県中通りの学校で新学期が始まった後も、なんとかして家族や生徒の被曝を防ごう、減らそうと考えていた。我が子にはビニール製のカッパとマスク着用で登下校させていたが、その姿は周囲から完全に浮いていて、イジメにもあった。 我が子さえも守れなかったのです。

2011年4月に、福島県中通りの高校でも新学期が始まり、体育の屋外授業は自粛されたが、部活動の練習は無防備で、体外・体内吸気被曝させ放題だった。私は自分が顧問をする部の生徒の被曝を少しだけ減らす工夫ができただけだった。 顧問する部の生徒さえも守れなかったのです。

その後、浜通りから避難してきた高校生も勤務校に転入してきた教室で、色々と気を使いながらも、窓を閉めさせて屋外から放射性物質が入るのを止めるのが精いっぱいだった。しかしそれも福島県教育委員会から禁じられた。 生徒を追加被曝から守ることは全くできなくなったのです。

我が子も、私の周りの高校生も、追加被曝から守ることは全くできなくなったのです。何もできなかった私は、ツイッターで愚痴をつぶやきながら、遠隔地である北海道に逃げる事しかできなかったのです。 北海道に来てからも、避難者に対する「福島は安全だ」という福島県庁の圧力は減りませんでした。

福島県外に避難した人たちの殆どは、県内に残った家族や親戚、知人に配慮する為と、自らの避難生活を維持する為に、メディアの取材を避け、発言も控えました。 県外に避難した人が避難先の自治体やNPO等から温かく迎えられる様を、福島県内メディアは報道しませんでした。

原発事故と福島県庁からの圧力に負けて逃げた私は、避難先の北海道の人たちに温かく迎えられた状況を、多くはツイートできませんでした。同じ場所に避難した他の人たちに迷惑がかかることも心配だったのです。 また、北海道で何とか見つけた仕事を失いたくなかったので、発言を自制する部分があります

発言を自制している状態であっても、職場への圧力や、私の過去に関するデマに基づく投書などで、私は職場を何度か変えざるを得ませんでした。 私はそこでも、戦うのではなく、逃げ続けてきたのです。

だらだらと長くなりましたが、 要するに私は原発事故発生後、身近な人たちさえも事故による追加被曝から守ることができず、 負けて、逃げて来たのです。 その愚痴をつぶやき続けているのが、このツイッターアカウントなのです。「魂の叫び」などという大それたものではありません。負け犬の遠吠えです


・・・・・

※ NMF2011 @NMFUKUSHIMA2011
つまり2011年3月12日午後3時36分現在で、双葉町の住民避難は完了出来ていなかったということですね。

※ 吉田千亜 @hankoyama氏の2019/1/21のツイート
この頃に避難できていなかった方はたくさんいます。停電や通信機能が損なわれ、町にも情報が伝わっていませんでしたし、オフサイトセンターも機能していませんでした。防災無線で呼びかけはあった地域もありますが、聞いていない、とおっしゃる方も多いです。

※ 福島第一原発事故時の避難の実態を示す貴重な画像。時間的には2011/3/12の午後3時前後でしょうか。津島支所まで1kmの地点ですが、至るところに車両が止まっています。



2016年08月05日
米国の専門家は福島第一原発事故直後の東京人の被曝線量を最悪100ミリシーベルトと見ていた
posted by ZUKUNASHI at 11:46| Comment(1) | 福島原発事故

WindowsXPパソコンを印刷専用に使う

B社のインクジェットプリンターが壊れてしまいました。インクが高すぎて愛想つかしていたところ。捨てることにしました。

印刷はコンビニのプリンターを使うことにしましたが、試しに印刷するときもいちいち出かけなければならないのは面倒です。

品質が悪くても手元で印刷したい・・・5年間使っていないC社のレザープリンターは??

