ずくなしの冷や水

2018年11月12日

MBSがイランのソレイマニ暗殺計画の検討もしていた

FARSNEWSがMBSがイランのソレイマニの暗殺計画を練っていたことを報ずるNYTの記事をほとんど丸ごと引用しています。

FARSNEWS2018/11/12
Saudis Close to Crown Prince Discussed Killing Other Enemies A Year Before Khashoggi’s Death
TEHRAN (FNA)- Top Saudi intelligence officials close to Crown Prince Mohammad bin Salman asked a small group of businessmen last year about using private companies to assassinate Iranian enemies of the kingdom, according to three people familiar with the discussions, according to a report.

The Saudis inquired at a time when Prince Mohammad, then the deputy crown prince and defense minister, was consolidating power and directing his advisers to escalate military and intelligence operations outside the kingdom. Their discussions, more than a year before the killing of the journalist Jamal Khashoggi, indicate that top Saudi officials have considered assassinations since the beginning of Prince Mohammad’s ascent, The New York Times reported.

Saudi officials have portrayed Mr. Khashoggi’s death as a rogue killing ordered by an official who has since been fired. But that official, Maj. Gen. Ahmed al-Assiri, was present for a meeting in March 2017 in Riyadh, the Saudi capital, where the businessmen pitched a $2 billion plan to use private intelligence operatives to try to sabotage the Iranian economy.

During the discussion, part of a series of meetings where the men tried to win Saudi funding for their plan, General Assiri’s top aides inquired about killing Qassim Suleimani, the leader of the Quds Force of Iran’s Revolutionary Guards Corps and a man considered a determined enemy of Saudi Arabia.

The interest in assassinations, covert operations and military campaigns like the war in Yemen − overseen by Prince Mohammad − is a change for the kingdom, which historically has avoided an adventurous foreign policy that could create instability and imperil Saudi Arabia’s comfortable position as one of the world’s largest oil suppliers.

As for the businessmen, who had intelligence backgrounds, they saw their Iran plan both as a lucrative source of income and as a way to cripple a country that they and the Saudis considered a profound threat. George Nader, a Lebanese-American businessman, arranged the meeting. He had met previously with Prince Mohammad, and had pitched the Iran plan to Trump White House officials. Another participant in the meetings was Joel Zamel, an Israeli with deep ties to his country’s intelligence and security agencies.

Both Mr. Nader and Mr. Zamel are witnesses in the investigation by Robert S. Mueller III, the special counsel, and prosecutors have asked them about their discussions with American and Saudi officials about the Iran proposal. It is unclear how this line of inquiry fits into Mr. Mueller’s broader inquiry. In 2016, a company owned by Mr. Zamel, Psy-Group, had pitched the Trump campaign on a social media manipulation plan.

A spokesman for the Saudi government declined to comment, as did lawyers for both Mr. Nader and Mr. Zamel.

During the March 2017 meeting about the plan to sabotage Iran’s economy, according to the three people familiar with the discussions, the Saudis asked the businessmen whether they also “conducted kinetics” − lethal operations − saying they were interested in killing senior Iranian officials. The businessmen hesitated, saying they would need to consult their lawyer.

The lawyer flatly rejected the plan, and the businessmen told the Saudis they would not take part in any assassinations. Mr. Nader told the Saudis about a London-based company run by former British special operations troops that might take on the contract. It is unclear which company he suggested.

Before he was ousted last month, General Assiri was considered one of Prince Mohammad’s closest advisers, a man whose sharp ascent tracked the rise of the young crown prince. In 2016, he became the public face of Saudi Arabia’s campaign in Yemen, giving briefings about the state of the war. He traveled frequently to Washington, where Saudi-paid lobbyists brought him to think tanks to give optimistic assessments about the campaign’s progress and he extolled the Saudi concern for the welfare of civilians.

By 2017, however, the Saudi campaign that General Assiri oversaw in Yemen had ground into a military stalemate and, despite his assurances, a humanitarian catastrophe. But his patron, Prince Mohammad, also consolidated his power over all of the kingdom’s security apparatuses, and he promoted General Assiri to the deputy head of the kingdom’s spy agency, the General Intelligence Directorate.

Western analysts believe that Prince Mohammad moved General Assiri there in part to keep an eye on the spy chief, Khalid bin Ali bin Abdullah al-Humaidan, known as Abu Ali, who was close to Western intelligence agencies and suspected of harboring loyalties to one of the crown prince’s royal rivals.

