ずくなしの冷や水

2018年11月24日

イスラエルの元国防大臣が現職時にシリアの反乱勢力と会っていた 爆弾リポート

RT2018/11/24
Israeli defense minister met with Syrian rebels, former IDF commander reveals in a first
In a bombshell admission, a former senior Israeli commander has said that former Defense Minister Moshe Ya'alon personally met with Syrian rebels at the height of the Syrian war.

Maj. Gen. Gershon Hacohen was speaking at an Israeli Democracy Institute conference when he made a stunning claim – Ya'alon, who was Israel's chief of defense from 2013 to May 2016, held a meeting with a group of Syrian rebels during his tenure. Hacohen, who was Israeli Defence Forces Staff Corps Commander before retiring in September 2014, said that he was also present at the never-before-reported meet-up.

Hacohen refused to specify when the meeting took place and or the subject matter of the discussions. He, however, offered a brief portrayal of his three Syrian 'counterparts,' saying that Ya'alon asked one if he was a Salafist because the minister "wanted to understand who they were."

The rebel Ya'alon addressed was apparently somewhat perturbed by the prospect of cooperation with Israel.

"He [Ya'alon] asked one of them, 'Tell me, are you a Salafist?' And he said, 'I really don't know what a Salafist is. If it means that I pray more, then yes. Once I would pray once a week, on Fridays, now I pray five times a day. On the other hand, a Salafist isn't meant to cooperate with the Zionists," Haaretz reported, citing Hacohen's recollection of the meeting.

Following Hacohen's revelation, the Jerusalem Post reported, citing its own sources, that the meeting did indeed take place and that the main topic on the agenda was “humanitarian assistance.” The JP's sources said the outcome of the talks was an agreement on humanitarian aid deliveries to the residents of the Syrian part of the Golan Heights.

The effort, which reportedly started as a one-time goodwill gesture, expanded to become Operation Good Neighbor, which formally inaugurated its headquarters in June 2016. Since then, Israel has been openly assisting the rebels, but insists that its assistance is strictly humanitarian and includes treating wounded militants and their families, supplying them with fuel, medicine, food, clothing and other essential products.

The operation was reportedly wrapped up this week after Syrian forces retook control over the Golan Heights from the rebels.

However, numerous reports have suggested that Israel's support of the rebels is not as benign as Tel Aviv seeks to portray. The Wall Street Journal reported last year that the alleged humanitarian assistance, that had begun as early as 2013, included cash payments to rebel commanders who, in turn, used the money to pay militants' salaries and buy weapons and equipment. It was reported that one group received a monthly allowance of some $5,000 from the Israeli military. The handouts were conditional upon the rebels' ability to keep Hezbollah, which Israel sees as Iran's proxies, away from the border.

Earlier this year, the Jerusalem Post was forced to hastily remove an explosive report on the IDF’s admission that it provided Syrian rebels with light weapons. The managing editor of the newspaper told RT in September that the story was taken down for "for security reasons evidently," while the IDF declined to comment on the issue.
posted by ZUKUNASHI at 23:58| Comment(0) | 国際・政治

社会の宿命として世の中で支えて行くしかありません

発達障害者相談支援制度と千葉県の取組 平成28年度千葉県相談支援従事者専門コース別研修(発達障害者支援)
平成28年8月25日 から転載







2018/11/23に寄せられた投稿を掲載する。引用開始。

子どもの発達のアンバランスを発達障害と言うのなら、ほぼすべての子どもが当てはまるでしょう。
程度の差はあれそんなもんです。

もし症状が顕著で、固定するかどうか分からない内は発達障害の状態(現在形)
固定してしまったら障害または、発達障害だった(過去形)

実際、少し前は発達障害の子を持つ親は育て方が悪いと責められたそうですが、この社会の宿命として世の中で支えて行くしかありません。
それは歳をとったり事故にあって介護が必要な状態になるのと同じで、皆いずれは障害者になるのですから


