ずくなしの冷や水

2018年12月31日

アサドがイラク空軍に自国内のテロリスト攻撃を包括許可

SPUTNIK20418/12/31
Iraqi Forces Announce 30 Daesh Commanders Eliminated in Syria’s Deir Ez-Zor
The airstrike comes after RT Arabic reported that Syrian President Bashar al-Assad had granted Iraqi jets general permission to conduct strikes on the Daesh* terrorist group in the country.

“Today, Iraqi F-16 aircraft have carried out a painful and powerful airstrike on al-Susah in Syrian territory. The target has been completely eliminated − a two-storey house used as a shelter for terrorists and a meeting place”, Iraqi Air Force said in a statement, stressing that "30 top Daesh officers" were holding a meeting in the building at the time.

Earlier in December, Iraqi planes hit a meeting of Daesh fighters in the area, claiming they killed some 44 militants.

The village of al-Susah is located near the Eastern Syrian city of Hajin, which was previously one of the last remaining jihadist strongholds in the country. The US-backed Syrian Democratic Forces (SDF) also opposes Daesh in the area.

The strike against the terrorists comes amid the US withdrawal from Syria, with President Donald Trump announcing on 19 December that American troops had achieved their goal of defeating Daesh in the Middle Eastern state.
posted by ZUKUNASHI at 22:26| Comment(0) | 国際・政治

マンビジを巡りクルドが揺れる

FARSNEWS2018/12/31
Spokesman: Kurdish YPG Militia to Disarm after Peace Returns to Syria
TEHRAN (FNA)- The Kurdish People's Protection Units (YPG) will lay down their arms only after peace returns to Syria, the militia’s Spokesman Nuri Mahmud said.

Mahmud argued that the weapons supplied by the United States were used to combat terrorists, according to a Jordanian news channel, Al-Hadath.

The YPG said it had handed over the Northern town of Manbij to the Syrian army to allegedly focus on the fight against the ISIL terrorist group on the Eastern bank of the Euphrates River.

The surprise withdrawal of 2,000 US troops from Syria was announced after Trump said that the objective to defeat the Daesh terror group had been achieved.


FARSNEWS2018/12/29
Commander of US-Backed SDF in Northeastern Syria Defects As Turkish Army Prepares for Major Operation
TEHRAN (FNA)- One of the notorious field commanders of the US-backed Syrian Democratic Forces (SDF) in a town in Hasaka province has cut off relation with the militia amid the Turkish troops' threats of a major assault against the Kurds in Northern and Northeastern Syria, a Lebanese media outlet reported on Saturday.

The Lebanese al-Manar TV Channel reported that a senior commander of the SDF gunmen has defected along with his fighters in the small town of al-Darbasiyah in Northern Hasaka amid the Ankara forces' preparation for a large-scale operation on the Eastern bank of the Euphrates River.

It further said that the SDF has put forces on alert after the commander's defection.

In the meantime, the SDF militias have dug long tunnels in the village of al-Doweirah South of Ra'as al-Ein near Syria's border with Iraq, the TV channel said, adding that the Turkish reconnaissance planes, meantime, are flying over SDF-held regions in the town Tal Abyadh in Northern Raqqa at the border with Turkey.

Earlier this month, a large number of the SDF forces defected their ranks and started fleeing Northern Syria after Ankara announced that it was preparing for a major military invasion of Northern Syria.

"Tens of SDF fighters have defected and fled in several regions of Raqqa and Hasaka provinces," field sources in Northern Syria reported.

The sources pointed to the defection of a group of SDF forces from al-Hos village in Eastern Raqqa, and said that a new wave of arrests of SDF members occurred in the surrounding areas of the city of Ra'as al-Ein in Northwestern Hasaka after defection of their comrades in Raqqa.

Meantime, a number of SDF members surrendered themselves to the Turkish army in the village of al-Mobarakieh East of the town of Ra'as al-Ein in Northwestern Hasaka, the sources said.

The sources, meantime, unveiled that the defection of the US-backed militants from their ranks created rifts in several border regions with Syria near Ra'as al-Ein in Hasaka, Quntara in Soluk region East of Tal Abyadh in Northern Raqqa.

Meantime, a number of border settlers fled al-Mohata, al-Abreh and al-Kharabat regions in Ra'as al-Ein in Northern Hasaka.

FARSNEWS2018/12/29
YPG Official: Kurds Oppose Pishmerga Deployment, May Join Syrian Army
TEHRAN (FNA)- A senior official of the People's Protection Units underlined continued negotiations with the Syrian government, saying that the YPG may join the army.

Aldar Khalil, the head of YPG's diplomatic relations committee, said on Saturday that deployment of Pishmerga forces in YPG-held regions at the Syrian borders are not acceptable, stressing that the YPG has, rather, agreed presence of the Syrian army in these areas.

His remarks came after reports said that the militants of al-Qad stream, loyal to Ahmed al-Jaraba, a dissident Syrian figure, are due to replace the Kurdish forces at the borders with Turkey in Northern Syria along with Pishmerga forces.

Also, Kurdish sources reported that the Syrian army's command center in talks with the YPG has asked for delivering control of all regions occupied by them to the army, adding that the command center has stated that it will consider the YPG forces as part of other Syrian armed forces like the National Defense Forces (NDF).

No Syrian state or military official has yet confrimed the report.

Relevant reports said earlier today that the officers of the Syrian Army will start patrolling the city of Manbij in the near future along with the Kurdish fighters forming part of the Syrian Democratic Forces.

"The Syrian army was moved to Manbij in response to civilians’ requests and also in accordance with their task of restoring state sovereignty over the country’s entire territory," the news agency SANA quoted the General Staff’s official as saying.

According to the Al Mayadeen TV channel, local residents supported the Syrian official forces taking control of Manbij and its area. They have also held several demonstrations in support of the government.

After the United States’ decision to start the pullout of troops from Syria, Ankara had hoped to take over Manbij and attach it to the security zone in the border area between Azaz and Jarabulus.

Turkish President Recep Tayyip Erdogan said on December 21 the Turkish army would clear that city of Kurdish forces.

FARSNEWS2018/12/29
Syrian Army Highly on Alert to Counter Turkish Troops' Possible Operation in Manbij
TEHRAN (FNA)- The Syrian Army has kept forces on high alert to respond to any possible military assault by the Turkish troops and allied militants on the town of Manbij in Northeastern Aleppo, field sources reported on Saturday.

The sources said that the Damascus forces, deployed in Manbji, are on alert to counter any attack by the Turkish soldiers and Ankara-backed militants.

The sources went on to say that the Army Command has ordered Presidential Guard Forces and other Damascus soldiers to give a crushing response to any military operation by the Ankara forces in Manbij region.

They further said that the Ankara forces have started preparing for a military operation in Manbij after the Syrian Army's arrival in the region.

The sources quoted Ziad Hajji Obeid, Commander of the militants of Turkey-backed National Army, as saying that a sum of 15,000 militants from his group have prepared to enter Manbij, adding that almost 25,000 gunmen of the Ankara-backed Free Army have been preparing to enter the towns of Tal Abyadh and Ra'as al-Ein.

The Syrian Armed Forces' Headquarters announced in a statement on Friday that the Damascus forces entered Manbij in Aleppo province and hoisted the country's national flag over the key town.

The statement by the Syrian Armed Forces' Headquarters came after the Syrian Democratic Forces asked for the deployment of the government troops.

The Syrian Army entered Manbij town after the People's Protection Units asked the Syrian Armed Forces to enter the strategic town.

SDF Spokesman Ceyhan Ahmad also confirmed the Syrian Army's arrival in Manbij town.

The local sources in Northern Syria announced that the Ankara-backed militants are fortifying their positions around Manbij in a bid to attack the strategic town concurrent with US troops' withdrawal from there.

Manbij is in a critical situation after US President Donald Trump declared US forces' withdrawal from Manbij town.

In relevant development on Thursday, residents of Manbij called on Damascus to deploy army forces in the strategic town in Northeastern Aleppo.

The Arabic-language al-Watan newspaper quoted Mojib al-Rahman al-Dandan, the representative of Manbij in the Syrian parliament, as saying on Thursday that as Damascus and the Syrian Democratic Forces (SDF) are holding talks on deployment of army forces in the town, the residents are also strongly pressuring the officials to this end.

He added that after US President Donald Trump's declaration of withdrawal of American forces from Syria, the US army retreated from Manbij to Tishrin dam, noting that Manbij residents want immediate deployment of the Syrian army in the town.

Al-Dandan, meantime, said that the SDF leaders are also involved in internal differences as some intend to leave Syria for France and call for the establishment of a no-fly zone and some others want talks with the Syrian government.

He underlined the possibility for the imminent deployment of the Syrian army forces in the region, and said given the strategic importance of Manbij which is the main route to the Forat (Euphrates) dam, the army will be able to liberate all areas in Eastern Syria after regaining the region.


Turkey & Russia ministers talk Syria as Damascus claims its troops entered Kurdish-held Manbij
Top diplomatic and military officials from Russia and Turkey have met in Moscow on Saturday to discuss developments in Syria’s northeast, where Kurdish militias have sought Damascus’ protection from Ankara.

Russian Foreign Minister Sergey Lavrov and Defense Minister Sergey Shoigu have held a face-to-face meeting with their Turkish counterparts Mevlut Cavusoglu and Hulusi Akar, who arrived in Moscow on Saturday. The Turkish delegation also includes presidential aide Ibrahim Kalin, as well as intelligence chief Hakan Fidan.

Russia’s Foreign Minister Sergey Lavrov said the high-profile talks were “very useful,” adding that both sides had “paid special attention to the new circumstances” in Syria after the announcement of the US troop withdrawal.

Lavrov’s Turkish counterpart, Mevlut Cavusoglu, also stressed the need for Ankara and Moscow to coordinate its activities in view of Trump’s decision.

Both Tukey and Russia expressed their commitment to the "territorial integrity and unity of Syria and are ready to counter any actions aimed at disrupting those principles”, Cavusoglu assured.

The Turkish FM said that the creation of a demilitarized zone in Syria’s Idlib Province and humanitarian issues were also on the agenda.