電源を入れると動きました。この器械は32bitのドライバーしかなくて6年前のパソコン更新時に使わなくなったのです。

32bitのパソコンは、スティックパソコンもありますがこれはWindows10でダメ、Windows8.1もダメでした。半分ソフトがいかれたXPパソコンがあります。ネットにつながないソフトなら動くものもあります。

XPパソコンにプリンター付属のCDからドライバーをインストール。プリンターを認識します。

次は、PDFファイルをこのパソコンで表示できるようにすることが必要です。

他のパソコンのいろいろなソフトでデータ作成

出力データをPDF化、USBメモリーに入れる。

USBメモリーをXPパソコンに挿す。

PDFビューワーで表示する。印刷。

という手順で進めればどんなソフトの出力データでも印刷できるはず。

ところが、機械が古くてXPにインストールできるPDFビューワーソフトがありません。フリーソフトもいくつか試しましたが駄目でした。

うーん、とにかく古いバージョンのPDFビューワーでなければこの器械で動かないのです。

どこかにないか。CDROMは読み込めるからCDに収録された古いものなら使える。。

ここで昔のパソコン雑誌についていた付録CDにおまけでユーティリティソフトが入っていたことに気づきます。15年以上前の話です。

探してみるとありました。初期のアクロバットリーダー。インストールできた模様ですが、PDFファイルが開きません。

再起動して再度試すとファイルが開きました。印刷は? 汚いですが識別できます。

成功!!

トナーが少なくなっています。新品は1万円。しばらく使えそうならリサイクルトナーを買います。4千円くらい。コンビニでのプリントの400枚分です。

雑誌の付録も15年も経つと価値が出る。貴重品です。
posted by ZUKUNASHI at 11:35| Comment(0) | デジタル・インターネット

2019年01月25日

宅ふぁいる便、数百万件の個人情報が流出

※ 木野龍逸 (Ryuichi KINO) @kinoryuichi氏の2019/1/25のツイート
まじか。最近使ってないけど、前の情報とか残ってるのかな。。。
というか、会見、どこかで見られるんだろうか。

宅ふぁいる便、数百万件の個人情報が流出 緊急会見へ(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
posted by ZUKUNASHI at 21:07| Comment(0) | デジタル・インターネット

ISIS ‘caliphate’ in Syria will be defeated within a month – Kurdish forces commander

RT2019/1/25
ISIS ‘caliphate’ in Syria will be defeated within a month – Kurdish forces commander
Military operations against Islamic State (IS, formerly ISIS) in Syria are wrapping up and the last pocket of the jihadists’ “caliphate” will be flushed out within a month, Mazloum Kobani, the chief of the Kurdish-led Syrian Democratic Forces, has said. “The operation of our forces against [IS] in its last pocket has reached its end and [IS] fighters are now surrounded in one area,” AFP quoted the top commander as saying. The head of the Syrian Kurdish YPG militia, Sipan Hemo, said earlier that talks with the government over the future of the northeast region will begin in days after a “positive” reaction from Damascus, Reuters reports. Any deal between the YPG and President Bashar Assad could piece together the two biggest chunks of a nation splintered by eight years of conflict.
posted by ZUKUNASHI at 20:55| Comment(0) | 国際・政治

ベネズエラが内戦の危機

RT2019/1/25
Ecuadorian ex-president Correa to RT: Сannot rule out US-backed ‘military action’ in Venezuela
Washington’s reckless push for regime change in Venezuela, where the US actively supports a person who “ignores all laws,” might set a dangerous precedent, former president of Ecuador, Rafael Correa told RT.

A situation, in which a man “declares himself an ‘interim’ president” and immediately gets recognition from 11 Latin American countries and the US, is “unseen,” Correa said, commenting on the latest developments in the crisis-ridden Venezuela and referring to the opposition head Juan Guaido.

Guaido, who is currently the President of the National Assembly, swore an oath and declared himself interim president on Wednesday as thousands took to the streets calling for Maduro to leave office. Minutes later, US President Donald Trump announced his decision to recognize the man as Venezuela’s interim leader.

Elsewhere in the Americas, Argentina, Brazil, Costa Rica, Ecuador, Guatemala, Chile, Colombia, Paraguay, and Peru all followed suit within two hours of the US move.

The countries, which supported the development, called for a coup against Venezuela’s elected president, Nicolas Maduro, even before Guaido made his move, Correa said, adding that it was nothing but a push for a regime change. He also said that the opposition head “ignored the constriction, laws, election … procedures” in his self-manifestation as “nothing of this sort is in the constitution.”

However, those pushing for the coup were apparently not very much concerned about the legal formalities but were instead focused on their own interests, according to Correa, who said the development set a dangerous precedent for such an approach to be extended on any other country, whose “government the US does not like,” regardless of whether it is democratic or not.

“One can talk about a new Operation Condor now,” Correa said, referring to the infamous campaign of state terror and purges of alleged Communists conducted by US-backed South American dictatorships beginning in 1975.

“This is an impressive blow,” the ex-president said, referring to the development in Venezuela. “They avoid resorting to the military [action], assassinations or kidnappings for now because they do not need it. One cannot rule out that they could still resort to such methods” in the future, Correa warned.