しかし、それを排除しようとする風潮が見られるのは残念です。人として間違っています。
まして、大人のエセ発達障害?など掃いて捨てるほど無責任に存在します。
障害者を排除しようとしているのは障害者ではないかと疑いたくなるほどです。

結論としては、子どもの発達障害は世の中に紛れる。
あるいは、大人も含めAi(Artificial Intelligence 人工知能)にあぶり出されて、要観察者に認定され、適切な仕事や責任分担のマネジメントが行われるようになるでしょう。たぶん本人の意志とは相入れないかもしれませんが

日本では障害の区分をできるだけ失くそうとしています。
分類したところで、一人ひとり状況が違っていて、意味をなさないと考えるようになったためです。

発達障害からはじまって、老化による障害まで一貫して対応しようとしています。
精神障害も含め、身近に障害者がいるのが普通の風景になりつつあります。

差別を無くそうとしている先進国では普通のことではないでしょうか。
積極的に、能力の欠けている部分、過剰な?部分を補い合って活かそうとしているのではないか、と考えています。
人は、助け合わないと生きていけませんからね。

posted by ZUKUNASHI at 20:19| Comment(0) | 福島原発事故

Raed Fares: Syria radio host shot dead in Idlib

BBC2018/11/24
Raed Fares: Syria radio host shot dead in Idlib
A prominent Syrian radio journalist has been shot dead by gunmen in the rebel-held Syrian province of Idlib.

Raed Fares, a well-known Syrian activist, was killed in the north-western town of Kafranbel.

It was not the first time the founder of Radio Fresh, an independent radio station broadcasting from inside opposition-held areas in the country, had been targeted.

His activism had earned the ire of both militants and the Syrian government.

Four years ago, two gunmen for the Islamic State (IS) militant group shattered several bones and punctured his lung in a failed attempt to silence Fares.

More attempts on his life would follow and yet the former estate agent was determined to carry on.

※ Charles Shoebridge @ShoebridgeC氏の2018/11/24のツイート
Even US UK media now struggle to hide the harsh reality of #Syria's 'democratic revolution', as well known Idlib activist they loved to lionise is gunned down by Islamist extremists that he (along with US UK France govts and media) helped to bring to power

※ Alan @AFK_10
返信先: @ShoebridgeCさん
Here is Raed Fares at the Atlantic Council, funded by US Govt, NATO, Gulf State Dictators, Big Oil Companies & Arms Manufactures .
posted by ZUKUNASHI at 19:35| Comment(0) | 国際・政治

測定器のグラフをアンドロイドスマホのテザリングでネット送信する USBケーブル

2018/11/22午後9時、アンドロイドスマホとゼロsimを使ってテザリングによるグラフ送信を始めました。

USBテザリングです。接続設定当初は送信されませんでしたが、ブラウザーでサイトを見たりしているうちに送信が始まりました。

データ送信量が大きくなりすぎないように通常5分ごとの送信を10分ごとに変えて様子を見ます。

この方式でグラフが送れると常時接続のネット回線をお持ちでない方にもリアルタイム測定システムを使っていただけることになります。



送信実績を見ると、テザリング開始当初、ShareXの送信先が指定外のところになっています。その後本来の送信場所に戻りました。ShareXのアプロードの実行については送信先が時に変わってしまうバグがあります。

15時間ほど経過しましたが、安定的に送信されています。

テザリングは不安定と聞いていましたが、USBケーブルを使う限り安定しています。

平常時のモニタリングは、30分に一回のグラフ送信で足りるかもしれません。GC10monitorのグラフは1時間20分間のデータを表示します。

一つのファイルが26KBとして手続き的なデータのやり取りを含めて1回30KBの通信量だとすると、10分ごとの送信で
30×6×24×31=133,920KB、1か月に134MBになる計算です。30分ごとなら1か月で45MBです。