The Russo-Turkish discussions were meant to “ensure absolute clarity and synchronize expectations” about how events should unfold in that part of Syria, Kremlin spokesman Dmitry Peskov told journalists earlier on Friday.

The talks have taken place on the heels of a Kurdish plea for help yesterday, as militias asked Damascus to take over the area around Manbij. The Kurds were effectively caught off-guard by the US withdrawal from Syria, leaving them vulnerable to a potential Turkish offensive.

The Syrian military later said its forces have “raised the flag” in the Kurdish-populated region, but Turkish President Recep Tayyip Erdogan was skeptical about the statement, saying it was a “psychological action.”

The Kurds sought assistance from Damascus after the US – which stocked and supported their armed wing, the YPG, for several years – announced it will pull out troops from Syria. Relations between Kurds and the Syrian government have been tense at times, but they have kept neutral since the start of the 2011 civil war and occasionally teamed up against Islamic State (IS, formerly ISIS/ISIL).

Experts say Syria’s troops entering Manbij would spell restoration of the government control over the Kurdish-populated province. Syrian government “is once to reassert sovereignty over its full territory and this is what it’s doing right now entering Manbij whether by call from civilians or from the Kurds,” Omar Nashabe, political analyst and editor of Beirut-based al-Akhbar weekly told RT.

“[The US] has abandoned the Kurds, and now what’s going to happen with the Kurds? Somebody has to take over and control the situation,” he stated.

The Syrian announcement came after Turkey, America’s NATO ally, vowed an “anti-terrorist” operation in northeastern Syria. Turkey has amassed a large fighting force near its southern border, but stopped short of launching the promised offensive.

“If the Syrians’ move to Manbij means the departure of elimination of YPG influence in Manbij, then there should be no problem for Turkey,” Osman Faruk Logoglu, former Turkish ambassador to the US, commented on RT, adding this is in fact how President Erdogan himself perceives the situation.
posted by ZUKUNASHI at 22:11| Comment(0) | 国際・政治

米国市民がスパイ容疑で拘束される

FARSNEWS2018/12/31
Russia's FSB Detains US Citizen in Moscow During Spy Action
TEHRAN (FNA)- Russian Federal Security Service (FSB) officers detained US citizen Paul Whelan in Moscow during a spy action, the FSB's press service stated on Monday.

"On December 28, a US citizen Paul Whelan was detained by officers from the Russian Federal Security Service during a spy action in Moscow", the press office said, Sputnik reported.

An investigation is ongoing, it added. The Russian service has not shared any other details on the matter.

The article, according to which a criminal case was initiated, provides for punishment in the form of imprisonment for a term of 10 to 20 years.

Earlier in December, a Norwegian citizen was detained for similar charges of espionage. The court hearing on the case of Frode Berg is set for February 2019.
posted by ZUKUNASHI at 22:05| Comment(0) | 国際・政治

自衛隊だって逃げた それは当然のこと

※ はちべえ‏ @8_bee_氏の2018/12/30のツイート
12月30日
「3号基が大爆発した14日昼からは、避難民の車で大混乱する道路をサイレンを鳴らして、一般車両を強制的に排除して救助に来た筈の自衛隊の車列が、市民の避難を妨害して優先して全員が逃げていた。」

前日夜に全員逃亡していた東電職員や家族
実は、後で分かったことですが、11日の夜9時すぎには、東電の社員も家族もだれ一人双葉町に残っていなかった。いち早く社宅を出て、役場にいた社員も黙って消え去りました。
そういう会社ですよ、東電は。現在、どこかで何食わぬ顔をして生きているんでしょうけど、ひどい話ですッ」

1号機のベント放出があった3月12日の昼。役場の南側の窓に設置していた線量計の針が振り切れた

「役場に頭から足まで隠した真っ白のフル装備の警察官が近寄ってきて、私に耳打ちしました。“町長、限界ですよ”と。官邸や東電からは断片的な情報しか入らず、唯一警察官からもたらされたひと言が命を守る情報でした。私は6人の職員と一緒に、12日午後2時をもって最終退避命令を出したんです。そして、午後3時36分。私は双葉町福祉施設がある現場で、忌まわしい光景を目にしたんです。

まず、ド〜ンという地響きのような音。1号機の爆発音でした。その4、5分後に空からぼたん雪のようなフワフワした断熱材が静かに駐車場に舞い降りた。警察官や自衛隊員、バスの運転手ら約300人が見たんですよ。あの時、“これで死ぬな”って思いました」
この情報は政府も県も無視。官邸は原発事故後、「ただちに影響はない」とも発表。
井戸川さんたちの声はかき消された。
19日、井戸川さんは双葉町民約1200人を引き連れ、川俣町からさいたまスーパーアリーナに避難。バス40台での移動は歴史的な避難行動だった。
12月21日 日刊ゲンダイ

『東電が逃げた3日後、被災した一般市民を見捨てて、一目散に逃げる自衛隊』

今回の『東電職員や家族が前夜に全員逃亡していた』との、何んとも腹立たしい前双葉町長の井戸川克隆さんの発言ですが、3・11原発事故の直後の4月初めに録画されている類似体験のビデオ画像が存在している。 『池田香代子ブログ』の2011年10月22日記事「原発てんでんこ」? 補遺で紹介されている双葉町の福島第一原発20キロ圏内の住民のインタビュー動画
東日本大震災 福島第一原発元モニターからの証言 Reported by MIKE-T http://www.youtube.com/watch?v=EcF_75slgwk
長い1時間近いビデオ映像ですが、テレビでは絶対に流れない種類の話ばかりで、我々が知らない3・11当時の原発事故時の驚きの生の体験が聞けます。
ひたすら真面目に行動する一般市民と、対照的に呆れ果てて言葉も無い百鬼夜行の浅ましすぎる東京電力や自衛隊。
誰よりも原発に詳しい東電社員やその家族は一般市民に避難指示が出る1日前(3月11日夜)に事前に全員が避難していた。
東電の逃亡は11日夜だが、3号基が大爆発した14日昼からは、避難民の車で大混乱する道路をサイレンを鳴らして、一般車両を強制的に排除して救助に来た筈の自衛隊の車列が、市民の避難を妨害して優先して全員が逃げていた。
posted by ZUKUNASHI at 17:32| Comment(0) | 福島原発事故

ズボンノジッパー アイテイルヨ

2018/12/30、神奈川県の西寄りに現地調査に出かけました。

神奈川県下の調査は3回目ですが、どこに行っても家が建っています。緑が少なく、歩いていても全然楽しくありません。丹沢が見えますから自然がありそうに見えますが、平野部は貧自然県ですね。

それに車両を避けて歩くと住宅街の中の道がぐちゃぐちゃで一定方向に進めないのです。距離と時間のロスが大きく、庭のきれいな家も少ない。

これまでに横須賀、根岸の台地、町田、大和を回りました。それぞれに結構歩き、根岸では急坂を上りました。今回は、多摩センター、橋本、海老名と回りましたが、多摩センターは東京都多摩市、橋本は神奈川県相模原市、海老名は厚木に近い海老名市。本厚木という電車の行先があるのをなぜだろうと思っていましたが、厚木駅は海老名市、本厚木が厚木市なんですね。

海老名駅の周りは開発が進んでいます。私の現地調査は8年前からあるような住宅のブロック塀やコンクリートの風化した場所を探して歩きますので、新しい街並みは無用なのです。JR海老名の北側は新しい開発地域のようでしたが、空間線量率が高かったですね。なぜでしょう。

測定を終えて小田急線で帰ります。午後4時を回っていましたが、駅、電車ともに混んでいます。土曜日なのに。

相模大野に近づいたら、座席の端に座っていた方が下りる気配です。ここは人を突き飛ばしてでも座ろうと態勢を整えます。そして、到着。うまく座れました。と思った瞬間、私の右に突入してきた方が座ったとたん、腰部に強い圧迫感が加わりました。

普通、そういうことが起きても、もぞもぞと動くうちに圧迫感は解消されるものですが、一向にその気配がありません。苦しー 体が左側に押し付けられているため左手が思うように動きません。

確か隣は女性のはず。ここでトラブるのは嫌だという思いが強く、じっと耐えました。スマホの画像のチェックはなんとかできましたので。私がもぞもぞ動いたら隣の女性からイヤラシーわね! などとクレームがつきかねません。

ふと、前を見ると立っている人が多いです。皆さんこれから新宿に繰り出すんですよね。近くに男性がおられ、ズボンジッパーがちょと目を引きます。顔を上げると若い方のようです。スマホとタブレットを両手に持って見ています。何をしているんでしょう。

乗換駅に近づきましたのでいかにも老人というしぐさで棒を握り、よっこいしょと声に出して立ち上がります。そうしないと腰が抜けそうになかったのです。そしてよたよた爺さんを演じます。

前にいた若い男性が隙間を作ってくれたので礼を言います。そして顔を見ると真面目そうな感じ。私の口はその人の耳の前にあります。

私がマスク越しに 「ズボンノジッパーアイテイルヨ」とささやきます。周りには聞こえない小さな声で。

ちょっと間がありました。そして男性の右手が下に下ります。「ありがとうございます」と彼。「わからないけどね」と私。

土曜の夕刻ですからビジネスではないでしょう。トモダチと会うのかもしれませんが、男友達ならまだしも、女性だったらちょっと恥ずかしい。

こういう時、皆さんどうしているんでしょうね。昔は社会の窓が開いているといって露骨に注意する人もいましたが、今はそんなおせっかいを焼く人はいないでしょうね。股開きファッションもあるかもしれませんし。

私も相手によっては、何も言わなかったと思います。爺さんやおっさんなら。それに若い女性なら服装に乱れがあっても気づいたそぶりもしません。今回は、立っていた位置関係がささやくのにちょうどよかったこと、私が座っていたから彼のズボンに目が行っても別におかしくないことがありました。