General Assiri was dismissed last month when the Saudi government acknowledged Mr. Khashoggi’s killing and said he had organized the operation. On Saturday, President Recep Tayyip Erdogan of Turkey said his government had handed over a recording of Mr. Khashoggi’s killing to the United States, Saudi Arabia, Britain and France, pressuring President Trump to more harshly punish the Saudis over the murder.

Mr. Nader’s and Mr. Zamel’s plan dates to the beginning of 2016, when they started discussing an ambitious campaign of economic warfare against Iran similar to one waged by Israel and the United States during the past decade aimed at coercing Iran to end its nuclear program. They sketched out operations like revealing hidden global assets of the Quds Force; creating fake social media accounts in Farsi to foment unrest in Iran; financing Iranian opposition groups; and publicizing accusations, real or fictitious, against senior Iranian officials to turn them against one another.

Mr. Nader is an adviser to the crown prince of the United Arab Emirates, a country that, along with Saudi Arabia and Israel, has identified Iran as the primary threat to stability in the Middle East.

Both he and Mr. Zamel believed that Hillary Clinton’s anticipated victory in the 2016 election meant a continuation of the Iran nuclear deal signed by President Barack Obama − and little appetite in Washington for a concerted campaign to cripple the Iranian economy. So, they decided to pitch the plan to Saudi and Emirati officials, even submitting a proposal to General Assiri during a meeting in Belgium.

The election of Donald J. Trump changed their calculus, and shortly after, Mr. Nader and Mr. Zamel traveled to New York to sell both Trump transition officials and Saudi generals on their Iran plan.

Mr. Nader’s initiative to try to topple the Iranian economy was first reported in May by The New York Times. His discussions in New York with General Assiri and other Saudi officials were reported last month by The Daily Beast.

Mr. Nader and Mr. Zamel enlisted Erik Prince, the former head of Blackwater and an adviser to the Trump transition team. They had already discussed elements of their plan with Mr. Prince, in a meeting when they learned of his own paramilitary proposals that he planned to try to sell to the Saudis. A spokesman for Mr. Prince declined to comment.

In a suite on one of the top floors of the Mandarin Oriental hotel in New York, Mr. Zamel and Mr. Nader spoke to General Assiri and his aides about their Iran plan. The Saudis were interested in the idea but said it was so provocative and potentially destabilizing that they wanted to get the approval of the incoming Trump administration before Saudi Arabia paid for the campaign.

After Mr. Trump was inaugurated in January 2017, Mr. Nader met frequently with White House officials to discuss the economic sabotage plan.

General Assiri’s interest in assassinations was unsurprising but unrepresentative of official policy, said one Saudi familiar with the inquiry into the Khashoggi killing. The investigation has shown the general to be a grandiose and ambitious novice to intelligence who sought to impress the crown prince with unauthorized schemes for black operations, the person said.

But General Assiri’s well-known closeness to the crown prince − the general often joined Prince Mohammad for meetings in Riyadh with visiting American officials − might make it difficult for the prince’s supporters to distance him from the proposals, just as the same connections have helped convince Western intelligence agencies that the prince must have known about the plot against Mr. Khashoggi.

Moreover, General Assiri and his lieutenants were meeting with Mr. Nader around the same time that Mr. Nader was meeting with Prince Mohammad himself, as Saudi officials have acknowledged. In emails to a business associate obtained by The Times, Mr. Nader sometimes referred to conversations he held with Prince Mohammad − also known by his initials, M.B.S. − about other projects he had discussed with General Assiri.

“Had a truly magnificent meeting with M.B.S.,” Mr. Nader wrote in early 2017, discussing possible Saudi contracts. The crown prince, he said, had advised him to “review it and discuss it with General Ahmed”.




posted by ZUKUNASHI at 23:42| Comment(0) | 国際・政治

仕事よりも健康の方が大事でしょ? でもそうならなかったのには理由がある

※ やまもとこうこ(脱原発に一票) @okouchan44氏の2018/11/10のツイート
結局、自分や身近で健康被害が起き日常が揺らいで初めて気付く可能性が出て来るのかな。特に大切な仕事、これはお金だけでなくて自分の存在証明みたいなところもあるわけで、を投げ出さないと被曝回避できない場合は、つい軽く考えてしまうんだろうなあ。数字と情報だけでは中々困難。想像力の限界!