私のアイフォンの契約が 110MB/日コース(約3.3GB/月) です。データ通信はほとんど使っていませんので、こちらでテザリングしても余裕で処理できます。

スマホのテザリングのデータ使用量 18時間で12.94MB。送信間隔を最初は短くしていましたが、このまま24時間に引き延ばすと17.25MB、31日で535MB。10分おきでは500MBに収まらない恐れがあります。15分おきか20分おきにしないといけないです。

送信エラーが出ています。Wifi経由では見られないものです。15時30分、ShareXを再起動して送信先が正常化しました。スマホはパソコンからUSB接続で充電されます。

一度パソコンの電源を落とすと、再度電源投入後、スマホでテザリングを有効にする操作が必要。

2018/11/23 23時現在、上の画像に示したもののうちモニターへの接続なしで稼働中。グラフは、「東京都区部 G**」、10分ごとの画像更新。

スティックパソコンとスマホで画像を共有できるはず。そのように設定すれば、モニターなしで手元で画像を確認できます。やろうと思えばスティックパソコンの操作もできるのでしょうが、スティックパソコンがうたい文句通り家電並みであれば操作はいらない建前。Wifiのセキュリティコード入力時にミラー画面を見ながらやれるか? できそうです。

固定ネット回線がダウンしたらスマホと常用パソコンをUSBケーブルで接続、テザリングすれば、ブログの更新などテキストに限れば楽勝ですね。これはよいところに気づきました。ゼロSIMはデータ通信は5GBで1600円、これを超えても速度制限がかかりますが、通信はできます。私の場合はアイフォンの契約分も使えます。

セルラー回線経由の場合は、Windowsや他のソフトの更新を止めないといけません。私の場合、里帰りしたスティックパソコンのソフト更新でデータ通信量の8割近くを使っています。

12時過ぎ送信が停止。パソコンを再起動しても直りません。スマホのテザリングが止まっていました。機内モードになっていました。止まったらスマホを疑えです。なにが原因かわかりません。

スマホにモニターがありますからそれでスティックパソコンの画面を映し出せば、スティックパソコンが正常に動いているかは確認できます。正常なら問題はスマホのテザリングにあり。

komado2を使って、スティックパソコンの画面のミラーリングをしたところです。



komado2は、有料版でないと連続してミラーリングできませんが、確認するだけなのでそれでも足ります。

今後出荷するスティックパソコンにはkomado2をインストールすることにしました。スマホの側でGoogle Playからダウンロードする際にクレジットカードなどのデータ入力を求められましたが、これはスキップしてダウンロード、インストールまではできました。

スマホのテザリングによるシステム、実用可能なことがわかりましたが、今日も疲れました。
posted by ZUKUNASHI at 18:24| Comment(0) | デジタル・インターネット

2019/7頃に福島で#世界少年野球 とんでもないこと

※ Nemesisネメシス @zodiac0088
放射能安全プロパガンダを拡散させるため外国の野球少年まで動員しようとする福島県
http://www.minpo.jp/news/detail/2018112257630
来年6月にも決定 #世界少年野球 、福島開催巡り王氏意向
#福島 #Fukushima #放射能 #被曝

福島民報2018/11/24
来年6月にも決定 世界少年野球、福島開催巡り王氏意向
 世界少年野球推進財団(本部・東京)は二十一日、二〇一九年夏の第二十九回世界少年野球大会の福島市開催を来年六月にも正式に決める方針を示した。財団の王貞治理事長(ソフトバンク球団会長)が来県し、県と市に協力を依頼し、内堀雅雄知事、木幡浩市長が実現に協力する意向を示した。開催時期は来年七、八月ごろで調整している。
 王理事長は県庁で内堀知事に「東京五輪を前に福島と世界の子どもが野球で交流を深める機会にしたい」と呼び掛けた。内堀知事は県営あづま球場が東京五輪の野球・ソフトボール競技会場になると紹介した上で、「野球を通じて復興につなげたい」と述べた。
 市役所では木幡市長と懇談し、王理事長は「大会の開催で福島を元気にしたい」と意欲を語った。
 県と市は、試合会場となる市内の球場を選定する。財団は候補に挙がった球場を視察した上で会場を決定する方針。来年六月に開く会議で市内開催を正式に発表する見通し。参加国は十五カ国前後、約二百人を見込んでいる。