始発電車に移って座ります。がらがらでした。そして数十秒してから、前の電車で隣にいた女性がまたドーンという感じで前の座席に勢いをつけて座ったのです。

ギョッ! としましたが、その人のほうは見ないようにして改めて画像のチェックを始めました。

毎日、混雑した電車で通勤される方は、ご苦労が多いでしょうね。何年か前まではソフィストケートされた東京の通勤事情だったのかもしれませんが、いろいろな意味で危険が一杯になったのだと理解しました。
posted by ZUKUNASHI at 14:34| Comment(0) | 社会・経済

個人被ばく線量論文に住民から同意なしの異議の申し立て

毎日新聞2018年12月27日 21時48分(最終更新 12月28日 01時17分)
個人被ばく線量論文、同意ないデータ使用か 東大が予備調査
東京電力福島第1原発事故後に測定された福島県伊達市の住民の個人被ばく線量のデータを基に、早野龍五・東京大名誉教授らが英科学誌に発表した2本の論文について、東大は27日、「本人の同意のないデータが使われている」などとする住民からの申し立てを受けて予備調査を始めたことを明らかにした。
 個人線量は、同市が2011〜15年ごろ、「ガラスバッジ」と呼ばれる線量計を住民に配布して測定。論文では、市の人口の約9割にあたる約5万9000人分のデータを解析し、生涯にわたる被ばく量の予測などをしている。同市は約2万7000人分について本人の同意のないまま研究者に提供したとして、経緯を調べている。
 申立書では、論文の著者の一人が所属する福島県立医大の倫理委員会に研究計画書の承認申請を行う前の15年9月に早野氏が解析結果を公表していることも国の医学系研究の倫理指針に違反していると指摘。また、図の一部に不自然な点があり、「線量を過小評価するための捏造(ねつぞう)が疑われる」としている。
 早野氏は毎日新聞の取材に「適切なデータを伊達市から受け取ったという認識で対応していた」とメールで回答。「計算ミスがあり、線量を3分の1に過小評価していた」として出版社に修正を要請したという。【須田桃子】

※ Nemesisネメシス @zodiac0088氏の8:58 - 2018年12月28日のツイート
#ネトウヨ や #河野太郎 が他人や他国を罵るとき「客観的データがー」と絶叫するけど、その「客観的データ」の正体はこれです:「計算ミスがあり、線量を3分の1に過小評価していた」「線量を過小評価するための捏造」
https://mainichi.jp/articles/20181227/k00/00m/040/252000c
#Fukushima #福島 #放射能 #被曝 #早野龍五

※ 片瀬久美子四つ葉 @kumikokatase氏の9:34 - 2018年12月28日 のツイート
(公益目的で)速報として出す場合に、手続きをどうするかという問題もありそうですね。→「申立書では、論文の著者の一人が所属する福島県立医大の倫理委員会に研究計画書の承認申請を行う前の15年9月に早野氏が解析結果を公表していることも国の医学系研究の倫理指針に違反していると指摘」

※ flurry @flurry氏の2018/12/28のツイート
いやその、個人情報保護は「個人」の権利であって、公益を理由にされましても…… https://twitter.com/kumikokatase/status/1078449048778989568

※ 想田和弘認証済みアカウント @KazuhiroSoda氏の2018/12/28のツイート
早野氏ら、住民の同意ないデータを使用していた上に、線量を3分の1に過小評価してた疑い。もしミスであれば専門家としてお粗末。故意であれば極悪。東大の調査の結果を注視したい。

※ m-take @takeonomado氏の2018/12/28のツイート
早野氏のこれまでの活動は一貫して「被曝無視」「原発推進」。その姿勢は3.11の当日から徹底して一貫している。「みんな春雨で被曝しよう」とツイートした人がなぜファクトチェック福島とかしてるのか?冗談にも程がある。

※ sivad @sivad氏の2018/12/27のツイート
しれっと書いてるが滅茶苦茶だな>「早野氏は毎日新聞の取材に…『計算ミスがあり、線量を3分の1に過小評価していた』/図の一部に不自然な点があり、「線量を過小評価するための捏造(ねつぞう)が疑われる」 / “個人被ばく線量論文、同意…”

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/12/28のツイート
そもそもガラスバッジのレスポンスの問題あり補正しなくてはいけないということも無視している。また、放出エネルギーによる空気カーマ係数も異なるがその補正もない。一様に拡散され全周方向からくる放射線の影響を計ることはそんな安易な方法で測れるわけなく、ICRPも1cm線量当量を実行線量に。

※ きむらとも @kimuratomo氏の8:14 - 2018年12月28日のツイート
『個人被ばく線量論文、同意ないデータ使用か 東大が予備調査』https://mainichi.jp/articles/20181227/k00/00m/040/252000c
東大は直後から全力で事故矮小化を工作指差し確認右『原発事故被害地おける、医師らによる「被曝調査活動」の本質』 http://blog.livedoor.jp/medicalsolutions/archives/51966467.html
民主党から安倍政権となり、事故風化棄民政策と原発回帰が一層強力に進んだ。

※ 想田和弘認証済みアカウント @KazuhiroSoda氏の2018/12/29のツイート
伊達市のデータを当事者に無断で使用した上に「計算ミス」を認めた早野龍五氏だが、彼が主導し世論に重大な影響を与えた「内部被ばく調査」の論文にも数々の疑問が指摘されている。→医療ガバナンス学会MRICに投稿するも、即刻不受理となった『「早野氏論文」への公開質問状』http://blog.livedoor.jp/medicalsolutions/archives/51984809.html

※ 宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011氏の16:55 - 2018年12月29日のツイート
東大名誉教授早野龍五氏が自身が関わった論文で「数値の扱いを間違った」と認めた福島県伊達市のガラスバッジのデータですが。
論文中では住民が24時間身に着けてたという前提で論じられています。実態は、24時間身に着けていた住民はほぼいませんでした。神棚や物干しに放置していた人もいました。

※ 宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011氏の2018/12/29のツイート
伊達市民は、まさか自分たちの手元にあるガラスバッジのデータを使った被曝線量に関する論文が作成されるなどとは知らなかったのです。
今でも、そんな論文を作るために伊達市役所がデータを渡したという事を、伊達市役所は伊達市住民に周知していません。
計算が正確でも、信頼に値しない論文です。

※ 宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011氏の2018/12/29のツイート
加えて、伊達市は論文作成の為に住民に無断で詳細な住所のデータまで論文作成者に渡していたとしか思えない地図が、論文に添付されています。その地図がなければ、「航空線量測定の数値とガラスバッジの数値を比較する」という論文の主眼が成り立ちません。
住民の許可を得ていない個人情報漏洩です。

※ M.ak(Out of control) @M_A_alps氏の2018/12/29のツイート
早野龍五氏のデータ無断使用及び線量過小評価問題、これは結構デカいのでは...。福島の放射線汚染について、仮にもデータと権威を用いて安全をアピールし、彼の研究を根拠にしていた人も少なからずいた。不安を払拭するためにあったはずの科学が、結局は不正だったと。手続き上だけでなく、数字も。


posted by ZUKUNASHI at 00:04| Comment(0) | 福島原発事故

2018年12月30日

神奈川第16区現地調査

2018年12月27日
神奈川第16区のこの先の人口動態を占う
















今日は助手がいなかったので忙しかったです。
手提げ袋に入れたタブレットパソコンが空間線量率を記録し、グラフ化しています。画面で確認できますし(上の2枚は画面を撮影したもの)、画像はタブレットパソコン内部に保管(3枚目)しています。モバイルルーターを使えば、リアルタイムでサーバーに送ることもできます。

別途MAZURで要所の直置き線量率を測定し、アンドロイドタブレットパソコンで画像を記録しています。撮影場所も記録されます。

左手に手提げとアンドロイドタブレットパソコン、右手に測定器MAZURを持って歩きます。測定器のほうがはるかに高価です。

アンドロイドタブレットパソコンで地図を確認し、また電車の乗り継ぎなどを確認します。神奈川県下は交通網が複雑で、地図ソフトに時刻表が表示されるのは大変便利です。

倒れた時にSOSを発信するアイフォンはウエストポーチに入っています。今日は座るときにウエストポーチのベルトがずり落ちたまま無理したら留め具がブチンと壊れてしまいました。ズボンがずり落ちてくるので、測定器をもった右手でズボンを引き上げながら歩きました。

至急修理しないといけません。

この日のタブレットの携帯電波使用量は、約65MBでした。地図ソフトの使用だけです。
posted by ZUKUNASHI at 23:25| Comment(0) | 福島原発事故

2018/12/30

posted by ZUKUNASHI at 10:03| Comment(0) | 福島原発事故

2018年12月29日

延岡市の空間線量率水準上昇

延岡市のMPで今年夏から初秋にかけて0.02μSv/hも空間線量率水準が上昇したことに驚いています。

延岡市、バルーンの位置が延岡保健所。Google Mapから


延岡保健所
周りは官庁と学校です。放出源になりそうな施設は見当たりません。写真中央がモニタリングポスト。Google Mapから


環境省の環境放射線データべースから1日値。2016/2/11に段差があり低下していますが、施設の移動か更新でしょう。

その後長らく50nSv/h程度で推移してきましたが、2018/8になって大きく上げています。

2018/5からの推移は次のようになっています。1日値です。8月と9月に二段で上げています。その後も若干上昇傾向です。


規制庁放射線モニタリング情報のサイトから10分値を取り出しました。


2回目の水準上昇は、2018/9に起きています。


日中変動が大きいのですが、通常は気温の上昇とともに線量率が上がります。ここでは気温が低い時間帯に線量率が上がっています。

放出に人為的な要因がありそうです。

次は規制庁のサイトにあるグラフを転載。1日、1週間、1か月です。





宮崎県は2018/12/26は昨夜来弱い雨です。宮崎市でも上がっていますが降雨の時間の違いによるものか、別の要因かは気象と照らし合わせないとわかりません。



管理人には、まだ原因について見当が付きませんが、原因不明なまま数か月の間に0.02μSv/hも空間線量率が上がるのはとても困ったこと、健康被害に結び付く恐れのあることです。私の住まいでもこの秋に空間線量率が0.006μSv/hほど上がりましたが。