Venezuela has been hit by a prolonged period of severe economic crisis. Its hardships are further exacerbated by pressure from Washington that seeks to depose the current government led by Maduro.

The Venezuelan president’s opponents blame his socialist government for the economic instability. Maduro says the nation’s woes are a result of US sanctions against the oil-rich state as well as deliberate attempts to sow discord among its people from abroad.

Meanwhile, pressure on Venezuela is still mounting. On Thursday, London and Paris followed Washington’s suit and declared that they do not see Maduro as a legitimate leader.

Venezuela’s elected leader, however, also received some international support. Russia’s President Vladimir Putin called Maduro and expressed his support to Venezuela’s legitimate government while condemning “external interference” of the US and its allies over “gross” violation of international law.

China, Mexico, Cuba as well as a NATO member, Turkey, are among the nations which have also rejected the attempted coup.
posted by ZUKUNASHI at 19:20| Comment(0) | 国際・政治

11歳少女、100ミリシーベルト被ばく 福島事故直後のことを8年経ってまず確認だとは!

NHK2019年01月24日 17時38分
女児被ばく可能性”早急確認を”
東京電力福島第一原子力発電所の事故のあと、双葉町にいた11歳の女の子が甲状腺に100ミリシーベルト程度の被ばくをした可能性があると報告されていたことを受け、双葉町は国や福島県に対して早急な事実確認を求める考えを示しました。
放射線医学総合研究所によりますと、原発事故から2か月後の平成23年5月に開かれた所内の会議で、国から事故直後の3月17日ごろに11歳の女の子の汚染を測定したところ、のどから高い放射線量が計測されていたとの情報提供がありました。
そのうえで、当時の評価部長が、特定の臓器への影響を示す「等価線量」と呼ばれる値にすると、甲状腺の被ばく線量が100ミリシーベルト程度に相当すると推計していたことが、今月21日、明らかになりました。
これについて、24日に開かれた双葉町議会の全員協議会で、町の対応を問われた伊澤史朗町長は、「そういった事実があるのか、県、国にしっかりと対応してもらい事実確認をしたい。もし事実ならば本人に対して健康被害が出ないような対応を当然指導しなければならない」と述べ、国や県に対して、早急な事実確認を求める考えを示しました。
当時の会議では、県内で汚染の測定を行った徳島大学のチームが、県の職員から聞いた話として報告し、放射線医学総合研究所は、測定した機器では甲状腺の被ばく量の正確な測定は難しくデータの信頼性が低いことや、会議が内部の情報共有の場で国からも対応を求められなかったことから、公表すべきものとは認識していなかったとしています。
全員協議会のあと、伊澤町長は、「どこの避難所でどういう測定を受けたかや実際に100ミリシーベルトの被ばくをしたのかがわからないので、町としてはまず事実確認をしたい」と話していました。

・・・引用終わり・・・

もう19歳ですよ。
次は、2019/1/25、に寄せられた投稿です。引用開始。

この、高レベルの被曝をした少女をめぐる報道やネット上の論戦、東電擁護派の主張を読むたびにゾッとします。 「“等価線量”であるから一般の被曝総量の数値とちがう」とか、「数値が正確ではない」とか、視点が一般の人間とまったくズれています。忌憚なく言えば、他人の視線・反応を全く気にせず、電車の中で勝手に騒ぎ、大声でわめきたてる幼稚園児の発言と同じです。(いや、この例えは幼稚園児に失礼ですな。)

日本の御用学者たちのモラル、そして知的レベルはついにここまで堕ちたか、と暗然とします。 もしも、です。彼らに科学者のとしての矜持があるなら、等価線量だけでは不十分、あるいはその数値が正確でないと思うのであれば、米軍の調査資料など、当日の他の測量データを突き合わせればいい。少女の身元を確認した上で他の情報を精査すればいい。

しかし、彼らはいくらでも補充できるはずの他の情報を集めようともせず、他人から渡された紙の上のデータだけを舌先三寸でつついているだけです。もはや、真実を追及する気概も熱意を無いのでしょう。 こんな、自分の都合のいいレトリックだけで一部の情報をこねくり回すような議論、もしも私の講義を受けている学生がレポートで書いたら、私は一発で再履修を命じます。