※ itou kino @ItouKino氏の8:48 - 2018年11月10日 のツイート
311直後の春に家族と口論になった時、私も同じことを言いました
「仕事よりも健康の方が大事でしょ?」
って
家族はまさかの反対
「病気になってもお金がないと治療できない。逃げるにしても準備をしてからだ」
家族と言っても価値観は様々ですからね
今のところ、健康なのが、救いですが・・・あせあせ(飛び散る汗)

・・・引用終わり・・・

@ 経済的問題は大きいです。(中高年の転職は大変難しいです。)
A 社会の中での自分の相対位置を変えたくないというのも強いです。(人と変わったことをしたくない。)
B 理解力の不足もありましょう。(チェルノブイリの経験をまともに受け止められない。セシウム、ガンマ線、中性子、核分裂なんて今まで聞いたこともない。)
C 情報への感度もあります。(先日お会いした78歳の男性は「食べて応援」を知りませんでした。本当に知らなかったのです。信じられますか。孫もおられる年金生活の方でした。)
D 日本人の権威主義もあります。(弁護士など社会的に地位の高い人は問題にしていない。弁護士がそんなに社会的な地位が高いとは思いませんし、彼らが被爆問題に知見を有しているとは言えない。ましてや政府が問題の矮小化を図れば一発でだまされます。)
E 日常生活の中で新たな注意事項を自らに課すのは面倒だ。(これは主婦に多い。そういう伴侶は一生の不作です。)
F 被爆による健康被害は基本的に確率的なものであるため、こうしなければああなるという因果関係がわかりにくい。(それゆえ被爆による健康被害を軽視する。理系の技術者などに多いです。)

・・・・・

hiyaaseさんの所見
@ 同意。
A 同意。人と同じだと安心なのです。TV見ない人を危険人物扱いするのが良い例。
B たいていの人は知りません。
C 私の周囲も、半分は知りません。
D 弁護士は医者と同じです。1に金。2に地位。3番目に、1と2が満たされるという前提で、やっと正義。
E 変化を厭う人は性別を問わず、多い。男性のほうが多いのでは?
F まったくそのとおり。理系です。よく分かりましたね。
 理系人間のこの感性が理解できている人を初めて知りました。理系はほとんど全滅ですよ。

他の方のご所見はいかがでしょう。
posted by ZUKUNASHI at 22:22| Comment(4) | 福島原発事故

独やEU諸国がイドリブのテロリストに資金援助

FARSNEWS2018/11/12
Paper: Germany, EU Member States Funding Militants in Syria's Idlib
TEHRAN (FNA)- The German government and other EU members are funding militants still present in Idlib and involved in a conflict against the Syrian army, a German newspaper revealed.

In total, Berlin has paid nearly 49 million euros to militants fighting to topple the Syrian government and facilitated the transfer of similar funds by other EU members, Tagesspiegel reported.

Those funds included "11.3 million other sources, or 17 million euros from the European Union, for which Germany would have played an intermediary role."

According to the report, the German government does not communicate the precise list of recipients of the funds for fear of angering Russia and other sides involved in the Syria war.

The information was revealed in an answer given by German Secretary of State for Foreign Affairs Walter Lindner to a question asked by Member of European Parliament Evrim Sommer, to which Tagesspiegel was able to have access.

The report comes after German Chancellor Angela Merkel met with Russian and Turkish leaders in Istanbul late last month to discuss a solution to the Syria conflict.
posted by ZUKUNASHI at 22:04| Comment(0) | 国際・政治

サウジに寝返ったホーシの元閣僚にイエメンの記者が靴を投げる

中東では、はいている靴を人に投げつけることは強い侮辱に当たるとされます。イラクでブッシュが靴を投げられ、その後ネットで靴投げゲームが流行りました。
今回は元イエメンの閣僚にイエメンの記者が靴を投げました。イラクの記者も刑務所に入り拷問も受けたとされています。今回のイエメンの記者も覚悟の上なんでしょうね。





RT2018/11/12
Sole brothers? Ex-Houthi minister shoed like George W. Bush at Saudi defection presser
Echoing the infamous shoeing attempt of George W. Bush in 2008, an ex-Houthi minister was stuck by the footwear of an angry Yemeni journalist during his first media outing since his defection to Saudi Arabia.