0.02μSv/hの差は平米当たりのベクレル数では5,520ベクレルの差になります。

この数値は、2013年02月15日 汚染状況の物差しの算式を用いて計算したものです。

地表にそれだけの放射性物質が追加的に降下したということです。10cm四方では55ベクレル(崩壊)、3cm四方ですと5ベクレル(崩壊)増、1分間では300崩壊増ですからMAZURで測定すれば検出率5%として1分間で15本入感放射線、cpmが15増えます。降下前と降下後では変化がわかります。

ベクレルは、1秒間の原子の崩壊数を言います。その際に出る放射線は超ミクロの原子から四方八方にランダムに飛び、方向は定まりません。

放射能測定器は、それが持つ検出器に当たった放射線だけをカウントしますし、すべてのエネルギーの放射線を検出器が検出できるわけではありません。エネルギーの低い放射線には反応しない部分があるからです。

平らな地面に均等に放射性物質が降下しているとすると、それに測定器の検出器を当てても放射線の半分は測定器のある側と別の方向に飛びますし、放射性物質が測定器のある側に出す放射線も小さい検出器に当たらなければなりませんから検出できる分はごく一部です。

検出器に当たった放射線もエネルギーが低くて検出器が検出できないものもあることから、上の例ではMAZURの検出率を5%と置いています。


管理人の自宅の例では夏季を通じて東京湾から南風が運んできた放射性物質、あるいは浜通りからの秋の風が運んできた放射性物質かいずれかによる追加的な降下があったのではないかと考えています。

宮崎県は今は核関連施設はないはずです。何が原因でしょうね。
posted by ZUKUNASHI at 22:47| Comment(2) | 福島原発事故

電波に色がついていればよいのに

これはいかん 頭が混乱する。
モバイルルーターを導入しました。
これで管理人の机周りでは
A 固定ネット回線からの有線LANケーブルによるネット接続
B 固定ネット回線からの小型Wifi発信機によるネット接続
C アイフォンの携帯電波を使ったネット接続
D ゼロSIMを使ったネット接続(タブレットに組み込み)
E 格安SIMを使ったモバイルルーターWifiによるネット接続
の5つのネット接続形態が併存します。

Cのアイフォンは他の器械に接続はしていません。それ自体だけで完結させています。
Dのタブレットも他の器械に接続はしていません。
これらの二つは、テザリングにより他の機械でネットを使うことはできます。

BとEは自宅内では同じように使えます。スティックパソコンは、BのWifi電波を使って設定しています。うっかり、EのWifi電波を使うと月間の契約限度を超えてしまいます。

音声通話はCだけ。他はデータだけの交信です。

Eは設定が終わったのでしまい込むことにしました。実機テストのときに取り出します。

ゼロSIMは500MBを超えると100MBにつき100円自動で賦課されます。1GBで500円です。そしてデータ量がさらに増えると2GBの1600円まで料金が自動的に上がります。

今回入手した格安SIMは、1GBを超えると速度が大きく落ちますが、月480円で追加料金は賦課されません。

ゼロSIMを使う場合は、データ量の管理に十分気を付けないといけないのです。

これからは、ゼロSIMを入れたタブレットではなく、モバイルルーターとSIMなしの空っぽタブレットを持ち出すことも多くなりそうです。Wifiで繋げます。

家では必ずモバイルルーターの電源を切る。手持ちの器械ではモバイルルーターと自動接続にしない。

通信料管理が大変です。うまく管理すれば
固定回線 月3千円
アイファン 月1,600円(音声通話料は基本料金のみの計算)
ゼロSIM ゼロ
格安SIM 480円
合計 5,100円

いかがでしょう? 下流老人のネット費用管理。立派でしょう?
posted by ZUKUNASHI at 17:33| Comment(0) | 福島原発事故

トルコ軍とシリア軍の衝突があるのか

※ Sohayb Masri @Sohayb_Masri1氏の2018/12/29のツイート
Our coverage will start tomorrow inshallah...
Today the Syrian Army forces are settling down their points in #Manbij & our videos with the heroes who are saving & protecting our nation borders will start soon ..

この人たちは親子でしょうか。右の方は眉が似ています。若いときはこんな顔で歳を取ると中央の親父のようになる。シリアの人たちの顔つきは、ぐーんと明るくなっています。





FARSNEWS2018/12/25
8,000 Turkish, FSA Forces Ready to Fight PKK in Manbij
TEHRAN (FNA)- More than 8,000 Turkish soldiers and Free Syrian Army (FSA) fighters were deployed to the contact lines with Kurdistan Workers’ Party (PKK) at borders with Northern Syria.

In total, a 200-vehicle Turkish convoy, which was composed of various units, set out from Karkamış to Jarabulus and from Kilis to Azaz simultaneously, Yeni Safak reported.

In addition to the Turkish Armed Forces (TAF), a 60-vehicle FSA convoy was sent to the border line.

While an army corps linked to the FSA waits at the ready, 2,000 special forces, who participated in Turkey’s Olive Branch and Euphrates Shield operations, reached the Manbij countryside.

During the deployment and in the following hours, Turkish war planes and unmanned and armed aerial vehicles established an air shield in the zone.



posted by ZUKUNASHI at 16:17| Comment(1) | 国際・政治

危険、有害なデマ デマ収集その2

2018年04月10日
どっちがデマだろう? ツイート主のインセンチブは何だろう 1デマ収集その1

※ sivad @sivad氏の2018/11/24のツイート
sivadさんがFact Check 福島をリツイートしました
デマアカウントが危険なデマを流していますのでご注意。比較的進行が遅いと言われているのは成人の甲状腺がんで、子どもの場合は進行が早いと言われています。また途中で進行が止まるという知見はありませんし、福島の小児甲状腺がんは9割以上に転移浸潤が認められています。

※ Fact Check 福島 @StopFdemaの22:01 - 2018年3月12日のツイート
【基礎知識】現在福島で発見される子どもの甲状腺がんは被曝由来とは考えにくい、が専門家の一致した見解。甲状腺がんは進行がとても遅く(または一定で進行が止まり)、一生涯症状が出ないものも多くあり、他の死因の人を解剖したとき多く発見されます。https://goo.gl/qE1jKJ

※ sivad @sivad氏の2018/11/25のツイート
また嘘書いてますね。ICRPの年100~20mSvは居住や労働をしちゃいけない基準。居住する現存被ばく状況は年20mSv以下のできるだけ小さい値で代表値は年1mSv。

Fact Check 福島2017年11月11日
科学を福島の住民の生活につなぐ 丹羽太貫×早野龍五
服部美咲
「基準値は安全と危険の境界ではない」
2017年8月、放射線相談員等についての会合が福島県いわき市で開かれた。放射線相談員は、住民が放射線と向きあいながら暮らしていく上での様々な相談に応じるべく県内各地に配置されている。会合では、避難指示が解除された地域の相談員から、「国が除染の目標として示した年間追加被曝線量(以下「年間」と略記)1mSvという数字、そこから算出された毎時0.23μSvという数字そのものが、住民の不安と不信感を煽っている」と訴える声が複数あがった。

・・・引用終わり・・・

Fact Check 福島は、「場によって、発言と沈黙を使い分けるズルさ」の立命館大学開沼博准教授が関与しているとされます。





※ sivad @sivad氏の2018/11/24のツイート
sivadさんが名取宏(なとろむ)をリツイートしました
支離滅裂なNATROMさん。 アメリカ医師会が化学物質過敏症を支持しないからsuspectを使っているという主張を、臨床環境医が肯定的意味でsuspectを使っているという正反対の話にすり替えてます。http://natrom.sakura.ne.jp/consensus.html

※ 名取宏(なとろむ) @NATROM氏の9:55 - 2018年3月26日のツイート
返信先: @sivadさん
そりゃ、ホメオパシーを使っているような臨床環境医は肯定的意味で「〜病疑いsuspect」という言葉を使うでしょうよ。しかし、アメリカ医師会を初めととするまともな医学者団体は多発性化学物質過敏症の疾患概念について、かつても今でも認めていません。

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/11/25のツイート
この方達が日本の学生の教育をしているとなると先が思いやられる。医学者の放射線技術学シリーズ見ても「放射線物理学」「放射線生物学」と学び、危険性と取扱う為の基礎を学び、過去の事故の経験から悲劇を起こさない為「放射線安全管理学」それから初めてCT等機器の取扱いなど学び適正治療務める。

※ sivad @sivad氏の2018/11/25のツイート
sivadさんが大石雅寿(個人としての発言)をリツイートしました
大石さん、患者側が手術を希望したのは172例中11例と公式資料で発表されています。乳頭がんが経過観察でよいというのも間違いです。なぜそういう明らかな嘘を吐くのですか?
http://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/287608.pdf

※ 大石雅寿(個人としての発言) @mo0210氏の12:32 - 2018年10月2日のツイート
お医者さんは「経過観察しても問題ない」と仰ったけれども親御さんが心配して切除して欲しいと希望された例がほとんどだ、と伺っています。甲状腺癌のうちすぐに対処しないといけないのは未分化癌で、最も多い乳頭癌は経過観察で良い、と聞いています。

※ sivad @sivad氏の8:12 - 2018年7月20日のツイート
小児甲状腺がんで症状が出るまで待てばいいという無責任な人がいるようですが、ベラルーシでの研究によると症状が出ると肺転移などのリスクが増し、子どもの生命と人生に大きな不利益が生じます。非常に有害なデマなので注意しましょう。
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16552205

※ 名取宏(なとろむ) @NATROM
「自覚症状が出てから診断されたがん患者は、自覚症状が出る前に診断されたがん患者と比較して、予後が悪い」というのは正しいです。しかしながら、「自覚症状が出る前にがんを発見したほうが予後が良くなる。検診したほうがいい」とは必ずしも言えません。これは医師でも間違えている人がいます。

※ sivad @sivad氏の2018/11/28のツイート
sivadさんが名取宏(なとろむ)をリツイートしました
「必ずしもいえない」は「そのがんが進行しない・余命に対し遅い」という仮定の場合にいえること。しかし子どもの甲状腺がんについてそういう事実はなく、その逆に進行は早いとされています。こういう重要な情報を隠すのがなとろむの悪質さです。

※ sivad @sivad氏の2018/12/1のツイート
sivadさんが名取宏(なとろむ)をリツイートしました
またまた自称医師なとろむさん、トンデモかましています。
症状出現後だと侵襲性や後遺症や再発や二次発がんリスクが増したり生存期間が短くなる場合、という重大な情報がごっそり抜けています。

※ 名取宏(なとろむ) @NATROM氏の13:40 - 2018年10月16日のツイート
返信先: @NATROMさん、@sivadさん
症状がないがん発見例は、1.過剰診断、2.症状出現後の治療介入でも間に合う、3.症状出現後では間に合わない、4.症状出現前でも間に合わないのいずれか。早期発見が予後を改善するのは3.だけです。

※ 林 衛 @SciCom_hayashi氏の2018/12/6のツイート
返信先: @Masanori_Matsudさん、@sivadさん
林 衛さんが松田正典をリツイートしました
・超音波診断の利点(低侵襲で高精度)をいかした経過観察を重視
・それで高危険度と判定された場合に手術
これが日本の甲状腺がん専門医たちの見解。その見解にもとづいた約200の手術症例。
https://twitter.com/Masanori_Matsud/status/1070669603947204608
これが事実ですよね。松田さんのご理解はちがうのですか??