・・・引用終わり・・・

管理人はこの企画に反対します。

県営あづま球場!
福島市あづま県営運動公園の近く



オリンピックでF1が観光名所に!! これは素晴らしい! 「放射性物質汚染による健康被害体験ツァー 外国人向け」 こっちは推進してもよいかも。

※ Kyoko Kanazawa @kyokokanazawa氏の2018/11/23のツイート
こんなことして。ますね

posted by ZUKUNASHI at 15:54| Comment(0) | 福島原発事故

発達障害関連は 有望な新ビジネス分野


https://www.pref.chiba.lg.jp/shoji/soudan/hattatsu.html



※ ◎◎@Jetstarmans・氏の2018/11/15のツイート
最近診断ないのに「わたし、発達障害かもー」「僕はADHDだわ」という輩が増えて困る。専門家や支援者の中にもこういう発言をする人が大勢いて、さらに困る。
僕は一言言いたい。
「発達障害だと公言する前に、頼むから病院行ってくれ」

※ うたうたいとえかきのはは@bewizyou1・氏の2018/11/12のツイート
NHKの発達障害大キャンペーン時にいつも危惧していることなんだけど、公教育が少しの凸凹を許さずはみ出た子を排除する異常事態を放っおいてラベリングすることで結局、子どもの教育機会は失われ、レベルの低い児童発達支援ビジネスを太らせるだけのキャンペーンになってしまってはいないだろうか。
posted by ZUKUNASHI at 13:21| Comment(0) | 福島原発事故

空間線量率 2018/11/24〜

2018/11/24、私設リアルタイム空間線量率測定システムの表示値が全国的に安定しています。新潟県 G4では、トレンド直線がきれいに右肩下がりとなっています。

スマホを使ってテスト中の測定ポイントも安定稼働です。実用に耐えます。
posted by ZUKUNASHI at 12:32| Comment(0) | 福島原発事故

読者には嗅覚への影響がほとんどない方が多いが被ばく回避に努めておられる故かも

2018/8/9に寄せられた臭覚についてのアンケート回答を掲載する。アンケート回答主は、公開されないことを前提に書いてくださったのだろうと思うが、公開させていただく。嗅覚についての影響はほとんど見られない。これまでのところ、体調いかんにより嗅覚に変化があるという方が多い。今回の回答主は、猫や犬の飼育に関して詳しい知識と長い経験をお持ちの方。本などを書いておられるのではないかと思うが、ご本人には確認していない。まだならぜひお書きになったらよいと思う。
問の一覧
質問1  C
質問2  A ○  B ○  C ○ (葉や茎自体、香ります)  D ○ (庭のドクダミを抜く時触っただけで匂います)  E ? (手近にクスノキがないためわかりません)  F ? (ヨモギ粉末は臭いを感じます)  G ○  H ○  I 生ごみは冷蔵庫の野菜室に保管しているので、臭いの発生無し。  J × (換気扇使用)  K △ (短時間は好ましく感じる)  L 変化無い  M ○  N 変化無い  O 変化無い

やむを得ない諸事情で猫が**匹に増えてしまいましたが、 窓締切り、エアコン・空気清浄機(消臭機能無し)24時間稼働、湿度が高い時は除湿機稼働、システムトイレ使用で、それほど動物臭が強くなってはいないと思います。 (↑は猫友さん評。犬猫嫌いの方は臭うと思いますが。)

いろいろなものが混ざったものは匂いを感じにくい? 豚肉や鶏肉の調理には単独の香辛料(スパイス)で変化をつけています。 コショウ、ショウガ、ニンニク、タイム、オレガノ、グローブ、クミン、etc. (タイムやオレガノはハーブティーとして売られているものを使用)

