ずくなしの冷や水

2018年11月23日

Imagine if Russia had done it: Farage calls out West's lily-livered response to Khashoggi murder

RT2018/11/23
Imagine if Russia had done it: Farage calls out West's lily-livered response to Khashoggi murder
The West’s muted response to Jamal Khashoggi’s murder would become a storm of indignation if the journalist had disappeared in a Russian consulate, ex-UKIP leader Nigel Farage believes.

Saudi Arabia is an “important market” both for the US and UK, but the West’s unwillingness to hold Riyadh accountable for Khashoggi’s killing reveals a glaring double-standard, Farage argued in an interview with Fox News.

Imagine if any other country had behaved like this. Imagine if Russia had behaved like this. There would be a much bigger international outcry

Farage isn’t the only one to notice the discrepancy. Since Jamal Khashoggi’s murder inside the Saudi consulate in Istanbul on October 2, journalists and commentators have struggled to understand how Riyadh has emerged from the grisly crime largely unscathed.

Unproven allegations of Kremlin involvement in US elections and the poisoning of ex-double agent Sergei Skripal have resulted in a series of sanctions and diplomatic expulsions, bringing US-Russia relations to their lowest point since the Cold War.

In an unprecedented breach of diplomatic protocol, US authorities broke into the locked residence of the Russian consul-general in Seattle in April – where, presumably, no journalist had been murdered.

The consulate had earlier been ordered to close as part of the expulsion of 60 Russian diplomats from the US.

No such drastic measures have been taken with Riyadh, however. While Germany and France have imposed travel bans on 18 Saudi nationals accused of carrying out Khashoggi’s killing, the West’s political and economic relations with Riyadh remain largely unaffected.

In an effort to distance themselves from the kingdom’s alleged human rights abuses, several European countries have temporarily halted arms exports to Saudi Arabia. Riyadh’s largest weapons dealers – the US, UK and France – have so far resisted calls to cut ties with their valued customer.
posted by ZUKUNASHI at 23:39| Comment(0) | 国際・政治

小中学生はその時何歳だった?

満年齢と学齢期の対応を訂正しました。

2018年11月21日 年長組はいつ生まれた

福島第一原発事故の前に生まれた人は、現在小学2年生以上です。(2011/3/11から4/1までに誕生した者を含みます)



2011年4月から12月頃までに生まれた者は母親の胎内で福島第一原発事故に遭遇したことになります。2011年4月に生まれた者は月齢が高くて胎内にいた期間は短かったわけですが。

2010/4に生まれた者は1歳になる直前、2009/4に生まれた者は2歳になる直前に福島第一原発事故に遭遇です。子供のほうが被ばく影響は大きいとされますので、当時6歳未満だった者に注目すると2005/4以降2011/3以前に生まれた者となります。現在、小学2年生から中学1年生。

都内で学童保育の現場を知る方の中には「この数年で特別支援学校(級)に入る子供の数が増えている。支援が必要かどうか、判断に迷うボーダーライン上にいると思う子供も増えている。」との受け止め方をする人もおられるようです。

学童保育は、小学生が対象です。現在の小学6年生は当時満4歳から5歳直前でした。

これまでの読者のコメントなどをまとめると次のようになります。

新生児は3歳までの毎年の健診で健康状態、発達面のチェックを受ける。
発達障害が見られた場合は、その旨の指摘と助言がなされる。
そのような指摘を受けた親は、子供の発達面に気を配り、場合によって療育(障害をもつ子供が社会的に自立できるようになることを目的として行われる医療、保育)を受ける。

小学校入学前の健診で、就学判定が行われ、入学先が振り分けられるためここで親が現状を受け入れるどうか問われる。この段階で子供は保育園年長組、したがって親たちの間で「発達障害」という言葉が飛び交うのは保育園の年長組の後半の時期。

読者からの情報では、東京では2、3年前から「発達障害」という言葉が飛び交い始めたという。つまり今、年長組に属する者は2012/4から2013/3までに生まれた者。その2、3年前なら今小学校の3年生になっている。