The shoe went flying at Abdul-Salam Ali Gaber, who had served as the Houthi’s information minister since civil war broke out in Yemen in 2014, as he spoke to gathered media in the Saudi capital Riyadh on Sunday.

In Arab culture, the throwing of a shoe at someone is seen as a mark of deep contempt – and an insult – for the intended target. The practice came to the attention of those outside the Arab world in 2008, after Iraqi journalist Muntazer al-Zaidi hurled both of his shoes at former US President George W. Bush during a press conference in Baghdad.

Luckily for Bush – not so much for Gaber – Zaidi’s aim wasn’t as good as his Yemeni counterpart’s.

Footage capturing the latest shoeing incident shows Gaber answering media questions while sitting behind a table of microphones. A commotion is heard off screen followed by Gaber moving his hands towards his face to deflect the incoming shoe.

Several men then grabbed the journalist who continued to shout and hurl insults at Gaber as he was ejected from the room.

Gaber’s defection comes as Saudi-backed forces continue its offensive to oust Houthi rebels from the port city of Hodeida, controlled by the Houthis since their uprising against the government started in 2014. A Saudi-led coalition of mostly Arab states entered the conflict on the side of the government the following year, conducting an aerial bombing campaign which has devastated vast swathes of the country and its infrastructure.

Hodeida is one of the only sources of aid and supplies for much of Yemen’s civilian population, and since a Saudi blockade of the port has been in effect since 2017, concerns of people starving en masse have been repeatedly raised by the UN and humanitarian groups.
posted by ZUKUNASHI at 16:45| Comment(0) | 国際・政治

これも必要ないでしょうけど プラカードの作り方

海外ニュースを見ると皆さん手作りのプラカードを掲げています。
日本では規制が厳しくてプラカードも掲げられない?

確かにプラカードを作るのは面倒ですが、基本的には大きな紙に自分の主張を書くだけでよいのです。

この方のプラカードは話題になりました。手書きのプラカードもよかったし、一人での勇気ある行動が称賛されました。

ウィンザー通信2013/7/10
安倍首相が郡山市で街頭演説中、抗議のプラカード掲げたこの女性は、こう言わはったらしい。
「福島のママ達に、
我慢しないで、という思いと願いをこめて、
プラカードかかげました。
堂々と抗議をしよう」


手書きの紙を発泡スチロールか何かの板に張り付けてあるようです。大きさはA1サイズのようです。594×841mm。

私は、A2サイズのものを2枚買いました。電車の中では折りたためるように表側に透明のガムテープを張りますので、広げるとA1サイズになります。1枚807円。デコタック片面のり付です。

上の方は、工作用のクラフト紙を入手されたのでしょう。

私は字を書くのが苦手なので、すべて印刷です。

1 A4サイズで書いたものをA1サイズのポスター台紙に張る。
A4サイズに書いたものを印刷する際にA1サイズになるよう指定できます。

私の場合、印刷機が故障中なので、コンビニで印刷します。自宅でA4サイズの原稿からそれをA1サイズに変更し、用紙はA4を指定してPDFを作ったら9枚のA4に分割されたので、それをそのままコンビニで印刷しました。

自動的にのりしろができました。

最初にやった時、この方法で成功したのですが、その後A1サイズの用紙が指定できませんでした。色々調べるといろいろなやり方が紹介されていますが、やってみると障害が多い。結局、blog.kur.jp にあるA4サイズのPDFからA1サイズのポスターを作る方法が一番確実化と考えて挑戦しました。

2 画像として保存してあるものを拡大印刷する。

コンビニには、SDカードなどのメディアから印刷できる機能のあるコピー機があります。SDカードに入っているファイルがjpgなどですと、写真印刷(印画紙のような紙を使います)しかできませんので、直接例えばA3などには拡大印刷できません。

jpgやpngのファイルは、あらかじめPDFに直しておきます。その際に印刷仕上がりサイズに極力近づけておきます。

カラーA3印刷が80円でした。コピーは安い店があります。

3 白黒コピー1枚5円の店もある。
これまでコンビニのコピーは白黒1枚10円が相場でしたが、ホームセンタなどには白黒コピー1枚5円のところも出てきています。

ただし、このような店のコピー機は、SDカードなどのメディアから印刷できる機能を持っていないところもあります。近所の利用可能なコピー機とその機能、価格を把握しておいて安くあげましょう。