※ sivad @sivad氏の2018/12/2のツイート
返信先: @sarah_soujuさん、@mo0210さん
ちなみに大石さんの流している医療デマは公式資料をみれば一発でばれるレベルの大嘘で、患者を危険に晒す悪質なものですね。

※  Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
どなたから「伺った」のか知りませんが(妄想はできますが)、術前所見で微小がんのため経過観察を勧められたけど手術を希望したのは172例中「11例」とはっきり書いてあるし、しかも術後所見によると、11例中9例で転移浸潤が見つかっています。
pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attac…
twitter.com/mo0210/status/… pic.twitter.com/sc46ZVBlev

※ sivad @sivad氏の2018/10/4のツイート
大石雅寿さん、がん患者の家族・主治医の発言や病気の性質について悪質なデマを飛ばし、指摘されても訂正もしない、と。こんな人物がニセ科学批判を名乗り、周囲も批判できないんだから笑えない冗談ですよね。
togetter.com/li/1272919

ニセ科学批判の大石雅寿氏はなぜ小児甲状腺がんに関する主治医や患者家族の発言を捏造しているのか?

※ 大石雅寿(個人としての発言) @mo0210氏の19:00 - 2018年12月18日 のツイート
一度も会ったことがない赤の他人を馬鹿とか嘘つきと公言する人は、とても悲しい人生を送っているのだと思う。

※ yuuki @yuukim氏の19:38 - 2018年12月18日のツイート
yuukiさんが大石雅寿(個人としての発言)をリツイートしました
批判されると相手の人生は悲しいものなんだとマウンティングしなではいられない天文学者様

※ sivad @sivad氏の2018/12/19のツイート
sivadさんが澤野豊明@外科医・公衆衛生医をリツイートしました
これは典型的な間違いです。
韓国の場合は進行が遅く数の多い成人の甲状腺がんを5mm以下ですら手術していました。一方福島では進行の早い子どもの甲状腺がんで、しかも手術例は1cm以上や転移浸潤があるものです。治療が遅れると後遺症や再発、二次発がんリスクが増します。

※ 澤野豊明@外科医・公衆衛生医 @Toyoakisawano氏の8:14 - 2018年12月13日 のツイート
南相馬で原発事故後に甲状腺がんが29倍は嘘ですが…
因みにもし甲状腺がん検診を始めるとスクリーニングバイアスで30倍程度まで甲状腺癌が増える可能性が以前の韓国の研究で示唆されています。
福島での小児甲状腺がん増加の話も実はスクリーニングバイアスで説明がつきます。

※ 澤野豊明@外科医・公衆衛生医 @Toyoakisawano氏の2018/12/19のツイート
澤野豊明@外科医・公衆衛生医さんがsivadをリツイートしました
時間の無駄な議論になるためこういった方に返信をするつもりは基本的にありません。
しかし黙認すると不安になる方もいらっしゃるかもと考えたので反論すると、津田教授の論文に基づいているのであれば、それは私の主張を間違いと言えるほどのエビデンスがないとだけ反応致します。

※ sivad @sivad氏の2018/12/19のツイート
津田先生のみではありませんよ。福島検診の症例を確認されましたか?成人の甲状腺がんと子どもの甲状腺がんの違いはご存知ですか?子どもの甲状腺がんが進行した場合のリスクはご存知ですか?これらを踏まえない議論は医学的とはいえません。高野氏も手厳しく批判されてます。

※ 澤野豊明@外科医・公衆衛生医 @Toyoakisawano氏の2018/12/19のツイート
返信先: @sivadさん
今あるエビデンスでの議論は他のところでも既にされ尽くしていると思います。
私は関わりたくないので別のところでやって下さい。

※ sivad @sivad氏の2018/12/19のツイート
関わりたくない? 医師の立場で粗雑な発言をなさっているのはあなたですよ。議論する知識がないのであればそういう無責任な発言は慎んで頂きたいですね。患者さんが迷惑します。

※ 原発はいますぐ廃止せよ @kokikokiya氏の2018/12/19のツイート
返信先: @sivadさん、@Toyoakisawanoさん
吉田 そのまま放置したら、第1に気管の出血が起こります。出血による窒息死が起こりますし、頚部大動脈・大静脈に浸潤して大出血を起こす。そういうのをわれわれは具体的に経験しています。それが何年先に起こるかというのは、腫瘍の浸潤の速度によって違ってくる

※ sivad @sivad氏の2018/12/20のツイート
福島で肺転移や再発例、低分化癌が出ている状況を無視して「手術をしてもしなくても全体的な甲状腺ガンによる死亡率には変化がない」というのは、いくらなんでも早野さん無責任すぎませんかね
https://twitter.com/syoyuri/status/577070525777780736

※ nagaya @nagaya2013氏の2018/12/25のツイート
nagayaさんが大石雅寿(個人としての発言)をリツイートしました
この主張が急に増えたけど、これ「低線量被曝の確率的影響」の閾値なしを否定して、住民に因果証明の責任を押し付け、1mSvの義務を無効にしようとする、ある意思が宿ってます。これは科学論ではなく責任論なんです。すなわちこの人の主張はきわめて政治的で、賠償拒否という被害者抑圧につながります。

※ 大石雅寿(個人としての発言) @mo0210氏の11:23 - 2018年12月23日のツイート
大石雅寿(個人としての発言)さんがペーターをリツイートしました
「可能性はゼロと言い切れない」=「可能性はゼロとみなして良いから気にしないでね」です。



大石雅寿(個人としての発言)さんがリツイート
※ kikumaco(1/8,18ベアーズ) @kikumaco氏の2018/12/25のツイート
福島での放射線被曝による健康影響については安心データが積み上がっていて、健康影響は見られないというのが国際的なコンセンサスです。それにも関わらず、マスメディアはそのような安心情報を殆どまともに報道せず、不安を煽る情報ばかりを報道します。マスメディアはまったく信頼できませんよ

※ 大石雅寿(個人としての発言) @mo0210氏の0:42 - 2018年12月29日のツイート
なので、今回の申し立ての真の狙いは、推定被曝量が少ないことで困っている人々が、早野さんを個人攻撃することを通じて、被曝量はもっと多いはずだという印象を強めようということなのでしょう。

※ yuuki @yuukim氏の2018/12/29のツイート
yuukiさんが大石雅寿(個人としての発言)↑をリツイートしました
ええっと、、、
posted by ZUKUNASHI at 15:14| Comment(1) | 福島原発事故

ネット回線不要の測定システム実用化へ

モバイルルーターと格安SIMが届いたので使ってみました。

購入したのは
HUAWEI Mobile WiFi E5577***
格安SIM
SIMカード サイズ変更アダプター(購入したモバイルルーターのSIM取り付け場所がマイクロSIM用なのですが、スマホはナノSIMに移りつつあるので、格安SIMはナノSIMを申し込みました。アダプターを付けて差し込みます。)

HUAWEI Mobile WiFi E5577の裏蓋は、プラスティックの蓋をはめてある隙間から爪を入れてはずします。

そしてSIMを入れるところで難渋。クイックスタートガイドを参考にしましたが、挿入方法の説明が少ない。SIMカードはバツテリーをはめる場所を下にして右側にあります。薄い金属製のバンドの下に潜り込ませます。

SIMカードの大きさ変更アダプターを使っているのでさらにやりづらかったです。

クイックスタートガイドのマイクロSDカードを入れる画像は上下逆ですね。

てこずりましたが、何とか入れて電源オン。充電は終わっていました。特に設定することもなく、電波をとらえてWifiの電波を流し始めました。

タブレットで新しいアクセスポイントを確認しました。

次はスティックパソコンを使った実機テストですが、まず問題ないでしょう。据え置き型、移動型どちらもこれでオンラインになります。

固定インターネット回線の普及率は私が思っていたほど高くありません。特に地方ではそうです。一方、ドコモの携帯電波のカバーエリアは広がっていますから、地方でも都市部であればつながるはずです。

新しいネット回線不要システムは、@スティックパソコンと測定器、Aスティックパソコンと電源アダプター、Bモバイルルーターと電源アダプターの3本のケーブルをつないで、モバイルルーターとスティックパソコンのスイッチを入れるだけで測定グラフがサーバーに送られる完全家電並みシステムと自負しているのですが、それでも・・・・?

ケーブルを流れる直流電気の電圧は5ボルトですが、感電を怖がる人もいる?