2010/4以降に生まれた者に発達障害が多いらしいことがわかる。福島第一原発事故は2011/3。その現象は今も続いていることになる。

学習障害や発達障害が小学生低学年のみにとどまらず、小学生高学年、中学生、さらには高校生にまで増えていることはありうるのではないでしょうか。とてもつらいことですが、現実はそのように厳しいものなのではないかと思います。

それに加えて健康障害です。内輪でくだらない喧嘩をしている時ではないと焦ります。

2018/11/24に寄せられた投稿を掲載する。引用開始。

幼児の言語の発達は個人差が大きいし、様々な要因が絡んでいて一概に福島の影響とは言えないと思います。環境を整えて、焦らずに育てていくしか方法は無いと思います。

テレビやスマホなどメディアの影響、それに付随する親の養育態度などいろいろ言われています。
専門家にチェックしてもらっても、親がメディア漬けでどうしようもない場合もありますが、そこまでいくと虐待、ネグレクトになりますね。

3歳児検診までに、いろいろ対応策が出されて来ると思います。
日本では、それらのセーフティネットは機能していますので、焦らずに経過を見られたらどうでしょうか。

最悪の結果になったとしても子育てを放棄することはできないし、受け入れていくしかないのですから、はっきり言ってその点は腹を括られた方がいいと思います。
そのうえで、親の不安を煽るような心配をするより、話を聞くなど少しでも安心して子育てできるような支援を考えられた方がいいと思います。

もしそれができないのなら、有害無益な外野として退場を考えられた方が、むしろお孫さんの幸せのためになると思います。

・・・引用終わり・・・

犬でもより多くの人と接して喜ぶわけだし、刺激が大きすぎなければ、多くの人と関わらせたほうが良いのではないかと思いますが、どうでしょう。私も、しょせん有害無益の外野にしか過ぎないわけだけど、なにか有益なことはできないかと考えるんですよ。
posted by ZUKUNASHI at 21:46| Comment(17) | 福島原発事故

最近の世相 BDSM? ご好評最近の世相シリーズ第2弾

ロシアの地方都市でBDSMクラブが警察の手入れを受けた時の画像とされるものがネットに出回っていて話題になっているそうです。

RT2018/11/22
All shades of grey: Russian ‘BDSM club raid’ video is a MYSTERY after police deny partaking

ですが、警察がそのような手入れのあったことを否定して画像に疑問が噴出。

この画像、情報は以前にどこかで見たことがあります。
特に気にも留めずにパスしましたが。(本当か? の声)

改めて見てみると、BDSM同好会の集まりでしょうか。見物人が少ないです。それに場所は商売の場のような作りですが、身に着けたものが洗練されていない。ちょっとエロイ普通の着衣です。それに肢体もプロフェッショナルな感じがしません。

単なる乱〇パーティの一場面のような気がしますが、場所もロシアの地方都市? 疑問だらけです。画像に迫力がないからロシアのものにした??

2018年01月17日
ロシアの航空学校生徒が施設内でBDSM風のビデオを作製

2017年11月04日
ソロスのファンドマネージャーがBDSMに関して訴えられる

2017年05月17日
真昼間からBDSM? そんな格好でいたら痴漢されるよ

2016/2/20、RTに次の記事が載りました。
‘Quick porn’: Mayor of German town Quickborn accidentally reveals his BDSM taste on Facebook

次の画像は見にくいですが、左から二つ目三つ目のタブは、そのようなページであることが読み取れます。


BDSMとは、 Bondage(ボンデージ、拘束) Discipline(ディシプリン、体罰) Sadism(サディズム、加虐) Masochism(マゾヒズム、被虐)のことだそうです。

都会には、いろいろな趣味の人が集まるいろいろな場があります。アクセスしようと思うなら、まず十分な下調べが必要です。CCTVによる街頭の画像記録も増えています。
posted by ZUKUNASHI at 14:21| Comment(0) | 社会・経済