4 家庭用プリンターの時代は終わり
家庭用のインクジェットプリンターは、安く買えますが、維持費が高く故障も多くて結局高いものにつきます。コピー、プリントはアウトソースするのが無駄を省く方法です。年賀状の印刷ができなくて困るようならハンコを使いましょう。

どうしても必要なら白黒のレザープリンターです。ランニングコストは格段に安い。

5 紙の裁断は難しい。
私はチラシを作りました。両面印刷したA4の紙を半分に切ります。1枚2円50銭。読んですぐ投げ捨てられても、まあ耐えられます。ところが紙をきれいに裁断するのはとても難しいです。私はたまたま10年ほど前に処分品のおもちゃのような裁断機を買っていました。棚の上に投げてあり、ほこりだらけ。

一応使えますが、1枚ずつ切らないといけない。カッターが回転式で力がありません。ここはまだ知恵がありません。カッターは危険なので公的機関にも置いてないでしょう。



6 関連資料はタブロイドに入れておいて見せる。
カラー印刷の紙は高いので、配ることはしません。もし誰か関心を持つ人がいれば、タブロイドに呼び出して見せます。欲しい人には後でファイルを送ってやればよい。

7 空間線量率測定器のタブレットパソコンも動員する。プラカードの内容の信ぴょう性を訴えるため、空間線量率測定器のタブレットパソコンも動員して、グラフを見せる。何かいろいろな道具があったほうがいかにも本当らしいですよね。

この先、ブログの更新が止まったら、それは私が急死した、あるいは私の社会活動によって利益が損なわれる者とのトラブルで川に投げ込まれたケースよりも、私が当局とトラブルになりどこかに留置されている可能性が高いとご理解ください。

もう一つ大事なことを忘れていました。8 PDF化は極めて簡単
文書や画像のPDF化は、簡単です。私はCubePDFというフリーソフトを使っています。これをインストールすると、印刷の指示をすると、出力先としてつないであるプリンターと並んでCubePDFの選択肢が出ますから、CubePDFを指定して印刷実行。それだけでPDFファイルが作成保存されます。

一回はうまくいったのに二回目からうまくいきません。調べました。次の方法がわかりやすいです。

blog.kur.jp A4サイズのPDFからA1サイズのポスターを作る方法でやってみた。

「やりかた」として次のように書かれています。
1 ポスターにしたい画像を用意します
2 画像がない場合、CubePDFを使用してPDFから画像を作ります
3 PosteRazorを使用してPDFをA1サイズに拡大し分割します
4 ネットプリントで印刷します
5 周囲の余白をハサミで切断し張り合わせます

私の場合、今回は文字だけです。ですが、ポイントはワードの文書をCubePDFを使用して(出力をPDFでなくPNGにする)画像化し、この画像をPosteRazorにドラッグ&ドロップするという点。

そして、PosteRazorから出力する紙のサイズをA3に設定。コンビニで印刷です。

CubePDFを使用しての画像化はやったことがありませんでした。PosteRazorも知りませんでした。この方法が一番簡単で確実です。

やり方を少し詳しく書きます。
1 まず、パソコンにTrueTypeフォント(拡大・縮小しても文字の形が崩れず、高品位に印刷できる字体)が使える文章作成ソフトが入っていることが必要です。マイクロソフトのワードなどです。

2  CubePDFPosteRazorをインストールします。

3 文書作成ソフトで文書を作ります。用紙はA4、A3でもよいのですが、最初からできるだけ大きい用紙を使ったほうがきれいにできるはずです。

4 出来上がった文書を印刷します。プリンターとしてCubePDFを指定してPDFファイルを作ります。

5 4のPDFファイルをアクロバットリーダーで開き、これを今度はPNGファイルに変えます。PDFファイルから画像ファイルに転換です。印刷時にプリンターとしてCubePDFを指定して印刷を開始すると途中で印刷の仕様が示されますので、その際にPDFではなくPNGを指定します。用紙サイズもA1を指定します。