何より、この少女の安否を気遣う意見が、大阪大の菊地氏をふくめ、彼らの中から一言も聞こえないことに、私はあきれ、怒りを覚えます。すべての学問は、よくも悪くも人間を忘れてはいけないのです。

自分が認識したあらゆる事象が、現実に生きている人間たちとどう関わり、どのような結果をもたらすか。人文学でも理数系でも、これは全ての学問に共通する鉄則です。それを忘れ果てているのならば、その人はもはや学者でもなんでもない、ただの三流技術屋です。

今回のニュースの最も大事なことは、未成年の一少女が、明確に法律規定を超えた深刻な被曝をしていたということ。そして彼女に対して国側から一切の追跡調査も治療もされていないこと。この2点に尽きます。

我々国民が気遣うべきは、この少女の健康。怒りを向けるべきは、彼女を見捨てておきながら平然と国家から禄を食み続ける官僚たちです。 菊地氏たちは完全に、理性も知性も失っています。 なぜ、彼らは 「このお譲さんは大丈夫なのだろうか」 と一言でも言えないのでしょうか。 「このお嬢さんの近くにいた他の子供たちの健康は大丈夫か」 と考えることができないのでしょうか。 「国は一刻も早く彼女の安否を確認し、健康状況を国民に知らせるべきだ」 と主張することはできないのでしょうか。 これらの思考・発言は、原発に賛成か反対かを問わず、法治国家の公職にある人間として最低限の道徳であり、義務です。

菊地氏たちは、上記のような発言をしませんでしたし、これからも二度としないでしょう。彼らには、法治国家の常識、道徳が一片も無いからです。 今回、骨身にしみて分かったのは、関係官庁の高官たち、そして菊地氏を代表とする御用学者たちにとって、我々国民は実験のラットでしかない、という事実。彼らにとって一番大事な任務は、「フクシマは安全」という狂ったロジックであって、国民の命が守れるか否か、ではない。言葉を変えて言えば、「フクシマは安全」理論を守るためならば、国民が何百万人死のうが、まったく構わないのでしょう。

…以上の議論を総括しますと、今の日本は、もはや近代国家ではなく、「フクシマ安全教」を奉ずる宗教国家というべきかと思います。15世紀から19世紀にかけて欧州の列強は、「キリスト教徒でなければ人ではない」と主張し、西アジア・南アジア・アフリカ・南北アメリカ各地で何千万人もの人を虐殺しましたが、今の日本の支配階層とよく似た精神構造ですな。

・・・引用終わり・・・

投稿者は大学の教員をしておられるようです。最近、相対的に若手の大学教員、あるいは研究者から客観的な意見、冷静な意見の表明が増えています。とても心強いです。

2019年01月24日
被ばく累積で発がん これはわかりやすい

2019年01月23日
早野問題を契機に一気に噴き出す 日本の大学の劣化と腐臭

2019年01月23日
デマを流した科学者の責任追及を強めましょう
posted by ZUKUNASHI at 18:11| Comment(0) | 福島原発事故

福島第一近くの道路を自分で窓を開けて走ってみ

※ 日本原子力産業協会 @JAIF_Tokyoの22:19 - 2019年1月20日のツイート
一問一答:ジジぃに訊け!
「福島第一近くの道路は、自動車は通れるけど二輪車は通れない。そんなに危険なの?自動車も窓を閉めなきゃダメなの?」
加藤和明の答え「まったく危険ではない。ルールを決めた人が、オートバイに思い至らなかったというだけだろう」

加藤和明
高エネルギー物理学研究所(現KEK)名誉教授
放射線安全フォーラム 最高顧問
posted by ZUKUNASHI at 10:26| Comment(0) | 福島原発事故

Face Bookは米国の他国侵略の手先

まだ、フェースブック使っているんですか。


このブログ記事へのFace Bookからのリンクお断りします。
posted by ZUKUNASHI at 00:03| Comment(0) | デジタル・インターネット

2019年01月24日

米国がベネズエラに露骨に介入

RT2019/1/24
US interfering in Venezuela? No need to ask Mueller to determine that – Lavrov
Russia accused the US of hypocrisy over its instigation of a coup in Venezuela, saying such actions are in sharp contrast to the outrage which Americans express over alleged interference in their own domestic political affairs.

The criticism came Thursday from Russian Foreign Minister Sergey Lavrov, who commented on Washington’s support for Venezuelan opposition leader Juan Guaido.

RT2019/1/24
Gunshots, Molotovs: Skirmishes in Caracas as Venezuela upheaval escalates (VIDEOS)
Video footage of protests in the Venezuelan capital of Caracas show sporadic violence, as the city became the stage for a brutal fight for power in the impoverished country.