発達障害(学習障害)と診断されても回復した人もいる

2018/11/22と11/23に寄せられた投稿を掲載する。引用開始。

Barbara Arrowsmith-Youngという人(顔写真)は、発達障害(学習障害)と診断されました。
時計の針を見ても時間が分からない。
母親の姉妹=おばさん という関係が分からない。
地理感覚がなく、友人宅内で迷子になる。
道路を横断しても、車と自分の距離感が無い。
しかし、頭部に銃弾を受けて知的な障害を負ったソ連兵の症状が、バーバラさん本人とそっくりだったことを知り、彼女の脳では機能していない部分があることを自覚します。
その後、自作の時計の文字盤カードで特訓したことで、通常の知的レベルになったそうです。

障害があるのではなく、脳に機能していない箇所があるだけだという考えで、自分で学校を作った人です。
https://arrowsmithschool.org

今回の記事にある発達障害のように、ホの影響を受けている可能性があれば、バーバラさんのような改善の見込みがあるかどうか不明ですが。

・・・続いてもう1件・・・

発達障害は未発達な部分が正常に発達すれば解消します。固定的ではありません。
むしろ今まで気づかないで、自然に回復して(発達して)きた人の方が多いのではないでしょうか。
裏返すと、多くの人に発達のムラがあるのは普通のことで、大人になって落ち着くのは普通のことだとも言えます。

問題はその原因です。
記事にあるように、脳の機能の一部に障害がある場合は、正常な部分で代替することで見かけ上回復します。
重金属汚染で全体の機能が抑制されている場合は、デトックスによって回復する場合もあります。

幼児の場合、予防接種が原因と思われる吃りなどの障害は数年で回復するようです。
かく言う私も、体が思うように動かせない運動機能障害めいた状態が長く続いていましたが、回復したのは20代になってからです。

時間がかかっても諦めずに発達させる忍耐が、本人にも親にも周辺の社会にも必要です。
そうして回復したものは、たとえ幾度も乗り遅れを被ったとしても、最後には強い力になります。
某総理のように誤魔化して努力することを学び損ねれば、どうなるかわかると思います。

問題の要因ですが、機能が代替も回復も不可能であれば、固定的にならざるを得ないと思われます。(再生医療による回復の可能性も将来的にはあるかもしれませんが)
養護施設の激増が確実とも思われますが、重度のものは生命の維持すら難しいでしょうから、割合としてはそれほど増えないのではないかと想像しています。
結果として、能天気な白痴化社会(戦後のアメリカ式愚民化社会そのものですね。)が続くのではないでしょうか。
posted by ZUKUNASHI at 13:09| Comment(2) | 福島原発事故

神奈川県下の地形

千葉県の台地は房総半島を除けば、せいぜい40mですが、神奈川県の丘陵は80mから100m以上にも達しています。


相模原インターから河口まで相模川沿い。下溝駅辺りが標高35m、河口まで22km。流速毎秒1mとして22,000秒、6時間で海に届きます。流速毎秒25cmとして24時間。上流では川底に沈降する間もなく流れたでしょうし、川底は海に近いところほど汚染が強かったはずです。




















神奈川県下の現地調査に備えて少しずつ資料を集めています。地形を調べて、これだけ凸凹があれば、凹みの場所では2011/3/15早朝に吹き込んだヨウ素主体とみられる放射性物質を含んだ気流は一日中滞留したのではないかと思わされます。

神奈川県の水道水のセシウム検査結果は、何年も検出限界値10ベクレル/kgとなっています。環境、バックグラウンドの放射能水準が下がれば、検出限界値も下がります。神奈川県は何らかの理由があって検出限界値10ベクレル/kgを維持したとみられます。