ケーブルをつないだまま、ジュラルミンのケースに入れて運ぶことまで考えています。

このシステム普及の最大の問題は、格安SIMの契約を誰がやるかです。契約料3,000円、SIM700円ほど、消費税込みで約4千円、そして月ごとの支払いが480円。初年度で約1万円かかります。クレジットカードも必要です。

設置してくださる方に格安SIMの契約をお願いするのは難しいでしょうね。

今回導入したモバイルルーターは値段が高いほうですが、安いものは5千円程度であります。ルーターはこちらで手当てして動作確認が必要ですから、設置してくださる方に格安SIMを入手していただいた場合でも、SIMのセットはこちらでやらないといけません。

管理人が10個も格安SIMを契約することはもちろん可能なのです。通話機能はないので本人確認も緩やかです。

通信量が契約容量の上限1GBを超えた場合でも、通信容量が自動的に増えるという契約ではありません。限度を超えれば通信速度最大200kbpsになりますが、グラフの送信に関しては特に問題にならないでしょう。チャージしなければ月480円でとどまります。

初年度1万円(私はキャンペーン期間中に申し込みました。9か月間通信料半額ですから2000円ほど安くなって8千円)、2年目以降年間約6千円。

それだけの価値があるか?
これまで設置運営している方は、手間と電気代がかかるが、グラフで異常がないことを確認できることは安心感があると言ってくださる方が多いのです。家庭が円満になったと言ってくださる方もおられます。

このシステムの普及を進めることは、運営者には負担がかかっても、多くの方がグラフで線量率をチェックできますので、公益にも寄与します。

できるだけ負担を薄くするという観点からローテーション方式で設置数を増やすという方針は間違っていないだろうと考えています。

2018年はこのリアルタイム測定表示システムの開発・改良と設置拡大に明け暮れました。年のドン詰まりにようやく端的なシステム実現にたどり着けました。皆様のご支援に感謝しています。
posted by ZUKUNASHI at 14:31| Comment(0) | デジタル・インターネット

2018/11小選挙区別人口動態

小選挙区 主要都市 出生率変化率 死亡率変化率 短期指数 長期指数 総合指数
神奈川16 厚木市 0.95 1.07 -0.12 -0.25 -0.37
東京23 町田市 0.97 1.04 -0.07 -0.29 -0.35
秋田2 大館市 0.91 1.02 -0.11 -0.21 -0.32
東京25 青梅市 0.92 1.02 -0.10 -0.21 -0.32
神奈川17 小田原市 0.93 1.03 -0.09 -0.22 -0.31
静岡1 葵区 0.94 1.05 -0.11 -0.20 -0.31
埼玉9 狭山市 0.96 1.02 -0.06 -0.25 -0.31
茨城3 取手市 0.98 1.02 -0.04 -0.26 -0.30
福島1 福島市 0.95 1.02 -0.08 -0.22 -0.30
新潟2 柏崎市 0.96 1.05 -0.10 -0.20 -0.29
神奈川8 青葉区 0.97 1.06 -0.08 -0.21 -0.29
埼玉7 川越市 0.96 1.06 -0.11 -0.18 -0.29
埼玉6 上尾市 0.96 1.06 -0.10 -0.19 -0.29
神奈川11 横須賀市 0.96 1.04 -0.07 -0.21 -0.29
神奈川14 相模原市 0.99 1.03 -0.04 -0.25 -0.29
千葉1 中央区 1.02 1.05 -0.03 -0.26 -0.29
東京24 八王子市 0.98 1.04 -0.07 -0.22 -0.28
東京20 東村山市 0.96 1.03 -0.08 -0.21 -0.28
茨城1 水戸市 0.92 1.05 -0.13 -0.15 -0.28
神奈川5 戸塚区 1.02 1.04 -0.02 -0.25 -0.27
神奈川6 保土ケ谷区 0.95 1.01 -0.05 -0.22 -0.27
千葉8 柏市 1.02 1.05 -0.03 -0.24 -0.27
新潟6 上越市 0.97 1.04 -0.07 -0.19 -0.26
静岡8 中区 0.97 1.09 -0.12 -0.15 -0.26
神奈川15 平塚市 0.98 1.05 -0.07 -0.20 -0.26
福島2 郡山市 0.98 1.01 -0.04 -0.22 -0.26
神奈川1 磯子区 0.96 1.05 -0.10 -0.16 -0.26
神奈川13 大和市 1.02 1.04 -0.02 -0.24 -0.26
千葉4 船橋市 1.02 1.08 -0.06 -0.19 -0.26
茨城7 古河市 0.91 1.02 -0.11 -0.14 -0.26
栃木2 鹿沼市 0.94 1.03 -0.10 -0.16 -0.25
千葉2 八千代市 1.00 1.08 -0.08 -0.18 -0.25
千葉9 佐倉市 1.02 1.05 -0.04 -0.22 -0.25
秋田3 横手市 0.95 1.04 -0.09 -0.16 -0.25
群馬4 高崎市 0.93 1.01 -0.08 -0.17 -0.25
静岡6 沼津市 0.99 1.04 -0.05 -0.20 -0.25
静岡5 富士市 0.96 1.03 -0.07 -0.18 -0.25
福島4 会津若松市 0.93 1.03 -0.10 -0.15 -0.25
静岡2 藤枝市 0.98 1.04 -0.06 -0.19 -0.25
埼玉13 春日部市 0.96 1.04 -0.08 -0.16 -0.24
神奈川4 鎌倉市 0.96 1.02 -0.06 -0.18 -0.24
新潟1 中央区 0.98 1.05 -0.07 -0.16 -0.24
千葉10 成田市 1.00 1.05 -0.05 -0.18 -0.24
神奈川2 港南区 0.94 0.99 -0.06 -0.18 -0.23
埼玉4 新座市 1.00 1.06 -0.07 -0.17 -0.23
山形2 米沢市 0.96 1.02 -0.07 -0.16 -0.23
千葉13 鎌ケ谷市 1.05 1.08 -0.02 -0.21 -0.23
埼玉2 川口市 0.99 1.03 -0.04 -0.18 -0.23
茨城5 日立市 1.00 1.03 -0.03 -0.20 -0.22
新潟5 長岡市 1.00 1.03 -0.03 -0.19 -0.22
埼玉3 越谷市 1.02 1.08 -0.07 -0.16 -0.22
埼玉14 三郷市 1.00 1.07 -0.08 -0.14 -0.22
新潟3 新発田市 0.95 1.01 -0.06 -0.16 -0.22
茨城2 神栖市 0.97 1.04 -0.07 -0.14 -0.22
栃木5 足利市 0.94 0.99 -0.05 -0.17 -0.22
福島3 須賀川市 0.96 1.01 -0.05 -0.16 -0.21
茨城4 ひたちなか市 0.98 1.02 -0.04 -0.17 -0.21
埼玉8 所沢市 0.95 0.98 -0.03 -0.18 -0.21
東京21 日野市 1.00 1.05 -0.05 -0.16 -0.21
静岡4 清水区 0.94 1.03 -0.08 -0.13 -0.21
埼玉10 坂戸市 0.98 1.02 -0.03 -0.17 -0.21
埼玉11 深谷市 0.96 0.99 -0.03 -0.17 -0.21
福島5 いわき市 0.93 0.99 -0.06 -0.14 -0.20
山形3 鶴岡市 0.97 1.01 -0.04 -0.16 -0.20
埼玉5 北区 0.96 1.00 -0.04 -0.16 -0.20
神奈川9 多摩区 0.98 1.01 -0.03 -0.17 -0.20
栃木1 宇都宮市 0.96 1.00 -0.04 -0.16 -0.20
群馬5 渋川市 1.04 1.04 0.00 -0.20 -0.20
千葉6 松戸市 1.04 1.05 -0.01 -0.19 -0.20
静岡7 西区 1.01 1.03 -0.03 -0.17 -0.20
埼玉1 見沼区 0.95 1.00 -0.05 -0.14 -0.19
群馬2 伊勢崎市 0.97 1.00 -0.03 -0.16 -0.19
山梨2 笛吹市 0.96 1.02 -0.06 -0.13 -0.19
埼玉15 南区 1.00 1.01 -0.01 -0.17 -0.18
新潟4 三条市 0.99 1.06 -0.07 -0.11 -0.18
神奈川18 宮前区 0.98 1.01 -0.03 -0.15 -0.18
千葉5 市川市 1.06 1.08 -0.02 -0.17 -0.18
群馬3 太田市 1.02 1.04 -0.02 -0.15 -0.18
秋田1 秋田市 0.96 0.98 -0.02 -0.15 -0.17
千葉12 木更津市 1.02 1.06 -0.04 -0.13 -0.17
茨城6 つくば市 0.98 1.01 -0.03 -0.13 -0.16
埼玉12 熊谷市 1.00 1.01 -0.00 -0.16 -0.16
東京22 調布市 0.96 1.05 -0.08 -0.08 -0.16
神奈川12 藤沢市 1.00 1.03 -0.03 -0.13 -0.16
栃木3 那須塩原市 0.93 0.98 -0.05 -0.11 -0.16
山形1 山形市 1.00 1.02 -0.02 -0.14 -0.16
東京18 府中市 0.96 1.02 -0.06 -0.09 -0.15
栃木4 小山市 1.01 1.04 -0.03 -0.13 -0.15
東京16 江戸川区 0.99 1.03 -0.04 -0.11 -0.15
群馬1 前橋市 1.01 1.00 0.01 -0.16 -0.15
山梨3 甲斐市 0.99 1.03 -0.04 -0.11 -0.15
千葉3 市原市 1.03 1.03 -0.00 -0.14 -0.14
東京13 足立区 0.99 1.03 -0.04 -0.10 -0.14
神奈川3 鶴見区 0.97 1.02 -0.05 -0.08 -0.14
千葉11 茂原市 1.05 1.01 0.04 -0.18 -0.14
神奈川7 港北区 0.99 0.99 -0.00 -0.12 -0.12
東京9 練馬区 0.97 0.99 -0.02 -0.09 -0.12
東京19 西東京市 1.02 1.00 0.02 -0.13 -0.11
山梨1 甲府市 0.98 1.02 -0.04 -0.08 -0.11
静岡3 磐田市 0.97 0.99 -0.02 -0.09 -0.11
東京17 葛飾区 0.98 1.00 -0.02 -0.07 -0.09
神奈川10 川崎区 0.97 0.99 -0.03 -0.05 -0.08
東京11 板橋区 0.99 1.01 -0.03 -0.03 -0.06
東京6 世田谷区 0.99 1.02 -0.03 -0.02 -0.05
千葉7 流山市 1.07 1.03 0.04 -0.08 -0.03
東京15 江東区 0.96 0.99 -0.03 0.01 -0.02
東京4 大田区 1.03 1.00 0.03 -0.02 0.01
東京10 豊島区 0.95 1.00 -0.05 0.07 0.02
東京5 目黒区 0.96 1.01 -0.05 0.08 0.03
東京12 北区 0.98 1.07 -0.09 0.12 0.03
東京8 杉並区 0.99 1.02 -0.02 0.06 0.03
東京14 墨田区 0.94 0.99 -0.05 0.09 0.04
東京3 品川区 1.01 1.06 -0.05 0.12 0.07
東京1 新宿区 0.94 1.01 -0.07 0.15 0.08
東京7 中野区 0.95 0.96 -0.01 0.16 0.15
東京2 文京区 1.00 1.02 -0.02 0.22 0.21