80歳以上の方が多い我が家の周囲、、、お歳の割には皆様お元気と思っていましたが、昨年秋以降、お二人がガンのため亡くなられ、お一人は脊柱管狭窄症で歩行がご不便になったりと、ここにきて体調不良が目立ってきました。

・・・引用終わり・・・

キンモクセイの香りについて「短時間は好ましく感じる」と書いておられます。管理人もそうです。キンモクセイはほのかな香りでも感じます。木に一つ二つしか花をつけていなくても匂いで木があることがわかります。つぼみでも匂うように思います。

嗅覚が失われたという方はまだおられないのですが、眠くて仕方がないとか、よく卒倒しているような方は、匂いを感じているのでしょうか。

回答を寄せてくれた読者には、特段の嗅覚異常は生じていないと判断されます。特に注目されることはありませんでした。ただし、これらの方は被ばく回避に注意しておられます。よく鼻血が出たからといっても、嗅覚細胞がやられて臭いを感じられなくなるということはないようですが、嗅覚は細胞の感度とともに中枢での情報処理がその鋭敏さを左右するように思います。

管理人は、臭いが場所の記憶と強く結びついています。人によっては、危険な信号としての嫌な臭いが検知できなくなっていることもありますからどうぞご注意を。加齢によって生ずることも多いようです。

注目すべき事例

※ 武矢けいゆう@外科医の視点 @keiyou30氏の2018/7/17のツイート
高齢の方で、腐ったちらし寿司を食べて急性胃腸炎になって入院した方がいらっしゃったのですが、あとで娘さんが確認したら腐臭がしていて、とても食べようと思うような代物ではなかったと。
認知症ではなかったですが、お元気でもにおいや味に鈍感になっている高齢者は多いので、この時期ご注意です。
posted by ZUKUNASHI at 12:07| Comment(0) | 福島原発事故

Those who don’t listen to Russia’s diplomacy should listen to its military – Foreign Ministry

RT2018/11/23
Those who don’t listen to Russia’s diplomacy should listen to its military – Foreign Ministry
Russia still hopes the US will refrain from an ill-advised move over the pivotal arms control accord, the INF, but those unwilling to listen to diplomatic language will be less dismissive of the military, Moscow warns.

US President Donald Trump’s plan to ditch the decades-old Intermediate-Range Nuclear Forces Treaty (INF) has been creating a stir for over a month. Some US allies have lashed out at Washington for the potentially dangerous move which could also hurt Europe’s security.

Russia hopes the US can take a “sober” look at global security and refrain from making any “ill-advised” moves, director of the Department for Non-Proliferation and Arms Control at the Russian Foreign Ministry, Vladimir Ermakov, told media. However, Russia is prepared for any decision the US makes.

“Of course, we have solutions to any scenario,” Ermakov said on Friday.

“Well, those who don't want to listen to [Russian Foreign Minister] Sergey Lavrov, who explains everything in detail, will have to listen to what [Russian Defense Minister] Sergey Shoigu will explain.”

The 30-year-old arms treaty bans the possession and development of short and mid-range missiles. In recent years, Moscow and Washington have been trading accusations of violating the accord.

The US claims that Russia builds missiles which are prohibited by the INF. Russia has refuted the allegations and in turn said that American missile defense complexes, stationed in Eastern Europe, can be easily turned into offensive intermediate-range launchers.

Earlier this month, President Vladimir Putin, called on the US to “treat this issue with full responsibility,” adding that Washington’s decision to pull out from the agreement “cannot and will not be left unanswered.”

Reacting to the possible US move, Russian senators have recently mulled changing some points in the national nuclear doctrine.

Changes will be necessary if the US decides to deploy nuclear forces to Europe after it quits the accord, former chief of the Strategic Missile Forces General Staff Viktor Yesin told RT. He explained that Russia can currently resort to retaliatory strikes in case of a nuclear attack. However, the amended document may stipulate “preemptive” strikes “under certain conditions,” though Yesin did not elaborate.

posted by ZUKUNASHI at 00:26| Comment(0) | 国際・政治