神奈川県衛生研究所における放射性物質の測定について
●アユ
平成23年6月1日のアユ釣りの解禁を控え、 5 月 22 日〜 23 日に早川、相模川、酒匂川で採取したアユの放射能濃度を調査しました。
早川のアユから 20Bq/kg 、相模川のアユから 198Bq/kg の放射性セシウムが検出され、酒匂川のアユからは不検出でした。放射性ヨウ素は三つの川とも不検出でした。
これらの測定結果及び早川や相模川のアユでの放射性セシウムの測定値は、いずれも暫定基準値の 500Bq/kg を下回っており、食べても健康に影響しないレベルであるとして、5月 25 日に記者発表しました。
●茶
平成23年5月9日に南足柄市で採取した茶(生葉)を測定した結果、放射性セシウムが最大で 570Bq/kg と食品衛生法上の暫定規制値 500Bq/kg を上回っていました。その後、足柄茶に関係する市町村の茶(生葉)について測定したところ、暫定規制値を上回ったのは、最大値で小田原市 780Bq/kg 、愛川町 670Bq/kg 、真鶴町 530Bq/kg 、湯河原町 680Bq/kg 、清川村 740Bq/kg でした。放射性ヨウ素はいずれも不検出でした。この結果を受け、神奈川県では暫定規制値を上回った生産地からの出荷を自粛していただくようお願いしました。
posted by ZUKUNASHI at 12:35| Comment(0) | 福島原発事故

CIA Holds ‘Smoking Gun Phone Call’ of MbS on Khashoggi Murder

FARSNEWS2018/11/22
Khashoggi's Editor Calls for Congress to Probe Trump, Kushner Ties to Saudis
TEHRAN (FNA)- Karen Attiah, the editor for slain journalist Jamal Khashoggi at The Washington Post, is calling for Congress to investigate President Donald Trump and his son-in-law and senior adviser, Jared Kushner, for ties to Saudi Arabia.

"It’s easy to get lost in the grief and outrage over Trump siding [with] Saudi regime that thinks nothing of butchering peaceful journalists in consulates," Attiah wrote on Twitter on Wednesday, The Hill reported.

"But hope is not all lost. Congress must act, and the American people can still help," she added.

Attiah listed several ways that Congress could act, including declassifying the CIA report that concluded Saudi Crown Prince Mohammad bin Salman (MbS) ordered Khashoggi's killing, sharing CIA intelligence on the kingdom and investigating Trump and Kushner's financial relationship with Riyadh.

On Tuesday in a statement Trump said that he would maintain the "steadfast" alliance with Saudi Arabia, making it clear that the president does not want Khashoggi's murder to disrupt the relationship between the two nations.

In the same statement, Trump refused to blame the crown prince for Khashoggi's killing, even though the CIA has reportedly concluded that the prince ordered it.

Attiah called Trump's statement "full of lies and a blatant disregard for his own intelligence agencies", stating that "it also shows an unforgivable disregard for the lives of Saudis who dare criticize the regime. This is a new low".

FARSNEWS2018/11/22
Report: CIA Holds ‘Smoking Gun Phone Call’ of MbS on Khashoggi Murder

TEHRAN (FNA)- The Central Intelligence Agency (CIA) is in possession of a phone call recording of Saudi Crown Prince Mohammad bin Salman (MbS) in which he is heard giving an instruction to “silence Jamal Khashoggi as soon as possible”, according to a report.

CIA Director Gina Haspel “signalled” during her trip to Turkey's Ankara last month the existence of the wiretapped phone call between MbS and his brother Khaled bin Salman, who is Saudi Arabia’s ambassador to the United States, Hurriyet columnist Abdulkadir Selvi wrote on November 22.

Citing unidentified sources, the Turkish columnist wrote that the two Saudi officials are heard in the CIA recording discussing the “discomfort” created by Khashoggi’s public criticism of the kingdom’s administration.

Khashoggi, a frequent contributor to The Washington Post and a prominent critic of MbS, was killed on October 2 inside the Saudi Consulate in Istanbul.

After weeks of denying any involvement in the crime, Riyadh finally admitted that Khashoggi had been killed inside the consulate but claimed the Saudi royal family had no prior knowledge about any murder plot.

“It is said that the crown prince gave an instruction to silence Jamal Khashoggi as soon as possible and this instruction was captured during the CIA wiretapping. The subsequent murder is the ultimate confirmation of this instruction,” Selvi added, stressing that an international investigation into the murder, if opened, “can reveal more jaw-dropping evidence, as CIA has more wiretapped phone calls at hand than the public knows about”.