前月
神奈川16 厚木市 0.94 1.06 -0.12 -0.25 -0.37
東京23 町田市 0.96 1.03 -0.06 -0.28 -0.35
東京25 青梅市 0.91 1.04 -0.13 -0.21 -0.34
埼玉9 狭山市 0.95 1.04 -0.09 -0.25 -0.33
秋田2 大館市 0.91 1.03 -0.12 -0.21 -0.33
茨城3 取手市 0.97 1.03 -0.06 -0.26 -0.32
神奈川17 小田原市 0.93 1.02 -0.09 -0.22 -0.31
新潟2 柏崎市 0.95 1.07 -0.11 -0.19 -0.30
神奈川8 青葉区 0.95 1.05 -0.10 -0.21 -0.30
東京24 八王子市 0.97 1.06 -0.09 -0.21 -0.30

このリスト上位の市町村に転居なさる方もおられますが、確かに不動産価格は下がっているだろうと思います。ですが、これからもっと下がるでしょう。

茨城県12/25公表予定が2日遅延。千葉県、新潟県12/28。

神奈川16区がすごいです。悪化の勢いが止まりません。


posted by ZUKUNASHI at 02:01| Comment(0) | 福島原発事故

2018年12月28日

正月は貝になる

帰省、旅行が始まっているようです。

この1か月くらいのこのブログの記事をお読みになっている方は、親戚の家族などとお会いになる機会があったら、とても難しい局面もあるかもしれませんね。

親戚の方から、お子さんが発達障害で・・・などという話はなさらないでしょうね。仮にそうであっても。

ある読者は、次のように書いておられます。

「発達障害は、正直当然出るだろうと予測しておりましたので、私は全く驚きません。
それも従来のものと異なり、原因が絶えざる被曝によるものですので、他の能力等でカバーすることもできず、普通の社会生活を営むことが困難な人が将来的に爆発的に増えるだろうと予想します。」

私は、この読者の考えに近いのです。特に注目される指摘事項は
「原因が絶えざる被曝によるものです」
と書かれている点です。

私は、内部被ばくが主因ではないかと考えています。そのため内部被ばく要因を取り除けば、さらなる悪い方向への変化は抑制できるのではないかとの一縷の望みを抱いています。

やはり、被ばくとの戦いは日本に住む以上一生続く。それを抑制するための習慣の習得や環境整備は、すべての人が正面から取り組むべき課題だと思っていますが、各人にそれを投げて個別に自己責任で対応、対処することを求めるのは無理でしょう。

原子力利用を維持するために国民がこれだけの犠牲、負担を強いられるというのはとんでもないことです。世界的には脱原発が急速にうねりを強めているのに。

発達障害の児童が増えても、日本の行政が適切な対応措置をとることはないと思います。そうするためには、これまで安全、安心と言ってきた専門家や学者の言説を全否定しなければならなくなるからです。そうなれば、当然責任追及があります。

何がなんだかわからないままに、発達障害の児童の仕分けが進められ、それぞれの道を歩まされることになるんだろうと思います。

社会的に見れば、それが最も摩擦がない方式です。

この問題の全体状況を知っている人は、そのような発達障害の児童の話を聞いたときに、おそらく沈黙を貫くことはできないでしょう。

ですが、相手が受け入れ可能な有効な助言もまたできないのです。

辛くても、ここは我慢のしどろかもしれませんね。そんな気がしています。

2018年12月15日
読者の皆様へ このブログの記事内容の引用は慎重にお願いします
posted by ZUKUNASHI at 23:09| Comment(4) | 福島原発事故

世界の動きが急です

年末ですが、海外情報が忙しいです。

クルドがシリア政府軍に駆け込みました。
Kurdish YPG calls on Syrian government to protect Manbij from Turkish attack
シリア軍がマンビジに入り旗を立てました。ロシアとシリアはこうなることを読んでいましたね。
Syrian Army ‘raises flag’ in country’s Kurdish province for 1st time since start of civil war
Syrian government forces have entered the northern city of Manbij, Damascus announced in response to a call for intervention by Kurdish militias. The move comes after Turkey amassed troops on its southern border.
On Friday, the YPG, the Kurdish militias, called on Damascus to secure Manbij, a strategic location in northern Syria close to the border with Turkey. Ankara earlier said it plans to conduct an “anti-terrorist operation” around the city, with the YPG being the target.

土曜日にトルコとロシアの外務、防衛大臣が会合です。明日の会議後の会見が注目されます。
Moscow welcomes Syrian Army entry to Manbij, will ‘synchronize expectations’ with Ankara
Top Russian and Turkish officials are to discuss on Saturday the latest developments in northern Syria, where Kurdish militias have invited government troops to take Manbij, a strategic city Ankara eyed for a military op.

Russian foreign and defense ministers are to welcome their Turkish counterparts in Moscow on Saturday for a ‘2+2’ meeting. The talks are aimed at “ensure absolute clarity and synchronize expectations” of the two nations about Syria, Kremlin spokesman Dmitry Peskov told journalists on the eve of the meeting. He suggested the results of the consolations may shed new light to the statements, which came this week from Turks and their opponents in Syria, the Kurdish militias.

米国に取り残された同盟軍、英仏はどう出るか。
US Wants to Shift Responsibility on Its Allies by Leaving Syria - Lavrov
Moscow wants the US to explain its plans for Syria after its military withdrawal, which was announced earlier, via existing communication channels.
Russian Foreign Minister Sergei Lavrov suggested that Washington was willing to shift responsibility for Syria to its coalition partners and its allies in the region by deciding to pull-out its forces from the Arab Republic. Lavrov also noted that Washington does not always fulfil its promises.
"Apparently, Washington wants to shift the responsibility onto its partners in the coalition on the ground, including troops illegally stationed there belonging to France, the United Kingdom, Germany, as well as the air forces of the coalition", Lavrov said.
The Russian foreign minister also slammed Western countries for not being willing to help Syria in its reconstruction.
"Russia has already helped Syrian government establish conditions for normal life [in the country]. The Western states, in my opinion, are acting counterproductively and are violating international humanitarian laws and human rights by refusing to do the same", he said.
Lavrov added that Russia will be demanding that the West change its position on the matter and "recognise their responsibility in facilitating the creation of conditions" for the return of refugees and displaced people during the upcoming conference on Syria's reconstruction in Brussels.
The White House announced on 19 December the withdrawal of its 2,000 troops from Syria within 60 to 100 days. US President Donald Trump justified the pull-out by stating that the American troops had achieved their goal of defeating Daesh* and could therefore return home.

サウジが米国からロシア、中国に接近という見方なのですが。
Saudi reshuffle: ‘Riyadh signals to US foes that it’s ready to cooperate’

サウジ外相交代です。カショギ事件の後も呆れるようなことしか言いませんでした。
Saudi Arabia replaces FM, sacks envoy to UK in major govt reshuffle following Khashoggi killing

アラブ諸国がアサドに接近する動きが続いています。
Arab states are making nice with Assad’s Syria. Will the West follow suit?
Attempts by Arab states to mend ties with Damascus serve to bolster the Syrian government’s victories on the ground and may well see the West changing its attitude towards the country, Middle East experts have told RT.
The first sign of a thaw between Syria and its Arab neighbors came earlier in December when Sudanese President Omar Bashir visited Damascus. It was followed by Wednesday’s report that the Arab League may readmit Syria into the 22-member bloc sometime next year, and the announcement by the UAE on Thursday that it’s reopening its embassy in the Syrian capital.
Damascus was kicked out of the Arab League in 2011 as President Bashar Assad was accused of atrocities against his people. Saudi Arabia, the UAE and other Arab states have been actively pushing for the removal of Assad from power during the years of the deadly war, and had been slammed by Damascus on numerous occasions for their support of armed extremists fighting against the Assad government.
Yet, the desire for rapprochement with Damascus now “is not a manifestation of brotherly love to [Syrian president Bashar] Assad,” Sergey Balmasov, of the Institute of the Middle East, believes. Those moves are dictated by the situation on the ground, where Damascus now controls most of the country’s territory.
For many Arab nations politics is like trade; it’s just business.
“They are now thinking: ‘Well, we couldn't remove Assad and we lost a lot of money on it, but we’ll lose even more if we keep not recognizing him.”
posted by ZUKUNASHI at 21:54| Comment(8) | 国際・政治

中国の人さらいがすごい これは怖いや

※ 九寨溝飯館 @eggtokyo氏の2018/12/27のツイート
中国では年間20万人位の児童が行方不明になるとも言われています。特に1月から旧正月の2月頃にかけては誘拐事件も多発するようです。外出時に誘拐防止対策で子供に紐やチェーンを付ける親も居ます。もし幼い子供を連れて中国に行かれる場合は細心のご注意を。
https://twitter.com/i/status/1078249054117613568

・・・引用終わり・・・

でも、何度か見ていると、これらの現場映像、どれもよく見通せるところから撮られていますよね。よく出来すぎている気もします。啓発ビデオでしょうか。
posted by ZUKUNASHI at 17:24| Comment(1) | 国際・政治