The standoff between Venezuelan President Nicolas Maduro and the opposition-dominated National Assembly escalated this week after a failed mutiny by a National Guard unit.

Juan Guaido, the head of the legislature, declared himself the acting president on Wednesday in front of a large crowd of supporters. He was instantly was recognized by the US and its allies across Latin America. On the same day, numerous Maduro supporters also took to the streets.

RT2019/1/24
Venezuelan army disavows self-proclaimed leader, will defend national sovereignty – defense minister
The Venezuelan military will not accept a president imposed by “dark interests,” Defense Minister Vladimir Padrino said after Washington and a number of its allies recognized a lawmaker as the new leader in Caracas.

The army will continue to defend the constitution and national sovereignty, Padrino said on Wednesday afternoon, hours after opposition lawmaker Juan Guaido was proclaimed interim president by the National Assembly, in a direct challenge to President Nicolas Maduro.

RT2019/1/24
Facebook’s ‘verified account’ tick used to interfere in Venezuela – Russian parliament speaker

The head of the Russian State Duma has blasted US tech giant Facebook for giving the Venezuelan opposition leader’s accounts a blue verification badge while denying it to its elected president.

“It’s quite surprising when such big social networks, which claim to be independent, act in this way, playing to the tune of Washington,” Vyacheslav Volodin, the speaker of the Lower Chamber in the Russian Parliament, told journalists on Thursday. He added that Facebook was serving as a tool of US foreign policy.

The scolding remark refers to Facebook’s policies on awarding ‘verified’ status to accounts, which made headlines amid turmoil in Venezuela. The leader of the opposition-dominated National Assembly, Juan Guaido, proclaimed himself the acting president in defiance of President Nicolas Maduro, who was sworn in for his second term earlier this month. Guaido is backed by Washington, and the US has been calling for a regime change in Venezuela for a long time.

RT2019/1/24
Venezuela divide: Turkey, Russia, China stand against Washington, its Latin America allies
As Venezuela is split among supporters of the president and the US-backed opposition, so is the world. Russia, China and NATO member Turkey are among the nations, which have rejected the attempted coup.

The confrontation between government and opposition forces in Venezuela escalated this week. On Wednesday, opposition leader Juan Guaido declared himself acting president after calls for a regime change from Washington.

Both he and President Nicolas Maduro, who was sworn in for his second term earlier in January, have many supporters in the country, which is now apparently balancing on the brink of total chaos.
posted by ZUKUNASHI at 23:55| Comment(0) | 国際・政治

とうとう来たぞ 30代の3等空曹が運転中に意識喪失

共同 2019/1/24 13:43
トラック運転中に意識喪失、青森
空自、衝突事故で全隊員調査へ
航空自衛隊は24日、青森県おいらせ町で昨年11月、航空自衛隊三沢基地(同県三沢市)のトラックが道路脇の住宅に突っ込んだ事故は、運転していた30代の3等空曹が直前に意識を失ったことが原因だったと公表した。突発的な意識喪失を招く病気についての教育や、全隊員の臨時調査を実施する。

 空自によると、3曹は「気付いた時には民家に突っ込んだ後だった」と話している。全隊員の病気への知識を高め、相互に気付く態勢を整える必要があると判断した。

 トラックは昨年11月7日午前、日米共同訓練を終え、同県八戸市方面から三沢基地に戻る途中の国道338号で、道路左脇の住宅に突っ込んだ。

・・・引用終わり・・・

本件は、あまりに異常な事故で画像を記録していました。この記事に統合します。

2018年11月08日
これはどういう事故?

NHK2018/11/7
7日午前、青森県おいらせ町で、航空自衛隊三沢基地のトラックが道路脇の住宅に突っ込み、住宅の1階部分が大きく壊れました。当時、家には誰もおらず、住人にけがはありませんでしたが、トラックに乗っていた隊員2人が頭などにけがをしました。
航空自衛隊によりますと、地上配備型迎撃ミサイルシステムの無線中継装置を搭載したトラックで、アメリカ軍との共同演習を終えて青森県三沢市の三沢基地に戻る途中だったということです。
現場は片側1車線の緩やかな右カーブで、警察が事故の詳しい原因を調べています。