Citing the latest findings in the Turkish investigation into the murder, Selvi had written in his column on November 19 that Khashoggi was forced by his would-be killers to send a message to his son who was still held in the kingdom by the crown prince.

“The hit squad, which was composed of close aides of Crown Prince Mohammad, told Khashoggi to send a message to his son, otherwise he ‘would be brought to Saudi Arabia’. Khashoggi rejected it, which led to the quarrel that ended with his killing by strangulation with a rope or plastic bag,” Selvi stated.

Saudi Arabia’s public prosecutor had requested on November 15 the death penalty for five Saudi officials, while charging a total of 11 suspects.

US President Donald Trump declared on November 20 that he will not further punish Saudi Arabia for the murder, making clear in an exclamation-filled statement that the benefits of good relations with the kingdom outweigh the possibility its crown prince ordered the killing.

Khashoggi’s body has yet to be returned to his family amid reports that it was chemically dissolved by the Saudi hit squad.

FARSNEWS2018/11/22
Saudi FM Blasts 'Outrageous' Report That Crown Prince Won't Become King
TEHRAN (FNA)- Journalist Jamal Khashoggi's murder was an "unfortunate accident" and any discussion that Saudi Crown Prince Mohammad bin Salman (MbS) was responsible and may not take the throne is "outrageous", the foreign minister said.

In a series of interviews on Wednesday, Adel al-Jubeir reiterated that calls for MbS to be held accountable for Khashoggi's shocking killing are a "red line", according to Al-Jazeera.

"We will not tolerate any discussion of anything that is disparaging towards our monarch or our crown prince," Jubeir told the BBC.

On other television networks, Jubeir steadfastly defended the Saudi Arabia's crwon prince despite a CIA assessment reportedly saying there was "high probability" that he ordered the murder.

"We have made it very clear that Saudi Arabia's government is not involved in this and the crown prince is not involved in this at all," he told CNBC.

The foreign minister was also asked about a Reuters news agency report this week that quoted Saudi sources saying a move was in play to prevent MbS from ascending the throne once his father, King Salman, 82, dies.

"These are outrageous comments that have been made and are totally unacceptable. The Kingdom of Saudi Arabia is committed to its leadership," he added.

"The crown prince has the confidence of every Saudi citizen, including King Salman. The crown prince is the architect and driving force behind the reform programme in Saudi Arabia and the Vision of 2030," Jubeir told CBS.

In a statement on Wednesday, Reuters noted that "We stand by our story".

Khashoggi - a US resident who wrote for The Washington Post and had been critical of MbS - was lured to the Saudi consulate in Turkish city of Istanbul on October 2, killed and reportedly dismembered. After lengthy denials, Saudi authorities admitted responsibility and announced that 21 people involved in the "rogue operation" had been taken into custody.

"We have made that very clear. We have investigations ongoing and we will punish the individuals who are responsible for this," Jubeir stressed.

President Donald Trump on Tuesday said the United States would not take punitive measures against the kingdom or the crown prince over Khashoggi's murder.

Trump stated that the US intends to remain a "steadfast partner" of Saudi Arabia - even though "it could very well be" that MbS had knowledge of Khashoggi's killing.

The American president added he did not intend to cancel tens of billions of dollars worth of military deals with Saudi Arabia, saying "if we foolishly cancel these contracts, Russia and China would be the enormous beneficiaries".

Trump on Wednesday ignored criticism that he gave Saudi Arabia a free pass on Khashoggi's murder, instead praising Riyadh for keeping oil prices low.

US Defence Chief James Mattis reiterated Trump's stance to stand by the kingdom, saying on Wednesday that "on the Khashoggi affair, presidents don't often get the freedom to work with unblemished partners in all things".

He highlighted the brutal war in Yemen that the Saudi-Emirati coalition has waged since 2015.

"If you want to end the war, you're going to deal with Saudi. You can't say, 'I'm not going to deal with them'," the Pentagon head stressed.
posted by ZUKUNASHI at 00:19| Comment(0) | 国際・政治