消費税がまた上がったら外国に住もうかな

今でも8%の消費税は負担ですが、これがさらに上がったら海外に住めないかと考えています。

1月1日現在で日本に住所がなければ、前年の所得に基づいて課税される地方税は課税されないんですよね。私の場合、大した金額じゃないけど。地方税は一律10%。

消費税も近く10%になりそう。

所得税が5%で年間2万円だとすると、地方税は10%、控除額も違うから4万円強、そして消費税は消費額の10%だとすると15万円位になるはず。健康保険に介護保険で10万円くらい。これはまあ仕方がないけど。

やはり消費税は大きい。消費税のない国に住めば年間15万円分食べ物を買える計算。

海外の税金を調べなくては。

毎年、1月1日は日本に住民登録していないという慶応大学の教授がいました。

市町村の住民登録窓口にパスポートを持参し、海外転出届に記入すればよいそうです。海外転出届の提出は1年以上海外に滞在する場合が目安となっているそうですが、慶応大学の元教授は、1年も向こうにいなかったんですよね。

海外転出届の提出については法的に細かな規定がなく、役所によって対応が異なることもあるそうです。住民税の対象とならなくなることから、海外転出届提出をしないように勧める役所もあるそうです。

12月の15日ころに海外転出届提出を出して、寒い時期だけ南の国にいる。そして暖かくなったら帰ってくる。病気になったらすぐに帰ってきて健康保険に加入する。

こんなことも可能なんでしょうかね。もちろんこういうことをやると航空賃がかかりますから消費税の節約分で航空賃を賄うことは無理かもしれません。

航空賃が安くて住居費も安いところ・・・航空賃が安いのは台北かな。往復1万5千円からありますね。上海で22,000円くらいから。

ウィークリーマンションのようなものいくらくらいするんでしょうね。日本の田舎のように激安の家があるんでしょうか。

ちょっと調べないといけないです。ここで読者から情報が寄せられました。すでに海外に出ておられる方です。

タイ、フィリピン、台湾、マレーシア等々、情報収集を続けてきました。
気候、治安、物価、医療事情等々を総合的に検討した結果、私の中ではマレーシアが第一候補となりました。

2030年代に移住することを考えていましたが、原発が爆発したのを見た瞬間、これは、「一刻も早く逃げ場を確保しなくてはならない」と思ったと同時に、「マレーシア前倒し移住を前提に本格的に動きを開始しないといけない」と判断し、MM2Hを取得しました。

MMH2は、マレーシア・マイセカンドホームと呼ばれ、マレーシアと国交のある国の人が申請出来る最長10年の長期滞在ビザ。
50歳以上の人の経済的条件
・最低35万リンギット(約945万円)以上の財産証明と月額1万リンギット(約27万円)以上の収入証明又は年金証明が必要
・仮承認がおりた後はそのうちの15万リンギット(約405万円)をマレーシアの金融機関に定期預金する必要がある。(2018年4月3日改正)

不動産情報は、こちらにある。
Bukit Bintangという中心街の情報
https://www.iproperty.com.my/property/bukit-bintang/fortune-court/rent-6150336/
日本人会館などがある地域
https://www.iproperty.com.my/property/mid-valley-city/northpoint-residences/rent-6370968/

クアラルンプールの中心街のコンドミニアムだと、1ベッドルームで5万円/月(プール、ジム付)くらいからある。車を使うのであれば、郊外の廉価な物件も賃借できる。車必須物件であれば、いっきにレベルダウンするものの家具なし2LDKアパートで16000円/月もありうる。

50歳以上の人の月額1万リンギット(約27万円)以上の収入証明又は年金証明。年金額月27万円はかなりハードルが高いですね。

ただ、マレーシアを移住先として検討している人は多いです。日本におられる方からもマレーシアを検討中と伺いました。

・・・・・・

福島第一原発は放射性物質を放出し続けます。再稼働原発も増える。いつ事故があるかわからない。

年金生活の爺は、日本にいる必要はない。海外にいて日本に住む家族の保養先になる。いいアイデアだと思いませんか。物価の安いところを選べば、家族の消費税の節約にもなる。

台北、上海  航空賃が安い
大連、ウラジオストック  往復で4、5万円する。
ソウル 4万円程度
ハノイ 6、7万円
クアラルンプール 5万円程度

1/1に日本にいないことを前提とすれば、やはり暖かいところ。航空賃が安いところで台湾ですかね。

・・・・・

ここまで書いて、テレビを止め、新聞を止め、車を捨て、外食をしなくなったことが私の生計のやりくりに役立っていることを改めて感じます。

ニュースを全く読まない、知らないで過ごすわけにはいきません。そのための手段としてはラジオがあります。ネットで最小限のニュースを見るならタブレットスマホと電話+データ通信月2GBの契約で基本料金月1,600円程度。スマホは、データ通信量の管理がやりやすくなっています。

私はブログを書くのを止めれば、月3千円のネット接続料金が浮きます。

私の場合は、徘徊や現地調査のために月5千円程度の交通費がかかっており、この節減が課題です。

とにかく子供に援助してもらわないでやっていく。それが私の最大の課題です。

急死した場合に備えて、既存の各種の契約の状況も整理しました。まあ、借入金はないのですが、リアルタイム測定システムの管理を誰に引き継いでもらうか、それが一番大変かもしれません。現役の人には頼めませんし。

※ Mikio Oishi @mikionz氏の2018/8/18のツイート
私はマレーシアではかなり高額の所得の範疇ですが、それでも去年の所得税は5.1%です。これ以外の税金は買い物で払う消費税(GST)でしたが、政権交代で今年から廃止。一方日本は、所得税に加え県市町村民税、健康保険税、年金保険料など4割くらいむしり取られます。こんな国に住む理由はないのでは。

※ Junna Hirono @ マレーシア@msialifejp氏の2018/8/18のツイート
マレーシア物価で月約30万円稼げるということは、日本の日本物価で月収60万円稼げるような感覚。プラス日本では税金年金関係でごっそり引かれるけど(4割くらい?)ここでは収入や物価に対しての税金も光熱費も安く、手元に残りますね。。日本は額面良くても引かれる分が多く手元に残らない。

※ Junna Hirono @ マレーシア @msialifejp氏の2018/8/19のツイート
こんばんは。マレーシア、通信環境は全般的に悪い気がします。後は個々で速い回線を契約してるかどうかでしょうが、一番速いのでも、他のネットスピード先進国に比べると遅い気がします。私は大手企業の会社でさえ遅いと感じてます。タイやベトナムの方がマレーシアよりかは格段にいいと思いました。
posted by ZUKUNASHI at 15:59| Comment(4) | 社会・経済

スマートメーターへの交換

電磁波に敏感な方は、スマートメーターへの切り替えの際に事業者と交渉し、旧来の方式のまま存置できた方もおられるようです。

交換後体調に変化を感じた場合は、相談してみた方が良いようです。

2018/12/28、東京電力パワーグリッドの緊急車両が何台もサイレンを鳴らして走っています。事故が多いようです。
posted by ZUKUNASHI at 14:27| Comment(0) | 福島原発事故

人口動態指数の解説 来年の暮らしの展望のために

2018/11月分の市町村別人口動態統計がほぼ出揃いました。

福島第一原発事故から丸8年になりつつある今の時点で小選挙区単位で人口動態の悪化度合いを見ると、傾向が変わりつつあります。

1 初期吸気被ばくが大きかったとみられる地域で指数が悪化し、ワースト上位に上がりつつあります。

2 東京に近い濃厚汚染地帯は、人口の流入もあり、指数の悪化が相対的に少なくなっています。

3 原発の周辺地域では、人口動態指数の悪化が続いています。

4 福島県下は、ジリジリと指数が悪化しており、ワースト上位への進出が見込まれます。

次の表は、管理人が指数を計算している116小選挙区のうち悪いほうから約4分の1を並べたものです。人口動態指数の悪化要因について、考えられるものを付記してあります。



この表の上位にある地域ではこの先も人口動態の悪化、つまり生まれる子供が減り亡くなる方が増えるという傾向が続くでしょう。

特に注目されるのは、神奈川県の西部、東京都の西部、埼玉県の西部でここに来て指数の悪化が強くなっていることです。早い時期に指数がワーストワンを示した東京第23区の指数の改善がいまだに見られないことから今後も指数の低迷、悪化は続くものとみられます。

吸気被ばくの影響が、事故後7年半を経過してもなお続くことは、チェルノブイリ事故の研究者が解明していますが、この指数でもはっきり表れるところとなりました。

今健康維持のため特に留意すべきは、内部被ばくの増加を断つことです。原発の風下では絶え間なく放射性物質を吸入する恐れがあります。濃厚汚染地帯では再浮遊による吸入があり得ます。

飲食物については、細心の注意が必要です。日本では食材の種類が多く、それぞれがどの程度の汚染か情報がありません。2ベクレル/kgのものでも排除する、そのような心掛けで臨まないと飲食物全体から体内に入る放射性物質の抑制は難しいと思われます。

正月を過ぎたら気を付けようなどという心がけでは、いつまで経っても内部被ばくの抑制は効果を上げられないでしょう。

そういう状況が続けば、来年は、ご自身や家族に健康面での不調が出たり、あるいは最悪の事態が生じて人生が暗転することになるでしょう。

このブログの急死事例などを収集した記事に海外からアクセスが続いています。ノーテンキな日本人の命運を海外の人たちは息を詰めて眺めています。

2018年12月25日
不思議なんですよね これらの記事はアクセスが落ちないんです

2018年12月27日
神奈川第16区のこの先の人口動態を占う

次は県別で全国の比較を行ったものです。人口動態の悪化、つまり生まれる子供が減り亡くなる方が増えている度合いを出生死亡比率で把握しています。なぜこんな県間格差が出ていると思いますか?
2018年12月21日
おやじに爺! よく見ろ! あんたの種は全滅だな

日本の政府機関が、学者が、医師が何と言おうと、福島の災害は人々を殺しつつある。
posted by ZUKUNASHI at 11:38| Comment(0) | 福島原発事故