・・・・・・

ドライバーは30代の3等空曹だそうです。日頃何を食べているんでしょうね。

スクランブル発進の戦闘機がパイロットの意識喪失で民家に突っ込む。あってもおかしくありません。政府専用機のような大型機は二人パイロットがいますね。

「突発的な意識喪失を招く病気についての教育」?? 被ばく回避は、兵舎の食材厳選からでは? 今から教育ではもう遅いだろう。
posted by ZUKUNASHI at 20:49| Comment(0) | 福島原発事故

はぁ〜  溜息しか出ない

※ 伊勢崎市議会議員 伊藤純子‏ @110junkoito氏の0:26 - 2019年1月23日 のツイート
現代日本で、小学校に通えない児童などいません。たとえ「貧困」と言われる家庭であれ、学校に通えない児童など存在しません。万一、就学実態が確認できなければ、話題になり、ニュース報道されます。この映画は諸外国に誤ったメッセージを発信しているようなもの。日本はそんな悪い国ではありません。

※ 伊勢崎市議会議員 伊藤純子‏ @110junkoito氏の12:09 - 2019年1月24日 のツイート
返信先: @guchirubakariさん、@Sankei_newsさん
映画ビジネスに名を残す目的で作品を手がけるような監督の映画など、観たくもありません。むしろ、喫緊の課題に直視する教職員や無償で任務にあたる地域の民生委員や保護司の方々に敬意を表したい。

※ なうちゃん @nauchan0626氏の2019/1/23のツイート
なうちゃんさんが伊勢崎市議会議員 伊藤純子をリツイートしました
先日もNHKのクローズアップ現代で、貧困が原因で小学校に通えなくなっている子どもの特集を放映していました。貧困は「ない」のではなく「見えない」のが問題なのです。あなたたち政治家がそのような苦しんでいる人たちの実体を見ようともしないで、どうして市民のための政治が取れるのですか?
posted by ZUKUNASHI at 19:56| Comment(0) | 福島原発事故

老々介護

tvkニュース(テレビ神奈川)2019/1/23(水) 22:20配信
介護送迎で死亡事故 71歳運転手「意識失った」
神奈川県川崎市で22日、介護サービスの送迎車が電柱などに次々と衝突する事故があり、利用していた93歳の女性が23日死亡しました。71歳の男性運転手は「意識を失った」と話しているということです。
県警によりますと22日午前10時半前、川崎市多摩区南生田で介護サービスの送迎をしていた軽乗用車が、93歳の女性を自宅前で乗せおよそ60メートル先で、道路わきの花壇に衝突しました。 軽乗用車はさらに60メートルほど走行し、ブロック塀や電柱などに次々と衝突したということです。 利用していた女性は病院に搬送された時点で意識はありましたが、23日正午前になって死亡が確認されました。 軽乗用車は車イスのまま乗車できるタイプで、女性は車イスとともにベルトで固定されていたということです。 軽乗用車を運転していた71歳の男性はろっ骨を折る大ケガをし、調べに対しては「意識を失った」と話しているということで、県警が事故のいきさつを詳しく調べています。
posted by ZUKUNASHI at 01:09| Comment(0) | 社会・経済

2019年01月23日

誰がどんなに否定しようと原発事故で人が死んでいます

福島第一原発事故直後、甲状腺に100ミリシーベルトの被ばくをした11歳の少女がいたことが注目されています。

この少女は、双葉町に住んでいて2011/3/12の15:36ころの1号機の爆発後、屋外で遊んでいるところを迎えに来た親族に連れられて家に帰ることもなく避難したとされています。

深刻な身体症状が出ていないことを祈ります。

双葉町住民の避難状況については、かなり詳しく調べました。3/12にまだ避難していない住民がいたのかと驚く声があることに管理人は驚いています。

2015年09月19日
福島第一原発事故時 近傍市町の避難はこんなふうに進められた

記事作成時、Google Mapでは2011/3/12早朝、道路に車が数珠つなぎになっている様子が残っていました。

双葉町は、3月12日午前6時29分に国から、FAXで10q圏内の住民避難指示を受け、防災行政無線と広報車1台で、住民広報を行いました。

MURAYAMA YOSHIKI WEB SITEの記事に津島地区に住む酪農家の話が載っており、
「3/12、いつもより30分遅く起きて5時半ころに外を見ると、すでに自宅前の国道114号をぞろぞろと車が走っているのが見えた」とあります。