6 PosteRazorを起動し、5で作ったPNGファイルを読み込ませます。あとは、画面右下にあるNEXTボタンを押して作業を進めます。そして用紙をA3に指定してPDFを作ると4ページのPDFができます。

7 これをSDカードやUSBに記憶させ、それをコンビニの印刷機で印刷します。A3が4枚できます。

8 これをA2のパネル2枚を平らなところに並べてのりしろを使うかあるいは余白を切り取って隙間のないように貼り付けます。

これで出来上がりですが、いろいろ模索しながら作ったので細部を覚えていません。次回作成時に補足します。PosteRazorで用紙サイズを変更できるようですが、私はその一段階前でA1にしました。

これなら字を書くのが苦手の人でも大丈夫ですね。
posted by ZUKUNASHI at 16:09| Comment(0) | 福島原発事故

老人にアンドロイドスマホの扱い方を助言した日

この記事の画像は、アンドロイドスマホで撮影しています。

2018/11/10天気が良かったので予定を繰り上げて近くに出かけました。市川市内は北と西、そして南で町の様子が大きく変わります。南を除けば緑の残っているところも多く、徘徊には最適でしたが、放射能汚染が強く、特に西部で新松戸に並ぶ高い放射能を検出してからあまり行かなくなりました。

このお宅には、大きなサンシュユの木があり、今頃赤い実がたくさんついているのですが、今年は見当たりません。右端にある枝を切り取られた木がそれです。



サンシュユ 2011/11/25


先日は、枯れたシャクナゲの木を見ました。そろそろ影響が出てくる頃なのでしょうか。

この日歩いた辺りはまだ鉄道にも近いのですが、古い家が残されています。意図せず白黒になっていました。



こちらも大きな家です。もったいない。貸してくれれば老人の共同ホームに使えるのに。


こんな場所も残っています。若い男女数人がこの中に入っていきました。裏口でしょうか。もう少し広くて落ち葉が片付けてあればなかなかの入り口なんですけどね。


市川市内では新しい住宅建設が盛んです。家がどんどん新しくなっていきます。こういう土地を持っていた家は土地の売却や賃貸で収入があります。住民の中に割と裕福な人も少なくないはずです。そんな雰囲気を持った街です。


大柏川の遊水池

ここで休憩して私より少し年配に見える男性と話しました。78歳とか。もっぱら聞き役です。(少なくともそのつもりでした・・・)

老人:運転免許は、75歳前後の更新から認知症のテストがある。スライドを見せられて猫などが25出たのだそうだが、そのうちの覚えているものを書けというんだ。8つしか書けなかったよ。

あとその日の日付なども書かされたが、こちらはちゃんと書けたので76点。75点以上がA、45点から74点がB、44点以下がCでCに入ると医師の痴ほう症でないという診断書が必要なんだそうだ。

車はもう捨てた。重い買い物があるときしか乗らないから2万円出して廃車にした。これで年間25万円の出費節約になった。

私:そうですね。私も車は捨てました。というか人にやりました。車の運転が疲れるようになりましたので。出費節約のためには、あと新聞を止めれば年間5万円弱の節約、テレビを止めればやはり5万円弱になります。私は全部やりました。

老人:私は、ぽつくり逝きたいと思っている。それが一番周りに迷惑をかけないから。

私:そうですね。寝たきりになって介護してもらうのはよほどカネがあれば別ですが、家族に大きな負担になりますからね。ぽっくり逝きたい方は「食べて応援」していますよ。流行っていますよ。それでぽっくり逝った人。

老人:「食べて応援」って何ですか? この数年、自分より若い人もだいぶ死んだ。

私:福島第一原発の事故で放射性物質汚染が生じた場所の産物を選んで食べることです。そういう場所の産物にはセシウムなどの放射性物質がたくさん含まれているはずです。

セシウムはもともと動物実験で不整脈を起こす薬として使われています。それが多ければ不整脈にとどまらず心臓が止まりますから。


ご老人は「食べて応援」もまったくご存じなかったらしい。

私:福島第一原発事故からもう7年も経ちましたから、汚染地域の産物もセシウムの濃度は下がっています。今からぽっくり逝きたいと頑張ってもなかなか思うようには行かないかもしれませんが。

ご老人が私のタブロイドに気づいて尋ねてきた。

老人:私も、娘婿がくれたスマホを持っていて写真を撮るのに使っているが、その写真を印画紙に焼き付けたいと思っている。そのためにSDカードを買ったが、画像の取り出し方がわからない。

私:スマホの画像をSDカードに記録するには、スマホにそういう指示を与えなければなりません。SDカードを刺しただけではダメなんです。そしてSDカードを刺す前の画像は本体の記録用メモリーに入っていますからこれをSDカードにコピーして取り出さないといけないんです。そのための設定が面倒で私もその方法はやっていません。娘さんや婿さんにやってもらえませんか?