2011/3/12の朝5時半頃、浪江町の西はずれの富岡街道を車両がぞろぞろと走っていたのです。最初に触れたGoogle Mapからキャプチャーした2枚の写真に写っている車両は富岡街道に出ようとしています。この時間の衛星画像では、双葉駅前に大型バスが集結しているのが見られます。



この日、双葉町や大熊町の住民は、自ら車を運転して、あるいは車を学校のグラウンドに駐車したりしてバタバタと避難したのです。

避難しなかった方ももちろんおられます。消防団員や役場などに勤めておられれば、避難が遅くなったでしょう。

2011/3/27に大熊町地内で被曝した遺体が共同利用農機具倉庫の駐車場で発見されています。この駐車場にも車を停めて避難する人が複数いました。ほとんどの人が避難している中でなぜこんなところで被曝したのかと疑問を感じますが、車を取りに来て強力なプルームに遭遇し、内部被曝により亡くなったのではないかと、筆者は推測します。

福島第一原発で、就労2日目で突然死された方もおられます。2011/5/14です。強い吸気被曝は、即効性があります。福島県警が3/27に確認したご遺体は、急性放射能障害による死者だと筆者は考えます。

2015年09月02日
2011/3/27福島県警の大熊町地内被爆遺体確認地点

2015年09月02日
2011/3/27 大熊町で被爆遺体確認 関係情報

3/12の避難者も被曝の恐れがないわけではありません。避難ルートの都路街道の脇にある山田のMPでは3/12の昼頃に数十μSv/hを記録していますので、遅く出発した人はこのプルームと遭遇した可能性があります。
次のグラフは、左側から3/12、3/13、3/14、3/15です。


2015年09月10日
25万都市に全市避難指示?! そんなのは無理です 運を天に任せて諦めてもらうしかない

2015年06月21日
大都市住民の避難は結局徒歩になる

福島第一原発事故によって福島第一原発事故近傍で亡くなった方はおられます。

お一人は、上で触れた大熊町地内共同利用農機具倉庫の駐車場で発見された遺体です。

2015年09月09日
2011/3 大熊町地内遺体発見地点の衛星画像

2015年09月09日
大熊町の避難はうまくいったのか

2016年05月25日
東京電力福島第一原子力発電所災害に係る避難指示区域内の御遺体の取扱について

次の記述もネットで注目されました。例えばここで全文を見ることが出来ます。10万CPMは、被曝遺体の除染を要する基準です。



お二人目、あるいは三人目は、次の体験記にあります。一週間 ――原発避難の記録 第1回 熊川多恵子さん(双葉町両竹)からの引用です。

消防団の知人は、「助けて」という声を聞きながら、助けたいのにやむなく逃げた、とだいぶ経ってから、教えてくれました。原発から逃げろ、という指示が出ている以上、親ですら捜しに戻ることもできないんです。助けを求める声が、耳から離れないと言います。実際に私の知っている人も、助けを待ちながら自宅の二階で亡くなっていました。夜通し避難所を回って海沿いに住む親を捜し続けた身内もいます。あの時、助けられた人はたくさんいたと思います。「原発事故で死んだ人はいない」なんて言うお偉いさんがいますが、そんなことを言う人は、無念の思いを抱えて亡くなった人を知らないんでしょうね……。」

「あの七日間は、私の親戚、友人の命が、まだ救えたかもしれない時間です。山すそで、両腕にしっかり孫を抱いて見つかった知人もいます。「原発事故がなければ、もしかしたら救えたのかもしれない」と思うたびに、苦しさが押し寄せるんです。もう二度と、人の命を後回しにしてほしくない。」

上の引用部分は意図的に表現をぼかしているように感じます。それでも、地震による倒壊でも、津波でもなく亡くなった方が多数おられることが記されています。管理人は、被ばくで死んだ人が数千人おられ、遺体の収容に手間取ったというのは事実だと考えています。

熊川多恵子さんの体験記参考地図








原発事故では原発近傍地域に住む方が、爆風や熱線、衝撃波ではなく、原発から漏れた放射性物質を吸い込んで死ぬのです。体外からの放射線では「直ちに影響はない」ことが多いでしょうが、時間が経過してから致死的な影響が出ます。

原発事故で命を失ったりしたくなければ、原発からとにかく遠くへ離れることです。今の居住地を離れたくなかったら、原発に今の居住地に影響が及ばない遠くに行ってもらうこと、原発を止めさせることです。
posted by ZUKUNASHI at 23:02| Comment(0) | 福島原発事故