このとき、私は頭の中で計算していた。78-35=43(娘)、43+5=48(婿)。上の作業ができるならよほどのスマホ使い名人だ。

老人:娘に頼んだが、できなかった。いろいろやってくれるんだが。孫(43-28=15)にも頼んだが、面倒だとやってくれない。

婿の話は出なかった。使い勝手の悪いセコハン(?)のアンドロイドスマホを義理の爺さんに渡したおやじ。婿の話になったとき、老人の口が急に重くなった。

私:パソコンとケーブルでつないで画像を取り出す方法があります。こちらのほうがやさしいし、SDカードを取り出す手間もありません。ご友人か知り合いで少し若めの人がおられれば、知っている方がおられるかもしれません。

昨日、一昨日知ったばかりのわずかな知識で、こんなに分かったようなことを言って良いのだろうか。

市川大野に近い団地の家並みです。なかなか整っています。


子犬、3か月だそうです。子犬を店で買うと何十万円もするものがあるんですね。驚きました。


この記事を書き終えて思いましたが、78歳のご老人にはおそらく新しい世界が開けたでしょう。「ぽっくり逝きたい」希望を叶えるためにはどうしたらよいかという初の情報だったのです。

通常、被爆問題についてここまで話すことはありません。セシウムが不整脈を引き起こすから説き起こしたのは初めてだと思います。ですが、そういう相手の関心事項をテコにして被爆問題に入っていけたこと。

そして、私がアンドロイドスマホについて、使い方を教えてあげたことで、相手はぽっくり逝く方法の説明はいい加減なものではないと思ったはずです。

関係のない知識が被爆問題についての説得力を高めるのに役に立つこともあるんだと思わされました。今回の屋外対話はこれまでで最高の出来といえるかもしれません。
posted by ZUKUNASHI at 02:11| Comment(0) | 福島原発事故

雨に濡れながら超人が走る この世のこととは思えない

サンケイ2018.11.6のニュース
福島県の復興マラソン盛況
東京電力福島第1原発事故による避難指示が解除された福島県の自治体で、市民マラソンが盛況だ。「被災地の現状を知りたい」「復興を応援したい」と県外からも多くのランナーが駆け付けている。
 昨春避難指示が一部解除された富岡町。9月末の「とみおか復興ロードレース大会」には、昨年の2倍となる約1300人がエントリーした。主催する町教育委員会によると、1980年に始まった大会は事故で中断した後、昨年再開。以前、参加者はほとんど町民だったが、今回は県外から約200人が訪れた。
 川内村は全ての避難指示が解除された2016年に「川内の郷かえるマラソン大会」を開始。初回は約1200人だったエントリー数が、今年は1800人を超えた。半数が県外からだった。今年は送迎バスに語り部が同乗し、事故当時の避難経路をたどりながら体験を伝えた。



※ ぺっこ @pecko178氏の8:44 - 2018年11月16日のツイート
なぜ、福島に被曝しに行くことが「復興支援」なのか?
放射能の本当の恐ろしさを知らず、子供たちの未来を守ることより、自分達の既得利権を守ることに必死な汚染地の住民たちの「被曝なんかたいしたことはない」
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-545.html
*福島県の復興マラソン盛況
posted by ZUKUNASHI at 00:45| Comment(5) | 福島原発事故

顔立ちは親にもらうが顔つきは自分でつくる

※ sarah(アベ最後の日) @lovelovesarah氏の2018/11/10のツイート
片山うそつきさんが「ミス東大」だったとはとても信じられないねとうちの老母に言いましたら、「長い間、悪事ばかり働いてくるとそれが顔に表れる。顔立ちは親にもらうが顔つきは自分でつくる」と申しました。「人の弱みに付け込んで金儲けしてれば下衆な顔つきになるのも道理」であると。

・・・引用終わり・・・

名言です。これは男女問いません。40歳になったら自分の顔は自分の責任とも言われます。

posted by ZUKUNASHI at 00:28| Comment(0) | 社会・経済