早野問題を契機に一気に噴き出す 日本の大学の劣化と腐臭

※ take-one☆ @megu166氏の2019/1/18のツイート
私も14年勤めた大学から雇い止めされた非常勤講師です。大学からは契約解除の連絡さえ来なかった。シラバス依頼が来ないのを不審に思い、問い合わせて初めて知らされ、研究室に置いていた私物は着払いで送られてきた。

九州大学 ある“研究者”の死を追って | NHKニュース

※ nagaya @nagaya2013氏の2019/1/19のツイート
どうして、菊池誠にしろ早野龍五にしろ原子力と親和性の高い科学者って「ご都合主義」的なんだろう。これって科学的思索で最初に排除すべきものですよね。まあ、考えてみると原発自体が経済的にも安全保障上も、もっといえば技術的にもご都合主義の塊みたいなもんだから、ある意味しょうがないのか。

※ クリエネ(東京五輪招致疑惑追及しろ) @morecleanenergy氏の2019/1/21のツイート
早野教授、「質問あるなら論文書け」と堀内氏を門前払いしたが、論文に対するレターというアカデミズムの作法に則ったKEK黒川氏の質問にはメディアが騒ぐまで聞こえないふりをしていたわけで、卑怯としか言いようがない。

※ 想田和弘認証済みアカウント @KazuhiroSoda氏の2019/1/22のツイート
「チェルノブイリ事故で学んだこと=被曝を原因とする健康被害はまず出ないということ」と言い放ってしまうような人は、科学者を名乗ってはいけないのではないか。いや、ホントに。
・・・そんな人が大阪大学の教授だってよ!

※ perspective @prspctv氏の19:46 - 2019年1月22日 のツイート
「東洋大学…当局は、彼を呼び出して二時間半も尋問…卒論審査も済んでいる彼に「退学処分」を警告…若者の命と未来を奪い、若者の希望と可能性を破壊した竹中平蔵を批判したことの、どこが「学生の本分」から外れ、「大学の秩序を乱した」のだと言うのでしょうか」|1/21FB https://www.facebook.com/nobuhiko.utsumi/posts/2072566752821082

※ M「特定歴史公文書には当たらない」香川県 @sibatamasami1氏の2019/1/22のツイート
内海 信彦。東洋大学4年の船橋秀人君が、大学キャンパスで東洋大学教授竹中平蔵の講義と、竹中平蔵が行って来た犯罪的な行いに抗議して、単身で立て看を立て、ビラ撒きを。「大学の秩序」を乱したと決めつけて、卒論審査も済んでいる彼に「退学処分」を警告〜表現の自由の侵害、弾圧を絶対に許すな!。

※ 黒い猫やん @NoirGattonero氏の2019/1/22のツイート
日本社会の根底をを壊しまくっている竹中平蔵を教員として雇った時点でアウトなのに、それに異議を唱える学生を処分とはあり得ないこと。許せません東洋大学。

※ 東洋大立て看同好会‏ @6N8JeOXEKgmbO21
【連投(5)】
とはいえ、「退学処分の事実はない」との発言を引き出せすことに成功しました。SNS上の心ある皆さんの思いが、こうした形で実りました。ありがとうございます。今後とも、ご声援よろしくお願いします。
http://www.toyo.ac.jp/news/top/201901231500/

・・・引用終わり・・・

大学関係者って常識のない人たちだということは知っていたけど、ひどいですね。
posted by ZUKUNASHI at 12:30| Comment(0) | 社会・経済

デマを流した科学者の責任追及を強めましょう

放射能は安全、安心のデマを流し、今も流し続けている「科学者」の責任追及が強まっています。

早野龍五氏の論文誤り、ねつ造疑惑が契機となり、機運が高まりました。

キクマコこと菊池誠氏(大阪大学教授)もデマゴーグとして最右翼です。

ツイッターアカウントをお持ちの方は、彼らを批判する論者のツイートをリツイートしてください。どんな状況かは次の記事で分かります。

2019年01月23日
早野問題を契機に一気に噴き出す 日本の大学の劣化と腐臭

2019年01月19日
危険、有害なデマ デマ収集その3

2019年01月02日
♯福島復興不倫とは次元が違う大スキャンダル

2018年12月29日
危険、有害なデマ デマ収集その2

2018年12月25日
この惨状 もう言葉がないよ 日本の「大学教授」は非科学的

2018年04月10日
どっちがデマだろう? ツイート主のインセンチブは何だろう 1
posted by ZUKUNASHI at 11:41| Comment(0) | 福島原発事故